【海外生活】海外生活に重要な治安・物価・税制・ビザ等の国別情報

海外移住と移民政策

近年は、永住権や就労ビザの取得条件が難しく、国によっては海外移住が非常に困難な状況となっています。

海外移住が難しくなってしまった理由は、移民の急増と雇用情勢の悪化により、永住権や就労ビザの取得条件を難しくしたことが主な要因です。

しかし、移民が増え過ぎたからといって、単純に永住権や就労ビザの取得要件の敷居をあげても、移民を受け入れによる不動産価格の高騰で住宅の入手困難や郊外への移動を余儀なくされる国民の不満が増大し、自国民との軋轢(あつれき)が生じる問題や、不動産バブル崩壊後の経済悪化、受け入れた国民の高齢化に伴う社会保障費用の増大による将来的な国民負担の増大などの経済・財政問題などの移民政策の歪は解決せず、さらに移民のアンバランス(偏り)が助長されるという意見もあり、移民を受け入れながら、移民のアンバランス是正に配慮した自国民との軋轢を生みにくい、新たな移民政策の必要性が指摘されています。


アメリカの移民政策
過去にアメリカへ特定の国からの移民が大幅に増加し、移民の偏りが生じました。

そこで移民の不均衡が生じたバランスを整えるために、移民の多様化を目的として、移民の比較的少ない国に対して、1990年より抽選で年間5万件のアメリカ永住権(グリーンカード)を与える制度(Diversity Visa Program / DV Program :移民多様化ビザ抽選プログラム)を行っています。

対象国である場合、家族関係、職業、語学力なども一切不問で、当選すれば永住権のチャンスを与えられます。

日本はアメリカに移住する人が少ないため、移民多様化ビザ抽選プログラムの対象国に含まれています。

★対象外の国々 (アメリカへの移民する人が多い国)

中国(香港、マカオを除く)、韓国、インド、パキスタン、フィリピン、ベトナム、ロシア、イギリス(北アイルランドを除く)及び英国領、カナダ、 メキシコ、ハイチ、ジャマイカ、エルサルバドル、コロンビア、ドミニカ共和国。



      海外移住の地図帳|更新情報


このページに「ふりがな」(ruby)を付ける

ひらがな めがね 」サイトより



「聖域都市」とは? トランプ大統領の移民取り締まりで注目
同記事に「ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は2017年1月25日、不法移民を保護している全米各地の「サンクチュアリ シティー(聖域都市)」に対し、米政府として断固とした措置を取ると明言した。

聖域都市とは、不法移民を強制送還させようとする米連邦政府の入国管理当局への助力・協力を拒否している自治体のことで、都市のほか群や州なども含まれる。

ニューヨーク(New York)やロサンゼルス(Los Angeles)をはじめ、全米には約300の聖域都市がある。

聖域都市では一般的に、警察官が市民に接触し在留資格の有無を調べることを許可していない。

また、入国管理局が連行してきた不法移民の収容や、不法滞在が疑われる移民を釈放期日を過ぎた後も拘束下に置くことを拒否している。

全米には不法滞在している移民が推計1100万人いるとみられ、聖域都市の多くはトランプ氏の当選以降、こうした不法移民たちを必ず守ると表明している」

「トランプ大統領が25日に署名した大統領令は、入国管理当局への協力を拒否する都市に対し、連邦補助金の交付を停止すると脅す内容だ」

「こうした中、聖域都市の一つとして知られてきたフロリダ(Florida)州マイアミデード(Miami-Dade)郡のカルロス・ゴンザレス(Carlos Gimenez)郡長は27日、収容施設を管理する郡矯正局に対し、トランプ大統領の命令に従い「米国土安全保障省が要請する不法移民の拘禁要請は全て尊重」するよう指示した。

一方、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ(San Francisco)の各市長は、大統領令を拒否し、移民を守ると改めて誓っている。

ネバダ大学(University of Nevada)移民相談室(Immigration Clinic)のマイケル・ケーガン(Michael Kagan)室長は、合衆国憲法では州や市などの地方自治体に対し、連邦法の執行を拒否する あらゆる権利を認めていると説明している」などの記述があります。

「聖域都市」への補助金停止認めず 米大統領令また差し止め

米テキサス州知事、移民保護する「聖域都市」禁止法に署名

AFPBB News 」サイトより


Sanctuary city(英語)

Wikipedia 」サイトより(英語)



ゲーテッド コミュニティ (Gated community)
同記事に「計画都市「マガルパッタ・シティ」は、約120人の農民が土地を出し合って共同経営組織を作り、マハーラーシュトラ州政府の援助を受けて完成した、ゲーティッド・コミュニティー」などの記述があります。

Wikipedia 」サイトより


ゲーテッド・コミュニティによる,新タウン・マネジメント構想(PDF:0.971987 MB)

株式会社 都市ガバナンス研究所 」サイトより



死にたくなければ「米国人以外の医師」研究結果 - 1
同記事に「女性医師(内科医)が担当した入院患者は男性医師が担当するよりも死亡率が低い」という衝撃的な論文を米国医師会の学会誌で発表し、米国のマスメディアに注目された日本人研究者が、今度は「アメリカ人医師よりも、米国外で医学教育を受けた外国人医師の方が患者の死亡率が低い」という内容の調査研究を発表し、再び米国内で大きな話題となっている。

折しも、いまトランプ大統領による移民やイスラム圏7か国などからの入国制限に関する混乱で、米国の医療サービスを質の高い診療で支えてきた外国人医師が、米国を避ける可能性が出てきたからだ」

「米国の医師の4人に1人は、米国外で医学教育を受けた後、アメリカンドリームを求めて渡米した米国籍を持たない「外国人医師」だ。

その多くはインド、パキスタンなど英語圏で医学教育を受けた医師や医学生だ」「もちろん日本の医学部を出て米国で臨床医として活躍する日本人医師も"外国人医師"に含まれる」

「トランプ大統領が中東・アフリカ7か国の人々の入国を禁止する大統領令に署名したことで、実際に再入国できず足止めを くらっている医師や、先行きが判らない7か国出身の研修医の受け入れをためらう施設が続出。トランプ VS 連邦裁判所の成り行き次第で米国の医療の基盤が崩れる懸念が生じている」などの記述があります。

死にたくなければ「米国人以外の医師」研究結果 - 2
同記事に「混乱が広がるなか、ハーバード公衆衛生大学院の津川友介氏は「外国人医師の入国を阻む政策はアメリカ人の健康に悪影響を及ぼす可能性がある」と断言する。

その根拠は先日、津川氏らのチームがBMJ(英国医師会誌)に報告した調査研究だ。

今回、津川氏らは、米国でメディケアの利用者(65歳以上の高齢者)を対象に、急性期病院時の入院データ約120万件と担当医約4万4000人の診療データを解析。

海外で医学教育を受けた後、米国で医師免許を取得して働いている医師(以下、外国人医師)と米国で医学教育を受けた医師(以下、米国人医師)とで、入院後30日以内の死亡率を比較した。

その結果、入院日から30日以内の死亡率は外国人医師11.2%、米国人医師11.6%で、外国人医師が担当した患者の30日死亡率は統計学的に有意に低いことが示されたのだ。

これは患者の重症度や診療している病院などをすべて補正した後の比較である」

「外国人医師が診療することで250人を診療するごとに、米国人医師が担当した場合に亡くなったかもしれない1人の生命を救っている計算になる。

しかも外国人医師の担当については、入院の原因となった病気のほかにも複数の病気を抱え世帯年収が低くいなど、悪条件が重なる患者の比率が高く、より重症の患者を診ていたと推測される。

もし患者の重症度に関する もっと詳細なデータがあった場合、外国人医師の治療成績は米国人医師を さらに上回る可能性すらあるのだ」などの記述があります。

死にたくなければ「米国人以外の医師」研究結果 - 3
同記事に「外国人医師の治療成績が優れていることに関して、津川氏は「米国の医学教育が劣っているという意味ではありません。そうではなく、彼ら外国出身の医師は、向上心があり、米国の医師免許の試験や就職活動などに成功してきた選りすぐられた人々なのです」という。

「これまで外国人医師は、米国の医療の4 分の1という"量"を担っていることが知られていました。しかし、今回の研究結果から彼らは米国人医師と同等か、それ以上に"質"の高い医療を提供していることが明らかになりました」

自国での医学教育を終えたのち、米国の医師国家資格試験と不利な条件下での研修施設側からの選別という高いハードルを超えてきた彼らの背景を考えれば、当然といえば当然だろう。マイノリティであることは成功への強いモチベーションとなる。

「しかし、トランプ大統領の入国禁止令は こうした貴重な人材を他国へ追い出すことになりかねず、アメリカの医療の質が低下するという予期せぬ結果を生むかもしれない」と津川氏は懸念する。

外国人医師の比率が米国並みの国は、英語圏だけでも英国、カナダ、オーストラリアがある」などの記述があります。

ダイヤモンド・オンライン 」サイトより


【関連記事】


世界の医療事情



世界人口の増加は人類の破滅を導くのか?
同記事に「世界人口は2016年 現在で約73億人となっており、今後も増加傾向にあります。この1世紀の間に世界人口は なんと4倍にまで増加している」

「世界人口は1800年に10億人を突破し、1940年に23億人、1970年には37億人になり、2016年 現在で74億人へと急上昇しています」

「将来における人口の増加に伴って起こり得るシナリオとしては、大量の移民の発生や......。

スラム街の増加に伴う疫病と汚染の流行。水、食糧、エネルギーを巡る暴力など、さまざまな混乱が起きるかも知れません」

「1960年に人口の増加スピードは今までに例のないレベルに達しました。

これにより、貧困層が際限なく拡大して世界を覆い尽くすというような、世界の終末が語られるようになりました。人口過多問題の誕生です」などの記述があります。

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


「より良い世界」を作ることは可能なのか?(英語)
同記事に「長年に渡って政策立案者は、異なるグループの住民を居住地域を混在化させ、その両者が自由に交流することができる社会作りを目指してきた。

しかし、Michigan State Universityの社会学者は、こうした試みは無駄に終わった可能性が高いと新しい研究成果の中で述べている。

この研究成果は、American Journal of Community Psychologyを通じて発表されたもので、論文のオーサーとなるZachary Neal は異なるグループの混成化と結束の維持は共存することはできないと論じている。

「より良い社会の実現は可能なのだろうか?

残念ながら、この研究成果は、異なるグループを混在化させたコミュニティーを作ったとしても、ほんとうの意味での共存は図れないということを示している」とNealは言う。

「本質的な意味において、近隣コミュニティーの混在化によって人種差別を撤廃しようとしても、そういう社会では共存は図れないのです。」

なぜなのだろうか?

彼によると この原因は人々がもっている関係性の維持の仕方にあるという。

Nealによると、人々は通常、自分と異なる人ではなく、自分と似た存在の人と関係性を構築しようとするとしている。

Nealは、この研究において、コンピューターモデルを製作し、仮想の社会集団において異なるグループを混在化させた場合と、混在化させずに孤立化を促した場合のシミュレーションを実施した。

その結果、数百万回におよぶ計算結果から、統合が図られた世界は社会的には統合性が図られていないことを発見した。

「この傾向は非常に堅固なものであり、政策によってチェンジさせることは非常に困難となる」などの記述があります。

Newsline 」サイトより


外国人労働者受け入れ、コストをかぶるのは国民全体

SAFETY JAPAN 」サイトより


ドイツの苦悩 - 移民の失敗、繰り返さない
同記事に「欧州の中でも移民が多いことで知られるドイツ。1960年代、労働力不足を補うために、トルコなどから移民を受け入れた。

しかし、40年後の今、当時の移民政策の失敗が残した後遺症に苦悩している。

当初、期間限定で受け入れたはずの外国人労働者の多くがドイツに定住し、社会に溶け込めないまま、失業率の上昇など社会問題を引き起こしているのだ」などの記述があります。

移民急増を拒絶したスイス国民投票の衝撃

日経ビジネスオンライン 」サイトより


トランプ政権誕生で米富裕層が海外移住!人気の3大都市
同記事に「まさかのトランプ氏勝利に揺れる米国で、国外脱出を目論む国民が急増しているという。

選挙当日の11月9日、トランプ政権の誕生がまだ決定していなかった時点で、すでにカナダ移民省のウェブサイトがクラッシュするなど、米国民の悲壮感は深刻だ。

他国の不動産産業にとっては恰好のビジネスチャンスである。

中でも米富裕層に人気の海外移住先は環境、生活水準、投資価値などの理由から、ロンドン、トロント、オークランドの3大都市に集中しているようだ。

<ロンドン、トロント、オークランドが最有力候補>

Brexitの影響でポンド安が続く英国。昨年から始まった「ロンドン高級不動産プチバブル崩壊」に後押しされ、すでに海外投資家の叩き買いが始まっている」

「多数の著名人が移住先候補として挙げているのはカナダ。壮大な自然、生活水準の高さといった利点のほかに、米国に近いという立地条件も人気の秘密だ。

またカナダでは以前から一部の自治体が移住促進キャンペーンなどを打ちだしているなど、米国からの移民歓迎ムードが強い。

過去10年間で不動産価格が急騰したバンクーバーに代わり、注目を浴びているのは金融都市、トロント。

トロントの住宅価格も年々上昇傾向にあるが、バンクーバー、ロンドン、ニューヨークの異常なバブル価格の足元にもおよばない。

同じく広大な自然を誇るオークランドへの関心も高い。

ニュージーランドの公式機関が米メディアに公表したデータによると、11月1日から8日にかけての移住申請(学生含む)は1593件と記録的な数に達したという。

しかしニュージーランドでは低金利政策によるバブル崩壊への懸念が強まっており、同様のリスクを抱えるロンドンよりも「安全資産」としての価値は低いと見なされている。

全都市に共通する問題は「海外投資家の買いあげによる不動産価格の高騰」だ。

国への経済効果は期待できても、住民にとっては生活を圧迫するネガティブ要因になりかねない」などの記述があります。

ZUU online 」サイトより


移民登録制度,「日系人の強制収容が前例」トランプ氏支持者 -1

移民登録制度,「日系人の強制収容が前例」トランプ氏支持者 -2

米次期政権、移民政策で9・11後の登録制度参考か 関係者

CNN.co.jp 」サイトより


欧州からの移民 スイスの社会保障制度の「お荷物」?

SWI swissinfo.ch 」サイトより


米国、不法移民の大量強制退去のための新ガイドラインを制定

米入管、日本のロックバンド「ラウドネス」の入国を拒否

Newsline 」サイトより


移民、ドイツを目指す
同記事に「EU拡大の波がブルガリアやルーマニアなど国内総生産(GDP)がEU平均の ほぼ半分という国にまで届いたことで、欧州ではベネフィット・ツーリズムへの懸念が強まった。

この問題は自治体の団体であるドイツ都市評議会が昨年、社会給付金目的の移民がドルトムント、デュースブルクで社会福祉制度の負担となり、物乞いや犯罪、売春を増やしていることへの対策として、政府に資金援助を求めたことで注目されるようになった。

両都市は いずれも製造業の斜陽化で苦しんでいる」などの記述があります。

ドイツ財政収支、2016年は赤字へ - 難民問題で

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 」サイトより


「もう限界」100万人を超える難民に欧州が悲鳴 - 1

ドイツで大連立・移民政策めぐり議論に
同記事に「EU市民の権利である域内移動の自由を濫用し、ドイツに来て職に就くことなく生活保護受給する、いわゆる「社会保障詐欺」を働いた移民に対して、再入国禁止などの罰則規定を設けるべきと主張している」

「移民が集中する地域の自治体の負担増が問題となっていることから、連邦・州による支援強化が不可欠との声も上がっており、CDU・CSUと社会民主党(SPD)は内務省と外務省、労働省の次官らから成る移民問題の作業部会設置を決定。想定される社会保障制度濫用への対策の必要性や内容について話し合うとしている」などの記述があります。

激増する移民、路上にあふれる物乞い

少子高齢化が日本に もたらす真の危機とは何か - 4
同記事に「西欧先進国は かつて「揺り籠から墓場まで」の行き届いた社会福祉実現に努力してきた。そして、生活が豊かになり3K職場への労働力不足を低賃金の外国人移民労働者に依存する政策を進めてきた。

しかしながら今 現在では その政策が大失敗であったと後悔しているが、時 既に遅く、修復が非常に困難のようである。

そもそも、言語・習慣・宗教・教養・文化等全てが異なる人間が混在する社会に安定など望むべくもない。

さらに厄介なことに、高度福祉国家を国是としてきた手前、移民を大量に受け入れた結果、彼らも国民である以上、国民の義務を果たさなくても福祉厚生・人権は守らなければならない。

加えて、移民で得た国籍を利用して母国から家族を呼び寄せて急速に移民人口が増え、元の住民との摩擦が頻発し、治安が極端に悪化したうえ、経済が低下の一途を辿って税収の低迷と増え続ける財政負担になす術がない状態である」などの記述があります。

トランプを嫌い、米国からニュージーランドへ大量脱出 - 1
あおりを受けて帰国する日本人、南半球の楽園に劇的変化

同記事に「日本人永住者の中でも、ニュージーランドは、米国をトップとしてランクインする上位10位中、前年比で最高の約10%増を記録」「知る人ぞ知る「日本人の大人気永住先」である。

しかし、ここ最近、異変が起きている。

米国人の米国離れが加速化し、米国人のニュージーランドへの移住が急増。

英語を母国語とし、資金力も潤沢な米国人富裕層の流入で、不動産や家賃の高騰、さらに日本人など非英語圏移住希望者や現地の同出身者に対する雇用環境が厳しくなるとの予測から、移住先を他国に変更したり、日本へ帰国する動きが出てきている。

ニュージーランド内務省によると、米国のトランプ政権誕生後の ここ100日間の米国人のニュージーランドでの市民権申請数が、前年同期比の約70%増と記録的な拡大となっている。

さらに就労ビザ申請も約20%増で、ニュージーランド政府の移民関連公式サイトは、米大統領選後、米国からのアクセスが約10倍増の4000件を超える記録だという」などの記述があります。

トランプを嫌い、米国からニュージーランドへ大量脱出 - 2
同記事に「永住権など各種ビザが他国より取りやすく、特に隣国のオーストラリアでの移住を目指す場合は、それより先にニュージーランドで取得する傾向にある。

オーストラリアは経済も堅調で、人口も多く、給与もニュージーランドよりはるかに高く、物価はニュージーランドより安いが、永住権どころか数年の労働ビザ取得もかなり困難だ。

しかし、ニュージーランドの市民権を持っていればオーストラリアでも居住、労働可能なため、「急がば回れ」、ニュージーランド移住はオーストラリア移住への「登竜門 」になっている。

さらに、ニュージーランドは、オーストラリア、英国、カナダなどと違い、一度、永住権を取得すると更新は一切不要で、居住の滞在日数要件もない。

取得後、長年ニュージーランドを離れていても、永住権が失効しないことから、世界でも有数の「永遠の永住権国家」として移住先の人気国だ。

また、原発がない豊かな自然が売りで、贈与税や相続税課税もなく、「租税回避」の楽園として英国や米国、さらには日本、中国などからの富裕層に注目され始めている。

隣国のオーストラリアへの移民の半数はニュージーランド人だが、そのニュージーランド人の7人に1人が外国出身者と言われるゆえんだ。

日本人の中にも、そのため、ニュージーランドを「トランジット(中継地点)移住」の移住先として目指す人が多いが、ここに来て新たな障壁が浮上している。

ニュージーランド政府は、2017年4月19日、移民法の改正を発表し、永住権取得の資格条件の大幅変更を決定(8月14日施行)。これにより、外国人の永住権取得は、厳格化されることとなり、永住権を見込む日本人の多くが大きなショックを受けている」などの記述があります。

トランプを嫌い、米国からニュージーランドへ大量脱出 - 3
同記事に「技能職以外の永住権で、家族を呼び寄せる家族ビザ「Family Category」でも大幅な改正を発表。受け入れ体制を、現行の年間 約6000人から、3分の1の2000人までに激減させることを決定」

「中国人の移民者が高齢者の両親を呼び寄せている現状の中、 今後、市民権や永住者の両親に発給されているビザも一時、発給休止となることが同時に盛り込まれた」などの記述があります。

トランプを嫌い、米国からニュージーランドへ大量脱出 - 4
同記事に「特に、2006年以降、前述のように急増する技能職の中国人が呼び寄せる高齢者の親の増加で、社会保障が将来的に破綻するのでは、との危惧があるほどだ。

今年3月には、ビル・イングリッシュ首相が これまでの65歳の年金受給年齢を将来的に67歳に引き上げる歴史的な社会保障の方針転換を示したのも、そうした苦しいお家事情を反映している」

「すでに中国人などの投機に絡み不動産が高騰し、オセアニア最大都市・シドニーの平均住宅価格を超え、ニュージーランド人が自国でマイホームを持てない、異常事態に陥っている。

物価上昇を目的に金利を記録的に低水準に引き下げた一方で、住宅価格の高騰を招き、金融不安への懸念も拡大している。

5年ほど前までは1NZドルが60円台だったのが、今では80円までに上がり、物価高はオーストラリアを超えた上、交通渋滞の深刻化、また、永住権を取得した中国人移民のうち、50歳以上の熟年が増加し、その多くが両親を呼び寄せ、外国人移民の高齢化の波が押し寄せている。

ニュージーランドでは、10年間居住すれば、65歳から満額年金を受理することが可能で、ニュージーランド生まれの国民と同じ待遇だ。

高齢者移民急増は、年金支出の拡大要因で、国民から懸念や批判が続出している。

こういった状況から、今までとは違い、外国人の永住権取得は今後、さらに難しくなるだろうということだ」などの記述があります。

トランプを嫌い、米国からニュージーランドへ大量脱出 - 5
同記事に「今後、ニュージーランドが「永遠の永住権国家」であるかの保障はない。

実際、オーストラリアでは、国籍と永住権では社会保障や選挙権などで「同等」に扱われない。

旅券を見せれば、無期限で滞在が可能だったニュージーランド人が、税金未払いで、失業手当や生活保護を受けていたことで厳格化された。

ニュージーランドなど英国連邦、さらに欧州、北米の国では、多重国籍を認めているが、日本は多重国籍を認めていない。

ニュージーランドでは高齢者負担が増えることが予想され、前述のように、年金支給年齢も延長する方針だ。そうなれば、外国人、特に高齢者の締め出しを強化するだろう。

当然、こういった動きは将来的な話だが、物価や住宅価格が日本をはるかに超えた今、さらに、「高齢になって英語が話せなくなった」「痴呆になれば日本語はともかく当然、英語は忘れてしまう」、多くの不安を抱え、日本に帰国する日本人も増えている。

手放しで海外礼賛をするわけではないが、海外にすべての人が適しているわけでもない」

「ニュージーランドを含め海外移住を考える人には、「世界が憧れる母国・日本」を脱出した先には、厳しい現実が待ち構えていることを理解してもらえれば幸いだ――」などの記述があります。

好調経済の裏でニュージーランドを蝕む「中国病」- 1
同記事に「ニュージーランドは、一帯一路への協力表明に加え、中国人に対する「5年間有効のマルチビザ」の発給を同時に発表。対象となるのは観光、親族訪問、ビジネス目的の渡航。

毎年2桁増で急増し、「2020年までには中国人観光客の支出が現在トップのオーストラリア人観光客の支出を抜き、最大の観光収入源になる見込み」(ニュージーランド観光局)から、中国人旅行者への異例ともいえる「特別待遇」を決めた」などの記述があります。

JBpress (日本ビジネス プレス) 」サイトより


いまドイツ人の6人に1人が、貧困と闘っているという事実 - 1
同記事に「ヨーロッパの中では経済が比較的安定していると見られているドイツだが、その一方で貧困が広がりつつある。

ドイツ経済は考えられているほど堅調ではなく、6人に1人の市民が貧困と闘っている」などの記述があります。

いまドイツ人の6人に1人が、貧困と闘っているという事実 - 2
同記事に「外部からはドイツ経済は堅調で魅力的に見えるが、よく目を開いてみておくのがいい。それは本質ではなく見かけだけかもしれないのだ」などの記述があります。

クウェート、すべての国民からの「DNA強制採取」を決定
同記事に「クウェートでは、すべての国民と、居住・訪問外国人に、DNAサンプルの提出を強制する法律が2016年11月に発効される」

「この法律は、すべての市民と居住外国人にDNAサンプルの提出を義務付けるもので、対象者は合計で およそ350万人に達する。

また、ペルシャ湾岸の小さな この国を訪れる すべての外国人も対象だ」

「このような法律が施行されるのは世界で初めてであり、批判も多い。

この法律がテロ対策の道具として効果的でないばかりか、データベースが盗まれたりハッキングされたりすれば、大規模なプライヴァシー漏洩の法的責任が問われる事態になる」

「だが、サンプルの提出を拒否した者には、禁固刑や約3万3000ドルの罰金を科せられる可能性があると『Kuwait Times』は報じている」

「すべての市民、住民、訪問者に対して政府へのDNAサンプルの提出を強制することは、正当な理由なく家宅捜索を行うのと同じだ」と、訴訟を起こした弁護士のアデル・アブドルハジは『New Scientist』に対して語っている」

「なお米国では、逮捕された人のDNAサンプルを警察が採取することは合法となっている」などの記述があります。

買い換えなくてもいい世界をつくろうとするスウェーデンの挑戦

WIRED.jp 」サイトより


独の警告「同じ轍を踏むな」移民の大量受け入れ - 1

独の警告「同じ轍を踏むな」移民の大量受け入れ - 2
同記事に「移民立国であるカナダの ある都市では、わずか10年で住民の過半数が中国人になった」

「ドイツのメルケル首相は移民政策の失敗を認め、「他国は同じ轍を踏むな」と語っている」などの記述があります。

ZAKZAK 」サイトより


デンマーク「難民にとって魅力のない国」を目指して
Denmark Places Anti-Refugee Ads in Lebanese Newspapers.

同記事に「永住権を獲得するために必要な言語力の引き上げや、永住権取得までの待機期間を最短でも5年とする、といった条件が列挙されている」などの記述があります。

ドイツ到着の難民9割がドイツ語話せず 就職率わずか13%
同記事に「大量流入で職をめぐる競争が激しくなっている」などの記述があります。

偽装難民のテロリストが欧州の新たな脅威に
Lack of Co-ordination Leaves EU 'Vulnerable' to Jihadists Posing as Refugees.

同記事に「EU諸国の国境管理の甘さに乗じてISISなどのイスラム過激派が続々とヨーロッパに密入国している」などの記述があります。

【写真特集】世界が抱える環境移民という時限爆弾 - 1

【写真特集】世界が抱える環境移民という時限爆弾 - 2

【写真特集】世界が抱える環境移民という時限爆弾 - 3

ニューズ ウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より


EU、難民受け入れ拒否の3か国に法的措置へ

「反移民・反EU」がキーワード、欧州選挙イヤー - 1

「反移民・反EU」がキーワード、欧州選挙イヤー - 2

EU看護師、英を敬遠=就労申請が激減

米国 国務省、ビザ審査の厳格化指示

カナダ、米から入国の難民申請者が急増 2か月で4000人

恐怖.涙.祈りの日々,カリフォルニア州 移民コミュニティー 1
同記事に「トランプ大統領の政策は移民取締当局の権限を大幅に拡大するものだ。

特に現場の取締官らは不法移民を見つけた場合、その人物の犯罪歴の有無にかかわらず、逮捕して国外退去させることが可能になった」などの記述があります。

恐怖.涙.祈りの日々,カリフォルニア州 移民コミュニティー 2

難民認定申請の審査,精神的苦痛で薬物に アフガンの若者たち - 1

難民認定申請の審査,精神的苦痛で薬物に アフガンの若者たち - 2

ドイツ上院,北アフリカ3か国の「安全な出身国」宣言法案否決

スウェーデン首相が労働移民抑制打ち出す

乳児期からカナダで暮らした59歳男性、オランダに送還へ

米からカナダへの密入国者が激増 南米やアフリカからも

米国で20年生活の不法移民を拘束、結婚して子どもをもうける

トランプ氏、入国禁止差し止めた判事に暴言 司法の独立に暗雲

米国、6万人のビザ取り消し トランプ氏の入国禁止令で
同記事に「ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の命令を受け、6万人弱のビザ(査証)を無効化した」

「各地の空港では、大統領令の発令後の数日間で多数の渡航者が有効なビザや永住権を持っているのにもかかわらず身柄を拘束され、その多くが出発地へと送り返されていた」などの記述があります。

米国、密入国で捕まった親子を引き離し、不法移民抑止策で検討

イラク難民、入国できず拘束=エジプトでは搭乗拒否-米

トランプ氏の大統領令、各地で影響 米空港での拘束や搭乗拒否

カナダ、過去5年でG7最大の人口増加 移民増で

米国から徒歩でカナダ入りの移民、新たに22人
同記事に「エマーソンはマニトバ州最大の都市ウィニペグ(Winnipeg)から南に120キロ離れた町で、米ノースダコタ(North Dakota)州とミネソタ(Minnesota)州に接している。

厳格な国境管理が行われておらず、検問所も ほとんど設けられていないため、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が移民や難民の入国規制を打ち出して以後、米国から多くの難民申請者が殺到している。

マニトバ州で難民申請する移民は急増しており、大半は米国で正式な滞在許可証を取得していなかった人々だ。

地元当局によると、今年に入って既に99人が米国から国境を越えてカナダ入りした。

この傾向にエマーソンの自治体関係者は懸念を強めており、国や州政府に対策にかかる費用や物資の支援を要請している」などの記述があります。

【図解】米国から強制送還された不法移民の人数

難民認定厳格化のスウェーデン,10代アフガン移民の自殺相次ぐ

南スーダン、就労ビザ手数料を最大115万円に 援助団体は批判

マレーシア、北朝鮮国籍の労働者50人を強制送還へ

米国,ビザ申請者のSNS履歴と通話記録の開示求める可能性示唆

トランプ氏の難民受け入れ停止、チェコ大統領報道官が支持表明

カナダ首相「難民を歓迎」とツイート、米大統領とは対照的

米国人,トランプ氏当選で大量に国外脱出?カナダは難民歓迎

トランプ氏、移民・難民の審査の強化を命じる大統領令に署名

トランプ氏、「国境の壁」実現へ大統領令

トランプ氏に「壁造るな」 ベルリン市長 呼び掛け

米IT富豪の市民権取得がNZで物議、「売り渡した」と批判
同記事に「ニュージーランドは、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の政権下で米国が破滅に向かった場合の「逃避先」として米国人富裕層が注目していると報じられている」

「ニュージーランドの移民当局によると、同国への移住に関する問い合わせは、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)決定後と、トランプ氏が米大統領選に勝利した後に急増したという」などの記述があります。

難民、「老朽化したスタジアムには住めない」
同記事に「ヘリニコン(Hellinikon)国際空港の跡地に設けられたキャンプには、1500人以上の難民が滞在し、その大半はアフガニスタン出身」

「同空港跡地はアテネ五輪の際に大会施設とされた場所で、難民たちは老朽化したスタジアムは長期的な居住には向かないと主張した。

難民が流入し始めた2015年当時はアフガニスタン出身者は難民とみなされ、ギリシャから欧州の他国へと移動していた。

しかし、アフガニスタンの治安は悪化し民間人の死傷者が増えているにもかかわらず、現在は多くが本国へ強制送還される事態に直面している」などの記述があります。

仏大統領選で極右ルペン氏当選「あり得る」、仏首相が警告

移民を助けるのは罪か...密入国 手伝った男性、仏で裁判開始

移民の密入国を手引き、仏男性に執行猶予付きの罰金刑

エリトリア人移民の密入国を支援した男性に無罪判決、フランス

「不法移民の子には無償教育中止」 仏 極右ルペン氏が主張

英国、EU離脱派勝利後に移民への嫌がらせ行為 急増

テロ計画の国内出生の男2人を国外退去へ,親は外国出身 独で初

ドイツ10州でイスラム組織を一斉捜索、憎悪扇動の疑い

EU総人口、5億1010万人に増加 主因は移民流入
同記事に「欧州連合(EU)加盟28か国を合わせた昨年の総人口が、主に移民・難民の流入によって約200万人増加し、5億1010万人に達した。

EU統計局(Eurostat、ユーロスタット)が2016年7月8日、発表した。

一方で、昨年EUでは死亡数が出生数を初めて上回ったことも明らかになった。

昨年、EU域内での死亡数は約520万人だったのに対し、出生数は510万人だった。

この統計結果についてユーロスタットは、EUの「人口自然増減数が初めてマイナスに転じた」と声明で指摘している」などの記述があります。

ドイツへの難民流入、2016年は前年の3分の1 抑制策が奏功

3分間の再会、米・メキシコ国境に引き裂かれた家族たち

ドイツ,冷戦後初の民間防衛計画を導入 国民に食料・水備蓄奨励

ドイツ,爆弾攻撃計画の情報員逮捕 イスラム過激思想に傾倒か

シリア難民の住宅で強力な爆発物発見、ドイツ警察が行方追う

ドイツで爆破計画の疑い、シリア人の男を逮捕

ドイツで逮捕のシリア人、ベルリンの空港爆破を計画

欧州の刑務所がイスラム聖戦士の「温床」に、英研究

「移民 多すぎる」...不安視する声、増加傾向に 22か国調査
同記事に「世論調査会社イプソス(Ipsos)が明らかにした調査結果によると、イスラム過激派の襲撃が相次いだフランスとベルギーでは、移民の流入が「マイナスの影響」をもたらしたと考えている人の数は、10人中少なくとも6人に上ったという。

新天地での生活を求め、中東やアフリカを離れた数多くの移民が押し寄せたロシアやハンガリー、イタリアなどでも、同様の結果が示された。

イプソスは声明で、調査対象となった22か国全体でみると、「移民が多すぎる」と答えた人は49%に上り、また「移民(の流入)が、国を好ましくない方向に変える原因となっている」と感じている人は同46%だったことを明らかにした」などの記述があります。

トランプ氏 移民の仕送り阻止で費用強制へ 対メキシコ壁建設
同記事に「米大統領選の共和党候補指名争いで首位を走る不動産王のドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が、公約として掲げているメキシコ国境沿いでの巨大な壁建設の費用をメキシコに支払わせる方法として、米国内のメキシコ移民による年間 数十億ドル(数千億円)におよぶ本国への送金を停止すると脅す意向であることが分かった」

「ワシントン・ポスト紙は、トランプ氏が この計画の骨子を説明した2ページにわたる文書を入手。

それによると、同氏は、テロ対策のため制定された「愛国者法(Patriot Act)」の規定を変更してメキシコへの送金の一部を停止する他、関税引き上げ、ビザ(査証)の無効化、国境通行許可証の発行料引き上げなどの脅迫手段も用いるとしている」などの記述があります。

トランプ氏、不法移民300万人を強制送還 フェンス利用も

欧州,恐怖の種は「テロより移民流入」報告書が人権状況に警告

テロ・感染症・移民危機で描き直される世界の観光マップ - 1
同記事に「テロや伝染病の流行、移民危機といった問題によって、観光客が行きたいと思う旅行先が変化し、世界の観光マップが あっという間に描き直されている」

「旅行者の最近の好みの変化で最も大きな打撃を受けているのは、イスラム圏の国々だ。

2015年の世界全体の海外旅行者は12億人に迫り、前年比4.4%増だった。しかし、北アフリカでは かつて人気の観光地だったビーチが、閑散としている光景に目を疑うだろう。

中でも、チュニジアとエジプトの観光業は、外国人観光客が標的となったチュニジアのリゾート襲撃や、紅海(Red Sea)に面したエジプトのリゾート地シャルムエルシェイク(Sharm el-Sheikh)を離陸したロシア機の墜落で、壊滅的な打撃を受けた。国の経済の約10%を観光業が占めるチュニジアを訪れる人は昨年、200万人減だった。

トルコもまた襲撃の脅威による犠牲者だ。ドイツの国際旅行代理店グループTUIの発表によると、2016年1月にイスタンブール(Istanbul)で起きたイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」による自爆攻撃の後、トルコへの旅行の予約は40%落ち込んでいる。

さらに中東や北アフリカの国々について、旅行者の側が あまり区別できていないとみられ、ヨルダンのように、襲撃の懸念から巻き添えを食らっている国もある。

フランスの旅行会社ボヤージュ・ドゥ・モンド(Voyageurs du Monde)のジャンフランソワ・リアル(Jean-Francois Rial)会長は「すべてのイスラム諸国が、オマーンのような まったく安全な国でさえ、多かれ少なかれ打撃を受けている」という」などの記述があります。

テロ・感染症・移民危機で描き直される世界の観光マップ - 2
同記事に「専門家らは、アフリカ・サハラ砂漠以南でのエボラウイルスやカリブ海沿岸でのチクングニアウイルスの流行、または韓国で、中東呼吸器症候群(MERS)を引き起こすコロナウイルスが流行したことを挙げ、南米各地は今後、ジカ ウイルスの流行による影響を受ける可能性があると話している」などの記述があります。

仏スラム街で暮らす移民の子ら,レイプや虐待の恐れ ユニセフ

戦争難民と経済移民、運命の分かれ道 - 1

戦争難民と経済移民、運命の分かれ道 - 2

パリ襲撃事件は「ISの次段階」、専門家らが警告

パリ襲撃犯の自爆ベスト、戦術変化と新たな脅威を示唆
同記事に「フランスの首都パリ(Paris)で起きた連続襲撃事件で、同国で起きた事件では初めて使用された自爆ベストについて、情報・治安活動の専門家らは、高度な技能を持つ職人が作ったものであり、製造者は欧州内で現在も逃亡中の可能性があると指摘している。

実行犯の7人全員が同じ爆弾付きベストを着用し、躊躇(ちゅうちょ)することなく自爆した事実は、フランスを標的とするイスラム過激派の懸念すべき戦術の変化を示している。彼らが使った類の自爆ベストは通常、中東地域の爆破事件で使われてきた。

AFPの取材に匿名で応じた元フランス情報機関トップの人物は「自爆ベストの製造には軍需品の専門家が必要だ。確実で効果的な爆発物の製造は、誰にでも できることではない」と述べた」

「爆弾製造者は、使い捨てにはされない」「さらに多くの自爆ベストを製造し、他の連中に作戦を実行させる」などの記述があります。

仏首相、パリ同時テロ容疑者の一部は移民危機に便乗し入国

トルコ、「難民装い」欧州入り計画、IS容疑者8人拘束

ドイツでの難民申請者、13万人が所在不明

「経済移民は欧州に来るな」、EU大統領が警告

EU圏に到着した難民申請者、15年は過去最多の125万人

カナダ、2015年内にシリア難民2万5000人受け入れへ

米19州、シリア難民受け入れを拒否 パリ襲撃受け

IS、「万単位」の盗難旅券を入手か 独紙

【図解】欧州で1980年以降に発生した大規模な襲撃事件

フランス、1万人超が潜在的テロ容疑者リストに

ベルギー、対仏国境で入国審査導入 移民80人追い返す

過激派には「即発砲」 豪警察が方針転換、訓練を開始

ドイツで難民申請する「シリア人」、3割が国籍偽装か
同記事に「ドイツ内務省報道官は、同国に到着する移民で、シリア出身者であると主張する人々の約3割が、実際は他国の出身者と推定されることを明らかにした」

「トマス・デメジエール(Thomas de Maiziere)独内相は、「シリアの偽造パスポートや、シリア出身と言いながらアラビア語を一言も話せない人々がいる」と語った」

「フロンテックスのファブリス・レッジェリ(Fabrice Leggeri)代表は今月初め、特にトルコで、欧州連合(EU)圏内に入るためのシリアの偽造パスポートが出回っていることを指摘していた」などの記述があります。

シリア難民、高スキル保持も厳しい社会統合
同記事に「欧州に向けて歩みを進める数十万人の移民や難民は、必ずしも「極貧層」の出身というわけではない。

多くは、戦火に見舞われる前は大学に通ったり安定した職業に就いたりしていた人たちだ。

移民管理当局や多くの難民、そして周囲の人々によると、こうした傾向は とりわけシリア人に当てはまるという。

2011年に始まった内戦で混乱に陥る以前、シリアには地域に有数の教育制度が整っていた。

国際移住機関(International Organization for Migration、IOM)や国連(UN)と仕事をした実績もあるコンサルティング会社「Altai Consulting」の移住リサーチ部門の責任者は、「シリア人たちは、内戦前のような豊かな生活を送ることのできる新たな場所を求めている。

内戦前のシリアは欧州の国々に非常によく似ていた。生活水準も国民の教育レベルも比較的高かった」と語る。

ドイツの連邦移民難民局によると、2013年1月~2014年9月の間に国内で集計されたデータでは、同国に移住したシリア人の78%は、高学歴で中・上流階級の出身であることが明らかになっている。

しかし、一部の人々や国境警備隊から敵意をむき出しにされながらも危険な渡航を経て、自身が選択した目的地に ようやく到着したとしても、そこで待っているのは大きな失望という可能性もある。

亡命希望者や難民のための仏団体「France Terre d'Asile」 の社会統合部門の責任者は、「難民認定を受けたからといって、苦悩がなくなるわけではない」と述べ、医療サービスと社会的権利を付与され、さらに自身の資格を認められるまでの道のりは非常に険しく、一流の資格を持つ人々であっても、有する資格に合致しない仕事に就くケースが多いと説明した。

そして、特筆すべき資格を持たない人々にとっては、さらに長い道のりとなる恐れがある。加えて、言葉の壁が問題となる場合もある」などの記述があります。

ケルンの性犯罪事件、メルケル首相の移民政策に批判高まる
同記事に「ドイツ西部ケルン(Cologne)で多数の女性が性犯罪被害を受けた事件を受け、アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相への圧力が高まっている。野党は首相の寛容な移民政策が事件の背景にあると批判している。

ケルンの警察当局はAFPの取材に対し、女性たちから痴漢をはじめレイプ2件を含む100件以上の苦情申し出を受けたと語った。

いずれも、ケルン中央駅とケルン大聖堂の付近で大みそかを祝う人々が狙われたもので、同じ集団による犯行とみられている。

被害者らが、加害者について「アラブ系または北アフリカ系」の外見をした男たちだったと述べていることから、ドイツが昨年受け入れた約110万人の亡命希望者と共生できるのかをめぐる論争が過熱している」などの記述があります。

移民危機に揺れるEU、シェンゲン協定の一時停止を検討
同記事に「欧州連合(EU)は、旅券なしでの自由な往来を認めるシェンゲン協定(Schengen Agreement)の参加国に、移民危機への対応策として最長2年の期限付きで入国審査の再導入を認めるかどうか検討した。

高く掲げてきた欧州の一体性という基本理念が打撃を受ける恐れもある」

「入国審査の一時的な再導入により、旅券や査証なしでの自由な移動を可能にし、欧州の一体性と自由、繁栄の象徴となっているシェンゲン圏が崩壊しかねないという懸念が広がっている」などの記述があります。

スウェーデン、最大8万人の難民申請者を国外退去へ

貧困や就学...問題山積、トルコに逃れたシリア難民の子たち - 1

貧困や就学...問題山積、トルコに逃れたシリア難民の子たち - 2

移民の子ども、1万人超が行方不明に ユーロポール

10万人分の移民収容施設、バルカン諸国に設置へ

バルカン諸国が国境を閉鎖、移民の移動ルートを遮断

地中海を渡る移民、わずか2か月で11万人超

地中海経由の移民、2015年10月だけで21万8千人 月間で最多

反移民感情高まるドイツ、敵意に おびえる難民

反移民デモ台頭で溝深まるドイツ、名所で「抗議の消灯」も

ドイツ、「年50万人の難民受け入れ可能」

ドイツで登録の難民、2015年1月以降で45万人
同記事に「ドイツ政府は、今年の難民申請者数が昨年の4倍の80万人に達すると予想している」などの記述があります。

独ミュンヘン、1日で難民1万2200人到着 受け入れ能力限界に

ドイツ、移民流入による2015年度の経済負担予測1兆3200億円
同記事に「難民申請を希望する記録的な移民の受け入れによる同国の経済負担額は、昨年度の4倍となる100億ユーロ(約1兆3200億円)に達する可能性があると報じた。

欧州最大の経済大国であるドイツには、今年だけでも、難民申請を希望する移民約80万人が流入するとみられている」などの記述があります。

難民申請の規則を強化、1週間前倒しで ドイツ
同記事に「シリアをはじめ複数の国から数多くの移民らが押し寄せている状況を受け、難民申請に関する新法を予定より1週間前倒しで施行し難民申請の規則を強化することとなった」

「新法では、ドイツを移民らにとって魅力のない国に変える努力として、これまで結果を待つ難民申請者に支給されていた現金が物品の支給に変更される。また、難民申請を却下された者の国外退去手順も早められる」などの記述があります。

豪、シリア空爆参加へ 難民の追加受け入れも表明
同記事に「首相は、シリアやイラクの紛争で生じた難民1万2000人を、定住者として追加で受け入れる方針も発表した。オーストラリアは今年、既に1万3750人の難民を受け入れている」などの記述があります。

地中海渡った移民ら70万人超、欧州政情変化を危惧
同記事に「欧州理事会(European Council)のドナルド・トゥスク(Donald Tusk)EU大統領(常任議長)は、フランス・ストラスブール(Strasbourg)の欧州議会(European Parliament)で、「ロシアの空爆を受けているシリアのアレッポ(Aleppo)や その他の地域から(到着する)難民の新たな波」を警告し、「状況は さらに もっと悪化するだろう」と述べた。

さらに、「(今回の移民・難民危機は)もっと危険なことに、欧州の政情に大規模な変化をもたらす可能性をはらんでいる。そしてその変化は、良い方向への変化ではない」と述べた」などの記述があります。

スペイン内相 「入国管理厳格化を」 IS潜入を警戒

ドイツのイスラム過激派、難民の若者を勧誘 情報機関

クロアチアに1万人超の移民流入、セルビア国境の大半を封鎖

デンマーク、難民抑制法案を可決 財産没収など定め非難集中

欧州の移民問題、オーストリアに数百人乗せた列車到着
同記事に「オーストリア同様、欧州北部を目指す移民が通過するハンガリーは、新たに押し寄せる記録的な数の移民の対応に手が回らないとしている」などの記述があります。

ハンガリー、移民阻止フェンス設置へ セルビア国境175キロ

ハンガリー、移民阻止のフェンス建設工事を開始

有刺鉄線くぐってハンガリー入りする移民たち

ハンガリーが国境封鎖、「反移民法」施行後 初の逮捕者も

ハンガリー議会、軍に国境での武器使用認める新移民法を可決

密航用船舶を取引する闇市場の影

英仏海峡トンネルに2000人、英へ不法入国試みる

英仏海峡トンネル、再び移民1500人が殺到 死者も

英仏海峡トンネル、1月以降「移民3.7万人を阻止」
同記事に「英仏海峡トンネル(Channel Tunnel)の運営会社ユーロ トンネル(Eurotunnel)は、2015年1月以降、英国への入国を目的に同トンネルのフランス側施設に入ろうとした移民3万7000人以上を制止したと発表した」

「われわれが毎晩直面している重圧は、運営会社が無理なく対応できる範囲を超えている」として、英仏両国による適切な対策を要求した。

ユーロ トンネルによると、仏カレー(Calais)のトンネル関連施設に移民が現れ、命懸けで英国への不法入国を試みるようになってから、同社は巨額の資金を投じて警備員の増員、柵や照明、監視カメラの設置を行っている。

ユーロ トンネルは「カレーに国の治安部隊が不足しているのを補うため、ユーロ トンネルは たとえば、捕まえた移民を輸送するためのバスを用意することまで行っている」と説明。

捕まえた移民は警察に引き渡し、地元裁判所に数千件単位の申し立てを行った」などの記述があります。

移民の死「怖くて仕事できない」、英仏海峡鉄道の運転士ら悲鳴

リビアの治安悪化、春の気候 ─ 増える難民に悩むイタリア

難民や避難民、過去最多6000万人超の見通し

スウェーデン暴動、5夜連続 移民問題浮き彫りに

英大のビザ資格剥奪、留学生2000人超に国外退去の危機

デフォルト危機のギリシャ、若者の海外流出が加速

米国の市民権求めるヒスパニック系が増加する理由

貧困層を締め出すロンドンで闘う母親たち

南アで移民への暴力事件が多発,ダーバンでは4000人抗議デモ

香港、中国本土からの入境者を制限へ
同記事に「中国本土から香港を訪れる人たちと香港住民間のあつれきを これ以上放置できないとして、隣接する広東(Guangdong)省深セン(Shenzhen)からの入境者数の制限に乗り出した」などの記述があります。

「移民」か「難民」か、呼び方めぐる悩ましい論争 - 1

「移民」か「難民」か、呼び方めぐる悩ましい論争 - 2

「移民」か「難民」か、呼び方めぐる悩ましい論争 - 3
同記事に「スウェーデンのメディアは「EU移民」という言葉を使うが、これは数多く働きに来ているデンマーク人やフィンランド人のことではなく、広範な差別に直面してきたロマの人々を常に暗に指している」などの記述があります。

ムスリム女性移民、英語習得しなければ追放も 英首相が新方針
同記事に「英国のデービッド・キャメロン(David Cameron)首相は18日、英語の習得が不十分なイスラム教徒の女性を国外退去処分にする可能性があると発表した。

同首相は また、英語能力が低い者はイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」などが発信するメッセージに「感化されやすい」恐れがあるとの認識も示している」

「英国の入国管理法令は すでに、配偶者と同居するために入国する人に対して、英語を話す能力を事前に身につけておくことを義務付けている。

しかしキャメロン首相は、今後これらの人に対しては、さらに入国から2年半後に、英語能力が上達したかどうかを確認するための試験を受けさせる意向を表明した」などの記述があります。

「トランプ嫌いの米国人は移住を」、カナダの島が呼び掛け

AFPBB News 」サイトより


7万人もの難民が押し寄せ、176人の村の様子は突如として一変

100年前の米国移民排斥、歴史は繰り返す

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


ギリシャで相次ぐ社会福祉詐欺、「国民が国家を食い潰した」

トランプの移民規制,中国系マタニティーホテルもターゲット
同記事に「トランプ大統領の移民をターゲットにした大統領令により、中国人にも影響が出る可能性が指摘されている。

救済を求めて米国に移民申請し、グリーンカードを取得できても、支援や保護に頼って生活せざるを得ない移民は本国に送還される恐れが出ている。

また、マタニティーホテルが攻撃対象になる可能性も出ており、米国で出産する中国人にとっても、今回の大統領令は無縁ではない。

米国政府は移民や不法移民へのビザ発給制度に対して大規模な改革を行うことで、米国に入国する人を厳しく制限し、労働力として有益な人物を選別するほか、米国の納税者の社会的負担を減らすことにもつながるとされている。

華字メディア・世界新聞網によると、移民後も働かない、税金を納めない、親族が次々に移民してくるなど、移民の福利制度を悪用する例は枚挙にいとまがない。

滞在が決まり生活保護費を得ると、無認可マタニティーホテルを始めて、利益を得ていながら、出産費用や粉ミルク代まで補助を申請するなど、悪質なケースもある。

中国系コミュニティーでは、ベンツを乗り回して、政府が支給する生活保護チケットで海鮮などの高級食材を買っているというような事例もあるという」などの記述があります。

<パリ同時多発テロ>犯人は難民装い欧州上陸

レコード チャイナ 」サイトより


イギリス、EU移民の社会保障給付の受給を制限へ

独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT) 」サイトより


移民大国スウェーデン、暴動で露呈した「寛容政策」のひずみ 1

移民大国スウェーデン、暴動で露呈した「寛容政策」のひずみ 2

移民大国スウェーデン、暴動で露呈した「寛容政策」のひずみ 3

難民流入で欧州分裂の危機、極右台頭し政治「冬の時代」に
同記事に「ポルトガルからスウェーデンまで、欧州諸国は統治が難しくなりつつあり、経済改革の実行は一段と難しさを増している。

金融危機が長引いた結果、各国の政府は弱体化し、政権内の分裂も深刻化しているためだ」

「欧州の多くの諸国で政府が弱体化すれば、難民の受け入れを国民に納得させることが さらに困難になる。

その結果、難民支援の金銭的な負担をめぐって、他のEU諸国との対立が激化しかねない。

専門家らの多くは、亡命・移民受け入れ政策の大胆な改革がユーロ圏に必要だと訴えるが、政治力が低下すれば改革の実行は おぼつかないだろう」などの記述があります。

債務危機から「避難」、ギリシャ移民が新天地求め豪州へ
同記事に「ギリシャ支援をめぐる国際債権団との交渉が行き詰まり、同国の将来に対する不透明感が強まる中、新天地を求めてオーストラリアに移り住むギリシャ国民が急増している。

1940年代にはギリシャ内戦を受けて15万人以上がギリシャからオーストラリアに移住した。現在のオーストラリア移住の波は1940年代以降、最大規模とされている。

ギリシャ出身の翻訳者ニコス・フォタキスさんは、自身が幸運に恵まれた一人だと考えている。39歳で無一文となり、借金を抱え、妻と子ども2人を養う方法を必死に探していた。

このような状況からの「避難ルート」は、妻の出生地であるオーストラリアにあった。

フォタキスさんは6か月前にギリシャを離れてオーストラリアに到着。所持品はなく、持っていたのは より良い将来への希望だけだった。

「まるで、救命ボートに乗ってタイタニックが沈むのを見ているようだった」と、オーストラリア南東部メルボルンに新居を構えたフォタキスさんは当時を振り返る。「自分は助かったけれど、船には まだ多くの人が残っている」と述べた。

現在渡豪する移民の多くは、1940年代の移民に比べて教育水準は高いが、経済的に余裕がない点は同じだ。

所持金ほぼゼロで入国し、地域団体の支援に頼っている。

メルボルンのギリシャ系住民は推計30万人で、本国のアテネとテサロニキに次いでギリシャ系住民が最も多い都市だ」

「メルボルンでは、移民の増加に伴い福祉制度が圧迫されるとの懸念が広がっている」などの記述があります。

ロイター.co.jp 」サイトより


移民・難民政策の強化に乗り出したEU

駐日EU代表部公式ウェブ マガジン EU MAG 」サイトより


「移民受け入れという慈善」は やめた

19万人の難民に悲鳴を上げるスウェーデン - 1
北欧まで達した大量難民に、欧州一「難民に優しい国」も飽和状態

19万人の難民に悲鳴を上げるスウェーデン - 2

閉ざされた「愛の橋」 寛容の国スウェーデンまで国境管理 - 1

閉ざされた「愛の橋」 寛容の国スウェーデンまで国境管理 - 2

ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より


「大量移民反対イニシアチブ」可決、スイス経済に激震

IB Times (アイビー タイムズ) 」サイトより


地球「人口爆発」解決のカギは日本人 3
同記事に「いたずらに人口減に抗って拙速な移民政策に走ると、欧米先進国の多くの失敗例に見るような極端な格差の増大、社会秩序の破壊、人種宗教文化面での対立を内在しかねないなど、空前絶後の新たな難題が多発しかねません」などの記述があります。

英の新措置法「貧乏な移民は来ないで」 1

英の新措置法「貧乏な移民は来ないで」 2

産経ニュース 」サイトより


世界の移民政策 国内反発続き 経済メリット少なく 1
同記事に「欧州で最近、移民政策をめぐり大きく揺れたのがスイスだ。2月9日に行われた国民投票で、これまでの移民政策を転換し移民の受け入れを制限するという提案が賛成50・3%、反対49・7%の僅差で承認された。今後、政府は受け入れ可能な移民数の上限を毎年、設けることが求められる。国民投票で移民制限が承認された背景としては、社会保障の負担増や家賃上昇など暮らしへの悪影響、つまり、移民によって経済的豊かさが脅かされる不安の高まりが指摘されている」などの記述があります。

世界の移民政策 国内反発続き 経済メリット少なく 2
同記事に「労働者の多くを外国人に依存するシンガポールでも、雇用が奪われるとして国民の反発が強まり、政府は昨年、受け入れ条件の引き上げを余儀なくされた。

一方、一定額の投資を行った外国人に永住権を与えているカナダ政府は2月中旬、この移民プログラムの廃止方針を打ち出した。裕福な外国人を積極的に受け入れ、税収を上げることなどが狙いだったが、思ったような効果が出なかった」などの記述があります。

※「裕福な富裕層の移民を満足させる医療、教育、文化、食、インフラがなければ、裕福な富裕層移民の定着は難しい。
裕福な富裕層移民を惹きつける魅力的な街づくりで、裕福な富裕層移民の満足度の高め、定着させることが先決」との指摘もあるようです。

SankeiBiz (サンケイビズ) 」サイトより


Canada Clamps Down on Rich Chinese Migrants (英語)
Ottawa Ends Its Immigrant Investor Program Popular Among Wealthy Chinese

The Wall Street Journal 」サイトより (英語)


移民政策と治安
無法地帯にならないように、欧州の移民社会を見て思うこと

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


欧州で難民めぐる議論が再燃、沈没事故で

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 」サイトより


米NYの刑事施設、収監者1人当たりに1600万円超の経費

「悪霊払い」称して金品盗む、米国のチャイナタウンで詐欺
同記事に「北米の都市部では最近、このような詐欺が相次いでいる。

検察当局によると、同様の事件が多発しているのは米国のボストン(Boston)やサンフランシスコ(San Francisco)、カナダのトロント(Toronto)など、中国人居住者が多い都市だという」などの記述があります。

独ケルン、新年の暴行事件379件 容疑者の大半が移民・難民

AFPBB News 」サイトより


韓国、罪を犯して海外逃亡する人が年々増加

トランプ氏の移民政策,米不法滞在の韓国人23万人に不安広がる

米国の中国人留学生、再入国拒否されるケース相次ぐ

在米韓国人が恐れる国外追放が現実に、ささいな違反で逮捕

中国人がパリで新手の強盗、世界各国で犯行繰り返す - 仏紙

詐欺・恐喝が産業と化す中国各地の村

レコード チャイナ 」サイトより


【関連記事】


世界の治安・安全情報



イスラム国のトロイの木馬 作戦,欧州へ大量移民と脅迫
同記事に「イスラム国リビア支部はイタリア政府に対し、リビアに軍を出せばヨーロッパに50万の移民を送り込み、地中海を混乱に陥れると脅迫している。

イスラム過激派を研究している英国のキリアム基金によると、イスラム国はイラクやシリアで兵士を雇い、地中海沿岸の南欧諸国に不法移民として送り込み、大規模な攻撃を展開しようとしているという。

長い海岸線を持つリビアは、地中海を挟んでイタリアを はじめとする南欧諸国と向き合う位置にあり、イスラム国は不法移民に偽装した兵士を乗せた船で上陸を狙っているという。

リビアからは毎年膨大な数に上る北アフリカの不法移民がヨーロッパに渡っている。

移民を乗せた船に兵士を紛れ込ませれば、またたく間に船を「トロイの木馬」に仕立て上げてヨーロッパに送り込むことができる」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


EU、難民危機対策の軍事作戦を承認 - 1

EU、難民危機対策の軍事作戦を承認 - 2

生首写真で知られる豪IS戦闘員の国籍剥奪、反テロ法適用で

カナダの改正移民法施行、ISなどに参加すれば市民権剥奪も

フランス法相が辞任、国籍剥奪の対テロ策に抗議
同記事に「フランスの現行法では、二重国籍を持つ外国出身者が重罪の有罪判決を受けた場合、国籍を剥奪される可能性がある。

だが、政治学者のパトリック・ベイユ(Patrick Weil)氏によると、この憲法改正案が通過すれば、フランスは二重国籍者の不平等待遇の原則を憲法に組み込む「世界初の民主主義国家」となる」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


地政学の世界地図


有能な人材、富裕層を引きつける魅力的で定着率の高い街
専門家によれば、世界各国で有能な人材や富裕層を取り込もうと、さまざまな移民政策を導入しているものの、有能な人材や富裕層の居住環境水準を満たす居住環境が整備されていないため、生活に耐えられず、せっかく呼び寄せた有能な人材や富裕層という、最も国益に繋がる富裕層移民の定着率が低いなどの移民政策の問題点が指摘されています。

この問題を解決する方法として、

世界最高水準の食生活を享受できる街。

高度な知識を持つ労働者を満足させる都市インフラ。

高度な治療が受けられる医療機関。

高度で優れた人材育成のための教育機関。

加えて、時間指定や再配達も可能で融通の利く 郵便、宅配システムをはじめ、多種多様で きめ細やかなサービスが提供され、高品質な道路網のほか、時刻が正確、安全性や清潔さを備えた快適な鉄道網が張り巡らされ、漏水率の低い上水道、停電率の低い電力供給網、高速ネット網を持ち、清潔な街並み、良好な治安、居住環境を兼備した高機能都市を創設し、質の高い居住環境を提供することで、他国の移民政策との比較において優位に立ち、世界各国で繰り広げられている「優良移民の争奪戦」を制する可能性を秘めているとしています。


【関連記事】


日本人街・経済特区


【参考サイト】


世界中の優秀な人材を惹きつける優れた都市トップ20

専攻科目・講義・教室ナシという斬新な大学をMITが設立予定

スタートアップ企業、技術者を優遇「FRENCH TECH VISA」

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


世界一魅力的な都市:東京が No.1 な 50 の理由

CNN Travel


英誌の住みやすい都市ランキング、東京は世界2位
同記事に「ニューヨークの「ビッグアップル」に倣って東京は「ビッグみかん」と呼ばれることがあるが、同誌は この成熟した巨大都市には大都市特有の荒廃がなく、あらゆる経済的、文化的利点を持つ「おきて破り」の場所だと評価している」

「京都について、「単なる古都ではなく、本物の21世紀都市だ」と評価。福岡については「独自の道筋をつけた小都市の最高例だ」と述べた」などの記述があります。

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 」サイトより


中国人が日本に移民したがる11の理由

レコード チャイナ 」サイトより


Monocle Ranks 10 Most Livable Cities (英語)

WSJ Blogs 」より (英語)


日本の都市「暮らしやすさでアジアの一流、世界の優等生」
同記事に「アジア第2-5位は東京、神戸、横浜、大阪と、すべて日本の都市だった」

「同ランキングは政治、社会、経済、文化環境、医療、教育、公共サービス、公共、商業、居住、自然環境など さまざまな要素にもとづき作成したという」などの記述があります。

世界で魅力ある都市、東京1位で京都2位

日本のサービスの質、世界に通用するソフトパワーの1つ

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


世界初 クラウド ファンディングの高層ビル
同記事に「高層ビル建設のクラウドファンディングプロジェクト。プロジェクトでは、3800人のも投資家を集めることに成功。

2009年には、プロジェクト規定が誰でもビルの株が購入可能(Co.Existによれば1株2万ドル)となりました。

ビルの建設が開始された2013年には、個人投資家からの投資で、1億7000万ドル(約200億円)を超える額を調達しました」

「Boombergの 解説によると、さらにProdigy Networkは、(場合によっては)建設中でも投資家が株を購入できるようにすることで、株の価値を40%も向上させることに成功したといいます。

こうして投資された お金で、建設費の大部分を まかなうことができ、今まさにBD Bacatáが完成しようとしています」などの記述があります。

ギズモード・ジャパン 」サイトより


東京が「3位」に上昇:世界の都市総合力ランキング2016年
同記事に「世界の都市総合力ランキングとは、地球規模の都市間競争下で、魅力的でクリエイティヴな人々や企業を惹きつける"都市の磁力"こそが「都市の総合力」であるという観点に立ち、世界の主要42都市(16年に2都市追加)の総合力を「経済」「研究・開発」「文化・交流」「居住」「環境」「交通アクセス」という分野ごとに、評価、順位づけしている」などの記述があります。

ニューヨークに建設中の人が交わるテック キャンパスの効用

WIRED.jp 」サイトより


海外移住するエリートの「不幸」- 2
同記事に「世界中から富裕層が集まるので、シンガポールの賃料は うなぎ登りです。

東京の一等地よりも価格が高いのに、工事のレベルや水回りの品質は日本の それより遥かに下。

ほとんど すべての物資を輸入に頼っているので、物価も高い。

いくら安全で住み心地がいいといっても、東京に比べたら食事やサービスの質、文化レベルも圧倒的に劣っている」などの記述があります。

世界のTopSchoolで学ぶ日本人 ニューヨーク大学アブダビ校 1
同記事に「NYUの名で親しまれる米国を代表する大学の一つニューヨーク大学は、1831年設立、全米屈指のレベルと規模を誇る名門私立大学。

ノーベル賞受賞者20人、アカデミー賞受賞者19人を輩出するなど、卒業生が幅広い分野で活躍しているのが特徴です。

ニューヨーク大学は、グローバル化の進展に いち早く対応してきました。米国内に とどまらず世界中にキャンパスを展開すると決めたのです。

この戦略と欧米の一流大学を誘致したいアラブ首長国連邦政府の思惑が合致し、2010年に「ニューヨーク大学アブダビ校」がアラブ首長国連邦の首都アブダビに開校しました」などの記述があります。

世界のTopSchoolで学ぶ日本人 ニューヨーク大学アブダビ校 2
同記事に「アブダビ政府の全額支援を受け、潤沢な資金力をバックに世界中から優秀な学生・教授陣をリクルートしています。

現在、世界89か国から集まった約450人の学生が在籍し、まさに多様性に富んだ学校を実現しています。

そして、驚くべきことに、同校は ほとんどの学生に対して、4年間の生活費・授業料・本国へ年2回帰国する際の渡航費など、必要な費用すべてをカバーする奨学金を支給しています。

さらに、4年間に2度、1学期間ニューヨーク大学の世界中のキャンパスで学ぶことができるシステムがあります。

提携している よその学校に行くことも可能です。もちろん これも、渡航費を含め全額を政府・学校が負担します」

「しかし、なぜ、ここまで至れり尽くせりの奨学金を出すのでしょうか? それは一言でいえば、多様なバックグラウンドを持つ、世界中のエリートを集めるためです」などの記述があります。

現代ビジネス [講談社] 」サイトより



エジプト、カイロの東に新都市建設へ 行政と経済の中心に - 1
同記事に「エジプト政府は、紅海(Red Sea)のリゾート地シャルムエルシェイク(Sharm el-Sheikh)で開いた投資家の国際会議で、首都カイロ(Cairo)の東に500万人が暮らす行政と経済の中心都市を新たに建設する計画を明らかにした。

3日間の日程で開かれた国際会議には、新都市建設に投資する可能性がある投資家らが出席。

エジプトのムスタファ・カメル・マドブーリー(Mustafa Kamel Madbuli)住宅・施設・都市計画相は出席者を前に、新都市はカイロと、スエズ運河で知られる港湾都市スエズ(Suez)の間に建設されると述べた。

新都市は約700平方キロメートルの広さで、25の住宅地に最大で500万人が住む計画。

マドブーリー氏は新都市についてのプレゼンテーションの中で「新都市建設の構想は、カイロの人口が今後40年で倍増するという認識に端を発したものだ」と述べた。

カイロ市のウェブサイトによると、同市の人口は現在の1800万人から、2050年までに4000万人に増えると予想されている。

マドブーリー氏は、議会、大統領府、官庁、外国の大使館は今後5~7年でカイロから新都市に移転すると述べた」などの記述があります。

エジプト、カイロの東に新都市建設へ 行政と経済の中心に - 2
同記事に「広い緑地も設けられて「より良い生活環境」を提供するという新都市には、国際空港、米カリフォルニア(California)州にあるディズニーランド(Disneyland)の4倍の規模のテーマパーク、総面積90平方キロメートルの太陽光発電所、新都市とカイロを結ぶ電車の路線も作られるという。

インターネットで公開された新都市の計画には「エジプトの未来のために、スマートなインフラを備え、豊富な経済的チャンスと卓越した生活環境を提供するグローバルな都市を造る。それが新都市建設の基本的な計画です」と書かれている」などの記述があります。

香港住民の北アイルランド移住案?英機密文書で明らかに
同記事に「北アイルランド(Northern Ireland)紛争への対応に苦闘していた英国の各省関係者らが、当時 英国が統治下に置いていた香港(Hong Kong)の住民550万人全員を北アイルランドに移住させる英研究者の提案について「冗談で」意見交換していたことが、公表された機密文書で明らかになった」

「北アイルランドのコールレーン(Coleraine)とロンドンデリー(Londonderry)の間に新都市を設けて香港の住民を移住させ、停滞していた北アイルランド経済の再活性化につなげる案を提示した」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより



公海に浮かぶ「独立国家」の建設計画 - 1
同記事に「シリコンバレーの資産家たちが、国際水域に大型の海上住居施設を建設し、永続的な準独立国家を建設しようとしている」

「『海上住宅研究所』は、こうした住宅を多数建造して、公海に都市国家を建設することを計画している。

米国および190余りの国は陸に固定されているが、そういった国に あなたは飽きていないだろうか?」

「グローバルな市民権を獲得する新しい選択肢ができるだろう。国際水域に浮かぶ、永続的な準独立国家に住めるのだ」などの記述があります。

公海に浮かぶ「独立国家」の建設計画 - 2

WIRED.jp 」サイトより


海上自治国家Seasteadingは、こんなデザインになるかも

ギズモード・ジャパン 」サイトより


The Seasteading Institute 」サイト (英語)



世界最大の「移民」輸出国、中国!その数3500万人

オーストラリアの外国人留学生、中国人が3割占め突出

豪州で中国語話す人、英語に次いで2番目に多い

豪州が中国人のみ対象に10年マルチビザ発行へ

豪州のピザチェーン、中国人に就労ビザを販売か - 豪紙

イタリア、習主席の訪問直前に中国系不法移民を摘発
同記事に「2016年11月17日、イタリアで このほど、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席の訪問に合わせるように、中国系不法移民に対する摘発が行われた」

「欧州最大規模の中国人コミュニティーを擁するイタリア中部の都市、プラートの警察当局は16日、市内5つの地域で111回の襲撃を行い、83人を捜査し、中国系 不法移民のために書類を偽造した容疑で15人を逮捕した」

「プラートの中国系移民は不法滞在者も含めると約5万人に達し、その多くが中国系縫製工場などで働いている。

今年6月には中国系縫製工場への保健・保安上の査察が行われたことを きっかけに、中国人 約300人と警察官が衝突する騒動が起きている」などの記述があります。

中国人富豪の海外流出数は世界一!

ウガンダで中国人の偽装結婚流行,違法滞在増加も開き直る企業

中国人の1000人に1人が富裕層、超富裕層は8万9000人に

英国で中国系住民が60万人を突破、社会的存在感も日に日に増大

カナダ、中国人3人の移民申請却下「スパイ活動に関与」

カナダ,中国通信大手社員の移住申請を拒否「スパイの恐れ」

<マレーシア機不明>中国の「救援船」が豪州の軍事情報盗む
同記事に「2016年9月23日、豪紙オーストラリアンによると、2014年に行方不明となったマレーシア航空MH370便のものとみられる残がいの発見について、オーストラリアの安全保障専門家は、中国政府が派遣している「救援船」は実際には捜索活動を行わず、「オーストラリアの軍事行動を密かに監視している可能性が高い」と指摘した」

「中国の救援船の船長と船員は「オーストラリアと国際専門家が交流する機会を利用し、西側の海洋捜査技術や設備に関する情報を入手している」とみられる。

同紙は今月始め、中国の救援船がオーストラリア西部の沿岸都市フリーマントルに入港。約7か月間にわたって滞在したが「ほとんど捜索活動は行わなかった」と伝えていた。

中国船は その後、「天候の悪化」を理由に しばらくオーストラリアを離れ、インド洋南部などで捜索活動を行っていたとされる」などの記述があります。

豪国防省が軍服を中国企業に発注、スパイ行為のリスクに懸念

技術を狙う中国、ドイツ政府が強い警戒

ドイツで子供に難民認定求めた中国人、「移住の道具か」と批判

中国がマレーシアの中華系 小中学校に寄付,別の意図か と憶測

中国、総資産1.5億円超の「千万富豪」、1年で13万人増

中国人富裕層、ここ14年で9万人が海外移住

中国に第3次移民ブームが到来、1万3000世帯が米国に

「中国嫌い」の米国人、10年で激増 - 米研究所

中国人は なぜルールを守らない?三千年前の石碑が伝える真実
同記事に「陝西省から発掘された、約3000年前の石碑に次のような記録が残されている。

ある下級官僚が上司が不正に自分の財産を奪っていると、上級政府に訴えた。

政府は事件を解決するために ある官僚を派遣したが、不正を ただすどころか、上級政府に訴えた下級官僚の越権行為を批判し罰金を取ったのだった。

この「勝利」を喜んだ上司が わざわざ石碑に話を残し、現代にまで この物語が伝わっている。

問題があっても裁判など調停による解決ができない。お上に頼っても公平な裁きが得られるとは限らない。

数千年間続く中国社会が中国人特有の思考を作り上げている。道理を正そうとせず、無実の弱い者に面倒を押し付けてしまうのだ。

そうであるがゆえに、自分の間違いを認めるわけにはいかない。公正な裁きがないのに自分から間違えを認めても損をするだけだ。

文明と知識は歴史とともに蓄積されていくもの。今の中国に蓄積がないのは私たちの責任ではなく、ご先祖のせいだと言えるかもしれない。

だが今 積み重ねを始めなければ、未来の中国人は現在の中国人を ののしることになるだろう」などの記述があります。

米国、中国系住人に近隣から苦情殺到

英国が中国の高齢者を援助、税金の無駄遣いとの批判も

中国人富裕層の64%が移民に関心=経済不振で海外に脱出
同記事に「中国人の富裕層(資産160万ドル以上)の64%が、すでに移民しているか、移民を申請中または検討している。

専門家は、今後 世界は中国人移民の流入という嵐を迎えることになるとみている」

「2013年、米国は中国人に対し、投資永住権のEB-5ビザを6895件発給した。

これは米国での50万ドル以上の投資を要件とするもので、発給件数では2位の韓国人に圧倒的な差をつけて、中国人が1位となっている。

カナダは、中国人移民の大量流入を主な理由として、今年 同種のプログラムを停止した」などの記述があります。

海外逃亡中の汚職官僚、今だけ特別!「自首」すれば減刑
同記事に「中国では「裸官」、すなわち汚職官僚が海外逃亡に備えて妻や子どもを海外に移住させる行為が横行するなど、官僚や国有企業高官の海外逃亡が多く、一般庶民の政治不満の温床ともなっている。

中国政府は海外逃亡犯の摘発を強化するキャンペーン「捜狐2014」を実施しているが、今回 新たに自首を推奨する対策も盛り込んだ」などの記述があります。

中国とカナダが被疑者の身柄引き渡し条約

米国投資移民ビザ発給対象、昨年は8割が中国人

中国の高所得層、今後15年で4.8億人に激増 - 英紙

2013年,中国人930万人が移民!富裕層に人気の移住先は

米国の中国系住民、教育レベルは高いが,収入レベルは平均以下
同記事に「米国勢調査局によると、米国の中国系住民は452万人で、アジア系住民の中で最大のグループとなっている。収入レベルはアジア系平均よりも低いが、教育レベルは上回っている」

「米国における13年のアジア系全体の中間レベル家庭の平均収入が7万2472ドル(約870万円)だった中、最も豊かだったのは10万ドル(約1200万円)以上を記録したインド系だった。

一方で、バングラデシュ系は5万1000ドル(約612万円)に過ぎず、経済的に大きな差が存在している。

中国系の収入は6万8435ドル(約821万円)で、アジア系全体の平均を下回った。

また、貧困率については、中国系は約15%で、アジア系全体(12.7%)を上回っており、中国系が経済的に比較的困難な状態にあることが明らかになった」

「教育レベルに関しては、「学士」の学位を所有している米国人が全体の約30%という状況の中で、25歳以上のアジア系は51.3%。中国系は52.7%が 「学士」を所有しており、平均を上回った。

また、「修士」以上の学歴を所有するのは、米国人全体では9分の1であるのに対し、中国系は4分の1以上だった」などの記述があります。

米国人が中国人を嫌う理由

米国の移民人口、2055年にアジア系が最大数に
同記事に「アジア系人口増加は主に中国人とインド人によるもの。まずは留学生として渡米し、現地の大学で学位を取得、その後は短期就労ビザで米国に残り、数年後にはグリーンカードを申請というのが黄金コースだ」などの記述があります。

中国から直近1年間で9万人が英国へ移民

中国で移民が活発に、人気の国は?

中国で海外留学が国民的ブームに

米国で中国人留学生が激増、全体の3分の1を占める

中国から米国の高校へ留学、11年で100倍増

中国人留学生争奪戦が激化!拝金主義化する米大学

アジア系留学生を狙った犯罪が相次ぐメルボルン大学

日本で中国人の数が優勢になったら?日本の公用語が中国語に
同記事に「シンガポールのように、日本の公用語が中国語なるかもしれない」などの記述があります。

オランダで中国語が高校の卒業試験に
同記事に「オランダの教育文部科学省は このほど、2017年より中国語が高校の卒業試験の科目の1つになることを発表した」

「同省副大臣は、「世界の経済や政治、文化に対する中国の影響力は強くなるばかり。

オランダの企業や知識機関、文化機関が、中国のパートナーと密接な関係を築き、中国と良い関係を築くのは、オランダにとって有益となる。

そのため、中国語や文化に対する理解は不可欠で、当省は中国語を高校教育の科目に盛り込むことを決めた」と説明した。

10-13年の期間、すでにオランダの一部の高校で中国語の授業が試験的に取り入れられた。

同副大臣は、「高校で正式に中国語の授業が取り入れられ、成功すれば、将来的に中学校でも正式に取り入れられるだろう」との見方を示した。

中国語が卒業試験の科目の1つになれば、中学・高校は、学生の必要に応じて さらに多くの中国語の授業を開設し、中国語を選択する学生も増加することが予測される。

言及すべきは、オランダの高校の卒業試験における中国語科目の名称は「中国語 言語文化」で、他の外国語科目の名称は「○○言語文学」である点だ」

「授業を通して中国の文化に触れ、学ぶことができる」などの記述があります。

ロンドン初、英中2か国語学習の幼稚園が誕生

米議会に進出する中国系 米国人,中間選挙で3人目の国会議員

春節が米国の祝日になる可能性も、決議案が米下院を通過
同記事に「ニューヨークの中国系 連邦議員の孟 昭文(Grace Meng)氏が提出していた旧暦新年の認可に関する決議案が このほど下院を通過し、上院の表決を待つばかりとなっている」

「孟 昭文 氏によると、全米には数多くのアジア系移民と、アジア系以外でも毎年 旧暦の新年を祝う多くの人がおり、また この祝日を祝う人の数は増加を続けている。旧暦の新年が ますます多くの人に認められるのにともない、旧暦の新年を議会で認可するよう要求する時機に来ている。

孟 昭文 氏の提出した「政府の旧暦新年認可」決議は、中国系のカリフォルニア州 上院議員 趙美心(Judy Chu)氏や、ニューヨーク州の上院議員など20人近くの議員が共同で提案したものだ。

決議案は孟 昭文 氏が昨年提案した、多くのアジア系学生のいる公立校での旧暦新年の休暇の延長線にあるもので、ニューヨーク州では すでに旧暦新年の公立校休暇の法案を通過している」

「アジア系米国人にとって、伝統的な祝日は依然として重要なものだ。クリスマスのように法定休日になることを期待する声も大きい」

「ピュー研究所の2012年6月のデータによると、アジア系移民はヒスパニック系移民を上回り、すでに米国最大の移民グループとなっている。同年の米国の総人口は約3億1300万人だが、アジア系人口は史上最高の1820万人に達し、同国で増加が最も大きなグループとなった」などの記述があります。

中国が強制送還を拒否、違法移民3万9000人が滞留 - 米国

なぜ中国人移民は世界中で嫌われているのか?広がる排除の動き

アフリカで「黄禍」「新植民地主義者」と呼ばれる中国人
同記事に「2005年以降、金を求めてガーナ入りした中国人は約5万人に上るという。その多くが、中国の貧困地域出身者だ。

国内で金もうけの方法を持たない彼らは、冒険心を抱き、夢を実現させるべくアフリカに渡った。

ガーナ政府は80年代以降、小規模金採掘を禁止した。

しかし そこは、ごまかしに長けた中国人。現地政府職員への贈賄などを通じて、違法な金採掘を行っている。

大挙してやってきた中国人は、ガーナ人の仕事を奪い、金を濫掘した。

また有害化学物質を採掘に使用し、大量の農地や森林を破壊し、湖や河川、地下水源を汚染した。

「中国人は私たちの、そして子どもたちの未来を潰した」と話すガーナ人もいるほどだ。

多くの中国人は、賄賂や違法経営、雑な施工、質の悪い建材を使った手抜き工事、環境破壊、違法雇用、被雇用者に対する権利侵害、不当解雇、密貿易や脱税、通貨偽造など、中国式の経営方式をアフリカに持ち込んだ。

現地の中国人は"黄禍"と呼ばれるようになった」などの記述があります。

アフリカ諸国の中国依存が深刻、危険性を孕んだ「諸刃の剣」

駐タンザニア中国大使「困ったもんだ、中国人の悪習」と告白

「中国人は出て行け」ニカラグアで反中デモ、運河建設に反対

これが中国の悪徳商人!客の目を盗み一瞬で商品を すり替え

「中国人1000万人が日本に行ったら どうなる?」
同記事に「行き着く先で環境を破壊して行く中国人が1000万人日本に行ったら どうなると思う?途端に『小さい中国』の出来上がりだ」などの記述があります。

高級家具を求める中国の富裕層、違法伐採木材が続々と流れ込む
同記事に「インドネシアでも、4年前に森林の伐採が禁止されたが、その後も伐採は続いている。13年に違法伐採された木材の半分はインドネシア産で、最終的に中国へと輸出されている。

また、カンボジアの森林伐採率は世界3位で、輸出木材の85%が中国向け。

統計によると、森林率 世界6位のコンゴは森林伐採取り締まりのために許可証制度を制定したが、大規模な伐採は続いている。

同国の木材の90%が違法に伐採されたもので、65%が中国に輸出されている」などの記述があります。

南アフリカでサイ大量捕殺、角目当ての乱獲、多くが中国やベトナムへ

人種差別を受ける在英華人、言葉や身体による暴力事件も多発
同記事に「華人を狙った暴力事件は近年、英国内で多発しており、昨年は殺人未遂事件も発生している。

だが、多くの華人が暴力被害を訴えても、加害者が逮捕されたケースはごく少数であり、有罪判決も めったにない」

「なぜ嫌われるかを考えないと。この状況は なくならない」などの記述があります。

中国人はどのような方法で米国の永住権を取得するのか

偽造ビザで入国しようとする中国人が激増、カナダ政府が警告

香港に続き...中国人の「越境出産」を一掃へ、法改正で - カナダ

香港世論調査、4割が移民を希望

米国籍を求める中国人、海外出産が一大産業に

なぜ中国の芸能人の多くが外国籍を取るのか?

米国の代理出産企業に中国人が押し掛ける
同記事に「米国で代理出産した場合には子どもに米国籍が与えられることも人気の理由」などの記述があります。

「法的に問題なし」でも米国で入国拒否される中国人妊婦

米サイパン - 中国人妊婦は入国禁止=越境出産の急増が問題に

中国人妊婦4人、米国への入国拒否される

中国本土妊婦の越境出産、2012年は4200人受け入れ拒否

香港 - 越境出産の中国本土女性、空港が食い止めの最前線に

中国人、子どもの米国籍目当て出産ツアーに殺到

子どもに米国籍、香港市民権を!海外出産が中国で人気に

米国籍目当ての出産ツーリズムに一斉捜査で数千人の中国人影響

米検察、中国人妊婦の渡米出産仲介業の調査に着手
同記事に「一連の事件は、ビザ偽装、福利関連詐欺、脱税、共謀、マネー・ロンダリングなど さまざまな犯罪に関連している」

「一斉捜査は、ビザ偽装、脱税、マネー・ロンダリングなど一連の違法行為に関するより多くの証拠を集めることを目的に実施された」などの記述があります。

2015年、中国の富裕層9000人が海外へ移住
同記事に「イタリア(約6000人)やオーストラリア(約4000人)も富裕層の海外移民が多い国とされる」などの記述があります。

温厚なニュージーランド人を怒らせる中国系移民
同記事に「一部の中国系移民は いろいろな偽造書類や証明書を作成して、そんな彼らを簡単に騙しているのだ。

ここ数年、アジアからの移民が急増し、大きな社会問題になっている。このため、白人の、特に若い世代のアジア人に対する態度は大きく変化した」などの記述があります。

純朴な現地人騙す中国移民、NZで印象悪化

アジア系学生狙った事件がNZオークランドで多発

在米 中国系住民狙った犯罪が急増

香港からカナダへの移民急増、中国政府の圧力に嫌気か

韓国人が175か国に進出、世界で最も広範囲で生活する民族に

中国的悪習には もうこりごり?!カナダが中国人を閉め出すワケ
同記事に「中国人移民はカナダの社会福祉目当てのことが多く、国家財政にとって負担となる。

また、中国人の投資移民も現地経済に あまり貢献していないことが明らかとなった。さらに新たな中国人移民と昔から住む中国系カナダ人との仲たがいも深刻になっている。

そして何より中国人の悪習。所構わずタンを吐く、信号を守らない、公共空間で大声で話しタバコを吸う、何でもコネで解決しようとする」などの記述があります。

カナダ人が白眼視!中国系移民の8大迷惑行為とは?

中国人移民急増に懸念、カナダが移民受け入れ基準を厳格化へ

中国人の悪習に嫌気,寛容だったカナダが移民政策を方針転換

中国富裕層、投資ビザ申請却下でカナダ政府に提訴の構え

カナダがだめなら米国!中国の投資移民希望者、シアトルへ殺到

英国、コンテナに隠れて密入国狙う、違法移民68人を摘発

英国防省,中国ハニートラップ対策マニュアルを防諜担当に配布
同記事に「マニュアルでは、「中国が『友人』を獲得する手法は実に巧妙かつ長期的だ。中国人諜報員は食事と酒の有効性を知り尽くしている」

「中国には軍事、民間を問わずプロの諜報員が存在するが、彼らは国の諜報機関の命令によって動く中国人学生、ビジネスマン、現地企業のスタッフなどの裏に隠れている」などの記述があります。

米国から強制送還の中国人が6割増加,取り締まり強化が原因

シンガポール「中国人移民は最大の敵」異例の移民政策批判

中国本土からシンガポールへの移住者に、非難の声 高まる

中国人移民の急増に、シンガポールで不満 高まる

中国では当たり前でも米国人には許せない「悪習」の数々

痰吐き、ポイ捨て...中国系移民の「悪習」に怒り - イタリア

常識がない!中国 富裕層 子弟が引き起こしたトンデモ事件

アフリカに移転する中国製造業,安い労働力と急成長市場に魅力

アフリカで反中感情 高まる、中国人の横暴な振る舞いに不満

ビジネス面で存在感拡大の中国、反発強めるマダガスカル住民

中国人観光客は なぜチャイナタウンに行かないのか?
同記事に「ギリシャに旅行した際、現地ガイドに「チャイナタウンで時間を とってくれないか?」と頼んだ。

するとガイドは「あそこは治安が悪く、強盗も しょっちゅう。駐車できる場所もない。チャイナタウンに行くぐらいなら帰国して街を歩いたら」と力説された」などの記述があります。

現代中国人の野望、「息子か孫を米国大統領に」

中国への巨額不正送金の罪で中国銀行の行員と中国人を起訴
同記事に「イタリア・トスカーナ州フィレンツェ検察当局は、中国銀行ミラノ支店の行員とイタリア国内に住む中国人297人をマネーロンダリングと脱税の罪で起訴することが明らかになった」

「トスカーナ州には中国系移民のコミュニティーがあり、中国人の不法集団が問題となっていた。

中国へ不正送金されていた金は、偽造、脱税、不法就労者の搾取などから得られたもので、その額は06~10年までに45億ユーロに上った。このうち22億ユーロは中国銀行ミラノ支店を経由していた。

検察によると、送金者の身元を確認することは難しく、中国で資金を受け取った人物についても わかっていない。資金は疑いを防ぐため少額に分けたうえで送金されていた」などの記述があります。

資金洗浄疑惑で中国工商銀行幹部を逮捕―スペイン

サウジアラビア初のATMスキミング被害、犯人は中国人

米国、覚醒剤アンフェタミンの原材料,8割が中国からの密輸品

中国製ドラッグ「フラッカ」が世界に蔓延,米国で多数の死者も
同記事に「『フラッカ』はネットなどを通じて簡単に購入でき、中国の違法な製造元から「研究用化学物質」などとして空輸便で米国に送られる」

「世界に蔓延している中国製ドラッグは「フラッカ」だけではなく、豪州では2016年1月に入ってからも中国から送られた貨物の中から500kgに及ぶメタンフェタミンやエフェドリンといった薬物が発見されている」などの記述があります。

中国で薬物常習者とアンフェタミン生産が大幅増 - 国連報告書

薬物入りドリンク「楽しい水」1万本を押収、広東省

中国の薬物汚染=経済損失は約17兆円に

開放へ向かうキューバに大量の中国人観光客が なだれ込む?

米国での越境出産が中国人に人気、不動産投資持ちかける詐欺も

米国で難民申請をする中国系移民の数が最多に

ミャンマーで中国人による大規模な森林違法伐採が横行

ミャンマーで中国人153人に終身刑判決,違法伐採と密輸の罪で

中国人153人に終身刑,違法伐採の罪でミャンマー裁判所が判決

ミャンマーで華人数万人が集団国籍取得、地元市民に波紋

皮を剥がされた象の死体、中国の象皮需要拡大でアジア象虐殺

中国に虎の「養殖場」200か所、毛皮や骨 目的で―英紙

レコード チャイナ 」サイトより


サイの角の国際取引、解禁案を委員会が否決
同記事に「現在サイは再び深刻な絶滅の危機に瀕している。

ベトナムや中国で新たに生まれた富裕層によってサイの角の需要が急増し、2015年だけで1000頭以上が密猟者の手にかかった」などの記述があります。

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


米大学入試で替え玉受験、中国人15人を起訴
同記事に「米ペンシルベニア(Pennsylvania)州の検察当局は、米大学入試に絡んだ4年にわたる詐欺行為と共謀など35件の罪で、中国人15人を起訴したと発表した」

「起訴状によると、15人は最高6000ドルと引き換えに、中国から郵送された偽造パスポートを使用して受験生になりすます組織的な替え玉受験を請け負っていたとされる。

交渉はインターネットのメッセージ サービスを通じて行われ、米国から写真を送って中国内で偽造パスポートを作成し、郵便か国際流通大手DHL(Deutsche Post DHL)で米国内の なりすまし担当に届けていた」

「公正で開かれた試験の実施を訴える米ボストンの団体「フェアテスト(Fair Test)」のロバート・シェーファー(Robert Schaeffer)氏はAFPの取材に対し、「米大学進学適性試験(SAT)」の不正受験がアジアで横行しているという「多くの報告がある」と述べた。

特に中国、香港(Hong Kong)、韓国で不正が目立つ」などの記述があります。

コートジボワール,偽造薬50トン焼却処分,パッケージに漢字

中国発のブラパッドから1000億円相当の覚せい剤、豪州

安価な合成麻薬「フラッカ」、低所得層に蔓延 - 1
同記事に「州当局が今月発表したブロワード郡での麻薬乱用についての報告書によると、中国から少量ずつ郵送されたフラッカを麻薬ディーラーが分配している。複数の中国企業がフラッカを自宅へ直接送り届けるとインターネット上で公然と宣伝している」などの記述があります。

安価な合成麻薬「フラッカ」、低所得層に蔓延 - 2

「偽大麻」に警告、通常大麻の最大100倍の作用も 米国
同記事に「K2」「スパイス」「Bizarro」「Scooby Snax」「Kryp2nite」「Stoopid」...さまざまな商品名で売られている偽大麻(脱法ハーブ、危険ドラッグに相当)に対し、当局が警鐘を鳴らしている。

米国の警察や公衆衛生局によれば「合成大麻」の過剰摂取が原因とみられる死亡例や薬物関連の犯罪件数が全米で急増している。

米麻薬取締局(DEA)のチャック・ローゼンバーグ(Chuck Rosenberg)局長は米公共ラジオ局NPR で、こうした事例は「全米の至る所で発生している」と話した。

偽大麻は主に中国から輸入され、安価で入手できる」などの記述があります。

米国の薬物過剰摂取が大流行レベルに、傷害死因のトップ - 1
同記事に「米国で薬物の過剰摂取が大流行の水準に達していることが、米麻薬取締局(DEA)が発表した報告書で分かった。

同国では、薬物の過剰摂取は交通事故や銃撃を抑えて傷害による死亡原因の第1位になっている」などの記述があります。

米国の薬物過剰摂取が大流行レベルに、傷害死因のトップ - 2
同記事に「中国産の合成麻薬は「米国内に大きな混乱をもたらし続けている」と、DEAは指摘した」などの記述があります。

2014年米国、 薬物乱用の死者、過去最多4万7000人

ハニートラップ?オランダの駐中国大使,女性職員と情事で停職

学生身分でスパイ活動=中国籍の男 拘束-台湾

台湾当局、スパイ容疑で中国出身の留学生を拘束

中国人向け「出産ツアー」、米LAで一斉摘発

ミャンマー、違法伐採で中国人150人超に長期刑

AFPBB News 」サイトより


仏の元大学学長、金を払えば学位を授与、それに群がる中国人
同記事に「フランスでツーロン大学元学長のラロシ・ウイスラティ被告を裁く裁判が始まったと報じた。

同学長は、中国人留学生に対して、金銭さえ払えば学籍を与え、さらに学位を授与していたとされる」

「同大学の問題は現地で2009年4月に報道されたことで注目されるようになった。

当局が調査したところ、同大学にはフランス語の能力が「厳重に不足する」中国人学生が大量に存在した。

学生らは同大学から学位を金銭で購入していた。学位購入の「斡旋」をしている学生もいた。

フランス当局は学長だったウイスラティ被告を停職処分として、教育機関で職に就くことを禁止した。

ウイスラティ被告は留学生に対する入学資格審査機関を設立し、2008年4月から11月までだけで中国人留学生438人に入学資格を3000ユーロで"販売"していたとされる。試験は必要なかった。

大学側は学生を卒業させ学位を授与するために、成績の改竄も行っていたとされる。

ウイスラティ被告は一部の女子留学生に対して、金銭ではなく「性の取り引き」で学籍や学位を与えていた疑いも持たれている」などの記述があります。

中国最大の商業銀行が、スペインで資金洗浄と脱税に関与か

不法滞在リスクでも・サイパンで生まれる新生児の7割が中国人

中国人,国外脱出 第3の波,多くの国で移民の出身国 第1位に
同記事に「カナダ、オーストラリア、ニュージーランドでも中国からの移民が急増している」

「先進国において中国出身の留学生や低所得層が増えた場合、元からの住民が敬遠する、いわゆる3K(きつい、きたない、危険)といった職場で労働力を確保しやすくなるという面がある。

一方で、労働条件の悪い職場も労働力を確保できることが、社会全体における給与水準の低下の要因になったり、労務面で違法行為を行う"ブラック企業"を はびこらせる原因になる。

米国では これまでに、中南米からの大量の移民(合法/非合法)のため、上記のような問題が発生した」などの記述があります。

中国人がカナダ国民の価値を損なった、投資移民計画を廃止へ
同記事に「カナダ政府は、2014-15年の新予算案を発表し、予算案が国会を通過した日を以って「投資移民プログラム」および「企業家移民プログラム」を廃止すると発表した」

「カナダ メディアによれば、現在移民申請者は6万6000人に達し、うち4万6000人が中国人だという」

「カナダ政府は「中国人がローンで手にしたカナダのパスポートが"カナダ国民"という価値を著しく損なった」と不満を語っていた」などの記述があります。

カナダ政府の投資移民制度停止に,中国の富豪10人が提訴の考え

カナダで白人が「少数民族」になる日...中華系住民激増で
同記事に「バンクーバー市を中心とするカナダ第3の都市圏、メトロ バンクーバーで、白人系の人口比率が2031年までにそれまでの第1位から転落する見込みだ。中華系住民の急増が、主な要因という。

専門家によると、「カナダ全国でも、同じ情勢だ」という。

メトロバンクーバー住民のうち非白人の占める割合は2006年時点では41%だったが、2031年には115万人増加し、人口の59%を占めるようになる。

主な要因として中華系住民の急増があるという。

カナダ当局の依頼を受け、メトロバンクーバーにおける今後の人口趨勢(すうせい)を調査した地理学者のシーベルト氏によると、同地域における人種別の人口比率では、中華系住民が第1位になる見通しで、ついで南アジア系、フィリピン系、韓国系、イランなど西アジア系になると見られている。

また、メトロバンクーバーでは移民人口が継続して増加する見込みで、2031年時点では祖父母の代からカナダで暮らしている住民は、全人口のうち25%程度になるという」

「カナダ最大、北米第4の都市であるトロントでも状況は同様で「いずれも、まったく新しい社会・地理構造に直面している。カナダ全国でも、同じ情勢だ」という」などの記述があります。

中国,汚水処理場が水質汚染源に - 基準・規則を守らず、守れず

中国の犯罪集団がポンドやユーロ硬貨を偽造=英メディア

中国人客の爆発的増加に、スイス観光地が「専用列車」を用意

サーチナ (Searchina) 」サイトより


中国の富裕層、約半数が海外移住を希望

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 」サイトより


がん発症,中国が突出 肺がんは世界の36%、肝臓・食道は5割
同記事に「がん患者が世界的に増え続ける中、喫煙率が高く、大気汚染も悪化する中国で新規患者と死者の数が特に多いことが分かった。

世界保健機関(WHO)がまとめた最新の「世界がん報告」によると、全体の死者数が最多の肺がんでは、2012年の新規患者の36%が中国人。

肝臓がん、食道がんでは5割だった。世界人口に占める中国の比率(19%)を大きく上回る」

「中国では成人男性の喫煙率が53%に達し、喫煙者数は3億5千万人という世界最大のたばこ消費国。

報告書によると、日常的に副流煙に さらされている国民の割合は70%を超えている」

「がんの拡大は国にとって経済的な負担となる。治療費など がんにかかるコストは全世界で年1兆1600億ドルに上る。

WHOによると12年の新たな がん患者数は世界で1400万人。20年後には年2200万人に拡大するという。

報告書は「がんは驚くべきスピードで拡大している。治療では対応しきれず、予防と早期発見を強化しなければならない」と警鐘を鳴らしている」などの記述があります。

日本経済新聞 」サイトより


シンガポール 国内富裕層の3分の1、海外移住を検討

NNA.ASIA」サイトより



「韓国は生産年齢人口の減少を食い止めよ」世銀とIMFが警告

韓国の「人口構造問題」 解決策は「移民受け入れ」の促進か

在米韓国人の「国籍離脱」、韓国からの離脱が米NYで急増

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


韓国の人口減少が加速、潜在成長率が2060年に事実上ゼロに

韓国人が175か国に進出、世界で最も広範囲で生活する民族に
同記事に「韓国 在外同胞財団の統計で、2011年の時点で、世界175か国に726万人の韓民族がいることがわかった」

「南北の合わせた人口を基準とすると、韓民族の海外居住率は10%に達する。これは世界平均の3%を大きく上回っている」などの記述があります。

韓国人の8割が移民を希望、若年層で より顕著に

韓国社会に失望、北欧への移民を希望する韓国人が急増

レコード チャイナ 」サイトより



専門家によれば、安易な海外移民の受け入れに頼るよりも、海外移住の制限と世界で成功している優秀な韓国人や韓国系移民を祖国である韓国のために本国に還流させる政策が、韓国の財政、年金問題の改善に寄与するという専門家の指摘には、非常に強い説得力があります。


麻薬組織に利用される豪 高校生たち、薬物の受け取り先に
同記事に「オーストラリア当局は、国際麻薬組織が不法薬物を国内に密輸する手段として高校生たちが利用されているとの警告を発表した。

オーストラリア税関・国境警備局(Australian Customs and Border Protection Service)によると、高校生たちは、麻薬前駆物質が入った小包の送り先として利用される自宅の住所を明かすよう そそのかされているという。

発送元は中国で、引き換えに数百ドルを受け取っているという」などの記述があります。

スペインで中国人「偽医者」ら拘束、衛生状態悪い民家で手術も

不正な資金移動 世界一は中国、米NPO調査

AFPBB News 」サイトより


豪の富裕層ビザに170件の申請
同記事に「重要投資家ビザには170件の申請があった。その ほとんどが中国からと見られる」

「申請者は後に、永久ビザを申請することもできる。政府が認める特別ビザに件数の上限はない。

デロイトのコンサルタントは、年間件数は最大700に上り、投資額は少なくとも35億ドルになると予想している」

「オーストラリアの特別ビザの番号は「188」で、通常の一時的就労ビザ(番号は「457」)と区別している。

同国政府はビザの魅力をさらに高めるため、この計画に永久ビザも新たに作り、その番号は多くの中国人が富と関連付ける「888」とした」

「ニュージーランドは、最大1000万ニュージーランド ドルの投資と引き替えにビザを提供している」などの記述があります。

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 」サイトより


豪の永住権獲得できる「高額投資ビザ」、中国富裕層に人気

中国富裕層に人気の米「投資家ビザ」10年で急増

CNN.co.jp 」サイトより


オーストラリアのビザを金で買う?
同記事に「なんと!オーストラリア政府自ら、「多額のお金を払えばビザをあげますよ」と宣言したようなものなのです。
この新しいビザは、「Significant Investor Visa」というもので、事業移住ビザの一貫で、投資によるビザです。

通常、事業や投資によるビザ申請は、ポイント制度が適用され、年齢や英語力などが審査されて項目別に得点され、合計ポイントが規定以上に達する必要がありますが、この新しいビザには年齢制限がなく、英語力も問われないという、実にありがたいビザなのです」

「一体、どんな人を対象にしているかというと、もちろん お金持ちなのですが、それも中国人を対象にしたビザのようです。昨今の中国パワーを前にすれば、当然そうでしょうね。

ちなみに永住ビザのサブクラス番号は、「888」です。そうです、中国人にとって縁起の良い数字「8」が三つも並んでいます」などの記述があります。

オーストラリア生活情報|JAMS.TV 」サイトより


豪州で中国開発業者が土地取得

オーストラリアの新築の4分の1を中国人が購入

汚職官僚に人気の逃亡先3か国とは?「汚職タウン」も出現
同記事に「汚職の発覚を恐れて国外に逃亡する中国の政府高官たちにとって人気の逃亡先は、米国、豪州、カナダの3か国。これらの国には、集まった中国の高官たちで形成された「汚職タウン」や「汚職ストリート」が存在する」

「汚職官僚の楽園」カナダでは、2011年4月から2012年6月までにトロント空港とバンクーバー空港で、中国人が持ち込んだ未申告の現金1300万ドル(約18億3000万円)が発見されている。

「捕まらない場所があれば、どこへでも行く」とばかりに、途上国へ向かう汚職官僚も多い。カンボジア、ウガンダ、ナイジェリア、フィジー、ガボン、ケニア、タヒチといった国や地域にも、中国人の逃亡が確認されている」などの記述があります。

偽名使い分け、複数ポスポート所持...海外逃亡の中国汚職官僚

ロスに出現した中国「愛人村」、富裕層が高級住宅を買いあさり
同記事に「米カリフォルニア州ロサンゼルスの高級住宅街といえばビバリーヒルズが有名。だが実はもう一つのビバリーヒルズがある。
アルカディア市は今、「中国人のビバリーヒルズ」と呼ばれるようになった。

立ち並ぶ高級住宅の ほとんどは中国人の大富豪が所有している。街中にはマセラティなどの高級車が ごろごろしている状況だ。

中国の富裕層の間では子どもを米国留学させるのがブーム。そのためにも家が必要だと考える人が少なくないという。

また、富裕層自身が住む場合、近くに愛人の家も必要になる。一人の富裕層で二軒、三軒の住宅需要が生まれる」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


豪が中国などの富裕層向けに1500万豪ドル投資で永住権
同記事に「オーストラリア政府は、中国など海外の富裕層を呼びこむために移民制度を改革し、2015年7月から新しい制度を導入すると発表した。1年間に1500万オーストラリアドル以上をオーストラリアに投資すれば、優先的に永住権を与えるとする。

オー ストラリアでは鉄鉱石と石炭などの鉱業ブームで中国からの投資が広がったこともあり、移民が増加。2012年には「上級投資家ビザ (SIV:Significant Investor Visa)」という制度(サブクラス888)が作られ、500万オーストラリアドルを少なくとも4年間、指定された投資先に投資すれば、居住権が得られるようになった。

ロイターによると、このビザの申請者の90%は中国人によるものだったとされる。

また、CLSAアジア・パシフィック・マーケッツが2014年8月に発表した報告書によると、オーストラリアに移民する意向のある中国人の富裕層は約1000万人に上っているとされ、オーストラリア政府は移住の動きを加速させ、より多くの投資を呼び込むねらいだとみられる」

「一方で、失業率の上昇や、中国人富裕層が法外に高い値段で不動産を購入するために住宅価格が高騰しているとの懸念も出ており、政府の移民政策に反対する動きも出てくる可能性もある」などの記述があります。

ハフィントン ポスト 」サイトより


中国富裕層、上海株急落受け海外不動産など安全な投資先を模索
同記事に「中国には多額の資金が残っており、その多くがオーストラリアの不動産市場に流れ込むと考えられる」などの記述があります。

豪政府が米富裕層の誘致狙い新ビザ制度
同記事に「オーストラリア政府は、米国人の富裕層を対象に新たな投資ビザ制度「プレミアム投資家ビザ(PIV)」を開始した。1年間に1500万豪ドルを投資すれば永住権が与えられる内容だ。

オーストラリアはこれより先、「上級投資家ビザ(SIV)」制度を導入。SIVは特に中国の富裕層からの高い人気を集めている。投資額は500万豪ドルで、このうち少なくとも40%はリスクの高い小規模のベンチャーキャピタル(VC)ファンドに充てることが条件。また4年の間、年間40日はオーストラリアに居住する必要がある。

一方PIVでは、SIVのような居住の条件はなく、投資対象も住宅以外なら どんな分野でも ほぼ認められる」

「SIVを申請した約3000人のうち、9割超は中国出身者が占めている。

同ビザを取得した米国人は低水準にとどまっていることから、「プレミアム」と呼ばれるPIVに関心を示す米国人が多く存在するのかどうか、疑問視する声が強まっている」

「(PIVは)シリコンバレーからの米国人よりも、超富裕層の中国人起業家を集める可能性が非常に高い」などの記述があります。

ロイター.co.jp 」サイトより


豪、通商・軍事の要衝,ダーウィン港を中国が99年間租借へ - 1

豪、通商・軍事の要衝,ダーウィン港を中国が99年間租借へ - 2

豪、通商・軍事の要衝,ダーウィン港を中国が99年間租借へ - 3

豪、通商・軍事の要衝,ダーウィン港を中国が99年間租借へ - 4

JBpress (日本ビジネス プレス) 」サイトより


「オーストラリアに浸透する中国のスパイ」亡命外交官
同記事に「2005年にシドニーの中国領事館から出て、オーストラリアに亡命を願い出、受理された元中国人外交官、チェン・ヨンリン氏は、当時にも、「オーストラリア国内に中国人スパイが1000人はいる」と語った。

それから11年、チェン氏は口を開き、「オーストラリア国内にいる中国のスパイやエージェントの数は増えている、と警告している」

「現在も中国政府のスパイは着実に増えてきている。

10年経って、中国政府は世界でも もっとも豊かな政府になっており、金もある。スパイを増やす金も十分にある」と語っている。

「スパイの大部分は本職を持ち、片手間に小さな情報を本国政府に送ることをしている。

この10年間、オーストラリアに対する北京政府の影響力に懸念を感じている。

昨年、ダーウィン港の99年運営権を中国企業のランドブリッジに与えたことは まったく愚かなことだ。ダーウィン港は戦略的要衝であり、北の防衛拠点なのだが」と語っている」などの記述があります。

オーストラリア生活情報サイト NICHIGO ONLINE 」より


世界を買う中国人、各国で警戒感増す
同記事に「高級マンションやワイナリー、農場を購入:オーストラリアに関していえば、人口2150万人のうち、中国人は60万~70万人という。

シドニーで普通語および広東語を使う家庭は17.2%で、すでにオーストラリアの第二言語となっている。

昨年、オーストラリアに来た中国人移民は2万9547人で移民全体の17.5%を占め、初めて英国人を追い越して中国人移民の数がトップとなった」などの記述があります。

日経ビジネスDigital 」サイトより


豪政党、中国人富豪から巨額献金受領 スパイ関連法を検証へ
同記事に「オーストラリアの2大政党が中国共産党とつながりをもつ富豪2人から約10年間にわたり巨額の献金を受け取っていたことが明らかになり、当局は6日までにスパイ関連法の検証と外国政府による国政介入の調査を命じた。

5日に報じられた豪ABCなどの調査によると、同国の情報機関は2年前、政治家らに富豪2人からの献金に注意するよう警告していたものの、自由党、労働党の双方が警告にもかかわらず多額の献金を受け取り続けていたことが明らかになった。

献金していたのは不動産デベロッパーの黄向墨(Huang Xiangmo)氏と周沢栄(Chau Chak Wing)氏、あるいは両者の知人とされ、約10年間にわたる豪政党への献金額は670万豪ドル(約5億5000万円)に上るという。

周氏は豪州国籍保持者である一方、黄氏は帰化申請中だったものの豪情報機関トップによって手続きが停止されている。

5日に報じられた調査によると豪情報機関は、中国政府が接近を試みるために政治献金制度を用い、諸機関に介入しているのではないかという大きな懸念を抱いているという」

「ジョージ・ブランディス(George Brandis)司法長官も、刑法においてスパイに関する犯罪規定が適切かどうか調査していると述べ、「外国の情報機関による政治的介入の脅威は最高レベルの問題であり、状況は ますます悪化している」と指摘した」などの記述があります。

中国富裕層、最新トレンドは「島の購入」- 1

中国富裕層、最新トレンドは「島の購入」- 2
同記事に「億万長者が百万人以上も存在する中国では、海洋に浮かぶ島を購入できる財産を持つ人も多い。しかし、法律による制限を避け、国内ではなく外国で島を購入する人々も多い。

最近の報道では、中国人女性ウェンディ・ウェイメイ・ウー(Wendy Weimei Wu)さんが、ニュージーランド沖のスリッパー島(Slipper Island)を、滑走路と住宅付きで5億6千万ニュージーランド ドルで購入したことが伝えられた。

中国人ITコンサルタントのグラミー・ルンさん(31)は昨年、カナダ・ノバスコシア(Nova Scotia)州の湖にある1万6000平方メートルの島を「独立する気分で」購入した。価格は50万元。「個人所有の島の管理は、中国よりも他国の方が進んでいる」という。

独ハンブルク(Hamburg)に本社を置く離島を専門とする不動産会社ウラジ・プライベート・アイランド(Hamburg)の中国担当部長、マニュエル・ブリンクシュルティ(Manuel Brinkschulte)氏は見本市で、アジアから欧州にまたがる「安息の地」を一覧にしたパンフレットを配っていた。

「中国は わが社にとって、最大ではないが最も成長著しい市場だ」という」などの記述があります。

外国人の米住宅購入額、中国が首位に 昨年3兆円

モルディブが外国人に土地所有認める、中国の基地建設に懸念

中国人富裕層、2016年末で1261万人に フォーブス・チャイナ番付

AFPBB News 」サイトより


豪、観光業も「中国頼み」へ 中国系住民も増加の一途 - 1
同記事に「オーストラリアへの日本人観光客の減少に歯止めがかからない。豪航空大手のカンタス航空は先週、同国では観光インフラに対する投資が絶対的に不足していることなどを挙げ、今後もこうした傾向は続くと懸念を示した。こうしたなか、オーストラリアでは中国の天安門の実物大レプリカを含むテーマパークを建設する計画が浮上、中国人観光客の取り込みに力を入れる姿勢をみせている。

◆10年間で半減

オーストラリア政府の観光予測委員会(TFC)によると、日本からの旅行者数はこの10年間、年平均6%ずつ減少。

2000~01年に72万4000人だった短期旅行者(ビジネス含む)は、09~10年に36万4000人まで減少、10年~11年もほぼ同数となっている。

TFCは18年以降、若干伸びるものの、20年に37万8000人程度となるのが精いっぱいと予測している。

こうした状況に危機感を募らせているのが、カンタス航空だ。

同航空は先週、国際航空サービス委員会(IASC)に提出した文書のなかで、日本人旅行客の減少が続く原因について、「オーストラリアにおける重要な観光インフラ整備のための投資が絶対的に不足している」として、国を挙げた取り組みを求めた」などの記述があります。

豪、観光業も「中国頼み」へ 中国系住民も増加の一途 - 2
同記事に「カンタス航空では、同社の子会社であるジェットスター航空の活用で、こうした苦境を乗り切る構えのようだが、絶対数の減少に歯止めをかける妙案は容易にはみつかりそうもない。

日本人と対照的に、今後も増加が予想されるのが中国人旅行客だ。

もともとオーストラリアは、中国系移民が多いうえ、経済成長もあって この10年のオーストラリアへの中国人旅行者数は、00~01年に14万3000人だったのが、10~11年には50万人と日本人旅行者数を上回った。

20~21年には年間100万人を超えると予測している。これに香港からの旅行者数を加えると、120万人を超える。

中国人観光客を取り込もうと計画されたのが、シドニーの北100キロほどのニューサウスウェールズ州ワイオングのワーナーベールに建設予定の中国テーマパークだ」などの記述があります。

豪,観光業も「中国頼み」へ 中国系住民も増加の一途 - 3
同記事に「地元のデーリー・テレグラフ紙によると、総事業費は5億豪ドル(約429億円)。

地元のオーストラリア中国テーマパーク会社(ACTP)がワイオング市から15ヘクタールの土地を1000万豪ドルで購入する契約に調印した。

テーマパークは15年に着工。20年までに7つのセクションに天安門や故宮のレプリカのほか大仏を納めた9階建ての寺院、さらに運河を建設するなどして、中国各地の町並みを再現。

さらに山東、広東、四川、福建、湖南など8種類の中国料理を楽しめるようにする計画という

オーストラリアといえば、シドニーのオペラハウスやコアラ、カンガルー、ゴールドコースト程度しか世界的に知られていないだけに、オーストラリアでも最大級の観光客のアトラクションになる。観光客の新たなメッカとなるだろう」などの記述があります。

SankeiBiz (サンケイビズ) 」サイトより


豪,中国の不動産投資に懸念 買えないはずの物件にまで触手 - 1

豪,中国の不動産投資に懸念 買えないはずの物件にまで触手 - 2

ZAKZAK 」サイトより


中国人の不動産投資急増に豪にも広がる懸念 1

中国人の不動産投資急増に豪にも広がる懸念 2

中国人の不動産投資急増に豪にも広がる懸念 3

産経ニュース 」サイトより



中国人のせいで豪州にゴーストタウン出現!
同記事に「オーストラリアの不動産を購入する中国人投資家が増える一方で、中国人投資家が過去2年間で購入した約4000戸の大半が「放置」されており、ゴースタウン化を招きかねない状況」

「中国人は不動産を購入しても「たまに見に来る程度で、多くの不動産が空き家状態で放置されている」

「オーストラリアの不動産コンサルティング会社であるMacroPlan Dimasiによると、「中国人投資家が今後5年で購入するオーストラリアの不動産は1万戸に達する見通しだが、これらも大半が空き家になる見通し」という。

オーストラリアでは外国人投資家による不動産投資が増加すると同時に、空き家の数も増加を続けている」などの記述があります。

中国人が海外の「不動産投資」で招く、現地相場の上昇
同記事に「中国人が国外の不動産を購入する背景には「移民ブーム」や「留学ブーム」があると指摘し、中国で豊かな人びとが増えるにつれ、より良い生活や経済力を さらに高めることを目的に、国外の不動産に目を向ける中国人が増えている」

「中国人富裕層による各国での不動産投資は「現地の不動産価格の上昇に繋がっている」との見解を示し、中国人富裕層らは その責任を負う必要があると指摘。

ロンドンやシドニー、バンクーバーなど中国人に人気のある都市では、不動産価格の上昇によって現地の人びとが迷惑を被っていることを挙げ、ロンドンでは不動産協会から「若年層が不動産を購入できない」として、不動産価格の上昇に伴う問題を指摘する声が あがっている」などの記述があります。

中国人投資家が「ドイツの不動産」に注目、現地から反発の声も

米国でアジア系移民が急増、中国系が最多で約450万人
同記事に「アジア系移民のなかでは中国系が最多で、約450万人に達したほか、次いでフィリピン系の340万人、インド系移民が320万人」などの記述があります。

中国人資産家の土地300平方キロ買収を拒否=アイスランド政府

中国側「差別だ」...土地買収拒否のアイスランド「法律です」

ギリシャ資産「爆買い」...中国がアテネ空港や軍艦にも食指

カナダで高まる反中感情、背景に不動産買い漁り

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


ゴーストタウンを生み続ける中国不動産市場の怪 - 1

WEDGE Infinity (ウェッジ) 」サイトより


中国のゴーストタウンにみる都市化の失敗例

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 」サイトより


中国/世界最大商店街はゴーストタウン,不動産バブルのツケ -1

CNN.co.jp 」サイトより


衛星から見る中国のゴーストタウン

ロケットニュース24 」サイトより


「一人っ子政策」を正式に廃止、中国 国営メディア

中国の「二人っ子政策」、効果が出るのは20年後

ゴーストタウン化する「中国版マンハッタン」

中国の年齢別人口の不均衡、労働人口数十年ぶりの減少

中国の労働人口、2050年までに23%減少 当局予想

船上生活者が急増中、住居費高騰で 英ロンドン

豪政府、外国人の違法な不動産購入に断固対応 強制的に売却

AFPBB News 」サイトより


なぜ中国人は海外に子どもを送り出し土地を買いあさるのか?

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


豪州は政府も企業も頭の中は中国ばかり、豪メディアが警鐘

中国から豪州への政治献金拡大,「政策に影響も」懸念

豪州は中国に依存しすぎ、経済的にも政治的にも危険

先進国で最も中国依存高い豪州
同記事に「ブルームバーグは2016年4月1日、中国の工業化は長年にわたって豪州経済を支えたが、その中国は徐々に消費主体の経済成長へシフトしようとしており、豪州もその対応を迫られていると指摘した。

オーストラリア準備銀行によると、中国の食料品やエネルギーなどへの需要は鉄鉱石の輸出鈍化の一部しか相殺しないとされ、10年余りにわたって豪州経済を支えてきた鉄鉱石輸出に代わる経済成長の新たな原動力を必要としている。

しかし、先進国の中で最も中国への依存が高い豪州は変化への対応が難しい。

英保険会社スタンダードライフのチーフエコノミストは、鉱業投資が減速した際には不動産投資でつなぐことができたが、現在直面している問題は、今後どうすればいいのか分からないということだと指摘した。

財政上の余地が縮小している中、豪州は世界的経済衰退の影響を特に受けやすい状態にある」などの記述があります。

豪州国民が考える「アジアの最も良い友人」は中国

オーストラリアで横行する外国人の違法な不動産購入

豪州で村まるごと11億円で売り出し!中国系バイヤーが熱視線

中国の対豪投資が新記録、2015年は1兆2400億円

中国企業が豪州の港湾賃借権を取得、豪国防軍が警戒感

豪州で中国人が住宅物件を買い占め、中国でも批判
同記事に「ある金融機関の調査によると、オーストラリアで販売される新築物件のうち、8分の1が中国人によって買い占められているという。しかし、現地に住む親せきや友人の名義で不動産物件を購入する中国人が多く、実際に買い占められている物件数は その数倍にもなるとの見方が有力だ」

「中国人がオーストラリアの住宅物件を購入する理由は2つある。1つは移住目的、もう1つは投資目的」

「1000万人がオーストラリアを移住先に考えているという調査報告もある」

「こうした状況から、オーストラリアでは近年、住宅物件の価格が高騰している。シドニーやメルボルンなどの大都市では その傾向が顕著だ。

「1億円以上の高額物件は中国人のせいで3割以上値上がりした」との声もあり、ドミノ効果で低額物件の価格も跳ね上がった。

そのため、住宅購入が困難になった若者が増えたと 現地メディアも大きく取り上げている」などの記述があります。

豪州で不動産を買い漁る中国人
同記事に「豪州籍の中国人富豪、周澤栄(ジョウ・ザーロン)氏がシドニーで一戸建てを史上最高額の7000万豪ドル(約64億4000万円)で購入して話題になった」

「オーストラリアには中国系住民が多く、人民元高や将来の移住、子どもの教育環境などから、中国人の不動産購入熱は まだ冷めそうもない」などの記述があります。

豪州 - 中国人集客のため、故宮の完全コピー建築物を建設予定

中国不動産大手がシドニー中心地を買収,新ランドマーク建設へ

豪シドニーの住宅地,番号を中国人の嫌う4から2Bに変更
同記事に「不動産仲介のサザビーズ・インターナショナル・リアリティが豪シドニーのボークルーズで販売しているある住宅の番地が、中国人が不吉だとして嫌う「4」から「2B」に変更された」

「豪ドルの下落によって、外国人が続々とオーストラリアの豪邸を購入している。豪邸の好調な販売は、利率よりも むしろ豪ドル安に支えられているという。

サザビーズ グループの不動産仲介部門関係者は「買い手の国の通貨が豪ドルよりも強ければ、シドニーの不動産は お買い得になる。国際都市のシドニーでは、海外の顧客が多数豪邸を購入している」と語った。

また、業界関係者は、バカンスの滞在先としてシドニーの不動産に人気が集まっていることや、不動産価格の中央値が100万豪ドルを超え、ロンドンやニューヨークを上回る勢いで上昇していると伝えている」などの記述があります。

中国人投資家に大人気のシドニー,378室1億円物件4時間で完売

中国人がメルボルンの一等地のビル購入、取引価格の記録更新

豪州 - 海外投資家の住宅購入が倍増、中国人が最多

中国の買いあさりは受け入れ国のチャンス - 豪高官

中国人の違法投資で不動産高騰、豪政府は規制の新法を制定

中国語メニューを扱うレストランが増加、オーストラリア

中国人が豪州で買った不動産、4000戸の多くが放置
同記事に「オーストラリア華字紙・新快報は、過去2年間に中国人が購入した、約4000戸の新築物件の多くが放置されていると報じた」

「さらに、豪紙・オーストラリアンは経済学者の予測を紹介し、今後5年で中国人が購入し放置される不動産は さらに1万戸増加すると報道した。

オーストラリアで不動産を購入した中国人は、将来 移住する際の住まいとしたり、子どもの留学の際の住居としたり、さらにビジネスでオーストラリアに訪れた際の宿泊先、投資目的などと さまざまな理由があるが、多くは そのまま放置にしているのが現状だ。

こうした放置された家に現地の住民からは、「草が ぼうぼうに生え、管理する人がいない。これでは不動産価格は むしろ下落すると思う」

「2年前から放置された家が増加している。同じ通りに同じような家が何軒もある」

「放置された家の中で何が起きているのか、家主は把握していない。この状況が安全とは思えない」と不満や怒りの声も聞かれている」などの記述があります。

ゴーストタウン、空港、工場...中国で量産される無用の長物

中国最大のゴーストタウン・オルドス

中国高速鉄道沿線の新興都市、ゴーストタウン化70か所

「都市から白人が追いやられ中国人が占拠」 - カナダ

マンハッタン全体がチャイナタウンに、中国人の米不動産投資
同記事に「2015年7月30日、米紙デイリーニューズはマンハッタンのほぼ全体がチャイナタウン化したとの記事を掲載した」

「マンハッタンに数々あるランドマーク建築を中国企業が次々購入している。2015年だけで38億ドルと前年比で3倍以上の金額が投資された。

米国全体で見ても中国企業による米商業物件の取得額は2014年に初めて100億ドルを突破している」

「今回の中国による購入ラッシュは次元が違うレベルだという。既存物件の買収だけではなく、土地を取得し新規物件の開発を進める動きもある。

また米国には50万ドル以上を投資し、10人分の雇用を生み出した場合にはグリーンカードが取得できるEB-5という移民制度があるが、これも中国人に大人気。

2014年のEB-5申請者数の85%は中国人が占めた」などの記述があります。

「食欲旺盛」な中国の対外投資、米国を買い占めへ

チャイナマネーがNYの不動産を「爆買い」=1年で3倍に増加

中国人の不動産爆買い!バンクーバーの3分の1の住宅を購入

中国の富裕層が米国不動産を続々購入

中国企業の海外買収額が世界一に

中国企業の海外買収額、米国抜き初の世界一に

中国が世界最大の海外企業買収国に

中国の投資家が不動産買いあさり、6000万人が海外市場へ

中国の高所得層、6割が海外不動産に関心

EU離脱で英ポンドが暴落、割安感で中国マネーの流入増加か

中国の英国買い占めが進行中、天然ガス供給インフラも買収

英国の豪邸を爆買い、止まらない中国人の不動産購入意欲

2015年は3兆円!中国人の海外不動産爆買い続く,各国で反発も

中国が海のシルクロード戦略、世界各地で大規模港湾を買収

中国がギニアに港湾施設を建設へ、鉱物資源を既に掌握

パナマの島、中国人夫妻が購入意欲=落札価格110億円超に

中国富裕層の6割、3年以内に海外不動産購入を計画(2016年)

中国が不動産バブルを輸出?
同記事に「今年9月までに中国の投資家が米国で購入した商業用不動産の総額は27億6000万ドルで、年間では2013年の32億ドルを突破する可能性がある」

「今年10月、1945年の『Week-End at the Waldorf』という名作映画で有名になったマンハッタンの高級ホテル「ウォルドーフ・アストリア」が、19億5000万ドルで中国の安邦保険に買収された」

「今回の買収は、中国国内の不動産バブルが海外に「輸出」された例の一つだと報じられている。

経済の成長の鈍化に伴い、企業は利益率の高い不動産を求めて海外へと目を向けるようになり、米国、英国、香港、シンガポール、オーストラリアなどの高級物件が主な投資対象となっている。

政府も この動きを奨励しているようで、負債を多く抱える投資家が海外で収益を上げることで国内での返済に回せるよう後押ししている」

「近年、これらの地域では不動産価格が急上昇していたが、中国経済の減速や世界的な金利の上昇によって、シンガポール、香港、フィリピン、韓国、タイ、ベトナムの不動産価格は下落に転じている。

アジアのように不動産業に大きく依存する地域の見通しは明るくない」などの記述があります。

中国人の「爆買い」で不動産高騰、蔓延する反中感情 - カナダ
同記事に「続々と やってくる中国人の不動産「爆買い」で、バンクーバーの住宅価格は高騰」「一般市民には とても買えない値段になっている。

こうした状況に反中感情も高まり、中国人富裕層の集中する地域では「カナダの言葉を尊重せよ」といった張り紙が貼られていたほか、「国に帰れ」といったヘイトス ピーチの落書きもあったという」などの記述があります。

ニュージーランドの不動産を中国人投資家が「爆買い」
同記事に「中国人による不動産購入がニュージーランドで物議を醸している。

発端となったのは、同国野党から出た「オークランドの不動産物件の4割を中国人が買っている」という指摘で、「今年2~4月の販売記録のうち、名前から中国人と推定される購入者は39.5%に達している」

「オークランドに住む中華系の住民が買ったのではなく、中国からやって来た客が買って行ったものだ」と説明。

また、ある不動産業界の関係者は現地メディアに対して「5月はオークランドの物件の90%が中国人に売られた」と話している。

近年、オークランドの不動産価格は上昇しており、野党の間からは海外の投資家による不動産購入の制限を求める声が上がっている」などの記述があります。

世界の島々を爆買いする中国の富豪、熱い視線が向かう先は?

中国の人権問題棚上げの返礼に莫大な投資を獲得した英国

中国人の海外不動産投資額、14年は101億ドルに

中国人企業家の土地購入申請を却下 - アイスランド

中国人投資家が英不動産を買いまくる!価格上昇で規制求める声

中国、米国不動産の国外最大の買い手に

欧米のチャイナタウン様変わり=中国からの投資で不動産高騰

中国からEU加盟国への投資、14年は前年比2倍

中国人の物質への執着は「度が過ぎている」- フランス調査会社

中国の富裕層が米国の不動産を買いあさる、年間2兆円以上

中国人富豪集団、南太平洋でプライベート アイランドを爆買い

不動産急騰で中国マネー流入阻止、香港・シンガポールで新政策

中国人観光客、海外での不動産購入を検討
同記事に「ロンドンでは中国人投資家の購入により、現地の地価が高騰している。オーストラリアでも同様の現象が生じている」などの記述があります。

カナダ市場にも出現、中国不動産市場に横行する やらせ行為

資産を不動産につぎ込む中国人、バブル崩壊で怒り爆発の危険性

中国の「ゴーストタウン」は さらに恐ろしい状況へ

債務危機でギリシャ富裕層が不動産処分

モルディブ議会が外国人の土地購入認める法案をスピード可決

中国の爆買い、遂に ここまで!英国で私立学校を買いあさる

米企業を「爆買い」する中国、買収後には中国人幹部を派遣

一人っ子政策全面廃止、5年内に出生数を年間1700万人に

中国の高齢者、2025年に3億人突破=急がれる高齢化対策

高齢化のピークを迎える中国、20年後に雪崩式の年金赤字が発生

中国の若い労働力、今後10年間で30%減少

2050年の中国の労働人口、ブラジルの人口分 減少の見込み

環境汚染に耐えかねて移民する中国人 富裕層
同記事に「環境汚染の悪化が中国のエリート層、富裕層の海外移民の主要な要因になっている。これは先日出版された「国際人材青書:中国国際移民報告2014」の指摘だ。同報告書は雑誌「新財富」が13年に実施した調査を引用し、環境汚染が医療レベルと並ぶ海外移民の主要因になっていると報じた。移民を対象としたアンケート調査では、70%弱が重要な動機になったと回答している。

近年では投資移民の急増が目立つことが特徴だ。それに伴い海外での不動産の購入も増え、米国、英国、オーストラリアでは"中国人不動産購入団"が新たな顧客として存在感を示している」などの記述があります。

尋常ではない中国の高齢化、毎年パリの3割の面積の墓地が必要

中国の人口が激減へ、2100年には6億人にまで減少か

中国の高齢者、すでに日本の人口を上回る

2030年,中国労働者10億人割る,現在 生産性は先進国の半分以下

中国の高齢化ピークは2055年、65歳以上が4億人に
同記事に「このほど発表された「2016年 中国高齢者金融発展報告」によると、中国の高齢化は「高齢化スピードが速い」、「農村部の高齢者が多い」、「女性の高齢者が多い」という3つの特徴がある。

中国の高齢化は2055年にピークに達すると予想され、高齢者人口は4億人に上る見通し」

「中国は計画出産政策の主導によって、新生児出生率が低下し、高齢者人口の割合が上昇した。

中国の高齢化が他国と最も違うのは、「富むよりも先に老いる」点だ。

経済が それに見合う程度に発展しないうちに、中国は高齢化段階に突入した」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


ヴェネツィアの海が、中国の海になる日

WIRED.jp 」サイトより


中国の尋常ではないセメント使用量
同記事に「中国は過去3年間で、アメリカが20世紀全体を通して使った量よりも多いセメントを使っている。アメリカ、100年間で45億トン。中国、3年間で66億トン」

「アメリカが1901~2000年の間に完成させたコンクリート製の建築物には、いくつか挙げるだけでも、各都市を結ぶ州間幹線道路網、ゴールデン ゲート ブリッジ、フーバー ダム、そして現在ある ほとんどの超高層ビルがある。中国は これら すべてに加えて、さらに その約半分を上乗せした量に相当するセメントを、わずか3年で消費した」などの記述があります。

中国の砂漠には、豪華すぎるゴーストタウンがある

ハフィントン ポスト 」サイトより


中国で大規模移民ブーム 富豪企業家では27%が移民済み
同記事に「実は今、中国で大規模な移民ブームが起きている。今年1月に発表された「中国 国際移民報告(2012)」によると、中国現代史上3回目の「移民潮(ブーム)」が起きているという。過去2回の移民ブームと比べれば、今回は富裕層と企業家が主力である。報告によれば、1千万人民元(約1億6千万円)以上の資産を持つ中国国民の6割は すでに海外へ移民してしまったり、あるいは移民を検討している。さらに、個人資産1億元以上の富豪企業家では27%が移民済みで、47%が検討中であると いう。

中国の経済と社会を支えていくはずの経営者と富裕層による雪崩式の移民ブームは当然、国内で大きな問題となっている」

「全国人民代表大会では、代表の一人である企業家の王挺革氏が、「移民による人材と富の流出は甚大で、国家がこうむる損失は あまりにも大きい」と指摘し、「一刻の猶予もなく それを食い止めなければならない」と提案した」などの記述があります。

産経ニュース 」サイトより


一人っ子政策廃止でも生産年齢人口の減少は続く

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより



専門家によれば、「1人っ子政策を緩和するよりも、世界で成功している華僑、華人を中国のために華僑、華人を本国に還流させる「真の愛国政策」を導入することが、中国の財政、年金問題の改善に即効性があり、海外で成功している華僑、華人が暮らしやすい環境を中国の国内に整備することで、環境問題の改善にもつながる」という専門家の指摘には、非常に強い説得力があります。

中国は13億の人口があり、年間1000万人(一人っ子政策の緩和後は1200万人)のペースで人口が増加しています。(10年で約1億2千万人の増加となり、現在の日本の総人口に匹敵)



世界最大級の環境保全団体「世界自然保護基金」(WWF)による「生きている地球レポート2010」によれば、人間が自然資源に求める需要が約40年間で倍増しており、現在の消費生活を続けると、2030年までには地球2個分、2050年には地球3個分が必要になるといいます。

また、「世界中の人が米国人のような生活を続ければ、地球が4.5個必要になる」とも指摘しています。


【関連情報サイト】


世界中が中国人と同じ生活をすれば、地球1.2個分の資源が必要
同記事に「英公共放送BBCによると、中国は小売店やデパートにしても、ネットの通販サイトにしても、年がら年中、頻繁に大規模な割引セールを行っているが、このようなやりたい放題の消費行動がもたらす環境破壊という代償を懸念し始めている人が増えている」

「世界自然保護基金(WWF)は「エコロジカル・フットプリント報告書2012」を発表した。

「エコロジカル・フットプリント(EF)」とは、地球の環境容量を表す指標であり、人間活動が環境に与える負荷を、資源の再生産および廃棄物の浄化に必要な面積として示した数値(例えば、化石燃料の消費によって排出される二酸化炭素を吸収するために必要な森林面積。道路、建築物などに使われる土地面積。食糧の生産に必要な土地面積などを合計した値)である。

同報告書によると、中国のEFは世界トップで、中国人が消費している資源は中国国内の生態系で賄える量の2.5倍に上る。つまり、中国人が地球環境に与える負担は世界で最も大きい」

「個人消費需要の急速な拡大は、中国の資源消費を加速させる最も大きなパワーである。WWFインターナショナルのジム・ リープ事務局長は、「家電製品や車は、製品そのものがエネルギーを消費する。その上、もちろん衣料品や食料なども購入する。このように、EFのほとんどが、人々の過剰消費によってもたらされる」と話す。

リープ事務局長は「もし、世界中の人が皆、中国人と同じ生活を送れば、地球1.2個分 の資源が必要になる」とし、「中国の人口1人当たりの消費は世界74位と低水準だが、他の先進国が歩んできた道を同じように進んだところで、中国に その巨大な代償を払う能力はないだろう。それは誰が見ても明らかな事実だ」と指摘した」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


国連報告「地球は既に限界点」
UN warns environment is at tipping point
同記事に「人為的要因により、気候変動が限界点に迫っている、または既に限界点を越えてしまった地域がいくつもある。一度限界点を越えると、もう元には戻せない変化が起こリ始め、地球上の生命体も影響を受けるだろう。人間の生活や健康にも大きな悪影響を及ぼす可能性がある」

「窮地に追い詰められた人間は、環境の変動に適応するために急激な生活の変化を余儀なくされるだろう」

「ただし生活の変化には相当の困難を伴うため、政治紛争や経済危機、戦争や飢餓が起きやすくなる」などの記述があります。

ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より


2030年には「地球2個あっても足りない」資源消費に警告

世界初の「気候変動難民」認定、NZ最高裁が退ける

ニュージーランド、「気候変動難民」申請者をキリバスへ送還

AFPBB News 」サイトより


世界初の「気候変動難民」申請が却下されるまで:NZ最高裁

WIRED.jp 」サイトより


【参考記事】


気候分布の世界地図



中国企業が牧場16カ所を購入=現地では懸念する声も NZ

中国人によるカナダ農地への投資ブーム、農地価格が暴騰

中国による農地買い占めにブラジルが懸念

世界中で農地を買い漁る中国企業が化学肥料を大量使用

ロシア専門家「中国人が耕した土地は農薬汚染されると懸念」

「オーストラリア北部を中国の食糧生産地に」大胆な構想

オーストラリアの牧場を中国企業が爆買い,安全保障面で懸念も

レコード チャイナ 」サイトより


カナダ農地に中国当局「不法大量取得」疑惑

「農薬漬け野菜」をロシアに広める中国人移民
同記事に「ロシアの治安当局がサハリン州に住む中国人農家17人の身柄を拘束したと発表したことを報じた。同国で使用が禁止されている殺虫剤などの化学薬品を使用した疑い」

「現地で野菜の栽培を行っていた中国人農家17人の身柄を拘束し、中国からロシアに密輸した化学薬品や農薬計300キログラム余りを押収した。農家らは専門の研修を受けておらず、栽培された野菜には国の基準を数倍上回る残留農薬が検出された。

このほか、ロシアと中国双方で使用が禁止されている遺伝子組み換え種子20キロ余りも発見され、拘留された17人のうち14人が移民法に違反していたことも明らかになった」

現地の中国人移民に詳しい人物の話によると、労働力が不足するロシア国内では、より多くの中国人が出稼ぎに訪れており、特に農業に従事する者が多いという。しかし、手っ取り早く稼ぐために化学肥料や農薬を不法使用したり、不法滞在したりするケースが後を絶たないとのことだ。

農薬漬けの作物など食品の安全問題は もはや中国国内のみに とどまらず、金儲けのために手段を選ばない一部の出稼ぎ中国人によって国外にも その"種"が広がりつつあるようだ」などの記述があります。

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


【参考サイト】


ファイト サイクル プロジェクト の ご案内
同記事に「心と体をリフレッシュさせ、農作物を作る喜びを噛みしめながら、思う存分農業に勤しめる環境を作ろうと、オーストラリアに『がんばろう!ふくしまファーム』を立ち上げる準備を開始いたしました」

「4)作ってナンボの農業者が作物を作る喜びを取り戻し、5)消費者に安全安心な作物が供給され、6)オーストラリアと農業面でのWIN+WINの関係を築いて将来的なFTA、TPPに備える等、ざっと考えても一石六鳥の効果を生み、技術の日本と資源のオーストラリアが がっちりスクラムを組めば、将来にわたって計り知れない相乗効果を生む」などの記述があります。

いわきワールド田んぼプロジェクト (IWTP) 」サイトより


異国の地で就農、気がつけば月収100万円 - 1

パリで大人気、日本の野菜 1

JBpress (日本ビジネス プレス) 」サイトより


【参考記事】


食糧自給率の世界地図



日本の成人、読解力・数的思考力でトップ
同記事に「日本の成人は、他の先進23か国・地域の成人よりも はるかに優れた読解力と数的思考力を持っているとの調査結果をまとめた報告書が、経済協力開発機構(OECD)により発表された」などの記述があります。

読解力と計算力、共通の遺伝子が関与か

AFPBB News 」サイトより


日本の「成人力」世界で突出 「読解力」「数的思考力」トップ

読解力,米独の高卒より日本の中卒 学歴別でも上位 - 1

読解力,米独の高卒より日本の中卒 学歴別でも上位 - 2

産経ニュース 」サイトより


日本人の能力は「世界でも飛び抜けた高さ」

日本は世界が認める「数学強国」

日本は なぜ多くのノーベル賞受賞者を輩出できるのか
同記事に「2015年末時点で自然科学分野においてノーベル賞を受賞した日本人は計21人に達する」

「日本のノーベル賞受賞者の数はアジア最多であることを指摘し、なぜ日本は これほど多くのノーベル賞受賞者を輩出できるのか」

「日本には古くから科学や教育を重視してきた素地があることを指摘。

その例として、日本の識字率は江戸時代末期より非常に高く、中国を大きく上回っていた」

「また、日本は「発明大国」でもあるとし、不思議な発明品も少なくないとしながらも、トイレでの排泄を通じて健康をチェックできる製品なども存在すると紹介した。

その他にも記事は、日本政府が科学・技術立国を目指して様々な政策の支援が行われていることや、国内総生産に対する研究開発費の割合の大きさを指摘している。

ノーベル賞を受賞することが目的なのではなく、研究者たちの研究に打ち込む姿勢や、日本の科学・技術を重視する社会的な素地がノーベル賞受賞者の多数輩出につながっている」などの記述があります。

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


「南米の東大」サンパウロ州立大の日系人率は20%超 - 1

「南米の東大」サンパウロ州立大の日系人率は20%超 - 2
同記事に「日系人の子息は高い進学率を誇り、「南米の東大」と言われるサンパウロ州立大学の20%以上は日系人です(ブラジルの日系人口比率は1%未満)」などの記述があります。

「南米の東大」サンパウロ州立大の日系人率は20%超 - 3

「南米の東大」サンパウロ州立大の日系人率は20%超 - 4

IT総合情報ポータル「ITmedia」 」サイトより


豪の読解力、英語圏で最下位=国際学力調査
同記事に「小学4年と中学2年を対象に基礎学力を測る「国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)」の結果が このほど発表され、豪州は小4の読解テストが27位となったほか、小4算数・理科では それぞれ18位と25位になるなど、そのほかの先進国に比べ順位が下回ったことが明らかになった。

特に読解テストでは、豪州は英語圏の国の中で最下位となっており、教育専門家の間では豪州の初等教育の質を疑問視する見方が広がっている」などの記述があります。

NNA.ASIA 」サイトより


オーストラリアの高校生 学力低下続ける

オーストラリア生活情報サイト NICHIGO PRESS 」より



「優秀な移民の割合が増え、移住先の国に貢献することで、国の発展や成長に繋がる。これが国益を重視した真の移民政策である」という専門家の指摘があります。


国連開発計画(UNDP)の人間開発報告書2009によれば「世界の国際移住者の大半は、途上国から別の途上国へ、あるいは先進国から別の先進国へと移住し、移住者のうちの60%は主に途上国間で移動し、途上国から先進国へ移動するのは移住者のうち37%であり、先進国から途上国へ移動する人の割合は3%にすぎない」とされています。

移民に必要な英語力の強化によって、語学の苦労をしてまでも移住しなければならない状況の国からの移住者に偏ってしまっている現状を さらに助長させるている現状の移民政策は国益の観点から考えれば、実は国益に反しているのではないのか という指摘があります。


【参考サイト】


IELTS 不正行為、豪での独占的 テスト システム終了
同記事に「英語力を測る国際的テスト『アイエルツ』(IELTS)は、ある中国人学生が、お金を受取り他人に代わって入国のための英語テストを受けたとSBSマンダリン・ニュース・オーストラリアに暴露したことを受けて、不正行為に対し強く警告した。

テレビ局は、外国人学生がオーストラリアで永住許可を取得するために必要なものすべて、パスポートから英語テストの受験者まで偽造する、闇取引サービスが横行している証拠を発見。このサービスは、利用者の多い中国語インスタント・メッセージ・プログラムを通して『代理』受験者に直接連絡するということだ。SBSマンダリンによると、IELTSの代理受験は、ほとんど公然の秘密である。

これに関連し、カーティン大学は西オーストラリア反汚職公聴会に対し、大学スタッフであるキース・ローが、お金を受取り学生の試験結果を改ざんする目的でIELTSソフトを使用したことを受け、IELTSビジネスの終了を検討していると報告。大学の説明によると、IELTSソフトが頻繁にクラッシュしたため、パスワードを共有したことが機密漏えいにつながった」などの記述があります。

英語教育ニュース 」サイトより


アジア系 学生を入学制限。米名門大学の「人種枠」とは?

THE PAGE(ザ・ページ) 」サイトより


算数習得するのに最適な言語は何語か
同記事に「英語と比較して、日本語、トルコ語では数字を表す言葉が単純で、数学的概念も より明確に表現される。

それによって幼い子どもが数を数えたり、算数をしたりするのが より簡単になるということが研究で示された。

心理学者や教育学者が幼い子どもの基本的計算力(ヌーメラシー)、読み書きの能力(リタラシー)の数学版の向上を推進しているなか、言語格差が ますます注目されている。

いくつかの最近の研究では、紛らわしい英語の名称が子どもたちの数を数えたり、算数をしたりする能力の低さと関連しているということが示された」

「英語の11以上の数字の名称では桁の値が はっきりと示されない。たとえば17という数字では10の位を表す「ティーン」が1の位の7とで順序が逆になっている。

子どもたちは そのせいで17と71で混乱しやすくなるということが研究でわかった。

2桁の足し算や引き算をするとき、英語の数字の名称で解いている子どもたちは、その2桁の数字が10の倍数と1の倍数から できているということを理解するのに苦しみ、間違いを避けるのが より難しくなるのだ」

「こうしたことは小さな問題のように思えるかもしれないが、英語を話す学生が桁の値を学ぶ上で理解の助けとなる数学の教科課程、「マス・エクスプレッションズ」を執筆したフソン博士は、問題を解く上で追加的な処理過程はより多くの間違いを生み、作業記憶の容量を減らしてしまうと説明する」

「カナダのオタワ出身の英語を話す子供59人とイスタンブール出身のトルコ人の子供88人(年齢は3歳から4歳半まで)を比べた2014年の研究では、英語の悪影響が明白になった。

トルコ人の幼児たちは数字と数え方に関してカナダ人の幼児たちほど教えてもらっていなかった。

にもかかわらず、オンタリオ州オタワにあるカールトン大学の認知科学研究所の責任者、ジョアン・ルフェーブル博士が共同執筆した研究によると、研究室で数字を使ったボードゲームで練習した後、トルコ人の幼児たちの数を数える能力はカナダ人よりも向上したという。

自国の言葉で数えることを学んだトルコ人の幼児たちは、英語で学んだ幼児たちよりも「より速く習得した」とルフェーブル博士は言う」などの記述があります。

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 」サイトより


オーストラリア 不法労働の取り締まり強化へ:企業側に罰金も
同記事に「不法滞在者が、建設現場などで働くケースが増加傾向にあるもよう。国籍では、中国人や英国人、アイルランド人、マレーシア人などが多い」などの記述があります。

NNA.ASIA 」サイトより


学位を お金で買う「ディプロマ・ミル」の終焉

Uberが「言語テストの実施で3万3000人もの運転手が失職」と裁判
同記事に「ロンドン交通局は2017年4月1日から個人運営のタクシーのドライバーに対して、ライセンスの取得および更新の際にリーディング、リスニング、ライティングを含む英語の試験の実施を決めています」

「ロンドン交通局は当初英語が公用語になっている国の出身者に対してはテストの免除を予定していましたが、これが差別行為に当たるとして全てのドライバーに対して英語の試験を実施することになりました。

公判は2017年3月2日まで行われ、ライティング試験が英語の試験に含まれるかどうかに注目が集まっています」などの記述があります。

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


カナダ 英語の試験難しすぎる 中国人投資移民,知事公邸に乱入

替え玉受験留学生を逮捕 横行する中国人のカンニング

中国人留学生不正ビザ事件、不法就労の実態明らかに - NZ

米国に押し寄せる中国人留学生に教師から不満噴出

カナダ 英語.仏語に続く第3の言語グループに,増える中国系移民
同記事に「06年の人口統計によると、カナダの人口に占める移民の割合は19.8%、国民5人に1人が移民との計算になる。

特に ここ5年間、移民の増加に拍車がかかっており、人口に占める移民の割合は史上最高を記録した。

出身国別の移民数では、中国系がトップで移民の14%を占めている。11.6%のインド、7%のフィリピン、5.2%のパキスタンと続いている」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより



不正行為による永住権の取得は国家に対する詐欺行為であり、永住権によって得られた失業手当や子供手当、医療保険、社会保障費を国家に全額返納したうえで、永住権や市民権は即時はく奪すべきであるという意見があります。(実際には手厚い医療や社会保障を当て込んだ国民に対して永住権を与えており、返済能力に乏しいため、現実にはオーストラリアの白人や勤勉な永住権所持者などの納税者の負担になっているのが現状です。

国益を重視するのであれば、タックス ファイル ナンバー( Tax File Number )や銀行の入出金など調査を厳格にすることにより、脱税や失業手当の不正受給は防ぐことができ、また、納税の実績に応じた社会保障制度の導入により、非納税者による手厚い保証金 目当ての移住者を激減させることが可能になるという意見もあります。)



Business Council of Australia 」サイト (英語)
Australiaの財界団体で移民政策に関する提言なども行っている。


国際連合憲章
同記事に「第13条〔国際協力〕 1 b.経済的、社会的、文化的、教育的及び保健的分野において国際協力を促進すること並びに人種、性、言語又は宗教による差別なく すべての者のために人権及び基本的自由を実現するように援助すること」などの記述があります。

同志社大学 」サイトより


世界人権宣言(全文)
同記事に「第2条:1.すべて人は、人種、皮膚の色、性、言語、宗教、政治上その他の意見、国民的 若しくは社会的出身、財産、門地その他の地位又は これに類する いかなる事由による差別をも受けることなく、この宣言に掲げる すべての権利と自由とを享有することができる。

2.さらに、個人の属する国又は地域が独立国であると、信託統治地域であると、非自治地域であると、又は他の なんらかの主権制限の下にあるとを問わず、その国又は地域の政治上、管轄上又は国際上の地位に基づく いかなる差別もしてはならない」

「第19条:すべて人は、意見及び表現の自由に対する権利を有する。この権利は、干渉を受けることなく自己の意見をもつ自由並びに あらゆる手段により、また、国境を越えると否とにかかわりなく、情報及び思想を求め、受け、及び伝える自由を含む」などの記述があります。

国際人権NGO アムネスティ日本 」サイトより


国際人権規約【自由権規約】(抄)
同記事に「第27条【少数民族の保護】 種族的、宗教的又は言語的少数民族が存在する国において、当該少数民族に属する者は、その集団の他の構成員とともに自己の文化を享有し、自己の宗教を信仰し かつ実践し又は自己の言語を使用する権利を否定されない」などの記述があります。

国立大学法人 神戸大学 (Kobe University) 」サイトより



英語を必死に勉強しなければ移住できないという国が、出身国よりも食文化もなく、治安も悪い国であれば、そのような国の言語を必死で学習しようとするような人は極めて少数であり、国益を考えれば、移民政策には別の視点が必要だとする意見があります。

一例として、食文化の低い国の言語である英語を本来、不必要なはずである食文化の高い非英語圏の料理人に対しても求めるというオーストラリアの移民法が障壁となり、高い食文化を持つ国からの移民を妨げる結果、味覚に優れ、高い食文化を求めるフード ツーリズム観光客や富裕層の定着が阻害されるばかりか、健康に良いとされる食文化の定着が阻害されることにより、オーストラリア人の健康悪化に歯止めがかからず、将来の医療制度の崩壊を早めるとの指摘があります。


【参考サイト】


日本食が動脈硬化を予防し寿命を延ばす

財団法人 静岡県産業労働福祉協会 」サイトより


日本の食習慣「上質の栄養を摂ることができ健康的」

食べ物への意識が高い日本人、健康や食文化に興味

サーチナ (Searchina) 」サイトより



日本食は味や見た目も良いだけではなく健康的です。そして、日本は世界的に見てもレストランの水準がきわめて高い国の一つであり、すばらしい技術を持った料理人や水準の高いレストランなども 数多く存在します。

日本人の食に対する情熱は世界でもトップクラスです。

それは、レストランの数や質にも表れています。レストランの数は東京だけでも16万店にも達します。食に対する関心の高いフランスのパリでさえ1万3000店です。(出所:NEWS WEEK 日本版 2008年2月20日号)

また、ミシュランガイド東京・横浜・湘南2012によれば、星付きレストランの数は3つ星は17軒、2つ星は57軒、1つ星が219軒。合計で293店と世界一です。

このように食感をあらわす言葉の数やミシュランガイドなどによる星付きレストランの数などにより、その国の食文化の水準や移住後の食生活面においての苦労の度合いなどを予測することも可能です。


【参考サイト】


世界のグルメ都市 TOP 10「ダントツ1位は東京」豪紙

東京が「世界ベストフードシティー」に、米誌サブール
同記事に「世界中の食に関する情報が満載の米誌サブールが選ぶ「世界グルメ都市ランキング」で、東京が「世界ベスト フード シティー」に選ばれた」

「東京については、「幅広い値段で あらゆる種類の おいしい料理を楽しむことができる。500ドル使って、高級すしを食べても、地下鉄の駅で10ドルの うどんを食べても、同じように おいしい。

東京のグルメは驚くほどバラエティーに富んでおり、和食に とどまらず、世界最高のフランス料理やイタリア料理を楽しむことできる」と評価している」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


日本はミシュランに格付けされた店が世界一多い

サーチナ(Searchina) 」サイトより


世界のレストラントップ1000、掲載店舗数で日本1位

AFPBB News 」サイトより


世界初・日本食レストランが「6つ星」の称号獲得

ニューヨーク 経済新聞 」サイトより


食文化と言葉
日本の高い食文化に関連した興味深い情報を見つけました。日本語の食感を表す言葉(語句)の数について、食品総合研究所の調べによれば、食感を表す語句の数は日本語は、450語句、フランス語は約230語、中国語は144語句、英語・ドイツ語では100語句 前後と されています。「舌触り、喉ごし、もちもち、とろり」といった日本語の食感の表現は群を抜いていることや、米、野菜、果物などの農産物の豊富な品種や滋味に富んだ味などからも、その高く、豊かな食文化や繊細な味覚の一端を垣間見ることができます。


【参考サイト】


官能評価のための日本語テクスチャー用語リスト

農業・食品産業技術総合研究機構 」サイトより


水と地域 - 軟水、硬水、炭酸水 - 水大事典
(硬水,軟水と食文化など興味深い話題も紹介。)
サントリー 」サイトより


世界の日本食レストラン事情

tripgraphics(トリップ グラフィックス) 」サイトより


日本料理を名門大学が研究、「和食」の学術的地位向上を目指す

レコード チャイナ 」サイトより


【関連記事】

世界の言語地図

日本人街・経済特区



味覚の基本味は塩味、酸味、甘味、苦味、旨味の5種類があると考えられています。

日本人によって発見された旨みは、それに相当する英単語がありませんでした。

現在では、旨みは欧米でも認知されており、「delicious taste」という単語があてられていた時期もありましたが、現在では「umami 」でも通用するようです。


【参考サイト】


World's 50 most delicious foods (英語)
(50位から26位)

World's 50 most delicious foods (英語)
(26位から6位)

World's 50 most delicious foods (英語)
(BEST5位)

CNN Travel 」サイトより (英語)



本格的な日本食が海外に進出することによって、世界における食文化の多様化につながるほか、食事が原因となる生活習慣病などの病気を予防することにより、健康寿命や平均寿命を改善し、社会保障費の減少要因にもなります。さらに、その国のフードツーリズム ( Food Tourism )による観光産業の活性化にも つながるという専門家の指摘があります。

食生活は健康のための重要な要素です。なかでも日本食は健康食という認識が欧米諸国などでも定着しています。

日本食の普及のためには質の高い本格的な日本食レストランの普及が重要ですが、英語圏の一部の国では日本食を含めた料理人に対し、高い英語力を求める移民制度が存在します。

独自の食文化の発達に恵まれず、高い食文化を持たない国の言語である英語を本来、英語力の必要のない料理人などに対しても高い英語力を求める非現実的な移民制度を設けている国では高い食文化を持つ国の料理人や本格的で質の高い日本食レストランの進出、一流の日本食の普及を はじめとした食文化の飛躍的な発展を阻害し、国民の健康度の改善も見込めません。

同時に、舌の肥えた富裕層を満足させる質の高いレストランが少なければ、富裕層の移住も多くは望めません。

富裕層が多ければ、経済も治安も向上し、すべてにおいて質の高いものを求める富裕層のためのビジネスも自然と集まってくることになるのです。

国益を重視するのであれば、移民制度は富裕層の移住がもたらす、消費関連を中心とした経済効果を考慮する必要もありそうです。



日本食は健康にも良いことが、医学、栄養学の面からも証明されています。日本の平均寿命が世界で1位であることからも、強い説得力があります。

日本人街の誕生により、世界に本物の日本食が普及、定着につながれば、平均寿命や健康寿命の改善の波及効果が期待でき、世界各国の医療支出の削減、疾病による社会保障費の減少や健康増進により、税収の向上も期待できます。


【関連記事】


日本人街・経済特区


【参考サイト】


「食の健康」で世界経済は活性化、FAO報告書
同記事に「国連食糧農業機関(Food and Agriculture Organization、FAO)は、肥満と栄養不足は世界経済の大きな負担になっているとの見解を示すとともに、各国政府に対し、食の健康への投資は、社会は もちろん経済にも大きな利益をもたらすと訴えた。

FAOの年次報告書によると、肥満に関連した生産性低下と医療費の増加は、世界経済に年間約1兆4000億ドル(約140兆円)の損失をもたらしている」などの記述があります。

不健康な食事、米国で年間40万人の死亡に関連

世界の成人 糖尿病患者数、1980年から4倍近くに WHO

AFPBB News 」サイトより


世界各国の男性の平均体形、最も健康的なのは日本人

中国の成人肥満人口は世界一、高所得国で日本の成人BMIが最低

中国の肥満児、2025年に世界最多の4850万人に

中国の糖尿病患者,2040年には1億5000万人に―世界保健機関

高齢化によるアルツハイマー症の増加、中国の「時限爆弾」に

レコード チャイナ 」サイトより


長生きしたかったら「日本人女性の食生活を真似するべき」
同記事に「英国 国家統計局が、「イギリス人女性が、日本人女性の食生活を真似ると寿命が延びるのではないか」との見解を発表している。当局の調べによると、全粒穀物や野菜、大豆を主要とする日本食を食べる日本人女性は、イギリス人女性と比べて25パーセントもカロリー摂取量が低いのだという」

「当局は、「健康的な生活を送り長寿を全うしたかったら、日本人女性の食生活を お手本にするべきだ」と述べている」などの記述があります。

海外サイトが「日本人の健康的な生活習慣」を9つ選出

ロケットニュース24 」サイトより


【関連記事】


平均寿命の世界地図

世界の健康寿命



【参考サイト】


豪の富裕層ビザに170件の申請

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 」サイトより


移民制度の問題点:移民の平均寿命と国益
近年、ポイントシステムなどにより永住権を取得し、海外移住する人々が増加しています。

移民を受け入れる国は国益( National interest )を考え、納税期間の長いと考えられている若い移民を優先して受け入れている国がありますが、専門家によれば、若い移民が必ずしも国益に結びつかないケースがあるとの指摘があります。

平均寿命や健康でいられる期間を示す健康寿命は移民の出身国により大きな差があり、健康寿命が短く、比較的若い年齢で健康が失なわれれた場合、病気の治療に要する政府が負担する医療負担や移民後の労働期間(納税期間)にも大きな差が生じるため、平均寿命や健康でいられる期間を示す健康寿命の長い国の国民の割合が多ければ、納税期間が長いうえに、医療支出(負担)がすくないため、より多くの国益をもたすが、反対に平均寿命や健康寿命が短い国の国民を多く受け入れた場合では、労働期間(納税期間)が短いうえに、医療支出も増大するため、大きな国益には繋がらない。

バランスが偏った移民政策のしわ寄せは、国民保険や行政サービスなどの改悪につながり、国民に跳ね返るという指摘があります。

健康寿命や平均寿命の高い(長い)国の国民は、移民後に労働年数と納税期間の増加による国富の増加につながるうえに、病気になりにくく、病気になる年齢が高いほど、政府が負担する医療支出も大幅に削減することが可能になり、多大な国益をもたらす要因になるため、移民政策は国益を考慮し、移民の出身国別の健康寿命や平均寿命についても勘案すべきであるとの指摘があります。


【参考サイト】


エコノミスト、大型財政赤字予想
同記事に「このままでは2023年までに州と連邦の財政赤字は総額600億ドルに膨れあがる。原因としてコスト上昇、政党の大型公約、税収入不足、鉱物資源価格低下などがあるが、政府財政に もっとも大きく のしかかっているのは医療支出だ。医療支出が過去10年の増大率が今後10年も続けば政府支出がGDPの2%余分にのしかかってくる。原因は人口の高齢化ではない。もっとも大きな原因として、今の60歳人口は、10年前の60歳人口に比べて医者に行く率が高く、病院で手術を受ける率が高く、薬を飲む率が はるかに高いことが挙げられる」などの記述があります。

オーストラリア生活情報サイト NICHIGO PRESS 」より


世界の「超高齢国」、急ペースで増加 経済に打撃
同記事に「世界各国で高齢化が加速する中、65歳以上の人口が20%を上回る「超高齢国」は2020年までに13か国、30年までに34か国に増える見通しだ。

現時点で65歳以上の人口が20%を超えているのは日本、ドイツ、イタリアの3か国に とどまっている。

だが報告書の予想によれば、来年にはギリシャとフィンランドが超高齢国の仲間入りし、20年までにはフランス、スウェーデンなど8か国が加わる見通し。

25年までにはカナダやスペイン、英国、30年までには米国、シンガポール、韓国も超高齢国となる。中国も「厳しい高齢化圧力」に さらされる。

「かつてないペースの高齢化は、全地域で今後20年の経済成長に重大な弊害をもたらす」と報告書は指摘。

全米産業審議会の統計を引き合いに、今後10年の世界経済成長は急速な高齢化の影響で伸び率が1ポイント近く縮小すると試算した。

高齢化が進めば、経済成長の原動力となる労働人口は減少し、世帯貯蓄が減って世界の投資の縮小が予想される」などの記述があります。

CNN.co.jp 」サイトより


親を呼び寄せる中国人移民、高齢者急増で年金財政に負担 NZ
同記事に「2012年にニュージーランドの永住権を取得した中国人移民のうち、40%弱は50歳以上の高齢者移民だ。

他国の移民では この比率は10.7%。中国人の高齢者移民は その4倍と極めて高い水準にある。

2006年から大量に流入した、中国からの技能を持った「技術移民」が両親を呼び寄せているのが原因とみられる。

一人っ子政策があり、他に親の面倒を見る兄弟がいないためと考えられている。

親世代の移民者数は技術移民人口の120%に達し、技術移民の数を上回っている。他国からの移民では この比率は24%に とどまる。

ニュージーランドに10年間居住すれば、65歳から満額の年金を受け取ることができる。

生まれた時からニュージーランドで生活していた国民と まったく同じ待遇だ。高齢者移民の急増は年金支出の増加をも意味することなる。

平均寿命を85歳とすれば、高齢者移民1人あたり35万ドルの支出となる」などの記述があります。

米国の中国本土移民、血中の重金属濃度はアジア移民でトップ

中国人の血液中の重金属含有量が高いのは なぜか?
同記事に「米ニューヨークで行われた健康調査の結果、中国大陸からの移民は他のアジア諸国からの移民に比べて体内に高い濃度の重金属を含有していると伝えた。

「ニューヨーク健康と栄養測定調査」によると、中国大陸からの移民の血液中に含まれる鉛、カドミウム、水銀などの重金属の含有量は、他のアジア諸国からの移民よりも高く、なかでも鉛の含有量は44%も高いことが明らかになった。

この結果について、同調査報告は中国人の飲食習慣に原因があると指摘。カドミウムや鉛は人体に数十年間も残留するため、これらの重金属は中国大陸で摂取されたと考えられる」などの記述があります。

中国、世界第2の肥満大国に

新たな がん患者、中国が最多、世界の2割占める

米国で暮らす移民、米国式ライフスタイルで健康に悪影響

メキシコの肥満率が米国を超え世界一に、日本は先進国で最低

レコード チャイナ 」サイトより


人の がんにかかわる要因
同記事に「中国式 塩蔵魚で鼻咽頭がんのリスクが高くなることが「確実」と判定されました」

「不純物の混ざった植物油の高温調理により生じる煙(中国の一部地域)は、肺がんのリスク要因となることが わかっています」などの記述があります。

がん情報サービス 」サイトより


女性の がん死者、2030年までに年間550万人に 報告書 - 1
同記事に「米国がん協会の世界保健部門を統括するサリー・コーワル(Sally Cowal)氏は、女性の がん死の大半が若年成人期と中年期に起き、家庭と国家の経済に重い負担がかかると指摘した」などの記述があります。

女性の がん死者、2030年までに年間550万人に 報告書 - 2
同記事に「がんの患者と死者が最も大きく集中しているのは東アジア地域で、2012年には患者170万人、死者100万人を記録した。この数字の大半は中国で発生したものだった」

「治療とケアにかかる費用と労働生産性の損失などを含む、男女両方の がんによる世界の経済的負担額は、2009年に約2860億ドル(約29兆7000億円)に上った」などの記述があります。

発展途上国で肥満が急増
同記事に「発展途上国では今日、豊かな国よりも肥満や過体重の成人が はるかに多い。

1980年から2008年の間、発展途上国における肥満や過体重の人は2億5000万人から9億400万人に増えた。

現在の傾向では特定の種類の がん、糖尿病、脳卒中、心臓発作などの患者が世界的に劇的に増加しており、公的医療制度に大きな負担をかけている」などの記述があります。

「肥満の移民は国外退去」NZ当局が南ア男性のビザ更新を拒否

「肥満」理由にビザ拒否、移民男性が帰国へ NZ

日本の医療支出は先進工業国で最少、最高は米国

大食いの友人との食事に要注意、オランダの研究
同記事に「肥満度は社会的に伝染する傾向があることを示した。ある人が肥満だと、その友人が肥満になる確率は50%増になるという」などの記述があります。

母親の肥満で新生児の心疾患リスク増

動画:衰えの兆し全く見せない日本の高齢者

AFPBB News 」サイトより


老化に関する研究の最前線と,腸内細菌が老化に関与する可能性

社団法人・全国はっ酵乳 乳酸菌飲料協会 」サイトより


平凡な腸内細菌によって大腸がんは引き起こされる

慶應義塾大学医学部・医学研究科 」サイトより


腸内フローラとは?

光英科学研究所 」サイトより


肥満は なぜ「伝染」するのか:実験結果
同記事に「肥満はネットワークで「伝染」することが、長期の疫学調査から実証されている。

太った人の姿を見たり、周囲に大食いの人がいたりすることで、食生活が容易に影響されることも実証されている」

「われわれは他者の食習慣や空腹度に影響を受け、無意識のうちに周囲の人々の基準に引きずられているのだ」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


日本は世界で唯一,定年後も働いていたいと考える国
同記事に「世界23の国と地域の約20万人に実施した調査結果を発表し、日本人の「より長く働きたい」という意欲の高さが際立っていたと指摘した。

世界平均では、「リタイヤしたいと思う年齢(平均55.6歳)」は、「働く必要があると考える年齢(60.3歳)」から平均して5歳ほど早いが、日本だけが唯一、「リタイヤしたいと思う年齢(62歳)」が「働く必要があると考える年齢(60歳)」を上回った」

「世界一の長寿国であり、日本では60歳台は まだ働き盛りです。働くことにより社会とつながりたい、貢献したいと考える人が多いことも、長く働きたいと思う理由かもしれません」などの記述があります。

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


【関連記事】


平均寿命の世界地図

世界の健康寿命
(日本の平均寿命は世界一の長寿国であり、健康寿命も世界一であることが示されていますが、長寿の大きな要因の一つが日本食にあると言われています。)

日本人街・経済特区


【参考サイト】


世界肥満地図

tripgraphics(トリップ グラフィックス) 」サイトより


オーストラリアの肥満度,米国を抜く 調査報告

同記事によれば「オーストラリアのベーカー心臓研究所
(Baker Heart Research Institute 英語)は、米国よりも豪州のほうが肥満人口の割合が高く、なんらかの措置を講じない限り、豪州の医療保険制度は崩壊するとの調査報告を発表した」との記述があります。

糖尿病による血液がんリスク増加、DNA異常に関連性

母親の肥満で新生児の心疾患リスク増

父親の食生活は子の健康に影響

父親の食事習慣、精子を介して子どもの健康に影響 研究

炭酸飲料を たくさん飲む10代は暴力的に、米大研究

ジャンクフードは精子を損傷する、米研究

「赤身肉を減らし、白身肉で死亡リスクを下げよう」 米研究

肥満対策に効果「ジャンクフード課税」、米研究

AFPBB News 」サイトより


「肥満は運動では改善できない」米豪の研究者「食生活が問題」

オーストラリア生活情報サイト NICHIGO ONLINE 」より


肥満,第3の要因に腸内細菌の変化、伝統的な和食で予防可能 1

肥満,第3の要因に腸内細菌の変化、伝統的な和食で予防可能 2

肥満,第3の要因に腸内細菌の変化、伝統的な和食で予防可能 3

SankeiBiz (サンケイビズ) 」サイトより


Infectious Obesity Findings are Full of Empty Calories (英語)
(肥満もネットワークで伝染」疫学調査結果が引き起こした騒動)

WIRED.com 」サイトより(英語)



肥満は ある種のヴィールス( adenovirus 36 )に感染することにより、脳の満腹中枢が破壊されることによって起こるという学説や腸内細菌との関連も指摘されています。(詳細は、海外移住とは分野が異なるため割愛)


食品価格と肥満の関連性、世銀グループが報告
同記事に「世界の過体重の人の半数が わずか9か国(中国、米国、ドイツ、インド、ロシア、ブラジル、メキシコ、インドネシア、トルコ)に集中している。肥満は豊かな国だけに まん延するものではない」などの記述があります。

腸内細菌が肥満の原因に? 食生活改善で30キロ減

世界人口の約3割、過体重か肥満

炭水化物は飽和脂肪より健康に悪い?

日本人が海苔を消化できる理由を発見、仏研究

AFPBB News 」サイトより


腸内常在菌が宿主の思考や行動に影響を与えている

マイナビ ニュース 」サイトより


腸内常在菌が大脳代謝系に影響を与えていることを明らかに

Human Metabolome Technologies 」サイトより


What Lives in Your Gut? (英語)
(人の消化管に棲む微生物を大規模調査)

同記事に「加工度の高い食物を摂取する西洋型の食生活を送る人と、より伝統的な食生活を送る人の消化管には大きな違いがみられる」

「ある種の細菌が多すぎたり少なすぎたりすると、多くの慢性疾患の大きな要因の1つである炎症を引き起こしかねない。最近の研究によると、糖尿病と肥満には消化管の細菌のアンバランスが関与している」

「これは自分で制御できる健康の重要な側面であることを人々に理解してほしい。遺伝子は持って生まれたものだが、マイクロ バイオームは食生活やライフスタイルを通じて変えることが可能だ」などの記述があります。

肥満は認知能力を低下させる (英語)
(Rise in Weight Linked to Cognitive Decline in Older Adults)

栄養失調の子供が「追い付けない」理由 (英語)
(Why Can't Once-Malnourished Children 「Catch Up」? Answer May Lie in Gut)

同記事に「研究論文によれば、栄養失調の乳幼児の消化管では微生物の生態系が確立されていない」

「子どもの腸内微生物叢と免疫系、脳は同時に成長している」

「われわれが健全に成長し、すべての潜在能力を引き出すには、おそらく腸内微生物叢の健全な成長が必要」

「微生物が生涯に わたって健康に影響を及ぼしている可能性が高い」などの記述があります。

National Geographic 」サイトより (英語)


病は胃腸から「腸の脳」に注目

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 」サイトより


抗生物質が人間にとっては「肥満薬」にもなり得るメカニズム
同記事に「抗生物質と肥満の関係について研究を進めたブレイザー博士は、腸内細菌の数に注目しました。

腸内で活動するバクテリアの中には、免疫反応、食物の消化、栄養素形成、健康的な体重の維持などに関係するものがあることが知られていますが、ブレイザー博士は抗生物質が有益なバクテリアを殺してしまうことが肥満につながっているのではないかと考えた」

「超高速ゲノム塩基配列解読装置を使った最近の研究では、抗生物質シプロフロキサシンを投与された患者の消化器官の細菌は全個体数が10分の1まで減少することが明らかになっています」などの記述があります。

GIGAZINE(ギガジン) 」サイトより


本当は もっと恐ろしい肥満。死を招く要因が次々と明らかに

体にすんでいる細菌のマッピング - 1

体にすんでいる細菌のマッピング - 2

ヨーグルトで寿命が伸びる - ビフィズス菌の驚くべき効果を解明

ヨーグルトは脳に効く:心と身体の謎

人間はヒトの細胞と細菌から成る「超有機体」

日本人の腸だけに存在?:海藻を消化する細菌

WIRED.jp 」サイトより



世界肥満地図

旅×インフォグラフィックス=tripgraphics 」サイトより



オーストラリアのベーカー心臓研究所は、米国よりも豪州のほうが肥満人口の割合が高く、なんらかの措置を講じない限り、豪州の医療保険制度は崩壊するとの調査報告を発表。

専門家によれば、感染症蔓延国からの移民に対する感染症の検査が行われていないことや平均寿命の短い途上国からの移民に偏っていることから、近い将来、医療制度の崩壊は不可避であるという指摘もあります。


【参考サイト】


太りすぎという理由でニュージーランドが夫婦の移住を拒否
同記事に「医療資源流出の原因となる人を受け入れる余裕はない」などの記述があります。

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


中国で心臓疾患「まん延」の危機、論文が警告
同記事に「中国では、不健康な食生活や喫煙、肥満などにより心臓病が「まん延」する恐れがあり、4人に3人の心臓血管が不十分な状態であるとする研究論文が米国 心臓病学会誌「Journal of the American College of Cardiology」に掲載された。

中国・上海交通大学医学院の畢宇芳 氏と寧光 氏が率いるチームは、中国の男女9万6000人の健康状態を、米国心臓協会が定めた行動やライフ スタイルに関する7項目(喫煙習慣、BMI、運動、食生活、治療を受けていない状態での総コレステロール値、治療を受けていない状態での血圧、治療を受けていない状態での空腹時血漿(けっしょう)グルコース濃度)に従って、「理想的」「中間」「不十分」の3つに分類した。

その結果、心臓血管が「理想的」な状態だったのは、男女の0.2%にすぎなかった。また、BMIや運動、食生活、喫煙習慣の4主要項目で「理想的」とされたのは、男性で わずか5%、女性で22%だった。

心臓血管疾患は現在、中国における主な死亡原因の一つとなっており、糖尿病の有病率は過去10年で2倍以上に上昇している。研究チームは、「効果的な介入を行わなければ、心臓血管疾患は近い将来に中国で まん延するだろう」と警鐘を鳴らしている」などの記述があります。

握力で心臓病リスクを判定、国際研究

AFPBB News 」サイトより


中国人の4人に3人が心臓病リスク,近い将来に大流行の危険性も

中国では1分に1人が心臓突然死!救急救命で助かるのは1%未満

世界一の「糖尿病大国」中国、有病率は36年前の1%から10%に

レコード チャイナ 」サイトより


世界の心臓病患者-6割がインド人に<WHO予測>

NNA.ASIA 」サイトより


心臓疾患の遺伝子変異を持つ人は100人に1人

スラッシュドット・ジャパン 」サイトより


One In 100 Carry Mutation For Heart Disease (英語)

Slashdot 」サイトより (英語)


The heart disease mutation carried by 60 million (英語)

EurekAlert! Public News List 」サイトより (英語)



専門家によれば、心臓疾患リスクの高い移民を大量に受け入れた国ほど、将来の心臓病関連の医療費負担の増大や心臓の専門医の不足、さらに治療や手術が受けられない医療難民の問題も懸念されるため、心臓専門医の育成と心臓専門医の移民の受け入れが急務であるという指摘があります。


【関連記事】

平均寿命の世界地図

世界の健康寿命

日本人街・経済特区



先進国への途上国からの移民の急増は、結核などの感染症の検査体制の欠陥があることが一因であるという指摘があります。

たとえば、オーストラリアにおける新登録結核患者中の外国人の割合が80%と高い理由は、オーストラリアが受け入れている留学生や移民の出身国の多くが、結核の高蔓延国からの移民や留学生に偏っていることに加え、有効性の乏しい胸部X線検査しか行われていないためであると指摘されています。

専門家によれば、胸部X線検査が有効性の乏しい理由として、胸部X線検査では、肺結核の発病者を発見することができますが、肺以外の結核や結核が発病していない段階である、結核の感染者や保菌者を発見できないためであるとしています。

オーストラリアの現状の制度においては、ビザ申請直前の健康診断時に肺結核を発病せず、肺以外の結核患者をはじめ、結核の保菌者や未発病の感染者が、たとえ、申請日に結核を発病していたとしても、ビザが下りてしまうという制度になっています。
(ビザの申請直前の検査段階で、"肺"結核を発病した場合のみ、ビザが下りない。)

オーストラリアで結核が増加している理由は、有効性の高い結核検査を導入していないために、留学後や永住権の取得後に結核を発症し、感染を拡大させていることなどが、その要因として指摘されています。

オーストラリアは資源輸出大国として知られていますが、同時に感染症の輸入大国であるという現実があります。

感染症の蔓延国からの移住者や留学生に対して、有効な検査をすることなく、大量に入国させてしまった結果、本来、オーストラリアには存在しなかった感染症が侵入・拡大しています。

専門家によれば、オーストラリア国民の健康を守り、オーストラリアの真の国益( National interest )を重視するのであれば、移民や学生、就労ビザ申請者などに対する精度の高い結核検査の導入が急務であり、不可欠であるという指摘があります。


【関連記事】

結核分布の世界地図



移民を受け入れている国の多くは、感染症の多発地域からの移民に対する感染症検査を行わずに移民を受け入れていることに加え、平均寿命の短い国からの移民に偏っているため、このように偏ったアンバランス移民政策をしている国では 将来、病気による社会保障負担の激増と労働生産性の低下による税収の悪化による財政の ひっ迫や経済への悪影響が避けられないため、国益を守るためには、感染症の流入阻止対策が急務であるという専門家による指摘があります。

感染症検査の徹底により、感染症の流入阻止対策の効果、自国民への感染症の蔓延の防止は国益に直結するだけでなく、現在の移民政策で途上国出身者などに偏った移民バランスの是正、移民政策が成功するための重要な鍵ともいえる多様な文化が調和する真の他民族、多文化国家の実現にも繋がります。

移民を必要としている世界の国家は、自国民の健康を考え、自国の国益を最大限に考慮した感染症対策を導入すべきであるという専門家による指摘があります。

永住権のハードルをあげる前に、有効性に乏しい結核のX線検査のかわりに、有効性やエビデンス ( evidence ) のある結核検査を導入しなければ、将来的に社会保障や税収が落ち込む途上国と同様な問題を先進国も抱えることになるという指摘があります。

労働生産性の高い勤勉な人や中間層、消費を担う富裕層が流出し、低所得者層に富を奪われる結果、最終的に市民権取得者の補助金や福祉も大幅減額を余儀なくされ、オーストラリア人の生活の質が大幅に低下する恐れがあるとの指摘があります。


10億人以上が感染の寄生虫・細菌などによる病「NTD」とは?
同記事に「大きなニュースには ならないものの、寄生虫や細菌などによる病気「NTD」は10億人以上に感染しており、患者や周辺のコミュニティーは貧しい生活を余儀なくされていると言われます」

「地球上の人間のうち、7人に1人がNTDに苦しめられています。これはヨーロッパ全体の人口よりも多い数です。

NTDは個人を肉体的に苦しめるに留まらず、毎年10億ドル以上の人々の収入を奪い、コミュニティを弱体化させ、社会の発展を遅くさせます」

「Neglected Tropical Diseases(顧みられない熱帯病)

NTDは細菌・アメーバ・寄生・ウイルスなどによって引き起こされ、症状は さまざまです。

例えば、鉤虫は本来であれば子どもの脳や体に送られるべき栄養を横取りし、子どもの発育を妨げます。

また、人を失明させるNTDが存在したり......人を寝たきり状態にさせ、内臓にダメージを与え、寿命を劇的に短くさせるものも存在します。

さらに、NTDによって奇形になることもあり、その場合は精神的なダメージを負ったり見た目を理由として職につけない人もいます」などの記述があります。

寄生生物が宿主の行動や性格を ゆがめていることが判明

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


トキソプラズマが人の脳を操る仕組み
同記事に「スウェーデンの研究チームが謎を解く重要なカギを発見した。

寄生した体内を移動し、さらには肝心の脳に到達するために、トキソプラズマは白血球を"乗っ取る"。白血球といえば、そもそも このような侵入者を攻撃する細胞だ。

白血球を路線バス代わりに利用するだけでなく、トキソプラズマは それらを小さな化学工場に変え、ネズミの、ひいては人間の恐怖感や不安感を鈍らせる神経伝達物質を作らせているという」

「トキソプラズマは主にネコを宿主とするが、ゴミ箱、汚染された水、加熱の不十分な食肉などを介してヒトへも多く感染している」

「公衆衛生データによる実験と分析を行った結果、フレグル氏はトキソプラズマと人間の行動に いくつかの驚くべき関連性があることを突き止めた。

トキソプラズマに感染した人は交通事故に遭う確率が2倍以上高まるが、これはトキソプラズマが反応時間を遅くするためだとフレグル氏は考えている。

さらに、感染者は統合失調症を発症しやすくなるという。トキソプラズマ感染は自殺率の上昇に関連しているという別の研究チームの報告もある」などの記述があります。

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


ヒトに感染し「頭を悪くする」ウイルス、発見される - 1
同記事に「ジョンズ・ホプキンズ大学医学部等の研究者チームが、通常は藻に感染するウイルスが、人間やマウスの脳に感染する場合があることを発見した。

感染すると、有意で「認知能力が低下する」ことも明らかになった」

「研究チームが発見した この藻類ウイルスは、これまで人間には害を及ぼさないと考えられていた。

ところが このウイルスは、人間の認知能力、たとえば空間認識や視覚処理に関する能力に影響を与えることが明らかになった」などの記述があります。

ヒトに感染し「頭を悪くする」ウイルス、発見される - 2
同記事に「感染したマウスを調べたところ、このウイルスは、(記憶や空間認識と関連した)海馬における遺伝子の発現に影響を与えることが明らかになったという」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


【参考サイト】


オーストラリア,25年間の経済成長でも貧困者が減らない謎

オーストラリアの生活水準に行き止り感

オーストラリア国民の8人に1人が貧困水準以下

豪国内で7万3000人の子供が貧困線より下の生活

豪社会に忍び寄る貧困(8人に1人が電気料金さえ払えず)

豪統計局の数字が警鐘、女性と十代の自殺増加

オーストラリア生活情報サイト NICHIGO ONLINE 」より



VIC、本国送還迫る中国人一家に町民が支援
同記事に「永住権が取れるという約束で屠畜場の仕事に就くため、6年前に中国から一家6人で移ってきたが、その後に法律が変わって基準が厳しくなり、家族の何人かが英語の試験に落ちたため本国送還命令が出ているという話を聞いた町の住民が一家を支援して署名を集め、移民大臣に命令撤回を要請している」

「ワルナンブールの住民の一人、クリス・マキューンさんらも家族の永住権スポンサーを申し出ており、"町の住民がショックを受けている。2,3年の間、働かせるためだけに移民を呼び寄せるのなら、もっと人道的な制度にすべきではないか。技能労働者を必要としているにしても、もっと人道的なやり方をすべきだ"と語っている」などの記述があります。

オーストラリア生活情報サイト NICHIGO ONLINE 」サイトより



移民は国益 ( National interest )を考えて行われるものです。
オーストラリアの場合、先進国でありながら先進国においては信用と信頼を損ない国益に反することもあり禁じ手である途上国で行われる予告なしの突然のビザ制度の変更をはじめ、時期を遡(さかのぼ)って新しい移民法を適用する事例などもあることから、国としての信用、信頼性という大きな国益を損ないかねず、この点を先進国として改める必要があるという意見もあります。

オーストラリア政府の言うことは一部の途上国と同様に信用できないという悪評が世界に知れ渡れば、大きな国益を損なうばかりか、オーストラリアの評価自体も損ないかねません。

そして、一度失った信用を取り戻すことは容易なことではありません。信用と同時にオーストラリアの主要産業である留学産業の壊滅的な打撃と衰退、留学生の激減による消費関連などの経済への悪影響も懸念されます。

(オーストラリアへの留学生は世界的に信用度の低い国からの移民に偏っており、それらの国からの留学生も増加傾向にある一方、信用度の高い国からの留学生は少ないうえに減少傾向にあります。これは一般に信用度の低い国は信用度の低いビザ制度を許容できることも理由の一つだとされています。)



2010年2月8日、クリス・エバンズ移民相はメディアに対し、「これまでオーストラリアの留学生向け教育訓練機関は、一番簡単確実なオーストラリア移民裏口として利用利用されてきたことが間違い」と一喝。

この発言や過去の政策に対して、知人のオーストラリア人からも口々に「移民裏口というものの、政府移民局のウェブサイトに掲載されている合法的な移住者に対し裏口という表現を用いるのは適切なのだろうか?......。政府は留学と永住権は無関係との立場を貫いてはいるが、実際に留学を通じて永住権の発給を行ってきた事実を考えれば、全くの無関係という立場には無理がある。移民に平等で寛容な社会を標榜しておきながらビザ制度の予告なしの即時適用、施行、時期を遡(さかのぼ)って適用するなどの行為は民間でいえば詐欺であり、オーストラリアの信頼を損ないかねない問題だ」と語った。



移民を多く受け入れている国の移民の出身国の平均寿命と健康寿命を見れば、移民受け入れ国の将来が見えてきます。

つまり、健康寿命や平均寿命が低い国から大量に移民を受け入れている国であれば、移民が高齢化した時に財政問題が一気に表面化し、真の国益を考えてこなかった移民政策のツケを支払うことになりますが、その代償は真の国益を重視した、新しい移民政策の導入が遅れるほど大きなものとなります。

健康寿命や平均寿命が短い国の国民に偏った移民政策を継続することで、病気による医療支出の増大と就労効率の悪化(休職や失業)により、税収の悪化と同時に医療支出も増大、財政の政策の余裕度も低下、経済にも悪影響を及ぼすことが懸念されています。

経済の悪化が犯罪率や治安の悪化を招き、犯罪率や治安の悪化が外出の抑制を招き、消費の抑制や観光関連産業の衰退につながるなど、負の連鎖と悪循環に陥っている国が現実に多数存在します。

さらに、経済の悪化により、教育や社会の基盤である道路や鉄道などのインフラストラクチャー( infrastructure )の整備や補修なども困難になるなど、同時複合的な悪循環に陥ります。ひとたび負の連鎖に陥ってしまうと悪循環を断ち切ることは困難であるとされています。

先進国と発展途上国との較差(格差)の存在を見れば、こうした悪循環を断ち切ることの困難さを如実に示しています。
(経済の悪化は酒、麻薬、タバコ、賭博などの依存症などの社会問題にもつながります。そして、これらの人々が増加した街では不法滞在者や不法就労、麻薬犯罪などの温床となり、マフィアの暗躍による治安の悪化に加え、劣悪な衛生状態や景観など街の雰囲気も独特なものに変容するなど一変し、その結果、観光客も減少し、多くの消費をもたらす富裕層に敬遠される街になるなど、国の衰退を招く大きな要因にもなるのです。その結果、ますます これらの独特の雰囲気や衛生状態を許容できない人々は他国に流出し、許容できる人々だけが、その国に残ってしまうという悪循環、負の連鎖に陥る懸念も指摘されています。)

しかしながら、移民の出身国に対しての健康寿命や平均寿命については全く考慮されてはいないのが世界の移民政策の現状です。国を発展させ、国を良くするために、真の国益とは何かということを真剣に考えれば、移民政策の方向性が見えてきます。


【関連記事】


平均寿命の世界地図

世界の健康寿命


【参考サイト】


世界最大の犯罪組織「チャイニーズ・マフィア」
同記事に「黒社会とは、もともと「中国人による犯罪組織」を指す言葉である。欧米では「チャイニーズ・マフィア」と呼ばれるが、同じ意味である。中国、香港、台湾では黒社会という表現が一般的であるのに対し、欧米ではチャイニーズ・マフィアという言い方が普通である。黒社会は今、世界中で暗躍している。その構成メンバーは すでに全世界で200万人を超えたとされており、欧米においては麻薬取引の最大グループの1つとして大いに注目を集めている。チャイニーズ・マフィアは現在、世界最大の犯罪組織と見られているのである」

「世界を席巻するチャイニーズ・マフィアの総数は いったい どれくらいなのであろうか。その数は少なく見積もっても150万から200万人はいると思われる。

内訳は中国大陸に100万から150万人、香港に20万人、台湾に10万人、その他20万人である」

「黒社会のメンバーの多くは英語が堪能である。また、中国系住民は世界各地にいるから、活動拠点は世界中に広がっている」

「黒社会が行う犯罪は さまざまである。犯罪組織であるから基本的に金になることであれば どんなことにでも手を出す。

ただ、そこには特徴がある。黒社会の資金源は もともと黄(売春)、毒(麻薬)、賭(賭博)と言われてきた。

これに最近は蛇(密航)、槍(銃の密売)、 陀(ショバ代の取り立て)、殺(殺人の請け負い)、拐(誘拐)などが加わっている」

「特に最近は密航ビジネスに手を出す組織が多くなってきた。これは簡単に巨額のマネーが手に入る上に、見つかっても重罰には処せられないという事情による。

現在、一人の人間の密航に成功すると120万円程度が黒社会組織に入ると見られている。つまり100人送り出せば1億円以上の稼ぎになるわけである。

しかも密航希望者は中国大陸にいくらでもいる。これほど手軽で手堅い商売はない。「チャイニーズ・マフィアの場合、密航と麻薬取引で得られる収入は ほぼ互角」 なのである」

「密航先は さまざまであるが、中国人の密航先として一番人気の高いのは米国である。これには いくつかの理由がある。

中国人のコミュニティが すでに形成されていること、米国人の個人主義が中国人に合っていること、中国人が伝統的に抱いている米国崇拝などである。

密航希望先の順位としては、一位が米国、二位グループに欧州、カナダ、オーストラリア」などの記述があります。

愛知大学 現代中国学部 加々美ゼミ 」サイトより


世界に散らばる中国系犯罪組織、誘拐・売春強要、犯罪急増

レコード チャイナ 」サイトより


「中国マフィア」による人種差別犯罪、イタリア警察が家宅捜索

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


世界の治安・安全情報


【参考サイト】


韓国人は世界最強の酒飲み民族
同記事に「米誌タイムによると、韓国人がアルコール度数の高い蒸留酒を飲む量は世界最多」

「韓国人がアルコール度数の高い蒸留酒を飲む量は1週間に平均11.2杯。これはロシア人の約2倍、米国人の約4倍の数字であり、世界最多の量だ」

「韓国人が このように強い蒸留酒を好んで飲むことで、酒に酔った上での暴力事件が多発し、社会問題になっている」などの記述があります。

なぜ中国人移民は世界中で嫌われているのか?広がる排除の動き
同記事に「中国人がマナーを わきまえないとの反発も根強い。ニュージーランドでは中国人の飲酒運転、交通違反、ひき逃げなどは許しがたいとの怒りが広がっている」などの記述があります。

レコード チャイナ ( Record China ) 」サイトより


飲酒が原因で10秒に1人死亡、WHOが警告
同記事に「飲酒により世界中で年間330万人が死亡しており、その数は後天性免疫不全症候群(AIDS、エイズ)や結核、暴力による死者を上回っていると、世界保健機関(World Health Organization、WHO)が発表した。WHOは、アルコール消費量が増加傾向にあると警告している。これによると、酒気帯び運転や飲酒に起因する暴力・虐待に加え、多数の病気・障害を含めれば、世界の年間死者のうち20人に1人がアルコールが原因で死亡しているという」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


交通事情の世界地図



記録的人数のオーストラリア人が海外移住
同記事に「オーストラリア生まれで海外へ移住した人達は、より良い仕事など経済的な理由で移住する人達が最も多く、外国生まれのオーストラリア人の移住理由は、ホームシックなどで母国へ帰国する人達が最も多い」などの記述があります。

オーストラリア生活情報ウェブ JAMS.TV 」サイトより


オーストラリアのサービスが先進国の中で最も悪い理由

オーストラリア移住 超具体的マニュアル 」ブログより


移民の受け入れは極々慎重に

日本の果たす役割は大きい

日本は世界を平和にします 」ブログより



オーストラリア人が大量に海外流出している要因の一つに税制があるとも いわれています。オーストラリアの税制は中間所得者層や高所得者層、富裕層に対する税金が高額で、低所得者層や難民ビザ取得者に手厚い福祉や手厚い補助金が与えられるため、まじめで勤勉な中間所得者層や高所得者層は税率が低く、手取りの実質収入が高い国へ流失し、永住権を所持しても定着することができません。

あるいは高税率のため労働意欲が喪失してしまい、税率が低くなる所得水準まで課税対象所得を下げざるを得ない人が増加するという問題を招いています。

そのため、流出した技術者を補うための移民制度を設けているものの、オーストラリアに定着する移民は、手厚い福祉や手厚い補助金目当ての低所得者層や難民ビザ取得者というのが現状です。
(オーストラリア人だけではなく、移民も苦労して取得したオーストラリアの永住権を失効させ、事実上、放棄する人が後を絶ちません。安易に移民に頼るのではなく、自国民の海外流出の原因や移民が帰国する原因を調査し、改善する必要があるという指摘があります。)

将来的には、永住権取得者への福祉や補助金カット政策が余儀なくされるという専門家による指摘もあるため、これが現実となれば、労働生産性の高い勤勉な人や中間所得者層、消費を担う富裕層の流出に拍車がかかり、低所得者層に富を奪われる結果、最終的には永住権取得者をはじめ、在来のオーストラリア人と市民権取得者の補助金や福祉も大幅減額を余儀なくされ、オーストラリア人の生活の質が大幅に低下し、発展途上国に近い水準にまで落ち込むという指摘があります。

移民の出身国別の内訳を見ても 先進国よりも途上国に偏っており、出身国のバランスが偏っています。また、帰国する移民は先進国に多く、定着率の高い移民は途上国に多いという現実もあるようです。

余談ですが、、治安のよい国からの移民は移住先の治安が、自国よりも低い場合の許容度が低く、逆のケースでは許容度があり、満足度も高い...。

公共交通機関の時刻の正確な国からの移民は移住先の国の時刻の正確性、すなわち遅延の許容度が低く、不満になるケースが高いなど、移住受け入れ国側の立場で考えると、食文化など、あらゆる点で水準が低い国からの国民の定着率は満足度が高いため定着度が高く、逆のケースでは、許容度が低く、不満度が高いために帰国し、定着しないという現実があります。

この点からも、国益を考慮すれば、現状の移民政策には問題があるという指摘もあるようです。

先進国の国民の高い帰国率(満足度の低さ)や定着率の差、自国民の海外流出の根本的な解決のためには、政府が国民や移民との対話により、問題を解決する努力も必要だ。

そうすることで国民の海外流出に歯止めがかかり、国民満足度の向上、さらに国益にもつながるのだとする意見もあります。


国家ブランド指数 ( Nation Brands Index )
「アンホルトGfKローパー国家ブランド指数」は毎年50か国の指数が公表される。調査対象国の50か国は、地域間の比較検討、および政治制度や経済制度の相違を明白にするという意図で、政治的、経済的重要度を基に選出された。


【参考サイト】


Nation branding (英語)

Wikipedia 」サイトより (英語)


日本の「国家ブランド」 非凡なる成果を挙げた

「世界の最も安全な都市」=英誌ランキング

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより



ブランド力の高い国民を多く受け入れることで 国家のブランド力も高まります。

国益や国家のブランド力の向上という観点から移民政策をみたときに、新しい移民政策の方向性が見えてきます。


国家ブランド指数
国家ブランド指数

Wikipedia 」サイトより


国民総文化力/国民総魅力:GNC
アメリカのジャーナリストDouglas-Mcgray氏が提唱するGNC( Gross National Cool )において 日本が世界一と評されました。


【参考サイト】


Japan's Gross National Cool (英語)

Foreign Policy 」サイトより (英語)



日本文化が世界に浸透することにより、その地域の文化度や魅力を増すことにもつながり、観光資源がもたらす観光関連の波及効果などが見込めるなど経済面でのメリットも期待できます。


【参考サイト】


世界各国の観光競争力ランキング、日本がアジア トップに

レコード チャイナ 」サイトより


観光競争力ランキング、日本は136か国・地域中4位に

ZUU online 」サイトより


世界一魅力的な都市:東京がNo. 1な50の理由 ( PDF:2.33MB )
「未来の街」などという項目などランクすらされないほど、この街の魅力は無限である。

ワールド・プロジェクト・ジャパン 」サイトより


外国人旅行者も驚く、日本が世界に誇れる5つの美点 - 1

外国人旅行者も驚く、日本が世界に誇れる5つの美点 - 2

外国人旅行者も驚く、日本が世界に誇れる5つの美点 - 3

CNN.co.jp 」サイトより


国別評価ランキング ( Country Reptrak )
Reputation Instituteが公表する、国別評価ランキング( Country Rep Trak )。

世界50か国が国際社会で どのように評価されているかを示したもので、4万2000人を対象に行われた調査で、それぞれの国に抱く信頼・称賛・好感・尊敬などの感情のほか、国民生活の質や治安・環境対策などを評定。

民主主義の政治体制が安定し、治安が良好で、国民一人当たりの生産値の高い国が上位にランクされる。


【参考サイト】


Country Reptrak (英語)
(同ランキングでは日本はアジア圏の国々で最上位の評価です。)

Reputation Institute 」サイトより (英語)



カナダ人からの好感度、アジアでは日本が最高

中国の人たちにマネのできないことは何か?
同記事に「日本の国力の源泉は技術でも金融資産でもなく、国民そのものだ。そういった意味でも今後、より多くの日本人が海外に出て、自身の特長を生かした仕事をすれば、世界の富を日本に還流させる事ができる」などの記述があります。

日本人には当たり前?世界が仰天する日本人の習慣

レコード チャイナ 」サイトより



信頼・称賛・好感・尊敬などの感情のほか、国民生活の質や治安などの面において評価の高い国ほど、他国への移住者が少なく、反対に信頼・称賛・好感・尊敬などの感情のほか、国民生活の質や治安などの面において、評価の低い国ほど、他国への移住者が多い傾向にあることが、移民統計など各種の統計に表れており、信頼・称賛・好感・尊敬などの感情のほか、国民生活の質や治安などの面において、評価の低い国からの移民を多く受け入れるほど、受け入れ国側においては水準が低下することを意味するため、多くの国々の移民法は国益に反しており、多くの国々で移民政策が失敗、または問題や弊害が発生する要因であるという専門家の指摘があります。


Never Lost, but Found Daily: Japanese Honesty (英語)

NY Times Advertisement 」サイトより (英語)



「日本人であること」が不利になる時代
同記事に「戦後の日本は驚異的な経済成長をとげ、世界でも有数の豊かな社会を実現しました。

安全で住みやすい日本から出ていきたいと考える人は少なく、外国語を真剣に学ぶ人も増えませんでしたし、海外の人材と競争するという発想を持つこともなかったのです。

これらは すべて、日本が素晴らしい国であったことの証しです。

しかし、グローバル化の中では こうした要素が すべて不利に働いてしまいます。「日本人であること」が不利になる時代が到来したということです」などの記述があります。

幻冬舎メディア コンサルティング 」サイトより


相手国の発展に尽くす日本人移民の功績
八田 與一
同記事に「日本の植民地だった台湾で不毛の大地と言われていた嘉南平野に当時、東洋一のダム、鳥山頭ダムと地球を半周する距離の灌漑施設を作り上げた八田與一。

当時の嘉南平野は雨期と乾季の差が激しく干ばつと洪水に悩まされる土地を10年の月日で農業が出来る地に変えたのた。現在、台湾の高校の歴史教科書にも八田の功績は掲載され、八田の慰霊祭には今も多くの台湾人が足を運ぶという」 などの記述があります。

※日本は当時の台湾に日本よりも優れたインフラを整備した。(幅の広い幹線道路、南北を縦断する鉄道、上下水道、大きな病院など)

本島 健三
同記事に「1958年、宗主国フランスに対し、一方的に独立を宣言したギニアは。独立の代償として国の国土基本図を奪われた。

国の形すらわからず、道路・鉄道・生活用水など、新たな国土開発のメドが一切立たないギニアは、まもなく世界の最貧国に転落・・・

1977年、そんなギニアに日本政府の救いの手が差し伸べられ、10億円の予算をかけ、ギニアの国土基本図作成プロジェクトが開始された。

ベテラン測量士で測量の鬼と呼ばれた本島健三を筆頭に、日本全国から任期4年の条件の下、腕利きの測量師16人を含む日本人スタッフが派遣され測量を開始。

国土58箇所に基準点を設置し、世界初の衛星航空システムを駆使し、土地の高低・勾配を記す活動を行った。

本島の陣頭指揮のもと、測量は続いたが、摂氏40度を超える熱風が吹荒れる苛酷な自然環境で、死をもたらす吸血バエに脅えつつ作業は困難を極めた。

原住民への暴力事件の容疑がかけられ、国外退去の危機に陥ったり、本部が火事に見舞われたりした。

しかし"ギニアとギニア人を愛せ!"とスタッフを鼓舞した本島の執念と、作業を続ける日本人を見て心動かされたギニア人たちの協力が実り、1982年6月、ついにギニア国土基本図が完成。国民は森を切り開き、川から用水路を引く事ができるようになった。

当時のセクトーレ大統領は、"私たちと対等に付き合ってくれた外国人は、あなたたち日本人が初めてです!"と、本島ら日本人スタッフに惜しみない感謝の言葉を送った」との記述があります。

ヒゲタ醤油:オーストラリアで活用される次世代羊毛収穫法

今井 威:ブラジルに雨を降らせる男
同記事に「サンパウロ州水道局 ( SABESP ) の依頼を受けて、2001年より、人口1700万人の大サンパウロ圏のなんと7割におよぶ水源を確保するために人工的に雨を降らしている」

「化学物質を使わない真水による人工雨を降らすという、世界初の試みに成功した」などの記述があります。

杉山 龍丸:印度で緑化の父と呼ばれる男
同記事に「印度の緑化に貢献し、不毛の大地を よみがえらせた男。政界で活躍をした祖父・杉山茂丸が考案し、作家の父、夢野久作が経営していた杉山農園で育つ。

1961年、印度人留学生の世話をしていたことがきっかけで印度へ渡り、干ばつのために飢餓で苦しむ人々を目の当たりにする。

龍丸は、そんな人々を救うべく、杉山農園を売却して植林を開始する。470キロに及ぶ国際道路にユーカリを植え、さらには、誰もが成し遂げることができなかった、全長3000キロに及ぶ丘の土砂崩落を止めた。

現在、龍丸が植林をしたその場所は、緑豊かな大地となっており、人々は尊敬の意を込めて杉山のことをグリーン・ファーザーと呼ぶ」との記述があります。

根本 郁芳:夜光塗料のパイオニア
同記事に「根本特殊化学株式会社。かつて夜光塗料には微量の放射性物質ラジウムを加えて私用していた時期があった。

しかし、チェルノブイリの原発事故などで世界の放射能への社会の関心が高まった。

そんな時1993年に根本郁芳が開発した夜光塗料は放射性物質を一切含まない世界が求めていたものだった。さらに旧来の塗料より10倍明るく10倍長く光る。

今では世界シェア80%。安全に都内の地下鉄に設置された避難誘導板や、飛行機の避難通路、さらにはファッション業界などにも使われ、環境と人体に優しい未来のエネルギーとして注目を集めている」などの記述があります。

西岡 京治:ブータンの農業を改革した「最高の」日本人
同記事に「ブータンの農業を改革した西岡京治。1980年、ブータン国王は西岡に対し、ダショーという「最高の人」を表す称号を与えた。後にも先にも外国人でこの称号を手にしているのは西岡ただ1人だけである。1964年、当時31歳の西岡は海外技術協力事業団(現JICA)を通じ、ブータンに派遣された。任務はブータンへ農業技術を伝えることだった。

西岡は"農業技術の良さを実感してもられれば伝わるはず"という信念を持ち、大根をはじめ多くの野菜や稲作の普及に貢献した。

また4代国王から西岡は依頼を受け、ブータン国内で「忘れられた土地」と呼ばれたシェムガンの開発にも成功する。

1992年59歳で西岡は客死する。西岡の葬儀は、ブータンでは国葬としてとり行われ、その葬儀には3千人もの国民が参列した」などの記述があります。

岡野 雅行:世界が注目する下町の町工場のエジソン
同記事に「硬くて加工しにくいステンレスを深くプレスした携帯電話のリチウムイオン電池のケース、痛くない超極細の注射針、モリブデンやチタンといった特殊な金属の加工など、どこの企業にも手に負えなかった難題を、岡野は解決してきた」などの記述があります。

中田 正一:手掘りの井戸で、本当の海外支援に命を賭けた男

宮脇 昭:世界中に森を創り、地球環境保全に人生を捧げる男
同記事に「1970年代から、海外も含め世界1700か所で森の再生に取り組んできた。単なる植林と違い、その土地に本来自生していた木を探し出し、その苗を育てて自然の森のような状態に植える独特の手法は"宮脇方式"と呼ばれ、この方法によって、それまでは何百年もかかると言われていた森の再生が数十年と言う単位で成功することを証明した」などの記述があります。

雨宮 清:世界の地雷原を生まれ変わらせる男
同記事に「今も世界中に1億個以上も残され、多くの被害者を生んでいる地雷。そんな地雷を安全かつ迅速に除去する機械を開発したのが、山梨日立建機社長の雨宮清。

カンボジアの地雷被害を目にした事がキッカケで地雷除去機の開発に着手し、今では世界6カ国で68台が稼働している。

雨宮の地雷除去機は地雷を爆発させて処理するもので、従来の手作業の処理に比べ20倍ものスピードで安全に地雷を除去する事ができる。

さらに地雷を処理すると同時に土地を耕すことができ、地雷原を畑に生まれ変わらせている」などの記述があります。

長沢 鼎:ワイン王と呼ばれたサムライ
同記事に「23歳でカリフォルニアの地に渡った長沢は、現地でブドウの品質向上に研究を重ね、ワインの製造に生涯をかけた。

米国内のワインコンクールで好成績を納め、イギリスに輸出された最初のカリフォルニアワインもナガサワ・ワインである。

「カリフォルニアワイン」の存在を世界に広く認めさせ、カリフォルニアワインのブランドを確立させた貢献者が長沢なのだ。

かつて彼のブドウ畑があった地で作られたカリフォルニアワインには今も「Nagasawa」の名が記され、2007年、サンタローザ市は長澤の功績を讃え、彼のワイン醸造所と農園跡地に市民公園Nagasawa Community Parkをつくった」などの記述があります。

世界を変える100人の日本人:テレビ東京 」サイトより


世界が讃える日本

ブラジルで「実に好ましき人種」と讃えられた日本人
同記事に「日本人の清潔さに感嘆し、次のように記した。「移民は18日午後上陸し、同日サンパウロに到着したが、彼らを輸送した笠戸丸の船室および その他諸般の設備を見ると、みなよく清潔を保っていた。それだから、日本船の三等船室は、太平洋を往復する欧州航路の一等船室よりも清潔だと評する者さえ、サントスで見受けられた」

「移民は移民収容所に入るにあたり、秩序整然として列車から降り、少しも混雑の模様なく、またその車中を検査したら、ツバを吐いてある跡は一つもなく、果物の残りクズなどの散乱したものも皆無。観察者をして不快感を起こさせるようなことは、一つもなかった」

「移民たちは食堂で交替して食事を終え、約1時間後に各自に定められた寝室を見るために食堂を出たが、驚くことには、彼らの去った後にはタバコの吸いがらもツバを吐いた跡もなかった」

「もしも、これが他国の移民ならば、その居所はタバコの吸いがらやツバでもって不潔化することだっただろう」

「税関吏の語るところによると、このような多数の移民が秩序よく、その手荷物の検査を受け、一人として隠す者がなかったことは、いまだかつて見なかったところである。これら日本移民の清潔なことは既に述べた通りであるが、移民で このように清潔で規律正しい者は未曾有のことである。さらに従順なことは羊群のごとく、やがてサンパウロ州の富源は、彼らによって遺憾なく開発され、将来サンパウロ州の産業は日本人に負うところ大であろう」などの記述があります。

技術 世界一

日本の世界一 」サイトより


日本人移民の功績、120年経て ついに認められる

AFPBB News 」サイトより


ブラジルの日本人街『サンパウロ』から学べること

COOL JAPAN & BOOM JAPAN 」サイトより



ほかにも南米の不毛の大地を穀倉地帯へと変えた日本人の功績、実績は南米の国々で高く評価されています。

世界に良い影響を与えている国ランキング読売新聞社と英BBC放送が共同で33か国を対象に行った世論調査によれば、国際社会に影響を及ぼす17か国・国際機関についての評価、「良い影響」は、ドイツが59%で1位。日本は53%で欧州連合(EU)と並び2位だった。


【参考サイト】


The survey, conducted by GlobeScan/PIPA(英語)

BBC Poll: Attitudes towards Countries

GlobeScan 」サイトより (英語)



世界に良い影響を与えている国では、国民の流出が少なく、世界に負の影響を与えている国では海外移住者が多く、国民の流出が多い傾向があるといわれています。

世界に良い影響を与えている国の国民を受け入れる割合を増やすことが、移民受け入れ国の国益に寄与するという専門家の意見があります。


【参考サイト】


「良い国家指数」、科学・技術や平和への貢献度を点数化

レコード チャイナ 」サイトより


The Good Country Index 」サイト (英語)


【関連記事】


日本人街・経済特区



peoplemovin - A visualization of migration flows 」サイト(英語)
(最新の世界各国の移民の拡散状況)

潜在的 純移民指数 ( PNMI )とは
アメリカの世論調査会社 ( Gallup Organization )が世界148か国を対象に「機会があれば海外へ移住したいか」、「移住するなら どの国に行きたいか」の2つの質問を行い、海外移住を希望する人の数から、その国の海外移住希望者数を差し引き指数化したもの。

PNMI指数が大きいほど、その国への移住希望者が多く、数値が小さくマイナスの国は、その国へ移住したいと考えている外国人の数よりも、海外移住を希望する国民が多いということを意味します。

移民を積極的に受け入れている国の移民の出身国の内訳によると、多くが自国に住むよりも、他国に住むことを選ぶ国からの移民に偏ってしまっており、移民のアンバランス生じているとの指摘があります。


【参考サイト】


Migration Could Triple Populations in Some Wealthy Nations
Potential Net Migration Index (PNMI) - 1 (英語)

Potential Net Migration Index (PNMI) - 2 (英語)

Gallup.Com 」サイトより (英語)


国ごとの移民動向を表現したインフォグラフィックpeoplemovin

ビジュアル シンキング 」サイトより


世界最大の「移民」輸出国、中国!その数3500万人

米検察、中国人妊婦の渡米出産仲介業の調査に着手
同記事に「一連の事件は、ビザ偽装、福利関連詐欺、脱税、共謀、マネー・ロンダリングなど さまざまな犯罪に関連している」

「一斉捜査は、ビザ偽装、脱税、マネー・ロンダリングなど一連の違法行為に関するより多くの証拠を集めることを目的に実施された」などの記述があります。

NYで働くアジア系警察官,25年間で10倍に=半数は中国系

移民でみる国の良し悪し

韓国人が175か国に進出、世界で最も広範囲で生活する民族に

韓国人の10人に6人が「国を出たい!」

韓国社会に失望、北欧への移民を希望する韓国人が急増

レコード チャイナ 」サイトより


中国人の英国国籍取得が減少...拒絶される例が増加傾向

在米韓国人の「国籍離脱」、韓国からの離脱が米NYで急増

学術論文「捏造するより買う方が早い」「品質も保証」と太鼓判

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


移民と国益
移民が多い国、すなわち国民の流出が多い国というのは、経済、紛争、税制、治安など、なんらかの移住する要因や移住を考えるほどの問題を抱えた国であるというケースが割合としては多数であるという指摘があります。

移住流出の多い国の国民は 多くの国において、密入国や不法就労、不法滞在者の割合の上位を占めているという事実があります。

移住流出の多い国の国民の一部は、その逆境から逃れるため、密入国や観光ビザ、留学で来たまま帰国せずに行方不明になるケース(不法滞在)や査証取得に必要な関連書類(無犯罪証明書、収入証明書、学歴を証明する卒業証明書、資格証明、職歴証明、偽造パスポート)をはじめ、偽装結婚、偽装亡命、査証取得目的での海外出産など、あらゆる裏技や方法を駆使して海外移住するケースがあるといわれています。

偽装結婚や偽造書類による永住権の取得は国家に対する詐欺行為であり、永住権によって得られた失業手当や子供手当、医療保険、社会保障費を国家に全額返納したうえで、永住権や市民権は即時はく奪すべきであるという意見があります。(実際には手厚い医療や社会保障を当て込んだ国民に対して永住権を与えており、返済能力に乏しいため、現実にはオーストラリアの白人や勤勉な永住権所持者などの納税者の負担になっているのが現状です。

国益を重視するのであれば、タックス ファイル ナンバー( Tax File Number )や銀行の入出金など調査を厳格にすることにより、脱税や失業手当の不正受給を防ぐことができ、また、納税の実績に応じた社会保障制度の導入により、非納税者による手厚い保証金 目当ての移住者を激減させることが可能になるという意見もあります。)



中国から欧州への不法移民斡旋ネットワークを摘発

犯罪で強制退去の中国人、偽造パスポートで再入国が増加

トルコで中国人98人が偽造パスポート所持発覚、全員強制送還

香港が中国人不法移民の中継地に,偽造の日本パスポートが横行

米国に「亡命」=NYで中国人向けの申請手続きが産業化
同記事に「ニューヨークでは、中国人向けの亡命申請支援が一つの産業となっている。繁華街には亡命手続きを専門とする弁護士事務所や、関連の事業者が数多く存在する。亡命申請者は審査を通過すると、直ちに就労許可が下り、一年後には永住権も申請できる」

「米国では中国人による亡命申請が増加を続け、2012年度のニューヨークにおける亡命申請者は、中国人が62%を占めた」などの記述があります。

中国人が生活保護を搾取、裁判所が補助金返還の判決 - ドイツ

中国 - 有名大学は「裏口入学」で荒稼ぎ、教育にまで及ぶ汚職

ブラジルの空港で中国人に特別審査
同記事に「ブラジル連邦警察はこのほど、中国人の偽造ビザでの入国を防止するため、中国人専用の入国審査レーンを設けた」

「ブラジル連邦警察は この問題について、「中国人が偽造ビザで入国するケースが増加しているため」と説明している」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


シリコーンで指紋偽造、日本密入国手助け 韓国警察、男ら逮捕

日本経済新聞 」サイトより


欧州で犯罪組織を摘発、中国人密入国させた75人逮捕

ロイター.co.jp 」サイトより



Business Council of Australia 」サイト (英語)
Australiaの財界団体で移民政策に関する提言なども行っている。


Australian Industry Group 」サイト(英語)


スイスの外国人犯罪者の強制追放政策
スイスでは2010年11月28日、外国人犯罪者の滞在権を剥奪(はくだつ)する憲法改正案が賛成多数で可決された。

近年、スイスでは移民の増加に伴い、外国人犯罪者が急増。

スイス全土の刑務所で外国人犯罪者の割合が約7割を占めるまでに外国人犯罪者の数は急増しており、治安悪化や刑務所維持や収監コストに加え、社会保障費の不正受給も急増するなど問題になっていた。

殺人や強盗、麻薬密売などのほか、失業手当や生活保護の不正受給を行った外国人が対象になり、今後、外国人犯罪者はスイス国内で刑に服した後、強制的に国外追放される。

今後、スイスでは犯罪者の追放政策により、治安の向上や社会保障費の不正受給の減少に伴う社会保障費や刑務所関連コストの低下が期待できるとの指摘もあります。

国民の利益、国益 ( national interest ) を考えたスイスの移民政策が世界から注目されています。


スイス、外国人犯罪者を追放へ 生活保護の不正受給も対象

AFPBB News 」サイトより


スイス、外国人犯罪者の滞在権を剥奪の憲法改正案可決
同記事に「スイスで2010年11月28日、外国人犯罪者の滞在権を剥奪(はくだつ)する憲法改正案が賛成多数で可決された。

殺人や強盗、麻薬密売などの重犯罪のほか、失業手当や生活保護の不正受給も対象で、自動的にスイスに滞在する権利を失う」

「スイスでは服役囚の約7割を外国人が占める。

外国人犯罪者は今後スイス国内で刑に服した後、国外に追放される。観光などが理由であっても、スイスに再入国できなくなる」などの記述があります。

トランプ氏、犯罪歴ある移民を強制送還 最大300万人

日本経済新聞 」サイトより


トランプ氏、不法移民「300万人を強制送還」

ZAKZAK 」サイトより


【治外法権地域の形成と問題点】


経済、紛争、税制、治安など、なんらかの移住する要因や問題を抱えている国民は永住権の取得意欲が高いだけでなく、国籍の取得意欲も強いという特徴もあります。

実際に国籍を取得する例も多く、国籍を取得すれば、選挙権も与えられるばかりか、政治家になって国政に参加することも可能です。

国益を考えれば、国籍や選挙権の付与には、世界に対して良い影響を与えている国からの移民の割合を高めることが急務であるという指摘があります。

その根拠として、移民の出身国である自国を移住の必要性がないほどに良くすることができなかった国民が、移住先の国を良くすることは、より困難であるという指摘には強い説得力があります。

(こうした国々の国民に移住先の国の選挙権を与え、国政に参加させることは、国益に反することに繋がりかねないという意見もあります。)

実際に経済、紛争、税制、治安など、なんらかの移住する要因を抱えている国民は移住先の国の国籍取得者の人数が非常に多く、選挙を行った際に数の論理で有利になり、事実上の治外法権 海外自治区の形成、実効支配地域の拡大につながる事を危惧する意見があり、国籍付与の際には、一定の出身国に偏ることは好ましいことではないとする意見があります。


《道草コラム:日常と非日常・常識と非常識》

公共交通機関で眠っている人が居たが、実は睡眠薬強盗の被害者であった...。鉄道の時刻が正確だと思っていたら、列車は まる一日遅れだった...。決済に使われる偽札の多さに辟易(へき えき)した会社が満を持して投入した偽札判別機...しかし、偽札判別機そのものが偽物だった...。赤信号の交差点を車がノーブレーキで横切った...。4人乗り、5人乗りのバイクを目撃した...というように海外では驚きの連続。日本においての非日常が海外では日常であり、文字通り日常茶飯事ということもあります。

暑い国においての こうした肝を冷やすような出来事の日常は つかの間の暑さ対策ということなのかも知れない。しかし、寒い国においても背筋が凍るような日常があるのだが...。この場合は より寒い経験をすることによって寒さを紛らわしている...というようにでも解釈すれば良いのだろうか...。〈一部は筆者の実体験。〉

こうした世界の国々と比べて、日本という国は先進国でありながらも無人販売所が成立するほど、世界でも稀な、きわめて高度な信用と信頼が奇跡的に残存している稀有な国なのだということの貴重さを深く感じるとともに誇りに思います。

しかし本来、信用や信頼があってしかるべきなのであり、交通マナーが良くあるべきであり、運行時刻が正確であるべきであり、製品の品質が良くあるべきであり、女性が性犯罪などに遭わずに夜道を安全に歩けるあるべきであり、これが当たり前の本来のあるべき姿、常識と言うものですが、世界の常識とは何なのでしょうか?。

日本の常識は世界の非常識と、よく言われていることです。しかし、考えてみれば、世界の常識、すなわち、治安が悪くて当たり前、公共交通機関の時刻が不正確で当たり前、などと言った世界の常識こそが、実は非常識なのであって、日本が極めて常識的であり、その極めて常識的な国が世界では あまりにも少なく(皆無に等しい)、少数派であるがために日本の常識は世界の非常識と言われてしまうのは残念なことです。

筆者が海外で感じること...それは「日本 ( にっぽん)が足りない...」「もっと日本を...」「日本人よ、もっと海外へ...」こうしたことを、海外で何度つぶやいたことか...。


【関連情報サイト】


日本の『野菜の無人販売所』に外国人が驚愕

ロケットニュース24 」サイトより


落し物が戻ってくる国、それは日本と北欧

東京で現金の落とし物33億円 2014年、24億円持ち主に

レコード チャイナ 」サイトより


中国社会から見た日本「素晴らしい」誠実さの理想郷

サーチナ ( searchina ) 」サイトより


【関連記事】


日本人街・経済特区



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ緻密な情報、厳選リンクも満載