【環境・自然】環境や気候の良い国、自然災害の少ない安全な国とは

海外移住と台風の世界地図

台風・ハリケーン・サイクロン (熱帯性低気圧) 進路の世界地図により、台風の多い国や台風災害のない安全な地域が一目瞭然。

世界最強の台風、台風による史上最悪被害・最大風速・最大瞬間風速の歴代記録ランキング、台風・ハリケーン・サイクロンの違い、台風と地震の関係、北半球と南半球で渦が反対の理由など興味深い情報も紹介。



      海外移住の地図帳|更新情報
台風・サイクロン・ハリケーン(熱帯性 低気圧)の経路図Map of all tropical cyclone tracks from 1945 to 2006. Equal-area projection.

台風・サイクロン・ハリケーン(熱帯性 低気圧)の経路図

[ 出典 ] Tropical cyclone (英語)

Wikipedia 」サイトより (英語)



このページに「ふりがな」(ruby)を付ける

ひらがな めがね 」サイトより



日本は夏から秋にかけて台風が常襲する台風災害多発国です。

特に沖縄周辺地域では、世界で最も勢力の強い台風が常襲する危険地域となっています。


台風による死亡リスクの世界地図

台風による死亡リスクの地図

[ 出典 ] Natural Disaster Hotspots(英語)

social sciences data and applications center 」サイトより (英語)



過去170年間の「ハリケーン・台風・サイクロン」の世界地図

砂漠地帯イエメン,観測史上初のサイクロン,10年分の雨で洪水

「台風研究」の最前線 - 担うのは、次世代スパコン「ポスト京」

JAXAとNASAの共同ミッション:衛星による台風の3次元構造

WIRED.jp 」サイトより


太平洋にハリケーンふたつ、史上初のハワイ島直撃か

Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン) 」サイトより


怪物ハリケーン「マシュー」、カリブ海・米国で猛威

イエメンのソコトラ島、1週間でサイクロン2つ直撃

フィジーに超大型サイクロン接近、国際線が欠航に

フィジー史上最大のサイクロンが上陸、同国初のカテゴリー5

インド東部に大型サイクロン直撃、10人死亡 1万8000人が避難

強い台風26号、クリスマスにフィリピン上陸予想

フィリピン直撃の台風26号、死者6人に 行方不明者18人

サイクロン ディネオ,モザンビークで死者7人,13万人に避難命令

マダガスカル、大型サイクロン直撃、50人死亡

AFPBB News 」サイトより


デジタル台風:雲画像動画アーカイブ(全球画像)
(台風・サイクロン・ハリケーンの過去の経路図)

北本研究室 / 国立情報学研究所 」サイトより



観測史上初、太平洋にカテゴリー4のハリケーンが3つ同時発生
同記事に「3つのハリケーン「キロ(台風17号)」「イグナシオ」「ヒメナ」が太平洋の真ん中を移動中だ。

2015年8月30日の時点で、いずれも「カテゴリー4(「非常に強い台風」と ほぼ同等)」に分類されている。

太平洋北東部で これほど強いハリケーンが3つも同時に発生するのは前例がない」

「さらには、4つ目となりそうな熱帯低気圧「fourteen-e」が、バハカリフォルニア半島の南西を北上している。

予測では、間もなくハリケーンの前段階であるトロピカルストームへと発達するとのことだ。その場合、「ケビン」と命名される予定だという」などの記述があります。

熱帯低気圧、両極寄りに移動の傾向

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


スーパー台風
スーパー台風

コトバンク 」サイトより


宇宙から撮影した超巨大台風「メイサーク」
同記事に「2013年に壊滅的被害をもたらしたスーパー台風「ハイエン」(平成25年 台風 第30号)は、風速100m超でフィリピンの中部ヴィサヤ地方を直撃し、計7300人以上の死者を出した」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


中国に上陸のスーパー台風、過去67年で最強

レコード チャイナ 」サイトより


猛烈な台風14号、台湾南部で観測史上最大の瞬間風速記録
同記事に「最大瞬間風速は73メートル。台湾の中央気象局(Central Weather Bureau)によれば、恒春鎮の観測所は過去120年で前例のない強風を記録した」などの記述があります。

スーパー台風14号、台湾を直撃 21年で最大の勢力

「スーパー台風」14号、中国福建省に上陸 過去67年間で最強

中国で台風14号の死者,28人に 871年前に建造された橋も破壊

フィリピン、立て続けにスーパー台風 北部上陸の見通し

スーパー台風直撃で非常事態宣言、ミクロネシア

史上最強のハリケーン「パトリシア」、メキシコに上陸

フランス西部でハリケーン並み暴風、約7万世帯停電
同記事に「フランスでは2016年11月20日、西部と北西部でハリケーン級の暴風が吹き荒れ、約7万世帯が停電に見舞われた。

フランス気象局(Meteo France)によると、ブルターニュ(Breton)半島とノルマンディー(Normandy)地方沿岸部では19日夜から20日かけて風速44メートルの暴風が吹き荒れた」

「フランス気象局は、大西洋(Atlantic)の北東部で低気圧が発生し、仏北西部に向かって吹く強い気流と相まって「年に3~4回しか起きない暴風」を生んだと説明している」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより



日本人を不幸にしているダメ習慣5つ - 1
同記事に「日本人は さまざまな意味で"不幸を背負いやすい"国民であると言える。

「その根幹にあるのは、何千年にもわたって育まれてきた日本人のメンタリティでしょう。

自然災害が頻発する土地柄だったことが影響して、何事もいずれは無に帰す......というような諦めが染みついてしまっている」などの記述があります。

日本人を不幸にしているダメ習慣5つ - 2

日刊SPA! 」サイトより


【関連記事】


日本人街・経済特区
(危険な災害多発国で「防災」から、災害の少ない安全な国で「免災」という発想。)



【写真特集】世界が抱える環境移民という時限爆弾 - 1

【写真特集】世界が抱える環境移民という時限爆弾 - 2

【写真特集】世界が抱える環境移民という時限爆弾 - 3

ニューズ ウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より


大気汚染とハリケーン
大気汚染でハリケーン発生率低下、英気象庁研究

AFPBB News 」サイトより


アジアの大気汚染が台風を強大化させている

レコード チャイナ 」サイトより


【関連記事】


大気汚染の世界地図



季節の変わり目、秋の台風シーズンに多くみられる ぜんそく

メディカルiタウン 」サイトより


「低気圧」で体調不良を起こしやすい人の特徴 - 1

「低気圧」で体調不良を起こしやすい人の特徴 - 2

「低気圧」で体調不良を起こしやすい人の特徴 - 3

「低気圧」で体調不良を起こしやすい人の特徴 - 4

東洋経済オンライン 」サイトより


【関連記事】


気候分布の世界地図

世界の天気


台風と地震の関係
大地震は台風の後に やってくる、米大研究

エルサルバドル沖でM7の地震、ハリケーン直後 一時 津波注意報
同記事に「中米エルサルバドルとニカラグア沖の太平洋(Pacific Ocean)で2016年11月24日、マグニチュード(M)7.0の地震が発生し、両国の当局は警戒のため津波注意報を出して沿岸住民に避難を促した。

ニカラグアでは その1時間前、カリブ海(Caribbean Sea)沿岸に強力なハリケーンが上陸したばかりだった。

米地質調査所(USGS)によると、震源はエルサルバドルの沖約120キロで、震源の深さは10.3キロ」

「地震発生の1時間前には、ニカラグアの もう一方の沿岸のカリブ海側を強力なハリケーン「オットー(Otto)」が上陸し、風速約49メートルという猛烈な風に見舞われた。

ハリケーンと地震という2つの自然災害に同時に見舞われたことは、おおむね貧しく大災害への備えが十分でない この地域の住民にとって厳しい試練となった」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


豪雨が数年後の大地震を誘発?
同記事に「豪雨が地震の引き金を引く可能性がある。こうした事例を、フロリダ州にあるマイアミ大学のシモン・ウドウィンスキ(Shimon Wdowinski)氏は「災害の引き金を引く災害」と呼んでいる。 ウドウィンスキ氏が最初に暴風雨と地震の関連に気付いたのは昨年のことだ。2010年初頭にハイチに壊滅的被害をもたらしたマグニチュード7.0の地震は、この地域が複数のハリケーンや熱帯暴風雨による豪雨被害を受けた わずか18か月後のことだった。

また別の例を挙げると、2009年にマグニチュード6.4の地震が台湾を襲ったが、それもこの地域が台風8号「モーラコット」により5日間で2.9メートルという降雨の被害を受けた7か月後の出来事だ」

「1999年に台湾で起きたマグニチュード7.6の地震の3年前にも、台風9号「ハーブ」によって2メートルという豪雨が もたらされていたことが分かった。

ウドウィンスキ氏の分析によって、台湾の大地震(ここではマグニチュード6以上のものを指している)の大部分は、このような暴風雨から4年以内に起こっており、暴風雨の影響がなかった場合に比べて5倍の確率だということが明らかになった」などの記述があります。

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


豪雨が数年後の大地震を誘発? (英語)
(Heavy Rainfall Can Cause Huge Earthquakes)

National Geographic 」サイトより (英語)


【関連記事】


地震分布の世界地図

西南日本の超巨大地震

日本壊滅地震で世界危機

超巨大地震の世界地図


ハリケーンと原発
ハリケーンの影響で米東部の原発3基が停止、別の1基で警戒宣言

AFPBB News 」サイトより


アメリカ原発のハリケーン対策 (英語)
(U.S. Nuclear Plants Brace for Hurricane Sandy Impact)

同記事に「オイスタークリークを含む複数の原発では、使用済み核燃料の安全性に関する懸念も指摘されている。保管する冷却プールに非常用電源が義務づけられていないからだ」

「冷却を続けなければプールの水が蒸発し、損傷した燃料棒が放射性物質を放出する悪夢のシナリオが待っている」などの記述があります。

National Geographic 」サイトより (英語)


日本の地名と災害

日本が自然災害多発国であることは地名などからも わかります。


【関連情報サイト】


自然災害から出来た地名

裏辺研究所 」サイトより


地名由来辞典 」サイト
地名由来辞典は日本全国の都道府県名・市区町村名の由来を解説するサイトです。



日本は世界有数の自然災害多発国です。台風以外の自然災害リスクもあります。


【関連記事】


地震分布の世界地図

火山分布の世界地図

津波の世界地図



富士山 宝永噴火のような爆発的噴火が現代に起こったら?
同記事に「火山灰や火山れきが数10cm以上降り積もった地域では、田畑が全滅して作物を作ることができませんでした」

「農民の多くは田畑を捨て、流民化していった」

「山地の火山灰は放置されたままでしたから、雨が降るたびに土石流が発生し、河床を埋め、さらに洪水が発生しやすくなるということが繰り返されました」

「酒匂川流域は噴火後も数10年にわたって、洪水や土石流の被害に悩まされ、農業の復活は非常に遅れることになりました」などの記述があります。

NHK そなえる 防災 」サイトより


【関連記事】


火山分布の世界地図

食糧自給率の世界地図

交通事情の世界地図


【台風情報サイト】


台風情報

高解像度 降水ナウキャスト

気象庁 」サイトより


台風情報

豪雨レーダー

日本気象協会 tenki.jp」サイトより


台風リアルタイム・ウォッチャー 」サイト
地図で台風情報と各地の災害状況が一目瞭然。


JAXA/EORC 台風データベース

AMSR-E 台風速報

地球観測研究センター 」サイトより


気象情報

防災情報【ハザードラボ】 」サイトより


地球全体の気流・気温・海面水温などを地図に表示するサイト

地球レベルの雨雲の様子も台風の動きも わかる「Forecast.io」

河川の決壊による浸水リスクを動くアニメで把握「浸水ナビ」

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


地点別 浸水シミュレーション検索システム (浸水ナビ)

治水地形分類図

国土地理院 」サイトより


予報や気温などの天気情報が すぐにわかる「Forecast.io」

世界中の風の動きや気温をリアルタイムで把握できるサイト

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


Forecast.io 」サイト(英語)
雨雲や台風の状況が一目瞭然!1週間の天気予報もわかる地球規模の気象予報サイト。


Windyty」サイト (英語)


Weather Underground 」サイト(英語)


Earth Wind Map 」サイト (英語)
( 地球の風の動きをリアルタイムで視覚化した世界地図 )


オフショア風力発電でハリケーンの勢力は弱めることができる (英語)

Newsline 」サイトより


台風を利用可能エネルギーに...「台風発電」とは

Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン) 」サイトより


プロペラがない「マグナス力」を利用する風力発電機
同記事に「垂直軸型マグナス風力発電機は、従来のプロペラ方式ではなく、気流で円筒を回転させたときに発生する「マグナス力」を利用して回転する。

微風でも強風でも対応して発電する風力発電機で、プロペラがないため、台風などによる倒壊の課題も解決する」などの記述があります。

環境ビジネス オンライン 」サイトより


株式会社 チャレナジー - Challenergy Inc. 」サイト


【関連記事】


日本人街・経済特区

大気汚染の世界地図

資源分布の世界地図


ハリケーン・サイクロン・台風の違い
ハリケーン、サイクロン、台風の違い?

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


世界の台風(タイフーン)・ハリケーン・サイクロンの違い

agora.ex.nii.ac.jp 」サイトより



※ハリケーンはカリブ海の邪悪な神ハリカン(Hurrican)に由来。

最大風速と最大瞬間風速
歴代 気象記録ランキング
(最高気温、最低気温、降水量、最大風速、最大瞬間風速、歴代ランキング)

気象庁 」サイトより


最大風速と最大瞬間風速

金沢地方気象台 」サイトより


「最大瞬間風速」「瞬間最大風速」どちらが正しい?

NHK放送文化研究所 」サイトより


風速

Wikipedia 」サイトより


台風やハリケーンの強さによる分類(カテゴリー)
デジタル台風:台風の強さと大きさ - 気圧と風速の単位

agora.ex.nii.ac.jp 」サイトより


【ノット (kt)】


ノットとは速さの単位で、1ノットとは1時間に1海里( nautical mile )を進む速さのことです。ノットを時速に変換するには、1kt=1.852km/h=0.514m/s。ノットの値を2倍にするとkm/hの値になります。また、マイル/h ( mph )を時速に変換するには、mph×1.609で時速を求めることができます。


日本の台風の記録
最大瞬間風速:1966年、第2宮古島台風による85.3m/s。


【関連情報サイト】


台風の発生数、接近数、上陸数、経路
同記事「台風は30年間(1981~2010年)の平均で年 約26個発生し、昭和26 (1951) 年以降の台風の発生数の最多は39個(昭和42 (1967) 年)、最少は14個(平成22 (2010) 年)です。そのうち平均で約3個が日本に上陸しています」などの記述があります。

台風第20号 昭和54年(1979年)
同記事に「10月6日にトラック島の南東海上で発生した台風 第20号は、12日には中心気圧が870hPaと、観測史上 世界で最も低い気圧となるなど猛烈に発達した」などの記述があります。

気象庁 」サイトより


昭和54年 台風 第20号
同記事に「昭和54年台風第20号、(国際名:チップ〔Tip〕、フィリピン名:Warling) は、1979年(昭和54年)10月に発生し、海上において観測史上 世界で最も低い中心気圧 (870hPa) を記録した台風である」

「10月19日、和歌山県 白浜町付近に上陸した。上陸時の勢力は中心気圧965ヘクトパスカル、最大風速35m/sであった。その後 本州を縦断し、北海道 釧路市付近に再上陸した。台風は、温帯低気圧に変わった後に再発達し、10月20日15時には950ヘクトパスカルとなった。温帯低気圧はアリューシャン沿いに東進後、22日には西経域へ出た」などの記述があります。

Wikipedia 」サイトより


日本の過去の台風災害・被害
(昭和の三大台風、史上最大の台風など)
同記事に「実は、「昭和の三大台風」に匹敵するほど強大な台風は、1961年の第二室戸台風を最後に40年以上の間、沖縄などの離島を除けば日本列島には接近していません」

「最近の日本には非常に強大な台風が接近していない、あるいは逆に1930年代の半ば〜1960年初頭は、現在と比べても日本に接近する非常に強大な台風が多かった」

「最近 百年弱の間で最も強力な台風は、いずれも1934年から1961年までの期間に続々と日本に接近していた」

「最近は地球温暖化によって台風が強大化しているのではないかという議論が盛んですけれども、実はデータを見る限りでは、過去の強大な台風に匹敵する勢力の台風は近年の日本(本土)には上陸していないのです」などの記述があります。

agora.ex.nii.ac.jp 」サイトより



1931年 中国大洪水
同記事に「この洪水は記録が残る中で最悪の自然災害の一つと一般にみられており、また疫病と飢饉を除いて、20世紀最悪の自然災害であることは ほぼ確実である。

推定死者数は、14万5000人とするものから、370万-400万人とするものまである」

「1928年から1930年まで、中国では長期の旱魃に見舞われた。

いくつかの記録によれば、華中では1930年末の冬から異常気象となり、激しい冬の嵐ののち、春の雪解けと豪雨によって川の水位が大幅に上昇した。

1931年7月・8月には雨は さらに勢いを増した。1931年は また、台風の活動が極めて活発だった年でもあり、年平均わずか2個の台風しか発生しない この地域に、この年の7月だけで7個の台風が襲来した」

「被害地域は湖北省や湖南省、江西省、武漢市、重慶市などであった。

8月19日には武漢市の漢口で水位が通常時を16m上回り、高水位線にまで達した。ちなみに通常時の平均水位は、上海外灘より1.7m高い程度である。

1931年8月25日夜、京杭大運河の増水によって高郵湖 近くの堤防が決壊し、この決壊による洪水で、就寝中の約20万人が水死した」などの記述があります。

Wikipedia 」サイトより


【関連記事】


洪水の世界地図


熱帯季節内振動(マッデン・ジュリアン振動:MJO)とは
低緯度域における雲の集団化(MJO)は、中緯度の気候にも影響

富山大学理学部 / 富山大学大学院 理工学教育部 理学領域 」サイトより


マッデン・ジュリアン振動

Wikipedia 」サイトより


熱帯季節内振動(MJO)

一般社団法人 日本気象予報士会 」サイトより



寒冷化予兆 太陽11年周期の磁場転換起きず,黒点も最少 1

寒冷化予兆 太陽11年周期の磁場転換起きず,黒点も最少 2
同記事に「2006年9月に打ち上げられた日本の太陽観測衛星「ひので」が集めたデータによると、太陽の北極は すでに昨年から磁場がS極(マイナス磁場)からN極(プラス磁場)に替わっているが、南極は依然としてN極のままの状態が続いている。その一方で低緯度地帯(赤道近辺)にS極が現れ、観測史上例がない"太陽の磁極の4極化"という異常現象さえ起きている」

「17世紀に類似現象:かつて、今年と似た現象は17世紀にも起きている。その時は約70年間にわたって黒点が ほとんど出現せず、地球は寒冷化した。

「地球は間違いなく寒冷化に転じると断言する専門家も決して少なくない」などの記述があります。

産経ニュース 」サイトより


太陽活動の低下、地球への影響は?
同記事に「最近の太陽表面は、驚くほど穏やかな状態が続いており、黒点の数が20世紀の どの時期よりも少なくなっている。この現象に興味を そそられた科学者たちは、それが この地球上で何を意味するのかに思いを巡らせている」

「黒点から放射される強烈な電磁エネルギーは、太陽の紫外線放射やX線放射、太陽嵐などに重大な影響を及ぼす。

太陽嵐は、地球上の通信網や電子ネットワークを遮断する恐れがある。また、黒点活動は、地球の気候にも影響を及ぼす可能性がある」

「サイクル24は、もう1つ驚くべき点で、標準から外れている。

太陽磁場は通常、各11年周期の最後のあたりで北極と南極の磁場の性質が同時に反転し、極性が変化する。

磁場の強度は、極性反転が起きている間はゼロ近くまで低下し、極性が逆になったら再び高くなると科学者らは説明する。

だが今回は、これとは異なることが起きているようだ。北極では すでに数か月前に極性が反転しており、現在は南極と同じ極性になっている」

「長期にわたる太陽活動低下期の始まりかもしれないと推測する研究者もいる。

前回同様の現象が発生した、17世紀半ば頃から18世紀前半頃の間の いわゆる「マウンダー極小期(Maunder Minimum)」には、黒点が ほとんど観測されなかった。

この時期、地球上では気温が急激に低下し、欧州と北米で いわゆる小氷期(Little Ice Age)が起きた。

黒点の数が少ない状況が さらに続くと、地球の気候が再び影響を受ける可能性が出てくる」などの記述があります。

誕生時の太陽活動で寿命が決まる? ノルウェー研究
同記事に「太陽は11年周期で「活動期」と「静穏期」を繰り返すが、その静穏期に生まれた人たちは活動期に生まれた人たちよりも平均して5年ほど寿命が長いとする研究結果が、英学術専門誌「英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)に発表された。

研究を行ったノルウェー科学・技術大学(Norwegian University of Science and Technology) のチームが、教会の記録による1676~1878年生まれのノルウェー人8600人の人口統計データを、太陽の活動周期に関する観測データと重ね合わせて分析したところ、強力な太陽フレアと磁気嵐が発生する「太陽極大期」に生まれた人たちの寿命は、「太陽極小期」に生まれた人たちよりも平均して5.2歳 短かった。また、この傾向は男性よりも、女性で顕著だった」

「さらに太陽活動は、おそらく生物の細胞やDNAに損傷を与えることで繁殖活動に影響を及ぼすことが知られている環境ストレスの紫外線 放射量とも関連している。

また太陽活動期に生まれた人のうち、貧困層の家庭に生まれた女性の出産率は「大幅に減少」していたが、こうした生殖活動に関する違いは富裕層に生まれた女性や男性全般では みられなかった。

研究チームは「乳児の生存率、ひいては寿命だけではなく、生殖能力にも太陽の活動周期が関連していることを初めて示した」などの記述があります。

南極でマイナス93.2度、史上最低気温を更新

北極圏の海氷の量、前年比50%回復

AFPBB News 」サイトより


あと5〜10年で地球は極寒に!最新の太陽研究が予測 - 1
同記事に「太陽の活動周期に関する新しい数学モデルによると、17世紀に起きたマウンダー極小期と「小氷期(ミニ氷河期)」が、あと15年ほどで再び訪れる可能性があるという」

「地球は2030年代に 「小氷期」(ミニ氷河期、Little Ice Age, LIA)に入る可能性があるらしい。

この予測は、英国のノーザンブリア大学が開発した、太陽の活動周期の新しい数学モデルが示したものだ。

この計算によると、2030年代には太陽活動が60パーセント低下し、地球の温度が急激に低下するという。

小氷期とは14世紀ころから19世紀半ばにかけて続いた寒冷な期間のことだ」

「最も厳しい寒さが続いた期間は、太陽の黒点の数が著しく減少した、1645〜1715年の「マウンダー極小期」と一致している」

「マウンダー極小期は、太陽内部の深い場所にある流体の対流によって起きると考えられていたが、新しい研究では、第2の力が はたらいている可能性が示唆されている。

太陽内部にある異なる層を伝わる2つの波が、太陽活動を支配するというのだ。この2つの波の同期がずれたときに、地球の気温が低下する。

これらの波は いずれも11年周期で動いており、太陽の北半球と南半球の間で変動する。2つの波が同期している間は、黒点のような太陽活動が活発になり、同期がずれると活動が低調になる。

研究のリーダーを務めたノーザンブリア大学のヴァレンティーナ・ジャルコヴァ教授(数学)によると、現在の太陽活動についての予測を実際のデータと比較したところ、精度は97パーセントに上ることが わかったという」

「ジャルコヴァ教授のチームでは、1976年から2008年までの太陽活動のデータを使って自分たちの理論を試してみた。

理論が一致することが明らかになると、次は そのモデルを使って、今後の太陽の活動周期中に2つの波の動きが それぞれ どのようになるかを予測した」などの記述があります。

あと5〜10年で地球は極寒に!最新の太陽研究が予測 - 2
同記事に「それによると、2022年にピークを迎える第25周期までは、2つの波がお互いを相殺する傾向が次第に強まるという。

2030年から2040年にかけての第26周期に入ると、2つの波の同期が完全にずれ、太陽活動が「大幅に低下」するという。

「第26周期では、2つの波が完全に鏡のような動きになります。ピークの時期は同じですが、それぞれ太陽の反対側の半球内で発生します。

この相互作用は阻害的、つまり お互いを ほとんど打ち消してしまいます。

これによって、『マウンダー極小期』の特性が生じることになると予想しています」と、ジャルコヴァ教授は述べている」

「ジャルコヴァ教授の予想が正しければ、370年間にわたって人類が経験することのなかったような、凍りつくような気温に戻ることになる。

この期間中はテムズ川が凍結し、冬には「フロストフェア」(氷上縁日)が定期的に開催され、川の上で露店やアイススケートをする人々の姿が普通に見られた。

記録によると、1683年から1684年にかけての冬には、テムズ川が2か月間、28cmの厚さの氷で凍結したという。

氷は英国、フランス、ベルギー、オランダなどの沿岸沖 数kmまで広がり、交易や漁業に打撃を与えたと伝えられている」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


南極でマイナス93度を観測、最低気温を更新

ロイター.co.jp 」サイトより


南極の氷床は増加している、NASAが定説には反する新調査報告

Newsline 」サイトより


北半球が2015年以降に寒冷化

マイナビ ニュース 」サイトより


始まるか、北半球の寒冷化 世界の平均気温上昇が停止状態 - 1

始まるか、北半球の寒冷化 世界の平均気温上昇が停止状態 - 2

始まるか、北半球の寒冷化 世界の平均気温上昇が停止状態 - 3

始まるか、北半球の寒冷化 世界の平均気温上昇が停止状態 - 4

SankeiBiz (サンケイビズ) 」サイトより


太陽活動の低下がもたらす地球の異変 大災害時代 - 1

太陽活動の低下がもたらす地球の異変 大災害時代 - 2
同記事に「太陽活動が弱い時期には、透過力の大きなイオン化された宇宙線が地球に降り注ぐ量が増大する。

宇宙線は地球内部を加熱することにより、外核から放射される熱エネルギー量が多くなるため、地球内部の火山・地震活動が活発になる」

「太陽活動と地震活動の関連を示唆する研究結果が、2011年11月の地球電磁気・地球惑星圏学会で発表されている。

九州大学の湯元清文 宙空環境研究センター長のチームによれば、1963年から2000年までの太陽の黒点数と同時期に発生したマグニチュード4以上の地震との関係を調べたところ、「太陽の黒点数が少ない時期ほど巨大地震の発生頻度が高い」ことが判明した」などの記述があります。

太陽活動の低下がもたらす地球の異変 大災害時代 - 3
同記事に「太陽活動の低下で寒冷化が起きるメカニズムについては様々な説がある(太陽が放射するエネルギーが減るから、という簡単なものではない)。

それらの中で、1997年にデンマークの宇宙物理学者ヘンリク・スベンスマルクが提唱した説が有力だ。

その説とは、「地球上の雲は、銀河系の彼方から飛んでくる強力な宇宙線のせいでできる」というものだ。

飽和水蒸気に何らかの刺激が加わると一気に 水蒸気が液化し、大気中を浮遊する小さな塵を核にして水の微粒子となる。これが雲である。

太陽活動が低下すると宇宙線の量が増え、より たくさんの雲が発生するようになる。雲は太陽光線を宇宙に反射するから、その分、地球は寒冷化することになる」

「横山祐典 東京大学 海洋研究所准教授の研究チームが、国宝五重塔で知られる奈良県の室生寺の樹齢392年のスギ老木などの年輪を分析し、太陽磁場の活動が弱まると、地球に降り注ぐ宇宙線の量が増大し、北半球は広範囲にわたり寒冷化していた」などの記述があります。

太陽活動の低下がもたらす地球の異変 大災害時代 - 4
同記事に「樹木年輪に含まれる酸素同位体から当時の気候(主に湿度や降水量)を「復元」してみた。

すると、マウンダー極小期に当たる江戸時代初期の日本は、周期的に雨が多い湿潤な気候になっていたことが分かったという(日本は最近異常降雨による災害が増加しているが、今後ますます この傾向は高まるのだろうか)」などの記述があります。

太陽活動の低下がもたらす地球の異変 大災害時代 - 5
同記事に「21世紀に入り、H5N1型強毒性鳥インフルエンザをはじめ、H7N9型鳥インフルエンザやMERS(中東呼吸器症候群)などのパンデミック(感染症の世界的な大流行)が懸念されているが、寒冷化が進行すれば そのリスクは飛躍的に増大する(感染症ウイルスの活動は低温期に活発化する傾向が高い)。

さらに今後は、想定外とも言える大規模自然災害が多発することも懸念される」

「特定のリスクに対策を集中するのではなく、あらゆる被害の発生を想定した上で、その被害を最小化する取り組み(減災)が ますます重要になっている」などの記述があります。

JBpress (日本ビジネス プレス) 」サイトより


研究者が「ミニ氷河期に突入する可能性がある」と警告

2011年3月,スーパームーンが地震や火山活動を引き起こす?
同記事に「最大規模の接近は19年ぶりだが、一般的なスーパームーン現象は1955年、1974年、1992年、そして2005年に起きた」

「2004年12月に発生したスマトラ島沖地震(マグニチュード9.3)は、2005年1月に観測されたスーパームーンの2週間前に発生。

1974年12月に発生し、オーストラリアのダーウィンを襲った「トレーシー台風」も、スーパームーンの時期と重なっている」などの記述があります。

ロケットニュース24 」サイトより


【写真特集】スーパームーンと皆既月食の共演、世界各地で観測

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


宇宙放射線・地磁気

日本人街・経済特区

日本壊滅地震で世界危機

気候分布の世界地図

重力分布の世界地図

平均寿命の世界地図

火山分布の世界地図


史上最悪の被害をもたらした熱帯性低気圧
1970年のボーラ・サイクロン
同記事に「1970年のボーラ・サイクロン(英:1970 Bhola cyclone)とは、1970年11月12日に東パキスタンのボーラ地方(今日のバングラデシュ)とインドの西ベンガル州を襲ったサイクロンである。ベンガル・デルタ地帯の標高が低い島々が高潮に襲われ、これを主な原因として もっとも控えめな見積でも20万5000人以上、最大50万人と推定される人命が失われ、サイクロンとしては史上最大級の犠牲者を出した。

近代以降の自然災害全般の中でも最悪のものの一つである。

この被害が余りに激甚であったことが直接的な契機の一つとなって、以後パキスタンは内戦状態に陥り、翌年バングラデシュが独立した」などの記述があります。

Wikipedia 」サイトより


【関連記事】


地政学の世界地図



躍進するアジアの原子力 | バングラデシュ人民共和国

躍進するアジアの原子力 | パキスタン・イスラム共和国
(パキスタンの主な原子力関連施設の分布地図などを掲載)

日本原子力産業協会 」サイトより


パキスタン、中国の支援を受けて原発建設に向け作業開始

パキスタン、中国製原子炉新規導入のための資金を承認

バングラデシュ、国内初の原子力発電所を着工
同記事に「バングラデシュの首都・ダッカの北120kmにあるルーパーにおいて、ロシアの協力を得た原子力発電所(出力100万kw×2基)の1基目の建設工事が始まった。同機は60年間運転が期待されており、さらに20年間の延長も可能という」などの記述があります。

電気事業連合会 」サイトより


台風で台湾の原発緊急停止 避雷装置が破損

日本経済新聞 」サイトより


南アジアで超巨大地震の可能性、最大でM9.0
同記事に「インド亜大陸の北東部とユーラシア大陸との衝突は現在も続いており、それによってバングラデシュを中心とする南アジアの人口密集地帯で巨大地震が起きる危険があることが、新たな研究によって明らかになった。

研究ではバングラデシュに多数設置しているGPS追跡装置のデータを初めて活用し、時間をかけて分析を進めてきた。

その結果、一帯の地震活動が どれほど活発か、また その理由についての議論が一気に前進した」

「1億4000万人以上が住む この地域の真下に巨大活断層があることになる。地質学的に見れば、2011年に日本でマグニチュード9.0の壊滅的な地震を起こしたものと同じ種類の活断層だ」

「さらに、この活断層は動きが止まっていて、1600年代初期にムガール帝国がバングラデシュのダッカを州都とした頃から400年以上にわたって応力が蓄積していることが考えられる。

つまり、地殻活動にともなって幅200キロ以上にわたる地域が跳ね上がる可能性があると、研究者らは科学誌『ネイチャー・ジオサイエンス』で警告している。

もし断層全体が一度に崩壊すれば、最大でマグニチュード9.0の地震が発生する恐れがあるが、この地域は地震に対して無防備なため、きわめて大きな被害が生じるかもしれない」

「インド亜大陸とユーラシア大陸との衝突は4000万年以上にわたって ゆっくり起きている。

衝突によって隆起したのがヒマラヤ山脈だ。この山脈は今も成長を続けている。

山脈が浸食されると、その土砂は世界有数の大河であるガンジス川やブラマプトラ川に運ばれ、1年に10億トンというペースでベンガル湾に流れこむ。

何百万年にわたって堆積した土砂によって、バングラデシュ沿岸の大陸棚は400キロほど広がった。

1400万人以上が暮らす大都市ダッカや その近郊地域が直面している脅威を明確に示すことができない一因はこの肥沃な堆積物にある。

「厚い堆積物が あらゆる場所を覆っており、そういった場所には さまざまな地質が含まれています」と米オーバーン大学の堆積地質学者であるアシュラフ・ウッディーン氏は言う。

「まだ観測もできていませんし、詳しい研究もできていません」

米コロンビア大学の地質学者マイケル・ステックラー氏らの研究チームは2003年から2014年にかけ、26台のGPS追跡装置を使ってバングラデシュ西部地域がインド半島と比べて どれほど動いたかを綿密に観測した。

過去にインド北東部やミャンマーで実施されたGPS調査のデータと今回のバングラデシュの観測データを組み合わせたところ、ミャンマーのシャン高原全体はインド半島に比べて毎年 約46ミリのペースで南西方向に動いていることがわかった。

ここから既知の断層の動きを差し引くと、現在インドプレートがユーラシア プレートの下で すべっている距離と一致。

さらに、この一帯の動きの特徴から、インドプレートはミャンマー北西の山脈の下で動きを止め、引っかかった状態になっていることが示唆された。

「これは非常に危険な状態です。蓄積される弾性エネルギーが増えているからです」と、今回の論文の共同執筆者であるダッカ大学の地震学者サイード・フマーユン・アクター氏は話す」などの記述があります。

ナショナル ジオグラフィック 日本版 」サイトより


【関連記事】


アジアの原発地図

地震分布の世界地図


台風 と コリオリの力(Coriolis force )
コリオリの力
同記事に「台風が北半球で反時計回りの渦を巻くのは、風が低気圧中心に向かって進む際にコリオリの力を受け、中心から右にずれた地点に到達するためである」

「地球が(ほぼ)球体のため、コリオリの力の大きさは緯度によって異なる」

「トイレや浴槽で水を流した際の渦の向きはコリオリの力と関係ない。北半球では左回り、南半球で右回りになるというのは誤りである。

なぜなら、渦の規模があまりにも小さいためにコリオリの力はほとんど働かないからある。

トイレの場合は決まった方向に渦を巻くように設計されており、浴槽での渦の向きは、栓を抜いた瞬間の渦の向きや栓や水槽の形などで決まる」などの記述があります。

Wikipedia 」サイトより



黄金律こそが万物を統合する統一理論となる可能性(英語)
同記事に「1.618が哺乳類だけでなく、鳥類、爬虫類、昆虫に至る全ての生物一般に共通した基本数列であるかどうかを、絶滅種を含めて調査することで、生物の場合、1.618を平均とする基本数列が生物学的成長や構造を構成する上で、支配していることを発見した」

「1.618という数値は化学、物理学、時空、相対理論および量子理論においても一般的に見つけることができることを発見した。

例えば、気象学者は既に、ハリケーンの渦の構造の中には1.618の数列を見つけることができることを指摘している。

同じ1.618の数列は渦巻銀河の渦の構造の中にも見つけることができることが既に天文学者によっても指摘されている」

「時空、相対理論および量子理論の これまで異なる概念として考えれてきた理論は、1.618という数列によって大統合して解釈を行うことができるようになる」などの記述があります。

Newsline 」サイトより


貴金属比 [黄金比・白銀比などを計算]

KISHIN 貴真 」サイトより


Webデザイン黄金比 計算ツール

ZAPAnet 総合情報局 」サイトより


Get Ratio 」サイト(英語)


【関連記事】


宇宙放射線・地磁気

地球の夜景・世界地図


藤原の効果の語源・由来とは ( Fujiwhara Effect )
藤原の効果
同記事に「藤原の効果(ふじわらのこうか、英:Fujiwhara Effect)または藤原効果とは、2つの熱帯低気圧が接近した場合、それらが干渉して通常とは異なる進路をとる現象のことである。

1921年に当時の中央気象台所長だった藤原咲平が、このような相互作用の存在を提唱した」などの記述があります。

Wikipedia 」サイトより


ボイス・バロットの法則
ボイス・バロットの法則 とは
同記事に「オランダの気象学・物理化学者ボイス・バロットChristoph Hendrik Diederik Buys‐Ballotが1857年に提唱した法則で、風の吹いてくる方向を背にして立ったとき、左手前方の方向に低気圧(嵐)の中心があるというもの。

気圧傾度力、コリオリの力、大気と海面(地面)の間の摩擦力のつりあいから理論的にも理解できる。この法則は北半球でのみ成り立つもので、南半球では右手前方になる」などの記述があります。

コトバンク [ ネット百科事典 ] 」サイトより


熱帯低気圧と海の色の関係
ハリケーン発生に海の色が関係か、米研究
同記事に「ハリケーンの発生数や強度に、海の色の変化が大きく関係しているようだ。

米海洋大気局(National Oceanographic and Atmospheric Administration、NOAA)のチームが、このような研究結果を発表した。

研究チームは、世界のハリケーンの半数以上が発生する北太平洋の海面の色の変化をコンピューターでシミュレーションした。

鍵となるのは、クロロフィル(葉緑素)だ。

クロロフィルは植物プランクトンの光合成を促進し、海洋生態系の食物連鎖を根幹で支えている。このクロロフィルが集中するところでは、海の色は緑色がかっている。

研究を率いたAnand Gnanadesikan氏は声明で、「われわれは海の色といえば青いと思っているが、実は どちらかといえば、緑色がかっている。

この『海は本当は青くはない』ということが、熱帯低気圧の発生と(直接的な)関係がある」と説明している。

クロロフィルが減ると、日光は より深い海中にまで達し、海面の水温は なかなか上昇しない。すると、冷たい海水が大気循環のパターンを変化させ、強風が上空に巻き上がる。

この現象が、「雷雨がハリケーンに成長する際に必要な構造の発達を妨ぐ傾向がある」という。植物プランクトンの数は20世紀以降、世界中で減少している」などの記述があります。

海洋プランクトンに未知の多様性、大規模国際調査で判明

AFPBB News 」サイトより


海の色が熱帯低気圧の進路を決める?

プランクトンの渦、パタゴニア沖

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


沖縄発...プランクトン観察で台風の動きが知れるとの研究発表

Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン) 」サイトより


知られざる、美しき「プランクトンの世界」- 1

知られざる、美しき「プランクトンの世界」- 2

「目」をもつプランクトンは、存在する

WIRED.jp 」サイトより


【関連記事】


海洋汚染の世界地図


【台風・サイクロン・ハリケーン・関連サイト】


熱帯低気圧の勢力ピーク、過去30年で高緯度に移動

洋上風力発電で「ハリケーンを弱体化」- 1

洋上風力発電で「ハリケーンを弱体化」- 2

遠い復興への道、フィリピン台風被災地に山積する課題
同記事に「フィリピンは毎年、20前後の大型台風に見舞われる」などの記述があります。

女性名のハリケーンは死者3倍、脅威感じず油断?

AFPBB News 」サイトより


大規模な洋上風力発電はハリケーン被害も抑制:研究発表

米国初の洋上風力発電所、ロードアイランド州に建設

WIRED.jp 」サイトより


Overview of the ARkStorm Scenario (英語)

USGS(U.S. Geological Survey) 」サイトより (英語)


National Hurricane Center 」サイト (英語)


台風にも負けない最強イネ「リーフスター」
同記事に「消化性は飼料として、糖化性はバイオ燃料原料として利用する際に必要な性質で、多用途のイネをつくるためにはリグニンの含有率を抑える必要がある。

しかし、リグニンは植物にとって構造的な強度を高めるのに重要な物質であることが知られており、なぜ「リーフスター」は強度の高い茎を持ちながらリグニン含有率が低いのか わかっていなかった。

「リーフスター」は親の「中国117号」と同様、籾と茎の部分が黄褐色に着色するゴールドハル形質を見せるが、これがリグニン合成酵素の変異によって生じることが最近報告された。

そこで同研究グループは、「リーフスター」と その両親におけるリグニン合成酵素の遺伝変異と低リグニン性の関係、低リグニンでも強い茎を持つ「リーフスター」特有の新形質を調べたという。

その結果、「リーフスター」のゴールドハル形質は「中国117」号からの遺伝ではなく、偶発的に異変が生じたことが判明。

調査を進めたところ、「リーフスター」は茎の細胞壁を構成するセルロース、ヘミセルロースの密度が高く、茎の外周部分に位置する皮膚繊維組織が よく発達しているだけでなく、内側の柔組織細胞も厚く発達していた。

この形質は茎が細く強度が弱いながらも、皮膚繊維組織がよく発達する「コシヒカリ」に由来することがわかったという。

今後は、セルロース、ヘミセルロース密度を高める原因遺伝子の特定、皮層繊維組織の発達に関わるメカニズムを解明し、大型台風でも倒伏しにくい多収、高バイオマスの食用、飼料、バイオマスエネルギー用イネ品種の改良を目指す」などの記述があります。

マイナビ ニュース 」サイトより


【関連記事】


食糧自給率の世界地図



ハリケーン直撃のハイチ、南部でコレラ感染拡大

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


コレラ発生国の世界地図


ポーラー ロウ ( Polar Low )
ポーラー ロウ ( Polar Low ) とは

東京大学 大気海洋研究所 海洋物理学部門 」サイトより


台風と元寇 (弘安の役):日本の滅亡の危機を救った神風台風
元寇の神風、本当に吹いた?

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


元寇(げんこう)
同記事に「弘安の役での東路・江南両軍の壊滅の原因は台風であるとの説は現在でも有力視されている」などの記述があります。

むくりこくり (蒙古高句麗)

Wikipedia 」サイトより



嵐の到来を察知する鳥の回避行動

AFPBB News 」サイトより



初の撮影成功、4次虹の条件解明

めずらしい大気現象ファイヤー・レインボー出現

虹の新しい12分類、フランスの科学者が提唱

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ緻密な情報、厳選リンクも満載