【原発】原発分布の世界地図で原発の場所、原発のない国が一目瞭然

海外移住とアジアの原発地図

日本の周辺諸国にも多くの原発が存在しています。海外移住や留学、旅行先としても人気が高く、海外進出先として多くの企業が進出しているアジアの原発や核関連施設の分布地図のリンクです。



      海外移住の地図帳|更新情報


このページに「ふりがな」(ruby)を付ける

ひらがな めがね 」サイトより



Der nukleare GAU ist wahrscheinlicher als gedacht (独語)
(放射性物質 汚染リスクの世界地図)
(Global risk of radioactive contamination.)

Max-Planck-Institut für Chemie 」サイトより (独語)


アジアの原発・関連情報サイト
Maps of Nuclear Facilities in Asia (英語)
Nuclear Plants and Facilities in East Asia and Japan.
日本の原発地図、日本の核関連施設の地図、東アジアの原発地図が掲載。

原子力資料情報室(CNIC) 」サイトより


世界の原子力発電の動向・アジア
(図1に日本を除くアジアの原子力発電所立地地点の地図があります。)

朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)
(図2に北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の主要原子力関連施設所在地図があります。)

韓国における原子力戦略
(図2に韓国の原子力発電所の立地図があります。)

韓国の原子力発電
(図1に韓国の原子力発電などの位置図があります。)

台湾の原子力研究開発・原子力安全規制体制及び原子力産業
(図2に台湾の原子力関係施設所在地図があります。)

ベトナムの国情と原子力開発
(図4にベトナムにおける2030年までの原子力開発計画配置図があります。)

インドの原子力開発と原子力施設
(図2にインドの原子力発電所の位置図があります。)

パキスタンの原子力開発と原子力施設
(図8にパキスタンの原子力関係施設の地図があります。)

原子力百科事典 ATOMICA 」サイトより


中国、南シナ海上に浮かぶ「動く原発」を建設か

ギズモード・ジャパン 」サイトより


中国、南シナ海に海上浮動式の「動く原発」建設

ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より


中国、南シナ海で海上浮動式の原発建設へ

ロイター.co.jp 」サイトより


フィリピン政府、32年間放置の原発、稼働を検討
同記事に「フィリピン政府は2016年8月31日、32年前に建設されたものの安全上の懸念から一度も稼働していない原子力発電所を復活させ、急増する国内のエネルギー需要に対応する計画を検討中だと明らかにした。

首都マニラ(Manila)の西方 約30キロ、バターン(Bataan)州にある この原発は、発電能力620メガワット」

「バターン原発は1970年代の石油危機を受けて、故フェルディナンド・マルコス(Ferdinand Marcos)大統領政権下で23億ドル(約2400億円)を投じて建設された。

しかし、腐敗と独裁で悪名高いマルコス政権が86年に軍の支援を受けた民衆革命で倒れた後、故コラソン・アキノ(Corazon Aquino)大統領は同原発の稼働を認めなかった。

バターン原発については、立地が地震断層や活火山に近すぎるとの懸念が指摘されている。

また、アキノ政権の稼働封印政策には、1986年に旧ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリ(Chernobyl)原発事故が起きたことも強く影響した。

その後、電力不足や原油高を受けて復活論が浮上したが、東日本大震災に伴う福島第1原発事故などが影響し、稼働封印政策が維持されてきた」などの記述があります。

原子力政策、各国の現状と今後の見通し

AFPBB News 」サイトより


台湾沖に放射性物質投棄、イタリア業者が北朝鮮と取引

アジアの経済ビジネス情報/NNA.ASIA 」サイトより


台湾の基隆沖に、イタリアが放射性廃棄物を投棄

DIGIMA NEWS 」サイトより


台湾原発、豪雨で自動停止
同記事に「台湾北部の新北市で2017年6月2日、集中豪雨により送電線の鉄塔が倒れた影響で、台湾電力 第1原発2号機が自動停止した」などの記述があります。

SankeiBiz (サンケイビズ) 」サイトより


台湾の基隆沖に,イタリアが放射性廃棄物を投棄

swissinfo:スイスのニュースと情報 」サイトより


躍進するアジアの原子力|バングラデシュ人民共和国

躍進するアジアの原子力|パキスタン・イスラム共和国
(パキスタンの主な原子力関連施設の分布地図などを掲載)

日本原子力産業協会 」サイトより


パキスタン、中国の支援を受けて原発建設に向け作業開始

パキスタン、中国製原子炉新規導入のための資金を承認

バングラデシュ、国内初の原子力発電所を着工
同記事に「バングラデシュの首都・ダッカの北120kmにあるルーパーにおいて、ロシアの協力を得た原子力発電所(出力100万kw×2基)の1基目の建設工事が始まった。

同機は60年間運転が期待されており、さらに20年間の延長も可能という」などの記述があります。

電気事業連合会 」サイトより


南アジアで超巨大地震の可能性、最大でM9.0
同記事に「インド亜大陸の北東部とユーラシア大陸との衝突は現在も続いており、それによってバングラデシュを中心とする南アジアの人口密集地帯で巨大地震が起きる危険があることが、新たな研究によって明らかになった。

研究ではバングラデシュに多数設置しているGPS追跡装置のデータを初めて活用し、時間をかけて分析を進めてきた。

その結果、一帯の地震活動が どれほど活発か、また その理由についての議論が一気に前進した」

「1億4000万人以上が住む この地域の真下に巨大活断層があることになる。地質学的に見れば、2011年に日本でマグニチュード9.0の壊滅的な地震を起こしたものと同じ種類の活断層だ」

「さらに、この活断層は動きが止まっていて、1600年代初期にムガール帝国がバングラデシュのダッカを州都とした頃から400年以上にわたって応力が蓄積していることが考えられる。

つまり、地殻活動にともなって幅200キロ以上にわたる地域が跳ね上がる可能性があると、研究者らは科学誌『ネイチャー・ジオサイエンス』で警告している。

もし断層全体が一度に崩壊すれば、最大でマグニチュード9.0の地震が発生する恐れがあるが、この地域は地震に対して無防備なため、きわめて大きな被害が生じるかもしれない」

「インド亜大陸とユーラシア大陸との衝突は4000万年以上にわたって ゆっくり起きている。

衝突によって隆起したのがヒマラヤ山脈だ。この山脈は今も成長を続けている。

山脈が浸食されると、その土砂は世界有数の大河であるガンジス川やブラマプトラ川に運ばれ、1年に10億トンというペースでベンガル湾に流れこむ。

何百万年にわたって堆積した土砂によって、バングラデシュ沿岸の大陸棚は400キロほど広がった。

1400万人以上が暮らす大都市ダッカや その近郊地域が直面している脅威を明確に示すことができない一因はこの肥沃な堆積物にある。

「厚い堆積物が あらゆる場所を覆っており、そういった場所には さまざまな地質が含まれています」と米オーバーン大学の堆積地質学者であるアシュラフ・ウッディーン氏は言う。

「まだ観測もできていませんし、詳しい研究もできていません」

米コロンビア大学の地質学者マイケル・ステックラー氏らの研究チームは2003年から2014年にかけ、26台のGPS追跡装置を使ってバングラデシュ西部地域がインド半島と比べて どれほど動いたかを綿密に観測した。

過去にインド北東部やミャンマーで実施されたGPS調査のデータと今回のバングラデシュの観測データを組み合わせたところ、ミャンマーのシャン高原全体はインド半島に比べて毎年 約46ミリのペースで南西方向に動いていることがわかった。

ここから既知の断層の動きを差し引くと、現在インドプレートがユーラシア プレートの下で すべっている距離と一致。

さらに、この一帯の動きの特徴から、インドプレートはミャンマー北西の山脈の下で動きを止め、引っかかった状態になっていることが示唆された。

「これは非常に危険な状態です。蓄積される弾性エネルギーが増えているからです」と、今回の論文の共同執筆者であるダッカ大学の地震学者サイード・フマーユン・アクター氏は話す」などの記述があります。

ナショナル ジオグラフィック 日本版 」サイトより


1970年のボーラ・サイクロン
同記事に「1970年のボーラ・サイクロン(英:1970 Bhola cyclone)とは、1970年11月12日に東パキスタンのボーラ地方(今日のバングラデシュ)とインドの西ベンガル州を襲ったサイクロンである。

ベンガル・デルタ地帯の標高が低い島々が高潮に襲われ、これを主な原因として もっとも控えめな見積でも20万5000人以上、最大50万人と推定される人命が失われ、サイクロンとしては史上最大級の犠牲者を出した。

近代以降の自然災害全般の中でも最悪のものの一つである。

この被害が余りに激甚であったことが直接的な契機の一つとなって、以後パキスタンは内戦状態に陥り、翌年バングラデシュが独立した」などの記述があります。

Wikipedia 」サイトより


台風で台湾の原発緊急停止 避雷装置が破損

日本経済新聞 」サイトより


【関連記事】


台風の世界地図


【関連情報サイト】


琉球弧における超巨大地震の可能性について(PDF:145.4KB)
同記事に「琉球弧でも1セグメント単独の巨大地震だけではなく、連動型の超巨大地震が発生してきた可能性を示している」

「九州南方から台湾までを破壊領域とする断層運動」などの記述があります。

日本地球惑星科学連合 」サイトより


【関連記事】


西南日本の超巨大地震

超巨大地震の世界地図


積極的に原発推進を推し進めるアジア諸国
アジア諸国、今後20年間で原発100基を新設へ=中国は56基

中国と韓国、2030年に原発大国に=発電量3.5倍へ

急増する東アジアの原発、2035年までに現在の約3倍に

中国、南沙諸島に浮揚式原発20基建設へ

北朝鮮が核施設でプルトニウム抽出準備を始めた可能性を指摘

ソウル地下鉄、列車制御システムがウイルスに感染するも放置

レコード チャイナ 」サイトより


北朝鮮が韓国の原発事業者へサイバー攻撃、韓国が非難

中国、南沙諸島に海上原発の建設計画か 国営紙報じる

ヨルダン、初の研究用原子炉完成=韓国建設

北朝鮮、兵器級プルトニウム供給源の原子炉を再稼働

北朝鮮の原子炉再稼動「大規模人災の恐れ」 露外交筋
同記事に「最大の懸念は、結果として大規模な人災が引き起こされる可能性が非常に高いことにある。

この原子炉は悪夢のような状態にあり、設計は1950年代に遡る。仮に大規模人災は免れたとしても、朝鮮半島にとって甚大な被害を もたらす恐れがある」などの記述があります。

北朝鮮、新ウラン濃縮施設を稼働か

【図解】北朝鮮、核施設を再稼働へ

寧辺の全ての核施設再稼働を宣言、北朝鮮

北朝鮮の核関連施設から水蒸気、燃料製造か

AFPBB News 」サイトより


原発推進国 韓国・関連情報サイト
韓国の原子力発電所 建設計画、新たに2基追加

韓国の原発依存率は世界4位,「世界の流れに逆行」との指摘も
同記事に「発電容量のうち原発が占める割合は26.8%で、フランス(48.8%)、アルメニア(34.3%)、ベルギー(30.4%)に続き、世界で4番目に高かった」などの記述があります。

韓国の原発管理企業にハッキングか、原発設計図などが流出

韓国で原発内部資料が相次いでネット流出

韓国の原発関連情報が またも流出、犯人は稼働停止を要求

韓国の原発に「新たな攻撃」、ハッカーが予告
同記事に「韓国の原子力発電所を管理する企業、韓国水力原子力の内部文書が流出した。

ハッキングによって盗まれた可能性もあり、サイバー攻撃により原発の運営そのものにトラブルが出る可能性も懸念されている。

ハッキングしたと主張しているネットユーザー「反原発集団」は、「新たな破壊」を行うと予告している」などの記述があります。

韓国で原発資料が外部流出,組織が北朝鮮等への販売ちらつかす

韓国で相次ぐ原発トラブル、制御棒に問題で稼働停止

韓国 原発でまたトラブル、異物混入で運転停止

韓国 月城原発で使用済み燃料棒の落下事故

韓国の原発、数年にわたり欠陥部品が使われていた

韓国・月城原発1号機を2022年まで稼働延長

韓国の原発、ドーム内部に小さな穴が見つかる

韓国の原発運営機関,数十年間も的外れな検査続け課徴金処分に

ずさん過ぎる韓国の原発管理、放射線管理区域に自由に出入り

韓国がサウジと原発分野で協力、自主開発の原子炉2基建設へ
同記事に「韓国が自主開発した原子炉2基をサウジアラビアに建設し、テスト運転後に第3国へ輸出する計画で、原子力発電所の建設だけで20億ドル(約2400億円)規模のプロジェクトとなる」などの記述があります。

韓国とチェコの大統領と会談、チェコの原発建設に参加の意向

韓国の放射性廃棄物処分施設、40年使うはずの設備が1年で故障

韓国で観測史上3番目に大きい地震=ソウル、仁川でも有感
同記事に「韓国には地質などを研究できる設備や資料が十分でないため、具体的な原因を分析するのは難しい」などの記述があります。

今後 韓国で地震が頻発する

韓国・済州島で地震相次ぐ、2016年、4回の地震が発生

ソウルの建物の75%に耐震不備,学校や公共施設も

韓国南部で観測史上最大規模の地震
同記事に「1978年に地震の観測が始まって以来、釜山から浦項にわたる梁山断層で地震が発生したのは初めてだ。

慶州には原子力発電所や核燃料処理施設もあるため、注意しなければならない」などの記述があります。

韓国の保寧市と済州内陸で異例の地震発生(2016年)

韓国の月城原発、地震で運転全面停止

警告灯が2週間で8千回 点灯!地震が続く韓国の原発に不安の声

韓国の原発周辺で原因不明のガス臭,地震の前触れと不安広がる

韓国の古都を襲った地震、原発だけでなくTHAADの心配も

韓国で観測史上5番目の規模の地震、市民らが避難し大混乱に

レコード チャイナ 」サイトより


朝鮮半島で発生した最大級の地震 - 1681年6月 韓国 東海岸地震 (PDF:2.7139 MB)

歴史地震研究会 」サイトより


地震がないはずの韓国で大きな地震が増えている
同記事に「ここ20年の間に、震度3.0以上の地震が174件 発生している」

「1978年には5回しかなかった地震が2009年には80回以上に増えた。東海岸を中心に震度3.0以上の地震が5回以上起きている」などの記述があります。

日経ビジネス オンライン 」サイトより


歴史地震
同記事に「朝鮮半島は地震の発生が比較的少なく津波記録も ほとんどないと言われるが、実際には古くからの地震の記録が存在し、最古のものとしては『三国史記』に2年に発生した地震の記述が見られる。

以下 被害記録があるものとして27年、34年、37年、89年などと、京畿道広州における大地震、家屋倒壊および液状化の記録がある。

『三国史記』や『高麗史』『朝鮮王朝実録』に記された被害内容などからマグニチュード6.0以上と推定されるものもあって、16世紀から17世紀にかけて比較的多くの地震が発生している。

史上最大規模とされる地震は1681年6月28日の江原道、襄陽郡・三陟の地震とされ、推定されるマグニチュードは7.0~7.5で海震や津波と見られる記述もある」などの記述があります。

Wikipedia 」サイトより


韓国南部でM5.8の地震、「観測史上最大」

AFPBB News 」サイトより


韓国南東部で地震、原発停止

ロイター.co.jp 」サイトより


韓国の原発、コンピュータ ウイルスを仕掛けられる

アメリカ、北朝鮮の核施設をウイルス攻撃!...失敗に終わる

「電力」をサイバー攻撃から守れるのか?

ギズモード・ジャパン 」サイトより


韓国原発がハッキングを受け、内部システムからウイルスが発見

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


米国,核廃棄物施設,爆発事故の後始末に2千億円と1万年が必要

原発は「サイバー攻撃」に曝されている:英シンクタンク報告

韓国の原発情報流出:攻撃の発信元は中国の瀋陽か - 1

韓国の原発情報流出:攻撃の発信元は中国の瀋陽か - 2

「韓国の原発運営会社を,北朝鮮がサイバー攻撃」韓国が報告書
同記事に「韓国当局は、北朝鮮が韓国水力原子力発電株式会社(KHNP)にサイバー攻撃を実行したとする報告書を発表した。

2014年12月以来、6回にわたって さまざまな盗難データが投稿されており、脅迫と100億ドルの要求も行われている」などの記述があります。

核施設を狙ったサイバー攻撃『Stuxnet』の全貌 1

核施設を狙ったサイバー攻撃『Stuxnet』の全貌 2

脱北者が語る、北朝鮮サイバー部隊の「本当の脅威」
同記事に「北朝鮮が擁するハッカーたちは、電力インフラやセキュリティ インフラの破壊、さらには都市の破壊さえも可能だ」

「北朝鮮のサイバー攻撃機関は著しく規模が拡大しており、いまでは約6000人が従事しています」

「北朝鮮が2010年にイランの核燃料施設の遠心分離機を機能不全にしたウイルス「スタックスネット」に似た、原子力施設などのインフラを標的にできる独自のウイルスを開発している」

「このウイルスは、理論的には「都市を破壊」することもできるという。現時点では まだ理論的な脅威だが、こうした北朝鮮のサイバー攻撃について、他国は検討する必要があるだろう」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


韓国原発で放射性物質ダダ漏れ 世界最悪 - 1
同記事に「韓国・釜山にある古里(コリ)原子力発電所が、1990年から97年にかけて、放射性物質「ヨウ素131」を、世界で最も多く排出していたと、韓国紙が報じた。

ヨウ素131は、甲状腺がんを誘発する物質で、他の原発に比べて排出量が最大で3000万倍に達したというから尋常ではない」

「韓国紙「ハンギョレ」(日本語版)が2016年3月10日、「韓国古里原発の放射性物質排出量は世界最多」というタイトルで報じた。

同紙によると、韓国の市民団体「環境運動連合」と、野党・国民の党の崔元植(チェ・ウォンシク)議員が、国連科学委員会(UNSCEAR)が国連総会に提出した「2000年放射能被爆報告書」と、韓国の電力事業者「韓国水力原子力」から受け取った資料「古里原子力発電所放射性廃棄物排出放射能量」を分析した結果だという。

1990年からの8年間に、世界で稼働していた原発430余機が対象で、古里原発1~4号機から排出されたヨウ素131の量は29・6254ギガベクレルだった。

2番目に多かった米ジョージア州のハッチ原発の1~2号機が19・91ギガベクレルで、3番目というウクライナのダンジネス原発1~2号機が13・608ギガベクレル。

日本の原発では、小数点以下6位まで まったく排出されなかったと記事にはあるから、その突出ぶりには驚くしかない」などの記述があります。

ZAKZAK 」サイトより


朝鮮半島海域の貝類・海草類・表層海水から放射性物質が検出
同記事に「2010年4月に江原道の江陵、全羅南道の麗水、全羅北道の群山海域で採取した貝類を分析した結果、核分裂で生成される放射性物質が検出されたと発表した。

検出された放射性物質プルトニウムの濃縮係数は、国際原子力機構 (IAEA) が定める勧告値より最大2.11倍 高かった」

「海草類からは放射性物質ストロンチウム90が検出された。濃縮係数の平均値は14でIAEAの勧告値<10>よりも高く、江陵近海の わかめは17、仁川近海の わかめは10だった。2005―09年の平均値も15で勧告値を超えていた」

「朝鮮半島の周辺海域20か所で採取した表層海水からは、プルトニウム239・240が検出され、平均濃度は1キログラムあたり2.91―6.82マイクロ ベクレルだった。

特に、2006―10年の表層海水の放射性物質濃度を平均した結果、日本海側にある蔚珍原発の近海でプルトニウム239・240の濃度が6.0マイクロ ベクレルを記録したほか、黄海側にある霊光原発の近海でも5.0―6.0マイクロベクレルを記録するなど、原発に近い海域で高い放射性物質濃度が検出された」などの記述があります。

「我が国の海水、水産物は安全」韓国海洋水産省が発表

韓国で「地震発生頻度」高まり...建物の耐震性見直しを!

アスファルトから基準値超す放射線、ソウルの道路を調査

韓国 古里原発にも品質書類偽造の部品が大量供給

韓国の原発が全電源喪失事故、"自慢"の非常用発電機は稼働せず

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


トリチウム (水素-3、3H)
同記事に「カナダで開発されて韓国に導入されているCANDU (Canada Deuterium oxide- Uranium) 炉では重水(D2O)を減速材としているために大量のトリチウムが生じる」などの記述があります。

原子力資料情報室 (CNIC) 」サイトより


カナダ型 重水炉 (CANDU炉)
同記事に「海外にもCANDU炉は輸出されている。

ここではインドのPHWRのように、クローン機とでも呼ぶべきCANDU炉と同型のものも含めて基数を表示する。

運転中の原子炉は韓国が4基、インドが15基、中国とルーマニアが各2基、パキスタン、アルゼンチンが各1基である。

建設中の原子炉はインドとルーマニアが各3基、また、計画中はインドが4基である」などの記述があります。

環境放射線による被曝および その評価
同記事に「内部被ばくは放射性物質が体内に取り込まれることによって起こる。

日常の生活の中で内部被曝が起こるのは、例えば、土の中に含まれる天然の放射性物質や核実験による放射性降下物(フォールアウト)が空気や水や食べ物に混ざり、私たちが それらを摂取することによって放射性物質を体内に取り込んだ場合である。

放射性物質が体内に取り込まれるときの経路は次の3通りに整理されている。

(a)経口摂取:放射性物質が含まれる水や食物などを飲み込むことにより その放射性物質が体内に取り込まれる場合。

(b)吸入摂取:放射性物質が含まれる空気を吸い込むことにより その放射性物質が体内に取り込まれる場合。

(c)経皮吸収:皮膚を通して放射性物質が体内に取り込まれる場合」

「水または水蒸気状のトリチウムは皮膚を通して体内に吸収される。

これらの経路を通じて体内に取り込まれた放射性物質は血液またはリンパ液とともに体内を移動する。

体内の臓器や組織は それぞれ特定の種類の放射性物質を沈着させやすい性質を持っている。

そのため、血液やリンパ液中の放射性物質のあるものは各々特定の臓器や組織に集まる。

例えば、ヨウ素(131I)は甲状腺に、ストロンチウム(90Sr)は骨に集まることが知られている。

放射性物質からの放射線は沈着臓器・組織と その周辺の臓器・組織を照射し、内部被曝が発生する。

放射性物質のうち、特定の臓器・組織に沈着するものは身体の一部に被曝をもたらすが(部分被曝)、トリチウム、カリウム(40K)、セシウム(137Cs)などは身体全体に分布するので全身が放射線の照射を受ける(全身均等被ばく)。

また、内部被曝ではα線やβ線のように透過性の小さい放射線も含め全ての放射線が臓器・組織の照射に寄与する点で、透過性の大きいX線、γ線あるいは中性子線のみが照射に寄与する外部被曝と様子が異なっている。

特に、体内に取り込まれた放射性物質から放出された透過性の小さい放射線(α線と大部分のβ線)は、身体内を通過する間に、持っているエネルギーの大部分を周りの臓器・組織に与えるので、内部被曝上 重要になる」などの記述があります。

原子力百科事典 ATOMICA 」サイトより


重水炉

Wikipedia 」サイトより


放射線を出す廃アスファルトの処分に苦慮、ソウル

韓国、原発2基の運転を停止 保証書の偽造で

韓国が原発2基を停止、証明書類偽造で

韓国南部で豪雨被害、5人死亡 5人不明
同記事に「釜山近くの機張(Gijang)郡にある原子力発電所が、冷却施設の浸水のため稼働を停止した」などの記述があります。

北朝鮮、黒鉛炉の再開準備か=米研究所

AFPBB News 」サイトより


韓国の原発、安全軽視が招く重大事故の危うさ 1

韓国の原発、安全軽視が招く重大事故の危うさ 2

韓国の原発、安全軽視が招く重大事故の危うさ 3

韓国の原発、安全軽視が招く重大事故の危うさ 4

産経ニュース 」サイトより


韓国でも お寒い原発の実態

ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より


韓国の核物質生産の謎

原水爆禁止 日本国民会議 (原水禁) 」サイトより


北朝鮮が電磁パルス兵器を開発か=韓国全土を瞬時に停電可能に

日本海地震の津波予想、韓国まで到達

レコード チャイナ 」サイトより


※原発の全電源喪失でメルトダウンの恐れとの指摘も。


【関連記事】


中国の原発地図

津波の世界地図

日本の原発地図

中東の原発地図



北朝鮮の火山「白頭山」に噴火の兆候
同記事に「946年の噴火と同規模の爆発が起これば大惨事になると、専門家らは指摘する」などの記述があります。

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


北朝鮮・白頭山に大噴火の兆し 日本に降灰で深刻な影響も... - 1
同記事に「北朝鮮の火山・白頭山(ペクトゥサン)で、実際に噴火すれば北の被害はおろか、朝鮮半島、さらには日本にも灰が降るなど多大な影響が及ぶ恐れがある」

「10世紀の噴火で(日本でも)約5センチの火山灰の堆積があったとされている。同規模の噴火が発生した場合には、降灰による大きな影響が発生すると考えている」

「白頭山は ここ数年、噴火の兆候を示しており、世界中の火山学者が その状況を注視している。

米国や英国の研究者が現地調査に入っており、中国や韓国も防災対策に乗り出しているほど事態は逼迫(ひっぱく)している」などの記述があります。

北朝鮮・白頭山に大噴火の兆し 日本に降灰で深刻な影響も... - 2
同記事に「文献などによれば、白頭山は過去、複数回噴火し、10世紀に大噴火を起こしたことが判明している。

その規模は有史以来、最大規模とされ、火砕流と火山灰、落石で周辺地域に壊滅的な打撃を与えたとされる」

地質の研究から「約1000キロ離れた北海道や東北地方で5~6センチの降灰があり、農作物が大打撃を受けたことも分かっている」(火山学者)というから、その すさまじさが分かる」

「2002年以降、頂上付近の火山性地震の回数が約10倍に増加し、火山ガスの噴出があったほか、02年から05年にかけて衛星が地下でのマグマ上昇を捉えている」

「東大地震研を含めて複数の火山学者や研究機関が、東日本大震災のプレート運動によって(白頭山の)噴火リスクが さらに上がったとの研究結果を出している。

大噴火を起こして日本にも火山灰が降りそそげば交通網が遮断され、経済活動に大きな支障が出る。緊急時の対策について国際的な協力体制を整える必要がある」などの記述があります。

北朝鮮・白頭山に大噴火の兆し 日本に降灰で深刻な影響も... - 3
同記事に「「白頭山の北西約100キロメートルには中国の赤松原子力発電所(建設中)がある」

「朝鮮半島情勢も大きく動きかねない」

「北朝鮮はきちんとした防災体制を整備できていない。ひとたび噴火が起きれば、人的被害や経済的損害は未曾有の規模になる」

「北朝鮮の国力低下で、韓国がイニシアチブを握って朝鮮半島の統一が一気に進む可能性もある。

ただ、その場合でも政情不安で大量の難民が発生し、中国や韓国、日本に大量に流入する。混乱は東アジア全体にまで波及するリスクをはらんでいる」

「一国の自然災害では済みそうにない」などの記述があります。

ZAKZAK 」サイトより


日本にも影響が?北朝鮮の超巨大火山の動きが再び活発に
同記事に「約1000年前に発生した中朝国境の火山・白頭山噴火が有史以来最も強力な火山噴火だったとの研究結果」

「国際共同研究チームが白頭山付近の岩石を調査した結果、白頭山が噴火した946年、約45メガトンの硫黄ガスが噴出したことが分かった。

これまで最も強力とされていた1815年のインドネシア・タンボラ火山噴火より はるかに多い量だ。

研究チームは これを根拠に、白頭山噴火が有史以来最も大きい規模の火山噴火だったと推定した。

白頭山の隆起活動は最近になって再び活発化している。

白頭山が再び噴火し、946年の噴火の約半分(20メガトン)の硫黄ガスを噴出した状況をシミュレーションしたところ、火山の噴出物が空を覆い、約3か月で北半球の平均気温が最大で0.5度下がることが分かった。

過去約100年間の人間の活動により、地球の平均気温が0.85度上がったことを考えると、非常に大きな気候変動といえる」

「大規模な航空機の欠航や、灰による水質汚染などの被害が発生する可能性がある」などの記述があります。

レコードチャイナ 」サイトより


【関連記事】


中国の原発地図

地政学の世界地図


マレーシアの原発計画・関連情報サイト
Gov't identifies 7 sites for nuclear plants, say NGOs (英語)
マレーシアの原発建設予定地域の地図など。

※シンガポールの隣接地域にも原発計画があります。

「マレーシアで深刻な原発事故が発生すれば、シンガポールという国家の存亡の危機であるものの、他国の移民は容易では無いため、多くの国民は、その国に留まるしかないだろう」との指摘があります。

Suara Sarawak 」サイトより (英語)


中国原発大手、海外の電力プロジェクト13件を買収
同記事に「中国の原発大手、中国広核集団有限公司(中広核)に、再び大きな動きがあった。

中広核とマレーシアの政府系投資会社1MDBの発電部門エドラ・グローバル・エナジーは、エドラ傘下の電力企業の株式および新規プロジェクト開発の権益買収に関する協定を締結した。

同協定は13件の電力プロジェクトに関わる」

「エドラは東南アジアをリードする独立系発電事業者で、保有する稼働中の発電所の総発電容量は662万キロワット。

13件の電力プロジェクトは、マレーシア、エジプト、バングラデシュ、アラブ首長国連邦、パキスタンという5つの「1ベルト、1ロード」沿線国家に分布している」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


マレーシア・ボルネオ島でM6.0の地震

ボルネオ島 地震、キナバル山の奇岩 折れる 登山客4人負傷
同記事に「ソーシャルメディア上には、損壊した道路や割れたショーウインドー、ひびの入った壁や床、棚から落ちたものが散乱した部屋など、地震の大きさを うかがわせる画像が多数 投稿されている」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


【マレーシア】日本の原発事故は建設計画に影響せず、チン大臣

マレーシアの原発建設、2030年以降に延期=首相府相
同記事に「マレーシアのナンシー・シュクリ首相府相は、マレーシアで建設計画が持ち上がっている原子力発電所2基について、事業化調査の結果、実現は2030年以降にずれ込むとの見方を示した」

「調査の結果、自然災害リスクが高いことが判明したため、当初計画の2021年を2030年に延期した」などの記述があります。

アジアの経済ビジネス情報/NNA.ASIA 」サイトより


原発推進国インド・関連情報サイト
日本より怖い インド流 「 デタラメ 」 原発
同記事に「原子力発電の目標値を「2020年までに20ギガワット」から「2050年までに275ギガワット」に引き上げた。

原子力供給業界による民生用原子力技術や核燃料の輸入を認めるためだ。

輸入解禁後は目標値を再び引き上げ、現在の発電量の100倍に相当する2050年までに455ギガワット」とした。

この拡大スピードには、恐ろしさを感じる。インドの原発で何度か「ニアミス」が起きている事実を考えれば、なおさらだ」などの記述があります。

ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より


「保守」が苦手なインドに原発を供給してもいいのか?
同記事に「運用・保守に関しては当然ながら細心の注意が必要だろう。インドの国民性として、その"注意"ができるのか。筆者は無理だと考える。20基以上も原発を作れば、必ずどこかで問題が起きる」などの記述があります。

インドの原発はフクシマと同じ道を歩むのか
同記事に「インドの計画はもっと極端だ。夢物語である。いや、いくらなんでも「想定外」が多過ぎる。

すでにインドでも何回も原発の事故が発生している。メルトダウン寸前にまで至ったケースもある」などの記述があります。

マイナビ ニュース 」サイトより


インド、2032年までに6000万kwの原発増強を発表

電気事業連合会 」サイトより


議論を巻き起こすインドの原発推進

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


インド カルナタカ州原発から煙、稼働を停止

NNA.ASIA 」サイトより


インドの原発で放射線漏洩事故、人為的破壊が原因か
同記事に「インドのプリスヴィラージ・シャバン科学・技術事務担当国務相は、「カルナーカタ州のカイガ原子力発電所で このほど発生した放射線漏洩事故は人為的な破壊行為によるもので、インド政府は調査に取り組んでいる」と述べた」

「シャバン国務長官は その際、「カイガ原子力発電所の事故は核事故ではなく、発電システムとは関係ない。

これは不満を抱くスタッフが少量の重水を 故意に特定の冷却器に混ぜ入れ、他の50人のスタッフが この冷水器の水を飲んだ。

結果、その尿に異常があるとして病院で検査を受け、体内に一定量の重水が存在することが分かった。現在、これらスタッフは医学的観察を受けている」と述べている」などの記述があります。

ロシア、インドに原子炉24基建設へ

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


インド南部の原発で事故、反対運動が あらためて活発化

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 」サイトより


躍進するアジアの原子力 | インド共和国
(図表11にインドの原子力関係機関・施設の分布他があります。)

日本原子力産業協会 」サイトより


インドの原発で漏水、原子炉を緊急停止
同記事に「インド政府当局は2016年3月11日、西部グジャラート州のカクラパル原子力発電所で漏水があり、原子炉を緊急停止させたと明らかにした」などの記述があります。

印露首脳会談、原子炉10基を追加建設へ

インド、原発警備の隊員が同僚3人を射殺

インド南部でホテル倒壊、13人死亡
同記事に「同国では、ここ数か月の間に複数の建物が倒壊している。そのうちの多くが同国の金融中心都市ムンバイ(Mumbai)の住居用ビルだ。同市で4月に発生した倒壊事故では74人が死亡した。

これらの事故は、同国の建築水準の低さを浮き彫りにした。同国では住宅需要が著しく増加していることに加え、腐敗が はびこっており、その結果、違法建築や保安検査の不徹底が多く見られる」などの記述があります。

道路を滑走路と勘違い...インド格安航空機、あわやの大惨事

インド首都の空港、貨物から放射能漏れか

インドのATM、3分の1が稼働せず 中央銀行調査

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


海外の法人税率
(汚職度や腐敗度に関する話題も)


インドネシアと原子力・関連情報サイト
インドネシアの原子力開発事情
同記事に「1964年には国内初の研究炉の臨界を達成し、その翌1965年には現在の原子力庁(BATAN)が発足している」などの記述があります。

大和総研ホールディングス 」サイトより


インドネシア、原発導入推進を盛り込んだエネルギー政策を承認

電気事業連合会 」サイトより


インドネシア、3州政府が原発建設を準備中
同記事に「東カリマンタン州、中カリマンタン州は地震が少なく、ウラン産出地のため開発に ふさわしいと指摘」などの記述があります。

日刊工業新聞 Business Line 」サイトより


インドネシアの原子力発電の導入準備状況 (PDF : 641.95KB)
26ページにインドネシアの原発サイト候補地の地図、
23ページにインドネシアでのウラン資源量、ウラン鉱山に関する資料があります。

日本原子力産業協会 」サイトより


インドネシアの原子力開発と原子力施設
※図1 インドネシアの原子力関係施設の地図があります。

同記事に「インドネシアは1960年に米国と、1961年には当時のソ連と、それぞれ原子力協力協定を結んだ。1964年には国内初のTRIGA-II型研究炉(熱出力250kW、1971年に1000kWに増強)が臨界に達した」

「BATANは1980年代に入り、ジャカルタ郊外スルポンの国立科学・技術センターの一角に総額400億円を投じて、原子力研究総合センターを建設した。

同センターは1987年8月から第1期計画として、3万kWの多目的研究炉RSG-GAS(MPR-30)を中心に燃料製造施設や放射性廃棄物管理施設、アイソトープ・放射性医薬品製造施設などを1990年までに完成し、続いて、ホットラボや工学安全研究施設、電気・機械研究施設などを第2期計画、中性子ビーム実験施設、炉物理研究施設などを第3期計画として1992年8月までに完成した」

「ウラン鉱石探査により、西カリマンタン ウラン地区にLemajung鉱脈、Remaja-Hitam鉱脈が見つかっており、年間770トンのウラン生産が可能とされている」などの記述があります。

原子力百科事典 ATOMICA 」サイトより



13世紀の超巨大噴火、火山を特定
同記事に「史上最大級の自然災害に関する大きな謎の1つが解明されたかもしれない。これは、過去3700年間で最大の火山噴火に まつわるものだ。

800年ほど前に発生した この噴火は、発生当初は記録に残されていたものの、その後は忘れ去られていた。

今回の研究にあたった科学者たちは、噴火により生まれた"極東のポンペイ"が、インドネシアの島の どこかで火山灰に埋まり、発見を待っている可能性もあると指摘している。

この巨大噴火で北極から南極に至る地球全体に灰をまき散らした火山は、インドネシアのロンボク島にあるサマラス(Samalas)山と特定された。

パリ第1大学所属の地理学者、フランク・ラビーニュ(Franck Lavigne)氏が率いる研究チームは さらに この噴火の発生時期について、1257年の5月から10月の間だったとの結論に達している」

「これまで場所が特定されていなかった この巨大噴火は、1883年に発生した有名なクラカタウ山の噴火の8倍、1815年のタンボラ山の噴火の約2倍の規模だったと推定されている。

「今に至るまで、過去3700年間で最大の噴火はタンボラ山のものだったと考えられていたが、今回の研究により1257年の噴火は さらに大規模だったことが判明した」とラビーニュ氏は述べている」

「この噴火により生じた硫酸塩や火山灰は、遠くグリーンランドや南極にまで達し、これらの場所にある氷床コアに閉じ込められていることが、氷のサンプル採取で判明していた。

「まずは氷床コアの研究から着手し、(南北両極の火山物質分布から)噴火が熱帯地域で起きたことがわかっていた」

「この巨大噴火は赤道付近で発生したが、その衝撃は世界全体におよび、記録が残されている。「この噴火から少なくとも2年間は、気候に影響があった」とラビーニュ氏は解説する。

中世ヨーロッパの記録文書を見ると、噴火の翌年と考えられる1258年の夏について、異常に気温が低かったとの記述がある。

「夏のない年」と呼ばれた この年は農産物が不作で、さらに絶え間ない降雨による洪水で大きな被害がもたらされたという。

一方、噴火直後の冬は西ヨーロッパでは暖冬だったようだが、これは熱帯での火山噴火で大気中の硫黄濃度が上がったためだと考えられる。

噴火が起きたインドネシアの記録には、より甚大な被害に関する噴火直後の記述が見受けられる。

ヤシの葉に綴られた古ジャワ語の文書「ロンボク年代記」(Babad Lombok)には、巨大な火山噴火によりロンボク島のサマラス山にカルデラができたとの記述がある。

この文書は さらに、火山灰の降下や火砕流によって数千人が死亡し、王国の首都だったパマタンの街と その周囲は壊滅的な打撃を受けたと記している」などの記述があります。

史上最大の噴火は世界を これだけ変えた

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


13世紀の超巨大噴火、火山を特定 (英語)
(Deadly 13th-Century Volcano Eruption: Mystery Solved?)

インドネシア、世界の津波危険地域 (英語)
(Photos:Where Will Next Mega-Tsunami Hit?|Indonesia)

National Geographic 」サイトより (英語)



インドネシアは地震、火山、津波などの自然災害リスクに加え、テロやクーデターなど政情が不安定になるリスクがあり、原発テロを懸念する声や原発管理に対し、疑問の声もあるようです。

インドネシアの原発で破局的な事故が発生すれば、インドネシアだけでなく、周辺国であるシンガポール、マレーシア、ブルネイ、タイなどの東南アジア諸国にも深刻な影響が及ぶという専門家の指摘があります。


ベトナムの原発計画・関連情報サイト
ベトナム原発建設予定地を調査

国際環境NGO FoE Japan 」サイトより


安全性への危惧をよそに進むベトナムの「原発」開発計画
同記事に「計画では、2021年までに1基目の原子炉を稼動させ、30年までに14基 建設する」などの記述があります。

現代ビジネス [ 講談社 ] 」サイトより


「石炭火力発電所は増やさない」ベトナム首相、原発は続行

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


ベトナム、国内初の原発建設を白紙撤回へ - 米紙

中国の原発、ベトナム国境近くに建設。懸念広がる
同記事に「広西チワン族自治区防城港市の原発はベトナムの都市モンカイから わずか60キロに位置している」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


高速増殖炉とは
高速増殖炉の危険な特徴
高速増殖炉の危険な特徴として、同記事には「核暴走(核爆発)事故を起こしやすく、暴走の速度も速い。冷却材に使うナトリウムは水に触れると爆発し、空気に触れると燃える。 猛毒のプルトニウムを燃料にし、それを増やす。 構造的に無理があり、特に地震に非常に弱い 」という記述があります。

世界の高速増殖炉開発の現状

さよなら原発 神戸ネットワークHome Page 」より



ナトリウムは水と反応して爆発するという性質を持っています。危険な性質を持つナトリウムとプルトニウムの組み合わせは最悪の組み合わせであるという専門家の指摘があります。

地震による細管の破損でも、津波の水とナトリウムが反応しても、福島原発のような状態には決してならずに、瞬時にプルトニウムを爆発的に放出する破局的事故につながります。

高速増殖炉は先進国の多くの国が撤退をしていますが、インドのように積極的な国もあります。
(インドでは7基の高速増殖炉が計画)


【関連情報サイト】


India/Country Profiles (英語)
地図の下「 INTERACTIVE INDIA FACILITIES MAP 」をクリックすると、インドの核、生物、化学兵器、ミサイル基地などの関連施設の地図があります。

China/Country Profiles (英語)
地図の下「 INTERACTIVE CHINA FACILITIES MAP 」をクリックすると、中国の核関連施設の地図があります。

South Korea/Country Profiles (英語)
地図の下「 INTERACTIVE SOUTH KOREA FACILITIES MAP 」をクリックすると、South Koreaの核関連施設の地図があります。

North Korea/Country Profiles (英語)
地図の下「 INTERACTIVE NORTH KOREA FACILITIES MAP 」をクリックすると、North Koreaの核、生物、化学兵器、ミサイル基地などの関連施設の地図があります。

Nuclear Threat Initiative 」サイトより (英語)


チェルノブイリ原発事故による放射性物質汚染の地図
L'empreinte de Tchernobyl (仏語)

Le Monde diplomatique 」サイトより (仏語)


核実験による大気の放射性物質汚染
2006年10月9日、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の核実験による放射性希ガス(キセノン133)が日本にも到達しました。特に北海道は北朝鮮の核実験場の真横に位置しているため、高濃度の放射性希ガスが通過しました。
2009年5月25日の核実験は前回よりも規模が大きく、さらに風向きなど気象の悪条件が重なったため、日本の広い範囲が高濃度の放射性希ガスに包まれてしまいました。

北朝鮮の核実験の際、カナダで放射性希ガスが検出されたという海外の報道がありましたが、日本では報道はされなかったようです。

当サイトは、いち早く北朝鮮の核実験による日本の放射能汚染に関する画像とリンクを掲載。※最初の核実験時は、3作目の現サイトの前身である2作目のブログ(現在は閉鎖)に掲載。


北朝鮮の核実験(2006年10月9日)放射性希ガス(キセノン133)の汚染地図

北朝鮮の核実験による放射性希ガスの分布地図(2006年10月9日)

The CTBT verification regime put to the test - the event in the DPRK on 9 October 2006.
Hypothesized dispersion of radioactive noble gas Xenon 133 shown one (a), two (b) and (c) 10 days after the declared nuclear test.

[ 出典 ] CTBTO Preparatory Commission:Page 2 (英語)

CTBTO Preparatory Commission 」サイトより (英語)



CTBTO のサイトでは上記の地図画像のほか、下記では北朝鮮による核実験の放射性希ガスの拡散する様子を動画で見ることができます。

2009 DPRK Announced Nuclear Test (英語)
※左下の「 Atmospheric Transport Modelling for Xenon 133 plume 」の上の画像をクリックすると北朝鮮の核実験(2009年5月25日)による放射性希ガスが拡散してゆく様子が動画で見られます。

DPRK's 2009 announced nuclear test (英語)
※右下の「Click for animation 」をクリックすると北朝鮮の核実験(2006年10月9日)による放射性希ガスの拡散してゆく様子が動画で見られます。
(animation:A method called atmospheric transport modelling is used to calculate the potential trajectory of an airborne radioactive particle - here the dispersion of the radioactive noble gas Xenon 133 after the 2006 DPRK nuclear test.)


原発と環境放射性物質
茨城県つくば市における大気中の放射性希ガスの観測

人工放射性降下物(死の灰のゆくえ)

気象庁 気象研究所 」サイトより



原発や再処理工場の増加にともない、これらの核関連施設などから放出される放射性物質も増加傾向にあります。

再処理工場と放射性物質
地下核実験で放出される放射性物質よりも、日本国内の原発から放出される放射性物質のほうが はるかに多く、とくに再処理工場から放出される放射性物質は原発と比較すると膨大とされています。

【関連情報サイト】


核燃料は「リサイクル」できる?

よくわかる原子力 原子力教育を考える会 」サイトより


再処理工場とは?

米・魚からプルトニウム?

トリチウム (水素-3、3H)
同記事に「六ヶ所村では、年間800tの使用済核燃料を処理する予定で、排水中に1.8京ベクレル(1.8×1016Bq)、排気中に1,900兆ベクレル(1.9×1015Bq)が放出される」

「カナダで開発されて韓国に導入されているCANDU (Canada Deuterium oxide- Uranium) 炉では重水(D2O)を減速材としているために大量のトリチウムが生じる」などの記述があります。

原子力資料情報室(CNIC) 」サイトより


「プルトニウム再処理は危険で高コスト 1」

「プルトニウム再処理は危険で高コスト 2」

「プルトニウム再処理は危険で高コスト 3」

WIRED.jp 」サイトより


核シェルターについて
近年の原子力発電所の放射性物質漏れ事故などの不祥事、北朝鮮の核実験や原発震災以降、核汚染事故や核戦争などに備える目的などで核シェルターへの関心が高まっており、実際に核シェルターを設置する富裕層も増加しています。

核シェルターが必要になるケースとしては、居住国や近隣・周辺国に原発や核関連施設が存在する。居住国や近隣・周辺国が核保有国である。核保有国から敵視されている。仮想敵国などの理由で核兵器の標的になっている。....などの理由が考えられます。

核シェルターは ある程度まとまった資金が必要ですが、実際に核シェルターが必要になるような状況を考えた場合、放射性物質を含んだ空気を漉過する機械の故障、生活に必要な水や食品、エネルギーなどの備蓄や長期間の安定供給面。病気の際の医療。外出中に被災。自宅以外の街や国が壊滅したときの孤独感.....。核シェルターを検討する際には、これらの点を突き詰めて考える必要もありそうです。

一方で、費用対効果を考え、地政学的見地から原発や核兵器保有国から遠く離れた安心して暮らせる国へ海外移住をするというのも選択の一つであり、実際に海外移住するケースもあります。海外移住のためには長期滞在を可能にするビザが必要になりますが、核シェルターを購入する予算の範囲内でリタイアメントビザや長期滞在ビザなどが発給される国は比較的多く存在します。

核シェルターの不要な国、核シェルターが必要な国.....。安心して生活できる国、家族や子供を守れる国という観点から居住国を考えた場合、どちらが最適なのでしょうか。


【関連記事】


永住権の取得 申請条件

移住の方法

地政学の世界地図

西南日本の超巨大地震

超巨大地震の世界地図

地震分布の世界地図



21世紀 核時代 負の遺産(中国新聞) 」サイト


Nuclear Waste (核廃棄物) (英語)

Worldmapper 」サイトより (英語)


使用済み燃料の処理・処分

よくわかる原子力 原子力教育を考える会 」サイトより


放射性物質ミニ知識
代表的な放射性物質の性質や半減期など

原子力資料情報室(CNIC) 」サイトより


【関連記事】


海洋汚染の世界地図
(核廃棄物の世界地図により核廃棄物の海洋投棄場所が一目瞭然)



節電には「金額」より「健康問題」が効果的、米研究

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


大気汚染の世界地図



太陽が地球に与える影響~巨大フレアと地球寒冷化を考える
同記事に「過去の記録から判明しているフレアの規模ごとの発生頻度を見てみましょう。Cの10倍がM、Mの10倍がXです。

・Cクラス=1年に1000回
・Mクラス=1年に100回
・Xクラス=1年に10回
・X10クラス=1年に1回

実は、X10クラスにとどまらず、X100、X1000といったクラスのフレアが起こる可能性もあるのです。これらを「スーパーフレア」と呼びます。

従来、スーパーフレアは原始星で起こるもので、すでに壮年期に達した太陽とは関係ない、と考えられていました。

しかし、私たち京都大学のグループが、 X100、X1000クラスのフレアが148個の太陽に よく似た星で365回起きていることを発見したんです。

それにより、これまで「スーパーフレアは太陽とは無縁」という常識が覆った」

「私たちの観測でも、スーパーフレアの発生頻度は800~5000年に1回なので、すぐに起きるというわけではありません。

しかし、1000年に1回程度といわれる大地震が私たちの身近で起きたのですから、決して「遠い未来の話」で片付けはいけないでしょう。

たとえば、X1000クラスのスーパーフレアが発生したら、どんなことが起きるのかシミュレートしてみると、こうなります。

地上の各地で電波通信障害が発生、運行中の旅客機は目的地の空港と連絡がとれず立ち往生する。

国際宇宙ステーションの中の宇宙飛行士は、大量の宇宙放射線を浴びたので、非常に危険な状態だろう。

放射線の影響は人工衛星にも及び、ほぼ すべてが使用不可能に。カーナビも携帯電話も使えない。

さらに、大規模な停電が発生。夜は真っ暗になった。文明の利器に頼った都市は大混乱に陥る。

最も心配されるのは原子力発電所。電源が喪失してしまった状態で、どれだけの時間、持ちこたえることができるのか......」などの記述があります。

WAOサイエンス パーク 」サイトより


2012年に世界は一度終わりかけていた!太陽嵐で

巨大太陽嵐が地球を襲うと どうなる?

ギズモード・ジャパン 」サイトより


太陽のスーパーフレアで地球滅亡

「8世紀に超巨大太陽フレア」:新しい分析
同記事に「名古屋大学のチームは今年6月、屋久杉の年輪を測定した結果から、西暦774年に宇宙線が急増したと発表した。

そして このほど、もし原因が太陽フレアだとするなら、規模は記録上最大だった1859年の太陽嵐の20倍だという計算が発表された」などの記述があります。

あらゆる電子技術の脅威「強力な太陽嵐」が また来る

WIRED.jp 」サイトより


【図解】太陽フレアとは

2012年の強力な太陽風、地球をニアミス NASA
同記事に「2012年に地球のそばをかすめた強力な太陽風は、地球を直撃していれば「現代文明を18世紀に後退させる」ほどの威力があるものだったと、米航空宇宙局(NASA)が発表した」

「太陽風は「そのような事象を測定するためにほぼ理想的な装置を搭載した」NASAの太陽観測衛星「ステレオA(STEREO-A)」を直撃した。

ステレオAが収集したデータを科学者らが分析した結果、その太陽風は、これまで知られている中で最大規模だった1859年の「キャリントン・イベント(Carrington Event)」と呼ばれる宇宙嵐に匹敵するものだったことが分かった」などの記述があります。

「ねじれた縄状」の磁場出現、太陽嵐予測の手掛かりに
同記事に「米航空宇宙局(NASA)の7月の発表によると、2012年7月23日に地球のそばをかすめた太陽嵐は過去150年間で最も強力なもので、直撃していれば「現代文明を18世紀の それに後退させる」ほどの威力を持っていたとされる。だが この危機的状況に気付いていた人は ほとんどいなかった」などの記述があります。

猛烈な太陽嵐発生、電力網や衛星に障害の恐れ

欧州初「宇宙天気」センター発足、太陽嵐への警戒強化へ

宇宙天気とは何か

AFPBB News 」サイトより


太陽フレアの1万倍、赤色矮星で起こった最強のスーパーフレア

アストロアーツ:AstroArts 」サイトより


スーパーフレアは やはり太陽で起こる可能性がある
同記事に「研究チームはケプラーのデータから約150個のG型主系列星を解析し、キャリントン・フレアのさらに100~1000倍にも及ぶスーパーフレアが起こっていることを2012年に発見。

その後、さらに研究は進み、スーパーフレアの頻度は800~5000年に1度の頻度で起きていることがわかってきた」などの記述があります。

マイナビ ニュース 」サイトより


【関連記事】


宇宙放射線・地磁気



放射性廃棄物の処理で利益を上げる企業「Kurion」とは?
同記事に「Kurion(キュリオン)」は、放射性廃棄物や有害廃棄物の処理に関する事業を専門に行う企業です」

「わずか数年の間にKurionが放射性廃棄物の処理分野で これほどまでに成長できた要因として挙げられるのは、これまでに何度も「人と反対の行動を取ってきた」ことと、常に「アウトサイダー」であったということだそうです」

「現在、世界中で大量の化石燃料が使用されています。2007年から2008年中旬までに、原油価格は倍以上に高騰しましたが、これは化石燃料が有限の資源であるからです。

しかし、世界人口は増え続けており、経済成長を遂げる国々の登場で より多くのエネルギーが求められているのは明らか。

また、化石燃料には地球環境に悪影響を及ぼすという側面もあるため、「これに取って代わる安価なエネルギー源を開発すること」が大きなビジネス チャンスにつながることは明白です。

実際、エネルギー産業では化石燃料に取って代わる新しいエネルギーの開発レースが勃発しており、太陽光やエタノールを用いた研究などが活発に行われています。

そんなエネルギー産業で、核エネルギーを用いる原子力発電は有望なエネルギー源と考えられていました。

しかし、核エネルギーの源となる「ウラニウムの採掘ビジネス」は詐欺師で あふれかえっており、ウラニウムを使って発電を行うにしても、小型のモジュール炉を作るだけで非常に高額な費用がかかり、その上 発電すれば放射性物質が出てくるというリスクを負う必要もあります」

「そんなエネルギー産業への参入をもくろんでいたKurionは、「エネルギー産業が成長したときと縮小したときに、どのような未来が待ち受けているのか?」を調査すべく、専門家 約300人にインタビューを行い、徹底的な市場調査を行ったそうです。

さらに、あらゆる研究レポートを読みあさり、関連知識をメキメキとつけていった模様。その中で、Kurionは世界中に なんと440もの原子炉が存在することを知ります。

さらに、これらはアメリカの核爆弾製造産業と同規模の市場であることにも気づきます。

加えて、原子力発電産業は「発生する廃棄物を どう処理するか?」「第2のチェルノブイリ原発事故が起きたら どう対処するのか?」という大きな課題も抱えていたことにもKurionは気づいたそうです。

さらに追加で、アメリカのエネルギー省が公開している情報から、アメリカでは放射性廃棄物の処理に年間で60億ドル(約7000億円)もの費用をかけていることを知ります」

「当時は まだ最先端の科学・技術が ほとんど導入されていなかったそうで、それらの状況を踏まえてKurionは「最先端技術を駆使した放射性廃棄物の処理を専門とするスタートアップ」となることを決意した模様」などの記述があります。

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


キノコは世界を救う。汚染浄化,新素材,テラフォーミングにも

ギズモード・ジャパン 」サイトより


【関連記事】


資源分布の世界地図



人生の分水嶺は「瞬間」の判断と行動に宿る - 1

人生の分水嶺は「瞬間」の判断と行動に宿る - 2
同記事に「重要なことは、この「瞬間の判断」に、その後の人生が大きく左右されることがある、ということです。

右の道を選ぶか、左の道を選ぶか、あるいは そのまま直進するかといった あなたの選択は「いま、目の前で起きている問題」だけではなく、その後 長く続いていく あなたの人生全体を左右する、重要な決断かもしれないのです」

「私たちが「瞬間の判断と行動」によって得るもの、あるいは失うものというのは、あなたの人生の「流れ」そのものといっても過言ではありません。

ある瞬間に右の道を選ぶか、左の道を選ぶか、あるいは直進するか。それによって、あなたの人間的成長は大きく左右される。

あなたの人生の運の流れ、力の流れは、文字どおり「瞬間」に支配されているのです。

一見ささいな やりとりにすぎない瞬間にこそ、人生を変える力が宿っている。すべては いま、この一瞬に決まっているかもしれないのです」

「あなたの人生全体に目を向けるのであれば、ある「瞬間」に あなたが どう行動するかということは、極めて大きな意味を持っていることが少なくありません。

「覆水 盆に返らず」という言葉がありますが、ある瞬間を逃すと取り返しのつかないことというのが、人生にはある。

誤解を恐れずにいえば、私たちが過ごす日常の「瞬間」には、人生が なぜか うまくいく人と、なぜか うまくいかない人を分ける分水嶺があるのです。

もし そうだとすれば。私たちは どのように、そうした「人生の決定的な瞬間」に向き合っていけばいいのでしょうか?」などの記述があります。

東洋経済オンライン 」サイトより


これからの時代に求められる、「深速思考」とは?

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


「自由意志」は存在する(ただし、ほんの0.2秒間だけ)
同記事に「これまで行われてきた数々の研究では、人間に「自由意志」など存在せず、脳が決定を下したのちに それが「自分の意志」として意識にのぼるのだ、という衝撃的な結果が発表されてきた。

ならば、脳内のニューロン発火が、われわれの動作の ほとんどを決めてしまうというのだろうか? すべての思考や記憶、夢や希望までも?

真実は もしかすると、自由論と決定論の狭間に位置するのかもしれない。

ドイツのベルリン大学附属シャリテ病院による脳科学の最新研究は、長らく議論になっていた哲学的難題に、少しだけ希望を与えてくれる。

もったいぶらずに研究結果を言ってしまうと、人類の自由意志は幻想ではなく、確かに存在する──ただし、ほんの0.2秒という わずかな間だけだが。

自由意志に関する論争を巻き起こした実験は、1983年に さかのぼる。アメリカの生理学者ベンジャミン・リベット(1916 - 2007)は、われわれが とある動作をしようとする「意識的な意思決定」以前に、「準備電位(Rediness Potential)」と呼ばれる無意識的な電気信号が立ち上がるのを、脳科学的実験により確認した。平均的に、われわれが「動作」を始める約0.2秒前には、「意識的な決定」を表すシグナルが現れる。しかし われわれの脳内では、「意識的な決定」を示す電気信号の約0.35秒前には、それを促す無意識的な「準備電位」が現れているのだ。

つまり、われわれが「こうしよう」と意識的な決定をする約0.35秒前には、すでに脳により決断が下されていることになる。

皮肉なことに、リベットの実験は、決定論を支持する人々によって、「自由意志とは幻想である」という科学的な根拠とされた。

しかし、われわれの脳は、いかなる理由からか、自由意志をもつという揺るぎのない感覚を生じさせる。

その感覚自体、脳により押し付けられた信念に ほかならないのだろうか?(ここで「決定論」と「運命論」とを混同してはならない。

決定論とは一般的に、ある出来事は その出来事の原因によってのみ条件付けられる、というのに対し、運命論は人間の意志とは無関係に出来事が あらかじめ決められている、という点で異なっているのだ)。

以来、数多くの研究が、人間の自由意志を否定する実験結果を発表してきた。とくに興味深いのは2008年に発表された研究で、自由意志は幻想だという情報を与えられた被験者は、モラルに反する動向を示すことが多くなるということである。

2016年2月に発表された最新研究では、人は自由意志の存在を疑うと、不正行為に走り、他人に協力することをやめる、といった傾向が強まることも報告されている。

どうやら人間は、自由意志への信念を捨てると、自分を倫理的責任を問われる存在だとみなさなくなる傾向にあるらしい。決定論を受け入れると、われわれは心の奥底にある闇の部分に おぼれてしまうようだ。

しかし本当に、われわれの感覚が告げる「自由な選択」とは、無意識下で形成された脳の化学プロセスに過ぎないのだろうか?

実は論争を巻き起こした論文の数年後に行われたリベットの実験では、多くの場合、被験者は「準備電位」と「意識的決定」の わずかな間に、動作を「拒否」する選択をすることができたという(ただし、このときの実験では、被験者らが事実、「決断」をした後に拒否ができたのか、それとも「意図」や「衝動」といったものの類を拒否したのか曖昧なところが問題とされたのだが)。

リベット自身は、この実験結果を「自由意志の証拠」として捉えていたようだ」

「今回の実験によって示されたのは、まさに脳からの司令を拒否するのは可能だということである。ただし、後戻りできないポイントというのは確かに存在する。

実験では、ボタンを押す約0.2秒前までならば、動作を中断、または拒否することが可能であったという。0.2秒を下回ると、ボタンを押す動作は止められなかった。

つまるところ、生体的な脳の決断後には、われわれの自由意志が入り込む隙があるということだ。

脳は、現在の問題を素早くインプットし、過去の記憶や経験により形成された配線を通して、決断としてアウトプットする。

脳が経験した過去の全てを知り得たならば、予測することが可能だろう生体的判断は、「意識をもつ われわれ」によって拒否できるということだ。人の決断は、脳が用意する準備電位の なすがままではない」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより



自然界の第5の力、発見か

ギズモード・ジャパン 」サイトより


物理の常識を覆す「第5の力」

WIRED.jp 」サイトより



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ緻密な情報、厳選リンクも満載