【原発】原発分布の世界地図で原発の場所、原発のない国が一目瞭然

海外移住とロシアの原発地図

ロシアの放射性廃棄物管理
(図1 に ロシアの原子力発電所の所在地図、図2 にロシアの核燃料サイクル関係の施設および研究機関の地図があります。)

ロシアの高速増殖炉BN-600
(図1 に 旧ソ連邦地域の原子力発電所立地点の地図があります。)

旧ソ連の高速増殖炉研究開発
(図1 に ロシアおよび旧ソ連の高速炉の所在地の地図があります。)

旧ソ連秘密都市の原子力施設
(図1 に ロシアの10の秘密都市を含む原子力関係研究所の地図があります。)

ウクライナの原子力発電開発
(図1 に ザポリージャ(サボロジェ)原発、フメルニツキ原発、ロブノ原発、南ウクライナ原発、廃炉になったチェルノブイリ原発の地図があります。)

世界の原子力発電の動向・東欧州
(図1 に リストニア・チェコ・スロバキア・ハンガリー・スロベニア・ブルガリアの原子力発電所立地点の地図があります。)

世界の原子力発電開発の動向・CIS
(図1 に アルメニア・ウクライナ・リトアニアなどのCIS諸国の原子力発電所立地点の地図があります。)
(独立国家共同体 CIS:Commonwealth of Independent States) 旧ソ連邦を構成していた15共和国のうち、バルト3国をのぞく、12か国で構成されている国家連合)

ルーマニアの原子力発電開発
同記事に「ルーマニアは、石油及び天然ガス、ウラン資源などの地下資源に恵まれている。

この豊富なウラン資源を背景に、1960年代半ばから原子力発電の導入が検討された。

ルーマニアは旧ソ連の技術だけでなく、西側技術も検討し、国内ウラン資源の有効活用を考慮した結果、カナダ型重水炉(CANDU-6)を選んだ。

チェルナボーダ1号機は1982年7月に建設を開始、1996年12月に営業運転を開始した。2号機は1983年に建設を開始したが、資金難から完成は遅れ、2007年10月に運転を開始した」などの記述があります。

原子力百科事典 ATOMICA 」サイトより



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ緻密な情報、厳選リンクも満載