【海外生活】海外生活に重要な治安・物価・税制・ビザ等の国別情報

海外移住と世界の医療事情

海外では医療の水準、医療システム、医師免許の基準も各国で異なるだけでなく、医師免許がなくても診療行為が可能な国や医師免許自体が存在しない国もあります。

また、海外の薬は日本とは成分や分量が異なるため、日本人にとっては薬の作用が強すぎたり、日本人の体質に合わない薬による副作用が発生する問題があります。

先進国と途上国では医療の水準が異なるため、先進国では救命可能な病気であっても、途上国では致命的な病気もあります。



      ★ 更新情報|海外移住の地図帳 ★


このページに「ふりがな」(ruby)を付ける

ひらがな めがね 」サイトより


【医療支出と破産】


海外リタイアメント移住制度一覧
同記事に「重病となると医療費の高額負担によって生活が成り立たなくなることから、2010年以降、退去して日本に帰国する高齢者も多く出始めています」などの記述があります。

海外移住情報 」サイトより


アメリカ人の個人破産理由の60%超が医療費が原因 (英語)
(Medical bills prompt more than 60 percent of U.S. bankruptcies.)

同記事に「アメリカ人の個人破産理由の62%が医療費が原因」

「このうち保険加入者には約80%。保険の未加入者は病気にかかることで仕事を失った」などの記述があります。

CNN.com International 」サイトより (英語)



病気などの治療や介護のために日本に帰国という海外滞在者が近年、急増しています。

「病気などの治療や介護のために帰国という事態を避けるためには、病気・事故・自然災害による怪我のリスクが低く、病気を予防し、未然に回避するためにも環境汚染が少なく、医療水準が高く、平均寿命や健康寿命の高い国から海外移住先を選ぶことが重要」という専門家の意見があります。



【関連記事】


感染症対策・世界分布

大気汚染の世界地図

地震分布の世界地図

平均寿命の世界地図

世界の健康寿命

交通事情の世界地図

衛生状態の世界地図

世界の治安・安全情報



病院無料のデンマーク人が保険に入るワケ - 1

病院無料のデンマーク人が保険に入るワケ - 2
同記事に「実はデンマークの医療サービスは、日本人がイメージしているものとは大分異なります。

例えば、風邪をひいて家庭医で診察を受けても、多くの場合「3日も寝ていれば直る」と言われて薬も出してくれないようです。

夜間に具合が悪くなり緊急病院に運ばれても、痛み止めの応急処置をされて自宅に帰されることが多いようです。

翌朝になっても回復しなければ、改めて家庭医で診察するために訪問予約を取らねばなりません。

もし日本人がデンマークで医療サービスを受ければ、おそらく抱いていたイメージが裏切られることになるでしょう。

外国からの移住者たちも、当初、家庭医や病院の対応に面喰らってしまうようです」などの記述があります。

病院無料のデンマーク人が保険に入るワケ - 3
同記事に「デンマークにも民間の医療保険は存在します。日本と同じように損害保険や生命保険が売られています。

ただ、医療費が無料のデンマークでは、これまで医療保険に入る人は限られていました。

ところが最近は医療保険に入る人が増加傾向にあるようです。いったいデンマークに何が起こっているのでしょう。

世界経済が減速するなかでデンマークの国家財政も厳しさを増しています。

そのような状況のなかで医療サービスも随所で切り詰められています。

問題点として以前から挙げられていたのが診察までの「待ち時間」でした。家庭医に病院を紹介されてから実際に診察を受けるまで、かなり待たなければならないのです。

命にかかわる緊急事態でない限り、数カ月は待つのが当たり前のようです(最近はやや改善されたようです)。

家庭医制度は国民の誰にでも専属のホームドクターが付いているわけですから安心できる素晴らしい仕組みです。

しかし その反面、いつでも最初は家庭医に診てもらわなければならない、という不自由さが伴います。

どのような医療処置が必要なのか、家庭医が判断し、家庭医の指示通りの治療を受けなければなりません」などの記述があります。

病院無料のデンマーク人が保険に入るワケ - 4
同記事に「デンマークでは家庭医や公共の病院での診察を待てない場合は、私立の病院で治療を受けることになります。しかし、その場合の費用は自己負担になります。

ここに民間の医療保険の存在意義があります。

また病院の統廃合が進められた結果、公共の病院が遠くになってしまい、近くの私立の病院へ行きたいと思う人たちも増えています。

その他にも国の制度ではカバーされない医薬品、歯科治療、メガネやコンタクトなどの費用を保険で担保したいというニーズもあります。

このように少しずつですが、国の医療サービスへの不安の高まりを背景に民間保険の役割が高まってきています。そしてデンマーク人も徐々に保険に入り始めているのです」などの記述があります。

東洋経済オンライン 」サイトより



海外で急病!現地の病院選びで後悔しない基礎知識 - 1

海外で急病!現地の病院選びで後悔しない基礎知識 - 2

海外で急病!現地の病院選びで後悔しない基礎知識 - 3

ダイヤモンド・オンライン 」サイトより


【関連記事】


海外旅行保険



薬の効果に人種間差

(社)秋田県 薬剤師会 」サイトより


カナダの医療の問題点
同記事に「日本人は独自の体質と、DNA 構造を持っています。

白人に比べ小柄な日本人の手術に、大きな手のカナダ人ドクターは向きません。

薬の分量も まるで違います。

日本人特有の性質を理解しない治療は命をも脅かす場合もあります」

「トロント大学教授のDr. Mclver、Dr. Ross Baker及びカルガリー大学教授のDr. Peter Norton をリーダーとして7つの大学が参加して全カナダを調査した結果、カナダの病院で毎年23000人以上の患者が急性期ケア病院における医師と病院のミスに よって死亡している事実が明らかになりました。

その内容は、医薬品の投与ミス、副作用、手術中の死亡、術後の感染症など明らかに知識と技術があれば防止可能であったとの事です。
(http://www.hancock house.com/products/pdfs/sample_chapter3.pdf)

このレポート中で「粗悪な医学的治療が意図的に秘密裏にされ 隠匿されてきた」(原文:Shoddy medical care has been shrouded in secrecy.)と報告されています。

近年の総合的な医療過誤発生率7.5%(医療、手術を受けた患者250万人中18万5千人)であり、先進国の中でも突出した高さです。

さらに、その18万5千人の患者の内、なんと9250人が永久的な障害(Permanent Disability)を負っているのです。

その大きな原因のひとつとされているのが、移民国家であるカナダにおいて大小200以上の民族の身体の病気の発症と治療法は、民族ごと身体の性質、DNA構造、薬品への耐性などが違う治療法が求められるのに、全民族へ画一的な医学で治療にあたる事と言われています」

「歯科診療・処方薬剤費・リハビリ治療などは全額ないしは過半が個人負担で、総医療費に占める私的負担の比率は約30%にも のぼっています。

この数字は、公的医療保険を持つ先進国の中では、飛び抜けて高い数字です」

「欧州で待機期間が問題になり、その後 改善された英国にも抜かれて、先進国中最悪のワースト1となっています」

「さらにカナダでは極端に医師数の少ない科(整形外科、皮膚科、産婦人科など)では、数か月後から1年半先にしか予約が とれない状況です。

また、医療費抑制政策により、CTやMRIなどの検査機器の数が日本に比べて極端に少なく、検査の待ち時間も上で述べた様に何か月も先になるという状況です」

「治療までの長い時間に、進行する病状と向き合う患者と家族の「もしかして手遅れになるのでは」と言う身体的、精神的苦痛と不安と恐怖は、健常者の想像を絶したものでしょう」

「医療設備も医師のレベルも決して高くはありません。金銭的に余裕のある人々の殆どは、米国で治療を受けています。

カナダ国内でも政治家や官僚とのコネを持つ人々が、正直に検査や治療を待っている人たちの順番を飛ばすことは、日常茶飯事に行われているのが現実なのです。

カナダには、とてつもない医療格差が存在するのです」

「トロントでは、緊迫した病気の子供に早く治療を受けさせたいと思い詰めて医師を人質にとった父親が、警官隊に射殺され、後に子供も治療を待つ間に病死すると言う悲しい事件まで起こりました」

「2004年にケベック大学付属病院で100人近い患者に死をもたらした致命的な感染症は、まるで19世紀のような初歩的な衛生管理の不備が原因でした。

このような悲惨な事態から判断する限り、カナダの医療の質のレベルは先進国中でも最下位に近いと言わざるを得ないのが現実です。

これは、縦割りで厳格で官僚的な政府の財政支出方式に原因があり、これが医療システムを内部から崩壊させたのではと言われています」などの記述があります。

世界に誇る日本の医療

同記事に「World Health Reportでは、日本の医療を世界最高水準と評価しています。米Newsweek誌は、世界の成長力・技術力・幸福度ランキングで、日本の医療を世界一 と評しています。

また、米Lancet誌「Japan's system of good health at low cost with equity」は、最も高い医療を最も安い費用で提供している国と評するなど、日本の医療水準の高さは世界で認められています」などの記述があります。

Last Hope Oganization - Super Medical Rescue 」サイトより


効果と副作用で明らかになった人種差・民族差の大きさ

がんサポート情報センター 」サイトより


現場医師が語るアメリカ医療事情

All About (オールアバウト) 」サイトより


医療ミス、米国で死因3位
同記事に「医療ミスが米国における死因の3位になっているとの研究結果が、英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)に掲載された。

研究によると、2013年に、回避可能なミスにより死亡した人は少なくとも25万人に上った。

この人数は、脳卒中とアルツハイマー病を合わせた死亡者数よりも多く、また、毎年それぞれ約60万人の死亡の原因とされる心臓疾患と がんに続き3番目に多い。

また、この人数には介護施設や通院患者は含まれておらず、これらを含めると医療ミスによる死亡は さらに多くなるという。

研究結果をまとめた論文の主著者で米ジョンズホプキンス大学医学部(Johns Hopkins University School of Medicine)のマーティン・マケリー(Martin Makary)教授は「バクテリアや心臓疾患だけが死因ではない。

人はコミュニケーションの失敗、医療の細分化、診断ミス、過剰投薬などによっても死亡する」と述べた。

マケリー教授は「これらを合わせると米国の死因3位になる」と続け、世界の保健問題において報告が実際より最も少ないのが医療ミスだと付け加えた。

過去の研究によると、医療ミスによる死亡者は推計で年間25万~44万人に上る」などの記述があります。

米黒人の鎮痛治療「格差」、誤解が原因か
同記事に「米国の白人医学生の半数が、アフリカ系米国人の生物学的特徴に関して誤った考えを抱いていることを示唆する研究結果が発表された。

黒人に対する鎮痛治療が常態的に不十分である理由は、こうした誤解によって説明がつく可能性があるという」

「実験では、車のドアに手を挟んだなどの複数のシナリオを経験した黒人患者と白人患者に関する2件の模擬症例を被験者に読ませ、痛みを1~10点の10段階で評価させた。

さらに被験者には、黒人と白人との生物学的な違いに関するアンケートに回答させた。

アンケートの質問には、「黒人の神経終末は、白人より感度が低い」や「黒人の血液が凝固する速度は、白人より速い」といった誤った記述の他、黒人は白人に比べて免疫系が強い、皮膚がより厚い、「繁殖能力が著しく高い」などの誤った記述も含まれていた。

その一方で、黒人は白人に比べて骨の密度と強度が高い、心臓病を発症しやすい、脊髄疾患の罹患(りかん)率が低いなどの事実を反映した正確な内容の記述もあった。

結果、被験者は平均して、誤った考えの12%近くを「正しい」と回答した。

米バージニア大学(University of Virginia)心理学部のケリー・ホフマン(Kelly Hoffman)氏が主導した今回の研究によると「被験者の約50%が、誤った考えの質問項目の少なくとも1つで、『恐らく正しい』、『十中八九正しい』、『間違いなく正しい』のどれかと回答した」という。

「今回のサンプル(医学生と研修医)を考えると、誤った考えを支持した被験者の割合は驚くほど高い」(ホフマン氏)

これまでの研究で、黒人患者は白人患者に比べて、鎮痛剤投与の割合が低いことが判明している。

また投与される場合でも、その分量は、白人患者に配分されるより はるかに少ないことが多い。

今回の研究では、弊害をもたらし得る医療の格差に関して、人種間の偏見が その原因の一端となっているとの考えを支持する証拠が提供されたかたちだ。

論文は「われわれの知る限り、医療関係者(少なくとも何らかの医学的な訓練を受けた学生と研修医)が、このような考え方を現代においても支持していることを実証したのは、今回の研究が初めて」と指摘している。

また、「今回の研究が実証しているのは、黒人と白人との生物学的差異に関する、奴隷制の時代に さかのぼる考えが、黒人は白人より痛覚が鈍いという認識や、黒人患者の痛みに対して提案される治療の不十分さに関連していることだ」と説明した」などの記述があります。

米国での抗生物質処方、3件に1件は「不必要」

26種の抗生物質が効かない「スーパー耐性菌」で米女性死亡
同記事に「米国で利用可能な26種の抗生物質の すべてに耐性を持つ細菌に感染した米国人女性が死亡していたことが、米疾病対策センター(CDC)の今週の発表で分かった。

改めてスーパー耐性菌への懸念が高まっている。

発表によると、この70代の女性は2016年9月にネバダ(Nevada)州で死亡。それまでは脚を骨折してインドで入院治療を受けていた。

女性は米国内で利用可能な すべての抗生物質に耐性を持つカルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)に感染した後、敗血症で死亡した。

2016年8月、女性の傷口の一つから肺炎桿菌(はいえんかんきん)として知られるCRE株が検出されていた」

「専門家によると、女性は亡くなる前の2年間、インドの病院で大腿(だいたい)骨 骨折と股関節障害の治療を繰り返し受けており、直近では2016年6月にも治療を受けていた。

女性はネバダ州で この菌への感染が確認され、すぐに院内感染を防ぐために隔離された。

死後検査によると、女性の症例には米国では承認されていない抗生物質「ホスホマイシン」による治療で対処できた可能性がある。

英スコットランド(Scotland)のストラスクライド大学(University of Strathclyde)のポール・ホスキッソン(Paul Hoskisson)準教授によると、英国を含む欧州 数か国ではホスホマイシンが承認されており、今回死亡が発表された女性のような症例にはホスホマイシンを静脈内に投与するという」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


薬も男女別でなくてはならない - 1
同記事に「現在、新薬の開発において、女性に対しては十分な臨床試験が行われていない。

しかし、男性には効果があっても、女性には副作用(致命的なものも)をもたらす可能性がある薬もある」

「女性は、薬に対する反応が男性と違う。副作用も異なり、より有害になることも多い。

また、より少ない量の有効成分で十分なこともあれば、より多くの量や、まったく異なる薬を必要とすることもある」

「女性は、アスピリンから麻酔まで、非常に多くの薬に対して特殊な薬物有害反応を示す」

「女性は、体質上 男性よりも脂肪の量が多い。

そのため、脂溶性の分子に対する反応が異なり、体内で脂肪組織の中に入ると排出が難しくなるので、より長い間 完全で有効なまま残ってしまうのだ。

さらに思春期や成年期、閉経期、とりわけ月経のサイクルや経口避妊薬の使用に伴ってホルモンの変動があって、その都度、男性向けに開発されテストされた薬の働きが変化する。

さらに肝臓や膵臓の代謝機能や、いくつかの消化酵素にも違いがある」などの記述があります。

薬も男女別でなくてはならない - 2
同記事に「アメリカ政府の ある調査によると、97年から2000年に市場から排除された10の薬のうち8は、女性に対する重大なリスクによって除外された」

「ある抗ヒスタミン剤と ある胃腸薬は、女性に致命的な心臓発作を引き起こす可能性があった。

いまでも市場で手に入る薬には、特に女性に不整脈を起こすものもある。こうしたもののなかには、抗生物質や抗精神病薬、マラリア予防薬、コレステロール値を下げる薬などがある」

「女性はアルコールやタバコ、コカインに対しても男性とは反応が異なることが わかっている」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


医療ミスでの死亡例は信じられないほど多いとの指摘
同記事に「Johns Hopkins University School of Medicineの研究者らによる調査で、後に医学ジャーナルのBritish Medical Journal(BMJ)に掲載された論文によると、全米で発生したと考えられる病院内での医療ミスが絡む死亡例は、2013年中に少なく見積もっても25万件」

「これは、がん または心臓病で亡くなった人数に次いで、全米では第3位の死亡原因にあたる」

「National Center for Health Statisticsが公表している、脳疾患、不慮の事故、糖尿病、インフルエンザ、肺炎が原因の年間死亡者数の いずれをも上回っていると発表されています」

「人間は細菌や心肺機能の異変などの理由だけで命を落とすのではない。

(医師と患者の)コミュニケーションのまずさ、一貫性に欠けた治療方針、診断上のミス、誤った薬の服用などが原因で亡くなる人は少なくない。

同論文を発表したJohns Hopkins University School of MedicineのMartin Makary教授は、このようにコメントしています」

「まったくミスを犯さずに診断や治療を施せる医師など存在しません」

「なお、あくまでも病院内で死亡した患者に対する概算数のため、すでに病院から出され、介護施設などへ回された後に死亡した人の事例もふくめるならば、診断や治療の誤りが死を招いたという実数は もっと多いのではないかとも分析されています」などの記述があります。

ヒントは宇宙旅行。また行きたくなる病院
同記事に「まだ具体的なWhite Sails Hospital and Spaの建設プランまでは明らかにされていませんが、すでに同コンセプトに賛同する出資者も出始めています。

ホテルまで完備できれば、チュニジアの新たな観光名所となることも間違いなしでしょう」などの記述があります。

ギズモード・ジャパン 」サイトより


オーストラリアの医療制度

現役引退後の福祉から考える

B-plus(ビープラス) 」サイトより


スウェーデンの老人ホームで働くということ

スウェーデンの老人ホームで働くということ / その2

KOKEMOMO Sweden 」サイトより


日本は世界の医療産業国を目指せ - 2
同記事に「今から手を打つべきは、世界的な医療産業の育成だろう。日本で使われている医薬品や医療機器の多くは、欧米やイスラエルの製品だ。輸入超過額は年間3兆円規模に上る。

しかし、日本の医療はiPS細胞を はじめ基礎研究では世界をリードしている。

このノウハウを活かし、産学官が一体となって医薬品や医療機器の国内生産を拡大し、世界に輸出できる環境を整えるべきだ。開発した医薬品や医療機器は、単純に売るだけでは使われない。

海外に日本の製品を集めた病院を建設し、使い方などの技術指導を行うことも重要だ」などの記述があります。

歯髄から臓器が再生できる - 1
同記事に「再生医療の道を拓くのは何もiPS細胞だけではない。

体性幹細胞という、人間の身体を構成する臓器や骨、皮膚、血液などを作り出す幹細胞そのものにも、難病の治療や老化防止に役立つ可能性が秘められている」などの記述があります。

WEDGE Infinity (ウェッジ) 」サイトより


日本式 医療拠点の構築に向けた取組 (PDF:1.78MB)

首相官邸 」サイトより


日本のヘルスケア産業振興に対する経済産業省の取り組み

Nursing-plaza.com 」サイトより


医療コンサル,海外展開で存在感 日本勢,政府支援で巻き返し 1
同記事に「医療の海外展開で、医療コンサルタントの存在感が増している。関係メーカーと病院を橋渡しし、日本式医療システムをパッケージで売り込む」などの記述があります。

医療コンサル,海外展開で存在感 日本勢,政府支援で巻き返し 2

医療コンサル,海外展開で存在感 日本勢,政府支援で巻き返し 3

医療コンサル,海外展開で存在感 日本勢,政府支援で巻き返し 4
同記事に「日本式医療が海外で浸透すれば、診断機器や薬剤、医療資材などの周辺産業にも大きなチャンスが訪れる」などの記述があります。

近赤外線光照射で免疫細胞を活性化 がん退治、転移にも効果

SankeiBiz (サンケイビズ) 」サイトより


日本の医療支出は先進工業国で最少、最高は米国

AFPBB News 」サイトより


日本の医療制度の相対的優位性 (PDF:73.4KB)

公立大学法人 会津大学短期大学部 」サイトより


世界が うらやむ日本のハイレベル福祉

レコード チャイナ 」サイトより


日本の医療は世界一 WHOが公認

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


「医療世界一」は国際比較してみたら日本だった - 1

「医療世界一」は国際比較してみたら日本だった - 2
同記事に「日本において、がんの5年生存率は高い。OECDのデータでも、大腸がんの5年生存率(2004~09年)を調べたものでは、日本は68%と1位である。

ちなみに主要国を見ると、アメリカ5位(64.5%)、カナダ6位(63.4%)、ドイツ13位(60.4%)、イギリス18位(53.3%)となっており、加盟国の平均は59.9%である。

また、世界67か国、2500万人以上のがん患者の5年生存率を調査した国際共同研究「CONCORD-2」(1995~2009年)によると、日本は肺がんでも5年生存率30.1%とトップで、アメリカ18.7%、イギリスは9.6%なので、日本の成績はかなり際立っている」

「肝がんも日本の成績は良好である。そもそも肝がんは肺がんと同様、相対的に5年生存率は低く、日本は27.0%。

ただし、これは他国と比べると、相当に優れた水準だ。アメリカは15.2%で、欧州各国も20%に達していない」

「乳がんの5年生存率を見ると、日本はアメリカに次いで2位の87.3% 、子宮頸がんも4位の70.2%と、これらも健闘している」などの記述があります。

「医療世界一」は国際比較してみたら日本だった - 3
同記事に「日本の看護師は入院患者のベッドメイキングもすれば、食事の配膳、風呂上がりには患者の体を拭いたりもする。

こういうことは欧米の看護師はしない。欧米ばかりではなく、中国や韓国などアジアでも見られない。

さらに、医師受診の回数も日本は突出して多い。OECDの統計によると、国民1人あたりの医師にかかる回数は加盟国の平均が6.6回。

これに対して日本は12.9回。意外にも低いのが、スウェーデンであり、年間2.9回。このスウェーデンの約3回に対して、日本は約13回という、この数字の開きは、つまり「医師との距離」の違いでもある」

「医療が身近である」という国民側の安心という視点から見れば、これは かなり素晴らしいことと言えるだろう。

要するに、「困ったらすぐに医者に行ける」という環境が整っていることになるからだ。

英国やスウェーデンなど、家庭医制度が行き渡った国では、確かに制度上は素晴らしいと言えるが、身近とは言い難い。

家庭医が「ゲートキーパー」とか「ゲートオープナー」といわれるように、家庭医を通さなければ、大病院など高度で専門的な医療機関を受診できないからだ。

一方、日本の医療では、患者が行こうと思えば、直接、大病院の受診が可能なのである」などの記述があります。

「医療世界一」は国際比較してみたら日本だった - 4
同記事に「国際政治学者のサミュエル・ハンチントンが世界的なベストセラーである「文明の衝突」で指摘したように、文化にも多様性があり日本文化もその一つの類型だという。

私は医療も文化と同じように、国や地域によって多様性があると考える」

「私は仕事柄、海外の病院や医療事情を視察する機会が多い。

そこでは多くの方々(医療関係者や企業関連、弁護士、会計士等の方々)と同行する。

すると、必ず、最終日のラップアップでは、「やはり日本の医療がいいね」という結論になる」

「データを用いて比較しても、やはり、そのような結論になる。

スバリ、日本ほど医療すべてにおいて、完璧に近い国はない。あまりにも、その事実が知られていないので はないか」

「現時点で「日本の医療は世界一」である。私は、そう実感している」などの記述があります。

ダイヤモンド・オンライン 」サイトより


【参考記事】


日本人街・経済特区
(日本人に適した医療が海外でも受けられるようになることを切望する海外長期在住者の要望が高まってきています。

実現すれば、病気や介護のために帰国する日本人が激減するとの声があります。

※記事後半に医療に関する非常に興味深い話題も)



死にたくなければ「米国人以外の医師」研究結果 - 1
同記事に「女性医師(内科医)が担当した入院患者は男性医師が担当するよりも死亡率が低い」という衝撃的な論文を米国医師会の学会誌で発表し、米国のマスメディアに注目された日本人研究者が、今度は「アメリカ人医師よりも、米国外で医学教育を受けた外国人医師の方が患者の死亡率が低い」という内容の調査研究を発表し、再び米国内で大きな話題となっている。

折しも、いまトランプ大統領による移民やイスラム圏7か国などからの入国制限に関する混乱で、米国の医療サービスを質の高い診療で支えてきた外国人医師が、米国を避ける可能性が出てきたからだ」

「米国の医師の4人に1人は、米国外で医学教育を受けた後、アメリカンドリームを求めて渡米した米国籍を持たない「外国人医師」だ。

その多くはインド、パキスタンなど英語圏で医学教育を受けた医師や医学生だ」「もちろん日本の医学部を出て米国で臨床医として活躍する日本人医師も"外国人医師"に含まれる」

「トランプ大統領が中東・アフリカ7か国の人々の入国を禁止する大統領令に署名したことで、実際に再入国できず足止めを くらっている医師や、先行きが判らない7か国出身の研修医の受け入れをためらう施設が続出。トランプ VS 連邦裁判所の成り行き次第で米国の医療の基盤が崩れる懸念が生じている」などの記述があります。

死にたくなければ「米国人以外の医師」研究結果 - 2
同記事に「混乱が広がるなか、ハーバード公衆衛生大学院の津川友介氏は「外国人医師の入国を阻む政策はアメリカ人の健康に悪影響を及ぼす可能性がある」と断言する。

その根拠は先日、津川氏らのチームがBMJ(英国医師会誌)に報告した調査研究だ。

今回、津川氏らは、米国でメディケアの利用者(65歳以上の高齢者)を対象に、急性期病院時の入院データ約120万件と担当医約4万4000人の診療データを解析。

海外で医学教育を受けた後、米国で医師免許を取得して働いている医師(以下、外国人医師)と米国で医学教育を受けた医師(以下、米国人医師)とで、入院後30日以内の死亡率を比較した。

その結果、入院日から30日以内の死亡率は外国人医師11.2%、米国人医師11.6%で、外国人医師が担当した患者の30日死亡率は統計学的に有意に低いことが示されたのだ。

これは患者の重症度や診療している病院などをすべて補正した後の比較である」

「外国人医師が診療することで250人を診療するごとに、米国人医師が担当した場合に亡くなったかもしれない1人の生命を救っている計算になる。

しかも外国人医師の担当については、入院の原因となった病気のほかにも複数の病気を抱え世帯年収が低くいなど、悪条件が重なる患者の比率が高く、より重症の患者を診ていたと推測される。

もし患者の重症度に関する もっと詳細なデータがあった場合、外国人医師の治療成績は米国人医師を さらに上回る可能性すらあるのだ」などの記述があります。

死にたくなければ「米国人以外の医師」研究結果 - 3
同記事に「外国人医師の治療成績が優れていることに関して、津川氏は「米国の医学教育が劣っているという意味ではありません。そうではなく、彼ら外国出身の医師は、向上心があり、米国の医師免許の試験や就職活動などに成功してきた選りすぐられた人々なのです」という。

「これまで外国人医師は、米国の医療の4 分の1という"量"を担っていることが知られていました。しかし、今回の研究結果から彼らは米国人医師と同等か、それ以上に"質"の高い医療を提供していることが明らかになりました」

自国での医学教育を終えたのち、米国の医師国家資格試験と不利な条件下での研修施設側からの選別という高いハードルを超えてきた彼らの背景を考えれば、当然といえば当然だろう。マイノリティであることは成功への強いモチベーションとなる。

「しかし、トランプ大統領の入国禁止令は こうした貴重な人材を他国へ追い出すことになりかねず、アメリカの医療の質が低下するという予期せぬ結果を生むかもしれない」と津川氏は懸念する。

外国人医師の比率が米国並みの国は、英語圏だけでも英国、カナダ、オーストラリアがある」などの記述があります。

ダイヤモンド・オンライン 」サイトより


【関連記事】


移民政策


【海外の医療事情・関連情報】


世界の医療事情

もしもの時の医療英語

世界の医療事情 インドネシア

世界の医療事情 マレーシア

世界の医療事情 インド

世界の医療事情 タイ王国

世界の医療事情 フィリピン

外務省 」サイトより


海外医療事情

海外赴任navi 」サイトより


MEDO 医学英語単語集

医歯薬英語辞書 Medical English Dictionary Online 」サイトより


世界の病院検索
(海外赴任中や旅行中でも安心。日本語の通じる病院情報等が検索できます。)

医師が薦める口コミ名医・病院情報【病院検索ホスピタ】 」サイトより


海外の病院検索

海外赴任中の医療費請求代行「ヘルスケア プログラム」 」サイトより


海外の医療機関で使用する英会話集

損保ジャパン 海外旅行保険 オンライン契約サイト 」より


MULTILINGUAL MEDICAL QUESTIONNAIRE
多言語 医療 問診票
公益財団法人 かながわ国際交流財団 」サイトより


海外医療情報
海外の医療機関・病院の紹介、各国の医療事情・医療情報、海外赴任者のための医療情報、子供の病気・健康について など。

財団法人 海外邦人医療基金 」サイトより
海外医療情報の提供と邦人向け医療施設の開設運営援助など。


医学翻訳・医療翻訳 旅の医学社 」サイト
現役医師の監修により、臨床医学知識に基づいたハイレベルの訳文を提供。


日本旅行医学会 」サイト


JOSA 海外邦人安全協会 」サイト


世界の救急医療事情

tripgraphics(トリップ グラフィックス) 」サイトより



新薬開発のヒントは、海底にある

WIRED.jp 」サイトより


「膵臓がん」との闘い、カギ握るのは「緑の海綿」か

モルヒネに似た毒持つ熱帯魚、鎮痛剤開発に応用も 論文

AFPBB News 」サイトより


美しいだけじゃない!実は医薬品の宝庫でもあるサンゴ礁
同記事に「サンゴからも新薬候補となる化合物が抽出されている。

沖縄近海に生息するシヌラリアというサンゴから発見されたアシルスペルミジンは強い抗ガン作用を持っており、人間のガン細胞で試してみたところ、1mlあたり40ナノグラム(ナノグラムは10億分の1グラム)という低濃度でもガン細胞を死滅させられることが確認された」

「沖縄に限らず世界中のサンゴ礁は、今や危機的な状況にあると言っても過言ではない。

サンゴに共生する褐虫藻が減少したことによる「白化現象」が広い海域で発生し、サンゴの死滅が確認されている。

サンゴを食べるオニヒトデによる被害も深刻で、このままでは多くのサンゴ礁が失われかねない」などの記述があります。

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


【関連記事】


海洋汚染の世界地図

日本人街・経済特区



医療や行政は,なぜテクノロジーを十分活用できていないのか 1

医療や行政は,なぜテクノロジーを十分活用できていないのか 2

医療や行政は,なぜテクノロジーを十分活用できていないのか 4

医療や行政は,なぜテクノロジーを十分活用できていないのか 5

現代医療の「最前線」は、西洋と東洋の「医学の融合」か

Perkins+Willの「21世紀の病院デザイン」

ニューラル ネットワークは医療を変えるか

「老化を防ぐクスリ」が実現する可能性が見えてきた

空飛ぶAED:「救急ドローン」という可能性

ドローン落下を検知しパラシュートが開く安全装置「SafeAir」

ドローンはプロペラを捨て「コウモリ」のようになる

「セカンド インパクト症候群」を血液1滴で発見する診断法

ナノマシンが体の中を駆け巡る未来の医療は,すぐ そこに - 1

ナノマシンが体の中を駆け巡る未来の医療は,すぐ そこに - 2

ナノマシンが体の中を駆け巡る未来の医療は,すぐ そこに - 3

日本勢が快挙達成!分子ロボットが拓くナノ テクの未来

ガン細胞を「手術しながら」検出できるペン型顕微鏡

「プラシーボ反応」の強弱は遺伝子によって左右される

白血病患者を救う「カスタマイズされた免疫療法」

乳がんのマンモグラフィー検査で見つかる腫瘍は,多くが良性

iPS細胞から「人工腎臓」を つくりだす研究、また一歩前進

心拍数の「ワイヤレス測定」が可能に

3Dプリントで「失われた生体組織」をつくるテクノロジー

体内に注射できる「3Dプリンター製の超小型カメラ」

3Dプリントで脊椎骨を再現、世界初の移植手術

再生医療の新素材「超弾性骨」は、3Dプリンターで つくられた

3Dプリントでつくる「自分だけの義手」

ブロックチェーンは、複雑な「医療データの管理」も変えうる

人工知能は難病の「早期発見」を どう変えたのか

ガン細胞の「真の動き」を観察できる最新の顕微鏡
同記事に「ガン細胞の観察は、昔からスライド ガラス(プレパラート)の上で行われてきたが、細胞を平らにしてしまうため、より自然に近い環境での挙動を理解するのは難しい。

そこで、ガン細胞を3Dで観察する方法が開発された」

「新しい手法は「微小環境内選択的平面照明顕微鏡」と呼ばれ、ガラスの上で平らにする代わりに、コラーゲンの塊の中にガン細胞を浮かせた状態で固定する。

次に、長くて細いレーザー光線を使って細胞に照明を当てて「光らせる」ことにより、最高300ナノメートルの微小な細部が明らかになるだけでなく、広範にわたる詳細や挙動も観察できる。

顕微鏡には詳細が高精細3D画像で表示される。

『Developmental Cell』誌に発表された研究では、この手法を利用して、悪性黒色腫の細胞を観察。

コラーゲンの塊の中とガラスに挟まれた状態とでは挙動がまったく異なることを発見した。

コラーゲン内ではスライド ガラスの場合よりも、細胞に、「風船状突起物(ブレブ)」と呼ばれる突起が多く形成された。

ブレブは組織内における特定のタンパク質の分布を示すものだ。

このような、細胞内部に潜む分子的な作用は、これまでの手法では空間分解能が不十分だったため「適切に理解されてこなかった」と研究チームは説明する。

新しい手法によって、ガン細胞が ほかの細胞と相互に作用する様子の正確な理解が進むことが期待されている。

この手法を利用することにより、細胞のシグナル伝達や組織浸潤などの過程も観察できるようになる可能性があるという」などの記述があります。

サイエンスの可視化が、世界の医療を変える

世界が欲しがる、キューバの「肺がんワクチン」
同記事に「キューバは数年前に、肺がん治療に大きな効果が期待できる治療ワクチンを完成させていた。

55年間におよぶ米国主導の禁輸措置により、こうした研究がキューバ国外に出ることは ほとんどなかった。

しかし、それも間もなく終わりを迎えそうだ。

オバマ政権がキューバとの国交正常化に取り組んでいた2015年4月には、ニューヨーク州知事のアンドリュー・クオモもハヴァナを訪問したが、このときロズウェル・パークがん研究所(RPCI)は、キューバの分子免疫学センター(CIM)との提携を成立させた」

「キューバが、この最先端の がん免疫療法薬を手にした経緯とは、一体どのようなものだったのだろうか」

「実は同国では、世界で最も進んだ独創的なバイオテクノロジーや医療の研究も行われている。

キューバの平均的な労働者の月収が20ドルであることを考えると、この事実は注目に値する。

キューバ国民1人当たりの医療費は米国と比べると ごくわずかだが、キューバ人の平均寿命はアメリカ人の それと肩を並べる。

「キューバは、少ない予算で大きな成果を上げなければなりませんでした」

「だからキューバは、革新的なアプローチで事態に当たらざるをえなかったのです。

40年以上前から、キューバは国内に免疫学の卓越した研究コミュニティーを形成してきました」

何十年という経済制裁にもかかわらず、フィデルとラウルのカストロ兄弟は、バイオテクノロジーや医療研究、とくに予防医学を優先事項に据えてきた」などの記述があります。

「服薬の常識」と流通を変える次世代型「オンライン調剤薬局」

米国で蔓延する「オピオイド系鎮痛剤の依存症」

遺伝子編集の革命「CRISPR」は、世界を どう変えるか

革命的ゲノム編集「CRISPR」、ヒトへの応用の第一歩は?

ヒトとブタのキメラ作製に成功,移植用 臓器不足は解消するか

人は「死」を意識すると、本当にパフォーマンスが向上する

脳の活動は体のパーツごとに区分けされている、わけではない

再生医療の最大の課題は、「農業」が解決するのかもしれない

再生医療への扉を開く? 単細胞生物「ラッパムシ」

無酸素で18分も生きる驚異の地下生物「ハダカデバネズミ」

新生児が感じている痛みの強さを正確に測ることはできるか?

「アフリカの がん治療」最前線──被曝リスクに揺れる現場

完璧なパンケーキの物理(は、目の治療にも役立つ)

イノヴェイションが倫理的であるためには,3つの解決策がある

WIRED.jp 」サイトより


痛みのない「針なし注射器」の開発に成功......芝浦工業大

RBB TODAY 」サイトより


遺伝子編集ツール「CRISPR」ついに人間での使用へ?

「ニンジャ・ポリマー」が世界を救う

「ニンジャ・ポリマー」日本人開発者を育てた ある言葉

目から脳が見える。神経外科疾患の早期発見に新手法

ベッドに取り付けて、患者の状態を判断するセンサー

がんの有無を95.8%発見するのに必要なのは「尿1滴」

がん細胞を砂糖断ち。そこから生まれる新治療

フルフェナム酸は,がん治療に効果。北海道大学の研究で判明

乳がん早期発見に犬の嗅覚を活用するプロジェクトKDOG

1細胞レベルでガンの転移が確認できる新技術

赤ちゃん専用のMRI検査が初導入...未熟児の治療レベル大幅向上

心停止の救急患者を助けるなら、救急車よりドローン

手術室の音楽が外科医の能力をアップさせる

MRIや点滴装置など、ハッカーに最適のターゲットと判明

がん検診、受けても受けなくても生存率に変化なしか?

手術中のオナラが火災の原因に

ジェットコースターで腎臓の石がスッと出る、という研究

米病院のハッキングは容易

歩行支援パワードスーツ「Phoenix」

セグウェイ開発者が作る、「立ち漕ぎ」できる車いす

偽薬と わかっていても、プラシーボ効果を得られる

さらば根管治療? 歯の自己修復を助ける素材が開発される

ギズモード・ジャパン 」サイトより


鎮痛剤で心臓発作のリスク上昇か カナダ研究 - 1

鎮痛剤で心臓発作のリスク上昇か カナダ研究 - 2

CNN.co.jp 」サイトより



インドネシア、偽ワクチンが広範囲で流通 再接種の必要も
同記事に「インドネシアで、大規模な偽造ワクチン販売組織が摘発され、子どもたちへのワクチン再接種が必要な場合が出ている。

警察当局は先週、インドネシア全土に10年以上に わたって偽のワクチンを販売していたとする犯罪組織を摘発し、16人を逮捕した。

結核、B型肝炎、破傷風などの偽ワクチンを流通させていた疑いが持たれている。

インドネシアの保健省は現在、警察当局と協力して事件の規模の把握を進めており、インドネシア食品医薬品局は すでに医療施設30か所からワクチンを押収しているが、犯罪組織の影響が及んでいた範囲は まだ分かっていない」

「この問題が明るみに出たのは、製薬大手がインドネシア当局に自社製品の偽造品が製造されていると通報したことが きっかけだった」などの記述があります。

人工透析受けた6人が死亡、12人が救急搬送 ベトナムの国立病院

不正入学の医学生600人超、医師になれず インド最高裁が判断

車椅子の男性、43年後に誤診と判明 今は歩いてカフェにも

患者の意識を覚醒したままの脳外科手術がオーストラリアで実現

鎮痛薬の過剰摂取、米国で低年齢層の入院件数倍増

米認可新薬の3つに1つが安全性に問題 背景に薬物評価の迅速化

米国、幹細胞使った治験で女性3人失明

米の四肢まひ患者、右手の動きを「回復」 史上初 - 1

米の四肢まひ患者、右手の動きを「回復」 史上初 - 2

遺伝性聴覚障害,治療で ささやき声も聞こえるように マウス実験

肺移植に かけられる時間が倍増、より多くの命救える可能性
同記事に「外科医が肺の移植手術にかけられる時間を、現在の数時間から その倍近くに伸ばすことのできる新たな技術が開発されたとする研究論文が2016年11月18日、発表された」

「肺移植では通常、肺が臓器提供者から摘出されてから約6時間以内に移植手術を完了しなければならない。

細胞組織が破壊されていくためで、スピードは肺移植にとって非常に重要な要素となっている。

しかし、体外肺灌(かん)流(EVLP)と呼ばれるプロセスを使った新たな方法では、移植患者の最終的な生存率を著しく低下させることなく、肺を12時間以上体外で保存できる。

EVLPを使ったプロセスは、臓器提供者から摘出された肺を直ちに氷で冷やして手術の行われる施設に搬送し、搬送先施設で肺を温めると同時に酸素、栄養分、タンパク質などが豊富に含まれた液体を肺に送り続けるというもの。

呼吸器医学の専門誌「ランセット・レスピラトリー・メディシン(The Lancet Respiratory Medicine)」に掲載された論文によると、これまでは遠方の臓器提供者から臓器を提供してもらうことができなかったが、保存可能な時間が延び、そうした臓器を移植患者に提供できるようになれば、より多くの移植手術を行えるようになる可能性もあるという。

臓器が移植患者の元に届くかどうかは、移植リストに掲載された人々にとって生きるか死ぬかの大問題だ。

こうした人々の数は、米国とカナダだけでも約1700人に上る」などの記述があります。

血液1滴で膵臓がん診断、画期的な新技術開発

膵臓がん、早期発見可能な血液検査法を開発

移植組織を無傷で解凍する新技術、臓器不足の軽減に期待

医療用植物は世界に2万8000種超、大半が未活用

3Dプリントの人工骨、周囲の骨再生を促進

夜間の長時間絶食、乳がんの再発リスクを下げる可能性

進行性うつ病、認知症初期症状の恐れ

ドイツ、医療大麻を合法化へ 保健相が表明

てんかん発作 約4割削減、大麻由来成分で

人間の嗅覚、本当はイヌ並み? 俗説覆す研究報告

必須医薬品、低所得国でも1人 月100円の負担で提供可能

ベトナム、18年前の手術で置き去りの はさみ、体内から摘出

難病遺伝子あるのに健康な人を発見、約60万人から13人 - 1

難病遺伝子あるのに健康な人を発見、約60万人から13人 - 2

ヒト受精卵「編集」で疾病遺伝子を修復 米チームが初成功

モルヒネに代わる「副作用のない」鎮痛薬を開発か

ハダカデバネズミ、酸欠状態でも5時間生存

ヒトDNAをX線から守るクマムシ由来のタンパク質を発見 - 1

ヒトDNAをX線から守るクマムシ由来のタンパク質を発見 - 2

皮膚がんの転移を制御か、たんぱく質特定

痛風治療薬、腸疾患の症状改善にも効果か
同記事に「痛風の治療薬として米国で50年使われている一般的な薬が、炎症性腸管障害やクローン病の症状も緩和できる可能性があるとする研究論文が2017年3月8日、発表された。

米医学誌サイエンス・トランスレーショナル・メディシン(Science Translational Medicine)に発表された研究論文によると、パンを作る際に使われるイースト菌の一部菌株は、腸で炎症性腸管障害による痛みや下痢、けいれんを悪化させる恐れがあるという。

炎症性腸管障害は、米国で約160万人が罹患しているとされ、治療法は確立されていない。

研究論文によると、「出芽酵母」として知られる この菌を大腸炎を発症させたマウスに与えたところ、腸管内の状況が悪化し、さらに消化管内の尿酸値も上昇させたという。

研究では次に、これらのマウスに痛風の治療薬「アロプリノール」を投与した。すると、腸疾患の改善を確認することができた。

尿酸値を減少させる この薬は1966年から一般的に使用されている。

論文の主執筆者である米ユタ大学医学部(University of Utah School of Medicine)のジューン・ラウンド(June Round)氏はAFPに対し、一部の医師らは すでに痛風とクローン病の患者に対してアロプリノールを処方しており、その両方で症状を緩和していることを認識していたと語った。

アプリノールは、「ザイロプリム」や「アロプリム」といった製品名で市場に出回っている」などの記述があります。

動画:ルワンダ医療支援にドローン導入、輸血袋を配送

インド病院で子供が相次ぎ死亡 2日間で30人以上

インド、臓器売買グループ、先進医療の病院で腎臓を「調達」

インド警察、臓器売買グループ「リーダー格」とドナーを逮捕

病院から闇市場へ売られる新生児、インド中部

血中HIV抗原,感染から1週間以内に検出可能 スペイン研究

インド、輸血で2200人超がHIV感染

AFPBB News 」サイトより


医療費を押し上げ財政を圧迫する「薬の有効期限」問題

血液中からのHIVウイルス完全除去に医療研究チームが成功

人工の血液を無限に作り出す可能性を持つ「不死の細胞」が誕生

初期の がん患者から血液検査で腫瘍由来のDNAを検出する方法

ビッグデータは どのように がん治療で活用できるのか?

男性医師よりも女医のケアを受けたほうが治療成績が良い

世界に3台しかない最新のMRIスキャナー
同記事に「CUBRICのDerek Jones教授は、通常のMRIが双眼鏡なら、この最新MRIはハッブル望遠鏡のようなものだと語っており、研究者らは構造と機能の両方を初めて一度に見られるようになる」などの記述があります。

テキーラを飲むと骨の形成が促進される可能性

アルツハイマーと診断。本当はアルツハイマーではない可能性

糖と二酸化炭素から生体適合性のあるプラスチックの生成に成功

大麻の成分の日常的摂取に脳の老化と精神的退化を巻き戻す効果

なぜ赤ん坊は朝8時に生まれることが多いのか?

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


ハダカデバネズミ、酸素なしで18分生きられる - 1

ハダカデバネズミ、酸素なしで18分生きられる - 2

ゲノム編集でヒト受精卵を修復、米初、将来性は?

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


「iSC細胞」の実用化に向けた再生医療についての研究を開始
同記事に「虚血誘導性多能性幹細胞:iSCs(ischemia-induced multipotent stem cells)の略。脳梗塞などで脳の組織を養うために必要な血液が回らなくなると、脳機能が傷害され脳細胞は死に至ります。

その際、失われた組織を修復し、再生させるために「iSC細胞」が生み出されることを、兵庫医科大学 先端医学研究所 神経再生研究部門 教授の松山知弘と准教授の中込隆之が中心になって平成27年に発見しました。

この幹細胞は神経系の細胞をはじめ、免疫を司る細胞や血管、骨など、多くの細胞や組織を作り出せるものですが、傷害を受けて自然に発生する細胞であることから、がんになったり奇形腫をもたらしたりする可能性は低いです。

iSC細胞が作り出す新たな細胞や組織を移植することで、脳に限らず、傷害により失われた組織や その機能を再び甦らせることができる可能性をもっています」

「現在の脳梗塞患者に対する有効な治療法は、血栓溶解療法や血管内治療などの「血管再開通療法」ですが、この治療を受けられた患者であっても脳神経機能の回復は半数以下に留まります。

また脳梗塞患者の大多数にはこの治療ができず、後遺症を抱える結果となっています。

脳神経機能の回復に関する治療として、脳組織外に由来するiPS細胞・骨髄単核球細胞・間葉系幹細胞などを用いた臨床試験や研究が進められていますが、患者の治療選択肢を増やすためにも、脳組織内に由来するiSC細胞を用いた治療の確立が必要です」などの記述があります。

兵庫医科大学 」サイトより


光で がん退治、転移にも効果 米国立衛生研究所

ZAKZAK 」サイトより


がん細胞を殺傷する強力なキラーT細胞をヒトiPS細胞から再生

細胞のDNA損傷を除去する技術を開発 - 老化防止に期待

東大、簡単で省エネな医薬品合成法を開発

臓器の芽を作製する画期的な培養手法確立

神経ストレスが胃がんの発育を加速させるメカニズムを解明

線維芽細胞を用いた再生医療で心不全に挑む、メトセラ

心臓ホルモンの がん転移抑制効果,世界で初の臨床研究実施へ

空気圧制御の内視鏡手術支援ロボット「EMARO」を発売へ
同記事に「EMAROは、東工大精密工学研究所の只野耕太郎 准教授と、東京医科歯科大生体材料工学研究所の川嶋健嗣 教授の研究成果を活かして開発された内視鏡手術支援ロボット。

執刀医が頭部に装着したジャイロセンサーによって、執刀医の頭の動き検知し、頭の動きに合わせて内視鏡を空気圧で動かすことができる。

空気圧駆動は、動きが柔らかく滑らかで、安全性が高いということに加え、直径 約10mmの小さなシリンダーへの空気の出し入れだけで大きな出力を得ることができるため、装置の大幅な小型化・軽量化を図ることができるというメリットがある。

動く自由度は、内視鏡の抜き差し(前後)、上下、左右、回転の4つがあり、頭部の動きに加えて足元のスイッチで操作を行う。

高度な精密制御が求められる手術関連のロボットの動作を空気圧で制御することは困難とされていていたが、東工大の香川利春 教授の流体計測制御技術研究をベースに、只野 准教授と川嶋 教授が空気圧駆動系の厳密なモデル化と独自の制御技術を導入したことで精密な空気圧制御を実現した」

「内視鏡手術は患者に負担が少ない手術として普及が進んでいるが、従来の方式では、助手が執刀医の指示に従って内視鏡を操作するため、コミュニケーション面や手ぶれの発生などが問題となっており、「EMARO」は こうした課題を解決するロボットとして期待されている」などの記述があります。

順天堂大、血液がん細胞に穴をあけて死滅させる抗体を樹立

4K外科手術用 内視鏡システム「VISERA 4K UHD」

国立がん研、膵がんの血液バイオマーカーを発見

がん研、合成致死の関係性に基づいた がん治療法を提案

がん細胞にアポトーシスを誘導する人工核酸を発見

名大,肺がん転移に必須となるタンパク質を利用した新規治療法

血中タンパク質で急性腎不全が改善

がん化しないiPS細胞作製に成功 安全な再生医療応用に期待

成熟肝細胞から肝前駆細胞へのリプログラミングで肝臓を再構築

アルツハイマー治療薬が脳インスリンシグナル改善

低侵襲・効率的な血管内治療を支援する画像処理技術を開発

Aβオリゴマー除去でアルツハイマー症の病態が回復の可能性

FGF21が血糖上昇時に摂食を抑え、過血糖を抑制することを発見

アルツハイマー病発症の原因物質の蓄積を抑制する物質を発見

EDEMの量を増加が、神経変性疾患の治療戦略になる可能性

クマムシ固有のタンパク質がヒト培養細胞の放射線耐性を向上

弱い電流を流して薬剤耐性菌を殺傷する感染症 治療法

iPS技術で がん関連遺伝子の働きを変えることが可能

島津製作所,胆管や膵管の内視鏡検査での被曝量低減技術を開発

脳のバリア機能「血液脳関門」のモデルをヒトiPS細胞から作製

アフリカツメガエルから新たな がん抑制機構の候補を発見

ハッカ油とカルバゾクロムが歯周組織再生に貢献

ビール苦味成分でアルツハイマー病 原因物質減少,認知機能改善

カテプシンBが歯周病によるアルツハイマー様病態に関与

iPS細胞から輸血用血小板を量産する製法を確立

トキソプラズマなど病原体に対する免疫反応に重要な因子を同定

筋肉由来タンパクの一種に慢性閉塞性肺疾患の予防・治療可能性

ひとりで着脱できる手術用ガウンを開発

千葉大ら、心不全の新しいメカニズムを解明

ループ利尿薬が骨格筋の形成に関与 - サルコペニア治療に進展

保険適応の医療材料を用いた温熱刺激が骨形成を促進する

ストレスが高尿酸血症を促進する - 名大がメカニズムを解明

硝酸塩/亜硝酸塩の不足はメタボ.血管不全.突然死を引き起こす

がん転移を予防抑制するホルモン

エクソソームを「若返えらせる」ことにより血液の がんを抑制

心筋に秘められた再生能力を発見 大阪大グループ

糖尿病発症に脂肪酸のバランス変化が関与

京都大学、米ぬか酵素処理物の血圧降下作用を解明

オオノログを用いてアルツハイマー病の原因遺伝子を推定

セマフォリン3Aによって抗疲労性筋線維の形成が誘導される

肺胞マクロファージ分化に必須の酵素を発見

脳梗塞領域に血管を誘引するスポンジ形状の人工細胞足場を開発

ナノアパタイトがベースの生体組織用接着材を開発

グリア細胞が外傷性脳損傷から脳を保護する仕組みを明らかに

導電性の高い透明ナノ薄膜材料を発見、ITO代替に期待

機能性を示す食品成分の組み合わせを簡便に発見できる技術

免疫細胞を若返らせ、がんに対して強い効果をもつ細胞

細胞内アミド化反応で、がん細胞を見分けることに成功

金沢大、胃の修復と再生に必要な組織幹細胞を発見

細菌感染症診断に向けた迅速なゲノム解析システムを開発

京大、物質透過性を持つ糖鎖高分子ベシクルを開発

糖尿病による腎障害の画像化に成功

京大、ミトコンドリア内遺伝子発現を制御

AIで皮膚がんなどの診断を可能とするシステム

大阪市大、胃がんの腹膜転移予測に有用な術中診断法を開発

真菌(カビ)によって肝障害が悪化するメカニズムを解明

歯周病が関節リウマチなどを引き起こす関連メカニズムを解明

京大、iPS創薬に向けた希少難病における治験を開始

がん診断に役立つゲノムのメチル化レベル簡易測定法を開発

脳の配線を望ましい方向に変更し、認知機能を変化させる技術

マイナビ ニュース 」サイトより



集中治療後の患者にみられる脳障害「非常に一般的」
同記事に「医学界は概して この現象に気付いてないため、こうした患者の多くが「悪夢の中に1人取り残される」状況にある。

「多くの人が脳障害のある状態で われわれの治療の手を離れていく。なのに、一般的に医療専門家たちは、この問題を全く疑問視していない。

救命措置を施し、生命維持装置が不要となり、ショック状態が収まれば、われわれは自分の仕事は済んだと考えて、患者を立ち去らせてしまう。

患者たちは命は救われたかもしれない。だが、彼らが退院するとき、全く別の新たな問題と共に病院を去ることになるのだ」

「入院中に せん妄状態にあった期間が長いほど、後に発症する精神機能での問題も大きかったという。

ICUで治療を受ける患者に付き添う家族は、医師や看護師が患者のせん妄状態を監視しているかどうか確認すべきだと述べ、代替手段があるならば患者を昏睡状態におかず、患者の苦痛を和らげるとともに、不要に大量の薬物投与は避けるべきだ」などの記述があります。

週末の手術、術後の死亡リスクが上昇 英研究

女性医師が担当の患者、生存率より高い

手術中の音楽、患者の安全を脅かす恐れ
同記事に「音楽をかけながらの手術では、手術チーム内で会話が聞き取れずに返事を促す可能性が、音楽をかけていない場合の5倍に及ぶとの研究結果が、専門誌「先進看護ジャーナル(Journal of Advanced Nursing)」に掲載された。

音楽をかけながらの手術は一般化しているが、論文は この習慣に疑問を投げかけている。

研究論文は「手術室での音楽は(手術)チームのコミュニケーションを さまたげる可能性があるが、安全を脅かす恐れのあることとしては ほとんど認識されていない」と警告している。

研究者によると、50%以上の手術が音楽をかけながら行われている。割合は国によって異なり、たとえば英国では音楽をかけながらの手術が72%に上っているという」

「外科医が音楽をかける理由は、ストレスの緩和、ホワイトノイズの遮断、集中力アップなど さまざまだ。しかし、その有効性や悪影響については これまで ほとんど検証されたことがなかった。

英インペリアル・カレッジ・ロンドン(Imperial College London)の上席研究員、シャロンマリー・ウェルドン(Sharon-Marie Weldon)氏ら研究チームは、英国で6か月間に行われた音楽のかかっている手術、かかっていない手術、計20件を録画した。

結果、医師あるいはスタッフが、話し掛けた相手に応答を求める事例が5000回以上あった。そのような事例は、音楽がかかっている場合がそうでない場合の5倍だった。

「音楽に外科医の集中力を高める効果や外部の雑音を遮断する効果があるかどうかにかかわらず、チームのコミュニケーションを損なう恐れのあるものは何であれ、患者の安全を脅かす恐れがある」と、論文は結論付けた」などの記述があります。

手術後の痛み、音楽で軽減される可能性

世界初、脳手術に3Dグラス活用し成功 フランス

「呼気検査」で がんの種類を識別、イスラエル

布をクンクン、乳がん検知 犬使った画期的診断法、仏で発表

集団不妊手術後に8人死亡、数十人が重体 インド

スペインで中国人「偽医者」ら拘束、衛生状態悪い民家で手術も

インド、白内障手術で少なくとも15人が失明
同記事に「白内障手術は一般的には危険性が低いとされているが、このような事例はインドでは珍しくない。

2015年10月には、同国西部で同様の手術を受けて14人が失明しており、地元当局は病院スタッフが医療器具の適切な消毒を怠ったと説明していた」などの記述があります。

路上で行われる歯科治療、インド

インドの新生児、年間30万人が24時間内に死亡
同記事に「インドでは、生まれてから24時間以内に感染症などの予防可能な原因で死亡する新生児が毎年30万人以上に上ることが、「母の日レポート(State of the World's Mothers)」によって明らかになった」

「報告書によると、インドの新生児死亡数は世界全体の29%に上った他、世界人口の24%が住む南アジア地域で出産から24時間以内に死亡する新生児の数は、世界全体の40%に上っている」などの記述があります。

年間100万人の新生児が生後24時間以内に死亡、報告書
同記事に「生後1日目の死亡と死産を合わせた全体の数は220万人。その中で最も多かった国はインドで、全体の4分の1にあたる59万8038人だった」などの記述があります。

インド北東部の村で住民が毒グモの大群に襲われる
同記事に「インド北東部アッサム(Assam)州の村で大型の毒グモが大量に発生し、かまれた数十人が病院に搬送された。

住民らを襲ったクモについて、地元の専門家はタランチュラに似ているが、今までに見たことのない種のクモだと述べている。

住民が謎の毒グモにかまれる事件が起きたのは、アッサム州の州都グワハティ(Guwahati)の600キロ東に位置するサディヤ(Sadiya)。

インドのメディアによると、これまでに数十人が病院に搬送された。未確認だが2人が死亡したとの報告もある」

「地元アッサム州ディブルガル大学(Dibrugarh University)の生命科学部研究者、L・R・サイキア(L.R. Saikia)氏は、住民が毒グモに襲われた現場を訪れ、クモがタランチュラに似たものであることを確認したという。

どの種であるかは、まだ特定できていないが、サイキア氏は「おそらく攻撃的な種で、屋内で普段見かけるクモよりも強力な牙を持っているようだ」などの記述があります。

息子の治療求め国外逃亡、逮捕の英夫婦に同情集まる

チリの14歳少女、安楽死の許可求め大統領にメッセージ
同記事に「難治性の遺伝病「嚢胞(のうほう)性線維症」に苦しむチリの14歳の少女が安楽死を認めてほしいと訴える動画をインターネットに公開したことを受け、ミチェル・バチェレ(Michelle Bachelet)大統領は2月28日朝、カルメン・カスティージョ(Carmen Castillo)保健相を伴って事前の予告なく少女の入院先の病院を訪問した」

「この病気の患者は肺など重要な臓器の機能が低下し、呼吸不全や その他の多くの症状に苦しめられる」などの記述があります。

クモ毒成分に強力な鎮痛作用の可能性

「アスピリンで がんリスク低下」に新根拠、米研究 - 1

「アスピリンで がんリスク低下」に新根拠、米研究 - 2

抗生物質の長期摂取、結腸ポリープと関連か

損傷した生体組織を再生する実験薬、マウスで効果 米研究 - 1

損傷した生体組織を再生する実験薬、マウスで効果 米研究 - 2

加齢黄斑変性の英80歳男性、人工眼で視力回復 世界初

白内障に「点眼薬」、手術なしの治療に期待

ゾウに がんが少ない理由を解明、米研究
同記事に「米国医師会雑誌(Journal of the American Medical Association、JAMA)に掲載された研究論文によると、ゾウには、腫瘍の形成を抑制するタンパク質「p53」をコードする遺伝子の一部が変化したコピーが38あるが、人間は、この種のコピーを2つしか持っていないという。

これは、ゾウの体が進化の過程で、腫瘍の形成を阻止する遺伝子の追加のコピーを多数作成してきたことを意味する。

ゾウは人間より はるかに多くの細胞を持っているため、50~70年間の一生のうちに がんになるリスクは、人間より高いと通常は考えられる。だが実際は そうではないのは長い間、謎とされてきた。

ゾウの死因の膨大なデータベースを分析した結果、がんで死ぬゾウは全体の5%に満たないことが分かった。これに対し人間では、がんは死因の11~25%となっている。

論文の共同主執筆者で、米ユタ大学医学部(University of Utah School of Medicine)ハンツマンがん研究所(Huntsman Cancer Institute)の小児腫瘍医、ジョシュア・シフマン(Joshua Schiffman)氏は「論理的に推論すると、ゾウは途方もない数の がんを発症するはずで、実際には、高い がんリスクにより今頃は もう絶滅しているはずだ」とした上で、「より多くのp53を作ることが、この動物種を今も生存させている自然の方法だと考えている」と続けた。

さらに、がん化する危険性がある損傷した細胞を殺傷するための、より攻撃的な体内メカニズムが、ゾウには生まれつき備わっていると研究チームは指摘。

このことについて論文では「隔離したゾウの細胞では、この活性が、健康な人間の細胞の倍になっている」と記されている。

研究チームは、今回の成果が人間の抗がん治療法の新たな開発につながることを期待している」などの記述があります。

がん や多発性硬化症など検知、血液検査の研究進む

化学物質毒性をヒト細胞で予測,動物実験削減に期待 米研究 - 1

化学物質毒性をヒト細胞で予測,動物実験削減に期待 米研究 - 2

細胞の廃棄物処理機構「オートファジー」 - 1

細胞の廃棄物処理機構「オートファジー」 - 2

英政府、ヒトの胚の遺伝子編集研究を承認

ゲノム編集、ブタ内在性ウイルスのリスク除去 臓器移植に光

ゴカイがヒトの代替血液に貢献の可能性

AFPBB News 」サイトより


1歳児に麻酔をして一晩放置、韓国の病院の ありえない対応

レコード チャイナ 」サイトより


週末は病院での死亡率が跳ね上がるという「週末効果」とは
同記事に「2014年に行われた東北大学の研究で5500万人の患者のデータを分析したところ、土曜日の午後は他の日に比べて17%も死亡率が高いことが分かりました。

また、別の研究でベルリンの医療機関における21万8758人分のデータを分析したところ、午後の死亡率が他の時間帯よりも21%高く、また土日の死亡率は平日と比べて22%高いことも判明。

なお、1年のうち最も死亡率が高い月は2月であることも分かっています。

本来であれば避けられたはずの死が週末効果によって もたらされてしまった可能性があるとして、今回、イギリスの国民保健サービス(NHS)の 研究チームも2013年から2014年までの医療記録を使って調査を行いました。

研究によると、イギリスでは ある30日間に病院が患者を受け入れた人数が 1億5900万人であるのに対し、その患者が死亡したのは29万人で、全体を見ると死亡率は1.8%なのですが、金曜日になると死亡率が2%になり、土曜日は10%、日曜日は15%にまで上昇し、月曜日になると5%にまで下がることが判明。

総合すると、1万1000人もの患者が週末効果の影響で亡くなっていると考えられています」などの記述があります。

「ガン検診で死亡率が低下しているデータはない」研究者

遺伝子検査の結果で生命保険の加入が拒否されるかもしれない

運動で がん細胞の増殖を抑制できるかもしれない

末期がんにも大きな効果のある画期的治療法が登場

人間の老化に対する初の遺伝子治療が成功か

脳細胞の死滅を止める薬を発見、認知症の進行停止に光

ロボットでも生物でもない「人工クリーチャー」作成に成功

人間の途切れた神経をクモの糸で再建する手術の研究が進行中

利他的だと賞賛されたが後悔しているという腎臓提供者の手記
同記事に「人の腎臓は片方だけでも正常な状態を保つことができることから、末期腎不全患者における血液透析・腹膜透析にかわる治療法として行われる腎臓移植において、腎臓提供者の その後のリスクは少ないと言われています。

医者から「腎臓を提供した人が腎不全になるリスクは、一般の人が腎不全になるリスクと同じ」という説明を受けて18歳の時に腎臓提供を行ったMichael Poulsonさんでしたが、その数年後、ドナーとなったことを後悔することになります」

「家族からの反対にあいながらも「腎臓移植のドナーとなった人が腎不全になる確率は、一般の人が腎不全になる確率と同じ」ということから、Poulsonさんとして腎臓を移植することを決断しました」

「しかし手術から5年後、メディカルスクールへの進学を前にしたPoulsonさんはある研究施設で腎臓提供したドナーの様子を見ていた時に、大きな不安を抱くことになります。

研究所でPoulsonさんが会話した100人以上の、かつて腎臓を誰かに提供したドナーは腎不全を患っており、中にはガンを発症させている人もいたのです。

腎臓を提供したドナーについて学べば学ぶほど、Poulsonさんの中で不安は大きくなっていきました。

さらに、Poulsonさんに追い打ちをかけるように、2014年には、「腎臓を提供したドナーは末期腎不全になるリスクが大きい」という研究結果や、「心血管疾患といった原因で死亡するリスクが高い」という研究結果が発表されました」

「近年の腎臓移植では「長期的に見てもリスクが少なく、害のない手術」と説明され、ドナーは「利他的で勇敢な人」だとして賞賛されており、データが不足していることや現実に起こりうる移植後のリスクについては述べられていません」

「医者が持っているデータは必ずしも患者に伝えられるわけではない」

「研究が不十分で、長期的な健康への影響はわからない」などの記述があります。

個人の医療データは売買され、数千億円規模の お金が動く

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


病院の設計次第で患者の回復が早くなる? - 1

病院の設計次第で患者の回復が早くなる? - 2

ニューズ ウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より


初期のアルツハイマー病を改善する経鼻インスリン療法 - 1

初期のアルツハイマー病を改善する経鼻インスリン療法 - 2

ダイヤモンド・オンライン 」サイトより


血液1滴で13種類のガンを早期発見! 夢の検査システム

ロケットニュース24 」サイトより


最近の医学研究が とんでもないことになっている

近い将来に飛躍的進歩が期待される最新テクノロジー5選

「iPS細胞を心臓に貼り付ける」心不全治療の最前線と未来

ゲノム編集で「がん細胞の分裂の抑制」に成功

遺伝子編集された免疫細胞で赤ちゃんの白血病治療に成功

「高強度インターバルトレーニング(HIIT)」に老化抑制効果か

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


近赤外線で がん細胞が1日で消滅 - 日本人研究者が開発

がん早期判断の可能性 - コグニティブ コンピューティング

対象の菌だけを死滅させる新しいナノ ファイバー抗菌剤

狙った菌だけを死滅させる -「生分解性ポリマー」の可能性

世界初、半月板の再生医療に挑戦(前編)

世界初、半月板の再生医療に挑戦(後編)

マッスル スーツが量産開始(前編)

マッスル スーツが量産開始(後編)

筋肉がホルモンを出して糖尿病、がん などのリスクを防ぐ

身体機能を回復し、健康寿命を延ばす。NMNの驚きの効用

Mugendai(無限大) 」サイトより


神の手に医療技術は どこまで近づけるのか - 1

神の手に医療技術は どこまで近づけるのか - 2

神の手に医療技術は どこまで近づけるのか - 3

遠隔医療が実現するメディカル・イノベーション - 1

遠隔医療が実現するメディカル・イノベーション - 2

遠隔医療が実現するメディカル・イノベーション - 3

遠隔医療が実現するメディカル・イノベーション - 4

遠隔医療が実現するメディカル・イノベーション - 5

Telescope Magazine (テレスコープ マガジン) 」サイトより


宇宙ステーションの技術で肺がん検査
同記事に「Vantage Health社(カリフォルニア州Redwood City)は、NASAと独占契約を結び、国際宇宙ステーション用に開発された化学物質センサー技術を応用して、モバイルヘルスケア製品を開発している。

危険なガスが宇宙ステーションのクルーキャビン内にないか検査するためのセンサーを使って人の呼気(吐く息)を調べると、肺がんの有無が分かるという」

「揮発性有機化合物(VOC)をガスクロマトグラフィーと質量分析法により検出する。

「Vantageヘルスセンサー」と呼ばれる このデバイスは、肺がん患者の呼気に特有なVOCを検出することができるそうだ。今後、別の病気診断への応用も模索していく」などの記述があります。

Time&Space - KDDI 」サイトより


薬剤耐性菌
最終選択薬を無効にするスーパー耐性菌、中国南部で見つかる
同記事に「他の薬が使えない場合の最終選択薬とされている抗生物質への耐性を持ち、急速に感染する致死性のスーパー耐性菌が中国南部で見つかったとする研究論文が発表された。

研究チームは「大流行の恐れがある」と警告している」

「中国・広州(Guangzhou)にある華南農業大学(Southern Agricultural University)の劉建華(Liu Jian-Hua)教授らのチームは、スーパー耐性菌にも有効な抗菌薬ポリミキシンに対する耐性を病原菌に与えてしまう遺伝子「MCR-1」を保有する細菌を発見した。

MCR-1は、一般的な病原菌だが肺炎や血液疾患など致死性の病気の原因にもなる大腸菌や肺炎桿菌(クレブシエラ・ニューモニエ)を強力な耐性菌に変えてしまうという。

さらに、菌や生物種の境を越えて簡単に感染が拡大すると、医学誌「ランセット感染症ジャーナル(Lancet Infectious Diseases)」に掲載された論文は述べている。

MCR-1は、中国南部のブタやニワトリから見つかった。MCR-1を保有していた家畜は、動物用に広く使用されている抗生物質コリスチンが効かなかったという。

研究チームは4年にわたり複数の家畜市場でブタとニワトリを調査するとともに、広東(Guangdong)省と浙江(Zhejiang)省の2病院からも患者のサンプルの提供を受けて、それぞれ大腸菌と肺炎桿菌を検査した。

すると、家畜のサンプルの20%以上、生肉の15%、患者のサンプル計1322件のうち16件で、MCR-1を持った細菌が見つかった」

「現在は中国のみで見つかっているが、将来的にはMCR-1が「世界中に拡大する恐れがある」と警告している」などの記述があります。

抗生物質が効かない耐性菌、世界的脅威になる恐れ

「治療不可能な結核」の脅威が現実に、早期対策を呼びかけ
同記事に「国際間の人の移動が簡単になり、MDR-TBの発症率が増加している今の状況では、治療不可能な結核が広くまん延する脅威は極めて現実的だ」などの記述があります。

薬剤の併用で耐性獲得細菌に作用、米研究
同記事に「今回の研究では、化合物であるアシルデプシペプチド(ADEP)を従来の抗生物質と一緒に用いることで、抗生物質だけでは効かない耐性を獲得した細菌への効果が確認できた」

「ADEPが細胞内にあるタンパク質のプロテアーゼを活性化させることを突き止めた。

プロテアーゼは他のタンパク質を分解する特性を持つため、最終的に細菌内の細胞死を導く」などの記述があります。

薬剤耐性菌の弱点を特定、強固な外膜の構築阻止へ前進

新抗生物質「シュードウリジマイシン」、耐性菌に高い効果

AFPBB News 」サイトより


忍び寄る「スーパー耐性菌」の恐怖-インドから拡大
(Superbugs Spread to 40 Nations Threatening India Medical Tourism)
同記事に「外科手術を受けることになった。手術は12時間に及んだ。3週間後、ようやく自宅に戻ることができたスカレットさんは、主治医から ひどい知らせを受けた。

ほとんどの抗生物質が効かない突然変異の細菌が ぼうこうに侵入したというのだ。

恐らくインドの病院で使用されたカテーテルが汚染されており、そこから侵入した可能性が高いという。その細菌が血管に入り込めば致命的な感染となるリスクがあった」

「インドは そもそも国内に病気を患っている人が多いため影響を受けやすい。衛生状態が悪いこともあり、抗生物質耐性が強まっている」

「インドでは1億人が気付かぬうちにNDM-1遺伝子を保有し、その拡大を抑制する方法は ほとんどないと予測する。

NDM-1遺伝子が組み込まれた細菌が増え、人が それを世界中に運ぶため、同遺伝子の確認が報告される国は ますます増えると予想される。

世界的な大惨事を食い止めようと、科学者や医師は警鐘を鳴らしている」などの記述があります。

ブルームバーグ 」サイトより


アメリカで抗生物質が効かない「スーパーバグ」が広がっている

抗生物質が効かない細菌「NDM-1」大人の事情で対策は進まず
同記事に「インドでは薬剤への耐性を持つ細菌が水たまりや水道水から検出されており、そのうち、13パーセントがNDM-1遺伝子を持っています」などの記述があります。

ギズモード・ジャパン 」サイトより


多剤耐性菌情報 - NDM-1およびNDM-1産生菌の特徴

日本感染症学会 」サイトより


航空機による旅行における結核ガイドラインの改訂
同記事に「航空機内に結核患者がいる場合、特に長時間の航空機搭乗は結核感染のリスクとなる。

航空機内での多剤耐性結核(MDR-TB)感染や、易感染者への感染の危険性が問題視され「結核と航空機による旅行(予防と対策のガイドライン)第3版」がWHOから公表された」などの記述があります。

感染症疫学センター 」サイトより


もし細菌が抗生物質との戦いに勝利したら
同記事に「抗生物質で治すことができない病気(軽い病気も含めて)が増加中で、世界中で警告が発せられている。

病原菌の抗生物質に対する抵抗力が どんどん強くなっているせいで、わたしたちはペニシリン以前の時代に戻ろうとしている」

「出産やツベルクリン反応の注射、ちょっとした外科手術の結果、さらには単なる喉の痛みが原因で死ぬということが、もうすぐ起こるようになるかもしれない。

世界中の専門家たちが、このことを確信している。彼らはもう何年も前から警告を発しており、現在では非常に切迫したものとなっている」

「時間との競争になるが、勝利を収めるのを待つ間に、できることは何だろうか?

残念ながら多くはなく、少し衛生に熱心になること、頻繁に手を洗い、特にトイレに行ったあとは絶対に忘れないこと、頻繁にお湯と洗剤で台所と台所用品を洗浄すること、そして気管の感染症は、95%が抗生物質の効かないウイルスによって引き起こされるのを覚えておくことくらいだ(従って、あなたの主治医が風邪に抗生物質を処方し続けるような人であれば、批判的な意識をもっておくことだ)」などの記述があります。

抗生物質が効かない「スーパー淋病」蔓延の懸念

WIRED.jp 」サイトより


【関連記事】


結核分布の世界地図

感染症対策・世界分布

衛生状態の世界地図



汚い文字は医療ミスの原因に、インド医師団体が改善活動

水頭症に苦しむインドの女児、治療に道は?
同記事に「インド北東部トリプラ(Tripura)州の州都アガルタラ(Agartala)郊外に住む生後18か月のローナ・ベグム(Roona Begum)ちゃんは、髄液が頭蓋腔内にたまり脳室が拡大する水頭症に苦んでいる。しかし、れんが工場で働く父親は日給150ルピー(約270円)と収入が少なく、娘に治療を受けさせることができない。

インドの農村開発相は昨年11月、同国では公的医療制度が崩壊している上に、貧困層向けの社会的セーフティー・ネットも整備されていないと指摘している」などの記述があります。

集団不妊手術後に8人死亡、数十人が重体 インド

腐敗はびこる中国の医療現場 1

腐敗はびこる中国の医療現場 2

がん患者数、2030年までに1.5倍に 国連
同記事に「がんは2011年に心疾患を抜いて、世界の死因の第1位となっている」

「全体的に がんによる打撃が最も大きいのは発展途上国で、貧困によってウイルス感染や別の疾患を治療できないために発症する がんと今も すでに闘っていると語った。

「死亡する患者が最も多い がんの種類は肺がんで、全体の19.4%を占め、次いで肝がん9.1%、胃がん8.8%となっている。

中でも報告書は、たばこの売上増を目指す企業の戦略と肺がんの増加には「密接なつながり」があると指摘している」

「発展途上国では、進行してしまってから がんと診断されることが多く、また治療も受けにくいと報告書は指摘している」

「低・中所得国に今後、降りかかると予測される とりわけ大きな重荷は、がん撲滅を ほぼ あり得ないものにしているし、高所得国でさえ上昇する治療費や介護費のコストへの対応に苦しむことになるだろう」などの記述があります。

オランダ,体外受精で別人の精子使用か,半数が既に妊娠・出産

AFPBB News 」サイトより


韓国では医療事故は もみ消しが基本

韓国の医院、使い切りの注射器を繰り返し使用

韓国で恐ろしい医療ミス、血液型を間違えて輸血し患者が重体

韓国、未然に防げる社会災害の人命被害が10年間で2000人超え

韓国の歯科医で親知らずと間違い隣の歯を抜くミス、時々発生

米国の中国系医師、猫の唾液と蒸留酒入りワクチン飲ませ免停

中国の100億円規模のワクチン違法売買事件

中国の救急車、患者の死亡確認で搬送途中に患者降ろす

レコード チャイナ 」サイトより


【関連記事】


海外旅行保険

世界の治安・安全情報

感染症対策・世界分布
海外には、日本では知られていない感染症もあります。感染症の治療費のことも考え保険に入っておくと安心です。

衛生状態の世界地図
世界には、衛生状態の悪い国もあります。状況を事前に知っておくことで、いろいろな準備や対策も可能になります。

交通事情の世界地図
海外では日本と同じ左側通行の国もあれば右側通行の国もあります。また、交通事故が多い国もあります。



生と死の境界を変える蘇生方法は「人の身体を低温にする」こと

あなたが死んだあと、体に何が起きるのか?

がん患者の心理療法に「マジックマッシュルーム」が有効

脳は これまで考えられていたより10倍も活動的

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


脳死に まつわる難題

臨死体験の原因は血中の二酸化炭素?

死後3か月たったミズクラゲが生き返った!

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


「植物状態の人間に意識があるか」を測定する装置

「閉じ込め症候群」患者とのコミュニケーションに成功

「脳波停止の後」に残る意識:蘇生医療の最前線から 1
同記事に「蘇生した人々からは時折、従来考えられてきた事柄を否定する体験が報告されている。脳の活動が停止していたはずなのに、周囲の物事を見たり聞いたりしたというのだ。

蘇生した人々の記憶が正確で、なおかつ脳が本当に停止していたのだとすれば、少なくとも現在の神経学では説明が付かない現象だ。

「現在はっきりとしているのは、人間の意識が消滅するわけではない」などの記述があります。

「脳波停止の後」に残る意識:蘇生医療の最前線から 2
同記事に「心臓発作で死んだ人の場合も、その心臓発作を治療できるのであれば原則的に、脳に保護措置を施して、永久的な細胞死に至らないようにしてから、心臓を復活させることができます」などの記述があります。

「脳波停止の後」に残る意識:蘇生医療の最前線から 3
同記事に「死の直前に、あるいは意識を回復した直後に認識したことを間違えて認識したのではないかという考え方は、心停止中に起きたことをとても詳しく説明する人が たくさんいる事実に反します。そうした人たちは、周囲で交わされた会話や、人々が着ていた服装、蘇生法開始から10~20分間の出来事などを描写します。脳活動が平坦であるにも かかわらずです」などの記述があります。

「死」は青い光を放つことが判明 1

「死」は青い光を放つことが判明 2

WIRED.jp 」サイトより


生死の間を彷徨った人々が語る「死の淵で目にしたこと」5選

ロケットニュース24 」サイトより


オーストラリア 心肺停止の2児の母、42分後に蘇生
同記事に「オーストラリア・メルボルンの病院で、心肺機能が停止し、臨床死を宣告された女性が、医師団の尽力で42分後に蘇生する出来事があった」

「病院に到着して すぐにタナシオさんは臨床死を宣告された。ただ医師団はあきらめなかった。

オーストラリアに1つしかない心臓マッサージ システム「ルーカス2(Lucas 2)」を使い、脳に血液を送り続けながら、循環器専門医のワリー・アフマル(Wally Ahmar)医師が詰まった血管を切開して血栓を取り除いた。

その後、電気ショックを与えるとタナシオさんの心臓は通常の心拍を取り戻したという」などの記述があります。

「植物状態」でも意識あり、脳波で意思伝達可能に カナダ研究

脳死判定から4か月、女性が男児出産 ポルトガル

昏睡状態で出産,4か月後に目覚め息子と初対面 アルゼンチン

臨死体験の科学的解明に前進、心停止後に「脳が活発化」

末期患者男性、死ぬ権利 勝ち取った日に自然死 南ア

カリフォルニア州で安楽死合法化へ、全米で6番目

ベルギー、17歳の子どもが安楽死、未成年で初

フランス、7人を安楽死させた元医師に逆転有罪判決

オランダ、アルコール依存症に苦しんだ40代男性が安楽死

バングラデシュ、「息子らを安楽死させたい」 悲痛な叫び - 1
同記事に「不治の病に侵された2人の息子と孫の苦しみを この手で止めることを許してほしい──バングラデシュに暮らす貧しい父親の悲痛な訴えがきっかけとなり、この国では ほぼ話題に上ることのない「安楽死」が論争の的となっている。

「もう何年も看病してきた。バングラデシュだけでなくインドの病院にも連れて行った。治療費を工面するために営んでいた店も売り、無一文になってしまった」と、バングラデシュ西部の田舎で果物の露天商として働くトファザル・ホサインさんは言う。

「回復の見込みはなく、苦しみだけが残された彼らの運命を どうすればいいのか、地元政府に決めてもらいたい。私には もう耐えられない」と話すホサインさん。

地元の政府に対して、息子と孫の看病の支援か「薬で死なせることを許してほしい」と嘆願書で訴えた。

多くの人が貧困ライン以下の生活を送るバングラデシュでは、病院で治療を受けられる人は限られている。無料の医療サービスを提供してくれるクリニックも ほとんどない。

バングラデシュで不治の病に侵されている人は推定60万人とされるが、緩和ケアを行う施設は国内に1つしかなく、末期患者向けのホスピスは皆無だ。

そのため、遺伝性の疾患「デュシェンヌ型筋ジストロフィー」を患うホサインさんの息子2人(24歳と13歳)と孫(8歳)に残された選択肢は ほとんどない。

デュシェンヌ型筋ジストロフィーは筋力が次第に衰える病気で、有効な治療法はなく、30歳を超えて生きられる患者は少ない。

ベッドに寝たきりで動くことができない息子たちは病状を自覚している。ホサインさんによると、孫は まだ自分でトイレに行くことができるが、その症状は悪化しているという」などの記述があります。

バングラデシュ、「息子らを安楽死させたい」 悲痛な叫び - 2
同記事に「ホサイン一家の窮状は、これまでバングラデシュで ほとんど見られなかった安楽死をめぐる論争に火をつけた。自殺未遂で禁固刑と なりかねない同国では、安楽死も法律で厳しく禁じられている。

イスラム教徒が大半を占めていることから、宗教的にも安楽死は認められていない。

地元人権団体の代表は、バングラデシュ人のほとんどが安楽死を支持しないだけではなく、それについて議論することすら反対の立場であると説明。そして「人々は(安楽死を)殺人行為だと見なしている」と続けた。

首都ダッカ(Dhaka)にあるバングラデシュ唯一の緩和ケアセンターの所長は、不治の病で苦しむ人たちの看病や安楽死の問題について「率直な議論」をする時が来たと語る。「(ホサインさんの訴えが)安楽死をめぐる健全な論争につながるだろう」

ホサインさんの家族を診ている医師も、3人が ひどい身体的苦痛に悩まされていることを指摘しながら「人道的な問題」であるとコメントしている」などの記述があります。

欧州人権裁判所、遺伝子疾患の赤ちゃんの「尊厳死」認める判断

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


世界の治安・安全情報



いざという時に役立つ8つの人命救助スキル

ライフハッカー[日本版] 」サイトより



脊髄損傷からの麻痺が治る?「e-Dura」

夢の若返り薬「NMN」がついに人体実験へ

遺伝子編集ツール「CRISPR」ついに人間での使用へ?

デザイナー受精卵がビジネスに? 生殖医療+遺伝子編集の未来

iPS創薬が遂に実現へ。京大病院が世界初の治験を近く実施

注射の失敗が無くなる、血管の位置を確認できるガジェット

フグの毒が痛み止めの鍵?

脳卒中の特効薬になるかもしれないのは、クモの「猛毒」

ハンチントン病の治療法発見?CRISPR技術で症状改善の可能性

ギズモード・ジャパン 」サイトより


どんなドナーからでも移植手術が可能になる革新的な新技術

「ガンを治療する腸内バクテリア」が、ガン研究に衝撃を与えた
同記事に「2015年の秋、「腸内バクテリアが皮膚がんの抑制に効果を発揮する」という内容の研究結果が発表され、大きな注目を集めました」

「2015年11月、シカゴ大学の研究者が、マウスの胃腸に存在するバクテリアが皮膚がんの免疫療法として有効であることを発見しました。

研究では人間の消化管内に存在するビフィズス菌をマウスに経口投与し、マウスのメラノーマの成長と、自発的な抗腫瘍性の免疫の働きが観察されたところ、皮膚がんの成長抑制で免疫療法と同程度の効果があったと報告しています。

また、ビフィズス菌の投与と免疫療法の両方を実施した場合はメラノーマの成長が ほとんどストップしたとのこと。

また、別の研究では、フランスの研究者がバクテリアの一種は免疫応答療法を活性化させることを発表。一連の出来事により、製薬会社は人体のマイクロバイオームに大きく興味を示すようになりました。

Roche's Genentech divisionで 働くDaniel Chenさんは、がんの免疫療法について研究をしている1人。「5年前は『胃腸のバクテリアが免疫系の応答で重要な役割を果たしているの?』と聞かれたら 笑い飛ばしていたでしょうが、今では免疫学者の多くがバクテリアと免疫系は大きく関係していると考えています」とChenさんは語っています」

「マイクロバイオームやバクテリアと免疫の関係に対する注目は全体的に見て大きくなっており、ネスレは2015年1月に、クロストリジウム属を利用した消化系に効果的な治療法を開発するambridgeという企業に6500万ドルを投資しました。研究がうまくいけば、体にいいバクテリアを含む食べ物やサプリメントが市場に出てくる可能性もあるわけです。

2015年に炎症性腸疾患に関するマイクロバイオーム薬のライセンス契約をジョンソン・エンド・ジョンソンと結んだと発表したスタートアップのVedanta BiosciencesのCEOであるBernat Olleさんは、製薬会社に興味を持たれる度合いや、どれほど彼らが真剣に この分野に参入したがっているか、ということから、いかに製薬会社がバクテリアを利用した がん治療に期待を抱いているかがわかる、と語ります。

また、スタートアップの4D Pharma PLCは2015年11月に動物実験において乳がん・肺がんに有効なバクテリアを発見したと発表」

「フランスのENTEROMEは別のアプローチを取っており、バクテリアの分泌物を使った治療法を開発中」

「ただし、これまでの研究で、人間のマイクロバイオームのあり方は多様であるため、免疫療法は たとえ一卵性双生児のマウスであっても効果に差があることがわかっています。

また、無数にあるバクテリアの中から がん治療に有効なものを特定することや、効果を発揮するのに必要なバクテリアの量を突き止めるのも難しいところで、「ある患者にとっては有効だが、別の患者には有害になる」ということが起こりうるのも今後の課題としてあげられています」などの記述があります。

「腸内バクテリアが あなたの病を治す」時代が到来する

野菜の糖を食べる良い腸内細菌が健康を促進するメカニズム
同記事に「ヨーク大学・イライザ・ホール研究所・Bio21研究所の共同研究チームがNature Chemical Biology誌で発表した研究結果によると、人間の腸内にいる大腸菌のような「良い」バクテリアは、葉物野菜に含まれる糖分を栄養分としており、葉物野菜を食べることで腸内の悪玉菌の増殖を抑制し、繁殖を予防する防護壁を作り出していることが判明しました」

「新たに腸内バクテリアのメカニズムが解明されたことで、既存の抗生物質に耐性を持つ病原体に有効な新型抗生物質の開発にも役立つ可能性がある」などの記述があります。

「ナノライト」が医療・技術・生活など世の中を変える

人間の目の水晶体を完全に再生し、視力を取り戻すことに成功

人間が失った人体パーツを自力再生できる可能性

静脈を透過して注射の失敗を完全になくす「VeinViewer」

超極小のマイクロレンズが3Dプリンターで出力可能に

子どもの歯をドリルで削らない虫歯治療法とは?

アルツハイマー治療薬を使って歯を再生させることに成功

下半身不随の患者が足を動かせるようになったVRトレーニング

遺伝子編集技術により遺伝性疾患の治療が安全に実施可能

ヒト受精卵へのゲノム編集による遺伝子改変に成功

遺伝子解析が「健康な人」を「病人」に変えるかもしれない

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


【関連記事】


平均寿命の世界地図

世界の健康寿命



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ緻密な情報、厳選リンクも満載