【社会】経済事情・交通事故率・平均寿命など社会に関する国別基本情報

海外移住と遺伝子



旅に出たくて たまらないのは遺伝子のせい?
同記事に「生活情報サイト「Bit of News」でXiao Xu氏が発表した目から うろこが落ちるような記事によると、」

「1999年に、カリフォルニア大学アーバイン校の4人の科学者が『世界の人口移動とドーパミンD4受容体(DRD4)対立遺伝子頻度のバリエーション(Population Migration and the Variation of Dopamine D4 Receptor (DRD4) Allele Frequencies Around the Globe)』と題する論文を発表しました。

この論文は移住パターンと有史以前の人類の遺伝子プールの配列を探ることになりました。

もともとはドーパミン受容体D4(DRD4)と注意力欠如障害との関連性を調べる研究でしたが、研究を進めていくうちに、別の不思議な関連性が発見されたのです。

それは、DRD4遺伝子がある人はスリルを求める性質と放浪癖を持つ傾向があるということです」

「リスクを恐れぬ少数の冒険家たちが世界中に入植したと説明しています。

有史以前、ほとんどの人は自分が生まれたところから離れずに生きる人生でした。

きわめて少数の人間だけが「さて、この海/山/灼熱の砂漠の向こうには いったい何があるんだろう」と大胆にも思いを馳せて、未知の世界に繰り出したのです。

世界中の大陸を発見したのも、世界地図の ほとんど すべてのところに人間が住みつけるようにしたのも、この少数の人たちでした。

現代の旅行好きの人たちは、きっと大昔は放浪の民だったであろう、そうした少数の冒険者たちの子孫かもしれないと考える根拠を科学が実証しているとXu氏は結論づけています」などの記述があります。

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


遺伝子と海外移住の不思議な関係 (PDF:366.767KB)

Go Australia Visa Consultant 」サイトより


世界には2種類の人間がいる!人が旅に出るのはDNAが関係

マイナビ学生の窓口 」サイトより


世界人口の20%が かかっている「病気」ワンダーラストとは?
同記事に「頭が おかしくなるほど旅に出たくてたまらない!」

例えば友達が こう言ったとき、あなたは それに共感できますか?

答えが「YES」なら、あなたも お友達もWanderlustという「病気」にかかっているかもしれません。

ドイツ語がルーツになっている「ワンダーラスト」とは、「旅への渇望」という意味を持ち、旅せずにいられない旅心を指しています。

この「旅への渇望」の原因 は、一体どこにあるのでしょうか? 家族や教育の影響など、様々な説がありますが「ひょっとすると遺伝子のせいではないか?」と、研究者たちが「ワンダー ラスト遺伝子」の存在を語っています」

「<ワンダーラスト遺伝子の真相>

心理学の情報サイトPsychologyblogaimeeによると、ワンダーラストは「DRD4-7R」という遺伝子に左右されるそうです。

DRD4-7Rは中枢神経系に存在する神経伝達物質のドーパミンと関係しているため、この遺伝子を持っている人は平均より好奇心が強く、常に そわそわする傾向があるのだとか。

では、どのぐらいの人が このDRD4-7Rを持っているのでしょうか?

研究によると、世界人口の20%程度と言われています。

そして、移民・移住の歴史をもっている国民ほど、この遺伝子を持っている確率が高いと1999年の心理学研究で発表されました。

地球上のヒトの祖先はアフリカで誕生し、その後 世界中に伝播していったと考えられていますが、チェン・チャウシン博士によるとアフリカから遠く伝播していった民族のほうがDRD4-7Rを持っている傾向が強いそうです。

また、National Geographic記者のデービッド・ドブス氏も この学説を支持しており、DND4-7Rを持っている人はリスクが好きで、挑戦心が強いため、新しい場所、食べ物、考え方や人間関係を探検する傾向があると述べています」などの記述があります。

ハフィントン ポスト 」サイトより



      ★ 更新情報|海外移住の地図帳


このページに「ふりがな」(ruby)を付ける

ひらがな めがね 」サイトより


遺伝子と大気汚染
大気汚染により3日でDNAが変質 (英語)
Pollution Can Change Your DNA in 3 Days,

同記事に「汚染された空気を吸い込むと、人間のDNAが損傷を受ける恐れがある。

わずか3日で遺伝子が組み換えられたり、癌(がん)などの病気の発生率が上昇したりするというのだ」

「研究チームによると、普通の空気を吸っている都市生活者でも同じような損傷を受ける危険性があるという。

大気中に漂う細かな"ちり"や、金属粉、"すす"といった粒子状物質は肺に滞留する場合があるが、これらの物質は呼吸器系疾患、肺がん、心臓病などを引き起こす可能性が指摘されている。

「粒子状物質の吸入が どのように作用して健康被害が生じるのか。その仕組みは まだ解明が進んでいない」と、イタリアのミラノ大学に在籍し、今回の研究のリーダーを務めたアンドレア・バッカレリ氏は説明する。

しかし、粒子状物質を吸っていた作業員のDNAが、メチル化率の減少で損傷を受けていたことは確認された。

メチル化とは、遺伝子が異なる化学基に結合される生体内作用を指す。

化学基が減少するということは、体の定期的な修復にとって重要なプロセスである遺伝子の発現(タンパク質の生成)が減少するということである。

今回の研究で観察されたような遺伝子グループの縮小は、肺がん患者の血液から抽出したDNAでも見つかっている。

今回の研究では、作業員の血液は週明けの朝、つまり粒子状物質を大量に吸い込む前に採取され、数日後にも 再び採取された。

アメリカのカリフォルニア州サンディエゴで開催されたアメリカ胸部疾患学会国際会議で、研究成果を発表したバッカレリ氏は次のように説明する。

「2つのサンプルを比較したところ、腫瘍を抑制すると考えられている4つの遺伝子のメチル化に大きな変化が確認された」

「研究チームは、都市生活者にも同じ損傷が発生する可能性があると推測している」

「バッカレリ氏が以前に行った調査では、アメリカのボストンに住む高齢者が、粒子状物質を吸い込んだことによりDNAの損傷を起こしていた」

「アメリカにあるオレゴン健康科学大学の医学教授で、アメリカ胸部疾患学会の元会長でもあるジョン・へフナー氏は、第三者の視点から次のよう解説する。

「新 しい研究により、粒子状物質の吸入と肺がんの間に強い関係があることが確認された。

粒子状物質の吸入がメチル化のプロセスを通じてDNAに影響を与えることは、ほかの研究者も証明している。

彼らの研究では、影響を受ける遺伝子が、肺がんの発達と関連している遺伝子であることが確認されている」などの記述があります。

National Geographic 」サイトより (英語)


喫煙後 数分で遺伝子損傷の危険
同記事に「たばこを わずか数回ふかすことで、数分以内に がんに関連する遺伝子損傷が起きる危険性があるとの研究結果が、2011年1月15日の米国化学会(American Chemical Society)の学術誌「Chemical Research in Toxicology(毒物学の化学研究)」に掲載された」

「研究チームは、喫煙者12人を対象に血流に含まれる、毒性のある多環芳香族炭化水素(PAHs)の1つ、フェナントレンの量を調べた。

PAHsは石炭を燃料にする工場や食品の焦げなどで見つかる物質で、フェナントレンは そのうちの たばこの煙に含まれている。

フェナントレンは「DNAに損傷を及ぼし、突然変異を発生させ、がんを発症させる危険性」がある。

報告書によると、調査では「研究者らも驚く結果が出た」という。

たばこの効果は「とても速く、血流に(有害)物質を直接注入するのと同程度」で、血流内のフェナントレン量は喫煙を終えてから わずか15~30分で最高値に達した。

この結果について、報告書は「この結果が驚くべきものなのは、フェナントレンがDNAに ただちに反応を及ぼして突然変異を誘発する物質で、たばこの煙に含まれる複数のPAHのうちの最大の発がん物質だとみられている」ことにあると説明した」

「世界で肺がんで死亡する人の数は、1日あたり約3000人。そのうち、喫煙に関連性のある死亡は90%に上る」などの記述があります。

胎児のDNA、妊婦の喫煙で変化 大規模調査で確認 - 1

胎児のDNA、妊婦の喫煙で変化 大規模調査で確認 - 2

AFPBB News 」サイトより


禁煙30年でもDNAに喫煙の「痕跡」- 1
同記事に「米国立研究機関の科学者などからなる研究チームは2016年9月23日までに、過去に たばこを吸っていた人の遺伝子には喫煙歴を示す痕跡が残り、一部は30年経っても消えないとの調査結果を発表した」

「学術誌「循環器系遺伝学」に2016年9月20日 掲載された論文によると、この研究は喫煙者と元喫煙者、非喫煙者の計 約1万6000人の血液標本を対象に行われた。

喫煙でDNA表面に変化が生じることを示す研究は既にあったが、今回の研究では影響を受ける遺伝子の種類の多さ、喫煙との相関の強さ、病気のリスクと関連する遺伝子を特定した点で成果があった」

「こうした「痕跡」はDNA表面の化学変化の形を取り、「DNAメチル化」と呼ばれる。遺伝子が機能するかどうかに影響を及ぼすという。

研究チームはゲノム上でメチル化が起きる場所を探し、2600箇所以上で喫煙者と非喫煙者の間に相違があることを確認。

その影響は人間の遺伝子の約3分の1に当たる7000以上の遺伝子に及ぶという」などの記述があります。

禁煙30年でもDNAに喫煙の「痕跡」- 2
同記事に「研究チームは、DNAが その人の喫煙歴を詳細に把握するためのツールとなり、心臓病や肺がんといった病気の危険因子を探る研究に役立つと考えている」

「別の専門家は、喫煙に関連するメチル化の一部は、肺機能や高血圧、循環器系疾患、慢性閉塞肺疾患(COPD)、肺がんなどに関与する遺伝子で見られたと指摘。

過去の喫煙による曝露(ばくろ)を特定する正確な新ツールが開発されれば、健康に及ぼす影響予測も改善できるとの見方を示した」などの記述があります。

CNN.co.jp 」サイトより


喫煙は精子を損傷、子孫のDNAに悪影響も

喫煙男性の発がんリスク、Y染色体喪失に関連

ロイター.co.jp 」サイトより


14歳の脳を見れば,将来タバコや薬物に溺れてしまうかが わかる
同記事に「薬物使用に関する問題行動については、新しいもの好きの「新奇探索傾向」を示すタイプにリスクがあることが すでに知られている」

「実験の結果、「14歳の時点で、期待される報酬に対して神経反応が少なかった新奇探索傾向型は、16歳の時点で薬物を使用する可能性が高いことが わかった」という。

具体的には、MID課題中に、中脳、背外側前頭前皮質、腹側線条体における神経活動が普通より少なかった少年たちは、16歳になってから薬物に関する問題行動を起こす可能性が高かった」

「今回の研究における「薬物使用に関する問題行動」には合法・違法のものが含まれており、喫煙や飲酒も当てはまる」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


【関連記事】


大気汚染の世界地図

ラドンの世界地図



生命の絶滅は確率1/2のコイントスゲーム - 1
同記事に「現在、地球生物学上、5回の大絶滅が知られています」

「ペルム紀末のものでは生物種の9割以上が絶滅しました。個体レベルで言えば全生命体の99%以上が滅んだという、徹底的な絶滅です。

こういった大絶滅の繰り返しの中で、この地球に歴史上存在した生物種の ほとんど全て(99.9%以上)は、既に絶滅してしまっています。

統計的に見れば、生物種の本質のひとつは「絶滅(いつか必ず滅びる)」であるとも言えるでしょう」などの記述があります。

生命の絶滅は確率1/2のコイントスゲーム - 2

生命の絶滅は確率1/2のコイントスゲーム - 3

生命の絶滅は確率1/2のコイントスゲーム - 4
同記事に「生命は、地球環境を相手に、まさに死ぬ(絶滅する)まで続くゲームをやっているのです。

そして、種として対応しきれない環境変化が起こったとき(=100回連続でコイントスゲームに負けたとき)、種は絶滅します」

「種の生き残りのための戦略は それゆえ、「多様性」となります」

「環境は どう変わるかわかりません。一族郎党みな揃って討ち死にしないよう、色々な「生き残り戦略」を試しているのです」

「そこでの鍵は「変化が起こる前から準備する」こと。

環境の激変が起こってからでは間に合いません。

将来に対して、「多様性」をもって備えなくてはいけないのです」などの記述があります。

ダイヤモンド・オンライン 」サイトより


【関連記事】


日本壊滅地震で世界危機

日本人街・経済特区



言語に関連する脳活動は、遺伝と環境の影響を同程度受ける

マイナビ ニュース 」サイトより


【関連記事】


世界の言語地図

言葉・文化



文化的・社会的な違いが遺伝情報としてDNAに刻まれている
同記事に「ヒトをはじめとする全ての生き物は生物的な遺伝情報をつかさどるゲノムを体内に持っています。

その情報は遺伝子の構造によって保持されていますが、実際には その働きは さまざまな要素によって影響を受けており、それらを含めた遺伝情報の発現はエピジェネティクスという分野で研究が進められています。

この分野で行われた研究からは、ゲノムの働きには人間の住んでいる社会や文化などの要素によって影響を受けているとしか思えない現象が存在していることが明らかになっています。

カリフォルニア大学サンフランシスコ校の科学者らによる研究チームは、DNAが持つ情報のうち、いわば情報の「注釈」に相当するDNAメチル化について詳細な研究を行いました。

DNAメチル化はDNAの配列の一部にメチル基が付着する現象で、ゲノム配列そのものには変化を与えることなく、遺伝情報が細胞の構造と機能に現れる「遺伝子発現」をコントロールするなどの働きがあります。

研究チームは、さまざまなラテン系民族の子どものグループを対象に、DNAメチル化の状態を調査しました。

その結果、メキシコ系とプエルトリコ系のグループの間で数百件の差異が確認されたのですが、その4分の3だけが祖先からの遺伝が原因として説明でき、残りは明確な原因が うまく見いだせなかったとのこと。

研究チームでは この差異について、異なる経験や習慣、住んでいる環境における環境暴露などによる「生物学的スタンプ」が反映されたものである可能がある、と指摘しています。

この発見は、民族の異なる集団における社会的、文化的、および環境的な要因が遺伝的特長に どのような影響を与え、医療などが健康に与える状況(健康アウトカム)の差を生みだすかを理解するのに役立つ可能性があると論文には記されています。

論文の共同執筆者で、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の准教授であるNoah Zaitlen博士は「これらのデータは、社会的概念としての人種および民族性と、生物学的概念としての遺伝的な祖先との相互作用が これまでに我々が理解していたよりも複雑なものであることを示唆しています。

医学的に見て、これらの要素は価値のある情報を与えてくれます」と語っています。

研究者や医療に たずさわる人々は、さまざまな人種や民族によって病気に罹患する割合や医薬品に対する反応が異なることを経験しているといいます。

また、標準的な臨床試験でも大きく異なる結果を示すこともあるとのこと。

人種や民族間における健康の差異は、異なる食事を食べたり、汚染が多少ある地域で暮らしたり、さまざまな貧困層を経験したり、タバコを吸う割合の違いなどといった要素によって、影響を受けている可能性があると指摘されています」などの記述があります。

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


【関連記事】


日本人街・経済特区



インフルエンザの重症化招く遺伝子、中国人の4分の1に

AFPBB News 」サイトより


10分で病原体の遺伝子を特定できる超小型装置が登場

ギズモード・ジャパン 」サイトより


【関連記事】


鳥・豚インフルエンザ

感染症対策・世界分布



次の疑似科学の舞台は「遺伝子」かも

科学を阻害する「(仮)トンデモ遺伝プライバシー法」

Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン) 」サイトより


トンデモ「研究」の見分け方・古代研究編

トンデモ「研究」の見分け方・中間目次

朴斎主頁 - 富山大学 人文学部 」サイトより


疑似科学と されるものの科学性評定サイト


エセ科学記事に騙されないために重要な12のポイント

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


カール・セーガンに学ぶ、物事を正確に見抜くテクニック

満月の夜は何かが起きる?錯誤相関に陥らないために

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


疑似科学

Wikipedia 」サイトより



緑藻の体内時計に赤/紫の光情報を伝える因子

乳がん は 肝臓の遺伝子発現の概日リズムを乱す

マイナビ ニュース 」サイトより


【関連記事】


資源分布の世界地図

世界の時間・時差



細菌感染症診断に向けた迅速なゲノム解析システムを開発

マイナビ ニュース 」サイトより


【関連記事】


衛生状態の世界地図

感染症対策・世界分布


【遺伝子・関連情報サイト】


ヒトの教育レベルが遺伝子上で劣化しているという研究結果

知能が遺伝するという事実に,私達は どう向き合うべきか?

ニューズ ウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より


細胞のDNA損傷を除去する技術を開発 - 老化防止に期待

親世代が得たストレスへの耐性などは子孫にも受け継がれる

広島大学、放射性感受性の個人差を規定する遺伝子変化を同定

iPS技術で がん関連遺伝子の働きを変えることが可能

iPS細胞から輸血用血小板を量産する製法を確立

がん診断に役立つゲノムのメチル化レベル簡易測定法を開発

老化防止のカギ解明、DNA修復力向上をマウスで確認
同記事に「マウスに放射線をあててDNA損傷を起こす実験でも、事前にNMNを与えておいたマウスではDNA損傷レベルが低くなることが確認された。

NMN処理したマウスでは、放射線によって引き起こされる血球数異常(白血球、リンパ球、ヘモグロビンなどの数の変化)も みられなかった。

このような放射線防護効果は、放射線の照射後にNMNを投与したマウスの場合にも認められたという。

NMN投与によってNADの量を回復できるという今回の結果は、環境放射線の影響や がんの放射線治療にともなう副作用などを抑える医療技術に応用できる可能性がある。

なお、NMNについては、今回と同じチームの以前の研究において、マウスの筋肉を若返らせたとする報告もある」などの記述があります。

細胞がDNAをコピーする際の失敗に対処する新たな仕組みを発見

京大、ミトコンドリア内 遺伝子発現を制御

DNAがバネとして働くことで細胞核の「強さ」が生み出される

オオノログを用いてアルツハイマー病の原因遺伝子を推定

寒冷地に住む人に多い痩せ型遺伝子

概日リズムや運動を制御する神経細胞内で働く遺伝子を同定

社会的順位が うつ様行動や脳内の遺伝子発現に影響する

遺伝研、「家畜動物が人に懐く理由」を解明

マイナビ ニュース 」サイトより


ゲノム編集で「がん細胞の分裂の抑制」に成功

遺伝子編集された免疫細胞で赤ちゃんの白血病治療に成功

脳をスキャンすれば知能が測定できる

ニオイや顔の形、歩き方で性格がわかる?

一人っ子は兄妹のいる人とは脳の仕組みが異なる?

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


植物が有する未知の遺伝子レベルのコミュニケーション手段(英語)

Virginia Tech News 」サイトより(英語)


両親は教育を通じて子供の頭を良くすることは可能か?(英語)

Florida State University News 」サイトより(英語)


なぜ、非富裕層は幸福感を簡単に忘れるのか? - 1

なぜ、非富裕層は幸福感を簡単に忘れるのか? - 2
同記事に「人間には急速に贅沢に慣れてしまうという「快楽順応」の能力があります。

たとえば、数億円の豪邸とか、cassina(イタリアの高級家具ブランド)のソファとか、ベントレーとかであっても、見慣れてしまえば ただの日常風景となって何の幸福も もたらすものではありません。

また、日常生活では そのような地位財(周囲との比較により満足を得るもの)のことは1秒も考えません。

人間の適応能力には おそるべきものがあるといわざるを得ません。

リュボミアスキー教授は1卵生双生児と2卵生双生児の研究から、幸福を決定するものの割合を割り出しました(『幸せが ずっと続く12の行動習慣』ソニア・リュボミアスキー著)。

それによれば、幸せの決定割合は、

遺伝による幸福の設定値:50%

日々の意図的な行動:40%

環境:10%

となっています。

そして、10%の環境には さらに富や容姿の美醜、健康などの要因があり、全体としての お金が幸福に与える影響というのは非常に小さいということがわかりました。

このことからも、お金が たくさんあることは幸福度に直結するものではないということがわかると思います」などの記述があります。

なぜ、非富裕層は幸福感を簡単に忘れるのか? - 3
同記事に「リュボミアスキー教授は人生に起こる「いいこと」を当たり前のように思わないなら、感謝をすることで「快楽順応」の影響にも抗うことができると述べています。

そして、週に1度、感謝していることを3~5個日記につける感謝日記の幸福介入の実験が幸福度を高めるうえで最も効果的だったと述べています。

また、ペンシルベニア大学心理学部教授でポジティブ心理学の父のマーティン・セリグマンは一度も きちんと お礼を言ったことがない人で、来週にでも直接会える人に直接感謝の手紙を届けて その場で読み上げる「感謝の訪問」という幸福介入の実験で幸福度が高まったと述べています」などの記述があります。

なぜ、非富裕層は幸福感を簡単に忘れるのか? - 4

プレジデント オンライン 」サイトより


高所得者は低所得者の5倍も歯のケアをしている
同記事に「虫歯があるかどうかの差は所得だけではなく、人種によっても差があることが わかっています。

所得が約260万円以下である20~44歳のアフリカ系アメリカ人が虫歯になる割合41.4%で、これは同年代・同所得層の白人が虫歯になる割合の約2倍とのこと。

また、同じカテゴリのヒスパニック系の人々が虫歯になる割合は35%で、アジア系アメリカ人が虫歯になる割合は白人の約半分となっています」などの記述があります。

初期の がん患者から血液検査で腫瘍由来のDNAを検出する方法

一人っ子は利己的だがクリエイティブであるということが判明

遺伝子解析が「健康な人」を「病人」に変えるかもしれない

「ゲイの遺伝子」は存在するのか?

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


古代人の謎の足跡400個超、年代と成因が明らかに

170万年前のヒト化石に最古の がん発見

人類は暴力と共に進化、ただし現代は例外的

犯罪現場の血痕から年代を知る新技術の開発に成功

キーウィは氷河期に爆発的進化、氷河が群れ分断

キリンは1種でなく4種との報告、遺伝子解析で

ネコは自ら家畜化した、遺伝子ほぼ不変 - 1

ネコは自ら家畜化した、遺伝子ほぼ不変 - 2

「退化」は進化の一環、新たな力を得た動物たち

ヘビが再び足を生やした謎を解明

メスしかいないサラマンダー、驚きの利点判明

致死量の8000倍の毒に耐える魚、進化の秘密を解明

天然痘の起源に新説、ミイラのDNA分析で判明

【解説】ヒトの細胞もつ ブタ胎児の作製に成功

カニがイソギンチャクのクローン作り共生維持か

鳥の卵の形に まつわる謎を解明、カギは飛行能力 - 1

鳥の卵の形に まつわる謎を解明、カギは飛行能力 - 2

イヌが人懐こくなった理由は「難病遺伝子」に

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


学歴は ある程度遺伝子で決まる、研究結果

意地悪、それとも親切? 性格と脳の形に関連性

DNA異常の遺伝を抑制、最新の体外受精

遺伝性聴覚障害,治療で ささやき声も聞こえるように マウス実験

女性の卵子、肉体労働や夜間勤務が悪影響
同記事に「不妊の潜在的原因を調べ、夜間に働いていたり重いものを持ち上げる仕事に就いていたりする女性の卵子は、朝の9時から夕方の5時まで働いている女性の卵子に比べると、数と質の面で劣っている可能性があるとする研究論文が2017年2月8日、発表された。

論文の執筆者らによると、今回の研究は交代勤務または肉体労働が女性の身体的な妊娠能力に どのように影響するかを調べた初めての試みだという。

米国を拠点とする研究チームは、マサチューセッツ(Massachusetts)州の不妊治療クリニックに通っている平均年齢35歳の女性約400人のデータを分析した。

研究者らは まず、卵巣内に どれだけの卵子が残っているかを示す卵巣予備能力と、生殖能力の低下に伴い増加するホルモンのレベル、さらに健康な胚に成長することができる「成熟卵」の数を調べ、これらのデータを女性の労働条件、業務に必要な身体運動の量や労働時間の長さなどと比較した。

割合としては、約40%の女性が仕事上、頻繁に重い物を移動したり持ち上げたりする必要があると答え、20%が肉体的に非常に きつい仕事に就いていると回答。91%が通常の勤務時間で働いていた。

論文が掲載された英医学誌「職業・環境医学(Occupational and Environmental Medicine)」の報道機関向けの声明によると、「肉体的に きつい仕事に就いている女性は、頻繁に重い物を持ち上げる必要がない仕事をしている女性に比べると、卵子の残量が少なかった」と指摘している。

また、重い物を持ち上げる女性は成熟卵の数も少なく、夕方や夜間または交代制で働く女性は さらに少なかった。

研究者らは、この影響が最も顕著だったのは体重過多の女性と37歳以上の女性だったと述べている」などの記述があります。

父親の食事習慣、精子を介して子どもの健康に影響

ジャンクフードは精子を損傷する、米研究

父親の食生活は子の健康に影響

母親の肥満で先天異常リスク上昇、スウェーデン研究

10代で父親は精子の突然変異リスク高まる,先天異常の一因か

雄の子孫に危険を「警告」する遺伝メカニズム、マウスで発見
同記事に「動物は祖先の心的外傷(トラウマ)の記憶を「継承」し、あたかも自分が その出来事を体験したかのような反応を示すという説に証拠を もたらすものだ」

「これは後成遺伝学(エピジェネティクス)研究の最新の発見だ。エピジェネティクスでは、遺伝子の基礎情報であるDNAの塩基配列に何の変化がなくても、遺伝子が異なる振る舞いを始める要因として、環境要因が挙げられている」などの記述があります。

幸福は気分の一つ...ではなくDNAの作用
同記事に「幸福は気分の一つ──そのような考え方もあるようだが、幸福はむしろ、遺伝子の作用である可能性があるとする研究論文が このほど、専門誌「Journal of Happiness Studies」に発表された。

研究によると、ある特定の遺伝子変異を持つ人が多い国では「幸福である」と答える人の数が増えることがわかったという。 

国単位の幸福度は、富や国の安定度、罹患率よりも、この変異遺伝子との関連性が強かった。ナイジェリア人がドイツ人よりも幸福度が高いことなどの理由は、これで説明できるようになるかもしれない。

研究の共著者でブルガリアのバルナ経営大学(Varna University of Management)のミハイル・ミンコフ(Michael Minkov) 氏はAFPに「幸福やリラックスした状態、そして機嫌の良さは、国の繁栄や安全の度合いによって決まるわけではない」と語る。

そして「実際のところ、幸福と安全は逆相関の関係にあるようだ。南米(大陸)北部とサハラ以南のアフリカは世界では殺人や強盗事件の発生率が高いが、この地域の人々こそ最も幸福でリラックスしている」と述べた。

論文は、国レベルでの遺伝子と幸福度の関連性を示した初めての研究としている。

ミンコフ氏と香港理工大学(Hong Kong Polytechnic University)のマイケル・ハリス・ボンド(Michael Harris Bond)氏は、「幸せ指数」の経年変化を追った「ワールド・バリュー・サーベイ(WVS)」のデータを参照した。

WVSは、「とても幸せ」「どちらかといえば幸せ」「あまり幸せでない」「まったく幸せでない」の選択肢から回答者が自己評価を選ぶという調査だ。

研究では、感覚的な快楽を増幅し、鎮痛を助ける作用があるとされる神経伝達物質「アナンダミド」の制御に関係する特定の遺伝子変異の民族あたりの保有の割合をWVSの調査結果と対照した。

結果、幸福度が最も高いメキシコで この遺伝子変異の保有の割合が最も高いとみられることが分かった。

同じく、ガーナとナイジェリア、コロンビアと ベネズエラ、エクアドルでも、同様の傾向にあったという。

一方、保有の割合が低かったヨルダン、香港、中国、タイ、台湾では、「とても幸せ」と回答する人の割合が最も低かった。

赤道沿いや熱帯地域での遺伝子変異の保有割合が高かったことについて、ミンコフ氏は、進化が ひとつの説明になるかもしれないと述べる。

「これらの 高ストレスな環境では、それに対処するための遺伝子が必要」だった可能性があるというのだ。極寒の環境にある北欧などでも同様に説明できるかもしれない」

「ロシアやエストニアなどは、遺伝子変異の保有率が高いにもかかわらず、幸福度では低い結果となっている。

これについて研究チームは「東欧が直面している政治的および経済的困難が関係しているのかもしれない」などの記述があります。

交尾で雌バエが凶暴化、「性ペプチド」に起因か

「魅力的な容姿」の科学者、能力劣ると思われやすい

「知能遺伝子」52個を特定、IQ差の2割を説明 - 1

「知能遺伝子」52個を特定、IQ差の2割を説明 - 2

双子の がんリスク、片方発病で上昇 大規模調査

睡眠不足で遺伝子発現に悪影響

朝型か夜型か?決めるのは遺伝子

シフト制 勤務、脳機能の低下と関連か

高頻度の遺伝子変異、脳の老化加速に関連か
同記事に「なぜ一部の人々の脳は、他より速く老化が進むのかを、人口の約3分の1に見いだされる高頻度の遺伝子変異で説明できる可能性があるとする研究結果が2017年3月15日、発表された。

米医学誌セル・システムズ(Cell Systems)に掲載された研究論文によると、「TMEM106B」として知られる この遺伝子は、高齢者に通常みられる脳の老化を最大で12年 速めるという。

TMEM106B遺伝子は通常65歳 前後から、特に脳の前頭葉に影響を及ぼし始める。前頭葉は、集中、計画、判断、創造といった より高度な精神機能に関与している。

論文の共同執筆者で、米コロンビア大学メディカルセンター(Columbia University Medical Center)アルツハイマーと加齢脳に関するタウブ研究所(Taub Institute for Research on Alzheimer's Disease and the Aging Brain)のアサ・アベリオビッチ(Asa Abeliovich)教授(病理学・神経学)は「高齢者の集団を見ると、同年代の人に比べて老けて見える人もいれば、若く見える人もいる」と話す。

「TMEM106B遺伝子の『異常な』コピーを二つ持つ人の前頭葉は、さまざまな生物学的基準から見て、二つの正常なコピーを持つ人より老化が12歳 進行するようだ」

研究チームは、明らかな疾患を持たない1904人の死後解剖で得られた脳サンプルの遺伝子データを分析することで、TMEM106B遺伝子を発見した」

「この他にも、アルツハイマー病 発症のリスク上昇に関連性がある遺伝子変異「アポリポタンパクE(ApoE)」など、神経変性障害のリスクを上昇させる個別の遺伝子が これまでに複数特定されている」などの記述があります。

難病遺伝子あるのに健康な人を発見、約60万人から13人 - 1

難病遺伝子あるのに健康な人を発見、約60万人から13人 - 2

アマゾン先住民、抗生物質耐性持つ遺伝子 約30種を確認
同記事に「土壌中の細菌には数百万年以上にわたって、抗生物質への耐性を持つ そうした遺伝子が存在しており、たとえ抗生物質を服用したことがなくても、この遺伝子が人間に移転することは理にかなっているからだ。

研究の結果、驚くべきことにヤノマミの人々からは科学史上、発見されたことのない抗生物質耐性を持つ遺伝子30種近くが確認された。さらに、これらの遺伝子は最近開発されたばかりの合成抗菌剤の一部に対しても耐性を示したという」

「抗生物質の時代は、ペニシリンが急速に普及した1940年代に始まり、その後50~70年代にかけて多くの抗生物質が発見され、市場に登場した。その大半は土壌微生物に由来する。

抗生物質は人間や家畜に広く使用されているが、近い将来、抗生物質が全く効かなくなり、致死率の高い感染症が再び流行するのではないかと の懸念が高まっている」などの記述があります。

冬の体調悪化、遺伝子活性の季節性と関係か
同記事に「人間の遺伝子の4分の1近くは、活性化の程度が季節によって変化するとの研究結果が発表された。夏より冬に病気にかかりやすい理由は これで説明できる可能性があるという。

英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に掲載された論文によると、人間の遺伝情報が季節の影響を受ける度合いの大きさに研究チームは驚いたという。

分析対象の遺伝子2万2822個のうち、季節によって活性化レベルが上昇または低下する遺伝子は5136個あった。

だが すべて同様ではなく、活性化レベルが冬に高くなるものもあれば、夏に高くなるものもあった。

今回の結果を受け、研究チームは、人間の免疫系が「季節性」によって繊細に影響を受ける数多くの生体内機構の一つかもしれないと指摘した」

「研究を率いた英ケンブリッジ大学(University of Cambridge)のジョン・トッド(John Todd)教授(遺伝医学)は今回の発見について「実に意外」であると同時に「分かっていたこと」でもあると表現した。

この発見について同教授は、心臓病から精神疾患に至るまでの非常に多くの病気が冬季に悪化する理由を説明する一助となるとしながら、

「だが、これが実際に起きる程度については、これまで誰も正しく評価していなかった」と述べ、

また「(季節性があるとされる)1型糖尿病などの病気を どのように治療するか、そして(季節性に関する)調査研究の予定を立てる上で、意味深い示唆となるかもしれない」と続けた。

研究では、北半球と南半球、赤道アフリカ地域に住む計1万6000人から提供された血液サンプルと脂肪組織を詳しく調べた。

その結果、脂肪組織の遺伝子数千個の活性(発現)は、サンプルを採取した時期に応じて変化することが分かった。また血液細胞の種類にも、季節による変化がみられた。

研究では さらに、「季節性遺伝子」の発現レベルについて、北半球と南半球で採取したサンプルでは相反する傾向を示すことが確認された。

季節差は、アイスランドのサンプル提供者の間で最も顕著だった。同国では、夏には昼の明るさが、冬には夜の暗さが それぞれ24時間近く続く。

季節の区切りが それほど明確ではない赤道地域の人々から採取したサンプルでも、変化はみられたが、その度合いは他に比べて はるかに小さかった。

西アフリカのガンビアで採取したサンプルでは、血液に含まれる免疫細胞の遺伝子が、マラリアなどの蚊を媒介とする病気が増える6月~10月の雨季の期間に高い活性を示した。

また、炎症に関与するARNTLと呼ばれる遺伝子についても、季節的な影響を受けることを研究チームは発見した。体の防御反応である炎症は、自己免疫疾患にも関係するとされている」

「今回の成果を通じて、心身の健康に日光や気温が どのように影響する可能性があるかに関する理解が深まることを研究チームは期待している。

最近では、夜間シフトや時差ぼけが工場労働者や長距離飛行の航空機搭乗員に悪影響を及ぼすことを示唆する研究が数多く発表されており、いわゆる「体内時計」にも注目が集まっている」などの記述があります。

生まれか育ちか、人は生来 暴力的なのか? 研究

年齢より「老けて見える」、関連遺伝子を発見

がんの遺伝子変異、大半がDNAの「ランダムなミス」 - 1
同記事に「論文の共同執筆者で、米ジョンズ・ホプキンス大学シドニー・キンメル総合がんセンター(Johns Hopkins Kimmel Cancer Center)の「ルードウィクがん遺伝学・治療学センター(Ludwig Center for Cancer Genetics and Therapeutics)」共同所長、バート・ボーゲルスタイン(Bert Vogelstein)氏は、記者会見で「がんで発生する変異の3分の2は、細胞が分裂する際に起こすミスに起因している」と語った。

論文によると、がんの変異の29%は環境が要因となっており、遺伝要因は全体の5%だという。

ボーゲルスタイン氏は、「正常な細胞が分裂するたびに、いくつかのミスを起こす。これが変異だ」と説明。「たいていの場合、これらの変異は何の害も及ぼさない」と続けた。

しかし、「これは通常の状況。つまりは『幸運』ということだ。だが時に これが、がん誘発遺伝子で起きることがある。これが『不運』なのだ」と指摘した。

今回の研究の目的は、この種の変異に関する理解を向上させ、がんを早期に発見する方法の確立につなげることだった。

研究は また、何ら問題の無い環境においても、がんが発症することを浮き彫りにしている。

これによって、一部の患者が診断を受ける際に直面する罪悪感が和らぐ可能性がある。

ただ、研究者らは、喫煙や過度の日光に当たることなど、がんに関する既知のリスク要因を避けることは これまでと同様に強く求められるとしている。

今回の研究は「がんの42%は防ぐことができるという疫学的な推計と完全に一致しており、このような がん予防ガイドラインを誰もが忠実に守るべきだ」とボーゲルスタイン氏は強調した」などの記述があります。

がんの遺伝子変異、大半がDNAの「ランダムなミス」 - 2
同記事に「一般の人にとって、今回の研究から学び取れる内容は、多くの がん性変異は避けることができないが、多くの がん症例は予防が可能ということだ。

「変異の生成にランダムな複製成分が関与するかに関係なく、環境的原因や遺伝的原因を取り除くことで、多くの がん発症リスクを大きく低減させることは可能」などの記述があります。

「リンゴ体形」 糖尿病と心臓病のリスク上昇か

ゲノム編集、ヒト胚への応用一部容認を提言 米科学アカデミー

身長に関わる遺伝子変異83個を確認、最大2センチに影響

Y染色体の欠失、アルツハイマー病と関連する可能性

アルツハイマー病の年齢別発症リスク、個人単位で予測可能に

卵子を経ずに子孫誕生、マウス実験で初めて成功

「無駄多い」有性生殖の存続理由は病気予防 ミジンコで証明

世界初、3人のDNA持つ赤ちゃん誕生 米チームが成功

「3人のDNA持つ赤ちゃん誕生」をめぐる問題と懸念 - 1

「3人のDNA持つ赤ちゃん誕生」をめぐる問題と懸念 - 2

ヒト受精卵「編集」で疾病遺伝子を修復 米チームが初成功

3人親の子ども、健康のカギはDNAの「適合性」か - 1
同記事に「両親と卵細胞のドナーの3人の親を持つ子どもを誕生させる場合、ドナーと母親のDNAの適合性を高めることで、病気を引き起こす遺伝子変異が子どもに受け継がれるリスクを抑えることができる可能性があるとの研究結果が2016年11月30日、発表された。

これは、今後 研究を重ねる必要はあるものの、母親からのみ受け継がれるミトコンドリアDNA(mtDNA)に異常を抱える女性に体外受精を提供する急成長分野をさらに拡大させる成果だ。

英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された研究論文によると、子どもを持ちたいと希望するカップルとともに3人目の親となる卵細胞のドナーには、母親のmtDNAと遺伝子的に密接な関連性を持つmtDNAを持つ女性を選択するべきだという。

人体のあらゆる細胞は、約2万3000個の遺伝子を持っている。その大半が細胞核内にあり、核DNAと呼ばれる。

一方、糖と酸素をエネルギーに変える、細胞の発電装置である細胞小器官のミトコンドリアにも、37個の遺伝子(mtDNA)が存在する。

核DNAは、父親と母親の両方から子に受け継がれるが、mtDNAは母親からのみ受け継がれる。

一部の女性は異常な変異を含むmtDNAを持っており、これが子どもに受け継がれると、さまざまな衰弱性の治療困難な病気を引き起こす可能性がある」などの記述があります。

3人親の子ども、健康のカギはDNAの「適合性」か - 2
同記事に「mtDNAは、それぞれが遺伝的に共通の祖先を持つグループに分割できる。これらのグループは、ハプロタイプとして知られる。

論文の主執筆者、シュークラト・ミタリポフ(Shoukhrat Mitalipov)氏は「ハプロタイプの適切な組み合わせを確実に用いることで、疾患の原因となる遺伝子変異のない胚の産生に最大の成功率がもたらされることを、今回の研究は示唆している」と述べた」

「だが、今回の論文の執筆者らの大半の出身国である米国では、ミトコンドリア置換法が禁止されているため、臨床試験を実施できない」

「これまでのところ、病気を引き起こすミトコンドリアを持つ女性のための「3人の親を持つ赤ちゃん」が認可されている国は、英国だけ」などの記述があります。

「3人の親」関与の不妊治療法、英国で承認 世界初

「3人親」の子ども、ウクライナで誕生 前核移植技術で

人間の性行動は2タイプ、「不特定多数」型 と「一途」型

初性交渉の年齢、遺伝子が影響

うつ病は遺伝? 新たな証拠を発見

科学捜査の新たな「指紋」、体内細菌群で個人特定の可能性

南太平洋バヌアツとトンガ、島民の祖先はアジア人

ネアンデルタール人は沢山いた? 新たなDNA解析手法で新説

繰り返す流産、リスク増に関連する遺伝子変異を特定

低酸素への耐性、関与遺伝子を特定 関連疾患の治療へ期待

ピグミーの小型化、人類繁栄を解明するカギに - 1

ピグミーの小型化、人類繁栄を解明するカギに - 2

「アスパラガス尿」 嗅ぎ分けのカギは遺伝子にあり - 1

「アスパラガス尿」 嗅ぎ分けのカギは遺伝子にあり - 2

鎌状赤血球症、遺伝子治療で症状緩和に初成功

欧州人権裁判所、遺伝子疾患の赤ちゃんの「尊厳死」認める判断

人類の類人猿からの分岐、欧州で起きた可能性

「人類の起源はアフリカ」の定説覆すブルガリアでの発掘 - 1

「人類の起源はアフリカ」の定説覆すブルガリアでの発掘 - 2

人類の起源は30万年前、定説覆す化石発見

人類と類人猿の共通祖先はアフリカ起源か,頭蓋骨化石が示唆 - 1

人類と類人猿の共通祖先はアフリカ起源か,頭蓋骨化石が示唆 - 2

類人猿の祖先に近い化石=幼児頭骨、ケニアで発見

多細胞動物の出現、藻の大発生が後押しか - 1

多細胞動物の出現、藻の大発生が後押しか - 2

顔面腫瘍で絶滅危機のタスマニアデビル,この20年で急速進化

イヌは人間の最良の友、関係のカギは遺伝子に

犬が人間の親友になった理由、遺伝子にあり

現代のイヌ、4万年前の単一起源か DNA研究 - 1

現代のイヌ、4万年前の単一起源か DNA研究 - 2

最古の軟組織の痕跡発見、1億9500万年前の恐竜の肋骨から

奇跡の穀物キヌア、ゲノムほぼ解読 - 1

奇跡の穀物キヌア、ゲノムほぼ解読 - 2

最初の花、系統樹で解明 - 1

最初の花、系統樹で解明 - 2

ゲノム編集のブタ、PRRSウイルスに抵抗性か

鳴き鳥の歌、遺伝子で継承 スウェーデン研究

ケナガマンモス、遺伝子の「破綻」で絶滅か

ネコ家畜化、新石器時代に拡大か DNA研究 - 1

ネコ家畜化、新石器時代に拡大か DNA研究 - 2

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


平均寿命の世界地図

世界の健康寿命

気候分布の世界地図

幸福度の世界地図

水の世界地図

マラリア分布の世界地図

感染症対策・世界分布


犯罪と遺伝子
暴力犯罪と関連する遺伝子を特定か、研究 - 1
同記事に「凶暴な犯罪者は、生まれつきそうなのか、それとも子どもの頃の経験や環境によって作られるのか──。

欧米の科学者らの研究チームは2014年10月28日、暴力的な犯罪者に「著しく高い頻度で」みられる変異型の遺伝子2個を特定したとする研究論文を、英科学誌ネイチャー(Nature)系オンライン医学誌「モレキュラー・サイキアトリー(Molecular Psychiatry)」に発表した。

心理学で長年未解決となっている この問題に取り組んだ科学者らの中からは、複雑な脳の化学成分に作用する遺伝子が、影響の ほぼ半分に関与している可能性を示唆する説も提唱されていた」

「今回の研究では、暴力犯罪および非暴力犯罪で服役するフィンランド人の受刑者 約800人を対象に調査し、一般人との比較が行われた。

その結果、「MAOA」と「CDH13」と呼ばれる2つの遺伝子の変異が「極めて暴力的な行動様式に関連している」ことが分かったという。

「非暴力的な犯罪者のグループでは、MAOAとCDH13のどちらに関しても、十分な顕著性は みられなかった。これは、今回の結果が暴力的な犯罪者に特異的であることを示している」と論文は述べている。

研究チームは、薬物乱用、反社会性人格障害、児童虐待などの経験の有無といった環境的要因を考慮に入れたが、結果は変わらなかったとした」

「論文の共同執筆者の一人、スウェーデン・カロリンスカ研究所(Karolinska Institutet)神経科学部門のヤリ・チーホネン(Jari Tiihonen)氏は、AFPの取材に「MAOAとCDH13の高リスクとされる遺伝子型の組み合わせは『通常の』遺伝子型の組み合わせに比べて約13倍のリスクを持っている」

「MAOA遺伝子は、依存症や快楽を経験する能力に関与する神経伝達物質「ドーパミン」の代謝に関連付けられている。

一方のCDH13は「衝動の制御」に関与していると考えられており、注意欠陥多動性障害(ADHD)に関連付けられている」などの記述があります。

生まれか育ちか、人は生来 暴力的なのか? 研究

AFPBB News 」サイトより


人間の殺人率は遺伝と環境の どちらに基づいているのか?

「脳が犯罪を起こさせた」として罪状軽減を目指す行動遺伝学

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


性犯罪には「遺伝も関与」 疫学研究者

CNN.co.jp 」サイトより


犯罪に走る人には、「悪の遺伝子」がある? - 1

犯罪に走る人には、「悪の遺伝子」がある? - 2

犯罪に走る人には、「悪の遺伝子」がある? - 3

東洋経済オンライン 」サイトより


【関連記事】


世界の治安・安全情報



あなたの境界線は どこなのか?を解説した「What Are You?」
同記事に「人間のDNAの8%は人間の祖先が感染したウイルスのDNAです。

ミトコンドリアは細胞の発電所となる存在ですが、はるか昔に祖先の細胞にミトコンドリアが感染してから......現代に至るまでミトコンドリアは自身のDNAを保持しています。

このように人間固有ではないものが細胞1つあたりに100個ほど含まれています」などの記述があります。

DNAがダメージを受けたとき体内では何が起きているのか?

Excelが遺伝子研究の誤りのもとになっていると研究者が指摘

片頭痛の原因が「血管障害」であることを示す研究結果

女性の卵巣が新しい卵子を作り出せる可能性

4つの性別を持つ鳥「ノドジロシトド」

迷路を解き,融合することで記憶を共有「モジホコリ」の不思議
同記事に「脳を持たない単細胞生物の中にも、知性を感じさせる判断力と記憶力に類する能力が備わっていることがわかっています。

シドニー大学のターニャ・ラティ氏は「私たちは、脳だけが複雑で知的な行動の必要条件ではないことを認識し始めているのだと思います。

地球上の生物の大部分は脳を持っていませんが、私たちはそのような生物が どのようにして変化する環境に順応するのか理解できていません。

この研究によって、この分野が さらに研究されることを期待しています」と、研究結果の意義を語っています。

高い知性の源が どこから来ているのか、そして さらに、「生命とは何なのか」というところまでさえ考えさせられてしまうような、そんな現象がモジホコリからは確認されています」などの記述があります。

遺伝子編集技術により遺伝性疾患の治療が安全に実施可能

遺伝子編集技術でアルゴリズム予測外領域で変化発生の可能性

遺伝子編集技術CRISPRで「異種移植」の実現に進展

ヒト受精卵へのゲノム編集による遺伝子改変に成功

セロトニン と うつ病の関係を大きく見直すこととなる研究結果

ビッグデータは どのように がん治療で活用できるのか?

人工塩基対を大腸菌の生体内で維持させ続けることに成功

コーヒーのゲノム配列を解析して品種改良

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


デザイナー受精卵がビジネスに? 生殖医療+遺伝子編集の未来

アナタが朝型か夜型は もう遺伝子で決まってる?

睡眠や覚醒を司る新しい遺伝子変異を日本の研究チームが発見

人間の手足の長さは住む場所と遺伝子によって決まっている

嫌な思い出を記憶から消す「遺伝子スイッチ」

ハンチントン病の治療法発見?CRISPR技術で症状改善の可能性

似たもの夫婦って本当...遺伝子に共通点も

サモア人がポリネシア諸島に定住できたのは肥満遺伝子の お陰

ニワトリの卵巣発達には男性ホルモンが重要

毒を判別できないフグが増えている

鳥によってタマゴの形が違うのは飛翔能力に関係する...?

ギズモード・ジャパン 」サイトより


イノヴェイションが倫理的であるためには,3つの解決策がある

ヒトの細胞がプログラミング可能に:米研究チーム

「性格を決めるヒトゲノム領域」が特定される

遺伝子編集が もたらすのは種の存続か、絶滅か

革命的ゲノム編集「CRISPR」、ヒトへの応用の第一歩は?

「天才になる遺伝子」についての研究結果

「朝型」「夜型」の原因は遺伝子にある?調査結果

「アルツハイマー遺伝子」は子どもにも悪影響を与えている

ヒトに生息するダニは人類の歴史を紐解く秘密を知っている

オスの「Y染色体」は生殖に必須ではない

世界初、DNA的に「3人の親をもつ赤ちゃん」の今

恐らく一夫多妻だったアウストラロピテクス

アイスランドは、なぜ遺伝子研究先進国に なれたのか

「ヒトの胎芽」の遺伝子編集、米国で初めて成功

ミイラのDNA解析から明らかになったエジプト人の遺伝的起源

「櫛で とかせない頭髪症候群」の遺伝子が判明

あらゆる生物の祖先「LUCA」の研究

「コーヒー好き」は遺伝子に刻まれている

ゲノム解読で「コーヒー・ルネッサンス」が やってくる

「死」してから目覚めるゾンビ遺伝子が発見される

染色体を包む「サヤ」、新たに発見される

犬が飼い主に甘えるのは遺伝子のせい

米国は「人種の坩堝」ではない - 遺伝子バンクの解析で判明

灼熱の地底の結晶の中で生き続けていた生物、NASAが発表

ゲノム解析でジカ ウイルスと戦った「ウイルス ハンター」

トルコ政府、「進化論」を高校カリキュラムから削除する

いかに生命は「無秩序」な状態から生まれ、進化するのか?

WIRED.jp 」サイトより


徹夜で遺伝子にまで悪影響を与え、それは生涯続く可能性が

時差ボケによる腸内バクテリアの乱れが健康悪化に つながる

「早寝早起き」が生物学的に不可能な人もいる

研究者が考える「生まれつきの才能」と「練習」の関係

コーヒー依存は遺伝子が原因かもしれない

コーヒーが効きすぎる人/効かない人を分ける遺伝子が判明

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


時間栄養学研究会 」サイト


時間栄養学(Chrono-nutrition)とは

農業・食品産業技術総合研究機構 | 農研機構 」サイトより


【関連記事】


世界の時間・時差

大気汚染の世界地図

ラドンの世界地図

気候分布の世界地図

世界の天気

マラリア分布の世界地図

食糧自給率の世界地図

感染症対策・世界分布



ヒトDNAをX線から守るクマムシ由来のタンパク質を発見 - 1

ヒトDNAをX線から守るクマムシ由来のタンパク質を発見 - 2

クマムシに大量の外来DNA、驚異の耐久性獲得の一助に?
同記事に「クマムシ」が、細菌や植物などの全く類縁関係のない生命体から大量のDNAを獲得していることを解明したとする研究結果が発表された。

これらの「外来」遺伝子は、クマムシが極めて過酷な環境で生き延びる助けになっているという」

「環境適応力が非常に高く、極端な温度下でも生存可能だ。マイナス80度の冷凍庫に10年間入れられた後でも、解凍から20分後には再び動き回り始めることができる。

クマムシのゲノム(全遺伝情報)を解読した米ノースカロライナ大学チャペルヒル校(University of North Carolina at Chapel Hill)の研究チームは、全体の6分の1近くに相当する17.5%が異種生命体に由来するものであるという驚きの事実を発見した。

大半の動物に関しては、ゲノムのうちで外来DNAに由来するものの割合は1%に満たない」

「ノースカロライナ大教養学部のボブ・ゴールドスティーン(Bob Goldstein)氏は「数多くの動物が外来遺伝子を獲得していることは知られていたが、これほどの度合いで起きるとは思いも寄らなかった」と述べた」

「今回の研究ではまた、DNAが どのように継承されるかに関する変わった新事実が浮かび上がった。ゴールドスティーン氏らは、クマムシが約6000 の外来遺伝子を獲得していることを発見。

その大部分は細菌からの遺伝子だったが、他にも植物、菌類、古細菌の単細胞生物の遺伝子もあった。

ゴールドスティーン氏の研究室に所属する博士研究員で、論文の第1執筆者のトーマス・ブースビー(Thomas Boothby) 氏は「極度のストレスに耐えて生存できる動物は、外来遺伝子を獲得する傾向が特に高い可能性がある。

そして細菌遺伝子は、動物遺伝子よりもストレス耐久能力が高いのかもしれない」と指摘した。実際に、細菌は数十億年もの間、地球上の非常に過酷な環境を生き抜いてきている。

クマムシは、遺伝子の「水平伝播」によって外来遺伝子を獲得する。これは、DNAを親から継承するのではなく、生物種間で遺伝物質を交換することを指す。

ブースビー氏は「遺伝子の水平伝播はより広く受け入れられ、知られるようになってきており、進化と遺伝物質の継承、ゲノムの安定性についての知識を変えつつある」と語る。

外来DNAは無作為にゲノム内に取り込まれるとみられるが、ゲノム内に残る このDNAの おかげで、クマムシは非常に過酷な環境でも生存できるのだという。

研究チームによると、クマムシのDNAは、極度の乾燥状態などの極めて強いストレスにさらされると細かく断片化される。

細胞に水分を戻すと、 DNAを格納している細胞核と細胞膜は一時的に物質を通しやすい状態になり、水分子以外の大型分子も容易に通過できるようになる。

細胞が水分を取り戻すにつれて、クマムシ自身の断片化したDNAが修復されると同時に外来DNAが取り込まれ、異種生命体から伝播される遺伝子の「パッチワーク」が形成される。

「よって、生命の『系統樹』について考えるのではなく、生命の『クモの巣』や、枝から枝へと横断する遺伝物質を考えることが可能になる」とブースビー氏は説明した」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


クマムシ固有のタンパク質がヒト培養細胞の放射線耐性を向上

マイナビ ニュース 」サイトより


地球最強の生物「クマムシ」、その強靭さの秘密が明らかに

WIRED.jp 」サイトより


クマムシが地球上で最強な生き物である理由

ギズモード・ジャパン 」サイトより


【関連記事】


宇宙放射線・地磁気

雷 分布の世界地図


日本人のDNA
Human Y-chromosome DNA haplogroup (英語)
同記事内の世界地図は日本の周辺国と日本人の遺伝子の違いが一目瞭然。非常に興味深い。

The Full Wiki 」サイトより (英語)


Y染色体の出アフリカと世界各地への拡散の軌跡

日本人の起源 」サイトより


染色体ハプログループにおける日本人他東アジアの傾向について

共同体社会と人類婚姻史 」ブログより


日本人と中国人,外見は似ているが 遺伝子レベルでは大きな差異

レコード チャイナ 」サイトより


YAP遺伝子

G 独り言 」ブログより


日本人の遺伝子 (PDF:181.491KB)

同記事に「広い土地を買って」「移住すればいいではないですか」

「東日本大震災の数日後に私に かけてきた電話での会話だ」

「復興に いま急いで多額の お金を使うのは無駄ではないですか?」

「反論は思い当たらない。私が その場で応えたのは、「そういう意見は初めて聞いたけれど、日本では議論に上りもしていないよ。何でだろうね」

「地震、台風、大雪、...、日本は実に自然災害の多い場所にある。

日本人は古来この土地に住み暮らしてきた。

いま日本に住んでいる我々は、「それでも日本に住み続けることを選んできた」人々の子孫である。

頻繁に大自然災害に見舞われ、打ちのめされ続ける。

そんな土地が相性に合わない人々は とうの昔に、日本から逃げ出しているか くびれ死んでいるか、どちらかである。

今の日本に住んでいる人たちの大多数は、厳しい自然災害の中で淘汰され、「それでも日本に住み続ける」ことを選んだ人々の遺伝子を受け継いでいる。

だから、「日本を離れる」という選択肢は最初から除外されている。想像だにしないのではないだろうか。

頻繁に大災害に見舞われ、打ちのめされ、それでも そこに住み続ける。そういう遺伝子の特徴は、まず極度の健忘症でなければならない。

そして七転び八起きの不屈の精神とともに楽天さが必要である。

巨大な自然の力に対する諦めと従順さ、同時に四季や自然の恵みを この上なく有難いものとして享受する心を備えていなければないだろう。

だから、大災害にあってもパニックに陥ることなく淡々と目の前の困難を受け入れて生き続けることができ、その姿が世界中の人々を感動させたのであろう。

しかし、本当は今回は違う。原子力発電は過去の どの時代にも存在しなかった。福島第一原発の事故は、全く違う種類の災害だ。

ところが我々の遺伝子は、過去に経験したことのない種類の災害に対しても、過去の大災害と同じように反応をしてしまっている。

これが本当に良いことなのかどうか、誰にもわからないはずだ。

2011年の東日本大震災は、我々に様々な新たな問題の存在を突きつけた。

原発の問題や進まない復興の問題。それは、今の日本が抱える、社会システムに起因するものだ。

地震や津波のように くり返し訪れる自然現象よりも深刻な問題ではないだろうか。

社会システムも構造物も人間が作ったものである。

ERS,耐震構造グループの活動も これらの問題を視野に入れていかなければならないと考えている」などの記述があります。

J-STAGE 」サイトより


【関連記事】


日本人街・経済特区

日本壊滅地震で世界危機

世界の言語地図


【子供のけが「西高東低」】


授業や部活動など、子供たちが学校の管理下で けがなどの災害に遭う発生率が、近畿など西日本で高く、東日本では低い"西高東低"の傾向にあることが、独立行政法人・日本スポーツ振興センターによる災害共済給付状況のまとめで初めて分かった。

まとめによると、加入者数と給付件数から算出した災害発生率は、平成20年度で近畿8.74%、中国・四国7.85%、九州7.07%に対し、東海・北陸は6.63%、北海道・東北6.28%、関東・甲信越5.82%。

16年度以降でみても、近畿と中国・四国がトップと2位を占めている。

近畿2府4県を所管する同センター大阪支所によると、近畿では加入者の掛け金総額が負傷者への給付総額を下回る"赤字"状態が長年続いており、発生率が低い東日本の"黒字"などで補っていると いう。

[ 出所 ] 産経新聞 2010年5月1日 朝刊



医療費は「西高東低」 格差最大1.6倍

日経電子版 」サイトより


1人当たり医療費は西高東低、格差は最大1・5倍 - 1

1人当たり医療費は西高東低、格差は最大1・5倍 - 2

産経ニュース 」サイトより

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/database/iryomap/index.html
医療費の地域差分析

厚生労働省 」サイトより



警察庁サイトの犯罪統計資料によれば、都道府県別人口10万人当たりの犯罪発生状況も西高東低の傾向があり、興味深い。


都道府県の犯罪発生率番付

都道府県・市区町村ランキング【日本・地域番付】 」サイトより



福井や愛知は東日本? 東西境界線の謎

NIKKEI STYLE 」サイトより



ニホンアマガエル、国内東西では別々の種類か
同記事に「日本海周辺の4か国に広く生息するニホンアマガエルは、2つの遺伝的地域グループから構成されていることを初めて明らかにしました」

「その2つのグループの境界線は、日本国内の集団を東西に分断していることが示されました」などの記述があります。

広島大学 」サイトより


モグラの話
同記事に「アズマモグラは、その名のとおり東日本にいます。が、西日本でも南九州一帯と中国、四国、近畿の山地にもすんでいます。

西日本の平地はコウベモグラで占められ、平地でのアズマとの境界は伊豆と新潟を結ぶ線です。

境界地域の一つ、木曽谷では昭和34年から48年の14年間に、コウベモグラが約3キロ北進し、アズマモグラを圧迫していることがわかりました。

しかし、同じ接触地点でも天竜谷ではこの間には ほとんど変化していません。

化石から推定すると、コウベが日本へ現れたのは2~3万年前です。朝鮮半島から渡ってきたとすると、北九州から本州中部まで平地をたどって、約1000キロを ゆっくり東進したことになります」

「モゲラ属にはほかにもう二種が入れられています。

明治になってから、神戸のスミス氏が採集した標本はそれまでのウオグラと違っていました。

そこで新種としてコベアエと名づけられました。

ウオグラのほうは日本名ではアズマモグラといい、コベアエはコウベモグラといいます。

この二種が日本を東西に住み分けているのです」

「日本にはモグラ科の動物が六種います。

そのうちのヒミズとヒメヒミズは他の4種よりも小さく、尾が比較的長いのです。また、土を掘る手のひらの面積も体に比べて小さくもあります」

「このヒミズ類は平地にいません。山地とくにヒメヒミズは1500メートル以上の高山にすんでいます。

北大の阿部永助教授は「後から日本へ侵入したモグラ類に圧迫されて、山地にだけ生き残っているのだろう」と考えておられます」

「ヒミズ、ヒメヒミズとも世界に一属一種、日本の特産の動物です」などの記述があります。

尾上製作所 」サイトより



お雑煮のハイパー ローカリティー
同記事に「餅の四角い東と丸い西に分けられ、糸魚川静岡構造線の東側に角餅、西側に丸餅を利用する範囲が広がるとされる。

さらに、東日本は焼いた角餅を入れたすまし汁で、西日本は丸餅を茹でた味噌仕立てが多いといわれることもあるが、それほど単純なものではもちろんない。

東西で食文化が違うことは、お雑煮を例に出すまでもないことだし、同じ都道府県内でみても山間部と沿岸部と都市部で異なるのは当然のことである。

いっぽう、丸餅を使っていた関西・中国・四国でも角餅を使う地域が広がり、近代以降の移住者が ほとんどを占める北海道では、丸餅と角餅が混在しているというように、人口の移動や流動化により明確な図式化が難しくなってきている」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより



ネアンデルタール人は異種交配で絶滅?

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


遺伝子汚染

Wikipedia 」サイトより


交雑がもたらす遺伝子汚染の実態 - 雑種に隠された危険性(PDF:1.27377 MB)
同記事に「環境省の外来生物法のHP(ホームページ)を見ると、外来種の問題点として生態系に与える影響が指摘されており、その具体的内容の一つとして、「近縁の在来の種と交雑して雑種をつくってしまい、在来種の遺伝的な独自性がなくなる」と記載されている。

外来種は一般に侵入時の個体数は少なく、また異所的に生息する種の間では生殖前隔離が不完全な場合が多いことから、外来種は侵入先に近縁種が存在すると容易に雑種を生じる傾向がある。

環境省のHPに書いてあるように外来種と在来種の雑種形成が問題とされるのは、こうした交雑により生じる個体は遺伝子レベルで見ると外来種の遺伝子をもつことから もはや在来種とよべるものではなく、また形・行動といった表現型においても在来種の特徴が失われていることによる。

しかしながら、こした交雑が引き起こす現象は外来種による食害のように容易に見てわかるものではなく、特に国内外来種においては極めて困難である」

「種は父親種と母親種の両ゲノムを併せもつことから両種の中間型が予想されるが、外来種と在来種の交雑においては繁殖力、分散能力、競争力といった適応形質において両親種を凌ぐ雑種が出現する場合がある。

この現象は交雑による侵略性の獲得とよばれ、その要因として,

i)交雑による新たな遺伝子型の創出、

ii)遺伝的多様性の増加による適応度の向上、

iii)雑種強勢ないしは劣勢有害遺伝子の発現抑制が指摘されている」などの記述があります。

三重大学 生物資源学部・大学院生物資源学研究科 」サイトより


遺伝子汚染の実例:シオギク

徳島県立 博物館 」サイトより



車の運転からみる男と女の違い

ロケットニュース24 」サイトより


環境がよくなると女性の脳は男性以上にブーストする

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


日本人の「ハザード ランプ点滅」には こんな意味があった
同記事に「日本人が車を追い越す時ハザードランプを点滅させるのは どういう意味?」と題された記事では、日本の交通事故による死亡率が年々低下している理由について、「ドライバーのマナー」と「厳しい罰則」の二つにあると分析する。

まず、ドライバーのマナーでは、日本で広く普及している「サンキュー ハザード」を紹介している。

これは、車線変更や脇道から合流した際などに道を譲ってくれた車に対して、ハザード ランプを1〜2回点滅させて感謝の意を表すというものだ。

国際道路交通事故データベース(IRTAD)の統計によると、こうしたランプの点灯によって感謝を示すのは日本独特の文化ではなく、英国やアイルランド、北欧の国でも同様の習慣があるそうだ。

そして、こうした文化がある国は、交通事故による死亡者数が比較的少ない傾向にあるという。

記事は、「運転時のマナーと事故率の低さが直結するわけではないが、一つの要素と言えるだろう」としている。

一方で、日本にも運転マナーの悪い地域があるとも指摘する。

日本のネット アンケートで「交通マナーが悪い都道府県」ワースト3に選ばれた大阪、愛知、福岡の実情を紹介。

愛知県は「名古屋走り」があることや交通事故死亡者数で常に上位に入っていること、大阪では信号無視や割り込み、ウインカーを出さずに車線変更といったマナー違反も多く、「青は進め、黄色は進め、赤は気をつけて進め」という言葉があると紹介している」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより



世界には海外移住意欲が強く、スポーツが盛んな国があります。

遺伝子と行動との関連を研究している研究者によれば、同じ日本人でも地域により、DNAに違いがあることが、研究の結果から わかっています。

海外移住や海外進出の割合が多く、交通マナー、スポーツが盛んであるなど、行動様式がDNAの由来する国との共通点が多いという興味深い専門家の指摘があります。


【関連記事】


交通事情の世界地図
(交通事故の多い国や交通マナーに関する話題)



性格や行動と遺伝子との関連は犬などの動物においては研究が進んでおり、ドーパミン受容体( Dopamine receptor )、アンドロジェン受容体( Androgen receptor ) 、セロトニン受容体( Serotonin receptor )などと性格との関連があるとの研究報告があります。

ただし、個体差が大きいことや遺伝子による性格や行動に及ぼす影響の割合は50%程度であるとされ、残りの50%は環境要因であるとされています。

人における性格や行動の研究は研究が進んでおらず、将来的に性格や行動との関連が判明しても、実際には発表や公表は困難であるといわれています。

専門家によれば、人の場合では50%の環境要因は意外に大きいとされています。

その理由として、遺伝子の影響を受けた人間が子を産み、育てる過程において、遺伝的な影響を受けた人が教育や道徳心に関与するためであるといわれています。

さらに、周りにいる社会を構成している人々も同様であり、周りの人々が互いに関与 しあうためであるとされています。



「知能や気質は、人種ごとに遺伝的な差異がある」 - 1

「知能や気質は、人種ごとに遺伝的な差異がある」 - 2

「知能や気質は、人種ごとに遺伝的な差異がある」 - 3

ダイヤモンド・オンライン 」サイトより


知識社会の「格差」 - 1
同記事に「戦後の高度成長期は、工場で真面目に働けば、住宅ローンでマイホームを買い、家族を養うことができた。

だがグローバル経済では、そうした産業は人件費の安い中国などの新興国に移ってしまい、先進国の労働者は新しい仕事を探さなくてはならない。

このことに最初に気づいたのはアメリカのクリントン政権で労働長官を務めたロバート・ライシュで、いまから20年以上前に、21世紀のアメリカ人はスペシャリスト(知識労働)とマックジョブ(単純労働)に二極化すると予言した。

ライシュはアメリカの中流層がマックジョブへと転落していく未来を危惧したが、リベラリストとして移民排斥や自由貿易批判を唱えることはなかった。

その代わり、中流層が知識社会に適応できるよう、教育にちからを入れなければならないと力説した。

だがトランプ現象で白人中流層の崩壊が明らかになったように、ライシュの理想が実現することはなかった。

その理由はアメリカ政府の教育政策が失敗したというよりも、知識社会で成功できるのが限られたひとだけだからだ。

この不都合な事実は、「教育、教育、教育」を政策目標に掲げて颯爽と登場したイギリスのブレア政権でも証明された。

どれほど教育に予算を注ぎ込んでも、若者の失業率は まったく改善しなかったのだ」などの記述があります。

知識社会の「格差」 - 2
同記事に「多くの若者が知識社会から脱落していくのは、教育のやり方が間違っているからだと、誰もが最初は考えた。

貧困層の幼児教育に効果がないとわかると、乳児まで さかのぼって教育すべきだという話になった。

ITの仕事に就くために、失業者にプログラミングの基礎を教える試みもあった。

だが なにをやっても状況は改善せず、経済格差は拡大するばかりだ。

こうして、「これ以上の教育投資は効果がなく、税金の無駄遣いだ」と主張する論者が現われた」

「知能や学力が遺伝なのか、環境(子育て)なのかという論争は、科学的には行動遺伝学によって決着がつけられた。

一卵性双生児や二卵性双生児を多数調べることで、知能や性格、精神疾患や犯罪傾向に どの程度、遺伝の影響があるのかが正確に計測できるようになったからだ」

「そのなかでも知能の遺伝率は きわだって高く、論理的推論能力は68%、一般知能(IQ)は77%とされている。

知能の7割から8割は、遺伝によって説明できるのだ。

この科学的知見をもとにして、政治的に きわめて不穏な主張が現われた。彼らは次のようにいう。

知識社会における経済格差は知能の格差だ。

知識社会とは、定義上、知能の高いひとが経済的に成功できる社会のことだ。

だからこそ、「教育によってすべての国民の知能を高める」という理想論が唱えられるのだが、いまや その前提は崩壊しかけている。

先進国で社会が二極化するのは、知識社会が、知能の高いひとと そうでないひとを分断するからだ。

知能の違いは、環境ではなく遺伝によって ほぼ説明できる。

だからこそ、どれほど教育に ちからを注いでも経済格差は拡大するのだ」などの記述があります。

知識社会の「格差」 - 3
同記事に「企業の本音は、優秀な若手社員を厚遇して人件費だけ高く不要な中高年をリストラすることだ」

「高校中退などで学校教育からドロップ アウトした若者(先進国に共通するが、その多くは男性だ)は貧困層に落ちていく」などの記述があります。

NEWSポストセブン 」サイトより


血液型より正確 あなたの性格はDNAで決まっていた - 1

現代ビジネス [講談社] 」サイトより


婚活にも影響? 米国で「おもいやり遺伝子」を特定

税金と保険の情報サイト 」より


「親切遺伝子」の有無、初対面でも判別可能

読解力と計算力、共通の遺伝子が関与か

幼児に簡単な道具「作り・使う」能力、生まれつきか

発達障害の関連遺伝子12個を特定、英研究

リベラルか保守かは、遺伝子で決まる?
同記事に「政治的にリベラルか保守かという傾向と遺伝子、より正確には、一つの遺伝子の特定の変異体とを関係づける研究が発表された。この変異体は、男性よりも女性に及ぼす影響の方が大きいようだという。

シンガポール国立大学(National University of Singapore、NUS)のリチャード・エプシュタイン(Richard Ebstein)氏が率いる研究は、シンガポールに住む漢民族出身の大学生1771人を対象に、質問表への回答とDRD4遺伝子の変異体の有無を比較した。DRD4遺伝子は、神経伝達物質ドーパミンの脳内での放出のされ方を決定する遺伝子の一つだ。

研究で明らかになったのは、不平等を非難する傾向の強いリベラル派になるか、変化に慎重な筋金入りの保守派になるかという違いと、この変異体の有無とに強固な関連性があることだ。

さらに一般的には女性の方が男性よりも保守的な傾向が強いが「政治的姿勢とDRD4の関連性は、女性の場合、非常に顕著」で、男性では女性ほどではないことが示された。

これらの研究結果は、同じ遺伝子に関連し同様のパターンがみられた欧州系人を対象とした先行研究によって も強化される。

「氏(遺伝子)か育ち(環境)か」という長年の論争では久しく社会的価値観、特に政治的価値観は、育った家庭環境、教育、社会階級に基づくとみなされていた。

しかし、研究者の言葉を借りれば「生物学を無視することはできない」報告が相次いでいる。

脳は特徴ある複数のドーパミン経路と つながっているが、その一つはリスクを冒すことに関係しており、これは ほぼ間違いなくリベラルか保守かの二分法に相対している。

今回の研究では、保守傾向かリベラル傾向かを評価するために標準化した質問表を使用し、遺伝子と政治的姿勢の関連性を解くことを試みた先行研究との比較を容易にした。

エプシュタイン氏らは「われわれの研究結果によって、政治的姿勢の個人差、特に女性における それに、DRD4遺伝子変異体が寄与する役割に関する証拠が得られた」と結論している」などの記述があります。

新たな遺伝コードを発見、遺伝子制御に関与か

ギャンブルとの向き合い方、遺伝子が大きく関与か 米研究

チベット人の高地適応能力、絶滅人類系統から獲得か 1
同記事に「血液に酸素を行き渡らせるヘモグロビン分子の生成を調整する「EPAS1」と呼ばれる遺伝子の特異な変異が、チベット人の遺伝子コードに埋め込まれているのを研究チームは発見した」などの記述があります。

チベット人の高地適応能力、絶滅人類系統から獲得か 2
同記事に「チベットの人々が持つEPAS1の変異は、デニソワ人のサンプルで見つかった変異と ほぼ同じものだった。 だが この変異の痕跡は、漢民族以外の、デニソワ人の名残を受け継ぐとされる他の民族集団には全く存在しない」などの記述があります。

友達は遠い親戚?1%の遺伝子同じ

身長に関連する遺伝子変異 約700特定、国際研究

自殺傾向の血液検査に前進、関連遺伝子を特定 - 1

自殺傾向の血液検査に前進、関連遺伝子を特定 - 2

農薬曝露の影響は3世代後まで続く、米大学がラットで実験
同記事に「化学品への暴露が精子や卵子の遺伝子構造に変化を及ぼし、青年期になった子孫のストレス反応に影響を与える可能性があると指摘している」などの記述があります。

殺虫剤と小児白血病に関連か

妊娠時の殺虫剤暴露量と子どものIQに関連性

殺虫剤DDTの胎内暴露、乳がんリスク4倍に

殺虫剤2種、脳発達を阻害する可能性 EU報告

農薬は認知症リスクを増大させる、フランス研究

リーダーの頭脳と集団の腕力、アリの協調行動解明 研究

先進国の双生児出産、40年間で ほぼ倍増
同記事に「双生児の出産件数が先進国で過去40年間に ほぼ倍増したことが、発表された研究で明らかになった。研究者らは健康上のリスクとの関連性について警告している」

「米人口学専門誌「Population and Development Review」 に掲載された研究論文によると、米国での双生児出産は、1975年には出産1000件に対し9.5件だったのが、2011年には16.9件と ほぼ倍増していた」

「研究者らは双生児出産の増加の要因として、排卵誘発や体外受精などの生殖技術が生まれた1970年代以降の「医療技術が補助する生殖医療(MAR)」の拡大を挙げている。

排卵誘発も体外受精(IVF)も、1回の妊娠で複数の胎児が宿る確率が高い」

「IVFその他の 生殖補助医療(ART)の普及は、経済的に安定するまで、あるいはキャリアを築くまで子どもを作らないことによる母親の初産年齢の高齢化に伴っていると著者らは指摘している」などの記述があります。

DNAで名競走馬が分かる?歩き方に影響する遺伝子の変異を特定

遺伝子編集でイヌの筋ジス改善、「治験への道開く」

AFPBB News 」サイトより


精子は「兄弟」認識、群れで卵子目指す

チベット人の高地適応はデニソワ人由来

チンパンジーの知能、半分は遺伝

クモの性格、仕事の成果を決める?

慎重な性格の鳥は似た者同士で集まる

人類の低身長化の過程で新発見、ピグミーの研究で

欧州には青い瞳の狩猟採集民がいた

天才を作り出す?「賢い遺伝子」の研究は是か非か

「精液の質」で相手選ぶ、ハエ生殖戦略に新説
同記事に「メスがオスの精液の質に基づいて交尾相手を選んでいる可能性があるという論文が「Trends in Ecology and Evolution」誌オンライン版に発表された。

オーストラリアのニューサウスウェールズ大学で進化生物学を研究するラッセル・ボンドリアンスキー氏は、ナガズヤセバエ科のハエ(Telostylinus angusticollis)を対象に、平均的な体長のメスの集団と、大柄なオスの集団、小柄なオスの集団を それぞれ交尾させ、生まれる子のサイズを調べた。

ところが、親のサイズとの相関があるだろうという研究者の予想は外れた。子世代のハエの体長は、見事に ばらばらだったのだ。

データを隅々まで検討したところ、この実験結果を説明できる唯一の要因は「メスが以前にも交尾をしていたこと」であるとの結論に至った。

メスが以前に交尾したオスの精液、さらに言えば精液から精子を除いた精漿(せいしょう)に含まれる何らかの物質が、次のオスとの間にもうけた子の体長に影響を与えたのではないか、というのだ。

これまで科学者の関心は、おおむね精子に向けられてきた。

だがボンドリアンスキー氏は今回の研究から、哺乳類から昆虫に至るまで、精液も交尾と繁殖に大きな役割を担うと考えている。

さらに、精液は子に影響を及ぼすばかりか、メスのパートナー選びまで左右しているというのがボンドリアンスキー氏らの研究チー ムの見解だ。

「精漿の役割について、これまで真剣に検討した人はいませんでした」とボンドリアンスキー氏は指摘する」

「ハエの精液は、実際には95%以上が精漿だ。この液体はRNAとタンパク質が複雑に混ざった化学物質のスープであり、このおかげで精子はメスの生殖器内で生き延び、卵に到達できる。

大半の動物種では、オスが1度の射精で放出する精漿の量は比較的 少ない(人間では、1度に わずか3~4ミリリットル)。

そのせいもあり、多くの科学者は精漿自体がメスに大きな影響を与えうるとは考えなかった。

だが米コーネル大学の進化生物学者、マリアナ・ウォルフナー氏によれば、それは全くの見当違いだという。

「精漿の成分は、卵の産出や排卵に加え、精子の貯蔵、採餌・睡眠行動、別のオスと交尾するかどうかにまで関わってきます」と説明する。ウォルフナー氏は今回の研究には関わっていない。

具体的には どう作用するのか。ボンドリアンスキー氏は、精漿に含まれるRNAとタンパク質が、メスの体内で さまざまな遺伝子のスイッチを入れたり切ったりしていると考えている。

これにより、卵を作り出す量から睡眠時間の長さに至るまで、メスの行動の多くに影響を及ぼしている可能性があるのだ。

こうした変化が、受精の確率を高めたり、受精卵が より健康な子に成長したりするのに役立っているのかもしれない。

こうしてメスの生殖器官の環境を物理的に変えることで、精漿は別のオスとの間にできた子の運命までも左右する重要な役割を果たしている」などの記述があります。

ハエは最初の交尾が子供の大きさを左右

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


何が子の性別を決め、子の性別は親の人生を どう変えるのか
同記事に「1973年、アメリカの進化生物学者であるロバート・トリヴァース氏とダン・ウィロード氏は、「ホ乳類の多くは、進化という賭けにおいてオスよりもメスの子どもを産む方が安全」という事実から「子どもの性別はランダムではない」という1つの仮説を打ち出しました。

「進化の賭けにおいてメスを産む方が安全」というのは つまり、オスは自分で子どもを作ることができませんが、メスはオスを ほんの数分誘い込むだけで子どもを作ることが可能であるということを意味しています。

この仮説によれば、物資が少なかったり、女性の体調が最善ではなかったり、あるいは女性がヒエラルキーの下部に位置していた場合、より安全な賭けを行うべく、ホ乳類の子どもの性別はメスになる可能性が高くなるとのこと。

実際に、メスが生まれる割合と母胎の置かれた環境の関係は、アカシカ、牛、バーバリーマカクというサルなどで確認されており、ニューヨーク大学の社会学者ダルトン・コネリー教授は「血中グルコースのレベルが低くなると『今は よくない環境だ』というシグナルが子宮に送られ、男性を作る胚盤胞が自然流産してしまうため」と この現象を説明しています。

血中グルコース以外の要素も、胎児の性別に影響を与えます。

自然災害や政治の変動などストレスの多い出来事が人口における男女比に影響を与えていると示す論文は多く、例えば、チリで大きな地震が起こった際には、当時 妊娠3か月だった母親から生まれた子どもは、男児の割合が少なかったという調査結果が出ています」

「これらの研究で、子どもの性別に影響を与える可能性が高い物質として、ストレス ホルモンのコルチゾールが挙げられています」

「現代において、科学的な要因よりも社会に影響を与えているものがあります。それが「男児が好まれる」という傾向です。

男児が好まれる傾向は一人っ子政策が取られていた中国において顕著ですが、Google検索において「女の子を産む方法」よりも「男の子を産む方法」の方が検索数が多いことから、アメリカでも男児が好まれる傾向にあることがわかります。

そして、親が子ども性別に対して好みがあるのと同時に、子どもの性別も また親に影響を与えます。

過去の研究では、息子がいる人は よりリベラルな思想に、娘がいる人は保守的な共和党支持者となる傾向があることが明らかにされており、子どもの性別は親の政治的な考え方にまで影響を与えるとのこと。

なお、この時の調査で継子や養子は除外されませんでした。

また息子がいる夫婦は娘がいる夫婦よりも結婚生活が長くなること、青年期の息子がいる父親は他の親よりも幸福度が小さいことなども判明していることから、子どもの性別は、親の人生にとって非常に重要な要素であると言えます」

「カンザス大学の社会学者であるエミリー・ロウシャー教授とコネリー教授は総合的社会調査の回答内容のうち、第1子の性別に着目して調査を実施。

この時、養子や継子を持つ夫婦は調査から除外されました。

その結 果、継子や養子を除外しても、息子のいる両親はリベラルになる傾向があると判明。娘がいる両親は共和党を支持する傾向が強い、という結果も過去に行われた研究と一致しますが、興味深いのは、人工中絶の禁止を掲げる共和党を支持しながらも、娘を持つ夫婦は妊娠中絶に理解を示すプロチョイスである割合が高かったことです。

これは、自分の娘が若くして未婚の母になってしまうリスクに比べれば、中絶は やむを得ない、という現実的な判断が反映されていると見られています」

「ニューヨーク大学の社会学者であるアビガイル・ウァイツマン氏は、発展途上国で娘を産んだ母親は虐待されたり捨てられる傾向があるだけでなく、高確率で働きに出なければならないことを明らかにしました。

ここには、「息子を持つ母親には家で息子の世話をしてもらいたいけれど、娘の場合は家計の足しとして金銭を稼いでほしい」という父親の意志が見られるとのこと。

その他、発展途上国では父親が息子に対して競争心や嫉妬を抱き、男性的な振る舞いをする傾向が見られることも。

さらに、12~18歳の息子がいる父親は女性に対して無理やり性行為を強いることに肯定的で、家庭の外で性行為を行い家族に 性病を移す傾向が高い、ということなども判明しています」

「家族内においてでも、「子どもの性別」による相互作用の影響については、確実に存在するものと言えそうです」などの記述があります。

父親が高齢であるほど息子はギークになる傾向が強くなることが判明

なぜDNAが同じ一卵性双生児でも指紋は同じにならないのか?
同記事に「生物は遺伝と環境によって形質が異なることが分かっています。

そして、それぞれの生物が実際に獲得した固有の形質である表現型(ひょうげんがた)は、先天的に受け継がれる「遺伝子型」と後天的に獲得する「環境」という二つの要素によって決まるものです。

つまり、生物が それぞれ微妙に異なる形や性質を持つのは、環境が異なるからで、まったく同じ遺伝情報を持っていても、まったく同じ生物になることはないというわけです。

受精卵は母親の胎内で成長しますが、2つの胚に分裂した一卵性双生児には、それぞれ母親からの影響を個別に受けます。

つまり、一卵性双生児は、子宮内の位置、血圧、ホルモン レベル、栄養を受け取るスピード、羊水の状態など、微妙に異なる影響を それぞれが受けることで、成長する過程で違いが生じます。

そして、生後10週から16週の間に成長する指紋にも微妙な違いが生まれるため、一卵性双生児でも まったく同じ指紋にはならないのです」などの記述があります。

正義感や道徳心は両親から遺伝するという可能性が示唆される
同記事に「これまで正義感や道徳心という後天的に獲得すると思われていた性質が、両親から遺伝的に受け継がれるものであるという可能性が示唆されています」などの記述があります。

貧困地域に住むと貧困から抜け出せずIQや健康、学力にも悪影響

貧困層よりも富裕層の方が10年から15年 長生きできる

DNAを注入してアンチエイジングの新たな手法を研究

3人の親の遺伝子から子供を作る「ミトコンドリア置換」

遺伝子操作で生まれるデザイナー ベビーを多くの識者が支持

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


眠気覚ましに必要なコーヒーの量は、遺伝子的に決まっていた

ブラウザ上で音の遺伝子を視る「Music DNA」

内向的な人と外向的な人は どちらが良いのか?

「外向的」と「内向的」な性格が身体の健康に及ぼす影響とは

アメリカが初めてヒト受精卵の遺伝子編集に成功

ギズモード・ジャパン 」サイトより


カフェインとアルコールは、染色体「老化の指標」に影響

「思いやり」があるか無いかは遺伝子で決まる

「誰かを助ける」のに理由はいらない(哺乳類なら)
同記事に「閉じ込められた仲間を見ると、ラットはストレスを感じるためその仲間を助け出そうとする」とペギー・メイソン教授は言う。

だからこそ抗不安剤でストレスを感じないようにさせると、助け出す行動が見られなかったのだ。

「現在の薬に あふれた社会では、人は薬を使ってネガティヴな経験の影響を弱めようとします」と教授は続ける。

「それは人が助け合うことも少なくしてしまうかもしれません」

「ラットが狭い場所に閉じ込められた仲間を積極的に助け出すことは、過去の研究ですでに実証されている。

ラットは このとき、その仲間に共感して助け出そうとするように見える。

しかし今回、催眠鎮静剤や抗不安剤に分類される薬「ミダゾラム」を投与されたラットは、投与されていないラットに比べて、ケージに閉じ込められた仲間を助け出す可能性が低いことがわかった。

ミダゾラムを投与されたラットは、閉じ込められた仲間を見てもケージの扉を開けようとしなかったが、チョコレートなどのおやつがケージに入っている場合は扉を開けている。

今回の研究を率いたシカゴ大学のペギー・メイソン教授は、ミダゾラムを投与されたラットが仲間を助けようとしない理由を、心拍数が十分に上がらず、(精神的な)苦痛を感じないからだと考えている。

「閉じ込められた仲間を助けるには、仲間と同 じ気持ちになる必要があります。

これは わたしたち人間の行動を思い起こさせる結果でした。わたしたちも、ラットと同じ哺乳類なのです」とメイソン教授は語っている」

「これは、おそらく進化の過程で獲得した哺乳類の特質なのでしょう。互いを助けることは、種の繁栄にも つながるのです」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


なぜ青い瞳の人の方がアルコール依存症が多いのか

「親切な人」が最後には勝つ? その根拠を科学的に解明

「好きな音楽」と性格には密接な関連がある

なぜ「兄弟や姉妹」は こんなに違うのか?:研究結果

完全に健康な人でも遺伝的な病気を持っていることがある

8割以上の正確性。血液検査でわかる客観的な「自殺リスク」

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


Can Happiness Be Inherited? (英語)

Science Daily 」サイトより (英語)


性格は「腸内細菌」によって決まる:研究結果

環境と遺伝子の間:エピジェネティクスは常に変化している 1

環境と遺伝子の間:エピジェネティクスは常に変化している 2
同記事に「育ちが遺伝子に与える影響について実験を行った。彼が注目したのは、非常に気性が穏やかなイタリア ミツバチと、集団で人を刺し殺すこともある獰猛なアフリカナイズド ミツバチ(以後キラー・ビー)だ」

「研究チームは、それぞれの幼虫を孵化一日目で別種の巣に移し、2種類のミツバチがどのような性格に育つのか、という実験を行った」

「養子に出されたイタリア ミツバチは、養い親のキラー・ビーと同じようにキレやすく攻撃的になり、逆にイタリア ミツバチに育てられたキラー・ビーは、育ての親に倣っておとなしくなる」

「驚くことに、キラー・ビーの警戒フェロモンに晒されて育ったイタリア ミツバチの遺伝子も、これに影響を受けていたのだ。生まれもったゲノムの塩基配列は もちろん変わっていなかった。

しかし、イタリア ミツバチは警戒フェロモンの影響により、温厚から獰猛な性格になるように、「遺伝子のスイッチ」が大きく切り替わっていたのである。

環境によって変化する遺伝子のスイッチ。このコンセプトは1942年にコンラッド・H・ウォディングトンにより初めて提唱され、「エピジェネティックス」と呼ばれている。

二重らせんで成り立っているDNAや、DNAが巻き付いているヒストンたんぱく質を、有機分子が後天的に化学装飾(DNAのメチル化やヒストンのアセチル化)するもので、これが親から受け継いだ遺伝情報をオンにしたりオフにしたりと調節しているのだ。

この有機分子は ひとたび化学装飾が起こると、長い間、時には一生付着することとなる。

最近の研究では、ライフスタイル、食生活、社会的変化、環境汚染、また心理的な変化によっても、エピゲノムが変化することが明らかになっている。

遺伝子と環境の間。氏と育ちの隙間。そこにエピジェネティックスが作用する。

そして環境からの情報を取り込むことで生じた一部のエピジェネティクスは、なんと次世代へと遺伝することが明らかになってきたのだ」などの記述があります。

環境と遺伝子の間:エピジェネティクスは常に変化している 3
同記事に「研究グループは20匹の雄マウスを2つのグループに分け、10週間もの間、一方には高脂肪食、そして もう一方にはコントロールとして普通食を与えた。

その結果、高脂肪食の雄マウスの体脂肪は21%も増え、精巣や精子のマイクロRNAにも変化が認められたという。

そこで肥満となった雄マウスをコントロールの雌と交配させ、子ども世代が肥満マウスの遺伝子表現型を引き継いでいるかを調査。

さらに、子ども世代の雌とコントロールの雄を交配させて、生まれた孫世代にも同様の表現型が遺伝するかを調べた。

すると雌雄問わず子どもたちの すべてに部分的、または全遺伝子表現型が遺伝していることが確認され、特に雌の子どもは67%も肥満率が上昇。

しかも父マウスに糖尿病などの代謝疾患が確認されなかったにもかかわらず、糖尿病の前兆であるインスリン抵抗性の上昇が認められたという。

また、雌の子どもが産んだ孫世代の雄も27%肥満が増加し、高脂肪食を与えられて肥満となった父マウスの影響が、2代にわたって伝達することが確認されたのだ」

「子どもをつくるまでの たった2か月半の食生活が、生殖細胞の分子構造にまで影響を及ぼしたことを示唆している。

そして この遺伝子のスイッチは その後2代にわたって遺伝した。DNAの塩基配列の変化を伴わずして、遺伝子のスイッチが変わる。

われわれが生活習慣、または生活環境を変えるだけでも、エピジェネティクスには変化が現れていたのだ。

住む環境を変えてやるだけで、ミツバチのエピゲノムは劇的に変化した。たった2か月半の高脂肪食も、マウスを2代にわたって肥満体質にした」などの記述があります。

環境と遺伝子の間:エピジェネティクスは常に変化している 4
同記事に「孤独な人の免疫細胞のうち、白血球の遺伝子の2つ(NF-κBとAP-1)がどう発現しているかを調査した。

被験者は平均年齢が55歳の14人。DNAマイクロアレイによる遺伝子発現解析を行い、社交的なグループと孤独なグループを比較したところ、約2万2,000というヒト遺伝子のうち、209の遺伝子の発現において大きな相違が見られた。孤独感を感じている被験者は、炎症にかかわる78の遺伝子が過剰発現となっており、逆に抗体の生成や抗ウィルス反応にかかわる131の遺伝子においては、発現量の低下が見られたという。

この結果によると、強い孤独感は、心臓病、アルツハイマー病、関節炎など、炎症を伴う病気のリスクを上昇させ、さらにウイルス性の風邪などに かかりやすくなることを示唆している。

面白いのは、「どれだけ社会から疎外されているか」という客観的な事実ではなく、「本人が どれだけ孤独を感じているか」という主観的な感情のほうが免疫細胞との関連性が強かったことだ」

「驚くべきことに幸福の種類によっても免疫細胞のエピゲノムが変化すると発表されている。

研究者らは、35歳から64歳までの被験者80人を幸福の種類別に分けた。1つめの幸福感は快楽主義的、または"Hedonic"なもので、目先の欲求を満たすことで簡単に得られるものだ。例えば「おいしいものを食べて幸せ」や、「欲しかったものが買えて幸せ」など、単純な自己満足が これにあたる。2つめの幸福感は「人生に方向性や意味がある」「よりよい人間に成長できるような挑戦、または経験をしたことがある」「社会に貢献できるものがある」など、何らかの理由が満足感や安寧を生じさせる、"Eudaenomic"な幸福だ。

被験者らはHedonicやEudaenomicな質問に答えてもらい、幸福の度合いを0(一度も感じたことがない)から5(毎日感じている)まで段階評価するよう指示された。そして血液中の免疫細胞の遺伝子と相関性があるかどうかを調査した。

幸福の種類によって免疫細胞の遺伝子スイッチが変化するのは にわかに信じがたいが、物欲を満たすことや、おいしいものを食べるという行為で得られる短期で浅いHedonicな幸福では、免疫細胞が活性化するどころか孤独感を感じているのと同じようなエピゲノムのパターンが見られた。

逆に社会に貢献することで人生に意味を見出すような、深い満足感を伴うEudaenomicな幸福感では、炎症反応に関連する遺伝子が抑えられ、抗ウイルス反応に関連する遺伝子は より活性化されていた」などの記述があります。

環境と遺伝子の間:エピジェネティクスは常に変化している 5
同記事に「外因的な環境変化や内因的な深層心理が、エピジェネティクスに変化をもたらす例を述べてきた。

同じ環境にいるからといって、同じ遺伝子が発現するとは限らない。個人の主観的な孤独感の度合いにより免疫細胞の遺伝子が反応したように、人の経験というのは、出来事に対して十人十色だからだ。

同じ遺伝子を持つ一卵性双生児やクローンでも、考え方や性格が異なり、嗜好や行動パターンに違いが見られるのは、環境や主観的な経験により、遺伝子のスイッチが変換されるせいだといえるだろう」などの記述があります。

「孤独」を感じる脳の部位、特定される

子どもの知能:遺伝と環境と経済レベルの影響

「父親の肥満」が子どもに遺伝する:複数の研究結果

未来のアスリートは遺伝子テストで発見される

がん治療が,遺伝子検査 新技術で素早く正確に,精密医療最前線

不老の秘密は「600人のエストニア人の血」で解き明かせるか

ヒトに感染し「頭を悪くする」ウイルス、発見される - 1
同記事に「ジョンズ・ホプキンズ大学医学部等の研究者チームが、通常は藻に感染するウイルスが、人間やマウスの脳に感染する場合があることを発見した。感染すると、有意で「認知能力が低下する」ことも明らかになった」

「研究チームが発見した この藻類ウイルスは、これまで人間には害を及ぼさないと考えられていた。

ところが このウイルスは、人間の認知能力、たとえば空間認識や視覚処理に関する能力に影響を与えることが明らかになった」などの記述があります。

ヒトに感染し「頭を悪くする」ウイルス、発見される - 2
同記事に「感染したマウスを調べたところ、このウイルスは、(記憶や空間認識と関連した)海馬における遺伝子の発現に影響を与えることが明らかになったという」などの記述があります。

パーキンソン病 発症のリスクは「腸内」にあり
同記事に「パーキンソン病は、脳の一部に異常が起こり体の自由が利かなくなってしまう難病だ。

近年 腸内フローラとの関係が注目されているが、オーフス大学エリザベス・スヴェンソン博士がヒトを対象とした、大規模な臨床知見を発表した」

「パーキンソン病は、脳の黒質(こくしつ)に異常が起こりドーパミンが減少し、筋肉までの神経伝達が うまく機能しなくなる神経変性疾患のひとつだ。

この疾患の始まりが〈脳内〉ではなく、〈腸内〉からだといわれたら、耳を疑うのではないだろうか。

近年のパーキンソン病の腸内環境との関係性を追求する研究は、この難病の根本的な治療法が変わる可能性を示唆している」

「1970~1995年までに、消化性潰瘍治療の一環として「迷走神経切離術」を受けた患者たち15,000名のデータを解析し、「この手術を受けた患者たちのパーキンソン病発症率が、手術を受けていない人達と比べて かなり低かった」と報告した。

これは つまり、脳と臓器を繋ぐ迷走神経を切断することによって、思いもよらず「パーキンソン病の予防」になっている可能性があるということだ。

迷走神経は脳と内臓をつなぐ重要な神経で、主に胸腹部の内臓を支配する機能としては、副交感神経として働く。

この迷走神経がカギになり、腸内から脳内へ病原体が移行し、パーキンソン病の発症に起因している可能性がある」などの記述があります。

人は微生物のクラウドに包まれている:マイクロバイオーム - 1
同記事に「人が行く あらゆる場所、人がする あらゆることは、「微生物のオーラ」に包まれている。

微生物は、あなたが頭を掻けば髪の毛から落ちてきて、あなたが友達に手を振れば手から飛散し、おしゃべりすれば口から吐き出される。

何もせずに じっと座っているときでさえ、人は自分自身が放つ微生物のオーラの中にいる、というわけだ。

数百万、数十億、数兆ものバクテリアや酵母、その細胞や細胞の一部からなる このオーラは、言うなれば「雲(クラウド)」のようだ。そして新たな研究によれば、その雲は人それぞれによって異なるとされている。

この雲を研究することで伝染病が拡散するのを追跡したり、警察が犯人を逮捕したりするのにも役立ちうる、というわけだ」

「マイクロバイオーム(microbiome)」という言葉からは、プロバイオティクスのことが よく連想される。

いわゆる善玉菌──人の中に住んで食べ物を分解するのを助け、ときに病気と戦い、空腹をコントロールしている微生物群である。

しかし、彼ら微生物は、人の体の外側にも存在する。体は一面皮膚に覆われているが、その皮膚には数百万もの微生物が住んでいるのだ。彼らは皮脂や死んだ細胞、有機物を食べ、あるいは共食いをして生きている。

「1cm四方の皮膚に、数千ものバクテリアが存在します」などの記述があります。

人は微生物のクラウドに包まれている:マイクロバイオーム - 2
同記事に「バクテリアは、人が歩いたときに発生する気流や空気の渦によって簡単に舞い上がる。

「もし あなたが誰かと握手するほど近ければ、その時点で すでに、相手の微生物の雲の中にいるということになります」

「誰かが そばを通って微風を感じたとすれば、その風は、あなたのバクテリアを連れて行っているんです」などの記述があります。

人の性格は60年間で劇的に変わるという研究結果

WIRED.jp 」サイトより


あなたは何月生まれ?米大学の生まれ月で病気が決まる?研究

人はDNAが よく似ている相手と結婚することが判明 - 米研究

お見合いに失敗する原因、実は遺伝子レベルの問題だった
同記事に「調査とDNA検査の結果、男性はリーダーシップと関連する遺伝子を持つ人、女性は社会的感受性・服従性と関連する遺伝子を持つ人が、相手からもう一度デートしたいと思われやすいことがわかった」

「逆に、男勝りな女性、敏感な男性は人気が低い」などの記述があります。

苦しい生活はDNAの質まで低下させる

レコード チャイナ 」サイトより


Air Pollution Could Shrivel Sperm's DNA (英語)
(大気汚染で精子に異常、マウスで実証)

Wired.com 」サイトより (英語)


排卵期の性ホルモンが男女の創造性に影響する:研究結果
同記事に「女性の月経周期が影響を及ぼしているのは、本人の心身だけではありません。ホルモンバランスの変化は、創造性にも影響を与えている可能性があるようです。研究では、排卵直前から排卵中にかけての時期に、創造性が向上することが示されています。しかも、女性本人だけでなく、周囲にいる男性の創造性も刺激されるというのです」などの記述があります。

先送り癖を直すコツ「ツァイガルニク効果」

カレンダーの締切日に色をつければ先延ばしを避けられる

先延ばし癖を直す裏ワザ「テンプテーション・バンドリング」

創造力は才能?それとも教えられるもの?
同記事に「飛び抜けた創造性を発揮する人は、生まれつき脳が異なっており、彼らの創造性は訓練やテクニックで身につけたものではないのです」などの記述があります。

「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」の違いは

制汗剤やデオドラントは「腋の下の微生物叢」を変化させる

ライフ ハッカー[日本版] 」サイトより


無慈悲な行動に関連する遺伝子発見

恐怖の記憶は子孫に継承される

スラッシュ ドット・ジャパン 」サイトより


「先延ばし遺伝子」が存在する説が発表される

幸せホルモン「セロトニン」は腸から出てることが判明
同記事に「驚くべきことが判明した。『幸せホルモン』と呼ばれる『セロトニン』の95%は、なんと『脳』ではなく『腸』から出ていることが研究で判明した。
『セロトニン』は腸内環境で左右される
腸の状態が悪いとセロトニンもスムーズに分泌されないことが判明。便秘や暴飲暴食による腸の疲労状態を改善することが、幸せかどうかを感じることに大きく関係している。人間は「腸で物事を判断している」ともいえる」などの記述があります。

腸内環境を整えることが精神疾患や自閉症の改善に効果あり

ロケットニュース24 」サイトより


腸内細菌と免疫系の共生の仕組み発見

サイエンス ポータル 」サイトより


腸内細菌に食物アレルギー改善効果の可能性

子どものぜんそく、腸内細菌の不足に関連か カナダ研究 - 1

子どものぜんそく、腸内細菌の不足に関連か カナダ研究 - 2

栄養不良の悪影響、腸内細菌で対抗 マウス実験で効果 - 1

栄養不良の悪影響、腸内細菌で対抗 マウス実験で効果 - 2

帝王切開児に有益な細菌を与える方法を発見、米研究 - 1
同記事に「帝王切開で生まれた新生児に、有益な細菌を与える方法を発見したとの研究結果が発表された。

体全体を覆う保護膜を形成する細菌は、自然分娩時に産道で体内に取り込まれるが、帝王切開児はその機会を逸しているとされる。

人間の皮膚、口、腸などに生息する細菌は、消化、代謝、免疫などで重要な役割を担っている。

だが、生涯にわたる恩恵をもたらすと考えられている通路の産道を経由せずに生まれる帝王切開児の体内細菌は、産道を通る自然分娩児とは大きく異なる。

英医学誌「ネイチャー・メディスン(Nature Medicine)」に掲載された研究論文によると、統計上、帝王切開児は後年に肥満、ぜんそく、アレルギー、免疫不全などを発症する可能性が高いという。

今回の研究に参加した科学者らが所属する米ニューヨーク大学ランゴンメディカルセンター(New York University Langone Medical Center)から発表された声明は「自然分娩でもたらされる細菌が施す『教育』を、帝王切開が妨げている」と述べている。

とりわけ重要なのは、新たに形成される免疫系が、有益な細菌と疾患を引き起こす細菌とを見分けるのを、これらの細菌が助けることだ」などの記述があります。

帝王切開児に有益な細菌を与える方法を発見、米研究 - 2

オランダ「糞便バンク」開設、腸内感染症治療に活用

AFPBB News 」サイトより


食べるだけで運動と同様の効果!梅がもつ驚くべきパワー

WAOサイエンス パーク 」サイトより


病は胃腸から「腸の脳」に注目

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 」サイトより


人の消化管に棲む微生物を大規模調査
同記事に「加工度の高い食物を摂取する西洋型の食生活を送る人と、より伝統的な食生活を送る人の消化管には大きな違いがみられる」

「ある種の細菌が多すぎたり少なすぎたりすると、多くの慢性疾患の大きな要因の1つである炎症を引き起こしかねない。最近の研究によると、糖尿病と肥満には消化管の細菌のアンバランスが関与している」

「これは自分で制御できる健康の重要な側面であることを人々に理解してほしい。遺伝子は持って生まれたものだが、マイクロ バイオームは食生活やライフスタイルを通じて変えることが可能だ」などの記述があります。

栄養失調の子供が追い付けない理由
同記事に「研究論文によれば、栄養失調の乳幼児の消化管では微生物の生態系が確立されていない」

「子どもの腸内微生物叢と免疫系、脳は同時に成長している」

「われわれが健全に成長し、すべての潜在能力を引き出すには、おそらく腸内微生物叢の健全な成長が必要」

「微生物が生涯に わたって健康に影響を及ぼしている可能性が高い」などの記述があります。

狩猟採集民から古代の腸内細菌が見つかる

自閉症、腸と脳の つながり明らかに
同記事に「ストレスが激しい腹痛やけいれん、断続的な痛みといった辛い腹部症状の原因になることは知られているが、腸の異常は脳にも影響を及ぼす可能性がある」

「これまでの研究により、自閉症児と健常児では、微生物叢と呼ばれる腸内に生息する膨大な数の微生物に著しい違いがあることがわかっている。

そして今回、カリフォルニア工科大学で行われた研究の結果、微生物が自閉症の一因となる可能性が初めて明らかとなった。

「Cell」誌に先月掲載された論文によると、試験的なプロバイオティクス療法によってマウスの自閉症様行動が軽減し、すでに臨床試験の準備に入っているという。

現在、自閉症に対しては主に行動療法による治療が行われてい る。しかし、今後はプロバイオティクス(ヨーグルトなどに含まれる、生きた"体に良い"微生物)による治療に取って代わる可能性が出てきた」

「自閉症は、コミュニケーション及び社会相互交渉の障害、反復的な行動という3つの基本的特徴を有する一連の疾患を指す。

自閉症を持つ子どもに最も多い健康上の訴えは胃腸障害だ。米国疾病予防管理センター(CDC)によると、自閉症児が慢性的な下痢や便秘を経験する可能性は、健常児より3.5倍以上高いという。

これらのヒントに基づき、アリゾナ州立大学の研究者らは、自閉症児と健常児から採取した便検体に含まれる腸内細菌を分析。

その結果、自閉症児の腸内細菌の種類は極めて乏しく、腸が病原体による攻撃の影響を受けやすくなって いる可能性が明らかとなった。

また別の研究でも、自閉症患者と健常者では腸内細菌の種類と数が大きく異なることが判明している。

今回は、腸内微生物叢が自閉症の原因かどうかを調べるため、カリフォルニア工科大学の博士研究員エレイン・シャオ(Elaine Hsiao)氏が実験を行った。

妊娠中にインフルエンザにかかった母親から生まれる子どもは自閉症を発症するリスクが2倍になるという先行研究に基づき、シャオ氏は妊娠中のマウスに偽ウイルスを注射し、自閉症様症状を呈する仔マウスを出産させた。

その後、仔マウスは "腸管壁浸漏"と呼ばれる症状を示した。腸内細菌によって作られた分子が血流に入り、脳に到達する可能性もある状態だ。

それでは、腸内細菌はいかにして行動に影響を及ぼすのだろうか? シャオ氏がマウスの血液を調べたところ、"自閉症"マウスの血液には腸内細菌が作り出す4EPSと呼ばれる分子が46倍も多く含まれていた。

さらに、健康なマウスに4EPSを注射すると、不安行動の増加が見られた。自閉症患者では、これと似た分子が高いレベルで検出されている。

次に、シャオ氏はマウスの胃腸障害に効果が認められているバクテロイデス・フラジリスを餌に加えた。

5週間後、"自閉症"マウスの腸管壁浸漏は解消し、血中4EPS値も大幅に低下。腸内微生物叢は健康なマウスの状態に近づき、行動にも改善が見られたという」

「我々の腸には、脳を構成する約1キロの神経細胞と同じくらい重要な約1キロもの微生物が生息している」などの記述があります。

自閉症増加のデータに警鐘

自閉症、発症の鍵は分娩時?

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


栄養失調の子供が「追い付けない」理由 (英語)
(Why Can't Once-Malnourished Children 「Catch Up」? Answer May Lie in Gut)

Autism's Gut-Brain Connection (英語)
(自閉症、腸と脳のつながり明らかに)

What Lives in Your Gut? (英語)
(人の消化管に棲む微生物を大規模調査)

肥満は認知能力を低下させる (英語)
(Rise in Weight Linked to Cognitive Decline in Older Adults)

National Geographic 」サイトより (英語)


五月病は腸から治す? - 名医に聞いた幸せ腸内環境の作り方

肥満が炎症性疾患発症促進する仕組み解明

多発性硬化症、発症に特定の腸内細菌の減少が関与か

マイナビ ニュース 」サイトより


寿命まで左右する!驚異の「腸内フローラ」 - 1

寿命まで左右する!驚異の「腸内フローラ」 - 2

寿命まで左右する!驚異の「腸内フローラ」 - 3

寿命まで左右する!驚異の「腸内フローラ」 - 4

東洋経済オンライン 」サイトより


まさかの腸内バクテリアでダイエット!
同記事に「私たちの体の中で生きているバクテリアたちは、胃が手に負えない食べ物を分解して上手に栄養を吸収できる状態にしてくれたり、ビタミンを合成してくれたりしているんです。そして、バクテリアは もう一つ興味深い仕事をしてくれるようなんです」

「腸内バクテリアが繊維質を消化すると、プロピオン酸という脂肪酸が発生します。そのプロピオン酸は大腸にあるGLP-1とPYYという満腹ホルモンを生成する細胞を活性化させ、脳にもう食べるのをやめてと信号を送ってくれる」

「論文によると、研究者たちが、その満腹中枢を刺激してくれるバクテリアの老廃物を粉末状にしたイヌリン・プロピオン酸塩・エステル(IPE)を生成することに成功し、太り過ぎの人と健康なボランティアを被験者としてIPEを摂取してもらったところ、9~14%食事量を減らし、普通の繊維質だけを摂取していた人たちよりも食事量をコントロールすることができた」などの記述があります。

オランダに大便バンクが登場

ギズモード・ジャパン 」サイトより


老化に関する研究の最前線と,腸内細菌が老化に関与する可能性

社団法人・全国はっ酵乳 乳酸菌飲料協会 」サイトより


平凡な腸内細菌によって大腸がんは引き起こされる

慶應義塾大学医学部・医学研究科 」サイトより


腸内フローラとは?

光英科学研究所 」サイトより


人工甘味料が耐糖能異常を引き起こして糖尿病を引き起こす

どの食べ物で太るかの重要な要素は、「腸内フローラ」

肥満に腸内細菌が関係しているメカニズムが解明

「ガンを治療する腸内バクテリア」が、ガン研究に衝撃を与えた
同記事に「2015年の秋、「腸内バクテリアが皮膚がんの抑制に効果を発揮する」という内容の研究結果が発表され、大きな注目を集めました」

「2015年11月、シカゴ大学の研究者が、マウスの胃腸に存在するバクテリアが皮膚がんの免疫療法として有効であることを発見しました。

研究では人間の消化管内に存在するビフィズス菌をマウスに経口投与し、マウスのメラノーマの成長と、自発的な抗腫瘍性の免疫の働きが観察されたところ、皮膚がんの成長抑制で免疫療法と同程度の効果があったと報告しています。

また、ビフィズス菌の投与と免疫療法の両方を実施した場合はメラノーマの成長が ほとんどストップしたとのこと。

また、別の研究では、フランスの研究者がバクテリアの一種は免疫応答療法を活性化させることを発表。一連の出来事により、製薬会社は人体のマイクロバイオームに大きく興味を示すようになりました。

Roche's Genentech divisionで 働くDaniel Chenさんは、がんの免疫療法について研究をしている1人。「5年前は『胃腸のバクテリアが免疫系の応答で重要な役割を果たしているの?』と聞かれたら 笑い飛ばしていたでしょうが、今では免疫学者の多くがバクテリアと免疫系は大きく関係していると考えています」とChenさんは語っています」

「マイクロバイオームやバクテリアと免疫の関係に対する注目は全体的に見て大きくなっており、ネスレは2015年1月に、クロストリジウム属を利用した消化系に効果的な治療法を開発するambridgeという企業に6500万ドルを投資しました。研究がうまくいけば、体にいいバクテリアを含む食べ物やサプリメントが市場に出てくる可能性もあるわけです。

2015年に炎症性腸疾患に関するマイクロバイオーム薬のライセンス契約をジョンソン・エンド・ジョンソンと結んだと発表したスタートアップのVedanta BiosciencesのCEOであるBernat Olleさんは、製薬会社に興味を持たれる度合いや、どれほど彼らが真剣に この分野に参入したがっているか、ということから、いかに製薬会社がバクテリアを利用した がん治療に期待を抱いているかがわかる、と語ります。

また、スタートアップの4D Pharma PLCは2015年11月に動物実験において乳がん・肺がんに有効なバクテリアを発見したと発表」

「フランスのENTEROMEは別のアプローチを取っており、バクテリアの分泌物を使った治療法を開発中」

「ただし、これまでの研究で、人間のマイクロバイオームのあり方は多様であるため、免疫療法は たとえ一卵性双生児のマウスであっても効果に差があることがわかっています。

また、無数にあるバクテリアの中から がん治療に有効なものを特定することや、効果を発揮するのに必要なバクテリアの量を突き止めるのも難しいところで、「ある患者にとっては有効だが、別の患者には有害になる」ということが起こりうるのも今後の課題としてあげられています」などの記述があります。

カフェインは世界一のドラッグ,継続摂取で健康被害の可能性大

幸福や不幸は遺伝する?受精前の親の心理が子の遺伝子に影響
同記事に「多幸感・鬱などの精神状態に左右される脳内の さまざまな化学物質は、そのとき体内で作られている生殖細胞(精子・卵子)における特定の遺伝子の発現に影響し、ひいては子どもが どう育つかにも影響する」

「エンドルフィンなどの脳内物質や大麻・ヘロインなどのドラッグは精子や卵子に顕著に影響し、遺伝子のパターンを左右することが すでに わかっています」などの記述があります。

赤ちゃんの成長にはDNAのほか両親の生活の質も影響を与える
同記事に「受精の時点で遺伝子情報の交換が行われることは広く知られていましたが、DNAに保存されている情報以外の要素が受け継がれることについての研究が この10年で大幅に進んできました。

さらに、そのメカニズムの解明が最近の5年で大きく進み、DNA以外の後天的・一時的な要素が影響を与える仕組みの解明が進められてきた」

研究チームによる報告書では、両親の精子と卵子には単なる遺伝物質によるもの以外の情報も保存されており、これまで考えられていたような受胎の段階よりも早い段階から影響を受けることになることが示されています」

「親となる男女の年齢や栄養状態、肥満度、喫煙など私たち両親が子どもを妊娠する前に行っていた行為の多くは、受精卵に対して伝達される環境シグナルに影響を与え、ひいては子どもたちが産まれて以降の将来の成長に影響を与えることに つながります」

「両親の生活環境が胎児に与える影響について、これまでは『赤ん坊は まっさらな状態から成長していく』と考えられてきたために、上記のような点を ほとんど考慮に入れていませんでした。

しかし現実には、決してゼロからのスタートというわけではなく、両親が経験してきた『遺産』を受け継ぎ、お母さんの おなかの中の段階、そして産まれた後の成長が これまで考えられてきたよりも早い時点で決定づけられているのが ほぼ間違いないということがわかってきました」

「この影響は赤ちゃんの糖尿病や心疾患などの代謝性疾患の発生リスクにも影響を及ぼす」

「さらに研究結果からは、母親よりも父親が与える影響力のほうが より多くを占めていることが明らかにされています」

「特に この先 数か月で妊娠を控える夫婦の生活習慣を改善させていくと、子どもの長い将来にわたって よい影響を与えることに つながると考えられます」などの記述があります。

親から受け継いだ遺伝子は試験の結果に どう影響するのか?

サイクリングは遺伝子レベルで筋肉の新代謝機能に影響

社会性のあるクモは性格によって効率的に こなせる仕事が違う
同記事に「これまでの研究から、1つの巣で幼虫を育てるクモの雌には、攻撃性が高いものと従順な性格を持つ2つの種類が存在することが確認されています」

「攻撃的なクモは従順なものと比べて、獲物を捕らえる際の仕事の効率性が2倍で、侵入者に攻撃を仕掛ける頻度も3倍、さらに、従順なものより3倍近い成功率で侵入者を追い出すことに成功していることがわかりました。また、攻撃的なクモが作った巣は、従順なクモが作ったものより65%長持ちすることも判明」

「攻撃的なクモの幼虫は約3分の1しか生存できないことが判明。育てるクモ性格の違いによって幼虫の生存確率が変わってくることが確認されました」

「なぜ攻撃的なクモの幼虫のほうが 生存確率が低くなってしまうかというと、攻撃的なクモは幼虫を食べてしまう傾向があったからです。

従順なクモも幼虫を食べてしまうことがあるのですが、攻撃的なクモの方が、幼虫を食べてしまう行動を取りやすい」

「性格による行動の違いは、両者の神経システムが違うことが原因で発生している可能性がある」

「動物や昆虫の種としての性格ではなく、個体の性格の違いが行動特性に変化をもたらしているとも言える」などの記述があります。

先延ばし行動を理解する事で問題解決に取り組む方法とは
同記事に「スウェーデン・ストックホルム大学の研究チームは2015年8月に発表した研究内容の中で、慢性的な先延ばし行動はストレスに対処するための感情の働きであり、その結果、人間関係や仕事、健康面での問題を引き起こしてしまう可能性があることを明らかにしています。

研究チームでは先延ばし行動を「将来の否定的な結果を予測できるにもかかわらず、自らの行動を自発的に遅延させること」と定義づけており、この行動によって人々は目の前にある近視眼的な満足や心地よい雰囲気を得る代わりに、長期的な観点でみた人生の「損失」を背負うことになる」などの記述があります。

精神疾患を発症させる共通の遺伝的特性を発見

1万時間練習せずとも遺伝子が優れていれば一流になれるのか?

驚異の記憶力「ハイパーサイメシア(超記憶症候群)」
同記事に「今までに至るまでの人生の出来事を、日付や曜日を指定して、まるで映画のワンシーンを見ているかのように事細かに描写することができる」という能力を持つ「ハイパーサイメシア(超記憶症候群)」の人々が、少数ながら世界には存在します」

「Nima Veisehさんもハイパーサイメシアの1人。もともと記憶力のよかったVeisehさんですが、2000年12月15日に開かれた友人の誕生日会で初めてのガールフレンドに出会った時から、全ての記憶をビデオテープのように再生できるようになったとのこと。

それこそ、その日の天気や着ていた服、旅の最中に乗った電車で どの席に座っていたのか、ということまで、あらゆることを思い出せるそうです」

「ハイパーサイメシアの被験者20人をプロファイリングしたところ、白昼夢を見たり想像を膨らませたりする資質である「空想傾向性」とアクティビティに夢中になる「没頭」のスコアが非常に高いことが判明しています。

「没頭」の資質が物事を細かい部分まで記憶するするのに役立ち、空想傾向性によって何か月たっても記憶を蘇らせることができるという仕組みになっているわけです。

そして、何度もリプレイすることで、記憶は より強固になっていくと見られています」などの記述があります。

なんでも『あとでやる』としてしまう人が知るべき10個の真実

何を食べたいと思うかは胃腸の中のバクテリアも影響?
同記事に「研究によると、腸内のバクテリアは熾烈な生存競争をしており、生存競争過程で人間の食べ物に対する欲求にも影響を与えている」

「バクテリアは他の種のバクテリアとの生存競争に勝つために、自分がより成長できる栄養素を摂取するよう人間に働きかけたり、逆にライバル種のバクテリアが欲する栄養素を抑制するよう働きかけたりと、「綱引き」を行っている」

「この綱引きでは、バクテリアはホストの味覚を感じる味覚受容体を変化させて特定の食品をより美味しく感じさせたり、空腹を誘発するホルモンを出したり、食べ物の摂取を抑制するように迷走神経を操作したりする」

「さらに、バクテリ アは他の種のバクテリアとの生存競争に打ち勝つために、ホストの健康増進よりも自らの種の繁栄に有利になるように働きかけることさえある」などの記述があります。

疲れている時に甘い物が食べたくなるのは腸の影響

野菜の糖を食べる良い腸内細菌が健康を促進するメカニズム
同記事に「ヨーク大学・イライザ・ホール研究所・Bio21研究所の共同研究チームがNature Chemical Biology誌で発表した研究結果によると、人間の腸内にいる大腸菌のような「良い」バクテリアは、葉物野菜に含まれる糖分を栄養分としており、葉物野菜を食べることで腸内の悪玉菌の増殖を抑制し、繁殖を予防する防護壁を作り出していることが判明しました」

「新たに腸内バクテリアのメカニズムが解明されたことで、既存の抗生物質に耐性を持つ病原体に有効な新型抗生物質の開発にも役立つ可能性がある」などの記述があります。

固有で持ち、指紋やDNAのように個人を特定できる微生物雲とは
同記事に「個々人が特有に持っている指紋に加え、近年ではDNAの解析結果を取り入れた犯罪捜査が行われるようになりましたが、今後は「微生物」を解析する捜査手段が用いられることになるかもしれません。

オレゴン大学が発表した研究結果によると、人は それぞれ固有の「微生物雲」を体の周囲に発生させており、これを解析することで個人を特定することが可能になるかもしれないそうです」

「人間の体内に存在する細菌の集合体「細菌叢(さいきんそう)」は個人ごとに特有のパターンがあることがわかっており、特に腸の中で多くの細菌がバランスを取り合いながら共存する「腸内フローラ」が人間の心理や行動に影響を与えていることなどが徐々に明らかになっています。

細菌叢に含まれる微生物は、活動に伴って何百万個という物質(バクテリア)を周囲の空気中に放出しているのですが、その物質の集合体「微生物雲(microbial cloud)」には個人ごとに特有のパターン「微生物雲シグネチャー」が存在していることが明らかにされました」

「この研究を行ったオレゴン大学の研究チームは、細菌叢が人間を取り巻く環境に与える影響についての調査を実施。

実験に参加した11名の被験者は、タンクトップとショーツだけを身に付けた状態で それぞれ消毒された実験棟の中に入り、一定の時間を その中で過ごします。

研究チームは、その室内の空気中に存在するバクテリアを採取して分析を行うことで、微生物雲のデータを収集しました。

その結果、人間は1時間あたり100万個のバクテリアを空気中に放出しており、実験開始から4時間程度で それぞれの被験者を明確に区別できるほどの特徴を持つパターンが確認されたとのこと。

確認されたバクテリアは連鎖球菌やプロピオン酸菌属、コリネバクテリウム属に含まれるものだったそうです」

「さらに技術が確立すると微生物雲の痕跡が事件の捜査に役立てられるような時代が やってくるのかもしれません」などの記述があります。

「頭を悪くさせるウイルス」に44%の人が感染していた
同記事に「感染すると脳の海馬に影響を与え、人間の認識能力を低下させるウイルスの存在が報告されました。調査では被験者の44%が感染していた このウイルスの感染経路は不明で、人体には無害であるとのこと」

「ATCV-1はこれまで湖や池で緑藻類に感染しているものが発見されており、人間には感染しないと考えられてきましたが、今回の発見で「人間にも感染すること」と、さらに「感染すると認識能力の低下をもたらすこと」が分かりました。

調査は92人の健康な被験者を対象としていたところ、そのうち44%の人の喉からATCV-1が採取されたため、研究者らは彼らの脳の視覚情報の処理速度と正確性、そして集中時間のスパンを測定。

その結果、喉からATCV-1が採取された人は採取されなかった人に比べて7~9点ほどテストの得点が低かった」

「その後、さらに研究を続行し、今度はハツカネズミの消化管にATCV-1を注射してウイルスの影響を観察しました。

ATCV-1を注射したハツカネズミと そうでないハツカネズミを迷路の中に入れたところ、ATCV-1を注射したハツカネズミは道を見つけるのに時間がかかると同時に、新しい障害物や新しくできた道には注意を払わないという結果が観測されました。

ATCV-1はマウスの海馬に影響を与え記憶や学習能力、シナプスの可塑性に関わる遺伝子を書き換えていることが判明し、ATCV-1に感染した人は注意力が散漫になり、空間認識能力も低下すると考えられている」

「研究を行ったRobert Yolken教授は「これは『無害の』微生物が人間の振るまいや認識能力に影響を及ぼす顕著な例です。

多くの人は親から受け継いだ遺伝子によって区別されますが、いくつかの遺伝子の変更は微生物によってもたらされます」

「今回の発見は まだ始まりに過ぎません。エボラ出血熱やインフルエンザのように、体にダメージを与えて去って行くウイルスもありますが、人体にダメージを与えずに影響を及ぼすウイルスはATCV-1の他にもあるはずです」などの記述があります。

後天的な「恐怖体験」が、実は子孫に遺伝していくことが判明

精子のmiRNA経由で子孫のストレス反応が影響を受けている

ストレスは その光景を見るだけで影響を受けうる

幼少期のトラウマは成人後の健康や財産面にも悪影響を与える
同記事に「研究を行ったのは、French Institute of Health and Medical Researchの科学者であるミシェル・ケリー・アーヴィング氏を含む研究チームで、イギリスで行われている1958年生まれの1万7000人を対象とした追跡調査「National Child Development Study(NCDS)」のデータを分析することで、幼少期のトラウマと成人の健康状態のつながりを解き明かしています。

アーヴィング氏と同僚たちはNCDSのデータから、16歳までの間に「まともな食事が食べられなかった」ということや「身体的な虐待を受けた」などのトラウマを負った経験がある7000人分の情報を収集し、彼らが23歳から33歳の間に どのような生活を行っていたのかを調査しました。

調査の結果、人は幼少期に経験した高いレベルのストレスを大人になるまで引きずっていることが判明、さらに幼少期のストレスは健康に関する意志決定や財産・教育レベル・BMI にまで間接的に関わっていることが分かりました」

「幼少期のストレスやトラウマが人間の成長に どのような影響を与えるかを調査した研究は、これまでにも いくつか存在していました。

1990年代中頃からアメリカ疾病予防管理センターが主導で行っている、有害な幼時体験に関する研究(Adverse Childhood Experiences Study)では、1万7000人の成人から過去の「虐待」「育児放棄」「家庭崩壊」などに関する情報を集めています。

この研究によれば、幼少期に嫌な経験をした子どもは、大人になってアルコール中毒や心臓病のような慢性病に苦しんでいるそうです」

「5歳の時に受けたストレスが、25歳の頃の意志決定に影響を与え、その意志決定により50歳の頃に脳卒中のリスクに悩まされるということは大いにあり得ます」

「小さな頃に見たホラー映画やサスペンス ドラマのワンシーンが いまだに忘れられない」という人もいるかと思いますが、そういったトラウマの影響力は想像以上に絶大なようです」などの記述があります。

劣悪な家庭環境で育った子どもの染色体は平均より老化している

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


【関連記事】


幸福度の世界地図

感染症対策・世界分布

世界の健康寿命

平均寿命の世界地図

大気汚染の世界地図

地震分布の世界地図

紫外線の世界地図

世界の天気



隕石衝突でDNA構成分子が生成

マイナビ ニュース 」サイトより


若い星を取り巻く「生命の原料」 400光年先に発見 - 1

若い星を取り巻く「生命の原料」 400光年先に発見 - 2

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


地球の夜景・世界地図

宇宙放射線・地磁気



ネズミの恩返し行動を発見、人間以外で初
同記事に「ネズミは仲間から受けた親切を忘れず、恩返しをするらしいという研究成果が先週、英王立協会の専門誌『バイオロジー・レターズ』に発表された。

こうした行動が人間以外で観察されるのは初めてと、論文の共著者でスイス、ベルン大学の行動生態学者ミハエル・タボルスキー氏は言う。

ネズミが互いに協力し、助け合うことは既に知られているが、目先の利益がない場合は仲間に見返りを与えたりすることはないと、これまで一般的に考えられてきた。

ところが実験でドブネズミは、以前に自分を助けてくれた個体に対して、よく見返りを与えることがわかった。次の機会にも確実に手助けしてもらうためではないかと、研究チ ームは考えている」などの記述があります。

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより



ペストは中国が起源、シルクロード経て世界に拡散 国際研究
同記事内に「疫病のペストは2600年前の中国で初めて発生し、シルクロードを経て欧州にもたらされたとの国際研究チームによるDNA研究結果が、米科学誌"ネイチャー・ジェネティクス( Nature Genetics )"の電子版に発表された」との記述があります。

AFPBB News 」サイトより


17世紀の英ペスト大流行、DNA鑑定で初めて原因を特定

CNN.co.jp 」サイトより


【関連記事】


ペストの世界地図


【遺伝子組み換え・関連情報サイト】


GMトウモロコシと発がん性に関連,マウス実験 仏政府が調査要請

世界初の遺伝子組み換えイネ、フィリピンで2016年発売へ

アメリカ、遺伝子組み換えサケに食用認可

米国、遺伝子組み換え作物への規制を「不必要」と批判

カナダ,遺伝子組み換えサケを非表示で販売,環境団体が中止要請

農薬の効かない雑草「スーパーウィード」、米国で大繁殖

害虫抵抗性作物への耐性持つ害虫が増加

フランス、遺伝子組み換えトウモロコシの栽培禁止を法制化

欧州は なぜ遺伝子組み換え作物を嫌うのか?

遺伝子組み換え作物関連論文の40%に利益相反、仏研究

遺伝子組み換え作物、商業栽培開始20年で作付面積初めて減少

遺伝子組み換え酵母菌からモルヒネ、新製法に悪用の懸念も

フランス、遺伝子組み換えラムを食肉として販売
同記事に「フランスでクラゲの遺伝子を組み込んだラム肉が食肉として売られていたことが分かり、当局が調査に乗り出した」

「ルビス(Rubis)と呼ばれるこの「遺伝子組み換えクラゲ・ラム」は昨年末、パリ(Paris)のフランス国立農業研究所(National Institute for Agricultural Research、INRA)から食肉処理場へ送られ、その後、どういうわけか食肉小売店へと渡った。

同研究所は「医療研究プログラムの一環で遺伝子組み換えされたヒツジから生まれたメスの子羊が2014年10月、パリ周辺である人物に売られた」との声明を発表」などの記述があります。

中国で世界最大の動物クローン工場、肉牛100万頭計画に懸念も

年間100頭の食用クローン牛を生産する米企業

恐竜の脚持つニワトリ胚を作成 遺伝子操作で「先祖返り」

遺伝子組み換え蚊、野生への放出は「時期尚早」 米研究

「自閉症」サル、遺伝子操作で作製 中国チーム

ヒト受精卵の遺伝子操作をした中国チーム、倫理上の懸念に反論

ヒトゲノム合成計画、米科学者らが発表

生物を改変する「遺伝子ドライブ」技術、研究推進に賛否 - 1

生物を改変する「遺伝子ドライブ」技術、研究推進に賛否 - 2

AFPBB News 」サイトより


遺伝子組み換えの「最前線」と化したハワイ
同記事に「豊かな自然を誇るハワイの島々が いま、世界有数の遺伝子組み換え作物の開発拠点となっている。

モンサント、デュポンパイオニア、シンジェンタ、ダウケミカル、BASFといった世界の名だたるバイオ企業がハワイに進出しており、同州の農地約1100km2の約1割を彼らの用地が占めているという。

これらの企業がハワイを拠点に選ぶ主な理由は温暖な気候だ。

新しい品種を作るには数世代にわたって交配する必要があるが、ハワイでは年3回の収穫が可能なため、品種改良を迅速に進めることができる」

「ガーデン・アイランドと呼ばれるほど自然あふれるカウアイ島は、近年、特に重要な拠点となっており、ハワイに設けられた開発拠点の約半分が この島にある。

だが、地元の高校では生徒が農薬散布によると思われる異臭や体調不良を訴える騒ぎがあったほか、この地域では喘息や がん、先天性障害の発生率が異常に高いとする医師の報告もある」などの記述があります。

現代ビジネス [講談社] 」サイトより


フランスで研究用「蛍光性 子ヒツジ」が出荷された可能性

遺伝子を自在に設計する技術「ゲノム編集」とは?
同記事に「生き物の設計図である遺伝子情報を、自由自在に設計できる「ゲノム編集」という技術が登場しています。

ゲノム編集によって、これまでの遺伝子組み換え技術とは段違いの速度で遺伝子操作が可能となり、理想的な食品や医療技術の登場が期待されると同時に、神の領域に到達した技術のもつ危険さについて懸念の声も上がっています」などの記述があります。

ブタ遺伝子の一挙改変に成功

中国人は なぜアメリカでトウモロコシを盗もうとするのか?

遺伝子操作蚊の放出実験がアメリカ本土で実施の可能性

「蚊」を根絶する「遺伝子組み換え蚊」問題まとめムービー

人を好んで刺す蚊と牛を好んで刺す蚊には遺伝子に違いがある

遺伝子編集技術「CRISPR」を用いて世界初・結核耐性牛を開発

抗生物質が効かない細菌退治に。「CRISPR-Cas3」

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


時間が たっても茶色くならない遺伝子組み換えりんご

遺伝子を組み替えた新ジャガイモが誕生

3万匹を放出。遺伝子組み換えした蛾が農産物を守る

遺伝子操作のミニブタ、ペットとして発売へ

遺伝子組換え、未来のライムは赤くなる

モンサントが遺伝子改変技術「CRISPR/Cas9」使用権ゲット

蚊の根絶にむけて、遺伝子操作された蚊の放出が目前

ギズモード・ジャパン 」サイトより


中国の遺伝子組み換えコイ、いつ発売できるか?

レコード チャイナ 」サイトより


遺伝子組み換えトウモロコシ,肝機能や腎機能に悪影響

スラッシュ ドット・ジャパン 」サイトより


中国の未承認GMコメ混入製品問題~EUが怒る

カナダ アマニ産業の危機?~ドイツがEU未承認GM混入を発見

オレゴン州で見つかった未承認の遺伝子組換え小麦

インドのBtナス商業化大論争の報道を検証する

GMトウモロコシ3系統に肝・腎臓毒性

FOOCOM.NET 」サイトより


GM作物の危険性 カナダで,殺虫性成分を胎児や妊婦から検出

沖縄に自生する遺伝子組み換えパパイヤ(台農5号)

日刊ベリタ 」サイトより


新たな遺伝子組み換え技術を使ったジャガイモが登場

ライフ ハッカー[日本版] 」サイトより


GM作物の遺伝子」で有害雑草の成長力が向上

米FDAが認可、「遺伝子組み換え鮭」が食卓にやって来る日

世界最大のクローン動物工場、中国・天津にオープン予定

遺伝子組み換えで温室効果ガスの排出が少ない牛を:カナダ

ニワトリから恐竜を生み出そうとしている科学者たち

なぜ中国とロシアは「遺伝子組み換え食品を追放」したのか?

世界初、CRISPR-Cas9を使った「遺伝子改変キャベツ」

黒ずまないマッシュルームが食卓に:ゲノム編集とGMOの間

「天然」遺伝子組み換え作物は存在する:研究結果

「完全人工合成」の酵母が もたらすバイオ産業革命

「遺伝子組み換え蚊」は人類の敵か、味方か
同記事に「遺伝子を組み換えられたネッタイシマカ「OX513A」の実地試験がブラジル、ケイマン諸島、パナマ、マレーシアで行われている。

米国の食品医薬品局(FDA)の予備的調査を通過したため、フロリダキーズでも実現するかもしれない」

「OX513Aのオスは、当該地域の野生のネッタイシマカの数を激減させる目的で、致死遺伝子を組み込まれている」

「米国では南東部に多いネッタイシマカは、ジカ熱(日本語版記事)、デング熱、黄熱、チクングンヤ熱などのウイルスを媒介する可能性がある。

OX513Aはすでに、ケイマン諸島、パナマ、マレーシア、ブラジルで実地試験が行われている。

ケイマン諸島での実地試験は、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の支援を受けて2009年から行われ、330万匹のOX513Aが放たれた」

「フロリダ州キー・ヘヴンは、キー・ウエストから東に数kmに位置する500世帯足らずのコミュニティーだ。

2009年から2010年にかけてデング熱大流行の被害があり、試験地に選ばれた。

ただし、キー・ヘヴンの住民全員が今回のFDAの判断を喜んでいるわけではない。

キー・ヘヴンに住むミラ・デ・ミラーはCNNに対して、 「人々はモルモットになることを望んではいません」と語っている。

「コミュニティーのメンバーは容認していません。地方政府と連邦政府が、私たちと私たちの願いを保障しないのであれば、最終の手段として司法制度を頼り、裁判所に訴えることになります。

現在のところ法廷闘争は ひとつの選択肢となっています」 と同氏は言う(遺伝子を組み替えても一定の割合の蚊は何らかの形で生き残るため、生き残った蚊が生態系に どのような影響を及ぼすかが不明だという懸念の声がある)」

「Oxitec社は2014年7月、ブラジルにOX513Aを商業生産する世界初の新工場を開設したと報道されている。1週間当たり50万匹の「OX513A」を生産する能力があり、将来的には最高200万匹まで増産できるという」などの記述があります。

サンドイッチ チェーンで使用の鶏肉のDNA調査を めぐる議論

WIRED.jp 」サイトより


中国 GM牛から人間の母乳を生産! 3年以内に販売開始

ロケットニュース24 」サイトより


ブラジルのジカ熱の流行、遺伝子組み換えされた蚊が原因か
同記事に「中南米だけでなく、アメリカやカナダでも猛威を振るっているジカ熱。

今回このジカ熱と関係が指摘されているのは、英国のバイオテクノロジー企業「オキシテック(Oxitec)」社がデング熱を媒介する蚊を駆除するために開発した「OX513A(遺伝子が組み換えされた雄の蚊)」の放出である。

このOX513Aと雌が交配して生まれた蚊は、成虫になる前に死ぬように遺伝子がプログラムされており、熱帯病の流行を抑える秘密兵器として期待されていた。

このたびのジカ熱もデング熱の原因となったネッタイシマカによってもたらされている。

しかしながら、研究者のあいだではOX513Aの広範囲な使用に関して懸念する声が早くから あがっていた。

遺伝学専門のリカルド・スタインブレカー博士は、2010年9月の段階で「遺伝子を組み替えても3~4%の蚊は何らかの形で生き残る。

この生き残った蚊が生態系に どのような影響を及ぼすのか さらに詳しい調査が必要である」と指摘していた。

だが意見は反映されることなく、遺伝子組み換えされた蚊の放出が許可されてしまった。

オキシテック社がブラジル北東部ジュアゼイロにOX513Aを放つ実験を行ってからすぐの2015年7月の報告では「最初の数か月でデングウイルスを持つ蚊の地域個体群が95%以上減少した」としていた。

しかし、このOX513Aが放出された地域こそジカ熱が蔓延した地域と重なる」などの記述があります。

Techinsight 」サイトより


【関連記事】


食糧自給率の世界地図

感染症対策・世界分布

結核分布の世界地図



右利き・左利きは、遺伝子と関係アリ - 研究結果

左利きであることが健康に影響を与えていた

マイナビ ウーマン 」サイトより


生命の左利きの謎

サイエンス・グラフィックス株式会社 」サイトより


なぜなる?どう違う?左利き・右利き

healthクリック 」サイトより


利き手の割合が50%ずつではない理由

なぜ ねじは右回りなの?ねじの歴史

カンガルー、左利きだった

ギズモード・ジャパン 」サイトより


人類最古の右利きの証拠を発見、180万年前

カンガルーは左利き、有袋類の利き手研究

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


【関連記事】


交通事情の世界地図



クウェート、すべての国民からの「DNA強制採取」を決定
同記事に「クウェートでは、すべての国民と、居住・訪問外国人に、DNAサンプルの提出を強制する法律が2016年11月に発効される」

「この法律は、すべての市民と居住外国人にDNAサンプルの提出を義務付けるもので、対象者は合計で およそ350万人に達する。

また、ペルシャ湾岸の小さな この国を訪れる すべての外国人も対象だ」

「このような法律が施行されるのは世界で初めてであり、批判も多い。

この法律がテロ対策の道具として効果的でないばかりか、データベースが盗まれたりハッキングされたりすれば、大規模なプライヴァシー漏洩の法的責任が問われる事態になる」

「だが、サンプルの提出を拒否した者には、禁固刑や約3万3000ドルの罰金を科せられる可能性があると『Kuwait Times』は報じている」

「すべての市民、住民、訪問者に対して政府へのDNAサンプルの提出を強制することは、正当な理由なく家宅捜索を行うのと同じだ」と、訴訟を起こした弁護士のアデル・アブドルハジは『New Scientist』に対して語っている」

「なお米国では、逮捕された人のDNAサンプルを警察が採取することは合法となっている」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


米国、従業員に遺伝子検査の結果提出を可能にする法案

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


【関連記事】


地政学の世界地図

パスポート

移民政策

世界の治安・安全情報



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ緻密な情報、厳選リンクも満載