【社会】経済事情・交通事故率・平均寿命など社会に関する国別基本情報

海外移住と移民の世界地図

日本人に人気の海外移住先ランキング、日本人移住者数の多い国、海外移住者数の多い国、日本人の海外移住の人数、住みたい街ランキングなど、海外移住の検討者、海外進出企業に役立つ国民性に関する話題も掲載しています。

海外移住するなら どこの国が最適?。



【おすすめの海外移住先は?】


夢の海外移住おすすめディスティネーション
同記事に「とりわけ女性にとって重要なのは、

(1)ひとり歩きでも安心して買い物などの外出ができる

(2)言葉に自信がなくてもコミュニケーションがとれる仲間づくりがしやすい

(3)極度の乾燥や強い日差しなど、老化を招くおそれの少ない時期、場所を選ぶことです」

「そして、もっともネックになるのが、現地での人間関係。

とくに女性同士の場合、狭い日本人社会で、辛酸を舐めるような体験をしたひとも少なからず存在します。

何事も、自分に合わないと感じたら、勇気をもって早々に引き揚げ帰国する英断も必要です」などの記述があります。

ひとりで住みやすい海外ランキングBEST5

All About(オールアバウト) 」サイトより


【女性編】海外移住するとしたら この国ランキング

【男性編】海外移住するとしたら この国ランキング

マイナビ ニュース 」サイトより


世界一住みやすい国は どこなのか?

外国人が最も生活の質が高いと感じる国ランキング
( Expat Insider : Quality of Life Index )

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


【関連記事】


紫外線の世界地図

世界の治安・安全情報

移住の方法



      ★ 更新情報|海外移住の地図帳 ★

約15年間、たった一人で作成。ほぼ毎日更新。
当ページを含め、83ページの更新情報。




このページに「ふりがな」(ruby)を付ける

ひらがな めがね 」サイトより


日本人の海外移住先の人気ランキングなど
【関連情報サイト】


日本人の好きな国ランキング
( 日本人の好きな海外移住先とは )

社会実情データ図録 」サイトより


日本人の多い国

海外在留邦人数統計

海外在留邦人子女数統計(長期滞在者)

海外在留邦人数調査統計(平成 21年速報版)(PDF:1.8535MB)
同記事に「オーストラリアの邦人数増加:今回の総数の集計で、英国を押しのけ3位となったオーストラリアの邦人数が、ここ数年間どのように変わってきたのか、過去の統計から数値を抜き出してみた。

オーストラリアには首都キャンベラ、大都市であるシドニー、メルボルン、海岸保養地で有名なブリスベンとケアンズ、西の砂漠地帯のパースと6つの都市に在外公館や事務所が存在するが、平成17年から20年までの3年間の推移を見ると、全ての事務所において永住者が25%を超える増加率を記録し、パースでは、企業の新規進出や事業拡大が長期滞在者の増加を手伝って、長期滞在が42.4%、永住者が35.0%増加している。

永住者の増は、国際結婚が増えていることが主たる要因と見られる。「定年後、オーストラリアに永住」が流行りというが、どこまで影響しているのかは定かでない」などの記述があります。

海外在留邦人数統計、平成29年(2017年)要約版(PDF:5.657171MB)
同記事に「平成28年(2016年)10月1日現在の集計で、わが国の領土外に在留する邦人(日本人)の総数は、133万8477人」

「このうち、「長期滞在者」(3か月以上の海外在留者のうち、海外での生活は一時的なもので、いずれ我が国に戻るつもりの邦人)は87万49人で在留邦人全体の約65%を占め、

「永住者」(当該在留国等より永住権を認められており、生活の本拠を我が国から海外へ移した邦人)は46万8428人となっています」などの記述があります。

外務省 」サイトより



海外在留邦人数の中で、「海外での生活は一時的なもので、いずれ 日本に戻るつもり」という日本人の割合が圧倒的に多く、永住者も仕事、生活、文化、食事、子供の教育、医療・介護、郷愁などの問題で、最終的に日本に帰国する日本人が多いという現実があるようです。


【関連記事】


日本人街・経済特区

移民政策


日本人の海外移住が増加!女性や若者の移住が急増
世界と日本の若者人口統計
同記事に「人口推計のデータから日本人が海外流出していることが分かります。

年齢層別に日本人の社会移動(国外への流出、国内への流入)を見てみると、10歳未満の子供で年2万3千人程度の人口の流出超過がみられるほか、20歳前後の流出も目立っています。

こうした若い世代での流出は将来の若者人口の減少を更に加速させる原因となります」

「30歳代~40歳代で日本女性の流出超過が多い(しかも日本男性よりも多い)のが目を引きます。

流出の原因としては、家族で海外に赴任することのほか、外国籍の配偶者の母国に里帰りする、単身で海外に勤務することなどが考えられます」などの記述があります。

統計局ホームページ 」より


海外移住した日本の若者たち 1

現代ビジネス [講談社] 」サイトより


若者の海外移住増加が話題に

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


若者の「海外流出」が止まらない!冷え込む雇用、日本の衰退 1

若者の「海外流出」が止まらない!冷え込む雇用、日本の衰退 2

若者の「海外流出」が止まらない!冷え込む雇用、日本の衰退 3

若者の「海外流出」が止まらない!冷え込む雇用、日本の衰退 4

若者の「海外流出」が止まらない!冷え込む雇用、日本の衰退 5

ダイヤモンド・オンライン 」サイトより


日本人の海外移住が増加している理由
増える海外移住 「脱ニッポン」という選択
同記事に「海外で暮らす日本人が増えている。「海外在留邦人数調査統計」(外務省)によれば、海外に住む日本人は2011年10月時点で118万人。前年比で3%増加している。10年と09年は1%増だったので増え方は加速している」などの記述があります。

東洋経済オンライン 」サイトより


いま、海外移住に注目が集まっている
同記事に「3月11日に日本を襲った東日本大震災。その際起きた原発事故は、いまだ収拾のメドが立っていないばかりか、放射能汚染の影響は いまや日本中に拡大している。

さらに、財政悪化による増税、経済停滞とリストラ、日本社会の閉塞感など、なんとなく日本では生きづらいと感じる人が増えている」などの記述があります。

ダイヤモンド・オンライン 」サイトより



海外引っ越し業者が急成長
同記事に「日本人の海外移転が増えるのに伴い、海外引っ越し業者も成長している。日本海外引越協会によると、市場規模は約600億円で、過去30年、右肩上がりで伸びてきたという。荷物を運ぶだけでなく、生活基盤の立ち上げまで支援する業者も登場している」などの記述があります。

海外就職セミナーは盛況

朝日新聞GLOBE 」サイトより



日本という国に将来性や希望が持てない女性や20代前後の若者を中心に10歳未満、30代~40代が海外移住に動いているようです。

震災後、海外移住関連の問い合わせが急増していることからも感じ取れます。


移民の世界地図(海外移住者の多い国は)

世界の移民地図

[ 出典 ] Human migration (英語)

Wikipedia 」サイトより (英語)



List of countries by immigrant population (英語)

Wikipedia 」サイトより (英語)


世界の2300万人が海外移住を計画、人気の移住先は?
同記事に「報告によると、移住を計画している成人が全体に占める割合は世界的に増加傾向にあり、一部の地域では、増加スピードが かなり速い」

「報告によると、政策による制限や資源の欠乏、移住願望の変化などの原因から、移住計画が必ずしも実現できるわけではない」などの記述があります。

世界の移民数2億4400万人に、受け入れ最多は米国

レコード チャイナ 」サイトより


世界の移民2億4400万人 最も多く受け入れている国は?

swissinfo:スイスのニュースと情報 」サイトより


世界で6530万人が難民化、戦後最高水準に=国連

BBCニュース 」サイトより


世界に広がるインド人移民、世界最多1560万人

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 」サイトより


世界の人口という視点で振り返る、人類の歴史

ギズモード・ジャパン 」サイトより


人種の坩堝「アメリカに移民する人々の流れを収めた動画」

ロケットニュース24 」サイトより


世界の移民人口 国別ランキング・推移

外国人 人口 国別ランキング・推移

外国人 移住者数(流入数) 国別ランキング・推移

世界の移民人口比率 国際比較統計・推移

世界の移民流入数 国際比較統計・推移

外国人 帰化者数 国別ランキング・推移

GLOBAL NOTE グローバルノート 」サイトより


トランプ政権誕生で米富裕層が海外移住!人気の3大都市
同記事に「まさかのトランプ氏勝利に揺れる米国で、国外脱出を目論む国民が急増しているという。

選挙当日の11月9日、トランプ政権の誕生がまだ決定していなかった時点で、すでにカナダ移民省のウェブサイトがクラッシュするなど、米国民の悲壮感は深刻だ。

他国の不動産産業にとっては恰好のビジネスチャンスである。

中でも米富裕層に人気の海外移住先は環境、生活水準、投資価値などの理由から、ロンドン、トロント、オークランドの3大都市に集中しているようだ。

<ロンドン、トロント、オークランドが最有力候補>

Brexitの影響でポンド安が続く英国。昨年から始まった「ロンドン高級不動産プチバブル崩壊」に後押しされ、すでに海外投資家の叩き買いが始まっている」

「多数の著名人が移住先候補として挙げているのはカナダ。壮大な自然、生活水準の高さといった利点のほかに、米国に近いという立地条件も人気の秘密だ。

またカナダでは以前から一部の自治体が移住促進キャンペーンなどを打ちだしているなど、米国からの移民歓迎ムードが強い。

過去10年間で不動産価格が急騰したバンクーバーに代わり、注目を浴びているのは金融都市、トロント。

トロントの住宅価格も年々上昇傾向にあるが、バンクーバー、ロンドン、ニューヨークの異常なバブル価格の足元にもおよばない。

同じく広大な自然を誇るオークランドへの関心も高い。

ニュージーランドの公式機関が米メディアに公表したデータによると、11月1日から8日にかけての移住申請(学生含む)は1593件と記録的な数に達したという。

しかしニュージーランドでは低金利政策によるバブル崩壊への懸念が強まっており、同様のリスクを抱えるロンドンよりも「安全資産」としての価値は低いと見なされている。

全都市に共通する問題は「海外投資家の買いあげによる不動産価格の高騰」だ。

国への経済効果は期待できても、住民にとっては生活を圧迫するネガティブ要因になりかねない」などの記述があります。

ZUU online 」サイトより


都市から地元住民が消える、バルセロナが鳴らす警鐘 - 1

都市から地元住民が消える、バルセロナが鳴らす警鐘 - 2

【図解】欧州における極右・ポピュリスト政党の台頭

「聖域都市」とは? トランプ大統領の移民取り締まりで注目
同記事に「ドナルド・トランプ( Donald Trump )米大統領は2017年1月25日、不法移民を保護している全米各地の「サンクチュアリ シティー( 聖域都市 )」に対し、米政府として断固とした措置を取ると明言した。

聖域都市とは、不法移民を強制送還させようとする米連邦政府の入国管理当局への助力・協力を拒否している自治体のことで、都市のほか群や州なども含まれる。

ニューヨーク( New York )やロサンゼルス(Los Angeles)をはじめ、全米には約300の聖域都市がある。

聖域都市では一般的に、警察官が市民に接触し在留資格の有無を調べることを許可していない。

また、入国管理局が連行してきた不法移民の収容や、不法滞在が疑われる移民を釈放期日を過ぎた後も拘束下に置くことを拒否している。

全米には不法滞在している移民が推計1100万人いるとみられ、聖域都市の多くはトランプ氏の当選以降、こうした不法移民たちを必ず守ると表明している」

「トランプ大統領が25日に署名した大統領令は、入国管理当局への協力を拒否する都市に対し、連邦補助金の交付を停止すると脅す内容だ」

「こうした中、聖域都市の一つとして知られてきたフロリダ( Florida )州マイアミデード( Miami-Dade )郡のカルロス・ゴンザレス( Carlos Gimenez )郡長は27日、収容施設を管理する郡矯正局に対し、トランプ大統領の命令に従い「米国土安全保障省が要請する不法移民の拘禁要請は全て尊重」するよう指示した。

一方、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ( San Francisco )の各市長は、大統領令を拒否し、移民を守ると改めて誓っている。

ネバダ大学( University of Nevada )移民相談室( Immigration Clinic )のマイケル・ケーガン(Michael Kagan)室長は、合衆国憲法では州や市などの地方自治体に対し、連邦法の執行を拒否する あらゆる権利を認めていると説明している」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


Sanctuary city(英語)

Wikipedia 」サイトより(英語)


ゲーテッド コミュニティ (Gated community)
同記事に「計画都市「マガルパッタ・シティ」は、約120人の農民が土地を出し合って共同経営組織を作り、マハーラーシュトラ州政府の援助を受けて完成した、ゲーティッド・コミュニティー」などの記述があります。

Wikipedia 」サイトより


ゲーテッド・コミュニティによる,新タウン・マネジメント構想(PDF:0.971987 MB)

株式会社 都市ガバナンス研究所 」サイトより


「より良い世界」を作ることは可能なのか?(英語)
同記事に「長年に渡って政策立案者は、異なるグループの住民を居住地域を混在化させ、その両者が自由に交流することができる社会作りを目指してきた。

しかし、Michigan State Universityの社会学者は、こうした試みは無駄に終わった可能性が高いと新しい研究成果の中で述べている。

この研究成果は、American Journal of Community Psychologyを通じて発表されたもので、論文のオーサーとなるZachary Neal は異なるグループの混成化と結束の維持は共存することはできないと論じている。

「より良い社会の実現は可能なのだろうか?

残念ながら、この研究成果は、異なるグループを混在化させたコミュニティーを作ったとしても、ほんとうの意味での共存は図れないということを示している」とNealは言う。

「本質的な意味において、近隣コミュニティーの混在化によって人種差別を撤廃しようとしても、そういう社会では共存は図れないのです。」

なぜなのだろうか?

彼によると この原因は人々がもっている関係性の維持の仕方にあるという。

Nealによると、人々は通常、自分と異なる人ではなく、自分と似た存在の人と関係性を構築しようとするとしている。

Nealは、この研究において、コンピューターモデルを製作し、仮想の社会集団において異なるグループを混在化させた場合と、混在化させずに孤立化を促した場合のシミュレーションを実施した。

その結果、数百万回におよぶ計算結果から、統合が図られた世界は社会的には統合性が図られていないことを発見した。

「この傾向は非常に堅固なものであり、政策によってチェンジさせることは非常に困難となる」などの記述があります。

MSUToday | Michigan State University 」サイトより(英語)


【関連記事】


日本人街・経済特区

移民政策

永住権の取得・申請条件



旅に出たくて たまらないのは遺伝子のせい?
同記事に「生活情報サイト「Bit of News」でXiao Xu氏が発表した目から うろこが落ちるような記事によると、」

「1999年に、カリフォルニア大学アーバイン校の4人の科学者が『世界の人口移動とドーパミンD4受容体( DRD4 )対立遺伝子頻度のバリエーション(Population Migration and the Variation of Dopamine D4 Receptor (DRD4) Allele Frequencies Around the Globe)』と題する論文を発表しました。

この論文は移住パターンと有史以前の人類の遺伝子プールの配列を探ることになりました。

もともとはドーパミン受容体D4( DRD4 )と注意力欠如障害との関連性を調べる研究でしたが、研究を進めていくうちに、別の不思議な関連性が発見されたのです。

それは、DRD4遺伝子がある人はスリルを求める性質と放浪癖を持つ傾向があるということです」

「リスクを恐れぬ少数の冒険家たちが世界中に入植したと説明しています。

有史以前、ほとんどの人は自分が生まれたところから離れずに生きる人生でした。

きわめて少数の人間だけが「さて、この海/山/灼熱の砂漠の向こうには いったい何があるんだろう」と大胆にも思いを馳せて、未知の世界に繰り出したのです。

世界中の大陸を発見したのも、世界地図の ほとんど すべてのところに人間が住みつけるようにしたのも、この少数の人たちでした。

現代の旅行好きの人たちは、きっと大昔は放浪の民だったであろう、そうした少数の冒険者たちの子孫かもしれないと考える根拠を科学が実証しているとXu氏は結論づけています」などの記述があります。

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


【関連記事】


 遺伝子


将来、子どもが幸せな国とは
2013年生まれの子供が最も幸せな国は? (英語)
イギリスの経済紙・エコノミストが発売した「2013年の世界」に掲載されている「2013年に生まれた子供が幸せな国ランキング」。

この調査では、裕福さが最も重要な条件になっているが、他にも犯罪率、社会信頼度、家族関係、文化、人口、地域、気候・環境、政治といった項目を評価に反映し、2013年に生まれた子供が成人になる2030年の状況を予測。

1位となったスイスを筆頭に、上位10国の ほとんどはヨーロッパ諸国です。

興味深い点は北欧諸国やオーストラリア(2位)など経済規模の小さい国が上位にランクインしていることや、台湾が上位にランクイン(14位)している点です。

経済成長中のBRICS(ブラジル:37位、ロシア:72位、インド:66位、中国:49位)は好景気にもかかわらず、30位以下という評価になっています。経済規模の大きな国の順位が低迷している点も興味深い。

そのほか、マレーシアは36位、タイは50位、フィリピンは63位、ベトナムは68位、インドネシアは71位 となっています。

The Economist 」サイトより (英語)


【関連記事】


幸福度の世界地図


Best Countries
Best Countries(英語)

U.S. News & World Report 」サイトより(英語)


腐敗認識指数 ( Corruption Perceptions Index )
腐敗認識指数(Corruption Perceptions Index, CPI)とは、トランスペアレンシー・インターナショナル(Transparency International)が、1995年以来 毎年公開しているもので、公務員と政治家がどの程度腐敗していると認識されるか、その度合を国際比較した国別のランキングです。 指数は、最も清潔な状態を意味する10から、最も腐敗していることを示す0までの範囲で採点。7割の国が5未満で、開発途上国では9割以上の国が5未満。


【関連情報サイト】


腐敗認識指数(Corruption Perceptions Index)

Wikipedia 」サイトより


Transparency International 」サイト (英語)


贈賄指数 ( Bribe Payers Index )トランスペアレンシー・インターナショナルによる外国企業の贈賄の傾向の調査。
( 主要輸出国30か国が対象。上位ほど贈賄の傾向が弱く公正 )


【関連情報サイト】


Bribe Payers Index (英語)

Transparency International 」サイトより (英語)


【関連記事】


海外の法人税率



都道府県別 外国人 生活保護受給者数
同記事に「外国人 生活保護受給者数は7万4386人で、在日外国人100人あたり、3.56人が生活保護を受給している計算になる。

これは外国人と日本人を含めた生活保護受給者数の1.67人よりも高く、在日外国人の生活保護受給率は日本人よりも高いと言える。

外国人生活保護受給者が最も多いのは大阪府で、在日外国人100人あたり8.37人。

2位以下は京都府、兵庫県、和歌山県と関西が上位を占めている」

「分布図を見ると関西を筆頭に西日本で受給率が高く、東日本で低い」などの記述があります。

新・都道府県別統計とランキングで見る県民性 [ とどラン ] 」サイトより



印、知らないうちに「死者」扱い、土地狙い偽装多発 - 1

印、知らないうちに「死者」扱い、土地狙い偽装多発 - 2

AFPBB News 」サイトより



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ綿密な情報、厳選リンクも満載