【環境・自然】環境や気候の良い国、自然災害の少ない安全な国とは

海外移住と湿度の世界地図

世界には、快適な湿度の国や湿度が低く乾燥した国、湿度の高い国もあります。

移住地域の湿度を知ることは、健康で快適な海外生活を過ごせるかどうかの目安になります。

たとえば、「湿度が低くなり空気が乾燥すると、インフルエンザや風邪などが流行し、喉を痛めやすいので、空気が乾燥した環境は苦手」「乾燥肌なので、空気の乾燥は大敵。湿度が低いと肌の調子が悪くなるのが心配」

あるいは「湿度が高く蒸し暑い国は、よく眠れず、不快指数が高いので苦手」「湿度が高いとカビの繁殖による肺炎などの呼吸器系への悪影響が心配」など、健康面や快適生活の参考になります。



      ★ 更新情報|海外移住の地図帳 ★

約15年間、たった一人で作成。ほぼ毎日更新。
当ページを含め、83ページの更新情報。



このページに「ふりがな」(ruby)を付ける

ひらがな めがね 」サイトより


湿度の世界地図 ( 湿度の快適な地域とは )

湿度の地図(1)


湿度の地図(2)


[ 出典 ] 湿度の世界地図 (Global Humidity Zones)(英語)

The University of Arizona 」サイトより(英語)



湿度を快適に保つ方法として、加湿器や除湿器を使用することで、可能になりますが、環境面から考えると好ましいとは言えないという意見もあります。

湿度が快適な国や地域に移住することにより、加湿器や除湿器を使わずに快適生活が可能になるだけでなく、加湿器や除湿器も不要になり、機器の購入費や電気代も不要になることで、経済と環境面においてもメリットがあるようです。


【参考記事】


日本人街・経済特区


湿度とインフルエンザの関係
インフルエンザの弱点は高温・多湿

nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 」サイトより


【関連記事】


鳥・豚インフルエンザ


相対湿度・絶対湿度
相対湿度と絶対湿度の違い

除湿ナビ 」サイトより


湿度について勉強しよう

三基計装 株式会社 」サイトより


乾燥と静電気
湿度が高い場合は発生した静電気は空気中の水分により、空中放電するため、帯電がおこりにくいのですが、湿度が低い場合は空気中の水分が少ないため、空中放電しにくく、帯電しやすくなります。

こうした理由により、乾燥すると静電気が起きやすくなるのです。


静電気が おきる条件は?

静電気が人には良くない理由

静電気が起こる条件は?

静電気おもしろ教室 」サイトより


服の素材の組み合わせで静電気を軽減する方法


衣類の素材の組み合わせで静電気防止対策

静電気防止・対策法と静電気除去法! 」サイトより


静電気は重ね着する服の素材の組み合わせ次第で軽減できる

車を出るときの静電気を防ぐ簡単な方法

ライフ ハッカー[日本版] 」サイトより



TAKEFU(竹布)とは|TAKEFUの特長
同記事に「静電気はカラダに悪影響を及ぼすと言われています。TAKEFU(竹布)は、静電気が ほとんど帯電しません」などの記述があります。

ナファ生活研究所 」サイトより


【湿度・関連情報サイト】


湿度と健康

パナソニック エコシステムズ株式会社 」サイトより


快適温度湿度

株式会社クレセル 」サイトより


人のための湿度
同記事に「健康と湿度」「静電気と湿度」に関する記述などがあります。

室内気候~温度と湿度の専門企業:ピーエス グループ 」サイトより


温湿度計Q&A
快適な温度など湿度についての説明。

エンペックス気象計 」サイトより
携帯用GPS搭載電子地図ポケナビ、アウトドア用電子気象計等の湿度計、温度計、気圧計等の製造、販売。


湿度の公式

りかちゃんのサブノート 」サイトより


湿気がある日のランニングが いつもより遅いのは なぜ?

ライフ ハッカー[日本版] 」サイトより


痒いと なぜ掻いてしまうのか?

ギズモード・ジャパン 」サイトより


飛行機内の湿度環境
旅行医学豆知識 - 過酷な航空機内環境
同記事に「サハラ砂漠よりも低い湿度

湿度も地上とは大きく違います。

機内の湿度は たいへん低く、5-15 %しかありません。

これは地上10 Kmの湿度0 %に近い乾燥した薄い空気を圧縮して機内に取り込んでいるからです。

機内の温度は低めに設定されているため、なかなか体感しにくいですが、実は機内の空気はサハラ砂漠よりも乾燥していることになります」などの記述があります。

日本旅行医学会 」サイトより


ボーイング787が革新的な12の理由(後編)
同記事に「787の世界初の商業フライトとなった2011年10月の成田 - 香港のチャーター便。

このフライトでは機内の湿度が平均で25%前後だった」「空の上では画期的な数値である。従来機は砂漠並みに乾いており、一桁台が当たり前。それが787では2~3倍も数値が上がったのである。

従来機は金属素材を使っているため錆びやすく、常に空気を入れかえて できるだけ機内を乾燥させておく必要があったが、787はカーボン素材のため、その必要はない。

加えて、機内の湿気を できるだけ逃さず湿度を保つ装置が搭載された。コンタクトレンズが乾かないなど いろんなメリットが出ている」などの記述があります。

マイナビ ニュース 」サイトより


777X、ボーイングが機内インテリアを発表
同記事に「機内の客室内気圧は787型機と同等の6000フィートに設定し、客室内湿度も787型機と同等。最新の空気清浄テクノロジーを駆使して客室内の空気を清潔に保ちます」などの記述があります。

Flight Liner(フライトライナー) 」サイトより


長時間フライトの健康への影響を検証

長時間のフライトで喉が渇く理由と正しい水分補給の仕方

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


【関連記事】


宇宙放射線・地磁気

感染症対策・世界分布

世界の時間・時差


湿度とカビ
カビQ&A
同記事に「一般住宅の一年間の平均湿度は浴室以外の部屋の場合、30~80%程度です。

カビが発育するためには、80%以上の湿度が必要なので、浴室のように湿度が80%以上になる場所以外ではカビが発生しないはずです。なのに・・・。

理由として、室内湿度というのは、室内空気中の水蒸気の量ですが、カビが使うのは空気中の水蒸気ではなく、表面の水分だからです」などの記述があります。

衛生微生物研究センター 」サイトより


日本人の死因3位に浮上した「肺炎」

日経Bizアカデミー 」サイトより


「夏型肺炎」に気をつけよう
同記事に「夏型肺炎は、アレルギーによる過敏性肺炎の一つです。

過敏性肺炎には何十種類ものタイプがありますが、その4分の3を占めるのが夏型肺炎で、原因はなんと室内のカビの一種(トリコスポロン)なのです。

発症すると、このカビの胞子を吸い込むたびに、咳などの症状が くり返し起こるのです」などの記述があります。

オムロン ヘルスケア 」サイトより


梅雨で喘息症状が悪化?咳の原因はカビのことも...
同記事に「カビによる感染症症状が起きるのは、免疫が低下した人に多いですが、カビによるアレルギーや、カビによって起きる喘息やアトピーなどの症状悪化は、免疫力に関係なく起きます。

特にカビによるアレルギーで多いのが、「アレルギー性気管支肺アスペルギルス症」という病気です」

「アレルギー性気管支肺アスペルギルス症」は、アスペルギルスというカビによって起こる病気です。

アスペルギルスは、身近な土壌にあり、植物、食べもの、粉塵、水を腐敗させる力をもっています。

このアスペルギルスを吸いこむと、喘息のような症状が出てしまいます」などの記述があります。

All About(オールアバウト) 」サイトより


間質性肺炎
同記事に「原因がわかっているものとしては、鉱物の粉を長期間にわたって吸い続けたことによる「じん肺」。

アスベスト(石綿)のみならず陶器、石材などによっても じん肺を引き起こす。

薬剤が原因の場合は「薬剤性肺炎」、

放射線治療が原因の場合は「放射線肺炎」、

カビや鳥などにアレルギー反応を起こすのが「過敏性肺炎」、特に家の中のカビに反応するのが「夏型過敏性肺炎」である」などの記述があります。

プレジデント オンライン 」サイトより


カビ毒( マイコトキシン )
カビが産生する毒( マイコトキシン )
同記事に「近年世界的に問題となっていることは、マイコトキシンを長期間摂取することによって発生する慢性毒性、すなわち その発ガン性や免疫機能障害等です」

「この表から分かりますように、主要なマイコトキシンを産生するカビは主としてAspergillus(アスペルギルス、コウジカビの仲間)、Penicillium(ペニシリウム、青カビ)およびFusarium(フザリウム、赤カビ)の3種類の属に分類されます。

Fusarium属のカビは圃場菌類と呼ばれ、農作物の栽培中に侵入し増殖する、いわゆる植物病原菌です。

日本においては毎年麦類の赤カビ病が発生しており、その発生予防は未だ困難のようです。

一方、AspergillusやPenicilliumに属するカビは貯蔵菌類と呼ばれ、収穫後の農産物の貯蔵や運搬期間中に侵入し増殖する非病原菌です。

そのため、一般的にこれらのカビの発生を防ぐためには農産物の貯蔵や運搬時における温度や湿度の管理が重要となります。

コウジカビは日本でおなじみの日本酒、焼酎や味噌等の発酵食品に用いられる有用なカビですが、日本の発酵食品に用いられるコウジカビはマイコトキシンを産生しないことが判明していますのでご安心下さい」などの記述があります。

カビが産生する毒( マイコトキシン )-その2
同記事に「マイコトキシン(mycotoxin、カビ毒、真菌毒)とは、カビが産生する第二次代謝産物で、ヒトおよび動物に対して有毒な作用を有する化学物質の総称です」

「オクラトキシンAは、南アフリカの研究者たちが毒素産生カビを検索中に、Aspergillus. ochraceus(アスペルギルス・オクラセウス)に属する分離株の毒性代謝物として1965年に初めて発見され、腎毒性を有するマイコトキシンです。

当初、オクラトキシンAはマイコトキシンとしての評価は低かったのですが、1969年にトウモロコシにおける自然汚染が報告されて以来、次々と自然汚染例が報告されるようになり重要視されるようになりました。

オクラトキシンA産生菌としては、Penicillium(ペニシリウム)属の数種およびAspergillus(アスペルギルス)属の多くの種が これまでに報告されていますが、実際に汚染原因菌として問題となっているのは、A. ochraceus、A. carbonarius(アスペルギルス・カルボナリウス)、P. verrucosum(ペニシリウム・ベルコーサム)です。

P. verrucosumは気温30℃以下および水分活性0.8までは生育可能であるため、カナダやヨーロッパ等の比較的低温地域でのコムギ、オオムギ、ライムギなどの穀類の汚染原因菌となっています。

またこのような汚染穀類を家畜飼料とするため、家畜由来の食肉・食肉加工品、乳・乳製品からもオクラトキシンAが検出されています。

また、P. verrucosumの一部の菌はオクラトキシンとシトリニン(腎毒性を有するマイコトキシン)を低温で同時に産生することから、相乗的にヒトや動物に対して腎毒性を示すことが指摘されています。

一方、A. ochraceusやA. carbonariusは、熱帯・亜熱帯等の高温多湿地域での農産物の汚染原因菌です。

A. ochraceusは中南米、アフリカ、東南アジア地域の豆類、香辛料、カカオ豆、コーヒー豆等の汚染原因菌として知られ、また、A. carbonariusは高温で生育可能であり、さらにその黒色胞子が日光に対して高抵抗性を示すため、果物特にブドウの成熟時や乾燥時に生育し、グレープジュースやワイン、乾燥果実およびコーヒー豆の汚染原因菌となっています。

このようにオクラトキシンA産生菌が熱帯から温帯の寒冷地まで広く分布するため、オクラトキシンA汚染が世界中の幅広い地域での様々な農産物で発生し、国際的に問題となっています。

そのため、ヨーロッパ諸国、カナダを始めとした多くの国々での規制値設定や、FAO/WHO合同食品添加物専門家委員会(JECFA)等の国際機関やEUを始めとした諸外国等によりリスクアセスメントが行われるなど、オクラトキシンAは現在最も注目を浴びているマイコトキシンの一つです」

「オクラトキシンの毒性については、1970年代より種々の動物を用いて精力的に研究が行われ、腎毒性、催奇形性、生殖毒性、神経毒性、発ガン性、遺伝毒性などが これまでに報告されてきました。

オクラトキシンAは下図に示したように、イソクマリン骨格にフェニルアラニンが結合した構造をしています。

フェニルアラニンはアミノ酸ですので、オクラトキシンAはその代謝に拮抗し、タンパク合成を抑制し、毒性を表すと考えられますが、現在までに腎毒性、発ガン性や遺伝毒性のメカニズムは未だ解明されていません。

しかし、動物実験においてはオクラトキシンAが発ガン性を有していることは間違いなく、国際癌研究機関(IARC)ではオクラトキシンAをグループ2B(ヒトに対して発ガン危険性の可能性がある)に分類しています。

オクラトキシンAはヒトの血清タンパクであるアルブミンに強く結合し、長時間体内に残存する(ヒトにおける半減期は35日)ため、ヒトはオクラトキシンAの影響を受けやすいとも考えられています。

このため、血液中のオクラトキシンA濃度を測定することにより、ヒトがどれだけのオクラトキシンを摂取しているかも明らかになります。

事実、オクラトキシンA汚染濃度・頻度の高い穀類を主食とするヨーロッパでは、ヒト血液中のオクラトキシン濃度や頻度が高いことが報告されています。

日本においても同様で、ヒト血液中のオクラトキシンA濃度はヨーロッパに比して低いが、その頻度は高いことが報告されており、わが国の食品がオクラトキシンAに汚染されている証拠ともなります」

「マイコトキシン汚染は、圃場、輸送、貯蔵など様々な段階でのカビの侵害により発生します。

圃場では天候不順によって汚染の機会が増し、収穫後ではカビ侵入を抑制するための輸送、貯蔵での十分な温度・湿度管理には膨大な費用を伴うことから、マイコトキシン汚染をゼロにすることは極めて困難です。

また、ごく微量のマイコトキシンが食糧に混入していることに対して消費者が過剰に反応し、汚染食糧を全て廃棄しなければならない状況になることは、海外からの輸入食品に頼っている日本においては食糧不足をきたす問題にもなります」などの記述があります。

カビが産生する毒( マイコトキシン ) - その3
同記事に「AFはAspergillusflavus(アスペルギルス・フラバス)、A.parasiticus(アスペルギルス・パラジティカス)、A.nomius(アスペルギルス・ノミウス)等が産生するカビ毒で、一般にA.flavusはAFB1およびAFB2を、A.parasiticusとA.nomiusはAFB1、AFB2、AFG1およびAFG2を産生することが知られています。

このB1~G2の名前は、AFを薄相クロマトグラフィー(TLC)で分離し、紫外線を照射すると、TLCの上部から青色蛍光のスポットが2つ(Blueの1番目と2番目)、緑色蛍光のスポット(Greenの1番目と2番目)が観察されることから名付けられました。

AFB1は、種々の動物実験による肝発ガン性や、ヒトにおける肝発ガン性とAFB1暴露量との相関が認められていまして、国際ガン研究機関(IARC)においてグループ1(ヒトに対して発ガン性がある)に分類されています」

「平成20年度には2つの試験法について評価を行いました。

まず始めに、デオキシニバレノール(DON)およびニバレノール(NIV)の同時試験法のコラボラティブスタディ(複数機関共同試験)について簡単にご説明します。

DONとNIVは、ムギやトウモロコシ等の病原菌であるFusarium(フザリウム、赤カビ)属のカビが産生する消化器系および免疫系傷害の毒性を示すマイコトキシンです。

我が国においては、平成15年に小麦玄麦におけるDONに対して暫定基準値(1.1mg/kg)および その試験法について定められました。

しかし、国産の小麦および大麦においては、これまでにDONとNIVの複合汚染が報告され、また、毒性としてはNIVの方が高いことが報告されていることから、今後、DONとNIVの合計値での基準値設定がなされることが予想されました」

「我々が平成16年度~18年度に行った国内流通食品のAFの汚染実態調査結果では、落花生においてAFB1の4倍程高濃度のAFG1が検出されることが判明し、また、検疫所等の調査においても、同様な傾向の汚染結果が増加してきました。

AFB1以外のAFについては、AFG1で遺伝毒性および発ガン性が認められていますが、AFB2やAFG2に関するデータは現在のところ限られています。

しかし、IARCでは、自然界で生じるAF混合物は、AFB1と同様にヒトに対して発ガン性がある物質としています」などの記述があります。

(一財)食品分析開発センターSUNATEC 」サイトより


いろいろな「かび毒」

農林水産省 」サイトより


【関連記事】


食糧自給率の世界地図

気候分布の世界地図



【呼吸する壁】カビ予防にも最強!? LIXIL『エコカラット』

ロケットニュース24 」サイトより


エコカラット|コンセプト

エコカラット: LIXIL 」サイトより


ペルシャ湾岸地域、高温多湿化で生存限界を迎える可能性

微生物によって建築のデザイン・プロセスを変えたい
同記事に「微生物を分析することで、例えばオフィスであれば より仕事の能率が上がる職場環境に変えることができないか、病院であれば院内感染が生じにくい環境を つくれるのではないか、食品加工施設であれば食中毒の危険性を減らせないか、住居であれば健康的な生活を過ごす空間をつくることはできないか、といった 問いを追究しています」

「その建物の内部が人間にとって健康的な空間であるかどうかを測る、新しい「レンズ」を使用するのです。

現代の物理学や化学の知見は、すでに人間に とって有害な物質の侵入を防ぐ建物の設計を可能にしています。

しかし、人間から放出される微生物による影響については、まだ十分に理解が進んでいません」

「微生物は体の中に閉じ込められたものではなく、生活空間の一部だと捉えているからです。

微生物は食物から体内に取り込まれますが、友人やペットと触れ合うことでも微生物の やり取りは生じます。体の健康は生活空間に生息する微生物の影響を受けるのです」

「建築家だけではありません。設計技術者から実際の建築を請け負う業者に至るまで、これからの都市や建築に従事する あらゆる人々にとって、微生物について考えることが これから重要になるでしょう。

例えば、室内の温度や湿度を快適に保つ家が今あるように、将来的には室内の微生物の環境を整えることができるような建物がデザインされる時代が来るかもしれません」

「微生物は どれも外見は似通った形をしているので、見えるようになるだけでは不十分です。

おそらく「Nest」のスマート・サーモスタットのように、壁に取り付けられる家庭用の「微生物解析装置」のようなものが登場して、部屋を快適な温度や湿度に保つだけではなく、微生物の質や量をも調節して、健康的に過ごせる室内環境をつくり出せるようになるかもしれませんね」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


町の温度と湿度を完全に制御する「Mall of The World」計画

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


【参考記事】


日本人街・経済特区



Earth Wind Map 」サイト (英語)
( 地球の風の動きをリアルタイムで視覚化した世界地図 )


地球全体の気流・気温・海面水温などを地図に表示するサイト

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


旱魃 ( 干ばつ ) による死亡リスクの世界地図( Drought Mortality Risk )

干ばつ(旱魃)による死亡リスクの分布地図

( Image above and in title graphic © 2005, The World Bank and Columbia University,
Natural Disaster Hotspots: A Global Risk Analysis, Figure 6.2a )

[ 出典 ] Hazards and Disaster Risk (英語)

Socioeconomic Data and Applications Center 」サイトより (英語)



中国 新石器時代の紅山王国、急速な砂漠化で滅亡か

レコード チャイナ 」サイトより


飲料水・砂漠の緑化・農業用水に!空気中から水をつくる装置

濤和 化学(涛和化学) 」サイトより


バブル90 」サイト


空気中の水分を飲み水に変えるシステム:MITが開発

空気中の水を集める竹の塔、エチオピアで実証試験へ

新しいマイクロ衛星が とらえた美しい「地球の植生」

Wired.jp 」サイトより


近い将来に飛躍的進歩が期待される最新テクノロジー5選

ライフ ハッカー[日本版] 」サイトより


ロケット技術で水の使用量を7割削減したNebia シャワー

ロケットニュース24 」サイトより


地球上で最も乾いた地「ウェイナット山」15年間 降雨なし

世界一湿った場所、インド・マウシンラムの暮らし

世界の雲量図、曇りがちな場所が一目瞭然 NASA

世界のサボテン、約3割に絶滅の危機

南欧で歴史的干ばつ=原発冷却水不足の懸念
同記事に「フランス南部や南欧諸国が歴史的な干ばつに見舞われている。

水不足のため、農産物の不作や山火事など幅広い分野で被害が深刻化しているほか、河川から冷却水を調達している一部の原発の運転に支障を来す懸念も浮上」「短期間で抜本的な対策を講じるのは難しい。関係者は祈るような思いで冬場の降雨に望みをつなぐ。

地元メディアによると、フランスでは2017年10月の降雨量が平均水準から7割減となり、1971年以来の低水準を記録した。

仏南部から地中海に注ぐローヌ川では今秋に水流が通常の4分の1に激減。

現地で水力発電を手掛ける企業の責任者は「われわれは原発への給水義務も負っている。水がなくなればどうなるのか」と表情を曇らせる」

「スペインの気候は亜熱帯のようになりつつある。今後は熱波や洪水などの現象も多発するだろう」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


気候分布の世界地図

世界の天気

世界の降雨量・降水量

紫外線の世界地図


湿度と日本文化
「湿気」が生み出した独特の日本文化

レコード チャイナ 」サイトより


【関連記事】


日本人街・経済特区

世界の言語地図



まつ毛の役割と最適な長さが最新の研究で明らかに

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


なぜ「まつげ」はあるのか?謎の解明に迫る 米研究

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


大気汚染の世界地図

感染症対策・世界分布



カビを使って「捨て方に困るバッテリー」をリサイクルする研究

WIRED.jp 」サイトより


【関連記事】


資源分布の世界地図



タイの食品が高温多湿でも腐らない理由
同記事に「タイでは、日本で使用が許されていない強力な防腐剤があり、それらが食品の材料レベルから使用されているケースがあるのだ。

つまり、料理が腐らないというより、食材が すでに腐らないように施されている」などの記述があります。

ロケットニュース24 」サイトより


【関連記事】


衛生状態の世界地図

気候分布の世界地図


非結核性抗酸菌症・マック菌による肺MAC症
第二の結核?「肺NTM症」7年で2.6倍に急増 西日本で高く
同記事に「抗菌薬による有効な治療法がないため、結核患者が減少する一方、増加の一途をたどっている」

「肺NTM症のなかでも最も治療が難しいアブセサス症の患者が5倍に増えていることがわかった」などの記述があります。

防災情報【ハザードラボ】」サイトより


治りにくい咳、中高年で急増 肺非結核性抗酸菌症
同記事に「結核菌に似た細菌が引き起こす肺の感染症が中高年の女性を中心に急増している」

「1年間に新たに診断される患者の割合は肺結核をしのぐ勢いという」

「抗菌薬などで治療しても完全によくなることが難しく、新しい治療薬の開発が求められている」

「死亡者数は最近20年間で およそ6倍に増加しており、2014年には1300人を超えたという。

「もはや めずらしい病気ではない。将来は結核の死亡者数を抜くと予想される」

「肺非結核性抗酸菌は水や土壌中など環境中のどこにでもいる。

土ぼこりや水蒸気に含まれる菌を吸い込んで、この病気にかかったと推定される。

土ぼこりを週2回以上浴びる仕事に就く患者のたんに含まれていた菌と、仕事場の土にいた菌の遺伝子型が一致したケースや、浴槽にある出水口などにいた菌が患者の菌と同じだった例などが報告されている」

「風呂場を乾燥させて、カビが生えにくい環境にすることが大切などの記述があります。

NIKKEI STYLE 」サイトより


肺非結核性抗酸菌症の国内患者数が7年前より2.6倍に増加
同記事に「慶應義塾大学医学部感染制御センターの長谷川直樹教授、医学部内科学(呼吸器)教室の南宮湖(ナムグン ホウ)助教らは、国内における肺非結核性抗酸菌症(以下、肺NTM症)の罹患率が、7年前と比較して2.6倍と急激な勢いで上昇し、公衆衛生上、重要な感染症となっていることを報告しました。

非結核性抗酸菌(NTM)は、肺に感染することで慢性呼吸器感染症を引き起こします。

肺NTM症は感染症法に指定されておらず、近年の疫学的実態は不明でした。今回、7年ぶりにアンケート調査を行い、結核の罹患率と比較することにより、肺NTM症の罹患率を算出しました。

前回の全国調査と比較して、肺NTM症の罹患率は約2.6倍に上昇しており、患者数は すでに肺結核をしのぎ急激に増加していることが明らかになりました。

また、今回の調査で日本は世界の中で肺NTM症の罹患率が最も高い国であることもわかりました」

「肺NTM症のうち、肺MAC症が88.8%と大多数を占め、全世界でも最も多いと報告されています。

今回の調査により、次いで多い肺NTM症は、肺Mycobacterium kansasii症(0.6人/10万人年)、肺Mycobacterium abscessus症(0.5人/10万人年)と判明し、特に肺NTM症の中で最も難治性の肺Mycobacterium abscessus症は、推定罹患率0.5人/10万人年と算出され、7年前と比較して約5倍と急激に増加していることがわかりました。

さらに、肺Mycobacterium avium症と肺Mycobacterium intracellulare症の分布が地域により大きく異なることが示され、肺Mycobacterium avium症の罹患率は東日本で より高く、肺Mycobacterium intracellulare症の罹患率は西日本で より高い傾向が見られました。

その結果、肺Mycobacterium intracellulare症の割合は、著明な「西高東低」を示しました」などの記述があります。

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 」サイトより


非結核性抗酸菌症

慶應義塾大学病院 KOMPAS 」サイトより


患者数の増加が著しい非結核性抗酸菌症
同記事に「近年、我が国ではNTM感染症が急激に増加しており、2007年には推定罹患率が10万人あたり5.7人であったものが、2014年には10万人あたり14.7人となっています。

単純に日本の総人口で換算すると、年間18000人以上罹患していると推定されることになります。

特に、中高年の女性を中心とした肺MAC症の増加が目立っています。

MACは、土壌、池や沼などの水系、トリやブタなどの動物といった自然環境や、浴室内や水道水などの居住環境に生息し、主な感染源として、家庭内の水回り(お風呂場、シャワーヘッドなど)や農業やガーデニングなどの際の土壌が強く疑われています」

「現在までのところ、MACの感染を予防する方法は、確立していません」

「ガーデニング・農作業などの際や、水仕事をする際には、マスクを着用することを心がけることや、菌が生息しやすい家庭の水回り(お風呂場やシャワーヘッドなど)を こまめに掃除し清潔に保つことで、ある程度、感染を防ぐことができると考えます」などの記述があります。

日本薬学会 環境・衛生部会 」サイトより


【関連記事】


結核分布の世界地図

水の世界地図

食糧自給率の世界地図

衛生状態の世界地図

感染症対策・世界分布



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ緻密な情報、厳選リンクも満載