【原発】原発分布の世界地図で原発の場所、原発のない国が一目瞭然

海外移住と中国の原発地図

世界の企業のみならず、日本の企業も多く進出している中国の原子力発電所・核関連施設の分布地図のリンクです。

中国の原発の数や場所、位置、分布状況が一目瞭然。

海外旅行や海外移住をはじめ、企業の海外進出、海外移転の国選びの参考に...。



      海外移住の地図帳|更新情報


このページに「ふりがな」(ruby)を付ける

ひらがな めがね 」サイトより


【関連情報サイト】


中国の原子力開発、原子力安全規制、原子力発電
(図10 に中国の原子力関係施設所在地の地図があります。)

中国の核燃料サイクル
(図4 に中国の原子力関連施設の所在地の地図があります。)

カナダ型 重水炉 (CANDU炉)
同記事に「海外にもCANDU炉は輸出されている。ここではインドのPHWRのように、クローン機とでも呼ぶべきCANDU炉と同型のものも含めて基数を表示する。

運転中の原子炉は韓国が4基、インドが15基、中国とルーマニアが各2基、パキスタン、アルゼンチンが各1基である。

建設中の原子炉はインドとルーマニアが各3基、また、計画中はインドが4基である」などの記述があります。

環境放射線による被曝および その評価
同記事に「内部被ばくは放射性物質が体内に取り込まれることによって起こる。

日常の生活の中で内部被曝が起こるのは、例えば、土の中に含まれる天然の放射性物質や核実験による放射性降下物(フォールアウト)が空気や水や食べ物に混ざり、私たちが それらを摂取することによって放射性物質を体内に取り込んだ場合である。

放射性物質が体内に取り込まれるときの経路は次の3通りに整理されている。

(a)経口摂取:放射性物質が含まれる水や食物などを飲み込むことにより その放射性物質が体内に取り込まれる場合。

(b)吸入摂取:放射性物質が含まれる空気を吸い込むことにより その放射性物質が体内に取り込まれる場合。

(c)経皮吸収:皮膚を通して放射性物質が体内に取り込まれる場合」

「水または水蒸気状のトリチウムは皮膚を通して体内に吸収される。

これらの経路を通じて体内に取り込まれた放射性物質は血液またはリンパ液とともに体内を移動する。

体内の臓器や組織は それぞれ特定の種類の放射性物質を沈着させやすい性質を持っている。

そのため、血液やリンパ液中の放射性物質のあるものは各々特定の臓器や組織に集まる。

例えば、ヨウ素(131I)は甲状腺に、ストロンチウム(90Sr)は骨に集まることが知られている。

放射性物質からの放射線は沈着臓器・組織と その周辺の臓器・組織を照射し、内部被曝が発生する。

放射性物質のうち、特定の臓器・組織に沈着するものは身体の一部に被曝をもたらすが(部分被曝)、トリチウム、カリウム(40K)、セシウム(137Cs)などは身体全体に分布するので全身が放射線の照射を受ける(全身均等被ばく)。

また、内部被曝ではα線やβ線のように透過性の小さい放射線も含め全ての放射線が臓器・組織の照射に寄与する点で、透過性の大きいX線、γ線あるいは中性子線のみが照射に寄与する外部被曝と様子が異なっている。

特に、体内に取り込まれた放射性物質から放出された透過性の小さい放射線(α線と大部分のβ線)は、身体内を通過する間に、持っているエネルギーの大部分を周りの臓器・組織に与えるので、内部被曝上 重要になる」などの記述があります。

原子力百科事典 ATOMICA 」サイトより


重水炉

Wikipedia 」サイトより


原発を推進、増設する中国の原発政策
深センの原発で放射性物質漏れ、中国報道

中国広東省で新たな原発稼働開始、6基建設の計画

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


中国、2026年には世界最大の原子力発電大国

中国の原発、地震帯直下にも建設中 - 事故発生なら日本直撃へ
同記事に「中国では原発が既に15基も稼働。建設中の原発は30基もあり、2020年までに原子力発電量を現在の5倍の5800万キロワットへの拡大を計画。

さらに2030年までに2億キロワットを目指すことを検討しているほか、2050年時点で原発の総出力4億キロワットと想定する構想まである。

出力100万キロワットの原発で計算すると実に400基分。単純計算すれば今後40年足らずで原発を25倍に拡大することになる壮大なものだ」

「稼働中や建設中の原発の大半が地震の発生しやすい地域に立地している」

「中国の沿海部は、北は遼寧省から南は海南島の昌江原発まで世界有数の原発集積地になりつつある。

特に山東省は栄成原発、乳山原発、海陽原発と3カ所の原発が沿岸部に集中。津波の備えが不十分との指摘もある」

「広東省では既存の大亜湾、嶺湊の両原発に加え、建設中の陽江、台山など水流が途切れる断流が発生する河川に冷却水を依存する原発も多い。

黄河は下流域で1990年代に幾度も断流し、年間200日以上、干上がった年も あったほどだ。

もし原発に隣接した河川で原子炉稼働中に水流が減り、十分な冷却水を得られなくなれば、福島第1原発事故の再来となる」

「これら原発が事故を起こしたら、一体どうなるか。

中国から日本列島に向けて常時、偏西風が吹いており、酸性雨から黄砂まで様々な大気汚染物質が中国から日本に運ばれてくる。

中国の原発で事故が起きれば、日本列島は放射性物質の影響を受けるのは必至とみられている」

「中国側の資料によると、中国の原発1基当たりのトラブル件数は05年2.6件(日本0.3件)、07年2.1件(同0.4件)で、日本の5倍以上の割合で記録されている。

トラブルがあった場合、日本は原子炉を止めて安全を確認するが、中国では稼働しながら故障を修理するという経済優先の対処法も みられるという」

「今後、技術者不足が中国の原子力発電所発展のネックになるという。

監督・管理機関である国家核安全局は規模が小さく、現段階でさえ新たな建設プロジェクトに対応するのが やっとの状態。

中国が原子力エネルギー政策を さらに発展させるためには原子力技術者の大量増員が必要となる」などの記述があります。

中国の原発、2050年に400基分計画=地震帯にも建設
同記事に「広東省の大亜湾、嶺湊の両原発に加え、建設中の陽江、台山など水流が途切れる「断流」が発生する河川に冷却水を依存する原発も多い。

もし原発に隣接した河川で原子炉稼働中に水流が減り、十分な冷却水を得られなくなれば、福島第1原発事故の再来となる」

「怖いのは、稼働中や建設中の原発の大半が地震の発生しやすい地域に立地していること。

中国の沿海部は、北は遼寧省から南は海南島の昌江原発まで世界有数の原発集積地になりつつある。

特に山東省は栄成原発、海陽原発など3か所の原発が沿岸部に集中。津波の備えが不十分との指摘もある。

渤海湾に面する海岸地帯に位置する紅沿河原発(遼寧省)では、108万キロワットの発電能力を持つ加圧水型軽水炉(PWR)1、2号基がほぼ完工済み。3、4号基も建設が進んでおり、14年夏までに運転を開始する。

この原発の立地する渤海湾には中国でも最も地震を引き起こしやすいとされる地震帯があり、地震帯の ほぼ真上に建設中だ。

この地域は たびたび大きな地震に見舞われており、1976年には原発近くの唐山市で直下型大地震「唐山地震」が発生、24万人を超す死者を出している」などの記述があります。

中国が原発建設加速、今後10年で60基
同記事に「中国国家核発電副総経理の鄭明光(チョン・ミングアン)氏は2016年9月16日、英ロンドンで開かれた世界原子力協会会合で、中国が今後10年で原子力発電所60基を建設する計画を明らかにした。
5年で30基のペースで作る」などの記述があります。

中国が今後10年で原子炉60基を建設へ、急ぎすぎか
同記事に「第13次 五か年計画期間中(2016−20年)に28−30基建設する必要がある。同じペースならば、2025年までに さらに30基ほど建設しなければならない」などの記述があります。

中国が原発開発を加速、15年後に世界最大の原発大国に

中国の海上浮動式原発、2016年末に着工へ
同記事に「中国が独自に開発・設計した海上浮動式原発が、中国国家エネルギー科学・技術革新「第13次五か年計画」に盛り込まれた」

「中国核動力研究設計院は、中国国内の浮体式構造物の研究開発・設計・製造部門と共同で、中国の海域で浮動式原発を建設する初歩的な計画、コア技術の難関突破を終え、模範原子炉の建設の基本的な条件を整えた。

2016年の年末に模範原子炉の建設を開始し、2019年に建設を終え稼働開始する予定」などの記述があります。

移動式海上原発、中国が建設を開始

中国、南沙諸島に浮揚式原発20基建設へ

中国の原発、ベトナム国境近くに建設。懸念広がる
同記事に「広西チワン族自治区防城港市の原発はベトナムの都市モンカイから わずか60キロに位置している」などの記述があります。

中国、海上原発の建設を推進へ

中国の第4世代原子炉、独自の「中枢神経」を搭載

中国とフランス、原子燃料サイクル施設を共同建設へ
同記事に「2015年9月30日、国家特別プロジェクト基金が投資し、投資総額が1000億元(約1兆9000億円)を超える中仏原子燃料サイクル施設の、国内初となる説明会が開かれた。

これは中仏両国の経済・貿易協力および原子力エネルギーの協力における最大のプロジェクトであり、中国の原発の持続可能な発展、原子燃料サイクル産業の自主的な発展などに対して重大な意義を持つ」

「中仏が共同建設する中国原子燃料サイクル施設は、中国核工業集団公司が建設を担当する。

同施設は、次の3つの機能を持つ。

(1)中国の原発から運び出される燃料を毎年800トン処理し、原子燃料サイクルによってウラン資源の利用率を高め、中国の原発の燃料処理の需要を ほぼ満たす。

(2)使用済み燃料保管センターを建設する。第1期の保管能力は3000トンで、原発から運び出された燃料を管理し、中国の原発の安全性を高める。

(3)高レベル放射性廃液ガラス固化処理により、高レベル放射性廃棄物の長期的かつ安全な管理を実現」

「中国は実用化された、大規模な原子燃料サイクル能力を手にすることになる」などの記述があります。

中国の原発設備が海外進出、アルゼンチンで7400億円を受注

中国原発大手、海外の電力プロジェクト13件を買収
同記事に「中国の原発大手、中国広核集団有限公司(中広核)に、再び大きな動きがあった。

中広核とマレーシアの政府系投資会社1MDBの発電部門エドラ・グローバル・エナジーは、エドラ傘下の電力企業の株式および新規プロジェクト開発の権益買収に関する協定を締結した。

同協定は13件の電力プロジェクトに関わる」

「エドラは東南アジアをリードする独立系発電事業者で、保有する稼働中の発電所の総発電容量は662万キロワット。

13件の電力プロジェクトは、マレーシア、エジプト、バングラデシュ、アラブ首長国連邦、パキスタンという5つの「1ベルト、1ロード」沿線国家に分布している」などの記述があります。

中国とチェコが巨額契約、原発プロジェクト

中国が原発建設を急拡大、放射性物質漏れ事故のリスクに懸念

中国が2020年に日本抜き、世界3位の原発大国に

2年ぶりに原発建設再開、中国自主開発の第4世代原子炉を予定

中国の国産第3世代原子炉「華竜1号」、着工にゴーサイン

中国の原子炉、今年は6~8基の着工を予定

中国自主開発の第3世代原子炉が承認、福島の教訓を汲み取る

中国の原子力工業,誕生60周年=建設中の原発規模で世界最大

フランス原発に安全面の不備、中仏合弁の原発に影響は?

アジア諸国、今後20年間で原発100基を新設へ=中国は56基

中国と韓国、2030年に原発大国に=発電量3.5倍へ

中国、第四世代 原子炉を建設へ

中国 福清原発1号機、間もなく本格稼働へ

急成長期を迎える中国の原発、秦山原発が中国最大の原発基地に
同記事に「中国では2014年、合計5基の原子力発電ユニットが稼働開始となった。陽江1号ユニット、寧徳2号ユニット、紅沿河2号ユニット、福清1号ユニット、方家山1号ユニットである。

中国の稼働中の原子力発電ユニットは22基となり、総設備容量は2000万kWを突破して2029.658万kWに達した。

建造中の発電ユニットは26基で、その設備容量は約2800万kWに達する。

原子力発電ユニットの稼働開始が相次いでいることは、「十一五」(第11次5か年 計画、2006-2010)期間に起工されたユニットが商業運用の波を迎えていることを示している。

中国の建造中の原子力発電ユニットの規模は世界一を維持している。

最新の計画によると、2020年までに原子力発電ユニットの稼働規模は5800万kW、建造規模は3000万kWとすると定められている。

今回 送電開始された方家山2号ユニットの設備容量は645.6万kWに達する。2020年には まだ5年あり、目標達成は確実な状況と言える」などの記述があります。

モンゴル自治区に超大型ウラン鉱床発見。原発増設計画に追い風

中国が大型原子力空母を建設へ、最新鋭艦載機の開発も

日本海地震の津波予想、韓国まで到達
※中国にも到達。
レコード チャイナ 」サイトより


中国の「原発」は必ず大事故を起こす - 1

中国の「原発」は必ず大事故を起こす - 2
同記事に「大連は危険な原発が稼働しているので、もし大連で爆発事故が起こっていたら原発に引火して、福島原発どころでない大惨事になっていたかもしれない」などの記述があります。

中国の「原発」は必ず大事故を起こす - 3
同記事に「もしも天津の爆発が、原発のすぐ近くで起きていたとしたら、格納容器が無事だったとしても、使用済み核燃料プールまで守れたか疑問です。

巨大な爆発に原子炉が巻き込まれれば、その影響たるや水素爆発の比ではありません」などの記述があります。

中国の「原発」は必ず大事故を起こす - 4
同記事に「被害は大気だけに限りません。例えば日本海側には、汚染水が どんどん流れてきます」

「日本海側の漁業は大打撃を受けます。さらに漁業ばかりか、日本の農業にも影響が出るでしょう」などの記述があります。

中国の原発,素人同然の技術者が,異常なスピードで建設中 - 1

中国の原発,素人同然の技術者が,異常なスピードで建設中 - 2

中国の原発,素人同然の技術者が,異常なスピードで建設中 - 3

中国の原発,素人同然の技術者が,異常なスピードで建設中 - 4

現代ビジネス [講談社] 」サイトより


PM2.5より恐ろしい 地震危険地域に建設される中国の原発 1
同記事に「原発の立地する渤海湾には中国でも最も地震を引き起こしやすいとされる2つの地震帯があり、その地震帯の ほぼ真上に建設中である」

「中国工程院は2050年時点で原発の総出力4億キロワットと想定している。出力100万キロワットの原発400基分で、単純計算すれば これから40年足らずで原発を25倍に増やすことになる。

ところが紅沿河原発をはじめ 中国の原発について情報開示は ほとんど行われておらず、震災・津波対策の実態も定かでない」などの記述があります。

ZAKZAK 」サイトより


もし中国の原発が事故を起こしたら...高速鉄道と同じ構図 1

もし中国の原発が事故を起こしたら...高速鉄道と同じ構図 4
同記事に「中国工程院が予測する2050年の原発の総出力は4億キロワット。出力100万キロワットの原発400基分となる。

2013年1月末の既存原発は16基なので40年弱で25倍に増やす計算だ。

現在の原発の運営・管理は、一部のエリートだけに許されたある種の「特権」であり、技術者や作業員も誇りを持って取り組んでいるようだが、400基となると そうはいかない。人為ミスの確率も飛躍的に高まるだろう」との記述があります。

原発200基超、邁進する中国 大気汚染は緩和するが...1

原発200基超、邁進する中国 大気汚染は緩和するが...4
同記事に「日本だけで原発ゼロを目指しても」「安全・安心には つながらない」などの記述があります。

産経ニュース 」サイトより


福島に学べない中国原発の危うさ

ニューズ ウィーク日本版 オフィシャル サイト 」より


中国、海上浮動式の原子力発電所を建設へ
同記事に「2020年までに原子力発電による電力容量の倍増を目指す中国が、海上浮動式の原子力発電所の建設を計画を進めている。

中国 国家原子能機構(CAEA)の許達哲(Xu Dazhe)主任が、記者会見で発言した。

許 主任は、関係当局が「海上浮動式の発電所」の計画を策定中だと語り、「中国は海洋強国になることに力を注いでおり、海洋資源を十全に活用することになるだろう」と述べた。

洋上での原子力発電といえば、航空機や潜水艦などに搭載されているものが知られているが、民間の発電利用のものとしては、ロシアが現在建設を進めているとされるものの、それ以外では前例がないとみられる」

「開発を担当する中国核工業集団(CNNC)と中国広核集団(CGN)の声明によると、CNNCは2019年までに、またCGNは2020年までに洋上原子力発電所の稼働を見込んでいる。

洋上の原油・ガス掘削施設や、離島や遠方の島しょ部の開発に電力を供給することが可能になると、両社は声明で述べている」などの記述があります。

中国、南沙諸島に海上原発の建設計画か 国営紙報じる

核廃棄物施設の建設計画に大規模反対デモ 中国・江蘇省
同記事に「中国が同国東部の江蘇(Jiangsu)省にフランスと共同で進めようとしている核廃棄物処理施設の建設に反対する地元住民数千人が先週末、大規模な抗議デモを行った。地元住民らが2016年8月8日、明らかにした。

江蘇省(Jiangsu)連雲港(Lianyungang)の住民は市庁舎の前で、核廃棄物処理施設が及ぼしうる健康への悪影響を訴え、スローガンを叫び横断幕を掲げた」

「仏原子力大手アレバ(Areva)は2012年、中国での核燃料再処理施設の建設をめぐり、国有企業の中国核工業集団(CNNC)と協力関係を結ぶことで合意したが、建設予定地は明かされていなかった。

港湾都市である連雲港市の住民は、CNNCが付近に巨大な原子力発電所を建設していることから、再処理施設についても同市が最有力候補になっているとみなしている。

「核廃棄物処理施設を連雲港に建設することは、未来の世代に災難を招く」

「中国の環境省は同年の報告書の中で、自国の原発の安全性について「楽観を許さない」とし、原発によって異なったタイプの原子炉を使用していることが原発業界による「管理を難しくしている」と述べている」などの記述があります。

英政府、中国出資の原発計画を最終承認

米当局、中国の原発大手を起訴 核物質開発で技術者と共謀

原子力政策、各国の現状と今後の見通し

AFPBB News 」サイトより


中国、南シナ海上に浮かぶ「動く原発」を建設か

ギズモード・ジャパン 」サイトより


中国、南シナ海に海上浮動式の「動く原発」建設

ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より


中国、南シナ海で海上浮動式の原発建設へ

ロイター.co.jp 」サイトより


中国、相次いで原子力発電所の建設を開始

パキスタン、中国の支援を受けて原発建設に向け作業開始

日本原子力産業協会 」サイトより


中国、2030年までに原子力発電所110施設を新設へ
同記事に「これまで50箇所以上の原子力発電所を運用したことがあるのは、米国、日本、フランス、そして旧ソビエト連邦の4か国だけに限られてきたが、欧米先進諸国に関しては安全性の観点からへの懸念により原子力発電への比重低下が進むなかで、中国だけは反対に原子力発電拡大に進むこととなる」などの記述があります。

Newsline 」サイトより


「原発輸出大国」目指す中国

ロイター.co.jp 」サイトより


中国と英国、原発建設プロジェクトで「歴史的」合意

AFPBB News 」サイトより


中国が英国の新規原発建設に協力 中英首脳会談で合意

マイナビ ニュース 」サイトより


中国、アルゼンチンの原子炉建設で合意
同記事に「中国国営の原子力企業で業界最大手の中国核工業集団公司(CNNC)がアルゼンチンでの原子力発電所建設の契約に署名した」

「重水炉にはカナディアン重水ウラン(Candu)と呼ばれるカナダの技術が採用される」

「2つ目の原子炉には「華龍一号」と呼ばれる中国の技術が採用される」などの記述があります。

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 」サイトより


香港:大気中の放射線量、東京より高い

ブルームバーグ 」サイトより


「廃炉より原発維持のほうが高コスト」ドイツ関係者が断言

日刊SPA! 」サイトより



【関連情報サイト】


中国、世界の原発と地震リスク
同記事に「インドプレートが北方のユーラシア プレートと出会う境界に位置する中国は、日本と同様に地震大国である。

2つのプレートが衝突して発生する地震の影響範囲は、中国だけでなくパキスタン、インド、ネパール、チベットにまで及ぶ。

ヒマラヤ山脈を生んだ造山運動も この巨大な力だったという。インドがアジアの軟らかい粘土層へ のめり込むようなイメージだ。

中国では世界最大級の地震が度々起こってきた」などの記述があります。

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


中国、世界の原発と地震リスク (英語)
(Top Ten Nuclear Nations' Quake Hazard/China)

National Geographic 」サイトより (英語)


地震大国・中国、100年余りで死者は55万人に=世界の53%

四川省の龍門山断層、次の震源地になる可能性も

レコード チャイナ 」サイトより


中国における主な活構造帯の定量的研究、及び強震予知について

SciencePortal China 」サイトより


中国の地震~華県大地震では世界最悪83万人死亡

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


【関連記事】


地震分布の世界地図


原発推進・増設のアジア
Maps of Nuclear Facilities in Asia (英語)
Nuclear Plants and Facilities in East Asia and Japan.
(日本の原発地図、日本の核関連施設の地図、東アジアの原発地図)

原子力資料情報室 (CNIC) 」サイトより



中国を含めたアジア諸国での原発事故による被害や放射性物質汚染は当事国だけの問題ではないとの指摘も。


Der nukleare GAU ist wahrscheinlicher als gedacht (独語)
(放射性物質 汚染リスクの世界地図)
(Global risk of radioactive contamination.)
Max-Planck-Institut für Chemie 」サイトより (独語)


L'empreinte de Tchernobyl (仏語)
(チェルノブイリ原発事故による放射性物質汚染の地図)

Le Monde diplomatique 」サイトより (仏語)


【関連記事】


アジアの原発地図

ヨーロッパの原発地図


ダム誘発地震とは
人間が起こした地震

島村英紀の ホームページ 」より


中国・三峡ダムが全面稼働、発電量は原発15基分
同記事に「ダム建設地域の地下には多くの断層が交差していることも分かっている」との記述があります。

中国、高さ世界一のダム建設 始まる

AFPBB News 」サイトより


中国,三峡ダム周辺で強い地震,専門家はダム貯水との関連性指摘

三峡ダム、建設後に地震が増加、生態系への影響も

「危険なダム」増加、年平均68か所崩壊=管理者いない所も

中国の巨大ダム建設ブーム、河川に壊滅的打撃
同記事に「現在、中国は巨大ダム建設ブームのただ中にあり、西南部には そうしたプロジェクトが約130もある」

「大型河川を せき止めることによって地震発生の可能性が高まるほか、従前の環境が破壊され、数百万人の生活に深刻な影響をもたらしている。長江や その支流には100基を超えるダム建設が進められているが、その源流はチベット高原にある。この地域は海抜4500メートルの不安定な場所に位置し、地震発生の危険性が高いが、カナダの調査会社は2012年に、中国で計画中のダムの半数が地震リスクの高い地区に建設されると指摘している」などの記述があります。

中国が世界一高いダムを2022年に完成予定

中国のダム建設数、世界一に=海外に積極投資

ダムや原発など開発を推進、環境と開発の両立に苦しむ中国

中国のダム建設数、世界一に=海外に積極投資

ダムや原発など開発を推進、環境と開発の両立に苦しむ中国

レコード チャイナ 」サイトより


「三峡ダム」の恐怖!攻撃されたら万事休す

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより



三峡ダムによって せき止められる水の重さで地球の自転軸(地軸)は2.5センチ近く傾くとされる。

[ 出所 ] ナショナル ジオグラフィック 日本版 2010年4月号 104頁



専門家によれば、ダム誘発地震や何らかの原因で三峡ダムが崩壊するようなことになれば、下流域にある中国経済を支える生産拠点の街や大都市が壊滅し、中国経済の「地軸」も傾くことで、政変などにつながる懸念も指摘されています。

【関連記事】


地政学の世界地図



中国、「原子力利用の移動式深海基地」を計画

WIRED.jp 」サイトより



中国の原発や核関連施設では、これまで、事故や放射性物質漏れに関する情報は知られてはいませんが、その理由として、中国では原発や核関連施設に関することが軍事機密であることや、一党独裁(一黨獨裁)政権ということも考慮する必要があると いわれています。
(中国では、自然災害の死者数でさえ2005年まで国家機密であった。また、2011年に発生した、中国高速鉄道の大事故では死者数の過少疑惑もあるようです。)

食品安全性の問題や工業製品の品質などと同様、中国の原発や核関連施設の管理も ずさんであり、安全性の懸念する専門家の指摘があります。



中国の白亜紀化石群、「ポンペイ型噴火」が原因 1

中国の白亜紀化石群、「ポンペイ型噴火」が原因 2

AFPBB News 」サイトより


北朝鮮の火山「白頭山」に噴火の兆候
同記事に「946年の噴火と同規模の爆発が起これば大惨事になると、専門家らは指摘する」などの記述があります。

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


日本にも影響が?北朝鮮の超巨大火山の動きが再び活発に
同記事に「約1000年前に発生した中朝国境の火山・白頭山噴火が有史以来最も強力な火山噴火だったとの研究結果」

「国際共同研究チームが白頭山付近の岩石を調査した結果、白頭山が噴火した946年、約45メガトンの硫黄ガスが噴出したことが分かった。

これまで最も強力とされていた1815年のインドネシア・タンボラ火山噴火より はるかに多い量だ。

研究チームは これを根拠に、白頭山噴火が有史以来最も大きい規模の火山噴火だったと推定した。

白頭山の隆起活動は最近になって再び活発化している。

白頭山が再び噴火し、946年の噴火の約半分(20メガトン)の硫黄ガスを噴出した状況をシミュレーションしたところ、火山の噴出物が空を覆い、約3か月で北半球の平均気温が最大で0.5度下がることが分かった。

過去約100年間の人間の活動により、地球の平均気温が0.85度上がったことを考えると、非常に大きな気候変動といえる」

「大規模な航空機の欠航や、灰による水質汚染などの被害が発生する可能性がある」などの記述があります。

レコードチャイナ 」サイトより


北朝鮮・白頭山に大噴火の兆し 日本に降灰で深刻な影響も... - 1
同記事に「北朝鮮の火山・白頭山(ペクトゥサン)で、実際に噴火すれば北の被害はおろか、朝鮮半島、さらには日本にも灰が降るなど多大な影響が及ぶ恐れがある」

「10世紀の噴火で(日本でも)約5センチの火山灰の堆積があったとされている。同規模の噴火が発生した場合には、降灰による大きな影響が発生すると考えている」

「白頭山は ここ数年、噴火の兆候を示しており、世界中の火山学者が その状況を注視している。

米国や英国の研究者が現地調査に入っており、中国や韓国も防災対策に乗り出しているほど事態は逼迫(ひっぱく)している」などの記述があります。

北朝鮮・白頭山に大噴火の兆し 日本に降灰で深刻な影響も... - 2
同記事に「文献などによれば、白頭山は過去、複数回噴火し、10世紀に大噴火を起こしたことが判明している。

その規模は有史以来、最大規模とされ、火砕流と火山灰、落石で周辺地域に壊滅的な打撃を与えたとされる」

地質の研究から「約1000キロ離れた北海道や東北地方で5~6センチの降灰があり、農作物が大打撃を受けたことも分かっている」(火山学者)というから、その すさまじさが分かる」

「2002年以降、頂上付近の火山性地震の回数が約10倍に増加し、火山ガスの噴出があったほか、02年から05年にかけて衛星が地下でのマグマ上昇を捉えている」

「東大地震研を含めて複数の火山学者や研究機関が、東日本大震災のプレート運動によって(白頭山の)噴火リスクが さらに上がったとの研究結果を出している。

大噴火を起こして日本にも火山灰が降りそそげば交通網が遮断され、経済活動に大きな支障が出る。緊急時の対策について国際的な協力体制を整える必要がある」などの記述があります。

北朝鮮・白頭山に大噴火の兆し 日本に降灰で深刻な影響も... - 3
同記事に「白頭山の北西約100キロメートルには中国の赤松原子力発電所(建設中)がある」

「朝鮮半島情勢も大きく動きかねない」

「北朝鮮は きちんとした防災体制を整備できていない。ひとたび噴火が起きれば、人的被害や経済的損害は未曾有の規模になる」

「北朝鮮の国力低下で、韓国がイニシアチブを握って朝鮮半島の統一が一気に進む可能性もある。

ただ、その場合でも政情不安で大量の難民が発生し、中国や韓国、日本に大量に流入する。混乱は東アジア全体にまで波及するリスクを はらんでいる」

「一国の自然災害では済みそうにない」などの記述があります。

ZAKZAK 」サイトより


【関連記事】


火山分布の世界地図

アジアの原発地図

地政学の世界地図


世界が撤退する中、高速増殖炉にも積極的な中国の政策
高速増殖炉の危険な特徴
高速増殖炉の危険な特徴として、同記事に「核暴走(核爆発)事故を起こしやすく、暴走の速度も速い。

冷却材に使うナトリウムは水に触れると爆発し、空気に触れると燃える。 猛毒のプルトニウムを燃料にし、それを増やす。 構造的に無理があり、特に地震に非常に弱い」などの記述があります。

地震と原発(2)

世界の高速増殖炉開発の現状

さよなら原発 神戸ネットワークHome Page 」より



ナトリウムは水と反応して爆発するという性質を持っています。危険な性質を持つナトリウムとプルトニウムの組み合わせは最悪の組み合わせであるという専門家の指摘があります。

地震による細管の破損でも、津波の水とナトリウムが反応しても、福島原発のような状態には決してならずに、瞬時にプルトニウムを爆発的に放出する破局的事故につながります。



高速増殖炉は先進国の多くの国で撤退をしていますが、日本や中国、ロシア、インドなどでは開発や運転に積極的な国もあります。
(中国やロシアなどの高速増殖炉の破局的事故が発生した場合は日本にも甚大な影響が不可避であるという専門家による指摘があります。)


【関連記事】


津波の世界地図

大気汚染の世界地図

黄砂汚染の地図



中国は13億の人口があり、年間1000万人(一人っ子政策の廃止後の目標は1700万人)のペースで人口が増加しており、大気汚染や環境汚染は、日々深刻さを増しています。
【関連情報サイト】


一人っ子政策全面廃止、5年内に出生数を年間1700万人に

レコード チャイナ 」サイトより


「一人っ子政策」を正式に廃止、中国 国営メディア

AFPBB News 」サイトより


【放射性廃棄物・関連情報サイト】


チベットの核 - 放射性廃棄物
同記事に「84年2月18日、「ワシントン・ポスト」は、中国が60億米ドルと引き換えに、ヨーロッパの原子炉の4千トンもの放射性廃棄物を、遠隔地であるゴビ砂漠に保管することに一応の合意を示したことを報じた。

88年の秋、チベット人の間で、西欧諸国が核廃棄場としてチベットを利用するかもしれないというニュースが駆け巡った」

「海北チベット族自治州のココノール湖の湖岸近くに20平方メートルに及ぶ放射性汚染物質用のごみ捨て場がある」

「93年11月10日付のロイター通信によると、中国は、甘粛省の西側の乾燥地帯に最初の放射性廃棄物投棄センターを建設中であるが、中国南部、南西部、東部にさらに3つの施設の建設を計画中である」などの記述があります。

ダライ・ラマ法王 日本代表部事務所 」サイトより


21世紀 核時代 負の遺産(中国新聞) 」サイトより


Nuclear Waste (核廃棄物) (英語)

Worldmapper 」サイトより (英語)


使用済み燃料の処理・処分

よくわかる原子力 原子力教育を考える会 」サイトより


放射性物質ミニ知識
代表的な放射性物質の性質や半減期など

原子力資料情報室(CNIC) 」サイトより



専門家によれば、半減期が長い一部の放射性廃棄物は少なくとも数万年から一千億年以上という途方もない年月にわたって危険な放射線を出し続け、その期間は保管と管理が必要ですが、人類は一万年前まで石器時代だったことを考えれば、とても人間が管理できる時間ではないとの指摘があります。(放射性物質は放射線を出さない物質になっても、鉱物毒性は永遠に保持するものがある。)

これほどの長い年月にわたって腐食も劣化もせず、安定して放射性物質を封じ込められる容器などというものが存在するのだろか?。

また、地中に埋める方法も検討されていますが、これほどの長期間にわたって戦争やテロ、政変とも無縁で、地震や火山、津波などとも無縁の地質学的に安定した土地などが存在するのだろうか?。(国そのものが存続しうるのだろうか?)

原子力発電は"発電時に"二酸化炭素などの温室効果ガスを出さず、環境に良い。発電コストが安いとの喧伝がなされていますが、核燃料の採掘、精製、製造・輸送・膨大な年月にわたる核廃棄物の処理や保管、管理のために莫大な量の二酸化炭素を発生させ、テロ対策などを含めれば莫大なコストがかかるという事実や温排水による海洋温暖化の問題もあることなどについては知らされていないのが現状です。

また、核廃棄物の放射性物質汚染の危険度と二酸化炭素の危険度を比較すること自体がナンセンスであるという指摘に加え、地球温暖化説自体が科学的な根拠が あいまいである、などの指摘もあります。


【関連記事】


海洋汚染の世界地図
(核廃棄物の世界地図により核廃棄物の海洋投棄場所が一目瞭然)



放射性物質を放出するレアアースを採掘できるのは中国だけ
同記事に「中国は このレアアースの埋蔵量が世界シェア48%。ですが、生産量は世界の97%を超え ほぼ独占状態となっています。ではなぜ、中国でレアアースが独占状態となるのでしょうか?

レアアースは取り出す過程で放射性物質が出てしまうため、それを無視して採掘する広大な土地が必要になります。

多くの国々は放射性物質を埋め立てる場所を確保できません。多大な費用が掛かりますし、場所的制限も掛かります。そして、環境にも悪影響を与えます。

一方で国土の広い中国は その点を気にすることはありません。

放射性物質が出ても偏西風に乗って流れていきますし、場所も広いので適当に埋め立てることが出来ます。また、環境問題も気にもしていないので他国に先駆けてレアアースを採掘できるのです」などの記述があります。

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


レアアース問題で重視すべきなのは
同記事に「注意を払うべきなのは、レアアース生産に伴い深刻な環境汚染が発生し易いという問題で、一衣帯水の隣国である中国の環境汚染は日本にとっても深刻な事態を招きかねない。

実際、中国でレアアースを採掘しているのは中小企業が多く、十分な環境保護設備を設けずに、廃液、固体廃棄物、排ガスなどが無造作に廃棄されるという事情を漏れ聞く。

内モンゴルの包頭市では深刻な土壌汚染が広がっており、飲用水の取水口にまでレアアース工場の排水が及んでいるという報告もある。

さらに、レアアース鉱石の多くがウランやトリウムなどを含有するため、その精製過程で放射性廃棄物が発生する」

「黄砂はゴビ砂漠やタクラマカン砂漠を飛び立ち、内モンゴルや青海省などのレアアース生産地域の上空を越えて日本へとやって来る。

その中継点がレアアース生産で汚染され、放射性物質まで含んだ黄砂が飛来している可能性も否定できない」などの記述があります。

大和総研グループ 」サイトより


放射性廃棄物の処理で利益を上げる企業「Kurion」とは?
同記事に「Kurion(キュリオン)」は、放射性廃棄物や有害廃棄物の処理に関する事業を専門に行う企業です」

「わずか数年の間にKurionが放射性廃棄物の処理分野で これほどまでに成長できた要因として挙げられるのは、これまでに何度も「人と反対の行動を取ってきた」ことと、常に「アウトサイダー」であったということだそうです」

「現在、世界中で大量の化石燃料が使用されています。2007年から2008年中旬までに、原油価格は倍以上に高騰しましたが、これは化石燃料が有限の資源であるからです。

しかし、世界人口は増え続けており、経済成長を遂げる国々の登場で より多くのエネルギーが求められているのは明らか。

また、化石燃料には地球環境に悪影響を及ぼすという側面もあるため、「これに取って代わる安価なエネルギー源を開発すること」が大きなビジネス チャンスにつながることは明白です。

実際、エネルギー産業では化石燃料に取って代わる新しいエネルギーの開発レースが勃発しており、太陽光やエタノールを用いた研究などが活発に行われています。

そんなエネルギー産業で、核エネルギーを用いる原子力発電は有望なエネルギー源と考えられていました。

しかし、核エネルギーの源となる「ウラニウムの採掘ビジネス」は詐欺師で あふれかえっており、ウラニウムを使って発電を行うにしても、小型のモジュール炉を作るだけで非常に高額な費用がかかり、その上 発電すれば放射性物質が出てくるというリスクを負う必要もあります」

「そんなエネルギー産業への参入をもくろんでいたKurionは、「エネルギー産業が成長したときと縮小したときに、どのような未来が待ち受けているのか?」を調査すべく、専門家 約300人にインタビューを行い、徹底的な市場調査を行ったそうです。

さらに、あらゆる研究レポートを読みあさり、関連知識をメキメキとつけていった模様。その中で、Kurionは世界中に なんと440もの原子炉が存在することを知ります。

さらに、これらはアメリカの核爆弾製造産業と同規模の市場であることにも気づきます。

加えて、原子力発電産業は「発生する廃棄物を どう処理するか?」「第2のチェルノブイリ原発事故が起きたら どう対処するのか?」という大きな課題も抱えていたことにもKurionは気づいたそうです。

さらに追加で、アメリカのエネルギー省が公開している情報から、アメリカでは放射性廃棄物の処理に年間で60億ドル(約7000億円)もの費用をかけていることを知ります」

「当時は まだ最先端の科学・技術が ほとんど導入されていなかったそうで、それらの状況を踏まえてKurionは「最先端技術を駆使した放射性廃棄物の処理を専門とするスタートアップ」となることを決意した模様」などの記述があります。

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


キノコは世界を救う。汚染浄化,新素材,テラフォーミングにも

ギズモード・ジャパン 」サイトより


【関連記事】


黄砂汚染の地図

資源分布の世界地図



節電には「金額」より「健康問題」が効果的、米研究

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


大気汚染の世界地図



米国,核廃棄物施設,爆発事故の後始末に2千億円と1万年が必要

原発は「サイバー攻撃」に曝されている:英シンクタンク報告

WIRED.jp 」サイトより


韓国原発がハッキングを受け、内部システムからウイルスが発見

ドイツの原子力発電所のコンピューターからウイルスが発見

サイバー攻撃が原子力発電所に混乱を もたらしていた

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


【関連記事】


地政学の世界地図



太陽が地球に与える影響~巨大フレアと地球寒冷化を考える
同記事に「過去の記録から判明しているフレアの規模ごとの発生頻度を見てみましょう。Cの10倍がM、Mの10倍がXです。

・Cクラス=1年に1000回
・Mクラス=1年に100回
・Xクラス=1年に10回
・X10クラス=1年に1回

実は、X10クラスにとどまらず、X100、X1000といったクラスのフレアが起こる可能性もあるのです。これらを「スーパーフレア」と呼びます。

従来、スーパーフレアは原始星で起こるもので、すでに壮年期に達した太陽とは関係ない、と考えられていました。

しかし、私たち京都大学のグループが、 X100、X1000クラスのフレアが148個の太陽に よく似た星で365回起きていることを発見したんです。

それにより、これまで「スーパーフレアは太陽とは無縁」という常識が覆った」

「私たちの観測でも、スーパーフレアの発生頻度は800~5000年に1回なので、すぐに起きるというわけではありません。

しかし、1000年に1回程度といわれる大地震が私たちの身近で起きたのですから、決して「遠い未来の話」で片付けはいけないでしょう。

たとえば、X1000クラスのスーパーフレアが発生したら、どんなことが起きるのかシミュレートしてみると、こうなります。

地上の各地で電波通信障害が発生、運行中の旅客機は目的地の空港と連絡がとれず立ち往生する。

国際宇宙ステーションの中の宇宙飛行士は、大量の宇宙放射線を浴びたので、非常に危険な状態だろう。

放射線の影響は人工衛星にも及び、ほぼ すべてが使用不可能に。カーナビも携帯電話も使えない。

さらに、大規模な停電が発生。夜は真っ暗になった。文明の利器に頼った都市は大混乱に陥る。

最も心配されるのは原子力発電所。電源が喪失してしまった状態で、どれだけの時間、持ちこたえることができるのか......」などの記述があります。

WAOサイエンス パーク 」サイトより


2012年に世界は一度終わりかけていた!太陽嵐で

巨大太陽嵐が地球を襲うと どうなる?

ギズモード・ジャパン 」サイトより


太陽のスーパーフレアで地球滅亡

「8世紀に超巨大太陽フレア」:新しい分析
同記事に「名古屋大学のチームは今年6月、屋久杉の年輪を測定した結果から、西暦774年に宇宙線が急増したと発表した。

そして このほど、もし原因が太陽フレアだとするなら、規模は記録上最大だった1859年の太陽嵐の20倍だという計算が発表された」などの記述があります。

あらゆる電子技術の脅威「強力な太陽嵐」が また来る

WIRED.jp 」サイトより


【図解】太陽フレアとは

2012年の強力な太陽風、地球をニアミス NASA
同記事に「2012年に地球のそばをかすめた強力な太陽風は、地球を直撃していれば「現代文明を18世紀に後退させる」ほどの威力があるものだったと、米航空宇宙局(NASA)が発表した」

「太陽風は「そのような事象を測定するためにほぼ理想的な装置を搭載した」NASAの太陽観測衛星「ステレオA(STEREO-A)」を直撃した。

ステレオAが収集したデータを科学者らが分析した結果、その太陽風は、これまで知られている中で最大規模だった1859年の「キャリントン・イベント(Carrington Event)」と呼ばれる宇宙嵐に匹敵するものだったことが分かった」などの記述があります。

「ねじれた縄状」の磁場出現、太陽嵐予測の手掛かりに
同記事に「米航空宇宙局(NASA)の7月の発表によると、2012年7月23日に地球のそばをかすめた太陽嵐は過去150年間で最も強力なもので、直撃していれば「現代文明を18世紀の それに後退させる」ほどの威力を持っていたとされる。だが この危機的状況に気付いていた人は ほとんどいなかった」などの記述があります。

猛烈な太陽嵐発生、電力網や衛星に障害の恐れ

欧州初「宇宙天気」センター発足、太陽嵐への警戒強化へ

宇宙天気とは何か

AFPBB News 」サイトより


太陽フレアの1万倍、赤色矮星で起こった最強のスーパーフレア

アストロアーツ:AstroArts 」サイトより


スーパーフレアは やはり太陽で起こる可能性がある
同記事に「研究チームはケプラーのデータから約150個のG型主系列星を解析し、キャリントン・フレアのさらに100~1000倍にも及ぶスーパーフレアが起こっていることを2012年に発見。

その後、さらに研究は進み、スーパーフレアの頻度は800~5000年に1度の頻度で起きていることがわかってきた」などの記述があります。

マイナビ ニュース 」サイトより


【関連記事】


宇宙放射線・地磁気



人生の分水嶺は「瞬間」の判断と行動に宿る - 1

人生の分水嶺は「瞬間」の判断と行動に宿る - 2
同記事に「重要なことは、この「瞬間の判断」に、その後の人生が大きく左右されることがある、ということです。

右の道を選ぶか、左の道を選ぶか、あるいは そのまま直進するかといった あなたの選択は「いま、目の前で起きている問題」だけではなく、その後 長く続いていく あなたの人生全体を左右する、重要な決断かもしれないのです」

「私たちが「瞬間の判断と行動」によって得るもの、あるいは失うものというのは、あなたの人生の「流れ」そのものといっても過言ではありません。

ある瞬間に右の道を選ぶか、左の道を選ぶか、あるいは直進するか。それによって、あなたの人間的成長は大きく左右される。

あなたの人生の運の流れ、力の流れは、文字どおり「瞬間」に支配されているのです。

一見ささいな やりとりにすぎない瞬間にこそ、人生を変える力が宿っている。すべては いま、この一瞬に決まっているかもしれないのです」

「あなたの人生全体に目を向けるのであれば、ある「瞬間」に あなたが どう行動するかということは、極めて大きな意味を持っていることが少なくありません。

「覆水 盆に返らず」という言葉がありますが、ある瞬間を逃すと取り返しのつかないことというのが、人生にはある。

誤解を恐れずにいえば、私たちが過ごす日常の「瞬間」には、人生が なぜか うまくいく人と、なぜか うまくいかない人を分ける分水嶺があるのです。

もし そうだとすれば。私たちは どのように、そうした「人生の決定的な瞬間」に向き合っていけばいいのでしょうか?」などの記述があります。

東洋経済オンライン 」サイトより


これからの時代に求められる、「深速思考」とは?

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


「自由意志」は存在する(ただし、ほんの0.2秒間だけ)
同記事に「これまで行われてきた数々の研究では、人間に「自由意志」など存在せず、脳が決定を下したのちに それが「自分の意志」として意識にのぼるのだ、という衝撃的な結果が発表されてきた。

ならば、脳内のニューロン発火が、われわれの動作の ほとんどを決めてしまうというのだろうか? すべての思考や記憶、夢や希望までも?

真実は もしかすると、自由論と決定論の狭間に位置するのかもしれない。

ドイツのベルリン大学附属シャリテ病院による脳科学の最新研究は、長らく議論になっていた哲学的難題に、少しだけ希望を与えてくれる。

もったいぶらずに研究結果を言ってしまうと、人類の自由意志は幻想ではなく、確かに存在する──ただし、ほんの0.2秒という わずかな間だけだが。

自由意志に関する論争を巻き起こした実験は、1983年に さかのぼる。アメリカの生理学者ベンジャミン・リベット(1916 - 2007)は、われわれが とある動作をしようとする「意識的な意思決定」以前に、「準備電位(Rediness Potential)」と呼ばれる無意識的な電気信号が立ち上がるのを、脳科学的実験により確認した。平均的に、われわれが「動作」を始める約0.2秒前には、「意識的な決定」を表すシグナルが現れる。しかし われわれの脳内では、「意識的な決定」を示す電気信号の約0.35秒前には、それを促す無意識的な「準備電位」が現れているのだ。

つまり、われわれが「こうしよう」と意識的な決定をする約0.35秒前には、すでに脳により決断が下されていることになる。

皮肉なことに、リベットの実験は、決定論を支持する人々によって、「自由意志とは幻想である」という科学的な根拠とされた。

しかし、われわれの脳は、いかなる理由からか、自由意志をもつという揺るぎのない感覚を生じさせる。

その感覚自体、脳により押し付けられた信念に ほかならないのだろうか?(ここで「決定論」と「運命論」とを混同してはならない。

決定論とは一般的に、ある出来事は その出来事の原因によってのみ条件付けられる、というのに対し、運命論は人間の意志とは無関係に出来事が あらかじめ決められている、という点で異なっているのだ)。

以来、数多くの研究が、人間の自由意志を否定する実験結果を発表してきた。とくに興味深いのは2008年に発表された研究で、自由意志は幻想だという情報を与えられた被験者は、モラルに反する動向を示すことが多くなるということである。

2016年2月に発表された最新研究では、人は自由意志の存在を疑うと、不正行為に走り、他人に協力することをやめる、といった傾向が強まることも報告されている。

どうやら人間は、自由意志への信念を捨てると、自分を倫理的責任を問われる存在だとみなさなくなる傾向にあるらしい。決定論を受け入れると、われわれは心の奥底にある闇の部分に おぼれてしまうようだ。

しかし本当に、われわれの感覚が告げる「自由な選択」とは、無意識下で形成された脳の化学プロセスに過ぎないのだろうか?

実は論争を巻き起こした論文の数年後に行われたリベットの実験では、多くの場合、被験者は「準備電位」と「意識的決定」の わずかな間に、動作を「拒否」する選択をすることができたという(ただし、このときの実験では、被験者らが事実、「決断」をした後に拒否ができたのか、それとも「意図」や「衝動」といったものの類を拒否したのか曖昧なところが問題とされたのだが)。

リベット自身は、この実験結果を「自由意志の証拠」として捉えていたようだ」

「今回の実験によって示されたのは、まさに脳からの司令を拒否するのは可能だということである。ただし、後戻りできないポイントというのは確かに存在する。

実験では、ボタンを押す約0.2秒前までならば、動作を中断、または拒否することが可能であったという。0.2秒を下回ると、ボタンを押す動作は止められなかった。

つまるところ、生体的な脳の決断後には、われわれの自由意志が入り込む隙があるということだ。

脳は、現在の問題を素早くインプットし、過去の記憶や経験により形成された配線を通して、決断としてアウトプットする。

脳が経験した過去の全てを知り得たならば、予測することが可能だろう生体的判断は、「意識をもつ われわれ」によって拒否できるということだ。人の決断は、脳が用意する準備電位の なすがままではない」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより



自然界の第5の力、発見か

ギズモード・ジャパン 」サイトより


物理の常識を覆す「第5の力」

WIRED.jp 」サイトより



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ緻密な情報、厳選リンクも満載