【原発】原発分布の世界地図で原発の場所、原発のない国が一目瞭然

海外移住と原発の世界分布

原発の世界地図と原発の一覧
世界の原子力発電所の一覧

原子力発電所
(世界の原子力発電所の数、一覧、世界の建設中・計画中の原発)
Wikipedia 」 サイトより


Nuclear Energy (英語)
(原発の世界地図。世界の原発の場所,位置が一目瞭然)
A Solution for Pollution 」 サイトより (英語)


原子力発電 依存度の高い国TOP20

tripgraphics(トリップ グラフィックス) 」サイトより


Der nukleare GAU ist wahrscheinlicher als gedacht (独語)
(放射能汚染リスクの世界地図)
(Global risk of radioactive contamination.)

Max-Planck-Institut für Chemie 」サイトより (独語)


      海外移住の地図帳|更新情報
世界の国、地域別の原発の分布
日本の原発地図

中国の原発地図
(中国の原発事故による放射能汚染は偏西風の風下にある日本も運命共同体?)

アジアの原発地図
(アジアの原発事故による放射能汚染は偏西風の風下にある日本も運命共同体?)

アメリカの原発地図

ヨーロッパの原発地図

ロシアの原発地図

中南米の原発地図

中東の原発地図

アフリカの原発地図



★原発の約98%は北半球に偏在しています。


原発事故を契機とした海外移住の国選びに大切なこと
原発事故後、放射能汚染の懸念から海外移住希望者が急増しています。

「海外移住先での原発事故」や「移住後の再移住」を避けるためにも、海外移住先は、放射能汚染の無い地域や原発・高速増殖炉の無い国や地域から選ぶことが重要です。

原発は事故の危険のほか、通常の運転の際にも、環境中に放射性物質を排出するため、海外移住先の国や周辺国に原発や高速増殖炉が存在しないことは もちろん、現在は原発や高速増殖炉が無くても、将来的に原発の新規計画が無いことなどを綿密に調査する必要があります。


【参考サイト】


放射性気体・液体廃棄物の放出状況
同記事に「気体状のものは、放射性物質の濃度を測定して安全を確かめた上で、大気中に放出されます。液体状のもので極めて放射能レベルの低いものは、放射性物質の濃度を測定して安全を確かめた上で、海へ排出されます」などの記述があります。

日本原子力発電 株式会社 」サイトより


南ドイツ新聞 原発周辺のガンの危険性

市民エネルギー研究所 」サイトより


原発付近に住む子ども,白血病の発病率が2倍=仏調査

ロイター.co.jp 」サイトより


放射線のDNAへの影響
同記事に「放射線は、DNA分子に障害を与え、その結果、生体に急性あるいは晩発障害(発ガン、寿命短縮など)を引き起こす。また、その障害が生殖細胞中のDNAに起これば遺伝的影響として次世代に伝えられる可能性がある。事実、X線をマウスのオスに照射して すぐに交配して得た仔や その仔同士を交配して得た3世では肺腫瘍の発症率が上昇する。つまり一度のX線照射によって生じたDNA損傷が、生殖細胞を通じて子孫に伝わりうることを示している」などの記述があります。
原子力百科事典 ATOMICA 」サイトより


細胞に放射線をあてる
同記事に「微量の放射線:隣の細胞にも影響があらわれる:1990年代に入ってから興味深い現象が発見されました。細胞に低線量のアルファ線を照射して、染色体に現れる効果を調べていたときに、全体の1%の細胞しか放射線を受けないようなごく微量の放射線を照射したのに、30%の細胞に染色体の変化が起こっていたのです。これは明らかに、「放射線を直接 受けていない細胞にも影響が現れる」ことを示しています。

この現象は「バイスタンダー効果(bystander=傍観者)」と名付けられ、低線量の放射線の生物影響にとって非常に重要な現象であると考えられています。特に、微量の放射線のリスクを推定する際には重要で、バイスタンダー効果があると、高線量のデータから推定した値より大きな生物影響が実際に起こりうる可能性があるのです。この現象は、細胞間のコミュニケ-ションによって起こりうるものであり、細胞生物学的にも興味深く、多くの研究者の関心を集めています」などの記述があります。

KEK | 大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構 」サイトより


別の染色体のDNA損傷が、正常な染色体にも影響を与えると確認
同記事に「紫外線や放射線がDNAを傷つけることは、よく知られている。DNAの二重鎖が共に切断されるタイプの損傷(DSB型損傷)は、細胞死を誘発し細胞もろと も抹殺されるが、ある程度までの傷には修復機構が働き、細胞は生き延びることになる。一方、DSB以外の損傷(非DSB型損傷)の場合では、細胞死を免れ て分裂を続けることがある」

「染色体上に生じた非DSB型損傷が、後になって「自らの染色体」だけでなく「別の染色体」にともに異常を引き起こす」

「ヒトの21番染色体に紫外線(UV-A)を照射して非DSB型損傷を誘発させた後、それを紫外線照射していないマウスの不死化細胞中に移入する実験を行った。UV-AはDSBを誘発することはないが、放射線照射したときと同様の酸化型塩基損傷を効率よく引き起こす」

「非DSBs型DNA損傷が痕跡の実体となって遺伝的不安定性を引き起こす」

「同一細胞内においては、遺伝的不安定性が、非DSBs型DNA損傷を持つ染色体だけでなく、正常な染色体にも及ぶ」などの記述があります。

Nature Publishing Group 」サイトより



すでに原発が存在する国や福島原発事故後も原発計画や原発増設など原発推進を表明している国もあるうえ、原発よりも危険度の高いとされる高速増殖炉を推進している国もあります。


【関連記事】


アジアの原発地図

※原発事故は地震や津波と関係なく起こることがあります。地震国ではないから原発があっても安心であるという根拠はありません。

※現実に起こった原発事故としてアメリカのスリーマイル島やチェルノブイリ原発事故が有名です。

★そのほか、移住国の選定は、自然災害、感染症や交通事故、犯罪などによる死亡率など、多角的な視点が必要です。(核災害による死亡率よりも上記が原因による死亡率の方が遥かに高い)

海外移住の地図帳 」では、自然災害、感染症、交通事情、犯罪率などに関する興味深い情報を多数掲載しています。



世界の原発の総発電容量、12年は再び増加 IAEA

AFPBB News 」サイトより


被曝回避の海外避難国の選定は慎重に
原発事故にともなう放射能汚染(放射性物質)による被曝回避目的で海外に避難するケースが急増しています。

しかしながら、放射能(放射性物質)に汚染されている地域が世界に多く存在するため、海外に被曝低減目的で渡航したのにもかかわらず、かえって被曝量が増加してしまっているケースが少なくないようです。


【関連情報サイト】


Fukushima plume model shows(英語)

North America | Fukushima Radiation(英語)

ENE News.com 」サイトより(英語)


Modelling the dispersion of 福島第一原発 (英語)
(Atmospheric dispersion of radionuclides from the Fukushima-Daichii nuclear power plant )
CEREA-Ecole des Ponts ParisTech 」サイトより (英語)


原発防災と海外移住( 放射能汚染と海外避難 )
近年、原子力発電所の放射能漏れ事故などの不祥事や新潟県 中越沖地震をはじめ、東日本大震災で福島の原発が国際原子力・放射線事象評価尺度でレベル7に相当する外部への深刻な放射能漏れ事故を起こす事例など、大地震が原発を襲うケースが頻発しており、原発震災や放射能災害への不安が高まっています。

国外においても、中国の四川大地震で核関連施設が被災した事例や、北朝鮮の核実験と核開発問題などによって周辺国の原発や核関連施設に対しての不安も高まっています。

<家族や子どもが安心して暮らせる国とは>

こうしたなかで、原発や再処理工場、高速増殖炉などの核関連施設の密集地域に暮らすことの将来性やリスクを考慮し、報道の信用性に疑問を持つ人々などを中心に放射性物質から家族、特に子どもを守るために危険な原発や核関連施設の無い国や核兵器保有国から離れている安全な国へ避難することを真剣に検討する家族が急増しており、実際に日本を脱出し、海外へ避難する家族や原発事故と無縁の生活を得る目的で海外移住する家族もいます。


【関連記事】


移住の方法



ハーグ条約 「国際結婚破綻」に限らず日本人同士にも適用
同記事に「日本人同士の夫婦にも適用されるしくみになっている」などの記述があります。
GoHoo 」サイトより


国際的な子の奪取の民事面に関する条約(ハーグ条約)

Wikipedia 」サイトより


ハーグ条約を日本人に初適用 母と渡英の7歳、返還命令
同記事に「両親の離婚などにより国境を越えて連れ去られた子供の取り扱いを定めたハーグ条約に基づき、英国の裁判所が母親と渡英していた日本人の子供(7)を日本へ帰国させる返還命令を出していた」

「返還命令が出たのは東京都に住んでいた日本人の夫婦の子。夫婦は昨年から別居し、母親が今年3月末、仕事の都合で渡英した際に子供を連れて行った。

母親は父親に「子供は4週間の滞在」と説明し、渡英後に離婚調停を申し立てていた。

しかし予定を過ぎても帰国しなかったため、父親側がハーグ条約に基づき英国の政府機関に援助を申請。裁判所が親族の付き添いで子供を帰国させるよう命じた」などの記述があります。

MSN産経ニュース 」サイトより


ハーグ条約 日本人に初適用 英国の裁判所、母と渡英の7歳

47NEWS (よんななニュース) 」サイトより


【放射性物質による影響・関連情報サイト】


中国に到着した日本人2人から、基準超える放射能を検出
同記事に「中国の検疫当局は25日、東京から中国東部の無錫に航空機で到着した日本人2人から、基準値を大幅に超える放射能が検出されたと明らかにした」などの記述があります。

ロイター.co.jp 」サイトより


韓国の空港で放射線検査「日本人から基準値以上の放射線」

サーチナ( Searchina ) 」サイトより


千葉から帰国の乗客から基準値を超える放射能 - 台湾

レコード チャイナ 」サイトより


福島第一2号機事故で その日のうちに長野まで到達
同記事に「東電福島第一原発の事故で、3月15日に2号機で格納容器が損傷して大量に放出された放射性物質が、その日のうちに長野市の上空に到達し土壌に移行したことが、わかった」などの記述があります。

埼玉、千葉汚染マップ公表、千葉北部が高い
同記事に「マップによると、地表面、空間などの線量は、かねてから言われてきたように千葉県の北部、柏市、我孫子市、松戸市、流山市などが他所よりも比較的に高目となっている。また、埼玉県では、福島から距離がある西部の秩父市山中から他所よりも高い値が出ている」などの記述があります。

YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア) 」サイトより


福島原発周辺で「動植物異常」相次ぐ、研究者が被曝影響と指摘

東洋経済オンライン 」サイトより


原発周辺のチョウ、羽や目に異常
同記事に「異常のあったチョウ同士を、降下地域から十分離れた実験施設で交配させたところ、2世代目では18%に同様の異常がみられた。さらに異常があったチョウと健康なチョウを交配させたところ、3世代目の異常発生率は34%に上昇した」

「また事故から6か月後の昨年9月にも福島県で240匹のチョウを採集したが、これらのチョウの子の世代では52%に異常が見つかった」

「福島の住民を診察する山田 真 医師は、放射線による遺伝子的な影響には未知の部分が多数あり、将来的に影響が現れる可能性を100%否定することはできないと警告する」などの記述があります。

福島沖の魚介類、放射性レベル下がらず 国際調査

飯舘村などでプルトニウム検出,福島第1原発の敷地外で初

放射能汚染は長期化、日本は食品の厳重な監視を
同記事に「慢性的な低線量の被曝が続く恐れがあり、注意しなければ累積被曝量は増えていく」「日本は果物、ミルク、キノコ類、狩猟した動物、魚介類の厳重な監視を継続することが死活的に重要」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


食物連鎖で濃縮 放射能の危険な罠
同記事に「オーストリア気象当局の試算で、福島第一原発の事故後3~4日間で放出されたセシウム137の量は、チェルノブイリ原発事故後10日間の放出量の20~50%に相当する。包括的核実験禁止条約(CTBT)機構の暫定技術事務局のデータを基にした試算で、1日当たりに放出されたセシウム137の量は大差がない」

「米国のコロンビア川で、ある科学者が調べたデータがあります。川上にはハンフォード再処理工場という原子力プラントがあります。川に流れ出す微量の放射性物質を1とすると、プランクトンで2千倍、プランクトンを食べる魚で1万5千倍、魚を食べるアヒルの体内では4万倍に濃縮。そして川辺の水鳥の卵の黄身では100万倍もの濃縮が起きていた」などの記述があります。
dot.(ドット)|朝日新聞出版 」サイトより


福島原発事故の真実

金型通信社 」サイトより


プルトニウム241を検出 「豆類蓄積の恐れ」と警告

47 NEWS ( よんななニュース ) 」サイトより


シジミチョウ突然変異、ABC放送も報道
同記事に「"日本の研究者が、福島原発炉心溶融の放射能が日本国内の蝶々の種に異変を起こしている"としており、福島原発事故後の何週間、何か月にわたって何百匹かの蝶々を採集した。調査した蝶々の10%以上に、異常に小さい羽などの奇形が見つかった。第二世代になると奇形率が33%を超え、成虫になる前に死ぬ個体も多く出たと要約している。この論文はイギリスの科学誌 Nature に掲載されたもので、ABCテレビの報道は、"大気中に放出された放射能が突然変異を引き起こしたものと結論しており、他の動物種についてもさらに調査を拡げるよう求めている"と述べている」などの記述があります。

オーストラリア生活情報サイト NICHIGO ONLINE 」より


封印された人体への影響について - 1
同記事に「放射線被曝の影響については、かつて しきい値論というものがあり、ある症状の発症率が5%とか10%になる放射線量を境にして、それ以下は症状が出ないことにするという考え方だったのです。しかし、放射線の影響というものは個人差が大きい。まれに放射線に対する感受性が高い人がいて、こういう人は少ない線量でも影響を受けることがあります。テレビなどでは専門家まで『この量までは放射線を浴びても大丈夫』などと言っていますが、そういう話ではありません」などの記述があります。

封印された人体への影響について - 3
同記事に「いったん人体への影響はないと診断されてしまえば、将来的に影響が出た場合、誰が責任を取ってくれるのか。国が何十年にも わたって経過観察のための費用や、万一、がんになった場合の治療費などを出してくれるとは到底、期待できない。それは'99年に茨城県東海村で起きた JCO臨界事故のケースからも明らかである。

東海村の事故では600人から700人の住民が被曝したと公表されました。その後、12年にわたって、がんの調査を継続的にしていますが、住民の中に がんになる人が事故前と比べて増加し、すでに亡くなった人もいます。しかし、国は公的な追跡調査を いっさいやろうとしません。お茶やレンコンといった食品の風評被害ばかりが強調され、農家には損害賠償も行われたのに、人間の被害については そっちのけだったのです」などの記述があります。

封印された人体への影響について - 4
同記事に「政府が ただちに人体に影響はない と繰り返し、晩発性障害について まったく触れない理由も浮かび上がってくる。あらかじめ 後の人体への影響について封印してしまうことは、将来の補償や それにまつわる訴訟に予防線を張ることになるのである。

将来的に影響がないとまでは言っていない とシラを切られれば、たとえ がんになったとしても、それが福島第一原発の事故による放射能汚染の影響だと立証するのは極めて難しいからだ」などの記述があります。

現代ビジネス [ 講談社 ] 」サイトより


渡利地区における土壌汚染調査結果
同記事に「土壌分析の結果、複数の箇所からチェルノブイリの避難の義務ゾーン、特別規制ゾーンに匹敵するきわめて高いセシウム濃度が検出されました」などの記述があります。

国際環境NGO FoE Japan 」サイトより


Why the Fukushima disaster is worse than Chernobyl (英語)
同記事に「バズビー教授は、セシウム放出が少なくとも広島原爆の72000発分」

「Chris Busby, a professor at the University of Ulster known for his alarmist views, generated controversy during a Japan visit last month when he said the disaster would result in more than 1 million deaths. "Fukushima is still boiling its radionuclides all over Japan," he said. "Chernobyl went up in one go. So Fukushima is worse."」などの記述があります。

「チェルノブイリ原子力発電所は、一度に爆発したが、福島原発では現在も放射性物質が出ており、チェルノブイリよりも状況が良くない。これから100万人以上が亡くなるだろう」との予測は衝撃的です。
The Independent 」サイトより (英語)


Fukushima fallout fears over Japan farms (英語)

BBC News 」サイトより (英語)


The isogram map shows average active cesium (英語)

Nature Publishing Group 」サイトより (英語)



海外避難した人々も資金が底を付き続々と帰国。

学生ビザも資金枯渇により、いずれ帰国が確実。

就労ビザや永住ビザは取得が困難です。

海外移住は海外の就職先を確保しなければ、経済面やビザの滞在日数制限などによって、やがて行き詰ることが明白です。

こうした問題を解決する方法は、企業の海外進出や海外起業などによって、海外就職先が増えることで解決します。

海外就職先が増えることにより、日本人が海外就職先を確保できると同時に経営者の災害回避にも繋がります。


【関連情報サイト】


コンセプトと日本脱出手段
同記事の「日本脱出のための主要手段」に「現地で働くには就労査証や労働許可証が必要です。国によって手続き方法は違いますが、多くの場合、雇用主が関連機関に書類を提出し取得します。また日本人を雇用するには相当の理由と条件が必要になり、現実的には現地資本100%の企業よりも日系企業に就職する方が早道となります」との記述があります。

海外移住情報 」サイトより


【関連記事】


日本人街・経済特区
(日本人の海外就職先が増加し、海外移住が容易になる画期的な方法とは)

日本壊滅地震で世界危機

サイトのコンセプト



福島を他人事のように考え、多くの人々が平然と生活しています。

専門家によれば、福島4号機の燃料プールに1535本、さらに1~6号機の共有のプールには なんと6375本もの大量の核燃料が存在し、さらに六ヶ所村には約3000トンの使用済み核燃料棒と超高濃度の放射能廃液240立方メートルがタンクの中に貯蔵されています。

4号機の建屋は水素爆発により、骨組みとわずかなコンクリートを残すのみという状態です。

その後の海水の大量放水や風雨によって、建屋などの腐食や劣化が著しく、余震による負荷も相当なものであるという指摘があります。

プールの水は重く、残った骨組みとコンクリートにとっては過大な負荷となっています。

この、大量の核燃料が存在するプールに亀裂が生じたり、建屋が崩壊することなどにより、冷却水が喪失すれば、今までの放射性物質の放出量を はるかに凌駕し、ただちに、人体への影響がある膨大な放射性物質が放出され、多くの日本人が、放射線障害などの深刻な状況に なってしまう恐れがあります。

さらに、六ヶ所村再処理工場にある使用済み核燃料や核廃棄物は原発と比較しても膨大な量です。

この、膨大な核燃料の冷却プールに亀裂が入るなどして、冷却不能な状況に おちいった場合は、さらに苛酷な状況となり、日本という国全体が人の住めない死の国となる恐れがあるという指摘があります。

すなわち、皆様方も被災者になってしまう可能性があるのです。


【関連情報サイト】


福島第1原発4号機の燃料プールは安全か?

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 」サイトより


村田光平「新たな一大汚染の危機と国・東電の無策ぶり」1
同記事に「東日本大震災で福島第一原発が大事故を起こしたのは周知の通りですが、4号機の建屋は、このときの水素爆発で大変傷んでいます。しかも地盤に不等沈下があって、倒壊する危険もあります。

現在、4号機のプールにある1535本の核燃料棒は かろうじて冷却されていますが、もし4号機が倒壊すれば、冷やす術はありません。そうなると、最悪の事態---核燃料棒が溶け、メルトダウンが起き、膨大な放射性物質が撒き散らされるという、いまだ人類が経験したことがない悲劇が起こります。

そうなれば、これまで放出された分の数倍、数十倍の放射性物質が拡散し、福島第一原発の一帯には誰も近寄ることができなくなります。すべての人員が原発から撤退しなければならなくなるのは言うまでもありません。その結果、4号機のみならず、1号機から6号機までの事故後処置も難しくなり、全機がメルトダウンを起こす可能性もあります。

今、4号機も含めて、福島第一原発に残されている核燃料棒の総数は1万4225本に のぼります。米国の核科学者ロバート・アルバレス氏によれば、チェルノブイリの85倍のセシウム137が福島第一原発に存在するそうです。4号機に限っても、セシウム137の量はチェルノブイリの10倍になる」などの記述があります。

村田光平「新たな一大汚染の危機と国・東電の無策ぶり」2
同記事に「1)4号機の燃料プールの水が地震で抜け、燃料棒がむき出しになると、1535本の燃料棒に火がつく。このことはアメリカで、すでに実験によって確認されている。

2)その火がついたときの破壊力は、核兵器程度ではすまない。東北、関東圏は壊滅し、放射能で人がいなくなれば、福島第一原発の1、2、3、5、6号機も管理不能となり 核の暴走が勃発する。

3)燃料棒に一度火がつくと、燃料棒を包むジルコニウムが水を分解し、そのときに生じる酸素で発火が起こり、水素爆発に至る危険がある。したがって、消火に水を使用することは許されない。

4)消火のための化学製品はアメリカで開発されているので、これを用意しておくことが望まれる」などの記述があります。

村田光平「新たな一大汚染の危機と国・東電の無策ぶり」3
同記事に「もし、4号機の燃料棒に火がつくような事態が起きたら、米軍機が山形空港から飛び立って、4号機の燃料プールに消火薬剤を投げ入れることができるようになっている。だが、そのことにさえ反対する国会議員の勢力がある」などの記述があります。

村田光平「新たな一大汚染の危機と国・東電の無策ぶり」4
同記事に「4号機の建屋の下の、南側3分の1くらいのところに活断層がある。核燃料プールはその上にある」

「燃料棒に火がついたら、私たちが受ける被害は広島の原爆の数千倍になる」

「なぜ、今すぐ燃料棒を取り出さないのか」などの記述があります。

村田光平「新たな一大汚染の危機と国・東電の無策ぶり」 5
同記事に「4号機について、フランスの有力誌『ル・ヌーヴェル・オプセルヴァトゥール』は8月、『最悪の事故は これから起きる』とするショッキングな記事を掲載しました。この記事では、北澤宏一元JST理事長など、4号機の施設のデータを分析した専門家を取材し、『北半球全体が長期にわたって深刻な汚染に さらされ、現代日本は滅亡する』と指摘する声を伝えています」などの記述があります。

現代ビジネス [ 講談社 ] 」サイトより


福島第1原発近くで大地震の恐れ、東北大教授らが警告

AFPBB News 」サイトより



福島原発事故で難民認定は困難です。チェルノブイリやスリーマイル島の原発事故においても、難民認定された事例は皆無です。

現在、世界中で百人単位、カナダだけでも数十人の日本人が難民申請を行っていますが、すべて却下され、帰国が確実とされています。

たとえ、日本中、全ての原発が爆発したとしても、難民認定は困難です。
(放射性物質を多量に浴びた人々を受け入れることは困難です。
生活費は全額国家の負担になるうえ、放射能障害などで医療費の負担が発生する可能性がある外国人のために税金による国民負担は、国民の理解が得られず極めて困難。)

※難民認定が容易であるならば、筆者は こんな手間のかかるサイトを作成しません。

4号機が倒壊し、海外避難しても資金が底を付き、観光ビザでは、一切の就労が禁止されているため、海外の就職先を確保しなければ、経済面やビザの滞在日数などによって、行き詰る事が明白です。

海外就職先を増加させることで、多くの日本人が就職先を確保できると同時に経営者の災害回避にも つながり、こうした問題を解決する最善の方法のひとつです。

絶望を希望に変えるために実践できることが あります。


【関連記事】


日本人街・経済特区
(日本人の海外就職先が増加し、海外移住が容易になる画期的な方法とは)


放射性物質に汚染された地域の除染は極めて困難
専門家によれば、放射性物質に汚染された地域の除染は技術的にも費用的にも極めて困難であるとされており、現実にチェルノブイリを含めた、核汚染地域の多くは、いまだに放棄された状態にあるという事実が放射性物質の除染の困難さを証明しています。

「放射性物質による汚染は半永久的なものであり、原発や核関連産業とは、汚染が半永久的に持続するという途方もないリスクを内包しているのである」という指摘もあります。

現在も日本を始め、世界には多くの原発や再処理工場が存在し、その放射性廃棄物は半永久的に残るのというのが現実なのです。


蓄積する放射性廃棄物と被曝事故、放射能災害のリスク
原発を運転すると放射性物質が発生します。気体は大気中に液体は薄めて海や川などに放出されます。また、固体のうち低レベル放射性廃棄物や高レベル放射性廃棄物は原子力発電所などで保管されています。

日本では原発の運転により毎年、約49トン(広島原爆換算で約5万発分)もの放射性廃棄物が発生し、日々蓄積されています。

2010年末時点での日本における死の灰の累積蓄積量は約100万トンにも上ります。

原発を運転すればするほど日常的にも放射性物質の放出にともなう周辺住民の日常的な被曝や水をはじめ、農産・畜産・海産物などの放射性物質汚染に加え、原発の運転・管理に必要な膨大な数の労働者の被曝など多くの問題があります。

また、原発の運転により日々発生し蓄積し続ける放射性廃棄物は保管場所の増設や処分場の建設による最終処分の問題が避けられません。

放射性物質を無害化する技術はありません。このため放射性廃棄物から出る放射線が安全なレベルに減衰するまで保管する必要があります。ちなみに、放射線(放射能)の量が半分になる(無くなるのではありません)までの時間を半減期と言います。この半減期は、放射性同位元素の種類によって定まった値があり、例えば、セシウム137は約30年ですが、ウラン235は約7億年、プルトニウム239は約2万4000年、トリウム232は なんと140億年など非常に長いものです。



セシウムの「環境的半減期は180~320年」
同記事に「セシウム137の半減期は約30年だが、チェルノブイリ付近の土壌に含まれるセシウムの「環境的半減期」は、180~320年と算定されている」

「放射性物質を含んだ食物を人間が摂取した結果、長寿命の放射性核種(ストロンチウム90、セシウム137のような)が体内に蓄積する恐れがある。ストロンチウムは同族元素であるマグネシウムやカルシウムに性質が似ているため骨や代謝系に、セシウムは同族元素であるナトリウムやカリウムに性質が似ているため体液や筋肉に それぞれ浸透し、そこから放たれる放射線によりダメージを受ける」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


放射性物質は永遠不滅
放射性物質は半減期が経過すると放射線は1/2になります。時間が経過すれば、1/4、1/8、1/16....と少なくなるものの、ほぼ永久的に放射線を出し続ける核種もあります。

一例としてウラン238(半減期45億年)が最終的に鉛206になるまでの期間を示す。

ウラン238(半減期45億年)→α崩壊→トリウム234(24日)→β崩壊→プロトアクチニウム234(1.2分)→β崩壊→ウラン234(25万年)→α崩壊→トリウム230(8万年)→α崩壊→ラジウム226(1600年)→α崩壊→ラドン222(3.8日)→α崩壊→ポロニウム218(3分)→α崩壊→鉛214(27分)→β崩壊→ビスマス214(20分)→β崩壊→ポロニウム214(0.00016秒)→α崩壊→鉛210(22年)→β崩壊→ビスマス210(5日)→β崩壊→ポロニウム210(138日)→α崩壊→鉛206(永遠に
生物毒性を保持)


原発や核関連施設は国家や世界にとっての永遠の負債
原子力発電は 火力や水力といった発電所とは異なり、廃炉にすれば終わり というわけではありません。

原発の廃炉や核関連施設の解体には非常に多額の資金が必要になります。また、解体や廃炉の後には膨大な放射性廃棄物が永遠に残されます。

専門家によれば、原発や核関連施設は国家や世界にとっての永遠の負債であり、国民に大きな経済的、健康的な負担をもたらすとされています。


【関連情報サイト】


米国の原子炉解体引当金が不足、廃炉の際は長期間放置の可能性
同記事に「米国内の稼働中原子炉104基のうち老朽化の進む20基は、廃炉となった際に解体処分に引当てられる資金が十分に足りていないとのこと。これらの原子炉が廃炉となった際には、巨大な産業遺跡のごとく20から60年間、または それ以上に長期間解体されずに放置される可能性があるという。

環境問題の専門家らによれば、廃炉となった原子炉の長期に及ぶ放置は極めて危険であるという。イリノイ州では、廃炉となった原子炉の配管が凍結し、55000ガロンの汚染水が流れ出てしまったという事例もある。また廃炉となったIndian Point1原子炉は、発電所閉鎖から解体されるまでの38年もの間、多種の放射性物質が漏れ出し土壌を汚染し続けていたという」などの記述があります。

スラッシュ ドット・ジャパン 」サイトより


データが明かす、意外に短い「国家の寿命」1

国家の寿命が尽きたとき、核のゴミは誰が責任を負うのか? - 4
同記事に「すでに人間のタイムスパンを超えた保存期間が必須不可欠の使用済み核燃料の管理といったものは どうでしょう?

まず間違いなく、今 地球上に存在する すべての国家が代替わりした後にも、大半の核廃棄物では残留放射能の量は ほとんど目減りしていないでしょう。つまり、明らかにおのれの「寿命」より長く、厳重な管理が必要なものを私たちは背負いこんでいる」などの記述があります。

JBpress (日本ビジネス プレス) 」サイトより


ハンフォード核施設、終わり見えぬ、負の遺産

ハンフォード核施設 汚染水「1滴すら浄化できず」
同記事に「ハンフォードの浄化作業には89年以来、400億ドルもの税金が つぎ込まれたが、まだ1滴の汚染水も処理できていない。これが現実だ」などの記述があります。

汚染水 処理施設、設計に問題!内部告発で明るみに

ハンフォード核施設 風下住民、真相求め証言

朝日新聞デジタル 」サイトより


原発は国家の不良債権!あまりに長期間、あまりに巨額 1

原発は国家の不良債権!あまりに長期間、あまりに巨額 2

原発は国家の不良債権!あまりに長期間、あまりに巨額 3

原発は国家の不良債権!あまりに長期間、あまりに巨額 4
同記事に「使用年限の到来により、原子力発電所の設備すべてが巨大な核廃棄物と化す。原子力発電所を建設するという事は、自分たちの子孫に巨大な核廃棄物を押しつけるということ。あまりに巨額の廃炉費用を賄うには不良債権化しか道はない...それでも核廃棄物の問題は全く解決できない。原発の不良債権化により負担は国民全体へ」などの記述があります。

星の金貨プロジェクト 」サイトより


チェルノブイリ、耐用100年の新シェルター建設開始

チェルノブイリ原発、建造中の巨大シェルターが姿現す

チェルノブイリ原発、屋根などが崩落 放射線量に変化なし

AFPBB News 」サイトより


廃炉まで100年 福島に突きつけられる覚悟

現代ビジネス [ 講談社 ] 」サイトより


チェルノブイリ - その後の 10年
同記事に「生き残った作業員の多くは、免疫機能が低下する " チェルノブイリ・エイズ " と呼ばれる重い後遺症に悩まされている。また、放射能に汚染された地域にいた子供は、避難後に心身の健康を徐々に損ねている。甲状腺ガンの発生率が以前より10倍高く、ストレス性の神経精神病的障害も10~15倍増えていることが わかった」

「発電所の解体、他の原発の安全性の向上などの問題が山積している。とくに、事故を起こした原子炉に残った放射性物質を封じ込めるため、急場しのぎで作った " 石棺 " は今や崩壊寸前であり、放射性物質の拡散を防ぐ新たな対策が求められている。

これらの計画には40億ドルの拠出が決まっているが、後始末にかかる費用のほんの一部かもしれない」などの記述があります。
日経サイエンス 」サイトより


崩落の懸念、チェルノブイリ密閉作業

甲状腺がん、チェルノブイリ密閉作業

ナショナル ジオグラフィック 公式日本語サイト 」より


チェルノブイリは まだ終わっていない
(Nations Pledge $785 Million to Clean up Chernobyl)
同記事に「86年に発生したチェルノブイリ原発事故は史上最悪の放射能漏れを起こし、現在も周囲30キロの立ち入りが規制されている。事故当時、強制的に立ち退きを余儀なくされた11万人以上の住民は、25年経った今も元の場所に戻れない」などの記述があります。

ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より


「廃炉より原発維持のほうが高コスト」ドイツ関係者が断言

日刊SPA! 」サイトより



このようにチェルノブイリも福島も、永遠に石棺の老朽化問題を抱え、更新作業を続けなければ ならないのです。

日本の場合、費用は自治体や国が負担することになっています。

そして、国家の負担は国民の負担であるということです。
(核関連費用の国民負担だけでなく、関門トンネル、青函トンネル、高速道路、水道、ガス管などの維持、補修費用などの国民負担もあわせて考慮すれば、経済的に余裕のない人ほど、海外移住が必須であるという指摘もあります。


【関連情報サイト】


原発不要論・反原発

ゼネコン・建設業の恐るべき実態
同記事内の「青函トンネル水没計画」と「コンクリートの崩壊」の項目を参照。

ある作家のホームページ 」より



海外移住は海外就職や海外起業、国際結婚などによっても、その可能性があります。※お金がないから海外移住ができないという意見がありますが、管理人の知人の話では、「海外移住するために必要なのは お金ではなく、知恵のほうである」という意見も....)


【関連記事】


移住の方法
(海外移住の方法が満載)

「海外移住の地図帳」サイト管理人へ ご連絡



将来、国家の財政事情が悪くなった際には、誰が核関連費用を負担するのでしょうか?。

結果的には世界全体で、これらを負担をしていくことになるであろうという指摘があります。
(負担できない場合は、原発や核関連施設の周辺国が放射能汚染で居住困難になるのですが、現実には放射能で汚染された人を受け入れてくれる国などないため、必然的に自国で放射線障害や がんによって人生を終えることになるという悲しい現実が待っているという指摘も....)

また、世界中にある原発や核関連施設の解体後に発生する放射性廃棄物を永遠に管理していくことなど人間には困難であるという意見もあります。

原発や核関連施設は国家や世界にとっての永遠の負債である以上、居住国や その周辺地域に核関連施設がないことが、安全に生活するという点のみならず、将来の経済的な見通し(財政上からも)が安定的であるという指標になるため、海外移住サイトには原発のカテゴリが必要不可欠であると考え、海外移住の地図帳では、最初のページの中央のカテゴリに開設当初から あえて「原発」を配置していました。


核を食らわば皿まで?
「毒を食らわば皿まで」という言葉があります。

意味合いとしては、「一度、毒を食べてしまった以上、死ぬことに違いはないから、どうせ死ぬのなら それを盛った皿まで なめるという意味で、一度罪悪を犯したからには、罪悪に徹し、悪事を続けること」

「核を食らわば皿まで」の意味とは、「一度、核に手を染めてしまった以上、いずれ破滅することに違いはないから、どうせ破滅するのなら 核を盛った皿まで舐め、核関連技術に徹し、原発などを含めた核関連技術を破滅するまで続けること」。

現代用語の基礎知識にも未掲載の新用語です。



「核は国家や世界(地球)にとっての自滅テロである」という指摘があります。
放射性ストロンチウム・プルトニウム

日本国内においては放射性ヨウ素と放射性セシウム以外の放射性物質に関しては、ほとんど報道されていないのが現状ですが、海外では より危険度の高い放射性ストロンチウムやプルトニウムに関しても報道されています。


【関連情報サイト】


Radioactive Strontium Found in Hilo, Hawaii Milk(英語)
(ハワイの牛乳から放射性ストロンチウム)

Forbes.com 」サイトより(英語)


Customized Search(英語)

【解説】「Air-Filter」、「アルファベット2文字の州の略号」、「核種名」などを選択して一番下の「Search Database」ボタンをクリックすると結果が出てきます。

※核種名にPlutoniumを入力すると、アメリカ各州で検出されたPlutoniumが福島の事故後に急増しているのも一目瞭然です。

【単位変換式と表内記号】
1pCi=1,000,000aCi

1pCi=0.037Bq

1km3=1,000,000,000m3

aCi/m3=1立方メートルあたりのアトキュリー
(大気中 放射性物質濃度)

Bq/km3=1立方キロメートルあたりのベクレル数
(大気中 放射性物質濃度)

※2011年以降のデータは単位が aCi/m3 ではなく pCi/m3 に変更されています。

※州の略号、元素名のアルファベットを掲載しているリンクを下記に紹介していますので、ご参考に。

U.S. EPA Web Server 」サイトより(英語)


アメリカ50州の略号(略称)と州都

Coco's room Los Angeles 」サイトより


元素の一覧

Wikipedia 」サイトより


日本で「被曝」するより、放射能汚染の少ない海外へ「避曝」を
原発事故後、被曝限度の安全基準の改悪や原発事故後の政府の対応について、「原発情報に関する数々の嘘や欺瞞 ※、少子化問題を叫びながら国の宝であるはずの子どもの安全を守れない国」「家族や子どもの命を守れない国に価値を見いだせない」「地震も原発も無い国へ海外移住することがベスト。原発震災が発生したことで、命があって、家族が健康であれば それでいいと気付いた。」「原発の多い土地に将来性を感じない」という声もあり、このような考え方や価値観を持っている人や家族が増えてきているようです。
(※ 格納容器の安全性は保たれており、メルトダウンはない。プルトニウムは重い元素だから、ヨウ素のように遠くへは飛ばない etc...)

原発密集国に住み続けることで「憂いありて備えなし」の人生を送るよりも、家族を原発災害から守るため、原発のない安全な国に海外移住することで「備えあれば憂いなし」の人生を選択する人々が東日本大震災以降、顕著に増加しています。

2011年3月11日以降、一部の富裕層も「日本で土地や不動産を持っていたとしても、放射能で土地が汚染されてしまえば、不動産の減価リスクを負うことになるばかりか、もっとも大切な自らの健康や生命を失ってしまっては意味がない。」すなわち、「原発や地震のない安全な地域であればこそ、資産を持つ価値がある」という価値観を持つ富裕層が増えてきているようです。


【関連記事】


世界の相続税・贈与税
(相続税・贈与税のない国とは)

このように、最善かつ最良の原発災害対策とは、原発のない国に暮らし、原発災害を未然に回避することだということに気が付きはじめたようです。

企業においても同様に将来を見据えて、原発のない国へ海外進出をする企業もあり、国際的な視点から、原発の多い土地、日本の周辺国も原発を推進し、核開発を推進している国に囲まれている日本に拠点を置くことの高いリスクが注目されてきており、原発事故の際に社員の命を守れない土地に価値を見いだせないという考え方や価値観を持っている企業が増えてきているようです。

ご連絡/Contact


【関連記事】


永住権の取得 申請条件
同記事に「福島原発事故以降、放射能汚染を回避する目的で海外へ避難するために日本を脱出し、海外に査証免除や観光ビザで出入国を繰り返したり、海外に長期滞在をしている日本人が急増していますが、このような方法で出入国を繰り返すと不法行為を疑われ入国拒否や強制送還になるリスクがあり、実際に日本人が入国拒否や強制送還になる事例が急増している」

「入国拒否や強制送還の履歴が残ると当事国だけではなく、他国への入国も困難になることがあります。さらに、入国が困難になるだけではなく、リタイアメントビザや永住権の取得も困難になります。つまり、入国ができないということは海外旅行が困難になることを意味し、長期滞在可能なビザが取得できなければ 事実上、海外移住どころか日本を脱出することすらも困難になるか不可能になることを意味します」などの記述があります。


安全を求めて海外移住する場合、原発の世界分布や核関連施設の位置と原発のない安全な国を知ることが重要です。(後述)


【関連記事】


移住の方法

日本壊滅地震で世界危機
(個人の海外移住と企業の海外進出が世界を救う!その理由とは)


放射性物質による放射線被曝対策目的で海外避難は有効か?
放射線被曝対策の観点から、海外旅行や留学などで日本を脱出している方が増えています。 

専門家によれば、自然放射線量の少ない海外に長期滞在するのであれば被曝対策として意味があるケースもありますが、短期間 避難する場合では、かえって被曝線量が増加してしまうケースがあるようです。

航空機は地上から約10Kmという高空を飛行するため、宇宙からの放射線による被曝が問題になる場合があり、短期間の海外旅行の繰り返しは、かえって被曝する放射線量が増加してしまうことがあるようです。

航空路線によっても被曝線量は異なりますし、渡航する国によっても、放射線の強さが異なるため、放射線防護の観点から海外旅行する場合は、被曝線量の少ない航空路線や国を慎重に選定する必要もありそうです。

放射性物質による被曝対策で、もっとも有効なのは、自然放射線 (宇宙放射線、ラドン、雷)が少ない地域、タバコに含まれる放射性物質による被曝を避けるため、受動喫煙回避につながる喫煙率の低い国、原発や核関連施設、黄砂などの人工放射線源のない国や離れた地域へ海外移住すること。

すべての記事タイトルの先頭が「海外移住」とあることからも海外移住が重要であることが わかります。


【関連記事】


宇宙放射線・地磁気
(飛行機に乗る際の宇宙線被曝量に関する話題)

ラドンの世界地図
(ラドンによる放射線被曝、タバコに含まれる放射性物質に関する興味深い話題も)

雷 分布の世界地図
(雷から放射線が!)

黄砂汚染の地図
(黄砂は中国などが行った核実験に由来する放射性セシウム,プルトニウムなどが含有)

パスポート
(入国の際に人体を放射線で透過する新しいセキュリティー検査機器の導入国などの情報も)

(上記の記事は、原発密集国である日本で、原発事故が起こることを事前に予測し、用意しておいた記事です。

これは、原発や核関連施設で事故が起こった際には、一定の被曝が避けられらいため、核事故に関連する被曝以外の被曝を可能な限り低減することで、被曝による悪影響を最小限に抑えるために、
核施設以外の被曝源を明白にする必要性があり、核事故の際に役に立つ情報になると考え、事前に まとめておいたものです。

海外移住には、時間が必要であり、同時に移住前の被曝を できるだけ避けることが重要です。

このように超巨大地震も原発事故も すべて事前に予測し、「海外移住の地図帳」は準備されていたのです。)

サイトのコンセプト
(サイト開設の経緯と真相なども)


原発が危険であることを隠すかのように、「放射能漏れによる外部への影響はない。」放射能漏れ事故の際には「微量であり、ただちに健康への悪影響はない」などの報道が繰り返されてきました。

しかし、白血病は放射線照射後、二年程度以上、がんは数年から数十年程度から、放射線による影響が現れるという点に留意が必要であるとの専門家の指摘があるほか、原発事故によるメリットのない被曝と医療上の必要性やメリットのあるX線検査などの医療被曝と比較すること自体がナンセンスであるという指摘もあります。

加えて、外部被曝と内部被曝とでは危険度が異なることや、(放射性物質を含む食品や水、空気が発する放射線量を外部被曝することと放射性物質が含まれている食品や水、空気を摂取すること)

胎児や乳幼児と高齢者とでは閾値(いきち)が異なるという専門家の指摘があることは事実です。(妊娠中、なかでも妊娠初期は特に注意が必要という専門家による指摘があります。)

また、専門家によれば、環境や食品や水などの放射性物質の基準も、一日の摂取量では問題にならない水準でも、長期間摂取した場合には問題があるという指摘や単独では問題にならない放射性物質の汚染水準でも、水、空気、食品を合計した場合では問題があるという指摘もあります。
(ホットスポットと呼ばれる局所的に放射能値が高い地域も存在するため、食品の放射性物質の汚染レベルは場所によって大きな差があります。)

(放射能検査は抜き打ち検査であり、すべてを検査することが不可能なため、ホットスポットで生産されたものが検査をされずに市場に出回る可能性も指摘されています。)


放射線照射食品
「人の健康を損なうおそれがある」照射食品

食品照射ネットワーク

SIH ( Satomi Institute of Health ) 」サイトより


くらしの健康:食品への放射線照射
同記事に「中国では、ニンニクの発芽防止や香辛料等の殺菌方法として、20品目以上の食品に放射線照射が認められ、年間10万トン以上の食品に放射線が照射されています。韓国では、年間約3千トンの香辛料や朝鮮人参粉末に放射線が照射されています。タイ、インドネシア、インド及びイスラエルでも香辛料への放射線照射が行われており、タイではソーセージ等へも放射線が照射されています」などの記述があります。

東京都 健康安全研究センター 」サイトより


食品の放射線照射、世界の状況
同記事に「東南アジアでは、2万6千トンが処理されている。ベトナムでの実用化が ここ数年急速に増大し既に14000トンを超えている。この他、インドネシア、韓国、タイなどでも積極的に食品照射が進められている」などの記述があります。

食品照射データベース 」サイトより


食品照射とは
同記事に「FAO/IAEA(国際原子力機関)によると、世界の食品照射許可国は57か国に上り、許可品目は球根、新鮮果物・野菜、穀類、豆類、乾燥果物・野菜、魚介類、生の家禽肉・畜肉、香辛料、ハチミツ、宇宙食など、さまざまな食品です。また、世界各国の食品照射施設として、43か国、105の施設が登録されています」

「香辛料類特有の香りや色といった品質に影響を与えずにカビや耐熱性芽胞菌などの微生物を殺滅することができるため、オランダ、ポーランド、ドイツなどのEU諸国をはじめ、米国、ブラジル、中国、韓国、タイ、南アフリカなど多くの国で、香辛料や乾燥野菜類の照射が実施されています。

また、サルモネラや病原性大腸菌O157:H7などの食中毒対策として、米国、ベルギー、フランス、ベトナム、インドネシアなどでは、殺菌を目的とした肉や魚介類の照射が実施されています。中国では、ニンニク、バレイショ、タマネギの発芽防止を目的とした照射も行われています」などの記述があります。

IAEA Food & environmental Protection Newsletter [ PDF:1.4069 MB ](英語)

日本食品照射研究協議会 」サイトより


毒食品よりコワい「中国放射線照射食材」が日本上陸中
同記事に「中国では、ニンニクや香辛料、乾燥野菜、魚介類、茶葉など、幅広い品目が食品照射の対象となっている。中国メディアの報道によると、中国では年間約14.5万トン以上の食品に放射線照射が行われており、全世界総量の36%を占めています。農薬や添加物の過剰投与が問題となっている中国では、それらに変わるクリーンな方法として食品照射が推奨されている面もある。しかし問題は、照射される線量の上限が適切に守られているかどうかということ。目先の金儲けのため、農薬や劇薬の過剰投与が日常茶飯事となっている中国では、照射線量の上限を守っているとは考えにくい。中国国内でも不安の声が上がりはじめています」

「放射線照射による中国産汚染食品は、すでに日本への流入も確認されている。食品に放射線を照射すると、新しい化学物質が生成されることもあり、それが有害だという研究結果も出ている」

「名古屋検疫所の抜き取り検査により、中華料理店などへの販売目的で輸入された総量1550キロの中国産乾燥しいたけから、放射線を照射した跡が確認されています。 また、検疫所のモニタリング検査の結果、中国から輸入されたボイルシャコから相次いで放射線が照射された痕跡が検出され、厚生労働省が回収を要請したこともあった。他にも、中国産のウーロン茶、乾燥ケール、乾燥ネギからも放射線が照射された痕跡が検出されています」

「こうした照射食品が、外食産業や加工品という原産地表示義務のない食べ物にに秘かに使用され、日本人の口に入っている」

「放射線以外にも添加物や重金属、残留農薬などによる中国産食品の汚染実態についてもどうのような健康被害が生じるのかが詳しく触れている。一部の人々の間では、いまだに東北産食材を敬遠する動きがある。一方で、中国産食品の輸入量は増え続けている」などの記述があります。

MSN産経ニュース 」サイトより



中国や韓国からの食品輸入が増加しています。輸入食品の中には放射線が照射されているものがあるだけでなく、放射性物質の検出されている食品もあります。

また、子どもの安全を求め、海外へ避難したつもりが、照射食品が多く流通している国へ避難している家族もいるようです。

「安全とは何か」ということを考えさせられます。


【関連記事】


黄砂汚染の地図
(黄砂に含まれる中国が行った核実験に由来するプルトニウム、放射性セシウム)


皮蛋と鉛汚染中華(中国)料理店などでメニューにある皮蛋。

専門家によれば、中国産の一部の皮蛋の製造過程で鉛化合物を使用したものがあり、食べ過ぎると鉛中毒の恐れがあることが指摘されています。

なお、台湾産の皮蛋は製造過程で鉛化合物を使わずに製造された"無鉛"皮蛋があるので、鉛中毒とは"無縁"です。



犯罪はなぜ起きるのか―神経犯罪学がもたらす「革命」
同記事に「劣悪な環境も幼少期の脳を変え、のちの反社会的行動を生み出す要因となり得る」

「幼少期の脳に影響を与える環境的要因としては、神経毒である鉛が行動をつかさどる前頭葉前部に特に害を及ぼしている。われわれの体内の鉛濃度は、よちよち歩きの幼児が指を口に入れがちになる生後21か月でピークに達する傾向がある。一般的に子供たちは、大気汚染や有害物の投棄で汚されてきた土から鉛を体内に取り入れてしまう」

「青年期の高い攻撃性や暴力性と関連付けられている他の要因としては、出産前の母親による喫煙や飲酒、出産中に起きる合併症、幼少期の栄養不足などがある」などの記述があります。

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 」サイトより


口紅に含まれる「鉛」が知能と行動に影響を与える

ロケットニュース24 」サイトより


チェルノブイリ事故後の母乳中 放射能と鉛の濃度

京都大学 原子炉実験所 」サイトより


地球化学 日本の鉛 分布図

海と陸の地球化学図 - 地質調査総合センター 」サイトより


【関連記事】


世界の治安・安全情報


オーストラリア入国時に人体への放射線照射検査
オーストラリアでの全身透視スキャナーに関するFAQ (PDF:888.31KB)
同記事に「ボディースキャンを拒否した場合、その乗客には通関手続きが許可されず、セキュリティ・チェック地点を通過することができません。したがって、その乗客は航空機に搭乗することが許可されません。この方針は、乗客のみに適用されるのではなく、操縦士、その他の乗務員、政府役員、および空港のスタッフにも適用されます」などの記述があります。

Travel SECURE 」サイトより (英語)


【関連記事】


パスポート
同記事に「オーストラリアの空港職員や航空乗務員、頻繁に出入国をするビジネスマン、妊産婦などからは導入に対し、被曝による健康への悪影響への懸念から、一部で強い反対意見があります。
(オーストラリアの空港職員や日本人を含む海外旅行客に対しては新しい検査装置による被曝に関する危険性については、ほとんど知らされていないため、反対意見は少数派に とどまっているようです。)」などの記述があります。


福島周辺からの風向き
福島第一原発周辺の風向きマップ

agora.ex.nii.ac.jp 」サイトより


日本の放射能(放射性物質)の大気拡散予測・風向き (日本語版)
(スイス気象会社による日本上空の放射性物質拡散予測)

Weather-Extra Japan zoom (英語版)
This page offers more movies about the nuclear accident in Japan with a closer zoom into the affected areas.

Weather-Extra Eastern Asia zoom (動画:英語)
This page offers more movies and interesting links about the nuclear accident in Japan and its potential effects on the neighbouring countries in Eastern Asia.

Meteocentrale Schweiz 」サイトより (独語)


Fukushima-related measurements (英語)

CTBTO Preparatory Commission 」サイトより (英語)


Accident de Fukushima (仏語)
(同記事内にある地図をクリックすると動画も閲覧可能。)
IRSN 」サイトより (仏語)


福島第一原発から海洋放出された放射能汚染水
福島第一原発から海洋放出された放射能汚染水の拡散モデル (英語)
ASR Limited 」サイトより (英語)


【関連記事】


海洋汚染の世界地図
(核廃棄物の世界地図により核廃棄物の海洋投棄場所が一目瞭然)


放射線の種類と性質
放射線の種類と性質
(放射線の種類やアルファ線、ベータ線、ガンマ線、中性子線などの説明も)
緊急被ばく医療研修のホームページ 」より
半減期に対する誤解
放射性物質の放射線が安全なレベルに減少するまでには一般に半減期の十倍の時間が必要と言われています。

放射性物質は、原子核の崩壊に伴い放射線を放出します。半減期という一定の期間が経過すると一定の確率で原子核が崩壊します。

たとえばプロトアクチニウム234の原子が100個あったとすれば、1.2分で半分の50の原子がβ線を放出し、ウラン234に変わります。つまり、全体の放射性物質の放射線が均一に半分に
減衰するわけではないということです。

また、半減期が短い元素は その10倍の期間が経過すれば安全かというと、必ずしもそうとはいえない場合があります。上の例でもプロトアクチニウム234の半減期は1.2分と非常に短く、この半減期の10倍の12分で安全になると解釈してしまいがちですが、その後、β崩壊し、ウラン234(25万年)に、さらにα崩壊し、トリウム230(8万年)になり、さらにα崩壊し、ラジウム226(1600年)というように全体として、一部の崩壊途中の元素の半減期が短いという根拠で安心できるものではないという指摘があるため、注意が必要であるとの意見があります。

さらに、半減期が短い放射性物質は半減期が長い放射性物質に比べて安全である印象を受けるかも知れません。

ここにプルトニウム239の原子が100個存在したと仮定しましょう。

そのうち半分の50個が自然崩壊するのに2万4千年かかります。

2万4千年で50個の原子からα線という放射線が放出されます。

それでは半減期が3.8日と短いラドン222の原子が100個ある場合では どうでしょうか?。

わずか3.8日で半数の50個の原子からα線という放射線が放出されます。

つまり、原子の数が同じであるなら、半減期の短い放射性物質では より多くの放射線を放出するということになります。人間の人生に当てはめて考えると半減期の短い放射性物質は短期間に より多くの放射線被曝を もたらすと考えられるのです。



専門家によれば、半減期が長い一部の放射性廃棄物は少なくとも数万年から一千億年以上という途方もない年月にわたって危険な放射線を出し続け、その期間は保管と管理が必要ですが、人類は一万年前まで石器時代だったことを考えれば、とても人間が管理できる時間ではないとの指摘があります。

これほどの長い年月にわたって腐食も劣化もせず、安定して放射性物質を封じ込められる容器などというものが存在するのだろか?。また、地中に埋める方法も検討されていますが、これほどの長期間にわたって戦争やテロ、政変とも無縁で、地震や火山、津波などとも無縁の地質学的に安定した土地などが存在するのだろうか?。(国そのものが存続しうるのだろうか?)

原子力発電は"発電時に"二酸化炭素などの温室効果ガスを出さず、環境に良い。発電コストが安いとの喧伝がなされていますが、核燃料の採掘、精製、製造・輸送・膨大な年月にわたる核廃棄物の処理や保管、管理のために莫大な量の二酸化炭素を発生させ、テロ対策などを含めれば莫大なコストがかかるという事実や温排水による海洋温暖化の問題もあることなどについては知らされていないのが現状です。

また、核廃棄物の放射能汚染の危険度と二酸化炭素の危険度を比較すること自体がナンセンスであるという指摘に加え、地球温暖化説自体が科学的な根拠が あいまいであるという専門家による指摘もあります。


【関連情報サイト】


Nuclear Waste (核廃棄物) (英語)

Worldmapper 」サイトより (英語)


高レベル放射性廃棄物 - トイレなきマンション

使用済み燃料の処理・処分

よくわかる原子力 原子力教育を考える会 」サイトより


放射能ミニ知識
代表的な放射性物質の性質や半減期など

原子力資料情報室 (CNIC) 」サイトより


原子力発電所の発電総出力と使用済み核燃料貯蔵量

社会実情データ図録 Honkawa Data Tribune


21世紀 核時代 負の遺産(中国新聞) 」サイトより


【関連記事】


海洋汚染の世界地図
(核廃棄物の世界地図により核廃棄物の海洋投棄場所が一目瞭然)


原発の廃炉費用

原発や核関連施設の廃炉や廃棄物処理にかかる費用は廃棄物の保管期間を どの程度の期間に設定(1000年、1万年)するかによっても大きく異なりますが、巨額の費用がかかることが指摘されています。(※アメリカのユッカマウンテンという地域に核廃棄物を保管する計画が地元の反対により、計画が白紙になっている。)

このように原発の導入国は廃炉のコストに加え、永遠に核廃棄物保管のコストを払い続けることになるのです。

(ちなみに原発の廃炉には数十年という期間が必要です。)



米国の原子炉解体引当金が不足、廃炉の際は長期間放置の可能性
同記事に「米国内の稼働中原子炉104基のうち老朽化の進む20基は、廃炉となった際に解体処分に引当てられる資金が十分に足りていないとのこと。これらの原子炉が廃炉となった際には、巨大な産業遺跡のごとく20から60年間、または それ以上に長期間解体されずに放置される可能性があるという。

環境問題の専門家らによれば、廃炉となった原子炉の長期に及ぶ放置は極めて危険であるという。イリノイ州では、廃炉となった原子炉の配管が凍結し、55000ガロンの汚染水が流れ出てしまったという事例もある。また廃炉となったIndian Point1原子炉は、発電所閉鎖から解体されるまでの38年もの間、多種の放射性物質が漏れ出し土壌を汚染し続けていたという」などの記述があります。

スラッシュ ドット・ジャパン 」サイトより


【東海村 臨界被曝事故】

NHKスペシャルで放送された「83日間 被曝治療の記録 東海村臨界事故」は強烈なインパクトを与えると同時に原子力災害で被曝死した後の解剖の結果は放射能災害というものについて
恐ろしい事実を私たちに突きつけたのである。

それは、放射線により皮膚から内臓にいたるまで、染色体が完膚なきまでに破壊され尽くされたが、脳と心臓だけは障害を受けなかったという事実です。

この状態は心臓が機能し、苦痛を感じる脳も機能している状態を意味します。

最初に心臓が破壊されれば苦痛を感じる間もなく死ぬことができる。また、最初に脳が破壊されれば苦痛を感じない。

しかし、事実は その反対なのだ 。

肉体が溶解してゆくという、想像を絶する すさまじい苦痛を感じながらも心停止には至らず、死ぬことすら簡単には許されない.....。放射能とは そのようにして、生命を奪ってゆくのだということを痛感させられた番組です。※書籍化も されています。


【関連情報サイト】


東海村JCO 臨界事故

よくわかる原子力 原子力教育を考える会 」サイトより



核の原料となるウラニウム( uranium:英語でユーレイニウム)は人間を含めた生物に死をもたらす幽霊ニウムとも言える物質ではなかろうか。


ウランは3つの主要な同位体があります。

ウラン238 (99.28% 天然存在比)。
ウラン235 (0.71%)。
ウラン234 (0.0054%)。

このうち、核に用いられるものはウラン235です。

研究者によれば、「天然存在比が、わずか0.71%のウラン235を濃縮する技術やコスト、環境汚染などを考慮すれば、人類の未来を破壊するウラン濃縮技術よりも、同位体 制御材料など人類の未来に有益な技術に向けることができれば....」という意見もあります。


【同位体 制御材料とは】


同位体レベルで材料組成を制御した材料のことで、全く新しい機能や性能を持つ材料。


《渾身(魂心)のコラム》

科学や医学について、時々考えるのです。

次々に新しい物を生み出しては それらの後始末に追われる科学や医学とは 一体 何なのだろうか と?。(※1)

健康を最優先に考えるべきであるはずの医学が不要な検査や治療、予防対策によって、次から次へと病気を"創造"し健康を破壊してゆく医学。「我は死神なり、健康の破壊者なり」、「我は歯医者にあらず、歯壊者なり」と金儲けに猛進する歯科医師...とは一体 何なのだろうか?と...。(※2)

※歯科医療に対する保険点数制度が歯を削れば削るほど点数が高い、すなわち歯科医が儲かるという制度になっているため、やむを得ないという事情も...。(これ以上は海外移住とは分野が異なるため割愛)
---------------------------------------------------------
(※1) フロンガスとオゾン層破壊。核と放射性物質汚染。様々な公害など。

核、フロンガス、遺伝子組み換えなどの技術を生み出したのはアメリカです。

1945年7月16日、アメリカ初の原子爆弾実験に立ち会った原子爆弾の開発者であるオッペンハイマー( julius robert oppenheimer )が「われは死神なり、世界の破壊者なり」と言ったとされる。
この言葉はヒンズー教の教典「バガヴァッド ギーター( Bhagavad Gita )」から引用されたことでも知られる。

今後も核によって破壊されてゆく世界に対し、深刻な憂いを感ぜずには いられないという声もあります。

(※2) 医学的根拠( evidence )のない不必要な放射線検査による発がん。
(高価なCT:Computed Tomography,を導入し、病院経営上、検査をしないと元が取れないという理由で、被曝リスクが正当化されない、不必要な検査が行われており、それによって、新たな がん患者が発生し、病院経営が潤う....。

車の排ガス規制や騒音規制などは その都度見直しが行われ厳しいものが適用されているのにもかかわらず、日本人の年間被曝限度が1ミリシーベルトと法令で定められているのに、その基準を大幅に上回るCT検査の被曝量には規制がないことに対し、規制が必要であるという意見や日本に存在する多くのCT検査機器の必要性を疑問視する意見もあります。)

不必要なほどに歯を削り、最終的には歯を失うことが明白な歯科治療。(これらの不必要な医療行為により、無駄に失われてゆく、健康や国民医療保険料など、人間の心によって人の生命や健康が破壊され、保険制度も崩壊してゆくのか.....いろいろと考えさせられます。)


原発震災:震災と原発事故による放射能災害の複合災害
設計者からの諌言「浜岡原発は制御不能になる」

浜岡原発もアブナイ、直下に巨大な凸レンズ

インターネット新聞 JanJan 」サイトより


不良コンクリートが原発に使用されていた!

国によって水増しされたデータ

非常用電源は大丈夫か?電動ポンプが止まる時

プールの使用済み核燃料もメルトダウンの可能性

地震と原発と保険(原発事故で保険金は一円も払われない?!)

STOP Nuclear Plants BEFORE Huge Quake Strikes! (英語)

A Dangerous Mix:Earthquakes and Nuclear Power Plants(英語)

ストップ浜岡原発 」サイトより


浜岡原発の事故時に半永久的な避難が必要な範囲

浜岡原発の事故時に半永久的な避難が必要な範囲


地図は小出 裕章(京都大学 原子炉実験所)の計算によるもので、許可を得て作成・掲載。


日本の九州から北海道に存在する原発や核関連施設の事故の際の汚染範囲も地図から予測が可能です。)


気象条件や事故の規模、原子炉の型(加圧水型か沸騰水型)、隣接した原子炉の連鎖誘爆の有無、原子炉に装荷される燃料の種類(低濃縮ウランかMOX燃料)、MOX燃料の場合、炉心に装荷される割合(4分の1炉心装荷か全炉心装荷)などの条件よって異なります。
(MOX燃料を一般の原発に装荷すると原子炉のブレーキに相当する制御棒の効きが悪くなることや事故の際にはactiniumなどの危険な放射性物質が多く放出されるため、人的被害が多くなることが専門家によって指摘されている。)
※青森県の大間原発はMOX燃料を全装荷で運転を想定。


専門家によれば青森県の六ヶ所村の再処理施設の被害規模は原発事故よりも、さらに甚大かつ広範囲になると指摘されています。
(福島第一原発の3号機はMOX燃料が装荷)
【関連情報サイト】


プルトニウムの毒性と取扱い

原子力百科事典 ATOMICA 」サイトより


ヨウ素131やセシウム137だけではなく、ほかの放射性核種(プルトニウム、放射性ストロンチウム、actiniumなど)に関連する情報が少ない現状や微量なら安全という情報ばかりで、これ以上は危険であるという情報、放射性物質の生物濃縮に関する情報が皆無であるという報道に疑問を感じるという意見があります。


【関連記事】


宇宙放射線・地磁気
(記事の後半に がん、白血病と放射線強度との関係を示す疫学調査の話題など、興味深い情報も)

雷 分布の世界地図
(雷と放射線の話題も)


原発の致命的弱点
原発は大量の冷却水や放射性廃液を流す必要性から、例外なく地盤の脆弱な海岸や河川の近くに立地しています。これらの地域は海抜が低いため、海面の上昇や津波に対して弱点があります。このように原発は大地震や火山噴火などの自然災害に対応できないだけではなく、原発が存在することにより、テロや戦争などの際には国防上の致命的な弱点になるという専門家の指摘があります。


【関連記事】


西南日本の超巨大地震
(原発震災の関連記事など)

地震分布の世界地図

火山分布の世界地図


核シェルターについて
近年の原子力発電所の放射能漏れ事故などの不祥事、原発を大地震が襲うケースや北朝鮮の核実験以降、放射能災害、原発震災、核戦争などを想定し、核シェルターへの関心が高まっており、実際に核シェルターを設置する富裕層も増加しています。

核シェルターが必要になるケースとしては、居住国や近隣・周辺国に原発や核関連施設が存在する。居住国や近隣・周辺国が核保有国である。核保有国から敵視されている。仮想敵国などの理由で核兵器の標的になっている。....などの理由が考えられます。

核シェルターは ある程度まとまった資金が必要ですが、実際に核シェルターが必要になるような状況を考えた場合、放射性物質を含んだ空気を漉過する機械の故障、生活に必要な水や食品、エネルギーなどの備蓄や長期間の安定供給面。病気の際の医療。外出中に被災。自宅以外の街や国が壊滅したときの孤独感....。

核シェルターを検討する際には、これらの点を突き詰めて考える必要もありそうです。

一方で、費用対効果を考え、地政学的見地から原発や核兵器保有国から遠く離れた安心して暮らせる国へ海外移住をするというのも選択の一つであり、実際に海外移住するケースもあります。

海外移住のためには長期滞在を可能にするビザが必要になりますが、核シェルターを購入する予算の範囲内でリタイアメントビザや長期滞在ビザなどが発給される国は比較的多く存在します。

核シェルターの不要な国、核シェルターが必要な国.....。安心して生活できる国、家族や子供を守れる国という観点から居住国を考えた場合、どちらが最適なのでしょうか。


【関連記事】


移住の方法

永住権の取得 申請条件

黄砂汚染の地図
(黄砂に含まれる放射性物質:死の灰)

地政学の世界地図


原発と環境放射能
茨城県つくば市における大気中の放射性希ガスの観測

人工放射性降下物(死の灰のゆくえ)

気象庁 気象研究所 」サイトより


環境放射線データベース

食品と放射能

日本の環境放射能と放射線 」サイトより


再処理工場と放射能
専門家によれば、地下核実験で放出される放射性物質よりも、日本国内の原発から放出される放射性物質のほうが はるかに多く、とくに再処理工場から放出される放射性物質は原発と比較すると膨大であるという指摘があります。

六ヶ所村再処理工場の事業計画書によれば、放射性物質の年間放出目標値は34万9900兆ベクレルとなっています。これは100万キロワット級の原子力発電所における放射性物質の年間放出目標値である925兆ベクレルの実に378倍にも上り、わずか1日で100万キロワット級の原子力発電所における放射性物質の放出量を上回る放射性物質を放出していることになリます。


【関連情報サイト】


「プルトニウム再処理は危険で高コスト 1」

「プルトニウム再処理は危険で高コスト 2」

「プルトニウム再処理は危険で高コスト 3」

WIRED.jp 」サイトより


放射能で世界の1万5千人がガンで死亡か

核廃棄物の沿岸への直接排出は余りにも無謀

深刻な放射能汚染を憂慮する医師たち

地震も危ない 最新の科学で海底活断層を調べあげる

20秒で人が死ぬ高い放射能.原発のゴミからつくるガラス固化体

核燃料再処理からの放射能放出は大気中 核実験の100倍に

小出裕章氏が語る「危険すぎる六ケ所再処理工場」1

小出裕章氏が語る「危険すぎる六ケ所再処理工場」2

再処理工場内で放射能漏れ発生

インターネット新聞 JanJan 」サイトより


核燃料は「リサイクル」できる?

よくわかる原子力 原子力教育を考える会 」サイトより


再処理工場とは?

米・魚からプルトニウム?

クリプトン-85(85Kr)
同記事に「使用済核燃料を再処理すると、核燃料中に含まれる全量が大気中に放出される。六ヶ所村では、年間800tの使用済み核燃料を処理し、33京ベクレル(3.3×1017Bq)のクリプトン-85を大気中に放出する予定である。排気は高さ150mの排気塔から放出される。気象条件によっては、施設の近くだけでなく、遠く離れた青森、弘前、八戸のような都市にも多量のクリプトン-85で汚染された空気が到達する恐れがある」などの記述があります。

トリチウム (水素-3、3H)
同記事に「六ヶ所村では、年間800tの使用済核燃料を処理する予定で、排水中に1.8京ベクレル(1.8×1016Bq)、排気中に1,900兆ベクレル(1.9×1015Bq)が放出される」

「カナダで開発されて韓国に導入されているCANDU (Canada Deuterium oxide- Uranium) 炉では重水(D2O)を減速材としているために大量のトリチウムが生じる」などの記述があります。

原子力資料情報室 (CNIC) 」サイトより


広瀬隆「六ヶ所再処理工場、即時閉鎖を急げ」

dot. (ドット)|朝日新聞出版 」サイトより


Air Concentrations of Krypton85 in the midwest US (PDF:328.96KB・英語)

Air Resources Laboratory:NOAA 」サイトより (英語)


Climate risks by radioactive krypton-85 (英語)
(大気の電気現象と空気に化学的影響を及ぼす核分裂物質クリプトン85の放射線による気象リスク)

OpenGrey 」サイトより (英語)


Nuclear plant emissions may be affecting climate (PDF:693.3KB・英語)
「原発や再処理工場が放出するKrypton-85が異常気象の原因:オランダ環境アセスメント局(Netherlnds Environmental Assessment Agency)のリポート」

Rijksinstituut voor Volksgezondheid en Milieu 」サイトより(蘭語)


【関連記事】


気候分布の世界地図

世界の降雨量・降水量


チェルノブイリ原発事故による放射性物質汚染の地図
L'empreinte de Tchernobyl (仏語)

Le Monde diplomatique 」サイトより (仏語)

日本を含めたアジア諸国での原発事故による汚染は当事国だけの問題ではありません。


海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ綿密な情報、厳選リンクも満載