【海外生活】海外生活に重要な治安・物価・税制・ビザ等の国別情報

海外移住と日本壊滅地震で世界危機

日本の生産拠点や人口が集中し、日本経済の中心部でもある大都市圏が同時に超巨大地震に見舞われる危険性があることが、専門家により指摘されています。

南海トラフと琉球海溝で発生が指摘されている連動型の超巨大地震( 超南海トラフ地震・西日本大震災・超東海地震 )に伴う巨額の経済損失・被害と同時に、サプライ チェーン ( supply chain:部品供給網 ) の寸断・途絶が世界経済へ影響を及ぼし、未曾有の世界経済危機と世界恐慌を招く恐れがある、その理由とは?

個人の海外移住と企業の海外進出が世界経済を救う理由など、超南海トラフ地震・西日本大震災・超東海地震と経済被害、世界経済への影響に関連する話題を紹介します。



日本政府による南海トラフ超巨大地震の死者は32万人と想定。
( ※ 九州・沖縄・台湾にかけての琉球海溝との連動は想定せず。)

( 日本の人口比で 32万人は約0.25%。約99.75%の大部分が生き残る。)

災害で生き延びる方法や、防災に関する情報は氾濫していますが、災害で生き残った後の生活や、震災後の経済についての情報が非常に少ないことに対する強い危機感があります。

このサイトは、できるだけ死者や被災者を減らす方法について述べると共に、大部分の生き残った人々が直面する経済的困難に関する問題に焦点を当てています。

専門家によれば、大多数が死なずに生き残るが、激甚震災後に壊滅した日本を襲う経済津波で破綻する深刻な経済状況下で破滅せずに、どう生きるのか?

震災後の経済津波と無関係な日本人は、ほぼ皆無に等しい。

また、日本に居住する日本経済圏で生きる人のみならず、海外の日本経済圏で生きる日本人( 日系企業や収入源が日本人に依存 )が、日本の医療もなく、日本という国の支えもなく、日本経済圏と独立した経済圏のもとで、母国との臍の緒が切れても一定水準の生活を維持できる人材は非常に少ないという指摘もあり、真剣に向き合うことが大切です。

映画 バック・トゥ・ザ・フューチャー で写真から家族が消えるシーンのように、日本の未来が消えてゆく既視感にも似た危機感が現実になる日が刻一刻と......。



サイトの概念
海外移住の地図帳は、災害多発期・深刻化する環境汚染・世界情勢の急激な変化に備え、未来を見据えて東日本大震災前より緻密な記事を作成・公開しているサイトです。


ご連絡/Contact|海外移住の地図帳
ご意見・ご要望・リンク切れなどの ご連絡。



人口減社会に向けて
同記事に「人口減については、政府部内では何のプランもなく、誰かがプランを立てなければならないということについての合意さえ存在しないということがわかった」

「悲観的になってはならない」という点では一致していた」

「日本人は悲観的になると思考停止に陥る」

「わが国では「さまざまな危機的事態を想定して、それぞれについて最適な対処法を考える」という構えそのものが「悲観的なふるまい」とみなされて禁圧されるのである」

「人口減も同じである」

「被害を最小限に止めることができそうな対策」しかない。

でも、そんなことを提案しても誰からも感謝されない。

場合によっては叱責される。

だから、みんな黙っている。

黙って破局の到来を待っている」などの記述があります。

敗北主義について
同記事に「「行き着くところまで行く」というのは、言い換えると「このままの方向に進むととんでもないことになるということがわかっていても、手をつかねて何もしない」ということである。

「最悪の事態が到来するまで何もしない」というのは日本人の宿痾である。

組織的危機の到来を警告する人間は日本社会では嫌われる」

「日本人は「最悪の事態」について考えると、とたんに思考停止して、絶望に陥り、使い物にならなくなるからである。

ほんとうにそうなのだ。

人口減少についてのデータに基づいて「これから経済成長を望むのは不可能だ」と書いたらたくさんの人に叱られた。

「そういう衰亡宿命論を口にするな」「国民を悲観的にさせるな」と言うのである。

別に私は衰亡宿命論を語っているわけではない」

「そういう話をしたい人はすればいいと思う。

でも、そういうのが全部失敗した後の「プランB」について私が考えても誰の迷惑にもなるまい。

だが、日本人は「今のプランAが失敗した場合のプランBを用意する」ことを「敗北主義」と呼ぶ。

そして「敗北主義が敗北を呼び込む。景気の悪い話をする人間が景気を悪くするのだ。

この後日本が経済成長しなかったら、それはお前の責任だ」とまで言う。

なるほど、悲観的になると思考能力が低下するという真理は夫子ご自身の そのご発言からあからさまに知れるのである」などの記述があります。

内田樹の研究室 - tatsuru.com 」サイトより



【参考記事】


日本人街・経済特区
( 悲劇が繰り返す危険な災害多発国で,「防災」「被災」から、災害の少ない安全な地域で,「免災」「避災」という発想。)


地震分布の世界地図 ( Earthquake / Seismic Map )
世界の地震分布地図
[ 出典 ] Earthquakes(英語)

USGS - U.S. Geological Survey 」サイトより(英語)


地震による死亡リスクの世界地図

地震による死亡リスクの地図

[ 出典 ] Hazards and Disaster Risk (英語)

Socioeconomic Data and Applications Center 」サイトより (英語)


超東海地震の予想震源域の地図

超東海地震の予想震源域の地図


【地図素材提供】日本海洋データセンター JODCの地図素材を基に作成。

黄色は右から東海地震、東南海地震、南海地震の想定震源域。

オレンジ色 ( 黄色の地域を含む ) は超東海地震の震源域を東海地方から沖縄本島付近までと推定した場合の予想震源域。

赤色の線の内側 ( オレンジや黄色の地域を含む全域 ) は超東海地震の震源域を東海地方から台湾付近までと推定した場合の予想震源域。


超東海地震の予想震源域の地図 ( 西日本拡大 )

超東海地震の予想震源域の地図(西日本 拡大)


【関連記事】


西南日本の超巨大地震

超巨大地震の世界地図

津波の世界地図

地震分布の世界地図


南海トラフ国難地震で日本が最貧国に転落?
Japan: the next big quake (英語)

Financial Times 」サイトより (英語)


南海トラフ被害1410兆円 長期推計 巨大地震「国難」レベル
同記事に「このほか、東京周辺を直撃する首都直下地震では計778兆円、大阪湾や伊勢湾の巨大高潮では それぞれ121兆円、19兆円と見積もった」

「最大の経済圏である首都圏への人の流入が止まらない。

そこに大災害が起これば日本は世界の最貧国になりかねない」などの記述があります。

SankeiBiz (サンケイビズ) 」サイトより


「南海トラフ巨大地震」の経済被害想定が意味するもの(PDF:1.316996 MB)
同記事に「南海トラフ巨大地震の復旧費用を考える際に前提とすべきことがある。

それは もはや日本政府に巨額の復旧費用を支出する能力は無いことである」

「日本政府の財政の ひっ迫が改善される見通しはなく、「南海トラフ巨大地震」が発生した場合には限られた範囲での復旧・復興を余儀なくされるであろう。

つまり復旧・復興を断念してもらう地域が出ることが考えられる。

問題は政府の財源だけでない。

東日本大震災の復興では、財源は確保できても復旧・復興を担う人材が不足し復興にかかわる事業が進まない事例が出ている。

例えば建設躯体工事に かかわる人材の有効求人倍率は2014年の間は約7倍で推移している。

高騰した人件費により被災地では事業の入札不調が続出している。

今後、公共事業の縮小と少子高齢化により ますます建設業で職人は減少する。

財源不足だけでなく人材不足も想定しなければならない。

さらに追加される「不足」は「計画不足」である。

平成23年度に組まれた復興関係補正予算の執行率を見ると公共事業関連費で20%から50%台と低い水準となっている。

主たる理由として、予算は措置されたものの復旧工事や復興計画にかかわる住民の合意形成が進まず、多くの事業が実施されなかったことが挙げられる。

想定される被災者数が、東日本大震災の被災者よりも圧倒的に多い「南海トラフ巨大地震」において、復興に向けた住民の合意形成は より難しいものとなる。

財源不足、人材不足、計画不足は「南海トラフ巨大地震」からの復興を極めて困難にするであろう」などの記述があります。

名古屋大学 減災連携研究センター 」サイトより


近づくM9級大地震 あなたは今そこにいて本当に大丈夫か - 1

南海トラフ大地震は本当に来る - 6
同記事に「海外市場のほうが国内より発展の見込みもあり、この際、海外に出ようと考えるのは当然です。

生産拠点の一部ではなく、本社機能ごと海外に移す企業も出てくる」

「必ずやってくる大地震。

私たちはいま、日本に住みつづけることの絶望的なリスクを突きつけられている。

そのとき、「こんなことになるとは考えもしなかった」と茫然自失しないためには、いまから準備を始めるしかない」などの記述があります。

「熊本地震は南海トラフ地震の前兆か?」と専門家が警告 - 1

「熊本地震は南海トラフ地震の前兆か?」と専門家が警告 - 2
同記事に「熊本地震を単体のものとしてとらえず、日本全体の「危機の前兆」と認識し、対策を講ずる必要がある」などの記述があります。

現代ビジネス [講談社] 」サイトより


まもなく日本を襲う「次の超巨大地震」 衝撃のシナリオ - 1
同記事に「南海トラフ地震や首都直下地震は また、グローバルな規模の経済的打撃も もたらす。

被害額は日本の国内総生産(GDP)の4割に相当すると試算され、トヨタをはじめとする企業の、世界に広がるサプライチェーンを寸断してしまう。

その間接的な影響は、円という通貨から国防、公債にまで及ぶ」

「今、この規模の災害が起きたら、この国は立ち行かなくなるでしょう。

世界の歴史を見ると、こうした例は数多くあります」などの記述があります。

まもなく日本を襲う「次の超巨大地震」 衝撃のシナリオ - 2

クーリエ・ジャポン 」サイトより


東日本大震災 特集号 3( PDF : 11.157052 MB )
同記事に「日本は、世界的に見ても稀な地震危険地域に位置している。

そこに居住する我々は、地震災害の脅威に日々曝されている事実を認識しなければならない。

この脅威は、家族、住居、地域社会など生活の拠りどころを根こそぎ崩し去る重大事象であるとともに、その影響は公助の限界を超えた広範囲に及ぶ」

「災害の研究は、医学や生産工学の分野に比べると かなり遅れている。

この原因は、ひとえに、自然災害の脅威を認識することよりも、健康で豊かな生活の追求に重点を置いてきたからに他ならない。

人類が始まって以来の重要な関心事は、病気、感染症や怪我による死を防ぐための課題の解決や、より快適な生活のための道具を生み出すことに向けられてきた。

この関心事への強い動機が医学や生産工学を発展させてきた。

地震災害が重要な関心事となったのは近年のことである。

これまで築いてきた社会が、いかに地震災害に対して脆弱なものであるかを日本人が強く認識し、いまの社会を再構築する覚悟を持つことが重要である」などの記述があります。

日本地震工学会 」サイトより


地震による津波被害地域における震災前都市移転の可能性の検討( PDF : 3.359113 MB )
同記事に「被害予測から都市を移転させるといった検討は ほとんどなされていない。

都市は世代を超えて生活の基盤となっていると考えると、 被害を受ける前に移転するという選択肢を検討することは大変意義深いと考える」などの記述があります。

J-STAGE - 国立研究開発法人 科学技術振興機構 」サイトより


日本は復権できないのか? - 1
同記事に「日本政府は現在、国土強靭化で国内のインフラに巨額を投じている。

その費用の一部を海外に振り向け、リトル トーキョー や ジャパン タウンを再建するべきだろう。

強靭化が国内ばかりでは、日本が本当に強靭化したことにはならない」などの記述があります。

SBクリエイティブOnline 」サイトより


次の大地震で日本は破滅か...想定される「最悪のケース」とは?
同記事に「南海トラフ巨大地震は、今までの地震の延長で考えてはいけません。

これまでがリスク(危険)やクライシス(危機)だとすれば、次はカタストロフィー(破滅)になるでしょう。

通常の災害では、災害復興で建設業を中心に内需が潤い、産業が再生します。

しかし、南海トラフ地震では国内の産業がズタズタになり、復興するための人的、物的資源がなくなる可能性があります」

「南海トラフ地震の前に都心を直撃する首都直下地震が来ることです。歴史的には十分あり得ます。

江戸時代中期には、1703年に元禄の関東地震が起き、その4年後に宝永の南海トラフ地震が発生、続いて富士山が噴火したという歴史を忘れてはなりません」

「現代の東京を直下地震が襲ったら、最悪、首都機能は壊滅。

政治、経済は麻痺します。

東京の復興は簡単には進まないでしょう。

東京は海抜ゼロメートル地帯に100万人以上が住んでいます。

万一、沿岸の堤防が壊れて水が入ると、街は水没。

災害後には、そこから水を出さなければなりませんが、そのためには堤防を もう一度つくらなくてはなりません。

ポンプ車で水を出すのは相当に大変です。

道路や水道が復旧するまで、どれだけの時間とコストが掛けられるでしょうか。

事実上、その地域は放棄して、もう二度と人が住めなくなるかもしれません。

そんな中で東海・東南海地震が起きたら・・・。

世界は その後に南海地震が続くと警戒。まず経済面で日本は売り叩かれます」

「そうすれば、日本そのものの衰退につながるでしょう」などの記述があります。

来るべき大震災の備えとして求められる「周到な対策」とは?
同記事に「天災は国家の浮沈に影響します。

1755年のリスボン地震では、ポルトガルが衰退に向かいました。

1783年のアイスランドのラキ火山の噴火は天候不順をもたらし、冷害がフランス革命の引き金となったと言われています。

最近では20万人以上が犠牲になった2010年のハイチ地震の後、ハイチは国として崩壊状態に陥りました。

しかし、南海トラフ地震は、それらとも危機のレベルが違います」

「日本の甚大な被害は、グローバル化した世界経済に大きな影響を及ぼし、世界恐慌にもつながる」

「北アメリカ東部森林地帯に居住するイロコイ・インディアンの考え方では「すべての人々、つまり、現世代ばかりでなく まだ生まれていない将来世代を含む世代を念頭におき、彼らの幸福を熟慮せよ」というのがあるそうです(西條辰義編著『フューチャー・デザイン』勁草書房)。」

「多大な債務を抱え、人口減少や超高齢化社会を迎える日本で、今の私たちがするべきことは何なのでしょうか。

それは、安全な社会を子どもたちに残すことではないでしょうか?

赤ちゃんの かわいい姿を見て、将来を思い浮かべ、今こそ一人ひとりが行動するときだと思います」などの記述があります。

幻冬舎 ゴールド オンライン 」サイトより



南海泡沫事件
同記事に「バブル経済の語源になった事件」

「あらゆる株価が暴落するという恐慌に陥った」

「株価の暴落も いまだかつてない早さであった」

「多くの破産者・自殺者を生むことになった」などの記述があります。

Wikipedia 」サイトより



南海トラフ地震で恐慌に陥り、「無限」の可能性を持った日本人の可能性が消え「泡沫夢幻」にならないように......。



【参考記事】


日本人街・経済特区
( 悲劇が繰り返す危険な災害多発国で,「防災」「被災」から、災害の少ない安全な地域で,「免災」「避災」という発想。)



財政破たんは確実!という公文書にショック
同記事に「(地震が起きなくても)財政破たん確率が2035年には急速に上昇し、財政再建を行わない場合には、どれも100%となっている」

「財政破たんで生活はどうなる?」

「・社会保障や各種補助金、公的給付金がストップする

・公務員の給料が払えなくなる

・公的サービスに支障がでる

・金利は高騰し、円は暴落する

・タンス預金が紙くずになる」などの記述があります。

All About (オールアバウト) 」サイトより


巨大地震連発で被害総額に耐えられる? - 1

人口減少 日本の未来

ダイヤモンド・オンライン 」サイトより


首都直下地震なら「財政破綻確率」3.5倍 内閣府試算

日本経済新聞 」サイトより


【南海トラフ巨大地震】GDPの1割消失、財政破綻の危機も
同記事に「内閣府が2013年3月18日公表した南海トラフ巨大地震の被害想定は、震災後1年間の企業の生産やサービス活動の低下による影響額が、44・7兆円に達すると試算した。

工場被害や流通網の分断で、供給と販売が甚大な打撃を受けるためで、国内総生産(GDP)の1割弱が吹き飛ぶ計算だ。

経済活動の低迷に加え、東日本大震災を大きく上回る巨額の財政出動が必要になれば、国の財政破綻にも つながりかねない。

拠点分散化など、最悪のシナリオへの備えが急務だ」などの記述があります。

産経ニュース 」サイトより


地震のリスクと地震予知のリスク

日本企業におけるリスクヘッジ戦略の新たな展開

リスクマネジメント的 安全考

未知のリスクに どう備えるか

日本総研 」サイトより


1981年~2000年住宅の8割超が大地震で倒壊の恐れ

日経アーキテクチュア 」サイトより


誤解されがちな「大災害が経済に及ぼす影響」 - 1

誤解されがちな「大災害が経済に及ぼす影響」 - 2

誤解されがちな「大災害が経済に及ぼす影響」 - 3
同記事に「報道で よく見かける「○○の経済効果」という試算では、多くの場合、売り上げや生産が何億円増えるかというフローの数字に注目している。

こうした考え方を大災害に使うと、被災地の支援や復旧・復興のための各種事業活動によって売り上げが増えるので、経済効果はプラスになるというおかしな結論になってしまう。

しかし、多くのストックが失われているという影響はきちんと統計に反映されており、これを勘案すれば経済的にプラスにはなっていない。

三面等価の原理から、「生産=支出=所得」なので、フローの生産が増えて所得が増えると経済的にプラスのように思えるが、これも大きな誤解だ。

所得は増えているのだが、所得の増加分はすべて災害で受けた被害を解消するために使われてしまっている。

仮に復旧事業の結果、完全に災害前の状態に戻すことができたとしても、災害が起こる前後を比べれば、多くの人が汗水流して働いた結果として何も新しく得たものはない。

大災害によるGDPの増加は「タダ働き」を記録したものにすぎないのだ」

「災害がおこれば多くの人命が失われ、被災した人々の生活の困難といった金額に換算できない損失も非常に大きい。

災害で経済にプラスがもたらされることはないのである」などの記述があります。

巨大災害は経済に どのような影響を与えるか - 1

巨大災害は経済に どのような影響を与えるか - 2

巨大災害は経済に どのような影響を与えるか - 3

巨大災害は経済に どのような影響を与えるか - 4

巨大災害は経済に どのような影響を与えるか - 5

東洋経済オンライン 」サイトより


1755年の大地震から「失われた250年」をたどるポルトガル - 1
同記事に「ポルトガルは東日本大震災クラスの大地震に1755年に襲われている」

「リスボン大地震前までは、大航海時代で世界の海を征した国。

ヴァスコ・ダ・ガマの世界一周の偉業を記念して造られた世界遺産ベレンの塔が、当時の繁栄を雄弁に物語る。

しかし、大地震のダメージはジワジワとポルトガル経済の基礎体力を奪い、産業は空洞化し、現在に至る「失われた250年」の長期衰退の道を歩むことになる」

「今や、産業といっても、水産、コルクなど経済基盤としてはおぼつかない」などの記述があります。

日本経済新聞 」サイトより


ハイチでM7.0の地震、死者数百人か

ハイチを襲う貧困の悪循環、60%が貧困ライン以下で生活
同記事に「カリブ海の島国ハイチ。首都ポルトープランスでは、雑然と立ち並ぶ建物が丘の斜面まで果てしなく無秩序に広がる。

ここに暮らす人々の生活に、高インフレや まん延する汚職、危機的なまでの通貨下落が伸し掛かる。

大統領府から1キロもない場所にあるフォールナシオナル(Fort-National)地区には、コンクリートブロックを積み上げた家屋や、プラスチックや防水シートでつくられた簡易な小屋が、ごみだらけの狭い道沿いにところ狭しと立ち並ぶ。下水はそのまま垂れ流し状態だ。

かつては対米ドルで安定していたハイチの通貨グールドも、昨年夏以降、3分の1近くも下落。

輸出よりも輸入が4倍も多いハイチにとって、この通貨安は壊滅的な打撃だ。

貧困ラインの1日1.90ドル未満で生活する人々の割合は、ハイチ人口の約60%に上る。

物価の上昇が貧困層に及ぼす痛手は計りしれないが、縮小する中産階級も苦難を強いられている」

「多くの親たちが、わが子に教育を受けさせるのに苦労している。

彼らは食卓に食べ物を並べるか、それとも わが子を学校に通わせるかで二者択一を迫られている」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


「正常性バイアス」とは
同記事に「数々の災害や事故などによって いくつもの「想定外」が生まれ、「想定内」にする努力がなされていますが、いまだに「想定外」が出現し続けている」などの記述があります。

日本気象協会 tenki.jp 」サイトより


富裕層に なれない人の9割は、「楽観バイアス」人生 - 4
同記事に「自分だけは災難に遭わないと信じる人々」

「人間は他の人に必然的に起こることであっても、「自分だけ」は無関係だと信じています。

事故、大病、離婚、社会的なトラブル、失業、事業の失敗、介護問題......。

そうした"悲劇"が起こらないと楽天的に考える性質を持っているということです」

「とはいえ、他人に起こりうることは自分にも起こるので、結局、「後の祭り」になってしまうのです」などの記述があります。

プレジデント オンライン 」サイトより



地震について
(世界で一番大きな地震、1900年以降に発生した地震の規模の大きなもの上位10位、など)

同記事に「日本で地震が発生しないところはありません。

また、ある場所で過去に大きな地震が発生していたとしても、地表に痕跡(活断層など)が残らないことがあります。

このため「この場所は大きな地震が絶対ありません」と言えるところはありません」などの記述があります。

気象庁 」サイトより


※ どこでも突然 被災地になる危険性がある日本。日本で大地震が発生しないところは存在しませんが、世界には存在します。


揺れの予測の落とし穴
同記事に「マグニチュード7程度の地震は日本中どこでも いつかは起こり、震度6強や震度7の揺れに日本中どこでも いつかは見舞われます」などの記述があります。

NHK そなえる 防災 」サイトより


地震発生確率を理解しよう〔1〕
同記事に「大地震の被害を受けないで済む街は日本にはない」などの記述があります。

PHPビジネスオンライン 衆知 」サイトより


日本は地震大国

こどもアサヒ 」サイトより



熊本は地震の「安全地帯」 県の「企業立地ガイド」削除

IT総合情報ポータル「ITmedia」 」サイトより


ビジネスチャンスは佐賀にあり
同記事に「少し揺れただけで、その日の生産分は全部台なしになってしまうんですよ」

半導体用シリコンウェーハ製造・販売の世界トップメーカーであるSUMCOの関係者が、かつて山口知事に そう漏らしたという。

ひとたび地震が起きれば、工場での その日の生産数に多大な影響が出る。工場のラインが止まるだけならまだしも、製造途中のものを廃棄処分にすることもありえる。

同社が伊万里市に事業所を置いているのは、佐賀県の地震の少なさに着目したからだった」などの記述があります。

東洋経済オンライン 」サイトより



世界的に自然災害が急増するなかで、災害リスクの低い安全な地域で安心して暮らせる街に対する希求が強まってきているといわれています。

大地震で被災し「憂いありて備えなし」の人生を送るよりも、地震のない安全な国に海外移住し「備えあれば憂いなし」の人生を選ぶ人が東日本大震災の発生以降、増加しているようです。

大地震リスクの低い地域に生産拠点を置くメリット、安心して暮らせる街、地震災害から家族や子どもを守れる地域に日本人が安心して暮らせる街があったら......。


【参考記事】


日本人街・経済特区
( 悲劇が繰り返す危険な災害多発国で,「防災」「被災」から、災害の少ない安全な地域で,「免災」「避災」という発想。)


超広域震災が もたらす影響
超東海地震(規模M9級)と東海・東南海・南海の三連動地震や日向灘を含めた四連動地震のケースと比較した場合、専門家によれば、被災範囲に差があるものの、後述する影響に大差はないと指摘されています。

その理由として、南海地震の震源域の南端から南西諸島にかけては、震源域の ほとんどが海域であり、人口密度も低く、世界を支える生産拠点も少ないことなどが挙げられています。

そのため、超東海地震 ( 推定規模 M9クラス ) の発生ではなく、東海・東南海・南海の巨大地震が三連動して発生した場合や、日向灘を含めた四連動地震としてして発生した場合でも、破局的災害になる危険性が指摘されています。

ここからは、超広域震災が もたらす世界への影響の ほんの一部を列挙します。


巨大地震が招く、未曽有の世界超恐慌
日本の生産拠点や人口が集中する大都市を超巨大地震が襲えば、経済にも深刻な影響をもたらすことが専門家によって懸念されており、巨額の復興予算による国家財政上の懸念や保険金の支払い、解約の急増による保険会社の連鎖破たんするリスク。

銀行が担保している不動産の大暴落から巨額な不良債権の発生と企業倒産の激増による金融危機、保険会社・金融機関・個人などによる資金調達や換金売りの必要性が生じ、それにともなう暴落による損失回避のために、ヘッジファンドから個人投資家に至るまで、あらゆる投資家が一斉に売りに回ることにより、人類が歴史上 経験してきた金融市場のいかなる大暴落とも、その規模において遥かに凌駕する未曾有かつ破滅的な大暴落の恐れがあると懸念されています。

また、日本は世界有数の債権国であり、日本という世界有数の援助、支援国が壊滅的な被災によって、円借款や政府開発援助( ODA )など他国への援助や支援が困難になり、資金や物資が途絶することで、おもに先進国などからの援助や支援により支えられている発展途上国や新興国経済の破たんや政情不安、紛争、戦争の増加にともなう難民の激増に加えて、自然災害(地震、洪水、森林火災、津波 etc )や紛争などの復興支援や援助も困難になり、被災地や紛争地域が事実上、放置せざるを得ない地域が続出することも懸念されています。


【関連情報サイト】


National Savings (国民貯蓄) (英語)

Worldmapper 」サイトより (英語)


【関連記事】


経済の世界地図
( 政府開発援助ODAなど経済に関連する情報を掲載。
記事では「日本は これまでに189の国や地域に約32兆円ものODAを拠出しています」などの記述もあります。)



そして、先進国においても日本から国債などの投資も途絶するため、国債価格の下落と長期金利の急上昇に伴う金融機関の資産価格の下落や企業の借入金利の上昇に伴う、企業倒産の激増など大きな影響を受けることが懸念されています。

世界同時多発バブルの崩壊による金融危機の影響により、先進国の中央銀行の保有資産の劣化や財政赤字の拡大、低金利という財政政策 ( 財政出動の余力 ) や金融政策の自由度や余地も限られているなかで、先進国の金融政策の副作用による新興国のバブルの醸成や崩壊が懸念されている状況下において、日本の生産拠点や人口集中地域に超巨大地震が発生した場合、世界の金融市場に壊滅的な連鎖が起こり、壊乱状況から脱することは極めて困難であるという専門家の指摘があります。

さらに、関東から九州にかけての広域が被災し、高い世界シェアを持つ日本企業の生産拠点である太平洋ベルト地帯も同時に被災するために、これらの日本企業が生産している部品や工作機械などに関連した、あらゆる製品の生産・供給の途絶により、日本国内はもとより、世界の工場の生産ラインも出荷や停止を余儀なくされ、世界の経済活動が壊滅的な影響を受け、復興までの非常に長い期間にわたり継続する。

これらの相乗・複合効果により、過去の恐慌を はるかに凌駕する破滅的な超恐慌に世界が同時に見舞われるという専門家による指摘もあるなど、世界の産業・世界経済・世界秩序も壊乱状態になることが懸念されています。


※ 首都圏直下地震においても大田区をはじめ、日本や世界を支える生産拠点が存在し、かつ経済や政治の中枢部である東京を大地震が襲った場合、日本のみならず世界への甚大な影響が懸念されています。

※ 日本は地質学的に地盤が脆弱といわれている中でも、東京都の大田区周辺、大阪府の東大阪市などを含む太平洋ベルト地帯などは、特に地盤の脆弱な地域において、世界を支える重要生産拠点が集中していることは、世界経済にとって非常に高いリスクを孕(はら)んでいるとの専門家の指摘があります。



● 日本の高品質な工作機械や部品の供給が途絶しないという前提で世界各国で生産などの経済活動が行われている。

● 被援助国は日本をはじめとした先進諸国などからの資金援助や海外投資があることを前提に国家の運営が行われている。

高い世界シェアを持つ企業や高い技術を持つ技術者
(現代の名工:卓越した技能者 etc...)が日本という災害多発地域に集中して存在することは技術者の傷害や被災死などによる技術伝承の途絶という大きなリスクを内包し、世界経済や世界秩序の安定にとって重大な脅威です。

● 東海地震は過去に単独で発生した事例は皆無であり、例外なく前後に東南海・南海の巨大地震を伴って発生する巨大地震であること。

● 同地域における前回の巨大地震は小型であったため、次の巨大地震の発生までの間隔は短くなるとの指摘があり、東南海・東海地震は南海地震よりも先に発生するとの予測があり、不可避である巨大地震の切迫性があること。

● 欧米の金融危機は先送りされたにすぎず、先送りにした結果、臨界点を迎え近い将来、手遅れになるという指摘があるうえに、欧米の低金利で新興国のバブルが誘発されているが、これも臨界点を迎え、先進国と新興国が ほぼ同時期に臨界に達し、破裂する恐れがあるという指摘がある。

そして、ほぼ同時期に日本の重要拠点を超広域災害が襲う恐れも指摘されている。(前述)

● 人口も集中し、日本の生産拠点として日本や世界経済を支える太平洋ベルト地帯を大規模な地震が襲い、被災範囲が広大な(超広域災害)であることを考えれば企業(あるいは国家自体)の存亡の危機である。

● 政府の地震調査委員会による
南海トラフ地震が今後30年以内に発生する確率が、非常に高いこと。
( 地震の規模や発生する場所を考えれば、30年以内に日本や世界の経済・秩序の安定が損なわれる確率が非常に高いと言い換えることもできます。)

● 従来の東海地震の想定規模を上回るM9クラスの超東海地震の発生も懸念されている。

● 米国など一部の先進国は日本が永続的に国債を購入し、日本による海外投資が永続的に行われるということが前提であるかのごとく、経済が運営されている。

U.S. National Debt Clock : Real Time 」サイト (英語)
(刻一刻と増加するアメリカの借金。

専門家によれば、東日本大震災の復興がままならない中で、多額の米国債を政府や民間で保有する日本に超広域災害により被災することになれば、巨額の復興費用をまかなうことが困難なため、米国債を売却せざるを得ないという指摘もあり、米国債の暴落を懸念する意見もあります。)

( 1997年6月23日、米国コロンビア大学での講演で、当時の首相であった故 橋本 竜太郎 氏が「大量の米国債を売却しようとする誘惑にかられたことは、幾度かあります。」と発言した際に、ニューヨーク証券取引所の株価が下落したことがありました。)



日本が世界有数の自然災害多発国であるという事実を無視し、世界も日本も それらが存在することが当然であり、永続的であるかのような錯覚を持ってしまっていることに対して、非常に強い危機感を持っている有識者もいます。



巨大地震が不可避である点を考慮すれば、技術者を含め企業の生産拠点を災害のない国へ海外移転することが、世界の安定や世界環境の持続に最善の方法であり、日本企業のリスクの分散(海外移転・海外進出・海外展開)が急務であるという専門家の意見に加え、被災による保険会社や金融機関の損失を軽減するためには、個人の海外移住と資産の海外移転が有効な対策であるという専門家による指摘には強い説得力があります。(個人や企業の被災が減少すれば、被災に伴う保険の請求や貯蓄の解約なども軽減)

また、世界を支える日本産業の被災に伴う生産活動停止による世界経済への影響を軽減するために日本の生産拠点の一部をバックアップのためにも地震などの自然災害の少ない海外に創設することが急務であるという専門家の指摘には強い説得力があります。


【関連記事】


日本人街・経済特区
重要インフラのバックアップにより、多重性・代替性を確保。
集客力ある個性豊かな街。

地震分布の世界地図

西南日本の超巨大地震

火山分布の世界地図

超巨大地震の世界地図


データセンターの被災による社会混乱
金融機関の預貯金、医療機関のカルテ、戸籍、飛行機など交通機関の予約情報などの社会中枢機能の大規模かつ長期間のシステム障害や重要データ消失に伴う社会混乱が懸念されています。

(金融機関のシステム障害の発生により、ATMや窓口での入出金、企業の決済、海外送金などが困難になる恐れがあるほか、戸籍や無犯罪証明書などのシステム障害の発生により、海外のビザ申請に必要な書類が期限前に揃わず、ビザ申請が困難になる懸念があるといわれています。)

約70%のデータセンターが関東地方に偏在しているといわれています。

停電に備え、データセンターに設置されている自家発電設備を稼動するための燃料は、最大でも72時間程度しかもたないといわれており、燃料が尽きる前に電源の復旧もしくは燃料の追加が無ければ、最悪の場合、データが消失する恐れがあると指摘されています。

こうしたことを考慮し、西日本や従来、地震が少ないとされてきた沖縄にデータセンターを設置する企業が増加していましたが、近年、南海トラフで超巨大地震の危険性が専門家によって指摘されるなど、西日本や沖縄県においても、壊滅的な被害地震の危険性があることから、中枢機能の補完や危機管理上の観点などから、海外にバックアップ用のデータセンターやIDC(インターネット データ センター)を検討したり、海外にバックアップ拠点を設ける企業も増加するなど、海外のバックアップ拠点に対する関心が高まっています。


【関連記事】


日本人街・経済特区
( 悲劇が繰り返す危険な災害多発国で,「防災」「被災」から、災害の少ない安全な地域で,「免災」「避災」という発想。)

地震分布の世界地図
( 企業のデータセンター設置や海外拠点の設置に最適な国も一目瞭然。沖縄で発生が懸念される巨大地震に関する情報も )


国際通信の麻痺
地震により、海底ケーブルが損傷を受けた場合、国際電話やインターネットなどの通信回線が麻痺状態となる懸念があります。


【関連情報サイト】


海底ケーブル地図(Submarine Cable Map) 」サイト(英語)


インターネットは海底ケーブルによって成り立っている

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


海底ケーブル。インターネットを支える影の主役の お話
同記事に「少し前に実際にケーブルが故障して、ネットワークがいかに安定しないものかということがわかるまで、ルートの冗長性の問題は差し迫ったものではありませんでした。

2006年の12月に台湾南部で起きた大地震は、海底の地滑りを誘発し、7本の海底ケーブルが損傷してインターネット接続に大きな影響を与えました。

2008年には、アジアとヨーロッパのトラフィックのボトルネックとなるエジプトのアレキサンドリア北部で、ケーブル切断が起こりました。

翌年の国際会議では、ネットワーク インフラの信頼性について話し合いが持たれました。

会議の参加者は、個別の各システムの信頼性が高くても、世界的に大陸間の相互接続が基本的な信頼性の設計原則を守っていないと結論づけました。

さらに参加者は、「地理的・政治的な難所」を通っているケーブルについて不安を挙げ、それらの場所での災害は世界的に大きな接続問題となる可能性を指摘しました」などの記述があります。

ギズモード・ジャパン 」サイトより


島国トンガ,海底ケーブル破損で携帯もネットも中断,最悪の事態

AFPBB News 」サイトより


海底ケーブルの世界地図

なぜ海底ケーブルは想像以上に脆いのだろう?
同記事に「現在、世界には約200の海底ケーブルが張り巡らされている。

そして その大半には十分な保護対策が講じられていない」

「主要幹線にあたる海底ケーブルが故障したり切断された場合、周辺のインターネット接続速度は激しく低下し、場合によっては一部の国が完全にインターネットから遮断される可能性があるという。また実際に そうした事態も生じている。たとえば2008年に アレクサンドリア沖で海底ケーブルが切れた際には、エジプトやインド、パキスタン、クウェートなどで深刻な通信障害が発生」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


西日本大震災・超東海地震からの日本の完全復興は困難
西日本大震災・超東海地震の復興費用は東日本大震災を はるかに凌駕(日本という国の大半を ほぼ再構築するに等しい)することが、専門家により指摘されています。

東日本大震災により、企業の西日本への移転が加速する中、東日本大震災から完全復興ができない状況下で、日本のGDPの大部分を占める生産拠点 ( 西日本への移転した企業など ) や日本の人口比率が多い大都市などを含む超広範囲が被災することで、復興費用が巨額になるため、完全復興は極めて困難であり、不可能に近いとの指摘があります。

( 世界的な超恐慌の発生も指摘されており、復興費用が あまりに巨額なため、自力復興はもちろんのこと、世界各国の財政状態が悪化する中、世界各国からの十分な支援は期待できず、復興に必要な資金には遠く及ばず、世界各国の資金援助による復興も不可能に近いという予測もあります。)

( 第二次大戦後の日本の再構築は人口の急増や高度成長期に人口や生産拠点が集中する太平洋ベルト地帯などを襲う破滅的な災害がなかったために可能になったという側面があり、人口の減少時には当てはまらないという指摘もあります。)


【日本の世界シェアが世界一や高いもの、オンリーワン技術企業と未来を変える新技術・研究の一例】


太陽電池、金型、LED、炭素繊維、ボールベアリング、半導体製造装置・検査機械、

自動車用回路保護機器(ヒューズ)

工作機械やロボットなど産業機械、インバータ

超高純度金属・金属ガラス液晶向け光学フィルム

魚群探知機精密不織布赤外線センサー

レーザー光源用 非球面ガラスファスナー

エアロ トレイン

海水中のマグネシウムのエネルギー資源利用と海水の淡水化

ユーグレナ(ミドリムシ)を利用した食品,飼料,バイオ燃料等

ナカシマ プロペラ 株式会社

等方性黒鉛(多結晶シリコンの原料)夜光蓄光顔料(N夜光)

CASフリージング・チルド・システム

GLOBAL(グローバル)包丁

高級化粧筆Ecological Engineering my-japan、etc...


【 医療関連 】


がんワクチン(樹状細胞ワクチン療法:樹状細胞療法)

高精度 がん血液検査

オープンMRI
( 手術中に病変部の位置を確認しながら手術が可能。放射線を使わず被曝の心配も皆無。)

株式会社 ネクスト21

3Dバイオプリンター

世界一細い、痛くない注射針(ナノパス33)

脳神経外科手術用顕微鏡

歯科医用デンタルライトミラー、etc...



医療機器を扱う医療機器類の生産途絶は その背景に存在する無数の患者や未来の患者の死と生活の質に直結するため、あえて掲載させていただきました。



震災で わかった日米の競争力格差 - 1
同記事に「津波と原発事故が複合した日本の震災の深刻さが明らかになる中、90年代にアメリカが日本に経済的に勝利したという考えもまた、実際には神話に過ぎなかったことが明らかになりつつある。

ボルボは今週、日本製のナビゲーションとエアコンの在庫が10日分しか残っておらず、工場が操業停止になる可能性があることを明らかにした。

ゼネラル・モーターズ(GM)は先週、シボレーコロラドやGMCキャニオンを組み立てているルイジアナ州シェリーブポートの従業員数923人の工場を、日本製の部品が不足しているために閉鎖すると発表した。

アーカンソー州マリオンでは、ピックアップトラックのタンドラなどトヨタ車の後部車軸を作っている日野自動車の製造工場が、日本から輸入されるギアなどの部品が急激に減っていることで操業停止の危機に瀕している。

他の産業でも事情は同じだ。半導体を製造する設備の大半が日本だけで作られているか、または主として日本で作られている。半導体の回路を焼き付けるステッパーは、3分の2がニコンかキャノン製だ。

携帯端末やラップトップパソコンに使われる樹脂「BTレジン」の約90%、世界のコンピューターチップに使われるシリコンウェハーの60%は、日本から輸入されている。

日本の混乱が長引けば、アップルやヒューレット・パッカード(HP)は深刻な問題に直面しかねない。

今まで誰も気にしたことがないような製品、例えば小型マイクやメッキ素材、高性能機械、電子ディスプレイ、それにゴルフクラブやボーイングの新型旅客機ドリームライナーの羽に使われる炭素繊維など、すべて日本だけで作られているか、または主に日本で作られている」などの記述があります。

震災で わかった日米の競争力格差 - 2

ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より


日本は世界に冠たる「メダル量産国」1

日本は世界に冠たる「メダル量産国」2

日本は世界に冠たる「メダル量産国」3

日本は世界に冠たる「メダル量産国」4

産経ニュース 」サイトより


日本製品の存在感の大きさ 1

日本製品の存在感の大きさ 2

日本製品の存在感の大きさ 3

日本製品の存在感の大きさ 4

日本製品の存在感の大きさ 5

SankeiBiz (サンケイビズ) 」サイトより


プロペラがない「マグナス力」を利用する風力発電機
同記事に「垂直軸型マグナス風力発電機は、従来のプロペラ方式ではなく、気流で円筒を回転させたときに発生する「マグナス力」を利用して回転する。

微風でも強風でも対応して発電する風力発電機で、プロペラがないため、台風などによる倒壊の課題も解決する」などの記述があります。

環境ビジネス オンライン 」サイトより


株式会社チャレナジー - Challenergy Inc. 」サイト


世界に「善の循環」を広げる日本企業 - 1

JBpress (日本ビジネス プレス) 」サイトより


絹のような透明感、貴州省丹寨に伝わる製紙技術
同記事に「世界で このような古代書物の修復用紙を製造できるのは、日本と ここの2か所だけだという」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


日本の町工場に見るmade in japanの神髄,その驚くべき技術力

日本製造業の高い競争力の秘密
同記事に「メイド・イン・ジャパン、常に世界をリード、これに取って代わるものなし」

「国連工業開発機関(UNIDO)によると、日本の工業競争力は21世紀以降、常に世界トップの地位を維持している」などの記述があります。

「小型化」が日本人の得意技になったのは なぜか?
同記事に「日本人は精巧な工芸品や縮小した小さな工芸品を作るのを得意としている。

ユーラシア大陸から輸入した丸い うちわ(団扇)は、日本人の手で小さな扇子に生まれ変わり、その後 世界各地に逆輸出された。

大正時代、日本人は西側から輸入した長い傘を小型の短い折り畳み傘に改造し、それを世界各地に同様に逆輸出した。

このほか、日本人は世界最小のオートバイや、室内のステレオを歩きながら聞けるウォークマンに小型化するのに成功した」

「山々に囲まれた地で育ち、遠くを見ることができなかった日本人は外の情報を知ることや旅することを好んだ。

どうして?という理由を探しに旅に出る日本人は旅の際には いつも山を越え、川を渡り、湿地を通り抜けた。

日本列島の地形は牛や馬を輸送道具に使用することはできない。日本人は自分で荷物を背負い、一歩一歩長い距離を歩くしかなかった」

「徒歩で旅する日本人にとって、物を縮めることや重量を軽量化することは、かけがえのない価値があった。

人々は物を細かく、小さくする方法を考え、大きな荷物を圧縮して小さい荷物にした。

荷物を背負って徒歩で旅をする日本人の縮みの志向は、さらには人々の精神世界の美学にまで高まった。

日本人の縮み志向の謎は ついに解き明かされた。民族に共通した性向の理由は実のところ極めてシンプルであり、そこまで複雑なものではない。

日本人の縮み志向の謎の答えは、日本列島の地形や気候の中にあったのだ」

「この縮める技術だけが、持続可能な最も省エネの社会を構築することができる」などの記述があります。

日本製部品なしでは成り立たない中国車

日本人には当たり前?世界が仰天する日本人の習慣

レコード チャイナ 」サイトより


本当は凄い 日本の底力 全国民必読!

日本人が見落としている日本のソフト・パワー 3

日本人が見落としている日本のソフト・パワー 4

現代ビジネス [講談社] 」サイトより


航空業界の将来を左右する新素材「SiC繊維」 - 1

航空業界の将来を左右する新素材「SiC繊維」 - 2

航空業界の将来を左右する新素材「SiC繊維」 - 3

東洋経済オンライン 」サイトより


日本で地震が起きると、中国で建機の製造が停止する理由

熊本地震が示した日本の自動車産業の影響力の大きさ

日本製品の素晴らしさ、経済学では説明不能

日本は これまで一度も知的資源を欠いたことがない

日本は なぜ多くのノーベル賞受賞者を輩出できるのか
同記事に「2015年末時点で自然科学分野においてノーベル賞を受賞した日本人は計21人に達する」

「日本のノーベル賞受賞者の数はアジア最多であることを指摘し、なぜ日本は これほど多くのノーベル賞受賞者を輩出できるのか」

「日本には古くから科学や教育を重視してきた素地があることを指摘。

その例として、日本の識字率は江戸時代末期より非常に高く、中国を大きく上回っていた」

「また、日本は「発明大国」でもあるとし、不思議な発明品も少なくないとしながらも、トイレでの排泄を通じて健康をチェックできる製品なども存在すると紹介した。

その他にも記事は、日本政府が科学・技術立国を目指して様々な政策の支援が行われていることや、国内総生産に対する研究開発費の割合の大きさを指摘している。

ノーベル賞を受賞することが目的なのではなく、研究者たちの研究に打ち込む姿勢や、日本の科学・技術を重視する社会的な素地がノーベル賞受賞者の多数輩出につながっている」などの記述があります。

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより



日本製の工作機械、精密部品・部材は日用品から医療、さらに航空宇宙産業に至るまで、非常に多岐の分野にわたって浸透しており、Made in Japanは必要不可欠なものとなっています。

サプライ チェーン ( supply chain:部品供給網 ) の寸断・途絶による世界経済への影響を回避、軽減するためには、世界を支える世界シェアの高い企業の生産拠点が災害のない国へ海外移転(海外進出)することにより、日本で生産や出荷ができない災害発生時のバックアップとして冗長性をもたせることや、競合他社の生産・出荷が困難な状況において、受注が可能になることで、世界シェアや、製品、ブランドなどの知名度の向上、さらには、安定生産や安定供給も可能になるなど、大きなメリットがあり、問題の回避と軽減に極めて有効な対策になります。(日本製の海水淡水化の処理膜がなければ、中東地域の水の供給が大幅に不足します。その他、航空機、自動車、コンピューター関連など、日本企業や町工場が高い世界シェアを持つ分野は多岐にわたります。)

( ※ 高度な医学技術を持つ名医の傷害や被災死による医療技術の伝承の途絶に加え、高度先端医療を支える医療機器や医薬品の生産と供給が途絶することにより、名医や高度先端医療でしか救う道のない患者など、助かるはずの膨大な生命が見殺しになってしまいます。)



日本の生産技術の質が高い理由
同記事に「日本語における「話し手の意識を環境と一体化させる傾向」は、自然や組織ばかりではなく、機械などの無機的環境に対しても働く」

「融和癖が高じて、日本人は、たとえば工場の機械とも一体化する。

ある日本の精密機器の生産管理者が、「光ファイバーの微細なコネクタを接着するとき、日本人の工員は、なにも言わなくても、有効範囲の ど真ん中に くるように接着してくれる。

欧米人は、平気で有効範囲ぎりぎりの接着をするので、どうしても現場の耐久性が日本製のほうが良いのです」と話してくれたことがある。

欧米人の工員に注意すると、「有効範囲に入っているのに、注意される筋合いはない」と気にも留めてくれない。

「たしかにそうだ、気持ちの問題なのだが、その気持ちを真ん中に集中してくれないか?」と言っても、相手は「言っていることの意味がわからない」と首をすくめるのだそうだ。

逆に日本人の工員に「あなたは、なぜ、真ん中を狙うのか」と尋ねたら、「真ん中が気持ちいいから。これがずれると、気持ち悪い」と答えたのである。

日本人なら、この発言に深く うなずかれることだろう」

「日本の工場の質の高さは、枚挙に いとまがない。

あるメーカーでは、日本とベルギーに まったく同じ生産ラインを作って稼動させている。同じシステムに、同じマニュアル。

なのに、不良品の発生率が まったく違うので、日本の生産管理のチームを派遣した。報告は次のようなものだったという。

「ベルギーの工場では、生産機械のアラームが鳴ってから、ラインを止める。日本の工場では、アラームが鳴る前に、工員が微かな異常に気づいてラインを止め、トラブルを未然に防いでいる。

ベルギーの工場では、当然のようにアラームが鳴っていたが、日本の工場では、創設以来、機械のアラームなど鳴らしたことがない。

現場の『あれ、おかしいな。いつもと違う』という気づきは、機械の音や動きなど 一つ一つの属性に着目しても表出しない微細な差を総体イメージとして感じる、第六感の範疇なので、到底マニュアル化できない。

ベルギーの工場に日本の工場と同じ質を期待するのは無理である」境界線を融和し、拡張できる日本人の特性、ここに極まれり、という話である」などの記述があります。

夜間飛行 」サイトより


【関連記事】


言葉・文化


Made in Japan と Made by Japanese
Made in Japanであることは高い品質・信用の証です。

そして、高い品質・信用の証であるMade in Japan は Made by Japaneseであると言い換えることもできます。これは、すなわちMade in Japanであることよりも、Made by Japaneseであることが大切 かつ本当の意味があり、重要なのだということです。

災害リスクの高い日本という国で生産するということは、常に地震災害による突然の生産、供給の途絶というリスクを内包しています。

海外生産でも、Made by Japaneseであることに変わりはなく、同じMade by Japaneseであるならば、災害リスクの少ない安定した国に海外生産をすることにより、災害による生産停止リスクの解消による供給の安定。技術後継者の被災リスクの解消により、技術の継承も安心して行えると同時に世界に必要不可欠であるMade by Japaneseが途絶するリスクが軽減することで、世界の安定にも繋がるのです。


【関連記事】


日本人街・経済特区
( 悲劇が繰り返す危険な災害多発国で,「防災」「被災」から、災害の少ない安全な地域で,「免災」「避災」という発想。)

移住の方法
( 医師・看護師・薬剤師の海外移住の方法など役立つ情報を紹介 )



破局的災害により 日本の素晴らしい食文化を含めた伝統文化や伝統技術の多くが失われてしまう懸念もあります。


【参考サイト】


いにしえの町並み空間歩く旅 」サイト


「Made in Japan: 日本の匠」

Google Cultural Institute」サイトより



InterAction Green 」サイト


株式会社イースクエア 」サイト



書考空間:もしも日本が消えたなら 世界を支える日本のチカラ
同記事に「日本について、実は私たちは よく知らないし、それを実感する機会というのも なかなかありません」

「もしも日本という国家が この世からなくなったら」と想定することによって、今まで日本人でも知らなかった日本のスゴさが見えてくるというのです。

本書は、もし日本がなくなってしまったら、世界の国々に どのような影響があるのかを、様々な調査データや分析結果をもとに解説しています。

世界有数の経済大国である日本がなくなることによる世界経済に対する影響は もちろんですが、面白いのは「日本の技術」がなくなることによる影響。

本書によると、品質も使い心地も圧倒的にハイレベルな日本のメイク用品や紙おむつがなくなると、世界の女性や赤ん坊は大泣きする毎日を送るのだとか。

日本製の化粧筆は、「海外製品では真似のできない究極まで揃えられた毛先とその柔らかさ、穂先の絶妙なコシと弾力性がスゴい」という特徴があり、日本製じゃないとダメだという人は世界に多くいるのだという。

さらに本書では、日本がなくなると、娯楽も趣味も味気なくなって意気消沈してしまうとして、エンターテインメント界やスポーツ界へ与える大きすぎる影響も解説しています。

日頃当たり前だと思っていたことが、日本という国からの実にありがたい恩恵であり、世界をリードする日本のスゴさで あったことを本書は教えてくれます」などの記述があります。

TOKYO FM 80.0MHz - FM RADIO STATION 」サイトより


Japanese quality (英語)

Wikipedia 」サイトより (英語)


JAPAN QUALITY REVIEW 」サイト


もし日本が災害で消滅したら?「世界的な損失」

100年以内に大規模な火山噴火が発生。日本人が全滅の可能性

もしも地球上から日本が消え去ったら...何が起きるか考察
同記事に「熊本、大分両県で規模の大きな地震が断続的に発生し、被災地で生産されていた「部品」が地震によって生産停止となり、世界各国で部品調達ができなくなるのではと懸念が高まった。

こうした状況は東日本大震災の際にも起きたことだが、中国メディアの今日頭条は、もしも世界から日本がなくなったら、どのような状況が発生するのか考察している。

経済分野について、国内総生産(GDP)が世界第3位の日本が世界から消えてしまえば、世界経済に大きな影響が出ることは考えなくとも分かることだ。特にアジアには甚大な影響が出るだろう。

電子機器や自動車など、日本から部品を調達していた企業は製品を作れなくなってしまい、業績悪化ひいては倒産という可能性だってあるだろう。

記事は経済分野のみならず、日本のアニメや漫画などの文化を取り上げ、日本が消えれば こうした文化も消えてしまうと指摘したうえで、「愛好家にとっては人生の重要な支えを失ってしまうだろう」などの記述があります。

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


富士山の噴火対策こそ、首都圏の経済危機管理である

WEB SITE OF GAIA - 京都大学 」より


日本の技術は世界を けん引し、中国人の生活に浸透
同記事に「中国の通信機器メーカーが日本企業の供給に依存しているとの報道があるが、中国が日本に依存しているのはスマートフォンだけではない」

「仮にあなたが国産のスマートフォンを買ったとしても、そのパーツは日本製を使っていることが多い。ソニーのカメラやシャープのディスプレイはその代表的な例。

ソニーのカメラはスマートフォンのみならず、映像業界でも他を寄せ付けない地位を確立している。

中国人に人気のニュース番組やバラエティー番組の多く はソニーのカメラを使って撮影されている」

「現代社会の必需品であるスマートフォンやPC、自動車には半導体が欠かせないが、日本は半導体産業において世界を席巻している。

さらに、工業用ロボットから家庭用のロボットに至るまで、日本はロボット製造においても世界を けん引する存在」などの記述があります。

金属部品の寿命を50年に延ばす日本企業の技術

「良い国家指数」、科学・技術や平和への貢献度を点数化

マナー良い日本人、素養の高さに脱帽 - 中国客室乗務員

終電で中国人が目の当たりにした光景「素養の高さがなせる業」

レコード チャイナ 」サイトより


私が どうしても滅びて欲しくない民族、それは日本人だ。

日本は好きですか? 」ブログより


地球上の生物種、ざっと870万種前後=90%は未発見

ロイター.co.jp 」サイトより


《コラム:言い知れぬ感情》


世界でも極めて稀な国、日本。どんなに貴重な国であるか、知れば知るほどに痛感するのです。

しかし、その日本の中枢に 今、地震という不可避の危機が迫っています。

超巨大地震は その発生規模や発生する地域を考えれば破局的状況により、国家存亡の危機を招くことは疑いようもなく明白です。

日本という国について、まだまだ世界に知られていないことも多い。

日本が持っている伝統文化や世界を支える素晴らしい技術、稀に見る国民性や素養を持つ 貴重な日本人が災害によって、その多くが失われることを思う時、日本人として 今も地球上で未発見のまま人知れず絶滅し、消えゆく 無数の生物種を思うのと同様の感情を禁じ得ない...。


【関連記事】


言葉・文化
( 日本文化と日本語に関する興味深い話題も )



M9クラス地震の「新説」より もっと考えるべきこと
同記事に「ボクがやってきたことで,もっとも肝心なのは,宮古・田老,陸中野田,洋野町・戸類家,下北・東通村,噴火湾・森,日高沿岸,十勝~釧路~根室,それぞれの地で,それぞれの土地条件と人々の住まい方に応じて,それぞれの間隔でやってきた超巨大津波が くりかえし住民の生命,財産を破壊し,翻弄してきたことだ」

「サイエンスとしての超巨大地震,津波は,今後どんどん進展するにちがいない.それは それで重要である.しかし,人が住む それぞれの集落・土地で,どれほどの津波が,どれほどの間隔で襲ってきたのかが具体的なイメージを持って,それぞれの地の日常に即して わからなければ,本当の意味はないのではなかろうか?

こう考えると,岩手最北部の洋野町や野田村で数千年間に十数層の津波堆積物が教えている400間隔くらいの津波は,それぞれの時期毎に,それぞれの地の人間の生命,生業に重大な局面,状況を もたらしてきた」などの記述があります。

平川 一臣(Kazuomi Hirakawa) 」サイトより



くりかえし生命、財産を破壊され、翻弄される災害多発国の生活から離れ、災害リスクの少ない街で穏やかに暮らしたいと考える人が、東日本大震災以降、確実に増えてきているようです。


【参考記事】


日本人街・経済特区
( 悲劇が繰り返す危険な災害多発国で,「防災」「被災」から、災害の少ない安全な地域で,「免災」「避災」という発想。)



生命の絶滅は確率1/2のコイントスゲーム - 1

生命の絶滅は確率1/2のコイントスゲーム - 2

生命の絶滅は確率1/2のコイントスゲーム - 3

生命の絶滅は確率1/2のコイントスゲーム - 4
同記事に「生命は、地球環境を相手に、まさに死ぬ(絶滅する)まで続くゲームをやっているのです。

そして、種として対応しきれない環境変化が起こったとき(=100回連続でコイントスゲームに負けたとき)、種は絶滅します」

「種の生き残りのための戦略は それゆえ、「多様性」となります」

「環境は どう変わるかわかりません。一族郎党みな揃って討ち死にしないよう、色々な「生き残り戦略」を試しているのです」

「そこでの鍵は「変化が起こる前から準備する」こと。

環境の激変が起こってからでは間に合いません。

将来に対して、「多様性」をもって備えなくてはいけないのです」などの記述があります。

ダイヤモンド・オンライン 」サイトより



環境の激変が起こる前から将来に対して、「多様性」をもった街を準備し、備えることの必要性。

世界的に自然災害が急増するなかで、災害リスクの低い安全な地域で安心して暮らせる街に対する希求が強まってきているといわれています。

大地震で被災し「憂いありて備えなし」の人生を送るよりも、地震のない安全な国に海外移住し「備えあれば憂いなし」の人生を選ぶ人が東日本大震災の発生以降、増加しているようです。

大地震リスクの低い安心して暮らせる街、地震災害から家族や子どもを守れる街とは?


【参考記事】


日本人街・経済特区
( 悲劇が繰り返す危険な災害多発国で,「防災」「被災」から、災害の少ない安全な地域で,「免災」「避災」という発想。)



「海外在住の日本人は関西出身が多い?」検証してみた
この記事の下にある「村松 竜 氏」(GMO VENTURE PARTNERS)のコメントに「世界に たった100万人しかいない日本人を、今後10年間で10倍の1000万人にする。これは国策にするべきだ。

これで やっと韓国と同じ比率なのだ。

100万人は全日本人の たった1%以下。あまりにも足りなさ過ぎる」

「日本の最大の弱点である、世界に出て行かない、行けない、行くと(歴史的にもあらゆる意味で)失敗する、というアキレス腱を唯一補強するトレーニング方法なのだと思う。

それゆえの、大量留学・移民構想なのだ」などの記述があります。

NewsPicks 」サイトより



GMOベンチャーパートナーズ 村松 竜のブログ


GMOベンチャーパートナーズ 」サイト



日本人で群れることの重要性
同記事に「学生時代はフランス留学やバックパッカー、社会人になってからは海外出張と、これまでに多くの国を訪れてきました。その中で疑問に思ってきたのが、日本人宿は各国にあれども、日本人のコミュニティは ほとんど見かけません。

チャイナ タウン、コリアン タウン、リトル インディア、リトル イタリー。これらのコミュニティには各国で幾度となく遭遇してきましたし、日本にも点在しています」

「群れるからこそ成し得ることもある。

むしろ、ジャパン タウンやリトル ジャパンは、これからのグローバル化において必要不可欠であると感じています。

■ 海外進出の大きなアドバンテージ

歴史の授業で"華僑"という言葉が出てきたように、中国は古くから海外でコミュニティを形成してきました。

長きにわたって受け継がれてきた この風習は現代においても大きなアドバンテージとなっており、中国企業が海外に進出するときに華僑からサポートを受けるケースは少なくありません。

情報の提供、事業の連携、お客様の紹介など、享受できるメリットは多数。

これらをゼロベースから構築していくのと、ある程度の基盤があった上でビジネスを立ち上げるのとでは、後者の方が はるかに障壁は低くなります。

また、チャイナタウンがあることで「その国に何かビジネスチャンスはないか」を考えられるように、場所ありきで逆算してアイデアを組み立てることも可能です。

■ 留学する際にも大きなメリットに

コミュニティがあることは留学する際にもメリットになります。

本人が留学したくても親御さんが心配して行けないというケースは珍しくありませんが、もし現地にジャパン タウンやリトル ジャパンがあれば、少しは安心感につながるのではないでしょうか」

「異国の地に帰るべき場所があるということは心の拠り所になりますし、同国人同士が協力し合うことで広がっていく世界もある。

これらのプラスは、マイナスを上回って余りあると感じています」

「サポートできるところは協力し合い、自立すべきところは自分の足で立つというようにバランスを取っていけば、成功事例は さらに増えていくはずです。

私が理想として描いているのは、各国で活躍する日本人が"和僑"となってネットワークを形成していくこと。

各国にチャレンジの受け皿があれば、日本にいる人たちが「遠い」と体感している国との距離もグッと縮まり、最初の一歩が踏み出しやすくなります。

和の心を持っている日本人は連帯力で歴史を築いてきた人種であり、協力し合うことは得意分野と言っても過言ではありません。

グローバル化の中で日本人の能力を最大限に発揮するためには、その強みを今こそジャパン タウンやリトル ジャパンという形で活かすべきだと考えています」などの記述があります。

ハフィントン ポスト 」サイトより



OPENERS BLOG


ライフスタイル アクセント 株式会社 」サイト


Factelier (ファクトリエ) 」サイト



海外に本格的な日本人街の建設を
同記事に「日本の中から世界を見るから悲観的になります。

上から世界地図を見てみましょう。日本が世界で活躍できるチャンスがあるはずです」

「日本の産業の空洞化、景気後退、失業者の増加が心配されます。これを避けるためには、工場と労働者と住民が町ごと海外に移転すれば良いのです。

そうすれば、国全体のGDPは低下しても、日本人一人当たりのGDPは低下しません。景気は後退しないし、失業者が増えることもありません」

「問題は、日本人は日本が好きだということです。外国語も苦手です」「日本人は ふるさと日本を離れたくありません」

「外国語を使わなくても済むような日本人街を作るのです」

「多くの工場、学校、マンション、ショッピングセンター、飲食店などを建設するのです。

エコタウンとして作っても面白いと思います。その街は観光地としても機能するでしょう。

さらに農地も作れば完璧です。将来農作物の関税撤廃が予想されるので、農作物の本国への逆輸入は視野に入れておくべきです
(日本の食糧自給率アップへも貢献します。今後 食糧価格は上昇することが予想されるので、対策は早めに取るべきです)」

「国難ですから、日本人はライバル企業も含めて一致団結しなければいけません(抜け駆けのように皆がバラバラに動くようでは将来性がありません)。ここは中国人を見習うべきです」などの記述があります。

世界に通用する日本人の作り方 」ブログより


日本人街と言う名の日本人の為の受け皿を作るべき
同記事に「何故か日本人は盲目的に他人を外国を信じてしまいます。

自分たちが品行方正に暮らしていれば相手は加害を加えるわけはないと。

しかしそんなことはありません。いくら移住しようが国籍を変更しようが、地元のコミュニティに参加しようが相手からすれば日本人は日本人。

何かあれば結局は地元の人に移住先の国に都合の良い様に法律や憲法は変えられます。誰も守ってはくれません。

海外において自分の身は自分で守らなければいけないません。そのための手段が必要です」

「もし海外に長期滞在、移住している時に何かあった場合、逆に日本で何かあり、すわ海外に離脱、となった場合のためにも。世界規模の日本人コミュニティのネットワークが必要だと思います。その拠点となるのが日本人街なのだと思います」

「今海外に住んでいる人の為にも、これから海外に出てくる日本人の為にも、地元の人の為にも?日本人が安心して集まれる日本人街を作っていくべきだと思います」などの記述があります。

海外逃避計画 」サイトより


中国の人たちにマネのできないことは何か?
同記事に「日本の国力の源泉は技術でも金融資産でもなく、国民そのものだ。

そういった意味でも今後、より多くの日本人が海外に出て、自身の特長を生かした仕事をすれば、世界の富を日本に還流させる事ができる」などの記述があります。

海外に資金を貯め込む日本、輸出立国から投資立国へ
同記事に「内閣府が2005年に示した日本の経済・政策に関する理念と方向性を記した「日本21世紀ビジョン」は、「2030年の経済の姿」として、「これまでの『輸出立国』から、優れた経営資源や技術を活用しグローバルに投資活動を行う『投資立国』へと発展していく」と展望を語った」

「財務省は最近、日本が海外に保有する対外資産の残高に関する調査結果を発表した。

それによると、2017年末現在、対外資産の残高は1012兆4300億円で、日本の17年の国内総生産(GDP)の1.85倍にあたる数字だ。

対外負債を差し引いた対外純資産は328兆4500億円で、2位のドイツを25.84%上回り、日本は27年続けて世界最大の債権国になった」

「海外での経済規模が国内の経済規模に ほぼ匹敵する 」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


「日本人であること」が不利になる時代
同記事に「戦後の日本は驚異的な経済成長をとげ、世界でも有数の豊かな社会を実現しました。

安全で住みやすい日本から出ていきたいと考える人は少なく、外国語を真剣に学ぶ人も増えませんでしたし、海外の人材と競争するという発想を持つこともなかったのです。

これらは すべて、日本が素晴らしい国であったことの証しです。

しかし、グローバル化の中では こうした要素が すべて不利に働いてしまいます。「日本人であること」が不利になる時代が到来したということです」などの記述があります。

幻冬舎メディア コンサルティング 」サイトより



三菱重工業、豪州に現地法人 - 政府や経済・産業界と関係強化
同記事に「三菱重工業は2016年4月15日、オーストラリアのシドニーに現地法人の「MHI AUSTRALIA」(MHI豪州)を100%出資により設立し、15日から活動を開始した。

同国の政府機関や経済・産業界との関係を強化するとともに、 大学や研究機関などとの産学連携を活発に進めていくための窓口拠点として、機動的な営業支援活動と情報収集に取り組み、事業推進体制の強化を目指す。

同国は天然ガスや石炭をはじめとするエネルギー・鉱物資源が豊富なため、近年では堅調な経済発展を続けている。同社グループが手がける事業にとって は高いマーケット・ポテンシャルを有しているため、同社ではグローバルな視点による地域戦略の検討を経て、アプローチに注力することとした。

具体的にはMHI豪州を窓口として、火力発電施設などのエネルギー・環境分野、天然ガス田向けをはじめとするコンプレッサ関連、物流機器など幅広い分野において重点的にビジネスチャンスを開拓していくことを想定。

また、現地の大学や公設・民営の研究機関などと各種の共同研究についてシーズを掘り起こし、各事業分野にわたるサプライチェーンの開拓にも取り組む計画だ。

今後、同社ではMHI豪州を通じ、オーストラリア国内およびオセアニア地域の顧客・市場に密着し、同地域の経済・産業発展に貢献する事業活動を積極的に推進していく」などの記述があります。

マイナビ ニュース 」サイトより


三井物産、豪州牛肉事業への進出に関心
同記事に「Kidman & Coが所有する、西オーストラリアからノーザンテリトリーに至る1100万ヘクタールの私有地が、売却に出されています。

1100万ヘクタールという面積はイングランドの総面積に等しく、日本の総面積の約3分の1となります。

これまでにこれほど広大な土地が売りに出されたことはなく、史上最大の土地取引ともなるようです」などの記述があります。

Japan Australia Business Creators 」サイトより(英語)


豪州で村まるごと11億円で売り出し!中国系バイヤーが熱視線

レコード チャイナ 」サイトより


未開土地の開発は 万国共通の「 宝の山 」 - 1

未開土地の開発は 万国共通の「 宝の山 」 - 2
同記事に「 未開の土地をタダ同然で購入し、開発しながら その周辺不動産価格が数万倍や数十万倍になっていくようなスタイル 」

「 思い起こしてみれば、東急電鉄の事実上の創業者である五島慶太氏も阪急電鉄の創業者・小林一三氏も広い意味ではランドバンキングを実践したといえる。

東京・丸の内周辺の土地の払い下げを時の政府から有利な条件で受けた三菱グループも これに当てはまるだろう。

国を問わず、不動産から始まる総合開発は やはり爆発的なアセットを生み出す原動力になる」などの記述があります。

未開土地の開発は 万国共通の「 宝の山 」 - 3

日本の都市の国際競争力強化と都市輸出 - 1

日本の都市の国際競争力強化と都市輸出 - 2

日本ならではの「インフラ輸出戦略」とは? - 1

日本ならではの「インフラ輸出戦略」とは? - 2

日本ならではの「インフラ輸出戦略」とは? - 3

「建設ロボット」大革命 - 1

「建設ロボット」大革命 - 2

東洋経済オンライン 」サイトより


「環境未来都市」を環境都市輸出ビジネスのテコに - 1

新興国・先進国ともに潜在成長性の高いインフラ市場

日本がインフラ輸出を成功させる条件 1
同記事に「海外市場をターゲットにした公共事業と「インフラ(社会基盤)輸出」は、ほぼ同じ意味で使われている。

インフラ輸出とグリーンラッシュは どのような関係があるのか。

グリーン エネルギーや省エネを本格的に導入しようと思えば、「街づくり」のグランド デザインから始めて総合的に行わないと、大きな効果は期待できない。

つまり、インフラ整備はグリーン ラッシュに不可欠なのである。

例えば、家庭やオフィスにグリーン エネルギーを導入しても、街全体の省エネが不完全だと あまり意味がない。

また、ガソリン車を大幅に電気自動車(EV) に変えても、そもそも車の数が多すぎれば渋滞が解消されない。

単にガソリン車を減らすのではなく、EVの導入と並行して、職住接近の街づくりや公共交通機関の整備を行わなければ効果は出ない」などの記述があります。

日本がインフラ輸出を成功させる条件 2
同記事に「日本など先進国は、発電設備、鉄道、空港、港湾、水道施設などのインフラを海外に輸出してきた。

「インフラ輸出」は自動車や家電などの単品を輸出することとは異なり、技術、製品、建設ノウハウ、オペレーション・メンテナンス(O&M)などを相手国に総合的に提供することが重要である」

「設備や機器の提供は一回限りだが、O&Mは長期間続き、現地で雇用を生む」などの記述があります。

日経 ビジネス オンライン 」サイトより


農林中央金庫、国際競争で勝つために何をすべきか
同記事に「プロジェクトファイナンス部が担当する領域は広く、世界中のエネルギー関連プロジェクト、水道、学校、鉄道、道路、病院、空港や送電線網などのインフラ投資に加え、航空機、船舶ファイナンスなどの諸領域を一手に担当しています。

世界の金融機関に加え、事業主体との お付き合いも多く、外国の政府機関や運輸会社、エネルギーであれば開発・運営事業者や商社というように、さまざまな方と話をする機会が多いのも特徴です」などの記述があります。

JBpress (日本ビジネス プレス) 」サイトより


海外交通・都市開発事業支援機構」サイト
我が国の知識、技術、経験を活用した世界の交通インフラ・都市づくりを支援。


国境に壁を作る代わりに構想されている新しい都市の形
同記事に「メキシコ人建築家であるフェルナンド・ロメロ氏は、アメリカとメキシコの国境に関して、新たな未来都市の構想を描いています」

「ロメロ氏の思い描く未来都市の完成図。

真ん中にあるハブを中心に放射線状に都市が広がり、線と線の交差点に 経済特区のようなものがあります」

「多極化している国境都市には、いくつもの経済特区が存在し、街の中では人・物・サービスが自由に行き来することが可能」

「道路や線路は国境都市の各経済特区と重要な産業地を結んでいます」

「この国境都市は単なるコンセプトに留まりません。

ロメロ氏は今後数十年のうちに自身の私有地に このような国境都市を建てる予定とのこと。

グローバル戦略家のパラグ・カンナ氏は境界線を越えて密接に つながった中心市街地が、これからのグローバルな舞台において大きな力を持つだろうと予想しており、この視点で言うと、ロメロ氏のビジョンは未来都市として理にかなったものだと言えます」

「それぞれの都市・コミュニティは道路で つながっている」

「また、内陸港のサンタ・テレサは国境都市と外部の世界とを繋げ、需要と供給の連鎖を作り出します」

「幾何学模様のように広がる都市には いくつかの経済特区が存在します」

「マップの色は人口密度を示しており、経済特区周辺には人が密集していることがわかります」

「自転車用道路は さらに細かい網目状に広がっています。

また自動車・自転車・バスなどでの動きやすさは もちろんのこと、徒歩での移動にも適したデザインになっているとのことです」などの記述があります。

世界中の優秀な人材を惹きつける優れた都市トップ20

町の温度と湿度を完全に制御する「Mall of The World」計画

建築家・黒川紀章が計画した未来都市は今も拡大していた

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


エコライフを体現した先駆者的存在・エコロニア

雨水管理の「グリーン インフラ」建築プラン

FUTURUS(フトゥールス) 」サイトより


グーグルがつくるかもしれない新しい街
同記事に「現存する都市は困難だ。既得権益、政治、物理的な空間を持つ人々が すでにいる」

「もし新しい場所がつくれるなら、それらの問題を実験するラボにもなるだろう」などの記述があります。

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


環境と経済が調和した村落(エコ ビレッジ)開発推進計画

JICA - 国際協力機構 」サイトより


地球「人口爆発」解決のカギは日本人 - 1

地球「人口爆発」解決のカギは日本人 - 2

地球「人口爆発」解決のカギは日本人 - 3
同記事に「工業のみならず、農業や商業、ハイテク インフラや、コンテンツ ソフトなど」「日本の人材と財が生かされる分野は無限にありそうです」などの記述があります。

産経ニュース 」サイトより


東京が「3位」に上昇:世界の都市総合力ランキング2016年
同記事に「世界の都市総合力ランキングとは、地球規模の都市間競争下で、魅力的でクリエイティヴな人々や企業を惹きつける"都市の磁力"こそが「都市の総合力」であるという観点に立ち、世界の主要42都市(16年に2都市追加)の総合力を「経済」「研究・開発」「文化・交流」「居住」「環境」「交通アクセス」という分野ごとに、評価、順位づけしている」などの記述があります。

いま日本が世界に提示すべき価値観とは? - 1
同記事に「日本の特徴のひとつに「言語化しない文化」がある」「大工仕事にも、茶道にも、華道にも、日本の多くの伝統文化には「書かれたマニュアル」は存在しない。

師匠の背中を見て、空気を読んで、肌で感じることが習得の術である」

「言語で定義されたものに比べ、日本式の体験による継承は時間がかかる。解釈の幅も生まれる。そのため同一性を保つ強さはない。

しかし、物事の本質を思考させ、形状やディテールは変化しても、本質的な価値を維持しようとする、動的な継承法と読み解くことができるかもしれない」などの記述があります。

いま日本が世界に提示すべき価値観とは? - 2
同記事に「見えないものを見る」ということで言えば、「空気を読む」のも、日本固有の感覚だ。

周囲を気にして、行動に移せない性向を自嘲するニュアンスもあるが、若林さんは あっけらかんと「日本人ってさ、空気を読めるんだぜ。それって凄くない?」と言うのだった。

空気を読む能力は、能に通じる」「ふと考えると、感覚を澄まして集合知とシンクロする行為は、生活のなかで実践している気もする。

例えば人で溢れかえる駅のプラットフォームで、身体をぶつけずに歩く術も、外国人にとっては驚きらしい。

議論の場では、大切なことは言葉にしないまま進めていく。能にも似た様式をもって、日本人は いまなお空気中に浮かんでいる言われていない言葉を聴き、動いてない動きを読み取る行為を繰り返している」

「把握したいのは、現在形の日本であり、日本を動かしている基本ルールとアーキテクチャーである。

それを把握することで、わたしたちの日本文化の発信は生きたものになるし、都市をはじめとする あらゆるデザインも、そこで展開されるビジネスやカルチャーの設計も、日本の風土や そこに育まれた感覚や感性に寄り添った自然なものとなっていくはずだ。

日本文化といわれるものの背後にあるアーキテクチャーを、地道に言語化していく作業は、いま わたしたちにとって必要であるばかりでなく、世界からも求められていることなのだ」などの記述があります。

日本人が覚醒することで、「シンギュラリティ」への道は拓ける

米国人記者が見た、日本の「おもてなしのテクノロジー」

クール ジャパンの「次」は、ウォーム ジャパンが来る!? - 1

クール ジャパンの「次」は、ウォーム ジャパンが来る!? - 2

ウォームテックが日本の未来を救う - 1

ウォームテックが日本の未来を救う - 2

ウォームテックが日本の未来を救う - 3

WIRED.jp 」サイトより


【AFP記者コラム】シムシティ支局へ ようこそ ─ ドーハ - 2
同記事に「ドーハの北には、25万人規模の新都市がゼロから建設されている」などの記述があります。

ドイツ、世界初のクラウドファンディング鉄道が運行開始

エジプト、カイロの東に新都市建設へ 行政と経済の中心に - 1

エジプト、カイロの東に新都市建設へ 行政と経済の中心に - 2

世界のインフラ老朽化に警鐘、笹子トンネル崩落事故

AFPBB News 」サイトより


世界が称賛するインフラ品質を輸出できない、課題と処方箋 1
同記事に「世界の上位225コントラクターに絞った海外インフラの売上推移が示されています。2005年から2010年の5年間で見ても売上が約2倍に拡大していることが判ります」

「我が国の社会インフラは世界的に見ても極めて高い水準にあります。海外の評価も高く、新興国のみならず先進国から日本を訪れる人々の多くが、日本の社会インフラの品質の高さに驚嘆し、賞賛します。

では何故、我が国の社会インフラ輸出は伸びていないのでしょうか?

日本には高品質な社会インフラを構築して運営する能力はあるものの、それを「商売」として組み立てて売り込む意志と経験が不足していると思えます」などの記述があります。

エンタープライズジン 」サイトより


世界で都市化が進展,2050年に総人口の3分の2が都市圏生活
同記事に「今後 急速に都市化を実現する国は、住居やインフラ施設、交通、エネルギー、就業、教育、医療などの基本公共サービスの分野で大きな問題に直面する」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


海外での街づくり

東急電鉄 」サイトより


グローバルでの取り組み

三井不動産 株式会社 」サイトより


海外事業

東急不動産 」サイトより


ショッピングセンター

グローバルでの取り組み

三菱地所 」サイトより


Share金沢 [ シェア金沢 ] 」サイトより


環境アイランド GREEN FLOAT - 植物質な都市という発想

清水建設 」サイトより



クラウドファンディングを使って、街づくりに参加しよう

THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) 」サイトより


クラウドファンディングは不動産にもinnovationをもたらすか?

DMX Blog 」より


世界初 クラウド ファンディングの高層ビル
同記事に「高層ビル建設のクラウドファンディングプロジェクト。プロジェクトでは、3800人のも投資家を集めることに成功。

2009年には、プロジェクト規定が誰でもビルの株が購入可能(Co.Existによれば1株2万ドル)となりました。

ビルの建設が開始された2013年には、個人投資家からの投資で、1億7000万ドル(約200億円)を超える額を調達しました」

「Boombergの 解説によると、さらにProdigy Networkは、(場合によっては)建設中でも投資家が株を購入できるようにすることで、株の価値を40%も向上させることに成功したといいます。

こうして投資された お金で、建設費の大部分を まかなうことができ、今まさにBD Bacatáが完成しようとしています」などの記述があります。

ギズモード・ジャパン 」サイトより


ギリシャを救うクラウドファンディング、2億円に近づく

WIRED.jp 」サイトより


官民連携PPP・PFIとはPPP ( Public Private Partnership )
PFI ( Private Finance Initiative )


【参考サイト】


PFI・PPPとは

特定非営利活動法人 日本PFI・PPP協会 」サイトより


インフラ ファンド

iFinance : 金融情報サイト 」より


インフラ分野のPPPプロジェクトが なぜよいのか?

ITmedia オルタナティブ・ブログ 」より


インフラ ファンド

株式会社 日立総合計画研究所 」サイトより


Mスタンレー、オーストラリアのインフラ投資強化へ

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 」サイトより



ゲーテッド コミュニティ (Gated community)
同記事に「計画都市「マガルパッタ・シティ」は、約120人の農民が土地を出し合って共同経営組織を作り、マハーラーシュトラ州政府の援助を受けて完成した、ゲーティッド・コミュニティー」などの記述があります。

Wikipedia 」サイトより


ゲーテッド・コミュニティによる,新タウン・マネジメント構想(PDF:0.971987 MB)

株式会社 都市ガバナンス研究所 」サイトより



※最新・最先端のインフラを備えた世界でも類例のない高付加価値な街は非常に魅力的であり、世界からも大いに注目を集めます。


【参考サイト】


海外に本格的な日本人街の建設を
同記事に「日本の中から世界を見るから悲観的になります。上から世界地図を見てみましょう。日本が世界で活躍できるチャンスがあるはずです」

「日本の産業の空洞化、景気後退、失業者の増加が心配されます。これを避けるためには、工場と労働者と住民が町ごと海外に移転すれば良いのです。

そうすれば、国全体のGDPは低下しても、日本人一人当たりのGDPは低下しません。景気は後退しないし、失業者が増えることもありません」

「問題は、日本人は日本が好きだということです。外国語も苦手です」「日本人は ふるさと日本を離れたくありません」

「外国語を使わなくても済むような日本人街を作るのです」

「多くの工場、学校、マンション、ショッピングセンター、飲食店などを建設するのです。

エコタウンとして作っても面白いと思います。その街は観光地としても機能するでしょう。

さらに農地も作れば完璧です。将来農作物の関税撤廃が予想されるので、農作物の本国への逆輸入は視野に入れておくべきです
( 日本の食糧自給率アップへも貢献します。今後 食糧価格は上昇することが予想されるので、対策は早めに取るべきです )」

「国難ですから、日本人はライバル企業も含めて一致団結しなければいけません(抜け駆けのように皆がバラバラに動くようでは将来性がありません)。ここは中国人を見習うべきです」などの記述があります。

世界に通用する日本人の作り方 」ブログより


タイ「21世紀の日本人街」出現、大型住宅開発相次ぐ - 1

タイ「21世紀の日本人街」出現、大型住宅開発相次ぐ - 2

タイ「21世紀の日本人街」出現、大型住宅開発相次ぐ - 3
同記事に「住宅開発大手のL&Hグループは、日本人の高齢者に照準を合わせたサービス アパートの開発を検討している。

タイで製造業などに従事後、定年後を夫婦ともに南国で暮らす日本人は年々増加している」

「折しも政府が建設を決定した高速鉄道の停車駅とも重なる地域。21世紀の「日本人街」は どう発展していくのか。当分、関心は尽きそうにない」などの記述があります。

SankeiBiz (サンケイビズ) 」サイトより


ベトナム、ダナンに「日本人街」建設へ
同記事に「中部ダナン市リエンチエウ区で建設が計画されているティエンパーク都市区には、日本人街が設けられるもようだ」

「江戸時代初期に南中部クアンナム省の古都ホイアンにあった日本人町のように、日本人向けの町を建設する考えを示した」

「同都市区には東京の原宿や表参道にあるような複数のショッピングセンターを配置する」

「これらのジャパンセンターでは、日本人の店員が出迎え最高のサービスを提供することになる。日本人街に来れば、ダナンに居ながら まるで日本に居ると感じられるようになるだろう」などの記述があります。

ベトナム経済金融情報 」サイトより


ホーチミンの日本人街、レタントン通り

ベトナム在住者によるホーチミン観光ガイド 」サイトより


ベトナム、ハロン市に「日本人通り」建設のアイデア

VIETJO 日刊ベトナム ニュース 」サイトより


ベトナム航空、2014年7月より「成田~ダナン」線、新規就航

日本 海外ツアー オペレーター協会 」サイトより


東急電鉄がベトナムに「沿線開発」輸出

日本経済新聞 」サイトより


ベトナムの都市開発、多摩田園都市を輸出 (1)

ブルームバーグ - Bloomberg.co.jp 」サイトより


カンボジアにリゾート学園都市が誕生

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


カンボジアに軽井沢を創る男

プノンペンから車で3時間、そこは まさに軽井沢だった!

プノンペン初の日本人街で焼鳥を喰らう

リスナーズ株式会社 」サイトより


ANA,2014年3月30日からデュッセルドルフ線を新規就航
同記事に「デュッセルドルフ線を新規開設する。デュッセルドルフはドイツ国内で もっとも在留邦人が多い都市で、デュッセルドルフ市近郊を含めるとヨーロッパで最大級の日本人コミュニティーが形成されている。

ビジネス環境が整っているため、日系企業が多数進出をしており、新たに直行便を開設することで顧客の選択肢を広げる」などの記述があります。

レスポンス 」サイトより


日本食ブームのパリで日本人街を訪れてみた

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


日本とミャンマー、ティラワ経済特区共同開発で調印へ

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 」サイトより


ラオス首相「経済特区に日本企業を誘致」

日本経済新聞 」サイトより


ラオス南部の都市サワンナケート,日系企業進出で経済が活性化

レコード チャイナ 」サイトより


タイ、シーラーチャー郡
同記事に「1990年以前は、漁村であり建物、人口も少なかったが、1990年代以降、周辺工業地帯における日本企業進出により、日本人居住街となり世界でも有数の日本人街として成長している」

「郡内の主要産業は農業と工業である。市内における主要産業は日本人関連によるものである。

シーラーチャー市内周辺は、日本人街となっており日本人経済効果により発展した街ともいえる。

シーラーチャー郡には、現在3000人~4000人の日本人が居住しているといわれ、多くが周辺工業団地に勤務するためにシーラーチャー市内に滞在している。市内には、日本人会、日本人学校、幼稚園などもある」

「日本人居住者増加に伴い、日本食レストラン、旅行代理店、ホテル(サービス アパート)、商社、日本人用 本屋なども進出しており、世界でも稀にみる日本人街へと成長している」などの記述があります。

Wikipedia 」サイトより



世界中から観光客が集まる小布施の秘密 1

モスクワだけでなく、地方都市でも日本ブーム 1

JBpress (日本ビジネス プレス) 」サイトより



日本文化を世界に!官民一体でPR
同記事に「政府は「クールジャパン」として、現代日本の さまざまな文化を海外に向けて宣伝・輸出することを政策として推進しており、ゲームやアニメ、漫画、ファッション、化粧品などは すでに国際的に高く評価されている。これを さらに確かなものとするため、政府は銀行など民間15社とともに官民ファンド「クールジャパン機構」を設立」「今後はクールジャパンによって日本文化を海外にアピールすることで、文化や衣食住に関連する製品・サービスの海外展開を支援し、さらに それらを観光資源として、海外から日本を訪れる観光客の増加を図る」

「PR戦略の海外拠点として「ジャパン・ハウス」を建設することを決めた」などの記述があります。

「クールジャパン」、日本経済の救世主となるか?
同記事に「外務省を通じクールジャパン関連の各種文化PRイベントを展開する。諸国・地域の若い世代の共鳴を勝ち取り、同時に日本企業の海外進出、クールジャパン効果アップによる外部環境の創造にも期待したい」などの記述があります。

日本が海外で推進する「ジャパン・ハウス」計画
同記事に「日本の外務省は、英ロンドンと米ロサンゼルス、ブラジルのサンパウロの3都市に、日本の対外発信拠点「ジャパン・ハウス」(仮称)を設置する計画」

「ジャパン・ハウスでは和食や和紙、漫画、アニメといった魅力ある日本文化を紹介し、伝統工芸や最先端分野の技術などを現地企業にアピールすることで、経済協力関係の強化を図る」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより



世界最大級の環境保全団体「世界自然保護基金」(WWF)による「生きている地球レポート2010」によれば、人間が自然資源に求める需要が約40年間で倍増しており、現在の消費生活を続けると、2030年までには地球2個分、2050年には地球3個分が必要になるといいます。また、「世界中の人が米国人のような生活を続ければ、地球が4.5個必要になる」とも指摘しています。
【関連情報サイト】


2030年には「地球2個あっても足りない」資源消費に警告

AFPBB News 」サイトより


人類は2015年、「1年分の地球資源」を8か月で使い果たした

WIRED.jp 」サイトより


国連報告「地球は既に限界点」
UN warns environment is at tipping point
同記事に「人為的要因により、気候変動が限界点に迫っている、または既に限界点を越えてしまった地域が いくつもある。

一度限界点を越えると、もう元には戻せない変化が起こリ始め、地球上の生命体も影響を受けるだろう。人間の生活や健康にも大きな悪影響を及ぼす可能性がある」

「窮地に追い詰められた人間は、環境の変動に適応するために急激な生活の変化を余儀なくされるだろう」

「ただし生活の変化には相当の困難を伴うため、政治紛争や経済危機、戦争や飢餓が起きやすくなる」などの記述があります。

ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より


世界中が中国人と同じ生活をすれば、地球1.2個分の資源が必要
同記事に「英公共放送BBCによると、中国は小売店やデパートにしても、ネットの通販サイトにしても、年がら年中、頻繁に大規模な割引セールを行っているが、このようなやりたい放題の消費行動がもたらす環境破壊という代償を懸念し始めている人が増えている」

「世界自然保護基金(WWF)は「エコロジカル・フットプリント報告書2012」を発表した。

「エコロジカル・フットプリント(EF)」とは、地球の環境容量を表す指標であり、人間活動が環境に与える負荷を、資源の再生産および廃棄物の浄化に必要な面積として示した数値(例えば、化石燃料の消費によって排出される二酸化炭素を吸収するために必要な森林面積。道路、建築物などに使われる土地面積。食糧の生産に必要な土地面積などを合計した値)である。

同報告書によると、中国のEFは世界トップで、中国人が消費している資源は中国国内の生態系で賄える量の2.5倍に上る。つまり、中国人が地球環境に与える負担は世界で最も大きい」

「個人消費需要の急速な拡大は、中国の資源消費を加速させる最も大きなパワーである。

WWFインターナショナルのジム・リープ事務局長は、「家電製品や車は、製品そのものがエネルギーを消費する。

その上、もちろん衣料品や食料なども購入する。このように、EFのほとんどが、人々の過剰消費によってもたらされる」と話す。

リープ事務局長は「もし、世界中の人が皆、中国人と同じ生活を送れば、地球1.2個分の資源が必要になる」とし、「中国の人口1人当たりの消費は世界74位と低水準だが、他の先進国が歩んできた道を同じように進んだところで、中国に その巨大な代償を払う能力はないだろう。それは誰が見ても明らかな事実だ」と指摘した」などの記述があります。

中国の高齢者、2025年に3億人突破=急がれる高齢化対策

高齢化のピークを迎える中国、20年後に雪崩式の年金赤字が発生

レコード チャイナ 」サイトより


中国の年齢別人口の不均衡、労働人口数十年ぶりの減少

AFPBB News 」サイトより


地球「人口爆発」解決のカギは日本人 - 1

地球「人口爆発」解決のカギは日本人 - 2
同記事に「タンパク質の合成、水耕栽培などによる食糧対策、太陽光や風力、海流波などを利用したエネルギー開発、宇宙開発による鉱物をはじめとする新資源利用の検討...と幾多の技術が想定できます。

しかし、こうした技術の実用化・普及には、早くても十数年から、50~100年をかける必要があり、そのための資金を企業や国家が支援し続けられるのか、そもそも人口爆発に間に合うのか、という問題があります。

また、仮に成功したとしても、結果として人口を増やしてしまうという皮肉を生んでしまう可能性も否定できません。

そこで考えられるのは、人口増に反比例するように、人類が地球にかける負荷を漸減させることではないでしょうか。

つまり、日本古来の生活の知恵「もったいない」「間に合わせで我慢する」「無駄をなくす」の"3M"を実行することが、効果的な緩和策になると思います。

決して西欧的な3M=「Much」「More」「Many」を求めないことに尽きるのです。

敢えて西欧的な思想に準拠するなら「One for All. All for One.」の概念、つまり節操ある共生の理念が問われるはずです。

こうした精神文化と、日本的モノ造り技術「軽薄短小」志向などが、上手くかみ合って、グローバルに展開できれば、難題の人口問題に解決の糸口を見出しうるのではなかろうかと思います。

むしろ、日本の先導性が、今求められているのです」などの記述があります。

地球「人口爆発」解決のカギは日本人 - 3
同記事に「グローバルなボーダーレス時代を生かすには、日本の資本や技術力を生かす外地進出によって、労働力不足を現地で確保する方が、妥当な戦略であろうかと確信しております。

工業のみならず、農業や商業、ハイテク インフラや、コンテンツ ソフトなど」「日本の人材と財が生かされる分野は無限にありそうです」などの記述があります。

産経ニュース 」サイトより


【関連記事】


移民政策



専門家によれば、1人っ子政策を緩和するよりも、世界で成功している華僑、華人を中国のために本国に呼び戻す「真の愛国政策」の導入が急務であり、華僑、華人を本国に還流させることが、中国の財政、年金問題の改善に寄与し、海外で成功している華僑、華人が暮らしやすい環境を整備することで、環境問題の改善にもつながるという専門家の指摘には、非常に強い説得力があります。

ちなみに中国は13億の人口があり、年間1000万人 ( 一人っ子政策の廃止後の目標は1700万人 )のペースで人口が増加しています。

人口が増加し、食糧事情も限られていく中、世界の人口の急増に伴う、環境問題を解決する環境技術・省エネルギー技術・省資源技術をもつ日本企業や日本の技術者の需要や重要性が増すなかで、日本企業や日本の技術者が地震災害などにより その多くが失われることになれば、地球環境の持続は極めて困難であるという専門家の指摘があります。



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ緻密な情報、厳選リンクも満載