【社会】経済事情・交通事故率・平均寿命など社会に関する国別基本情報

海外移住と徴兵制度の世界地図

徴兵制のある国で永住権や市民権を取得した場合は、徴兵の義務が生じる場合があります。また、徴兵制のある国では、将来、子どもにも徴兵の義務が生じる場合があります。

専門家によれば、徴兵制のある国のなかでも、特に戦争や紛争地域、戦争や国際・地域紛争に参加する可能性のある国では派兵される可能性があり、テロの脅威がある国では、テロ対策に軍隊が投入される可能性があるとの指摘があります。

自分の子どもが徴兵された場合も考え、移住決断の前に移住希望国の徴兵制の有無を調査し、子どもの将来についても慎重に検討する必要があるという意見もあります。

海外移住の国選び、永住権、国籍 (市民権) の取得は くれぐれも慎重に!。


【関連記事】


永住権の取得・申請条件

移住の方法



      ★ 更新情報|海外移住の地図帳 ★


このページに「ふりがな」(ruby)を付ける

ひらがな めがね 」サイトより


徴兵制度の世界地図

徴兵制度の地図

(赤色) 徴兵制を施行している国家。

(青色) 志願制の国家。

(緑色) 軍隊を保有していない国家。

(オレンジ色) 3年以内に徴兵制を廃止予定の国家。

(灰色) 不明。


[ 出典 ] 徴兵制度

Wikipedia 」サイトより



日本で「徴兵制の復活」は ありえるか?

弁護士ドットコム 」サイトより


経済的 徴兵制

Wikipedia 」サイトより


戦争が始まったら こうなる 北朝鮮vs.米・日・韓の戦い - 1

戦争が始まったら こうなる 北朝鮮vs.米・日・韓の戦い - 2

戦争が始まったら こうなる 北朝鮮vs.米・日・韓の戦い - 3

現代ビジネス [講談社] 」サイトより


韓国大統領、北朝鮮との軍事衝突について「可能性高い」と警鐘

「日本も攻撃圏内」と威嚇=核兵器「実戦配備した」-北朝鮮

北朝鮮問題の軍事的解決は想像絶する悲劇もたらす 米国防長官

北朝鮮、軍入隊を「嘆願」 若者や学生が大行進 朝鮮中央通信

北朝鮮、神経ガス原料の特許申請=国連機関が手続き支援

北朝鮮への軍事行動「選択肢のうち」米国務長官

北朝鮮を めぐる衝突は「いつでも起こり得る」 中国外相
同記事に「中国の王毅(Wang Yi)外相は2017年4月14日、米国との間で緊張が高まる北朝鮮について、衝突は「いつでも」起こり得るとの見解を示しつつ、どんな戦争にも「勝者はいない」と警告した。

北朝鮮が15日に核実験かミサイル発射実験を行うとの観測が広がる中、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は北朝鮮問題について「対応する用意がある」と発言したが、王外相の発言は これを受けたものとみられる。

王氏は北朝鮮をめぐる緊張が高まっていることを認めた上で「衝突は いつでも起こり得るという感じがする」と語った。

さらに「戦争が起きれば、その結果は全員が負けるという状況で、誰も勝者には なれない」と述べた。

また、衝突を誘発する側が どちらであっても「歴史的責任を負うことになり、相応の代償を払うことになるだろう」」などの記述があります。

北朝鮮ナンバー2、「核攻撃には核攻撃で反撃」

中国、海兵隊を強化=尖閣占拠、「潜在的任務」か

「終末時計」トランプ氏発言などで前進,60年余ぶり危険水準に

台湾が軍事演習、中国による攻撃を想定 中台の緊張高まるなか

台湾軍、離島で軍事演習=中国軍の侵攻想定

台湾の蔡総統、潜水艦の独自建造計画を発表

中国とロシアを「安全保障 脅かす国」に、米国家軍事戦略

ロシアの軍事費、経済制裁下で世界第3位に 前年比5.9%増

日本海でロシア軍機が米空母に接近、米機が緊急発進

中国の空母艦隊、台湾沖通過し太平洋で初演習へ

【図解】南シナ海で各国が領有権を主張する海域

中国が開発進める西沙諸島・ツリー島の変貌、5年前と比較

フィリピン南部マラウィ、軍と過激派が激戦 死者300人以上に

ロシアが軍事的「勢力範囲」の構築を推進、NATO事務総長

中国紙「トランプ米新大統領に対抗し、核強化すべき」

台湾が南シナ海に新軍事施設か

中国が軍事パレード開催へ,「日本を震え上がらせるため」 報道
同記事に「パレード開催の理由の一つは「日本を震え上がらせ、戦後の世界秩序を維持する中国の断固とした決意を世界に向けて宣言すること」だという」などの記述があります。

中国、西沙諸島への「兵器」配備認める

中国、人工島に高周波レーダー建設か 米CSIS

中国 国防白書、空海の軍事力拡大を打ち出す

「中国が南シナ海で人工島建設を準備」フィリピンが写真公開

中国、インドとの国境をめぐる対立で「派兵の強化」を示唆

【図解】膨張続ける中国の国防費

2隻目の空母建造、中国 国防省発表

米、中国企業を刑事訴追 北の核開発支援の疑い

中国、北朝鮮からの石炭輸入急増 国際社会の制裁よそに

初の反テロ法案を可決、中国

中国、海外での対テロ作戦を合法化
同記事に「反テロ法によって、海外での対テロ軍事作戦が合法化されたことが、公表された同法の内容から明らかになった。

中国当局は、イスラム教徒が多数を占める新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)に関連する暴力行為を、世界中で高まる過激派への懸念に結びつけようと試みている。

国営新華社(Xinhua)通信が公表した反テロ法の条文では、「関係国」が合意した場合、「対テロ活動を遂行するために人員を国外へ派遣することができる」と定めている。

派遣が認められるのは、人民解放軍(People's Liberation Army)や人民武装警察部隊(People's Armed Police)、治安機関の職員などだという」などの記述があります。

中国海軍、ジブチに軍事拠点建設へ

中国軍、初の海外拠点=ジブチ基地の運用開始

台湾ミサイル誤射、漁船を直撃 1人死亡

台湾海軍、対艦ミサイル1発を中国に向け誤発射

【図解】日中など6か国の軍事力比較

世界の武器取引、直近5年は冷戦後最大 中東・アジアで輸入増

インド、人工衛星104基を一度に打ち上げ 史上最多記録

中国の軍事技術、西側と「ほぼ同等」に近づく 英報告書

露テレビ、核魚雷計画の機密文書を誤放送
同記事に「ロシア政府は、核魚雷開発計画の詳細を記した機密文書が、誤って露テレビで放送されてしまった事実を認めた。

ともに政府系のNTVと第1チャンネル(Channel One)が放映した映像には、サンクトペテルブルク(St. Petersburg)を拠点とする原子力潜水艦製造企業ルビン(Rubin)が設計した兵器システム「Status-6」の図や詳細を含む機密文書に、軍当局者が目を通す様子が写されている。

数秒にわたって はっきりと映った文書には、潜水艦から発射される核魚雷によって「広範囲が放射能に汚染され、長期間にわたって軍事・経済活動には不適格となる」との記述があった」などの記述があります。

米空軍の核ミサイル基地要員に薬物疑惑、14人が職務停止

北朝鮮の水爆実験発表、専門家は懐疑的

北朝鮮、プルトニウム生産炉を再稼働 米分析

北朝鮮、新しいミサイル潜水艦建造か 従来より大型

金 第1書記、核兵器発射準備を命令

北朝鮮、核弾頭の実験爆発に「成功」 ミサイル搭載可能と発表

北朝鮮、米韓への「先制核攻撃」警告

北朝鮮の核攻撃には「圧倒的な対応とる」 マティス米国防長官

金正恩氏、核弾頭小型化に成功と発言

金正恩氏、「さらなる核実験」命令 北朝鮮国営通信

北朝鮮、核実験の早期実施を宣言 再突入実験に成功と発表

北朝鮮の核施設から煙、プルトニウム抽出か

韓国も核武装するべき、与党院内代表が国会で演説

北朝鮮、化学兵器5000トン保有か

【記者コラム】カシミール紛争、報じられない人々の心の闇

戦争にあえぐ中東で自殺や殺人が急増、「失われた世代」出現

AFPBB News 」サイトより


中国、南シナ海で軍事シェルターとレーダー・通信施設を建設

ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より


日本の中学校のトイレットペーパーに「自衛官募集広告」で物議

第三次世界大戦が勃発した場合、最初の3週間で5億人 死亡」

2017年に武力紛争が起こる可能性が最も高いのは朝鮮半島

米国と中国の戦争リスク高まる、BBCドキュメンタリーが話題に

北朝鮮情勢/国の軍事攻撃に壁,報復で在韓米国人6万人犠牲も

「世界は戦争に近づいている」米英仏で6割超

4年以内に起こり得る10の大規模軍事衝突 - 米軍事サイト

最大リスクは軍事衝突、中国世論、6割超が日中衝突は起こる

中国と台湾、高まる武力衝突リスク

中国軍幹部「台湾を武力統一する可能性」指摘

中国の大型爆撃機、台湾上空を1周

中国軍元幹部「米が台湾にTHAAD配備なら台湾を武力解放」

北朝鮮がマレーシアにダミー企業設立、武器密輸か

私たちは台湾人!独立志向が増加=世論調査で明らかに

台湾が、中国による侵攻を想定した軍事演習を実施

台湾が独立を宣言した時、中国人民解放軍は台湾に降り立つ

台湾独立は認めない=中国・国家主席と台湾・国民党主席が会談

中国との戦争に備える米国、アジア太平洋での戦力強化を推進

「台湾の旗を掲げてはならない」=カンボジア首相

中国の軍事費が また増加、2016年は16兆円、兵器輸出も加速

インドネシア、南シナ海で軍事基地建設計画

<南シナ海>中国人の人工島は軍事目的、米諜報機関が解明

中国が海外の港湾を爆買い、一帯一路沿いに200億ドル

マレーシア首相が訪中、「中国から軍艦購入」に海外注目

中国がタイに潜水艦を輸出、他国も次々に購入を発表

中国は50年以内に6回の戦争をする、1回目は...
同記事に「中国は国家統一と国家の尊厳を守るため、今後50年で6回の戦争をしなければならない。

1回目は台湾統一戦争で、2020年から2025年の間に起こる。中国は台湾に対して、2025年を最終期限とする平和的統一を宣言。台湾が これに従わなければ武力統一あるのみだ」

「2回目は南シナ海の諸島奪還戦争」

「3回目はインドとの南チベット奪還戦争」

「4回目は尖閣諸島と琉球奪還戦争」

「5回目はモンゴル統一戦争」

「6回目はロシアとの領土奪還戦争」などの記述があります。

インドが中印国境周辺で米国と軍事演習、中国の反発は必至

中国の報復手段は こんなにあった!

中国の火薬庫,新疆ウイグル自治区、当局の監視,締め付け常態化

世界で一番兵器を輸入している国とは?

中国によるロシア製兵器の購入額が急増、80億ドル突破

中国は核兵器システムを輸出、核拡散行為は米国の制裁を招く

中国が西沙諸島に地対空ミサイル配備

中国が南シナ海の西沙諸島に戦闘機を配備

中国が南シナ海で行う「巧妙な戦略」とは?

「中国は潜在的 侵略者」、米太平洋軍トップが異例の発言

中国軍機11機が宮古海峡に飛来、過去とは異なる動きと警戒

最新鋭戦闘機J−20の新機体を確認、量産体制に入った可能性も

中国製 戦闘機,アフリカで「品質問題」,5年で3分の1が墜落大破

2020年には中国が南シナ海全域を支配へ、米太平洋軍が懸念

中国保有の弾道ミサイルは1500~2000発、核弾頭は数百発

中国軍が尖閣近海の島に建設中の離着陸場は10か所

中国機の領空侵犯、自衛隊機の緊急発進増える

中国の新空母は海南省に配備か、日本のシーレーンを容易に寸断

中国政府、軍事費大幅引き上げを発表、2桁の伸び続く

高速鉄道は中国の「最新秘密兵器」、軍事力を迅速に移動

中国が世界最高速の超音速機の開発に着手 - 米メディア

中国初の海外軍事基地がジブチで着工、軍拡に懸念の声

中国がジブチに続く新たな海外軍事基地建設を計画か

中国、ギリシャ最大の港を総額450億円で買収=軍事化構想も

中国がマラッカ海峡に大型港湾建設,軍事目的との指摘に反論

豪州が軍服を中国企業に発注、議員から「恥だ」と批判の声

豪国防省が軍服を中国企業に発注、スパイ行為のリスクに懸念

インド,中国 国境地域に超音速巡航ミサイル,ブラモス配備へ

集団的自衛権の発動は「危険がないと判断できない時」

対潜能力を強化、中国海軍の新型「潜水艦キラー」が就役

中国,謎の試験衛星を打ち上げ,英軍事メディアは軍事目的と推測

中国の武器輸出がアジア諸国を中心に5年で倍増

中国で銃の闇製造拡大、犯罪組織や愛好家が顧客
同記事に「中国は銃や弾丸など小火器の世界最大生産国となり、国有軍事企業・北方工業の製品は世界各地の紛争地で使われている」

「米ジェームスタウン基金会のウェブサイトによると、国連の14年のデータで、中国の銃器や弾薬の輸出額は1億6100万ドル。

中国は武器生産大国だが、国内では銃の所持が厳密に制限されているため、闇での武器製造が深刻化。違法製造された銃による犯罪も年々増加している。

いわゆる「闇の銃」の顧客は大きく分けて2種類。一つは犯罪組織やマフィアなどで、マッサージ店やナイトクラブを経営する際、違法行為に関与するケースが多いという。

賭博や薬物売買などと並び、銃の闇取引も頻繁に行われる。二つ目は一般の銃愛好者で、全体に占める割合は低い」などの記述があります。

世界の軍事支出が激増、アジア・太平洋地域で顕著

中国、経済成長はスローダウンも軍事費急増は止まらず

中国、武器輸入額が世界5位から3位へ

韓国への核兵器配備「韓国大統領府の要望」米専門家が発言

韓国軍、原子力潜水艦 建造を模索

韓国が軍備増強、原子力潜水艦を実戦部隊に配備か

韓国、2020年までに武器輸出で世界7位を目指す

韓国、2020年に中国追い抜きアジア最大の武器輸出国に

韓国空軍の戦闘機、北朝鮮のミサイルに なすすべなし

韓国,新型地対空誘導ミサイル「天弓」の試射に成功,量産も

韓国陸軍が国内最大の室内軍事訓練センターを正式稼働

韓国で軍事機密情報の漏えいが多発、SNS普及が国の危機招く

北朝鮮が核施設でプルトニウム抽出準備を始めた可能性を指摘

北朝鮮の核兵器、開発費は国民1年半分の食糧に相当

北朝鮮の核兵器開発を支援か、中国の女性実業家「馬暁紅」とは

北朝鮮が韓国にテロ攻撃計画か

北朝鮮が韓国にテロ攻撃の準備

韓国軍がテロ対策を強化、国家級部隊の増設を検討

「平壌を地図上から消す」韓国軍が対北朝鮮報復攻撃計画を立案

韓国の古都を襲った地震、原発だけでなくTHAADの心配も

米軍の炭疽菌実験、ソウルで15回 実施=ペスト菌も送付

今後20年間に大規模な核戦争が起きる確率は?

レコード チャイナ 」サイトより


戦争が「起きる地域」と「起きない地域」の違い

北朝鮮のハッカーが、世界中でサイバー攻撃をする合理的な理由

米国防総省は戦争の未来を、ゲーム会社とつくろうとしている

WIRED.jp 」サイトより


北朝鮮がウラン精製施設を改修、核兵器増産を準備か=報告書

想定上回る北朝鮮のミサイル開発、日本は現状「迎撃困難」

ロイター.co.jp 」サイトより


アメリカと中国が「軍事衝突」したら...「中国は嘉手納を攻撃」

日本と中国の軍事衝突...想定される3つのパターン

「中国にやられた戦争、教科書の記述を増やす」ベトナム政府
同記事に「ベトナム政府が第二次世界大戦後に中国との間で発生した戦争の記述を増やす考えだ。

これまでは中国との「微妙な関係」に配慮していたが、生徒らに「伝えるべき情報」と判断したという。

これまで、極めて わずかな記述しかなかった「中国との3回の戦争」の記述を増やす。

1979年に発生した中越戦争では、中国軍がベトナム領内に攻め込んだ。

開戦時にベトナム軍主力はカンボジア方面に出撃しており、中国軍は中越国境地帯の複数個所で国境を越え、大兵力でベトナム軍を圧倒しようとした。

しかし、ベトナム戦争で実戦経験が豊富で、装備も優れていたベトナム軍は、ゆっくりと後退しながらも、中国軍に多大な損害を与えた。

カンボジア方面から引き返してきたベトナム軍主力が戦場の手前で終結を始めると、中国軍は撤退した。戦闘期間は約1か月だった。

なお、中国は この戦争を「対越自衛反撃戦」と呼んでいる。

2つめの戦争は「西沙諸島の戦い」だ。発生したのは中越戦争よりも前の1974年。

当時は中国とベトナム共和国(南ベトナム)がパラセル諸島(中国名:西沙群島)を ほぼ2分して実効支配したが、中国軍が攻めて、ベトナム側を駆逐した。

なお、中国は この戦争を「西沙群島自衛反撃戦」と呼んでいる。

3つめの戦争は「南沙諸島の戦い」だ。

発生したのは1988年。スプラトリー諸島(南沙諸島)のジョンソン南礁(赤瓜礁)で中国海軍とベトナム海軍が勝利して、中国はジョンソン南礁、ファイアリー・クロス礁(永暑礁)、クアテロン礁(華陽礁)、ヒューズ礁(東門礁)、ガベン礁(南薫礁)、渚碧礁を奪取した。

中国では この戦争を「赤瓜礁海戦」と呼んでいるが「南沙自衛反撃戦」の呼称もよく使われている」などの記述があります。

房総沖に出現の「中国情報収集船」とは

中国が「戦略爆撃機」開発?「日米など標的に空の戦略」転換か

尖閣上陸作戦も念頭か 中国海軍で新型の戦車揚陸艦を配備

Y-20の完成で、中国は戦略的空挺部隊の運用が可能に

米ステルス機を超長距離から「捕捉・撃破」中国が新兵器発表

中国海軍、海外基地の設立に意欲か,背景に「世界的 資源戦略」

中国,J-20戦闘機の実戦配備で武力による台湾解放が可能に

香港,中国高速鉄道は軍事用か,解放軍駐屯地に臨時停車場

中国が人造カメレオン皮膚を開発 将来的には軍事利用も可能
同記事に「中国の科学者が「人造カメレオン」の開発に成功、将来的には兵士が保護色で身を隠すといった軍事利用も可能になる」などの記述があります。

中国の最新式「地雷」は撤去困難、米軍戦車すら通過は難しい

戦争が勃発したら...中国にとって「三峡ダム」が致命的な弱点に

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


ロシアとスウェーデン、高まる戦争の危機

ハフィントン ポスト 」サイトより


中国が20か月で造った「砂の長城」の規模 - 1
同記事に「国防総省は、議会への報告書「アジア太平洋海洋安全保障戦略」において、南シナ海における中国の埋め立てという挑発的行動に対抗するための海洋戦略を概説している」

「太平洋艦隊司令官ハリス提督は、中国が「砂の長城」、即ち900エーカーに及ぶ人工島を造成したと警告した。国防総省は今回 新たな詳細を明らかにした。

埋め立ては2013年12月に始まったが、2015年6月の時点で2900エーカー以上の埋め立てを行った。

ベトナム、マレーシア、フィリピン及び 台湾も埋め立てを行っているが、中国が行っていることに比べれば、取るに足らない規模である。

「中国は他の全ての関係国が過去40年間に行ったことの合計の17倍の埋め立てを20か月で成し遂げた」と報告書は述べている。

もし、これらの島が港湾施設と空港を持つ軍事施設に転換されるならば、中国は その海洋に対する主張を固めることになる。

これは海洋の自由の擁護を 誓約している米国にとって深刻な挑戦となる。

中国の主張は「九点線」に拠っているが、人工島の造成によって中国は「南シナ海において より強固な軍事力の投射能力のためのプレゼンスを確立する」と報告書は警告している。

中国は紛争地域の効果的支配を強めるため沿岸警備隊によって少しずつ事を進め、海軍は後景に退いて待機していると報告書は指摘している」などの記述があります。

中国が20か月で造った「砂の長城」の規模 - 2

WEDGE Infinity (ウェッジ) 」サイトより


中国の新しい潜水艦エンジンが水中での戦いに革命を起こす

ロシアが核弾頭を搭載の新型魚雷を開発中

戦争が終わって100年経っても人間が住めない場所

米軍は多くの軍用機にレーザー兵器の搭載を狙っている

核兵器を使った戦争が起これば人類は どれくらい死ぬのか?

不平等は「暴力」によって解消される
同記事に「社会を平等するための大惨事には「大衆動員もしくは交戦状態」「変化を起こす力を持った革命」「国の崩壊」「疫病」という「4人の騎手」が存在するとのこと。

「大衆動員による不平等の解消」は第2次世界大戦でも起こりました。

第2次世界大戦には多くの国々が巻き込まれ、人々の不平等が一様に、かつ大きく減少したのです。

戦場となったヨーロッパ各国や日本は もちろんのこと、アメリカでは税金が増し、戦争をサポートすべく経済は国家からの干渉を大きく受けるとことになりました。

そして これが労働者に利益をもたらすと共に上位1%の お金持ちに損害を与え、富の再配分が実現されたのです」などの記述があります。

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


にわかに危険度の増す米ロ核戦争、発端は間違い

JBpress (日本ビジネス プレス) 」サイトより



Military Conscription Policy by Country (英語)

ChartsBin.com 」サイトより (英語)


女性も徴兵のノルウェー軍、部屋も「男女混合」
同記事に「ジェンダーの平等の名の下に共に汗をかき、共に眠る――ノルウェーは女性に徴兵を義務付けただけでなく、戦友の男性たちと共用の男女混合部屋を提供してきた」

「40年ほど前から女性が軍に志願できるようになったノルウェー軍は徐々に女性の比率が上がってきた。

1990年代前半に女性初のヘリコプターパイロット、ジェット戦闘機パイロット、潜水艦艦長が誕生している」

「ノルウェーは現在までの5代の国防相のうち4人が女性で、NATO加盟国かつ欧州の国として初めて男女両方の徴兵を開始した」

「女性がいると作戦上の利点があります。たとえば情報収集で男性では近づくことのできない人々に接近することができます」とベルグルンド中佐は語った」

「ノルウェーで兵役は労働市場で高く評価される経歴とみなされることが多い」などの記述があります。

女性も徴兵のノルウェー軍、部屋も「男女混合」

スウェーデン、廃止の徴兵制を2018年から復活へ

スウェーデン徴兵制復活 ロシアの脅威に対応、女性も対象

ノルウェー空軍トップに初の女性、「男女平等」の新たな節目

男性を軽々担ぐ...両性混成部隊の女性隊員が訓練 イスラエル

インド、戦闘機パイロットに女性採用へ

ロシア、空軍パイロット候補生に女性受け入れ,第1期生は15人

米軍、「トランスジェンダー禁止」を撤廃 関連医療費も負担へ
同記事に「世界全体では、英国、イスラエル、オーストラリアなど少なくとも18か国が すでにトランスジェンダーの人がオープンに軍務に就くことを認めている。

カーター長官は2015年、戦闘任務を含め、軍の全職種に女性の配属を認める方針も発表している」などの記述があります。

トランプ大統領、トランスジェンダーの軍入隊禁止を発表

トランス ジェンダーの兵士、英国初の女性戦闘要員に

戦闘部隊に女性増加中、中東最強イスラエル軍「男女混成部隊」
同記事に「戦闘部隊所属の女性兵士が増加している要因には、二つの社会的変化がある。

女性が戦闘部隊に加わることが拒絶されなくなったことと、男性の兵役期間の短縮による徴兵可能な兵士数の不足だ。

イスラエルで軍は社会の中核に存在する機関だ。

国民の ほぼ全員に兵役義務が課せられるため、こうした軍の変化は組織の外へも影響する。

■兵役の「男女平等」

イスラエル軍は現在、中東最強を誇るが、1948年にイスラエルが建国される ずっと前から、今の軍の前身となったユダヤ人の軍事組織ハガナー(Haganah)で、女性たちは重要な役割を果たしていた。

イスラエルは現在、満18歳になった国民に対し、男性には2年8か月、女性には2年の兵役を義務付けている」

「2000年、法改正により「兵役に就く際の女性の権利は、いかなる地位においても男性の権利と平等」とされた。

この年、イスラエル軍史上初の男女混成部隊、「カラカル大隊(Caracal Battalion)」が創設された」

「戦闘部隊への加入を希望する女性の兵役期間は8か月延び、男性の兵役期間と同様になる」

「イスラエル軍には現在3つの男女混成部隊があり、2017年3月には4番目の部隊が創設される予定だ。

戦闘部隊への加入を希望する女性の兵役期間は8か月延び、男性の兵役期間と同様になるが、スマダルさんは「男性に できることなら、女性にだってできる」と語る。

中東地域の大半の保守傾向とは対照的に、イスラエル軍は さまざまな人種・民族的背景や性的指向の国民を迎え入れ、社会を統合するツールとしての役割を果たしてきた。

現在、12万人以上が兵役中とされ、軍当局によると そのうち41%以上が女性だという。また女性が就くことのできる職種は全体の85%となっている」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


スイス人女性にも兵役義務?

swissinfo:スイスのニュースと情報 」サイトより


「女も戦場へ」は何を もたらすか 兵役という男性差別 - 1
同記事に「マスキュリズム運動開始当初から男性差別として批判されてきた代表的なものの一つとして、男性だけに課せられる「兵役」がある。

兵役は、欧米では男性の男女平等派(マスキュリスト)に批判されてきた。

日本では現在 徴兵制はないが、過去において、また現在の自衛隊においても兵役は やはり男性が強制的に背負わされてきた。

兵役は男性にとって「権利」でも「権力を生み出すもの」でもなく、なくしていくべき男性差別である。

兵役における男性差別は大きく二つの問題を抱えている。

一つは、それが男性の生命権の軽視であること。二つには、それによって戦争責任が男性にだけ被せられがちだということである。

<命を使い捨てられてきた男たち>

男性は性別という理由のみで国によって徴兵される。志願制であっても、戦闘員は ほぼ必ず男性になる。そして そこで命のリスクを負う。

もし国が黒人のみ、ユダヤ人のみ、同性愛者のみ、女性のみ、あるいは その他のカテゴリーを理由に徴兵すれば、それが虐殺であると気づくだろう。

男性は常に戦争において命を使い捨てられてきた。

これが もし女性にだけ課せられる国家による負担であったら、フェミニズムやジェンダー学は間違いなく不当な女性差別だと主張するだろう」

「しかし徴兵制においては、男性に身体権の自由はないのに「男性差別」と認識されることは学術上これまでは滅多になく、逆に「男性の権力」としてまるで男性が望んでいるかのように片付けられてきた。

男性は人類が誕生して以来、社会の性役割によって強制的に戦わされているのであって、望んでいるのではない。

国や共同体が危機に さらされたときや、危機に さらされるかもしれないと予測したとき、ジェンダーで社会化された男性側に選択肢は ほぼない。

戦争に反対したり、兵役に反対した男性は「臆病者」や「売国奴」として唾を吐かれ、戦争に行けば「戦争を起こした加害者」として責められる。

男性が兵役を望んでいるわけではない。あらゆる国で起きる徴兵反対運動などは よい例だ。こうした運動が社会によって弾圧された場合(社会というのは男女の集合体なので)「男によって」弾圧されたとは言えない。

社会の構成員として女性側にも、男性側を徴兵してきたジェンダー社会化の加害者としての面 がある(性役割としての女性差別に対して加害者としての側面が男性にあるのであれば)。

女性に対する不当な性役割の強制が女性差別であるように、男性に対する不当な性役割の強制も男性差別である。

現在ジェンダー学に存在するのは、基本的には女性の人権が担当のフェミニズムだけなので、兵役のような男性差別については なかなか糾弾しない」などの記述があります。

母系社会が はらむ、語られない男性差別 - 1
同記事に「パトリアキー、マトリアキーという言葉を聞いたことがあるだろうか。

パトリアキーの日本語訳は「家父長制」だが、この訳では言葉の持つ相対的な意味が掴み取れない。patriarchy という言葉はmatriachyの対義語であり、相対的な概念である。

簡単に言えば、パトリアキーは名の通り父親が権力を持つ社会、マトリアキーは母親が権力を持つ社会を表す。

父親は男性なので男性支配、マトリアキーは母親が女性なので女性支配という意味に訳されることもある。

このパトリアキーは、フェミニズム側が「社会は男性が権力を握っており、被害者は女性で男性は加害者」という絶対的根拠にしているものだ。patri-archy matri-archyで"archy"は「支配体制」である。

パパ(papa)⇔ママ(mama)
パタニティ<父性>(paternity)⇔マタニティ<母性>(maternity)
パトリアキー(patriarchy)⇔マトリアキー(matriarchy)
<家父長制、父権制、男性支配、父系社会>⇔<家母長制、母権制、女性支配、母系社会>

という相対的な概念である。

パトリアキーとマトリアキーを対称的にとらえないと、すべての性差別が「女性差別」の言説に組み込まれ、「男性差別」が存在しないということが起こる。言葉というのは認識するために きわめて重要である。

マスキュリズムは、過去のすべての社会がパトリアキー(父親が家庭、社会において権力を持っていた)であったということに疑問を提示するところから始まっている。

というのは、どんな社会においても、戦争に行って死ぬのは男性であり、一方、子育てにおいて子どもへの影響力は母親の方が強いからだ。

男性は被害者として認識されにくく、その声も聞かれづらく、男性は女性を保護するために使い捨てられる。

さらに不思議なのは、人文系の中の定説になっているマトリアキー優位理論だ。過去、人類社会は母系社会、母性支配でユートピアだった。

しかし、文明が確立するにつれて父系社会に変貌して、男性が有利な女性差別社会になった。今こそ、母系優位社会を取り戻そう、という言説である。

ここで語られないのは、父系社会が女性差別的なら、母系社会は男性差別的なのではないのか、ということである」などの記述があります。

「恋愛をリードできない男は逸脱者」という男性差別
同記事に「恋愛において、おそらく誰もが多かれ少なかれ、社会的・慣習的な性役割の存在を感じているだろう。

より積極的にデートに誘うのは男性側であり、男性の提案を受けてイエス・ノーを言うのは女性側である、といったように。

この、社会的に強いられた性役割が往々にして、非対称なリスクと弱者性をもたらす。 例えば その一角として、日本でも今後 問題にされてくると思われるのが「デートレイプ」に関する問題である。

日本においてデートレイプという言葉の浸透度は まだ極めて低い。リベラルでさえ「言葉そのもの」を知らないことが多い。

デートレイプとは知人や恋人の間など、社会的には相互関係のある人の間でのレイプである。

交際している相手に対して、精神的な圧力を加えたり、薬物を用いるなどして、否定の意思を 表示できないようにして行われる性交も、デートレイプに含まれる。

ファレルの『男性権力の神話』は1993年が初版だが、その時点でアメリカでは既にデートレイプという概念が広まっており、デートレイプに対する法規制と それによる冤罪や定義の不明瞭さが問題にされている。

一方で、日本はデートレイプ規制の問題どころか、デートレイプという言葉自体が まだ認識されていない。しかし これから10年以内には、日本でも法規制の対象になっていくだろう。

デートや恋愛における男女の性役割のコスト、負担、リスクを平等にしていくには このデートレイプの問題から見ていくと分かりやすい。

男性側がデートでアプローチをかけるという性役割は、男性側にリードする負担や責任、拒絶されることによって傷つくリスク(これは割と大きい)、そして一歩間違えば性的加害者にされてしまうというリスクを常にもたらす。

ファレルの言葉を借りれば「男性が私たちの社会のデートで『引っ張っていく者』である限り、男性は私たちの社会の『レイピスト』で あり続けるだろう」。とりわけデートレイプでは それが顕著だ。

だから恋愛における性役割でも、そのコストやリスクについて男女が等しく引き受け、恋愛において男女のどちらも、アプローチをかけたり受け身でいたりすることが共に許される社会に すべきだろう」などの記述があります。

日経ビジネス オンライン 」サイトより


【関連記事】


地政学の世界地図

パスポート
(旅券法の関連リンクも)


アメリカの徴兵制度
永住権保持者にも必要な兵役登録 - 移民法Q&A
同記事に「軍隊徴兵制によると、米国市民の男性だけでなく、アメリカに住んでいる18歳以上26歳未満の男性なら誰でも登録しなければなりません。

この法の対象には、米国永住権保持者も不法滞在者も含まれます。この法律によると、男性は18歳になってから30日以内に義務兵役に登録しなければなりません」などの記述があります。

ライトハウス 」サイトより


米国、国籍離脱者が四半期ベースで過去最多

レコード チャイナ 」サイトより



Current Worldwide Military Expenditure
(世界の軍事費のGDPに占める割合)
ChartsBin.com 」サイトより (英語)


国外追放の危機、米国の移民退役軍人たち - 1

国外追放の危機、米国の移民退役軍人たち - 2

カナダ、10年で軍事費倍増へ 「予測不能な世界で責任果たす」

カナダ軍の任務に疑問の目、3500メートルの狙撃成功で

戦地で負傷兵救う「画期的治療法」を開発、豪研究チーム

3Dプリント革命で激変する戦争と外交政策 - 1

3Dプリント革命で激変する戦争と外交政策 - 2

3Dプリント革命で激変する戦争と外交政策 - 3

炭疽菌の生きたサンプル、米国防総省の研究所が誤って送付

在韓米軍基地で22人 炭疽菌に接触か

AFPBB News 」サイトより



朝鮮半島を分断する38度線の秘話

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


【世界各国の政治情勢・関連情報】


各国・地域情勢
〔一党独裁(一黨獨裁)政権、世界の政治体制など〕

外務省 」サイトより


韓国の徴兵制度
男性は19歳になると徴兵検査を受けます。入隊時期は19歳から29歳までの間で選択ができます。

兵役期間は、陸軍2年2か月、海軍2年4か月、空軍2年6か月。

韓国においての徴兵中の死亡者の数は、1980年から2004年の期間だけでも なんと約8700人にも上ります。

現在でも、毎年約100人前後もの死者が出ているそうです。

{ 訓練中の事故死(有毒ガスや化学兵器、実弾による誤射や爆弾など)や厳しい訓練に耐えかねたり、陰湿な いじめ による自殺(全体の およそ50%が自殺によるものです。) }

[ 出所 ] フジテレビ NONFIX 2006年11月1日の深夜(日付けの上では11月2日 未明)放送。



専門家によれば、自殺者が続出するほどの さまざまな悲惨な訓練や陰湿ないじめによる精神への悪影響に加え、有毒ガスや化学兵器などによる肉体的な汚染や次世代への遺伝的な悪影響が及ぶことも懸念されています。(ちなみに病気などの正当な理由なしに兵役を拒否すれば裁判となり、過去の判例では 例外なく有罪で裁判後、即、身柄拘束の後に1年半もの間、刑務所に服役しなければなりません。また、服役後には前科が つくことになり、社会的な制裁を一生涯 受けることになります。)


訓練を超えて拷問! 韓国軍の悲惨な実態
同記事に「調査によると、2009年に軍内で死亡した者は113人で、その内の81人は自殺者」

「2005年には、日常的な上官からの言葉の暴力に耐えかねて、手榴弾を投げ爆破。その後、自動小銃を乱射して同僚兵士8人を射殺するという痛ましい事件も起きた。このような現状を重くみた韓国全軍は、国防部からの命令として暴力禁止を掲げた。多少の改善は見られるものの、いまだ根本的な解決には至っていない」などの記述があります。

ロケットニュース24 」サイトより


韓国、兵役免除の段階的廃止を検討

韓国兵2人が訓練中に死亡、拷問の模擬訓練で窒息か

韓国で「いじめ保険」発売へ

韓国軍将校、中国に軍事機密漏えいか スパイ容疑で拘束

韓国軍、同性同士の性行為で兵士に禁錮6か月

韓国海軍の女性将校が自殺、上官から性的暴行か

AFPBB News 」サイトより


男子は必ず兵役に行く韓国

人生における弊害

All About(オールアバウト) 」サイトより


訓練を超えて拷問!韓国軍の悲惨な実態

兵役拒否で起訴された大学生、「軍隊代わりに監獄に行く」

韓国の軍隊で男性同士の性犯罪が深刻化「週に1度は発生」
同記事に「韓国軍人権センターが、情報公開請求によって入手した国防部資料を明らかにした。

2009年1月から2010年6月までの18か月間の軍司法当局に提出された強制わいせつなどの軍内の男性間の性犯罪は、71件に上ることが分かった」などの記述があります。

兵役回避のため韓国国籍を放棄、取得国籍は「日本」が最多

韓国、不正に「兵役逃れ」か? 警察が178人調べる

韓国政府高官らの息子16人,韓国国籍捨て外国人に...兵役逃れか

韓国「兵役逃れ」で外国籍取得、刑が確定すれば国外追放の厳罰

宗教や信念で兵役拒否し収監、世界全体の9割が韓国人

在米韓国人の「国籍離脱」、韓国からの離脱が米NYで急増

精神疾患を偽装し徴兵忌避、懲役10か月

韓国で増加する火病...多くの会社員が経験する韓国特有の病気
同記事に「韓国人特有の病気とされる精神疾患「火病(鬱火病)」を、同国の会社員の9割が職場で経験している」

「火病は、1995年に米国精神医学会で韓国人特有の文化症候群として認められた。韓医学では火病を「悔しい気持ちを静めることができず、頭や脇腹の痛み、胸の息苦しさで、睡眠が十分に取れなくなる病気」と定義している」

「韓国の人口の5%が火病を患っているという統計もあるという。男性よりも女性の比率が高く、主に30−40代の既婚者が多い。だが、最近は男性や学生、高齢者まで幅広い年代が症状を訴えている」などの記述があります。

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


韓国が徴兵から志願兵制に?政界で議論が本格化

韓国が兵役法を改正、海外逃亡に最高5年の懲役刑

韓国籍を放棄し兵役を免れる人が増加!2016年は過去最高記録

韓国で兵役逃れが深刻化、兵務庁が国籍変更者への重税を検討

韓国20代男性の9割「朝鮮半島で戦争が起きれば喜んで参戦」

愛国意識調査で韓国人の7割が国のために戦いたいと回答

韓国で軍に入隊したい若者が急増!

韓国軍の死亡者数が深刻なレベルに!最も多いのは自殺

韓国軍の暴行事件,1か月で4千件=おぞましい虐待行為の数々

韓国軍に またも自殺者、問われる兵士管理

韓国、自ら命絶つ「要注意兵士」続出、今度は軍艦内で首つり

韓国軍で陰湿ないじめ、兵士の集団暴行死に国民から批判

韓国軍で想像超える いじめ、副士官が兵士に電気ショック

集団暴行死事件で韓国軍への信頼失墜「息子を生んだのを後悔」

韓国軍憲兵隊の幹部、兵士に「床の水なめろ」と指示

韓国の現役将校が市民に薬物を販売、悪化する軍紀の乱れ

韓国海軍関係者の軍事機密漏えい問題で謝罪

韓国で軍へ入隊する若い女性が増加=背景には"女性蔑視"が存在

韓国軍、女性軍人も前方配置、小隊長の任務も任せる

兵役逃れのために知恵を絞る韓国人

さまざまな手段で徴兵を逃れる韓国人

韓国で兵役逃れが深刻化、兵務庁が国籍変更者への重税を検討

兵役を逃れたい韓国の若者、全身タトゥーを入れる人が増加

韓国兵務庁,「兵役免除を受けたければ、睾丸摘出を」と強要

指や生殖器を切り落とす、精神障害を偽装...韓国の徴兵逃れ

韓国の大学生、兵役を逃れるために自分の指を2本切り落とす

韓国の兵役逃れの手口が巧妙化

良心的兵役拒否による収監者、韓国が世界の9割以上を占める

韓国の兵役逃れに、ネットで個人情報公開のペナルティー

韓国の徴兵,少子化で要員不足深刻,兵役免除の特例制度廃止へ

韓国で相次ぐ残忍な集団暴行死事件

自ら命絶つ韓国の兵士=「要注意兵士」が4割占める

韓国籍も あっさり捨てる「高官2世」の兵役逃れが社会問題に

韓国系歌手が国籍変え兵役逃れる、ビザ発給拒否に遭い訴訟へ

韓国人特有の病気,「火病」が深刻。「職場は まるで軍隊」

韓国で「火病」患者が続出する時期とは?

街中で見た韓国軍の「上下関係」=右手で敬礼、左手には飴玉

レコード チャイナ 」サイトより



男児を望むなら兵役のない国、女児を望むなら強姦など性犯罪の少ない国、中絶の少ない国、幸せな結婚生活を望む場合はDV ( domestic violence )の少ない国、離婚率の低い国、国際結婚にまつわるトラブルの少ない国、国際結婚率や海外移住率の低い国が理想であるという意見もあります。

(特に男性の国際結婚率が高い場合は、自国の女性と結婚できない何らかの要因(暴力、浮気、酒乱etc..)を抱えている場合もあるため、言葉や文化の異なる外国人女性との婚姻は失敗に終わるリスクが高く、実際に離婚に至るケースも多発しているようです。

(現地の報道によれば、ある国の男性との国際結婚によるトラブルが多数報告されており、カンボジアでは、あまりにもトラブルが多いために、ある国の男性と自国の女性との国際結婚を一時的に禁止したという国も存在します。)


【海外移住に役立つ関連記事】


移住の方法
(国際結婚に関する話題も...)

世界の治安・安全情報
(性犯罪に関するリンクも)

移民の世界地図



爆風の衝撃 見えない傷と闘う兵士

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


カナダ、PTSDのアフガン帰還兵、家族3人殺害し自殺

AFPBB News 」サイトより


後天的な「恐怖体験」が、実は子孫に遺伝していくことが判明

ホロコースト(大量虐殺)生存者のトラウマは子どもに遺伝する

幼少期のトラウマは成人後の健康や財産面にも悪影響を与える
同記事に「研究を行ったのは、French Institute of Health and Medical Researchの科学者であるミシェル・ケリー・アーヴィング氏を含む研究チームで、イギリスで行われている1958年生まれの1万7000人を対象とした追跡調査「National Child Development Study(NCDS)」のデータを分析することで、幼少期のトラウマと成人の健康状態のつながりを解き明かしています。

アーヴィング氏と同僚たちはNCDSのデータから、16歳までの間に「まともな食事が食べられなかった」ということや「身体的な虐待を受けた」などのトラウマを負った経験がある7000人分の情報を収集し、彼らが23歳から33歳の間に どのような生活を行っていたのかを調査しました。

調査の結果、人は幼少期に経験した高いレベルのストレスを大人になるまで引きずっていることが判明、さらに幼少期のストレスは健康に関する意志決定や財産・教育レベル・BMI にまで間接的に関わっていることが分かりました」

「幼少期のストレスやトラウマが人間の成長に どのような影響を与えるかを調査した研究は、これまでにも いくつか存在していました。

1990年代中頃からアメリカ疾病予防管理センターが主導で行っている、有害な幼時体験に関する研究(Adverse Childhood Experiences Study)では、1万7000人の成人から過去の「虐待」「育児放棄」「家庭崩壊」などに関する情報を集めています。

この研究によれば、幼少期に嫌な経験をした子どもは、大人になってアルコール中毒や心臓病のような慢性病に苦しんでいるそうです」

「5歳の時に受けたストレスが、25歳の頃の意志決定に影響を与え、その意志決定により50歳の頃に脳卒中のリスクに悩まされるということは大いにあり得ます」

「小さな頃に見たホラー映画やサスペンス ドラマのワンシーンが いまだに忘れられない」という人もいるかと思いますが、そういったトラウマの影響力は想像以上に絶大なようです」などの記述があります。

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより



徴兵訓練中の体験や戦争参加の体験がトラウマになり、子孫に遺伝していく可能性はないのだろうか?。


国際結婚の場合、自分の幸せを重視するか、それとも子どもの幸せを最重要に考えるかによっても異なりますが、子どもの将来性や幸せ、環境などを重視する場合、徴兵制(兵役)のない国へ移住、あるいは、徴兵制(兵役)のない国の相手と結婚することで、子どもの徴兵中の事故死、いじめ、自殺、戦争への参加などを未然に回避・予防することができるという意見もあります。
(考えかたによっては、これらの運命自体を消滅・回避させるともいえます。このように一般に運命と言われているものには回避や消滅が可能なものが数多くあるのです。)

「外国の実態を知らなければ自らの人生の体験を通じて外国人との婚姻によってつくられる運命という名の因果による応報の呪縛に自らの人生や子孫も翻弄されてゆくことになる」という意見もあります。

純粋に人々の幸せに役立つ情報を...。このような水準で作成されたサイトが 海外移住の地図帳 です。



2009年6月に群馬県立 前橋商業高校の地理教師(※現在は群馬県立 桐生女子高等学校)田中 隆志 氏のブログで当サイトが紹介。

当時、多くの専門家に「日本での発生の可能性は無い」と考えられていたM9クラスの「 超巨大地震 」のほか、「 津波 」、「 大気汚染 」、「 宇宙放射線・地磁気 」、「 重力 」 など、災害多発期・深刻化する環境汚染・世界情勢の急激な変化に備え、未来を見据えて震災前より緻密な記事を作成・公開。


M7クラスの地震は「大地震」

M8クラスの地震は「巨大地震」

M9クラスの地震は「超巨大地震」と呼ばれています。
※M(マグニチュード)




人類は なぜ文化的に進化したのか。鍵は男性ホルモンの低下 - 1
同記事に「人類が文化的に発展するには、協力的であることが必要だった。そして、人類が協力的であるためには、男性ホルモンが大きく関わっている」

「このような文化的開花の鍵となったのは、社会が より女性的に、協力的になることで、そのため男性ホルモンの一種であるテストステロン値の低い個体が選ばれてきたのではないか。そんな驚くべき研究結果が、米ユタ大学とデューク大学により発表された」などの記述があります。

人類は なぜ文化的に進化したのか。鍵は男性ホルモンの低下 - 2
同記事に「論文の筆頭者となったユタ大学の大学院生であるロバート・シエリ氏に言わせると、それは人類が「親切で忍耐強く、協力的になること」だ。

「技術的なイノヴェイションや、アートの制作、迅速な文化交易などに対する現代的行動がみられるようになったのは、ヒトの気性が和らぎ協力的になったのと、おそらく同時期でしょう」

そう話すシエリは、デューク大学の学生時代から、古代人と現代人あわせて1,400もの頭蓋骨を分析してきた。彼は8万年以前の化石から13の頭蓋骨を、3.8~1万年前からは41の頭蓋骨を、そして20世紀の現代人からは30の異なる民族1367の頭蓋骨サンプルを比較した。

すると興味深いことに、古代人と比べて現代人の眉弓は平たくなり、顔は縦に縮まり丸みを帯びるといった、テストステロンの低下によるものと思われる解剖学的変化が起こっていた。

一般的に、男性ホルモンの一種であるテストステロンの低下は、人間の闘争本能や孤独願望を下げ、親切で協力的になることと関連している。

「ヒトの化石をみると、現代的行動を取るようになった あとの時代は、女性的な顔つきをもつ個体が多くみられるんです。

平均的な古代人と現代人の頭蓋骨の違いは、テストステロン値の強い人と弱い人の違いに似ています」

「デューク大学の動物認知学の研究者であるブライアン・ヘアとジングズィ・タン両氏によると、テストステロン値と頭蓋骨の変化の関係は、動物では よくみられる現象だという。


例えば、シベリアキツネの選抜育種の例がある。

人間の好みで、気短かではなく、攻撃的ではない個体を選んで交配させていくうちに、シベリアキツネは20~40世代で あどけない風貌をもつようになり、幼いふるまいをするようになった。

変化が起こったのはシベリアキツネの性質だけではない。世代を重ねるにつれ、オスとメスの犬歯の性差が小さくなり、オスの頭蓋骨が縦に短く横に広く変化した。

つまり、気性の激しい個体を除外し交配することで、オスの顔立ちはメスのように変わっていったのだ」などの記述があります。

人類は なぜ文化的に進化したのか。鍵は男性ホルモンの低下 - 3
同記事に「また、霊長類の中でもヒトに最も近縁である好戦的なチンパンジーと平和主義のボノボをみても、同様の変化が認められるという。

チンパンジーはオスが主導権を握る力社会で、テストステロン値が高く、喧嘩が多い」

「社会的摩擦の少ないボノボは、テストステロン値が低く、雌雄の性差も小さいそうだ。両者には、社会的なものの他にも違いはある。

チンパンジーのオスは年頃になるとテストステロン値が上昇するが、ボノボのオスには それがない。

また、ストレスを感じると、チンパンジーのテストステロン値は上がるのに対し、ボノボの場合はストレス ホルモンであるコルチゾールが生成されるのだという。

そして、やはりチンパンジーとボノボの間には、眉弓において決定的な差がある。研究者によると、眼窩上隆起のあるボノボは滅多にいない」

「人間社会というものは、甚大なるストレスを生み出す場所でもある。

ヒトもまた、理想の社会を形成するにあたり、何万年もかけてテストステロン値の低い、より協力的で忍耐力のある個体を選んできたのだろうか。

しかし もし そうだったとしても、これが文化的イノヴェイションを促すのなら、男性が"女性化"を悲嘆することはないだろう」などの記述があります。

「戦いは人間の本質では なかった」:研究結果

1万年前の「虐殺」は人類の戦争の起源か

「全身・兵器」シャコ同士の巣争いは、実は「情報戦」

WIRED.jp 」サイトより


動物たちも「戦争」をするのか?

人類は暴力と共に進化、ただし現代は例外的

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


男性ホルモン「テストステロン」、なければ寿命延びる?

厨房でのいじめに「ノン」、声上げる仏一流シェフたち - 1
同記事に「厨房で暴力が横行していることについてピネラバルース氏は、料理人たちは かなり若く、厨房は「非常に男くさい場所」だと述べた。

「そこでは料理人たちの昇進争いがある。一番上に立つシェフたちが厨房にいない場合が増えており、二番目に立つ料理人が厨房を支配し、誰がボスなのかを見せつけようとする。男性ホルモン的な問題だ」などの記述があります。

交尾で雌バエが凶暴化、「性ペプチド」に起因か

戦争難民と経済移民、運命の分かれ道 - 1

戦争難民と経済移民、運命の分かれ道 - 2

AFPBB News 」サイトより


どこで戦争が起きたかを時代別に教えてくれるマップ

男性ホルモンは攻撃的なセリフを言うだけで上昇する
同記事に「演技だけでも、テストステロンが湧いてくる。

男性ホルモンのひとつテストステロンは、攻撃的な行動に関係していることが知られてきました。新たな研究で、テストステロンと攻撃的な行動の関係は双方向だということがわかりました。

つまり、テストステロンの分泌によって攻撃的になるだけではなく、攻撃的な行動をとることによってテストステロンが分泌される、ということです。しかもそれは、男性でも女性でも同じように起こる。

テストステロンが分泌されることで、男性には髭が生えたり、思春期に声が低くなったりしています。

かつて数十年間、科学者たちはテストステロンとは男性のホルモンであることを疑っていませんでした。テストステロンは、成人男性において高い値を示すものだからです。

でも最近の研究では、もっと複雑な事情がわかりました。テストステロンは成人女性の体にも存在していて、それは女性の健康や性生活にとって非常に重要らしいのです。ではどうして、男性の方に多く存在するのでしょうか?

それは素朴な疑問ですが、今まで きちんと問いかけた人はいませんでした。が、ミシガン大学アナーバー校の心理学者、Sari van Anders氏の率いるチームが興味深い実験を行いました。van Anders氏は、社会的要因がホルモンに与える影響を研究してきた人物です。

彼女たちは、「男性らしさ」とか「女性らしさ」といった社会の圧力がホルモンに影響を与えうるかどうかを解明しようとしたのです。

つまり、男性らしい、または女性らしい行動が、テストステロンの分泌量に差を生み出すかどうかということです。

そこで彼女たちは、攻撃的に ふるまうだけで脳内物質の分泌状況を変えられるかどうかを実験しました」

「この実験では、「男性らしく」振る舞うことが影響するかどうかを調べるため、俳優たちはステレオタイプな男性や女性として振る舞うよう指示されました。でも男性らしさ・女性らしさの差は無視できる程度でした。

つまり、テストステロンに大きく影響したのは、力を振りかざすような態度だったのです。

つまり、攻撃的に振る舞うとテストステロンレベルが高くなり、そのときだけでなく全体的に攻撃的になるかもしれないということです。

行動を攻撃的にすることで、感覚も攻撃的になる」
「成人男性は、闘争的で他人に力を振りかざすことを男性に奨励する文化の中にいることで、テストステロンが高くなっているのではないか」と示唆しています。

つまり男の子が「男らしくしろ」と言われて攻撃的・闘争的な態度をとっていたら、彼の行動が徐々に脳内のテストステロン値を高めていくのです。

逆に女の子が衝突を避けて優しくしなさいと言われて育てば、テストステロンのレベルが低くなるかもしれません」などの記述があります。

ニワトリの卵巣発達には男性ホルモンが重要

ギズモード・ジャパン 」サイトより


チームを成功に導くのは高テストステロンと低コルチゾール

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


科学者を悩ます、スポーツ界における「男女の境界線」

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


【関連記事】


世界の治安・安全情報

平均寿命の世界地図

地政学の世界地図



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ緻密な情報、厳選リンクも満載