【社会】経済事情・交通事故率・平均寿命など社会に関する国別基本情報

海外移住と経済の世界地図

経済に関連する世界地図、世界景気インデックス(世界景気天気図)など、興味深く役立つ情報を紹介します。


世界景気インデックス(世界景気天気図)
世界景気インデックス
海外景気の動きが一目でわかる指標です。( 毎月20日頃に公表 )

日本経済研究センター JCER 」サイトより



世界経済が ひと目でわかる、美しい地図

世界人口の約半数は「より貧しく」なっていく

仕事の47%はAIに奪われ、格差は拡大する:米政府報告書

高騰するアメリカの住宅と、家を失い漂流する中流階級たち

英国成人の「4人に1人」は、精神的疾患と診断された経験がある
同記事に「英国成人の4人に1人が精神的な疾患と診断された経験があるという調査結果が発表された。

低所得層は高所得層と比べて、精神的な疾患と診断された率が かなり高いこともわかった」

「英国立社会研究センターが実施した調査で、成人5000人にメンタルヘルスに関する経験について質問したところ、調査対象者のうち26パーセントは、精神的な疾患と診断されたことが少なくとも1回あった。

また、18パーセントの成人は、精神疾患的な状態を経験したことがあるが、精神疾患とは診断されなかったと回答した。

精神的な疾患と診断された成人の割合は、女性が31パーセントであり、男性の17パーセントと比べて高くなっている」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより



豪経済、26年間 景気後退なし 世界最長記録に並ぶ

ナイジェリア、「幽霊公務員」5万人削減 775億円を節約

AFPBB News 」サイトより



      ★ 更新情報|海外移住の地図帳 ★



このページに「ふりがな」(ruby)を付ける

ひらがな めがね 」サイトより



信用格付けの世界地図
Moody's,S&P,Fitch Rate Each Country's Credit Rating (英語)

ChartsBin.com 」サイトより (英語)



薬剤耐性菌の蔓延で世界経済危機の恐れ 世界銀行
同記事に「すべての既存薬に耐性を持つ強力な細菌「スーパーバグ」の蔓延により、2008年の世界金融危機と同レベルか それを上回る世界的な経済危機が誘発される恐れがあるとする報告書を世界銀行グループ(World Bank Group)が2016年9月19日 発表した。

「薬剤耐性菌感染症:私たちの経済の将来への脅威」と題されたこの報告書では、抗生物質などの抗生剤が従来のように感染症に効かない場合に どんな問題が起きるかについて考察されている。

抗菌薬への耐性は増加傾向にあり、今後、多くの感染症が再び治療不可能となり、生活困窮者が増えて各国は多大な代償を払う事態に陥ると予想されている。

この問題に関する最近の調査結果の予測では、2050年までの世界全体の経済的損失は100兆ドル(約1京円)に上る。

世界銀行グループは2017年から2050年までを予測した最新の報告書を発表し、世界で最も貧しい人々と国々が最も大きな打撃を受ける可能性があると指摘している。

この報告書によると、スーパーバグの蔓延によって、2050年までに極貧状態に陥る恐れがあるのは最大で2800万人。その大半は開発途上国の人々だ。

報告書は「世界は現在、1日1.9ドル(約190円)で暮らす極貧層を2030年までになくす方向に おおむね向かっており、極貧層の人々の割合を3%未満に抑えるという目標に近づきつつある」ものの、「抗菌薬耐性により、この目標は達成不可能となる危険性がある」と指摘。

さらに、低所得国は2050年までに国内総生産(GDP)の5%以上を失う恐れがあると述べている。

また、世界の輸出量は2050年までに最大3.8%縮小し、家畜の生産は年間2.6~7.5%減少すると予測している。

一方で世界の医療費は2050年まで1年につき3000億ドルから1兆ドル(約30兆円から約100兆円)程度増える可能性があるとしている。

抗菌薬耐性の問題に対する答えは容易には見つからない。

そのため、この危機は持続する可能性が高く、過去に起きた金融危機のように循環的な回復によって解決しそうにない」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


医療費を押し上げ財政を圧迫する「薬の有効期限」問題

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


【関連記事】


結核分布の世界地図

感染症対策・世界分布

世界の医療事情



女性の卵子、肉体労働や夜間勤務が悪影響
同記事に「不妊の潜在的原因を調べ、夜間に働いていたり重いものを持ち上げる仕事に就いていたりする女性の卵子は、朝の9時から夕方の5時まで働いている女性の卵子に比べると、数と質の面で劣っている可能性があるとする研究論文が2017年2月8日、発表された。

論文の執筆者らによると、今回の研究は交代勤務または肉体労働が女性の身体的な妊娠能力に どのように影響するかを調べた初めての試みだという。

米国を拠点とする研究チームは、マサチューセッツ(Massachusetts)州の不妊治療クリニックに通っている平均年齢35歳の女性約400人のデータを分析した。

研究者らは まず、卵巣内に どれだけの卵子が残っているかを示す卵巣予備能力と、生殖能力の低下に伴い増加するホルモンのレベル、さらに健康な胚に成長することができる「成熟卵」の数を調べ、これらのデータを女性の労働条件、業務に必要な身体運動の量や労働時間の長さなどと比較した。

割合としては、約40%の女性が仕事上、頻繁に重い物を移動したり持ち上げたりする必要があると答え、20%が肉体的に非常に きつい仕事に就いていると回答。91%が通常の勤務時間で働いていた。

論文が掲載された英医学誌「職業・環境医学(Occupational and Environmental Medicine)」の報道機関向けの声明によると、「肉体的に きつい仕事に就いている女性は、頻繁に重い物を持ち上げる必要がない仕事をしている女性に比べると、卵子の残量が少なかった」と指摘している。

また、重い物を持ち上げる女性は成熟卵の数も少なく、夕方や夜間または交代制で働く女性は さらに少なかった。

研究者らは、この影響が最も顕著だったのは体重過多の女性と37歳以上の女性だったと述べている」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


 遺伝子


【経済・関連情報サイト】


世界の失業率ランキング

世界の実質経済成長率ランキング

[世] 世界経済のネタ帳 」サイトより


日本の世帯の年間収入マップ 」サイト


世界各国の消費税の税率一覧

世界各国の法人税 税率の一覧

世界の主要国の名目&一人当たりGDP

世界各国の平均年収(月収)

タックスヘイブン(オフショア)とは?

世界の国別 物価比較 一覧表

WEB金融新聞 」サイトより



中国国内の高速鉄道網の拡充は「深刻な後遺症もたらす」

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


「世界恐慌」を乗り越えるための全情報(3)ジム・ロジャーズ 1

「世界恐慌」を乗り越えるための全情報(3)ジム・ロジャーズ 2

「世界恐慌」を乗り越えるための全情報(3)ジム・ロジャーズ 3

現代ビジネス [講談社] 」サイトより


「宇宙」が将来の経済危機の原因となる

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


【関連記事】


日本壊滅地震で世界危機

日本人街・経済特区

世界の物価・国際比較

海外の法人税率

世界の相続税・贈与税

宇宙放射線・地磁気


国民総所得( GNI : Gross National Income )


国民総所得

ウィキペディア(Wikipedia) 」サイトより


国内総生産( GDP:Gross Domestic Product )


List of countries by GDP (PPP) per capita (英語)

Wikipedia 」サイトより (英語)



「歩行者に優しい」都市ほどGDPが高い - 1

「歩行者に優しい」都市ほどGDPが高い - 2

WIRED.jp 」サイトより


【関連記事】


交通事情の世界地図

日本人街・経済特区



学校の銃乱射急増と経済不安定期に強い関連性

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


世界の治安・安全情報


国民貯蓄
National Savings (国民貯蓄) (英語)

Worldmapper 」サイトより (英語)


国民生活の豊かさを示す「人間開発指数」( HDI:HUMAN DEVELOPMENT INDEX )
国連開発計画 ( UNDP )による「人間開発報告」は、平均寿命、就学率、成人識字率、1人当たり国内総生産 ( GDP )などを計算し、国民生活の豊かさを示す「人間開発指数 ( HDI )を算出。


Human Development Reports - UNDP (英語)

UNDP ( United Nations Development Programme) 」サイトより (英語)



135か国の調査でわかった「収入と幸福の関係」

Wired.jp 」サイトより


2013年生まれの子供が最も幸せな国は? (英語)
イギリスの経済紙・エコノミストが発売した「2013年の世界」に掲載されている「2013年に生まれた子供が幸せな国ランキング」。

この調査では、裕福さが最も重要な条件になっているが、他にも犯罪率、社会信頼度、家族関係、文化、人口、地域、気候・環境、政治といった項目を評価に反映し、2013年に生まれた子供が成人になる2030年の状況を予測。

1位となったスイスを筆頭に、上位10国の ほとんどはヨーロッパ諸国です。

興味深い点は、北欧諸国やオーストラリア(2位)など経済規模の小さい国が上位にランクインしていることや、台湾が上位にランクイン(14位)している点です。

経済成長中のBRICS(ブラジル:37位、ロシア:72位、インド:66位、中国:49位)は好景気にもかかわらず、30位以下という評価になっています。経済規模の大きな国の順位が低迷している点も興味深い。

そのほか、マレーシアは36位、タイは50位、フィリピンは63位、ベトナムは68位、インドネシアは71位 となっています。

The Economist 」サイトより (英語)


家庭環境が貧しいと子どもの脳は「貧困脳」になる

劣悪な家庭環境で育った子どもの染色体は平均より老化している

貧困は若い脳に どのような影響を与えるのか?

貧困下では貧困で頭が一杯になり貧困から抜け出せなくなる
同記事に「貧困状態にある人は、「貧しい」という事実を常に認識させられるため、認識の帯域が不足し、貧困から脱するために すべきことに対して注意を向けることができないという研究結果が発表されています。つまり貧しい人の認識の帯域は「貧困」という事実で埋め尽くされてしまうので、その状況から抜け出すことができなくなるということです」

「別の研究からは「貧困であることで課される精神的負担の大きさは、IQを13ポイント失うのと同等であり、また慢性のアルコール中毒患者と健常者との差に匹敵する」ことが明らかになっています」

「実験を行ったプリンストン大学のEldar Shafir教授は「認識の帯域が埋められた状態(貧困のケース)では、物事を正しく認識できなくなり、抵抗すべきことに抵抗できなくなり、物事を忘れやすくなり、忍耐力がなくなる」と言います。これは、社会が不景気になって貧困を感じる人が多い状態になると、社会全体から大量の認識能力が失われることを意味しています。なお、「貧困であることがIQを13ポイント押し下げるということは、よりIQの低い人が貧困に陥るということを意味しないか?」という疑問に対して、Shafir博士は「我々も それを懸念していましたが、科学データは これを否定しています。IQが低いから貧しいのではなく貧しいからIQが下がる、人に問題があるのではなく その人がいる環境に問題があるのだということをデータは示しています」などの記述があります。

貧困地域に住むと貧困から抜け出せずIQや健康,学力にも悪影響

「早熟の天才」ほど社会的・経済的に成功を収めやすいことが判明

エリート校は裕福な学生だらけ、貧しさの連鎖は続いている

貧困層よりも富裕層の方が10年から15年 長生きできる

何が人生を幸福・健康・成功に導くのか?70年間追跡調査
同記事に「最も低い階級の母親から生まれた子どもは、高い階級の母親から生まれた子どもよりも70%も死亡率が高い」

「The Life Projectは新生児の母親に対する質問に「喫煙していたか否か」というものを追加。

すると、母親の階級の差を考慮しても、喫煙者と非喫煙者で生まれてくる子どもの体重や死亡率に差があることが明らかになりました」

「The Life Projectは社会に横たわる不平等の存在についても明らかにします。

研究では両親の収入と子どもの収入の関係についても調べられたのですが、1958年に生まれた子どもより、1970年に生まれた子どもの方が、大人になった時の収入と親の収入の間のつながりが強かったとのこと。

つまり、時代が進むと共に、子どもは自分のバックグランドから逃げ出しづらくなっているということが判明したのです」

「特に重要なのは子どもが生まれて最初の数年に親が いかに子どもに関心を示すか、ということで、不利な環境で生まれた子どもであっても親が子どものために尽くすことで子どもの生涯が変わってくることもわかっています。

2006年に行われた研究では、不利な環境で生まれた子どもであっても、子どもが5歳の時に親が本を読んでやり、10歳の時に教育について考えている家庭では、子どもが30歳になった時に貧困である可能性が著しく低かったとのこと」

「50代に行った身体能力テストで物をしっかり持てなかったり、イスから立ち上がるのに苦労したり、目をつぶった状態で片足立ちできなかった人は、そうでなかった人に比べて後の13年間で死亡する割合が高い、ということも判明しています」などの記述があります。

貧困は経済的に間違った意思決定を招くことが明らかに

なぜ貧困に陥ると間違った決断をしてしまうのか

若者は上の世代の大人よりも貧困になっている

裕福な母親には息子、貧困の中では娘が生まれやすい

長男.長女が優れた成績を残しやすい理由かもしれない6つの理論

家計収入によって脳の構造が変化して学業成績に影響する

世界の著しい貧富の差を示す5つのグラフ

自制心レベルを計るマシュマロ・テストで健康を害する可能性
同記事に「欲望を一時的に抑えることができる自制心を持つ子どもの方が、自制心を持たない子どもよりも将来、社会的な成功を収めやすいことは、「マシュマロ実験(マシュマロ・テスト)」として有名な研究によって明らかにされており、「マシュマロ・テスト:成功する子・しない子」のように教育法として活用されています。

しかし、他方ではセルフ コントロールの能力を鍛えることは、社会的成功への近道であることは間違いないものの、健康を害する危険性があるという研究が出されています」

「マシュマロ・テストとは、スタンフォード大学のウォルター・ミシェル博士が1960年代に行った実験です。

ミシェル博士は4歳の子どもたちを何もない部屋に招いて、目の前においしそうなマシュマロを1つ置いた上で、じっと待機するように命じました。

そのときに、「このマシュマロは あなたにあげます。もしも私が戻ってくるまでの15分間、食べるのを我慢できたら、帰ってきたときにマシュマロを もう1つあげます。

食べてしまった場合は2つ目はないよ」と告げて、部屋を出ました。

目の前のマシュマロを食べたいけれど、「我慢して もう1つマシュマロをもらいたい!」「でも、今すぐ食べたい......」と子ども達は悶絶しつつ抵抗しますが、結果的には最後まで我慢してマシュマロに手を付けなかった子どもは約3分の1ほどだった」

「その後、ミシェル博士は我慢できなかった子どもたちと、我慢して もう1つマシュマロをゲットした子どもたちの2つの対照群を追跡調査したところ、我慢できた子どものグループの方が、その後、学校で「優秀」と評価される人が相対的に多く、大学進学適正試験(SAT)の平均で210点も高いことが分かりました。

さらに、この我慢強さ、すなわち自制心の強さは生涯にわたって続くことが分かり、将来の社会的成功に大きくつながることが判明しました」

「自分の欲望を抑えることは「セルフ コントロール」と呼ばれ、訓練によって鍛えられることが分かっています。

マシュマロ・テストの結果から、セルフ コントロールの重要性が認識され、人生で成功を収めて欲しいと願って子育ての中でセルフコントロールの訓練を取り入れる親は多いそうです」

「2014年にジョージア大学のジーン・ブロディ博士は、マシュマロ・テストに関する興味深い実験結果を発表しました」

「訓練によってセルフ コントロール能力を高めることは確かに社会的な成功につながりやすいが、同時に細胞の老化を早め健康を害する危険性がある」

「ブロディ博士は、約300人のアフリカ系アメリカ人の17歳の学生を対象に、セルフ コントロール能力を調べました。

セルフ コントロール能力の高さを測る指標としては、学生たちのボランティア活動への積極性、感情の浮き沈み、攻撃性、薬物使用の有無などが採用されています。

ブロディ博士は同時に、学生たちが成長し22歳になった時点で、血液を採取してDNAメチル化の程度を測定することで、年齢に比べて細胞が若いのか老化しているのかを調べました。

すると、比較的豊かで家庭環境に恵まれていた学生は、セルフ コントロール能力が高いほど、すなわち自制心が強いほど細胞が若いことが分かりました。

しかし、貧しく生活が苦しい家庭環境の学生は、反対にセルフ コントロール能力が高いほど、すなわち自制心が強いほど細胞が老化しているという驚くべき傾向が明らかになった」

「貧しく生まれた人は努力して自制心を身につけることで成功を手にするのと引き替えに健康を失うという可能性があります。

この結果は、豊かに生まれた人の場合、自制心を培うことで社会的に成功した上により健康的になり得るということに比べると、残酷なものと言えそうです」などの記述があります。

子どもが将来 社会的な成功を収めるために必要なこと とは?

高所得者は低所得者の5倍も歯のケアをしている
同記事に「虫歯があるかどうかの差は所得だけではなく、人種によっても差があることが わかっています。

所得が約260万円以下である20~44歳のアフリカ系アメリカ人が虫歯になる割合41.4%で、これは同年代・同所得層の白人が虫歯になる割合の約2倍とのこと。

また、同じカテゴリのヒスパニック系の人々が虫歯になる割合は35%で、アジア系アメリカ人が虫歯になる割合は白人の約半分となっています」などの記述があります。

大型ショッピングモールの撤退で残された町は どうなるか?

大学の学位と収入の間に どれぐらい関係があるのかをグラフ化

40歳以上で週25時間以上働くと認識能力に悪影響

ダイヤモンドより、モアッサン石が宝石として優れている理由

どんな言葉を使うかで,ストレスに対する隠れた反応が明らかに
同記事に「人間が使用する言葉の変化から、「生理的なストレスを明らかにすることができる可能性がある」ということをアメリカ科学アカデミー紀要に掲載された研究結果が明らかにしています。

研究では、無作為に収集されたオーディオクリップの中から特定の言葉を追跡することで、ストレスに関連する遺伝子発現の変化を見つけることに成功し、発声パターンを解析することで話者本人によるストレスレベルの評価よりも正確に生理的変化を予測することに成功しています。

困・トラウマ・社会的隔離など、劣悪な生活環境は健康に甚大な影響をもたらし、心臓病から認知症に至るまで、さまざまな慢性疾患のリスクを高める可能性を持っています。

こういった問題の生物学的メカニズムを解明しようとしたところ、劣悪な生活環境を経験する人は、免疫系の細胞の遺伝子発現に広範な変化を経験することが発見されました。

例えば、炎症に関連する遺伝子は より活発になり、抗ウイルス遺伝子は抑制されるそうです。

これらの生物学的変化は、脅威に対して体が進化的反応をみせた結果であると、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の遺伝子学者であるスティーブ・コール氏は語っています」

「人間は意識的に名詞や動詞などを使いますが、研究者によると代名詞や形容詞などは「より自動的に使われ、話し手の状況について少しだけ わかりやすく示してくれる」言葉であるとのこと。

そしてメール氏によると、例えば個人的な危機に直面した時や、テロ攻撃を受けた後に、人は代名詞や形容詞などを多く使うようになるそうです。

さらに その後、「被験者が発した言葉」と「逆境に影響を受けることが知られている50個の遺伝子の白血球における発現」を比較しました。

すると、ストレス・うつ病・不安を感じたとする自己申告よりも、代名詞や形容詞の使用頻度を参考にする方が有意に遺伝子発現を予測することができることを発見しています。

ストレスの多い遺伝子発現を持つ人は、全体的に口数が少ない傾向にあるそうです。

しかし、研究によると「本当に」や「信じられないほど」といった副詞を多用するそうで、「感情的な増強剤」として副詞を多用するのかもしれない、とのこと。

また、「彼ら」などの複数の第三者を示す代名詞を使用する頻度が減るそうです。

これは、自分自身が脅威にさらされている際は自分以外の他人に意識がいかなくなるからでは、と推測されています。

このアプローチはストレス関連疾患を発症するリスクのある人々を特定するのに役立つ可能性が示唆されています。

もしも このアプローチを応用することになれば、医者は患者が「何を話すか?」だけでなく「どんな言葉を使ったか?」まで しっかり聞く必要性が出てくるかもしれません」などの記述があります。

2030年には最大8億人がロボットに職業を奪われる

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


貧しい20歳、一生貧しい可能性も

レコード チャイナ 」サイトより


肌の皺と老化。最大の敵は「お金の心配」
同記事に「数あるストレスのなかでも、経済的にハードな暮らしほど、人の老化を早めてしまうものはないという衝撃的な研究結果が発表されました」

「このほど電子ジャーナルの「Research on Aging」に掲載された新論文によると、さまざまなストレスが人の外見に及ぼす影響を調べるため、228名の男女を10年にわたって追跡調査。

19名の審査員に客観的な判断を仰ぎつつ、それぞれの調査対象者が何歳に見えるかの総合評価を求めました。

その結果、激しいストレスを経験した人ほど、実年齢よりも老けて見える傾向があることがわかりました。

さらに、経済的なストレスに苦しんだ調査対象者層の老化が極めて早いことが判明しました。

調査期間中に財政面で厳しい生活苦を経験したグループは、あまり お金の心配がない暮らしを送ったグループと比較して、平均すると10年も老けて見えるとのデータが明らかにされています!

今回の研究チームを率いた、Brandeis Universityの心理学部のMargie Lachman教授は、このようなコメントを発表しています。

金銭的に大きなストレスを経験している人は、容姿に気を配る余裕などないのかもしれない。

ストレスそのものが老化のプロセスを加速させている可能性も否定できない」などの記述があります。

無知な自分は,どう動くべきか...猿は知識不足を自覚し行動する

ギズモード・ジャパン 」サイトより


「貧しくても食事より娯楽」に宿る貧困問題の本質 - 1
同記事に「貧困というものが「他人事」ではなく「自分事」として感じられるようになる――それが本書を読み終えた最初の感想であった。

本書で扱われる事例は、東南アジアやアフリカ諸国のような、いわゆる発展途上国のものが中心である。

貧困の現状が どのようなものなのか、その解消に向けて どのような手段が講じられており、その限界が どこにあるのかが、様々な事例とともに網羅的に解説されている。

重要なのは、一面的な貧困のイメージに とらわれることなく、何が貧困を生み出し維持しているのか、その実態を正しく認識することだと著者は言う。

そのうえで、先進国と呼ばれる国に住む「私たち」と、発展途上国に住む「彼ら」の違いが果たして どこにあるのか、改めて私たちに問いかける。

貧困にあえぐ人々は情報不足、弱い信念、問題の先送りといった欠点を抱えているとされるが、実際のところ、先進国の人々の大半も大した知識や信念など持っていないし、問題も先送りにされる一方である」などの記述があります。

「貧しくても食事より娯楽」に宿る貧困問題の本質 - 2

「貧しくても食事より娯楽」に宿る貧困問題の本質 - 3
同記事に「幼少時の栄養不良が、成人後の社会的成功に直接影響を及ぼすとする調査結果は多く存在する。

カロリー摂取量は必要以上に増やしても生産性に大きな影響を及ぼさないが、栄養摂取の改善は子どもばかりか、成人に対しても劇的な効果を上げる場合がある。

1つ例を挙げると、鉄分を強化した魚醤を与えられた人々は、いつもより厳しい仕事も こなせるようになったという。

鉄分を補給したことで、貧血症による低酸素血症や虚弱体質、倦怠感を解消できたからだ。

素晴らしいことに、このことによる生産性の増大は、鉄分を強化した魚醤を1年間支給するコストを あっさりと回収し、何倍もの利益を生み出した。

このように、きちんと栄養を摂取することで、当人は もちろん、その子どもたちも大きな成功を収めることが期待できるのだが、現実では多くの人が それを実行に移すことはない。

葉野菜や雑穀をたくさん買い、栄養バランスを整えれば、簡単にカロリーや栄養素を取り入れることができるにもかかわらずだ」

「必要な栄養素が たとえ簡単に手に入ったとしても、人々が それらを取り入れる食事をするとは限らない。

これには さまざまな要因が考えられる。単純に栄養状態が良好になれば生産性が高くなるということを知らないからかもしれないし、いきなり食事を変えろといわれても、なかなかそのアドバイスが信用できないからかもしれない。あるいは、その効果が すぐには実感しにくいからというのも理由として考えられるだろう。

だからこそ、貧困層の人々は栄養価で選ぶのではなく、美味しさを基準に選ぶのである。

また、食べ物よりも他の物が優先されるという場合もある。開発途上国に住む貧困層の人の多くは、メンツを失いたくないという事情もあり、結婚式や洗礼式、葬式などに大金を使う傾向がある。

加えて、娯楽が食糧よりも優先される場合も少なくない。

こんなことがあった。モロッコの外れにある村に住んでいる男性に、もっと お金を持っていたら何をするかを尋ねた。答えは もっと食べ物を買うというものだった。

さらに お金があったら何をするかを尋ねると、もっと美味しいものを買うと答えた。

質問した著者たちは彼と その家族を気の毒に思ったが、ふと部屋を見てみると、テレビやパラボラアンテナ、そしてDVDプレイヤーがあることに気づいた。

もし家族の食べ物が足りないと感じているなら、なぜ そのような娯楽品を買うのかと尋ねると、その男性は笑いながら「いや、だってテレビは食べ物より大事でしょ!」と話したという」などの記述があります。

「貧しくても食事より娯楽」に宿る貧困問題の本質 - 4

「貧しくても食事より娯楽」に宿る貧困問題の本質 - 5

ダイヤモンド・オンライン 」サイトより


都道府県別 外国人 生活保護受給者数
同記事に「外国人 生活保護受給者数は7万4386人で、在日外国人100人あたり、3.56人が生活保護を受給している計算になる。

これは外国人と日本人を含めた生活保護受給者数の1.67人よりも高く、在日外国人の生活保護受給率は日本人よりも高いと言える。

外国人生活保護受給者が最も多いのは大阪府で、在日外国人100人あたり8.37人。

2位以下は京都府、兵庫県、和歌山県と関西が上位を占めている」

「分布図を見ると関西を筆頭に西日本で受給率が高く、東日本で低い」などの記述があります。

新・都道府県別統計とランキングで見る県民性 [ とどラン ] 」サイトより


どんなに稼げるようになっても、貧しかった記憶は消えない

お金持ちは孤立するというアメリカの研究結果

つまらない会議の経済損失は4兆円----アメリカで調査

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


女性の がん死者、2030年までに年間550万人に 報告書 - 1
同記事に「米国がん協会の世界保健部門を統括するサリー・コーワル(Sally Cowal)氏は、女性の がん死の大半が若年成人期と中年期に起き、家庭と国家の経済に重い負担がかかると指摘した」などの記述があります。

女性の がん死者、2030年までに年間550万人に 報告書 - 2
同記事に「がんの患者と死者が最も大きく集中しているのは東アジア地域で、2012年には患者170万人、死者100万人を記録した。この数字の大半は中国で発生したものだった」

「治療とケアにかかる費用と労働生産性の損失などを含む、男女両方の がんによる世界の経済的負担額は、2009年に約2860億ドル(約29兆7000億円)に上った」などの記述があります。

米の最富裕層、最貧困層より15年近く長生き 大規模調査

米NY、最貧地区とウォール街周辺の平均寿命の差は11年

IMFの財政緊縮策、子どもの健康に悪影響

先進国の子どもの5人に1人が「相対的貧困状態」 ユニセフ

米NYで小学生のホームレス急増、7人に1人の恐れも 報告書

貧しい人々も平等に、でも平等すぎは だめ?

必須医薬品、低所得国でも1人 月100円の負担で提供可能

金融危機の影響で、がんの死者数50万人増加か 英研究

米黒人男性、貧困で死亡リスク3倍近くに

英企業の2割が業務の国外移転検討 EU離脱,産業界にも激震

都市から地元住民が消える、バルセロナが鳴らす警鐘 - 1

都市から地元住民が消える、バルセロナが鳴らす警鐘 - 2

中国の経済成長は不幸せの種?

インド、児童労働を一部認める法案可決

母乳で3000億ドルの経済損失回避、賢く高収入の子ども育つ
同記事に「より多くの赤ちゃんに より長期間にわたり母乳を与え、賢く高収入の子どもを育てることで、世界で年間 約3000億ドルの経済損失を防げるとの研究論文が、英医学誌ランセット(Lancet)に発表された。
論文はまた、年間80万人以上の子どもと約2万人の乳がん患者の死を回避できるとしている。

論文執筆者の一人、ブラジル・ペロタス連邦大学(Federal University of Pelotas)のセザール・ビクトリア(Cesar Victora)氏は、「母乳は、富裕国も貧困国も同様に、あらゆる国で命と お金を救う」と述べている」

「論文は、母乳は平均寿命を「劇的」な向上に導くと結論づけている。

高所得国では、幼児の突然死のリスクを3分の1以上低下させ、中低所得国では、下痢症状の約半数と呼吸器感染症の3分の1以上を減らせるという。

合計すると、毎年 約80万人の子どもの命を救えることになる。

声明では、「知能も増す」とされており、研究で実施されたモデリングでは、母乳を与えないことが原因の認知力の低下による2012年の世界経済の推計損失額は、3020億ドルに達した」などの記述があります。

両親の険悪な離別、子どもの健康に長期の悪影響か
同記事に「両親の争いを伴う離婚や別居を経験すると、その副次的な影響が子どもの健康に数十年にわたって害を及ぼし続ける恐れがあるとの研究結果が2017年6月5日、発表された」

「実験の結果、両親が離婚して何年も互いに口も聞かないような状況を経験した被験者グループでは、両親が別れても子どもの成長に伴って連絡を取り合っていた被験者グループに比べて、風邪を罹患(りかん)する確率が3倍 高かった。

過去の研究でも、子どもの頃に両親の離婚を経験した成人には、病弱になりやすいリスクがあることが示されている。

論文によると、この病気リスクの上昇は、ウイルス感染に対する炎症反応の増大に少なくとも部分的に起因することを、今回の最新研究は明らかにしたという。

米カーネギーメロン大学(Carnegie Mellon University)博士課程修了研究員(心理学)のマイケル・マーフィー(Michael Murphy)氏は「若年期のストレスの多い経験は、不健康と慢性病のリスクを高める生理過程と炎症過程に影響を及ぼす」ことを説明。

今回の研究が「子ども時代の家族ストレスが、20~40年後に その子どもの病気のかかりやすさに どのように影響するかを理解するための第一歩」となると述べた。

また、離婚後も両親と連絡を取り合っていた被験者グループが風邪を引く確率については、両親がいる家庭で成人した被験者グループと同程度であることが、今回の研究では分かった。

論文共同執筆者のシェルドン・コーエン(Sheldon Cohen)教授(心理学)は「幼少期の家庭争議の長期的な悪影響をもたらす重要な要因の一つが免疫系であることを、今回の研究結果は示している」と指摘する。

そして、「すべての離婚が同等であるわけではなく、離婚が その後の子どもの健康状態に及ぼす有害作用が、両親間で連絡を取り合い続けることで緩和されることを、研究結果は示唆している」などの記述があります。

OECD諸国、15歳の4人に1人が学力不足
同記事に「経済協力開発機構(OECD)は、加盟34か国で15歳になるまでに読解力、数学、科学の いずれかで十分な習熟度に到達できない生徒の割合が、全体の4分の1余りに上るとした最新の調査報告を公表した。

OECDが公表した2012年国際学習到達度調査(PISA)の結果によると、調査に参加した加盟諸国を含む64の国・地域に暮らす15歳の生徒のうち、約1300万人が いずれかの分野で十分な学力を満たしていなかった。

一部の国では、学力不足の生徒の割合が半数に上っていた。

OECDは、学校で成績不振対策を取れば、かかる経費以上の利益が その国に生まれると指摘」

「将来の経済の健全性に対する危険は過小評価してはならないとも警告。

15歳の時点で成績が悪い生徒は学校を中退するリスクが高く、人口の大多数が基礎的なスキルを身につけていなければ「長期的な経済成長が ひどく損なわれる」などの記述があります。

学歴は ある程度遺伝子で決まる、研究結果

「極度の貧困」7億6700万人、世銀2013年データ

運動不足による健康問題、経済損失 年間7兆円に

仏で「つながらない権利法」施行、働き方は変わるか - 1

仏で「つながらない権利法」施行、働き方は変わるか - 2

仏で「つながらない権利法」施行、働き方は変わるか - 3

死刑執行人の求人に50人以上応募、失業率9割超のジンバブエ

喫煙による世界の経済損失、年間160兆円以上
同記事に「喫煙が世界経済に与える損失が2012年に年間1兆4000億ドル(約160兆円)以上に達し、また医療費の20分の1が喫煙の影響によるものだとする研究結果が2017年1月31日、発表された」

「損失額のうち治療費や入院費が4220億ドル(約48兆円)を占め、疾病や死亡で労働力が失われることなどによる間接的なコストも含まれている。

医学誌BMJ発行の専門誌「タバコ・コントロール(Tobacco Control)」に掲載された論文は、「喫煙は全世界に大きな経済的負担を課しており、特に たばこが最も普及している欧州と北米で顕著だ」と指摘。

さらに「これらの損失に取り組むため、各国による強力な たばこ規制策の実施が急務であることを、今回の研究は浮き彫りにしている」と述べた。

論文の執筆者らによると、今回の研究では喫煙による世界の総損失額をより正確に推計するため、従来の富裕国に加え、初めて低・中所得国も対象に含まれた。

世界の喫煙者の97%を占める、アフリカ、南北アメリカ大陸、地中海(Mediterranean Sea)東岸、欧州、東南アジア、西太平洋地域の152か国のデータを分析した」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


喫煙は年130時間のムダ「健康と生産性」の関係 - 1

喫煙は年130時間のムダ「健康と生産性」の関係 - 2

喫煙は年130時間のムダ「健康と生産性」の関係 - 3

喫煙は年130時間のムダ「健康と生産性」の関係 - 4

喫煙は年130時間のムダ「健康と生産性」の関係 - 5

プレジデント オンライン 」サイトより


「親が貧しい子」は勉強で どれだけ不利なのか - 1

「親が貧しい子」は勉強で どれだけ不利なのか - 2

「親が貧しい子」は勉強で どれだけ不利なのか - 3

弁護士が語る、1万人の人生から わかった強運な人の共通項 - 1
同記事に「1万人もの人生を見てきた私には わかるのですが、世の中には、たしかに運の良い人と悪い人がいます。

たとえば、運の悪い人は、同じようなトラブルに何度も見舞われます。

同じ人が同様のトラブルで、何回も私のところに相談に来るのです。何度も同じような争い事を繰り返す人は本当に多いものです」などの記述があります。

弁護士が語る,1万人の人生から わかった強運な人の共通項 - 2
同記事に「そうかと思えば、まったく逆の人もいます。別にトラブルというのではなく、商売などに関連した法律相談のために事務所に来るのですが、やはり何度も繰り返していらっしゃる。

そして、来るたびに、会社は大きくなっているのです。こちらは、運が良いとしか言いようがありません。

この「運が良い、運が悪い」は一言でいえば、それまでの その人の生き方の反映です。

運のいい人は、運が良くなるような生き方をしているのです。

皆さんに幸運をつかんでいただくために、このたび上梓した『1万人の人生を見たベテラン弁護士が教える「運の良くなる生き方」』から、運を良くするための経験則を ご紹介します」

「大勢の人々を見ていて気づいたのは、「良い人の周囲には良い人ばかり」なのに、「悪い人の周りには悪い人ばかり」という不思議な事実です。

周りに気を使い、当然のように他人を助けている「良い人」がいらっしゃいます。

そうした人は、たとえば事業の法律相談などで来るのですが、周囲には やはり同じような「良い人」が何人もいらっしゃるものです。

「朱に交われば赤くなる」ということわざがありますが、良い人と付き合っていれば、自然と周りが良い人になります。

周囲が良い人ばかりですから自然とトラブルが少なくなります。しかも、困ったときには助けてくれるような人ばかりですから安心です。

のびのびとした気持ちで仕事に打ち込めますし、必要なときには必要なサポートを受けやすいので、成功を収めやすいようです。

常日頃から気分よく生きていけるだけでなく、仕事もうまくいくわけです。

つまり、良い人と付き合っていると、とても幸福な人生になるわけです。そんな例を たくさん見てきました。

◆「悪い人」と付き合わない

反対に、依頼者でも相手方でもそうですが、しょっちゅう争い事を起こしている人には、他人を陥れても自分だけが得をしたいという「悪い人」が よくいます。

そんな人の周りを調べてみると、やっぱり同じようなタイプの「悪い人」が ぞろぞろいるものなんです。

良い人の場合とは逆に、悪い人と付き合っていると、自然と周りに悪い人が集まってくるのでしょう。

そうすると、争いが絶えず、しょっちゅう だまされたり傷つけられたりします。

心は すさんで、いつも警戒や不安で いっぱいになります。

イヤな気分で ずっと過ごしているうちに、ストレスで体を壊しやすくなってしまいます」などの記述があります。

弁護士が語る,1万人の人生から わかった強運な人の共通項 - 3
同記事に「悪い人と付き合っていると、不幸な人生になってしまいます。

運を良くしたいのなら良い人と付き合う。これが、ベテラン弁護士としての経験則です」

◆「争わない」生き方のすすめ

また、弁護士が このようなことを言うのは意外に思われるかもしれませんが、47年間にわたり1万人以上の人生を見て つくづくと感じるのは、「争っても、いいことは何もない」ということです。

なぜなら、争うことで運が悪くなるからです」

◆良いことをすると運が良くなる

「昔から「情けは人の為ならず」といわれてきました。

残念ながら今は、「人に情けをかけると、甘やかすことになって良くない」と誤解されていることも多いようです。

でも、ご存じのように、本来の意味は まったく逆です。

「情けをかけるのは他人のためではなく、自分のためだ。なぜなら、他人に情けをかけると、回り回って、自分のためになるからである」これが本当の意味です」などの記述があります。

弁護士が語る,1万人の人生から わかった強運な人の共通項 - 4
同記事に「自分のためになるのだから、どんどん、他人に優しくしなさい」ということわざです。

つまり、人の役に立つことをすると運が良くなるという意味になります。

私の経験則からいっても、これは まったく正しいと思います。

しかし、「それは きれいごとで、現実には あてはまらないのでは?」と思われる方もいるかもしれません。

現実の社会を見ると、人の役に立つどころか悪いことばかりしている人間が、お金持ちになったり出世したりしているように見えることも多いでしょう」

「たしかに、悪賢く立ち回って成功している人は たくさんいます。しかも、そんな人は派手に ぜいたくをしがちですから、目立ちます。

ですから、世の中にいる成功者は、そんな人ばかりなんだと思われるかもしれません。

けれど、普通の人たちは、「うまくいった」という話ばかり聞かされがちです。

その後どうなったかはフォローしませんし、あまり耳に入ってこないから、少々錯覚されていることが多いと思うのです」

「結論をいえば、悪いことで得た成功は長続きせず、すぐに不幸になってしまうようです。

事業で失敗して弁護士に相談に来る人の多くは、実は ほんの少し前までは成功者だった人たちなのです。

頭を使って うまく おカネを儲けたり出世したりしたのに、その成功は長続きせずに、しばらくして失敗し、窮地に追い込まれる場合が非常に多いのです。

そのことを、弁護士は よく知っています」

「悪いことをして得た成功は、長い目で見れば一瞬だけのことです。

本当の幸運は、一瞬だけでなく、長い目で見ないと わかりません。

悪いことで成功を得た人の末路を数多く知る弁護士のいうことです。どうか、参考に なさってください」などの記述があります。

東洋経済オンライン 」サイトより


【関連記事】


幸福度の世界地図

ラドンの世界地図

平均寿命の世界地図

世界の健康寿命

感染症対策・世界分布

遺伝子


世界競争力報告 ( The Global Competitiveness Report )
The Global Competitiveness Report 2011-2012 (英語)

World Economic Forum (WEF) 」サイトより (英語)



日本は、ビジネスの高度化、技術革新、研究開発、顧客重視、生産効率などでトップと高い評価を受けています。

国民総文化力/国民総魅力( GNC:Gross National Cool )
アメリカのジャーナリストDouglas-Mcgray氏が提唱するGNC ( Gross National Cool )において日本が世界一と評されました。


Japan's Gross National Cool (英語)

Foreign Policy 」サイトより (英語)



日本文化が世界に浸透することにより、その地域の文化度や魅力を増すことにもつながり、観光資源がもたらす観光関連の波及効果などが見込めるなど、経済面でのメリットも期待できます。


【関連記事】


日本人街・経済特区


国家ブランド指数 ( Nation Brands Index )


「アンホルトGfKローパー国家ブランド指数」は毎年50か国の指数が公表される。調査対象国の50か国は、地域間の比較検討、および政治制度や経済制度の相違を明白にするという意図で、政治的、経済的重要度を基に選出された。

Nation branding (英語)

Wikipedia 」サイトより (英語)



ブランド力の高い国民が移住することにより、国家のブランド力も高まります。しかし、現状は自国に比べ、ブランド力が低い国からの移住を多く受け入れ、そのため結果的に自国のブランド力を低下させている国が多数存在します。国益や国家のブランド力の向上という観点から移民政策をみたときに、新しい移民政策の方向性が見えてきます。


【関連記事】


移民政策


Country Brand Index( 旅行・観光分野における国別ブランド評価 )

Country Brand Index (英語)

FutureBrand 」サイトより (英語)


日本の政府開発援助の世界地図( ODA : Official Development Assistance )

日本が最大の援助供与国となっている国54か国(2000年)

[ 出典 ] 日本のODAについて

外務省 」サイトより



JBIC 国際協力銀行 」サイト


外務省:国際協力 政府開発援助 ODAホームページ 」サイト

日本は これまでに189の国や地域に約32兆円ものODAを拠出しています。



「人口減少社会」あなたが知らないニッポンの真実 1

「人口減少社会」あなたが知らないニッポンの真実 2

「人口減少社会」あなたが知らないニッポンの真実 3
同記事に「2055年には国民の40・5%が高齢者になります。これは人口減少以上に深刻な問題です。生産年齢人口が減って、高齢者が激増するということは、現役世代が負担する社会保障費も大幅に増やさざるをえなくなるということであり、現在の福祉制度は成り立たなくなります」などの記述があります。

「人口減少社会」あなたが知らないニッポンの真実 5
同記事に「医療関係者は高齢者が増えることに不安を隠さない。現在でも患者が多すぎるぐらいだから、人口が減ることは問題ではない。しかし、高齢者の割合が高まり、かつ彼らを診療・ケアする若い人材が不足すれば、病院はパンクしてしまう。病院関係者からこんな危惧の念が聞かれるが、医療・看護関係の人材不足は日々深刻化している」

「日本では、人口減少社会が そこに迫っているというのに、いまだに いたるところで(人口減少の始まっている町でさえ)高層マンションの建設が相次いで進められている。「100年は持つ高層マンション」などと謳っている物件も多いが、100年後には誰が住んでいるのか。誰も住んでいないのに、それを取り壊す費用もない、そんな薄汚れた摩天楼が聳え立つ様は、さぞかし不気味なことだろう」などの記述があります。

「人口減少社会」あなたが知らないニッポンの真実 6
同記事に「人口問題が深刻化すると、経済、産業も大きな影響を受けるのは間違いない。場合によっては、日本経済の壊滅もありうる」

「シャッター商店街は、もう珍しい風景ではなくなった。この風景が日本中に広がるだろうという予測だが、商店街の死は、町そのものの活気や生気を奪いとり、自治体の機能低下・活力低下に拍車をかける。"日本の壊死"は、足元から じわじわと進んでいる」

「国内に生き残りの道がないなら、日本の企業は海外に逃げだすことを模索するだろう。体力のある企業は、労働力不足と内需の低下を見越して、国内投資ではなく海外投資を積極的に行っています。これからは、そうして海外に軸足を置く企業がどんどん増えていくはずです」などの記述があります。

現代ビジネス [ 講談社 ] 」サイトより


破綻国家指数
破綻国家指数とは、米国の調査・研究機関ファンド・フォー・ピースと外交専門誌フォーリン・ポリシーが、2005年から毎年12の指標をもとに各国の安定性を数値で表したもので、算定基準となる12の指標は、他国の介入・首脳部の分裂・国家安全保障の崩壊・人権の侵害・公共サービスの悪化・国家による非合法活動・経済の衰退・不均等な開発・恒常的な人口流出・集団による報復行為や抗議行動・難民や国内避難民・人口圧力です。


【関連情報サイト】


Foreign Policy 」サイト (英語)


Failed States Index (英語)

Wikipedia, 」サイトより (英語)


【関連記事】


日本壊滅地震で世界危機
( 超東海地震が未曾有の世界危機を招く理由とは。個人の海外移住と企業の海外進出が世界を救う!その理由とは )


腐敗認識指数
腐敗認識指数

ウィキペディア(Wikipedia) 」サイトより


賄賂による世界経済への損失、年に220兆円―国際通貨基金

レコード チャイナ 」サイトより



社会的格差は「歯」に現れる:米英の比較調査

航空機内の「社会格差」は暴力的行動につながる

Wired.jp 」サイトより



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ緻密な情報、厳選リンクも満載