【社会】経済事情・交通事故率・平均寿命など社会に関する国別基本情報

海外移住と地政学の世界地図

地政学的リスクの高い国、戦争や地域紛争の予測など、地政学に関する役立つ情報や世界地図を掲載しています。


地政学と海外移住
日本の周辺国を見渡せば、核兵器や生物・化学兵器の保有国に囲まれており、日本を仮想敵国にする国があり、地政学的見地から海外移住や海外進出を検討する個人や企業も存在します。(実際に海外移住や海外に進出するケースも)


【関連記事】


移住の方法

海外の法人税率



      ★ 更新情報|海外移住の地図帳 ★


このページに「ふりがな」(ruby)を付ける

ひらがな めがね 」サイトより



日本を取り巻く七大地政学リスク - 1

日本を取り巻く七大地政学リスク - 2

日本を取り巻く七大地政学リスク - 3

日本を取り巻く七大地政学リスク - 4

日本を取り巻く七大地政学リスク - 5

ダイヤモンド・オンライン 」サイトより


「地政学」で2030年の世界を読む - 1
同記事に「地政学とは、ある土地が、そこに存在するあらゆるものにどう影響を及ぼすかを考察する学問だ。

住民の衣服、食べ物、抵当のサイズと有用性、何歳まで生きられるか、子供の数、仕事の安定性、政治システムの形態と その実感、どんな戦争を仕掛けたり防衛したりするか、そして究極的には その文化が時の試練に耐え抜けるかどうか。

川、山、海、平原、砂漠、ジャングルなどの相互のバランスが、そこに住む人間の生活と、国家としての成功の双方に決定的に影響する」などの記述があります。

「地政学」で2030年の世界を読む - 2

「地政学」で2030年の世界を読む - 3
同記事に「2040年までに多くの途上国は、ヨーロッパ諸国が わずか一世代前に経験したのと同じ危機的な人口状況に陥り、苦難と衰退に向けた致命的な下降を始めるだろう。

その目立つ例外は中国だが、それも中国が すでに この状態にあるからにすぎない。

2040年までに、米国の平均年齢が わずか40歳なのに対して、中国の平均年齢は47歳になっている」

「中国とヨーロッパは放っておいても衰退し消滅するだろう。ロシアは やがて自壊する。イランは独自の理由で中東をスクランブルエッグのように ひっくり返すに違いない」などの記述があります。

「地政学」で2030年の世界を読む - 4

「地政学」で2030年の世界を読む - 5

東洋経済オンライン 」サイトより


「地政学」を通じて、いま世界で起きていることを理解しよう

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


世界で続発する「テロ事件」をリアルタイムで映す地図

テロについてSNS投稿する前に考えなければならないこと

ドイツ発、過激派のためのリハビリのアプローチ

WIRED.jp 」サイトより


Terrorism Map 」サイト(英語)


東南アジア、IS拠点化に懸念=劣勢の中東から波及か

フィリピンはテロリストの温床,米NYで攻撃計画の容疑者が指摘

香港で働くインドネシア人女性ら、ISの働きかけで過激化

フィリピンのIS系 武装勢力、子どもや人質に戦闘参加を強要

フィリピン南部で軍とIS系武装勢力が市街戦、市民に犠牲か

フィリピン南部で市街戦のIS系武装勢力に複数の外国人戦闘員

フィリピン南部マラウィ、軍と過激派が激戦 死者300人以上に

ISの陰でアルカイダが再び勢力拡大、米専門家が警告

カナダで「テロ」、男が警官や歩行者ら次々襲う 車からISの旗

カナダ,10年で軍事費倍増へ 「予測不能な世界で責任果たす」

健康被害の外交官は脳損傷=キューバで音響攻撃か-米TV

健康被害の米外交官,脳損傷や聴力喪失も キューバで音響攻撃

米、キューバ外交官15人を追放 「音響攻撃」めぐり

キューバ駐在カナダ外交官と その家族,音響攻撃で5人が被害

カナダ軍の任務に疑問の目、3500メートルの狙撃成功で

相次ぐ米軍艦の衝突事故、サイバー攻撃が原因との声も

カタール外交危機、ロシアが画策か 「偽ニュース」仕込む

モーリタニアも断交=対カタール、ヨルダンは関係格下げ

断交原因のサイバー攻撃に「近隣諸国」関与 カタールが非難

カタール断交1か月、市民生活に広がる「悪夢」 - 1
同記事に「物資不足への不満も募ってきている。好みの食べ物が買えないというだけでなく、例えば自動車の交換用フロントガラスなど、普段そこまで気にしていないがないと困るという物品も手に入らなくなっている」

「ある露天商は、「国境封鎖後に値段が跳ね上がった、特にルッコラやパセリ、セイヨウアサツキは ひどい」と語った」などの記述があります。

カタール断交1か月、市民生活に広がる「悪夢」 - 2
同記事に「カタールで暮らす270万人のうち約9割が外国出身者で、断交は市民生活に重くのしかかってきている。

レバノンからの駐在員の女性は、「断交は悪夢。早急に解除されるよう願っている」と述べた」

「人道上の問題も生じている。湾岸諸国が自国内に暮らすカタール人に対して出国を命じると同時に、カタールにいる自国民に帰国を要請したことは多大なる影響をもたらしている。

カタールの国家人権委員会(NHRC)は、1万3300人以上が「直接的な影響」を被っていると指摘。

UAEに夫と子どもと暮らしているカタール人女性が、UAEからの出国を命じられたとの報告もある。

国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)は、サウジアラビアとカタールとの国境地点で先月17日から立ち往生させられている男性について懸念を表明している。気温が連日45度に達する場所だ。

サウジアラビアは、男性はカタール人だと主張する一方で、カタール側は男性の市民権は1990年代に剥奪されたとしている。

HRWはカタールに対し、男性の入国を認めるよう要請している」などの記述があります。

「中国は誤った情報を拡散」インド北東部訪問のダライ・ラマ

ウクライナで武器庫爆発、3万人超避難 「破壊工作」か

戦争にあえぐ中東で自殺や殺人が急増、「失われた世代」出現

地質学的ブレグジット 英国が欧州大陸から分離した謎が解明 - 1

地質学的ブレグジット 英国が欧州大陸から分離した謎が解明 - 2

地質学的ブレグジット 英国が欧州大陸から分離した謎が解明 - 3

AFPBB News 」サイトより


音響攻撃のノイズの一部公開、難聴や脳損傷が起きる恐れ

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより



比南部の避難民20万人超.死に至りかねない衛生面リスクに直面

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


衛生状態の世界地図



中国,南シナ海で新軍事シェルターとレーダー・通信施設建設

【写真特集】世界が抱える環境移民という時限爆弾 - 1

【写真特集】世界が抱える環境移民という時限爆弾 - 2

【写真特集】世界が抱える環境移民という時限爆弾 - 3

ニューズ ウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より



米次期政権、移民政策で9・11後の登録制度参考か 関係者

CNN.co.jp 」サイトより


【関連記事】


移民政策


電磁パルス( Electromagnetic. Pulse: EMP )兵器
インフラ破壊し1年後に9割死亡 「電磁パルス攻撃」の恐怖 - 1

インフラ破壊し1年後に9割死亡 「電磁パルス攻撃」の恐怖 - 2

インフラ破壊し1年後に9割死亡 「電磁パルス攻撃」の恐怖 - 3
同記事に「3・11の悪夢がよみがえるのが原子力発電所だ。

送電線からの外部電源を利用する原発が非常用電源や自家発電で停電に対処できない場合、冷却ができなくなり、福島原発事故のようなメルトダウンが現実味を帯びてくる。

爆風や放射能の影響で人が死ぬことはないが、直ちに人命に関わるケースも発生する。

医療分野では生命維持装置や心臓ペースメーカーが停止する恐れもある。

航行中の飛行機が制御機能を失って墜落したり、運転中の自動車の電気系統が破壊されて交通事故が多発したりすることも考えられる。

この攻撃が厄介なのは、復旧までに多大な時間を要することだ。

きわめて広範囲に被害が及ぶため復旧要員や修理装備・備品が圧倒的に不足し、被害の長期化は避けられない。

前述の米国の報告書では、復旧まで数週間から数年かかるとされる」などの記述があります。

NEWSポストセブン 」サイトより


電磁パルス攻撃の脅威 上空の核爆発で日本全土が機能不全 - 1
同記事に「電磁パルス攻撃は、高度30~400キロの上空で核爆発を起こして行う。

その際に生じたガンマ線が大気を構成する窒素や酸素などの分子に衝突。

分子に含まれる電子がはじき飛ばされて雷のような巨大な電流が発生するなどした結果、強力な電波の一撃である電磁パルスが地上に襲いかかる。

電磁パルスは送電線を伝ってコンピューターなどの電子機器に侵入。

その電圧は5万ボルトに達するため、機器はIC(集積回路)の機能停止で損壊し、同時に大規模な停電も発生すると予測されている。核爆発に伴う熱線や衝撃波は、地上には届かない。

影響範囲は爆発の高度や規模によるが、高度100キロで広島型原爆の3分の2に相当する10キロトン(TNT火薬換算)の場合、日本全土をほぼ覆う半径約1100キロにも達する。

1962年に米国が北太平洋上空で行った高高度核実験「スターフィッシュ・プライム」では、高度400キロの宇宙空間での核爆発で電磁パルスが発生。爆心から1400キロも離れた米ハワイ・ホノルルなどで停電が引き起こされ、その威力が実証された」などの記述があります。

電磁パルス攻撃の脅威 上空の核爆発で日本全土が機能不全 - 2
同記事に「現代社会は電気なしでは成り立たない。

電磁パルス攻撃によって大規模な停電が発生し、公共インフラを支える電子機器が損壊すれば、都市機能はまひする。

電話やインターネットなどの通信やガス、水道の供給が停止。飛行中の航空機が操縦不能になったり、電力を絶たれた原子力発電所が制御不能に陥ったりする恐れも指摘されている」などの記述があります。

電磁パルス攻撃の脅威 上空の核爆発で日本全土が機能不全 - 3
同記事に「日本には、電磁パルス攻撃への備えがまともに存在しない。

社会全体が無防備な現状は非常に危険だ」などの記述があります。

産経ニュース 」サイトより


高高度核爆発。電磁パルス攻撃の脅威 - 1
同記事に「EMP攻撃は核爆発の現場が あまりに高高度であるため、熱線、爆風、放射線で直接死傷する人は出ない。

にもかかわらず、高高度核爆発によるEMP攻撃にさらされた国家の文明社会は崩壊する恐れがある。

日本なら、何千万人もが餓死に追い込まれるかもしれない。

核爆発で強力なEMPが生じる。

現場が高高度なら、下方の極めて広い領域にわたって、対策を施していない電子機器・電子回路に過剰な電流が流れる。電子機器・回路は破壊されたり、誤作動したりする」などの記述があります。

高高度核爆発。電磁パルス攻撃の脅威 - 2
同記事に「広島市国民保護協議会専門部会の報告書(2007年)は、米国中央部のオマハ上空500キロメートルで核爆発があれば「(米)国中の送信機器、送電システム、コンピューター、レーダーなどが、落雷の100万倍ともいわれる急激な電圧上昇に直撃されて機能不全に陥る」と指摘する。

防衛省防衛研究所の研究〈一政祐行主任研究官「ブラックアウト事態に至る電磁パルス(EMP)脅威の諸相とその展望」/『防衛研究所紀要』16年2月号〉は、EMP攻撃が「広域にあらゆる電力・通信インフラが不可逆的にダウンしていく大停電現象」の「ブラックアウト事態」を招くと予想する。

国中の発電所や送電網が機能不全となる。

現代の輸送車両、通信機器で電子機器・回路なしで動くものはまずない。輸送網と通信網は止まり、電力、飲料水、燃料の供給も止まり、商取引は麻痺する。

日本でいえば明治初期や江戸時代のインフラ状況に戻ることになる。社会システム崩壊によって、飢えが襲うだろう。

高層大気圏でたった一発の核兵器が爆発すれば、米国のような大陸規模の国家も社会が崩壊するような危機に見舞われる」などの記述があります。

高高度核爆発。電磁パルス攻撃の脅威 - 3

SankeiBiz (サンケイビズ) 」サイトより


電磁パルス兵器を超える、プラズマ兵器の脅威?

WIRED.jp 」サイトより


【解説】北朝鮮 核実験場の「トンネル崩落」に手がかりか
同記事に「北朝鮮は6回目の核実験を「完全な成功」と自賛した。

観測された揺れの形は これまでで最大規模の爆発だったと示しているが、直後に実験場のトンネルが崩落した様子で、これは北朝鮮の核開発の進捗状況を知る貴重な手がかりとなるかもしれない」

「米国と中国による観測は、北朝鮮の実験による揺れがマグニチュード(M)6.3の規模だったと示している」

「今回の爆発は規模が大きく、実験場のトンネルが一部崩落したらしい。

米地質調査所(USGS)は、実験から約8分後に2度目の揺れを観測している。USGSも中国地震局も、この2度目の揺れはトンネルの崩落によるものだろうと分析している。

なぜトンネルが崩れたのか? 今回ほどの大爆発に耐えられるほど堅牢に作っていなかった可能性がある。

あるいは、わざと崩落させたのかもしれない。つまり放射性核種を わざと放出させることで、これは本物の核実験だったのだと世界に知らしめるために」などの記述があります。

BBCニュース 」サイトより


北朝鮮 核実験 : 'Tunnel collapse' may provide clues(英語)

BBC 」サイトより(英語)


【解説】北朝鮮 核実験場の「トンネル崩落」に手がかりか

WEDGE Infinity(ウェッジ) 」サイトより


北朝鮮の核実験場周辺で複数の土砂崩れか 米シンクタンク
同記事に「今回の斜面の崩壊について、「北朝鮮が これまでに実施した5回の実験の いずれよりも大規模で広範囲に及ぶ」と説明している。

米地質調査所(USGS)によると、北朝鮮ソンジペガム(Sungjibaegam)の東北東24キロメートルの地点で核実験当日、震源の浅いマグニチュード(M)6.3 の「爆発」が観測され、数分後にもM4.1の揺れが観測された。

それにより実験場付近の山が崩れ落ちたとみられ、また放射能漏れも懸念されている」などの記述があります。

北朝鮮の核実験場、「山疲労症候群」か 米分析サイト
同記事に「北朝鮮が先月実施した通算6回目となる過去最大の核実験により、同国北東部・豊渓里(Punggye-ri)にある核実験場が「Tired Mountain Syndrome(山疲労症候群)」とされる地質状況にある可能性があると、米ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)のシンクタンク、米韓研究所(US-Korea Institute)の北朝鮮分析サイト「38ノース(38 North)」が2017年10月18日、明らかにした。

だが、そうした状況にもかかわらず、この核実験は放棄されていないとみられるという。

北朝鮮による6回の核実験のうち、初回を除く5回は豊渓里の実験場の山の地下で行われてた。

6回目の核実験が行われた先月3日以降、この実験場付近では これまでに小さな揺れが3回観測されている。

これまでの実験の影響により、この核実験場は さらなる地下核実験には適していない可能性があるとの報道もある。

山疲労症候群は岩に囲まれた地域で行われる地下核実験による影響を表す呼び名で、実験により周りの岩場は広範囲にわたって ひび割れ、雨水や地下水などを透過しやすくなることを意味しているという。

38ノースによると、6回目の核実験による影響は爆心地から約1.4キロまで広がっている可能性があり、山疲労症候群による影響が懸念されるという」などの記述があります。

北核実験、爆発規模は「250キロトン」 米分析サイト

北の核実験は「水爆だと推測」 米戦略軍司令官

イタリア政府、新任の北朝鮮大使を国外退去処分へ

スペイン、北朝鮮大使を国外退去に 核実験に抗議

メキシコ、ペルーが北朝鮮大使追放-米圧力、クウェートも

スペイン、北朝鮮外交官1人の退去要求 ミサイル発射などに抗議

UAE、北朝鮮人労働者へのビザ発給を停止

米ウォルマート、北朝鮮人が働く工場からの輸入禁止
同記事に「米小売り大手のウォルマート(Wal-Mart)は2017年10月5日、北朝鮮人労働者を雇用している中国の加工工場からの魚介類輸入を打ち切ると発表した。

この工場をめぐっては、北朝鮮人労働者が奴隷のような状態で働かされ、そこからの輸入によって北朝鮮を意図せず支援している恐れもあると報道されていた」

「ウォルマートが輸入を禁止した工場では、北朝鮮人労働者は許可がなければ工場の敷地内から出られず、電話や電子メールの使用も禁じられていた。

また、給与の最大70%は北朝鮮政府に徴収されていた。

出荷記録によると、APが調査した複数の施設からは、サーモンやズワイガニなどの魚介類計2000トン以上が入った貨物コンテナ100個以上が米国とカナダに送られていたという。

北朝鮮は大勢の労働者を世界各地に派遣しており、APによると推定で年2億~5億ドル(226億~564億円)の外貨を得て同国の核開発計画に充てている」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


北朝鮮が5度目の核実験、住民らは原因不明の病気に苦しむ
同記事に「北朝鮮が これまでに行った5回の核実験は全て、豊渓里にある核実験場で行われた。

それだけ放射能汚染の危険に さらされているということだが、実際に近隣の住民らは原因不明の病気に苦しんでいるという。

北朝鮮は2006年から現在まで、咸鏡北道吉州郡豊渓里の核実験場で5回にわたり核実験を行った。

韓国内の脱北者団体が吉州郡出身の脱北者10人を対象に調査した結果、原因不明の病気に苦しむ住民が増えているとの証言が相次いだ。

3回目の核実験が行われた後に韓国に来た40代の脱北者は、「2013年ごろから、いくら食べても痩せていく、頭痛が治らないなどの症状に苦しむ人が増えた」と明らかにした。

同じく3回目の核実験後に脱北した50代の女性も「3回目の核実験が行われた直後の2013年5月ごろから突然、においや味を感じられなくなった」と話した。

その他にも、吉州郡に急性結核患者が増えた、はっきりとした理由もなく胃腸病にかかったなどの証言が相次いだ」などの記述があります。

朝鮮半島で戦争,核不使用でも毎日2万人死亡=米国防総省想定

北朝鮮の「暴走」で中国に降りかかる4つの脅威
同記事に「核実験に伴う地震による地殻変動」「中朝国境にある長白山の爆発に懸念を示す声が上がっている」などの記述があります。


【関連記事】


火山分布の世界地図



戦争が始まったら こうなる 北朝鮮vs.米・日・韓の戦い - 1

戦争が始まったら こうなる 北朝鮮vs.米・日・韓の戦い - 2

戦争が始まったら こうなる 北朝鮮vs.米・日・韓の戦い - 3

現代ビジネス [講談社] 」サイトより


北朝鮮情勢、大規模紛争に発展する恐れ=ロシア大統領

ロイター.co.jp 」サイトより


「日本も攻撃圏内」と威嚇=核兵器「実戦配備した」-北朝鮮

韓国大統領、北朝鮮との軍事衝突について「可能性高い」と警鐘

北朝鮮問題の軍事的解決は想像絶する悲劇もたらす 米国防長官

北朝鮮、軍入隊を「嘆願」 若者や学生が大行進 朝鮮中央通信

北朝鮮、神経ガス原料の特許申請=国連機関が手続き支援

北朝鮮、新しいミサイル潜水艦建造か 従来より大型

北朝鮮、米韓への「先制核攻撃」警告

北朝鮮ナンバー2、「核攻撃には核攻撃で反撃」

北朝鮮の核攻撃には「圧倒的な対応とる」 マティス米国防長官

北朝鮮への軍事行動「選択肢のうち」米国務長官

北朝鮮を めぐる衝突は「いつでも起こり得る」 中国外相
同記事に「中国の王毅(Wang Yi)外相は2017年4月14日、米国との間で緊張が高まる北朝鮮について、衝突は「いつでも」起こり得るとの見解を示しつつ、どんな戦争にも「勝者はいない」と警告した。

北朝鮮が15日に核実験かミサイル発射実験を行うとの観測が広がる中、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は北朝鮮問題について「対応する用意がある」と発言したが、王外相の発言は これを受けたものとみられる。

王氏は北朝鮮をめぐる緊張が高まっていることを認めた上で「衝突は いつでも起こり得るという感じがする」と語った。

さらに「戦争が起きれば、その結果は全員が負けるという状況で、誰も勝者には なれない」と述べた。

また、衝突を誘発する側が どちらであっても「歴史的責任を負うことになり、相応の代償を払うことになるだろう」」などの記述があります。

中国、海兵隊を強化=尖閣占拠、「潜在的任務」か

中国紙「トランプ米新大統領に対抗し、核強化すべき」

比大統領、 南シナ海問題で中国から戦争になると警告された

トランプ米大統領、IS戦闘員 根絶やし作戦指示 国防長官発表

スリランカ、ハンバントタ港の運営権を中国企業に譲渡

中国が開発進める西沙諸島・ツリー島の変貌、5年前と比較

AFPBB News 」サイトより



イスラム国が ここ数年で どのくらい領土を広げたか一目瞭然

どこで戦争が起きたかを時代別に教えてくれるマップ

ギズモード・ジャパン 」サイトより


イスラム国がドローンでスポーツ,コンサート会場の爆撃計画

イスラム国のトロイの木馬 作戦、欧州へ大量移民と脅迫
同記事に「イスラム国リビア支部はイタリア政府に対し、リビアに軍を出せばヨーロッパに50万の移民を送り込み、地中海を混乱に陥れると脅迫している。

イスラム過激派を研究している英国のキリアム基金によると、イスラム国はイラクやシリアで兵士を雇い、地中海沿岸の南欧諸国に不法移民として送り込み、大規模な攻撃を展開しようとしているという。

長い海岸線を持つリビアは、地中海を挟んでイタリアをはじめとする南欧諸国と向き合う位置にあり、イスラム国は不法移民に偽装した兵士を乗せた船で上陸を狙っているという。

リビアからは毎年膨大な数に上る北アフリカの不法移民がヨーロッパに渡っている。

移民を乗せた船に兵士を紛れ込ませれば、またたく間に船を「トロイの木馬」に仕立て上げてヨーロッパに送り込むことができる」などの記述があります。

テロに遭うよりも食べ物を喉に詰まらせて死ぬ確率の方が高い

レコード チャイナ 」サイトより


テロ攻撃中に「身の安全を確保する」ためのアドヴァイス

クウェート、すべての国民からの「DNA強制採取」を決定
同記事に「クウェートでは、すべての国民と、居住・訪問外国人に、DNAサンプルの提出を強制する法律が2016年11月に発効される」

「この法律は、すべての市民と居住外国人にDNAサンプルの提出を義務付けるもので、対象者は合計で およそ350万人に達する。

また、ペルシャ湾岸の小さな この国を訪れる すべての外国人も対象だ」

「このような法律が施行されるのは世界で初めてであり、批判も多い。

この法律がテロ対策の道具として効果的でないばかりか、データベースが盗まれたりハッキングされたりすれば、大規模なプライヴァシー漏洩の法的責任が問われる事態になる」

「だが、サンプルの提出を拒否した者には、禁固刑や約3万3000ドルの罰金を科せられる可能性があると『Kuwait Times』は報じている」

「すべての市民、住民、訪問者に対して政府へのDNAサンプルの提出を強制することは、正当な理由なく家宅捜索を行うのと同じだ」と、訴訟を起こした弁護士のアデル・アブドルハジは『New Scientist』に対して語っている」

「なお米国では、逮捕された人のDNAサンプルを警察が採取することは合法となっている」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


偽装難民のテロリストが欧州の新たな脅威に
Lack of Co-ordination Leaves EU 'Vulnerable' to Jihadists Posing as Refugees.

同記事に「EU諸国の国境管理の甘さに乗じてISISなどのイスラム過激派が続々とヨーロッパに密入国している」などの記述があります。

ニューズウィーク日本版 」サイトより


「中国は潜在的 侵略者」、米太平洋軍トップが異例の発言

軍事技術保有カナダ企業を中国企業が買収申請

豪州が軍服を中国企業に発注、議員から「恥だ」と批判の声

豪国防省が軍服を中国企業に発注、スパイ行為のリスクに懸念

中国製 戦闘機,アフリカで「品質問題」,5年で3分の1が墜落大破

4年以内に起こり得る10の大規模軍事衝突 - 米軍事サイト

中国海軍が初めてオホーツク海・北方四島近くで軍事演習

北朝鮮情勢/国の軍事攻撃に壁,報復で在韓米国人6万人犠牲も

中国との戦争に備える米国、アジア太平洋での戦力強化を推進

米国と中国の戦争リスク高まる、BBCドキュメンタリーが話題に

「世界は戦争に近づいている」米英仏で6割超

2017年に武力紛争が起こる可能性が最も高いのは朝鮮半島

中国と台湾、高まる武力衝突リスク

中国軍幹部「台湾を武力統一する可能性」指摘

台湾で中国による「武力統一」への懸念高まる

中国の新レーダーは戦争を一変させる=ステルス技術を無効化

中国、2020年までに台湾を武力侵攻か

中国の大型爆撃機、台湾上空を1周

中国軍元幹部「米が台湾にTHAAD配備なら台湾を武力解放」

中国による台湾統一は日本にとって脅威に

中国が台湾を統一すれば、日本は攻撃範囲に―米メディア

北朝鮮がマレーシアにダミー企業設立、武器密輸か

台湾に「断交ブーム」到来か、強まる中国の影響力

台湾と断交のパナマ、中国に大使館開設、10月に大統領が訪中

台湾が国交締結国を さらに失う可能性、中国が外交戦を展開

台湾が独立を宣言した時、中国人民解放軍は台湾に降り立つ

台湾独立は認めない=中国・国家主席と台湾・国民党主席が会談

「台湾の旗を掲げてはならない」=カンボジア首相

香港独立は違法、香港自身の利益も損なう - 中国外交部

香港の中学生に「香港独立」の風潮が蔓延

インド,中国 国境地域に超音速巡航ミサイル「ブラモス」配備へ

中国の火薬庫,新疆ウイグル自治区、当局の監視,締め付け常態化

中国で銃の闇製造拡大、犯罪組織や愛好家が顧客
同記事に「中国は銃や弾丸など小火器の世界最大生産国となり、国有軍事企業・北方工業の製品は世界各地の紛争地で使われている」

「米ジェームスタウン基金会のウェブサイトによると、国連の14年のデータで、中国の銃器や弾薬の輸出額は1億6100万ドル。

中国は武器生産大国だが、国内では銃の所持が厳密に制限されているため、闇での武器製造が深刻化。違法製造された銃による犯罪も年々増加している。

いわゆる「闇の銃」の顧客は大きく分けて2種類。一つは犯罪組織やマフィアなどで、マッサージ店やナイトクラブを経営する際、違法行為に関与するケースが多いという。

賭博や薬物売買などと並び、銃の闇取引も頻繁に行われる。二つ目は一般の銃愛好者で、全体に占める割合は低い」などの記述があります。

タイが中国と軍施設の建設へ、安全保障分野で中国依存の可能性

中国企業が独企業を買収,戦略資源を買い漁る中国にEUが懸念

中国の報復手段は こんなにあった!

マレーシア首相が訪中、「中国から軍艦購入」に海外注目

中国がタイに潜水艦を輸出、他国も次々に購入を発表

中国の軍事費が また増加、2016年は16兆円、兵器輸出も加速

中国がマラッカ海峡に大型港湾建設,軍事目的との指摘に反論

中国が海外の港湾を爆買い、一帯一路沿いに200億ドル

中国、ギリシャ最大の港を総額450億円で買収=軍事化構想も

ギリシャ最大のピレウス港、中国企業への売却を政府が同意

中国が世界の港を「爆買い」して得るもの

北朝鮮が韓国にテロ攻撃計画か

北朝鮮が韓国にテロ攻撃の準備

韓国軍がテロ対策を強化、国家級部隊の増設を検討

韓国の税関に大量のテロ兵器、摘発件数が3年で3倍に

韓国が軍備増強、原子力潜水艦を実戦部隊に配備か

韓国が原子力潜水艦を建造か、日本・中国との関係悪化懸念

駐韓米軍がソウル市内の米軍基地内でジカ ウイルス実験か

<パリ同時多発テロ>犯人は難民装い欧州上陸

レコード チャイナ 」サイトより


台湾問題、平和統一でなく「武力統一」を早める

マレーシア、南シナ海めぐり対中国戦略を見直しへ - 1

マレーシア、南シナ海めぐり対中国戦略を見直しへ - 2

マレーシア、南シナ海めぐり対中国戦略を見直しへ - 3

マレーシア、南シナ海めぐり対中国戦略を見直しへ - 4

ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より


ニュージーランド議員に中国のスパイ疑惑
同記事に「フィナンシャル・タイムズによると、中国の情報機関と これほど強いつながりのある現職議員がいる欧米諸国は他にはない」などの記述があります。

米当局、宇宙通信装置などの密輸の疑いで中国出身の女を逮捕

中国、CIA諜報活動を破壊=情報提供者を殺害・収監-米紙

中国、2010~12年にCIAの情報源12人以上殺害 米紙報道

フィリピン首都で2度の爆発,2人死亡 6人負傷 ISが犯行声明

米入国禁止は「過激派への偉大な贈り物」、イラン外相

「終末時計」トランプ氏発言などで前進,60年余ぶり危険水準に

【図解】2016年版「世界テロリズム指数」

パリで自家製の爆発物発見、検察が反テロ捜査開始 5人拘束

テロ計画の国内出生の男2人を国外退去へ,親は外国出身 独で初

ドイツ、爆弾攻撃計画の情報員逮捕 イスラム過激思想に傾倒か

ドイツ、「スカイプ」など対話アプリの監視強化へ 法案可決

シリア難民の住宅で強力な爆発物発見、ドイツ警察が行方追う

ドイツで爆破計画の疑い、シリア人の男を逮捕

ドイツで逮捕のシリア人、ベルリンの空港爆破を計画

欧州の刑務所がイスラム聖戦士の「温床」に、英研究

ドイツ10州でイスラム組織を一斉捜索、憎悪扇動の疑い

シンガポールへロケット弾攻撃計画,インドネシア武装集団逮捕
同記事に「インドネシアの警察当局は2016年8月5日、シンガポールの高所得者層向けの沿岸の地区に対して、近くの島からロケット弾による攻撃を計画していたとして、武装集団の容疑者6人を逮捕した。

逮捕を受け、シンガポールは警戒態勢を強化した」

「イスラム教が多数派の国の中で最大の人口を持つインドネシアでは、ISの影響力が高まっており、今年に入って攻撃や攻撃未遂が急増している。

リアント報道官は記者団に「(2人は)シンガポールでのテロ攻撃を計画していた。バタム島からロケット弾でシンガポールを攻撃しようとしていた」と述べた。

別の警察当局の報道官は、標的は「マリーナ湾(Marina Bay)」だったと述べた。同湾の周辺地区には、ホテルやショッピング モール、カジノなどのある高級複合施設マリーナ・ベイ・サンズ(Marina Bay Sands)がある」などの記述があります。

スウェーデン国内のイスラム過激派が急増、情報機関長官

IS関連組織が炭疽菌攻撃を計画か、3人逮捕 ケニア

メキシコで放射性物質盗難、当局が9州に警戒呼び掛け

ドイツ,冷戦後初の民間防衛計画を導入 国民に食料・水備蓄奨励

「移民 多すぎる」...不安視する声、増加傾向に 22か国調査

世界の子ども2.5億人(9人に1人)が紛争地域で生活

パリ襲撃事件は「ISの次段階」、専門家らが警告
同記事に「フランス・パリ(Paris)で発生した連続襲撃事件について、専門家らは、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が この襲撃で示した実行力は、ISの手口が より巧妙になり、そのネットワークが世界に拡大しつつあることを示していると警告した。

少なくとも129人が死亡した事件では、ISが犯行声明を出した。ISはフランスを含む欧州各国を暴力で繰り返し揺さぶってきたが、欧州における大規模な攻撃は今回が初めて。

専門家らは、ISがイラクやシリアでの局地的な活動から、西側諸国へと その活動範囲を拡大させたことを示していると語る。

外交政策調査研究所(Foreign Policy Research Institute)の上級研究員、クリント・ワッツ(Clint Watts)氏は「フランスでの攻撃は、ISが次の段階への表れである公算が大きい」との認識を示した。

また、イスラム過激派の活動を研究しているアイマン・タミミ(Aymenn al-Tamimi)氏は、「欧州における影響という点で、前例のない攻撃であるのは間違いない。

ISが「一匹おおかみ」型の支持者のみならず、欧州に高度なネットワークを有していることを示している」と述べた」などの記述があります。

パリ襲撃犯の自爆ベスト、戦術変化と新たな脅威を示唆
同記事に「フランスの首都パリ(Paris)で起きた連続襲撃事件で、同国で起きた事件では初めて使用された自爆ベストについて、情報・治安活動の専門家らは、高度な技能を持つ職人が作ったものであり、製造者は欧州内で現在も逃亡中の可能性があると指摘している。

実行犯の7人全員が同じ爆弾付きベストを着用し、躊躇(ちゅうちょ)することなく自爆した事実は、フランスを標的とするイスラム過激派の懸念すべき戦術の変化を示している。彼らが使った類の自爆ベストは通常、中東地域の爆破事件で使われてきた。

AFPの取材に匿名で応じた元フランス情報機関トップの人物は「自爆ベストの製造には軍需品の専門家が必要だ。確実で効果的な爆発物の製造は、誰にでも できることではない」と述べた」

「爆弾製造者は、使い捨てにはされない」「さらに多くの自爆ベストを製造し、他の連中に作戦を実行させる」などの記述があります。

仏首相、パリ同時テロ容疑者の一部は移民危機に便乗し入国

英ドーバー港で15時間待ち大渋滞、仏入国審査の厳格化で

トルコ、「難民装い」欧州入り計画、IS容疑者8人拘束

ドイツで難民申請する「シリア人」、3割が国籍偽装か
同記事に「ドイツ内務省報道官は、同国に到着する移民で、シリア出身者であると主張する人々の約3割が、実際は他国の出身者と推定されることを明らかにした」

「トマス・デメジエール(Thomas de Maiziere)独内相は、「シリアの偽造パスポートや、シリア出身と言いながらアラビア語を一言も話せない人々がいる」と語った」

「フロンテックスのファブリス・レッジェリ(Fabrice Leggeri)代表は今月初め、特にトルコで、欧州連合(EU)圏内に入るためのシリアの偽造パスポートが出回っていることを指摘していた」などの記述があります。

カナダ、2015年内にシリア難民2万5000人受け入れへ

米19州、シリア難民受け入れを拒否 パリ襲撃受け

【図解】欧州で1980年以降に発生した大規模な襲撃事件

フランス、1万人超が潜在的テロ容疑者リストに

過激派には「即発砲」 豪警察が方針転換、訓練を開始

EU、難民危機対策の軍事作戦を承認 - 1

EU、難民危機対策の軍事作戦を承認 - 2

スペイン内相 「入国管理厳格化を」 IS潜入を警戒

ハンガリー議会、軍に国境での武器使用認める新移民法を可決

ドイツのイスラム過激派、難民の若者を勧誘 情報機関

【図解】過激派組織「イスラム国」の勢力図

【図解】シリア・イラクのIS支配地域

「日本は過激派の標的」改めて示した人質危機 専門家ら

【図解】対「イスラム国」有志連合に参加する国々

【図解】欧州のイスラム教徒人口

【図解】シリア:各勢力の支配地域

カナダの改正移民法施行、ISなどに参加すれば市民権剥奪も

生首写真で知られる豪IS戦闘員の国籍剥奪、反テロ法適用で

カナダの改正移民法施行、ISなどに参加すれば市民権剥奪も

フランス法相が辞任、国籍剥奪の対テロ策に抗議

インドで年末年始にテロ攻撃の恐れ,イスラエル首相府が警告

南スーダン難民100万人突破 UNHCR発表、戦闘再燃で急増

ミャンマー軍、1か月でロヒンギャ人69人殺害 襲撃犯の捜索で

初の反テロ法案を可決、中国

中国、海外での対テロ作戦を合法化
同記事に「反テロ法によって、海外での対テロ軍事作戦が合法化されたことが、公表された同法の内容から明らかになった。

中国当局は、イスラム教徒が多数を占める新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)に関連する暴力行為を、世界中で高まる過激派への懸念に結びつけようと試みている。

国営新華社(Xinhua)通信が公表した反テロ法の条文では、「関係国」が合意した場合、「対テロ活動を遂行するために人員を国外へ派遣することができる」と定めている。

派遣が認められるのは、人民解放軍(People's Liberation Army)や人民武装警察部隊(People's Armed Police)、治安機関の職員などだという」などの記述があります。

ムスリム女性移民、英語習得しなければ追放も 英首相が新方針
同記事に「英国のデービッド・キャメロン(David Cameron)首相は18日、英語の習得が不十分なイスラム教徒の女性を国外退去処分にする可能性があると発表した。

同首相は また、英語能力が低い者はイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」などが発信するメッセージに「感化されやすい」恐れがあるとの認識も示している」

「英国の入国管理法令は すでに、配偶者と同居するために入国する人に対して、英語を話す能力を事前に身につけておくことを義務付けている。

しかしキャメロン首相は、今後これらの人に対しては、さらに入国から2年半後に、英語能力が上達したかどうかを確認するための試験を受けさせる意向を表明した」などの記述があります。

【記者コラム】カシミール紛争、報じられない人々の心の闇

中国、インドとの国境をめぐる対立で「派兵の強化」を示唆

テロ・感染症・移民危機で描き直される世界の観光マップ - 1
同記事に「テロや伝染病の流行、移民危機といった問題によって、観光客が行きたいと思う旅行先が変化し、世界の観光マップが あっという間に描き直されている」

「旅行者の最近の好みの変化で最も大きな打撃を受けているのは、イスラム圏の国々だ。

2015年の世界全体の海外旅行者は12億人に迫り、前年比4.4%増だった。しかし、北アフリカでは かつて人気の観光地だったビーチが、閑散としている光景に目を疑うだろう。

中でも、チュニジアとエジプトの観光業は、外国人観光客が標的となったチュニジアのリゾート襲撃や、紅海(Red Sea)に面したエジプトのリゾート地シャルムエルシェイク(Sharm el-Sheikh)を離陸したロシア機の墜落で、壊滅的な打撃を受けた。国の経済の約10%を観光業が占めるチュニジアを訪れる人は昨年、200万人減だった。

トルコもまた襲撃の脅威による犠牲者だ。ドイツの国際旅行代理店グループTUIの発表によると、2016年1月にイスタンブール(Istanbul)で起きたイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」による自爆攻撃の後、トルコへの旅行の予約は40%落ち込んでいる。

さらに中東や北アフリカの国々について、旅行者の側が あまり区別できていないとみられ、ヨルダンのように、襲撃の懸念から巻き添えを食らっている国もある。

フランスの旅行会社ボヤージュ・ドゥ・モンド(Voyageurs du Monde)のジャンフランソワ・リアル(Jean-Francois Rial)会長は「すべてのイスラム諸国が、オマーンのような まったく安全な国でさえ、多かれ少なかれ打撃を受けている」という」などの記述があります。

テロ・感染症・移民危機で描き直される世界の観光マップ - 2
同記事に「専門家らは、アフリカ・サハラ砂漠以南でのエボラウイルスやカリブ海沿岸でのチクングニアウイルスの流行、または韓国で、中東呼吸器症候群(MERS)を引き起こすコロナウイルスが流行したことを挙げ、南米各地は今後、ジカ ウイルスの流行による影響を受ける可能性があると話している」などの記述があります。

世界の銀行間通信網「SWIFT」,銀行へのハッカー攻撃を報告

戦争難民と経済移民、運命の分かれ道 - 1

戦争難民と経済移民、運命の分かれ道 - 2

豪、テロ対策で銃「恩赦」へ=期間中提出なら罪問わず
同記事に「オーストラリア政府は2017年6月16日、テロ対策の一環で、国民が不法所持する銃器を期間中に提出すれば罪を問わない「恩赦」を行うと発表した」

「推定26万丁に上る銃が違法に出回っているという。

恩赦は7月から3か月間実施する。

通常、銃の不法所持は最大で14年の禁錮刑が科せられるが、恩赦期間中に提出なら訴追を免れる。

豪州は、米軍が主導する過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦に参加していることもあり、これに関連したテロが起きている。

今月にも、男がメルボルンで人質立てこもり事件を起こし、男性1人が死亡。ISが犯行声明を出した」などの記述があります。

ダライ・ラマがモンゴル訪問、中国は「入国禁止」を執拗に要求

モスル奪還作戦の負の遺産。環境や住民の健康に長期的リスク
同記事に「イラク北部の要衝都市モスル(Mosul)をイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」から奪還する軍事作戦をめぐり、環境破壊や健康被害といった「負の遺産」が今後、地元住民に長期的なリスクをもたらすとの懸念が指摘されている」

「大規模なモスル奪還作戦では、ISが同市南部の油井や硫黄工場に放火し、地域の住民は既に その代償を支払わされている。

国連(UN)が発表したモスル一帯の環境・健康リスクに関する報告書によれば、「数百人が化学物質に さらされて治療を受けた。

また、炎上する油井から生じる煤煙(ばいえん)とガスで、数百万人に影響が出ている」

「建物の がれきには、有害物質やセメントの粉末、生活廃棄物、化学物質などが含まれており、民間人や、がれきを処理する作業員らを危険に さらす恐れがある」と、国連の報告書は指摘している。

さらに、弾薬庫や武器庫を破壊すれば「有毒物質が環境負荷を もたらす」と報告書は述べ、「戦車や装甲車などの軍用物資には、さまざまな有毒物質が含まれている場合が多い」としている。

一方、国連環境計画(UNEP)のエリック・ソルハイム(Eric Solheim)事務局長は、「水源に遺体や危険物質、石油が投棄されているとの報告があり、重要な懸念材料となっている」と述べ、紛争に関連して起きる水質汚染も問題となり得ると指摘している」などの記述があります。

米送電網にロシアがハッキングか、ワシントン・ポスト紙

リトアニア、ロシアの飛び地との国境にフェンス建設へ

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


移民政策

世界の言語地図



米軍、対IS空爆で劣化ウラン弾使用 国防総省
同記事に「米国防総省は2017年2月16日、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に対して2015年に行った空爆のうち2回で、対戦車用の劣化ウラン弾を使用していたことを明らかにした。

中東を管轄する米中央軍(US Central Command)のジョシュ・ジャック(Josh Jacques)報道官(少佐)によると、劣化ウラン弾が使用されたのは2015年11月16日と22日にA10攻撃機によって実施された、ISの石油タンクローリーの車列を標的とした空爆。計5265発の劣化ウラン弾が、焼夷(しょうい)弾と合わせて使用された」

「劣化ウラン弾は、ウラン濃縮で核燃料を取り出した後に残った劣化ウランを利用した弾丸。

威力が大きく、米軍は その性能を重視しているが、砲撃を担当する兵士や攻撃目標付近の民間人の健康に有害だとの危険性が指摘されている。

国連環境計画(UNEP)は、劣化ウラン弾を「化学的見地からも放射線学的見地からも有毒な重金属」と評している」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


子へ影響するとは... 脳・内蔵・足に異常

性交渉で妻にも被害 夫、危険性教わらず

劣化ウラン弾 被曝深刻

砂礫の島 募る不信
同記事に「一九九五年十二月と翌年一月、米海兵隊岩国基地所属の垂直離着陸機ハリアーが、沖縄県・鳥島射爆場で行った実弾演習で、放射能兵器である劣化ウラン弾千五百二十個を発射した」

「在沖縄米空軍司令官が嘉手納弾薬庫に「劣化ウラン弾を保管している」と発表した」

「県内の米軍払い下げ品取扱業者の資材置き場で、使用済みの劣化ウラン弾の薬きょう四百七十三個が見つかった。

沖縄から撤去されたはずの劣化ウラン弾が いまだ保管される一方で、民間に「鉄くず」として薬きょうが売却される」などの記述があります。

山口県 三井化学事故 劣化ウラン 住民に不安

ヒロシマ平和メディアセンター 」サイトより


全国195か所に放射性物質 放置された劣化ウラン

Astand 」サイトより

【関連記事】


西南日本の超巨大地震

超巨大地震の世界地図

地震分布の世界地図


海底ケーブル損傷で国際通信の麻痺
海底ケーブル地図(Submarine Cable Map) 」サイト (英語)


海底ケーブルを流れる情報が傍受されて諜報機関に売られている

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


海底ケーブルの世界地図

なぜ海底ケーブルは想像以上に脆いのだろう?
同記事に「ウェットスーツに身を包んだ破壊工作員が地中海に潜り、光ファイバーケーブルを切断する。そんな現実にはほとんど有り得なそうな命がけの行為を実際にした者がいる。海底ケーブルには数千ボルトの電流も流れているので、切断に失敗すれば死んでも おかしくない。それでも先日にはアレクサンドリア(エジプト)沖の地中海で、海底ケーブルの切断を試みたとされる3人のダイヴァーがエジプト海軍によって逮捕されていた」

「今回の事件は、世界中に張り巡らされた海底ケーブルの脆弱性を あらためて浮き彫りにした。現在、世界には約200の海底ケーブルが張り巡らされている。そして その大半には十分な保護対策が講じられていない」

「主要幹線にあたる海底ケーブルが故障したり切断された場合、周辺のインターネット接続速度は激しく低下し、場合によっては一部の国が完全にインターネットから遮断される可能性があるという。また実際に そうした事態も生じている。たとえば2008年に アレクサンドリア沖で海底ケーブルが切れた際には、エジプトやインド、パキスタン、クウェートなどで深刻な通信障害が発生」などの記述があります。

ヴェネツィアの海が、中国の海になる日

WIRED.jp 」サイトより


海底ケーブル。インターネットを支える影の主役の お話
同記事に「少し前に実際にケーブルが故障して、ネットワークがいかに安定しないものかということがわかるまで、ルートの冗長性の問題は差し迫ったものではありませんでした。

2006年の12月に台湾南部で起きた大地震は、海底の地滑りを誘発し、7本の海底ケーブルが損傷してインターネット接続に大きな影響を与えました。

2008年には、アジアとヨーロッパのトラフィックのボトルネックとなるエジプトのアレキサンドリア北部で、ケーブル切断が起こりました。

翌年の国際会議では、ネットワーク インフラの信頼性について話し合いが持たれました。

会議の参加者は、個別の各システムの信頼性が高くても、世界的に大陸間の相互接続が基本的な信頼性の設計原則を守っていないと結論づけました。

さらに参加者は、「地理的・政治的な難所」を通っているケーブルについて不安を挙げ、それらの場所での災害は世界的に大きな接続問題となる可能性を指摘しました」などの記述があります。

ギズモード・ジャパン 」サイトより


【関連記事】


日本壊滅地震で世界危機

西南日本の超巨大地震

超巨大地震の世界地図



機内エンタメ経由で航空機ハッキングの恐れ、米当局報告
同記事に「インターネット環境の充実が売りの最新型の旅客機に、ハッカーが機内エンターテインメントシステムを乗っ取って操縦機器に致命的な破壊工作を行う危険が潜んでいると警告する報告書を、米議会の政府監査院(Government Accountability Office、GAO)が発表した。

GAO報告書は、「IP接続などの現代の通信技術が航空機に使用されるようになったことで、権限のない人物が航空電子機器に不正アクセスする可能性が出てきた」と指摘。

米連邦航空局(US Federal Aviation Administration、FAA)も真剣に対策を検討し始めたとしている」

「この問題は特に、インターネット接続サービスを提供しているボーイング(Boeing)の787型機「ドリームライナー(Dreamliner)」やエアバス(Airbus)のA350型機などの次世代航空機に影響がある」などの記述があります。

爆弾で墜落させられた民間航空機(1983年以降)

AFPBB News 」サイトより


航空会社へのサイバー攻撃により欠航が続出する事態が発生

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


民間機が危険に さらされる5大エリアとは

レコード チャイナ 」サイトより


飛行機はハックできる:米議会機関の報告書

WIRED.jp 」サイトより


【世界各国の地域,政治情勢・関連情報サイト】


各国・地域情勢
〔一党独裁(一黨獨裁)政権、世界の政治体制など〕

外務省 」サイトより


世界民主主義指数、中国は142位「独裁政治体制」とみなす

「台湾を国として認めよ」、英国人の署名が1万件超える

「台湾は『国』」=蔡英文総統が明言

レコード チャイナ 」サイトより


台湾大地震:日本統治時代の建築は無傷,まさに台南の誇りだ
同記事に「台南市内では、各所でビルが倒壊したり損傷を受けた。

なかでも17階建ての住居用ビルが倒壊したことで、多くの人が現在も閉じ込められたままだ。同ビルは完成後約20年だった。

一方で、1920年に完成した3階建て(一部4階建て)の洋館は無傷だったという」

「同建物には現在も、翁氏の子孫一族が住んでいる。構造面では木造建造物だ。

家族によると、翁螺氏は日本から わざわざ、建築家などを呼んで、建ててもらったという」

「同建物に住む翁家が、人々の命を救ったこともあった。

1947年に発生した2.28事件の時だ。日本の敗戦に伴い国民党政権と軍が台湾に進出した。

台湾人は当初、「同じ民族」として歓迎した。ところが歓迎は すぐに失望、そして怒りに変わった。国民党の腐敗と暴政が原因だ。

2月28日に、台北市内で警察官が たばこの密売をしていた女性を殴り、怒って集まった群衆に無差別発砲したことが きっかけで台湾全土で国民党政府支部や軍・警察の襲撃が発生した。

国民党側は「話し合いの用意がある」と説明して時間を稼ぎつつ大陸から大規模な軍部隊を呼び、弾圧を始めた。

多くの台湾人が「疑わしい」と思われただけで連行され、裁判なしに処刑された。

台湾政府は現在、犠牲者は最大で2万8000人程度との見解だ。

犠牲者の多くは高等教育を受けており、台湾の将来を真剣に考えるからこそ、政治や社会について意見を言うことがあった人という。

翁家にも保護を求めて やってきた人がいた。建物にある塔には、秘密の通路と部屋があり、そこに22人を かくまったという。

警察がやってきたが、地元の名家なので徹底して探すことを遠慮して引き上げた。

もしも逃げ込んできた人を かくまったことが露見すれば、翁氏一族全体が処刑された可能性が高い。

翁家は、命をかけて台湾にとって有為の人を助けたと言える」などの記述があります。

「中国にやられた戦争、教科書の記述を増やす」ベトナム政府
同記事に「ベトナム政府が第二次世界大戦後に中国との間で発生した戦争の記述を増やす考えだ。

これまでは中国との「微妙な関係」に配慮していたが、生徒らに「伝えるべき情報」と判断したという。

これまで、極めて わずかな記述しかなかった「中国との3回の戦争」の記述を増やす。

1979年に発生した中越戦争では、中国軍がベトナム領内に攻め込んだ。

開戦時にベトナム軍主力はカンボジア方面に出撃しており、中国軍は中越国境地帯の複数個所で国境を越え、大兵力でベトナム軍を圧倒しようとした。

しかし、ベトナム戦争で実戦経験が豊富で、装備も優れていたベトナム軍は、ゆっくりと後退しながらも、中国軍に多大な損害を与えた。

カンボジア方面から引き返してきたベトナム軍主力が戦場の手前で終結を始めると、中国軍は撤退した。戦闘期間は約1か月だった。

なお、中国は この戦争を「対越自衛反撃戦」と呼んでいる。

2つめの戦争は「西沙諸島の戦い」だ。発生したのは中越戦争よりも前の1974年。

当時は中国とベトナム共和国(南ベトナム)がパラセル諸島(中国名:西沙群島)を ほぼ2分して実効支配したが、中国軍が攻めて、ベトナム側を駆逐した。

なお、中国は この戦争を「西沙群島自衛反撃戦」と呼んでいる。

3つめの戦争は「南沙諸島の戦い」だ。

発生したのは1988年。スプラトリー諸島(南沙諸島)のジョンソン南礁(赤瓜礁)で中国海軍とベトナム海軍が勝利して、中国はジョンソン南礁、ファイアリー・クロス礁(永暑礁)、クアテロン礁(華陽礁)、ヒューズ礁(東門礁)、ガベン礁(南薫礁)、渚碧礁を奪取した。

中国では この戦争を「赤瓜礁海戦」と呼んでいるが「南沙自衛反撃戦」の呼称もよく使われている」などの記述があります。

中国,J-20戦闘機の実戦配備で武力による台湾解放が可能に

日本と中国の軍事衝突...想定される3つのパターン

中国が「戦略爆撃機」開発?日米など標的に「空の戦略」転換か

米ステルス機を超長距離から「捕捉・撃破」中国が新兵器発表

房総沖に出現の「中国情報収集船」とは

Y-20の完成で、中国は戦略的空挺部隊の運用が可能に

アメリカと中国が「軍事衝突」したら...「中国は嘉手納を攻撃」

日本人を全面服従させるには「戦争で屈服させる」=中国論評

米国に対するスパイ活動,脅威レベルが高いと指定された国々
同記事に「米国政府は韓国など10か国を「米国に対するスパイ活動を行っている国」のうち、「脅威レベルが もっとも高い国」として指定しているという。

さらに、韓国とともに「脅威レベルが もっとも高い国」として指定している国名は、中国、ロシア、キューバ、イスラエル、イラン、パキスタン、北朝鮮、フランス、ベネズエラ」などの記述があります。

中国海軍、海外基地の設立に意欲か,背景に「世界的 資源戦略」

香港,中国高速鉄道は軍事用か,解放軍駐屯地に臨時停車場

中国が人造カメレオン皮膚を開発 将来的には軍事利用も可能
同記事に「中国の科学者が「人造カメレオン」の開発に成功、将来的には兵士が保護色で身を隠すといった軍事利用も可能になる」などの記述があります。

中国の最新式「地雷」は撤去困難、米軍戦車すら通過は難しい

戦争が勃発したら...中国にとって「三峡ダム」が致命的な弱点に

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


天安門 1989年6月4日 (1)

天安門 1989年6月4日 (2)

天安門 1989年6月4日 (3)

天安門 1989年6月4日 (4)

カタルーニャ独立問題の背景

朝鮮半島を分断する38度線の秘話

人類は暴力と共に進化、ただし現代は例外的

【動画】戦火に苦しむ中央アフリカ、凄惨な現場

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


1989年6月4日、天安門は解放区だった【画像集】

カタルーニャ州、スペインから独立めざす理由は?

ハフィントン ポスト 」サイトより


スコットランドだけではない、ヨーロッパの独立運動 - 1

スコットランドだけではない、ヨーロッパの独立運動 - 2

WIRED.jp 」サイトより


カタルーニャ州政権、住民投票で支持得れば直ちに独立の意向

カタルーニャ、スペインからの独立支持するデモに8万人

カタルーニャ独立に反対、スペイン各地でデモ

カタルーニャ独立投票、警察は投票箱押収や封鎖で強行阻止

カタルーニャ独立投票、賛成派が9割で「勝利」

カタルーニャ住民投票、独立派勝利宣言までの動き

カタルーニャ住民投票、スペイン警察の暴力的対応に国内外から非難

80年で12回...タイ軍司令官「クーデターは もうない」懐疑の声

【図解】タイで過去に起きたクーデター

中国政府は説明を=天安門事件は「暴力的抑圧」-米国務長官

天安門事件から28年、香港で大規模な追悼集会

天安門事件、再評価を=自由、民主の価値強調-台湾総統

台湾軍、離島で軍事演習=中国軍の侵攻想定

台湾、南シナ海に軍艦派遣

台湾が南シナ海に新軍事施設か

台湾が軍事演習、中国による攻撃を想定 中台の緊張高まるなか

パナマ、中国と国交樹立 台湾と断交

台湾、対中政策見直しも=パナマ断交、連鎖を警戒

台湾の議員18人、香港民主化支援団体を創設 中国との対峙で連携

中国の空母艦隊、台湾沖通過し太平洋で初演習へ

台湾の蔡総統、潜水艦の独自建造計画を発表

【図解】南シナ海で各国が領有権を主張する海域

「中国が南シナ海で人工島建設を準備」フィリピンが写真公開

トルコでクーデターか、「全権掌握」と発表 空港周辺に戦車

トルコ、クーデターを鎮圧 265人死亡 軍人2839人を拘束

トルコ、死刑復活を検討へ クーデター未遂受け大統領が表明

カメルーン英語圏が「独立宣言」 治安部隊との衝突で7人死亡

AFPBB News 」サイトより


中国が20か月で造った「砂の長城」の規模 - 1
同記事に「国防総省は、議会への報告書「アジア太平洋海洋安全保障戦略」において、南シナ海における中国の埋め立てという挑発的行動に対抗するための海洋戦略を概説している」

「太平洋艦隊司令官ハリス提督は、中国が「砂の長城」、即ち900エーカーに及ぶ人工島を造成したと警告した。国防総省は今回 新たな詳細を明 らかにした。

埋め立ては2013年12月に始まったが、2015年6月の時点で2900エーカー以上の埋め立てを行った。

ベトナム、マレーシア、フィリピン及び 台湾も埋め立てを行っているが、中国が行っていることに比べれば、取るに足らない規模である。

「中国は他の全ての関係国が過去40年間に行ったことの合計の17倍の埋め立てを20か月で成し遂げた」と報告書は述べている。

もし、これらの島が港湾施設と空港を持つ軍事施設に転換されるならば、中国は その海洋に対する主張を固めることになる。

これは海洋の自由の擁護を 誓約している米国にとって深刻な挑戦となる。

中国の主張は「九点線」に拠っているが、人工島の造成によって中国は「南シナ海において より強固な軍事力の投射能力のためのプレゼンスを確立する」と報告書は警告している。

中国は紛争地域の効果的支配を強めるため沿岸警備隊によって少しずつ事を進め、海軍は後景に退いて待機していると報告書は指摘している」などの記述があります。

中国が20か月で造った「砂の長城」の規模 - 2

WEDGE Infinity (ウェッジ) 」サイトより


中国の新しい潜水艦エンジンが水中での戦いに革命を起こす

中国によるハッキングに米国が報復を決意、第2の冷戦到来か

戦争が終わって100年経っても人間が住めない場所

アメリカの砂漠に点在する「X」型の謎の構造物の正体は?

ダイヤモンドより、モアッサン石が宝石として優れている理由

不平等は「暴力」によって解消される
同記事に「社会を平等するための大惨事には「大衆動員もしくは交戦状態」「変化を起こす力を持った革命」「国の崩壊」「疫病」という「4人の騎手」が存在するとのこと。

「大衆動員による不平等の解消」は第2次世界大戦でも起こりました。

第2次世界大戦には多くの国々が巻き込まれ、人々の不平等が一様に、かつ大きく減少したのです。

戦場となったヨーロッパ各国や日本は もちろんのこと、アメリカでは税金が増し、戦争をサポートすべく経済は国家からの干渉を大きく受けるとことになりました。

そして これが労働者に利益をもたらすと共に上位1%の お金持ちに損害を与え、富の再配分が実現されたのです」などの記述があります。

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより



豪、通商・軍事の要衝,ダーウィン港を中国が99年間租借へ - 1

豪、通商・軍事の要衝,ダーウィン港を中国が99年間租借へ - 2

豪、通商・軍事の要衝,ダーウィン港を中国が99年間租借へ - 3

豪、通商・軍事の要衝,ダーウィン港を中国が99年間租借へ - 4

JBpress (日本ビジネス プレス) 」サイトより


「オーストラリアに浸透する中国のスパイ」亡命外交官
同記事に「2005年にシドニーの中国領事館から出て、オーストラリアに亡命を願い出、受理された元中国人外交官、チェン・ヨンリン氏は、当時にも、「オーストラリア国内に中国人スパイが1000人はいる」と語った。

それから11年、チェン氏は口を開き、「オーストラリア国内にいる中国のスパイやエージェントの数は増えている、と警告している」

「現在も中国政府のスパイは着実に増えてきている。

10年経って、中国政府は世界でも もっとも豊かな政府になっており、金もある。スパイを増やす金も十分にある」と語っている。

「スパイの大部分は本職を持ち、片手間に小さな情報を本国政府に送ることをしている。

この10年間、オーストラリアに対する北京政府の影響力に懸念を感じている。

昨年、ダーウィン港の99年運営権を中国企業のランドブリッジに与えたことは まったく愚かなことだ。ダーウィン港は戦略的要衝であり、北の防衛拠点なのだが」と語っている」などの記述があります。

オーストラリア生活情報サイト NICHIGO ONLINE 」より


中国企業が豪州の港湾賃借権を取得、豪国防軍が警戒感

<マレーシア機不明>中国の「救援船」が豪州の軍事情報盗む
同記事に「2016年9月23日、豪紙オーストラリアンによると、2014年に行方不明となったマレーシア航空MH370便のものとみられる残がいの発見について、オーストラリアの安全保障専門家は、中国政府が派遣している「救援船」は実際には捜索活動を行わず、「オーストラリアの軍事行動を密かに監視している可能性が高い」と指摘した」

「中国の救援船の船長と船員は「オーストラリアと国際専門家が交流する機会を利用し、西側の海洋捜査技術や設備に関する情報を入手している」とみられる。

同紙は今月始め、中国の救援船がオーストラリア西部の沿岸都市フリーマントルに入港。約7か月間にわたって滞在したが「ほとんど捜索活動は行わなかった」と伝えていた。

中国船は その後、「天候の悪化」を理由に しばらくオーストラリアを離れ、インド洋南部などで捜索活動を行っていたとされる」などの記述があります。

豪州国民が考える「アジアの最も良い友人」は中国

豪州は中国に依存しすぎ、経済的にも政治的にも危険

中国から豪州への政治献金拡大,「政策に影響も」懸念

レコード チャイナ 」サイトより


【関連記事】


移民政策

海洋汚染の世界地図



公海に浮かぶ「独立国家」の建設計画 - 1
同記事に「シリコンバレーの資産家たちが、国際水域に大型の海上住居施設を建設し、永続的な準独立国家を建設しようとしている」

「『海上住宅研究所』は、こうした住宅を多数建造して、公海に都市国家を建設することを計画している。

米国および190余りの国は陸に固定されているが、そういった国に あなたは飽きていないだろうか?」

「グローバルな市民権を獲得する新しい選択肢ができるだろう。国際水域に浮かぶ、永続的な準独立国家に住めるのだ」などの記述があります。

公海に浮かぶ「独立国家」の建設計画 - 2

WIRED.jp 」サイトより


The Seasteading Institute 」サイト (英語)



40年間、時が止まったままのゴーストタウン バローシャ

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


世界各国の政変とフェイスブック
チュニジアやエジプトの政変に大きな役割を果たしたとされるフェイスブック。

Facebook利用者の つながりを可視化した世界地図。
(中国やロシアが暗いなど興味深い)

フェイスブックの世界地図

[ 出典 ] Visualizing Friendships | Facebook (英語)

Facebook 」サイトより (英語)



「リアルタイムのツイート」が またたく世界地図

WIRED.jp 」サイトより


Tweet ping 」サイト (英語)


兵器(核兵器・化学兵器・生物兵器)の世界地図(アジア・中東・ヨーロッパ・アフリカ)

兵器の分布地図


兵器(核兵器・化学兵器・生物兵器)の世界地図(北米・中南米)
兵器の分布地図(北米・中南米)

[ 出典 ] The Global Proliferation Status Map ( PDF:790.12KB 英語)

Carnegie Endowment for International Peace 」サイトより (英語)


【兵器・戦争 関連情報サイト】


核兵器

ノドン

BM-25(ノドンB、ムスダン)

テポドン1

テポドン2

Weapons School 」サイトより


世界の核兵器

社会実情データ図録 Honkawa Data Tribune 」サイトより


Current Worldwide Military Expenditure (英語)
(世界の軍事費のGDPに占める割合)
ChartsBin.com 」サイトより (英語)


戦争が「起きる地域」と「起きない地域」の違い

核に代わる人工知能の軍事利用,米中露3国の開発レースの現状

米国防総省は戦争の未来を、ゲーム会社とつくろうとしている

「核ミサイル発射の誤報」から世界を救ったソ連将校、静かな死

WIRED.jp 」サイトより


使いやすい小型ステルス核爆弾を米国が続々配備へ

最新の長距離巡航ステルス亜音速ミサイル

米海軍最凶レールガンが一般公開

謎の超音波兵器?脳にダメージを受けるというレポートが流出

米史上最高、政府職員2210万人の情報ハック。中国の仕業

これからの軍事用ドローンは、空からハッキングもします

ギズモード・ジャパン 」サイトより


中国とロシアを「安全保障 脅かす国」に、米国家軍事戦略

日本海でロシア軍機が米空母に接近、米機が緊急発進

ロシアが軍事的「勢力範囲」の構築を推進、NATO事務総長

ロシアの軍事費、経済制裁下で世界第3位に 前年比5.9%増

ロシア発の「ボット」 世界政治に多大な影響 - 1

ロシア発の「ボット」 世界政治に多大な影響 - 2

露テレビ、核魚雷計画の機密文書を誤放送
同記事に「ロシア政府は、核魚雷開発計画の詳細を記した機密文書が、誤って露テレビで放送されてしまった事実を認めた。

ともに政府系のNTVと第1チャンネル(Channel One)が放映した映像には、サンクトペテルブルク(St. Petersburg)を拠点とする原子力潜水艦製造企業ルビン(Rubin)が設計した兵器システム「Status-6」の図や詳細を含む機密文書に、軍当局者が目を通す様子が写されている。

数秒にわたって はっきりと映った文書には、潜水艦から発射される核魚雷によって「広範囲が放射能に汚染され、長期間にわたって軍事・経済活動には不適格となる」との記述があった」などの記述があります。

世界の武器取引、直近5年は冷戦後最大 中東・アジアで輸入増

【図解】膨張続ける中国の国防費

中国、西沙諸島への「兵器」配備認める

中国、人工島に高周波レーダー建設か 米CSIS

2隻目の空母建造、中国 国防省発表

米、中国企業を刑事訴追 北の核開発支援の疑い

中国、北朝鮮からの石炭輸入急増 国際社会の制裁よそに

中国海軍、ジブチに軍事拠点建設へ

中国軍、初の海外拠点=ジブチ基地の運用開始

【図解】日中など6か国の軍事力比較

中国 国防白書、空海の軍事力拡大を打ち出す

中国が軍事パレード開催へ,「日本を震え上がらせるため」 報道
同記事に「パレード開催の理由の一つは「日本を震え上がらせ、戦後の世界秩序を維持する中国の断固とした決意を世界に向けて宣言すること」だという」などの記述があります。

韓国軍将校、中国に軍事機密漏えいか スパイ容疑で拘束

台湾ミサイル誤射、漁船を直撃 1人死亡

台湾海軍、対艦ミサイル1発を中国に向け誤発射

インド、人工衛星104基を一度に打ち上げ 史上最多記録

中国の軍事技術、西側と「ほぼ同等」に近づく 英報告書

英政府が核ミサイル試験失敗を隠ぺいか、計画更新の採決直前

クラスター爆弾、米唯一のメーカーが製造中止 受注減少で

ロシア、原子力砕氷船「シビーリ」を進水

AFPBB News 」サイトより


ロシアが核弾頭を搭載の新型魚雷を開発中

米軍は多くの軍用機にレーザー兵器の搭載を狙っている

強烈な電磁パルスで電子機器や兵器を破壊する「Phaser」

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


最大リスクは軍事衝突、中国世論、6割超が日中衝突は起こる

中国軍機11機が宮古海峡に飛来、過去とは異なる動きと警戒

2020年には中国が南シナ海全域を支配へ,米太平洋軍が懸念

2014年のアジアは第一次世界大戦前の欧州に類似

世界の軍事支出が激増、アジア・太平洋地域で顕著

中国によるロシア製兵器の購入額が急増、80億ドル突破

インドネシア、南シナ海で軍事基地建設計画

日中間の対立激化が世界戦争の引き金に

中国機の領空侵犯、自衛隊機の緊急発進増える

米軍が中国領内に侵入すれば、中国は攻撃も、中国軍 専門家

最新鋭戦闘機J−20の新機体を確認、量産体制に入った可能性も

中国が西沙諸島に地対空ミサイル配備

中国が南シナ海の西沙諸島に戦闘機を配備

<南シナ海>中国人の人工島は軍事目的、米諜報機関が解明

中国が南シナ海で行う「巧妙な戦略」とは?

中国の武器輸出がアジア諸国を中心に5年で倍増

中国製品を買えば国家安全保障の脅威に、米大学教授が警告
同記事に「中国製品を購入すれば、その利益は回り回って米本土を脅かす中国軍の兵器に化ける」などの記述があります。

中国政府、軍事費大幅引き上げを発表、2桁の伸び続く

米国の兵器輸出額は400億ドル、中国の輸出額は前年から倍増

中国が世界最高速の超音速機の開発に着手 - 米メディア

米国が中国に報復的サイバー攻撃や経済制裁を検討

中国保有の弾道ミサイルは1500~2000発、核弾頭は数百発

中国は核兵器システムを輸出。核拡散行為は米国の制裁を招く

中国の原発技術、先進国に続々輸出へ

中国,謎の試験衛星を打ち上げ,英軍事メディアは軍事目的と推測

高速鉄道は中国の「最新秘密兵器」、軍事力を迅速に移動

中国初の海外軍事基地がジブチで着工、軍拡に懸念の声

中国がジブチに続く新たな海外軍事基地建設を計画か

英国の離脱後にEUが対中兵器輸出を解禁か

韓国、2020年までに武器輸出で世界7位を目指す

韓国、2020年に中国追い抜きアジア最大の武器輸出国に

韓国空軍の戦闘機、北朝鮮のミサイルに なすすべなし

韓国海軍関係者の軍事機密漏えい問題で謝罪

進む自主開発、成長を遂げる韓国の武器産業

韓国陸軍が国内最大の室内軍事訓練センターを正式稼働

韓国,新型地対空誘導ミサイル「天弓」の試射に成功,量産も

韓国で軍事機密情報の漏えいが多発、SNS普及が国の危機招く

中国,世界4位の武器輸出国に,世界の先進兵器クラブの仲間入り

中国,兵器輸出大国として台頭,東南アジアの軍事バランスに影響

中国、武器輸入額が世界5位から3位へ

中国の海軍力が年内に日本を追い抜く

対潜能力を強化、中国海軍の新型「潜水艦キラー」が就役

中国、経済成長はスローダウンも軍事費急増は止まらず

未来の戦場はアジアの都市,殺人ロボットの活用を視野に

アジア版クリミア危機は起こりうる,米国は日本を守り切れるか
同記事に「ロシアのクリミア併合のような事態はアジアでも十分考えられることだと指摘。もし本当に日中が衝突したらどうするのか、日本が希望するように米国は日本を支持できるのか」などの記述があります。

たった一つのアクシデントでアジアに戦争が起きる可能性も

中国は50年以内に6回の戦争をする、1回目は...
同記事に「中国は国家統一と国家の尊厳を守るため、今後50年で6回の戦争をしなければならない。1回目は台湾統一戦争で、2020年から2025年の間に起こる。中国は台湾に対して、2025年を最終期限とする平和的統一を宣言。台湾が これに従わなければ武力統一あるのみだ」

「2回目は南シナ海の諸島奪還戦争」

「3回目はインドとの南チベット奪還戦争」

「4回目は尖閣諸島と琉球奪還戦争」

「5回目はモンゴル統一戦争」

「6回目はロシアとの領土奪還戦争」などの記述があります。

インドが中印国境周辺で米国と軍事演習、中国の反発は必至

中国軍が尖閣近海の島に建設中の離着陸場は10か所

世界で一番兵器を輸入している国とは?

集団的自衛権の発動は「危険がないと判断できない時」

私たちは台湾人!独立志向が増加=世論調査で明らかに

台湾が、中国による侵攻を想定した軍事演習を実施

2014年は1914年の再演?

中国海軍の兵器建造は日本を超越

72時間以内に日本を壊滅状態に、中国の新しい原子力潜水艦

中国の新空母は海南省に配備か、日本のシーレーンを容易に寸断

世界最大の海上警察部隊建設を進める中国

モルディブ議会が外国人の土地購入認める法案をスピード可決

中国がモルディブに港湾整備か=インド メディアが懸念示す

中国企業が豪州の港湾賃借権を取得、豪国防軍が警戒感

北朝鮮の核兵器、開発費は国民1年半分の食糧に相当

北朝鮮の核兵器開発を支援か、中国の女性実業家「馬暁紅」とは

北朝鮮が仕掛けるハニートラップ、韓国でスパイ暗躍

今後20年間に大規模な核戦争が起きる確率は?

レコード チャイナ 」サイトより


北朝鮮がウラン精製施設を改修、核兵器増産を準備か=報告書

想定上回る北朝鮮のミサイル開発、日本は現状「迎撃困難」

ロイター.co.jp 」サイトより


【関連記事】


資源分布の世界地図



核戦争を間一髪で回避。太陽磁気嵐による軍事システム ダウン

冷戦時代の核実験、宇宙気象に影響を及ぼしていたことが判明

イギリスの人工衛星を うっかり核攻撃、アメリカの宇宙黒歴史

潜水艦の無線通信が、宇宙に地球シールドを作り出していた

ギズモード・ジャパン 」サイトより


中国の宇宙開発力が着実に増強、米軍事通信を脅かす存在に

レコード チャイナ 」サイトより


米で「宇宙軍」に向けた動き、下院が創設条項含む法案を可決

AFPBB News 」サイトより


成層圏をレンズ化し対空レーザーを反射「Atmospheric Lens」

北朝鮮ミサイル実験の遍歴を立体的に把握できるサイト

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


【関連記事】


宇宙放射線・地磁気



韓国の核物質生産の謎

ロシアで今も働く自動核報復システム「死の手」

原水爆禁止 日本国民会議 (原水禁) 」サイトより


Ilyushin Il-80 (英語)

Boeing E-4 (英語)

Wikipedia 」サイトより (英語)


韓国への核兵器配備「韓国大統領府の要望」米専門家が発言

米専門家「韓国は5年以内に数十個の核兵器製造が可能」

北朝鮮が核兵器を駆使し7日で韓国を掌握する新作戦を策定

北朝鮮が核施設でプルトニウム抽出準備を始めた可能性を指摘

中国企業が北朝鮮の核開発支援か、米中両国が摘発へ

北朝鮮の核開発に中国企業が関与=米韓の指摘に中国が現状説明

核大国への道を進む中国

中国、核兵器庫を こっそり拡充=影響を受けるのは日本

北朝鮮が電磁パルス兵器を開発か=韓国全土を瞬時に停電可能に

ソウル地下鉄、列車制御システムがウイルスに感染するも放置

韓国の原発管理企業にハッキングか、原発設計図などが流出

韓国で原発内部資料が相次いでネット流出

韓国の原発関連情報が またも流出、犯人は稼働停止を要求

韓国の原発に「新たな攻撃」、ハッカーが予告
同記事に「韓国の原子力発電所を管理する企業、韓国水力原子力の内部文書が流出した。

ハッキングによって盗まれた可能性もあり、サイバー攻撃により原発の運営そのものにトラブルが出る可能性も懸念されている。

ハッキングしたと主張しているネットユーザー「反原発集団」は、「新たな破壊」を行うと予告している」などの記述があります。

韓国で原発資料が外部流出,組織が北朝鮮等への販売ちらつかす

韓国の古都を襲った地震、原発だけでなくTHAADの心配も

世界が保有する核弾頭1万5395発、中国は260発

英国政府が原発事業への中国の参加を拒絶、安全保障上の懸念

ベルギーのテロ犯、原発もターゲットか

レコード チャイナ 」サイトより


韓国の原発、コンピュータ ウイルスを仕掛けられる

アメリカ、北朝鮮の核施設をウイルス攻撃!...失敗に終わる

ウクライナの停電はマルウェアによるサイバー攻撃だった

「電力」をサイバー攻撃から守れるのか?

中国、南シナ海上に浮かぶ「動く原発」を建設か

ギズモード・ジャパン 」サイトより


韓国原発がハッキングを受け、内部システムからウイルスが発見

ドイツの原子力発電所のコンピューターからウイルスが発見

アメリカの原子力発電所がサイバー攻撃に晒されている

サイバー攻撃が原子力発電所に混乱を もたらしていた

CrashOverRideは世界中の電力網に障害を起こす潜在的危険性

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


原発は「サイバー攻撃」に曝されている:英シンクタンク報告

韓国の原発情報流出:攻撃の発信元は中国の瀋陽か - 1

韓国の原発情報流出:攻撃の発信元は中国の瀋陽か - 2

「韓国の原発運営会社を,北朝鮮がサイバー攻撃」韓国が報告書
同記事に「韓国当局は、北朝鮮が韓国水力原子力発電株式会社(KHNP)にサイバー攻撃を実行したとする報告書を発表した。

2014年12月以来、6回にわたって さまざまな盗難データが投稿されており、脅迫と100億ドルの要求も行われている」などの記述があります。

核施設を狙ったサイバー攻撃『Stuxnet』の全貌 1

核施設を狙ったサイバー攻撃『Stuxnet』の全貌 2

脱北者が語る、北朝鮮サイバー部隊の「本当の脅威」
同記事に「北朝鮮が擁するハッカーたちは、電力インフラやセキュリティ インフラの破壊、さらには都市の破壊さえも可能だ」

「北朝鮮のサイバー攻撃機関は著しく規模が拡大しており、いまでは約6000人が従事しています」

「北朝鮮が2010年にイランの核燃料施設の遠心分離機を機能不全にしたウイルス「スタックスネット」に似た、原子力施設などのインフラを標的にできる独自のウイルスを開発している」

「このウイルスは、理論的には「都市を破壊」することもできるという。現時点では まだ理論的な脅威だが、こうした北朝鮮のサイバー攻撃について、他国は検討する必要があるだろう」などの記述があります。

北朝鮮のハッカーが、世界中でサイバー攻撃をする合理的な理由

米原発制御システムへのハッキング攻撃が発覚

フランスの13原発に、正体不明のドローン接近

WIRED.jp 」サイトより


日本の原発はテロに対する防御が甘すぎる - 1

日本の原発はテロに対する防御が甘すぎる - 2

日本の原発はテロに対する防御が甘すぎる - 3

日本の原発はテロに対する防御が甘すぎる - 4

東洋経済オンライン 」サイトより


原発の軍事的 安全対策を急げ テロとミサイルに狙われる原発

JBpress (日本ビジネスプレス) 」サイトより


仏原発に また謎の無人機、東部のビュジェ原発

ベルギー核施設の警備関係者射殺,テロとの関連を否定 検察当局

AFPBB News 」サイトより


中国、南シナ海に海上浮動式の「動く原発」建設

ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より


中国、南シナ海で海上浮動式の原発建設へ

ロイター.co.jp 」サイトより



【図解】世界の核兵器保有国

【図解】各国の保有核弾頭数

【図解】各国の核物質安全指数

サイバー攻撃で核の大惨事の恐れも、米露の元軍指揮官ら警告

欧米で再び大規模サイバー攻撃、企業などに被害

ISのノートPC型爆弾開発、イスラエルのハッキングで発覚

北朝鮮、「核弾頭の小型化に成功」と発表

北朝鮮の金 第1書記、水爆保有に言及

金 第1書記、核兵器発射準備を命令

北朝鮮、核弾頭の実験爆発に「成功」 ミサイル搭載可能と発表

金正恩氏、核弾頭小型化に成功と発言

金正恩氏、「さらなる核実験」命令 北朝鮮国営通信

北朝鮮、核実験の早期実施を宣言 再突入実験に成功と発表

北朝鮮保有の核兵器、21個に増加の可能性 米シンクタンク

韓国も核武装するべき、与党院内代表が国会で演説

北朝鮮の水爆実験発表、専門家は懐疑的

北朝鮮、プルトニウム生産炉を再稼働 米分析

北朝鮮の核施設から煙、プルトニウム抽出か

北朝鮮の核兵器、2020年までに100発保有も 米専門家

北朝鮮が6回目の核実験か、2度の揺れ観測

水爆実験に「完全に成功」 北朝鮮が発表

北朝鮮、化学兵器5000トン保有か

兵器輸出、中国が英国抜き世界5位に

世界の兵器輸入、アジア諸国がトップを独占

インドの兵器輸入、中国・パキスタンの3倍

中国、インド、パキスタンが核弾頭増やす

ニジェールの仏ウラン加工施設などに爆弾攻撃

【図解】アフリカのイスラム過激派組織

【図解】イランの核関連施設

IAEA事務局長、「核テロ」脅威への油断に警鐘鳴らす

「核テロの可能性 排除できない」IAEA事務局長

「都市に核攻撃」、避難指針を米科学者が提言

【図解】日中の軍事力比較

中国との領土争い、武力衝突の不安がアジアで増加

【図解】朝鮮半島における各国の軍事力

【図解】朝鮮半島の軍事バランス

【図解】南シナ海の領有権問題

【図解】北朝鮮のミサイル

韓国、新型弾道ミサイルを試験発射 北朝鮮全土を射程

米軍、核兵器運用に今も8インチフロッピー使用

米空軍の核ミサイル基地要員に薬物疑惑、14人が職務停止

米で あわや水爆爆発、1961年に爆撃機の事故で

今も残る核兵器事故の危険 -

今も残る核兵器事故の危険 - 2

今も残る核兵器事故の危険 - 3

英核ミサイル原潜に「いずれ大災厄」、告発した水兵を拘束

極超音速兵器「AHW」の試験失敗、直後に自爆措置

ブラジルで潜水艦 造船所の開所式、原潜1隻含む5隻を建造へ

3Dプリント革命で激変する戦争と外交政策 - 1

3Dプリント革命で激変する戦争と外交政策 - 2

3Dプリント革命で激変する戦争と外交政策 - 3

AFPBB News 」サイトより


「核爆発時の最適な避難方法」を数学者が計算

ちょうど70年前、ビキニ環礁の核実験で起きたこと

20年間「00000000」のままだった核ミサイル発射コード

米国の「全世界即時攻撃」計画と、「核戦争の危険性」

あまりにも簡単に旅客機を撃墜できる,ロシア地対空ミサイル1

あまりにも簡単に旅客機を撃墜できる,ロシア地対空ミサイル2

北朝鮮のサイバー戦力と核技術が大幅に増強されている

核施設を狙ったサイバー攻撃『Stuxnet』の全貌 1

核施設を狙ったサイバー攻撃『Stuxnet』の全貌 2

南アフリカ核施設を武装集団が襲撃

脱北者が語る、北朝鮮サイバー部隊の「本当の脅威」
同記事に「北朝鮮が擁するハッカーたちは、電力インフラやセキュリティ インフラの破壊、さらには都市の破壊さえも可能だ」

「北朝鮮のサイバー攻撃機関は著しく規模が拡大しており、いまでは約6000人が従事しています」

「北朝鮮が2010年にイランの核燃料施設の遠心分離機を機能不全にしたウイルス「スタックスネット」に似た、原子力施設などのインフラを標的にできる独自のウイルスを開発している」

「このウイルスは、理論的には「都市を破壊」することもできるという。現時点では まだ理論的な脅威だが、こうした北朝鮮のサイバー攻撃について、他国は検討する必要があるだろう」などの記述があります。

世界の石油供給、5大「急所」 - 攻撃されれば国際経済が危機に

人工知能は「第2の核兵器」になるかもしれない

米国、武装ドローン輸出を促進へ:2つの原則

ありうべき「娯楽用ドローンによるテロ」警告

「脳に出血、多数が死亡」:クジラに致命的な米軍の強力ソナー

米陸軍、1年半以内の「透明スーツ」開発を目指す

人類は なぜ文化的に進化したのか。鍵は男性ホルモンの低下 - 1
同記事に「人類が文化的に発展するには、協力的であることが必要だった。そして、人類が協力的であるためには、男性ホルモンが大きく関わっている」

「このような文化的開花の鍵となったのは、社会が より女性的に、協力的になることで、そのため男性ホルモンの一種であるテストステロン値の低い個体が選ばれてきたのではないか。

そんな驚くべき研究結果が、米ユタ大学とデューク大学により発表された」などの記述があります。

人類は なぜ文化的に進化したのか。鍵は男性ホルモンの低下 - 2
同記事に「論文の筆頭者となったユタ大学の大学院生であるロバート・シエリ氏に言わせると、それは人類が「親切で忍耐強く、協力的になること」だ。

「技術的なイノヴェイションや、アートの制作、迅速な文化交易などに対する現代的行動がみられるようになったのは、ヒトの気性が和らぎ協力的になったのと、おそらく同時期でしょう」

そう話すシエリは、デューク大学の学生時代から、古代人と現代人あわせて1,400もの頭蓋骨を分析してきた。彼は8万年以前の化石から13の頭蓋骨を、3.8~1万年前からは41の頭蓋骨を、そして20世紀の現代人からは30の異なる民族1367の頭蓋骨サンプルを比較した。

すると興味深いことに、古代人と比べて現代人の眉弓は平たくなり、顔は縦に縮まり丸みを帯びるといった、テストステロンの低下によるものと思われる解剖学的変化が起こっていた。

一般的に、男性ホルモンの一種であるテストステロンの低下は、人間の闘争本能や孤独願望を下げ、親切で協力的になることと関連している。

「ヒトの化石をみると、現代的行動を取るようになった あとの時代は、女性的な顔つきをもつ個体が多くみられるんです。

平均的な古代人と現代人の頭蓋骨の違いは、テストステロン値の強い人と弱い人の違いに似ています」

「デューク大学の動物認知学の研究者であるブライアン・ヘアとジングズィ・タン両氏によると、テストステロン値と頭蓋骨の変化の関係は、動物では よくみられる現象だという。


例えば、シベリアキツネの選抜育種の例がある。

人間の好みで、気短かではなく、攻撃的ではない個体を選んで交配させていくうちに、シベリアキツネは20~40世代で あどけない風貌をもつようになり、幼いふるまいをするようになった。

変化が起こったのはシベリアキツネの性質だけではない。世代を重ねるにつれ、オスとメスの犬歯の性差が小さくなり、オスの頭蓋骨が縦に短く横に広く変化した。

つまり、気性の激しい個体を除外し交配することで、オスの顔立ちはメスのように変わっていったのだ」などの記述があります。

人類は なぜ文化的に進化したのか。鍵は男性ホルモンの低下 - 3
同記事に「また、霊長類の中でもヒトに最も近縁である好戦的なチンパンジーと平和主義のボノボをみても、同様の変化が認められるという。

チンパンジーはオスが主導権を握る力社会で、テストステロン値が高く、喧嘩が多い」

「社会的摩擦の少ないボノボは、テストステロン値が低く、雌雄の性差も小さいそうだ。両者には、社会的なものの他にも違いはある。

チンパンジーのオスは年頃になるとテストステロン値が上昇するが、ボノボのオスには それがない。

また、ストレスを感じると、チンパンジーのテストステロン値は上がるのに対し、ボノボの場合はストレス ホルモンであるコルチゾールが生成されるのだという。

そして、やはりチンパンジーとボノボの間には、眉弓において決定的な差がある。研究者によると、眼窩上隆起のあるボノボは滅多にいない」

「人間社会というものは、甚大なるストレスを生み出す場所でもある。

ヒトもまた、理想の社会を形成するにあたり、何万年もかけてテストステロン値の低い、より協力的で忍耐力のある個体を選んできたのだろうか。

しかし もし そうだったとしても、これが文化的イノヴェイションを促すのなら、男性が"女性化"を悲嘆することはないだろう」などの記述があります。

銃はテロの約1000倍の人を殺している:米国

「戦いは人間の本質ではなかった」:研究結果

1万年前の「虐殺」は人類の戦争の起源か

「全身・兵器」シャコ同士の巣争いは、実は「情報戦」

WIRED.jp 」サイトより


チームを成功に導くのは高テストステロンと低コルチゾール

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


動物たちも「戦争」をするのか?

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


男性ホルモン「テストステロン」、なければ寿命延びる?

厨房でのいじめに「ノン」、声上げる仏一流シェフたち - 1
同記事に「厨房で暴力が横行していることについてピネラバルース氏は、料理人たちは かなり若く、厨房は「非常に男くさい場所」だと述べた。「そこでは料理人たちの昇進争いがある。一番上に立つシェフたちが厨房にいない場合が増えており、二番目に立つ料理人が厨房を支配し、誰がボスなのかを見せつけようとする。男性ホルモン的な問題だ」などの記述があります。

交尾で雌バエが凶暴化、「性ペプチド」に起因か

AFPBB News 」サイトより


男性ホルモンは攻撃的なセリフを言うだけで上昇する
同記事に「演技だけでも、テストステロンが湧いてくる。

男性ホルモンのひとつテストステロンは、攻撃的な行動に関係していることが知られてきました。新たな研究で、テストステロンと攻撃的な行動の関係は双方向だということがわかりました。

つまり、テストステロンの分泌によって攻撃的になるだけではなく、攻撃的な行動をとることによってテストステロンが分泌される、ということです。しかもそれは、男性でも女性でも同じように起こる。

テストステロンが分泌されることで、男性には髭が生えたり、思春期に声が低くなったりしています。

かつて数十年間、科学者たちはテストステロンとは男性のホルモンであることを疑っていませんでした。テストステロンは、成人男性において高い値を示すものだからです。

でも最近の研究では、もっと複雑な事情がわかりました。テストステロンは成人女性の体にも存在していて、それは女性の健康や性生活にとって非常に重要らしいのです。

ではどうして、男性の方に多く存在するのでしょうか?

それは素朴な疑問ですが、今まで きちんと問いかけた人はいませんでした。が、ミシガン大学アナーバー校の心理学者、Sari van Anders氏の率いるチームが興味深い実験を行いました。

van Anders氏は、社会的要因がホルモンに与える影響を研究してきた人物です。

彼女たちは、「男性らしさ」とか「女性らしさ」といった社会の圧力がホルモンに影響を与えうるかどうかを解明しようとしたのです。

つまり、男性らしい、または女性らしい行動が、テストステロンの分泌量に差を生み出すかどうかということです。

そこで彼女たちは、攻撃的に ふるまうだけで脳内物質の分泌状況を変えられるかどうかを実験しました」

「この実験では、「男性らしく」振る舞うことが影響するかどうかを調べるため、俳優たちはステレオタイプな男性や女性として振る舞うよう指示されました。でも男性らしさ・女性らしさの差は無視できる程度でした。

つまり、テストステロンに大きく影響したのは、力を振りかざすような態度だったのです。

つまり、攻撃的に振る舞うとテストステロンレベルが高くなり、そのときだけでなく全体的に攻撃的になるかもしれないということです。

行動を攻撃的にすることで、感覚も攻撃的になる」

「成人男性は、闘争的で他人に力を振りかざすことを男性に奨励する文化の中にいることで、テストステロンが高くなっているのではないか」と示唆しています。

つまり男の子が「男らしくしろ」と言われて攻撃的・闘争的な態度をとっていたら、彼の行動が徐々に脳内のテストステロン値を高めていくのです。

逆に女の子が衝突を避けて優しくしなさいと言われて育てば、テストステロンのレベルが低くなるかもしれません」などの記述があります。

米国のビザ、Facebookへの投稿内容も審査してる?
同記事に「銃乱射事件とFacebookでの発言の関連性を受けて、米国土安全保障省は、現在のパイロット プログラムを強化し、正式な審査プロセスへと組み込む検討を開始。

プライバシーや人権の保護は尊重しつつも、ソーシャル メディアを活用する、新たなビザ審査システムの確立が目指されている」

「単に一般に広く公開されている情報のみならず、FacebookやTwitterに内部情報の提供を求める踏み込んだ審査の可能性まで指摘されています」

「ソーシャルメディアが実生活に及ぼす影響は、ますます深刻なものになってきている」などの記述があります。

ニワトリの卵巣発達には男性ホルモンが重要

ギズモード・ジャパン 」サイトより


【関連記事】


世界の治安・安全情報

平均寿命の世界地図

徴兵制度の世界地図



日本の周辺には核兵器保有国をはじめ生物兵器、化学兵器やミサイルなどの通常兵器の保有国があり、それらを日本の領土に照準を向けている国が複数存在します。

また、核実験を強行する国や軍事的な挑発行為や威嚇を行う国も存在します。

※中国は1964年の東京五輪の開催期間中に大気圏内で初の原爆実験を実施。

中国の核実験による放射性物質(死の灰)は黄砂とともに日本にも襲来しています。


【関連記事】


黄砂汚染の地図
(黄砂に含まれる放射性物質や中国の核実験に関する話題も)


化学兵器の海洋投棄
Sea-dumped chemical munitions (英語)

HELCOM 」サイトより (英語)


US Dumping Chemical Weapons into Oceans (英語)

The Hollywood Liberal 」サイトより (英語)


Chemical Weapon Munitions Dumped at Sea (英語)

James Martin Center for Nonproliferation Studies 」サイトより (英語)


軍事用化学兵器が海へ投棄された場所が分かる「CWMDS」

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


Chemical Weapon Munitions Dumped at Sea 」サイト (英語)


【関連記事】


海洋汚染の世界地図



世界の化学兵器、90%廃棄 国際機関

ISに化学兵器の製造能力と使用例、欧米へ密輸の恐れ

化学兵器対策にシロガラシ、使用の証拠や汚染除去に

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


食糧自給率の世界地図


【核実験・関連情報サイト】


1945-1998/2053 - nuclear explosions conducted. (英語)
(1945年から1998年までに世界で行われた2053回の核実験の場所,国名,実施年月を動画で閲覧可能)

CTBTO Preparatory Commission 」サイトより (英語)


Trinity(動画)
(核実験が実施された場所や爆発規模を地図上で時系列で表示)

Vimeo - (Orbital Mechanics) 」より (動画)


ルニット ドームが いよいよリーク

ギズモード・ジャパン 」サイトより


解明続く ビキニ事件

ヒロシマ平和メディアセンター 」サイトより


ビキニの「死の灰」、世界122か所に降った 米が観測
※1954年3~5月にビキニ環礁で実施した「6回の核実験」による各観測所の死の灰の降灰量に応じた、放射能等値線の世界地図。

※ハワイやフィリピン、インドネシア、そして北米、中南米の一部地域で、特に汚染度が高いことが分かります。

朝日新聞デジタル 」サイトより



※米国はビキニ環礁周辺で1946から1958年にかけて、67回(総爆発威力108Mt)の核実験を実施。(108Mt=19年間、広島型原爆が毎日爆発に相当)

※汚染地図は ビキニで実施された67回の核実験のうち、最初の6回分であることに留意したい。



3F爆弾
(3F爆弾とは、水素爆弾(水爆)の外殻にウラン(U238またはU235)を用いた核兵器。核分裂(fission)→核融合(fusion)→核分裂(fission)と3段階の核反応を経る)

同記事に「3F爆弾は汚い水爆と呼ばれる事がある。3F爆弾では外殻の大量のウランが核分裂を起こして多くの放射性物質を作り出し、また核分裂しなかったウランもあり、それらが爆発によって四散し、広大な範囲に放射能汚染を引き起こすためである」などの記述があります。

Wikipedia 」サイトより


マリオン島を巡るミステリー,謎の雲と謎の核爆発を結ぶ点と線

Newsline Group 」サイトより(英語)


Wave Clouds Behind the Prince Edward Islands(英語)

NASA Earth Observatory 」サイトより(英語)


Cloud Patterns Over the Prince Edward Islands(英語)

NASA.gov 」サイトより(英語)


冷戦中の核実験が、象牙密猟の証拠を提示
同記事に「1940年代から1960年代前半には、野外で核実験が繰り返され、炭素の放射性同位体である炭素14が大量に放出された」

「事実、1960年代には、大気中の炭素14濃度が2倍になった。

核実験によって放出された炭素14を植物が取り込み、その痕跡が組織内に残される。

その植物を動物が食べると、炭素14も動物の体内に移動する。

ゾウの場合、牙は根元から伸びるため、最後に食べた植物の痕跡は根元に残る。

1960年代以降、大気中の炭素14は減少しており、その値も判明している。

つまり、牙の根元に含まれる炭素14を調べれば、ゾウの死期を特定でき、象牙の合法性がわかる」などの記述があります。

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより



専門家によれば、多くの地下核実験が行われた核実験場では、核実験によって発生した人工的な埋没断層が複数存在するといわれています。

アメリカ西海岸は巨大地震や超巨大地震の発生が懸念されています。

規模の大きな地震は震源域の近隣や内陸部で地震を誘発することがあり、ネバダ核実験場のある内陸部で誘発地震が発生し、地下に存在する放射性物質が地上に大量に噴出する恐れもあるとされています。

地上に大量に噴出した場合、アメリカ西海岸をはじめ、偏西風に乗った放射性物質がアメリカの内陸部やアメリカ東海岸、そしてヨーロッパなどの国々が放射性物質で汚染される恐れがあると指摘されています。


【関連情報サイト】


U.S. Earthquake Hot Spots Beyond California (英語)

Wired News 」サイトより (英語)


北米西海岸で西暦1700年に発生した巨大地震の規模を推定

産業技術総合研究所 」サイトより


予知への新しい手がかり 地震連鎖のメカニズム

日経サイエンス 」サイトより


原子力空母
原子力空母 母港の危険性
同記事に「原子力空母は原子炉を積んだ航空母艦で、陸上の原発より はるかに危険なものです。

米海軍の艦船原子炉は陸上に設置された原発と比較して、狭い船体内で炉心設計に余裕が少ない。

放射能防護の為の格納容器が存在しない。

船の上で絶えず振動衝撃に さらされる。

海難事故による原子炉の破損の可能性。

軍事活動の為無理な出力調整を強いられる。

原子炉と高性能火薬との同居。

交戦による炉の破壊の可能性。

高濃縮ウランの使用等の危険性を増大させる要素のため事故の危険性が はるかに高いと指摘されています」などの記述があります。

原子力空母の横須賀母港問題を考える市民の会 」サイトより


核シェルターについて
近年の原子力発電所の放射性物質漏れ事故などの不祥事、北朝鮮の核実験や原発震災以降、核汚染事故や核戦争などに備える目的などで核シェルターへの関心が高まっており、実際に核シェルターを設置する富裕層も増加しています。

核シェルターが必要になるケースとしては、

居住国や近隣・周辺国に原発や核関連施設が存在する。

居住国や近隣・周辺国が核保有国である。

核保有国から敵視されている。

仮想敵国などの理由で核兵器の標的になっている。....などの理由が考えられます。

核シェルターは ある程度まとまった資金が必要ですが、実際に核シェルターが必要になるような状況を考えた場合、放射性物質を含んだ空気を漉過する機械の故障、生活に必要な水や食品、エネルギーなどの備蓄や長期間の安定供給面。病気の際の医療。外出中に被災。自宅以外の街や国が壊滅したときの孤独感.....。

核シェルターを検討する際には、これらの点を突き詰めて考える必要もありそうです。



仲畑流・万能川柳(2017年8月2日 東京朝刊)

毎日新聞 」サイトより


DIY核シェルターは どのように流行して廃れていったのか

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


先を争って「シェルター」に殺到する人々 - 1
同記事に「自然災害、テロ、核攻撃、そして化学兵器を使用した戦争......混迷が続く現在、危険は誰の隣にもある」

「シェルターの必要性を感じていない人が多かったスペインでも、需要は高まってきている。

「この2年間で受注件数は100%増加しました。パリのテロ以来、問い合わせは急増しています」

こう話すのは、スペインの大手シェルター・メーカー「バルベカ」のCEOアヘル・カストロだ」

「さらに、彼は こう続ける。

「スイスには、全国民分のシェルターがありますが、多くが公共のものです。でもスペインにあるシェルターの大半は、個人所有です」などの記述があります。

先を争って「シェルター」に殺到する人々 - 2

クーリエ・ジャポン 」サイトより




核シェルターに関心や需要が高まる一方で、費用対効果を考え地政学的見地から原発や核兵器保有国から遠く離れた安心して暮らせる国へ海外移住をするというのも選択の一つであり、実際に海外移住するケースもあります。

海外移住のためには長期滞在を可能にするビザが必要になりますが、核シェルターを購入する予算の範囲内でリタイアメントビザや長期滞在ビザなどが発給される国は比較的多く存在します。

核シェルターの不要な国、核シェルターが必要な国.....。

安心して生活できる国、家族や子供を守れる国という観点から居住国を考えた場合、どちらが最適なのでしょうか。


【関連記事】


永住権の取得 申請条件

日本人街・経済特区

移住の方法

西南日本の超巨大地震

超巨大地震の世界地図

地震分布の世界地図



海洋投入
同記事に「イタリアではマフィア型犯罪組織による核廃棄物の不法投棄が問題視されてきた。

1980年代から確認されてきた問題で、その主犯はカラブリア地方を本拠地とするンドランゲタであるものと目され、イタリア国内を始めヨーロッパ中から持ち込んだ放射性廃棄物を、船に満載したうえで船ごと沈めるという方法でカラブリア地方の周辺海域(地中海等)を主とするイタリア国内の海中や、インド洋のソマリア沖に投棄してきたものと見られている。

2004年に発生したスマトラ島沖地震はソマリアの海域に津波を発生させたが、この際ソマリアの浜に大量の核廃棄物や その他の毒性の高い化学物質を含む廃棄物やコンテナの破片が打ち上げられるという事態が起こった。

不法投棄されたものであるとして国連環境計画が それらについての報告書を作成している」などの記述があります。

Wikipedia 」サイトより


放射性廃棄物を違法売買する「エコ マフィア」
同記事に「放射性廃棄物を はじめとする危険物質の違法売買ビジネスが、「エコ マフィア」の間で急成長しており、これが武器や麻薬の売買に「匹敵するような利益」を国内外の犯罪組織にもたらしていると、イタリアの環境保護団体『レガンビエンテ』が告発している。

イタリア準軍事警察の環境保護活動センターである『Nucleo Operativo Ecologico dei Carabinieri』とレガアンビエンテは、2000年11月に行なった合同発表の中で、毎年大量の汚染された廃棄金属が、東ヨーロッパからイタリアに入ってきていると述べた。

レガンビエンテによれば、ヨーロッパ最大の くず鉄類輸入国であるイタリアにとって、汚染された廃棄金属の不正取引は深刻な問題だという。

レガンビエンテは1999年、イタリアを評して、まるで「放射性廃棄物の爆弾」の上に座っているようなものだと表現した。

「われわれは、東ヨーロッパから毎年5000トン輸入されてくる金属の放射性廃棄物に囲まれて生活している」

「放射性廃棄物の大半は、旧ソ連諸国および東ヨーロッパで出されるものと見られている。鉄道や車でイタリアに運ばれ、安全な くず鉄と偽って主に北部の鋳造工場に買い取られている。

1996年から1998年の間で、1万5000トンを超える汚染された金属が、イタリア北部国境の主要入国地点の3か所で発見され、出荷地へ送り返された。

1997年には、ロンバルディア州の保健関係当局が、ブレシア地域だけでもトラック100台分、およそ200万トンの汚染された くず鉄類の不法輸入が発見されたと報告した。

だが、これらは氷山の一角にすぎず、これよりも はるかに大量の「出所の怪しい」くず金属が、摘発を逃れてイタリア国内に流れ込んでいると、レガンビエンテは警告している。

これらの放射性物質は人体に危険を及ぼすものであり、1998年にスペインで起きた鋳造工場の事故の再発を懸念する声があがっている。

この事故では、鋳造工場が誤って放射性物質を精錬してしまい、爆発によって放出されたセシウム137はヨーロッパ5か国に広がった。

レガンビエンテが2000年11月に発表したところによると、1992年から1998年の間にヨーロッパで報告された放射性物質の違法売買は173件にのぼったという」

「旧ソ連には多数の核関連施設があり、放射性の鉄クズなどが中国にも入り込んでいる」

「日本でも、原発を廃炉する時に膨大に出る金属等のゴミについては、検査のうえ再利用が行なわれることになっている」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


マクドナルドより稼ぐ伊マフィア「ンドランゲタ」- 1
同記事に「主な収益源としては、麻薬密輸が推計242億ユーロ(約3兆4300億円)、違法な ごみ処理ビジネスが同196億ユーロ(約2兆7800億円)、ゆすり・高利貸しが29億ユーロ(約4100億円)、横領が24億ユーロ(約3400億円)、賭博が13億ユーロ(約1800億円)を それぞれ売り上げたとされる。一方、武器売買、売春、偽造品、密入出国請負などは採算性が低いようで、これら全てを合算しても収益は10億ユーロ(約1400億円)に満たないという」などの記述があります。

マクドナルドより稼ぐ伊マフィア「ンドランゲタ」- 2

伊ナポリの ごみ不法投棄、健康被害深刻 「死の三角地帯」

AFPBB News 」サイトより

【関連記事】


海洋汚染の世界地図

資源分布の世界地図

世界の治安・安全情報

津波の世界地図


自然災害と地政学
1970年のボーラ・サイクロン
(史上最悪の被害をもたらした熱帯性低気圧)

同記事に「1970年のボーラ・サイクロン(英:1970 Bhola cyclone)とは、1970年11月12日に東パキスタンのボーラ地方(今日のバングラデシュ)とインドの西ベンガル州を襲ったサイクロンである。ベンガル・デルタ地帯の標高が低い島々が高潮に襲われ、これを主な原因として もっとも控えめな見積でも20万5000人以上、最大50万人と推定される人命が失われ、サイクロンとしては史上最大級の犠牲者を出した。

近代以降の自然災害全般の中でも最悪のものの一つである。

この被害が余りに激甚であったことが直接的な契機の一つとなって、以後パキスタンは内戦状態に陥り、翌年バングラデシュが独立した」などの記述があります。

Wikipedia 」サイトより


北朝鮮の火山「白頭山」に噴火の兆候
同記事に「946年の噴火と同規模の爆発が起これば大惨事になると、専門家らは指摘する」などの記述があります。

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


北朝鮮・白頭山に大噴火の兆し 日本に降灰で深刻な影響も... - 1
同記事に「北朝鮮の火山・白頭山(ペクトゥサン)で、実際に噴火すれば北の被害はおろか、朝鮮半島、さらには日本にも灰が降るなど多大な影響が及ぶ恐れがある」

「10世紀の噴火で(日本でも)約5センチの火山灰の堆積があったとされている。同規模の噴火が発生した場合には、降灰による大きな影響が発生すると考えている」

「白頭山は ここ数年、噴火の兆候を示しており、世界中の火山学者が その状況を注視している。

米国や英国の研究者が現地調査に入っており、中国や韓国も防災対策に乗り出しているほど事態は逼迫(ひっぱく)している」などの記述があります。

北朝鮮・白頭山に大噴火の兆し 日本に降灰で深刻な影響も... - 2
同記事に「文献などによれば、白頭山は過去、複数回噴火し、10世紀に大噴火を起こしたことが判明している。

その規模は有史以来、最大規模とされ、火砕流と火山灰、落石で周辺地域に壊滅的な打撃を与えたとされる」

地質の研究から「約1000キロ離れた北海道や東北地方で5~6センチの降灰があり、農作物が大打撃を受けたことも分かっている」(火山学者)というから、その すさまじさが分かる」

「2002年以降、頂上付近の火山性地震の回数が約10倍に増加し、火山ガスの噴出があったほか、02年から05年にかけて衛星が地下でのマグマ上昇を捉えている」

「東大地震研を含めて複数の火山学者や研究機関が、東日本大震災のプレート運動によって(白頭山の)噴火リスクが さらに上がったとの研究結果を出している。

大噴火を起こして日本にも火山灰が降りそそげば交通網が遮断され、経済活動に大きな支障が出る。緊急時の対策について国際的な協力体制を整える必要がある」などの記述があります。

北朝鮮・白頭山に大噴火の兆し 日本に降灰で深刻な影響も... - 3
同記事に「白頭山の北西約100キロメートルには中国の赤松原子力発電所(建設中)がある」

「朝鮮半島情勢も大きく動きかねない」

「北朝鮮はきちんとした防災体制を整備できていない。ひとたび噴火が起きれば、人的被害や経済的損害は未曾有の規模になる」

「北朝鮮の国力低下で、韓国がイニシアチブを握って朝鮮半島の統一が一気に進む可能性もある。

ただ、その場合でも政情不安で大量の難民が発生し、中国や韓国、日本に大量に流入する。混乱は東アジア全体にまで波及するリスクをはらんでいる」

「一国の自然災害では済みそうにない」などの記述があります。

ZAKZAK 」サイトより


日本にも影響が?北朝鮮の超巨大火山の動きが再び活発に
同記事に「約1000年前に発生した中朝国境の火山・白頭山噴火が有史以来最も強力な火山噴火だったとの研究結果」

「国際共同研究チームが白頭山付近の岩石を調査した結果、白頭山が噴火した946年、約45メガトンの硫黄ガスが噴出したことが分かった。

これまで最も強力とされていた1815年のインドネシア・タンボラ火山噴火より はるかに多い量だ。

研究チームは これを根拠に、白頭山噴火が有史以来最も大きい規模の火山噴火だったと推定した。

白頭山の隆起活動は最近になって再び活発化している。

白頭山が再び噴火し、946年の噴火の約半分(20メガトン)の硫黄ガスを噴出した状況をシミュレーションしたところ、火山の噴出物が空を覆い、約3か月で北半球の平均気温が最大で0.5度下がることが分かった。

過去約100年間の人間の活動により、地球の平均気温が0.85度上がったことを考えると、非常に大きな気候変動といえる」

「大規模な航空機の欠航や、灰による水質汚染などの被害が発生する可能性がある」などの記述があります。

レコードチャイナ 」サイトより


北朝鮮の核実験で火山噴火の恐れ?、専門家が懸念
同記事に「北朝鮮が6回目となる核実験を実施すれば、その巨大な振動が大地を伝わり、中国との国境にある火山の噴火活動を誘発しかねない――専門家の間で こうした懸念が浮上していることが2017年5月2日までに分かった。

米シンクタンク、ランド研究所の上級アナリスト、ブルース・ベネット氏は、北朝鮮が核実験を行った場合、その規模によっては中朝国境に位置する白頭山が噴火する可能性があると警鐘を鳴らす。

ベネット氏はCNNの取材に対し、実際に起こるとすれば「間違いなく大噴火になるだろう。

中国と北朝鮮の両国で、数万人とは言わないまでも数千人の死者が出る恐れがある」と明言」

「米スミソニアン博物館の火山調査を手掛けるプログラムによれば、白頭山の100キロ圏内には およそ160万人が暮らす。

また白頭山と北朝鮮の豊渓里(プンゲリ)にある核実験場は、115~130キロ程度しか離れていない。

北朝鮮が国際社会で孤立しているため、白頭山に関しては科学的な知見が十分に得られていないのが実情だ。

キングス・カレッジ・ロンドンで地理学と環境危機を専攻し、2000年代には白頭山の噴火活動を調査する国際研究チームにも加わったエイミー・ドノバン博士は「白頭山の地下からマグマが供給されるシステムについてはあまり知られていない。

マグマだまりの大きさや深さ、状態も ほとんど分かってはいない」と指摘する。

北朝鮮による直近の核実験で生じた爆発の威力は、推計でTNT火薬10キロトン分。

ドノバン氏は、この規模であれば白頭山が噴火する公算は小さいとみている。

ランド研究所のベネット氏によると、50~100キロトン分の威力が生じた場合、深刻な影響を及ぼす可能性がある。

スミソニアン博物館のプログラムによれば、白頭山が最後に噴火したのは1903年にさかのぼる。

噴火の規模としては、直径5キロのカルデラが形成された946年の噴火が最大と考えられている」などの記述があります。

CNN.co.jp 」サイトより


中国の白亜紀化石群、「ポンペイ型噴火」が原因 1

中国の白亜紀化石群、「ポンペイ型噴火」が原因 2

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


火山分布の世界地図

台風の世界地図




にわかに危険度の増す米ロ核戦争、発端は間違い

JBpress (日本ビジネス プレス) 」サイトより


局地核戦争でも人類は滅亡

日経サイエンス 」サイトより


第三次世界大戦が勃発した場合、最初の3週間で5億人 死亡」

インド・パキスタンの核戦争で人類の文明は終焉,20億人が餓死
同記事に「その被害は単に紛争国だけのものではなく、世界規模となる。核が生み出した黒い灰は はるか米国にまで届き、世界の気温を低下させることで食糧生産に多大な影響を与える。

米国のトウモロコシ、大豆の生産量は10年間にわたり約10%減少。中国のコメ生産量は当初4年間21%減少、その後6年間は10%の減少となる。また、中国の小麦生産量は初年度は50%減少。10年後でも31%の減少と大きく落ち込むという。

こうした結果、20億人の穀物供給が危機に さらされると分析している」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


小さな核戦争でも大規模な気候変動

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


「核の冬」が来る可能性がある世界で知っておくべき知識

核攻撃のあとにコンディショナーを使うのが危険な理由
同記事に「NPRによると、核攻撃が行われた場合、炎が道路を破壊し、熱により材料が気化し、核爆弾の放射性物質と混合して放射性粉じんを作り出します。

この時発生する粉じんは「死の灰」と呼ばれるもので、人間の髪の毛を含む あらゆるものを汚染することが可能です。

アメリカの災害準備に関する情報をまとめた「Ready.gov」によると、核爆発で生き残った場合、すぐさま1番外に着ている衣服を脱ぎ去るべきとのこと。

外気に触れる衣服を脱ぎ去ることで放射性物質の最大90%を除去することが可能です。

さらに、入浴が可能なレベルの水があれば、石けんとシャンプーを使ってシャワーで放射性粉塵を洗い流す必要があります。

しかし、人間の髪の毛は重なり合った鱗(うろこ)のような形状をしているため、核攻撃のあとにコンディショナーを使うことは悪いアイデアと言わざるを得ない、とのこと。

「髪の毛は、日中に松ぼっくりのように割れることがあります。

そして、放射性汚染粒子は この隙間に入り込むことができます」と語るのは、放射線安全の専門家として政府の対応チームと働くアンドリュー・カラム氏。

シャンプーとは異なり、コンディショナーには主にチオン界面活性剤(塩化セトリモニウムなど)、シリコン(ジメチコンなど)、カチオンポリマー(グアヒドロキシプロピルトリモニウムクロライドなど)などが含まれています。

これらの成分が髪の毛の表面の鱗のような構造をした「キューティクル」を整えて滑らかにするそうです。

しかし、髪の毛のキューティクルの隙間に放射性汚染粒子が付着したままコンディショナーを使ってしまうと、髪の毛の表面が平滑化して放射性汚染粒子が髪の毛の中に閉じ込められてしまうと言うわけです。

また、コンディショナーは すすぎ洗いしたあとにも毛髪にとどまるほどの粘着性を持っており、この油性化合物は放射性汚染粒子を髪の毛に付着しやすくしてしまい、放射能被ばくの危険性が高まる可能性すらあるとのことです。

ポッドキャストThe Beauty Brainsを主催する化学者のペリー・ロマノウスキー氏は、核爆弾の落下地域にいる場合は、コンディショナーだけでなくスキンローションや化粧品などの油性または粘着性のある化粧品を身体に塗布することを避けるように注意を促しています」などの記述があります。

コダック社が秘密裏に行われた核実験に気づいた理由

人類初の核実験により生まれた人工鉱物「トリニタイト」とは?

核爆弾が落とされた際の死傷者や汚染範囲をシミュレート

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


NUKE MAP 」サイト(英語)


国連報告「地球は既に限界点」
UN warns environment is at tipping point
同記事に「人為的要因により、気候変動が限界点に迫っている、または既に限界点を越えてしまった地域がいくつもある。

一度 限界点を越えると、もう元には戻せない変化が起こリ始め、地球上の生命体も影響を受けるだろう。人間の生活や健康にも大きな悪影響を及ぼす可能性がある」

「窮地に追い詰められた人間は、環境の変動に適応するために急激な生活の変化を余儀なくされるだろう」

「ただし生活の変化には相当の困難を伴うため、政治紛争や経済危機、戦争や飢餓が起きやすくなる」などの記述があります。

ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より


【関連記事】


気候分布の世界地図

食糧自給率の世界地図


北朝鮮の核実験
2006年10月9日、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の核実験による放射性希ガス(キセノン133)が日本にも到達しました。特に北海道は北朝鮮の核実験場の真横に位置しているため、高濃度の放射性希ガスが通過しました。

2009年5月25日の核実験は前回よりも規模が大きく、さらに風向きなど気象の悪条件が重なったため、日本の広い範囲が放射性希ガスに包まれてしまいました。



北朝鮮の核実験の際、カナダで放射性希ガスが検出されたという海外の報道がありましたが、日本では報道はされなかったようです。

当サイトは、いち早く北朝鮮の核実験による日本の放射能汚染に関する画像とリンクを掲載。※最初の核実験時は、3作目の現サイトの前身である2作目のブログ(現在は閉鎖)に掲載。


北朝鮮の核実験(2006年10月9日)による放射性希ガス(キセノン133)の分布地図

北朝鮮の核実験による放射性希ガスの分布地図(2006年10月9日)

The CTBT verification regime put to the test - the event in the DPRK on 9 October 2006.
Hypothesized dispersion of radioactive noble gas Xenon 133 shown one (a), two (b) and (c) 10 days after the declared nuclear test.

[ 出典 ] CTBTO Preparatory Commission:Page 2(英語)

CTBTO Preparatory Commission 」サイトより(英語)



CTBTO のサイトでは上記の地図画像のほか、下記では北朝鮮による核実験の放射性希ガスの拡散する様子を動画で見ることができます。

2009 DPRK Announced Nuclear Test(英語)
※「 Atmospheric Transport Modelling for Xenon 133 plume 」の上の画像をクリックすると北朝鮮の核実験(2009年5月25日)による放射性希ガスが拡散してゆく様子が動画で見られます。

DPRK's 2009 announced nuclear test (英語)
※「Click for animation 」をクリックすると北朝鮮の核実験(2006年10月9日)による放射能の拡散してゆく様子が動画で見られます。
(animation:A method called atmospheric transport modelling is used to calculate the potential trajectory of an airborne radioactive particle - here the dispersion of the radioactive noble gas Xenon 133 after the 2006 DPRK nuclear test.)



北朝鮮が5度目の核実験、住民らは原因不明の病気に苦しむ
同記事に「北朝鮮が これまでに行った5回の核実験は全て、豊渓里にある核実験場で行われた。

それだけ放射能汚染の危険に さらされているということだが、実際に近隣の住民らは原因不明の病気に苦しんでいるという。

北朝鮮は2006年から現在まで、咸鏡北道吉州郡豊渓里の核実験場で5回にわたり核実験を行った。

韓国内の脱北者団体が吉州郡出身の脱北者10人を対象に調査した結果、原因不明の病気に苦しむ住民が増えているとの証言が相次いだ。

3回目の核実験が行われた後に韓国に来た40代の脱北者は、「2013年ごろから、いくら食べても痩せていく、頭痛が治らないなどの症状に苦しむ人が増えた」と明らかにした。

同じく3回目の核実験後に脱北した50代の女性も「3回目の核実験が行われた直後の2013年5月ごろから突然、においや味を感じられなくなった」と話した。

その他にも、吉州郡に急性結核患者が増えた、はっきりとした理由もなく胃腸病にかかったなどの証言が相次いだ」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより



専門家によれば、移住先での安全性を求める場合、戦争や紛争、テロなどのリスク、政情の安定性など、地政学的な安全面を総合的に考慮すべきであるという指摘があります。
【関連情報サイト】


New Techniques to Model Risk of Terrorist Attacks

MapInfo User Group UK & Ireland 」サイトより


インドネシア、バリ島 爆弾テロ事件 (2002年)
同記事に「2002年10月、バリ島南部の繁華街クタで、路上に止めてあった自動車爆弾が爆発、向かいのディスコなど多くの建物が吹き飛んで炎上し、外国人観光客を含む202名が死亡した。犯行声明は無かったが、インドネシア当局は国内のイスラム過激派「ジェマ・イスラミア」(JI)幹部の多数を犯行容疑で拘束した」

「インドネシアでは他にも、2003年8月に首都ジャカルタで米国系の高級ホテルが爆発して12名が死亡、2004年には市内のオーストラリア大使館が爆発して9名が死亡、2005年10月1日、クタのレストランで1人と、ジンバランの海岸レストランで2人が自爆テロを起こし、20名以上が死亡したなど、外国人や外国施設を目標とした爆破テロが続いて発生しており、これら全てにJIが関与したと考えられている。背景には、インドネシア国内でのアメリカやイギリスの進める対テロ戦争・イラク戦争への反発があり、表立って反対しない政府に対して、市民の不満が募っていることも関連があると見られている」などの記述があります。

インドネシア、バリ島 爆弾テロ事件 (2005年)
同記事に「2005年10月1日、インドネシアのバリ島南部、デンパサール国際空港に近い国際的な観光地クタとジンバラン・ビーチにある3軒の飲食店で爆発があった事件。死者は容疑者3人を含む23人」などの記述があります。


インド、ムンバイ同時多発テロ
同記事に「2008年11月26日夜から11月29日朝にかけて、インドのムンバイで外国人向けのホテルや鉄道駅など複数の場所が、イスラーム過激派と見られる勢力に銃撃、爆破され多数の人質がとられまた殺害されたテロ事件である」

「2008年11月26日夜、インド最大の都市であり商業の中心地でもあるムンバイ(旧名ボンベイ)で、同時多発的に発生した10件のテロ立てこもり事件は、11月29日朝、陸軍部隊が すべての立てこもり拠点を制圧して終結した。 少なくとも172人ないし174人(うち34人は外国人)が死亡、負傷者は239人にのぼることが確認されている」

インド、ムンバイ列車爆破事件
同記事に「インドのマハーラーシュトラ州の州都・ムンバイで現地時間2006年7月11日18時頃に発生した、ムンバイ近郊鉄道の車両が7か所で爆破された事件である。会社などからの帰宅時を狙って起きた犯行であるため、多数の死傷者が出た。最終的に死者は209名、負傷者は700名を越えた」などの記述があります。
フリー百科事典 ウィキペディア (Wikipedia) 」 サイトより



いずれもヒンズー教の国や地域で発生、犯行はイスラム過激派によるものと見られるなどの共通点があります。


アフリカのリスクを地図で見る。本当に危険な場所はどこ?

日経ビジネス オンライン 」サイトより


データ: 米テロ事件(1970〜2011年)マッピング

ビジュアル シンキング 」サイトより


IHS Markit - IHS.com 」サイト(英語)


検証:航空機燃料の炎で鉄骨は溶けるの?
同記事に「鉄のプロに聞きましょう。

多くの謎が残る9.11事件。機体は燃えてしまって残骸すら残っていない、世界貿易センタービルは機体燃料による火災で倒壊した、といった政府の発表がありましたが、しかし、実際には航空機燃料の火は1500度までしか上がることはなく、ビルを支える鉄骨が溶ける温度は2700度です」などの記述があります。

Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン) 」サイトより



人体内に爆弾の恐怖,アルカイダの爆弾専門家に各国が警戒 1

人体内に爆弾の恐怖,アルカイダの爆弾専門家に各国が警戒 2

AFPBB News 」サイトより


米国空港のセキュリティは「95%で武器を発見できない」

WIRED.jp 」サイトより




食料価格と世界的政情不安:まもなく「臨界点」に?

ミツバチを使って地雷探査:クロアチアと米国

WIRED.jp 」サイトより


【関連記事】


食糧自給率の世界地図



爆風の衝撃 見えない傷と闘う兵士

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


戦地で負傷兵救う「画期的治療法」を開発、豪研究チーム

米海軍、海水を燃料にする技術を開発

海戦を変革するか、ロボット兵器が握る米海軍の未来

人口増加と無脊椎動物の減少、紛争の原因に 米研究

SFが現実に レーザー兵器、米軍で遂に実用化迫る

AFPBB News 」サイトより


米海軍が「気味の悪い」水中ドローンを開発中

WIRED.jp 」サイトより


米海軍、レールガンを2年以内に配備か?

ギズモード・ジャパン 」サイトより


核爆発をガス田の火災鎮火に用いる。 その実践の一部始終

23発の核爆弾で山脈を爆破するキャリーオール計画とは
同記事に「アメリカ原子力委員会が率いたキャリーオール計画は、22個もの核爆弾でブリストル山脈にトンネルを開通させ、さらに流出水のための巨大なクレーターを1個の核爆弾で作ってしまうというもの。合計23個の核爆弾を使用する計画」

「アメリカ原子力委員会は核兵器の平和的使用を研究するプロウシェアー作戦を1961年から開始し、その一環として1962年7月6日にネバダ核実験場でセダン核実験を実施した際には、周囲の州に放射性降下物が降り、その地域では強い放射能が検出され、アメリカ国内で1300万人以上が被爆するという事態を引き起こしました」などの記述があります。

核兵器を使った戦争が起これば人類は どれくらい死ぬのか?

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


【関連記事】


資源分布の世界地図

海洋汚染の世界地図



地雷探知と結核治療にネズミが大活躍
同記事に「人間ならば2日以上は かかる数のサンプルを、わずか20分でカバーし、結核菌のチェックが進められると発表されています。

これまでにアフリカ オニネズミが結核患者を早期に発見したケースは8700件近くあり、結核への感染を未然に防いだケースは3万5000件にも上る」などの記述があります。

Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン) 」サイトより


火薬を嗅ぎ分けるネズミ、地雷除去に活躍

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


地雷と結核菌を嗅ぎ出す「英雄ネズミ」たち、タンザニア

世界中で大活躍「地雷探知ネズミ」、タンザニア

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


結核分布の世界地図



炭疽菌の生きたサンプル、米国防総省の研究所が誤って送付

在韓米軍基地で22人 炭疽菌に接触か

米軍による炭疽菌の誤送付、2005年に日本にも

AFPBB News 」サイトより


米国防省が炭疽菌を韓、加、豪に送る。誤送先51か所に

ギズモード・ジャパン 」サイトより


陝西省で11人に炭疽菌感染の疑い,家畜15頭も感染か

レコード チャイナ 」サイトより


100頭以上のカバが大量死、炭疽か? ナミビア - 1

100頭以上のカバが大量死、炭疽か? ナミビア - 2

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


【関連記事】


感染症対策・世界分布



カナダ、PTSDのアフガン帰還兵、家族3人殺害し自殺

PTSDで女性の糖尿病リスク2倍に、米研究
同記事に「PTSDは、心の健康に対して破壊的であるだけでなく、体の健康にも悪影響を及ぼし、心疾患、糖尿病、肥満などのリスクを上昇させる」などの記述があります。

自分のPTSDを認めることの重要性──2人のAFP記者の体験

AFPBB News 」サイトより


後天的な「恐怖体験」が、実は子孫に遺伝していくことが判明

ホロコースト(大量虐殺)生存者のトラウマは子どもに遺伝する

幼少期のトラウマは成人後の健康や財産面にも悪影響を与える
同記事に「研究を行ったのは、French Institute of Health and Medical Researchの科学者であるミシェル・ケリー・アーヴィング氏を含む研究チームで、イギリスで行われている1958年生まれの1万7000人を対象とした追跡調査「National Child Development Study(NCDS)」のデータを分析することで、幼少期のトラウマと成人の健康状態のつながりを解き明かしています。

アーヴィング氏と同僚たちはNCDSのデータから、16歳までの間に「まともな食事が食べられなかった」ということや「身体的な虐待を受けた」などのトラウマを負った経験がある7000人分の情報を収集し、彼らが23歳から33歳の間に どのような生活を行っていたのかを調査しました。

調査の結果、人は幼少期に経験した高いレベルのストレスを大人になるまで引きずっていることが判明、さらに幼少期のストレスは健康に関する意志決定や財産・教育レベル・BMI にまで間接的に関わっていることが分かりました」

「幼少期のストレスやトラウマが人間の成長に どのような影響を与えるかを調査した研究は、これまでにも いくつか存在していました。

1990年代中頃からアメリカ疾病予防管理センターが主導で行っている、有害な幼時体験に関する研究(Adverse Childhood Experiences Study)では、1万7000人の成人から過去の「虐待」「育児放棄」「家庭崩壊」などに関する情報を集めています。

この研究によれば、幼少期に嫌な経験をした子どもは、大人になってアルコール中毒や心臓病のような慢性病に苦しんでいるそうです」

「5歳の時に受けたストレスが、25歳の頃の意志決定に影響を与え、その意志決定により50歳の頃に脳卒中のリスクに悩まされるということは大いにあり得ます」

「小さな頃に見たホラー映画やサスペンス ドラマのワンシーンが いまだに忘れられない」という人もいるかと思いますが、そういったトラウマの影響力は想像以上に絶大なようです」などの記述があります。

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ緻密な情報、厳選リンクも満載