【海外生活】海外生活に重要な治安・物価・税制・ビザ等の国別情報

海外移住と世界の相続税・贈与税

世界には相続税のない国、贈与税のない国、さらに税金のない国 (無税・非課税の国)もあります。


      ★ 更新情報|海外移住の地図帳 ★



このページに「ふりがな」(ruby)を付ける

ひらがな めがね 」サイトより


相続税・贈与税対策として急増する節税のための海外移住


海外移住の検討時には相続税や贈与税など海外の税金制度(税制)を知ることも大切です。

日本の相続税・贈与税の最高税率は2015年1月から55%に引き上げとなり、資産の半分以上が税金になりますが、海外には相続税・贈与税がない国や税率の低い国もあります。

近年、富裕層を中心に相続税・贈与税の対策や課税回避や節税目的の海外移住(節税移住)が急増しています。

しかし、富裕層の節税移住が急増したことなどから、租税特別措置法が、2001年4月1日に改正され、改正前は納税義務の無かった相続や贈与で国外財産を取得した海外居住者(非居住者)も日本の相続税と贈与税の納税義務が生じるようになりました。

(※日本国籍を有しない者や、日本国籍があっても財産取得時に5年を越えて国内に住所を有しない者の納税義務はありません。)

租税特別措置法においては、相続人と被相続人の両方が海外移住をし、実際に海外に住所を移してから5年経過した人の海外にある資産には日本の相続税も贈与税も掛からない(5年ルール)ため、現在でも節税対策の一環として海外移住(節税移住)をする富裕層が多く存在します。

(※節税移住目的で海外に住所を移しただけというケースや海外に居る期間よりも日本に居る期間が長い場合、さらに長期滞在ビザを取得せずに観光ビザなど長期滞在をしている場合などでは税務署からは単なる観光や海外旅行と見なされ、相続税や贈与税の課税対象となる場合もあるため注意が必要です。詳細については専門家への相談を おすすめします。)



節税移住のためには、相続人と被相続人の双方が国外に5年以上 長期滞在ができることが必須条件であり、海外で長期滞在をするためには、事前に永住権やリタイアメントビザなどの長期滞在が可能なビザを相続人と被相続人の双方で取得することが必要となります。

なお、長期滞在が可能なビザを取得せずに観光ビザなどで出入国を繰り返すと最悪の場合、節税移住ができないだけではなく、外国の入国審査官から不法就労などの不法行為の疑われ入国拒否や強制送還になる恐れがあります。

そして、入国拒否や強制送還の履歴があると、当事国だけではなく、他国への入国も困難になることがあるだけでなく、長期滞在が可能なリタイアメントビザや永住権を取得することも困難になる恐れがあります。長期滞在が可能なビザの取得ができなければ、事実上、節税移住が不可能になることを意味するため注意が必要です。

近年は どの国においても空港セキュリティが強化されいるために入国拒否者が急増しています。入国拒否を完全に防ぐ方法はありませんが、入国拒否リスクの軽減の方法としてリタイアメントビザや永住ビザを取得することで入国拒否のリスクが軽減します。
(入国審査官には裁量権があり、入国拒否・強制送還・刑務所への収監・ビザの即時 取り消しなどの権限が与えられているため、ビザを取得していても入国は100%保証できません。)


長期滞在ビザを取得するメリット・利点


長期滞在が可能になるのはもちろん、ビザの種類や国によっては税金の優遇措置や年金や保険などの社会保障を受けられたり、ビザによる不動産の購入の制限が無くなったりするなどのメリットがあります。


【関連記事】


永住権の取得 申請条件

移住の方法

パスポート




相続人と被相続人の両方が海外に5年以上 長期滞在し、日本の相続税や贈与税の課税の対象外になっても、移住する国に相続税や贈与税がある場合、海外の移住国で相続税・贈与税の課税対象となってしまうため、節税移住は移住する国を慎重に選定することが非常に重要です。

したがって節税移住のためには相続人と被相続人の両方が取得可能である長期滞在ビザが存在し、相続税や贈与税のない国ということになりますが、そうした国はオーストラリアなどの一部の国に限られています。
(※オーストラリアは移民の急増や世界経済の悪化に伴い、永住権の取得基準を厳格化する方針を打ち出しており、2010年1月1日より、順次施行されています。オーストラリア永住権取得を お考えの皆様は、早めの準備がオーストラリア移住の成功につながります。)



相続税逃れの海外移住に網 政府.与党検討 居住5年以上にも課税

租税回避調査、専門部隊を全国に 国税庁が国際課税方針公表

日本経済新聞 」サイトより



海外在留邦人数調査統計(平成 21年速報版) (PDF:1.8535MB) 同記事に「オーストラリアの邦人数増加:今回の総数の集計で、英国を押しのけ3位となったオーストラリアの邦人数が、ここ数年間どのように変わってきたのか、過去の統計から数値を抜き出してみた。

オーストラリアには首都キャンベラ、大都市であるシドニー、メルボルン、海岸保養地で有名なブリスベンとケアンズ、西の砂漠地帯のパースと6つの都市に在外公館や事務所が存在するが、平成17年から20年までの3年間の推移を見ると、全ての事務所において永住者が25%を超える増加率を記録し、パースでは、企業の新規進出や事業拡大が長期滞在者の増加を手伝って、長期滞在が42.4%、永住者が35.0%増加している。

永住者の増は、国際結婚が増えていることが主たる要因と見られる。定年後、オーストラリアに永住が流行りというが、どこまで影響しているのかは定かでない」などの記述があります。

外務省 」サイトより


【節税移住・関連情報サイト】


富裕層の株「含み益」に課税、海外移住での税逃れ防止

租税回避の対策強化,国税庁が計画公表 富裕層への調査拡充も

ロイター.co.jp 」サイトより


富裕層が海外移住をしたがるワケとは?
(富裕層が狙う海外移住と その実例)

オーストラリアの現地起業で再移住したリタイアリー
(富裕層が狙う海外移住と その実例)

国税局が指摘する 税法上の非居住者ってなに?

2000年度の法改正により課税逃れに歯止め

海外転出届を提出すれば日本での納税義務がなくなる

海外送金と相続税の税務調査

All About(オールアバウト) 」サイトより


富裕層の移住先

AOM Visa Consulting Blog 」より


毎年 数千人の日本の富裕層がシンガポール移住を検討するワケ

ダイヤモンド・オンライン 」サイトより


オーストラリア Significant Investor Visa (SIV Visa)

ニュージーランド - 永住・投資などのビザ

AOM Visa Consulting 」サイトより
オーストラリア&ニュージーランド ビザコンサルティング・サポートを実施。観光から就労・永住・投資家ビザを扱っています。海外からのご依頼もサポートします。


豪の富裕層ビザに170件の申請
同記事に「オーストラリアは、その資産の一部を提供することの見返りに外国の富裕層に居住権を与えるという新しい計画によって外国投資を獲得する方法を作りだしたようだ。

海外の資金や専門技術の獲得競争で他国より有利になろうとするものだ」

「重要投資家ビザには170件の申請があった。その ほとんどが中国からと見られる」

「この計画では、外国人は最低500万ドルの投資の見返りに最大4年間滞在できる。資金は連邦政府あるいは州の債券、ファンド、豪企業のどれか(複数の選択も可)に投資される。

申請者は後に、永久ビザを申請することもできる。政府が認める特別ビザに件数の上限はない。デロイトのコンサルタントは、年間件数は最大700に上り、投資額は少なくとも35億ドルになると予想している」

「オーストラリアの特別ビザの番号は「188」で、通常の一時的就労ビザ(番号は「457」)と区別している。同国政府はビザの魅力をさらに高めるため、この計画に永久ビザも新たに作り、その番号は多くの中国人が富と関連付ける「888」とした」

「ニュージーランドは、最大1000万ニュージーランド ドルの投資と引き替えにビザを提供している」などの記述があります。

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 」サイトより


永住権獲得できる「高額投資ビザ」、中国富裕層に人気 豪

CNN.co.jp 」サイトより


豪州が中国などの富裕層向けに1500万豪ドルの投資で永住権
同記事に「オーストラリア政府は、中国など海外の富裕層を呼びこむために移民制度を改革し、2015年7月から新しい制度を導入すると発表した。1年間に1500万オーストラリアドル以上をオーストラリアに投資すれば、優先的に永住権を与えるとする。

オー ストラリアでは鉄鉱石と石炭などの鉱業ブームで中国からの投資が広がったこともあり、移民が増加。2012年には「上級投資家ビザ (SIV:Significant Investor Visa)」という制度(サブクラス888)が作られ、500万オーストラリアドルを少なくとも4年間、指定された投資先に投資すれば、居住権が得られるようになった。

ロイターによると、このビザの申請者の90%は中国人によるものだったとされる。

また、CLSAアジア・パシフィック・マーケッツが2014年8月に発表した報告書によると、オーストラリアに移民する意向のある中国人の富裕層は約1000万人に上っているとされ、オーストラリア政府は移住の動きを加速させ、より多くの投資を呼び込むねらいだとみられる」

「一方で、失業率の上昇や、中国人富裕層が法外に高い値段で不動産を購入するために住宅価格が高騰しているとの懸念も出ており、政府の移民政策に反対する動きも出てくる可能性もある」などの記述があります。

ハフィントン ポスト 」サイトより


【関連記事】


日本人街・経済特区



ナイジェリア、「幽霊公務員」5万人削減 775億円を節約

AFPBB News 」サイトより




日本に必要なのは「金持ち優遇」が当たり前の社会

アゴラ 」サイトより


海外移住に対する国税庁の「出国税」とは

超富裕層ピンチ?究極の節税術「5年ルール」が廃止か - 1
同記事に「相続税法の「5年ルール」とは、「資産を子や孫に承継する場合、日本の相続税や贈与税が課されないために海外に住む場合の最低居住期間が5年超必要」ということだ。

相続税法では、原則として日本にある財産だけでなく、海外にある資産も課税対象となる。

しかし、日本国籍を有する被相続人・贈与者と相続人・受贈者の いずれもが海外に相続や贈与開始以前5年以上居住していた場合、日本の相続税や贈与税の対象となる資産は日本に存在する資産のみとなり、海外資産は課税対象外となる。

現在、日本の富裕層の多くは、この仕組みを熟知し、法律を逆手にとって55%の相続税率・贈与税率をさけるべく、親子ともども海外に拠点を移す人が少なくない。

一つは、日本の財政悪化や少子高齢化に伴い、個人への課税が年々重くなることを憂慮したため。

もう一つは、55%の税率に甘んじていると、相次ぐ資産移転により資産が国税に吸収されてしまうからだ。

ムダに税金を払うことなく、子や孫により多く資産を残すためには、庶民なら高額に感じる移住費も彼らにとっては必要経費となるのである。

移住先となるのは、主にシンガポールや香港、ハワイ、カナダなど、個人に対する税率が低い、あるいは非課税となる国である」

「資産を非課税国や低税率国に移し、親子ともども5年を その国で過ごした後、贈与を行えば、資産の ほとんどを次世代に残すことが可能となる。

また、仮に すぐに相続を行わないにしても、40歳を超えると体力が衰え、いつ突然死が訪れて相続という事態になってもおかしくない。

そういったことを見越し、高齢になる前に海外に拠点を移す富裕層が後を絶たない。

相続税法の「5年ルール」廃止は、それに「待った」を かけるものとなる」などの記述があります。

超富裕層ピンチ?究極の節税術「5年ルール」が廃止か - 2
同記事に「2000年以降、富裕層の税逃れに網をかけるべく、税制改正が頻繁に行われてきた。2000年と2013年の税制改正では、それまで「子が海外に移住すれば海外資産に対する相続税や贈与税はかからない」とされていた相続税法が、「生活の本拠地が過去5年以内に日本にあった場合、海外資産であっても日本の相続税や贈与税の課税対象となる」という内容、つまり「5年ルール」に変更された。

さらに、2012年の税制改正で国外財産調書制度が創設された。

これは、海外資産の総額が5000万円を超える人については、その保有する海外資産の内容を詳細に記した国外財産調書を確定申告書とともに提出しなくてはならないというものである。

なお、この国外財産調書を提出しなかった者や虚偽記載をした者については、罰則の対象となる。

そして2015年の税制改正では、国外転出時課税(いわゆる出国税)が導入された。

これにより、有価証券等の時価総額が1億円以上で日本に居住する人が、その住所地を海外に移す場合、移住時に有価証券等を売却したものと みなして含み益に所得税を課税する制度である。

これにより、親世代のキャピタルゲインは日本の課税を実質的に免れることはできなくなった。

これ以外にも、OECD加盟国を中心とした税務行政執行共助条約の締結により、海外の税務当局との間で相互に資産や保有口座、納税状況など、納税者に関する情報を円滑かつ迅速に行えるようになった。

つまり、国外財産調書の内容に日本の税務当局が疑問を持った場合、すぐに海外資産の所在地国に そのウラを取ることができるのである。

このようにして、富裕層の税逃れ包囲網は地球規模で着々と構築されているのだ」

「しかし、税法が いくら厳しくなっても、富裕層の税逃れが止まることはないだろう。なぜか。

彼らの意識の中には55%の日本の重税を逃れることが第一にあるため、そこに お金や労力をかけることを いとわないからだ。

なおかつ、不思議なことに、税法は内容が細かくなればなるほど、金持ちほど得をし、中流以下の人間が損するようにできている。

難しければ難しいほど、研究には お金も時間も手間もかかるためだ。富裕層は優秀で高額な専門家に依頼することで そのコストを担えるが、一般人には負担できない。

そして、2015年から施行された改正相続税法により、大きなダメージを受けるのは一般家庭の資産承継だ。

2017年 税制改正で5年が10年に延びたとしても、おそらく富裕層は「じゃあ親世代が外国籍になればいいんだよね」などと次なる対策を打つだろう。

場当たり的な税制改正では税逃れの穴をふさぐことはできない。

本当に日本に税金を納めてほしいと思うのならば、「なぜ税逃れが起きるのか」「日本という国への信頼度は どの程度のものなのか」「税金という存在が国民にとって どのように映っているのか」など、もっと大局的な視点で税というものを国が見直す必要がある」などの記述があります。

お金持ちの「資産管理」家族ごと海外に移住する理由とは?

ZUU online 」サイトより



海外送金・海外への現金持ち出し・外国への現金持込


なぜだ!空港で所持金没収事件
同記事に「60代の男性。スペインに入国する際270万円相当の外貨を申告せず税関検査で発覚。 約200万円を没収された。」

「5人グループでの60代の女性。韓国を出国する際、税関検査により申告しなかった194万円を発見され、約95万円を没収された。」

「留学のためオーストラリアに渡航した20代の女性。当面の滞在費や授業料として150万円を所持して入国したが、申告するのを忘れ、現地当局に身柄を拘束された。」

多くの国では多額の現金の持ち込み、持ち出しを規制し、一定額以上の金額を超える場合には申告することが義務づけられています。

例えば米国、韓国、インドが1万米ドル、イタリア1万2500ユーロ、フランス7600ユーロ、スペイン6010ユーロ、オーストラリア1万豪ドル以上の持ち込みは入国時に申告する必要があります」などの記述があります。

税関手続きを甘く見てはいけません

外務省 海外安全ホームページ 」サイトより


出稼ぎ男性が5万9000ドルを母国に持ち帰ろうとしたら没収処分
同記事に「11年間フロリダで皿洗いをして働き、本国へ仕送りをしていました。

皿洗いは時給5.5ドルで、慣れてからは25セント昇給したそうです。

ずっと節約生活を送っていたゼペタさんが手元に貯めた金額は5万9000ドル(約680万円)にもなり、ようやく それを持ってグアテマラに帰ろうとしたのが2年前。

フォートローダーデール・ハリウッド国際空港でセキュリティを通ろうとしたところ、係員がバッグの中の現金を見つけ、税関職員を呼びました。

ゼペタさんが職員にバッグの中に5万9000ドルあると告げたところ、税関は それを没収しました。

ゼペタさんは英語ができなかったため知らなかったのですが、アメリカでは出入国の際に1万ドル以上を持っている場合は それを宣言する用紙に記入する必要があり、それをしないと法に触れるのだそうです。

税関は お金を没収した後、ゼペタさんを移民帰化局に引き渡しました」などの記述があります。

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


日本人旅行者が台湾空港で約2000万円没収
同記事に「台湾に入国する際は、1万米ドル(約84万円)以上を持ち込むときは申告が必要で、無申告で見つかれば没収される。

この男性は うっかり申告をせずに入国、X線検査でスーツケースの2000万円が発覚し、84万円を差し引いた1916万円が当局に没収された。

マネーロンダリング防止で各国が協調し、現金の持ち込み持ち出しについて規制強化している。

韓国でも やはり1万米ドル以上の持ち込みは申告が必要で、違反すると罰金などの処罰が待っている」などの記述があります。

J-CASTニュース 」サイトより


税務署からの国外送金等についての お尋ね

資産ナビ・ドットコム 」サイトより




震災で日本から富裕層の資産が海外に消える
同記事に「東日本大震災は多くの死者を出し甚大な被害をもたらしたが、そうした中で、富裕層の資金の海外移転、さらには海外居住を含めた志向が強くなっている。

専門家の元には、震災前と比べて5倍のペースで相談が舞い込んでいるそうだ。しかも、これまで海外に無関心だった富裕層まで、急に関心を寄せるようになっている」

「東日本大震災の後、日本の富裕層は これまで以上に海外への資産移転や、居住を考えるようになっている。つまり、節税ではなく、カントリーリスクを本格的に意識する きっかけになった」

「津波の前にタンス預金も頑丈な金庫も無意味:金融機関に預けていないタンス預金、金などの貴金属類など持っていても、津波の前では無力で、我が身を守るために ただ ひたすら逃げる以外にない。

また、比較的に時間に余裕があったとしても、地金や、重たい金庫を持って逃げることは、まさに不可能ということが、この東日本大震災で明らかになった。

また、それ以外の代表的な資産である高級車、ヨット、プライベート ジェットなども、使用不可能だ。

そして、日本の代々の富裕層の代表的な資産と言えば不動産。だが「土地神話は完全に崩れたでしょう。

原発周辺の土地も、所有権があろうとも数十年にわたって使用できない可能性もあります」

「今後は人口減少社会に入り、2050年には9000万人(国土交通省推計)になる見込みだ。

今回の震災で多くの外国人が帰国し、「わざわざ危険性のある日本に重要なオフィスを置いておく必要性はない」と外資系企業が考えるようになれば、オフィス、賃貸ともに需要が減少し、地価も下落が止まらなくなる。

「やはり、一部でも海外へ資産を移しておくことは、備えになるだろう」などの記述があります。

Ameba News [アメーバ ニュース] 」サイトより


財政破綻,「ジャパンリスク」を嫌気した富裕層の日本脱出 1

財政破綻,「ジャパンリスク」を嫌気した富裕層の日本脱出 2

財政破綻,「ジャパンリスク」を嫌気した富裕層の日本脱出 3

財政破綻,「ジャパンリスク」を嫌気した富裕層の日本脱出 4

終戦直後のような預金封鎖は本当に起きるのか? - 1

終戦直後のような預金封鎖は本当に起きるのか? - 2

終戦直後のような預金封鎖は本当に起きるのか? - 3

終戦直後のような預金封鎖は本当に起きるのか? - 4

ダイヤモンド・オンライン 」サイトより


信じる者は救われる 南海トラフ大地震は本当に来る - 2

信じる者は救われる 南海トラフ大地震は本当に来る - 3
同記事に「膨大な数の命を奪う大災害だが、実は、その恐怖は南海トラフ大地震が招く地獄の、ほんの入り口に過ぎない。

幸いにして大地震を生きのびたとしても、私たちは220・3兆円という途方もない額の経済的損失に苦しめられる」などの記述があります。

信じる者は救われる 南海トラフ大地震は本当に来る - 4
同記事に「東日本大震災でも日本経済は潰れなかったんだから次も大丈夫と短絡的に考えるのは大間違いです。一橋大学大学院経済学研究科・政策大学院の佐藤主光教授は こう警告する。

南海トラフ大地震で被害の大きいエリアは、トヨタなど日本経済を牽引する製造業の拠点も多い経済拠点の集積地域だからだ。

『想像を絶する大増税』

「大企業は本社機能や製造拠点を別の都市や海外に移すなど、事業継続のための方法を考えているでしょう。

しかし関連する中小企業の事態はより深刻です。工場が無事であっても本社機能が失われると命令を出せなくなり、生産機能が麻痺したままになる。

特殊な部品の供給などが滞れば、結果的に長期間、製造がストップする製品が出てくるかもしれない」

「南海トラフ大地震がなくとも、日本では すでに消費税など各種の増税や控除の廃止などが決められており、'12年8月に大和総研が発表した試算によると、40歳以上の片働き4人世帯・年収1000万円の家庭で'16年時点での負担増は年間61万6800円という。今後南海トラフ大地震が起きれば、合わせて年間80万円近い大増税社会がやってくることになる」などの記述があります。

信じる者は救われる 南海トラフ大地震は本当に来る - 5
同記事に「経済的なダメージが大きいなかで増税をすると経済に対する悪影響も大きくなる」などの記述があります。

信じる者は救われる 南海トラフ大地震は本当に来る - 6
同記事に「大規模な借金を重ねようとすれば、国債金利が急騰し財政破綻する可能性も否定できない。

地方自治体も公共サービスを停止。町には回収されないゴミが溢れ、警察、消防、自衛隊も機能しない。復旧・復興の手も止まる」

「年金廃止や医療費の全額自己負担もありえる」

「復興需要があっても、すべての業種に恩恵があるわけではない。

もともと海外市場のほうが国内より発展の見込みもあり、この際、海外に出ようと考えるのは当然です。生産拠点の一部ではなく、本社機能ごと海外に移す企業も出てくる」

「必ずやってくる大地震。私たちは いま、日本に住みつづけることの絶望的なリスクを突きつけられている。

そのとき、「こんなことになるとは考えもしなかった」と茫然自失しないためには、いまから準備を始めるしかない」などの記述があります。

現代ビジネス [講談社] 」サイトより


自然災害が頻発する日本、東京が世界で最もリスクの高い都市に

レコード チャイナ 」サイトより


富裕層に なれない人の9割は、「楽観バイアス」人生 - 4
同記事に「自分だけは災難に遭わないと信じる人々」

「人間は他の人に必然的に起こることであっても、「自分だけ」は無関係だと信じています。

事故、大病、離婚、社会的なトラブル、失業、事業の失敗、介護問題......。

そうした"悲劇"が起こらないと楽天的に考える性質を持っているということです」

「とはいえ、他人に起こりうることは自分にも起こるので、結局、「後の祭り」になってしまうのです」などの記述があります。

プレジデント オンライン 」サイトより


【関連記事】


日本壊滅地震で世界危機

地震分布の世界地図

西南日本の超巨大地震

超巨大地震の世界地図



「国外財産調書制度」1

「国外財産調書制度」2

「国外財産調書制度」3

ダイヤモンド・オンライン 」サイトより


国外転出時課税制度(出国税)の導入

KPMGジャパン 」サイトより


ピケティ税導入への布石? 富裕層の資産情報把握網の整備
同記事に「金融機関に報告対象国(OECD加盟国等)の居住者の口座について、氏名、住所、生年月日、居住国の納税者番号、口座の残高と年間収入の税務当局への報告を義務付け(日本では2017年から適用)、これに伴い、日本人が相手国に有する口座情報も、その国の税務当局を経由して、わが国の税務当局に報告されることになる」などの記述があります。

大和証券グループ 」サイトより


社会保障・税の共通番号制度:マイナンバー(国民総背番号制)


日本のマイナンバーと類似の制度を既に導入した海外では、なりすまし被害の対応などに苦慮している。

1936年から国民に9ケタの「社会保障番号」を割り振っている米国では、行政分野だけでなく、電気・ガスの契約から銀行口座開設、住宅購入まで、本人確認の手段として広く使われているが、番号が盗まれて勝手にローンを組まれたり、年金の受取口座を無断で開設されたりするトラブルが続出。連邦取引委員会には2012年、37万件の被害が届けられた。

「住民登録番号」を導入している韓国では、登録番号や個人名がインターネット上に流出。

番号を使って勝手に買い物をしたり、番号を通知することで公的機関の職員と信用させ、金をだまし取ったりする詐欺事件が多発した。

[ 出所 ] 読売新聞、2013年5月18日 朝刊


【関連情報サイト】


マイナンバー危険な狙い、事業者には過大な負担

マイナンバー 記載なくても不利益ない 全中連に各省庁が回答

全国商工団体連合会 」サイトより


扱いが悩ましい、外国人と在留邦人のマイナンバー - 1
同記事に「マイナンバーは、日本国籍を有する人(日本人)だけでなく、日本国籍を有しない人(外国人)にも割り当てられる。

日本人のうち、個人番号が割り当てられるのは、2002年8月5日以降、いずれかの市区町村に住所がある/あった人である。

外国人のうち、個人番号が割り当てられるのは、2012年7月9日以降、いずれかの市区町村に住所がある/あった人である。

2002年8月5日は、住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)の稼働日であり、2012年7月9日は、外国人への住基ネット運用が開始された日である」

「日本国籍を離脱して外国移住した人だが、これも同様に住基ネットにデータがある/あった人ならば、個人番号が割り当てられる」

「日本人のうち、2002年8月5日以降いずれの市区町村にも住所がない人には、個人番号が割り当てられない。

すなわち、10年以上 「住所不定」を貫き通している日本人と、10年以上「外国」にいる日本人(いわゆる長期在外邦人)は、個人番号が与えられないことになる」

「外国人であっても、日本国内に3か月以上滞在する場合は、市区町村に住所が置かれ、個人番号が割り当てられる。また、いわゆる特別永住者も同様に個人番号が割り当てられる。

なお、日本国籍を取得した場合、あるいは日本国籍を離脱した場合でも、個人番号は変更されない。

また、いったん個人番号が割り当てられた外国人は、再入国の際にも同じ個人番号が割り当てられる。一度割り当てられた個人番号は、原則として一生変更されない」

「日本に住んでいる人が将来、海外に移住したとしても、個人番号は そのまま継続される。消えてなくなるわけではない」などの記述があります。

エンタープライズICTの総合情報:ITpro 」サイトより


個人情報が抜き取られる?「IC運転免許証」が米国で反対の理由

WIRED.jp 」サイトより


意外に国民が知らされてなかったマイナンバーの落とし穴

でんひろイシダ 」サイトより


個人情報を一元管理 「マイナンバー制度」って どうなの?

弁護士ドットコム 」サイトより


米政府版マイナンバー情報漏えい、560万人の指紋データも流出

IT総合情報ポータル「ITmedia」 」サイトより


マイナンバー制度の信頼性にも波紋 年金情報流出125万件 - 1
同記事に「多くの個人情報に ひも付けされた番号は、情報が流出して悪用されれば広範な被害に結びつく可能性がある」などの記述があります。

マイナンバー制度の信頼性にも波紋 年金情報流出125万件 - 2
同記事に「堅牢なセキュリティーシステムを構築しても、情報を盗もうとするサイバー攻撃から常に安全とは言い切れない」などの記述があります。

「共通番号」特需狙うIT企業 整備費用は1兆円規模に -1

「共通番号」特需狙うIT企業 整備費用は1兆円規模に -2

「共通番号」特需狙うIT企業 整備費用は1兆円規模に -3

SankeiBiz(サンケイビズ) 」サイトより


年金機構は氷山の一角、日本全体が標的の「Blue Termite」
同記事に「Blue Termiteは100%日本を標的としたAPT攻撃であり、日本年金機構へのサイバー攻撃もその一環だとする一方で、標的は同機構だけではなく"日本全体"だと強調。

たまたま情報が漏えいしたおかげで同機構では攻撃が発覚したに過ぎないとし、政府機関や報道機関をはじめ、防衛関連、エネルギー関連、航空 宇宙産業、金融、化学、製造業、研究・学術機関、さらには情報通信事業者のクラウドサーバーまで、少なくとも300か所がBlue Termiteのマルウェアに侵入されていることを明らかにした」などの記述があります。

INTERNET Watch 」サイトより


トルコ国民、約5000万人分の詳細な個人情報が漏洩
同記事に「社会的・政治的な主張を目的としたハッキング活動を行なうハクティビストにより、なんと5000万人ものトルコ国民の個人情報が漏洩しました」

「国民の個人情報が保存されている「市民データベース」がハクティビストにより攻撃されました。

攻撃を行ったハクティビストは、ハッキングで入手した個人の 姓名と国民識別番号、両親の名前、性別、出身地、誕生日、住所など詳細な個人情報がわかるデータ6.6GB分をインターネット上にアップロードして公開しています。

同データには なんと4961万1709人分のトルコ国民の個人情報が含まれている、とのことです。

なお、トルコの人口は約7500万人なので、人口の約65%分に当たる個人情報が流出したことになります」などの記述があります。

スウェーデン政府,ほぼ全国民分の個人情報&軍機密情報が流出

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


米、社会保障番号に代わる身元確認方法を検討 情報漏洩相次ぎ

国民5000万人の個人情報流出、トルコ当局が捜査開始
同記事に「トルコで、国民の3分の2余りに当たる約5000万人分の個人情報がインターネット上に流出する事件があり、検察当局が捜査を開始した。

トルコにおける情報セキュリティーの脆弱(ぜいじゃく)さを改めて露呈する事件だ。

ハッカーらが今週、ネット上で公開したデータベースには、大量のトルコ国民の氏名、個人番号、住所などの個人情報が含まれている。

同国の人口7800万人の大半が なりすましや詐欺の被害の危険にさらされた形で、事件に関し検察当局が捜査を開始したと同国メディアは伝えている」などの記述があります。

米政府職員の個人情報に不正アクセス、約400万人 中国が関与か

ノルウェー、全国民の納税記録がネットで閲覧可能 - 1
同記事に「ノルウェーの税務当局は毎年、すべての納税者に関する、収入や資産、納税額といった重要な情報をウェブサイトで公開する。

他の人々も同じように税金を払っていることが分かれば、みんなで少額ずつでも自治体の予算を助けようという気持ちが強まるとの考えからだ」

「スウェーデンとフィンランドではノルウェーのように納税記録がネットで公開されているわけではないが、電話1本かけるだけ、あるいは税務署に行くだけで入手することができる」などの記述があります。

ノルウェー、全国民の納税記録がネットで閲覧可能 - 2
同記事に「ノルウェーの制度には欠点もいくつかある。コソコソ探られる可能性だ。

特に しばらくの間は、オンラインでの検索が匿名で可能だったために、他人の納税記録の閲覧が問題となった。

ノルウェーのメディアは、親の収入の高い低いによって子どもが学校で からかわれるケースが複数あったと報じている。

逮捕された住居侵入、窃盗の容疑者らが、被害者の税金のデータを所持していたという事件もあったという。

また納税者協会のロルフ・ロゼ(Rolf Lothe)氏は、「車などで ある通りを走ると その通りの住民たちの資産が表示されるアプリや、フェイスブック(Facebook)の連絡先に入っている人たちの資産が自動的に表示されるアプリまであった」と嘆く。

その結果、2014年から匿名検索はできなくなった。さらに、自分の税金の情報が閲覧された場合は、誰に見られたのかも簡単に調べられるようになった」などの記述があります。

スウェーデンで大規模情報漏えい 運転免許データが閲覧可能に

インド最高裁「プライバシーは基本的権利」 生体認証制度に打撃

AFPBB News 」サイトより


米史上最高、政府職員2210万人の情報ハック。中国の仕業か

ギズモード・ジャパン 」サイトより


マイナンバー、クレジットカードや医療への活用はリスク甚大

国民共通番号導入(上)- 税・年金から医療・福祉・金融まで
同記事に「マイナンバー(国民共通番号)制」が、2016年1月から日本で導入される。

当初は税、社会保障、防災の三分野だけだが、段階的に医療・福祉・金融・各種免許・旅券分野まで利用範囲が拡大される」

「個人情報漏えいの懸念の払しょくなど課題も多い」

「共通番号制度は、複数の機関に存在する個人の情報が同じ人物の情報であることを確認・証明するもの。

所得や社会保障の受給実態を把握し、個人や世帯の状況に応じた社会保障給付を実現することが目的。

低所得階層に負担割合が大きい消費税増税の弊害を和らげるための「給付付き税額控除制度」の必須ツールでもある。

年金などの社会保険料や税務などの情報を一括管理することにより、行政サービスの効率化や社会保険料の未納を防ぐ狙いもある。

利用範囲は2016年1月1日の導入時に、税と社会保障、防災の3分野に限定されるが、順次様々な事項が追加される。

戸籍や旅券(パスポート)事務、預貯金付番(ペイオフ時の名寄せ、口座名義人の特定・現況確認など)のほか、医療・介護・健康情報の管理・連携、自動車登録事務などが対象だ。

具体的 には、ICチップが埋め込まれた個人番号(マイナンバー)カードと、健康保険証、地方公共団体の印鑑登録カードや施設利用カードなどとの「一元化」を目指す。

国や自治体が発行する印鑑登録カードや施設使用カードも順次、個人番号カードに置き換えるよう促す」

「政府はマイナンバーを2018年度から医療分野にも活用、医療機関や介護施設が個人の医療情報を共有し、無駄な検査・投薬を避けられるようにする。

マイナンバーは健康保険証に掲載し、医療機関のカルテ、問診や診療報酬明細書(レセプト)などのデータと連結。

個人は自分の番号を入力すれば、パソコンやスマートフォンで過去の診療や投薬の履歴を見ることができる。

政府は集めた医療情報を原則として名前を伏せてビッグデータとして活用。レセプト、検体検査や手術記録、問診情報など幅広いデータを分析する」

「本人が同意した場合は個人情報として活用」

「さらに医療ビッグデータは国内の製薬企業にも開放し、難病などの新薬開発に生かす」などの記述があります。

国民共通番号導入(下)預金口座に連結,脱税.資金洗浄 一網打尽
同記事に「政府はマイナンバー(国民共通番号)を銀行の預金口座に連結させる方針。

個人の資産を正確に把握できるようにすることで、公平に税や社会保険料を負担する仕組みを構築、取りはぐれを極力なくす。

現行法では預貯金口座との連結は認められていないが、関係する法律を改正し、2018年度をメドに新たに開設する口座から導入する」

「日本の銀行の個人預金の口座数は10億口座に上り、マイナンバーが預金口座と直結すれば、脱税やマネーロンダリング(資金洗浄)や生活保護の不正受給を防ぎやすくなる。

給与や年金だけでなく、投資で得た利益などを含めた収入を基準に社会保険料などを算出することが可能になる。

企業に対してもマイナンバーや 企業ナンバーを活用すれば正確な取り立てが可能となる。

会社員は通常、源泉徴収により税や社会保険料を自動的に給与から天引きされるが、自営業者や開業医らは自ら申告して支払う方式。

脱税につながりやすく、マイナンバーを預金口座や医療費の支払い情報に結び付けられれば、税収も上がると見られている。

税を徴収する国税庁と年金保険料を徴収する日本年金機構を統合した「歳入庁」の創設も検討課題。

マイナンバーに歳入庁創設と併せれば、国税庁が持つ法人データが活用できる。

保険料の徴収漏れがなくなり、税・保険料で年間10兆円以上の収入増につながるとの試算もある。この額は消費税の6%引き上げ増収分に相当するというから巨額である」

「マイナンバーは膨大なデータ情報がぶら下がるため、セキュリティ確保やプライバシー保護などの課題は多い」などの記述があります。

マイナンバー導入まで半年(上)サイバー攻撃受けやすく

マイナンバー導入まで半年(下)費用対効果も不透明

レコード チャイナ 」サイトより


マイナンバー!動くカネは4兆円 - 1

マイナンバー!動くカネは4兆円 - 2
同記事に「マイナンバーには潤沢な予算が使われている上、取り引きする業種もほぼIT関連業界に集中しているため、役人と業者の癒着が非常に起こりやすい。

システム開発案については公募という形を取っていますが、担当者も受注の経緯も その時々によって違い、そこには何の透明性もない」

「マイナンバーに費やされる予算は、国のシステム開発に約3000億円、自治体のシステム対応のための補助金として約2000億円、合計で約5000億円と言われています。

ただし、ゆくゆく民間でも活用されていくことを考慮すると、波及効果は3兆〜4兆円か、それ以上の市場規模になると思われます」

この巨大マネーが、制度に関わる、あらゆる省庁・役所に流れ込む。

制度の仕組み作りと法律の作成は内閣府。番号の通知や自治体での運用を管轄するのは総務省。

法人番号の管理や個人の税収に関する情報の一括化は国税庁(財務省)。社会保障に関する分野は厚労省。さらには、国民向けの窓口となる全国 約1700の地方自治体......といった具合だ」

「主役は あくまで役人たちというわけで、完全に国民不在です。役人が限られた業者と癒着して、そこに巣くい、『3兆円産業』などと称している」

「この制度の恐ろしいところは、いったん導入されてしまうと、制度が中止されない限り、半永久的に税金が注ぎ込まれ続けるということだ。

かつて'02年に導入された住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)は、400億円の予算を投入しながら普及率が たったの5%。にもかかわらず、現在でも その維持のため、毎年100億円以上が費やされている」

「マイナンバーは最初から全国民をネットワークに取り込もうという、住基ネットより はるかに巨大なシステム。ですから、その維持費やトラブルが起きた際の復旧・改修費用などのコストは比較にならないほど巨額になるでしょう。

それを見越し、マイナンバー絡みの天下り法人や、各省庁肝いりの専門業者が次々と設立されている」

「底なしに税金を吸い込んでいく、ブラックホールのようなシステム」などの記述があります。

マイナンバー!動くカネは4兆円 - 3

マイナンバー!動くカネは4兆円 - 4
同記事に「マイナンバーと同種の「社会保障番号」(SSN)が導入されている米国では、'06〜'08年の間に、SSNを盗まれたことによる「なりすまし」詐欺や、口座からの現金抜き取りなどの犯罪が約1200万件も発生。

その被害総額は、実に年間500億ドル(約6兆円)にも達する」などの記述があります。

現代ビジネス [講談社] 」サイトより


国民総背番号制

Wikipedia 」サイトより


税金の無駄使い? マイナンバー制への懸念 - 1

税金の無駄使い? マイナンバー制への懸念 - 2

税金の無駄使い? マイナンバー制への懸念 - 3

東洋経済オンライン 」サイトより




日本が景気回復に向け奇策、死亡消費税、カジノ構想...

レコード チャイナ 」サイトより


死亡消費税 庶民苦しめる悪税で政府に並大抵でない税収増も

死亡消費税構想 棺桶から税金もぎとる年金収奪のメカニズム

政府内で「貯蓄税」と「死亡消費税」を検討 すでに布石も

NEWSポストセブン 」サイトより



「アメリカ人やめます」成功を求めて米国籍を離脱する時代に

JBpress (日本ビジネス プレス) 」サイトより


ともに増加!米国籍を放棄する大富豪、米に流入する貧困層

BRIDGE USA 」サイトより


米国、国籍離脱者が四半期ベースで過去最多

レコード チャイナ 」サイトより


国籍離脱税

米国税務 | アメリカにおける各種税制 」サイトより


【関連記事】


永住権の取得 申請条件




企業が租税回避で使うタックスヘイブン,最も人気なのは米国

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


世界最悪のタックス ヘイブンはアメリカにある

ニューズウィーク日本版 」サイトより


【関連記事】


海外の法人税率




相続税の無い国

オーストラリア ニュ-ジ-ランド スイス モナコ共和国
シンガポール イタリア チェコ共和国 メキシコ
カナダ マルタ エストニア スロベニア
マレーシア スウェーデン ベトナム リトアニア
タイ ポルトガル スロバキア ラトビア
キプロス アルゼンチン ロシア コロンビア

[ 出典 ] Price Waterhouse and Coopers(http://www.pwc.com/)LLP,2005より抜粋


贈与税の無い国


オーストラリア、シンガポール、モナコ共和国、カナダ、アルゼンチン、バハマ、コスタリカ、フィジーなど


租税条約


二重課税の防止などのために租税条約を締結している国があります。租税条約を締結している国では日本と相手国の両方で二重課税されることはありません。


パーマネント・トラベラー / パーペチュアル・トラベラーとは(Permanent Traveler) / (Perpetual Traveler)


【関連情報サイト】


パーマネント・トラベラー

コトバンク 」サイトより


パーペチュアル・トラベラー

Wikipedia 」サイトより


税金のない国


タックス ヘイブン(オフショア)とは?

WEB金融新聞 」サイトより


Cities and their millionaires(英語)
(大富豪が住んでいる数の世界都市別ランキング)

The Economist 」サイトより(英語)



【税金・関連情報サイト】


世界各国の消費税の税率一覧

世界各国の法人税 税率の一覧

世界の国別 物価比較 一覧表

WEB金融新聞 」サイトより



【税金・経済/関連記事】


海外の法人税率

日本壊滅地震で世界危機

日本人街・経済特区

経済の世界地図

世界の物価・国際比較



個人資産3000万ドル以上の「超富裕層」を輩出する20の大学

ライフハッカー[日本版] 」サイトより



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ緻密な情報、厳選リンクも満載