【社会】経済事情・交通事故率・平均寿命など社会に関する国別基本情報

海外移住と食糧自給率の世界地図

食糧自給率に関する世界地図で食糧自給率の高い国、低い国が一目瞭然。

放射線照射食品や遺伝子組み換え作物、農薬、化学肥料 ( 硝酸態窒素・亜硝酸態窒素・アンモニア態窒素 )、カドミウム・砒素・水銀・鉛・アンチモンなどの有害金属の土壌汚染分布、地震・津波と海洋・土壌・水・大気汚染のほか、広東住血線虫症、単包性エキノコックス症(単包条虫)と多包性エキノコックス症、農業全般や食品の安全性、健康に関する興味深い情報も満載。

安心・安全な食品・食材・水を真摯に希求する人に......。


【関連記事】


水の世界地図

海洋汚染の世界地図



世界には、食糧 ( 食料 ) 自給率の高い国、低い国が存在します。

国の将来性や安定性など海外移住国を選ぶ際の参考になる世界地図や必見情報を集めました。


穀物自給率の世界地図

世界の穀物自給率の地図

[ 出典 ] 世界の穀物自給率マップ

社会実情データ図録 Honkawa Data Tribune 」サイトより


世界の主要作物の地図

世界の主要作物の地図

[ 出典 ] 世界各国の主たる作物

社会実情データ図録 Honkawa Data Tribune 」サイトより



都道府県別の食料自給率

社会実情データ図録 Honkawa Data Tribune 」サイトより


地震飢饉による餓死
専門家によれば、「超広域災害である西日本大震災後の道路の寸断・港湾施設・空港などのインフラの被災による食糧輸送の途絶や、備蓄倉庫の被災や火災・津波などの被災、停電などによる冷蔵・冷凍食料の腐敗、農地の津波による塩害、ダム・河川の堤防・土砂崩れでできた地震湖の決壊などの地震水害・被災による生産激減などの複合原因で被災地はもとより、被災していない地域も含めて地震飢饉による餓死者が日本列島の ほぼ全域で続出し、震災で助かった人や震災と無関係な人の命が、復興するまでの長期間にわたって失われ続ける恐れがあり、震災後の地震飢饉と無関係な日本人は、きわめて少ない」との指摘があります。



【関連記事】


西南日本の超巨大地震

超巨大地震の世界地図

津波の世界地図

火山分布の世界地図


★【 重要情報 】 日本の命運尽きて万人窮す or 万死に一生を得る


日本壊滅地震で世界危機

専門家によれば、「防災や災害で死なないことは心配するのに、大多数が死なずに生き残るのにもかかわらず、生き残った後の状況や生活を考えない人の割合が多い。

激甚震災後に壊滅した日本を襲う経済津波で破綻する深刻な経済状況下で破滅せずに、どう生きてゆくのか?

「 災害 」も「 結婚 」も「 海外移住 」も、その後の生活について真剣に考えることが重要。

震災後の経済津波と無関係な日本人は、ほぼ皆無である」との指摘があり、真剣に向き合うことが大切です。


地震・津波と海洋・土壌・水・大気汚染
研究紹介 | 神戸大学大学院 津波マリンハザード研究講座
同記事に「大阪湾の海底堆積物には、高濃度の窒素やリン(栄養塩類)、有毒植物プランクトンの休眠胞子などが含まれていることが知られています。

津波により これらが巻き上げられると、東北地方太平洋沖地震の津波後に起こった様な有毒植物プランクトン赤潮や貝毒の発生、或いは懸濁化による海中光学環境の悪化など、基礎生産環境の劇的変化が起こる可能性があります。

また、都市部を抱える事から高濃度の重金属も含まれており、水質の悪化も懸念されます」などの記述があります。

神戸大学大学院 津波マリンハザード研究講座 」サイトより


震災がれき 「有害物質で呼吸器系への影響リスクも」と医師

NEWSポストセブン 」サイトより


津波堆積物に由来する飛散粉塵の測定および健康影響評価
同記事に「被災地域の避難所などの居住区では、津波堆積物の乾燥に伴い飛散した粉塵や、瓦礫撤去時に巻き上げられた粉塵を原因とする呼吸器疾患などの健康被害が懸念されている。

循環Cの行った化学性状調査により、飛散粉塵の源となる堆積物中に有害化学物質が含まれていることが分かった。

また、堆積物の腐敗によるカビ等微生物への曝露も予想される」などの記述があります。

国立環境研究所 」サイトより


【関連記事】


西南日本の超巨大地震

超巨大地震の世界地図

津波の世界地図

大気汚染の世界地図

水の世界地図


ご意見・ご要望・リンク切れなどの ご連絡
ご連絡/Contact|海外移住の地図帳



早死に・疾病の4分の1、人為的汚染と環境被害が原因 国連

生物多様性が失われ食料供給が危機に、国連機関が報告書で警告
同記事に「生物多様性が失われることで世界の食料生産が危機にさらされると警告する初の報告書を、国連食糧農業機関(FAO)が2019年2月22日、発表した。

FAOは「私たちのフードシステム(食料の生産から流通・消費までの流れ)を支えている生物多様性が、世界各地であらゆるレベルで減退しているという証拠が山のように」あると指摘。

これにより、食料生産と環境が「重大な脅威にさらされている」「ひとたび失われれば、フードシステムに不可欠な動物や微生物を取り戻すことはできない」と警告している。

農業の生産体系において生物多様性は、病害や害虫の流行、気候変動といったショックへの耐性を高める役割を担っている。

報告書は病害や害虫のため食料生産量が激減した例として、1840年代にアイルランドを襲ったジャガイモ飢饉や、1990年代にサモアを見舞ったタロイモの不作を挙げた。

FAOによると、生物多様性が失われつつある要因には、土地や水の利用・管理の変化、環境汚染、過剰収穫などがある。

地理的に見ると、中南米やカリブ諸国は豊かな生物多様性を誇る一方、甲殻類や魚類、昆虫類など食用の野生種の多くが絶滅の危機にある」などの記述があります。

人類の自然収奪で100万種が危機に 国連報告で科学者が警鐘
同記事に「国連の科学者組織「生物多様性および生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム」(IPBES)は2019年5月6日公表した報告で、人類は社会の繁栄を可能としてきた自然資本を浪費し、その過程で数百万種の生物を絶滅の瀬戸際に追いやっていると警鐘を鳴らした」

「IPBESのロバート・ワトソン(Robert Watson)議長は、水、野生生物、大気、土壌、森林といった地球の恵みを絶え間なく収奪し、汚すことは、「少なくとも気候変動と同等」の脅威を社会に及ぼすと指摘した。

同議長は「われわれは、自らの経済、生計、食料安全保障、保健・医療、生活の質を支える真の基盤を世界中でむしばんでいる」とし、「政府に国内総生産(GDP)の先のことを考えさせなければならない」と訴えた」

「報告は、事態の悪化を止めて状況を好転させるには、「根本的な変革」を実行し、食料をはじめとする ほぼすべての物の生産・消費のあり方を全面的に刷新する必要があると結論付けている。

今回公表された要約は、人類が環境負荷や欲求を増大させることにより、淡水や、汚染されていない空気、耕作可能な土壌をはじめ、文明を持続させる自然資源の再生が阻害されてきた様子を詳細に説明している」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


ジャガイモ飢饉 ( An Gorta Mór , An Drochshaol )
同記事に「最終的には、人口の少なくとも20%が餓死および病死、10%から20%が国外へ脱出した。

また、これにより婚姻や出産が激減し、最終的にはアイルランド島の総人口が最盛期の半分にまで落ち込んだ。

さらにアイルランド語話者の激減を始め、民族文化も壊滅的な打撃を受けた。

アイルランドにおいては歴史を飢餓前と飢餓後に分けるほど決定的な影響を与えたため、"Great Famine"(大飢饉)と呼ばれている。

このジャガイモ飢饉の発端とされるジャガイモ疫病は、植物の伝染病の一種であるが、このような伝染病が蔓延するためには、感染源、宿主、環境の3つの要素が揃うことが必要である。

ジャガイモが当初ヨーロッパに持ち込まれた時には、この中の感染源となる病原菌そのものがメキシコの特定の地域に限定されていて、ヨーロッパには未だ伝来していなかったものと推定されている。

その後、何らかの理由によりジャガイモ疫病の菌が北アメリカからヨーロッパに持ち込まれて急速に蔓延して、ジャガイモ作物に壊滅的な被害を与えることになった」

「1841年に行われた調査では、人口は800万人をわずかに超えていた」

「現代の歴史家と統計学者は、病気と飢餓の影響で80万人から100万人が亡くなったと考えている。

加えて、計200万人以上がアイルランド島外に移住・移民したと考えられている。

アイルランドは19世紀の人口に比べて20世紀の人口が減少している、西欧では唯一の国である。

近年は経済成長などもあり増加傾向にあるが、2007年時点でアイルランド共和国と北アイルランドを合わせた全島の人口は いまだに約600万人と、大飢饉以前の数字には及んでいない」

「連合王国内のグレートブリテン島への移住、ゴールドラッシュが発生していたアメリカ合衆国、連合王国の植民地カナダ、オーストラリアなどへの移民は、合計200万人以上にのぼったとされる。

アメリカ合衆国に渡ったアイルランド人移民はアメリカ社会で大きなグループを形成し、経済界や特に政治の世界で大きな影響力を持つようになった。

この時代のアメリカへの移民の中には、ケネディ家の先祖も含まれていた」などの記述があります。

Wikipedia 」サイトより


100万人を救った移民国家,ジャガイモ飢饉から学べること - 1
同記事に「当時のアイルランドの人口は800万人を超えるほどでした。

このとき約150万人のアイルランド人が飢えで命を落とし、さらに100万人以上がアメリカ合衆国へ渡ったといいます」などの記述があります。

100万人を救った移民国家,ジャガイモ飢饉から学べること - 2
同記事に「近年の経済成長によって就業機会が増え、そして可容人口が多くなったことで、アメリカ合衆国へ移民として渡った人たちの子孫が、アイルランドに「帰還」する事例も増えている」などの記述があります。

ダイヤモンド・オンライン (Diamond Online) 」サイトより


【関連記事】


日本人街・経済特区

日本壊滅地震で世界危機

西南日本の超巨大地震

超巨大地震の世界地図



米と小麦、作物で人の考え方にも違い
同記事に「米と小麦は、世界中で中心的な食糧として利用されてきただけではない。

人々の考え方、価値観にも影響を及ぼしてきた。その違いは劇的なほどだ」

「稲作地域出身の人々は小麦生産地域出身の人々に比べ、考え方が相互依存的で全体の和を重んじることを明らかにした。

この違いについて、稲作に必要な集団の協力や全体的な労力が、小麦よりも ずっと大きいためだと考えている。

田植えから刈り入れまでを順調に こなすには、農家は連携して入り組んだ用水路を整備したり、家同士で作業を互いに手伝ったりしなければならない。

長い年月の中で、このようなチームワークの必要性が相互依存的、集団主義的な性質を育む。

一方、小麦は他の農家と連携しなくとも栽培できるため、小麦農家は個人主義に傾く」

「東アジアの国々は、長い稲作の歴史を持つ。

これらの国の人々は、発展の度合いが同程度の他の国々に比べて相互依存的で、個人主義の傾向は小さい」などの記述があります。

食事の変化が「f」「v」の発音を生んだ - 1

食事の変化が「f」「v」の発音を生んだ - 2

食事の変化が「f」「v」の発音を生んだ - 3

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


What You Farm Affects Your Thinking, Study Says (英語)
( 米と小麦、作物で人の考え方にも違い )

National Geographic 」サイトより (英語)


文化の違いは栽培する穀物が影響
同記事に「欧米の文化圏では、アジア文化圏よりも「個」を重視する傾向がみられるが、それぞれの文化に違いが生じる理由とは いったい何なのだろうか。

この傾向については、それぞれの地域で歴史的に栽培されてきた穀物の違いに関係している可能性がある」

「伝統的に水稲栽培を行ってきた人々は、稲作に関わる労働の厳しさと近隣の人々と協力する必要性があるために、時間とともに集団的で全体主義的な傾向が強くなると考えられている。

それに対し、コムギを栽培する地域の人々は、コムギはコメに比べて労働量が大幅に軽減されるため、他の人々と協力する必要性も稲作の比ではないという理由から、自立的・分析的に考える傾向が強くなる」

「コメ地方出身の人々は、友人に対して報いる傾向が強く、その一方で罰する傾向は弱かった。

これは、社会面および仕事面での相互関係において、集団内の絆が どれほど優先されているかを示す」などの記述があります。

人間の脳の大型化、果物が後押しか

AFPBB News 」サイトより


過去最大規模の中国人遺伝子調査で分かったこと
同記事に「研究では、中国の人口の約92%を占める漢民族の遺伝子は おおむね一致するものの、南方人と北方人の間には差異が見られたことが明らかになった。

その理由について研究報告は、南北地域の主食の違いに関係があるとし、「南方の大部分は稲作で、北方は小麦栽培がメイン。

稲作は労働集約型で、水田には複雑な灌漑システムが欠かせず、人々の協力が必要になる。そのため南方人は集団主義の傾向がある。

一方、小麦は灌漑が必要でないために自分の作物を管理すれば良く、明らかな個人主義的傾向が出る」と分析している」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


【関連記事】


言葉・文化

 遺伝子



栄養情報も流行には要注意、話は単純化され盛ってある - 1

栄養情報も流行には要注意、話は単純化され盛ってある - 2

栄養情報も流行には要注意、話は単純化され盛ってある - 3
同記事に「実は、論文を読んで「今の流行、おかしいですよ。そんな単純な話じゃない」と言ってきたのは、ぼくの研究室に所属する大学院生でした。

流行には要注意です。話が単純化されて盛ってあります。

最近、インスタ映えと よく言うじゃありませんか。

インスタグラムで目立つおいしそうな料理の写真にするために、中央を盛って現実には あり得ないような形にして写真を撮る。

あれが、情報においても行われているわけです」などの記述があります。

栄養情報も流行には要注意、話は単純化され盛ってある - 4
同記事に「良い食品、悪い食品という分類は、日本人が昔から行ってきたことなんです。

戦後、米を食べたらバカになるとか、牛乳は完全食品だとか、言われてきたではありませんか。

発酵食品が良い、というような言い方も、意味がわかりません。

最近の流行も、日本人が持つクラシカルな「食品は善悪に分けられる」という意識、思考法を踏襲したに過ぎず、それに「エビデンス」という言葉を付けているだけ、と考えれば、なかなか興味深いです」などの記述があります。

「良い食品、悪い食品」という単純化は勧められない - 1

「良い食品、悪い食品」という単純化は勧められない - 2

「良い食品、悪い食品」という単純化は勧められない - 3

「良い食品、悪い食品」という単純化は勧められない - 4
同記事に「穀物の食物繊維と野菜の食物繊維は性質が異なります。

野菜から摂れば良い、というのは、疾患によっては成り立たない。

糖尿病の発症率の疫学研究で、穀物からの食物繊維摂取量が多いと予防効果がありますが、野菜や果物からの食物繊維の摂取量が多くても予防効果は見られませんでした。

ましてや、飲料で食物繊維を摂れるというものがありますが、あれが本当に生活習慣病の予防に効果があるのかどうか、エビデンスがありません。

栄養学は、多くの方が想像するよりも100倍、1000倍、1万倍も難しいものです」などの記述があります。

「良い食品、悪い食品」という単純化は勧められない - 5
同記事に「オリーブオイルも お米の話も、かなり複雑です。

やっぱり「エビデンスがある」を鵜呑みにしてはいけませんね。」

「知識全体を使って、日本人の食生活の現状を把握し、ベネフィットやらリスクやらを検討し咀嚼してやっと、使える栄養学になります。

海外の論文をポンと引用する「エビデンスの丸呑み」は かなり やばいですよ。喉に詰まる。むしろ、健康の害になります」

「専門家ほど、文章があいまいになる、というのは世間でよくあることですね。

専門家でない人ほど、言い切り型の文章を書く。

ぼくもそうなんだけど、自分の専門分野の文章を書く時には「かもしれない」と書く。

ところが、関連しているが専門ではないところ、論文を読んでいないし、たくさんの不確実性を把握していないと、1冊、あるいは一人の知識で断言してしまう。

調べ出すと「よくわからない」に陥る。

断定する文章を書ける人は幸せだ、とよく思います。」

「言い切らない文章を読んでもらう、というのは難しいなあ。

やっぱり、○か×か、白か黒かの情報の方が歓迎される。広く読んでもらえます。

書店に行くと「医師が勧める食事法」みたいな本が山積みです」

「結局、おかしな本やテレビ番組等が氾濫するのは、栄養学の専門家が日本で圧倒的に足りないからだろう、とぼくは思っています。

ぼくが天文学の本を書く、というのは考えられないでしょう。

天文学者がいるから、ぼくが書いて出版したら、間違いがすぐバレる。だから出しません。

でも、栄養学の本はバレないんです。

真がいなければ、偽はバレない。日本は そんな状況にあります」などの記述があります。

「インフルエンザ予防に乳酸菌」のページが消えた!(前編) - 1

「インフルエンザ予防に乳酸菌」のページが消えた!(前編) - 2

「インフルエンザ予防に乳酸菌」のページが消えた!(前編) - 3

「インフルエンザ予防に乳酸菌」のページが消えた!(前編) - 4

食品企業の研究 健康効果の読み解き方(後編) - 1

食品企業の研究 健康効果の読み解き方(後編) - 2

食品企業の研究 健康効果の読み解き方(後編) - 3

食品企業の研究 健康効果の読み解き方(後編) - 4
同記事に「消費者も流行だからと信じ込むのではなく、厳しい目を持つべきです」などの記述があります。

食品企業の研究 健康効果の読み解き方(後編) - 5
同記事に「自分たちの商品を有利に売りたいと考える一部の企業は、研究者も巻き込み、自前の論理を展開しようとすることもあるようです。

毎日、そして、一生食べる食べ物のこと、企業のためにではなく、自分の健康のために、中立な立場の情報源から情報を得るように心がけましょう」などの記述があります。

「トレハロース問題」の真相、論文は矛盾だらけ - 1

「トレハロース問題」の真相、論文は矛盾だらけ - 2

「トレハロース問題」の真相、論文は矛盾だらけ - 3

「トレハロース問題」の真相、論文は矛盾だらけ - 4

WEDGE Infinity(ウェッジ) 」サイトより


乳酸菌シロタ株の免疫システムに対する影響
同記事に「オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)は2006年7月28日、「乳酸菌シロタ株の免疫システムに対する影響」と題する報告書を公表し、この中で乳酸菌シロタ株の摂取により、自己免疫疾患を引き起こす可能性が示唆される旨を発表した」

「Th1の刺激は、EAEのモデルで示されたように、ある種の自己免疫疾患の発生による有害な結果を引き起こす可能性がある」

「呼吸器のアレルギーモデルではLcSは全身性免疫応答の一般的な刺激剤として働き、アレルギー疾患及び自己免疫疾患を増加させる可能性がある」などの記述があります。

食品安全委員会 」サイトより


デトックスは幻想だった? 5つの手法を科学的に分析した結果

WIRED.jp 」サイトより


「人種差」からみた健康法の真実 - 1
同記事に「日本人には、日本人のための病気予防法がある!

同じ人間であっても、外見や言語が違うように、人種によって「体質」も異なります。

そして、体質が違えば、病気のなりやすさや発症のしかたも変わることがわかってきています。

欧米人と同じ健康法を取り入れても意味がなく、むしろ、逆効果ということさえあるのです。

見落とされがちだった「体の人種差」の視点から、日本人が病気にならないための方法を明かした話題書『欧米人とは こんなに違った 日本人の「体質」』より、私たちの健康常識を ひっくり返す驚きの中身を紹介します」

「いつまでも健康で若々しくありたいと願う気持ちに国境はありませんが、欧米の健康法が日本人にも同じように効くとは限りません。

日本人と欧米人は体質が違うからです。

日本は青い海という自然の境界で他国と隔てられ、そこに暮らす日本人は他の人種と交じり合う機会が多くありませんでした。

このことが、固有の言語、習慣、食生活、美意識、信仰をはぐくみ、欧米はもとより、アジアの他の地域とも違う独自の文化が花開きました。

そして、長い歳月のうちに日本人の体も独自の変化をとげました。

とくに欧米人とくらべると、髪や肌、瞳の色などの外見だけでなく、筋肉のつきかたや脂肪の質、体温、食物の消化吸収力、アルコールの分解力、インスリンの量、腸内環境など、さまざまな点で違いが生じています。

人の体質は、遺伝子によって決まり、基本的に一生変わらない部分と、生活習慣やストレス、食生活や運動などの環境要因によって変わる部分が からみあって できています。

日本人と欧米人は異なる遺伝子を受け継ぎ、異なる環境要因のもとで生きてきました。

こうして作られた日本人の体質は、当然ながら欧米人の体質とは違います。

体質が違えば、病気のなりやすさや発症のしかたが変わり、そうなると日頃の健康法や病気の予防法、そして治療法も同じというわけにはいきません。

米国には さまざまな国から移民を受け入れてきた歴史があるため、それぞれの人種に最善の医療を提供するための人種差医療という考え方があります。

これに対して日本では、人種による体質の違いが広く取り上げられることはありませんでした。

人種差の視点から書かれた医学書も ほとんどなかった」などの記述があります。

「人種差」からみた健康法の真実 - 2

現代ビジネス [講談社] 」サイトより


【関連記事】


日本人街・経済特区

世界の医療事情



世界は どんな食べ物で できているの?

roomie (ルーミー) 」サイトより


世界の食料事情

ハンガー・フリー・ワールド 」サイトより


重力と植物
月周期が生物成長に影響か トヨタ紡織、名大が共同研究

SankeiBiz (サンケイビズ) 」サイトより


起潮力が植物の成長に及ぼす影響について研究を開始

レスポンス(Response.jp) 」サイトより


潮の満ち引きを起こす力、トヨタ紡織と名大が研究
同記事に「起潮力は太陽と地球、月による天体間の引力などで生じ、重力や気圧などの変化も生み出す。

生物や植物に影響を及ぼすとされるが、まだ解明が進んでいない。

仕組みを科学的に解析していくことで、食料生産などへの応用を目指す。

起潮力は天体間の引力に加え、地球の遠心力から生じる。

満月に大潮が起きやすいのも、こうした背景があるという。

伝統的に農業では「種まきは満月に」などの言い伝えがあるが、これも起潮力が植物の活動に与える影響に関係するという説もある」

「トヨタ紡織が共同研究するのは、名古屋大のトランスフォーマティブ生命分子研究所。動物や植物の体内時計を分子の力で制御する研究などを手掛け、文部科学省の世界トップレベル研究拠点プログラムのひとつにも採択されている。

同研究所の伊丹健一郎教授は「我々の研究に起潮力を取り入れることで、すごい革命が起きるとすら感じている」と期待を込めた。

トヨタ紡織は車部品への植物由来材料の活用に取り組むなか、起潮力が植物に与える影響に着目し栽培技術への応用を試みてきた。

起潮力の指標として重力変化を利用し、レタス栽培時の照明の点灯時間を調整する実験をしたところ、収穫重量が9~24%増えたという」などの記述があります。

日本経済新聞 」サイトより


植物は無重力で どうなるの

JAXA|宇宙航空研究開発機構 」サイトより


無重力下の植物、根の成長は地上と同じ

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


新月の木の研究 (自然のポテンシャル)

NPO法人 新月の木 国際協会 」サイトより


【関連記事】


重力分布の世界地図

日本人街・経済特区


有害鉱物
食品中のカドミウム
同記事に「ヒトのカドミウムに対する主な暴露経路には呼吸器と消化器の2つがあります。

前者で重要なのは喫煙です。タバコの煙にはカドミウムが含まれている上に、肺からの吸収率も10 - 30%と高いのです。

しかし、それよりも重要なのは後者であり、ヒトは主としてカドミウムを多く含む食品を摂取することによって体内に取り込んでいます。

カドミウムの消化器からの吸収率は10%未満と低いのですが、その一方で1日の排泄量は体内蓄積量の0.01 - 0.02%と極めて少ないのです。

従って、ヒトは食品中から少量のカドミウムを毎日少しずつ体内に取り込み続けることになり、結果的にその体内蓄積量は加齢とともに徐々に右肩上がりに上昇します。

消化器から吸収されたカドミウムは主に腎臓に蓄積し、それが高度になると尿細管の再吸収機能障害を引き起こします。

尿細管は糸球体から濾過された血漿成分から必要な水分、蛋白質、糖、アミノ酸、ミネラルなどを再吸収する機能を持っておりますが、それが障害されるために これらの物質の尿中排泄量が増加するのです。

この状態が長期間にわたって継続すると、カルシウムやリンなどの血漿中濃度を維持するために骨から これらのミネラルが動員され続け、骨軟化症を発症します。これがイタイイタイ病です」

「カドミウムを多く含む食品の中で日本人にとって最も重要なのは米です。

稲は土壌中のカドミウムを吸収しやすい性質を持つ上に、米は日本人の主食であるため、日本人の全カドミウム摂取の約半分が米由来なのです」

「米以外でカドミウム濃度が高い食品として、大豆、オクラ、海藻類、魚介類(特にその内蔵)、動物の内蔵(レバーなど)、などが挙げられます」などの記述があります。

日本薬学会 環境・衛生部会 」サイトより


EFSA、カドミウムの週間耐容摂取量を引き下げ
同記事に「重金属のような天然に存在して避けようのない有害物質については、残留農薬や食品添加物の場合のような安全係数100だとか実質的にゼロリスクで管理する などということは不可能であるということです。

カドミウムだけではなく、水銀やヒ素などでも、安全係数を大きくとると食べられるものが減ってしまうということが しばしば おこり得ます。

リスクを下げるための費用が膨大になることもあります。

事実上 天然物のリスクについては人が管理できる残留農薬や食品添加物より甘くせざるを得ない」などの記述があります。

今、なぜか話題になるカドミウム食品汚染
同記事に「火山国、日本の食品には、避けようのないリスクが存在する。カドミウムだ。

水や土壌、農水産物に比較的多く含まれており、日本人のカドミウム摂取量は、諸外国の数倍にもなる」

「国際基準を検討するCodex委員会では当初、カドミウムの精米における上限許容量を0.2ppmにする案が出された。

それに対して、日本は0.4ppmを主張した」

「一部の研究者は、「0.4ppm近いコメを食べ続ければ、腎機能に影響が出る場合もある」と指摘する」

「日本の表層土のカドミウム濃度の平均は水田で0.265ppm、森林でも0.118ppmでかなり高い」

「火山国に住み、カドミウムを蓄積しやすいコメを主食としている以上、コストも考えれば ある程度の量は我慢しなければならないだろう」などの記述があります。

ヨウ素を十分過ぎるくらい摂っている日本人が考えるべきこと
同記事に「世界的にはヨウ素欠乏が問題である地域の方が圧倒的に多く、ヨウ素 添加塩を採用している国が多いです」

「ところが逆にヨウ素摂取量が多すぎる国もあります。代表的なのが日本です」

「WHOの基準に当てはめると摂り過ぎによる健康被害(自己免疫性 甲状腺疾患や甲状腺機能亢進症)が出るレベルにある」

「地球上には天然資源が偏在しており、土地のミネラル組成などの性質は様々です。地域ごとにある種のミネラルが多かったり少なかったりすることは良くあることです。

必須ミネラルの不足している土地もあれば有害重金属の多い土地もあるでしょう。

昨今ブームとなっている「地産地消」ですが、地元経済の活性化のためのものではあっても安全性という視点では決してベストではないことに留意しておいて欲しいと思います。

安全性の視点からは、世界中から あらゆる食品を輸入している現在の日本の状況の方が、リスクの分散ができているという意味で「より安全」と言えます」などの記述があります。

FOOCOM.NET 」サイトより


カドミウムを ほとんど含まないコシヒカリ、作出に成功

土壌洗浄法によるカドミウム汚染水田の実用的浄化技術を確立

火山国ニッポンと土壌肥料学
同記事に「日本列島には、太古から、何度も火山灰が降り注いでいるが、とくに多量の火山灰が積もった場所には 「黒ボク土」 が生成した」

「火山灰に多く含まれる活性アルミニウムは、腐植と強く結合して、腐植を容易には分解できない形に変えることも知られている」

「日本の もっとも古い水田の遺跡は、九州北部の玄界灘沿岸の平野に集中しているが、これは、土壌の性質との関係がきわめて深い。

すなわち、九州北部の この地域は、大陸に近いということもあるが、この地帯の土壌は火山灰の影響が少ない玄武岩や花崗岩の風化物からできており、水稲がつくりやすい土壌である。

このような土壌は、北九州を回って、大分県の国東半島近くまで続いている」などの記述があります。

農研機構 」サイトより


火山ガス・エアロゾルのガイドライン フッ化水素(HF)
同記事に「爆発的な噴火の際には、HFやフッ化物が噴煙内部の火山灰などの噴出粒子上に凝縮して、 粒子上に集積したフッ素の外膜を形成することがあります。

小さな粒子は大きな表面積を持つので、大きな粒子よりも単位質量当たりに多くのフッ素が集積することができます (Okarsson, 1980)。

粒子が小さいほど発生源である火山から遠くまで運ばれるので、より多くのフッ素を運搬する能力がある これらの粒子が、 フッ素の被害が及ぶ可能性のある地域を押し広げることになります。

フッ素は水に非常に溶けやすいので、 火山灰が濡れた地面や雨に接触するとすみやかに水資源に入り込みます(Gregory, 1996)」

「ガス暴露によるフッ化物は主に気道から吸収されます。

水溶性が高いということは、鼻腔と上気道ですみやかに吸収されるということを意味しています。

フッ化水素の蒸気は、目、粘膜、上気道に強い刺激を与え、 腫れが、上気道の潰瘍を引き起こす可能性があります。

短時間の過剰暴露は、皮膚と粘膜に激しい刺激と火傷を引き起こし、低濃度への繰り返し、もしくは継続的な暴露は、骨の変性と慢性的な鼻、のど、肺の痛みを引き起こします (NIOSH, 1981)」

「火山性のHFが火山灰などの噴出物に沈着することによって、 フッ化物が水源へ侵入することで、大きな被害が生じます」

「干草のフッ素の含有量が250ppmを超える場所で、羊に中毒症状が発生しているようです」

「火山噴出物層の厚さがたった0.5mm堆積しただけの所で、中毒が起きる可能性があります。

急性中毒では、うつ状態や流延、食欲不振、筋肉のひきつけ、呼吸異常、鼻汁過多、けいれん、肺浮腫、腎臓および肝臓の障害、 視覚消失、昏睡ならびに死亡を伴うことがあります(O'Hara et al., 1982)」

「HFの影響を受けた植物や土壌に混ざった火山灰を摂取することによる動物の被害が頻繁に報告されています。

汚染された飲用水を摂取することによる人間の被害も同様に報告されています」

「チリ、ロンキマイ: 1988年の火山活動の間、100,000頭の家畜がフッ化物に汚染された火山灰の影響を受け、数千人の人々が、高濃度の微細な火山灰に関連した健康被害に苦しみました。

この火山灰は、フッ化物で被膜されていた可能性のあります(SEAN 14:6-7)」

「ニュージーランド、ルアペフ: 1995年の噴火以降に、数千頭の羊が死亡したのは、フッ化症によるものだと考えられています。

また、牛のフッ化症に関する別の事例も、1995年と1996年の両方の噴火の後に報告されています (Cronin et al., 2003)」などの記述があります。

IVHHN - 国際火山災害健康リスク評価ネットワーク 」サイトより


米国産のコメに懸念される濃度のヒ素 摂取制限勧告 - 1
同記事に「米消費者団体が発行する有力誌「コンシューマー・リポーツ」は、1日に1回の頻度でコメを食べると、体内のヒ素濃度が少なくとも44%上昇する可能性があるという調査結果を公表し、コメの摂取量の制限を勧告した」

「コンシューマー・リポーツは乳幼児向けのシリアルから米粉入りパスタや飲料まで、コメを使った食品約60種類を調査した。その結果、多くの製品から「懸念される」レベルの無機ヒ素が見つかったと結論付けた。

ヒ素の濃度は白米の方が玄米よりも低いことが判明。

米国内の産地別にみると、アーカンソー、ルイジアナ、ミズーリ、テキサスの各州で生産されたコメは濃度が高い傾向にあった。

米疾病対策センター(CDC)によれば、無機ヒ素は肝臓、膀胱(ぼうこう)、肺などのがんとの関係が指摘されている。

同誌は調査結果を受けて、1週間に消費するコメの量は乾燥した状態で4分の1カップで2杯以内に抑えた方がいいと勧告。

5歳未満の幼児についてはコメを使った飲料を日常的に飲ませることを避け、コメを使った乳児用のシリアルは1日1食以内に抑えることを勧告している」などの記述があります。

米国産のコメに懸念される濃度のヒ素 摂取制限勧告 - 2

CNN.co.jp 」サイトより


カドミウム Cadmium
同記事に「火山の土壌においては4.5mg/kgに達する」などの記述があります。

国立医薬品食品衛生研究所 」サイトより


自然由来とは・自然由来の判断
同記事に「土壌汚染における自然由来とは、自然の岩石や堆積物中に含まれているカドミウム、鉛、六価クロム、水銀、ヒ素、セレン、フッ素、ホウ素およびそれらの化合物による環境汚染のことです」

「日本には火山が多く、様々な鉱脈・鉱床が発達しているため、古くからトンネル工事現場などで有害金属が超過するケースがあります。

また、埋立地や市街地の海成堆積物から重金属が溶出する問題も増えています。

実は、日本全国に重金属等は分布しているのです」などの記述があります。

株式会社 別府土建 」サイトより


南九州地熱水中のヒ素、アンチモンおよび水銀濃度の化学的研究 (PDF:1.010775 MB)

鹿児島県 自然環境保全協会 」サイトより


奄美大島表層土壌の高レベル有害元素濃度および生物可給リスク (PDF:8.62122 MB)

日本地球化学会 」サイトより


「北海道内における自然由来有害物質の分布状況」

北海道 地質由来有害物質情報システム GRIP 」サイトより


Dietary cadmium may be linked with breast cancer risk (英語)

ScienceDaily 」サイトより (英語)


都内搬入米および市販大豆のカドミウム含有量調査 ( PDF:269.643KB )
同記事に「国産大豆は すべての検体からカドミウムを検出し、検出値は0.02~0.57 ppmの範囲で、29検体の平均は0.14 ppmであった。

カドミウム濃度分布は食糧庁が平成9、10年度に行った大豆中カドミウムの全国実態調査結果、検出値の範囲<0.01~0.66 ppm)と ほぼ一致した。

輸入大豆はカナダ、オーストラリア、中国、ブラジルの4か国からのもので、カナダ産の1検体のみからカドミウムを0.01 ppm検出したが、他は すべて検出限界(0.01 ppm)未満であり、国産大豆に比べて明らかに低い値を示した」などの記述があります。

東京都 健康安全研究センター 」サイトより


化学洗浄法によるカドミウム汚染水田の浄化を進める

農林水産技術会議 」サイトより


カドミウム汚染水田の化学的洗浄工法

太平洋セメント 」サイトより


ミネラル ウォーターのウラン・トリウム濃度(PDF:840.91 KB )
同記事に「国内産ミネラルウォーターのウラン濃度は、0.1 ng/Lから3.3 μg/Lまでと、非常に幅広い値を示した」

「群馬県産製品のDBW-P-10は約1 μg/Lと、非常に高いウラン濃度を示した。

さらに、採水地が共通である北海道の2製品 約3 μg/Lと、水道水の水質管理目標値を超えるウラン濃度を示した。

これらの結果は、小藤・山本(1999)や斎藤ほか(2002)、Shiraishi et al. (2004)による国内産ミネラルウォーターの測定結果とも調和的である」

「DBW-P-10(ウラン濃度1 μg/L)の採水地は、群馬県と新潟県の県境付近に位置する。

群馬県と新潟県、そして福島県の3県が互いに接している付近の地域(およそ50~60 km四方)は、地表のウラン存在度が周辺に比べて高い地域とされている(4~7 mg/kg; 今井ほか、2004)。

ラベルの記述から、DBW-P-10の原水の採水地は この高ウラン存在度地域の辺縁付近に位置すると思われるが、福島県のDBW-P-9と、新潟県のDBW-K-6・-K-7および-K-8の採水地も、この高ウラン存在度地域の近傍あるいは内部に位置している」

「北海道産製品のDBW-K-3と-P-6の採水地は、道央地方と道南地方の境界付近の地域に位置するが(Fig. 1)、周辺に比べてウラン存在度が高い地域(2~5 mg/kg; 今井ほか、2004)の近傍である。

今井ほか(2004)による日本国内におけるウラン高濃度地域は、花崗岩の分布地域(産業技術総合研究所地質調査総合センター、2014)と よく一致していることから、望月・杉山(2012)は、他の岩石に比べてウラン濃度が高い花崗岩の風化により河川に供給された砕屑物が、河川中の溶存態ウランの主要な供給源であると指摘している。

北海道および北関東産の製品は、「湧水」(不圧(自由面)地下水、被圧地下水の区分によることなく自噴している地下水;農林水産省、1990)、あるいは「鉱水」(ポンプ等により取水した地下水のうち溶存鉱物質等により特徴付けられる地下水;農林水産省、1990)を原水としている。

すなわち これらの製品の原水は地下水であるが、地下水は表流水よりも長期に亘り岩石と接触するであろうことを加味すると、これらの地域に分布する花崗岩からのウラン溶出により、地下水のウラン濃度が大幅に増大する可能性はあると思われる」

「DBW-K-2は、54.1 ng/Lと他の製品に比べて一桁高いトリウム濃度を示した。

DBW-K-2の水源地である道央地方南部は第四紀火山岩類が広く分布する地域であるが(日本地質学会、2010)、この地域のトリウム存在度は他地域に比べて低く(3 mg/kg未満;今井ほか、2004)、トリウム富化の原因を地質環境に帰することは困難である。

DBW-K-2と同じく温泉水を原水とする他の製品(DBW-K-58・-K-59; ラベル表記より恐らく水源は共通、アルカリ性単純温泉)では、トリウム濃度は他の国内産製品と同等である(それぞれ0.5 ng/Lと1.7 ng/L; Table 2)。

DBW-K-2の原水は これらと異なり、弱アルカリ性のナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(ラベル表記)であることを考慮すると、Kim et al. (2010)が示唆するようにトリウムイオン(IV)と共存する炭酸イオンや炭酸水素イオンによって、Th(OH)2 (CO3)34-やThOH(CO3)45-のような溶存性の錯イオンが形成されている可能性が考えられる。

さらにTh(OH)4に加えてTh(OH)3 (CO3)-のような物質も、コロイドあるいは沈殿物として存在している可能性もある(Kim et al., 2010)。

これらのことから、DBW-K-2の高トリウム濃度は、原水の泉質によって全体としてのトリウム存在度(溶存錯体・固体微粒子)が増大した結果の可能性がある」

「外産製品のウラン濃度は国内産製品よりも高濃度かつ広範囲に分布しており、本研究で測定した全試料の中で最も硬度の高いFBW-K-7は、水道法監視項目の暫定値を超える、全試料中で最も高いウラン濃度を示した(4 μg/L)。

硬度とウラン濃度が ともに高い欧州産製品は、地質中に多く分布する石灰質堆積岩層からウランとともにカルシウムが供給されたものと思われる。

国内産製品で最もウラン濃度が高かったものはDBW-K-3およびDBW-P-6(約3 μg/L)で、これらも水道法監視項目の暫定値を超えている」などの記述があります。

J-STAGE - 科学技術振興機構 」サイトより


朝鮮半島、飲用水から基準値の7倍のウラン検出
同記事に「1リットル当たり203.6マイクログラムのウランが検出された。

地下の花こう岩地層を成す岩石から地下水に溶け出したとみられている。

ウランは腎障害を引き起こす危険性があることから、米国の基準では飲用水のウラン含有量は1リットル当たり30マイクログラム以下となっている」

「全国の小規模給水施設およそ1万2900のうち4300カ所を調査したところ、17.7%に当たる770カ所から基準値を上回る量のウランやラドンが検出された」などの記述があります。

レコードチャイナ 」サイトより


重金属の生体における代謝機構( 作用 )
同記事に「ガドリニウムは、ランタン属の希土類元素で MRI造影剤として使用されている。

ガドリニウムの非結合型は、極めて強い毒性を有している。

ガドリニウムは、カルシウムチャネルを阻害作用、心血管障害や神経毒性作用を有する事が報告されている。

マウスにおいて、 LD50は、 GdCl3で100-200mg/kgであることより、アルミニウムなどと比べて非常に毒性が強い」

「NSF ( Nephrogenic systemic fibrosis、腎性全身性線維症)という疾患概念が1997年に提唱された。

腎不全患者に発生する皮膚異常で、皮膚が樹皮状に繊維化、硬化してくる。

2006年にガドリニウムを基にした MRI造影剤の投与と NSFが関連づけられた。

ガドリニウムキレート化合物による NSFの発症機序は解明されていないが、腎機能が低下して滞留時間が増加し、キレート剤からガドリニウムが遊離して、上述した結合物が皮膚に沈着することが、線維化の引き金である可能性が報告されている」

「慢性腎不全ではランタンの小腸吸収が増大することが知られている」などの記述があります。

腎臓ネット|Kidney information network 」サイトより


ランタン中毒性腎の微細構造と元素分析 (PDF: 329.142 KB)

公益社団法人 日本アイソトープ協会 」サイトより


ヴェスビオ山 噴火前からポンペイ市民は中毒を起こしていた?
同記事に「鉛よりも さらに毒性が強いアンチモンが3680マイクログラム検出された。

研究チームによると、飲み水に含まれる濃度としては異常なほど高く、毎日飲んでいれば下痢や嘔吐は止まらなくなり、脱水症や肝臓や腎臓の病気を引き起こし、深刻な場合は心停止につながる危険性があるという。

研究チームによると、アンチモンは火山近くの地下水で作られることが多く、ヴェスビオ山に近いポンペイは、他の古代都市よりも水道水のアンチモン濃度が高かった可能性があると指摘している」などの記述があります。

防災情報【ハザードラボ】」サイトより


天然のミネラル ウォーターは土壌中のヒ素に汚染される可能性

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


巨大ハリケーンが、「環境問題」という災害の連鎖を引き起こす
同記事に「米国における石炭の使用量は減少している。

だが、つい最近の2011年まで、毎年1億3000万トンの石炭燃焼残留物(CCR)が排出されていた。

そこでまた皮肉な事態が生じた。

大気環境を管理する技術が進歩したおかげで、煙突から外に抜けていく前のフライアッシュ(燃やした石炭から生じる飛灰)をより多く捕集できるようになり、CCRの量が増えてしまったのだ。

石炭灰は乾いているとあらゆる場所に飛散し、吸入されると有毒になりうる」

「石炭に含まれる炭素は酸化すると、宝石に含まれていてほしくない数々の金属、すなわち鉛、水銀、セレン、ヒ素、カドミウム、クロムなど多くの有毒物質に変わる」

「石炭灰の ため池のそばにある湖や小川で生息する魚類や両生類に、生殖機能の不全や臓器障害が生じ、ある種の生理的ストレスの発生を示す代謝物の代謝率が高くなっていたのだ。

動物が金属を摂取し、その金属が動物の体内に蓄積したためだった。

特に憂慮すべき結果は、脊柱が曲がったり、口腔奇形が生じたりしているオタマジャクシを研究者が発見したことだ。

数本ではなく、すべての歯がないオタマジャクシがいたのである。

< 被害が出るまで規制されず >

噴飯ものな事実といえば、米国内に1000か所以上ある石炭灰のため池のうち、何らかの規制を受けているところは1か所もなかったことだ。

そのせいで、2008年にはあるため池が決壊し、テネシー州東部全体に10億ガロン(約37億8541万リットル)の石炭灰が流出した。

メイバーグが当時を思い出して語ったところによると、ため池の所有者が負担すべき補修費用としてテネシー川流域開発公社が概算した金額は、5000万ドル(約57億1720万円)だった。

ところが、川底から石炭灰の泥を かき出すために実際にかかった金額は、10億ドル(約1,143億4,750万円)に上ったという。

14年になると、再び石炭灰が流出した。

ノースカロライナ州でデューク・エナジーの石炭灰のため池の地下に敷設されていた雨水排水管2本が破裂し、石炭灰39000トンと汚泥2700万ガロン(約1億221万リットル)がダン川に流出した」

「LVサットン発電所で貯留しているセノスフェアが、「ケープ・フィアー川に流れ込んでいます」とシーハンは言う。

セノスフェアとは石炭灰と同様に、石炭を燃焼する際に生じる副産物である。

シリカとアルミナを成分とする中空、球形の微粒子で、コンクリートなど複合材料にリサイクルされる場合もある」

「有毒な重金属は水底に沈んでもなお、危険をもたらす可能性がある。

デューク大学で水質と地球化学を研究するアヴナー・ヴェンゴッシュは「川の水が透明になっても、汚染物質の痕跡は目に見えてわかるわけではありません」と話す。

「水底に埋まった石炭灰はゆっくりと、しかし確実に周囲の環境に汚染物質を放出します」

汚染物質を放出する源は「間隙水」だ。

この水は川底の堆積物のうち、上から5インチ(約12.7cm)分ほどの層を占める石炭灰の粒子の間に満ちている。

その層には酸素がなく、石炭灰の汚泥は電子を失う酸化反応とは反対の電子を得る反応、すなわち化学者が言うところの還元反応を起こす。

その際、重金属は非常に特異な反応を示し、水底のあらゆる生物の体内に、より吸収されやすい状態となる。

「重金属は電子を得て還元されると堆積物に吸収されやすくなり、電子を失って酸化されると水に溶けやすくなります」とヴェンゴッシュは説明する。

そこで、石炭灰の汚泥を除去しなければならないのだが、除去作業そのものが危険である。

08年のテネシー州における石炭灰流出の際、汚泥の除去に携わった人々のうち少なくとも30人が死亡し、報道によれば200人以上が病気になり、いまも裁判が続いている」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


地球化学 日本のヒ素 分布図

地球化学 日本の水銀 分布図

地球化学 日本のカドミウム分布図

地球化学 日本のアンチモン分布図

地球化学 日本のベリリウム分布図

地球化学 日本のルビジウム分布図

地球化学 日本の鉛 分布図

地球化学 日本のウラン 分布図

地球化学 日本のトリウム分布図

地球化学 日本のセシウム分布図

地球化学 日本のガドリニウム分布図

地球化学 日本のランタン分布図

海と陸の地球化学図 - 地質調査総合センター 」サイトより


重元素・重鉱物分布図

日本全国 土砂データベースJRS-DB - 東京理科大学 」サイトより



重金属のような天然に存在して避けようのない有害物質は、実質的にゼロリスクが不可能といわれ、事実上 天然物のリスクについては、基準値を甘くせざるを得ないようです。

このため、「安全な食材・食品の入手を容易にするためにも、世界各地の食材生産を増やすことで、有害物質の過剰摂取リスクの分散を図ることが、有害物質の蓄積の軽減にもつながるため、安全性の視点からも急務である」という専門家の指摘があります。



中国企業の海外農業投資が活発化,水不足や土壌汚染が引き金

食品問題抱える中国、外国の土地を買いまくる―仏メディア

中国が世界で土地を買収,未来の人類は中国産食料に頼ることに
同記事に「未来の人類は何を食べているか。農業のグローバル化で小規模農家は消えるだろう。

ファンションや技術と同様、「中国製」の食物が世界を席巻しているかもしれない」

「中国農業の拡大は3つの戦略に基づいている。

まずは土地の買収。

中国は現在、31か国・61か所で土地の買収を進め、農業を展開する見通しだ」

「さらに、大規模な食品関連企業の買収も進めている。

2013年には米国の養豚、食肉処理企業大手を買収。

オランダやシンガポールの農業企業も次々と傘下に収めている。

中国政府は農業の大規模化を推進。

一部の大手国有企業に資本と富を集中させる方針」などの記述があります。

中国企業、仏の農地大量買収で物議=相場の3倍で5000ha入手

食料確保に裏技?!外国農地借り上げと移住を検討-広東省

中国人によるカナダ農地への投資ブーム、農地価格が暴騰

ブラジルに中国人の食糧生産基地を計画

中国企業が牧場16か所を購入=現地では懸念する声も NZ

中国による農地買い占めにブラジルが懸念

「オーストラリア北部を中国の食糧生産地に」大胆な構想
同記事に「オーストラリアの今後の戦略において中国の存在はすでに非常に重要な位置付となっている。

中国の巨大な市場の需要に応えるるべく、オーストラリアの野党議員は、「オーストラリア北部の土地を開拓し、中国向けに食糧を生産する」と大胆な構想を語った」

「オーストラリア メディアの報道によると、同国野党議員のアンドリュー・ロブ(Andrew Robb)氏はメルボルンで演説を行った際、「中国には高品質の食品に対する巨大な需要がある。オーストラリアと中国は良好な関係を築いている。この関係を さらに発展させることができる」

「オーストラリア北部の土地を1000万~1700万ヘクタール開拓し、オーストラリアの対外食糧供給量を倍にする。

オーストラリアはアジアに対し大量に高品質で高付加価値の食品を提供できる」

「オーストラリアは学生のアジア国家言語の学習を強化する必要がある」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


中国、外国農地を「爆買い」 豪、米、欧州でも買収の動き
同記事に「米シンクタンク、アメリカンエンタープライズ研究所(American Enterprise Institute)とヘリテージ財団(Heritage Foundation)の統計によると、海外の農業への中国からの投資は2010年以降、少なくとも総額940億ドル(約10兆円)に上り、うち ほぼ半分が ここ2年での投資だという。

■ オーストラリアの巨大牧場を買収

中国の不動産開発業者「上海CRED(Shanghai CRED)」は2016年、オーストラリアの鉱業会社と連携し、豪国内にある世界最大規模の巨大牧場を運営するS・キッドマン(S. Kidman & Co)を買収。

同社はオーストラリアの牧場運営大手で、畜牛18万5000頭を所有し、豪農地の2.5%を管理している。

オーストラリアでは、2012年にも中国の繊維メーカー大手・山東如意科技集団(Shandong Ruyi)が豪最大の綿花栽培農場を買収しており、物議を醸している。

■ ニュージーランドでは酪農場

ニュージーランドでは中国食品大手のブライトフード・グループ(光明食品集団、Bright Food)、乳製品メーカーの伊利(Yili)、投資会社の上海鵬欣集団(Pengxin)が地元農業経営者らの苦情をよそに、数十もの酪農場を買収。

現在、中国市場で高く評価されている製品が同農場で生産されている」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


カナダ農地に中国当局「不法大量取得」疑惑

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより



異国の地で就農、気がつけば月収100万円 - 1

「外国に出て日本の野菜を作ってみたら いいんじゃない」1

パリで大人気、日本の野菜 1

日本は「食の品質」を世界に輸出せよ - 4
同記事に「日本企業は日本の消費者の厳しい目と声によって鍛え上げられてきました。世界トップレベルの安全への意識も、その たまものと言えます。

かつて「Made in Japan」の製品が世界を席巻しましたが、成熟した経済となった今では、モノよりも そのモノを作る基準としての「Made by Japanese」を世界に広めるべきではないでしょうか。

世界の国々が欲しがっているのは、日本の消費者に鍛え抜かれた「品質」という価値なのです」

「食糧危機、食品ロスの問題、安全への関心と興味、品質の向上など、世界の食の問題を解決するために「日本人によって」できることは今こそ たくさんあるように思うのです」などの記述があります。

JBpress (日本ビジネス プレス) 」サイトより


農業生産法人 株式会社GRA 」サイト


爆発的に成長するアフリカ、日本は?【地産品革命】- 2
同記事に「31歳の日本人女性が立ち上げた、マカダミアナッツ農園」

「ナッツの中でマカダミアナッツが最も高価」

「5年目から収穫が始まり、100年くらいはとれる」

「1本当たり だいたい65キロの収穫」

「ニーズは世界的に高く、作れば作っただけ売れる」

「マカダミアナッツはコレステロールを全く含まず、不飽和脂肪酸が80%以上という健康食品。

産地はオーストラリア、南アフリカ、ハワイ、ケニアと続き、全世界で品不足」などの記述があります。

日経トレンディ ネット 」サイトより


スマートアグリ

JFEエンジニアリング 株式会社 」サイトより


Food Valley (英語)

Wikipedia 」サイトより


ラクダのミルクが牛乳よりも健康的な飲み物として世界的に注目

マカダミアナッツの遺伝的多様性は非常に乏しい

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


ロシアの野菜・穀物大手、日本式農業を導入、無農薬栽培
同記事に「野菜・穀物生産を手がけるロシアの農業大手マリノのセルゲイ・ルペヒン社長は、日本農業のノウハウを導入して農産物の生産・出荷を行う「日本村」を設立する構想を明らかにした」

「日本村の設立構想について、ルペヒン社長は「日本農業の技術力をロシアに導入したい」と狙いを強調した。

ロシアの農業はソ連時代の集団農場化で技術的に立ち遅れており、近代設備を導入した効率的な農業への脱皮が課題になっている。

日本村という受け皿を作ることで、農業分野で日本企業との協力を進める方針だ。
 
日本村の候補地は、モスクワ市が農業関連企業を集積するため設置を予定する「農業団地」を考えている。

具体的な協力事業として、ルペヒン社長は

(1)発光ダイオード(LED)を利用した農産物の栽培

(2)無農薬栽培の技術導入

(3)野菜類を梱包する日本製設備の導入

(4)全天候型温室を利用した農産物の生産などを挙げた」

「ルペヒン社長は日本企業との協力について、日本村での合弁事業などのほか「日本に近接する極東地域などに野菜や穀物を生産する合弁会社を設立したい」と語った。

小麦など穀物だけでなく各種の野菜を広大な敷地で生産し、ロシア国内向けに販売するほか、近隣諸国や日本などにも輸出する方針。食品加工の分野での協力にも期待を示した」

「マリノは日本の農業技術導入で競争力強化につなげる考えだ」などの記述があります。

日経メッセ 」サイトより


露極東に「日本の農場」 生産性高い技術供与 - 1

露極東に「日本の農場」 生産性高い技術供与 - 2
同記事に「中国の場合、食料価格が急騰した2008年ごろから、アムール州などで土地を安価で借りるなどして中国人労働者の進出が拡大した。

しかし、中国資本が進出した農場では短期間に収穫を上げようと、大量の化学肥料や農薬を使った"収奪型農業"が土壌や河川の汚染を引き起こしており、アムール州やクラスノヤルスク地方などでは今年から中国系移民による農業が禁止された。

こうした背景から、ロシア側では日本の参入を望む声が高まっている」などの記述があります。

産経ニュース 」サイトより


日系企業が極東で農業特区

ロシアNOW 」サイトより


地球「人口爆発」解決のカギは日本人 - 1

地球「人口爆発」解決のカギは日本人 - 2
同記事に「タンパク質の合成、水耕栽培などによる食糧対策、太陽光や風力、海流波などを利用したエネルギー開発、宇宙開発による鉱物をはじめとする新資源利用の検討...と幾多の技術が想定できます。

しかし、こうした技術の実用化・普及には、早くても十数年から、50~100年をかける必要があり、そのための資金を企業や国家が支援し続けられるのか、そもそも人口爆発に間に合うのか、という問題があります。

また、仮に成功したとしても、結果として人口を増やしてしまうという皮肉を生んでしまう可能性も否定できません。

そこで考えられるのは、人口増に反比例するように、人類が地球にかける負荷を漸減させることではないでしょうか。

つまり、日本古来の生活の知恵「もったいない」「間に合わせで我慢する」「無駄をなくす」の"3M"を実行することが、効果的な緩和策になると思います。

決して西欧的な3M=「Much」「More」「Many」を求めないことに尽きるのです。

敢えて西欧的な思想に準拠するなら「One for All. All for One.」の概念、つまり節操ある共生の理念が問われるはずです。

こうした精神文化と、日本的モノ造り技術「軽薄短小」志向などが、上手くかみ合って、グローバルに展開できれば、難題の人口問題に解決の糸口を見出しうるのではなかろうかと思います。

むしろ、日本の先導性が、今求められているのです」などの記述があります。

地球「人口爆発」解決のカギは日本人 - 3
同記事に「工業のみならず、農業や商業、ハイテク インフラや、コンテンツ ソフトなど」「日本の人材と財が生かされる分野は無限にありそうです」などの記述があります。

産経ニュース 」サイトより


グローバル・フードバリューチェーン戦略策定
同記事に「農林水産省は、農業生産から製造・加工、流通までのフードバリューチェーンを海外展開する戦略を策定」

「フードバリューチェーンの構築は、農林水産物の生産から食品製造・加工、流通、消費までをつなぐ付加価値の連鎖をつくること」などの記述があります。

JAcom 農業協同組合新聞 」サイトより


農業メディア アグリフード 」サイトより


故郷に残したい食材

ニッポン食育ネット 」サイトより


農家が海外に進出し農業をグローバル化する - 1
同記事に農産物輸出のみでは十分な効果が得られない中では、新たなグローバル展開として海外進出が有力な選択肢だ。

日本の農業企業や農家が海外に進出し、現地で農産物を生産するモデルが徐々に増えている。

日本の農業技術・ノウハウを活かした農産物を日本「式」農産物と呼ぶことにしよう。

英語で言えば、"Made by/with Japanese"となる。日本企業が生産をマネジメントすることによる安全性や おいしさが高く評価されている」などの記述があります。

農家が海外に進出し農業をグローバル化する - 3
同記事に現地生産・現地販売が すでに進展している加工食品分野を見ても、日本からの輸入品が「高級層」、日本企業の現地生産品が「準高級層」と商品ピラミッドの上位に位置しており、農産物においても同様の市場構造ができると想定される。

そこで、例えば現地のデパートや高級スーパーマーケットで、日本「産」農産物と日本「式」農産物を合わせた特設売り場を構築すれば、一体感のあるジャパンブランドを生み出せるのではないか。

海外小売店の食料品売り場では話題づくりに苦労している店舗が多く、ジャパンブランド売り場は小売店側にも大きなメリットをもたらすだろう。

農産物では きちんとしたブランド認定の仕組みが必要だ。信頼感の高い日本の機関の認定は日本式農産物に最適だ」

「日本の方法で生産管理を行い、管理状況を消費者に発信していくことは差別化につながる。

例として、日本のGAP認証(肥料・農薬の管理などの食の安全や環境保全に関係する農作業に関する基準を定めた認証)であるJ-GAPに関し、日本GAP協会がJ-GAPの海外認証制度の導入を進めている。

日本のルールを遵守した生産管理・品質管理は世界的に高く評価されており、厳格な審査が行われるJ-GAPの海外認証制度であれば、現地の消費者の納得感も高いだろう」

海外における日本式農業では、日本国内向けの生産をベースに生み出した優れた生産ノウハウをグローバルに展開する、という取り組みが有効となる。

これまで日本の高付加価値農産物は日本の土地でしか作れない、と言われてきたが、根拠の薄い神話に過ぎない。

自然状態での肥沃さ、という観点で見れば、海外には日本よりも恵まれた土地が数多く存在する。

世界的な穀倉地帯と比べて、必ずしも肥沃ではない農地で、堆肥等を活用した循環型農業や、土壌を使わない水耕栽培を発展させてきたのが日本の農業といえる」などの記述があります。

農家が海外に進出し農業をグローバル化する - 4
同記事に日本農業の価値を支えているのは土地の特性ではなく、農家の持つノウハウや創意工夫であり、ここに「日本農業の知財で収入を得る」、という新たな産業モデルが成立する。

日本の農家を過度な土地神話から解き放ち、農家のノウハウを海外市場に適応させることが、日本の農業に新たな成長機会をもたらす。

農業知財を活用した日本式農業の展開戦略として、出資を伴う現地進出と、出資を伴わない技術移転の2形態がある。

日本式農業の最大のポイントは日本の農業技術・ノウハウを用いている点であり、必ずしも出資は必要ではない。

これまで日本農業の海外展開における課題とされてきた、農家・農業企業の資本力不足に制約されない事業拡大が可能となる。

日本の農家・農業企業は、技術移転に伴い、移転先の現地企業からロイヤリティを得ることができ、加えて、現地に合弁企業を設立するケースでは、配当収入も期待できる。

現地企業から、事業初期のリスク低減のため、初期ロイヤリティを下げる代わりに、売り上げ連動ロイヤリティを高く設定し、リスクとメリットをシェアしたい、との声が多い。

出資ではなく売り上げ連動ロイヤリティという形で、リスクをシェアするというビジネスモデルは、資金力に乏しい農家でも展開可能である」などの記述があります。

農業ITが匠の技を世界に広げる - 1

農業ITが匠の技を世界に広げる - 5
同記事に「農業ITを使った のれん分けビジネスはフランチャイズ方式であり、一つ一つの規模は小さいが、それを多数束ねることで、大きなビジネス群を生み出すことが可能だ」などの記述があります。

日本の食糧問題は キューバ式「地域力」に学べ! - 1

日本の食糧問題は キューバ式「地域力」に学べ! - 2

日本の食糧問題は キューバ式「地域力」に学べ! - 3

日本の食糧問題は キューバ式「地域力」に学べ! - 4

ダイヤモンド・オンライン (Diamond Online) 」サイトより


日本農業「海外進出」始まった!新富裕層狙い現地生産・販売
同記事に日本の農業が海外に続々と進出している。武器は狭い農地での高い品質、高い収穫に工夫を凝らした生産管理技術。農薬や化学肥料を使わない有機栽培などが海外で人気となっている」

「日本の農業が世界をターゲットに展開していくには2つの方法があります。1つは日本で作って輸出する。もう1つは技術とか農業経営そのものを輸出してしまうやり方です。

その後半部分の展開が始まった。『メイド・イン・ジャパン』だけでなく、『メイド・バイ・ジャパニーズ』という新しい展開です」などの記述があります。

J-CASTニュース 」サイトより


衛星システムで精密農業を実現 ヤンマー、日立

JAcom 農業協同組合新聞 」サイトより


ファイト サイクル プロジェクト の ご案内
同記事に「心と体をリフレッシュさせ、農作物を作る喜びを噛みしめながら、思う存分農業に勤しめる環境を作ろうと、オーストラリアに『がんばろう!ふくしまファーム』を立ち上げる準備を開始いたしました」

「クイーンズランド州政府、現地バーデキン市に働きかけて米産業の創出を図りながら必要十分な量の日本米の生産を可能にする種もみ用の米を栽培し確保する。
 
そして、福島から交代で来る農業者が、オーストラリアで福島県の米の年間出荷高である35万t の日本米を生産し、日本政府が毎年海外から買い上げている77万t のミニマムアクセス米のうちの一部として、ふくしまファームの35万t を買い上げてもらい、その収益をオーストラリアでの耕作実績、福島でのエネルギー作物の収穫量に応じて各農業者に分配するというスキームを作る。

そのスキームをつくることによって、4)作ってナンボの農業者が作物を作る喜びを取り戻し、5)消費者に安全安心な作物が供給され、6)オーストラリアと農業面でのWIN+WINの関係を築いて将来的なFTA、TPPに備える等、ざっと考えても一石六鳥の効果を生み、技術の日本と資源のオーストラリアが がっちりスクラムを組めば、将来にわたって計り知れない相乗効果を生む」などの記述があります。

いわきワールド田んぼプロジェクト (IWTP) 」サイトより


いわき市の地名由来
同記事に「この地域を「磐城」と呼称しているのは、往古の奥州磐城の国、磐州、磐城平藩等があったので、市制施行で誕生の際に、【いわき市】と命名、聖徳太子が制定した憲法十七条の一条文にある「以和貴」に対照している」

「和を以って貴しとなす(以和貴)」などの記述があります。

MOMOTARO 」サイトより


農家の皆さん、ブラジル移住はいかが 州政府は歓迎

JBpress (日本ビジネス プレス) 」サイトより


Flower breeder FLORSAIKA 」サイト (英語)


三井物産、豪州牛肉事業への進出に関心
同記事に「Kidman & Coが所有する、西オーストラリアからノーザンテリトリーに至る1100万ヘクタールの私有地が、売却に出されています。

1100万ヘクタールという面積はイングランドの総面積に等しく、日本の総面積の約3分の1となります。

これまでにこれほど広大な土地が売りに出されたことはなく、史上最大の土地取引ともなるようです」などの記述があります。

Japan Australia Business Creators 」サイトより(英語)


世界人口、2050年には97億人に 国連予測

イタリアのコメ輸出が急増、小規模農家が作る高級米が人気

ルバーブ農家、英国料理の革新で需要増

ドイツ版「田んぼアート」? トウモロコシ畑に五輪マーク出現

米国、人気広がる農業ツーリズム、トウモロコシ畑の迷路も

ブータン、農産物の100%オーガニック化を目指す

海水で育つイネ、すくすく成長 山東省 青島市

水田などから電力を「収穫」する新発電技術、オランダ

AFPBB News 」サイトより


食料危機を解決?太陽光と海水だけ、砂漠でもOKな屋内農場

イタリア農業は高級化で生き残る

大量発生で農作物や木を枯らす害虫が拡散中 - 1
同記事に「シタベニハゴロモは もともと中国など東アジアに生息する虫だが、2014年にアメリカ国内で初めてペンシルベニア州で発見され、のちに東海岸全体に広まった(日本でも2009年に石川県、2013年に福井県、2017年 大阪府で発見されている)」などの記述があります。

大量発生で農作物や木を枯らす害虫が拡散中 - 2

最新研究が明かす免疫の謎 - 3
同記事に「不健康な食事は細胞に「記憶」される

ファストフードが「体に悪い」ことは誰でも知っている」

「やや分かりにくい影響もある。免疫系への長期的なダメージもその1つだ。

独ボン大学の研究グループによると、高脂肪・高カロリーの食事に対し、私たちの体は細菌に感染したときと同じような反応を示すことが分かった。

高脂肪・高カロリーで食物繊維が少ない西洋式の食事を4週間にわたりマウスに与えたところ、全身に強い炎症反応が現れたのだ。「不健康な食事を続けたマウスは、血液中のある種類の免疫細胞が予想外に増加した」

「慢性的に炎症反応にさらされると免疫機能が抑制され得ることと、一部の加工食品を長期的に摂取すると炎症反応を引き起こし得ることは証明されている」

「マウスに西洋式の食事を4週間与えた後、通常の穀物中心の食事を4週間与えた。

その間に急性の炎症はなくなったが、不健康な食事に合わせて遺伝子のプログラムが切り替わった免疫細胞は、多くが そのままだった。

「自然免疫系に記憶する機能があることは、最近発見されたばかりだ」などの記述があります。

自然豊かな観光大国ニュージーランドで水質汚染 - 1
同記事に「特に影響を受けているのが、かつては文明による汚染を免れていた河川や湖沼で構成される広大な水系だ。

いまや経済協力開発機構(OECD)加盟国のなかでも、最も汚染度が高い部類に入る、と一部の専門家は指摘する。

NZ環境省の2014年報告では、水系の約6割は遊泳に適さないという。

水質は その後さらに悪化したと専門家は言う。

市場調査会社コルマー・ブラントンが先月実施した調査によれば、82%が湖沼や河川の汚染について非常に、または大変に懸念していると回答しており、生活コストや子どもの貧困、気候変動などの問題に対する懸念を上回った」

「過去20年、畜産業の発展によって水の汚染レベルが上がった」などの記述があります。

自然豊かな観光大国ニュージーランドで水質汚染 - 2
同記事に「NZでは、すでに牛があまりにも多すぎる。酪農の強化拡大にとって大きな鍵となるのは人工窒素肥料」

「この国では、約470万人の総人口を上回る500万頭近い牛が飼育されている。

北島西部にある有名なタラナキ山近郊にある人気の遊泳場は今月、排泄物による汚染の指標となる大腸菌増加により閉鎖された。

汚染源を特定するための検査が行われているが、過去には、この水系を汚染した原因として、近隣の酪農場からの排水が指摘されていた」などの記述があります。

自然豊かな観光大国ニュージーランドで水質汚染 - 3
同記事に「中国が旅行シーズンのピークとなる旧正月(春節)を迎える2月には、NZに大量の観光客が押し寄せると見込まれており、自然環境に対して さらに負担をかけると住民は危惧している。

2018年のデータによれば、NZを訪れる観光客のうち、中国人は隣国のオーストラリア人に次ぐ第2位だった。

住民が恐れているのは水質汚染だけでなく、ベネチアやボラカイ島、バリ島などで見られたように、大量の観光客やキャンパーが、同国の代表的な名所を台無しにしてしまうことだ。

ベネチアでは過度な混雑のため。地元当局が観光客の入域を制限せざるを得なくなり、フィリピンで高い人気を誇るボラカイ島も、大量の観光客が押し寄せて「汚水溜め」になってしまったとして、2018年閉鎖された」などの記述があります。

自然豊かな観光大国ニュージーランドで水質汚染 - 4
同記事に「政府によるガバナンス放置と酪農・観光産業の増大によって、環境が犠牲になりつつある」

「これはオウンゴールだ。自業自得ということだ。

この国にとって最大の付加価値は、美しく自然豊かなイメージであるにもかかわらず、そうしたイメージをまさに台無しにしつつある」

「強力な酪農、観光業界に政府が手をつけない限り、変化は起きないだろうと悲観する」などの記述があります。

身の回りの化学物質が子供の健康を脅かす - 1
同記事に「私たちの身の回りには多くの化学物質がある。

日々の生活で触れる化学物質の中には、いわゆる内分泌攪乱物質も多い。

この種の物質は、体内のホルモンが正常に機能することを妨げ、脳や その他の器官の細胞や組織に異常を生み出す場合がある。

昔は、これらの化学物質が体内にあるときに害が生じると思われていた。

しかし、そうではないことが分かってきた。

体内に取り込まれた化学物質が数日で排出された後も影響は残る」

「近年は有害な化学物質の規制も設けられ始めたが、規制は お世辞にも十分とは言えない。

私たちの身の回りから有害な化学物質が完全に取り除かれる日は遠い先だろう」などの記述があります。

身の回りの化学物質が子供の健康を脅かす - 2
同記事に「多くの農薬の有効成分である有機リン酸エステルは、第二次大戦中に化学兵器の神経剤として開発された。

神経剤は脳の正常な機能を妨げる。

その濃度を下げたものが農薬として用いられるようになった。

有機食品を食べれば、尿中の有機リン酸エステル分解物の濃度が下がることが分かっている。

イチゴ、ブドウ、サクランボなどは体内に取り込まれる農薬の量が多く、丁寧に洗っても農薬を十分に取り除けない」

「食品パッケージなどのプラスチックに柔軟性を持たせるための可塑剤として、フタル酸エステルという物質が用いられる。

この化学物質は、スキンケア用品などに香りを付ける目的でも使用される。

フタル酸エステルは、肥満の原因になる可能性がある。

ローションや化粧品に用いられるものの一部はテストステロン(男性ホルモン)の働きを妨げ、缶の内側のコーティングやプラスチックの食品パッケージに用いられるものの一部は体内でエストロゲン(女性ホルモン)と同様の作用をする場合がある。

実験では、甲状腺刺激ホルモンの生成をつかさどる遺伝子の発現に影響することも分かった。

体内に取り込まれるフタル酸エステルの量を減らすためには、缶詰食品を避け、生鮮食品や瓶詰食品を選ぶほうがいい。

フタル酸エステルが使われているポリ塩化ビニル(PVC)製の容器も避けたい。

使い捨てプラスチック容器の再利用は危険。

プラスチックの食器に食べ物を入れて電子レンジで加熱したり、プラスチックの食器を食洗器で洗うのもやめるべきだ。

強い洗剤で洗うとプラスチックが削れて、食品に入り込みやすくなる。

傷の付いたプラスチック製の食器は思い切って処分しよう」

「BPAは、プラスチック原料として用いられる化学物質だ。

食器や飲料品のボトルのほか、食品缶詰や缶飲料の内側のコーティングにも使われている。

この物質は甲状腺が正常に働くことを妨げ、脳の大脳皮質の発達過程で甲状腺ホルモンが役割を果たせないようにする場合がある。

大脳皮質は、人間特有の機能の多くを担う部位だ。

最近は、プラスチック製の容器などで「BPA不使用」をうたっているものも多い。

しかし、BPP、BPF、BPS、BPZ、BPAPなど、BPAの代わりに用いられている物質にも同様の危険がある」などの記述があります。

身の回りの化学物質が子供の健康を脅かす - 3
同記事に「缶詰食品と缶飲料を摂取するのをやめれば、尿中のBPAのレベルが90%以上減る。

テトラパックなどの紙容器入りの食品は、缶詰より安全性が高い」

「ヨウ素を摂取することも効果的だ。

ヨウ素は甲状腺を機能させる上で非常に大きな役割を果たす。

ヨウ素を摂取するには、海藻を食べるのが最善だ。

魚介類や乳製品、クランベリーなどもいいだろう」などの記述があります。

インド発の健康スーパースナック「オニバスの種」登場 - 1

インド発の健康スーパースナック「オニバスの種」登場 - 2

ニューズ ウィーク日本版 オフィシャル サイト 」より


日本の「田んぼアート」がスゴいことになってる

今年も凄いね、田んぼアート

まるで宝石のようなトウモロコシ

roomie (ルーミー) 」サイトより


日本の野菜は栄養不足?痩せた土地を微生物で元気にする!

TANQ | 立命館大学理系スペシャル サイト 」より


オーガニック市場・トレンドについて

マイ・オーガニック・ジャパン 」サイトより


日本の有機食品、1400億円規模
同記事に「日本の有機食品市場規模は1300~1400億円(推計)。

特別栽培農産物など、安全性や環境に配慮した食品を加えると、市場規模は約6000億円を のぼるとしている」などの記述があります。

オルタナ|「志」のソーシャル・ビジネス・マガジン 」サイトより


有機農業立国キューバ

The Good Bankers 」サイトより


近い将来に飛躍的進歩が期待される最新テクノロジー5選

ライフ ハッカー[日本版] 」サイトより


農業生産性を大幅アップ、画期的な都市型農場ソリューション

大豆の収穫を大幅に増やせる環境にも やさしい手法

水上農場「SMART FLOATING FARMS」のアイディア

FUTURUS(フトゥールス) 」サイトより



【関連記事】


日本人街・経済特区
( 「 有害物質の少ない地域で食糧生産を増やすことが、汚染物質の摂取低減に寄与し、安全な食品の安定供給にも繋がる 」という専門家による指摘があります。 )

火山分布の世界地図

大気汚染の世界地図

水の世界地図

海洋汚染の世界地図

ラドンの世界地図

黄砂汚染の地図
( 堆積する黄砂:農作物や水質への影響の項目を参照 )


シャーガス病と食料
シャーガス病の恐怖再び=アサイー製品に寄生虫?
同記事に「冷凍されたアサイーにもシャーガス病の寄生虫が生息する可能性があると、カンピーナス州立大学の実験結果から発表された。2010年5月12日付エスタード紙が報じた」

「冷凍保存した場合の寄生虫の生存率は低いとされていたが、今回 行われた保健省と同大学の共同研究からは、同寄生虫がマイナス20度の環境の状況でも生息できることが明らかとなった。

加工段階で浄化作業が不十分のため寄生虫や その糞が混入する可能性があり、北部より冷凍で流通するアサイー商品に関しても懸念が高まっている」などの記述があります。

ブラジル知るならニッケイ新聞WEB 」サイトより


【関連記事】


シャーガス病の世界地図

衛生状態の世界地図


エキノコックス症
エキノコックス症とは
同記事に「エキノコックス症には、その原因寄生虫種により単包性エキノコックス症(単包条虫)と多包性エキノコックス症(多包条虫)がある。

近年、多包性エキノコックス症が、北海道東部から北海道全域へと伝播域を拡大しつつあり、国民の健康に脅威を与える感染症となっている」

「単包性エキノコックス症については、1881年に熊本で日本最初の症例が報告」

「国内感染が疑われる患者の分布地域は主として、九州、四国、近畿などの西日本であった」などの記述があります。

国立感染症研究所 - 厚生労働省 」サイトより


エキノコックス症の危機管理へ向けて--現状と対策--
同記事に「多包条虫は北半球に広く分布し、世界中で約30万人の患者が推定されている」

「現在、国内では おもに北海道において問題となっているが、日本で初めて多包虫症が報告されたのは仙台である。

特に、東北地方では既知の多包条虫流行地に居住したことのない人体症例も知られており(原発例)、青森県の患者21例中9例は そのような症例である」

「北海道内において、多包条虫は1935年~1960年代まで礼文島に、さらに1966~1980年までは北海道東部に限局していると考えられていたが、1980年代に流行地拡大が認識され、1990年代後半には北海道全域に蔓延していることが明らかとなった。

多数の飼い犬が北海道から道外へ搬出されており、観光で一時的に北海道に滞在する犬も考慮すると、道外へ多包条虫感染犬が移動し、流行地が拡大する可能性がある」

「人は移動・転居し、かつ、発症するまで10年内外を要し、感染経路や感染した地域の特定は困難なことが多い。

しかし、本州で診断された症例のほとんどは、北海道もしくは海外の多包条虫流行地に居住した経験がある患者である」

「患者は農村部だけでなく都市部からも見つかり、北海道全域に感染リスクが高まっていることが示唆され、今後の患者数の増加が危惧される」などの記述があります。

公益社団法人 日本獣医師会 」サイトより


エキノコックス 感染気づかず治療しないと10年後致死率90%

NEWSポストセブン 」サイトより


広東住血線虫症とは
広東住血線虫症とは
同記事に「従来、特に症例の多い地域は台湾、タイ、ポナペ、ニューカレドニア、タヒチなどである」

「アフリカマイマイ、スクミリンゴガイなどの貝や数種のナメクジ から第3期感染幼虫(L3)が検出された地域もある。

本邦における人体症例はこれまでに少なくとも54例(2003年8月現在)があり、沖縄県での感染例がおよそ61%を占め、眼型は2例、髄液から虫体が検出された症例が2例ある」

「本土の残りの6例のうち、北海道、 東京、福岡、京都の4例は沖縄における感染と考えられ(後2例は後述)、他に、台湾とインドネシアで感染した症例が各1例ずつある。

感染源については、アフリカマイマイに起因すると考えられるもの15例(沖縄14例、インドネシア1例)、アジアヒキガエルに起因するもの2例(沖縄2例)、ナメクジが感染源と考えられるもの7例(沖縄、静岡各3例、鹿児島1例)であり、残りは感染源不明である。

特記すべきこととして、沖縄において2000年1月から3月にかけての短期間に8例(20歳から62 歳、男3名、女5名)の発生が認められており)、 同年6月には沖縄で、わが国初めての死亡例が発生した。

最近5年半(1998年〜2003年)の発生動向を見ると、2000年に沖縄で発生した症例だけでも9例とされており、合わせて14例の発症例がある。

これらは全て沖縄で感染したものと推定されている。

発症地が沖縄以外のものとしては、沖縄へ旅行後に発症した京都の13歳男の症例、ならびに沖縄に帰省後に発症した福岡の20歳女の症例の2例がある。

いずれも感染源の特定はできていないが、京都の症例では、 旅行中に食べた生野菜が原因ではないかと考えられている」などの記述があります。

感染要因が変化してきた沖縄県の広東住血線虫症
同記事に「広東住血線虫(Angiostrongylus cantonensis : Ac )症の感染は、中間宿主や待機宿主等の摂取以外に、感染幼虫によって汚染された野菜、手指、飲料水等を介しての間接的な摂取によって起きることが知られている)。

沖縄県では2000年1月に感染源不明のAc 症が6名発生したが、Ac 症としては症状や免疫学的反応が弱いことから感染幼虫による少数曝露が疑われ、間接的に汚染された野菜を介しての感染が推測されていた。

また1999年12月に沖縄旅行後に京都府で発症した事例は、わが国で初めてのサラダを感染源とするAc症として報告されている」などの記述があります。

国立感染症研究所 - 厚生労働省 」サイトより


人間の脳に寄生する寄生虫の存在をハワイ保健局が旅行者に警告
同記事に「寄生虫が人間の脳に感染するケースが増加しているとハワイ保健局が警告を発表しました。

この寄生虫が人間に感染したという報告は過去10年で2件のみだったのですが、2017年には17件、2018年には10件、2019年には既に5件が確認されているとのこと」

「広東住血線虫は「rat lungworm」とも呼ばれており、その名の通り、まずメスはrat(ネズミ)のlung(肺)に卵を産み付けます。

その後生まれた幼虫は咳と共に消化器官に移動し、宿主に飲み込まれて、最終的には糞便と共に排出されます。

ふん便はそれをエサとするカタツムリやナメクジによって食べられるので、それらを介して再び広東住血線虫は移動していく」

「日本では沖縄県の感染症例数が圧倒的に多く、2000年には全国初となる死亡例も確認されています」

「この寄生虫を特定する血液検査はなく、感染を確認するのは非常に難しいことだとされています。

ハワイ保健局は患者の脳脊髄といった組織から寄生虫のDNAの断片を採取することで症例を確認しているとのこと。

しかし、感染が確認されても具体的な治療法は存在せず、抗寄生虫薬が感染症を解決するのに役立っているのかも不明であるため、保健当局は予防の重要さを呼びかけています。

ハワイを訪れた人は農産物をしっかりと確認・洗浄し、密閉容器で保管することが推奨されています」などの記述があります。

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


脳に入る寄生虫が北上、ナメクジに注意 - 1

脳に入る寄生虫が北上、ナメクジに注意 - 2
同記事に「英語で「rat lungworm(ネズミ肺線虫)」と呼ばれる通り、広東住血線虫は生涯の一時期をネズミの肺で過ごす。

感染したネズミが咳をして、肺から喉に幼虫が吐き出されると、すぐに また飲み込まれて腸を通り抜け、糞と一緒に排出される。

続いてカタツムリやナメクジが この糞を食べ、幼虫が体内に取り込まれ、しばらくの間、新たな宿主の中で成長する。

広東住血線虫が繁殖するには、その後、幼虫がネズミの体内にふたたび戻らなければならない。

このステップは、感染したカタツムリやナメクジをネズミが食べることで完了する」などの記述があります。

脳に入る寄生虫が北上、ナメクジに注意 - 3
同記事に「広東住血線虫の こうした習性を見ると、カタツムリやナメクジを人間が口にしたとき、なぜあれほど深刻な状況が引き起されるのかがよくわかる。

ネズミの場合と同様、体内に入った広東住血線虫は脳を目指す。

そして、ときに脳を守る障壁を越えて内部まで入り込むが、いったん入ってしまった虫は外に出られない。

広東住血線虫は脳に居座って物理的なダメージを与えるとともに、人間の側の免疫系が炎症を引き起こす」

「広東住血線虫が脳内で死ぬと、炎症がさらに悪化する場合があるため、投薬で虫は殺さず、通常は体の免疫の働きに期待することになる」

「カエルや淡水性のカニやエビを生で食べることもおすすめできない。

米疾病対策センター(CDC)によると、こうした食材は少なくとも3分間茹でるか、内部の温度を最低74℃まで上昇させた状態で(鶏肉も同様)、少なくとも15秒間調理して寄生虫を殺す必要がある。

ナメクジを食べないようにすることなど簡単だと思う人もいるかもしれないが、ふとした偶然から小さな個体を口にしてしまうことは十分に考えられる。

また、ナメクジが通った後に残る粘着物にも寄生虫がいることがある」などの記述があります。

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


ハワイ 脳に寄生する「広東住血線虫症」観光客が相次ぎ感染
同記事に「2019年1月になってからハワイ島西部を旅行した観光客が感染したことも明らかになったが、この患者は滞在中に生野菜のサラダをふんだんに食べたと証言している」

「生野菜やジュースの中に入っているナメクジのほか、これらをエサにしている淡水エビやカニ、カエルを生焼けで食べることでも感染する」

「ハワイ保健省によると、寄生虫に汚染された植物を食べてから1〜3週間後に発症し、初期の段階では頭痛や肩こり、軽い発熱や嘔吐などがほとんどであることから、ほとんどの人は風邪だと思って、医療機関を受診しない場合も多く、正確な感染者の数はもっと多くなる可能性があるという。

「広東住血線虫症」という名前が示すように、従来は台湾や東南アジアなどの熱帯域で多く見られる病気だった」

「日本でも沖縄や奄美大島などを含む南西諸島、鹿児島県、福岡県、広島県、神奈川県、小笠原島などで捕獲されたドブネズミやクマネズミに自然感染が認められている」などの記述があります。

脳に寄生する広東住血線虫 米国で拡大 ハワイ70人感染
同記事に「東南アジアやカリブ海など熱帯地域に多く見られ、北米には従来生息していなかったが、今回、フロリダ州内の18の郡で、ラットとカタツムリ合計1500匹を調べた結果、北部と中部の5つの郡で寄生虫の陽性反応が確認された」などの記述があります。

防災情報【ハザードラボ】」サイトより


非結核性抗酸菌症・マック菌による肺MAC症
第二の結核?「肺NTM症」7年で2.6倍に急増 西日本で高く
同記事に「抗菌薬による有効な治療法がないため、結核患者が減少する一方、増加の一途をたどっている」

「肺NTM症のなかでも最も治療が難しいアブセサス症の患者が5倍に増えていることがわかった」などの記述があります。

防災情報【ハザードラボ】」サイトより


治りにくい咳、中高年で急増 肺非結核性抗酸菌症
同記事に「結核菌に似た細菌が引き起こす肺の感染症が中高年の女性を中心に急増している」

「1年間に新たに診断される患者の割合は肺結核をしのぐ勢いという」

「抗菌薬などで治療しても完全によくなることが難しく、新しい治療薬の開発が求められている」

「死亡者数は最近20年間で およそ6倍に増加しており、2014年には1300人を超えたという。

「もはや めずらしい病気ではない。将来は結核の死亡者数を抜くと予想される」

「肺非結核性抗酸菌は水や土壌中など環境中のどこにでもいる。

土ぼこりや水蒸気に含まれる菌を吸い込んで、この病気にかかったと推定される。

土ぼこりを週2回以上浴びる仕事に就く患者のたんに含まれていた菌と、仕事場の土にいた菌の遺伝子型が一致したケースや、浴槽にある出水口などにいた菌が患者の菌と同じだった例などが報告されている」

「風呂場を乾燥させて、カビが生えにくい環境にすることが大切などの記述があります。

NIKKEI STYLE 」サイトより


肺非結核性抗酸菌症の国内患者数が7年前より2.6倍に増加
同記事に「慶應義塾大学医学部感染制御センターの長谷川直樹教授、医学部内科学(呼吸器)教室の南宮湖(ナムグン ホウ)助教らは、国内における肺非結核性抗酸菌症(以下、肺NTM症)の罹患率が、7年前と比較して2.6倍と急激な勢いで上昇し、公衆衛生上、重要な感染症となっていることを報告しました。

非結核性抗酸菌(NTM)は、肺に感染することで慢性呼吸器感染症を引き起こします。

肺NTM症は感染症法に指定されておらず、近年の疫学的実態は不明でした。今回、7年ぶりにアンケート調査を行い、結核の罹患率と比較することにより、肺NTM症の罹患率を算出しました。

前回の全国調査と比較して、肺NTM症の罹患率は約2.6倍に上昇しており、患者数は すでに肺結核をしのぎ急激に増加していることが明らかになりました。

また、今回の調査で日本は世界の中で肺NTM症の罹患率が最も高い国であることもわかりました」

「肺NTM症のうち、肺MAC症が88.8%と大多数を占め、全世界でも最も多いと報告されています。

今回の調査により、次いで多い肺NTM症は、肺Mycobacterium kansasii症(0.6人/10万人年)、肺Mycobacterium abscessus症(0.5人/10万人年)と判明し、特に肺NTM症の中で最も難治性の肺Mycobacterium abscessus症は、推定罹患率0.5人/10万人年と算出され、7年前と比較して約5倍と急激に増加していることがわかりました。

さらに、肺Mycobacterium avium症と肺Mycobacterium intracellulare症の分布が地域により大きく異なることが示され、肺Mycobacterium avium症の罹患率は東日本で より高く、肺Mycobacterium intracellulare症の罹患率は西日本で より高い傾向が見られました。

その結果、肺Mycobacterium intracellulare症の割合は、著明な「西高東低」を示しました」などの記述があります。

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 」サイトより


非結核性抗酸菌症

慶應義塾大学病院 KOMPAS 」サイトより


患者数の増加が著しい非結核性抗酸菌症
同記事に「近年、我が国ではNTM感染症が急激に増加しており、2007年には推定罹患率が10万人あたり5.7人であったものが、2014年には10万人あたり14.7人となっています。

単純に日本の総人口で換算すると、年間18000人以上罹患していると推定されることになります。

特に、中高年の女性を中心とした肺MAC症の増加が目立っています。

MACは、土壌、池や沼などの水系、トリやブタなどの動物といった自然環境や、浴室内や水道水などの居住環境に生息し、主な感染源として、家庭内の水回り(お風呂場、シャワーヘッドなど)や農業やガーデニングなどの際の土壌が強く疑われています」

「現在までのところ、MACの感染を予防する方法は、確立していません」

「ガーデニング・農作業などの際や、水仕事をする際には、マスクを着用することを心がけることや、菌が生息しやすい家庭の水回り(お風呂場やシャワーヘッドなど)を こまめに掃除し清潔に保つことで、ある程度、感染を防ぐことができると考えます」などの記述があります。

日本薬学会 環境・衛生部会 」サイトより


【関連記事】


結核分布の世界地図

水の世界地図

衛生状態の世界地図

感染症対策・世界分布


カビ毒( マイコトキシン )
カビが産生する毒( マイコトキシン )
同記事に「近年世界的に問題となっていることは、マイコトキシンを長期間摂取することによって発生する慢性毒性、すなわち その発ガン性や免疫機能障害等です」

「この表から分かりますように、主要なマイコトキシンを産生するカビは主としてAspergillus(アスペルギルス、コウジカビの仲間)、Penicillium(ペニシリウム、青カビ)およびFusarium(フザリウム、赤カビ)の3種類の属に分類されます。

Fusarium属のカビは圃場菌類と呼ばれ、農作物の栽培中に侵入し増殖する、いわゆる植物病原菌です。

日本においては毎年麦類の赤カビ病が発生しており、その発生予防は未だ困難のようです。

一方、AspergillusやPenicilliumに属するカビは貯蔵菌類と呼ばれ、収穫後の農産物の貯蔵や運搬期間中に侵入し増殖する非病原菌です。

そのため、一般的にこれらのカビの発生を防ぐためには農産物の貯蔵や運搬時における温度や湿度の管理が重要となります。

コウジカビは日本でおなじみの日本酒、焼酎や味噌等の発酵食品に用いられる有用なカビですが、日本の発酵食品に用いられるコウジカビはマイコトキシンを産生しないことが判明していますのでご安心下さい」などの記述があります。

カビが産生する毒( マイコトキシン )-その2
同記事に「マイコトキシン(mycotoxin、カビ毒、真菌毒)とは、カビが産生する第二次代謝産物で、ヒトおよび動物に対して有毒な作用を有する化学物質の総称です」

「オクラトキシンAは、南アフリカの研究者たちが毒素産生カビを検索中に、Aspergillus. ochraceus(アスペルギルス・オクラセウス)に属する分離株の毒性代謝物として1965年に初めて発見され、腎毒性を有するマイコトキシンです。

当初、オクラトキシンAはマイコトキシンとしての評価は低かったのですが、1969年にトウモロコシにおける自然汚染が報告されて以来、次々と自然汚染例が報告されるようになり重要視されるようになりました。

オクラトキシンA産生菌としては、Penicillium(ペニシリウム)属の数種およびAspergillus(アスペルギルス)属の多くの種が これまでに報告されていますが、実際に汚染原因菌として問題となっているのは、A. ochraceus、A. carbonarius(アスペルギルス・カルボナリウス)、P. verrucosum(ペニシリウム・ベルコーサム)です。

P. verrucosumは気温30℃以下および水分活性0.8までは生育可能であるため、カナダやヨーロッパ等の比較的低温地域でのコムギ、オオムギ、ライムギなどの穀類の汚染原因菌となっています。

またこのような汚染穀類を家畜飼料とするため、家畜由来の食肉・食肉加工品、乳・乳製品からもオクラトキシンAが検出されています。

また、P. verrucosumの一部の菌はオクラトキシンとシトリニン(腎毒性を有するマイコトキシン)を低温で同時に産生することから、相乗的にヒトや動物に対して腎毒性を示すことが指摘されています。

一方、A. ochraceusやA. carbonariusは、熱帯・亜熱帯等の高温多湿地域での農産物の汚染原因菌です。

A. ochraceusは中南米、アフリカ、東南アジア地域の豆類、香辛料、カカオ豆、コーヒー豆等の汚染原因菌として知られ、また、A. carbonariusは高温で生育可能であり、さらにその黒色胞子が日光に対して高抵抗性を示すため、果物特にブドウの成熟時や乾燥時に生育し、グレープジュースやワイン、乾燥果実およびコーヒー豆の汚染原因菌となっています。

このようにオクラトキシンA産生菌が熱帯から温帯の寒冷地まで広く分布するため、オクラトキシンA汚染が世界中の幅広い地域での様々な農産物で発生し、国際的に問題となっています。

そのため、ヨーロッパ諸国、カナダを始めとした多くの国々での規制値設定や、FAO/WHO合同食品添加物専門家委員会(JECFA)等の国際機関やEUを始めとした諸外国等によりリスクアセスメントが行われるなど、オクラトキシンAは現在最も注目を浴びているマイコトキシンの一つです」

「オクラトキシンの毒性については、1970年代より種々の動物を用いて精力的に研究が行われ、腎毒性、催奇形性、生殖毒性、神経毒性、発ガン性、遺伝毒性などが これまでに報告されてきました。

オクラトキシンAは下図に示したように、イソクマリン骨格にフェニルアラニンが結合した構造をしています。

フェニルアラニンはアミノ酸ですので、オクラトキシンAはその代謝に拮抗し、タンパク合成を抑制し、毒性を表すと考えられますが、現在までに腎毒性、発ガン性や遺伝毒性のメカニズムは未だ解明されていません。

しかし、動物実験においてはオクラトキシンAが発ガン性を有していることは間違いなく、国際癌研究機関(IARC)ではオクラトキシンAをグループ2B(ヒトに対して発ガン危険性の可能性がある)に分類しています。

オクラトキシンAはヒトの血清タンパクであるアルブミンに強く結合し、長時間体内に残存する(ヒトにおける半減期は35日)ため、ヒトはオクラトキシンAの影響を受けやすいとも考えられています。

このため、血液中のオクラトキシンA濃度を測定することにより、ヒトがどれだけのオクラトキシンを摂取しているかも明らかになります。

事実、オクラトキシンA汚染濃度・頻度の高い穀類を主食とするヨーロッパでは、ヒト血液中のオクラトキシン濃度や頻度が高いことが報告されています。

日本においても同様で、ヒト血液中のオクラトキシンA濃度はヨーロッパに比して低いが、その頻度は高いことが報告されており、わが国の食品がオクラトキシンAに汚染されている証拠ともなります」

「マイコトキシン汚染は、圃場、輸送、貯蔵など様々な段階でのカビの侵害により発生します。

圃場では天候不順によって汚染の機会が増し、収穫後ではカビ侵入を抑制するための輸送、貯蔵での十分な温度・湿度管理には膨大な費用を伴うことから、マイコトキシン汚染をゼロにすることは極めて困難です。

また、ごく微量のマイコトキシンが食糧に混入していることに対して消費者が過剰に反応し、汚染食糧を全て廃棄しなければならない状況になることは、海外からの輸入食品に頼っている日本においては食糧不足をきたす問題にもなります」などの記述があります。

カビが産生する毒( マイコトキシン ) - その3
同記事に「AFはAspergillusflavus(アスペルギルス・フラバス)、A.parasiticus(アスペルギルス・パラジティカス)、A.nomius(アスペルギルス・ノミウス)等が産生するカビ毒で、一般にA.flavusはAFB1およびAFB2を、A.parasiticusとA.nomiusはAFB1、AFB2、AFG1およびAFG2を産生することが知られています。

このB1~G2の名前は、AFを薄相クロマトグラフィー(TLC)で分離し、紫外線を照射すると、TLCの上部から青色蛍光のスポットが2つ(Blueの1番目と2番目)、緑色蛍光のスポット(Greenの1番目と2番目)が観察されることから名付けられました。

AFB1は、種々の動物実験による肝発ガン性や、ヒトにおける肝発ガン性とAFB1暴露量との相関が認められていまして、国際ガン研究機関(IARC)においてグループ1(ヒトに対して発ガン性がある)に分類されています」

「平成20年度には2つの試験法について評価を行いました。

まず始めに、デオキシニバレノール(DON)およびニバレノール(NIV)の同時試験法のコラボラティブスタディ(複数機関共同試験)について簡単にご説明します。

DONとNIVは、ムギやトウモロコシ等の病原菌であるFusarium(フザリウム、赤カビ)属のカビが産生する消化器系および免疫系傷害の毒性を示すマイコトキシンです。

我が国においては、平成15年に小麦玄麦におけるDONに対して暫定基準値(1.1mg/kg)および その試験法について定められました。

しかし、国産の小麦および大麦においては、これまでにDONとNIVの複合汚染が報告され、また、毒性としてはNIVの方が高いことが報告されていることから、今後、DONとNIVの合計値での基準値設定がなされることが予想されました」

「我々が平成16年度~18年度に行った国内流通食品のAFの汚染実態調査結果では、落花生においてAFB1の4倍程高濃度のAFG1が検出されることが判明し、また、検疫所等の調査においても、同様な傾向の汚染結果が増加してきました。

AFB1以外のAFについては、AFG1で遺伝毒性および発ガン性が認められていますが、AFB2やAFG2に関するデータは現在のところ限られています。

しかし、IARCでは、自然界で生じるAF混合物は、AFB1と同様にヒトに対して発ガン性がある物質としています」などの記述があります。

(一財)食品分析開発センターSUNATEC 」サイトより


いろいろな「かび毒」

農林水産省 」サイトより


【関連記事】


湿度の世界地図

気候分布の世界地図



2007年に顕在化した牛乳汚染のヨーネ病は難病のクローン病?
同記事に「ヨーネ病に感染した牛、水牛、ヤギ、ヒツジなどは痩せて、搾乳不能となり、発病後1年くらいで死亡します。

感染すると回腸、小腸などが腸炎を引き起こし、排泄物を経由して感染していきます。

発見した(1895年)ドイツのハインリッヒ・ヨーネ(Heinrich A. Johne)にちなんで命名されましたが、この頃の研究室では英国、米国の学者が共同研究して居り、英米で その後の研究が進化しました。

ヨーネ病(Johne's disease)はマイコバクテリウム属のヨーネ菌(Mycobacterium avium subspecies paratuberculosis:MAP)が病原菌。

鳥が宿主となるMycobacterium aviumの亜種といわれます。

ヨーネ菌はマイコバクテリウム・パラツベルクローシス(Mycobacterium paratuberculosis)またはparatuberculosis(パラツベルクローシス)(パラテュバキュロシス:英)と簡略化して呼ばれます。

ツベルクローシスは結核(Mycobacterium tuberculosis)のことです。

ヨーネ菌は畜産関係者から検出されることが多く、難病のクローン病との関連から、衛生管理行政では危機感を強めています」などの記述があります。

乃木 生薬研究所 - ノギ ボタニカル 」サイトより


痛風治療薬、腸疾患の症状改善にも効果か
同記事に「痛風の治療薬として米国で50年使われている一般的な薬が、炎症性腸管障害やクローン病の症状も緩和できる可能性があるとする研究論文が2017年3月8日、発表された。

米医学誌サイエンス・トランスレーショナル・メディシン(Science Translational Medicine)に発表された研究論文によると、パンを作る際に使われるイースト菌の一部菌株は、腸で炎症性腸管障害による痛みや下痢、けいれんを悪化させる恐れがあるという。

炎症性腸管障害は、米国で約160万人が罹患しているとされ、治療法は確立されていない。

研究論文によると、「出芽酵母」として知られる この菌を大腸炎を発症させたマウスに与えたところ、腸管内の状況が悪化し、さらに消化管内の尿酸値も上昇させたという」などの記述があります。

クローン病、善玉菌の腸内環境を人工的につくり出し炎症改善

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


結核分布の世界地図

世界の健康寿命



米、ベトナムで枯れ葉剤の除染開始 完了までに10年

AFPBB News 」サイトより


枯葉剤が日本に埋められている - 全国54か所の国有林リスト -1

枯葉剤が日本に埋められている - 全国54か所の国有林リスト -2

枯葉剤が日本に埋められている - 全国54か所の国有林リスト -3

※ 東北から関東は比較的少なく、北海道と西日本( 特に九州・四国 )に多く埋設されていることが一目瞭然。

日刊SPA! 」サイトより


堆積する黄砂( 農作物や水質への影響 )
黄砂および大気汚染物質の越境輸送問題 (PDF:494.2KB)
同記事に「日本への黄砂はタクラマカン沙漠とゴビ沙漠、および黄土高原から補給されて輸送され、やがて落下して、九州では黄砂の堆積は数メートルになったとされる。

また、沖縄でも赤土の多くは黄砂由来であるとも推定されている」などの記述があります。

日本学術会議 」サイトより


黄砂による自然放射線レベルの変動
同記事に「中国西域に所在するタクラマカン沙漠では、膨大な沙漠砂によって大小の砂丘が形成されています。

沖縄県の宮古島では、サンゴ礁起源の石灰岩の上に赤土が広く堆積しています。

一見して似ても似つかぬ景観ですが、大陸中央の乾燥地帯と亜熱帯の湿潤な島の自然環境は、実は数万年の時間と数千キロの空間を越えて、「黄砂」によって繋がっているのです。

タクラマカン沙漠は、黄砂の主要な起源地です。

そして宮古島の赤土は、主として黄砂を母材として形成されたことが最近の土壌学的研究によって明らかにされています。

このような赤土は、沖縄県に限らず、福岡県や山口県の石灰岩地帯でも認められています。

海面が低下していた最終氷期(約1万年前に終了)においては、陸化していた東シナ海の大陸棚も赤土の起源地になっていたと考えられます。

沖縄県と山口県において調査を行った結果、赤土分布域の空間γ線レベルは概して70nGy/h以上(最大 約165nGy/h)であり、その堆積基盤である石灰岩露出域の2~3倍程度であることが明らかになりました。

また、タクラマカン沙漠や黄土堆積域など、黄砂の起源地において空間γ線レベルを調査した結果、日本の赤土分布域の それと同程度であることが分かりました。

これらのことから、黄砂を主体とした風成塵の堆積と、これを母材とした土壌の形成により、日本の自然放射線レベルは変動してきたと我々は考えています」などの記述があります。

国立環境研究所 」サイトより


【関連記事】


黄砂汚染の地図

水の世界地図


黄砂による放射能汚染 ( 黄砂に含まれる放射性物質 )(放射性セシウム、プルトニウム、放射性ストロンチウム )

近年、日本において春に放射能 ( 放射性物質・死の灰 ) の降下量の急増が観測されるようになりました。

その原因として、中国の沙漠 ( 砂漠 ) 化の進行で大規模な黄砂が頻繁に発生するようになったことにより、中国が過去に新疆ウイグル自治区 ( 新疆維吾尔自治区 ) ロプノール(Lop Nur)で行った核実験による放射能 ( 放射性物質・死の灰 )が、黄砂と一緒に日本に降下するようになったためであると されています。
( ※ 新疆暴動などでも知られる。英語の表記は、The Xinjiang Uyghur Autonomous Region )

専門家によれば、春は花粉だけではなく、空気や水、食べ物などの放射能汚染にも気を配る必要性があるという指摘があります。

その理由として、ダムや河川が黄砂で汚染されているために、飲料水が放射性セシウム、プルトニウム、放射性ストロンチウムなどの放射性物質で汚染され、田畑も放射性物質で汚染されるいるため、米などの農作物も放射性セシウム、プルトニウム、放射性ストロンチウムなどの放射性物質に汚染されていることが、専門機関などの分析によって判明していることが挙げられています。


【関連記事】


日本人街・経済特区
( 「環境汚染国で産地を気にしながらの生活から、環境清浄地域で産地を気にしない安心生活」という発想の転換。)

黄砂汚染の地図


【関連情報サイト】


黄砂とともに飛来する放射性セシウム (137Cs)
同記事に「日本における137Cs大気降下量の変動に、黄砂現象が強く関与しています」との記述があります。

わが国の白米中の90Srと137Cs含量の長期間の推移
同記事に「白米の90Srと137Cs含量に地域差が認められ、ともに日本海側>太平洋側の傾向を維持して推移している。

この地域差は両核種の降下量が日本海側>太平洋側の関係にあるためである」などの記述があります。

米,小麦および土壌における90Srと137Cs濃度 (PDF:520.7KB)
同記事の7ページに「137Csの玄米/白米比が90Srの同比より常に低いのは、穎に沈着した137Csは、穎→糠層→白米へと比較的容易に移行すること符合している」

「白米の90Srと137Cs濃度の地域差:白米の90Srと137Cs濃度について日本海側5-7地点、太平洋側7-9地点における各平均値の経年変化を図4に示した。

90Srで、は、1961年から2000年まで常に日本海側で高い値が観測された」

同記事の8ページに「フォールアウト量が多い時期における汚染を国際比較すると、1961年に国連科学委員会で報告された、1959年産玄麦の90Sr濃度の平均(mBq/kg)は、
アメリカ1960、旧ソ連1440、イギリス1260、デンマーク1440、西ドイツ1180、フランス740、カナダ1440、などの北半球各地に対して、

南半球のオーストラリアでは260と際だって低い。

日本では2890と諸外国より高い値が観測された。

さらに、1963年産玄麦の90Sr濃度は、Miserez(1968)、Hackら(1968)、Csupkaら(1969)により、フランス15300、西ドイツ15200、スロパキア5200と報告され、日本の玄麦(12300)は、独・仏両国と同レベルの汚染となっている」などの記述があります。

大気から土壌への放射性物質の移行(PDF:936.143KB)
同記事に「日本では2000年代になっても137Csの降下が観測されていて、春季に降下量が多いという傾向が表れていました。

この現象は当初、中国西部の核実験場から飛来する汚染された砂塵(黄砂)によるものと考えられました。

(独)農業環境技術研究所では この現象を解明するため、広域気象データを使用して黄砂の発生頻度分布を推定しました。

その結果、近年の砂塵発生域は中国北部からモンゴルにかけての草原や畑地でした。

また発生域の中心部である中国北部の草原地帯で土壌を採取し分析したところ、表土の137Cs濃度は5.5~86Bq/kgで、中国の核実験場に近いタクラマカン砂漠の土壌(5.01~31.5Bq/kg)や日本の畑地土壌より高い水準でした。

これらのことから、137Csを含む黄砂の おもな供給源は大陸の草原地帯であると推定されました」などの記述があります。

農業環境技術研究所 」サイトより


90Sr、137Cs及び プルトニウム降下物
同記事に「黄砂年の人工放射能降下量には地域性が顕著で、北日本/日本海側で90Sr および137Cs の降下量が著しい」

「降下量の多かった北日本/日本海地域では、降下物中の137Cs/90Sr 比が高く、137Cs 比放射能も高い」

「90Sr では9割、137Cs では7割が大陸起源と計算された」

「2002年3月の北日本/日本海側で黄砂目視観測と137Cs 降下量に正の相関を認めた」

「南日本/太平洋側では降下量は小さく、降下物中の137Cs/90Sr 比が低く、137Cs 比放射能は低い」などの記述があります。

大気降下物及び海水中のプルトニウム

人工放射性降下物(死の灰のゆくえ)

気象庁 気象研究所 」サイトより


大気中の物質循環研究とフォールアウト
同記事に「137Cs/90Sr放射能比は降下物試料での同比に近く、比を利用した2成分混合の計算からも風送塵(黄砂)が放射能輸送に寄与していることが強く示唆された」

「プルトニウムの再浮遊が主に中国の乾燥地域起源の黄砂と関連している他、気候変動を伴うアジア大陸の砂漠化の進展は、日本におけるプルトニウム降下量の増加の原因となっていることがわかってきた」などの記述があります。

フォールアウト
表3に 90Srの年間降下量と地上蓄積量 ( 北半球、南半球および地球全体 ) の図表があります。

また、同記事の6ページに「90Srの年間降下量と地上蓄積量を北半球、南半球および地球全体について まとめたものである。

年間降下量、蓄積量とも、北半球の方が南半球の値よりも2~3倍大きい。

これは、核実験の ほとんどが北半球で行われたためである」などの記述があります。

プルトニウムの毒性と取扱い

原子力百科事典 ATOMICA 」サイトより


中国から飛来した黄砂から放射線物質セシウム検出

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


ロプノールの「死の海」は いかに「富の源」へ変身したか
同記事に「多くの農民は複合肥料を購入した際、最も重要な成分である「硫酸カリウム」が多くの中国人から「死の海」「無人の地」とみなされる新疆・ロプノールから来ていることを知らないかもしれない。

また、ここが今では世界最大の硫酸カリウム生産基地があることを知らないのは なおさらだろう」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


東トルキスタンで行われた核実験について

特定非営利活動法人 日本ウイグル協会 」サイトより


中国の核実験

Wikipedia 」サイトより


チベットの核 - 放射性廃棄物
同記事に「84年2月18日、「ワシントン・ポスト」は、中国が60億米ドルと引き換えに、ヨーロッパの原子炉の4千トンもの放射性廃棄物を、遠隔地であるゴビ砂漠に保管することに一応の合意を示したことを報じた。

88年の秋、チベット人の間で、西欧諸国が核廃棄場としてチベットを利用するかもしれないというニュースが駆け巡った」

「海北チベット族自治州のココノール湖の湖岸近くに20平方メートルに及ぶ放射性汚染物質用の ごみ捨て場がある」

「93年11月10日付のロイター通信によると、中国は、甘粛省の西側の乾燥地帯に最初の放射性廃棄物投棄センターを建設中であるが、中国南部、南西部、東部に さらに3つの施設の建設を計画中である」などの記述があります。

ダライ・ラマ法王 日本代表部事務所 」サイトより


【解説】北朝鮮 核実験場の「トンネル崩落」に手がかりか
同記事に「今回の爆発は規模が大きく、実験場のトンネルが一部崩落したらしい」

「なぜトンネルが崩れたのか? 今回ほどの大爆発に耐えられるほど堅牢に作っていなかった可能性がある。

あるいは、わざと崩落させたのかもしれない。

つまり放射性核種を わざと放出させることで、これは本物の核実験だったのだと世界に知らしめるために」などの記述があります。

BBCニュース 」サイトより


北朝鮮 核実験 : 'Tunnel collapse' may provide clues(英語)

BBC 」サイトより(英語)


深海域における海水及び海底土の放射能調査・深海流の測定 (PDF:1.36MB)
同記事に「St.5の90Sr は高い値を示している」などの記述があります。
( St.5:放射能調査点の名称で隠岐島の沖合海域 )

海上保安庁 海洋情報部 」サイトより


環境放射線データベース

食品と放射能

日本の環境放射能と放射線 」サイトより


我が国で唯一のプルトニウム内部被曝による生物影響研究を担う
( プルトニウムの吸入被曝による発がん。プルトニウムの血液移行による発がんなど )

放射線医学総合研究所 」サイトより


プルトニウム
同記事に「プルトニウムは放射性崩壊によってα線を放出するため、体内、特に肺に蓄積されると強い発癌性を示す」

「最も有害な取り込み経路は、空気中に粒子状になったプルトニウムの吸入である」などの記述があります。

Wikipedia 」サイトより


プルトニウムという放射能と その被曝の特徴(PDF:47.67KB)
同記事に「一口に放射線といっても、レントゲンが発見したX 線のほか、α線、ベータ(β)線、ガンマ(γ)線、中性子線、重粒子線と言うように多種多様な放射線がある。そして、それぞれ透過度が違う。

X 線やγ線の正体は光子であり、透過度が大きい。そのため、X 線やγ線を放出する放射性核種が体外にあっても、人体は被曝する。

また、γ線を放出する放射能を仮に体内に取り込んだ場合には、一部のγ線は人体の外に飛び出して行ってしまうし、人体に被曝を与える場合も希薄で広範囲に与える」

「物理・化学的に被曝を計る場合の単位は「グレイ」であり、物体1kg が放射線から1 ジュールのエネルギーを得た場合に相当する。

しかし、生物的には放射線の透過度が違うため、エネルギーを受ける密度が異なり、影響の発現にも差が出てくる。

そこで、生物的な被曝を計る単位としては「シーベルト」を使うことにし、「グレイ」単位の被曝量に線質係数なる係数をかけて求めることになった。

γ線とβ線に対する線質係数は1であり、α線に対しては20 とするように定められている。

すなわち、γ線やβ線の場合には、「1グレイ」は「1シーベルト」であるが、α線の場合には「1 グレイ」は「20 シーベルト」となる。

つまり、同じだけのエネルギーを放射線から受ける場合でも、α線から受ける場合にはγ線やβ線から受けるよりも20倍 危険なのである」

「半減期が極端に短くなれば、放射能は極端に強くはなるが、その代わり すぐに消えてなくなってしまう。

逆に半減期が極端に長ければ、いつまでたっても なくならない代わりに、放射能は著しく弱くなる」

「Pu-238 は原子炉プルトニウム中でわずか2%しか占めず、Pu-239 の約30分の1である。

しかし、その半減期がPu-239 の半減期の300分の1であるため、比放射能は逆に300倍強く、結果的に原子炉プルトニウムではPu-238 のα線強度はPu-239 のものの10倍になってしまう」などの記述があります。

京都大学 原子炉実験所 」サイトより



Did China's Nuclear Tests Kill Thousands ? (英語)

Scientific American 」サイトより (英語)


放射性物質を放出するレアアースを採掘できるのは中国だけ
同記事に「中国は このレアアースの埋蔵量が世界シェア48%。ですが、生産量は世界の97%を超え ほぼ独占状態となっています。ではなぜ、中国でレアアースが独占状態となるのでしょうか?

レアアースは取り出す過程で放射性物質が出てしまうため、それを無視して採掘する広大な土地が必要になります。

多くの国々は放射性物質を埋め立てる場所を確保できません。多大な費用が掛かりますし、場所的制限も掛かります。そして、環境にも悪影響を与えます。

一方で国土の広い中国は その点を気にすることはありません。

放射性物質が出ても偏西風に乗って流れていきますし、場所も広いので適当に埋め立てることが出来ます。また、環境問題も気にもしていないので他国に先駆けてレアアースを採掘できるのです」などの記述があります。

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


レアアース問題で重視すべきなのは
同記事に「注意を払うべきなのは、レアアース生産に伴い深刻な環境汚染が発生し易いという問題で、一衣帯水の隣国である中国の環境汚染は日本にとっても深刻な事態を招きかねない。

実際、中国でレアアースを採掘しているのは中小企業が多く、十分な環境保護設備を設けずに、廃液、固体廃棄物、排ガスなどが無造作に廃棄されるという事情を漏れ聞く。

内モンゴルの包頭市では深刻な土壌汚染が広がっており、飲用水の取水口にまでレアアース工場の排水が及んでいるという報告もある。

さらに、レアアース鉱石の多くがウランやトリウムなどを含有するため、その精製過程で放射性廃棄物が発生する」

「黄砂はゴビ砂漠やタクラマカン砂漠を飛び立ち、内モンゴルや青海省などのレアアース生産地域の上空を越えて日本へとやって来る。

その中継点がレアアース生産で汚染され、放射性物質まで含んだ黄砂が飛来している可能性も否定できない」などの記述があります。

大和総研グループ 」サイトより


南鳥島沖のレアアース開発、中国鉱山の30倍の高濃度(前編)
同記事に「特に貴重な重レアアースを中心に大変な高濃度であることです。

現在、中国が採掘しているレアアース濃度は300ppm程度ですが、南鳥島沖の濃度は6600ppmのところもあり、中国産の20倍という圧倒的な高濃度です。

特にハイブリッド車などに使われるジスプロシウムに限れば、中国の10ppmに対し、南鳥島沖の最高濃度は320ppmで32倍もあります」

「海洋のレアアースには、開発の障害になる放射性物質のトリウムが ほとんど含まれていないこと。

実は、これが非常に重要な点です。陸上で採掘されるレアアースは陸上のマグマ活動によって生成され、必ずトリウムを伴ってしまう宿命を背負っています。

これに対し海底のレアアースは成り立ちが違います。

地球表面のプレートの境界である海嶺の熱水活動によって、放出された鉄質懸濁物質とゼオライト、アパタイトが、海水中に溶けているレアアースを吸着して海底に堆積したものです。

トリウムは そもそも海水中に ほとんど溶けていないので、レアアース泥を構成する鉄質懸濁物質などがトリウムを吸着し濃集することはありません」などの記述があります。

南鳥島沖のレアアース開発、中国鉱山の30倍の高濃度(後編)

Mugendai(無限大) 」サイトより


【関連記事】


資源分布の世界地図



昆虫種の「壊滅的崩壊」、地球規模で進行中

「サッカー場100万面」分の森林、1年で消失 ブラジル - 1

「サッカー場100万面」分の森林、1年で消失 ブラジル - 2

コーヒー種の60%が絶滅の危機、行動すべきは「今」 - 1

コーヒー種の60%が絶滅の危機、行動すべきは「今」 - 2
同記事に「言わんとしているのは、長期的には、この極めて重要な資源が失われないようにするために今すぐ行動しなければ、」「輝かしい未来はないということだ」などの記述があります。

最高級コーヒー豆、利益は1杯2円以下 価格暴落 コロンビア - 1

最高級コーヒー豆、利益は1杯2円以下 価格暴落 コロンビア - 2

最高級コーヒー豆、利益は1杯2円以下 価格暴落 コロンビア - 3

ウチワ サボテンが食料危機の救世主か、国連食糧農業機関

世界のサボテン、約3割に絶滅の危機

地球「破滅」防ぐには食生活の改革が不可欠 国際研究

体内へのプラスチック摂取、1週間にクレジットカード1枚分

プラスチック、劣化で温室効果ガス放出
同記事に「80億トン以上に及ぶプラスチックが地球を汚染しており、その大半がリサイクル可能なものではなく、さらにはプラスチックの生産量が今後20年で倍増することが予想される」

「プラスチックは有害な化学物質を水中や土壌中に放出することが すでに知られている」などの記述があります。

食物連鎖に影響も、マイクロプラスチック摂取する蚊の幼虫

環境化学物質で体重増加の恐れ、米研究 - 1
同記事に「食品包装やフライパンの焦げ付き防止コーティング、衣類などに使用されている化学物質が代謝を阻害し、体重増加につながる恐れがあるとした米研究チームの論文が2018年2月13日、発表された。

この傾向は特に女性で顕著にみられるという」

「フッ素化合物の一種「パーフルオロアルキル化合物(PFAS)」として知られる この化学物質は、がん、内分泌(ホルモン)かく乱、免疫機能障害、高コレステロール、肥満などとの関連が過去に指摘されていた。

論文の主執筆者で、米ハーバード大学公衆衛生大学院(Harvard University T.H. Chan School of Public Health)栄養学部の孫齊(Qi Sun)助教は、「PFASが人の体重調節を阻害し、ひいては肥満の蔓延につながりかねない新たな経路の存在が、今回の研究で初めて明らかになった」と説明する。

研究チームは今回、PFASが安静代謝率の低下と関連があることを明らかにした。

また、PFASの血中濃度が高い人ほど、減量後の代謝がより不活発だった。

PFASは体重調節機能を阻害するため「オビソゲン(肥満原物質)」としても知られている」などの記述があります。

環境化学物質で体重増加の恐れ、米研究 - 2
同記事に「PFAS類は、その活用にともない60年ほど前から環境中に存在している。

一部の工業地帯、軍事基地、汚水処理施設などの付近では飲料水が汚染されている。

PFASは飲料水中に蓄積され、体内に長い間とどまる可能性もあるため、暴露の回避は困難だ。

論文の共同執筆者で、同じくハーバード大公衆衛生大学院のフィリップ・グランジャン(Philippe Grandjean)非常勤教授(環境衛生学)は「PFASは通常、がんなどの健康問題の観点で考えられるが、世界で数百万人が直面している重大な健康問題である肥満にも同様に関与していると思われる」と話す」などの記述があります。

日焼け止め成分が海を汚染、食物連鎖で人体に影響も

次世代の「スーパーフード」なるか、エチオピアの穀物テフ

チベット自治区ニンティ市、霊芝の人工栽培に成功

ボリビアで人気、高たんぱく・低脂肪の「ラマ肉」

世界初、ラクダの乳の粉ミルクが登場

有名人気レストラン「ノーマ」、閉店し都市農園へ

コメに二酸化炭素の「壊滅的」影響、栄養価低下の恐れ - 2
同記事に「実験の結果、CO2濃度が上昇した条件下で栽培されたコメでは、鉄、亜鉛、タンパク質のほか、体が食物をエネルギーに変換するのを助けるビタミンB群のB1、B2、B5、B9などのすべてが減少していることが明らかになった。

論文によると「ビタミンB1(チアミン)濃度が17.1%減、ビタミンB2(リボフラビン)の平均濃度が16.6%減、ビタミンB5(パントテン酸)の平均濃度が12.7%減、ビタミンB9(葉酸)の平均濃度が30.3%減となった」という。

現在の大気中CO2濃度の条件下で栽培されているコメに比べて、タンパク質含有量が平均で10.3%減、鉄が8%減、亜鉛が5.1%減となった。

ビタミンB6とカルシウムには影響がみられず、ビタミンE濃度は大半の品種で上昇した。

このような変化が起きた理由は、CO2の上昇がコメの構造と成長に及ぼす影響により、植物内で炭水化物含量が増加し、タンパク質とミネラルの含有量が減少する仕組みに関連していると、論文は説明している。

また、CO2濃度上昇により植物の窒素への暴露が減少するが、このことがビタミン含有量にも影響を与えている可能性があると、研究チームは指摘している」などの記述があります。

CO2濃度上昇で穀物の栄養成分が減少

大気中CO2濃度の上昇、栄養不足の急増招く恐れ - 1
同記事に「英科学誌ネイチャー・クライメート・チェンジ(Nature Climate Change)に掲載された論文によると、現在の傾向が続けば、世界の主要穀物に含まれる鉄、亜鉛、タンパク質などの濃度がCO2濃度の上昇によって今世紀半ばまでに最大で17%低下することが考えられるという。

論文の主執筆者で、米ハーバード大学公衆衛生大学院(Harvard University T.H. Chan School of Public Health)の研究者のマシュー・スミス(Matthew Smith)氏は、AFPの取材に「主にアフリカ、東南アジア、インド、中東などの地域で、栄養不足の状態に陥る人が数億人増える恐れがある」と語った。

また、現在すでに栄養不足の問題に直面している数十億人については、その状況が さらに悪化するとした。

全世界で供給されるタンパク質、亜鉛、鉄の約40%は、コムギ、コメ、トウモロコシの世界3大穀物によって もたらされている。

一般に、人が食事から摂取するタンパク質の約60%、鉄の約80%、亜鉛の約70%は、植物性食物からのものだ」などの記述があります。

大気中CO2濃度の上昇、栄養不足の急増招く恐れ - 2
同記事に「研究チームによると、最も大きな影響が及ぶ国はインドで、約5000万人が亜鉛の欠乏状態となり、最小必要量のタンパク質を取れない人も3800万人に上ることが考えられるという。

その他、中国、インドネシア、バングラデシュ、ブラジル、ケニアや他の新興国と発展途上国でも、影響を受ける人々の数が劇的に増加するとされた。

世界保健機関(WHO)によると、現状でも全世界の20億人あまりが、何らかの栄養素が不足した状態にあるという」などの記述があります。

近東と北アフリカで飢餓拡大、5200万人以上が栄養不足

CO2を貯留する新たな方法に成功、岩石に注入して固形化

「大地の味」,カタツムリのキャビアで成功つかむ 伊新興企業

カボチャなどウリ科の野菜、苦味に注意 食中毒で脱毛
同記事に「ウリ科の植物は有毒で苦みのあるククルビタシンという成分を含んでいる場合がある。

この苦みはウリ科の栽培植物では品種改良によって取り除かれているが、昆虫によって栽培品種が他花受粉し、野生や観賞用の植物と交雑することがある」

「ドイツでズッキーニが入ったシチューを食べたことによるククルビタシン中毒で1人が死亡している」などの記述があります。

雑穀トウジンビエのゲノム初解読 乾燥地帯救う助けに

バラのゲノム高精度解析、病虫害や干ばつに強い品種改良に

コムギのゲノム、完全解読に初めて成功

新種トリュフ2種、タイで発見 熱帯域で初

昆虫が原料の食品、スイスのスーパーが販売へ 欧州初

世界初、コオロギ入りのパン発売 フィンランド

市販パンの多くに微量の農薬や毒素、消費者誌の検査で発覚 仏

米国が使用する農薬、25%以上がEUで禁止されたもの 米論文

過剰な健康志向が招く摂食障害「オルトレキシア」- 1

過剰な健康志向が招く摂食障害「オルトレキシア」- 2

ライチ果実の毒素で脳炎発症か、子ども31人死亡 インド

台湾で人気の植物薬、高いがん発症率との関連 米研究
同記事に「台湾で人気の植物薬に含まれている成分が、台湾の尿管がん症例の半数以上に関連しているとする研究結果が2012年4月9日、米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)に発表された。

問題の成分はウマノスズクサ属の植物に含まれるヒト発がん性物質のアリストロキア酸。

ウマノスズクサはアジアの植物薬に使われる一般的な原材料のひとつで、減量や関節痛、胃腸障害の緩和に効果があるとされる。

今回の研究では、アリストロキア酸がヒトのDNAに作用して、暴露評価の指標となる特有のバイオマーカーを生じさせるとともに発がん物質が取り込まれたことを示す兆候が がん抑制遺伝子内に現れることが確認された。

過去の研究によると、台湾では ここ数年以内にアリストロキア酸を摂取した人は全人口の約3分の1に上っている。

また今回の論文によると、台湾の尿管がん や 腎がんの発症率は、アリストロキア酸の摂取が台湾ほど一般的ではない欧米諸国の約4倍だった。

論文の主著者、米ニューヨーク(New York)のストーニーブルック大学(Stony Brook University)薬学部のアーサー・グロルマン(Arthur Grollman)氏は「珍しい がんだが、台湾は世界中の どの国よりも発症率が高い。

腎がんと腎疾患の両方の発症率が高いということは、台湾で何かが起こっていることを示していると われわれは考えた」と説明している。

■ 安全とは限らない天然成分

研究対象となったのは台湾の尿管がん患者151人で、その60%に この薬草の使用に関連する特有の変異がみられた。

特にアリストロキア酸の摂取後に腎皮質には特有の病変が発生し、がん抑制遺伝子TP53には特有の変異の兆候が生じていた」

「ウマノスズクサ属の1種の種子をパンに混ぜ込む習慣があったバルカン半島諸国で、1956年にアリストロキア酸による腎障害の発生が指摘されて以降、その危険性に対する認識が高まった。

また1990年代にはベルギーでアリストロキア酸を含む減量薬を使用した女性たちが突然、末期状態の腎不全になったと報告された例もある」

「アリストロキア酸含有製品がインターネットを通じて流入するのを規制するのは難しいという。

また、現在台湾で使われているアリストロキア酸含有製品の大半が中国製だという。

2001年には米国でアリストロキア酸を含む植物性製品を使用した2人が深刻な腎障害を発症し、米食品医薬品局(Food and Drug Administration、FDA)が警告を発している。

グロルマン氏は「自然のものであれば必ずしも安全だというわけではない。

長期の使用となれば なおさらだ」と注意を喚起している」などの記述があります。

汚染食品で年間42万人死亡、3分の1は子ども WHO
同記事に「世界保健機関(WHO)は、汚染された食品の摂取により毎年 約6億人が病気になり、そのうち約42万人が死亡しているとの推計を発表した。

死者数の3分の1近くは子どもで、約12万5000人に上るという。

推計によると、世界の およそ10人に1人が毎年、細菌、ウイルス、寄生虫、有害物質、化学薬品などに汚染された食品の摂取により、病気にかかっていることが分かった」

「WHOの食品安全部門の責任者、宮城島一明(Kazuaki Miyagishima)氏は、この問題についての確実なデータを得ることの重要性を強調した」

「2010年までのデータを分析した報告書では、食品を汚染し、それを食べた人数十万人に急性疾患や、すぐに症状は現れないが、後に がんなどの深刻な疾患をもたらす31の因子を特定。

また汚染食品が、毎年50万人近い人の命を奪っているほか、多くの人に大きな健康被害をもたらしていることが指摘された。

報告書の数字について、宮城島氏は「汚染食品が人類に及ぼす最低限の損害」を示したものであり「非常に控えめ」であると述べている。

食品由来の病原体は、免疫システムが弱い場合に大きな影響力を持つため、子どもらへのリスクが特に顕著となっている。

5歳未満の幼児が世界人口に占める割合は わずか9%だが、汚染食品の摂取で病気にかかった人の約40%、また死亡した人の約30%は これらの幼児だった。

報告書によると、最も被害が深刻だったのは、アフリカと東南アジア地域で、毎年計31万2000人が死亡していた。

一方、食品安全に関する規制が厳しい欧州や南北アメリカではそれぞれ年5000人、同9000人となっている」などの記述があります。

ナイジェリアの「プラスチック米」、実は「食用不適の汚染米」

「レジ袋分解するガの幼虫」に疑問符、独研究

2012年の世界の死因、約4分の1が環境関連 WHO
同記事に「世界保健機関(WHO)は、世界の人々の死因の約4分の1は、大気や水、土壌などの汚染といった環境因子によるとする報告書を発表した。

2012年に全世界で報告された死者数の23%に当たる1260万人が、不健康な環境下での生活や労働により死亡したと推定されるという。

報告では、大気汚染や化学物質汚染、気候変動、紫外線など、環境によるリスク要因の定義を幅広く取っている」

「84万6000人は環境問題に関連する下痢が死因とされ、その多くは汚染や有害な飲料水によるものだという」

「地域別では、環境要因に関連する死者数が2012年に最も多かったのは東南アジアで380万人、次いで西太平洋地域の350万人だった」

「WHOのマーガレット・チャン(Margaret Chan)事務局長は「人々が暮らし働く環境を健全化する行動を各国が取らなければ、これからも数百万人が病気になったり、早死にしたりするだろう」と声明で警告した」などの記述があります。

世界は「第2次大戦以降最悪の人道危機」に直面、国連

1億800万人が飢餓に直面、途上国4か国で悪化の恐れ

イエメン、1200万人に食料危機 「世界最悪の飢餓」に直面

アフリカで壊滅的食害の害虫、アジアで初確認 食料安保に警鐘

壊疽性口内炎,栄養失調の子供に広がる恐怖 ニジェール - 1

壊疽性口内炎,栄養失調の子供に広がる恐怖 ニジェール - 2

壊疽性口内炎,栄養失調の子供に広がる恐怖 ニジェール - 3

栄養不良の悪影響、腸内細菌で対抗 マウス実験で効果 - 1

栄養不良の悪影響、腸内細菌で対抗 マウス実験で効果 - 2

子どもの食べ物の好き嫌い、鬱や神経症と関連か
同記事に「子どもの食べ物の好き嫌いは、単なる一時的なものではなく、うつ病や不安神経症などの潜在的懸念に関する警告の合図である可能性があるとの研究結果が発表された。

米デューク大学医学部(Duke University School of Medicine)などの研究チームが米小児科専門誌「ピディアトリクス(Pediatrics)」に発表した論文によると、2~6歳の子どもの2割強に偏食がみられるという。

このうちの約18%は中度の偏食、残る2%強は極度の偏食に分類された。

食べ物に対して中度または極度の好き嫌いを示す これらの子どものグループでは、臨床的うつ病や不安神経症などの精神衛生問題の発生率が高いことを研究チームは発見した。

論文によると、偏食は栄養不良や家庭争議の原因となる可能性があるため、親や医療スタッフが、潜在する感情的問題のリスクを注視することが重要になると思われるという。

論文主執筆者のデューク大摂食障害センター(Center for Eating Disorders)のナンシー・ザッカー(Nancy Zucker) 所長は「摂食が非常に限定的か、えり好みが多いために、問題が生じる子どもも存在する」と述べ、

また「機能障害は、さまざまな形を取る可能性がある。子ども本人の健康、成長、社会生活機能のみならず、親子関係にまで影響を及ぼす恐れがある。

子どもは誰も自分を信じてくれないと感じ、親は問題の責任が自分にあると感じる可能性がある」と指摘した。

また、偏食が深刻な難題となっている子どもには、医師らが「回避性・制限性食物摂取障害(Avoidant/Restrictive Food Intake Disorder)」と呼ぶ精神疾患がある可能性もある」などの記述があります。

窒息救命ハイムリック法の96歳開発者、自ら女性を救う

植物を育てるアリ、フィジーで発見
同記事に「研究チームは、アリとその栽培植物の進化の歴史を再構成し、両者の相互依存関係が築かれたのは約300万年前にさかのぼると結論付けた。

歴史上 最も多産な農業を営む現生人類が登場する はるか以前のことだ」などの記述があります。

アリの「農耕」習性、3000万年前に獲得か

傷ついた仲間を手当てして回復させるアリ、独研究 - 1

傷ついた仲間を手当てして回復させるアリ、独研究 - 2

輸入品に潜む野生絶滅リスク、数値化し地図に

インドネシアのセンザンコウ、違法取引で絶滅危機

象牙やセンザンコウの うろこ計1トン超押収,コートジボワール

センザンコウの うろこ2.8トン押収、10億円相当 マレーシア

センザンコウの個体と うろこ約30トンを押収、マレーシア

中国向けアワビの密漁、南ア漁民が直面する死のリスク - 1

中国向けアワビの密漁、南ア漁民が直面する死のリスク - 2

ロバの皮を中国へ輸出 動物愛護団体、ケニアに禁止要求

侵略的外来種の昆虫、世界で約7.9兆円の被害
同記事に「侵略的外来種の昆虫がもたらす被害は、毎年少なくとも770億ドル(約7兆9000億円)に上ることが、2016年10月4日に発表された研究論文で明らかになった。

論文は、この数字が氷山の一角であり「かなりの過小評価」されていることも指摘している」

「論文の執筆者らは、研究の大半は北米と欧州を対象としており、その他 地域での食害や病気の媒介といった大きな損害については十分に考慮されていないとしている。

最も破壊的のはイエ シロアリで、巨大コロニーに住み、木造構造物や生きた木を食い荒らす。

米国の幅広い地域に蔓延しており、駆逐するのは不可能とされている。

外来昆虫に起因する保健コストは、世界で60億ドル(約6200億円)を上回る。

その大部分は蚊が媒介する熱帯病のデング熱に起因するものだ」

「新たなテリトリーに移動し大惨事をもたらしているのは、世界 約250万の昆虫種のうち、たった2200種。

そして、他所に移る昆虫種の10%のみが定着し、さらに その10%だけが侵略的な存在となる。

研究を率いたフランス国立科学研究センター(CNRS)のフランク・コーチャンプ(Franck Courchamp)氏は、解決策を「バイオ セキュリティー」と指摘。

「これには特定の地域からの船舶・航空貨物の検査、高リスク輸入物資の処理義務付けを確保する法制度、新たな侵入種の迅速な根絶が含まれる」と説明した。

コーチャンプ氏は、さらなる農薬の使用や遺伝子操作などの技術には否定的な見方を示している。

在来種を含む すべての昆虫は、農業に大きな損害をもたらし、世界の収穫30~40%に影響を与える。これは、10億人の食べ物に相当するという。

国際自然保護連合(IUCN)は、侵略的外来種のデータベースを整備しており、現在では植物と動物、細菌、菌類を含む ほぼ900種がリストに含まれている」などの記述があります。

侵入生物種、中国の「一帯一路」で拡大か
同記事に「侵入生物種の存在は、世界的に貿易が盛んになった数世紀前から知られている。

だが中国が主導し、123か国を結ぶ新たな大規模交易路が、侵入生物種のかつてない拡大を加速する恐れがあるとする研究論文が2019年1月24日、米科学誌カレント・バイオロジー(Current Biology)に掲載された。

中国が5年前に提唱した「一帯一路(Belt and Road Initiative)」は、地球の約半分をカバーすることを狙いとした、アジア、欧州、アフリカなどを結ぶ広域経済圏構想」

「研究者らによると、問題の解決法はコンテナの検査、積荷の中身の監視、検疫など生物多様性を守るためのプログラムの実施といった、バイオセキュリティーだという」

「この研究は警鐘を鳴らすものとしては重要だ」

「侵入生物種の根絶は非常に難しい。

だが第一に問題が起きるのを阻止できれば、頭痛の種をなくすだけでなく、経費の節約と潜在的に種の保存ができる」などの記述があります。

ツマジロクサヨトウの食害、アフリカ南部全域に影響も

オリーブ枯らすピアス病菌、スペイン・バレアレス諸島で確認
同記事に「イタリア南部で大量のオリーブの木を枯死させた病原菌が、スペイン東部沖のバレアレス諸島(Balearic Islands)で このほど確認された」

「ピアス病菌(学名:Xylella fastidiosa)の感染が確認されたのは、同諸島のオリーブやサクラ、アーモンドなどの木の多く。

同諸島自治州のマテル・ジナルド(Mateu Ginard)農業局長によると、同諸島全体をピアス病菌の汚染地帯に指定する決定が下され、またスペイン本土への拡大を防ぐために、生きた植物の諸島からの持ち出しも禁止された。

ピアス病菌は2013年にイタリアで出現して以来、フランスでも確認されている。

オリーブ油生産世界1位のスペインでは最近まで報告されていなかったが、昨年10月に初めて、バレアレス諸島マヨルカ(Majorca)島の園芸店で定期検査の際に1本のサクラの木から検出された。

その後の検査で さらなる感染が確認され、最終的に計1900本以上の木が処分されていた」などの記述があります。

キャッサバに「褐色条斑ウイルス」の脅威迫る、食料危機懸念

医療用植物は世界に2万8000種超、大半が未活用

マレーシアの貴重な「トアランハニー」- 1

マレーシアの貴重な「トアランハニー」- 2

コメに二酸化炭素の「壊滅的」影響、栄養価低下の恐れ - 1
同記事に「化石燃料の燃焼に起因する二酸化炭素(CO2)の増加に伴い、コメに含まれる一部のタンパク質とビタミンの量が減少するとの研究結果が2018年5月23日、発表された。

結果として数百万の人々が栄養失調の危機にさらされると、研究は警告している。

米科学誌「サイエンス・アドバンシズ(Science Advances)」に掲載された論文によると、コメの栄養素量の変化は、コメが毎日の食事の大部分を占めている東南アジアで特に悲惨な結果を招く恐れがあるという」などの記述があります。

在仏の日本人ワイン農家夫婦に国外退去命令
同記事に「南仏で「傑出した」ワインを生産している日本人夫妻に強制退去命令が出され、フランスのワイン愛好家たちが処分取り消しを求めて立ち上がった。

「正気とは思えない、ばかげた恥ずべき決定」に抗議する署名運動には既に4万2000人以上が賛同し、ワイン評論家やレストラン評論家たちも批判の声を上げている。

退去命令を受けたのはショウジ・ヒロフミ(Hirofumi Shoji)さんと妻リエ(Rie Shoji)さん。

南仏ルシヨン(Roussillon)のバニュルスシュルメール(Banyuls-sur-Mer)近郊で有機栽培したブドウを手摘みで収獲し、添加物を入れない自然派ワインを生産している。

昨年初めて収獲したグレナッシュ種のブドウを使った赤ワイン「Pedres Blanques」は発売直後から非常に高い評価を受け、「世界のレストラン・ベスト50(World's 50 Best Restaurants)」で昨年3位にランクインしたスペインの「エル・セレール・デ・カン・ロカ(El Celler de Can Roca)」をはじめ、パリの有名高級レストランなどで提供されている。

また、自然派ワインの愛好家からも注文が殺到し、昨年分の1万本は瞬く間に完売」

「ところが仏移民当局は、夫妻の収入額が滞在許可証の発給条件を満たしておらず、ワイン事業も「存続が不可能」だとして、2人に強制退去命令を出した。

ヒロフミさんとリエさんは、それぞれ理想のワイン造りを夢見て2011年に渡仏。

ブルゴーニュ(Burgundy)やボルドー(Bordeaux)の著名な醸造所で働きながらワイン造りを学ぶ中で出会い、結婚した。

2016年に2人が購入したワイン農園はピレネー(Pyrenees)山脈が地中海に向かって落ち込む険しい土地に位置する。

購入費用は10万ユーロ(約1300万円)を貯金から捻出し、さらに5万ユーロ(約650万円)を融資で賄った。

しかし、2人が在留資格を「労働者」から「農家」に切り替えようと申請したところ、月収が2000ユーロ(約26万円)に満たないとの理由で移民当局から退去処分を言い渡された」

「ショウジさん夫妻の国外退去は、全ての人にとって大きな損失だ」。

ルシヨンの中心都市ペルピニャン(Perpignan)のワイン見本市主催者、ジャン・レリティエ(Jean L'Heritier)氏は地元紙の取材にこう語り、他のワイン醸造家たちは「2人の育てるブドウの品質にも、日本人らしい完璧主義に支えられたワイン造りにも」感銘を受けていると話している」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


駆除「不可能」の害虫、アジアに到達 アフリカで壊滅的被害 - 1

駆除「不可能」の害虫、アジアに到達 アフリカで壊滅的被害 - 2

CNN.co.jp 」サイトより


中国人がスペインの自宅で作っていた野菜、今や新興産業に
同記事に「数年前からヘルシーな飲食生活や菜食主義がブームになっていることから、種類がバラエティーに富み、さまざまな調理法で食べることができる中国野菜を口にするスペイン人が増えている。

また、中華料理レストランの発展と他のアジア諸国からの移民による消費増も、中国の野菜に対するニーズが大幅に増加する要因となっている」

「十数年前、中国人によるスペインへの大規模な移住がスタートした。

このとき以来、中国野菜に対する大きな需要が出現した。

はじめの頃は、基本的に一部の中国人が中国から種をスペインに持ち込み、自宅の庭で育てた。

その後、小さな農地を借りて栽培するようになり、中国人が販売や販売代行をするようになった。

数年前から、一部の人が大型農場を買い取るか借りるかして、中国野菜の栽培・販売を産業化・商業化するようになった。

さらには、スペイン現地の農村や農業協同組合とタイアップし、より大規模な生産・販売に乗り出す人も出た。

同時に、市場はスペイン以外の欧州諸国まで拡大した。

このような状況から、「中国人向け中国野菜栽培」は、きわめて大きな潜在力を備えた新興産業へと変貌を遂げた。

レストランのようなスペインに移住した中国人が営む伝統産業が飽和状態となり、数年前の経済危機によってもたらされた不況のあおりを受け、苦境からの脱出策を追及した多くの中国商人は、農場や大型農業用ハウスへの投資に着手、スペインで農作業に本腰を入れて携わるようになった。

彼らは野菜栽培による利潤は、レストランや小売店の経営利潤より大きいことに気づいた。

そこで、現地で農家として根を下ろすことを決意し、その影響を受けた多くの友人もスペインで農業に携わる決心を下した。

これらの中国系農家は、中国野菜のほか、品種をスペインの野菜・花・果樹などに拡大し、新たな事業にいそしんだ。

「中国人向け中国野菜栽培」が、スペインで新興産業のひとつとなったことは、スペインさらには欧州に移り住んだ中国人が現地にもたらす影響力の拡大につながった。

彼らは、ビジネスチャンスを追及したと同時に、現地にも新たなビジネスチャンスをもたらし、ダブルウィン(共勝ち)という新たな局面を創造した」などの記述があります。

中国、海水でも育つ「赤い米」が量産可能に
同記事に「武漢海水稲生物技術研究院が このほど発表した情報によると、沿岸部の砂浜やアルカリ性土壌で栽培可能な稲の新品種「海稲86」の試験が成功し、0.06ヘクタール当たりの生産量が平均150キロ以上に達した」

「赤いのはセレンのためで、その含有量は一般的な米の7.2倍にのぼる。

一般的な精米と比べると、アミノ酸の含有量は4.71倍に達し、栄養価が高い」などの記述があります。

稲の成長を妨げるヒエの「秘密兵器」、科学者が特定
同記事に「植物のアレロパシーとは、分かりやすく言えば植物が「化学兵器」を放出することだ。

植物は成長中、環境内に特定の防御性化学物質を放出することで、周辺の植物の成長に影響を及ぼす。

樊教授のチームはゲノム解析により、ヒエが稲の成長を大幅に抑制する、「DIMBOA」と呼ばれる二次代謝産物を分泌することを明らかにした。

彼らはゲノム解析で、これを合成する3つの遺伝子クラスターを発見した。

稲と寄せ植えすると、この遺伝子クラスターはDIMBOAの「製造」を直ちに開始する。

樊教授は、「DIMBOAはヒエ特有の秘密兵器で、稲には含まれない。

また稲の秘密兵器であるモミラクトンは、ヒエも合成できる」

「稲はC3植物で、トウモロコシやコーリャンなどの農作物はC4植物。相対的に見ると、C4植物の方が光合成効率が高い。

科学者らはC4稲品種を開発し、生産量を高めようと試みている。

樊教授は、ヒエの遺伝資源を稲の育種に活用できると考えている。

ヒエは典型的なC4植物であり、稲と同じ生活環境と株の形を持つ。

C4稲の育種にとっては、非常に理想的なモデル植物、C4遺伝子の供給源となることができる」などの記述があります。

幼少期の食事が性格に影響
同記事に「International Journal of Environmental Research and Public Health」誌による研究発表によると、同研究参加者の37%は常に空腹状態で幼少期を過ごし、ひもじい思いをしており、成人後には自分の行動をうまくセルフコントロールできないことがわかった。

そのため、彼らは いつも殴り合いの喧嘩や他人との争いを起こしている。

幼少期に ひもじい思いをしなかった人のうち、情緒不安定やセルフコントロールに問題を抱えているのは15%しかない。

このことから研究者は、「正しい食事が人間の性格や心理状態の形成に直接 影響を及ぼす」としている」などの記述があります。

中国人の「ドリアン愛」が絶滅危機のトラを脅かす―英紙

レコード チャイナ 」サイトより


第二の「緑の革命」を起こし得る新品種の稲が開発

大気中の二酸化炭素濃度が上昇すると作物の栄養価が低下

空気中の二酸化炭素を吸い上げるコストは意外と安い

二酸化炭素を太陽光だけで燃料に変えられる画期的な太陽電池

藻類を代替ガソリンや栄養素に変える「Algae」とは?
同記事に「農業が水を汚染しているという問題を改善します」

「Algaeの場合、水は循環させる構造なので、流出した肥料が しみ出してしまうことはなく、すべてを有効活用することが可能です」

「森林伐採の主な原因は、食料生産です。

Algaeは一般的な食料に比べて40倍 生産性が高いという特長があります。

1000エーカー(約400ヘクタール)の土地でAlgaeを生産すれば、4万エーカー(約1万6000ヘクタール)分の植物を植える必要がなくなります」

「実用化が早ければ早いほど、大きな成果がもたらされます」

「Algae製造農場の大きな特長は、農場の横に火力発電所があるということ。火力発電所で発生した二酸化炭素はパイプを通って......Algaeのため池に導入されます。

Algaeの製造では、火力発電所で発生する二酸化炭素を有効活用できる」などの記述があります。

アンモニアを作り出すハーバー・ボッシュ法

LEDの光を使った作物栽培で小麦などを年6回も収穫できる

小麦生産を壊滅的危機に追いやる可能性がある疫病が確認される

海水と太陽光だけで砂漠でも栽培できる「Sundrop Farm」

南極で土壌も太陽光も使わない野菜の栽培に成功

家の庭や砂漠でさえも肥沃な土地に変えることができる方法

「海苔」の生産を救った知られざるイギリス人 植物学者とは?

食料危機を救うかもしれない「マイコプロテイン」とは?

何を食べるかが脳や気分に どのくらい影響を与えているのか

水使用量95%カットした植物工場「AeroFarms」

40種類ものフルーツが実る木「Tree of 40 Fruit」

野生のコーヒー種の60%が絶滅の危機に瀕している

コーヒーのゲノム配列を解析して品種改良

コーヒーは周囲の生物多様性に良い影響を与えている

森を とてつもないスピードで成長させる「Afforestt」

世界初のロボットが農業を行う「自動野菜工場」が誕生へ

農薬と同じくらい効果的な「アリ」を使った害虫駆除とは?

微生物から採取された希少糖が天然の除草剤として作用する

街中の壁を利用した農業「フルーツ・ウォール」

メープルシロップの生産量を5~6倍に引き上げる新技術

たった3日で2年分の酒の熟成が可能な「超音波」

キノコの菌根ネットワークに「アンチ ウイルス ソフト」が存在

作物の成長速度を劇的に速める画期的な海底温室

野菜の糖を食べるバクテリアが腸内健康を促進するメカニズム
同記事に「ヨーク大学・イライザ・ホール研究所・Bio21研究所の共同研究チームがNature Chemical Biology誌で発表した研究結果によると、人間の腸内にいる大腸菌のような「良い」バクテリアは、葉物野菜に含まれる糖分を栄養分としており、葉物野菜を食べることで腸内の悪玉菌の増殖を抑制し、繁殖を予防する防護壁を作り出していることが判明しました」

「新たに腸内バクテリアのメカニズムが解明されたことで、既存の抗生物質に耐性を持つ病原体に有効な新型抗生物質の開発にも役立つ可能性がある」などの記述があります。

「第2の脳」が あなたの考えや感情をコントロールしている

食に関する自制心の強さは脳の灰白質の量に関連している

バクテリアは どれだけ あなたの体を支配しているのか?

赤ん坊の頃にピーナッツ摂取でピーナッツ アレルギーを回避

80年ぶりの新作、ピンクのチョコレート「ルビー」誕生

低脂肪アボカドという未知なる食べ物が登場

蟻の一種が300万年前からコーヒーの木を栽培して共生してきた

アリのコロニーは世代を超えて過去の記憶を受け継いでいる

シロアリが農業を人類より遥か昔から行っていた

工業化された農業で、地球は第六の大量絶滅期を迎えると警鐘

アルコールは幹細胞のDNAに不可逆なダメージをもたらすと判明

植物は人間が触れた30分後にはゲノムを変えてしまう

巨大な単細胞生物「海ぶどう」の全ゲノム解読に成功

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


アセトアルデヒドが幹細胞のDNA損傷を引き起こす

Nature 」サイトより


熱帯林の現状
同記事に「アマゾンは『生物の宝庫』といわれるように、地球上の生物遺伝子資源の約半分が生息し、全体の2%しか生物種は明らかにされておらず、残りの98%は未だ眠ったままであるといわれています。

広大な面積を有するアマゾンの熱帯林ですが、開発のために伐採され、驚くほどのスピードでジャングルは その姿を消しています」

「アマゾンにおいての生物種の絶滅は、これから発見されるかもしれない医薬品の可能性をも奪っています」などの記述があります。

特定非営利活動法人 熱帯森林保護団体 」サイトより


あなたは既に大量のプラスチック片を食べている - 1

あなたは既に大量のプラスチック片を食べている - 2
同記事に「プラスチックの種類が違うだけで毒性も異なるはずだ。

塩素など有害な化学物質で作られているもの、空気中に含まれる鉛などの微量の化学物質を吸着するマイクロ プラスチックもある」

「米ジョンズ・ホプキンス大学の研究者は、マイクロ プラスチックが混入した魚介類を食べることの影響を調べた。

その結果、蓄積したプラスチックが免疫システムに悪影響を及ぼし、内臓のバランスを乱す可能性があることを明らかにした」

「マイクロ プラスチックは、破片、ペレット、ビーズ、繊維、フィルムなど、様々な形態をしていることに着目すべきだ」

「マイクロ プラスチックは ひとくくりにできる代物ではなく、何百もの異なる化学添加剤を含んだ材料でできているからだ。

生成過程が違えば、当然「さまざまな特性」を持つマイクロ プラスチックがあって当然だ」

「有毒な化学物質を含むもの、あるいは細菌や寄生虫が活動するのに適した環境となるマイクロ プラスチックもあるだろう」などの記述があります。

実は ここにも!身の回りのパーム油を調べてみた - 1

実は ここにも!身の回りのパーム油を調べてみた - 2

アフリカの小国ガボンで探る新しいパーム油生産

人体にマイクロ プラスチック、初の報告 - 1
同記事に「マイクロ プラスチックの行方を追跡し、その小さなかけらが飲料水、ビール、食塩、海産物の中にあることを確認してきた研究者らの予測は正しかった」

「マイクロ プラスチックが人間の体内にあることを示す証拠が初めて見つかったという事実は重大だ」

「食品の包装材からは、微小なプラスチックが剥がれ落ちることがある。

カーペットや衣服など、合繊繊維を使った製品からも、やはりプラスチックの繊維が落ちるだろう」

「マイクロ プラスチックの出どころは、空気中を飛んできて、研究に協力した人の食事の上に落ちた埃かもしれない。

それとも、食べ物や、食べ物の包装材そのものが原因だろうか」

「これは、われわれが自ら出した ごみを食べているということを示しています。

管理を誤ったツケが、夕食の皿の上に戻ってきたのです」などの記述があります。

人体にマイクロ プラスチック、初の報告 - 2
同記事に「毎年、およそ800万トンのプラスチックごみが、世界中の海へと流れ出している。

その大半が使い捨ての品々だ。

海に出たプラスチックは、日光と波の働きによって米粒ほどの大きさまで分解される。

衣服に使われるポリエステルやアクリルといった合成繊維は、洗濯機経由で淡水系に流れ込む。

フリースの上着の袖をこすれば、目に見えない繊維が剥がれ落ちるだろう。

このようにして、小さなプラスチックのかけらや繊維は、今では地球全体に広がってしまった。

プラスチック片は深い海溝の中にも、

われわれが呼吸する空気の中にも存在する」

「マイクロ プラスチックは少なくとも114種の海洋生物から見つかっており、生殖系や肝臓に影響が出る可能性が指摘されている」などの記述があります。

人体にマイクロ プラスチック、初の報告 - 3
同記事に「食品に落ちる空気中のプラスチック繊維と、スコットランド産の食用イガイに含まれるマイクロ プラスチックとでは、どちらが人間の体内に取り込まれるリスクが高いかを比べた研究結果を発表した。

論文によると、イガイよりも空気中の繊維のほうが摂取するリスクが高かった」などの記述があります。

地球の悲鳴 食を支える土壌を救え - 1
同記事に「ハイテク制御の新型トラクターを見て、集まった農場主たちは顔をほころばす。

だが、耕作を助けるはずの機械が、長い目で見れば、母なる大地を痛めつけてしまうのかもしれない」

「重い農機が通ると、土の中の水分が押し出され、地盤が踏み固められて、石のように かたくなってしまう。「圧密」と呼ばれる現象だ。

地面が かたくなると、植物が根を張れなくなるだけでなく、雨水が地中に しみこまずに表面を流れて、土を浸食する。

圧密が地下深くまで及べば、元に戻すのに何十年もかかる場合もある。

農機メーカーは、巨大なタイヤを採用して加重を分散させたり、衛星で制御して走行ルートを制限したりと、各種の対策をとっている。

それでも、大型の農機を使う経済力のある国々では、圧密は深刻な問題となっている。

だが、これは土壌を劣化させる一因にすぎない。

発展途上国では、人間の活動が浸食と砂漠化を引き起こして、あちこちで耕地が失われ、2億5000万人の生活に直接の影響を及ぼしている。

オランダの国際土壌情報センター(ISRIC)の推定では、2000万平方キロ近い土地が人為的な要因で劣化したという。これは北米の面積にも匹敵する広さだ」などの記述があります。

地球の悲鳴 食を支える土壌を救え - 6
同記事に「アマゾンで「テラ・プレタ・ド・インディオ(インディオの黒い土)」と呼ばれる肥沃な土を見つけた。

プラッゲン土壌のように しっとりと黒く、農業に適さないはずの熱帯でも、豊かな収穫が期待できる土だった」

「熱帯地方の多くの土は、もともと生産性が低く、貧困の一因となっている。だから、土を元に戻すだけでは十分でない」

「やせ地を肥沃な土地に変える秘密がテラ・プレタに隠されているのではないかと考えるようになった。

その謎を解けば、最貧国と呼ばれる国々にも食料を自給する道が開けるかもしれない」

「テラ・プレタは集落跡でしか見つかっていない。

つまり、自然にできた土壌ではなく、人の手でつくられた土だということを意味する。

土に混じっている器の破片から、年代はコロンブスの米大陸到達以前だと推測される」

「テラ・プレタは、大半の熱帯の土には乏しい、リン、カルシウム、亜鉛、マンガンなどのミネラルを豊富に含む。

だが、それ以上に際立った特徴は、炭の含有量が とても多いことだ。

熱帯の多くの土と違って、テラ・プレタは何百年も強烈な日差しと豪雨に さらされながら、養分を失っていないと、ブラジル農牧研究公社(EMBRAPA)の土壌学者ベンセスラウ・テイヘイラは指摘する。

研究者たちはマナウスにある公社の試験農場にテラ・プレタの畑をつくり、各種の作物を植えてみて、この土の たくましい回復力に驚いたという」などの記述があります。

地球の悲鳴 食を支える土壌を救え - 7
同記事に「熱帯に よく見られる やせた土に、炭の粉と木酢液(炭焼きで出る煙を冷やしてつくる液体)を混ぜるだけで、土の中の微生物が飛躍的に増加し、肥沃な土壌を生むサイクルが始まる。

熱帯の土は、農業に利用されると、微生物の数が急速に減る。

だが、炭が混ぜてあれば、養分が炭に吸着して雨に流されにくくなることもあって、微生物の減少を抑えられるようだ」

「温室効果ガスの、人為的な排出量の8分の1は、農業で出ると言われている。

畑を耕すと、土中に埋もれていた有機物が地表にさらされ、分解される過程で二酸化炭素が放出される」

「世界各地の農民が炭を利用してテラ・プレタをつくれば、農耕で出る二酸化炭素が相殺され、排出削減の効果が期待できる」

「米国コーネル大学の土壌学者ヨハネス・レーマンは、科学誌「ネイチャー」に昨年 発表した論文で、山林や休耕地、畑から出る不要な有機物を炭にするだけで、米国の化石燃料利用により排出される二酸化炭素の約3分の1を相殺できると推定している」などの記述があります。

CO2濃度の上昇で作物の栄養価が低下

肉を半分に減らさないと地球に「破滅的被害」 - 1

肉を半分に減らさないと地球に「破滅的被害」 - 2

カンガルーが増えすぎて「害獣」に、賛否両論

世界の昆虫種の40%が減少、数十年で絶滅の可能性 - 1

世界の昆虫種の40%が減少、数十年で絶滅の可能性 - 2

絶滅危惧の「モヒカン」イノシシ、施設で増殖中 - 1

絶滅危惧の「モヒカン」イノシシ、施設で増殖中 - 2

【動画】食堂に届いた希少なスッポン、再び川へ - 1

【動画】食堂に届いた希少なスッポン、再び川へ - 2

【動画】食堂に届いた希少なスッポン、再び川へ - 3

迫り来る食糧危機、対策は見い出せるか

食糧の1/3が失われている

食糧危機の解決策、見出せない理由

迫る食糧危機、「新たな穀物」はあるか
同記事に「世界人口が増え、気候変動で農作物の収量が減り、食物は加工食品ばかりになり栄養価が落ちている中、持続可能な農業を推進する人々は、2050年の予測世界人口90億人を養う健全な道を歴史の中に求めている。

中でも近年注目が集まっているのが、アフリカ、南アジア、中南米で農業の最初期の頃から農家の自給自足用に作られてきた穀物だ。

こうした穀物は灌漑(かんがい)、殺虫剤、肥料などない辺境の地に適応して生育してきたため、現在日常的に食べられている作物よりも強靭であることが多い。

加えて、これらの穀物は遺伝子操作を ほとんど経験していないという点で、拡大を見せる有機食品や非遺伝子組み換え食品市場にとって魅力的だ。

セールスポイントは まだある。

栄養価が高く、多くがグルテンを含まない このような穀物は、減量や長寿の助けになる「スーパー フード」だと多くの医療専門家が考えているのだ。

その一例がフォニオだ。輸入米の価格が上がる中、セネガルの非営利団体「第三世界環境開発行動」(ENDA)は、干ばつに強くタンパク質も豊富で、アフリカでは最も古い穀物の市場をサハラ以南に広めようと努めている。

フォニオは5000年以上も栽培されてきたが、小麦や米を好む都市の住民の間では ほとんど食べられなくなっている。

しかし、古代エジプトの墓地からも出土し、マリの神話では「宇宙の種子」とされている半透明でグルテンフリーの穀物は、干ばつに耐える上、肥料もいらない。

こうした特性により、フォニオは西アフリカの開発途上国や、気候変動による被害に悩まされる地で優れた作物と みなされている。

気候変動により異常気象の発生が数倍に増え、植物が枯れたり水浸しになったりしているためだ。

先進国の消費者たちは、また別の理由で古代からの穀物を取り入れようとしている。

キビ、モロコシ、ワイルドライス(マコモ)、テフはグルテンを含まない。小麦不耐性やセリアック病に注目が集まっている今、この点は大きな売りとなる。

現在、世界には食べられる植物が5万種以上ある。

しかし、人間が摂っている植物由来のカロリーのうち60%を占めているのは、米、トウモロコシ、小麦という たった3つの主食作物だ。

こうした わずかな食物への依存は、もし気候変動で病気、干ばつ、洪水などの災害が起こったり威力を増したりして凶作になれば、地球の食糧安全保障は今以上に大きく揺らぐことを意味する」などの記述があります。

人口90億の食糧、カギは小規模農業

コオロギは食料問題の救世主となるか?

虫の羽音を聞く植物を発見、「耳」は花 - 1

虫の羽音を聞く植物を発見、「耳」は花 - 2

コウモリを引き寄せる特殊な葉

道路と食糧の重要な関係

スイカ、知られざる5000年の歴史

果物の王ドリアン、意外な動物が受粉を手助け

ソマリア、干ばつで大量餓死の危機高まる

シロアリに「森を守る保険」の役割、実験で解明 - 1

シロアリに「森を守る保険」の役割、実験で解明 - 2

思わぬ副作用?干ばつでCO2排出が大幅増、米国 - 1

思わぬ副作用?干ばつでCO2排出が大幅増、米国 - 2

ゾウの60%が消えたタンザニア、その原因は

中国でロバ皮ブーム、アフリカで密輸が急増 - 1

中国でロバ皮ブーム、アフリカで密輸が急増 - 2

中国でロバ皮ブーム、アフリカで密輸が急増 - 3

中国でロバ皮ブーム、アフリカで密輸が急増 - 4

1.3億円相当、センザンコウのウロコ4トン押収

ゾウの密猟、地域の貧困と汚職と強く関連 - 1

ゾウの密猟、地域の貧困と汚職と強く関連 - 2

ゾウの密猟、地域の貧困と汚職と強く関連 - 3

需要高まり絶滅危機、センザンコウ密売の実態

ヤマアラシの密猟が横行、狙いは体内の「石」 - 1

ヤマアラシの密猟が横行、狙いは体内の「石」 - 2

ヤマアラシの密猟が横行、狙いは体内の「石」 - 3

乾燥タツノオトシゴ800万匹を押収、ペルーの港で

狙われるオナガサイチョウの「赤い象牙」

アフリカ南部の海 保護と漁のはざまで

バハマ名物のコンク貝、10年で消える恐れ - 1

バハマ名物のコンク貝、10年で消える恐れ - 2

バハマ名物のコンク貝、10年で消える恐れ - 3
同記事に「漁業が成り立たなくなれば、伝統が消えるだけでなく、コンク貝関連産業も縮小してしまう」

「手遅れになる前に現状を認識する貴重なチャンスなのです」などの記述があります。

「農業」する昆虫、「除草剤」も活用、最新研究 - 1

「農業」する昆虫、「除草剤」も活用、最新研究 - 2

【動画】アマゾンで新種続々、2日に1種の割合

「汗をかいてデトックス」はウソだった、研究報告 - 1

「汗をかいてデトックス」はウソだった、研究報告 - 2

中国医学から生まれた薬が がんに効く可能性

冬虫夏草に抗炎症作用成分を確認

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


食品アレルギーの増加、農薬や水道水の殺菌剤が関係か

チーズ製品からフタル酸エステルを検出 米調査 - 1

チーズ製品からフタル酸エステルを検出 米調査 - 2

CNN.co.jp 」サイトより


深刻な急性食物アレルギー、米で大幅増

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 」サイトより


パンの柔らかさを保つ小麦を開発

サイエンス ポータル 」サイトより


微生物と環境を生かすバイオーム農業

アグリバイオーム 微生物が作物を育む

日経サイエンス 」サイトより


耐寒性植物(作物)とは
同記事に「植物には それぞれ栽培に適した気候があるとされるのが一般常識ですが、耐寒性植物とは該当植物が より低気温な場所でも栽培に適するように変異したものです」

「桃太郎パパイヤ研究所では、独自の耐寒性遺伝子情報覚醒技術を開発。熱帯地方が栽培に適するとされていた植物を、日本国内での栽培を可能とした耐寒性植物として作出しております」

「桃太郎パパイヤ研究所の凍結解凍覚醒法は、耐寒性遺伝子情報覚醒技術に加え、プロトプラスト近縁種合成技術を用いた新品種作物作出技術です。

植物が発生期から有している能力遺伝子情報を凍結解凍して覚醒化(温暖化で失われた耐寒性遺伝子情報の回復と、温暖化で もたらされた温暖期の環境記憶情報の消去)を行い、凍結解凍後に必要であれば細胞壁を破壊してプロトプラストを摘出、それを近縁種植物から抽出されたプロトプラストと再生融合して新品種作物を作出します。

遺伝子組換え作物や遺伝子操作作物とは違う、危険性の無い第3の新品種作物作出技術です」などの記述があります。

農業法人 株式会社 D&Tファーム 」サイトより


遺伝科学を用いて「スーパーライス」を開発

WAOサイエンス パーク 」サイトより


世界を脅かせる大気汚染の主要原因とは?
同記事に「研究によると農業で必要とされている窒素から心臓疾患や呼吸障害の主要原因となる微粒子物質が排出されることが分りました。

汚染は肥料がアンモニアを空気中にリリースするところから始まります。

アンモニアは農場の風下へ吹き流され、車と工場によって生産された酸化窒素や硫酸塩を含む汚染物質と遭遇すると一連の化学反応を通じて、分子が結合し、直径2.5ミクロン以下の粒子になります。

あのPM2.5も そうやって出来あがります」

「最近の研究によると、この粒子による大気汚染が原因で早死にする人が世界中で550万人以上になると科学者が試算しています。

最近、世界保健機構が分析により、発展途上国の80がPM2.5などの体に害を及ぼす粒子で汚染されていると発表しました。

もちろん、米国、ヨーロッパ、ロシア、アジア、特に中国などでも農場の近くに住んでいる人々には大きなリスクがある可能性が高い」などの記述があります。

米国のトウモロコシ栽培による大気汚染で毎年 数千人の死者
同記事に「トウモロコシ栽培は粒子状物質の排出につながります。

粒子状物質はアンモニア、硫黄酸化物、窒素酸化物、そして揮発性の有機化合物で組成されており、肥料と堆肥を撒いたり、トラクターといった農機や耕作したり植えたりする際のホコリから放たれます。

これらは とても細かく、肺に入り込んで心臓にも影響を与えうる危険な汚染物質です」などの記述があります。

食料不足解決への答え、変な形のトウモロコシで見つかる

新石器時代、狩猟採集と農耕のギャップを埋めた作物
同記事に「多くの水を必要とする上に植えてから収穫まで100日近くかかる米に対して、キビなら約45日で収穫ができる」

「しかも、あまり水を必要としないので、定期的に移動をしながらでも、農業ができます」

「私たちはキビのことを、もっと深く理解する必要があるでしょう。

それが、今人類が直面している食料問題を解決する糸口になる可能性もあります」などの記述があります。

干ばつ時の作物づくりに革新的な発見、豪大学が発表

空中で3倍早く育つ。エアロポニック野菜とは?

95%水を節約できる野菜の工場が誕生

電流で色が変わるLED

工業デザイナー奥山清行さんが撒いた未来の農業の種とは?

発泡スチロールを食べる幼虫
同記事に「アメリカでは1年に25億個もの発泡スチロール製のカップが捨てられています」

「ミールワームと言われるゴミムシダマシの幼虫が、発砲スチロールを食べて二酸化炭素や分解可能な物質として排泄してくれることがわかりました。

北京航空航天大学とスタンフォード大学の研究者たちによって発表された研究によると、このミールワームの腸の中にプラスチックを消化できる微生物が含まれているとのことです」

「数年前には熱帯雨林のカビが、断熱材から伸縮性の繊維まで いろいろなものに使われるポリウレタンを分解してくれることをイェール大学の研究チームが発見しました。

石油に含まれる芳香族炭化水素は発がん性が指摘されていますが、ヒラタケが それを分解することもわかっています。

今回の発見で素晴らしいのは、発砲スチロールを食べてミールワームが排泄するものは全て生分解性であること」などの記述があります。

NECがビッグデータでトマトを育てる
同記事に「圃場に設置した気象・土壌などの各種センサや人工衛星・ドローンなどから得られるデータと、灌漑・施肥などの営農環境から得られるデータをもとにコンピュータ上に仮想圃場を生成し、この仮想圃場での生育シミュレーションから その土地に応じた最適な営農アドバイスや将来の収穫量・収穫適期などの予測を行なう」

「上手く開発が進めば、既存産地においての単収(面積あたりの収穫量)アップや、これまで主要産地ではなかった国での新たなトマト産地育成などが期待できる」などの記述があります。

「水素燃料ドローン」飛行時間が劇的に延びる

トマトのDNAから甘さ・収量を予測する手法が開発

自立型ロボットで農業に革命を起こそう

ドローン、それは現代の案山子

照らすだけで木の健康状態がわかる、3Dレーザースキャナー

品種偽装コーヒーが増加中、見抜く方法が開発

新種の病原体襲来。農業国オーストラリアに迫る脅威

キノコは世界を救う。汚染浄化,新素材,テラフォーミングにも

野生のコーヒーの木は2080年に絶滅か

農薬の98%は作物に くっつかない、ただの環境汚染

サハラ砂漠のアリは、優先順位をつけて仲間を救助する

ギズモード・ジャパン 」サイトより


菱(ヒシ/ひし)の実の栄養価と効用
同記事に「ヒシは有機ゲルマニュムを含む数少ない植物としても知られています。

この有機ゲルマニュムという成分には、免疫力を高め、がんと戦うインターフェロンの生成を促す働きがある事が分かっています。

また、モルヒネと同じような鎮痛効果が見出されています」などの記述があります。

フーズ リンク 」サイトより


コイクシン

銀座東京クリニック 」サイトより


ゲノム倍数化が進化の可能性を高める

植物や鉱物だけからなる紫外線カット透湿フィルムを開発

低温環境に弱い線虫が氷点下で生き延びた

AIST:産業技術総合研究所 」サイトより


環境パフォーマンス指数(EPI) 国別ランキング・推移
環境パフォーマンス指数 ( Environmental Performance Index - EPI )

EPI - 農業

EPI - 水資源

GLOBAL NOTE グローバルノート 」サイトより


中国の犯罪組織が暗躍、南アのアワビ密漁で資源枯渇の危機

AFPBB News 」サイトより


迫る食糧危機、「新たな穀物」はあるか (英語)
( What's the Next Quinoa? Farmers, Foodies Revive Heritage Grains )

National Geographic 」サイトより (英語)


台風にも負けない最強イネ「リーフスター」

植物に酢酸を与えるだけで乾燥に強くなるメカニズムを発見

乾燥に強くなる植物ペプチドを発見

北大、食用アスパラガスの性決定遺伝子の候補を発見

草刈りの匂いでダイズの防衛能力が向上し,イソフラボン量 増加

カメムシ防除剤の開発に活用可能な共生細菌の運動を発見

ドローン活用で、農薬使用量を90%以上削減 - オプティム

ユーグレナに胃潰瘍症状を緩和する効果がある可能性

東大、簡単で省エネな医薬品合成法を開発

Minimal「カカオの発酵を科学的に研究し、レシピに活用」

植物への病原菌感染に新機構 - 画期的な薬剤開発に期待

青色光刺激と二酸化炭素と植物の気孔運動、関係性が明らかに

土壌汚染浄化に有効な微生物の発見

低温プラズマ処理により抗酸化物質の多い苺を作出できると発見

マグネシウム多い食事で虚血性心疾患のリスク低下

生態系保全と雇用創出の一石二鳥!海藻を活用した養殖システム

ヤンマー、グルテンフリーの新食品素材「米ゲル」本格販売

照射する光によってレタスの味が変わることを発見

植物が塩害から身を守るためのタンパク質を発見

マイナビ ニュース 」サイトより


【関連記事】


大気汚染の世界地図

台風の世界地図

紫外線の世界地図



セパシア菌の功罪と無農薬農業:微生物の安全性に疑問

乃木 生薬研究所 - ノギ ボタニカル 」サイトより


【関連記事】


感染症対策・世界分布



再生医療の最大の課題は、「農業」が解決するのかもしれない

WIRED.jp 」サイトより


【関連記事】


世界の医療事情


【食料・関連情報サイト】


食料自給率とは

農林水産省/食料自給率の部屋

農林水産省 」サイトより


食品生産力研究所 食料自給率データマップ 」サイト



硝酸態窒素による水汚染が深刻化

硝酸態窒素とは - 水道水より名水が汚い

硝酸態窒素の水汚染 - 有名8ブランドが汚染

硝酸態窒素の水汚染 - 大手以外の市販の水

硝酸態窒素の水汚染 - 海外でも汚染が進む

食品と暮らしの安全 」サイトより


硝酸態窒素
同記事に「硝酸態窒素に変化し得る肥料が大量に施肥された結果、ミネラルウォーターとして市販されている物も含む地下水が硝酸態窒素に汚染されたり、葉物野菜の中に大量の硝酸態窒素が残留するといった環境問題が起こっている。

人間を含む動物が硝酸態窒素を大量に摂取すると、体内で腸内細菌により亜硝酸態窒素に還元され、これが体内に吸収されて血液中のヘモグロビンを酸化してメトヘモグロビンを生成してメトヘモグロビン血症などの酸素欠乏症を引き起こす可能性がある上、2級アミンと結合して発ガン性物質のニトロソアミンを生じる問題が指摘されている」などの記述があります。

Wikipedia 」サイトより


日本の野菜は海外で「硝酸態窒素 汚染物」扱い - 1
同記事に「硝酸態窒素は多くの病気の根源とも言われている怖ろしいものです。

今から60年ほど前のアメリカで、ある母親が赤ん坊に裏ごししたホウレンソウを離乳食として与えたところ、赤ん坊が口からカニのように泡を吹き、顔が紫色になったかと思うと30分もしないうちに息絶えてしまう悲しい出来事がありました。ブルーベビー症候群と呼ばれるものです。

牛や豚、鶏などの糞尿を肥料として与えたホウレンソウの中に硝酸態窒素が残留していたんです。

硝酸態窒素は体内に入ると亜硝酸態窒素という有害物質に変わり、血液中のヘモグロビンの活動を阻害するので酸欠を引き起こし、最悪の場合死に至ってしまう。

また、発がん性物質のもとになったり、糖尿病を誘発すると言われている怖ろしいものなんです。

家畜の糞尿は有機栽培でも使われますが、堆肥を十分に完熟させてから施せば問題はありません。

しかし未完熟の堆肥を使うと、とくに葉ものには硝酸態窒素が残ってしまうので危ないのです」などの記述があります。

日本の野菜は海外で「硝酸態窒素 汚染物」扱い - 2
同記事に「さらに危ないのは化学肥料を施しすぎた野菜で、要注意です。

このような事件が その後も多発したために、ヨーロッパでは硝酸態窒素に対して厳しい規制があり、EUの基準値は現在およそ3000ppmと決められています。

それを超える野菜は市場に出してはならない。汚染野菜として扱われるのです。

ところが日本には その基準がなく野放し。農林水産省が不問に付しているからです。

スーパーで売られているチンゲンサイを調べたら硝酸態窒素、いくらあったと思いますか?1万6000ppmですよ!

米はどうか? 最低でも1万2000ppm。

高いほうは......とんでもない数値でした。ここには書けません。皆さん、パニックになってしまうから」などの記述があります。

現代ビジネス [講談社] 」サイトより


硝酸態窒素の人体への影響について

株式会社アドバンテック・サンスイ 」サイトより


野菜の硝酸態窒素を巡るウソ

FOOCOM.NET 」サイトより


「虫食い野菜は農薬が少ない」は誤解だった
同記事に「白菜は無農薬で育てるのが一番難しい野菜なのです。そのとおり、虫食いでレースのカーテン状となった白菜が畑一面に......。

「土が やせているから こうなるに違いない」と、堆肥や有機肥料を どんどん施肥したのですが、やればやるほど虫食いが ひどくなってしまいます。

そんな時、肥料っ気のない場所に こぼれた種から育った白菜には、虫食いがないことに気がつきました。

「もしかすると肥料(チッソ分)が少ないほうが、虫が寄ってこないのではないか......?」それからは肥料を できるだけ抑えて育てることにしました。すると、虫食いの害が激減したのです」

「野菜を育てるのに もっとも必要とされているのがチッソ・リン酸・カリ(理科で習いましたよね)です。

中でもチッソは野菜を大きくするのに不可欠とされていますが、なぜ肥料をあげれば あげるほど虫が寄ってくるのか......?

成長に必要な分以上にチッソ過多になると、害虫の好む「アミノ酸」や「アミノ酸アミド」が野菜の体内で発生して害虫が寄ってくる。つまり、虫食いは「安全の印」ではなく「肥料過多の印」だったのです。

また、アミノ酸が作られる過程で細胞壁を作るのに必要な糖類が使われ、細胞壁が薄くなり そこから病気も呼び込んでしまいます。

日本では、農薬に関しては「農薬取締法」に基づき、使用制限などが規制されています。ところが肥料の使用に関しては何の規制もありません。

そのため、野菜を大きくしよう、収穫量を上げようと、ついつい肥料過多になってしまうのです。その結果として病害虫を呼び込み、対症療法として多量の農薬を使うという悪循環が起こっています。

さらに、余ったチッソ分は土壌の汚染にも つながります」

「EUでは飲料水を地下水に依存している国が多く、河川も複数の国が共有しています。

そこで1991年に地表水および地下水が汚染・富栄養化されるのを削減・防止することを目的とした「農業起源の硝酸による汚染からの水系の保護に関する閣僚理事会指令」が制定されました」

「化学肥料であっても有機肥料であっても、チッソ過多になることは人間でいうと「メタボ」状態。

また残留チッソ(硝酸態チッソ)の比率が高い野菜はブルーベイビー症候群(硝酸態チッソが赤血球の働きを阻害し、酸素が欠乏)を引き起こすなど、人体にも よくないとされています」などの記述があります。

有機作物は必ずしも安全・安心ではない!怖い肥料の真実 - 1
同記事に「植物はチッソの排泄能力を持っていないので、使い切れない分はため込んでしまう。

いくら「有機」といっても、肥料選びを間違えると化学肥料以上にチッソ分の多い肥料を大事な畑にまくことになる。

残留したチッソ(硝酸態チッソ)に病害虫が寄ってくるため、こうした畑で育つ農作物は病害虫の餌食になりやすい。

そして手におえなくなり、逆に農薬依存度を高めてしまう」などの記述があります。

有機作物は必ずしも安全・安心ではない!怖い肥料の真実 - 2
同記事に「農薬の危険性は注目されやすいが、肥料への関心は非常に薄い。

出所のわからない生ゴミや食品廃棄物、家畜の糞尿、家畜の飼育に使われた抗生物質などのクスリなど、健康被害を引き起こす恐れのある物質が肥料に形を変えてまかれ、土壌に蓄積していく。地下水を汚染する恐れも強い。

規模からすると、農薬よりも肥料のほうが怖い。同じ畑で同じ野菜を作り続けた結果、病原菌が大量発生する『連作障害』は、実は施肥障害なんですよ。不必要な養分が土壌にたまって偏った結果です。

本当は逆で、連作することによって その作物にあった土壌微生物が棲みつき、収量は上がるんです」

「『ブルーベイビー症候群』といって、硝酸態チッソ値の高いホウレン草を離乳食として食べた乳児の突然死が米国で相次ぎました。

硝酸態チッソが赤血球の働きを妨げて呼吸困難を引き起こすとのことで、1960年代に社会問題になった」

「飲料水を地下水に依存する国の多いEU諸国は、いち早くこの問題に着手した。

1991年に農業起源の硝酸によって地表水および地下水が汚染・富栄養化されるのを削減・防止することを目的とした「農業起源の硝酸による汚染からの水系の保護に関する閣僚理事会指令」を公布し、排出削減に取り組んでいる。

畜産国デンマークでは1年のうち半年間、畑に家畜の糞尿をまくことが禁止され、オランダでは飼育できる家畜の頭数を制限しているほどだ。

日本では、この問題は手つかず状態だ。農薬に関しては「農薬取締法」で使用量などが厳しく規制されているが、肥料の使用量については規制がないのだ。もちろん国による硝酸態チッソ値の基準もない」

「試しに、鶏糞の入った有機肥料で栽培した野菜を測ったところ、7000~9000ppmもあった。

皮肉なことに、成分のはっきりしている化学肥料よりも、はっきりしていない有機肥料の方がチッソ過多になりやすい。

「有機農産物」だからといって必ずしも安全・安心とはいえない」などの記述があります。

ハーバービジネス オンライン 」サイトより


野菜の成長と美味しさを左右する「硝酸イオン」をはかる

HORIBA 」サイトより


化学肥料と地球の未来

史上2番目の大量絶滅、原因は有毒金属とする新説
同記事に「史上2番目に大きいとされる4億年前の大量絶滅は、海中で爆発的に増加した有毒金属が原因だった可能性があるとする論文を、フランス、リール大学などの研究チームが学術誌「Nature Communications」に発表した。

高濃度の鉛、ヒ素、鉄などが、古代の海で繁栄していたプランクトンに似た微生物に重度の奇形を生じさせたという」

「今回発表された論文は、海の化学成分の変化に注目している。海底には もともと金属が沈殿しているが、栄養分の増加(富栄養化)などによって海の酸素濃度が低下すると、そうした金属が水に溶け出す。

結果、金属への接触が増えたプランクトンに奇形が起こったと考えられる」

「論文の共著者で、米国地質調査所の地球化学者ポール・エムスボ氏によると、同様の奇形は今日の海水・淡水生物にも見られ、これは高濃度の有毒金属に さらされた証拠だという。

たとえば現生の珪藻類は きれいな形の殻に覆われているが、「その殻がジグザグに ゆがむなど、変形している例が見られます」。こうした珪藻類の奇形は、水の金属汚染を調べる際の手がかりとされている」

「重金属は貝の形成を阻害し、また魚、鳥、人間の体にも有害だ。

鉛は あらゆる脊椎動物にとって有毒であり、ヒ素はガンの原因となる。

なぜ海中の酸素欠乏が生じたのかは定かではないが、おそらくは窒素などの栄養分が増えたことで植物の成長が加速し、酸素を使い果たしてしまったのだろうと推測される。

現在、デッドゾーンと呼ばれる酸欠海域が世界各地で拡大している。

たとえば米国ミシシッピ川河口では、都市部や農場から窒素を豊富に含む排水や肥料が流れ込み、巨大な酸欠海域が生じている」などの記述があります。

北極圏の永久凍土に水銀、推定5700万リットル - 1
同記事に「2018年2月5日、学術誌「Geophysical Research Letters」に掲載された論文によると、北極圏の永久凍土に蓄積された天然の水銀は、人間が過去30年間に石炭の燃焼その他の汚染源によって大気中に排出してきた水銀の総量の10倍に上る」

「永久凍土に水銀があるだけでなく、地上最大の水銀保管庫となっていることがわかりました」

「水銀は環境の中で自然に見られ、森林火災や火山噴火、岩石の風化などによって放出される。

しかし、空気中にある水銀の約3分の2は人間が排出しており、石炭の燃焼や医療廃棄物、あるいは一部の鉱業が主な原因だ」

「大気と海の複雑な働きによって、水銀が世界の どこよりも多く集まるのが北の高緯度地方だ」などの記述があります。

北極圏の永久凍土に水銀、推定5700万リットル - 2
同記事に「2004年から2012年にかけて、シュスター氏らの研究チームは、アラスカの各地で13を超すアイスコア試料を集めた。

アラスカで得られた結果が北極圏全体の永久凍土の推定に使えるように、採取地を選び、何年もかけてモデルを完成させた。

結果は、北極圏の永久凍土は およそ5700万リットルもの水銀を ため込んでいるというものだった。

海、大気、北極圏以外の全ての陸地に含まれる水銀を合わせた量の少なくとも2倍だ。

「極めて高い濃度でした。我々の予想を大きく超えていて、大変驚かされました」とシュスター氏。

大きな疑問は、「この水銀に これから何が起こるのか」だ。

これらが全て、永久凍土の中に隔離されたままでいるとは考えにくい。

凍土が解け始めると、植物が育ち、水銀を取り込む。

その植物を分解する微生物が、毒性の強まったメチル水銀を排出する。

その一部が水や空気を通じて生態系に広がり、やがて動物の体に入る。

生物が媒介し、食物連鎖に入る道が開かれます」などの記述があります。

宇宙からの視点で地球の住み心地を考える(提言編)- 1

宇宙からの視点で地球の住み心地を考える(提言編)- 2

宇宙からの視点で地球の住み心地を考える(提言編)- 3
同記事に「小氷期には どれぐらい気温が変わったのでしょうか。

それは木の年輪の幅から調べられます。

平均すると今より0.6℃程度低かったと言われてきましたが、最近の研究で、地域差が大きいことがわかって、最大で2~2.5℃下がっていたことがわかりました。

なかでも日本は影響が出やすい地域でした。

大阪府立大学の青野靖之先生の研究ですが、京都に残っている日記に書かれたヤマザクラの開花日から調べたところ、マウンダー極小期では2.5℃くらい気温が低かったことがわかりました。

気温が2℃下がるとどうなるか

では、平均気温が2℃下がるとどうなるのでしょうか。

1991年のピナツボ火山の噴火の翌年に、日本では2℃くらい気温が下がって、2年間ほど影響がありました。

小氷期は その状態が数十年とか数百年続くということです。

最大の影響は作物が育たなくなることです。

ピナツボの噴火の後、日本ではお米が不足して、タイから輸入したりしました。

人間は寒さを我慢できても、植物は「何℃以上の日が何日続けば どれぐらい成長できる」というふうに気温で決まっているので、夏が短くなると その日数分収穫が減ります。

気温が低下した小氷期には不作と呼ばれる年が2倍に増え、食糧不足で栄養状態が悪くなり、ヨーロッパでは伝染病等で数百万人単位の死者が出ました」

「気温は当時、ほとんどの場所で、大なり小なり下がっていました。

でも、雨は、増えるところもあれば乾燥するところもある、というふうに場所によって全く異なるのです。

小氷期に日本で どうなっていたのか調べるために、伊勢や奈良などの古い木を分析してみました。

木のなかの酸素の同位体を調べると、雨が増えていたかどうかがわかるのです。

気候が乾燥すると葉っぱの裏の気孔が閉じます。反対に湿潤になると開いて外気を取りこみます。

葉の中の水は基本的に根から吸い上げたものですが、外気がまざってくることで成分が変わってくるので、それを分析すると、空気が乾いていたか湿っていたかがわかるのです。

分析の結果、日本では小氷期に徐々に雨が増えていったことがわかりました。

とくに小氷期の終わりごろに雨が大幅に増えて、そのあとは現在に向けて乾燥化が進んできたことがわかりました。

温暖化すると雨が増えるというのが一般的なイメージですが、日本の場合は逆のデータが出ました」などの記述があります。

宇宙からの視点で地球の住み心地を考える(提言編)- 4

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


化学肥料の硝酸塩、数十年間も残存
同記事に「環境内における硝酸塩の過剰な存在は、これまでにも飲料水汚染と関連付けられている他、藻の急速な成長を引き起こし、淡水生態系や沿岸域の海洋生物に害を与える恐れがある。

フランスとカナダの合同研究チームは、農作業によって長期間にどの程度の量の硝酸塩が残存するのかを明らかにするため、小麦とテンサイを主要作物とする畑を対象とした調査をフランスで行い、この畑の土壌中の硝酸塩濃度を1982年から2012年まで追跡調査した。

その結果、肥料の使用後28年経っても、肥料に由来する硝酸塩の12~15%が土壌中に残存していることが分かった。

一方、約61~65%は植物に取り込まれ、8~12%は すでに地下水に漏れていた。

土壌中に残存している硝酸塩の一部は今後少なくとも さらに50年間は、硝酸塩のまま作物に取り込まれたり、地下水に漏れたりする状況が続く」などの記述があります。

米全土の600万人、鉛汚染水を摂取 米紙報道
同記事に「米紙USAトゥデー(USA Today)は2016年3月17日、約600万人の米国人が連邦当局が示した許容値よりも高い濃度の鉛に汚染された水を飲んでいる、と報じた」

「全国の水道設備 約2000か所から許容値よりも高い濃度の鉛が検出された。汚染された水は数百の託児施設や学校に供給されていたという。

鉛の毒は とりわけ子どもたちにとって有害とされ、神経系に影響を与えたり、不可逆的な学習遅延や問題行動を引き起こしたりする可能性がある」
「米国の全50州で許容値よりも高い鉛濃度が検出された。

東部メーン(Maine)州の小学校で採取された水のサンプルからは、米環境保護局(EPA)が定める規制値である15ppmより約42倍高い鉛濃度が、ペンシルバニア(Pennsylvania)州の保育園では許容値より14倍高い鉛濃度が検出された」などの記述があります。

WHO、動物への抗生物質の使用回避を訴え 耐性菌の拡大懸念

AFPBB News 」サイトより


年間 雷 日数 [ 2011年 第一位 石川県 ]

新・都道府県別統計とランキングで見る県民性 [ とどラン ] 」サイトより


不漁とは無縁!本格始動する魚の「陸上養殖」 - 1

不漁とは無縁!本格始動する魚の「陸上養殖」 - 2

不漁とは無縁!本格始動する魚の「陸上養殖」 - 3

「グルテンフリー」を超える新世代パンの実力 - 1

「グルテンフリー」を超える新世代パンの実力 - 2

「グルテンフリー」を超える新世代パンの実力 - 3

東洋経済オンライン 」サイトより


「農業の工業化」を進める最先端技術6選

ブロックチェーンは「農業革命」の火種となりうるか

「自律走行トラクター」は食糧危機を救えるか?

衛星ビッグデータで、都市農業の可能性を さらにビッグに

ドローンが可能にする「データ農業」

人工ダイヤとレーザーでドローンを無線給電する技術

ドローン落下を検知しパラシュートが開く安全装置「SafeAir」

ハチに着想、自重の40倍もの重さを運ぶ小型ドローン開発

ロボットがリンゴを収穫する時代がやってきた

完全自律走行車は、まず「農業」に革命を起こすかもしれない

食糧問題を解決するには、新技術よりも無知を取り除くこと

オンデマンド型の発酵ラボが、バイオ サイエンスの進化を加速

イタリアの遠距離家庭菜園「Coltiverra」

世界中の農家が「携帯電話メール」でビッグデータを紡ぐ未来

肥料価格高騰と、新しい合成法の研究

収穫にまでロボットが進出する──「効率化された農業」の未来

ロボットハンドはベイマックス化する?素早くつまむ柔らかい指

企業に頼らず新しい種子を生み出す動き

遺伝子編集でつくられた窒素固定細菌が、化学肥料の代替に

遺伝学は、イチゴを もっと美味しくするか - 1

遺伝学は、イチゴを もっと美味しくするか - 2

小麦ゲノムの全解読、これで食糧問題は解決できるのか?

海を知らない海水魚を養殖する。「農漁」が世界の食を変える。

食糧危機から世界を救う、スタートアップX-Crop - 1

食糧危機から世界を救う、スタートアップX-Crop - 2

2018年、EUで「昆虫食」の取引が自由化

コオロギを食品にするスタートアップが描く「新しい食生活」

コオロギ、マダガスカルに昆虫食を広める研究者たちの挑戦

触ると鮮度がわかる食品ラベルで世界の食糧不足は解決 - 1

触ると鮮度がわかる食品ラベルで世界の食糧不足は解決 - 2

触ると鮮度がわかる食品ラベルで世界の食糧不足は解決 - 3

触ると鮮度がわかる食品ラベルで世界の食糧不足は解決 - 4

触ると鮮度がわかる食品ラベルで世界の食糧不足は解決 - 5

厚さ0.1mmの「野菜」をつくった男

アヴォカドの食べ頃の期間が2倍に? 鮮度を保つコーティング剤

旧石器時代の食事法「パレオ・ダイエット」レストラン、英国

あなたが まだ知らない、新しい「○○粉」

ラボで生産された培養肉は,本当に環境に優しいと言えるのか?

乳製品を使わない「チーズ」のメーカー

代用肉の進化と、「細胞農業」がもたらす食の未来

家畜への「抗生物質の乱用」が子どもに与える影響を警告
同記事に「米国で使われる抗生物質の大部分は、農業と魚介類の養殖向けだ。

米国小児科学会は、抗生物質の乱用で、人間、特に子どもたちの間で薬物耐性のある危険な感染症が増加すると警告している」などの記述があります。

動物たちに蔓延する「肥満」のナゾを解く:研究結果
同記事に「研究室のマウスやラットは どうだろう? なぜ彼らが太らなければならないのだろうか?

霊長類研究所に暮らす様々な種類のサルたちについては?ジャンクフードや炭酸飲料や生活習慣のせいだとは考えられない。

さらに、研究者たちは論文のなかで、同様の傾向が、ウマのように環境も類型も異なる他の動物においても測定されたことを報告している。

これでは、まるで何かが空気中に存在しているかのようだ」

「2012年、デンマークの3人組の研究者たちが、大気中の二酸化炭素の増加と、肥満の蔓延の間に つながりがあるという仮説を立てた。

大気中の二酸化炭素が増加すれば、血液中に溶けている二酸化炭素も増えて、血液を わずかに酸性にする(これは、実験によって観察された)。

血液の酸性が わずかながら増加すると、飢えと渇きを制御する視床下部のニューロンは より活発になる。

導かれる結論は「二酸化炭素の増加は、食べる量の増加を導く」 ということだ。人間であろうと、人間でなかろうと」

「植物の組成の変化によるものだ。植物は より糖分が豊富に、タンパク質が少なくなる。

疑惑はほかにもある。2015年5月、パルマで行われたカンファレンスでは、いわゆる「オビーソゲン」を指弾する合意声明が発表された。

ホルモンバランスを変化させて体のバランスを崩し、脂肪を蓄積するよう働きかける可能性が指摘されている物質のことだ。

オビソーゲンはホルモンバランスを変化させ、肥満以外にも深刻な健康被害を もたらす可能性がある。例えば、男性の生殖能力がそうだ。

こうした、いわゆる「環境ホルモン」は、バルト海のアザラシや英国の魚、フロリダ州のワニのように、さまざまな動物たちに影響を及ぼしている」などの記述があります。

「抗生物質まみれ」の食肉産業は今後どうなる

「シカ食い寄生虫」、40年ぶりにフロリダに発生
同記事に「肉食で、死を招くこともある寄生虫が、フロリダ州南部で再び広がっている。

多くの動物が被害を受けており、地元では畜産業の非常事態宣言が出されている。

「新世界ラセンウジバエ」(New World screwworm)の幼虫は、むき出しの傷口に群がり、生体組織を食い荒らす。

「ラセンウジ」という名前は、幼虫の身体にネジ山のような突起があることから来ている。

孵化した幼虫は、傷口の穴に頭から入り込み、ネジが食い込んでいくかのように生体組織を食い荒らしていく(壊死した組織しか食べない)」

「新世界ラセンウジバエは もともと中南米原産だ。

当局では、フロリダキーズに上陸することが多いハイチやキューバからの移民や動物、積荷に紛れて新世界ラセンウジバエが入ってきたと考えている。

新世界ラセンウジバエの幼虫は、人間を含めた すべての恒温動物に寄生する」などの記述があります。

次の環境脅威は窒素汚染:「窒素酸化物が1860年の30倍に」
同記事に「農業肥料や、車の排気などを通じて環境中に排出され、環境や健康に悪影響をもたらす窒素酸化物。

人間による排出量は、1860年と比較して ほぼ30倍に達している。

化学肥料は現代農業の主流となっているだけに、世界の食糧問題との兼ね合いが注目される」

「作物の肥料となる窒素がなければ、世界の食糧は不足する。

しかし、人類が窒素の排出量を削減しなければ、海も人類も死滅する」

「人間の活動は この100年間、自然界の窒素の循環サイクルに非常に大きな影響を与えてきた。

おそらく、炭素の循環サイクルに与えてきた影響さえも上回るだろう」

「厳密に言えば、問題なのは いわゆる普通の窒素----人間が吸う空気の4分の3以上を占める気体----ではなく、「窒素酸化物」と呼ばれるものだ。

一酸化窒素や二酸化窒素は、広義の活性酸素の一部だ。

活性酸素は、通常の酸素分子とは電子の配置が異なるため極めて不安定で、より環境に悪影響を及ぼす可能性が高い」

「人類が生成する窒素酸化物の量は、1860年には15メートルトンだった。

それが1995年には156トン、2005年には185トンに達した」

「窒素は産業活動によって排出されるものもあるが、大半は作物の肥料から排出される。

窒素と水素、硫酸鉄を組み合わせて化学肥料を作る「ハーバー・ボッシュ法」が、現代農業の主流になっているのだ。

「窒素酸化物の第一の、そして おそらく最も大きな影響は、世界の食糧供給への影響だ。

人類が食べるのに十分な量の食物を生産するには、窒素に頼らざるを得ない」

「しかし、窒素のマイナス面は増える一方だ。

窒素酸化物は空気中のオゾン濃度を上昇させ、呼吸器系疾患を引き起こし、作物の収穫量を減らす。

また、酸性雨をもたらし、酸素を大量消費する海藻の異常繁殖を促して漁業に被害をもたらす恐れもある。

窒素汚染は いずれ全世界の海を、メキシコ湾のように生物が棲めない場所に変えてしまうかもしれない。

現在メキシコ湾には、肥料の流出により、酸素が乏しいために海洋生物が生息できない「デッドゾーン」が約1万5000平方キロメートルにわたって広がっている」

「燃費や、発展途上国の下水処理能力、作物や家畜に窒素を吸収させる能力を向上させれば、窒素酸化物の排出量を年間53トン(現在の総排出量の約28%)削減できる」などの記述があります。

発電所から排出されるCO2が養殖を変える:ノルウェー

ゴミや家畜から出たメタンから、バイオ ポリエステル

ハエの力で食糧危機を救う。 究極の循環型社会を目指して

新たな「規制」はドローン産業に「成長」をもたらす

ドローンを より長く飛ばせる「燃料電池」を英企業が開発

ドローンはプロペラを捨て「コウモリ」のようになる

科学を信じないイタリア人と、広がり続けるオリーヴ伝染病

完全代替食「ソイレント」で体調不良、原因は「藻」の可能性

究極のアヴォカドは生まれるか - カリフォルニア州の長い戦い

カンナビス料理、その「おいしさの科学」に迫る

マグロ中の水銀濃度、アジアの海では減少せず
同記事に「米国の研究者が2004〜12年の間に捕獲されたマグロに含まれる水銀濃度を調べたところ、火力発電などに使われる石炭利用量が北米で減っていることから、大西洋では水銀濃度は減少傾向にあることがわかった。

一方、アジア地域の水銀汚染は いまでも拡大している」

「石炭の燃焼によって大気中に排出された水銀は、海水にも降り注ぐ。水銀は魚介類の体内に入り込んで蓄積される。

体の大きいマグロは食物連鎖の頂点に立っているため、大量の水銀が体内に蓄積されてしまう。

米国では、魚介類から人が取り込む水銀のおよそ40パーセントはマグロが原因となっている。ツナ缶としてのマグロの消費量が多いためだ。

ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校のチェンシュアン・リーらは、2004〜12年の間に捕獲されたタイセイヨウ クロマグロの組織標本を調査して、水銀濃度の変化を確認する研究を行った。

『Environmental Science & Technology』に掲載された論文によると、研究チームは、およそ1300頭のマグロの標本を分析した。

年齢は9〜14歳で、捕獲されたときに全長と体重が測定され、検査が行われた。

これらのマグロは、メイン湾や、カナダ南東部にあるセントローレンス湾の海域で活動する商用船によって捕獲されたものだが、はるかに広い海域を回遊している。

年齢が高く体の大きい魚ほど多くの水銀が体内に蓄積されるため、研究チームは それぞれの検査年で、年齢の同じ魚同士を比較した」

「その結果、食物連鎖の頂点に立つマグロの体内に どれほど多くの水銀が蓄積されるのかが明らかになった。

調査した組織標本に含まれていた水銀の濃度は、海水に含まれる水銀の1億倍もあったのだ。

ただし、水銀濃度は減少していることもわかった。2004〜12年までの間に、およそ19パーセント減少していた。

研究で明らかになった この傾向は、北米地域で放出される水銀の量と、大西洋に蓄積される水銀の量が減少している事実と よく符号している。

北米では、規制による石炭利用の減少により、大西洋を漂う水銀の量は減少しているのだ。

ただし、アジア地域の水銀汚染は いまでも拡大中だ。

また米国政府は かなり前から、妊婦に対してマグロの摂取量に注意するようガイドラインで呼びかけている」などの記述があります。

機械学習で「雑草だけに除草剤」──米農機大手ジョンディア

カリフォルニアの大火災、汚染された灰という二次災害
同記事に「灰の一部には、発がん性のある多環芳香族炭化水素(PAH)やダイオキシンなどの燃焼副産物が存在する恐れがある。

何十年も焼けていない、森林に覆われた古くからの土地では、大気汚染によって植物の表面が銅や鉛、アルミニウム、ヒ素、さらには水銀などの重金属に覆われているかもしれない。

植物が燃えると、これらの金属は あとに残るか、水路に流れ込む。

2009年にロサンゼルス北東部で起きたステーション火災では、近くの河川で鉄やマンガン、水銀の数値が上昇した。そして、その直後の嵐によって、銅や鉛、ニッケル、セレンの数値も上昇した」などの記述があります。

合成繊維のジャケットが,10倍速で自然に還る時代がやってくる

世界人口が今後30年で減少に転じるという、常識を覆す未来予測
同記事に「この世界の先行きや経済の展望、今後の都市計画を考えている人々の多くは、未来の人口規模の予測値をベースにしています。

そして それに基づいて、実際に意思決定を行っているのです。

けれども よく調べれば、この先、若者の人口が大幅に増えることはなく、むしろ医療の進歩によって寿命が延び、高齢化が進むとわかります。

このことは、ニューヨークの交通に関する決定にも影響しますし、すさまじい速さで崩壊が進んでいる農村コミュニティを政府がどう支援するかにも、大きく影響します。

わたしたちの社会が これから どこへ向かうのかを正しく理解することは、適切な決定を下すために必須の条件なのです」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


水銀の毒性が明らかになった19世紀の海難事故

霧の中の異常な水銀濃度に警鐘
同記事に「アメリカ地球物理学連合(American Geophysical Union)の総会において、カリフォルニア大学サンタクルーズ校(UCSC)の研究者チームは、カリフォルニア沿岸にたちこめる霧に、高濃度の水銀が含まれることを発表。

たとえ霧を吸い込んだとしても、ただちに人体に悪影響が出るレベルではないものの心配されています。

主に夏の時期に、カリフォルニア沿岸は、海水面と水上の気温差から、深い霧に覆われることで知られてきました。

ところが、1960年代と現代では、霧の発生日数が格段に増加。おまけに霧中のモノメチル水銀の濃度が、自然界で普通に雨滴に含まれる濃度の19倍にも達することが判明したとされています」

「海上から陸地へと流れた霧は、生態系に影響を与えるモノメチル水銀を降らせることになります。

早くも霧に包まれる地域に生息するクモから、高濃度の水銀が検出済み。

人間がクモを食べることはありませんが、水銀を体中に蓄えたクモを鳥や動物が食べ、食物連鎖の過程で濃縮されていく可能性は否定できません。

同地域で育つ植物にも、同じ危険があり、いずれは人間に影響が及ぶことになるかもしれない」などの記述があります。

米国一 毒性の高い村の黙示録的写真
同記事に「アメリカでスーパーファンド指定区域と言ったら、それはそれは恐ろしい場所で、絶対 近寄ってはならない重度汚染地域を指すのです。

中でも全米で一番汚染が ひどいと言われるのが、オクラホマ州ピッチャー。2006年に米国環境保護庁(EPA)が全住民に強制退去命令を下し 廃村になった場所です」

「ピッチャーは かつて州内最大の鉱山で栄えた町で、第一次世界大戦で使われた国内の鉛・亜鉛の実に50%は ここのものでした。

14000もの採掘坑から出る汚染水は1967年に鉱山が閉鎖になってからも染み出し続けており、村の外れには毒性の高い廃石(尾鉱。英語でtailingやchatと呼ば れる)が何百万トンも うず高く積み上げられたままになっています。

1980年にはスーパーファンド(土壌汚染対策法)指定区域となり、1996年には村の児童の少なくとも34%の血中に高濃度の鉛が検出されました
(鉛中毒は認知支障をきたす病気。村では教師・父兄の努力にも関わらず学習困難な児童の割合が高かった)。

2006年の調査では、鉱山が蜂の巣状態なため地面陥没リスクがあることまで判明し、実際に道路の穴に落ちてドライバーが死亡する事故が発生」「政府が土地をすべて買い上げて住民数百人に立ち退き命令を出し、2009年ピッチャーは廃村となったのです」

「アメリカには こういう廃坑が何万とあり、そこから目に見えない化学物質が出て都市にも拡散しています。

それを浄化しようとして2015年にはEPA 職員がコロラドの炭鉱を調査中、うっかり掘削機の操作を誤って重金属ばりばりの汚染水が大量に溢れ出し、川がオレンジに染まるという笑えない事故も起こりました」

「2016年1月、GM城下町のフリントで水道水に鉛が混じってオバマ大統領が非常事態宣言しましたけど、あれは全米の どの村でも起こりうる構造的な問題だ、とThe Vergeは書いています」

「浄化では まず除菌します」「フリント川のように菌が多い水は、そのぶん塩素も多く入れます。

その塩素が水中の有機物質と反応してトリハロメタンなどの発がん性物質を生みます。

同時に水も酸化するので水道管の腐食が進んで、そこから鉛が溶け出して、またまた児童に学習障害が...という悪循環。

米国政府は大都市の飲料水に腐食を止める防せい剤の添加を義務付けているのですが、それは順守されていませんでした。

順守しないのは特に珍しいことではなく、EPAで水質調査をした経験のある科学者がザ・ガーディアンに 暴露したところによれば、「ミシシッピ以東の大都市は どこも検査で不正をやってる、鉛・銅濃度は実は もっと高い」っていう話です」

「同じような問題はシリコンバレーにもあります」などの記述があります。

鳥も牛も犬も鼠も、みんな感染病で人間と繋がっている

墜落するドローン、後付けするパラシュート「DRONE RESCUE」

ギズモード・ジャパン 」サイトより


畜産排水の脱色・リン回収・消毒を同時に行う技術を開発

農業・食品産業技術総合研究機構 | 農研機構 」サイトより


粒状吸着材で豚舎や堆肥化施設の空気をキレイに

AIST: 産業技術総合研究所 」サイトより


天然ガス・リンの「自産自消」を実現した日本の下水処理場

レコード チャイナ 」サイトより


SCIENCE DREAM GARDEN |フィッシュ プラント
同記事に「海水を使わずに海の魚(海水魚)を養殖する方法を研究しています。

海に生息する海水魚と川に生息する淡水魚は、それぞれ環境に適応するために異なる体の仕組みをもっているため共存は不可能だと考えられていました。

それを現実にしたのが4年の歳月をかけて開発した「好適環境水」です。

海水でも、淡水でもない、いわば第三の水」などの記述があります。

岡山理科大学 」サイトより


ゲーテッド コミュニティ (Gated community)
同記事に「計画都市「マガルパッタ・シティ」は、約120人の農民が土地を出し合って共同経営組織を作り、マハーラーシュトラ州政府の援助を受けて完成した、ゲーティッド・コミュニティー」などの記述があります。

Wikipedia 」サイトより


ゲーテッド・コミュニティによる新タウン・マネジメント構想(PDF:0.971987 MB)

株式会社 都市ガバナンス研究所 」サイトより


【関連記事】


水の世界地図

日本人街・経済特区

海洋汚染の世界地図

資源分布の世界地図

雷 分布の世界地図

交通事情の世界地図



いもち病の原因となる真菌と対抗することができる微生物を特定(英語)
( Blunting Rice Disease )

University of Delaware 」サイトより(英語)


WFP・国連食糧計画が論ずる世界の「飢えの原因」とは

世界中で生産された食物の半分がムダに捨てられている

巣箱から そのままハチミツをゲットできる「Flow Hive」

世界各地の過去50年間の食生活の変化がわかるグラフ

チーズには麻薬並の依存性があることが研究により判明

野生トナカイから狂牛病の病原体「異常型プリオン」初めて発見

脳を破壊する「プリオン」は目から感染が広がる

食生活を変えても大人の腸内細菌は多様化しない

肥満に腸内細菌が関係しているメカニズムが解明

高脂肪食は腸内細菌に悪影響があると人体実験で明らかに

どの食べ物で太るかは人それぞれであることが判明

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


人は なぜ「不健康な食生活」をしてしまうのか?

汚染食品で6人に1人のアメリカ人が健康を損なっている

砂糖と心臓病の関係性とは?

ライフ ハッカー[日本版] 」サイトより


世界肥満地図

旅×インフォグラフィックス=tripgraphics 」サイトより


太った人が増え続けると地球が食料危機に、英大研究

「脱牛肉」で数百万人の命救う、温室効果ガス削減も WEF - 1

「脱牛肉」で数百万人の命救う、温室効果ガス削減も WEF - 2

不健康な食事、米国で年間40万人の死亡に関連

食品価格と肥満の関連性、世銀グループが報告
同記事に「世界の過体重の人の半数が わずか9か国(中国、米国、ドイツ、インド、ロシア、ブラジル、メキシコ、インドネシア、トルコ)に集中している。肥満は豊かな国だけに まん延するものではない」などの記述があります。

世界の食料の最大半分がごみに、英団体が警鐘

不要な食料を隣人と共有、フィンランドの先進的取り組み

英国発の食品リサイクルカフェ、取り組みは世界へ - 1

英国発の食品リサイクルカフェ、取り組みは世界へ - 2

仏、大手スーパーに食品廃棄を禁止 寄付か転用義務付け

米国の食品廃棄物、1日に約15万トン
同記事に「米科学誌「プロスワン(PLOS ONE)」に掲載された研究論文によると、最終的に廃棄される食用植物を栽培するために毎年 使用される土地の総面積は約12万平方キロで、これは米国内の農作物栽培好適地の約7%に及ぶという。

また、無駄に費やされている かんがい用水は16兆リットルに上るとされた。

青果物は構成比で食品廃棄物全体の39%を占めており、次いで乳製品17%、肉類14%、穀類12%となっている」

「2007年~2014年の食品廃棄物に関する政府の調査データに基づく今回の研究では、廃棄される食品の総量が全米国人の1日の平均カロリー摂取量の約30%に相当することが明らかになった。

こうした結果を受け、論文は環境と農業従事者にかかる負担は「重大だ」と指摘しており、また食品廃棄物が「年間 約35万トンの農薬と約82万トンの窒素肥料を用いて生産される収穫物に相当する」ことも記された。

解決策としては、果物や野菜のより適切な下ごしらえと保存の方法について消費者を教育する、食品の賞味期限を見直す、訳ありの生鮮食品を購入するよう消費者に勧める、食品廃棄物を抑制する取り組みを政府の持続可能性計画に組み入れるなどが考えられる」などの記述があります。

花粉媒介虫の「野生個体」減少で農業に打撃

天然の「薬箱」、ハチの寄生虫対策に花蜜成分が効果

ハチを伝染病から守るワクチン開発 世界初か ヘルシンキ大チーム

ハチの巣の建築方法を解明、研究

ミツバチを「ゾンビ」に変える寄生バエ発見

未来の農作物「キャッサバ」を後押し、国連

イネの収量を増やす遺伝子「SPIKE」を発見

奇跡の穀物キヌア、ゲノムほぼ解読 - 1

奇跡の穀物キヌア、ゲノムほぼ解読 - 2

かんきつ類の進化、最新系統樹で解明

気候変動と異常気象で食糧価格は今後高騰

気候変動対策に肉の消費減が不可欠、「欧米で9割減」提言

EU加盟各国、魚投棄禁止措置実施で合意

米食品市場「ナチュラル」表示の罠、添加物ばかりでも - 1

米食品市場「ナチュラル」表示の罠、添加物ばかりでも - 2

バッタ大量発生,過去60年で最悪の農業被害 伊サルデーニャ島

恐怖の中で死んだバッタ、土壌に悪影響を及ぼす

米国初、人の遺体を園芸用土にする埋葬方法を合法化 ワシントン州

大型動物の絶滅、土壌の栄養不足の原因に

大型動物の「ふん」激減、地球の栄養循環にも影響 - 1

大型動物の「ふん」激減、地球の栄養循環にも影響 - 2

死者が地球の化学組成変える? - 1

死者が地球の化学組成変える? - 2

「毒」も平気で摂食するミミズの謎、英研究で解明
同記事に「ミミズは、他の草食動物には毒性を示す葉も喜んで食べる

なぜミミズだけが大丈夫なのかは、これまで ずっと謎だったが、発表された研究結果によると、ミミズの消化管内では、空腹の草食生物を追い払うための植物の毒を無効化する化合物が生成されているのだという。

英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に掲載された論文には「ミミズは、一種の特異な表面活性代謝物を消化管内に保有している。この物質を『ドリロデフェンシン(drilodefensin)』と命名した」と記されている。

ミミズにまつわるこの長年の謎は、消化管液の分子顕微鏡分析によって解明された。

植物は、ポリフェノールとして知られる化学物質を生成する。ポリフェノールは、植物に色を与え、抗酸化物質として作用する。

そして、多くの草食動物の体内で消化を妨げることで、身を守る「盾」としても機能する。

リサイクルのスペシャリストであるミミズは、落ち葉などの植物由来物質を摂食、生命を支える炭素を排せつ物内に閉じ込め土壌に戻す」

「英インペリアル・カレッジ・ロンドン(Imperial College London)のジェイク・バンディ(Jake Bundy)氏らが率いた研究チームは、ミミズ14種の消化管内でドリロデフェンシンを発見したが、ヒルやイトミミズなどの他の近縁種からは見つけることができなかった。

インペリアル・カレッジは声明を発表し、「もしドリロデフェンシンがなければ、落ち葉は非常に長期間にわたって地表にとどまり、堆積して厚い層になるだろう」とバンディ氏の発言を引用。

そして「すべては落ち葉に埋もれて見えなくなり、炭素循環系全体が崩壊する」と伝えた」などの記述があります。

ノルウェーでトナカイ版「狂牛病」、2000頭を殺処分へ

ノルウェーでトナカイ2000頭を殺処分、「狂牛病」類似疾患で

非定型の「狂牛病」の症例1件、ポーランドで確認

AFPBB News 」サイトより


ハチを大量死から救うカギは「キノコ」にあり? 著名な菌類研究者が発見

「完璧なクリスマスツリー」は、こうして「科学的」につくられる

「90億人の食」を どう生み出すか:5つの提言 1

「90億人の食」を どう生み出すか:5つの提言 2

「電気から つくる食品」の開発に研究者らが成功

ゾンビ病──異種間でも感染した謎の病気の正体とは
同記事に「この病気の正式名称は「シカ慢性消耗病(Chronic Wasting Disease、CWD)」という。

北米では"ゾンビ鹿病"として知られている(理由を察するのは難しくないだろう)。

とはいえ、あえて第3の名前も挙げよう。"狂鹿病"だ。

実際、狂牛病と同じ伝染性の海綿状脳症の一種で、この最も有名な病気と同様、プリオンによって引き起こされる。

プリオンは異常なタンパク質だ。ウイルスやバクテリアのように拡散して増殖する。主に北米地域でシカやトナカイ、ヘラジカに伝染する」

「専門家たちは狂牛病と同じように、シカ慢性消耗病もヒトに感染しうると危惧している」

「シカやノロジカ、トナカイの場合、プリオンとの接触は通常、食事の間に起こる。

病気の個体が汚染した草(症状のひとつが大量の唾液であると思い出してほしい。

これによって、プリオンは環境中へと拡散してゆく)を健康な個体がかじると、変異したタンパク質に攻撃され、感染する。

そして今度は、彼らが新たなプリオンを撒き散らすようになる」

「"プリオン病"がヒトにとって危険なことに変わりはない。

狂牛病と同様、肉の消費を通じても、また場合によっては感染した動物の体液や体組織と接触するだけでも拡散しうるからだ」

「最近のカナダの ある研究によれば、シカ慢性消耗病がヒトを汚染する日も それほど遠くないという」

「カナダでは政府が警告を発し、住民に鹿肉の消費を避けるように要請した。

一方、米国では多くの州で猟師に対し、仕留めた動物の肉を消費する前にテストを行うよう助言している」

「慢性消耗病は数年前からノルウェーでも散見され、少数だが重要な事例が確認されている。

もし、大陸のほかの場所にも拡散するとしたら、ポレンタ(とうもろこしの粉を粥状に煮たイタリア料理)を添えた鹿肉の煮込みは、遠い過去の記憶となってしまうかもしれない」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


イギリスで下水や捨てられた食べ物だけで動くバスが運行します

ギズモード・ジャパン 」サイトより


【関連記事】


水の世界地図

地震分布の世界地図

世界の降雨量・降水量

交通事情の世界地図


地下水の枯渇と食糧
世界の地下水に「環境の時限爆弾」、研究論文で警告 - 1
同記事に「英カーディフ大学(Cardiff University)地球海洋科学部のマーク・カスバート(Bruce Cuthbert)氏は、地下水を「目に見えないものは忘れられる」と表現し、「これまで あまり考慮の対象とならなかったが、この目に見えない巨大な資源は世界の食糧生産を支えている」と指摘した」などの記述があります。

世界の地下水に「環境の時限爆弾」、研究論文で警告 - 2
同記事に「未来の世代を見捨てないために直ちに行動を起こすよう訴えている」などの記述があります。

地下水枯渇、世界の一部 乾燥地域で今後 数十年以内に
同記事に「世界では、飲み水や かんがい用水として大量の水が日々使われているが、一部の乾燥地域では、地下水資源が今後 数十年以内に枯渇する恐れがあるとの研究結果が2016年1215日、発表された。

研究は、米サンフランシスコ(San Francisco)で開催の米地球物理学連合(American Geophysical Union)秋季大会で発表された。

世界の地下水資源のコンピューターモデルによると、インド、南欧、米国などの一部地域では、人的活動により地下水が すべて消費されることも あり得るという。

インド・ガンジス(Ganges)川上流域、スペイン南部、イタリアなどの帯水層については、2040~2060年に枯渇する恐れがあるとされた。

米国では、干ばつに見舞われている米カリフォルニア(California)州の中部と南部にある帯水層が2030年代までに、テキサス(Texas)州、オクラホマ(Oklahoma)州、ニューメキシコ(New Mexico)州などでは、依存する帯水層が2050~2070年代までに それぞれ枯渇する恐れがあるという。

世界の広い地域では今後34年以内に、飲用水や農業用水のための過剰な汲み上げによって地下水の水位が下がり、完全に枯渇、もしくは ほぼ使い尽くされた状態になることが懸念されると研究は指摘。

当該地域に暮らす約18億人に影響が出るとされた」などの記述があります。

世界で水不足が深刻化、節水努力が急務 国連報告書

水不足の地域で暮らす子ども、2040年までに6億人 ユニセフ

渇きの未来、迫る水危機 - 1

渇きの未来、迫る水危機 - 2

「牧草がない」 猛暑による干ばつで悲鳴、欧州畜産業

スウェーデンで未曾有の猛暑・干ばつ

タイの稲作地帯で過去最大級の干ばつ

過去90年で最悪の干ばつ、ベトナム

1000年に一度の大干ばつ、水道水停止危機に ケープタウン - 1

1000年に一度の大干ばつ、水道水停止危機に ケープタウン - 2

南米ボリビア、干ばつで非常事態宣言 過去25年で最悪

中米の干ばつで「忍び寄る人道的危機」、国連が警告

むき出しになった湖底、気候変動で深刻化する干ばつ マラウイ

チグリス・ユーフラテス川流域、水資源が大幅減少

干ばつに見舞われたイラク、耕地面積が半減

南アフリカで30年に1度の大干ばつ、ダムの貯水量が激減

ケニア北部の乾燥地帯で大量の地下水発見

シロアリの巣が砂漠化の拡大を止める、米研究

急速に失われる「命の源」、水科学者らが警告
同記事に「水質汚染や水の無駄遣いといった問題が放置されれば、地球上に住む人の大多数が、この先1~2世代の間に深刻な水不足に直面するだろう」「科学者たちが こう警鐘を鳴らした」

「この障害は(人類が)自らが招くものである一方で、完全に回避可能だと、われわれは考えている」

「国連水関連機関調整委員会(UN-Water)によると、地球には3500万立方キロメートルの淡水が存在するが、そのうち70%は氷や万年雪、30%は地下水で、人間が使用できる真水の97%は地下水に頼っている。湖や河川の淡水は わずか0.3%ほどだ」などの記述があります。

石油掘削排水を農業用水に転用、発がん性物質などリスクに警告

サハラ砂漠に大規模な風力・太陽光発電所で降雨量増加の可能性

沈み行くフィリピン諸島、地下水くみ上げの脅威 - 1

沈み行くフィリピン諸島、地下水くみ上げの脅威 - 2

沈み行くフィリピン諸島、地下水くみ上げの脅威 - 3

AFPBB News 」サイトより


世界の穀倉地帯を支える米国地下水源が50年以内に消滅の恐れ

農業情報研究所 」サイトより


世界資源研究所、アメリカの地下水源枯渇について課題を指摘

EICネット 」サイトより


持続不可能な水使用で食料バブルが世界で起こっている

World Watch Japan 」サイトより


土地と水の不足と劣化:増大する食料安全保障への脅威

国際連合食糧農業機関(FAO) 」サイトより(英語)


地球の地下水が圧倒的な早さで なくなっている!
同記事に「カリフォルニ大学アーバイン校の研究では、NASAや その他の測定器からのデータを使用して世界の37の帯水層を調査。

タイムラインを割り当て、枯渇レベルと比較して全体の貯蓄レベルを測定し、それぞれの帯水層に総地下水ストレス(TGS)を割り当てました。

食料や水を20億人の人に供給している3分の1の帯水層で地下水の枯渇が加速しているとの結果が出た」

「その中でも8つが最も早いスピードで水を失っているという「ストレス過多」のレベルと分類されました。

この研究の中で、北アフリカの ほとんどの供給をしている巨大な地下水資源、Northwest Sahara Aquifer Systemの測定も おこなわれましたが、なんと この先50年の間に この巨大な資源の90%が枯渇してしまうとのことです。

この地下水枯渇問題は農業が大きな原因と思われますが、また人口増加にもよるものだとも考えられています。

全体の食物の約20%は地下水によって育っています。

この原因と多くの地域での降水量の減少が合わさり、地下水の補充が使う量に追いつかなくなっている」

「石油生産などと産業もまた、地下水の減少の理由の一つとされています。

使用できる水の量が減っているということだけではなく、地下水が減少しているというのは他にも たくさん悪いことを引き起こすのです。

例えば、水がなくなることで木が死んでしまったり、地盤沈下が起こったり。

いずれ、帯水層自体が崩壊してしまう可能性もあります」などの記述があります。

米国の干ばつは地中にまで及ぶ。NASA発表の地図で一目瞭然

ギズモード・ジャパン 」サイトより


地下水が危機、今世紀半ば18億人に打撃

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


食料価格と世界的政情不安:まもなく「臨界点」に?

イスラエルのウォーター テックが水不足の世界を救う

地図が教えてくれる、米国を悩ませる「干ばつ」の10年

カリフォルニアの千年に一度の大干ばつは,希少種に有利に作用

WIRED.jp 」サイトより


インドで過去最悪の水資源危機、6億人が「水不足」に - 1

インドで過去最悪の水資源危機、6億人が「水不足」に - 2

CNN.co.jp 」サイトより


数学的根拠に基づく最適戦略による貯水池の運用 - 京大

マイナビ ニュース 」サイトより


CCOP地質情報総合共有システム 」サイト(英語)
東・東南アジア地域の地質図、地震、火山、地質災害、環境、地球物理、地球化学、地下水、地熱、リモートセンシング、地形図など。


カリフォルニア、1年余りの間に「60cmの地盤沈下」

防災情報【ハザードラボ】」サイトより


イラン首都の大規模な地盤沈下、元に戻すことは期待できない

もし地球から水と食糧が無くなったら何が起きるのか?

グラフェンで海水を淡水化する薄膜が安価に大量生産の可能性

無料で無限の「クリーン エネルギー」は いつ登場するのか?
同記事に「迅速なペースで生産コストのレート変動が起きるのは太陽光だけに とどまらず、世界中で風・バイオマス・地熱・潮力といったクリーン エネルギーの技術開発も進められており、すでにアメリカでは風力発電が石炭燃焼プラントのコストと価格競合を起こし始めています。

The Washington Postは、「私たちが無料で無限に使えるエネルギーの時代へ進んでいることに疑いの余地はありません

「そんな時代が訪れれば、石油産業に壊滅的な混乱が起きると予想されるため、太陽エネルギーの進行を食い止めるべくロビー活動を行うグループも登場しています」

「環境にも優しいクリーンエネルギーの導入が進めば、電気自動車はガソリンよりも安く運転できるようになり、ゆくゆくは海水を煮沸して無限の上水を得られる可能性もあります。

大量の上水を使って水耕栽培で植物を育てられるようになれば、広大な農地がなくても高層ビルで新鮮な野菜が得られるようになるなど、「ウソのような本当の未来」が訪れることになるかもしれません」などの記述があります。

吸水性ポリマー「SAP」がアフリカの水不足を解消する可能性

貯水池の蒸発を防ぐ「シェードボール」は逆に大量の水を消費

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


世界の水飢饉 ―深刻化する渇水に、高まる人工降雨への期待

Mugendai(無限大) 」サイトより


【関連記事】


世界の降雨量・降水量

日本人街・経済特区

資源分布の世界地図



アイメック®(フィルム農法)とは?
同記事に「アイメック®(フィルム農法)は、世界が今日直面している食の安全性、水不足や土壌汚染等の深刻な問題に対処するために開発されたハイドロゲル膜を用いた世界初の技術です」

「アイメック®ではハイドロゲルでできた薄いフィルムの上で植物が育ちます。フィルムには無数のナノサイズの穴が開いており、水と養分だけを通します。

また農薬を使わなくてもバクテリアや細菌、ウィルスによる汚染を防ぐことができるため、安全な作物をつくることができます。

植物はハイドロゲル中の吸い難い水を吸おうとして、植物は沢山の糖分、アミノ酸などを作り出します。その結果、高糖度と高栄養価が達成されます」

「アイメック®システムは設置が容易で構造もシンプルで廉価です。システムは給液装置と栽培ベッド(フィルム、不織布、止水シート、2本の灌水チューブ)から成っています。

止水シートによって地面とは完全に隔離されているので、砂漠地帯やコンクリートの上など、「どこでも農業」ができます。

更に止水シートによって供給された水と肥料が外部に漏れないために従来の農法に比べ、水と肥料の使用量が大幅に少ないと同時に環境に大変優しい農法です」

「土は農業の主役を務めていますが、土の性状を正確に制御することは大変難しいことです。

土の性状は場所、季節 によって変わります。良い土の作り方を何年もかけて開発した経験の深い農家さんでも、それを自分の子供に教えることが難しいと言われております」

「アイメック®では土の代わりに工業製品であるフィルムを使いますので、農業の未経験者でも短期間で再現性の高い農業を習得することが可能です。

高品質のトマト(フルーツトマトと呼ばれている)を安定的に生産できる土作りの習得には10年かかると言われていますが、アイメック®では全く農業未経験の若者でも1年で技術が習得できます」

「アイメック®では、砂漠でも汚染された土壌や塩害を受けた土壌でも、また、ビルの中でも高品質の野菜を育てることができます」などの記述があります。

メビオール 」サイトより


村民の4分の1が百万長者、印に奇跡の村
同記事に「建て直しに ひたすら尽力した村の長老、現在82歳のRaosaheb Rauji Panwarさんはメディアの取材に こう語っている。

「ひどい干ばつで作物が育たず、食うにも困るようになると誰もがフラストレーションから穏やかな心を失いました。

周囲に対してイライラと神経をとがらせ、落ち着かなくなり、ささいなことから衝突ばかり起きたのです。

アルコールに走る者も増え、それは さらに村を荒廃させました」

「当時、私は村で たったひとり大学を卒業した人間でした。都市部でデスクワークの仕事に就くつもりでしたが、皆から頼られて村に残り、村長にも選ばれました。

最初に取り組んだのは反発を承知の上で22軒あった酒屋を閉店させること。

続いては銀行に貸付を依頼し、貧しい者を救い、インフラ整備です。

雨水の保存、濾過システム、給水システムなどを確保し、ダムおよび各種堤防の建設を進めました」

「不毛であった大地は改良により肥沃に変わり、農作物の種類は100にも及ぶようになりました。

数年前からキビ、タマネギ、ジャガイモの生産量は大変なものになっています」

「興味深いことに村では現在もタバコと お酒の販売は全面禁止だが、特に不満は出ていない」などの記述があります。

Techinsight 」サイトより


MIT:海水淡水化法を新規開発・浸透膜も加熱による蒸発も不要(英語)
同記事に「MITの研究チームは、浸透膜も加熱も必要としてない まったく新しい海水淡水化法を開発したことを発表した。

これまでの海水淡水化法は、逆浸透膜を使用する手法や、海水を蒸留する手法などが知られてきたが、逆浸透膜法は高価な設備が必要となること、また、海水蒸留法は多大なエネルギーが必要となることなどもあり、どちらの手法を使用したとしても海水淡水化には多くのコストがかかることが普及を妨げてきた。

今回、MITでケミカルエンジニアリングと数学を担当しているMartin Bazant教授を中心とする研究チームは、電荷した衝撃波を海水の流水内に与えることにより海水を塩水と真水の2つの流れに分離させることに成功した」

「この新しい手法では、まず、Shock electrodialysisと呼ばれている衝撃波の一種を海水の水流に当てることを行う。

この衝撃波を当てられると海水内の粒子が分離を起こすことで、一方は塩分濃度が増した塩水が、そして一方には塩分が除去された淡水へと2つの水流に分離を起こすこととになるのである」

「この手法は海水の淡水化法に使用できるだけでなく、水の中に含まれている多用な粒子を取り除くことにも使用可能な他、電荷された衝撃波という特徴により、水流内のバクテリアを死滅させることも可能といった利点も持つものとなる。

この新しい海水淡水化法は海水淡水化の分野に革新をもたらすだけでなく、小型の機器に実装が可能なため、ハンディータイプの海水淡水化装置などを これまでは なかった新しい海水淡水化機器の製造も可能にすることになるだろう」などの記述があります。

MIT News 」サイトより(英語)


逆浸透膜を超える、低コスト・高効率の淡水化技術

Telescope Magazine テレスコープ マガジン 」サイトより


酸化グラフェンで海水ろ過して飲用水に変える技術を開発

マイナビ ニュース 」サイトより


太陽光発電で海水を真水にする施設

ギズモード・ジャパン 」サイトより


海水から採取したマグネシウムでエネルギー循環社会が実現
同記事に「マグネシウムは海水中に約1800兆t、石油30万年分に相当する量が存在します」

「そのほか、マグネシウムは砂漠の砂などにも豊富に含まれています」などの記述があります。

日刊SPA! 」サイトより


太陽光レーザーが拓くマグネシウム社会
同記事に「マグネシウムには あまり知られていない特徴がある。反応性が非常に高いことだ。火を付けると激しく燃える。燃えやすさという点で言えば水素と比較したほうが、その利用のあり方に対する理解がしやすい。

多くの場合、水素は700気圧のボンベに詰めて用いる。燃焼に用いたとき700気圧の水素1立方mが発生する熱量は4.3ギガジュール。一方、同体積のマグネシウムが発生する熱は43ギガジュールと水素の10倍だ。
 
マグネシウムは水と反応させると水素が大量に発生する。普通車の燃料電池車が500km走るには水素6kgが必要とされるが、それには約70kgのマグネシウムがあればよい。体積にして40リットルだ。

実用化の暁には、マグネシウムの燃料パックをカセットのように燃料電池の発電機構に装填する方式になると考えられる」などの記述があります。
日経サイエンス 」サイトより


株式会社 ペガソス エレクトラ 」サイト
(海水中のマグネシウムのエネルギー資源利用と海水の淡水化)



海水中には1800兆トンともいわれる大量のマグネシウムが存在します。

これは石油に換算すると30万年分に相当する量が存在します。

海水を淡水化するのと同時に、マグネシウムを取り出し、これを燃料にし発電し、電力を得ることができます。
(海水淡水化プラントの動力源にもマグネシウムを利用)

使われた後の酸化マグネシウムは太陽光励起レーザーにより、元のマグネシウムに戻します。

同時に発生する大量の淡水によって砂漠の緑化や砂漠を農地にすることができます。

塩害の懸念も、淡水化装置による大量の水により、地表に出る塩分が淡水で流されることで、塩害リスクは極めて低いとされています。

海水淡水化による大量の水で土地を緑化しすることで、従来の砂漠が農地に変わり、乾燥地帯の農業生産が飛躍的に向上します。

海水淡水化により農地化することで、緑化した土地から水分が蒸発し、土地の降雨量が増加するという好循環が生まれ、徐々に海水淡水化装置の依存度が低下します。

そして余った淡水化装置の能力を、さらなる農地の拡大に振り向けることも可能になります。

国連によれば、地球上で人間が利用可能な地下水は1050万立方キロ。

異常気象や、食料需要増大で、飲料水に加え農業用水の確保が世界的な課題としている。

また、国連食糧農業機関(FAO)によれば、、気候変動の影響で降雨依存型の農業は2020年までに半減し、世界の農業生産の40%を占める灌漑農業の割合が飛躍的に増えると予測されています。

マグネシウム社会は、電力と水と食料の問題を解決できる画期的な技術であり、気象災害や異常気象、地下水の枯渇、食料高騰など対策の切り札であると いわれています。


【関連記事】


日本人街・経済特区

世界の降雨量・降水量

資源分布の世界地図


輸入食品と汚染物質


中国産の漢方薬に「水銀」や「ヒ素」が含まれていることが発覚

ロケットニュース24 」サイトより


中国で「漢方薬」の逆輸入が人気、そのワケは?

レコード チャイナ 」サイトより


中国の危ない環境(2)30秒に1人「先天性障害児」が誕生 - 1
同記事に「2007年1月11日に中国が発表した「国家人口発展戦略研究報告」によれば、中国では毎年80万~120万人の先天性障害児が生まれており、これは新生児総数(約2000万人)の4~6%を占めているという。

中国では毎年 肉眼で確認できる先天性奇形児が20万~30万人生まれているが、これに出生後数か月あるいは数年で欠陥が認められる先天性障害を含めると、その総数は80万~120万人に上るという」

「中国婦幼衛生監測ネット」のモニタリング結果でも、2001~2006年の全国における"出生欠陥"の発生率は、出産1万件当たりで104.9、 111.2、129.8、128.4、139、145.5と急激に上昇している。

年間に120万人の先天性障害児が出生しているということは、ほぼ30秒ごとに1人の先天性障害児が出生していることを意味するが、その間隔は年を おうごとに短くなっている」

「中国衛生部の統計によれば、先天性障害児は全国の10分の1の家庭に影響を及ぼしており、国家は毎年 数千億元の財政負担を強いられているという。

このため、中国 国家人口・計画育成委員会の副主任が「このような状況が続けば、中国の持続可能な社会・経済の発展に悪影響をもたらすので、早急に対策を講じなければならない」と述べた」

「全世界では毎年 約500万人の先天性障害児が誕生し、その85%を発展途上国が占めているが、中国の年間80万~120万人という数字は中国が全世界総数の16~24%を占めていることを意味する。

中国政府は"中国は先天性障害児の高発生国の1つである"と述べるに とどまっているが、先天性障害児の発生数 世界一は間違いなく中国だろう。

先天性障害児の急増を懸念した中国政府は、2005年に9月12日を「出生欠陥予防日」とすることを決定し、2006年を 初年度として これを実施した」などの記述があります。

日経ビジネスオンライン 」サイトより


大気汚染による早死に、世界で年間330万人 国際研究 - 1

大気汚染による早死に、世界で年間330万人 国際研究 - 2
同記事に「<死を招く砂漠の砂塵>

レリーベルド氏は また、農業用化学肥料の「興味深い」関与についても強調している。

ロシア、米国東部、東アジアなどにおける2.5ミクロン以下の微小粒子状物質(PM2.5)の大気汚染は、その大半が農業物資に起因している。

1ミクロンは、100万分の1メートルだ。このPM2.5は、化学肥料から放出されるアンモニアと、自動車の排気ガス中の危険な硫酸塩や硝酸塩が結合して つくられる。

研究チームによると、欧米諸国では この結合反応が致命的な問題になっている。大気汚染関連の死亡のうち、排気ガスを原因とするものの割合は、世界平均が約5%であるのに対し、英国、ドイツ、米国では約20%に達していることが、研究チームによる試算で示唆された」

「地球上の致命的な大気汚染の発生源となっているのは、人間の活動によるものばかりではない。大気汚染による死者の少なくとも10人に1人は、砂漠の砂塵に関連していると研究チームは補足している」などの記述があります。

中国の がん死者、1日7500人と推計 最新調査
同記事に「男性に最も多くみられた がんは、肺がん、胃がん、食道がん、肝臓がん、大腸がんなどだった。

女性では乳がんが最も多く、中国人女性の新規患者全体の約15%を構成していた。

乳がんに次いで多かったのは、肺がん、胃がん、大腸がん、食道がんなどで、これらが女性がん患者の大半を占めていた」

「世界最悪レベルと考えられている屋外大気汚染、石炭や他のバイオマス燃料を使用した暖房や調理による屋内大気汚染、土壌や飲料水の汚染などは、中国の住民が多くの環境発がん物質にさらされていることを意味する」と報告書は指摘している」などの記述があります。

中国最高裁、汚染に特化した特別法廷を設置
同記事に「最近の調査によると、中国の土壌汚染は国土の約3分2に広がっており、地下水の60%が直接飲用できないレベルに汚染されていた」などの記述があります。

中国政府、広範囲にわたる土壌汚染の実態を初公表

中国伝統薬から高濃度のヒ素検出、スウェーデン食糧庁

ヒ素汚染のコメ、がんリスク増加に関連性

「コーヒー メーカー」で炊飯、コメのヒ素含有量が大幅減

インド、ネスレ即席麺の販売・製造を禁止 基準値超える鉛検出

粉ミルク育児、母乳の7倍のヒ素濃度
同記事に「米北東部ニューハンプシャー(New Hampshire)州で生後6週間の乳児72人の尿を検査したところ、粉ミルクを与えられている子どもの尿からは、母乳で育っている子どもの7.5倍の濃度のヒ素が検出されたとする調査結果が、米医学誌エンバイロメンタル・ヘルス・パースペクティブス(Environmental Health Perspectives)に掲載された。

また母乳で子どもを育てている母親9人も検査したところ、母乳に含まれていたヒ素の値は極めて低かった。一方、粉ミルクと水道水では、水道水から検出されたヒ素の方が ずっと多かったが、どちらも子どものヒ素暴露の要因だという。

論文の主著者で米ダートマス大学(Dartmouth College)のキャサリン・コッティンガム(Kathryn Cottingham)氏は「今回の研究結果では、米国のように通常環境で接触するヒ素の水準が比較的低い場合でも、母乳によってヒ素暴露を減らすことができることが浮き彫りになった。公衆衛生における母乳の重要な恩恵だ」と述べた。

ヒ素は発がん性があることが知られている他、胎児の死亡率や誕生時の低体重、脳の発育不全などとも関連付けられている。ヒ素は岩盤で検出され、井戸水を汚染することがある」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


ヒジキなどの食品ヒ素に肺がんリスク:国立がん研究センター
同記事に「無機砒素は肺がん、皮膚がんなどの発がん物質(carcinogen)として危険視され、特に がんの進行を早める物質(promoter)として認識されています」

「海洋生物は陸上生物に較べ、最高1000倍くらいの砒素を含有するといわれていますが、カレイ、ひらめ類(plaice)など底魚の危険性が特に指摘されています」

「1mg/l 位の水道水も海外にはあるそうです。500mg/lを超えるものが汚染水とされます。

インドの西ベンガル州では黄鉄鉱(Pyrite)由来のヒ素の汚染水で20万人を超える中毒患者が出た」

「植物性の食品には一般的に<0.02 mg/kgくらいのヒ素が含有されています(米国FDAの分析調査では日常的な食品の24%から砒素が検出されたそうです)。

(魚の砒素含有量は、平均的に5 mg/kg以上といわれます。またカニ肉から30 mg/kgが検出された例もあるそうです)。

欧米人や中国人には豚や鶏経由(1 mg/kgから最高10 mg/Kgくらい)が多いといわれています。

英国のデータでは平均的な英国人で81マイクログラム(µg)/日くらいの摂取があるそうです。

豚や鶏は成長促進や病気予防に砒素が投与されていたことがありました」

「砒素はワインや、出所が確かでないウィスキーからも0.1 mg/lから0.4 mg/l くらい検出され、健康を謳う海藻類などのサプリメントからは50 mg/kgが検出された」などの記述があります。

乃木 生薬研究所 - ノギ ボタニカル 」サイトより


人の がんにかかわる要因
同記事に「中国式 塩蔵魚で鼻咽頭がんのリスクが高くなることが「確実」と判定されました」

「不純物の混ざった植物油の高温調理により生じる煙(中国の一部地域)は、肺がんのリスク要因となることが わかっています」などの記述があります。

がん情報サービス 」サイトより


自分や家族が鉛に さらされていないか知る方法
同記事に「現在ガソリンスタンドで給油するガソリンには鉛が含まれていませんが、もうないと思ってはいけません。

昔の鉛がどこかに残留しているはずです。どこかとは、車やトラックが多く通る場所で、交通量の多い道路近くの土壌に

そこの交通量が、有鉛ガソリンが廃止になった1986年以前から多かったなら、たくさんたまっているはずです。

そして その近くに、民家や庭、公園が作られているのです。

かつて工場用地だった場所にも鉛が残留しています。工場自体は とうの昔に解体されていても、鉛は残っており、そこに あなたの家が建っているかもしれないのです。

また、塗料に含まれていた鉛ダストも土壌に入り込んでいる可能性があります」

「鉛の影響を もっとも受けやすいのは子どもです。脳の発達に影響が及ぶからです」

「大人の鉛中毒の症状には、疲労感、吐き気などがありますが、神経障害疾患につながる場合もあります。

しかし、妊娠していたり、子どもがいたりする人は、十分な注意が必要です。高濃度の鉛は、流産や死産の原因となり、胎児の脳の発達に影響を及ぼすことがあります。

また、脳が急成長する5歳以下の子どもは、鉛中毒にかかるリスクが もっとも高いのです」

「鉛の血中濃度が45μg/dL を越えている場合は深刻で、血中から鉛を排出させるキレーション療法が必要となるでしょう」

「キレーション療法は、医療専門家によって行われる複雑な治療で、有害金属中毒にかかった証拠もなく、個人が自らの手やサプリメントの服用で行えるものではありません」などの記述があります。

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


【関連記事】


血液型分布の世界地図

大気汚染の世界地図



「実質中国産」なのに産地ロンダリングで「仏産」に

ZAKZAK 」サイトより


中国のコメの1割がイタイイタイ病や水俣病の原因物質で汚染

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


【関連記事】


黄砂汚染の地図

大気汚染の世界地図

海洋汚染の世界地図



「農薬漬け野菜」をロシアに広める中国人移民
同記事に「ロシアの治安当局がサハリン州に住む中国人農家17人の身柄を拘束したと発表したことを報じた。同国で使用が禁止されている殺虫剤などの化学薬品を使用した疑い」

「現地で野菜の栽培を行っていた中国人農家17人の身柄を拘束し、中国からロシアに密輸した化学薬品や農薬計300キログラム余りを押収した。農家らは専門の研修を受けておらず、栽培された野菜には国の基準を数倍上回る残留農薬が検出された。

このほか、ロシアと中国双方で使用が禁止されている遺伝子組み換え種子20キロ余りも発見され、拘留された17人のうち14人が移民法に違反していたことも明らかになった。

また、ロシア国内メディアが近年しばしば中国人農家による違法化学品使用事件を報じていることを紹介。西部のクラスノダール地区では約100人の不法労働者のほか、重金属含有量基準を超えた野菜などを栽培した中国人400人を取り締まり、2014年に中国からの労働者受け入れを中止する計画があることを紹介した。

現地の中国人移民に詳しい人物の話によると、労働力が不足するロシア国内では、より多くの中国人が出稼ぎに訪れており、特に農業に従事する者が多いという。しかし、手っ取り早く稼ぐために化学肥料や農薬を不法使用したり、不法滞在したりするケースが後を絶たないとのことだ。

農薬漬けの作物など食品の安全問題は もはや中国国内のみにとどまらず、金儲けのために手段を選ばない一部の出稼ぎ中国人によって国外にも その"種"が広がりつつあるようだ」などの記述があります。

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


中国による農地買収を規制へ、マクロン仏大統領が言明

AFPBB News 」サイトより


世界中で農地を買い漁る中国企業が化学肥料を大量使用

世界は中国の食糧ニーズに応えられるか?

ロシア専門家「中国人が耕した土地は農薬汚染されると懸念」

米国で中国の農業スパイが活発化、現地で不安広がる

豪州の牧場を中国企業が爆買いへ、安全保障面から懸念も
同記事に「中国人がオーストラリアで土地の爆買いをしており、オーストラリア国防省を驚かしている」

「10万平方キロメートルの土地が中国企業に買収される可能性が浮上している」

「オーストラリア最大の土地保有企業S.Kidman & Coが所有する牧場18か所の売却手続きを進めている」などの記述があります。

中国、巨額投資でアフリカを黙らせる?―米メディア
同記事に「中国政府による公式の統計では、対アフリカ投資・融資残高は1000億ドル(約10兆8800億円)を超え、インフラ整備や工業化、農業分野などへの多額の支援プロジェクトも多数進んでいる」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより



害虫の殺虫剤抵抗性は共生細菌を介して あっという間に発達

AIST: 産業技術総合研究所 」サイトより


ミツバチ減少の理由は そんなに単純な話ではないらしい

FOOCOM.NET 」サイトより


農薬成分の一部はハチの活動を阻害する

米国のミツバチコロニーに異状:約1/3が毎年死滅 1

米国のミツバチコロニーに異状:約1/3が毎年死滅 2

センサー搭載の「ハイテク巣箱」がミツバチを救う

ミツバチを使って地雷探査:クロアチアと米国

WIRED.jp 」サイトより


ミツバチを殺し続けるウイルス
同記事に「変形羽ウイルスは、ここ数十年で世界中の何百万匹ものミツバチを死なせているウイルスです。

ハチのウイルスには、もちろん自然が原因となっているものもありますが、今日の科学的な研究によると、このウイルスについては人間が原因だということ。

人間がウイルスに感染し吸血ダニを保持しているセイヨウミツバチの世界的な貿易を行ない、広げてしまっているのです」などの記述があります。

ミツバチは麻薬捜査に利用できるのか?

人工知能搭載ドローン「夜間に害虫駆除」佐賀で実証実験成功

ミツバチの脳が未来のカメラに影響を与えるかも?

ギズモード・ジャパン 」サイトより


睡眠不足の虫は作業が雑になる

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


食料生産 「アグロエコロジー」への転換を 国連食糧農業機関

除草剤、オタマジャクシの捕食者に有害か

除草剤ラウンドアップ、フランスで即日販売禁止に

モンサントの除草剤、がん発生の「事実上の要因」 米で陪審評決

ハチ激減と関連性ある殺虫剤3種、2年間の使用禁止へ EU

殺虫剤でハチが依存症に?農薬入りの餌好む傾向を確認

殺虫剤でハチの社会性低下、幼虫の世話せず非活動的に

14億人の雇用、ハチなどの送粉者に依存 国際研究 - 1

キノコはハチの救世主? 抽出物にウイルスからの保護作用か

14億人の雇用、ハチなどの送粉者に依存 国際研究 - 2

極小ドローンを使った人工授粉、日本で研究進む

ネオニコチノイド系 殺虫剤、鳥の個体数減少にも関連か

仏農業地域で野鳥の個体数激減、7割減の種も

殺虫剤でハナバチの卵が減少、コロニー崩壊の引き金か - 1

殺虫剤でハナバチの卵が減少、コロニー崩壊の引き金か - 2

ハチが好む植物の減少、生息数激減の要因か

ハチを引き寄せる花の「青色ハロー」効果、研究

ネオニコチノイド系殺虫剤で、ミツバチの精子減少

南アで大流行、ミツバチの伝染病 食料生産への影響懸念

フェロモンで雄を混乱、同性間で「生殖行動」 蛾問題対策

ハチの柔軟な学習能力、ボール転がし実験で解明 - 1

ハチの柔軟な学習能力、ボール転がし実験で解明 - 2

ズボンにレモン6個 隠した女性、NZ税関が香港へ強制送還
同記事に「厳格な動植物防疫法を持つニュージーランドに、ズボンの中にレモン6個を隠して違法に持ち込もうとした女性が、香港(Hong Kong)に送還された。

ニュージーランド・オークランド(Auckland) の空港で2016年3月21日、入国者をチェックする探知犬がレモンの密輸を発見した。

レモンを持ち込もうとした女性は、自家製の肝臓治療薬のために必要だと主張。

だが税関当局者は、レモンの持ち込みは国内作物の保護のために法で禁じられていると淡々と語り、女性を次の帰国便に乗せた」などの記述があります。

米国,ジカ媒介蚊を殺虫剤駆除で蜂数百万匹死ぬ。養蜂家 大打撃

AFPBB News 」サイトより


人間の60倍 効率的に農薬を散布するドローン「Agras MG-1」

縦長で上下に羽根が1枚ずつしかないドローン「DuoCopter」

ドローンがボールを瞬時に自動回避できる新技術が開発

青色光を当てるとハエ・蚊などの昆虫が死ぬことを発見
同記事に「将来的には青色のLED光などを害虫の発生している場所に当てることで、簡単に殺虫できる害虫防除装置の開発が期待できる、としており、波長を工夫することで、衛生害虫・農業害虫・貯穀害虫・畜産害虫など様々な害虫に適用できるクリーンな殺虫技術になる可能性がある」などの記述があります。

レーザー網で蚊を撃ち落とすシステム「Photonic Fence」
同記事に「Intellectual Ventures Laboratoryが開発する このレーザー装置は、すでに蚊、チョウ、マルハナバチを区別することができ、さらには蚊のオス・メスさえ区別できる精度に到達しているとのこと。

Photonic Fenceはソフトウェア・センサーを変更することで蚊以外の害虫にも対応できるので、農場での活用も期待できそうです」などの記述があります。

作物の害鳥をレーザー光線で追い払う「全自動レーザーかかし」

二酸化炭素濃度が上昇することがハチの大量死を引き起こす原因

ハチの巣を原料にした素材が使い捨てプラスチック代替品に

農作物の受粉を行うロボット「BrambleBee」

ミツバチは人間のように仕事にストレスを感じる

ミツバチは「数」の概念を記号と結び付けて認識できる

虫たちの目には花が こんなに違った世界に見えている

マルハナバチは正の感情を持っていることが明らかに

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


ハチミツ 加熱すると病原菌感染を予防できる

防災情報【ハザードラボ】」サイトより


【関連記事】


大気汚染の世界地図

世界の時間・時差

感染症対策・世界分布

地政学の世界地図

パスポート


農薬や殺虫剤の悪影響
POPs関連ニュース
同記事に「遡遡上のサケからDDT 大気に乗って飛来し海を汚染か 禁止農薬、生態系に影響も 東大海洋研究所が調査:東京大海洋研究所国際沿岸海洋研究センター(岩手県 大槌町)の調査で、産卵のため日本の川に遡上するサケに、DDTなどが残留していることが分かった。東南アジアの一部で使われているDDTなどが飛来したとみている。2004年から岩手県の大槌川や大槌湾のシロサケやサクラマス30匹を調査。サケでDDTは0.1-6ng/g、DDEは1-5ng/g」などの記述があります。

※ 日本にも飛来する農薬、東南アジアの農薬の健康への悪影響を懸念する声もあります。

Japan POPs Network 」サイトより


海の哺乳類に「農薬危機」か、同じ遺伝子が損傷 - 1

海の哺乳類に「農薬危機」か、同じ遺伝子が損傷 - 2

海の哺乳類に「農薬危機」か、同じ遺伝子が損傷 - 3

海の哺乳類に「農薬危機」か、同じ遺伝子が損傷 - 4

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


殺虫剤DDTの胎内暴露、乳がんリスク4倍に

脳炎で死亡したバングラデシュの子ども13人、原因は殺虫剤

妊娠時の殺虫剤暴露量と子どものIQに関連性

殺虫剤2種、脳発達を阻害する可能性 EU報告

農薬は認知症リスクを増大させる、フランス研究

殺虫剤DDT、アルツハイマー病のリスク高める危険性

農薬曝露の影響は3世代後まで続く、米大学がラットで実験
同記事に「化学品への暴露が精子や卵子の遺伝子構造に変化を及ぼし、青年期になった子孫のストレス反応に影響を与える可能性があると指摘している」などの記述があります。

乳がんと環境的要因の関連、複数の意外な発見
同記事に「乳がんにかかっていない米国の健康な少女1200人を対象に調査」

「今回初めて、フタル酸類やビスフェノールA(BPA)、農薬が少女全員から検出された」

「また調査対象となった少女たちのうち、隣接するオハイオ(Ohio)州とケンタッキー(Kentucky)州の2グループは、どちらも産業廃棄物で汚染されたとみられる水を飲用していたが、血液中の化学物質について重要な発見があった。フライパンの表面加工に使われるテフロンに含まれるペルフルオロオクタン酸(PFOA)の血中値が、ケンタッキー州北部の少女たちでは、最先端技術で浄水されたシンシナティ(Cincinnati)近郊のオハイオ川の水を飲用していたグループの3倍も高かった」

「さらに研究室では実験用マウスを用いた研究が行われた。ある実験では高脂肪食を与えたマウスを、発がん性があるとされる物質に暴露させ、その相互作用を観察した。すると、高脂肪食を与えられたグループでは、乳腺腫瘍が より速く発達したという。太ったマウスでは乳腺腫瘍内への血液供給がより多く、炎症度もより高く、免疫系の変化が示されていた。補足研究で、性成熟期に高脂肪食を与えたマウスの食事を、成体になってから低脂肪食に変えても、がんリスクは高いままであることも明らかになった」などの記述があります。

世界の蜂蜜の75%、ミツバチに有害な殺虫剤の痕跡

「より安全な農薬」の化合物、有毒水銀 生成の恐れ

摂取する残留農薬多いと精液の質低下、米研究

インド、農薬中毒で農民20人死亡、負傷者も多数

麻薬戦争で使用の除草剤に発がん性、コロンビアで使用停止に
同記事に「コカインの原料となるコカの栽培農地への除草剤散布で使われている除草剤の使用を禁じる意向であることを明らかにした」

「散布されている除草剤は「ラウンドアップ(Roundup)」の商品名で一般に流通しているものだ。しかし、世界保健機関(World Health Organization、WHO)は最近、除草剤に含まれるグリホサートが「発がん性」である可能性を指摘。そのため、サントス政権内では麻薬戦争継続の是非で意見が割れていた」などの記述があります。

胎内での化学物質への暴露、尿道下裂のリスク3倍に 仏研究
同記事に「母親だけでなく父親の職業も影響し得るとの結果が出ており、研究ではリスクの高い職業として清掃員や家政婦、美容師、メーキャップ アーティスト、実験室 研究者、農業、メカニック、塗装業者などが挙げられている」

「焼却炉や ごみの埋め立て地、化学工場などから3キロ圏内に住んでいるとリスクが高まると指摘しており、居住地もリスク増加に関係している可能性がある」などの記述があります。

殺虫剤と小児白血病に関連か

パーキンソン病、虫垂切除で発症リスク19~25%減
同記事に「盲腸の下部にある虫垂は、不要な臓器と言われることも多いが、腸内細菌の貯蔵場所で、免疫反応と関連があるとされる。

さらに、パーキンソン病に関連する主要たんぱく質「αシヌクレイン」が蓄積する場所ともみられている。

研究チームは今回、スウェーデンと米国の患者データベースを調査。

その結果、成人早期に虫垂を切除した人のパーキンソン病発症リスクが、切除していない人よりも19%低いことを突き止めた。

スウェーデンの農村部では その効果が特に顕著で、リスクは25%も低かった。

農村部では、パーキンソン病の一因とされる農薬への暴露量が多いとされる」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


ビタミンCに白血病治療効果がある可能性

マイナビ ニュース 」サイトより


殺虫剤が子宮内膜症を誘発する

どの虫にも強力な効果:万能防虫剤は「死の匂い」

白血病患者を救う「カスタマイズされた免疫療法」

ビタミンCが白血病の進行を遅らせる可能性

WIRED.jp 」サイトより


白血病細胞が無害な免疫細胞に変化することが偶然発見される

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


有機リン農薬による免疫毒性のメカニズム
同記事に「有機リン農薬による生体への慢性的な影響、特に腫瘍監視機構の機能低下による発癌、化学物質過敏症、アレルギー等の免疫関連疾患のリスクの増大が懸念されている」などの記述があります。

日本免疫毒性学会 」サイトより


心を蝕む有機リン農薬
同記事に「狭心症や心筋梗塞の原因になったり、記憶障害や子どもの多動障害の原因になる」.「記憶を失ったり、食欲がなくなったり、うつに陥ったり、睡眠障害になることが、最近の研究で明らかになってきています」などの記述もあります。

食品と暮らしの安全 」サイトより


Pesticide Use Tied to Lower IQ in Children(英語)
(家庭用殺虫剤が「胎児のIQ」に影響:研究結果)

Wired.com 」サイトより(英語)


鳥の減少は殺虫剤が原因か?

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


マレーシアで市販の野菜は農薬漬け
同記事に「マレーシア紙ニュー・ストレーツ・タイムズは紙面で、同国の青果市場やスーパーマーケット市販されている野菜の半分に農薬が過度に使用されているとの告発記事を掲載し、消費者に不安を広げている。

報道によると、問題の野菜は大多数が不法農園から出荷されており、野菜を見栄えよく見せるため大量の農薬を使用したり、本来パームやしに使用する農薬を使用しているケースが多いという」などの記述があります。

news clip.be タイ発ニュース速報 」サイトより


「保健衛生2009年」(殺虫剤浸けのインドネシア人)
同記事に「二年前には市場で流通している農業用殺虫剤が450種あったが、いまやそれが1702種に膨れ上がっている。

これは行政認可を得たものだけだから、得ていないものを含めれば どれだけの数に上っているのか、想像しただけでも気が遠くなりそうだ。

殺虫剤国家コミッションは363種の殺虫成分に農薬として使用許可を与えている。

農民が生産した食材に残留してそれらの殺虫成分は消費者の体内に入る。

加えて消費者は日常生活の中で蚊・ハエ・ゴキブリなどに向ける殺虫剤を使っている。

住居の中で使われたら、それが体内に吸引されないはずがない。

中部ジャワ州ソロ市でのサーベイによれば、一家庭で二種類の殺虫剤が使われており、需要のトップは蚊取り線香で第二位が蚊取り噴霧剤だった。

加えて最近は町内でデング熱患者が出ると殺虫剤噴霧を行なう方針が徹底してきており、それが行なわれると町内の大気は激しく殺虫剤に汚染される」

「インドネシアの食用植物で殺虫剤の残留がないものは まずない、とバンドン工大環境技術学教授は語っている。

インドネシア人の体内には食物連鎖・呼吸・皮膚から殺虫剤が多量に侵入している。

体内に入った薬物は他の要素と反応してガンの発生を促がす。

また殺虫成分の中には人間のホルモン・生殖・胎児に障害をもたらすものがある。

カリマンタンで1960年代にマラリア撲滅プログラムが進められ、DDTが使われた」

「農民の間では咳・疲れやすい・体液不足・めまいなどの症状が一般的になっており、農作業での殺虫剤多用が原因と考えられる」

「政府はDDT、アルドリン、ディルドリン、マイレックス、エンドリンなど残留性有機汚染物質の使用を禁止しているが、現場での法確立は例によって国民生活の すべての相と同様に弱い。

一般家庭もそうだが、殺虫剤が人体に及ぼす影響に関して農民が持っている知識も意識も まったく低いレベルでしかない」などの記述があります。

インドネシア情報ライン 」サイトより


インドネシアの農薬事情 雑感 2 (レンバン)
同記事に「これらの途上国といわれる国々に先進国で使用禁止となった農薬が持ち込まれ販売されています」との記述があります。

インドネシアの農薬事情 雑感 1(チルボン)
同記事に「インドネシアの農場や農家を訪問して感じるのは農薬管理のずさんさ。というより知識のない人が知識のない人に売っている現実がある。だから怖さを十分に認識していない」

「量り売りするときに見ていたら、素手で扱っている。バサー、バサーって感じで。飛散する粉末や液体・・・。

まず量っている売り手の健康が心配です。そして お隣には働く人向けのミー(ヌードル)やナシゴレン(炒飯)の店が・・・」などの記述があります。

アグリ ナガタ野菜研究室 」ブログより


インドネシアにおける環境汚染の現状と対策
同記事に「2006年度の無機肥料及び農薬の使用量は2004年度の5倍と報告」などの記述があります。

環境省 」サイトより


インドネシアでコーヒー生豆の残留農薬問題
同記事に「2009年以降コーヒー生豆から厚生労働省の基準値を超えるカルバリル(殺虫剤の有効成分)が検出され輸入の障壁となっています。

インドネシアの農業省やコーヒー輸出業者協会(AEKI)はカルバリルの使用を禁じていますが、こうした規制は生産現場では徹底されておらず、今後 短期間の内にカルバリルの残留問題が解決されるかは やや疑問です」

「インドネシアの農業省は、全ての州政府に対して、コーヒーに対するカルバリルの使用を禁止する旨の通達を送っていますが、政府間の意思伝達が十分ではなく、生産地域の農業指導員や小規模農家は こうした規制を認識していません」

「カルバリルを使用しないよう勧告していますが、有効な代替手法は見出せていません」

「日本の業界団体は、インドネシア政府へ問題解決の要請を行っていますが、現在も生産現場ではカルバリルの販売及び使用が続いており、今後も引き続き注意を払う必要がありそうです」などの記述があります。

Promar Consulting 」サイトより



東南アジアや南アジアなどの病害虫の多い地域では、殺虫剤や農薬の使用量が多いうえに、先進国では毒性が強く、使用が禁止されている危険性の高い農薬が途上国では規制が無いか、規制があっても守られず大量に使用されており、健康への悪影響を懸念する専門家もいます。



有機リン系( organophosphorous compound )の殺虫剤は鉄道、バス、タクシー、航空機など交通機関をはじめ、多くの店舗、学校・病院などの公共の建物においても殺虫・消毒の目的で散布されています。(JRの一部の車両には車端部に殺虫剤消毒を実施した日にちが明記されている。)

近年、駅のホームの照明が自殺予防効果を期待して青い照明を採用する駅が増加していますが、自殺や鬱との関連性など危険性が指摘されている農薬・殺虫剤を妊産婦や乳幼児も利用する公共交通機関に安易に散布するべきではないという意見や鉄道の人身事故(自殺)が ほぼ毎日発生している現状を考えれば、自殺と農薬の曝露との関係が指摘されている鉄道車両に対する農薬(殺虫剤)散布は中止すべきであるという意見もあります。


放射線照射食品
「人の健康を損なうおそれがある」照射食品

食品照射ネットワーク

SIH ( Satomi Institute of Health ) 」サイトより


X線並びにγ線を照射した食品に生じる誘導放射能(PDF:487KB)
同記事に「数MeVの電子線を食品に照射すると食品中に誘導放射能が発生するので、IAEA(International Atomic and En-ergy Agency)は食品照射のGMPを提案し、規制をするように促した」

「日常 食べる食品の放射化は老若男女を問わず放射性物質の摂取量を増大させ、体内被曝を増加させ、種々のガンを引き起こすなどの危険性があり、放射線処理食品の安全性を考える上で重要である。

ここで扱う元のデータは古いが その後 食品中の誘導放射能についての研究は ほとんどなく、現在でも いわば最新の研究成果であり、現在までの照射食品の安全性論議などに大きな影響を与えてきた重要な内容である。

しかし、軍のベールのなかで研究されたこともあって、詳細なデータは学術報告などとして広く公表されて こなかった。

そのため現在でも詳細な文献を入手することは難しく、2005年の食品安全委員会の調査報告書にも このNatick研究所の放射化の研究に言及がない」

「食品を照射した時に発生する誘導放射能のデータを示した。

上述のように水を使う工夫はしたが、ほとんどの食品が放射化することが判明した。

ホウ素のような吸収剤がないのだから、水によって反射された熱中性子が食品中に進入することが、この結果から考えられる。

たとえば、ベーコン、ビーフシチューの誘導放射能を現代の単位に変換すると50kGy照射で、それぞれ101,110Bq/kgの放射能が生じる計算である。

塩素38はCl37(n,γ)Cl38で生じ、ベータ線を放出し、37分あまりの半減期をもつ」

「照射食品に国際的に認められているコバルト60、10MeVまでの電子線、並び5MeVまでのX線を用いても、食品中に含まれる元素によっては、放射能を帯びることが報告されている。

誘導放射化は原理的に起きないとされているコバルト60を50kGy照射した牛肉、ベーコンからバックグラウンドの2.4倍、3倍の誘導放射能を検出した。

また、核種は示されてはいないが、牛肉でも4.5kBq、ベーコン2.3kBq、2.7kBqなどの誘導放射能が観測されている。

さらに20kGy以下10kGy以上の照射でもカドミウムなどで(γ、γ')反応が観察された。

Natick研究所のガンマ/X線照射による放射化実験の結果、2.5MeV(使用済み燃料)ではベーコン、ビーフシチューから塩素38が観測され、ベーコンやソラマメからベータ線、ガンマ線を検出し、その放射化を確かめたなどの記述」

「誘導放射能の量が少ないので、ベータ線などの検討には無機塩類の水溶液を照射して その結果に基づきデータを出す必要があった。

しかし、モデルは あくまでモデルで、実際の食品とは異なった結果を与える可能性はゼロではない。

実際、Natick研究所の報告にもあるが、食品汚染物に由来すると考えられる核種が存在し、それが照射により放射化することや、あるいは包装容器が中性子源になり放射化が促進されるなど実際はモデルとは異なる結果を与えている。

個別の条件を考慮しないと放射化の危険が増す場合がある。

安全性については当時の人々が考えなかった生物・生体内濃縮をするような化学形、アルファ線などを出す核種を想定すると)、体内カリウムより放射能が少ないからとか あるいは誘導放射能を測定できないから すなわち安全との結論は得られない。

毒性実験の中に、照射直後の照射食品に問題ありとする研究があるので、半減期の短い放射性物質による体内被曝の確定影響と確率影響を見積もる必要があるが、今後の課題である。

例えば、インドにおける照射小麦の安全性を調べる実験で、照射直後の小麦を食べたグループの子供の末梢血中に倍数体細胞が多く検出されたという」

「誘導放射化が照射食品の検知に使用できないかとの観点から10MeVの電子線照射による誘導放射能を予備的に測定した)。

Natick研究所の研究より もっと広い範囲の元素について、放射化が観測されており、50年後の理論と高い測定技術に基づき、この問題は さらに精査が必要だろう」などの記述があります。

国立 医薬品食品衛生研究所 」サイトより


くらしの健康:食品への放射線照射
同記事に「中国では、ニンニクの発芽防止や香辛料等の殺菌方法として、20品目以上の食品に放射線照射が認められ、年間10万トン以上の食品に放射線が照射されています。

韓国では、年間約3千トンの香辛料や朝鮮人参粉末に放射線が照射されています。

タイ、インドネシア、インド及びイスラエルでも香辛料への放射線照射が行われており、タイではソーセージ等へも放射線が照射されています」などの記述があります。

東京都 健康安全研究センター 」サイトより


日本食品照射研究協議会 」サイト


毒食品よりコワい「中国放射線照射食材」が日本上陸中
同記事に「中国では、ニンニクや香辛料、乾燥野菜、魚介類、茶葉など、幅広い品目が食品照射の対象となっている。

中国メディアの報道によると、中国では年間約14.5万トン以上の食品に放射線照射が行われており、全世界総量の36%を占めています。

農薬や添加物の過剰投与が問題となっている中国では、それらに変わるクリーンな方法として食品照射が推奨されている面もある。

しかし問題は、照射される線量の上限が適切に守られているかどうかということ。

目先の金儲けのため、農薬や劇薬の過剰投与が日常茶飯事となっている中国では、照射線量の上限を守っているとは考えにくい。中国国内でも不安の声が上がりはじめています」

「放射線照射による中国産汚染食品は、すでに日本への流入も確認されている。食品に放射線を照射すると、新しい化学物質が生成されることもあり、それが有害だという研究結果も出ている」

「名古屋検疫所の抜き取り検査により、中華料理店などへの販売目的で輸入された総量1550キロの中国産乾燥しいたけから、放射線を照射した跡が確認されています。

また、検疫所のモニタリング検査の結果、中国から輸入されたボイルシャコから相次いで放射線が照射された痕跡が検出され、厚生労働省が回収を要請したこともあった。

他にも、中国産のウーロン茶、乾燥ケール、乾燥ネギからも放射線が照射された痕跡が検出されています」

「こうした照射食品が、外食産業や加工品という原産地表示義務のない食べ物にに秘かに使用され、日本人の口に入っている」

「放射線以外にも添加物や重金属、残留農薬などによる中国産食品の汚染実態についても どうのような健康被害が生じるのかが詳しく触れている。

一部の人々の間では、いまだに東北産食材を敬遠する動きがある。一方で、中国産食品の輸入量は増え続けている」などの記述があります。

日刊SPA! 」サイトより


【遺伝子組み換え食品・関連情報サイト】


欧州で家畜飼料からGMO由来の禁止添加物,百万トン超に混入か
同記事に「仏紙ルモンド(Le Monde)は2018年11月23日、欧州で流通した大量の家畜飼料から使用が禁止されている遺伝子組み換え生物(GMO)由来のビタミン添加物が検出されたと報じた。

100万トン以上の飼料に混入している恐れがあるという。

ルモンドが引用したオランダ保健当局の文書によると、枯草菌(Bacillus subtilis)の遺伝子組み換え株から産生されたビタミンB2添加物「リボフラビン80%」8トンが、2018年4月から6月までの期間にポーランド、イタリア、オランダで販売された。

ルモンドはオランダ当局の話として汚染された飼料の流通量は80万〜160万トンと推定されると伝えた。

リボフラビン80%はウシ、ブタ、家禽の飼料に使われることで知られている。

同紙はまた、今回問題とされたリボフラビン80%は中国企業「山東(Shandong)」が製造し、飼料世界大手「ニュートレコ(Nutreco)」傘下のオランダ企業「トゥローニュートリション(Trouw Nutrition)」が流通させたものだと報道。

ポーランドでは、すでに約2500キログラムが飼料に混ぜて使用されたと伝えた。

欧州食品安全機関(EFSA)はリボフラビン80%には家畜と人へのリスクがあると指摘」

「EFSAは、同製品には「人および家畜にとって重要」な抗生物質に耐性のある組み替え遺伝子が存在するため、「対象の生物種、消費者、使用者、環境へのリスクがある」としている」などの記述があります。

GMトウモロコシと発がん性に関連,マウス実験 仏政府が調査要請

世界初の遺伝子組み換えイネ、フィリピンで2016年発売へ

アメリカ、遺伝子組み換えサケに食用認可

米国、遺伝子組み換え作物への規制を「不必要」と批判

カナダ,遺伝子組み換えサケを非表示で販売,環境団体が中止要請

農薬の効かない雑草「スーパーウィード」、米国で大繁殖

害虫抵抗性作物への耐性持つ害虫が増加

フランス、遺伝子組み換えトウモロコシの栽培禁止を法制化

「遺伝子ハッキング」の「近道作用」で作物の生産量40%増 - 1

「遺伝子ハッキング」の「近道作用」で作物の生産量40%増 - 2

欧州は なぜ遺伝子組み換え作物を嫌うのか?

75%の水で育つ作物、遺伝子組み換えで開発

遺伝子組み換え作物関連論文の40%に利益相反、仏研究

遺伝子組み換え作物、商業栽培開始20年で作付面積初めて減少

ドリアンのゲノムほぼ解読、絶滅危惧種保護にも期待

遺伝子操作でトウモロコシの栄養強化、米研究

遺伝子組み換え酵母菌からモルヒネ、新製法に悪用の懸念も

フランス、遺伝子組み換えラムを食肉として販売
同記事に「フランスでクラゲの遺伝子を組み込んだラム肉が食肉として売られていたことが分かり、当局が調査に乗り出した」

「ルビス(Rubis)と呼ばれるこの「遺伝子組み換えクラゲ・ラム」は昨年末、パリ(Paris)のフランス国立農業研究所(National Institute for Agricultural Research、INRA)から食肉処理場へ送られ、その後、どういうわけか食肉小売店へと渡った。

同研究所は「医療研究プログラムの一環で遺伝子組み換えされたヒツジから生まれたメスの子羊が2014年10月、パリ周辺である人物に売られた」との声明を発表」などの記述があります。

中国で世界最大の動物クローン工場、肉牛100万頭計画に懸念も

世界初、サルのクローン誕生 羊のドリーと同じ手法で

年間100頭の食用クローン牛を生産する米企業

恐竜の脚持つニワトリ胚を作成 遺伝子操作で「先祖返り」

「自閉症」サル、遺伝子操作で作製 中国チーム

ヒト受精卵の遺伝子操作をした中国チーム、倫理上の懸念に反論

ヒトゲノム合成計画、米科学者らが発表

遺伝子組み換え蚊、野生への放出は「時期尚早」 米研究

AFPBB News 」サイトより


遺伝子組み換えの「最前線」と化したハワイ
同記事に「豊かな自然を誇るハワイの島々が いま、世界有数の遺伝子組み換え作物の開発拠点となっている。

モンサント、デュポンパイオニア、シンジェンタ、ダウケミカル、BASFといった世界の名だたるバイオ企業がハワイに進出しており、同州の農地約1100km2の約1割を彼らの用地が占めているという。

これらの企業がハワイを拠点に選ぶ主な理由は温暖な気候だ。

新しい品種を作るには数世代にわたって交配する必要があるが、ハワイでは年3回の収穫が可能なため、品種改良を迅速に進めることができる」

「ガーデン・アイランドと呼ばれるほど自然あふれるカウアイ島は、近年、特に重要な拠点となっており、ハワイに設けられた開発拠点の約半分が この島にある。

だが、地元の高校では生徒が農薬散布によると思われる異臭や体調不良を訴える騒ぎがあったほか、この地域では喘息や がん、先天性障害の発生率が異常に高いとする医師の報告もある」などの記述があります。

現代ビジネス [講談社] 」サイトより


時間が たっても茶色くならない遺伝子組み換えりんご

遺伝子を組み替えた新ジャガイモが誕生

ジャガイモの遺伝子が半分になるかも

3万匹を放出。遺伝子組み換えした蛾が農産物を守る

遺伝子操作のミニブタ、ペットとして発売へ

遺伝子組換え、未来のライムは赤くなる

モンサントが遺伝子改変技術「CRISPR/Cas9」使用権ゲット

ギズモード・ジャパン 」サイトより


遺伝子組み換えトウモロコシ,肝機能や腎機能に悪影響

スラド 」サイトより


中国の未承認GMコメ混入製品問題~EUが怒る

カナダ アマニ産業の危機?~ドイツがEU未承認GM混入を発見

オレゴン州で見つかった未承認の遺伝子組換え小麦

インドのBtナス商業化大論争の報道を検証する

GMトウモロコシ3系統に肝・腎臓毒性

FOOCOM.NET 」サイトより


GM作物の危険性 カナダで,殺虫性成分を胎児や妊婦から検出

沖縄に自生する遺伝子組み換えパパイヤ(台農5号)

日刊ベリタ 」サイトより


新たな遺伝子組み換え技術を使ったジャガイモが登場

ライフ ハッカー[日本版] 」サイトより


GM作物の遺伝子」で有害雑草の成長力が向上

米FDAが認可、「遺伝子組み換え鮭」が食卓にやって来る日

史上初、ゲノム編集された「作物」が食卓にやってくる

世界最大のクローン動物工場、中国・天津にオープン予定

遺伝子組み換えで温室効果ガスの排出が少ない牛を:カナダ

ニワトリから恐竜を生み出そうとしている科学者たち

なぜ中国とロシアは「遺伝子組み換え食品を追放」したのか?

基礎からわかるゲノム編集技術「CRISPR」

ゲノム編集技術、既に研究は「次世代」へと向かっている

世界初、CRISPR-Cas9を使った「遺伝子改変キャベツ」お味は

「完全人工合成」の酵母が もたらすバイオ産業革命

黒ずまないマッシュルームが食卓に:ゲノム編集とGMOの間

米農務省による「規制解除」が、ゲノム編集作物の普及を加速する

「天然」遺伝子組み換え作物は存在する:研究結果

「遺伝子組み換え蚊」は人類の敵か、味方か
同記事に「遺伝子を組み換えられたネッタイシマカ「OX513A」の実地試験がブラジル、ケイマン諸島、パナマ、マレーシアで行われている。

米国の食品医薬品局(FDA)の予備的調査を通過したため、フロリダキーズでも実現するかもしれない」

「OX513Aのオスは、当該地域の野生のネッタイシマカの数を激減させる目的で、致死遺伝子を組み込まれている」

「米国では南東部に多いネッタイシマカは、ジカ熱(日本語版記事)、デング熱、黄熱、チクングンヤ熱などのウイルスを媒介する可能性がある。

OX513Aはすでに、ケイマン諸島、パナマ、マレーシア、ブラジルで実地試験が行われている。

ケイマン諸島での実地試験は、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の支援を受けて2009年から行われ、330万匹のOX513Aが放たれた」

「フロリダ州キー・ヘヴンは、キー・ウエストから東に数kmに位置する500世帯足らずのコミュニティーだ。

2009年から2010年にかけてデング熱大流行の被害があり、試験地に選ばれた。

ただし、キー・ヘヴンの住民全員が今回のFDAの判断を喜んでいるわけではない。

キー・ヘヴンに住むミラ・デ・ミラーはCNNに対して、 「人々はモルモットになることを望んではいません」と語っている。

「コミュニティーのメンバーは容認していません。地方政府と連邦政府が、私たちと私たちの願いを保障しないのであれば、最終の手段として司法制度を頼り、裁判所に訴えることになります。

現在のところ法廷闘争は ひとつの選択肢となっています」 と同氏は言う(遺伝子を組み替えても一定の割合の蚊は何らかの形で生き残るため、生き残った蚊が生態系に どのような影響を及ぼすかが不明だという懸念の声がある)」

「Oxitec社は2014年7月、ブラジルにOX513Aを商業生産する世界初の新工場を開設したと報道されている。1週間当たり50万匹の「OX513A」を生産する能力があり、将来的には最高200万匹まで増産できるという」などの記述があります。

ゲノム解読で「コーヒー・ルネッサンス」が やってくる

サンドイッチ チェーンで使用の鶏肉のDNA調査を めぐる議論

牛肉そっくりの「合成肉」でハンバーガーができるまで

WIRED.jp 」サイトより


ブラジルのジカ熱の流行、遺伝子組み換えされた蚊が原因か
同記事に「中南米だけでなく、アメリカやカナダでも猛威を振るっているジカ熱。

今回このジカ熱と関係が指摘されているのは、英国のバイオテクノロジー企業「オキシテック(Oxitec)」社がデング熱を媒介する蚊を駆除するために開発した「OX513A(遺伝子が組み換えされた雄の蚊)」の放出である。

このOX513Aと雌が交配して生まれた蚊は、成虫になる前に死ぬように遺伝子がプログラムされており、熱帯病の流行を抑える秘密兵器として期待されていた。

このたびのジカ熱もデング熱の原因となったネッタイシマカによってもたらされている。

しかしながら、研究者のあいだではOX513Aの広範囲な使用に関して懸念する声が早くから あがっていた。

遺伝学専門のリカルド・スタインブレカー博士は、2010年9月の段階で「遺伝子を組み替えても3~4%の蚊は何らかの形で生き残る。

この生き残った蚊が生態系に どのような影響を及ぼすのか さらに詳しい調査が必要である」と指摘していた。

だが意見は反映されることなく、遺伝子組み換えされた蚊の放出が許可されてしまった。

オキシテック社がブラジル北東部ジュアゼイロにOX513Aを放つ実験を行ってからすぐの2015年7月の報告では「最初の数か月でデングウイルスを持つ蚊の地域個体群が95%以上減少した」としていた。

しかし、このOX513Aが放出された地域こそジカ熱が蔓延した地域と重なる」などの記述があります。

Techinsight 」サイトより


「遺伝子組み換えリンゴ」が表記なしで販売されている

フランスで研究用「蛍光性 子ヒツジ」が出荷された可能性

遺伝子を自在に設計する技術「ゲノム編集」とは?
同記事に「生き物の設計図である遺伝子情報を、自由自在に設計できる「ゲノム編集」という技術が登場しています。

ゲノム編集によって、これまでの遺伝子組み換え技術とは段違いの速度で遺伝子操作が可能となり、理想的な食品や医療技術の登場が期待されると同時に、神の領域に到達した技術のもつ危険さについて懸念の声も上がっています」などの記述があります。

ブタ遺伝子の一挙改変に成功

中国人は なぜアメリカでトウモロコシを盗もうとするのか?

中国で2匹の「クローン猿」が誕生

遺伝子編集技術「CRISPR」で、ブタを低脂肪にすることに成功

遺伝子操作蚊の放出実験がアメリカ本土で実施の可能性

遺伝子編集技術「CRISPR」を用いて世界初・結核耐性牛を開発

植物は人間が触れた30分後にはゲノムを変えてしまう

遺伝子組み換え植物が空気中の有害物質を除去

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


【関連記事】


遺伝子

感染症対策・世界分布

結核分布の世界地図


宇宙線と気候
無黒点太陽の磁場が気候を変えた

東京大学 大気海洋研究所 」サイトより


Incoming Cosmic Rays Hit Record High (英語)
(地球に到来する宇宙線が増大:太陽活動と関連)

Wired.com 」サイトより (英語)


マウンダー極小期
( Maunder Minimum )

小氷期
( Little Ice Age, LIA )

飢饉の一覧 17世紀

17世紀の危機
( the Crisis of the 17th century )

Wikipedia 」サイトより


【関連記事】


宇宙放射線・地磁気

気候分布の世界地図

ペストの世界地図

大気汚染の世界地図

海洋汚染の世界地図



大規模な森林は予想よりも大きな影響を気候に与えている
同記事に「植物の消滅が気候を大きく変えた例として挙げられるのが、1930年代にアメリカ中西部の平原地帯で多く発生したダストボウルと呼ばれる大規模な砂嵐です。

白人が入植するまでは一面の大草原だった平原を農地に変えるため、農民は草を刈って地面を露出させたのですが、これが原因となって土地の乾燥が進んで砂ぼこりが舞い上がるようになり、あげくの果てには砂嵐が多発するようになりました。

その影響により、中西部では農業が壊滅的な被害を受け、多くの農家が農業を諦めなければならない状況にまで追い込まれました」などの記述があります。

料理の際に出る油が寒さをもたらす雲の形成を手助けしている

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


熱帯林破壊、2018年は「毎分サッカー場30面分」のペース

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


気候分布の世界地図



富士山 宝永噴火のような爆発的噴火が現代に起こったら?
同記事に「火山灰や火山れきが数10cm以上降り積もった地域では、田畑が全滅して作物を作ることができませんでした」

「農民の多くは田畑を捨て、流民化していった」

「山地の火山灰は放置されたままでしたから、雨が降るたびに土石流が発生し、河床を埋め、さらに洪水が発生しやすくなるということが繰り返されました」

「酒匂川流域は噴火後も数10年にわたって、洪水や土石流の被害に悩まされ、農業の復活は非常に遅れることになりました」などの記述があります。

NHK そなえる 防災 」サイトより


欧州の「暗黒時代」、もたらしたのは2度の火山噴火
同記事に「6世期中ごろに2度発生した火山の噴火によって、欧州地域は長期にわたって光が遮られ、中世ヨーロッパのいわゆる「暗黒時代」の到来を告げるものとなっていた可能性がある」

「研究を率いた独キール(Kiel)の「GEOMARヘルムホルツ海洋研究センター(GEOMAR Helmholtz Centre for Ocean Research)」の気象専門家、マシュー・トゥーイー(Matthew Toohey)氏は、欧州地球科学連合(EGU)総会で「536年と540年に起きた2つの噴火の「どちらかが地表の著しい冷却を招いた可能性がある」が、「この2つの噴火をまとめると、過去少なくとも1500年間で北半球の気象に影響を与えた最も大きな噴火現象だったとみられる」と述べた。

同氏によると、これら噴火の影響で平均気温が2度下がり、過去2000年間で最も寒い10年間となったと考えられるという。

日光を遮る硫黄粒子が成層圏に充満したことで起きた突然の気温低下は、農耕活動に壊滅的な影響を与え、欧州の大半と その隣接地域に大規模な食糧不足をもたらした。

さらに広い意味で捉えると、この2つの噴火は、古代の末期と、その後の「暗黒時代」と呼ばれる社会的な衰退と混乱が長く続いた時代を分ける転換点になったとも考えられる。

536年に空を覆った「謎の雲」については、当時に言及されていた。

ローマ(Rome)に暮らしていたビザンチン(Byzantine)帝国の歴史家プロコピウス(Procopius)は、その時の様子を終わらない日食になぞらえ、「その年中ずっと、太陽が発する光に明るさはなく、月のようだった」と記している」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


火山分布の世界地図

気候分布の世界地図



局地核戦争でも人類は滅亡

日経サイエンス 」サイトより


カシミール住民数千人が避難 印パ間で激しい砲撃

世界の森林生物種、半数が絶滅の危機 FAO報告書

世界の樹木種を初調査、9600種が絶滅危機

タスマニア森林火災、原生林の古代種に絶滅の恐れ

AFPBB News 」サイトより


2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来予測
同記事に「<オーストラリアのシンクタンクが、今後30年の気候変動にまつわるリスクを分析し、最悪の場合、人類文明が終焉に向かうかもしれないという衝撃的な方向書を発表した>

2050年には、世界人口の55%が、年20日程度、生命に危険が及ぶほどの熱波に襲われ、20億人以上が水不足に苦しめられる。

食料生産量は大幅に減り、10億人以上が他の地域への移住を余儀なくされる」などの記述があります。

【写真特集】世界が抱える環境移民という時限爆弾 - 1

【写真特集】世界が抱える環境移民という時限爆弾 - 2

【写真特集】世界が抱える環境移民という時限爆弾 - 3

国連報告「地球は既に限界点」
UN warns environment is at tipping point
同記事に「人為的要因により、気候変動が限界点に迫っている、または既に限界点を越えてしまった地域がいくつもある。

一度限界点を越えると、もう元には戻せない変化が起こリ始め、地球上の生命体も影響を受けるだろう。人間の生活や健康にも大きな悪影響を及ぼす可能性がある」

「窮地に追い詰められた人間は、環境の変動に適応するために急激な生活の変化を余儀なくされるだろう」

「ただし生活の変化には相当の困難を伴うため、政治紛争や経済危機、戦争や飢餓が起きやすくなる」などの記述があります。

ニューズウィーク日本版 オフィシャル サイト 」より


【関連記事】


気候分布の世界地図

地政学の世界地図



農業用貯水池が引き起こす「内陸津波」の恐怖 - 1

農業用貯水池が引き起こす「内陸津波」の恐怖 - 2

農業用貯水池が引き起こす「内陸津波」の恐怖 - 3

東洋経済オンライン 」サイトより


【関連記事】


津波の世界地図



リンゴは芯まで食べるとカラダに悪い、という科学的根拠
同記事に「リンゴの種には「青酸配糖体」と呼ばれる物質が含まれている。

そのひとつがアミグダリンで、腸内細菌によってシアン化物に変わる」

「ただし、リンゴ1個分の種では、少し気分が悪くなる程度のシアン化物さえも生成されない。

モモやアンズ、サクランボ、アーモンド、ウメ、ビワなどにも、アミグダリンが含まれる。

だが普通は、アミグダリンが含まれている果物の種を丸ごと食べることはないし、アーモンドにも、害を及ぼすほどのアミグダリンは含まれていない」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより



天気で牛乳の品質を予測可能であることが判明

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


【関連記事】


世界の天気



植物は計算高い!?:研究結果

ハエトリグサは数を数えられる

WIRED.jp 」サイトより



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ緻密な情報、厳選リンクも満載