【海外生活】海外生活に重要な治安・物価・税制・ビザ等の国別情報

海外移住とパスポート

海外旅行や海外移住など海外渡航の際にはパスポートの取得が必要です。


【パスポート・関連情報サイト】


パスポートの申請から受領まで

パスポートAtoZ

パスポート担当窓口一覧表

渡航関連情報

外務省 」サイトより


Passports.io 」サイト(英語)



旅券法

法 庫 」サイトより



      ★ 更新情報|海外移住の地図帳 ★


このページに「ふりがな」(ruby)を付ける

ひらがな めがね 」サイトより



感動的な経験をすることで将来の記憶形成が強化される

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


出入国カード・出入国書類・渡航書類の書き方
各国 出入国書類の書き方

各国 出入国書類の書き方( 英語記入例 )

日本航空 ( JAL ) 」サイトより


世界観光情報
他国へ入国される際、出入国カード ( EDカード ) や税関申告書の提出が必要な国や地域の書式記入例など。

旅っ子.コム 」サイトより


入国審査の質問に英語で なんと答えればいい?

All About (オールアバウト) 」サイトより



米国行き国際線、乗客の審査強化 搭乗手続き前に面接

米ホノルル、「スマホ見ながら道路横断」に罰金 新条例施行

観光客激増のパラオ、入国時に環境配慮の誓約書に署名義務付け

AFPBB News 」サイトより



入国の際に結核に関する質問がある国では、結核患者は入国拒否の対象となるため、注意が必要です。

また、国によっては、学生ビザ、就労ビザ、永住権などの申請の際に、結核患者の場合、申請が却下され、ビザが取得できない事例があります。


【関連情報】


結核の旅行医学
同記事に「患者数の多い22の国で全世界で発生する結核患者の80%を占め、WHO は22の結核高負担国と呼んでいる」

「世界中の結核罹患率は人口10万対139と高く、患者数そのものは人口増加のため、いまだ上昇中である。

地域的には東南アジアおよびサハラ以南のアフリカ諸国で罹患率が高い国が多く、これらの国ではHIVとの二重感染者も多い」

「最近、多剤耐性結核患者および超多剤耐性結核患者が長時間航空機に搭乗したことが相次いで判明し、WHOは2008年に航空機旅行における結核予防のためのガイドラインを公表した」

「旅行で結核感染を受けないための対策として、可能であれば結核蔓延国への旅行や、結核感染を受けやすい環境を極力避けることが重要である」などの記述があります。

日本 旅行医学会 」サイトより


【関連記事】


結核分布の世界地図


観光ビザの要否・観光ビザが必要な国、免除国と滞在期間
海外旅行の際には観光ビザが不要な国と必要な国があります。


どの国に行くのにビザが必要かを地図で確認できるサイト

もっとも安い航空券を見つけるための5つのサイト

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


査証(ビザ)要否・旅券(パスポート)残存有効期間

近畿日本ツーリスト 」サイトより


入国時に査証を必要としない場合について

外務省 」サイトより


必要なビザとパスポートの残存期間

海外赴任navi 」サイトより



2017年10月からオーストリアで施行される覆面禁止法について
同記事に「10月1日から適用されるオーストリア国内にいる人々対象の法律。

公共の場(バス、鉄道、航空・海上交通を含む)において顔が認識出来ない格好を禁止とするもの。

違反者は最高罰金150ユーロに課される。警告に反した場合は連行される可能性も」などの記述があります。

地球の歩き方「特派員ブログ」 」より


【関連記事】


世界の治安・安全情報

大気汚染の世界地図

結核分布の世界地図

感染症対策・世界分布

鳥・豚インフルエンザ



「パスポート自由度ランキング」発表=日本は4位

日本が訪日客の入国審査を出発地の空港で行うシステムを開始
同記事に「空港では入国審査を待つ外国人客で長蛇の列ができるという現象も起きている」

「旅行客は搭乗前に入国審査を済ますことができ、時間が大幅に節約できる」などの記述があります。

ブラジルの空港で中国人に特別審査
同記事に「ブラジル連邦警察は このほど、中国人の偽造ビザでの入国を防止するため、中国人専用の入国審査レーンを設けた」

「ブラジル連邦警察は この問題について、「中国人が偽造ビザで入国するケースが増加しているため」と説明している」などの記述があります。

トルコで中国人98人が偽造パスポート所持発覚、全員強制送還

偽名使い分け、複数ポスポート所持...海外逃亡の中国汚職官僚

「中国人旅行者は税関で本当のことを話しなさい」、入国拒否されるケースが増加
同記事に「2017年9月29日、米華字メディア・美国僑報網によると、トランプ大統領就任後の米国では移民政策が一層厳しくなっており、虚偽申告が見つかって入国拒否される観光客が増えているという」

「母親は滞在期間を3カ月としておきながら、ホテルの宿泊予約を1日しか入れていなかったことに移民局が疑問を持ち、入国を認めなかった可能性があるという。

ロサンゼルス国際移民弁護士事務所のアレン弁護士は「仲介業者が米国内に親戚がいることを書類に記入していなかったが、母親は入国管理官から質問を受けた際に正直に娘が米国にいると話したことで疑われた。しかも、ホテルを1日しか予約していなかったことで不審さが増し、入国拒否された可能性が高い」と指摘した。

同弁護士は、「米国の入国管理官には必ず本当のことを話し、ウソをつかないこと。

そうでないと問題が見つかって強制送還されるうえ、10年間入国できなくなる可能性もある。

この母親の場合、最初から米国に親戚がいることを書類に記入していて、なおかつ母親自身の経済状況が十分に裕福であれば入国拒否されなかったかもしれない」などの記述があります。

所持金が足りないから?タイ当局が中国人ツアー団を入国拒否

中国人留学生が米国で入国拒否、原因は「授業での成り済まし」

国籍欄に「香港」と記入した香港記者、マカオ入り拒否される

韓流アイドルと名が そっくりの韓国団体が米国で入国拒否

パリ同時多発テロを受け、EUが出入国審査強化で合意へ

「台湾国」のシール貼ったパスポートで入国拒否が相次ぐ
同記事に「台湾のパスポートの表紙の「中華民国」の文字を覆い隠すように「台湾国」と印字されたシールを張り付けて他国の入国審査を通過しようとする台湾人が入国を拒否されるケースが相次いでいる」

「シンガポールで「台湾国」と書かれたシールを貼り付けたパスポートで入国しようとした台湾人が入国拒否された。

台湾外交部は、同様の例が ここ最近3件あったとし、そのうち2件では、入国を拒否された後にシールをはがして見せたものの、やはり入国を拒否されたという」

「台湾の政治家・呂欣潔(ルー・シンジエ)氏がフェイスブック上で自身の経験を明かした。

呂氏がオランダの入国審査で「台湾国」のシールを貼ったパスポートを見せると、別室に連れて行かれシールをはがすよう求められた」などの記述があります。

台湾女性、アイスランド滞在許可書 中国籍 訂正求め無国籍に

カタールの航空会社,台湾人乗務員の国籍を中国人に変更を要求

「中国人1000万人が日本に行ったら どうなる?」
同記事に「行き着く先で環境を破壊して行く中国人が1000万人 日本に行ったら どうなると思う?途端に『小さい中国』の出来上がりだ」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


世界最強のパスポートはシンガポール,アジアの国が初の1位

AFPBB News 」サイトより


インドネシア国軍司令官、米入国を拒否される
同記事に「在インドネシア米国大使館によると、ガトット氏は米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長の招待を受け、23、24の両日に米首都ワシントンで過激派との戦いについての会議に出席する予定だった。

インドネシアのCNN系列局によれば、同氏は21日夜、夫人とともに首都ジャカルタからエミレーツ航空機に搭乗し、ワシントンへ向かうことになっていた。

ところが一行は離陸直前、米税関・国境警備局(CBP)から入国を拒否するとの通知を受けた」などの記述があります。

CNN.co.jp 」サイトより


Passport Index - World's passports in one place. 」サイト (英語)


Passports of the world 」サイト (英語)
( 世界各国のパスポートが見られるインタラクティブ サイト )



カナダ,2016年3月15日からビザなし渡航者の事前認証を義務化

米国、ビザ申請者のSNS履歴と通話記録の開示求める可能性示唆

トランプ政権関係者、入国制限の対象国拡大と審査厳格化を示唆
同記事に「ドナルド・トランプ(Donald Trump)米政権関係者は2017年9月22日、イスラム圏6か国からの入国禁止令の有効期限が24日に切れた後、さらに多くの国々を入国手続き厳格化の対象とする可能性があることを示唆した。

ホワイトハウス(White House)と国土安全保障省の関係者らは、入国制限措置について50日にわたる再検討を行ったところ、潜在的なテロの脅威を特定する上で米国の基準に満たない、あるいは満たす意思がない国が多数あると判断したと述べている」

「関係者らは、対象となる国名、または具体的な数については明らかにしなかった。

しかし新たな大統領令が施行された場合、携帯電話の情報やソーシャル メディアのアカウントの開示など、ビザ申請者の審査の厳格化から無期限の渡航禁止まで「多種多様」な入国禁止措置が導入される可能性があると述べている」などの記述があります。

米国の空港、2016年末までに税関申告書を廃止へ

米国へのビザ免除国、3分の1が渡航者犯罪歴を未報告

米トランプ政権、入国制限で方針変更「永住者は適用外」

米国、6万人のビザ取り消し トランプ氏の入国禁止令で
同記事に「ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の命令を受け、6万人弱のビザ(査証)を無効化した」

「各地の空港では、大統領令の発令後の数日間で多数の渡航者が有効なビザや永住権を持っているのにもかかわらず身柄を拘束され、その多くが出発地へと送り返されていた」などの記述があります。

「入国規制は違憲」 全米15州と首都の司法長官が非難声明

トランプ氏の大統領令、各地で影響 米空港での拘束や搭乗拒否

新疆ウイグル自治区の一部地区住民、旅券申請でDNA提出義務化
同記事に「中国当局はイスラム教徒が多数を占める新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)の一部地区の住民に対し、旅券(パスポート)発給など渡航関係の書類を申請する際にDNAサンプルなどの提出を義務化した」

「渡航関係書類を申請するために、指紋、声紋、「3D画像」を警察に提出しなければならない」

「要件を満たさない人は書類の発行を拒否される」などの記述があります。

中国、新疆ウイグル自治区の全住民に旅券引き渡しを義務付け

タイ政府、国外逃亡したインラック前首相の旅券を無効に

ネパール、トランスジェンダー用パスポートを初発給

EU市民であり続けたい...英でアイルランドの旅券申請急増

EU離脱の英国、アイルランド旅券の申請数が前年比2倍に

英ドーバー港で15時間待ち大渋滞、仏入国審査の厳格化で

ズボンにレモン6個 隠した女性、NZ税関が香港へ強制送還
同記事に「厳格な動植物防疫法を持つニュージーランドに、ズボンの中にレモン6個を隠して違法に持ち込もうとした女性が、香港(Hong Kong)に送還された。

ニュージーランド・オークランド(Auckland) の空港で2016年3月21日、入国者をチェックする探知犬がレモンの密輸を発見した。

レモンを持ち込もうとした女性は、自家製の肝臓治療薬のために必要だと主張。

だが税関当局者は、レモンの持ち込みは国内作物の保護のために法で禁じられていると淡々と語り、女性を次の帰国便に乗せた」などの記述があります。

愛猫をハンドバッグに隠して入国試みる,NZ空港で女を強制送還
同記事に「ニュージーランド北島(North Island)のオークランド(Auckland)国際空港で、大の猫好きのカナダ人の女がペットの猫をハンドバッグの中に隠して「密入国」させようとする事件があった。

ニュージーランドの第一次産業省が2016年12月22日、明らかにした。

女は身柄を拘束され、直ちにカナダに送還されたという。

女はカナダ・バンクーバー(Vancouver)から15時間の空の旅を経て、21日にオークランドに到着。

税関では持ち物は汚れたブーツだけだと申告し、ハンドバッグの中に隠した愛猫には言及しなかった。

しかし、税関職員がハンドバッグのX線検査を要求したため、猫の存在は あっさり発覚してしまった。

ニュージーランド当局は、厳格なバイオセキュリティー法を かいくぐろうとした「非常に ばかげた密輸の試み」で「故意だった」として、女を非難している」などの記述があります。

夫の携帯を無断チェックした妻、国外追放に UAE
同記事に「アラブ首長国連邦(UAE)で、夫の不倫を疑った妻が夫の携帯電話を勝手に調べてプライバシーを侵害したとして、罰金15万ディルハム(約450万円)と国外追放を命じられた。地元紙が報じた。

英字紙ガルフニューズ(Gulf News)によると、UAE北部アジュマン(Ajman)首長国の裁判所は2016年5月12日、夫の告訴を受けて開いた裁判で、サイバー犯罪法を根拠に妻に有罪判決を言い渡した。

妻側も起訴事実を認めていた。

妻側の弁護士によると、夫と妻はともに30代でUAE国籍だという」などの記述があります。

ガーナで偽の「米大使館」10年運営 ギャングがビザ偽造

サウジ、観光ビザ発給を開始へ 海外からの訪問客の増加を狙い

AFPBB News 」サイトより


【入国時の注意】


日本人の場合、観光のための入国ではビザが不要な国が多く海外旅行は便利ですが、そのほかの要件を満たしていないと入国が許可されないケースがあります。

たとえば、入国時に必要なパスポートの残存有効期限やパスポートの査証欄の余白ページ数、出国用の航空券の提示など、国によって異なる要件があり、要件を満たしていない場合は入国拒否リスクがあるため、事前に渡航する国の大使館などで調べてから渡航するようにしましょう。
※ 入国拒否の履歴があると、以降の入国や海外移住が困難になることがあります。



※各国の複数の入管職員の話を総合すると、査証免除プログラムや観光査証で出入国を繰り返す場合で、入国拒否=強制送還のリスクが高いのは、以下のケースといわれています。

1).片道航空券で入国。
   (第3国への出国用航空券、母国への帰国用航空券が無い)
2).比較的年齢が若い (10代後半から退職前にかけての年齢)。
3).滞在期間が長い。
4).頻繁な出入国。
5).出国から再入国までの間隔が短い。
6).年間の累積滞在日数が長期間。


入国拒否や強制送還の履歴が残ると当事国だけではなく、他国への入国も困難になることがあります。さらに、入国が困難になるだけではなく、リタイアメントビザや永住権の申請や取得も困難になるといわれています。

つまり、入国ができないということは海外旅行が困難になることを意味し、長期滞在可能なビザが取得できなければ、事実上、海外移住どころか日本を脱出することすらも困難になることを意味します。

海外に査証免除プログラムや観光ビザで出入国を繰り返したり、海外に長期滞在をしている日本人が急増していますが、このような方法で出入国を繰り返すと 不法行為を疑われ、入国拒否や強制送還になるリスクがあります。

複数の入国管理官の話によれば、実際に日本人が入国拒否や強制送還になる事例が、2011年以降に急増しているとのことです。



査証免除プログラムで入国する場合の入国日数(期間)は、入国審査官に与えられている裁量権により、入国審査官が判断します。

入国審査官の話を総合すると、査証免除プログラムで入国する場合は、入国の目的が「観光」に限られ、入国の日数が長い場合や出入国を繰り返す場合、入国の目的が単なる観光ではない、すなわち、観光目的ではない(目的外)と判断され、入国拒否や強制送還されてしまうことがあるようです。

入国審査官には裁量権があり、入国拒否・強制送還・刑務所への収監・ビザの即時 取り消しなどの権限が与えられているため、長期滞在が可能なビザを取得していても入国拒否を完全に防ぐ方法はなく、入国を100%保証することはできませんが、リタイアメントビザや永住ビザを取得することで入国拒否のリスクを軽減させることが可能です。
(これらの取得条件を満たせない場合は、学生ビザや大使館に申請するタイプの観光ビザ、ワーキングホリデービザなどを申請するという方法もあります。)

永住権などの長期査証の取得が入国拒否のリスクを軽減する理由と考えれれているのは、一般に永住権やリタイアメントビザなど長期滞在が可能なビザを申請する場合、無犯罪証明書や資産証明などの提出が要求されるため、相手国から信用がある程度証明されているからであると考えられるからです。

これに対し、観光ビザや査証免除プログラムでの入国者の場合は、無犯罪証明書や資産証明などの提出もなく、入国者を信用する判断材料が少ないためです。

(実際に不法滞在や不法就労で刑務所に収監されたり、強制送還される人の多くは、観光ビザや査証免除プログラムの入国者です。)


【関連情報サイト】


出入国とセキュリティ

外務省 海外安全ホームページ 」より
(海外危険情報、海外安全相談センター情報の検索、海外邦人援護統計など)


ノービザでのタイ国出入国繰り返し(ビザラン)禁止について
同記事に「2014年8月12日より、タイ国は外国人がビザ無しでタイへ出入国を繰り返し、タイ国へ長期滞在すること(ビザラン)を全面的に禁止します。(陸路・空路問わず)

タイへの再入国時に入国を拒否される可能性があります」などの記述があります。

タイ王国 大阪総領事館 」サイトより


タイでビザラン禁止令!ノマドワーカー、バックパッカーに衝撃
同記事に「日本人は これまでビザなしでのタイでの滞在が30日まで認められており、陸路でラオスやカンボジアなどの国境をまたげば誰でも簡単に長期滞在することが可能だった。

しかし、今回の発表は繰り返しでの長期滞在を全面的に撤廃するもので、今後、陸路でタイに入国できるのは1回のみとなる。それ以降はタイへの入国が拒否される」

「外国人への新たな入国審査ガイドライン:

1.陸路国境にて、観光目的ではないタイ王国での長期滞在目的ビザラン行為を禁止する。

2.空路にてビザラン目的での出入国と認められる場合、該当者には警告を促して適切な入国ビザを取得するように指導する」

「入国審査官が該当者をビザラン行為と判断した場合、入国を拒否する」などの記述があります。

タイ長期滞在の裏ワザ!ビザラン禁止でタイが変わる
同記事に「旅行者として観光ビザを取得し、失効日が近づくたびに近隣諸国への行き来を繰り返す。そうすることで、無期限に滞在許可を延長することができる。

今までのタイであれば何度繰り返しても問題が無かった。

しかし近年、アジア系の不法労働者などが急増したことでタイ軍事政権が この問題を指摘。

先日のイミグレーションの発表により、ビザランを目的の外国人の出入国は拒否されることが決まっている」などの記述があります。

anngle 」サイトより


ビザまめ知識 − ビザ トラブルとは何か

ビザまめ知識 − ビザ申請却下の事例と注意(その1)

ビザまめ知識 − ビザ申請却下の事例と注意(その2)

ビザまめ知識 − ビザ申請却下を回避するには

トラベル ビジョン 」サイトより


電子機器の機内持ち込み時は充電を:米国便セキュリティー対策

クウェート、すべての国民からの「DNA強制採取」を決定
同記事に「クウェートでは、すべての国民と、居住・訪問外国人に、DNAサンプルの提出を強制する法律が2016年11月に発効される」

「この法律は、すべての市民と居住外国人にDNAサンプルの提出を義務付けるもので、対象者は合計で およそ350万人に達する。

また、ペルシャ湾岸の小さな この国を訪れる すべての外国人も対象だ」

「このような法律が施行されるのは世界で初めてであり、批判も多い。

この法律がテロ対策の道具として効果的でないばかりか、データベースが盗まれたりハッキングされたりすれば、大規模なプライヴァシー漏洩の法的責任が問われる事態になる」

「だが、サンプルの提出を拒否した者には、禁固刑や約3万3000ドルの罰金を科せられる可能性があると『Kuwait Times』は報じている」

「すべての市民、住民、訪問者に対して政府へのDNAサンプルの提出を強制することは、正当な理由なく家宅捜索を行うのと同じだ」と、訴訟を起こした弁護士のアデル・アブドルハジは『New Scientist』に対して語っている」

「なお米国では、逮捕された人のDNAサンプルを警察が採取することは合法となっている」などの記述があります。

航空会社は、なぜオーヴァー ブッキングするのか

Wired.jp 」サイトより


テロへの警戒でアメリカ直行便の保安検査が、さらに強化

飛行機の搭乗券に「SSSS」とプリントされたら
同記事に「この「SSSS」とは、「Secondary Security Screening Selection:二次セキュリティ検査選択」の略で、この文字がプリントされた搭乗券を持っている乗客は、通常のセキュリティチェック以外の検査も受けるハメに......。

まずは別室に連れて行かれ、手荷物に入っているアイテムを一つずつ慎重に調べられ、爆発物がないかどうか厳しい検査を受けるらしい。もちろん、全身も くまなくチェックされる」

「どのようにして「SSSS」の乗客が選出されるかである。

米国運輸保安庁から正式な理由が発表されている訳ではないらしいが、片道航空券しか持っていない搭乗者や監視リストに載っている人物、その日のチケットを現金で買った乗客が選ばれる確率が高くなるのだとか。

また、無作為に選出されることもある」などの記述があります。

ロケットニュース24 」サイトより


搭乗券に「SSSS」のマークがあったら覚悟しておくべきこと
同記事に「SSSSは、「Secondary Security Screening Selection(二次的セキュリティー検査選出)」あるいは「Secondary Security Screening Selectee(二次的セキュリティー検査被選出者)」の略といわれています」

「SSSSの対象となる理由は、実にさまざまです。

友人の場合は、トラベルライターという職業柄、飛行機に乗る回数がとても多く、その点が「通常とは違う」と認定されたのかもしれません。

私は友人と一緒に、今回なぜ彼がSSSSの対象になったのか理由を推測してみました。

・ 直前になって予約した。

・ 国際線を片道で購入している。

・ 現金で料金を支払った。

・ 出発地が いわゆる「高リスク国」だった。

それとは別に、全く無作為に選ばれることもあるほか、ウォッチリストに名前がある人は、必ずSSSSの対象となります」などの記述があります。

飛行機に搭乗拒否の理由となる11の事項と、そうなった時の対策

定員超過時に飛行機から引きずり降ろされるのを防ぐ方法は?
同記事に「エコノミークラスで飛ぼうとしていて、フリクエント・フライヤー・プログラムに入っておらず、チェックインが遅い、という人が一番危険です」

「乗り継ぎの時間を短くすると搭乗拒否される可能性が低くなるかもしれませんが、フライトの遅延があると飛行機に乗り損ねるリスクに さらされます」

「デルタ航空のポリシーは、もう少しきちんと詳細を明記しています。「エリート」ステータス、ファーストクラス、ビジネスクラス、法人チケットは、それ以外より優先されます。

しかし、どれに属していようとも、「まず、サービスのクラスにより優先され、次にチェックインが早いほど優先されます」とも記されています。」

「アメリカン航空は、子どもや障がい者など、その便に乗れないと「困難」に直面すると思われる人たちを最優先しています。

次に、優先されるのは、ファーストクラス、ビジネスクラス、その他、と続きます。

この場合も、やはり「どのカテゴリーに属する乗客も、チェックインカウンターに来た順番で搭乗することになります」

サウスウエスト航空の場合は少し異なります。チェックインの順番でなく、「ボーディング・ポジション」を使っています。

「ボーディング・ポジション」とは、仮想の席の列の中で どこに席を取るかということです。

早くチェックインすると、良いボーディング・ポジションを取れるので、やはり早めにチェックインすべしというアドバイスは ここでも有効です。

良いボーディング・ポジションを手に入れることが唯一わが身を守る手段です」などの記述があります。

「TSAプレチェック」を使える航空会社が5社増加
同記事に「空港でのセキュリティ検査時間が短縮される、TSA(米国運輸保安局)プレチェック(およびグローバルエントリー)」「TSAプレチェックとは、空港でノートパソコンを出したり、ベルトを取り外したりする必要がなくなる制度のこと」などの記述があります。

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


海外旅行で強制送還!摩訶不思議な理由の数々

中国、外国人の新出入国制度発表、滞在地域外活動が不法滞在に
同記事に「新しい制度では、外国人が定められた滞在地域外での活動は不法滞在とみなされることになる」などの記述があります。

中国 新ビザ発給条例発表、外国人滞在者の間に不安広がる

韓国の空港、3年間で4万人に米国の指示でフルボディーチェック
同記事に「韓国の仁川国際空港は米国側の情報を基に、過去3年間で約4万人の乗客に対して、通常のセキュリティーチェックよりも厳しいフルボディーチェックを行っていた」

「この検査の対象になった乗客は、自分たちの知らないうちに搭乗券に『SSSS』の記号を記載された人々で、安全検査場の係官は この記号のある乗客にのみフルボディーチェックを行っている」

「SSSSとは Secondary Security Screening Selection の略で、高度セキュリティー対象者を意味する」「旅客機の安全航行を脅かす疑いのある者」などの記述があります。

韓国の税関に大量のテロ兵器、摘発件数が3年で3倍に

アラブの空港で「網膜スキャン」、対象は中国人観光客のみ

若い独身女性には特に注意、カナダ入国拒否の1割は中国系

中国から欧州への不法移民斡旋ネットワークを摘発

犯罪で強制退去の中国人、偽造パスポートで再入国が増加

韓国の仁川国際空港、犯罪件数が増加
同記事に「仁川国際空港では2015年、刑事事件が451件発生。うち窃盗事件が111件で24.6%を占めて最多だった。

さらに、遺失物の横領が62件、航空法違反案件が106件。

航空法違反のうち最も多かったのは、禁止された時間帯の喫煙行為だった。

機内での暴力行為は31件。ニセの外国紙幣使用、空港職員に対する妨害行為など、その他の犯罪行為が141件だった。

同空港での犯罪は2013年が383件、2014年が395件、2015年が451件。

2016年は8月までで216件起きており、年々増加している。

しかし、これに対して検挙件数、逮捕率が上がっていない」などの記述があります。

韓国で生まれ海外に養子に出された無国籍児は世界に2万人超
同記事に「韓国は世界11大経済大国に入るのに、依然として子どもたちを海外に送っている。

養子縁組機関は養子縁組の見返りに数億ウォン(数千万円)から数十億ウォン(数億円)の後援金をもらっている」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


米下院、ビザ免除制度の厳格化法案を可決

2015年、米空港で押収の銃器、過去最多に

AFPBB News 」サイトより


アメリカのビザ免除プログラムの条件変更で注意喚起
同記事に「アメリカは、2016年1月21日付で「ビザ免除プログラムの改定およびテロリスト渡航防止法」を施行しています」

「この法律は、日本を含むビザ免除プログラム参加国の国籍の方で、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、またはイエメンに渡航、または滞在したことがある方、もしくは、ビザ免除プログラム参加国の国籍と、イラン、イラク、スーダン、またはシリアの いずれかの国籍を有する二重国籍者は、ビザ免除プログラムを利用できず、非移民ビザの取得が必要となります。

ただし、国際、地域、政府機関の代表公務、人道支援を行うNGO、ジャーナリストの報道渡航、合法的な商用目的によるイラン、イラク渡航など、個々の審査により免除される場合もあります。

該当する場合、アメリカへの渡航前に大使館、領事館へ相談することが勧められています」などの記述があります。

FlyTeam(フライチーム)」サイトより


米国のビザ、Facebookへの投稿内容も審査してる?
同記事に「銃乱射事件とFacebookでの発言の関連性を受けて、米国土安全保障省は、現在のパイロット プログラムを強化し、正式な審査プロセスへと組み込む検討を開始。

プライバシーや人権の保護は尊重しつつも、ソーシャル メディアを活用する、新たなビザ審査システムの確立が目指されている」

「単に一般に広く公開されている情報のみならず、FacebookやTwitterに内部情報の提供を求める踏み込んだ審査の可能性まで指摘されています」

「ソーシャル メディアが実生活に及ぼす影響は、ますます深刻なものになってきている」などの記述があります。

豪、パスポートを生体認証テクノロジーで置き換える計画を発表
同記事に「生体認証の技術は たしかに飛躍的に発展しましたが、まだ不完全であり、安全性や人種差別の懸念、そしてプライバシー問題の面でも議論を よんでいます」などの記述があります。

飛行機内へのパソコン持込み、全面禁止となる可能性も...

ギズモード・ジャパン 」サイトより


【関連記事】


世界の治安・安全情報

地政学の世界地図


全身スキャナー
空港セキュリティーの観点から全身スキャナー(後方散乱式X線/バックスキャッター:Backscatter )を導入する国や空港が増えています。

現在、アメリカの一部の空港をはじめ、オーストラリア、オランダ、イギリス、カナダ、韓国などの空港で導入、または導入が検討、予定されてます。

放射線や電磁波の被曝による健康への悪影響の懸念やプライバシーの観点から問題を指摘する声もあります。
(透過された画像は、画像処理により、完全なヌード写真にすることが可能な機種があるようです。)


【関連情報サイト】


空港の全身透視スキャナー、人体への危険を科学者らが警告
同記事に「米国の空港でセキュリティチェックのために使用されているX線を用いた全身透視スキャナーについて、米国の科学者たちが人体に危険を与える可能性があると警告している。

米ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)医学部生物物理学科でX線研究室を率いているマイケル・ラブ(Michael Love)博士は2010年11月12日、AFPの取材に対し、「リスクは最小限だが、統計的には このX線によって皮膚がんを発症する人が出ることは ありうる」と述べた。

搭乗客や搭乗員に対して使用されているこの検査装置は、衣類の下の体の細部まで透視できる全身スキャナーで、米運輸保安局(Transportation Security Administration、TSA)が2007年に全米の空港に導入を開始した。現在、全米の65の空港で計315台が稼動しているが、景気刺激策の一環として得られた予算により、さらに450台を追加導入することになっている。

しかし、これまでにプライバシーの侵害だという議論がされてきたことに加え、今回のように健康に対する懸念の声もあがっていた。

4月には米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)の科学者たちが「深刻な健康リスクの可能性」について、ホワイトハウス科学技術局(Office of Science and Technology)に書簡を送っていた。

この中で同大の生化学者ジョン・セダト(John Sedat)氏らは、スキャナーのX線は皮膚を透過し、下層組織にまで至ると指摘し、「照射量は安全基準内であっても、全身に くまなく浴びることを考えれば、皮膚にとって危険な量に達するおそれもある」などの記述があります。

米空港、全身透視スキャンの強制可能に
同記事に「米政府はこのほど、必要とみなされる場合は航空機の搭乗客に全身透視スキャンを強制できるよう、運輸保安局(TSA)の運用規定を改定した。

オンライン・テクノロジー情報誌「スラッシュ・ギア(Slashgear)」によると、全身透視スキャナーは既に全米の空港に導入されて しばらく経つが、これまで乗客は触診による身体検査を選べば、全身透視スキャンを受けなくて良かった。

しかし、今後は状況により、検査官が一部の旅行者に全身透視スキャンを強制できるようになるという」などの記述があります。

英スコットランドの主要2空港、全身透視スキャンを導入

全身透視スキャナー対策、放射線をブロックする下着を開発

裸同然の画像表示する全身スキャナー、米空港から撤去へ

米空港、テロ関連人物を過去に雇用 事前特定できず

非番の米警官が拳銃所持したまま台湾に到着、空港検査に不備

AFPBB News 」サイトより


韓国の空港で「全身スキャナー」のセキュリティーチェック導入
同記事に「検査装置は22台設置される予定。乗客の全身にX線をあてて不審物がないかどうかを確認する」

「内外から「裸同然にされる。プライバシーの侵害だ。健康被害も懸念される」など批判が出ている。

韓国政府はこれまで、仁川、金浦、済州島、金海などの主要空港に、同検査装置を導入する方針を示していた。

同様の装置は米国、英国、オーストラリアなどの国際空港でも導入され、問題なく運用されているとしている」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


X線検査を行う TSA 職員、被曝の危険性に晒されている
同記事に「米国国土安全保障省( DHS ) は、米国国立標準技術研究所( NIST ) によりボディースキャナの「安全性が確認された」と公表しているが、NIST はボディースキャナの試験を行っていないとし、DHS の公表内容を否定している。

さらにジョーンズ ホプキンズ大学の調査によれば、ボディースキャナ周囲の放射線危険ゾーンは「一般公衆の放射線被曝量限度」を超えている」などの記述があります。

スラッシュドット・ジャパン 」サイトより


空港の全身ストリップ・ショーでDNAが損傷する

Natural News 」サイトより


空港で事実上のストリップ検査、「全身スキャナー」の基本
同記事に「全身スキャナーには2種類あります。

X線を利用するものと、ミリ波を利用したミリ波スキャナーです。

放射線を浴びることで、DNA損傷の恐れまた癌の原因にもなるため、特にX線による検査は有害とされています」

「サンフランシスコのカルフォルニア大学の科学者たちは後方散乱X線検査装置(全身スキャナー)に対する懸念を表明しています。

X線を通して衣服と皮膚を透過し、体まで到達した画像を得ることができるのですが、照射量は安全基準内であっても、全身に くまなく浴びることを考えれば、皮膚にとって危険な量に達する恐れもあると指摘しています」

「ミリ波を利用した全身スキャナーの健康への影響は?」

「ニューメキシコのロスアラモス国立研究所の研究者から、放射されるエネルギーが人間のDNAを損傷する可能性がある、という発表がありました。

ミリ波による検査装置は、身体体細胞を通過できる周波数の高いエネルギー粒子「テラヘルツ光子」を照射します。

テラヘルツ波は、「二本鎖構造のDNAをほぐし、二本鎖の中に気泡を生じさせる可能性がある。

これは、遺伝子発現やDNA複製などのプロセスを大きく妨害することになりうる」のだそうです。

つまり ミリ波スキャナーも、DNAを壊す恐れがあるということです」などの記述があります。

ギズモード・ジャパン 」サイトより


GW、空港全身スキャンの心構え
同記事に「検査の仕方は従来の金属探知ゲートと それほど変わらず、違うのはゲートの中で手を挙げて数秒間静止することくらい。

そんなに構える必要はないのか ――と思いきや、スキャナー体験者の話を聞くと それほど単純ではないらしい。

スキャナーに入って「アヤシイ」とされるのは、どうやらテロリストだけではないからだ。

ジャーナリストのサンドラ・フィッシュが米政治ニュースサイト「ポリティクス・デイリー・ドットコム」に寄稿した体験談には、ギョッとするような事実が書かれていた。

2010年2月、米デンバー国際空港でフィッシュの身に起きた出来事を引用すると――。

デンバー国際空港で従来のスキャナーを通過すると、TSAの男性職員が透明で円筒状の全身スキャナー (ミリ波を使用)に入るよう指示してきた。

女性職員が、黄色の足跡の上に立って両腕を頭の上に挙げるようにと告げ、ヘッドセットのマイクにスキャン開始を ささやいた・・・・・・彼女は私に、回転して緑の足跡の上に立ち、両腕を広げるようにと言った。

もう1度スキャン。彼女は私に、スキャナーから出て少し待つようにと告げた。

どこかの秘密の部屋で、ジーンズもカーディガンもタートルネックも すべて脱がされた私の体の映像を見ている誰かの言葉を待つようにと。うーむ。

次に彼女は何かを調べると言って、手を使って私の左の乳房と胸郭を徹底的に捜査し始めた。

実はフィッシュの左胸は、6年前の乳癌の術後に皮膚の移植とシリコンバッグで復元されたものだったのだ。

私は この女性職員に、自分の胸は乳癌の手術後に移植したものだと話した。

彼女は この情報を、マイクを通して見えない誰かに告げた。その数秒後、彼女は私を行かせてくれた。

全身スキャナーに対する批判としては、肌の露出を避けるムスリム女性から裸同然の画像を得ることによる人権侵害や、衣服の下まで透視することで人工肛門 や成人用の おむつ、ボディーピアスや豊胸まで露出させるという懸念が挙げられてきた。

フィッシュの身に起きたことは こうした懸念が現実化した例にすぎないものの、実際の体験談は想像以上に生々しい。

フィッシュによると、フィラデルフィアの空港でシャツをまくって人工肛門を露出させられた男性もいるという」

「スキャン後の乗客が むやみに止められる可能性も否定できない。

シカゴ・トリビューンによると、女性の生理用ナプキンでさえスキャン画像に映し出される」などの記述があります。

ニューズウィーク日本版 」サイトより


空港の全身透視スキャナーは武器を持ったまま簡単に通過できる

空港の保安体制をハッカー目線で見た数々の問題点

顔認証&指紋をパスポートの代わりにする計画を豪が推進中

TSAロックのマスターキー写真から3Dプリンターで合鍵作成

米国に入国する渡航者にSNSアカウント情報を尋ねる制度が導入

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


米国空港のセキュリティは「95%で武器を発見できない」

「丸裸に」女性客から苦情:空港でボディスキャナー濫用の疑い

「裸スキャナー」への「裸に憲法」抗議が勝訴

WIRED.jp 」サイトより


Airports with body scanners(英語)
( スキャンを実施している空港のリスト )

Big Brother Watch 」サイトより(英語)


後方散乱X線検査装置

ミリ波パッシブ撮像装置

Wikipedia 」サイトより



オーストラリア大使館 」サイト


Business Council of Australia 」サイト (英語)
Australiaの財界団体で移民政策に関する提言なども行っている。


Australian Industry Group 」サイト(英語)



韓国でも同様の検査が導入されており、健康への悪影響やプライバシーの懸念から、韓国旅行の減少や乗り継ぎ国の変更を検討するという声もあるようです。
(従来は地方空港から日本国内の羽田⇔成田間の乗り継ぎの不便さから韓国の空港を経由するケースが利便性が高く、定評がありましたが、羽田空港の国際線拡大に伴う利便性の向上や韓国の空港検査の導入から、従来の韓国経由に流れていた客が羽田経由や台湾、香港経由を選択する可能性があります。)


空港での全身透視スキャナー導入に反対します

盗聴法に反対する市民連絡会 」サイトより



歯科X線検査、脳腫瘍と関連性 米研究

国際ニュース|AFPBB News 」サイトより



犬の方が危険物の探知能力が高く、健康への悪影響もプライバシーの問題もないとする専門家の指摘があります。

人体への放射線照射や電磁波照射による検査は妊娠の可能性のある女性や妊娠に関与する男性の被曝による胎児への悪影響を心配する声もあります。
( 女性も妊娠初期には妊娠に気付かないという問題や男性の場合、被曝の影響が及んだ生殖細胞が体内からなくなるまでの期間、妊娠を避ける必要があるものの 予期しない妊娠もあるため、空港における放射線照射検査などの不要な放射線被曝は避けたいという声もあります。)

※新婚旅行の際には旅行前後の妊娠の可能性を考え、空港における放射線照射検査を実施している国への渡航や経由する場合は、放射線が胎児の細胞の変異や催奇形因子であることを心配し、渡航国の変更を検討するケースもあるようです。

健康への悪影響やプライバシーの懸念から当該国への渡航の敬遠、当該国を経由、乗り継ぎの敬遠等、観光産業や航空会社の悪影響が気になります。
( 中南米への渡航は従来のアメリカ経由やカナダ経由のルートが選ばれてきましたが、カナダの検査導入に伴い、アメリカやカナダの入国審査や検査の厳しさに辟易 ( へきえき ) した旅客が、煩雑な手続きを避けることができるメキシコ経由が注目され始めており、実際に成田からメキシコへの直行便は増加傾向にあります。)


【関連記事】


宇宙放射線・地磁気
( 航空路線別の宇宙放射線被曝量の計算など )



FlightAware - 航空便リアルタイム追跡/飛行状況 」サイト


Flights database (英語)

Flightradar24.com 」サイトより (英語)



【関連記事】


宇宙放射線・地磁気
( 航空機による宇宙放射線被曝の関連情報など )

雷 分布の世界地図
雷と放射線 ( X線・ガンマ線 )


【入国時の指紋採取実施国】


入国審査時に指紋の押捺が必要な国はアメリカ (ハワイやグアム、 北マリアナ諸島サイパンを含む)、カナダ、韓国 、中国、マカオ、マレーシア (すべての外国人に対して、空路、陸路経由を問わず指紋採取)、インドネシア (2009年10月から、入国時の指紋採取・写真撮影の運用が開始されています。なお、指紋の採取は全員が対象ではなく無作為に行われます。※永住権、長期滞在査証の所持者などは対象外。)、イラン(18歳未満の人や入国審査官の判断により免除される場合もあります。)、アルゼンチン(2012年4月25日から新出入国管理システム「生物学探知システム」( Sistema Biometria )を導入、入国時にカメラで顔写真を撮影した後、右手親指の指紋を採取。)、台湾(2013年8月から、高雄国際空港で試験導入開始、2015年から全ての国際空港で実施。)などの国です。


【ビザ申請時の指紋採取実施国】


○ドイツ

○フランス大使館(日本)は2009年12月14日より、外国におけるビザの発行に際して、生体認証情報(指紋)を登録するシステムを導入しています。

○イギリスのビザの申請の際に、EU市民を除く外国人への指紋の採取が行われています。


中国、入国の外国人から指紋採取へ「出入国の秩序を守るため」

レコード チャイナ 」サイトより



ハッカーが写真の中の指から指紋を複製することに成功

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


3m先から撮った親指の写真から、指紋の複製に成功

WIRED.jp 」サイトより



海外旅行先で外国人の おうちに泊まれるオススメのサービス

旅に出たくて たまらないのは遺伝子のせい?
同記事に「生活情報サイト「Bit of News」でXiao Xu氏が発表した目から うろこが落ちるような記事によると、」

「1999年に、カリフォルニア大学アーバイン校の4人の科学者が『世界の人口移動とドーパミンD4受容体(DRD4)対立遺伝子頻度のバリエーション(Population Migration and the Variation of Dopamine D4 Receptor (DRD4) Allele Frequencies Around the Globe)』と題する論文を発表しました。

この論文は移住パターンと有史以前の人類の遺伝子プールの配列を探ることになりました。

もともとはドーパミン受容体D4(DRD4)と注意力欠如障害との関連性を調べる研究でしたが、研究を進めていくうちに、別の不思議な関連性が発見されたのです。

それは、DRD4遺伝子がある人はスリルを求める性質と放浪癖を持つ傾向があるということです」

「リスクを恐れぬ少数の冒険家たちが世界中に入植したと説明しています。

有史以前、ほとんどの人は自分が生まれたところから離れずに生きる人生でした。

きわめて少数の人間だけが「さて、この海/山/灼熱の砂漠の向こうには いったい何があるんだろう」と大胆にも思いを馳せて、未知の世界に繰り出したのです。

世界中の大陸を発見したのも、世界地図の ほとんど すべてのところに人間が住みつけるようにしたのも、この少数の人たちでした。

現代の旅行好きの人たちは、きっと大昔は放浪の民だったであろう、そうした少数の冒険者たちの子孫かもしれないと考える根拠を科学が実証しているとXu氏は結論づけています」などの記述があります。

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


【関連記事】


   遺伝子



海外で「失礼な外国人」と思われる残念な行動

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


【海外旅行・関連サイト】


海外旅行専門情報サイト 旅行情報.jp 」サイト


ヤマハ トラベル サービス 」サイト



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ緻密な情報、厳選リンクも満載