【原発】原発分布の世界地図で原発の場所、原発のない国が一目瞭然

海外移住とヨーロッパの原発地図

海外移住や留学、旅行先としても人気が高く、海外進出先として多くの企業が進出しているヨーロッパの原発や核関連施設の分布地図のリンクです。


イギリスの原子力政策および計画
( 図1 にイギリスの原子力発電所分布地図があります。)

英国における原子力施設周辺の小児白血病
( 図1 に英国における原子力施設の地図があります。)

フランスの原子力政策および計画
( 図2 にフランスの原子力発電所立地点の地図、 図3 にフランスの核燃料サイクル関連施設サイトの地図があります。)

ドイツの原子力発電開発
( 図1 にドイツの原子力発電立地点の地図があります。)

ドイツの原子力開発体制
( 図2 にドイツの核燃料施設配置図の地図があります。)

イタリアの原子力事情と原子力開発
( 図1 に イタリアの原発と核燃料サイクル施設位置図の地図があります。)

オランダの原子力開発と原子力施設
( 図2 にオランダの原子力施設の所在地の地図があります。)

スイスの原子力発電開発と開発体制
( 図1 にスイスの原子力発電所等の分布地図があります。)

ベルギーの核燃料サイクル
( 図1 にベルギーの原子力施設 所在地の地図があります。)

スウェーデンの原子力発電開発
( 図1 に スウェーデン と フィンランドの原子力施設 所在地の地図があります。)

スペインの核燃料サイクル
( 図1 に スペインの原子力施設 所在地の地図があります。)

ウクライナの原子力発電開発
( 図1 に ザポリージャ(サボロジェ)原発、フメルニツキ原発、ロブノ原発、南ウクライナ原発、廃炉になったチェルノブイリ原発の地図があります。)

世界の原子力発電の動向・東欧州
( 図1 に リストニア・チェコ・スロバキア・ハンガリー・スロベニア・ブルガリアの原子力発電所立地点の地図があります。)

世界の原子力発電開発の動向・CIS
( 図1 に アルメニア・ウクライナ・リトアニアなどのCIS諸国の原子力発電所立地点の地図があります。)
( 独立国家共同体 CIS:Commonwealth of Independent States) 旧ソ連邦を構成していた15共和国のうち、バルト3国をのぞく、12か国で構成されている国家連合)

ルーマニアの原子力発電開発
同記事に「ルーマニアは、石油及び天然ガス、ウラン資源などの地下資源に恵まれている。

この豊富なウラン資源を背景に、1960年代半ばから原子力発電の導入が検討された。ルーマニアは旧ソ連の技術だけでなく、西側技術も検討し、国内ウラン資源の有効活用を考慮した結果、カナダ型重水炉(CANDU-
6)を選んだ。

チェルナボーダ1号機は1982年7月に建設を開始、1996年12月に営業運転を開始した。

2号機は1983年に建設を開始したが、資金難から完成は遅れ、2007年10月に運転を開始した」などの記述があります。

原子力百科事典 ATOMICA 」サイトより


【図解】世界の原子炉
※ 2019年2月 時点

AFPBB News 」サイトより



大西洋沖の怪現象に新説、プレートが剥離中? - 1
同記事に「大西洋のポルトガル沖で1969年、大きな地震が起こり、津波が発生した。

この謎の現象は、ジョアン・ドゥアルテ氏を長年にわたり悩ませてきた。

震源地の周辺には、何の変哲もない平らな海底が続いているだけなのだ。

こんなところで なぜ地震が起こったのか。

ポルトガル、リスボン大学ドン・ルイス研究所の海洋地質学者として、ドゥアルテ氏は この海底で何が起こっているのかを突き止めようとした」

「ポルトガル沖のプレートの下層が剥離し始めているようだ」「さらに ここは、あるプレートが別のプレートの下に潜り込む、いわゆる沈み込み帯が新たに形成される場所になるかもしれない。

ドゥアルテ氏は、この現象を示したコンピューターシミュレーションを、2019年4月の欧州地球科学連合(EGU)の学会で発表した」などの記述があります。

大西洋沖の怪現象に新説、プレートが剥離中? - 2
同記事に「地球のプレートは、ゆっくりとではあるが常に移動している。

ある場所ではプレート同士が離れ、別の場所では衝突を繰り返している。

地球誕生から45億5000万年の間に、少なくとも3回は大陸同士が集まって巨大な超大陸を形成し、再び分裂していった。

プレートを動かしている原動力は沈み込み帯だ。

海洋プレートは この沈み込み帯から地下深くへ潜り込み、そこで岩をリサイクルする。

それにともない、大陸も移動する。

では、沈み込み帯はどのように生まれるのだろうか。ドゥアルテ氏は言う。

「それが、プレートテクトニクス最大の謎のひとつなのです」

「点と点を結ぶような作業でした」。ドゥアルテ氏は自身の研究についてそう語った。

最初の点は、1969年の地震の震源地だった。

そこは「ホースシュー深海平原」という、とても地震など起こりそうにない場所だった。

あたりには断層らしきものも、ねじれた地形も、海底火山も、とにかく地質の変動を起こしそうなものは何もない」

「2012年には、ある研究チームが地震を利用する調査を実施した。

地中を伝わる地震の波は、地質の温度や組成が変わると変化する。

それによって、1969年の地震が起こった場所の真下に、何か密度の高い塊が存在していることがわかった。

さらに分析を進めると、沈み込み帯が生まれているという兆候もあった」

「リスボン大学ドン・ルイス研究所の博士研究員キアラ・シビエロ氏らが2018年に公開した、高解像度の断層撮影画像だ。奇妙な塊は そこにもあった」

「過去の研究では、海洋プレートに網の目のように走る亀裂に入り込んだ海水が岩石と反応し、それらを淡い緑色の鉱物に変化させることがあると示唆されている。

この過程は、蛇紋岩化作用と呼ばれている。

その部分の層がもろくなり、より密度の高いプレートの下部が剥離してしまうのではないか」などの記述があります。

大西洋沖の怪現象に新説、プレートが剥離中? - 3
同記事に「ドゥアルテ氏は、ドイツ、ヨハネス・グーテンベルク大学マインツの地質学者ニコラス・リエル氏と協力して、蛇紋岩化した層と近くの断裂帯を含めた数値モデルを作成した。

すると、海洋プレートの底が剥がれるときにプレートの下に しずくのような形の塊が現れ、それが さらに深い割れ目を引き起こした。

ここが沈み込み帯になると思われる」

「現在、海洋研究開発機構に所属する深尾良夫氏は40年以上前に、1969年の地震と深部断層の関係に着目していた。

また、現在米コロンビア大学研究担当執行副学長のマイケル・パーディ氏は、地下で起こったことの図を1975年に発表している。

それは、最新のモデルと驚くほど似ていた」

「現状では、新しい沈み込み帯は、すでに沈み込み帯があるところにできることが知られています。

だからといって、ほかの場所にできないわけではありません」などの記述があります。

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより



太陽が地球に与える影響~巨大フレアと地球寒冷化を考える
同記事に「過去の記録から判明しているフレアの規模ごとの発生頻度を見てみましょう。Cの10倍がM、Mの10倍がXです。

・Cクラス=1年に1000回
・Mクラス=1年に100回
・Xクラス=1年に10回
・X10クラス=1年に1回

実は、X10クラスにとどまらず、X100、X1000といったクラスのフレアが起こる可能性もあるのです。

これらを「スーパーフレア」と呼びます。

従来、スーパーフレアは原始星で起こるもので、すでに壮年期に達した太陽とは関係ない、と考えられていました。

しかし、私たち京都大学のグループが、 X100、X1000クラスのフレアが148個の太陽に よく似た星で365回起きていることを発見したんです。

それにより、これまで「スーパーフレアは太陽とは無縁」という常識が覆った」

「私たちの観測でも、スーパーフレアの発生頻度は800~5000年に1回なので、すぐに起きるというわけではありません。

しかし、1000年に1回程度といわれる大地震が私たちの身近で起きたのですから、決して「遠い未来の話」で片付けはいけないでしょう。

たとえば、X1000クラスのスーパーフレアが発生したら、どんなことが起きるのかシミュレートしてみると、こうなります。

地上の各地で電波通信障害が発生、運行中の旅客機は目的地の空港と連絡がとれず立ち往生する。

国際宇宙ステーションの中の宇宙飛行士は、大量の宇宙放射線を浴びたので、非常に危険な状態だろう。

放射線の影響は人工衛星にも及び、ほぼ すべてが使用不可能に。カーナビも携帯電話も使えない。

さらに、大規模な停電が発生。夜は真っ暗になった。文明の利器に頼った都市は大混乱に陥る。

最も心配されるのは原子力発電所。

電源が喪失してしまった状態で、どれだけの時間、持ちこたえることができるのか......」などの記述があります。

WAOサイエンス パーク 」サイトより


過去70年に観測された10倍規模の太陽嵐、2600年前に発生 - 1

過去70年に観測された10倍規模の太陽嵐、2600年前に発生 - 2

ニューズ ウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より


【関連記事】


宇宙放射線・地磁気



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ緻密な情報、厳選リンクも満載