【海外生活】海外生活に重要な治安・物価・税制・ビザ等の国別情報

海外移住と世界の物価・国際比較

世界には物価の安い国もあれば、物価(滞在費、生活費)が高く生活が大変な国もあります。

そこで、世界の物価ランキングや国際比較、海外移住の費用など海外で生活する際の暮らしやすさや、国別の生活費の参考になるサイトを紹介します。



      ★ 更新情報|海外移住の地図帳 ★
約15年間、たった一人で作成。ほぼ毎日更新。
当ページを含め、83ページの更新情報。


このページに「ふりがな」(ruby)を付ける

ひらがな めがね 」サイトより


【物価.海外の生活費.滞在費・関連情報サイト】
生活費の参考になる物価の安い都市、物価の高い都市の比較。


世界生活費ランキング、1位はシンガポール

レコード チャイナ 」サイトより


The Economist Intelligence Unit 」サイトより (英語)


世界都市の生活費ランキング、オーストラリアが急浮上

世界の都市の住みやすさトップ10、カナダと豪州が上位

世界で最も住みやすい都市ランキング、1位は豪メルボルン

外国人駐在員の生活費が最も高い都市、ルアンダが1位

世界のホテル宿泊料金、高いと安いトップ10

カタール断交1か月、市民生活に広がる「悪夢」 - 1
同記事に「物資不足への不満も募ってきている。好みの食べ物が買えないというだけでなく、例えば自動車の交換用フロントガラスなど、普段そこまで気にしていないがないと困るという物品も手に入らなくなっている」

「ある露天商は、「国境封鎖後に値段が跳ね上がった、特にルッコラやパセリ、セイヨウアサツキは ひどい」と語った」などの記述があります。

スーパー全店で客の指紋チェック導入へ、ベネズエラ
同記事に「南米ベネズエラのニコラス・マドゥロ(Nicolas Maduro)大統領は、国内のスーパーマーケット各店に指紋認証スキャナーを導入する計画を発表した。生活必需品の価格規制を行っている同国で食品や日用品を安く購入し、周辺国に密輸出している業者を取り締まるためという。

ベネズエラでは価格規制により、食品を はじめとする生活必需品の値段が周辺国に比べて最大10分の1の安さとなっている。

大統領は、ベネズエラ国内で生活必需品が供給不足に陥っているのは、密輸業者が越境してベネズエラで安い商品を買いつけ、周辺国、特に隣国コロンビアで販売して莫大な利益を得ているせいだと非難している。

指紋スキャナーの導入は、何度もスーパーに来て異常なほど大量の食品を買い込む行為などを防止するのが狙い。

ベネズエラ政府は今月初旬には、密輸取り締まりのため全長2200キロに及ぶ隣国コロンビアとの国境を毎晩 封鎖する措置を開始している」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


【2017年版】世界で最も不動産が高い都市ランキングが発表!

ロケットニュース24 」サイトより


「生活費が高い国」トップ20
同記事に「
1. スイス - 126.03
2. ノルウェイ - 118.59
3. ベネズエラ - 111.01
4. アイスランド - 102.14
5. デンマーク - 100.60
6. オーストラリア - 99.32
7. ニュージーランド - 93.71
8. シンガポール - 93.61
9. クウェート - 92.97
10. イギリス - 92.19
11. アイルランド - 92.09
12. ルクセンブルグ - 91.78
13. フィンランド - 89.68
14. フランス - 88.37
15. ベルギー - 87.22
」などの記述があります。

ハフィントン ポスト 」サイトより


Cost of Living Index for Country(英語)

Cost Of Living Comparison Between Two Countries (英語)
操作方法は
1)比較する二つの国をプルダウンメニューから選択。
2)それぞれの国の都市をプルダウンメニューから選択。

Cost of Living 」サイトより (英語)


図録 物価の長期推移(国際比較)

社会実情データ図録 Honkawa Data Tribune 」サイトより


財団法人 国際金融情報センター 」サイト
(世界各国の物価水準 - 日本の物価との比較など)


Cost of Living 」サイト (英語)


iPhoneやピザの値段を各国比較したインフォグラフィック

ビジュアル シンキング 」サイトより


Teleport.org 」サイト (英語)
Compare cities on quality of life, costs of living, salaries and more. Explore where to move based on your personal preferences.


世界の国別 物価比較 一覧表

WEB金融新聞 」サイトより


If It Were My Home 」サイト(英語)


世界各国の生活水準が比較できる「If It Were My Home」

現役の世界旅行家が「安く旅する究極の海外旅行術」を伝授

世界の どこでも低予算で楽しく旅行する方法

旅行や移住前に確認!サービス別「チップ」の目安と決まり

海外生活ハック:自動精算機で両替手数料を回避

海外旅行先で外国人の おうちに泊まれるオススメのサービス

世界を安く旅したい。旅のプロが教える究極のトラベル ハック

箇条書きより効率的。予算管理は円グラフで

ライフ ハッカー[日本版] 」サイトより


TripIndex 旅行者のための物価指数
世界主要都市の物価を旅行者目線で比較!

世界主要都市のタクシー料金比較

世界の郵便料金

tripgraphics(トリップ グラフィックス) 」サイトより


500円で買える食べ物の量は世界各国で どれぐらい差があるか?

Google検索の通貨換算が爆速となる3文字の通貨コード

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


「暮らすように旅をする」が叶う検索サイト

cafe globe 」サイトより


オーストラリアの やよい軒 サバ定食が2500円もする理由 - 1

オーストラリアの やよい軒 サバ定食が2500円もする理由 - 2
同記事に「YAYOIの2,500円のサバ定食が高くない理由は、本家とのコンセプトの違いに加えて、日本の2~3倍高いオーストラリアの物価水準にある。昼食を簡単に済ませるにも、コンビニでサンドイッチ(4豪ドル=約390円)とコーラ1缶(2.5豪ドル=約240円)を買うだけで600円以上は かかる。

セルフ サービスのフードコートでも、飲み物込みで10豪ドル(約970円)以内に収まれば いい方だ。レストランなら低・中価格帯の店でも20~30豪ドル(約1,900~2,900円)は下らない。

日本の外食大手、力の源カンパニー(福岡市)が2012年にシドニー市内にオープンしたラーメン店「博多一風堂」では、豚骨ラーメンが1杯15豪ドル(約1,500円)する」などの記述があります。

オーストラリアの やよい軒 サバ定食が2500円もする理由 - 3
同記事に「出張で訪れる日本のサラリーマンは、口を揃えてオーストラリアの物価は高すぎると言う。

確かに、資源ブームを背景とした息の長い経済成長で、この国の物価と賃金は先進国でも屈指の水準まで上昇した」

「かつて日本人は、退職金で物価の安いオーストラリアに家を買って移住し、日本の年金で生活できた。また、日本の物価の高さは訪日したオーストラリア人の語り種だった。

しかし、約20年にわたるオーストラリアの「インフレ」と日本の「デフレ」のギャップが、その立場を逆転させてしまっている」などの記述があります。

THE PAGE(ザ・ページ) 」サイトより




トランプ政権誕生で米富裕層が海外移住!人気の3大都市
同記事に「まさかのトランプ氏勝利に揺れる米国で、国外脱出を目論む国民が急増しているという。

選挙当日の11月9日、トランプ政権の誕生がまだ決定していなかった時点で、すでにカナダ移民省のウェブサイトがクラッシュするなど、米国民の悲壮感は深刻だ。

他国の不動産産業にとっては恰好のビジネスチャンスである。

中でも米富裕層に人気の海外移住先は環境、生活水準、投資価値などの理由から、ロンドン、トロント、オークランドの3大都市に集中しているようだ。

<ロンドン、トロント、オークランドが最有力候補>

Brexitの影響でポンド安が続く英国。昨年から始まった「ロンドン高級不動産プチバブル崩壊」に後押しされ、すでに海外投資家の叩き買いが始まっている」

「多数の著名人が移住先候補として挙げているのはカナダ。壮大な自然、生活水準の高さといった利点のほかに、米国に近いという立地条件も人気の秘密だ。

またカナダでは以前から一部の自治体が移住促進キャンペーンなどを打ちだしているなど、米国からの移民歓迎ムードが強い。

過去10年間で不動産価格が急騰したバンクーバーに代わり、注目を浴びているのは金融都市、トロント。

トロントの住宅価格も年々上昇傾向にあるが、バンクーバー、ロンドン、ニューヨークの異常なバブル価格の足元にもおよばない。

同じく広大な自然を誇るオークランドへの関心も高い。

ニュージーランドの公式機関が米メディアに公表したデータによると、11月1日から8日にかけての移住申請(学生含む)は1593件と記録的な数に達したという。

しかしニュージーランドでは低金利政策によるバブル崩壊への懸念が強まっており、同様のリスクを抱えるロンドンよりも「安全資産」としての価値は低いと見なされている。

全都市に共通する問題は「海外投資家の買いあげによる不動産価格の高騰」だ。

国への経済効果は期待できても、住民にとっては生活を圧迫するネガティブ要因になりかねない」などの記述があります。

ZUU online 」サイトより


スペイン,電気止められ蝋燭で火事,「エネルギー貧困」女性死亡
同記事に「電気代が高騰するスペインで、電気を止められて照明代わりに使用していた ろうそくが原因の火事で高齢女性が死亡したことから、「エネルギー貧困」を象徴する事故として激しい怒りが巻き起こっている。

死亡したのはスペイン北東部レウス(Reus)のアパートに孫娘と同居していた81歳の女性。

地元警察などによると2016年11月13日夜、女性はアパートで ろうそくを灯して明かりをとっていたが、その1つがマットレスに引火。女性は逃げようとしたが煙を吸い込んで死亡した。

女性は電気料金の支払いを滞納したため、2か月前から電力供給を止められていたという。

公式統計によればスペインでは2006年~15年、電力料金が56%も急騰。ガス料金も28%、水道料金は43%も上昇している。

スペインの消費者団体ファクア(FACUA)によると、スペインの電力大手2社、エンデサ(Endesa)とイベルドローラ(Iberdrola)が電気料金の支払い滞納を理由に2015年、電力供給を停止した顧客は50万6481件で、前年比で5.9%増えている。 

環境グループ「サイエンス・アンド・ザ・エンバイロメント(Science and the Environment)」の主張では、人口4600万人のスペインにおいて部屋の暖房が十分でなかったり電気代の支払いに苦慮したりしている「エネルギー貧困者」は400万~700万人にのぼる」などの記述があります。

都市から地元住民が消える、バルセロナが鳴らす警鐘 - 1
同記事に「北西部ガリシア(Galicia)出身のモウレロさんも、1962年から住み続けていたこの地区から昨年、移住した。25年間借りていたフラットが投資家に売却され、立ち退かされたのだ。

家賃が月500ユーロ(約6万5000円)だったこのフラットを出たモウレロさんには、同じ地区で借りることのできる物件は金額的になかった。

「他は、1000、1200、1500ユーロといった感じだ」と、76歳のモウレロさんは嘆く。

さらに「ここは私の村だった。私のすべてがあった。友人がいて、店があって、ここで結婚し、子どもが生まれ、死ぬのもここだと思っていた。難民になった気分だ」と目に涙を浮かべ、モウレロさんは語った」などの記述があります。

都市から地元住民が消える、バルセロナが鳴らす警鐘 - 2
同記事に「バルセロナ市によると、2006年には2万7470人だったゴシック地区の人口は、2015年には1万5624人まで減っている。現在の人口の63%は観光客や短期滞在の「流動的」な住民たちだ」

「世界各地の都市で起きている同様の現象を研究する社会学者のダニエル・ソランド(Daniel Sorando)氏は「都市の中心部は金を生み出すための仕掛けとみなされて、労働階級は その外へ立ち退かされている」と語る。

例えばフランスのパリ(Paris)では、観光客向け賃貸への乗り換えを含め、過去5年間で2万戸の住宅物件が消えた。

そのため家賃は上昇し、人口は減っているとパリ市の担当者は述べた」

「年間3000万人が訪れるバルセロナでは、同市の収益性に目を付けた投資家らの影響で家賃などの価格の上昇が激しい」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


【参考記事】


日本人街・経済特区

移民政策

永住権の取得・申請条件


海外移住の費用
海外移住の費用は取得するビザや その国の物価の水準、日本円を基準に考える場合には、為替レート や ライフスタイルなどによっても大きく変わってきます。

ビザ取得の際、資産要件を求められるビザの場合、為替レートによって、日本円を基準に考えると、円高であれば安くなり、反対に円安のときには高くなります。

さらに、就労許可の有無でも、海外移住に必要な費用は大きく異なってきます。(現地通貨建ての収入があれば、輸入品を除いて為替の影響は ありません。)

また、医療費などの社会保障の有無や現地での年金受給の有無などによっても、生活するうえで必要な費用は大きく異なってきます。


【関連記事】


為替・度量衡の換算

世界の医療事情


海外移住の国選びは慎重に
海外移住は海外旅行とは異なり、あらゆる視点から、慎重に熟慮する必要があります。

物価が安いという理由だけで移住し、いざ現地に住んでみると、治安、感染症、衛生状態、自然災害など様々な問題により、短期間で移住を断念し日本に帰国するというケースが、特に途上国への移住者に多発しています。

また、途上国では経済成長に伴う物価上昇や環境汚染、将来的な原発計画や政情不安、為替レートが乱高下するリスクなどの問題を孕(はら)んでいる上、途上国の退職者ビザの場合は、就労許可がないことが多く、仕事ができず収入も無いため、貯蓄が底を付いてしまうと帰国を余儀なくされるリスクがあります。

自分の老後や子育て、子供の将来のことを考えると、感染症や衛生状態の問題が少なく、社会保障や老後の年金の充実した先進国の永住権を取得したほうが、長期的に考えて得策である場合も多く、移住が比較的容易である途上国への移住が「近道」のように見えても、実は「遠回り」という場合もあるようです。


【関連記事】


移住の方法

永住権の取得 申請条件

感染症対策・世界分布

大気汚染の世界地図

衛生状態の世界地図

平均寿命の世界地図
( 平均寿命の短い国は生存環境が苛酷な国もあります。)


物価水準と生活水準
海外の生活費や滞在費は国の物価水準にも左右されますが、個人の生活水準によるものが意外に大きいという意見があります。

移住先の現地で屋台か自炊の生活が許容できれば良いのですが、衛生概念の違いなどで なじめなかったり、現地の食材が味覚にあわず、日本食の食材を購入したり、日本食のレストランの利用が多いという生活をしていれば、海外では日本の食材や日本食レストランの値段が高いこともあり、物価が安い国であっても日本以上に生活費が かさんでしまうという場合もあるため、注意が必要です。

つまり、安い物価を享受したい場合、現地の人々と同様の生活水準にした場合、現地の物価水準と同じになるということですから、例えば、現地の人々が1か月1万円で暮らせる国があっても、その国に日本人が移住して、そのまま同じ生活が許容できるかといえば、実際問題としては困難であるため、物価の安い国であっても、実際には生活費が高くなる可能性があると考えて良いでしょう。

もちろん、物価水準の高い先進国においては、物価高に加え 日本食の頻度や日本の生活水準などを考慮した場合、日本人が海外で生活する場合は、現地の人よりも相当に生活費が高くなってしまっているケースも多いようです。
( 就労可能なビザがある場合、物価が安い国では、給料も安く、物価の高い国では、給料が高いため、収入が現地ベースとなっている場合は、実質的な物価の差は感じにくい。)

また、生活費を現地通貨を基準に考えるのか、それとも円に換算した生活費を基準にするかということでも大きく異なります。

円に換算した生活費を基準にした場合、対現地通貨と円との為替レートが円高の場合は生活費が安くなり、反対に対現地通貨と円との為替レートが円安の場合には生活費が高くなってしまいます。

日本円で受け取っている年金などで生活をする場合は、円高の時期を基準に考えてしまうと、将来、円安に為替レートが振れた際に生活が困難になってしまう危険性があります。

特に、年金生活者などが帰国を余儀なくされるほどの大幅な円安という状況下においては、日本が帰国しにくい大変な状況になっているという場合も考えられるため、「日本で生活が難しいから物価の安い海外で...」という方は将来の人生設計を慎重にすべきであるという意見もあります。


【関連情報サイト】


「タイで優雅な年金生活」の夢が破綻、大惨事も - 1

JBpress (日本ビジネス プレス) 」サイトより


フィリピン、タイ、マレーシア...憧れの「海外移住」の光と影 1
同記事に「タイやフィリピンも、現地の人は月5万円以下で暮らしていますが、日本人は そういう生活に耐えられないでしょう。特にフィリピンはセキュリティの問題で満足できるレベルの暮らしなら、月に12万~13万円は かかります」

「ちなみに月12万~13万円の生活費は、日本での田舎暮らしと そう変わらない」

「ここ数年、アジアの物価水準は上昇し、日本円の価値の目減りも将来ないとは いい切れない。安易な考えでの海外移住では、「ペイしない」と考えるべきだ」などの記述があります。

フィリピン、タイ、マレーシア...憧れの「海外移住」の光と影 2
同記事に「夢を抱いて海外生活を始めたのに、わずか数か月で逃げるように日本に戻ってくる人も決して少なくない現実もある」

「日本の生活が頭から離れず、すぐに日本と比べたがる、こういう人は現地の生活を楽しめないので長続きしません。また、日本での金銭感覚が抜けきれず、現地で常識外れの お金の使い方をする人は、カモにされて財産を失う危険が高いです」

「海外で住むなら お金も日本円に換算せず、現地通貨で価値を判断できるようにならないとダメなのである」などの記述があります。

プレジデント オンライン 」サイトより


海外リタイアメント移住制度一覧
同記事に「日系リタイアメント介護施設:東南アジアの施設は一様に月額利用料は15~20万円以上、別途様々な料金も必要。日本の地方で生活するほうが安く生活できます。

これは料金設定が、現地物価とは関係がない「年金受給額の まるごと徴収」を目的にしているためで不信要因のひとつともなっています。

フィリピンの日本人村と呼ばれるシニア向け介護施設の環境が変貌。物価や人件費の上昇によって経営難の老人介護施設が増加し、日本語ができるスタッフの確保も困難な状態となっているケースもあります。

また海外に住所を移すと国民健康保険の対象外となり実費診療となるため、重病となると医療費の高額負担によって生活が成り立たなくなることから、2010年以降、退去して日本に帰国する高齢者も多く出始めています」

「団塊世代大量退職に向けての警鐘的事件:2006年12月、フィリピン・セブ島の介護サービス付き住宅施設を舞台とした詐欺事件が発覚。といっても海外事情に詳しい人にとっては「またか・・・」という感じでしょう。

テレビの情報番組で紹介されていたり、パンフレットが在日大使館でも配布されていたり、おまけにセブ州知事や市長らの写真と推薦文(虚偽と判明)を掲載。フィリピン大使館の責任を問う声も出ています。

現地大手デベロッパーとの癒着も取り沙汰されていて、海外リタイアメントを夢見るシニアを食い物にしようとする背景は、まさに典型的。

似たりよったりの業者も多く、簡単に信用してはいけないという教訓が改めて浮き彫りになりました」

「東南アジアの国で、日本人シニア向けマンションが建設され、家賃10万円前後で入居者を募集していましたが、反響が悪いために半年後には大幅値引き。それでも利益が出て、現地物件に比べて なお割高。つまり日本円での日本レベルの利益獲得が目的・・・」などの記述があります。

海外移住情報 」サイトより


【関連記事】


日本壊滅地震で世界危機

経済の世界地図

海外の法人税率

世界の相続税・贈与税

西南日本の超巨大地震
(M9規模の超巨大地震が西日本や南西諸島においても発生の恐れがあるという複数の専門家の指摘があります。)

超巨大地震の世界地図
(北海道や東北地方の超巨大地震に関する情報)



子どもの貧困、脳の発達に影響 米研究

貧困が人の知力を鈍らせる
同記事に「貧困は人の心的資源を枯渇させ、問題の解決や衝動の抑制といったことに対する集中力を減少させる」

「貧困状態は人の認識機能に影響を与え、正しい判断を下す能力を妨げるばかりか さらなる貧困を招く可能性がある」

「プレッシャーによって心の中に大きな不安が生まれ、心的資源がいま直面する問題の方へ引き付けられる。

つまり、日常生活で注意を必要とする他の物事に集中することが できなくなることを示している」などの記述があります。

先進国の子どもの5人に1人が「相対的貧困状態」 ユニセフ

貧しい人々も平等に、でも平等すぎは だめ?

「極度の貧困」7億6700万人、世銀2013年データ

AFPBB News 」サイトより


脳と学力と貧困の悪循環
同記事に「チームは脳の さまざまな場所で、脳の表面を覆っている皮質の厚さを計測した。低所得の世帯の子供の皮質は、高所得の世帯の子供よりも薄かった」

「また、皮質の薄い子どもは、皮質の厚い子どもより成績が悪い傾向にあった」

「低所得世帯と高所得世帯の間には、収入以外にも多くの体験上の違いがある。栄養、ストレス、学習の機会、家族構造など多くのことが違っている」

「動物の研究から いくつかのヒントを得られる。豊かな環境(探索するものが多くあり、学ぶ機会も豊富な環境)で育てられたラットは より多くの神経的な結合を作る。

ストレスに さらされたラットが作る結合は少ない。ストレスが動物の成長を過度に早めることを示す証拠も いくつか存在する。

この場合、悪影響が生じることが多い。また、栄養状態は全ての動物の脳の発達に影響する」などの記述があります。

優秀な遺伝子も打ち負かし得る貧困 - 知能を左右するのは環境

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 」サイトより


貧乏生活が低IQを招く!米国の研究者たちが証明した理論
同記事に「脳の認知能力は電波の「帯域幅」のようなものであり、貧困状態にあると、人はそれだけで帯域幅の かなりの部分を使ってしまう。

帯域幅が狭くなると、気付くべきことにも気付かなくなり、誘惑に屈しやすくなる。

子供の面倒も充分に見られず、貧困から抜け出すために夜間課程のある学校に通うような余裕は なくなってしまう」

「貧しい人をお金の問題から解放すると、その分、帯域幅が解放されるので、知力も向上するという。

その意味で、貧困対策は単に経済的安定をもたらす のみならず、社会全体の知力向上に役立つ可能性が高い」などの記述があります。

現代ビジネス [講談社] 」サイトより


「親が貧しい子」は勉強で どれだけ不利なのか - 1

「親が貧しい子」は勉強で どれだけ不利なのか - 2

「親が貧しい子」は勉強で どれだけ不利なのか - 3

東洋経済オンライン 」サイトより


どんなに稼げるようになっても、貧しかった記憶は消えない

ライフ ハッカー[日本版] 」サイトより


家庭環境が貧しいと子どもの脳は「貧困脳」になる

世界の著しい貧富の差を示す5つのグラフ

劣悪な家庭環境で育った子どもの染色体は平均より老化している

貧困は若い脳に どのような影響を与えるのか?

貧困地域に住むと貧困から抜け出せずIQや健康,学力にも悪影響

貧困層よりも富裕層の方が10年から15年 長生きできる

貧困下では貧困で頭が一杯になり貧困から抜け出せなくなる
同記事に「貧困状態にある人は、「貧しい」という事実を常に認識させられるため、認識の帯域が不足し、貧困から脱するために すべきことに対して注意を向けることができないという研究結果が発表されています。

つまり貧しい人の認識の帯域は「貧困」という事実で埋め尽くされてしまうので、その状況から抜け出すことができなくなるということです」

「別の研究からは「貧困であることで課される精神的負担の大きさは、IQを13ポイント失うのと同等であり、また慢性のアルコール中毒患者と健常者との差に匹敵する」ことが明らかになっています」

「実験を行ったプリンストン大学のEldar Shafir教授は「認識の帯域が埋められた状態(貧困のケース)では、物事を正しく認識できなくなり、抵抗すべきことに抵抗できなくなり、物事を忘れやすくなり、忍耐力がなくなる」と言います。これは、社会が不景気になって貧困を感じる人が多い状態になると、社会全体から大量の認識能力が失われることを意味しています。なお、「貧困であることがIQを13ポイント押し下げるということは、よりIQの低い人が貧困に陥るということを意味しないか?」という疑問に対して、Shafir博士は「我々も それを懸念していましたが、科学データは これを否定しています。IQが低いから貧しいのではなく貧しいからIQが下がる、人に問題があるのではなく その人がいる環境に問題があるのだということをデータは示しています」などの記述があります。

何が人生を幸福・健康・成功に導くのか?70年間追跡調査
同記事に「最も低い階級の母親から生まれた子どもは、高い階級の母親から生まれた子どもよりも70%も死亡率が高い」

「The Life Projectは新生児の母親に対する質問に「喫煙していたか否か」というものを追加。

すると、母親の階級の差を考慮しても、喫煙者と非喫煙者で生まれてくる子どもの体重や死亡率に差があることが明らかになりました」

「The Life Projectは社会に横たわる不平等の存在についても明らかにします。

研究では両親の収入と子どもの収入の関係についても調べられたのですが、1958年に生まれた子どもより、1970年に生まれた子どもの方が、大人になった時の収入と親の収入の間のつながりが強かったとのこと。

つまり、時代が進むと共に、子どもは自分のバックグランドから逃げ出しづらくなっているということが判明したのです」

「特に重要なのは子どもが生まれて最初の数年に親が いかに子どもに関心を示すか、ということで、不利な環境で生まれた子どもであっても親が子どものために尽くすことで子どもの生涯が変わってくることもわかっています。

2006年に行われた研究では、不利な環境で生まれた子どもであっても、子どもが5歳の時に親が本を読んでやり、10歳の時に教育について考えている家庭では、子どもが30歳になった時に貧困である可能性が著しく低かったとのこと」

「50代に行った身体能力テストで物をしっかり持てなかったり、イスから立ち上がるのに苦労したり、目をつぶった状態で片足立ちできなかった人は、そうでなかった人に比べて後の13年間で死亡する割合が高い、ということも判明しています」などの記述があります。

貧困は経済的に間違った意思決定を招くことが明らかに

なぜ貧困に陥ると間違った決断をしてしまうのか

若者は上の世代の大人よりも貧困になっている

裕福な母親には息子、貧困の中では娘が生まれやすい

長男.長女が優れた成績を残しやすい理由かもしれない6つの理論

家計収入によって脳の構造が変化して学業成績に影響する

エリート校は裕福な学生だらけ、貧しさの連鎖は続いている

自制心レベルを計るマシュマロ・テストで健康を害する可能性
同記事に「欲望を一時的に抑えることができる自制心を持つ子どもの方が、自制心を持たない子どもよりも将来、社会的な成功を収めやすいことは、「マシュマロ実験(マシュマロ・テスト)」として有名な研究によって明らかにされており、「マシュマロ・テスト:成功する子・しない子」のように教育法として活用されています。

しかし、他方ではセルフ コントロールの能力を鍛えることは、社会的成功への近道であることは間違いないものの、健康を害する危険性があるという研究が出されています」

「マシュマロ・テストとは、スタンフォード大学のウォルター・ミシェル博士が1960年代に行った実験です。

ミシェル博士は4歳の子どもたちを何もない部屋に招いて、目の前においしそうなマシュマロを1つ置いた上で、じっと待機するように命じました。

そのときに、「このマシュマロは あなたにあげます。もしも私が戻ってくるまでの15分間、食べるのを我慢できたら、帰ってきたときにマシュマロを もう1つあげます。

食べてしまった場合は2つ目はないよ」と告げて、部屋を出ました。

目の前のマシュマロを食べたいけれど、「我慢して もう1つマシュマロをもらいたい!」「でも、今すぐ食べたい......」と子ども達は悶絶しつつ抵抗しますが、結果的には最後まで我慢してマシュマロに手を付けなかった子どもは約3分の1ほどだった」

「その後、ミシェル博士は我慢できなかった子どもたちと、我慢して もう1つマシュマロをゲットした子どもたちの2つの対照群を追跡調査したところ、我慢できた子どものグループの方が、その後、学校で「優秀」と評価される人が相対的に多く、大学進学適正試験(SAT)の平均で210点も高いことが分かりました。

さらに、この我慢強さ、すなわち自制心の強さは生涯にわたって続くことが分かり、将来の社会的成功に大きくつながることが判明しました」

「自分の欲望を抑えることは「セルフ コントロール」と呼ばれ、訓練によって鍛えられることが分かっています。

マシュマロ・テストの結果から、セルフ コントロールの重要性が認識され、人生で成功を収めて欲しいと願って子育ての中でセルフコントロールの訓練を取り入れる親は多いそうです」

「2014年にジョージア大学のジーン・ブロディ博士は、マシュマロ・テストに関する興味深い実験結果を発表しました」

「訓練によってセルフ コントロール能力を高めることは確かに社会的な成功につながりやすいが、同時に細胞の老化を早め健康を害する危険性がある」

「ブロディ博士は、約300人のアフリカ系アメリカ人の17歳の学生を対象に、セルフ コントロール能力を調べました。

セルフ コントロール能力の高さを測る指標としては、学生たちのボランティア活動への積極性、感情の浮き沈み、攻撃性、薬物使用の有無などが採用されています。

ブロディ博士は同時に、学生たちが成長し22歳になった時点で、血液を採取してDNAメチル化の程度を測定することで、年齢に比べて細胞が若いのか老化しているのかを調べました。

すると、比較的豊かで家庭環境に恵まれていた学生は、セルフ コントロール能力が高いほど、すなわち自制心が強いほど細胞が若いことが分かりました。

しかし、貧しく生活が苦しい家庭環境の学生は、反対にセルフ コントロール能力が高いほど、すなわち自制心が強いほど細胞が老化しているという驚くべき傾向が明らかになった」

「貧しく生まれた人は努力して自制心を身につけることで成功を手にするのと引き替えに健康を失うという可能性があります。

この結果は、豊かに生まれた人の場合、自制心を培うことで社会的に成功した上により健康的になり得るということに比べると、残酷なものと言えそうです」などの記述があります。

子どもが将来 社会的な成功を収めるために必要なこと とは?

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


子どもの知能:遺伝と環境と経済レベルの影響

世界人口の約半数は「より貧しく」なっていく

高騰するアメリカの住宅と、家を失い漂流する中流階級たち

英国成人の「4人に1人」は、精神的疾患と診断された経験がある
同記事に「英国成人の4人に1人が精神的な疾患と診断された経験があるという調査結果が発表された。

低所得層は高所得層と比べて、精神的な疾患と診断された率が かなり高いこともわかった」

「英国立社会研究センターが実施した調査で、成人5000人にメンタルヘルスに関する経験について質問したところ、調査対象者のうち26パーセントは、精神的な疾患と診断されたことが少なくとも1回あった。

また、18パーセントの成人は、精神疾患的な状態を経験したことがあるが、精神疾患とは診断されなかったと回答した。

精神的な疾患と診断された成人の割合は、女性が31パーセントであり、男性の17パーセントと比べて高くなっている」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


肌の皺と老化。最大の敵は「お金の心配」
同記事に「数あるストレスのなかでも、経済的にハードな暮らしほど、人の老化を早めてしまうものはないという衝撃的な研究結果が発表されました」

「このほど電子ジャーナルの「Research on Aging」に掲載された新論文によると、さまざまなストレスが人の外見に及ぼす影響を調べるため、228名の男女を10年にわたって追跡調査。

19名の審査員に客観的な判断を仰ぎつつ、それぞれの調査対象者が何歳に見えるかの総合評価を求めました。

その結果、激しいストレスを経験した人ほど、実年齢よりも老けて見える傾向があることがわかりました。

さらに、経済的なストレスに苦しんだ調査対象者層の老化が極めて早いことが判明しました。

調査期間中に財政面で厳しい生活苦を経験したグループは、あまり お金の心配がない暮らしを送ったグループと比較して、平均すると10年も老けて見えるとのデータが明らかにされています!

今回の研究チームを率いた、Brandeis Universityの心理学部のMargie Lachman教授は、このようなコメントを発表しています。

金銭的に大きなストレスを経験している人は、容姿に気を配る余裕などないのかもしれない。

ストレスそのものが老化のプロセスを加速させている可能性も否定できない」などの記述があります。

無知な自分は,どう動くべきか...猿は知識不足を自覚し行動する

ギズモード・ジャパン 」サイトより


貧しい20歳、一生貧しい可能性も

先進国と発展途上国,教育レベルの差は100年 - 米シンクタンク

1日1.25ドル未満で暮らす「極度の貧困」、インドが最多

苦しい生活はDNAの質まで低下させる
同記事に「最新の研究結果により、苦しい生活環境が貧困者のDNAに影響を及ぼすことが明らかになった。暮らしのストレスは彼らの遺伝子に長期にわたって悪影響を残し、DNAの質を低下させるという」

「過酷な環境で暮らす人々のDNA配列が年齢と共に短くなることが分かった。彼らの一部のテロメアは、良好な環境で暮らす同年齢の人よりも短い。

テロメアはDNAの末端にある反復配列で、「帽子」のような構造で染色体を保護し、細胞分裂周期を調整する。若者のテロメアの長さは、 8000-1万個のヌクレオチドに相当する。

テロメアは細胞分裂により短くなり、ストレスの影響を受ける。これまでの研究では、細胞内のテロメアの長さによって、その人の寿命を予想できることが明らかにされている」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


【関連記事】


遺伝子

平均寿命の世界地図

世界の健康寿命



物価の安い貧困国での子育てに対し、知能指数への悪影響を懸念する専門家の慎重な意見があります。
物価の安い国の留意事項
物価の安い国々とはいっても、円高時の為替レートを基準に考えれば物価は安いのですが、為替レートの急変や、日本からの仕送りが出来なくなった時には、日本に帰国を余儀なくされることもありえます。

また、発展途上国などの物価の安い国々では、現地の給与水準も安いため、将来、子どもに先進国の教育を受けさせたい場合や、先進国の医療を受けさせなければ助からない病気に罹ってしまった場合でも、先進国への留学費用や医療費用を捻出するのは途上国の給与水準では困難を極めるという指摘があります。

※先進諸国と比べ、途上国においての物価の差が十倍あるケースを例に考えると、先進諸国の十分の一の金額で生活が可能ですが、反対に途上国から先進諸国への留学や再移住する場合、発展途上国の貨幣価値の十倍の金額が必要ということになります。

感覚的にわかり易くいえば、日本の年収が300万の場合、十倍という事は3000万ということです。

日本国内で、日本語が出来る日本人であっても、年収を十倍にするのは至難の業です。

ましてや言葉やビジネススキルで現地人と対等に働くことが困難な外国人の場合、途上国において現地で生まれた一般人の十倍の収入を得ることは困難であり、事実上、途上国から先進国への脱出は極めて困難であるという指摘があります。



インドネシア査証編
同記事に
「<インドネシア人のパスポート発給料金は庶民の年収と同等>
インドネシア人がパスポートを取るには300$前後の費用が必要で、この金額はルピア暴落の今ではインドネシア人 一般労働者の年収にも匹敵する金額になっています」などの記述があります。

海外移住情報 」サイトより


開発途上国の人たちが貧困から抜け出せない脳内思考のワナ

「知る蔵」 」サイトより


「貧しくても食事より娯楽」に宿る貧困問題の本質 - 1
同記事に「貧困というものが「他人事」ではなく「自分事」として感じられるようになる――それが本書を読み終えた最初の感想であった。

本書で扱われる事例は、東南アジアやアフリカ諸国のような、いわゆる発展途上国のものが中心である。

貧困の現状が どのようなものなのか、その解消に向けて どのような手段が講じられており、その限界が どこにあるのかが、様々な事例とともに網羅的に解説されている。

重要なのは、一面的な貧困のイメージに とらわれることなく、何が貧困を生み出し維持しているのか、その実態を正しく認識することだと著者は言う。

そのうえで、先進国と呼ばれる国に住む「私たち」と、発展途上国に住む「彼ら」の違いが果たして どこにあるのか、改めて私たちに問いかける。

貧困にあえぐ人々は情報不足、弱い信念、問題の先送りといった欠点を抱えているとされるが、実際のところ、先進国の人々の大半も大した知識や信念など持っていないし、問題も先送りにされる一方である」などの記述があります。

「貧しくても食事より娯楽」に宿る貧困問題の本質 - 2

「貧しくても食事より娯楽」に宿る貧困問題の本質 - 3
同記事に「幼少時の栄養不良が、成人後の社会的成功に直接影響を及ぼすとする調査結果は多く存在する。

カロリー摂取量は必要以上に増やしても生産性に大きな影響を及ぼさないが、栄養摂取の改善は子どもばかりか、成人に対しても劇的な効果を上げる場合がある。

1つ例を挙げると、鉄分を強化した魚醤を与えられた人々は、いつもより厳しい仕事も こなせるようになったという。

鉄分を補給したことで、貧血症による低酸素血症や虚弱体質、倦怠感を解消できたからだ。

素晴らしいことに、このことによる生産性の増大は、鉄分を強化した魚醤を1年間支給するコストを あっさりと回収し、何倍もの利益を生み出した。

このように、きちんと栄養を摂取することで、当人は もちろん、その子どもたちも大きな成功を収めることが期待できるのだが、現実では多くの人が それを実行に移すことはない。

葉野菜や雑穀をたくさん買い、栄養バランスを整えれば、簡単にカロリーや栄養素を取り入れることができるにもかかわらずだ」

「必要な栄養素が たとえ簡単に手に入ったとしても、人々が それらを取り入れる食事をするとは限らない。

これには さまざまな要因が考えられる。単純に栄養状態が良好になれば生産性が高くなるということを知らないからかもしれないし、いきなり食事を変えろといわれても、なかなかそのアドバイスが信用できないからかもしれない。あるいは、その効果が すぐには実感しにくいからというのも理由として考えられるだろう。

だからこそ、貧困層の人々は栄養価で選ぶのではなく、美味しさを基準に選ぶのである。

また、食べ物よりも他の物が優先されるという場合もある。開発途上国に住む貧困層の人の多くは、メンツを失いたくないという事情もあり、結婚式や洗礼式、葬式などに大金を使う傾向がある。

加えて、娯楽が食糧よりも優先される場合も少なくない。

こんなことがあった。モロッコの外れにある村に住んでいる男性に、もっと お金を持っていたら何をするかを尋ねた。答えは もっと食べ物を買うというものだった。

さらに お金があったら何をするかを尋ねると、もっと美味しいものを買うと答えた。

質問した著者たちは彼と その家族を気の毒に思ったが、ふと部屋を見てみると、テレビやパラボラアンテナ、そしてDVDプレイヤーがあることに気づいた。

もし家族の食べ物が足りないと感じているなら、なぜ そのような娯楽品を買うのかと尋ねると、その男性は笑いながら「いや、だってテレビは食べ物より大事でしょ!」と話したという」などの記述があります。

「貧しくても食事より娯楽」に宿る貧困問題の本質 - 4

「貧しくても食事より娯楽」に宿る貧困問題の本質 - 5

ダイヤモンド・オンライン 」サイトより


インド、児童労働を一部認める法案可決

水頭症に苦しむインドの女児、治療に道は?
同記事に「インド北東部トリプラ(Tripura)州の州都アガルタラ(Agartala)郊外に住む生後18か月のローナ・ベグム(Roona Begum)ちゃんは、髄液が頭蓋腔内にたまり脳室が拡大する水頭症に苦んでいる。しかし、れんが工場で働く父親は日給150ルピー(約270円)と収入が少なく、娘に治療を受けさせることができない。

インドの農村開発相は昨年11月、同国では公的医療制度が崩壊している上に、貧困層向けの社会的セーフティー・ネットも整備されていないと指摘している」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより



移住が失敗することの無いように、物価だけで移住国を決めるのではなく、その国の将来性も含め、総合的に判断する必要がありそうです。
【関連情報サイト】


2013年生まれの子供が最も幸せな国は? (英語)
イギリスの経済紙・エコノミストが発売した「2013年の世界」に掲載されている「2013年に生まれた子供が幸せな国ランキング」。この調査では、裕福さが最も重要な条件になっているが、他にも犯罪率、社会信頼度、家族関係、文化、人口、地域、気候・環境、政治といった項目を評価に反映し、2013年に生まれた子供が成人になる2030年の状況を予測。

1位となったスイスを筆頭に、上位10国の ほとんどはヨーロッパ諸国です。

興味深い点は、北欧諸国やオーストラリア(2位)など経済規模の小さい国が上位にランクインしていることや、台湾が上位にランクイン(14位)している点です。

経済成長中のBRICS(ブラジル:37位、ロシア:72位、インド:66位、中国:49位)は好景気にもかかわらず、30位以下という評価になっています。経済規模の大きな国の順位が低迷している点も興味深い。

そのほか、マレーシアは36位、タイは50位、フィリピンは63位、ベトナムは68位、インドネシアは71位 となっています。

The Economist 」サイトより (英語)



ヒトに感染し「頭を悪くする」ウイルス、発見される - 1
同記事に「ジョンズ・ホプキンズ大学医学部等の研究者チームが、通常は藻に感染するウイルスが、人間やマウスの脳に感染する場合があることを発見した。

感染すると、有意で「認知能力が低下する」ことも明らかになった」

「研究チームが発見した この藻類ウイルスは、これまで人間には害を及ぼさないと考えられていた。

ところが このウイルスは、人間の認知能力、たとえば空間認識や視覚処理に関する能力に影響を与えることが明らかになった」などの記述があります。

ヒトに感染し「頭を悪くする」ウイルス、発見される - 2
同記事に「感染したマウスを調べたところ、このウイルスは、(記憶や空間認識と関連した)海馬における遺伝子の発現に影響を与えることが明らかになったという」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


「頭を悪くさせるウイルス」に44%の人が感染していた
同記事に「感染すると脳の海馬に影響を与え、人間の認識能力を低下させるウイルスの存在が報告されました。調査では被験者の44%が感染していた このウイルスの感染経路は不明で、人体には無害であるとのこと」

「ATCV-1はこれまで湖や池で緑藻類に感染しているものが発見されており、人間には感染しないと考えられてきましたが、今回の発見で「人間にも感染すること」と、さらに「感染すると認識能力の低下をもたらすこと」が分かりました。

調査は92人の健康な被験者を対象としていたところ、そのうち44%の人の喉からATCV-1が採取されたため、研究者らは彼らの脳の視覚情報の処理速度と正確性、そして集中時間のスパンを測定。

その結果、喉からATCV-1が採取された人は採取されなかった人に比べて7~9点ほどテストの得点が低かった」

「その後、さらに研究を続行し、今度はハツカネズミの消化管にATCV-1を注射してウイルスの影響を観察しました。

ATCV-1を注射したハツカネズミと そうでないハツカネズミを迷路の中に入れたところ、ATCV-1を注射したハツカネズミは道を見つけるのに時間がかかると同時に、新しい障害物や新しくできた道には注意を払わないという結果が観測されました。

ATCV-1はマウスの海馬に影響を与え記憶や学習能力、シナプスの可塑性に関わる遺伝子を書き換えていることが判明し、ATCV-1に感染した人は注意力が散漫になり、空間認識能力も低下すると考えられている」

「研究を行ったRobert Yolken教授は「これは『無害の』微生物が人間の振るまいや認識能力に影響を及ぼす顕著な例です。

多くの人は親から受け継いだ遺伝子によって区別されますが、いくつかの遺伝子の変更は微生物によってもたらされます」

「今回の発見は まだ始まりに過ぎません。エボラ出血熱やインフルエンザのように、体にダメージを与えて去って行くウイルスもありますが、人体にダメージを与えずに影響を及ぼすウイルスはATCV-1の他にもあるはずです」などの記述があります。

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


【関連記事】


感染症対策・世界分布

交通事情の世界地図

大気汚染の世界地図

衛生状態の世界地図

世界の医療事情

永住権の取得 申請条件

移住の方法



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ緻密な情報、厳選リンクも満載