【社会】経済事情・交通事故率・平均寿命など社会に関する国別基本情報

海外移住と資源分布の世界地図

資源の分布地図により、資源の豊かな資源国が一目瞭然。資源に関する興味深い情報や、国の将来性の目安となる情報をはじめ、海外進出や海外移住の国選びに役立つ情報も紹介しています。

資源の多い国、資源の少ない国は。



      ★ 更新情報|海外移住の地図帳 ★


このページに「ふりがな」(ruby)を付ける

ひらがな めがね 」サイトより


鉱物資源分布の世界地図

主要な鉱物資源分布の世界地図 ( アジア・オセアニア・ヨーロッパ・アフリカ )

主要な鉱物資源の分布地図

主要な鉱物資源分布の世界地図 ( 北米・中南米 )

主要な鉱物資源の分布地図(北米・中南米)

[ 出典 ] 「 Natural Resources Canada 」サイトより (英語)

【地図の説明】

Gold(金)
PGE(Platinum Group Elements)
※PGEとは白金族の金属(プラチナ、パラジウム、イリジウム、ルテニウム、オスミウム、ロジウム、など)のことです。
VMS(Volcanogenic Massive Sulfide)火山性塊状硫化物鉱床
SEDEX(Sediment-Hosted Exhalative)頁岩胚胎層状と層準規制ベースメタル鉱床
MVT(Mississippi valley-type)鉱床
Porphyry 斑岩(はんがん)鉱床
IOCG(Iron oxide Copper Gold type deposit)酸化鉄・銅・金型鉱床
Uranium(ウラン)

Map of world showing the distribution of major deposits plotted on digital elevation model with draped geology from Geological Survey of Canada, Open File 2915d, 1995.
Data from the synthesis of ore deposits. Data plotted and diagrams prepared by W.D. Goodfellow.



Global resources stock check (英語)

BBC 」サイトより (英語)



ここ掘ればダイヤモンドがある、と教えてくれる不思議な草
同記事に「ダイヤモンドは、火成岩であるキンバーライトに含まれています。つまり、キンバーライトがあるところには、ダイヤモンドがある可能性が高いということ」

「パンダナス・キャンデレブラムは このキンバーライトの土壌に生えるようなのです。フロリダ国際大学の鉱物学者Stephen Haggerty氏は、自身の論文の中で、パンダナス・キャンデレブラムの存在が、キンバーライト層を簡単に探す手がかりになると語っています」

「バナビシソウを探せば下には銅が、プリンスプリュームを探せばセレンが、ジュニパーならウラン、トクサならば金が採れる可能性がある」などの記述があります。

ギズモード・ジャパン 」サイトより


大陸移動が いつ始まったかはダイヤモンドが知っている

ピーナッツバターからダイヤモンドを生成する方法

ダイヤモンドより、モアッサン石が宝石として優れている理由

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


極北のダイヤ鉱山「ガーチョ・クエ」 カナダ北部で操業開始

AFPBB News 」サイトより


カーネギー研究所、アモルファス ダイヤモンドの合成に成功

マイナビ ニュース 」サイトより


オーストラリアの地下に広がる「オパールの都」

WIRED.jp 」サイトより



中性子星合体の重力波を初観測、貴金属を大量放出 - 1

中性子星合体の重力波を初観測、貴金属を大量放出 - 2

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


【関連記事】


重力分布の世界地図

宇宙放射線・地磁気

地球の夜景・世界地図



排せつ物は金の山?プラチナや銀も 米研究
同記事に「人間の排せつ物には金などの希少な金属が含まれており、金額に換算すると数億ドル(数百億円)の価値に相当する可能性があるという」

「米地質調査所(US Geological Survey、USGS)のキャスリーン・スミス(Kathleen Smith)氏が属する研究チームは、処理済みの排せつ物の中からプラチナや銀、金などの金属を発見した。

金の含有量は、採掘の採算が合う最低限の鉱床と同じくらいの水準だったという。

同じ分野の別の専門家グループが行った最近の研究では、米国人100万人の排せつ物には、1300万ドルに相当する金属が含まれている可能性があることが発見されている。

これらの金属の抽出方法が発見されれば、採鉱の必要性や環境への金属の放出を減らすことも期待できるという」などの記述があります。

人間の排せつ物で発電、途上国の衛生改善も 国連

尿から家庭用ガス作る装置、メキシコ技術者が開発

汚水から電力生成、微生物電池を開発

池や湖からの水の蒸発、クリーン エネルギー資源となるか - 1

池や湖からの水の蒸発、クリーン エネルギー資源となるか - 2

輸入品に潜む野生絶滅リスク、数値化し地図に

2012年の世界の死因、約4分の1が環境関連 WHO
同記事に「世界保健機関(WHO)は、世界の人々の死因の約4分の1は、大気や水、土壌などの汚染といった環境因子によるとする報告書を発表した。

2012年に全世界で報告された死者数の23%に当たる1260万人が、不健康な環境下での生活や労働により死亡したと推定されるという。

報告では、大気汚染や化学物質汚染、気候変動、紫外線など、環境によるリスク要因の定義を幅広く取っている」

「84万6000人は環境問題に関連する下痢が死因とされ、その多くは汚染や有害な飲料水によるものだという」

「地域別では、環境要因に関連する死者数が2012年に最も多かったのは東南アジアで380万人、次いで西太平洋地域の350万人だった」

「WHOのマーガレット・チャン(Margaret Chan)事務局長は「人々が暮らし働く環境を健全化する行動を各国が取らなければ、これからも数百万人が病気になったり、早死にしたりするだろう」と声明で警告した」などの記述があります。

世界初、金属鉱業を全面禁止 中米エルサルバドル
同記事に「中米エルサルバドルで2017年4月27日、世界で初めて金属鉱物の探査や採掘などを全面禁止する法律が施行された」

「27日付の官報によると、この法律によってエルサルバドルでは「金属鉱物の調査、探査、採掘、抽出、加工」が禁止された。法案は議会が3月に可決し、サルバドル・サンチェス・セレン(Salvador Sanchez Ceren)大統領が署名していた。

地元環境団体の幹部はAFPの取材に、この法律は「目新しいどころのものではない」指摘。

国内の金属鉱業は地元に何の恩恵ももたらさないばかりか、水源など環境の深刻な汚染を引き起こしているとし、そうした状況の中では必要な法律だと意義を強調した。

一部の中南米諸国は鉱物資源の輸出で潤っているが、地元からは採掘などの過程で使われる有毒金属は環境を危険にさらすと反発する声も上がっている。

エルサルバドル政府は外資の鉱業大手と対立してきた経緯がある。

今月も、オーストラリア・カナダ系の金鉱山会社オセアニアゴールド(OceanaGold)に対して、同社が採掘許可をめぐって敗訴した訴訟の費用として資産没収に踏み切っている」などの記述があります。

公害による死者、世界で900万人 2015年 推定

ニュージーランドは未知の大陸「ジーランディア」の一部

AFPBB News 」サイトより


「金塊を生み出す微生物」が見つかる

WIRED.jp 」サイトより


未来の原油は人間の「糞便」から作られる

3億4000万円相当の金銀がスイスの下水処理施設で見つかる

「ジーランディア大陸」を裏付ける科学的資料が公表される
同記事に「長年の謎が徐々に明らかにされてきたジーランディア大陸の存在ですが、ことニュージーランドという国家にとっては単なる学術的な成果以上の意味を持つ可能性もあります。

大陸を取り巻く海面下の大陸の延長部分は「大陸縁辺部」と呼ばれており、海に面する国家の場合は どの領域まで その国による採掘が許可されるかが決定されると国連によって合意がなされています。

ジーランディア大陸の地下には数兆円レベルの化石燃料が眠っているともみられるため、ニュージーランドにとっては極めて重要な領域である」などの記述があります。

失われた大陸「ジーランディア」、謎の大陸の秘密の解明へ

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


ニュージーランドは第8の大陸、研究者が提唱

失われた大陸ジーランディアの試料採取に成功/

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


【関連記事】


水の世界地図

衛生状態の世界地図



世界最大級の環境保全団体「世界自然保護基金」(WWF)による「生きている地球レポート2010」によれば、人間が自然資源に求める需要が約40年間で倍増しており、現在の消費生活を続けると、2030年までには地球2個分、2050年には地球3個分が必要になるといいます。また、「世界中の人が米国人のような生活を続ければ、地球が4.5個必要になる」とも指摘しています。
【関連情報サイト】


2030年には「地球2個あっても足りない」資源消費に警告

「一人っ子政策」を正式に廃止、中国 国営メディア

中国重工業の過剰生産、世界経済に打撃 EUCC報告
同記事に「中国のセメント生産は わずか2年の間に、米国が20世紀全体で生産した量に並んだ」などの記述があります。

中国企業、世界各地で石炭火力発電事業推進 独環境団体が警鐘

地球資源の割り当て分、今年は7か月あまりで使い果たす
同記事に「地球が1年間で再生できる水、食料、清浄な空気などの自然資源の今年の割り当て分が、2016年は これまでで最も早い わずか7か月あまりで既に使い果たされることが明らかになった」などの記述があります。

中国、北朝鮮からの石炭輸入急増 国際社会の制裁よそに

中国の出生者数、2016年は前年比7.9%増の1786万人

ロヒンギャ危機のミャンマー西部ラカイン州に投資をつぎ込む中国 - 1

ロヒンギャ危機のミャンマー西部ラカイン州に投資をつぎ込む中国 - 2

AFPBB News 」サイトより


中国、一人っ子政策の廃止を発表

一人っ子政策全面廃止、5年内に出生数を年間1700万人に

世界中が中国人と同じ生活をすれば、地球1.2個分の資源が必要
同記事に「英公共放送BBCによると、中国は小売店やデパートにしても、ネットの通販サイトにしても、年がら年中、頻繁に大規模な割引セールを行っているが、このようなやりたい放題の消費行動がもたらす環境破壊という代償を懸念し始めている人が増えている」

「世界自然保護基金(WWF)は「エコロジカル・フットプリント報告書2012」を発表した。

「エコロジカル・フットプリント(EF)」とは、地球の環境容量を表す指標であり、人間活動が環境に与える負荷を、資源の再生産および廃棄物の浄化に必要な面積として示した数値(例えば、化石燃料の消費によって排出される二酸化炭素を吸収するために必要な森林面積。道路、建築物などに使われる土地面積。食糧の生産に必要な土地面積などを合計した値)である。

同報告書によると、中国のEFは世界トップで、中国人が消費している資源は中国国内の生態系で賄える量の2.5倍に上る。つまり、中国人が地球環境に与える負担は世界で最も大きい」

「個人消費需要の急速な拡大は、中国の資源消費を加速させる最も大きなパワーである。

WWFインターナショナルのジム・リープ事務局長は、「家電製品や車は、製品そのものがエネルギーを消費する。

その上、もちろん衣料品や食料なども購入する。このように、EFのほとんどが、人々の過剰消費によってもたらされる」と話す。

リープ事務局長は「もし、世界中の人が皆、中国人と同じ生活を送れば、地球1.2個分の資源が必要になる」とし、「中国の人口1人当たりの消費は世界74位と低水準だが、他の先進国が歩んできた道を同じように進んだところで、中国に その巨大な代償を払う能力はないだろう。それは誰が見ても明らかな事実だ」と指摘した」などの記述があります。

34億人分の新築マンションを建設!暴走する中国の都市開発

ゴーストタウン、空港、工場...中国で量産される無用の長物

中国最大のゴーストタウン・オルドス

中国高速鉄道沿線の新興都市、ゴーストタウン化70か所

中国の英国買い占めが進行中、天然ガス供給インフラも買収

汚染によって消失した中国の村
同記事に「北京市から約200キロメートルに位置する河北省唐山市松汀村を紹介。2003年から鉄鋼工場、コークス炉が次々と建設され、汚染が深刻化したという」

「工場は検査が入る昼間に操業を止めるが、夜になると再開する。多くの村民は引っ越してしまった」

村民によれば、地方政府は松汀村には もう人が住んでいないと報告しており、まさに「地図上から消失」したようなものだが、実際には引っ越すことのできない お年寄りや貧しい人などが まだ この村で生活している」

「それでも生産を止めるわけにはいかない。止めたら失業率が増加して現地の住民の不満が噴出する」などの記述があります。

中国がギニアに最大の港湾施設を建設へ、鉱物資源を既に掌握

マレーシアの領海に中国船100隻が進入、首相府相が明らかに

中国が南シナ海に「深海ステーション」建設を計画

中国の水質汚染が深刻化、背景に「2つの重圧」

レコード チャイナ 」サイトより


中国の尋常ではないセメント使用量
同記事に「中国は過去3年間で、アメリカが20世紀全体を通して使った量よりも多いセメントを使っている。アメリカ、100年間で45億トン。中国、3年間で66億トン」

「アメリカが1901~2000年の間に完成させたコンクリート製の建築物には、いくつか挙げるだけでも、各都市を結ぶ州間幹線道路網、ゴールデン ゲート ブリッジ、フーバー ダム、そして現在ある ほとんどの超高層ビルがある。中国は これら すべてに加えて、さらに その約半分を上乗せした量に相当するセメントを、わずか3年で消費した」などの記述があります。

ハフィントン ポスト 」サイトより


地球から砂が無くなってきている

Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン) 」サイトより


2000年もの耐久性を誇るローマ時代のコンクリート

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


古代ローマの技術が「強度2倍」のコンクリートを生む

古代ローマ時代のコンクリートは、今も強度を増していた

人類は2015年、「1年分の地球資源」を8か月で使い果たした

巨大,異様,空虚。中国、2.5億人が住む予定の高層マンション群

WIRED.jp 」サイトより


中国船100隻以上が侵入、「マレーシア水域」に

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


国連報告「地球は既に限界点」
UN warns environment is at tipping point
同記事に「人為的要因により、気候変動が限界点に迫っている、または既に限界点を越えてしまった地域が いくつもある。

一度限界点を越えると、もう元には戻せない変化が起こリ始め、地球上の生命体も影響を受けるだろう。人間の生活や健康にも大きな悪影響を及ぼす可能性がある」

「窮地に追い詰められた人間は、環境の変動に適応するために急激な生活の変化を余儀なくされるだろう」

「ただし生活の変化には相当の困難を伴うため、政治紛争や経済危機、戦争や飢餓が起きやすくなる」などの記述があります。

ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より


【関連記事】


移民政策

日本人街・経済特区

日本壊滅地震で世界危機

地政学の世界地図



汚染された大地に住む中国人の「チャイニーズ・ドリーム」

【写真特集】世界が抱える環境移民という時限爆弾 - 1

【写真特集】世界が抱える環境移民という時限爆弾 - 2

【写真特集】世界が抱える環境移民という時限爆弾 - 3

ニューズ ウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より


シェールガスとシェールオイルの世界地図

シェールガスとシェールオイルの世界地図

[ 出典 ] イチから わかる「シェールガス革命」

THE PAGE (ザ・ページ) 」サイトより


【シェールガス・関連情報】


Shale oil and shale gas resources are globally abundant (英語)

U.S. Energy Information Administration (EIA) 」サイトより (英語)


シェールガス

Wikipedia 」サイトより


水圧破砕法で飲料水汚染の可能性

オーストラリアの政治家、「着火する川」フラッキングに警鐘

【図解】シェールガスの採掘工程

【図解】シェールガス・オイルの国別埋蔵量

【図解】シェールガス・オイルを めぐる各国の動向

AFPBB News 」サイトより


シェール油田のパイプラインから原油が流出

海底油田探査で動物プランクトンが大量死の恐れ

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


中国のシェールガス開発、環境汚染や水資源使用等がネック

中国初の大型シェールガス田が誕生、実用化に期待

中国 安徽省 寧国市でシェールオイルの埋蔵発見、約5億トン

中国石油、国家級シェールガス テストエリアを建設

シェールガス革命は20年にピークで下り坂

レコード チャイナ 」サイトより


買い換えなくても いい世界をつくろう。スウェーデンの挑戦

ニューヨーク州が「フラッキング」を禁止

原発4基廃炉、天然ガスと再生エネが増加:米国

WIRED.jp 」サイトより


全米で再生エネルギー移行の新プラン

自身の重さの90倍の石油を一気に吸い取る新スポンジ素材

ギズモード・ジャパン 」サイトより


オフショア風力発電でハリケーンの勢力は弱めることができる(英語)

Stanford News 」サイトより(英語)


【関連記事】


大気汚染の世界地図

台風の世界地図

海洋汚染の世界地図



地下水の使いすぎで断層地震が増える可能性:研究結果 1

地下水の使いすぎで断層地震が増える可能性:研究結果 2

地下水の使いすぎで断層地震が増える可能性:研究結果 3

「シェールオイル採掘」が米国で地震を多発させている

「人が起こす地震」が多発している:オクラホマ州

発電所から排出されるCO2が養殖を変える:ノルウェー

「CO2をエタノールに変える方法」が偶然発見される:米大学

「大気中の二酸化炭素を売る」スタートアップ、スイス

世界が使う「6年分のヘリウム」がタンザニアで見つかる

鉛の波紋 米国史上最悪の水汚染公害から住民を守った科学者

イノヴェイションが倫理的であるためには,3つの解決策がある

ゴミや家畜から出たメタンから細菌が紡ぐ新素材、バイオ ポリエステル

WIRED.jp 」サイトより


CO2から燃料生成できるグラフェン - レニウム複合体を開発

水中の極微量の汚染物質を除去する技術を開発 - MIT

耐薬品性の高いセルロース系 水処理膜用 新材料を開発

土壌汚染浄化に有効な微生物の発見

マイナビ ニュース 」サイトより


二酸化炭素からポリウレタン原料を効率的に合成

200 ℃から800 ℃の熱で いつでも発電できる熱電発電装置

自然界に存在する鉱物で熱電発電を可能に

AIST: 産業技術総合研究所 」サイトより


地球の地下水が圧倒的な早さで なくなっている!

米国一 毒性の高い村の黙示録的写真
同記事に「アメリカでスーパーファンド指定区域と言ったら、それはそれは恐ろしい場所で、絶対 近寄ってはならない重度汚染地域を指すのです。

中でも全米で一番汚染が ひどいと言われるのが、オクラホマ州ピッチャー。2006年に米国環境保護庁(EPA)が全住民に強制退去命令を下し 廃村になった場所です」

「ピッチャーは かつて州内最大の鉱山で栄えた町で、第一次世界大戦で使われた国内の鉛・亜鉛の実に50%は ここのものでした。

14000もの採掘坑から出る汚染水は1967年に鉱山が閉鎖になってからも染み出し続けており、村の外れには毒性の高い廃石(尾鉱。英語でtailingやchatと呼ば れる)が何百万トンも うず高く積み上げられたままになっています。

1980年にはスーパーファンド(土壌汚染対策法)指定区域となり、1996年には村の児童の少なくとも34%の血中に高濃度の鉛が検出されました
(鉛中毒は認知支障をきたす病気。村では教師・父兄の努力にも関わらず学習困難な児童の割合が高かった)。

2006年の調査では、鉱山が蜂の巣状態なため地面陥没リスクがあることまで判明し、実際に道路の穴に落ちてドライバーが死亡する事故が発生」「政府が土地をすべて買い上げて住民数百人に立ち退き命令を出し、2009年ピッチャーは廃村となったのです」

「アメリカには こういう廃坑が何万とあり、そこから目に見えない化学物質が出て都市にも拡散しています。

それを浄化しようとして2015年にはEPA 職員がコロラドの炭鉱を調査中、うっかり掘削機の操作を誤って重金属ばりばりの汚染水が大量に溢れ出し、川がオレンジに染まるという笑えない事故も起こりました」

「2016年1月、GM城下町のフリントで水道水に鉛が混じってオバマ大統領が非常事態宣言しましたけど、あれは全米の どの村でも起こりうる構造的な問題だ、とThe Vergeは書いています」

「浄化では まず除菌します」「フリント川のように菌が多い水は、そのぶん塩素も多く入れます。その塩素が水中の有機物質と反応してトリハロメタンなどの発がん性物質を生みます。

同時に水も酸化するので水道管の腐食が進んで、そこから鉛が溶け出して、またまた児童に学習障害が...という悪循環。

米国政府は大都市の飲料水に腐食を止める防せい剤の添加を義務付けているのですが、それは順守されていませんでした。

順守しないのは特に珍しいことではなく、EPAで水質調査をした経験のある科学者がザ・ガーディアンに 暴露したところによれば、「ミシシッピ以東の大都市は どこも検査で不正をやってる、鉛・銅濃度は実は もっと高い」っていう話です」

「同じような問題はシリコンバレーにもあります」などの記述があります。

キノコは世界を救う。汚染浄化,新素材,テラフォーミングにも

血の色に染まった川、ロシアで大問題に...

人間が これまでに生産したプラスチック、その量83億トン

ギズモード・ジャパン 」サイトより


地下水枯渇、世界の一部 乾燥地域で今後 数十年以内に
同記事に「世界では、飲み水やかんがい用水として大量の水が日々使われているが、一部の乾燥地域では、地下水資源が今後 数十年以内に枯渇する恐れがあるとの研究結果が2016年1215日、発表された。

研究は、米サンフランシスコ(San Francisco)で開催の米地球物理学連合(American Geophysical Union)秋季大会で発表された。

世界の地下水資源のコンピューターモデルによると、インド、南欧、米国などの一部地域では、人的活動により地下水が すべて消費されることも あり得るという。

インド・ガンジス(Ganges)川上流域、スペイン南部、イタリアなどの帯水層については、2040~2060年に枯渇する恐れがあるとされた。

米国では、干ばつに見舞われている米カリフォルニア(California)州の中部と南部にある帯水層が2030年代までに、テキサス(Texas)州、オクラホマ(Oklahoma)州、ニューメキシコ(New Mexico)州などでは、依存する帯水層が2050~2070年代までに それぞれ枯渇する恐れがあるという。

世界の広い地域では今後34年以内に、飲用水や農業用水のための過剰な汲み上げによって地下水の水位が下がり、完全に枯渇、もしくは ほぼ使い尽くされた状態になることが懸念されると研究は指摘。

当該地域に暮らす約18億人に影響が出るとされた」などの記述があります。

人為的地震、高リスク地域に700万人 米地質調査所

20世紀初頭のロサンゼルス地震、石油とガス採掘が原因か
同記事に「20世紀初めの石油ブーム時代に、米カリフォルニア(California)州ロサンゼルス盆地(Los Angeles Basin)で発生した強力な地震5件のうち4件は、石油およびガスの生産活動が原因だったとする研究論文が2016年11月1日、発表された。

発表された研究論文によると、1920年のイングルウッド(Inglewood)地震、1929年のウィッティア(Whittier)地震、1930年のサンタモニカ(Santa Monica)の地震と1933年のロングビーチ(Long Beach)地震はすべて石油採掘活動に起因した可能性があるという。

米地震学会の学術誌「Bulletin of the Seismological Society of America」に論文を発表した米地質調査所(USGS)のスーザン・ホフ(Susan Hough)氏とモーガン・ペイジ(Morgan Page)氏は、これらの地域では、地震の直前に石油またはガスの採掘作業が開始されていたと説明している」

「オクラホマ(Oklahoma)州およびテキサス(Texas)州では、大量の水を地下深く注入してガスなどを取り出す「水圧破砕法」に起因すると考えられる地震が多発している。

オクラホマでは昨年、少なくともマグニチュード3規模の地震が1000回近く起きているが、同地域で1978年から2008年に観測された地震は年平均2回だった」などの記述があります。

水圧破砕法、カナダで地震の引き金に

カナダ西部、平均で1日1回の地震、原油採掘が原因か

温暖化ガスの地中貯留、米テキサス州の地震と関連

オクラホマ州の地震急増,原油・天然ガス排水の地下注入が原因

「水圧破砕法」よく使われる米オクラホマ州でM5.6の地震

オランダ北部のガス採取で地震急増

米油田・ガス田の地震頻発、遠方の大地震が引き金に

地震の揺れで「ほぼ瞬時に」金鉱脈形成?

地震で2人死亡、ポーランドの鉱山 行方不明者も

ロシアの巨大原子力砕氷船が進水式

【図解】世界の深刻な産業汚染地域

有害な貯水池にハクガンが飛来、数千羽 死ぬ 米モンタナ

ハンガリー有毒汚泥流出事故、工場運営会社に賠償命令

ブラジル鉱山でダム決壊、有毒泥流が村を直撃 17人死亡

ブラジル鉱山ダム決壊事故で流出の有毒泥、大西洋に到達

ペルーの鉱山、環境汚染で子どもに影響
同記事に「ペルー有数の鉱山がある同国中部のセロデパスコ(Cerro de Pasco)では鉱害による子どもたちの健康への影響が懸念されている。

セロデパスコは首都リマ(Lima)から東に約300キロ、アンデス山中の標高4380メートルに位置する鉱山都市で、中心部に鉱山会社、ボルカン鉱山(Volcan Campania Minera)が所有するParagsha鉱山がある。

かつて国営鉱山会社セントロミン・ペルー(Centromin Peru)が所有していたParagsha鉱山は1999年にボルカン鉱山に譲渡され、それ以降 同社が亜鉛、銀、鉛を採掘している。

鉱山に隣接するセロデパスコのParagsha、Chaupimarca、Quiulacocha、Champamarcaの4地区の子どもたちを対象に最近行われた血液検査で、世界保健機関(World Health Organisation、WHO)が定めた許容基準(1デシリットル当たり10マイクログラム)の2倍を越える鉛が検出された」などの記述があります。

天然資源開発で類人猿の生息地縮小、専門家らが警鐘

ロシアの川が血の色に... 化学物質漏出か 政府が調査

ロシアの川 変色、金属大手ノリリスクが漏出認める

一面の赤泥、仏アルミナ工場の廃棄物処理場

エクアドル、アマゾン自然保護区内で採油開始

米テキサス州で大型油田・ガス田を発見

原油急落、2015年は生産国で経済危機などの恐れも - 1

原油急落、2015年は生産国で経済危機などの恐れも - 2

チリ、砂漠に水力発電所を計画

アンゴラ最大の水力発電ダム、操業開始

CO2を貯留する新たな方法に成功、岩石に注入して固形化

マイクロ プラスチック、水道水に含有か 研究者ら警告 - 1
同記事に「水道水から人の体内に入ってくるプラスチック粒子は、年間3000~4000個に上る恐れがあるとする研究結果が2017年9月6日、発表された。14か国で収集したサンプルに基づく結果だという。

プラスチック粒子を体内に取り込むことによる健康リスクは不明だが、過去には、害を及ぼす可能性のある化学物質や細菌が これら粒子に吸収・放出される可能性があるとの研究結果も発表されている。

米ミネソタ大学(University of Minnesota)と米ニューヨーク州立大学(The State University of New York)の研究チームは「Invisibles: The plastic inside us(目に見えないもの:人体内のプラスチック)」と題した報告書で、対象となった水道水サンプル159のうち、「83%にプラスチック粒子が含まれていることが分かった」と明らかにしている」などの記述があります。

マイクロ プラスチック、水道水に含有か 研究者ら警告 - 2
同記事に「これらのプラスチック粒子は、海塩、ビール、シーフード、その他の食品によって摂取される可能性のあるプラスチックに追加される」ことも指摘された。

1月に発表された研究では、欧州で甲殻類を食べている人の場合、それだけで年間 最大1万1000個のマイクロプラスチックを体内に摂取している恐れがある」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


人の手によって誘発される地震のメカニズムが判明

二酸化炭素を太陽光だけで燃料に変えられる画期的な太陽電池

二酸化炭素を低コストで回収&再利用する石炭発電所

大気中のCO2を取り込んで石に変えるシステムが運用開始

光合成を行ないアルコールを生成するバイオニック・リーフ

人類が これまでに生産してきたプラスチック製品の総量が算出

糖と二酸化炭素から生体適合性のある安全なプラスチックを生成

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


シェールガス採掘場がテキサス地震の震源地である可能性が高い

イギリスで起きた地震、原因はシェールガス採掘

スラッシュ ドット・ジャパン 」サイトより


米内陸部での地震増加、「ほぼ確実に人為的」=USGS

ロイター.co.jp 」サイトより


中国で「陥没地震」が多発,人命・財産に重大な脅威との指摘も

レコード チャイナ 」サイトより


人為的な地震は150年間で728件発生、最新報告 - 1
同記事に「地震は予測のできない天災だと考えられているが、最近では そうとばかりは限らないようだ。

2017年10月4日付けの学術誌「Seismological Research Letters」に発表された研究によると、過去 約150年の間に、人間の活動が原因の地震が728か所で起こったという。

人間が地震活動に影響を及ぼす例があることは以前から知られていたものの、マグニチュード7.9という大地震も引き起こしたという発表は、他の研究者らを驚かせている。

地震の回数は現在、世界の一部地域で明確な増加を見せている。

自然に起こる地震と同じく、人為的な地震も命に関わる危険をはらんでいる」

「世界中で最も多い人為的地震の原因は資源の採掘だ(271か所の採掘現場周辺に多くの地震が集中している)。

地中から資源を取り出すことによって安定性が失われ、あるとき突然に崩壊して地震が引き起こされる。

ダムの建設も、167か所の現場で地震を引き起こしている。

しかも その規模は、数ある地震の原因の中でも群を抜いて大きい。

2008年、中国四川省でマグニチュード7.9の地震によって およそ8万人の死者・行方不明者が出た。

研究者らは、この四川大地震は紫坪埔ダムに貯えられた3億2000万トンの水の重量が引き金になったと考えている。

紫坪埔ダムの下に断層線が通っているのは広く知られている事実だ。

米国の場合、人為的な地震は主に、近年多くの州で導入されつつある石油・天然ガス採掘のための水圧破砕法が原因と言われている。

米地質調査所によると、水圧破砕法が引き起こす地震には、直接的なものと、作業の過程で排出される廃水によるものがある。

この廃水は再び地中に高圧で戻されるので、さらに奥深くにある岩盤の断層を滑りやすくしてしまう」などの記述があります。

人為的な地震は150年間で728件発生、最新報告 - 2
同記事に「 「長期的には、人為的な地震は世界中で増加していくでしょう。

地球に影響を及ぼす事業の数と規模は増えていますから」とウィルソン氏は言う。

鉱石や石炭の採掘も大規模化が予想される。

現在、採掘坑の規模は ますます大きくなり、地下深くへと伸びている。

こうした活動が地中を不安定にし、さらに多くの大規模な揺れを誘発するだろうとウィルソン氏は警告する」などの記述があります。

「東洋のグランド・キャニオン」、ダム計画を変更へ - 1

「東洋のグランド・キャニオン」、ダム計画を変更へ - 2

中国の川「怒江」、ダム計画と世界遺産への登録

そして、ダム計画は立ち消えになった

ロシアの川が真っ赤に、工場の排水が原因か

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


【関連記事】


地震分布の世界地図

日本壊滅地震で世界危機

日本人街・経済特区

大気汚染の世界地図

水の世界地図

経済の世界地図



カビを使って「捨て方に困るバッテリー」をリサイクルする研究

WIRED.jp 」サイトより

【関連記事】


湿度の世界地図



南関東ガス田

Wikipedia 」サイトより


南関東ガス田と温泉の安全性について

AIST: 産業技術総合研究所 」サイトより


日本油田・ガス田分布図

関東平野南部の地下に埋蔵される天然ガス

産総研 地質調査総合センター 」サイトより


緊急レポート 警告!首都直下地震が必ず起きる恐怖

M7以上 首都直下型地震で、東京は こうなる

現代ビジネス [講談社] 」サイトより


火災旋風

Wikipedia 」サイトより


【関連記事】


地震分布の世界地図



泥に飲まれた村、インドネシア泥火山

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


ガス田 泥噴出事故から7年 インドネシア

ジャワ島「泥火山」の噴出、地震でなく掘削が原因か - 1

ジャワ島「泥火山」の噴出、地震でなく掘削が原因か - 2

AFPBB News 」サイトより


すべてをのみ込む泥火山の恐怖 マグマ活動と直接の関係なし - 1
同記事に「インドネシアで10年間も続いている災害がある。終わりは まだ見えない。

ジャワ島のシドアルジョという「泥火山」。ちょうど10年前の2006年5月から途方もない量の泥を噴き出しはじめた。

そして、いまも衰える兆候もなく、毎日3万~6万立方メートルという大量の泥を噴出し続けている。

この量は、オリンピック競技用のプール約20個分に相当する。

いままでに吐き出された泥で、サッカー場650個分もの広大な地面が、深さ40メートルの泥に沈んでしまった。

近傍の家は埋まり、村は放棄された。10年前の最初の爆発では、突然だったこともあり十数人が死亡した。

このほか多数の村、農地、工場、商店や幹線道路が破壊されて、約4万人が避難した。

その後も泥の噴出が続いて、地元の人たちは、家も収入も失って途方に暮れている。

泥火山とは、泥と一緒に、地下からガスや水が噴出することによって噴出孔の まわりにできる泥の丘のことだ。

丘の頂上に火口状の穴があり、穴からは泥が火山の溶岩流のように流出している形が火山に似ているので泥火山と言われる。

だが、マグマ活動とは直接の関係がないし、温度も1000℃前後あるマグマよりも ずっと低い。

インドネシアの この泥火山は世界最大の規模のものだが、もっと小さいものは世界中で見つかっている」などの記述があります。

すべてをのみ込む泥火山の恐怖 マグマ活動と直接の関係なし - 2

ZAKZAK 」サイトより


【関連記事】


火山分布の世界地図



アメリカ本土に、メタンの巨大ホットスポットが見つかる

地球の地下水が圧倒的な早さで なくなっている!
同記事に「カリフォルニ大学アーバイン校の研究では、NASAや その他の測定器からのデータを使用して世界の37の帯水層を調査。

タイムラインを割り当て、枯渇レベルと比較して全体の貯蓄レベルを測定し、それぞれの帯水層に総地下水ストレス(TGS)を割り当てました。

食料や水を20億人の人に供給している3分の1の帯水層で地下水の枯渇が加速しているとの結果が出た」

「その中でも8つが最も早いスピードで水を失っているという「ストレス過多」のレベルと分類されました。

この研究の中で、北アフリカの ほとんどの供給をしている巨大な地下水資源、Northwest Sahara Aquifer Systemの測定も おこなわれましたが、なんと この先50年の間に この巨大な資源の90%が枯渇してしまうとのことです。

この地下水枯渇問題は農業が大きな原因と思われますが、また人口増加にもよるものだとも考えられています。全体の食物の約20%は地下水によって育っています。

この原因と多くの地域での降水量の減少が合わさり、地下水の補充が使う量に追いつかなくなっている」

「石油生産などと産業もまた、地下水の減少の理由の一つとされています。使用できる水の量が減っているということだけではなく、地下水が減少しているというのは他にも たくさん悪いことを引き起こすのです。

例えば、水がなくなることで木が死んでしまったり、地盤沈下が起こったり。いずれ、帯水層自体が崩壊してしまう可能性もあります」などの記述があります。

ギズモード・ジャパン 」サイトより


エジプトで超巨大ガス田を発見・推定埋蔵量は世界最大級(英語)

Eni : energy company 」サイトより(英語)


MIT:海水淡水化法を新規開発・浸透膜も加熱による蒸発も不要(英語)
同記事に「MITの研究チームは、浸透膜も加熱も必要としてない まったく新しい海水淡水化法を開発したことを発表した。

これまでの海水淡水化法は、逆浸透膜を使用する手法や、海水を蒸留する手法などが知られてきたが、逆浸透膜法は高価な設備が必要となること、また、海水蒸留法は多大なエネルギーが必要となることなどもあり、どちらの手法を使用したとしても海水淡水化には多くのコストがかかることが普及を妨げてきた。

今回、MITでケミカルエンジニアリングと数学を担当しているMartin Bazant教授を中心とする研究チームは、電荷した衝撃波を海水の流水内に与えることにより海水を塩水と真水の2つの流れに分離させることに成功した」

「この新しい手法では、まず、Shock electrodialysisと呼ばれている衝撃波の一種を海水の水流に当てることを行う。

この衝撃波を当てられると海水内の粒子が分離を起こすことで、一方は塩分濃度が増した塩水が、そして一方には塩分が除去された淡水へと2つの水流に分離を起こすこととになるのである」

「この手法は海水の淡水化法に使用できるだけでなく、水の中に含まれている多用な粒子を取り除くことにも使用可能な他、電荷された衝撃波という特徴により、水流内のバクテリアを死滅させることも可能といった利点も持つものとなる。

この新しい海水淡水化法は海水淡水化の分野に革新をもたらすだけでなく、小型の機器に実装が可能なため、ハンディータイプの海水淡水化装置などを これまでは なかった新しい海水淡水化機器の製造も可能にすることになるだろう」などの記述があります。

MIT News 」サイトより(英語)


巨大防潮堤は沈みゆくジャカルタを救うか?
同記事に「インドネシアの首都ジャカルタ」「水没は急速に進んでいて、この町を救い出すのは難しいでしょう」

毎年 平均で7.5センチずつ地盤が沈下し、25センチも沈下した場所もある。今や「水の都」として有名なベネチアを上回るスピードで水の脅威が迫っている」

「防潮堤の建設は対症療法になっても、根本治療には ならないと考えています」。こう語るのは、スイスのチューリッヒ工科大学教授、クリストフ・ジロー氏だ」

「ジロー氏によれば、ジャカルタの町が水没の危機に陥った主要因は、家庭や工場などの事業者による、違法な地下水の汲み上げ利用だという。

「違法であろうと、水は汲んだもの勝ちと考えられているんです」。

ジロー氏は その理由を、ジャカルタの急成長にインフラが追いつかず、住人に飲料水が行き渡る給水設備が整備されていないと指摘する。

また、水路には1日に約500トンのゴミが投棄され、清掃コストも大きな負担となっている。

「多くのゴミが川に捨てられます。プラスチックゴミが6メートルも積もっていますよ」とジロー氏。

そのせいで、川には鉛や水銀を含む有毒なヘドロが発生している。「ずっと続いている問題です。健康問題にも なっています」

「やれることは すべて、やる必要があります」と語るのは、ジャカルタの都市計画を立てたオランダ、カイパー社のジィズ・ファン・デン・ボーメン氏だ。

「ジャカルタの当局が、地下水汲み上げを止めさせる手続きをするのを待っていたら、遅きに失するでしょう」、とボーメン氏。「もう地盤はグラグラなんです」

「冒頭登場したクーネン氏によれば、水理的な意味で時間が限られている、という。

既存の防潮堤の一部は、町の半分が4メートルの泥水に埋まった2007年の大規模 洪水の後、2008年に かさ上げしたものだが、すでに満潮時には水面下になる。

補強したところで、2025年までしかジャカルタを守れない。25年 以降は、湾外にも防潮堤が必要になるというのだ」

「湾外の防潮堤を建設するには6~8年かかるので、2~3年以内に着工しなくては間に合いません」などの記述があります。

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


環境パフォーマンス指数(EPI) 国別ランキング・推移
環境パフォーマンス指数 ( Environmental Performance Index - EPI )

EPI - 水衛生

EPI - 水資源

GLOBAL NOTE グローバルノート 」サイトより


急速に失われる「命の源」、水科学者らが警告
同記事に「水質汚染や水の無駄遣いといった問題が放置されれば、地球上に住む人の大多数が、この先1~2世代の間に深刻な水不足に直面するだろう」「科学者たちが こう警鐘を鳴らした」

「この障害は(人類が)自らが招くものである一方で、完全に回避可能だと、われわれは考えている」

「国連水関連機関調整委員会(UN-Water)によると、地球には3500万立方キロメートルの淡水が存在するが、そのうち70%は氷や万年雪、30%は地下水で、人間が使用できる真水の97%は地下水に頼っている。湖や河川の淡水は わずか0.3%ほどだ」などの記述があります。

石油掘削排水を農業用水に転用、発がん性物質などリスクに警告

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


水の世界地図

食糧自給率の世界地図

世界の健康寿命


メタン ハイドレート
メタン ハイドレートへの期待と懸念

LA郊外のガス漏れ事故は「米国史上最悪の気候災害」

WIRED.jp 」サイトより


魔のバミューダ海域、原因はメタンハイドレートか

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


メタンハイドレート-次世代の巨大な天然ガス資源

AIST: 産業技術総合研究所 」サイトより


【関連記事】


西南日本の超巨大地震

気候分布の世界地図

海洋汚染の世界地図



単独で石炭から直接メタンを生成するメタン生成菌を発見

マイナビ ニュース 」サイトより


50年 燃え続ける米の炭鉱火災
同記事に「米内務省の地表鉱山局(OSM)によると、14の州の200か所以上で地下や地表の石炭鉱山で火が くすぶっているという。

また、世界的にみても、インドや中国などの途上国を中心に石炭需要が急増しており、坑内火災は重大な地球環境問題、健康問題と なり始めている。

南極大陸を除く すべての大陸で膨大な数の石炭鉱山火災が猛威を振るっており、付近の住民が危険に さらされている。

鉱山で火災が発生すると、ベンゼン、硫化水素、水銀、ヒ素といった有毒物質や、メタン、二酸化炭素が排出される」などの記述があります。

インドの火災、50年 燃え続ける炭鉱

パウダー川 盆地、50年 燃え続ける炭鉱

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


チャイナマネーが豪州の土地を次々買収、石炭などの資源求め

アフリカ人に「黄禍」「新植民地主義者」と呼ばれる中国人
同記事に「2005年以降、金を求めてガーナ入りした中国人は約5万人に上るという。その多くが、中国の貧困地域出身者だ。

国内で金もうけの方法を持たない彼らは、冒険心を抱き、夢を実現させるべくアフリカに渡った。

ガーナ政府は80年代以降、小規模金採掘を禁止した。

しかし そこは、ごまかしに長けた中国人。現地政府職員への贈賄などを通じて、違法な金採掘を行っている。

大挙してやってきた中国人は、ガーナ人の仕事を奪い、金を濫掘した。

また有害化学物質を採掘に使用し、大量の農地や森林を破壊し、湖や河川、地下水源を汚染した。「中国人は私たちの、そして子どもたちの未来を潰した」と話すガーナ人もいるほどだ。

多くの中国人は、賄賂や違法経営、雑な施工、質の悪い建材を使った手抜き工事、環境破壊、違法雇用、被雇用者に対する権利侵害、不当解雇、密貿易や脱税、通貨偽造など、中国式の経営方式をアフリカに持ち込んだ。アフリカ人の中国人に対するイメージは日増しに悪化。現地の中国人は"黄禍"と呼ばれるようになった。その経済力を背景に、現地の人々の習慣や宗教を無視し、被雇用者を"奴隷"扱いする中国人も少なくない」などの記述があります。

アフリカ資源を食い荒らす中国は植民地主義

ペルー,中国企業の銅山開発に一時停止命令=汚染物質排出

中国、四川盆地で新たな工業用石油ガス層を発見

進まない大気汚染対策,中国で石炭火力発電所の建設ラッシュ

レコード チャイナ 」サイトより


中国 殺人大気の正体は「放射性石炭」だった
同記事に「ウラン混合石炭とは、数年前に内モンゴルなど北方地域で、火力発電所の周辺で異常に高い放射線が検出されたことに始まる。線量は規制値の数百倍にもあたり、専門家が石炭から放射線が出ていることを突き止めた」

「ちなみに、放射性石炭の産地とされる内モンゴルからは、昨年1年間で約1・8億トンの石炭が産出された(中国全土では約37億トン=一般財団法人「石炭エネルギーセンター」調べ)。

「一部調査では、内モンゴル産放射性石炭のウランの含有量は、最大で1%程度。これまでに50万トン以上が石炭と一緒に消費され、大気中にバラまかれた計算です」

「恐ろしいのは、その元凶である可能性が高い放射性石炭が、季節風に乗って日本を"越境汚染"していることです。毎年、黄砂の季節には福岡県など、中国に近い地域で放射線量が大きく上昇するのは、そのせいです」

「放射性黄砂が内部被曝(ひばく)の原因となり、免疫力の低下や心臓、肺、腎臓を傷つけて、がん化させる」

「また、喘息やアトピー患者、それに、子どもや老人など社会的弱者たちが、ジワジワとダメージを受けている現実も見過ごせません」

「ちなみに、黄砂が含むPM2・5は、市販されている一般的な花粉用マスクや、医療用マスクでも効果はない。

もちろん、放射線に対しても無力である。

日本の不幸は、"風上"に人類が いまだ経験したことのない汚染大国を抱えてしまっていることか......」などの記述があります。

ライブドア ニュース (livedoorニュース) 」サイトより


石炭灰廃棄物に放射性汚染物質、米研究
同記事に「米国の主要石炭生産地域にある石炭灰に、高レベルの放射性汚染物質が含まれているとの研究報告が発表された。この未規制廃棄物の危険性に関する懸念を浮上させる結果だという。

米国化学会(American Chemical Society、ACS)発行の査読学術誌「エンバイロメンタル・サイエンス・アンド・テクノロジー(Environmental Science and Technology、環境科学と技術)」2015年9月2日号に発表された研究論文によると、

「石炭灰中の放射能レベルは、通常の土壌中より最大5倍高く、元の石炭自体より最大10倍高かった。これは、燃焼によって放射性物質が凝集するためだ」という。

現在は規制対象外の石炭灰は、石炭火力発電所の近くの溜め池や埋め立て地に蓄えられている」

「これらの溜め池からの漏出によって地下水が汚染される可能性がある。また、石炭にセレンやヒ素などの有害物質が含まれることは、専門家らの間で長年知られている」

「論文共同執筆者の米デューク大学(Duke University)ニコラス環境スクール(Nicholas School of the Environment)のアブネル・ベンゴシュ(Avner Vengosh)教授(地球化学・水質学)は「今回の研究は、ラジウム同位体や鉛210などの放射性元素を今後の調査対象とするべきで、現在の監視活動に それらの放射性元素を含めるべきとする可能性を提起するものだ」と指摘した。

ラジウム同位体や鉛210は石炭内で自然発生するが、石炭を燃焼すると「ラジウム同位体は石炭灰残渣(ざんさ)中で濃縮され、鉛210は化学的に揮発性となり、飛灰(ひばい、フライアッシュ)の微粒子に付着する」と論文は説明している。

論文主執筆者で、ベンゴシュ教授の研究室の博士課程学生のナンシー・ラウアー(Nancy Lauer)氏によると、このようなフライアッシュ微粒子は「溜め池や埋め立て地に投棄される石炭灰廃棄物の大部分を構成している」という。

石炭灰の投棄地では現在のところ、放射能の監視は行われていない。

ベンゴシュ教授は「石炭灰の溜め池や埋め立て地で漏出が起きている地域で、これらの汚染物質が環境に放出される量は どのくらいか、人間の健康に どのように影響している可能性があるかについては、不明だ」と話している」などの記述があります。

今後10年以内に石炭消費量が石油越える

石炭火力の粉塵による死者、EUで年間2万3000人

中国のアフリカ進出、植民地時代と同じ

アフリカで違法象牙を買いあさる中国外交団、NGO報告
同記事に「国家主席がタンザニアを訪問した際、同行した閣僚や財界代表団らが象牙を大量に購入した」

「外交上の訪問者には保安検査が行われないことを利用して、中国の外交関係者らは購入した象牙を習主席の専用機に持ち込んだ」

「少なくとも2006年以降は中国大使館職員が象牙の主要購入者になっている」

「中国海軍の艦船がソマリア沖アデン湾(Gulf of Aden)での対海賊巡視航海を終えてタンザニアに寄港したことを機に、ダルエスサラームを拠点とする象牙取引が活発化した。

同海軍の船が寄港していた際には、木製彫刻品の下に隠した象牙81本を、大型トラックでダルエスサラームの港に持ち込もうとした中国人の男が逮捕されている。

この男は中国海軍将校らに象牙を届ける計画だったと供述している」などの記述があります。

ビジネス面で存在感拡大の中国、反発強めるマダガスカル住民

AFPBB News 」サイトより


石炭燃焼に伴う放射能の影 (PDF:308.38KB)

佐賀県:佐賀県庁 」サイトより


マレーシアの石炭火力発電所による水産物の放射線核種汚染
同記事に「石炭には、ウランやトリウムなどの微量の放射性物質が含まれています。

石炭火力発電所で燃焼させることで、石炭の濃度の10倍のウラン、トリウムを含む副産物(灰)ができます。このフライアッシュ(灰)は、石炭火力発電所のまわりの環境の土や水を汚染します。

ポロニウム210はウラン238の放射性崩壊で生じる半減期138.4日のアルファ線を出す天然に存在する放射性物質で海に存在する放射性物質の中で最も被曝量が高い物質です。

ポロニウム210は 様々な水産生物で蓄積されます。又、水産品の摂取をしている人々にも、とくに貝の摂取によって多くの被曝を もたらしています」

「 海水中のポロニウム210濃度は、0.62ミリベクレル/リットルで、この値はマレーシアの他の海水濃度よりも高い。この高い濃度は石炭火力発電所の影響と考えられる。

水産物中のポロニウム210濃度は、魚、ハマギギ(Arius maculatus)4.4~6.4Bq/kg、バナナエビ(Panaeus merguiensis)45.7~54.4Bq/kg、ザルガイ(Anadara granosa)104.3~293.8Bq/kg、いずれも乾重量当たりです。

マレーシア人の1日当たりの摂取量で これらの水産物の摂取から生じる被曝量は1日1人当たり2083.85ミリベクレル/日・人となり、1年間の被曝量は249.3マイクロシーベルト(0.2493ミリシーベルト)となる。

これらの数値は、他の国より比較的に高い。

さらに、ポロニウム210は ヒト体内で かなりの量のポロニウム210が体内に吸収される。

一生涯(70年として)の蓄積発ガン死亡リスクは、1万人当たり24.8人となり、国際放射線防護委員会(ICRP)が出している制限量を越えている」などの記述があります。

名古屋生活クラブ 」サイトより


【関連記事】


海洋汚染の世界地図

大気汚染の世界地図

黄砂汚染の地図



マレーシア・クアンタンの鉱山で放射能汚染、地元紙調査で発覚
同記事に「マレーシア・パハン州クアンタンにあるボーキサイト鉱山が、周辺地域に放射能汚染を引き起こしている恐れがあることが、ニュー・ストレーツ・タイムズの独自調査で分かった。

サンプルからは高濃度の放射性物質が検出されており、専門家からは地域住民の健康被害を懸念する声が出ている」

「同紙によると、調査を行ったのはスンガイぺンゴラクとパンタイペンゴラクの両地域。

特別取材班がボーキサイト鉱の残滓で赤く変色した川、河口の水を採取し、研究所で分析したところ、重金属のほか放射性物質のトリウム232、トリウム230、ウラニウム 234、ウラニウム238が検出された。濃度も高かった。

パハン州当局は、タンジュングラン近郊で実施した水質調査の結果、重金属は検出されなかったとして安全宣言を行っていた」

「ある専門家は同紙に対して、周辺地域の住民が長期間にわたって汚染にさらされると、がんを発症する危険性が高まると指摘。

また、海洋生物も重金属や放射能に汚染されるため、それを食べる人にも健康被害を引き起こすと警告している」などの記述があります。

NNA.ASIA」サイトより


水銀汚染
インドネシア水銀汚染調査
同記事に「精錬所の周辺では多くの住民が生活し、学校があるにもかかわらず、1000ng/m3を超える濃度のガス状水銀が観測されます(非汚染地域では2-3 ng/m3)」などの記述があります。

水銀

富山県立大学 」サイトより


「インドネシア」現代のゴールド ラッシュの影に水銀の脅威
同記事に「インドネシア・カリマンタン島(ボルネオ島、Borneo)のケレンパンギ地区は今、違法な金採掘労働者であふれる現代のゴールド ラッシュの最前線になっている。

露天の採掘場では数千人の男たちが毎日、高圧ホースで大量の砂利に水を吹き付けて光る金を探している。

インドネシア各地に数多く存在する このような違法採掘場は環境を破壊するだけでなく、金精錬を目的に違法に使用されている水銀で労働者や地域住民の健康を危険にさらしている。

水銀は深刻な神経障害を もたらす恐れがあり、長年精錬に従事している労働者の間では震え や せきが止まらないなどの症状が出ている。

こうした状況を"健康の時限爆弾だ"と指摘するのは、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学のマルセロ・ベイガ教授だ。

小規模金鉱における水銀使用の実態に詳しい同教授は"数千人単位で死者が出るだろう"と警告する」

「国連は、いわゆる小規模の職人的な金採掘労働者が世界70か国に最大1500万人いると推定している。インドネシアでは2006年の推定5万人から現在は約50万人に急増したとみられる」

「国連によれば、水銀を使用する金精錬が広く行われているため、鉱業は環境への人為的な水銀放出源としては最大のものとなっている。水銀を使用する金精錬の拡大が顕著なのがインドネシアだ」

「合金を加熱して水銀を蒸発させ金を抽出する際に神経毒が発生し、神経や臓器に取り返しのつかない深刻な損傷を及ぼす恐れがある。

インドネシア中部、ロンボク島の金鉱で働くある労働者は匿名を条件に、"(健康被害への)不安は当然あるが、食べていける収入を得られない方が不安だ"と語った」

「採掘現場の周辺地域は さらに大きな脅威にさらされている。水銀が食物連鎖に入り込むためだ。

特に河川に流入した場合、バクテリアの働きで、通常の水銀より毒性が強いメチル水銀が生成される。

食物連鎖によってメチル水銀が蓄積した魚介類を人間が食べれば、重大な神経障害や出生異常の原因になる」

「金鉱の下流の住民が魚を食べる地域では、長期間のうちに水銀中毒のリスクが高まっている。金採掘労働者より周辺地域の一般住民の方が深刻な打撃を受ける恐れが大きい」などの記述があります。
※ロンボク島はバリ島の隣の島。

ペルー、違法金鉱の水銀汚染で環境緊急事態を宣言

コーンスターチで金抽出、失敗から新手法を偶然発見
同記事に「有毒のシアン化物を使用し、鉱石中の金を溶解させて抽出する従来の方法については、環境を汚染するため、賛否も分かれている。

この方法を禁止している国も数か国あるが、全世界の金の80%以上が いまだに この方法で抽出されている」

「近年、シアン化物による抽出を行っている採掘現場からの流出事故が数件報告されており、人命と環境が危険にさらされてきた。

ドイツ、チェコ、ハンガリーなど一部の国を除き、欧州諸国は採鉱でのシアン化物の使用を認めている。2010年には欧州議会が、これらの国家による禁止措置を大陸全体に拡大するよう呼び掛けた」

「金業界からシアン化物をなくすことが、環境保護の面で最も重要だ」「環境保護の面で計り知れないほどの恩恵が われわれと未来の世代に もたらされる」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


インドネシアの水銀ホットスポット ASGM

化学物質問題 市民研究会 」サイトより


中国 - インドネシアの水産物を輸入禁止!基準超す水銀検出で

大気中の水銀排出、3分の1は中国=石炭などが主因

レコード チャイナ 」サイトより


世界の水銀汚染問題
同記事に「ブラジル、アマゾン川流域では、1970年代 終わり頃から川底やジャングルの堆積土中の砂金採掘が盛んに行われ、 金の精練に使用されている金属水銀による汚染が深刻化しています。

タンザニア、フィリピン、インドネシア、中国等の国々でも同様な汚染が起きており世界の関心を集めています。

これまでの研究で、放出された水銀が河川系に入り、メチル水銀に変化して、魚類などに蓄積していることが明らかになっています。

現在、金の採掘に携わる労働者の無機水銀中毒ばかりでなく、下流の住民へのメチル水銀による健康被害も危惧されています」などの記述があります。

水銀と健康

国立 水俣病 総合研究センター 」サイトより


マグロ中の水銀濃度、アジアの海では減少せず
同記事に「米国の研究者が2004〜12年の間に捕獲されたマグロに含まれる水銀濃度を調べたところ、火力発電などに使われる石炭利用量が北米で減っていることから、大西洋では水銀濃度は減少傾向にあることがわかった。

一方、アジア地域の水銀汚染は いまでも拡大している」

「石炭の燃焼によって大気中に排出された水銀は、海水にも降り注ぐ。水銀は魚介類の体内に入り込んで蓄積される。

体の大きいマグロは食物連鎖の頂点に立っているため、大量の水銀が体内に蓄積されてしまう。

米国では、魚介類から人が取り込む水銀のおよそ40パーセントはマグロが原因となっている。ツナ缶としてのマグロの消費量が多いためだ。

ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校のチェンシュアン・リーらは、2004〜12年の間に捕獲されたタイセイヨウ クロマグロの組織標本を調査して、水銀濃度の変化を確認する研究を行った。

『Environmental Science & Technology』に掲載された論文によると、研究チームは、およそ1300頭のマグロの標本を分析した。

年齢は9〜14歳で、捕獲されたときに全長と体重が測定され、検査が行われた。

これらのマグロは、メイン湾や、カナダ南東部にあるセントローレンス湾の海域で活動する商用船によって捕獲されたものだが、はるかに広い海域を回遊している。

年齢が高く体の大きい魚ほど多くの水銀が体内に蓄積されるため、研究チームは それぞれの検査年で、年齢の同じ魚同士を比較した」

「その結果、食物連鎖の頂点に立つマグロの体内に どれほど多くの水銀が蓄積されるのかが明らかになった。

調査した組織標本に含まれていた水銀の濃度は、海水に含まれる水銀の1億倍もあったのだ。

ただし、水銀濃度は減少していることもわかった。2004〜12年までの間に、およそ19パーセント減少していた。

研究で明らかになった この傾向は、北米地域で放出される水銀の量と、大西洋に蓄積される水銀の量が減少している事実と よく符号している。

北米では、規制による石炭利用の減少により、大西洋を漂う水銀の量は減少しているのだ。

ただし、アジア地域の水銀汚染は いまでも拡大中だ。

また米国政府は かなり前から、妊婦に対してマグロの摂取量に注意するようガイドラインで呼びかけている」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


水銀の毒性が明らかになった19世紀の海難事故

霧の中の異常な水銀濃度に警鐘
同記事に「アメリカ地球物理学連合(American Geophysical Union)の総会において、カリフォルニア大学サンタクルーズ校(UCSC)の研究者チームは、カリフォルニア沿岸にたちこめる霧に、高濃度の水銀が含まれることを発表。

たとえ霧を吸い込んだとしても、ただちに人体に悪影響が出るレベルではないものの心配されています。

主に夏の時期に、カリフォルニア沿岸は、海水面と水上の気温差から、深い霧に覆われることで知られてきました。

ところが、1960年代と現代では、霧の発生日数が格段に増加。おまけに霧中のモノメチル水銀の濃度が、自然界で普通に雨滴に含まれる濃度の19倍にも達することが判明したとされています」

「海上から陸地へと流れた霧は、生態系に影響を与えるモノメチル水銀を降らせることになります。

早くも霧に包まれる地域に生息するクモから、高濃度の水銀が検出済み。

人間がクモを食べることはありませんが、水銀を体中に蓄えたクモを鳥や動物が食べ、食物連鎖の過程で濃縮されていく可能性は否定できません。

同地域で育つ植物にも、同じ危険があり、いずれは人間に影響が及ぶことになるかもしれない」などの記述があります。

ギズモード・ジャパン 」サイトより



ニジェールの仏ウラン加工施設などに爆弾攻撃

米送電網にロシアがハッキングか、ワシントン・ポスト紙

欧米で再び大規模サイバー攻撃、企業などに被害 原発も

AFPBB News 」サイトより


世界の石油供給、5大「急所」- 攻撃されれば国際経済が危機に

風力発電所のハッキングは簡単──米大学の侵入テストで判明

WIRED.jp 」サイトより


ウクライナの停電はマルウェアによるサイバー攻撃だった

ギズモード・ジャパン 」サイトより


CrashOverRideに世界中の電力網に障害を起こす潜在的危険性

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


【関連記事】


地政学の世界地図



肥料価格高騰と、新しい合成法の研究

「電気から つくる食品」の開発に研究者らが成功

WIRED.jp 」サイトより


【関連記事】


食糧自給率の世界地図



【資源・関連情報サイト】


中国のレアアース、無秩序な採掘で「資源」が「環境汚染源」に
同記事に「世界のレアアース供給量の94%を占めていると紹介。一方で、無秩序な資源開発が土壌侵食、山崩れや突発的な環境汚染を引き起こしている」

「レアアース産業で排出される一部の汚染物について明確な排出基準が設けられていない」

「分離過程で生じる大量の低放射性廃棄物について国が明確に危険廃棄物として定めていない」などの記述があります。

放射性物質を放出するレアアースを採掘できるのは中国だけ
同記事に「中国は このレアアースの埋蔵量が世界シェア48%。ですが、生産量は世界の97%を超え ほぼ独占状態となっています。ではなぜ、中国でレアアースが独占状態となるのでしょうか?

レアアースは取り出す過程で放射性物質が出てしまうため、それを無視して採掘する広大な土地が必要になります。

多くの国々は放射性物質を埋め立てる場所を確保できません。多大な費用が掛かりますし、場所的制限も掛かります。そして、環境にも悪影響を与えます。

一方で国土の広い中国は その点を気にすることはありません。

放射性物質が出ても偏西風に乗って流れていきますし、場所も広いので適当に埋め立てることが出来ます。また、環境問題も気にもしていないので他国に先駆けてレアアースを採掘できるのです」などの記述があります。

豪レアアース鉱床に日本が注目,中国のレアアースと競争へ
同記事に「オーストラリアメディアは、この鉱床は2013年に世界のレアアース需要の14%を供給し、中国とのレアアース市場における競争でオーストラリアは優位に立つと見ている」などの記述があります。

日本が南鳥島近海でレアメタル、レアアースの調査を実施へ

資源に乏しい日本が いつの間にか資源大国に

中国のレアアースは15年で底をつく,日米から購入する時代も?

ホンダがレアアース不使用の磁石を実用化

中国はゴロツキ国家だ!レアアース問題をめぐり - 米経済学者

中国で世界最大のタングステン鉱山を発見

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


日本近海に高濃度レアアースを発見、南鳥島沖

レアアース使わない産業用モーターを開発、日立

「金の卵」生む細菌を発見

フィンランドでLNG燃料の大型客船運航へ、世界初

資源開発すれば遺跡破壊に、アフガニスタンのジレンマ

電気分解による「環境に優しい」鉄の製法を開発

カナダ、オイルサンドで排出の汚染物質、推定の2~3倍

AFPBB News 」サイトより


日本 私達の未来を変える木質原料ガス化複合発電+FT法とは 1

日本の豊かな森林が生み出すクリーンなディーゼル燃料 - 1

JBpress (日本ビジネス プレス) 」サイトより


サウジアラビアの10倍!「夢の油田」
同記事に「米ウッドロー・ウィルソン国際学術研究所の分析によると」「大陸棚全体に埋蔵されている天然ガス鉱床の推定量は約175兆~210兆立方フィートと推定される。世界最大の産油国であるサウジアラビアの埋蔵量の約10倍に達する規模だ。

原油埋蔵量だけでも、米国全体の埋蔵量の4.5倍の1000億バレルに達すると推定される」

「領有権の基準は大陸棚が始まる国に帰属するという「自然延長説」が主流であった。しかし、1985年にリビア・マルタ大陸棚事件を きっかけに、地形ではなく、距離を基準に領有権を取り決める風潮へと変化してきた」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


南鳥島沖のレアアース開発、中国鉱山の30倍の高濃度(前編)
同記事に「特に貴重な重レアアースを中心に大変な高濃度であることです。現在、中国が採掘しているレアアース濃度は300ppm程度ですが、南鳥島沖の濃度は6600ppmのところもあり、中国産の20倍という圧倒的な高濃度です。特にハイブリッド車などに使われるジスプロシウムに限れば、中国の10ppmに対し、南鳥島沖の最高濃度は320ppmで32倍もあります」

「海洋のレアアースには、開発の障害になる放射性物質のトリウムが ほとんど含まれていないこと。実は、これが非常に重要な点です。

陸上で採掘されるレアアースは陸上のマグマ活動によって生成され、必ずトリウムを伴ってしまう宿命を背負っています。

これに対し海底のレアアースは成り立ちが違います。地球表面のプレートの境界である海嶺の熱水活動によって、放出された鉄質懸濁物質とゼオライト、アパタイトが、海水中に溶けているレアアースを吸着して海底に堆積したものです。

トリウムは そもそも海水中に ほとんど溶けていないので、レアアース泥を構成する鉄質懸濁物質などがトリウムを吸着し濃集することはありません」などの記述があります。

南鳥島沖のレアアース開発、中国鉱山の30倍の高濃度(後編)

Mugendai(無限大) 」サイトより


レアアース問題で重視すべきなのは
同記事に「注意を払うべきなのは、レアアース生産に伴い深刻な環境汚染が発生し易いという問題で、一衣帯水の隣国である中国の環境汚染は日本にとっても深刻な事態を招きかねない。実際、中国でレアアースを採掘しているのは中小企業が多く、十分な環境保護設備を設けずに、廃液、固体廃棄物、排ガスなどが無造作に廃棄されるという事情を漏れ聞く。内モンゴルの包頭市では深刻な土壌汚染が広がっており、飲用水の取水口にまでレアアース工場の排水が及んでいるという報告もある。さらに、レアアース鉱石の多くがウランやトリウムなどを含有するため、その精製過程で放射性廃棄物が発生する」

「黄砂はゴビ砂漠やタクラマカン砂漠を飛び立ち、内モンゴルや青海省などのレアアース生産地域の上空を越えて日本へとやって来る。

その中継点がレアアース生産で汚染され、放射性物質まで含んだ黄砂が飛来している可能性も否定できない」などの記述があります。

大和総研グループ 」サイトより


【関連記事】


黄砂汚染の地図



モンゴル自治区に超大型ウラン鉱床発見。原発増設計画に追い風

中国が2030年までに原発100基超を稼働へ、原発輸出も加速

レコード チャイナ 」サイトより


次世代原発、トリウム熔融塩炉の実験がヨーロッパで開始

放射性廃棄物の処理で利益を上げる企業「Kurion」とは?
同記事に「Kurion(キュリオン)」は、放射性廃棄物や有害廃棄物の処理に関する事業を専門に行う企業です」

「わずか数年の間にKurionが放射性廃棄物の処理分野で これほどまでに成長できた要因として挙げられるのは、これまでに何度も「人と反対の行動を取ってきた」ことと、常に「アウトサイダー」であったということだそうです」

「現在、世界中で大量の化石燃料が使用されています。2007年から2008年中旬までに、原油価格は倍以上に高騰しましたが、これは化石燃料が有限の資源であるからです。

しかし、世界人口は増え続けており、経済成長を遂げる国々の登場で より多くのエネルギーが求められているのは明らか。

また、化石燃料には地球環境に悪影響を及ぼすという側面もあるため、「これに取って代わる安価なエネルギー源を開発すること」が大きなビジネス チャンスにつながることは明白です。

実際、エネルギー産業では化石燃料に取って代わる新しいエネルギーの開発レースが勃発しており、太陽光やエタノールを用いた研究などが活発に行われています。

そんなエネルギー産業で、核エネルギーを用いる原子力発電は有望なエネルギー源と考えられていました。

しかし、核エネルギーの源となる「ウラニウムの採掘ビジネス」は詐欺師で あふれかえっており、ウラニウムを使って発電を行うにしても、小型のモジュール炉を作るだけで非常に高額な費用がかかり、その上 発電すれば放射性物質が出てくるというリスクを負う必要もあります」

「そんなエネルギー産業への参入をもくろんでいたKurionは、「エネルギー産業が成長したときと縮小したときに、どのような未来が待ち受けているのか?」を調査すべく、専門家 約300人にインタビューを行い、徹底的な市場調査を行ったそうです。

さらに、あらゆる研究レポートを読みあさり、関連知識をメキメキとつけていった模様。その中で、Kurionは世界中に なんと440もの原子炉が存在することを知ります。

さらに、これらはアメリカの核爆弾製造産業と同規模の市場であることにも気づきます。

加えて、原子力発電産業は「発生する廃棄物を どう処理するか?」「第2のチェルノブイリ原発事故が起きたら どう対処するのか?」という大きな課題も抱えていたことにもKurionは気づいたそうです。

さらに追加で、アメリカのエネルギー省が公開している情報から、アメリカでは放射性廃棄物の処理に年間で60億ドル(約7000億円)もの費用をかけていることを知ります」

「当時は まだ最先端の科学・技術が ほとんど導入されていなかったそうで、それらの状況を踏まえてKurionは「最先端技術を駆使した放射性廃棄物の処理を専門とするスタートアップ」となることを決意した模様」などの記述があります。

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより



人口増加と無脊椎動物の減少、紛争の原因に 米研究

マダガスカルのイルカ大量座礁死、原因はソナーマッピングか

AFPBB News 」サイトより


大西洋掘削が海洋生態系に及ぼすリスク

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


世界一環境に優しくないオーストラリア
Does Australia Have the Most Anti-Green Government on Earth?
同記事に「サンゴ礁を犠牲にする石炭積み出し港の拡張工事には、中国やインドへの石炭輸出を拡大するという思惑がある」などの記述があります。

ニューズ ウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より


【関連記事】


海洋汚染の世界地図

地政学の世界地図



砂からケイ素 産業基幹原料を直接合成

阿蘇で発見の酵素が燃料電池に革命か

サイエンス ポータル 」サイトより


マグネシウム、エネルギー循環社会
海水から採取したマグネシウムでエネルギー循環社会が実現
同記事に「マグネシウムは海水中に約1800兆t、石油30万年分に相当する量が存在します」「そのほか、マグネシウムは砂漠の砂などにも豊富に含まれています」などの記述があります。

日刊SPA! 」サイトより


マグネシウムが変えるか、日本のエネルギー問題 1

マグネシウムが変えるか、日本のエネルギー問題 2

マグネシウムが変えるか、日本のエネルギー問題 3
同記事に「小濱氏によれば、太陽エネルギーを得やすいオーストラリアでは70km四方の土地)を使うだけで日本が消費する全エネルギーを得られるという」
「オーストラリアで金属Mgを作り出し、日本に送る、さらに日本から使用済みのMgO(酸化マグネシウム)をオーストラリアに送るという物質循環であれば送電とは異なり、実現可能だ」
「砂漠が燃料工場になる」などの記述があります。

MONOist(モノイスト) 」サイトより


マグネシウム電池、太陽炉の実証実験も始まる - 2
同記事に「小濱氏は「マグネシウム循環型社会構想」を打ち出している。単にマグネシウム電池を開発し、普及させるだけでなく、マグネシウムをエネルギー キャリア(輸送媒体)として大量に利用するインフラを作り上げようという発想だ。

電池で使用した後のマグネシウム化合物をオーストラリアなど日射量の豊富な国に送り、金属に還元。金属マグネシウムを日本に再び送ることで、マグネシウムのサイクルを作る。

オーストラリアは太陽光発電や太陽熱発電に向いているものの、電力の形で日本まで送電することは難しい。マグネシウムであれば、輸送可能だ。約1.7というマグネシウムの比重の小ささが生きる。

小濱氏は太陽熱を利用したマグネシウムの還元を狙っている。ニコンは2013年 春から、小濱氏と共同で実証実験を繰り返してきた。東北大学が所有する直径1.5mの太陽炉を利用して1200度の高温を発生、マグネシウムを還元するというものだ」などの記述があります。

IT総合情報ポータル「ITmedia」 」サイトより


太陽光レーザーが拓くマグネシウム社会
同記事に「マグネシウムにはあまり知られていない特徴がある。反応性が非常に高いことだ。火を付けると激しく燃える。燃えやすさという点で言えば水素と比較したほうが、その利用のあり方に対する理解がしやすい。

多くの場合、水素は700気圧のボンベに詰めて用いる。燃焼に用いたとき700気圧の水素1立方mが発生する熱量は4.3ギガジュール。一方、同体積のマグネシウムが発生する熱は43ギガジュールと水素の10倍だ。
 
マグネシウムは水と反応させると水素が大量に発生する。普通車の燃料電池車が500km走るには水素6kgが必要とされるが、それには約70kgのマグネシウムがあればよい。体積にして40リットルだ。

実用化の暁には、マグネシウムの燃料パックをカセットのように燃料電池の発電機構に装填する方式になると考えられる」などの記述があります。

日経サイエンス 」サイトより


マグネシウム文明の夜明け 石油に代わる新しいエネルギー

CAE / ITソリューションのサイバネット 」サイトより


株式会社 ペガソス エレクトラ 」サイト
(海水中のマグネシウムのエネルギー資源利用と海水の淡水化)



海水の淡水化によって作られる大量の淡水によって砂漠の緑化や砂漠を農地にすることができます。

塩害の懸念も、淡水化装置による大量の水により、地表に出る塩分が淡水で流されることにより塩害の心配もありません。

海水淡水化による大量の水で土地を緑化し、従来の砂漠が農地に変わることにより、たとえば、広大な乾燥地帯を抱えるオーストラリアや中東などの国の農業生産が飛躍的に向上します。

海水淡水化により農地化することで、緑化した土地から水分が蒸発し、土地の降雨量が増加するという好循環が生まれます。

それにより徐々に海水淡水化装置の依存度が低下します。

その淡水化装置の余った能力を、農地の拡大に振り向けることができます。

オーストラリアの砂漠は比較的 海から近い場所に存在するうえに、オーストラリアは大洋に面しているため、海水の塩分濃度が海水の淡水化装置によって上昇することがない点も有利です。

これは、電力と水と食料の問題を解決できる画期的な技術であり、気象災害や異常気象、地下水の枯渇、食料高騰など対策の切り札とも言われています。


【関連記事】


日本人街・経済特区



三井物産、豪州牛肉事業への進出に関心
同記事に「Kidman & Coが所有する、西オーストラリアからノーザンテリトリーに至る1100万ヘクタールの私有地が、売却に出されています。

1100万ヘクタールという面積はイングランドの総面積に等しく、日本の総面積の約3分の1となります。

これまでにこれほど広大な土地が売りに出されたことはなく、史上最大の土地取引ともなるようです」などの記述があります。

Japan Australia Business Creators 」サイトより(英語)



水田などから電力を「収穫」する新発電技術、オランダ

電波を「収穫」し電力に変換、英で新技術公開

大西洋での風力発電、世界全体に電力供給の可能性 米研究

「世界最大規模」の洋上風力発電所計画を承認 スコットランド

欧州、風力タービンの性能倍増も、超電導テープ開発

英 洋上風力発電、原発よりも電気料金が安価に

AFPBB News 」サイトより


世界初、浮く洋上風力発電所が営業開始、英国 - 1

世界初、浮く洋上風力発電所が営業開始、英国 - 2

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


風力発電の電力の安定供給を実現する制御技術を開発

長寿命の燃料電池用ナノ触媒を開発、5万サイクル後も劣化せず

LED照明に対応した高輝度・長残光時間の蓄光材料を開発

リチウム空気電池でリチウムイオン電池の15倍の蓄電容量を実現

風力発電装置主軸用「左右列非対称自動調心ころ軸受」を開発

マイナビ ニュース 」サイトより


バクテリアでタービンを回して電気をつくる研究、進む

大規模な洋上風力発電はハリケーン被害も抑制

米国初の洋上風力発電所、ロードアイランド州に建設

WIRED.jp 」サイトより


無料で無限の「クリーン エネルギー」は いつ登場するのか?
同記事に「迅速なペースで生産コストのレート変動が起きるのは太陽光だけに とどまらず、世界中で風・バイオマス・地熱・潮力といったクリーン エネルギーの技術開発も進められており、すでにアメリカでは風力発電が石炭燃焼プラントのコストと価格競合を起こし始めています。

The Washington Postは、「私たちが無料で無限に使えるエネルギーの時代へ進んでいることに疑いの余地はありません

「そんな時代が訪れれば、石油産業に壊滅的な混乱が起きると予想されるため、太陽エネルギーの進行を食い止めるべくロビー活動を行うグループも登場しています」

「環境にも優しいクリーンエネルギーの導入が進めば、電気自動車はガソリンよりも安く運転できるようになり、ゆくゆくは海水を煮沸して無限の上水を得られる可能性もあります。

大量の上水を使って水耕栽培で植物を育てられるようになれば、広大な農地がなくても高層ビルで新鮮な野菜が得られるようになるなど、「ウソのような本当の未来」が訪れることになるかもしれません」などの記述があります。

洋上風力発電は全地球の電力を生み出す一方で気候に悪影響も

太陽熱発電「Crescent Dunes」

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


台風を利用可能エネルギーに...「台風発電」とは

Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン) 」サイトより


プロペラがない「マグナス力」を利用する風力発電機
同記事に「垂直軸型マグナス風力発電機は、従来のプロペラ方式ではなく、気流で円筒を回転させたときに発生する「マグナス力」を利用して回転する。

微風でも強風でも対応して発電する風力発電機で、プロペラがないため、台風などによる倒壊の課題も解決する」などの記述があります。

環境ビジネス オンライン 」サイトより


株式会社チャレナジー - Challenergy Inc. 」サイト


【関連記事】


食糧自給率の世界地図

日本人街・経済特区

台風の世界地図

気候分布の世界地図


ユーグレナ (ミドリムシ)
株式会社ユーグレナ 」サイト
(微細藻ユーグレナ (ミドリムシ) を利用した食品,化粧品,飼料,バイオ燃料等)

藻と石油
藻類が日本を産油国に - エネルギー自給ができる日 (前編)

藻類が日本を産油国に - エネルギー自給ができる日 (後編)

Mugendai (無限大) 」サイトより


藻類を代替ガソリンや栄養素に変える「Algae」とは?
同記事に「農業が水を汚染しているという問題を改善します」

「Algaeの場合、水は循環させる構造なので、流出した肥料が しみ出してしまうことはなく、すべてを有効活用することが可能です」

「森林伐採の主な原因は、食料生産です。Algaeは一般的な食料に比べて40倍 生産性が高いという特長があります。

1000エーカー(約400ヘクタール)の土地でAlgaeを生産すれば、4万エーカー(約1万6000ヘクタール)分の植物を植える必要がなくなります」

「実用化が早ければ早いほど、大きな成果がもたらされます」

「Algae製造農場の大きな特長は、農場の横に火力発電所があるということ。火力発電所で発生した二酸化炭素はパイプを通って......Algaeのため池に導入されます。

Algaeの製造では、火力発電所で発生する二酸化炭素を有効活用できる」などの記述があります。

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


IHIなど、バイオ燃料用 微細藻類の屋外大規模に成功

藻類が出すオイルを燃料に変換する新たな手法を発見

緑藻の体内時計に赤/紫の光情報を伝える因子

マイナビ ニュース 」サイトより


【関連記事】


世界の時間・時差

  遺伝子


コンバインド サイクル発電
コンバインド サイクル発電 (GTCC)とは
別名:ガスタービン コンバインド サイクル発電、ガスタービン複合サイクル発電、複合火力発電

改良型コンバインド サイクル発電 (ACC)

Weblio辞書 」サイトより


MACC.(More Advanced Combined Cycle)

社団法人 電力土木技術協会 」サイトより



最新型の火力発電は「柔軟でクリーン」

WIRED.jp 」サイトより


再生可能エネルギー普及、世界で加速

画期的な蓄電池を開発、住宅用にも 米ハーバード大

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


エネルギー効率60%の太陽光を利用した新型の冷暖房装置を開発

CSIRO 」サイトより(英語)


安全なリチウム電池が現実的なものになる新発見

電気自動車を即時再充電可能なバッテリー技術が誕生

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


モロッコの太陽熱発電所、首都の全電力を供給予定

20分で290度まで熱せる太陽光調理器具「GoSun」

Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン) 」サイトより


溶融塩太陽熱発電
「溶融塩太陽熱発電」が稼働開始 -1

「溶融塩太陽熱発電」が稼働開始 -2

WIRED.jp 」サイトより


浸透圧発電.塩分勾配発電.塩分濃度差発電
浸透圧発電

日経ビジネスオンライン 」サイトより


淡水と海水の塩分濃度の差により充放電するバッテリーが開発

スラッシュドット・ジャパン: 」サイトより


海洋濃度差発電

佐賀大学 海洋エネルギー研究センター 」サイトより


世界最大の海洋温度差発電プラントが中国で作られる

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより



グリーン エネルギーの世界的モデル都市、オーストリア

節電には「金額」より「健康問題」が効果的、米研究

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


大気汚染の世界地図



高効率 太陽光発電システム「HCPVT」

Mugendai (無限大) 」サイトより


太陽エネルギーで水素を作る人工光合成、2022年に実証試験

ラン藻を使うバイオ燃料生産を効率化 - 1

ラン藻を使うバイオ燃料生産を効率化 - 2

落差1メートルの水路でも発電可能な小水力発電機

スマート ジャパン - ITmedia 」サイトより


液体空気をエネルギー貯蔵タンクにするというアイデア

「エネルギー貯蔵」技術の展望とは?

夏の熱を冬の暖房に使う熱エネルギー保存装置の開発が進行中

安価で安全なアルカリポリマー電池の製造プロセス開発に成功

スコットランド初の「潮力発電所」が稼働へ

空気亜鉛電池の充放電劣化を抑える触媒

電気だけを食べて生きられるバクテリアとは?

新しいタイプの「青い火炎旋風」が発見

核爆発をガス田の火災鎮火に用いるというアイデア

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


日立製作所とスイスABB,高圧直流送電事業で合弁会社設立
同記事に「HVDCは、主に2つの電力系統間で送電するための技術で、送電側の電力を、交流から直流に変換した上で送電し、受電側の系統では交流に戻して電力を使用することで、電気的な損失や設置面積、建設コストを抑えることができるという特徴があるほか、周波数が異なり直接交流で接続できない系統間の連系にも適している」などの記述があります。

低エネ光の利用期待できる分子膜開発

超臨界CO2サイクル火力発電システムのプラント向けタービン

光触媒でCO2を高効率に再資源化

CO2と水からエタノール生成する銅触媒の実用化めざす

人体に無害な物質だけで熱電変換材料を作製

排熱から発電できる冷却水不要の空冷式熱電発電装置

反強磁性体で自発的な巨大熱起電力効果が現れることを発見

ワイル粒子で駆動する新たな磁性体「ワイル磁性体」を発見

非鉛ペロブスカイト太陽電池の作製に成功

夢の筒状炭素分子「カーボンナノベルト」の合成に成功

NEDO、圧縮空気エネルギー貯蔵システムの実証試験開始

紫外光で二酸化炭素の吸着を制御できる多孔性材料を開発

ペロブスカイト太陽電池の鉛成分を無害なビスマスで代替

長年に渡り議論されていた超電導の常識を覆すレアアース

NEDOとIHI、100kW級の海流発電の実証試験を完了

1400℃超の高温で動作するセラミックポンプを開発

新物質の発見が燃料電池や酸化分離膜などの開発を加速させる

マイナビ ニュース 」サイトより


Liquid air 'offers energy storage hope'

BBC 」サイトより (英語)


水蒸気の10倍のエネルギーで発電する超臨界CO2タービン技術

世界初「潮力発電用人工ラグーン」、英国6か所で建設へ

驚きの保冷バッグ - シャープの知られざる新素材の実力

世界初、分子を組み立てられる分子ロボット:英大学が開発

海洋生物 サルパ,高効率な推進法が水中ロボットを進化させる

「涙」を圧縮すると、電力を生み出せることが判明

WIRED.jp 」サイトより


水と細菌胞子で動くエンジン、新動力技術を開発 米大研究

カナダ、潮力発電が本格始動 500世帯分を供給

米海軍、海水を燃料にする技術を開発

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


海洋汚染の世界地図

地政学の世界地図



中国はエボラ流行に「ぜい弱」、ウイルス発見者が指摘
同記事に「中国はアフリカ諸国の最大の貿易相手国で、中国当局は近年、世界第2の自国の経済を支える資源を求めて、アフリカの さまざまな地域へと外交を広げていた」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


感染症対策・世界分布



「電力」をサイバー攻撃から守れるのか?

ギズモード・ジャパン 」サイトより


2年連続で年末に起きた「ウクライナの停電」が意味するもの

WIRED.jp 」サイトより


【関連記事】


地政学の世界地図



2015年 宇宙法が米上院 通過,小惑星 資源採掘ビジネス認める

ルクセンブルクが国を挙げて目指す「宇宙資源産業」

WIRED.jp 」サイトより


NASA、新たなる「原子力 ロケット エンジン」を開発へ

マイナビ ニュース 」サイトより


「宇宙条約」に落とし穴あり。月の土地をめぐる競争激化

ギズモード・ジャパン 」サイトより


【関連記事】


宇宙放射線・地磁気



海洋投入
同記事に「イタリアではマフィア型犯罪組織による核廃棄物の不法投棄が問題視されてきた。

1980年代から確認されてきた問題で、その主犯はカラブリア地方を本拠地とするンドランゲタであるものと目され、イタリア国内を始めヨーロッパ中から持ち込んだ放射性廃棄物を、船に満載したうえで船ごと沈めるという方法でカラブリア地方の周辺海域(地中海等)を主とするイタリア国内の海中や、インド洋のソマリア沖に投棄してきたものと見られている。

2004年に発生したスマトラ島沖地震はソマリアの海域に津波を発生させたが、この際ソマリアの浜に大量の核廃棄物や その他の毒性の高い化学物質を含む廃棄物やコンテナの破片が打ち上げられるという事態が起こった。

不法投棄されたものであるとして国連環境計画が それらについての報告書を作成している」などの記述があります。

Wikipedia 」サイトより


放射性廃棄物を違法売買する「エコ マフィア」
同記事に「放射性廃棄物を はじめとする危険物質の違法売買ビジネスが、「エコ マフィア」の間で急成長しており、これが武器や麻薬の売買に「匹敵するような利益」を国内外の犯罪組織にもたらしていると、イタリアの環境保護団体『レガンビエンテ』が告発している。

イタリア準軍事警察の環境保護活動センターである『Nucleo Operativo Ecologico dei Carabinieri』とレガアンビエンテは、2000年11月に行なった合同発表の中で、毎年大量の汚染された廃棄金属が、東ヨーロッパからイタリアに入ってきていると述べた。

レガンビエンテによれば、ヨーロッパ最大の くず鉄類輸入国であるイタリアにとって、汚染された廃棄金属の不正取引は深刻な問題だという。

レガンビエンテは1999年、イタリアを評して、まるで「放射性廃棄物の爆弾」の上に座っているようなものだと表現した。

「われわれは、東ヨーロッパから毎年5000トン輸入されてくる金属の放射性廃棄物に囲まれて生活している」

「放射性廃棄物の大半は、旧ソ連諸国および東ヨーロッパで出されるものと見られている。鉄道や車でイタリアに運ばれ、安全な くず鉄と偽って主に北部の鋳造工場に買い取られている。

1996年から1998年の間で、1万5000トンを超える汚染された金属が、イタリア北部国境の主要入国地点の3か所で発見され、出荷地へ送り返された。

1997年には、ロンバルディア州の保健関係当局が、ブレシア地域だけでもトラック100台分、およそ200万トンの汚染された くず鉄類の不法輸入が発見されたと報告した。

だが、これらは氷山の一角にすぎず、これよりも はるかに大量の「出所の怪しい」くず金属が、摘発を逃れてイタリア国内に流れ込んでいると、レガンビエンテは警告している。

これらの放射性物質は人体に危険を及ぼすものであり、1998年にスペインで起きた鋳造工場の事故の再発を懸念する声があがっている。

この事故では、鋳造工場が誤って放射性物質を精錬してしまい、爆発によって放出されたセシウム137はヨーロッパ5か国に広がった。

レガンビエンテが2000年11月に発表したところによると、1992年から1998年の間にヨーロッパで報告された放射性物質の違法売買は173件にのぼったという」

「旧ソ連には多数の核関連施設があり、放射性の鉄クズなどが中国にも入り込んでいる」

「日本でも、原発を廃炉する時に膨大に出る金属等のゴミについては、検査のうえ再利用が行なわれることになっている」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


マクドナルドより稼ぐ伊マフィア「ンドランゲタ」- 1
同記事に「主な収益源としては、麻薬密輸が推計242億ユーロ(約3兆4300億円)、違法な ごみ処理ビジネスが同196億ユーロ(約2兆7800億円)、ゆすり・高利貸しが29億ユーロ(約4100億円)、横領が24億ユーロ(約3400億円)、賭博が13億ユーロ(約1800億円)を それぞれ売り上げたとされる。一方、武器売買、売春、偽造品、密入出国請負などは採算性が低いようで、これら全てを合算しても収益は10億ユーロ(約1400億円)に満たないという」などの記述があります。

マクドナルドより稼ぐ伊マフィア「ンドランゲタ」- 2

伊ナポリの ごみ不法投棄、健康被害深刻 「死の三角地帯」

AFPBB News 」サイトより

【関連記事】


海洋汚染の世界地図

津波の世界地図

世界の治安・安全情報



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ緻密な情報、厳選リンクも満載