【環境・自然】環境や気候の良い国、自然災害の少ない安全な国とは

海外移住と重力分布の世界地図

地球上で重力の弱い地域で体重を量ると どうなるの?
地球上の重力分布は不均等であり、重力の強弱には地域差があるために重さを量る地域によって重さも変化します。

そこで気になるのは体重の変化です。

海外旅行の際に重力の弱い地域で体重を量ると...さて、どうなるのでしょうか?。

地球上で重力の最も弱い地域と最も強い地域で体重を比較すると、体重100キログラムの人で その差は700グラム程度の変化がありますが、体重計で わかるほどの変化ではありません。

また、地球の自転運動により遠心力が発生しますが、赤道付近の地域では、この遠心力が強く働くことや 地球が完全な球体ではなく、赤道付近の半径が極半径に比べて大きくなっていることによる効果もあるため、極地域と比べて変化がありますが、やはり体重計で わかるほどの変化ではありません。(日本国内の場合、比較的 赤道に近い沖縄と比較的 北極に近い北海道とでは重さの地域差があります。)


地球の重力場の世界地図

ESA 重力分布の世界地図(重力偏差分布図)

[ 出典 ] GOCE giving new insights into Earth's gravity (英語)

ESA Portal 」サイトより (英語)



      ★ 更新情報|海外移住の地図帳 ★


このページに「ふりがな」(ruby)を付ける

ひらがな めがね 」サイトより


【重力・関連情報サイト】


北海道は日本で一番「重い」地域
同記事に「<北海道と沖縄の差は?>

北海道で体重を測るとき、東京で体重を測るときとでは、わずかながら 北海道で測った体重のほうが「重く」なります。

同じく、沖縄と北海道とでは、北海道で測ったほうが「重く」なります。

どれだけの誤差があるかというと、九州と北海道で800分の1の差になっています。

わかりやすい例で言うと、九州の100kgの人間は、北海道では 100.125kgに、逆に北海道で60kgの人間は、沖縄に行くと59.92kgになります。

札幌での重力加速度は9.805m/s、那覇での重力加速度は9.791m/s、 ということで札幌からみると-0.14%の差があります。ですから、体重から このパーセントを足し引きすれば差が出ます。

どうして こうも差が出てしまうのでしょう?

※ちなみに北海道は広いので、実際には9.804m/s~9.807m/sの幅があります。

<北海道が重い理由>

重力は緯度が高くなるほど重くなっていきます。

日本国内では沖縄が最も軽く、一番北の北海道 稚内が最も重いということになります。

そうなる理由は、地球の自転による遠心力。

したがって赤道ほど軽くなりますし、北極 南極で最も重くなります」などの記述があります。

北海道 ファン マガジン 」サイトより


地球の極地域に比べ赤道付近では体重が軽くなることが判明
同記事に「衛星からのデータと小規模地形モデルを組み合わせて研究した結果、重力には最大で0.7%の地域差があることが認められました。これは従来の予想を40%以上も上回る結果です。

最も重力が強くなるのは北極付近で、その重力加速度は9.83メートル毎秒毎秒になります。

逆に最も重力が弱くなるのは、熱帯地域の最高峰であるペルーのワスカラン山頂(標高 約6700メートル)で、重力加速度は9.76メートル毎秒毎秒を示します。

この2か所で体重100kgの人が同じ体重計に乗った場合、ワスカラン山頂では体重が700g軽く表示されることになります」

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


1日に15回体重測定して わかったこと

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


解像度の重力フィールドを可視化
同記事に「学生時代に習った地球の重力加速度といえば、「g=9.8 m/s²」だろう。

しかし、この重力加速度は場所により、以前考えられていた値よりも大きく変化することが、オーストラリアとドイツの共同研究により明らかになった」

「地球の重力最小値はペルーのワスラカン山頂で9.76m/s²。

最高値は北極点近くの9.83m/s²で、その差は0.07m/s²となっている」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


日本の重力値の基準を40年ぶりに更新
同記事に「日本重力基準網2016(JGSN2016)」は、最新の観測結果に基づく全国の重力値の基準です。重力値は時間や場所で変化します。

これまでの基準は、国土地理院が1976年に整備した「日本重力基準網1975(JGSN75)」でしたが、公開から40年が経過し、地殻変動などによる影響で実際の重力値との乖離が大きくなったため、今回改定することとしました。

改定に伴う重力値の変化は、最大で地上での重力値の-1×10-5%(-0.1mGal)程度で、これは60kgの体重がヤブ蚊 数匹分(約0.006g)軽くなったことに相当します。

三角点や水準点が位置の基準であるように、重力点が重力値の基準として全国に設置されています。

JGSN2016では、国際標準と整合した高精度な絶対重力計などにより、各点における信頼性の高い重力値が決められています。

重力値は水の流れを知るための正確な標高を決める上で必要な情報です。

また、地下の物質の密度によって地上の重力値が変わることから、重力分布は活断層の調査や資源探査にも利用されています。

さらに、ものの質量を量る「はかり」の校正などにも重力値が使われています 」などの記述があります。

重力を知る
同記事に「空中で物を離すと、その物体は下へ落ちます。

これは、その物体に重力が働いているからです。

よく「引力のため下に落ちる」という言い方をしますが、実際には地球は自転しているため、地球上の物体は引力だけでなく、遠心力の影響も受けることになります。

この二つの力、「引力」と「遠心力」を合わせた力を「重力」といいます。

重力には、「大きさ」と「方向」があります。

重力の方向は、物が落ちる方向、つまり下向きです。

また、重力の大きさは、加速度の大きさで表します。

一般的に、重力による加速度(重力加速度)を単に重力といいます。」

「遠心力は、赤道上が最大で、両極ではゼロになります。

遠心力の影響は、引力に比べて非常に小さい(約1/300)ため、私たちは あまり意識することはありません。」

「重力による加速度を単に重力ということが多く、「g」という記号で表します。

加速度の単位は一般的に「m/秒2」ですが、重力の場合は落体の法則を発見した「ガリレオ・ガリレイ(1564~1642)」にちなんでGal(ガル)という単位で あらわします。」

「地球上の重力値は約980Galで、赤道上と極では、遠心力の影響で約0.5%の差があります。

例えば、北極で50kgだった人が、赤道上で体重を量ると、50kgの約0.5%、250g減ったように量られます。

人の体重の場合には、喜ぶ人もいるかもしれませんが、物が「金」の場合だったら大きな損をしてしまうかもしれません。

そこで、このように物の重さを量る場合には、場所による重力の違いを補正して、地球上の どこでも同じ重さが量られるようにしています。」

「重力は高さによっても違い、1m高い場所(地球の重心から離れた場所)では約0.0003Gal重力が小さくなります。」

「質量、力、トルク圧力といった物理量の計測は、その場所の重力の影響を受けます。

正確な物理量の測定には その場所の重力値があらかじめ わかっていることが必要です。

このほか、ある観測点の標準的な重力値からの ずれを測定することで地下の質量構造を推定できることから、重力値は断層構造や地下資源の存在の推定などに活用されています」などの記述があります。

国土地理院 」サイトより


最新の重力地図で描いた でこぼこの地球

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


200m-resolution maps of Earth's gravity field (英語)

Geodesy 」サイトより (英語)



地球上で最も重力の弱い地域で体重を量っても、体重計で わかるほどの体重の差はありません。

もちろん海外旅行から帰国すれば体重は元に戻ってしまうので、あしからず...。

このように海外旅行へ行って体重を軽くすることには無理があるようですが、すばらしい風景を見たり、思いがけない人の親切や出会いによって気分を軽くすることなら できるかも知れませんね。

ところで、私が海外へ旅行するとき、滅多に出会うことなど起こりえないであろう というような親切な人に出会うことも数多くありました。

なにか 親切な人を引き寄せる 不思議な引力というものでも あるのだろうか......。



「親切遺伝子」の有無、初対面でも判別可能 研究

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


 遺伝子


重力分布の世界地図(重力偏差分布図)(地球上で重力の弱い地域や強い地域が一目瞭然)
GRACE 重力分布の世界地図(重力偏差分布図)

[ 出典 ] 重力偏差分布図(英語)

GRACE ( Gravity Recovery and Climate Experiment ) 」サイトより(英語)

赤は重力が強く、青は重力が弱い。
(重力の強いところは重く、重力の弱いところでは軽くなります。)



Glowing Blue Waves Explained (英語)

星空のような砂浜、プランクトンの光。
(モルディブ,バードゥ(Vaadhoo)島の浜辺に打ち寄せる光る波)

National Geographic 」サイトより (英語)


【関連記事】


地球の夜景・世界地図



重力で発光し、充電もできるランプ

「重力場の湾曲」測定に世界で初めて成功した「MAGIA」

量子重力理論への探求:量子もつれには質量があるのか?

物理学者が生成した「負の質量」を持つ物質の正体とは?

宇宙では「垂直に」液体が分離する

Wired.jp 」サイトより


無重力状態での免疫低下、宇宙実験で新たな手掛かり

AFPBB News 」サイトより


宇宙から海底を探査、重力観測衛星

1kgの定義、原器から原子の数へ アボガドロ定数の精度向上

カメレオンの舌、重力の264倍で加速と判明

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


広島大発ベンチャーが世界初の「重力制御装置」を開発

地球の裏側まで落ちるのに何分かかる?

もうすぐ「1kg」が変わりそう

宇宙で暮らすと背が伸び、腰痛は深刻になって戻らない

ギズモード・ジャパン 」サイトより


キログラムの再定義に役立つ新測定 米国立標準技術研究所

巨大ダムでは水が重力に逆らって上空に向かって流れていく?

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


【関連記事】


宇宙放射線・地磁気

海洋汚染の世界地図

水の世界地図

資源分布の世界地図


重力変化と地震
地殻変動に伴う重力変化

地球の重力

測地学テキスト 」サイトより


日本の地震で地球の重力が変動していたことが判明
同記事に「2011年の東北太平洋沖地震で破壊されたのは人工物だけでは なかったようです」

「ESA(欧州宇宙機関)の重力分布観測衛星「GOCE(ゴーチェ)」から恐るべき観測データが出てきました。

日本の地震で地球の重力が大幅に変わっていたのです」

「2011年、観測記録史上5番目の巨大地震が日本を襲い、地表の数キロメートル下の岩石層が移動し、海底の形状が変わり、日本近海の重力による引力が変動。

その揺れは あまりにもパワフルだったため、GOCE衛星の計器に地殻運動で生じる音が音波として記録されたほどでした」などの記述があります。

ギズモード・ジャパン 」サイトより


【関連記事】


地震分布の世界地図
(地震分布の世界地図により、世界の地震帯、地震の多い国、地震の少ない国も一目瞭然)

日本壊滅地震で世界危機

西南日本の超巨大地震

超巨大地震の世界地図



新月の木の研究 (自然のポテンシャル)

NPO法人 新月の木 国際協会 」サイトより



まもなく日本を襲う「次の超巨大地震」 衝撃のシナリオ - 1
同記事に「南海トラフ地震や首都直下地震は また、グローバルな規模の経済的打撃も もたらす。

被害額は日本の国内総生産(GDP)の4割に相当すると試算され、トヨタをはじめとする企業の、世界に広がるサプライチェーンを寸断してしまう。

その間接的な影響は、円という通貨から国防、公債にまで及ぶ。

東京大学で震災軽減工学を専門にする目黒公郎(生産技術研究所教授)は こう語る。

「今、この規模の災害が起きたら、この国は立ち行かなくなるでしょう。世界の歴史を見ると、こうした例は数多くあります」

南海トラフ地震のような大規模災害の発生リスクと予測される被害を把握しておくことは、日本の未来を理解し、未来に備えるために不可欠なのだ」などの記述があります。

まもなく日本を襲う「次の超巨大地震」 衝撃のシナリオ - 2

クーリエ・ジャポン 」サイトより


南海トラフ巨大地震」の経済被害想定が意味するもの(PDF:1.316996 MB)
同記事に「南海トラフ巨大地震の復旧費用を考える際に前提とすべきことがある。

それは もはや日本政府に巨額の復旧費用を支出する能力は ないことである」

「日本政府の財政の ひっ迫が改善される見通しはなく、「南海トラフ巨大地震」が発生した場合には限られた範囲での復旧・復興を余儀なくされるであろう。

つまり復旧・復興を断念してもらう地域が出ることが考えられる」

「財源不足、人材不足、計画不足は「南海トラフ巨大地震」からの復興を極めて困難にするであろう」などの記述があります。

名古屋大学 減災連携研究センター 」サイトより


首都直下地震なら「財政破綻確率」3.5倍 内閣府試算

日本経済新聞 」サイトより


財政破たんは確実!という公文書にショック

All About (オールアバウト) 」サイトより


近づくM9級大地震 あなたは今そこにいて本当に大丈夫か - 1

「熊本地震は南海トラフ地震の前兆か?」と専門家が警告 - 1

「熊本地震は南海トラフ地震の前兆か?」と専門家が警告 - 2

南海トラフ大地震は本当に来る - 6
同記事に「必ずやってくる大地震。

私たちはいま、日本に住みつづけることの絶望的なリスクを突きつけられている。

そのとき、「こんなことになるとは考えもしなかった」と茫然自失しないためには、いまから準備を始めるしかない」などの記述があります。

現代ビジネス [講談社] 」サイトより


巨大地震連発で被害総額に耐えられる? - 1

人口減少 日本の未来

ダイヤモンド・オンライン 」サイトより


首都直下型地震が起きれば日本は破綻する

日経ビジネス オンライン 」サイトより


【南海トラフ巨大地震】GDPの1割消失、財政破綻の危機も

産経ニュース 」サイトより


地震のリスクと地震予知のリスク

日本企業におけるリスクヘッジ戦略の新たな展開

リスクマネジメント的 安全考

未知のリスクに どう備えるか

日本総研 」サイトより


1981年~2000年住宅の8割超が大地震で倒壊の恐れ

日経アーキテクチュア 」サイトより


富裕層に なれない人の9割は、「楽観バイアス」人生 - 4
同記事に「自分だけは災難に遭わないと信じる人々」

「人間は他の人に必然的に起こることであっても、「自分だけ」は無関係だと信じています。

事故、大病、離婚、社会的なトラブル、失業、事業の失敗、介護問題......。

そうした"悲劇"が起こらないと楽天的に考える性質を持っているということです」

「とはいえ、他人に起こりうることは自分にも起こるので、結局、「後の祭り」になってしまうのです」などの記述があります。

プレジデント オンライン 」サイトより


【参考記事】


日本壊滅地震で世界危機
「南海トラフ・超東海地震が未曾有の世界危機を招く理由とは」
「個人の海外移住と企業の海外進出が世界を救う!その理由とは」など興味深い情報も....。

日本人街・経済特区
危険な災害多発国で「防災」「被災」から、災害の少ない安全な国で「免災」「避災」という発想。


月の引力と地震
「月と地震」のミステリアスな関係

nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 」サイトより


火山性地震、潮の満ち引きが関係 − 東大地震研

日刊工業新聞 電子版 」サイトより


海底火山の噴火、きっかけは潮の干満
同記事に「コロンビア大学ラモント・ドハティ地球観測所の海洋地球物理学者、マヤ・トルストイは、海底火山の噴火10回分の地震記録を調査、それらの噴火が2週間おきに訪れる「小潮」(こしお)近くに発生している傾向を見出した。小潮時には、火山の上の海面が、他の時期よりも わずかに低くなる。

海水の重みが減って小さな地震が誘発され、それが噴火の きっかけになっている可能性がある。

さらに、10回の噴火すべてが、1月から6月までに発生していた。

地球の公転軌道は ごくわずかに楕円形をしており、その時期の地球は太陽から遠ざかる方向に移動している。そのため太陽による地殻への引力が減少し、やはり噴火が起こりやすくなると考えられる。

これらの観測結果を見たトルストイは、潮汐より ずっと ゆっくりながら、もっと大きく海水位が変化した事象として、氷期と海底火山の関係に目を付けた。

過去200万~300万年の間、大陸の氷河や氷床は、約10万年周期で増減を繰り返してきた。地球の公転軌道が、10万年周期で伸び縮みしているためである。

トルストイは、太平洋の海底地図にも、同じ10万年周期の証拠を発見した。海水位が低い時期に、東太平洋海膨に、溶岩による大きな丘が形成されていたことがわかったのだ。

これは、海嶺にかかる水圧が減少した際に、噴火が増えたためであるとトルストイは説明する」

「地球の気候に影響を及ぼしている楕円軌道のサイクル(木星と土星の重力によるもの)が、深海底火山の噴火頻度に影響を及ぼしている」などの記述があります。

スーパームーンの潮位上昇で米国マイアミの海岸地域が浸水

特大の大潮「キングタイド」、原因は

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


「巨大地震」を「月の満ち欠け」で予測できる可能性

サンフランシスコに大浸水をもたらす「キング・タイド」

WIRED.jp 」サイトより


巨大地震、大潮の時期に発生確率上昇か 東大研究
同記事に「月と太陽が一直線上に並ぶ際に満潮を引き起こすのと同じ重力が、巨大地震の誘発にも関与している可能性があるとの研究結果が2016年9月12日、発表された」

「英科学誌「ネイチャー・ジオサイエンス(Nature Geoscience)」に発表した論文で研究チームは、「大地震が発生する確率は、大きな潮汐応力が及ぼされている時期に高くなる」と結論づけており、また重力によって引っ張られる力が最大になる時に「微小な岩石破壊が巨大な破裂にまで拡大する可能性が増大する」と述べている。

東大の井出哲(Satoshi Ide)教授と共同研究者らは、この20年間に世界中で発生したマグニチュード(M)5.5以上の大地震に着目。

それぞれの地震発生前2週間における、「潮汐応力」として知られる引力の大きさを再構成した。

地震の規模がM5.5より小さい場合には、明確な相関関係は認められなかったが、2004年12月26日に発生したM9.3のインドネシア・スマトラ島(Sumatra island)沖地震などの最大級の地震の多くは、月と太陽の引力が特に強大になる期間中に発生していた。

■大潮が危険

2010年に発生したM8.8のチリ・マウレ(Maule)地震や、2011年のM9.0の東北地方太平洋沖地震にも、これと同じ関連性が存在していた。

巨大地震が どのようにして始まり、発展するかの正確な仕組みについては、まだ不明な点が多い。

ある理論では、すべての地震が微小な破砕から始まり、雪だるま式に大規模な破裂へと成長することが示唆されている」

「この現象が起きる確率が、新月や満月の時期に発生する大潮の期間に高くなることを、今回の最新研究は示唆している。

今回の成果は「特に巨大地震に関して、地震発生の確率的予測を向上させるために利用することができる」と、井出教授と研究チームは結論付けている」などの記述があります。

【写真特集】2016 スーパームーン直前、各地から観測だより

【写真特集】「超スーパームーン」 世界各地で観測

動画:「超スーパームーン」 世界各地で観測

動画:ニュージーランドでM7.8の地震

AFPBB News 」サイトより


2016年11月14日 スーパームーン
同記事に「アストロアーツでの「スーパームーン」の考え方(言葉の使い方)

科学的な定義が決まっていない言葉ですが、アストロアーツでは現状(2016年11月時点においては)"「月の近地点通過(月が地球に最接近するタイミング)」と「満月の瞬間」が「12時間以内」の場合、その前後の夜に見える満月"を指してスーパームーンと表記しています。

「これが正しい」ではなく「このように考えることにしている」ということです。

この考え方の場合、

2017年にはスーパームーンは ありません(最大の満月は前述のとおり12月4日ですが17時間差があります)

2021年には2回スーパームーンが あります(4月27日、5月26日)。

ただし、この年で月が一番地球に近づくのは12月4日の新月のタイミングです」などの記述があります。

アストロアーツ:AstroArts 」サイトより


正確に、でも印象的に「伝える」ために考えること(谷 明洋)

マイナビ ニュース 」サイトより


68年ぶり超特大スーパームーン:気になる大地震との関連性 -1

68年ぶり超特大スーパームーン:気になる大地震との関連性 -2

ニューズウィーク日本版 」サイトより


科学誌ネイチャーに驚愕の調査結果!南海巨大地震が来る - 6
同記事に「米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のエリザベス・コークラン博士はこう語る。

「地球には、月と太陽の引力の影響が及ぼされています。たとえば、月と太陽の引力は海水をひきつけ、満ち潮と引き潮を生み出しますね。それと同じで、地球自体も一日に2回、大きく変形させられ、地表面が20cmも動いている。これを地球潮汐と言います。

私たちは'04年に この地球潮汐と潮の満ち引きによる海洋荷重が、断層に どのようなストレスを与えるかを研究しました。

'77~'00年に起こった地震2027件について調べたところ、その75%が、潮位が基準海面より1・8m以上 高いときに起きていたのです」

断層の上に月と太陽の引力で海水が引き寄せられ、満ち潮になると、断層には重みがかかる。

地殻変動の結果、地震が起きやすくなっている場所に こうした力が加わると耐えきれなくなった断層が はじけ、地震が発生するという」などの記述があります。

現代ビジネス [講談社] 」サイトより


大潮の日に地震が発生しやすい説は本当かもしれない
同記事に「Proceedings of the National Academy of Science(PNAS)に、太陽と月の引力によって生じる大潮が、活断層に力を加えて地震につながっている可能性を論じた研究が発表されました」

「米地質調査所(U.S. Geological Survey)のNicholas J. van der Elst氏が率いる研究チームは、2008年から2015年にかけて、米西部に800マイル(約1290km)にわたって伸びるサンアンドレアス断層で生じた8万1000回に及ぶ深部低周波地震(LFE)を調査。

潮の満ち引きのタイミングと、実際にLFEが発生した時刻の関連性を調べました。

とりわけ同研究チームでは、1日に2度ずつ生じる潮の干満(二潮汐)に加えて、満月や新月の時期に合わせ、2週間ごとのタイミングで訪れる大潮など、より太陽や月の引力の大きな影響を受ける時期に注目。

満月や新月の時に最大重力が地球に加わる瞬間に限ることまではできないものの、その前後を中心にLFEの回数が急増することが発見されました」などの記述があります。

2016年11月14日は68年ぶりのスーパームーン

ギズモード・ジャパン 」サイトより


月や太陽の引力と地震 - 地震の前兆現象

地震情報サイトJIS 」より


満月の夜は何かが起きる?錯誤相関に陥らないために

カール・セーガンに学ぶ、物事を正確に見抜くテクニック

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


疑似科学と されるものの科学性評定サイト


トンデモ「研究」の見分け方・古代研究編

トンデモ「研究」の見分け方・中間目次

朴斎主頁 - 富山大学 人文学部 」サイトより


エセ科学記事に騙されないために重要な12のポイント

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


疑似科学

Wikipedia 」サイトより


【関連記事】


西南日本の超巨大地震

超巨大地震の世界地図

宇宙放射線・地磁気

火山分布の世界地図

海洋汚染の世界地図



月や太陽の引力は海水に働き、潮の干満を生じさせるだけではなく、地殻も僅かに上下します。

余談ですが、2004年10月23日に発生した新潟県中越地震の発生時刻 17時56分は、干潮の時刻と一致していたという事実は、非常に興味深い。

また、専門家の間では月齢と地震の関係も指摘されています。

このほか、月齢以上に影響が大きいという指摘もある天文現象に月食と日食があります。


【日食・月食・関連情報サイト】


日食・月食・星食情報データベース 」サイト


月食

The Moon Age Calendar 満月を月齢カレンダーで探そう 」サイトより


黒い太陽にロマンを求めて 」サイト


世界日食観察マップ (2012-2025)

tripgraphics(トリップ グラフィックス) 」サイトより


宇宙空間から見る部分日食

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより



日食の影、局所的な風に影響

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


【関連記事】


世界の天気



欧州電力界、皆既日食で太陽光発電ほぼ全停止へ - 1

欧州電力界、皆既日食で太陽光発電ほぼ全停止へ - 2

異例の「短時間」皆既月食、12分間

【写真特集】スーパームーンと皆既月食の共演、世界各地で観測

AFPBB News 」サイトより



今世紀最短 皆既月食を見逃すな!
同記事に「月の色が赤くなるのは なぜ? 」

「皆既食となった月が真っ暗にならないのは、地球を取り巻く大気中を通り抜ける太陽光が屈折し、本影の中に入り込んで月面を照らすからだ。

また、赤っぽい色に見えるのは、太陽光の成分のうち赤い光は大気によって散乱されにくく、大気中を通過しやすいからである。

皆既食中の月の色は、そのときの地球の大気中にある塵の量によって大きく変わってくる。

例えば、火山が噴火して高層大気中に大量の火山灰が広がれば、月は血のように赤い色になる」などの記述があります。

特大の大潮「キングタイド」、原因は

月は かつて2つあった?

月の誕生物語に三つの新説、ネイチャー誌

月形成時の衝突の痕跡を小惑星帯からの隕石で発見

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


月ができる時、地球が ほぼ蒸発していた可能性が浮上

ギズモード・ジャパン 」サイトより


地球の反対側(対蹠点:たいせきてん/たいしょてん)
Antipodes(英語)

Wikipedia 」サイト(英語)


Antipodes Map - Tunnel to the other side of the world 」サイト(英語)



「ジーランディア大陸」を裏付ける科学的資料が公表される
同記事に「長年の謎が徐々に明らかにされてきたジーランディア大陸の存在ですが、ことニュージーランドという国家にとっては単なる学術的な成果以上の意味を持つ可能性もあります。

大陸を取り巻く海面下の大陸の延長部分は「大陸縁辺部」と呼ばれており、海に面する国家の場合は どの領域まで その国による採掘が許可されるかが決定されると国連によって合意がなされています。

ジーランディア大陸の地下には数兆円レベルの化石燃料が眠っているともみられるため、ニュージーランドにとっては極めて重要な領域である」などの記述があります。

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


「宇宙条約」に落とし穴あり。月の土地をめぐる競争激化

ギズモード・ジャパン 」サイトより


【関連記事】


資源分布の世界地図



月の重力場地図、NASA

月の起源、「巨大衝突」では なかった? 定説覆す論文発表

月に最大1000兆トンの水、小惑星由来か - 1

月に最大1000兆トンの水、小惑星由来か - 2

月の内部に大量の水が存在か - 1

月の内部に大量の水が存在か - 2

AFPBB News 」サイトより


月の重力場地図、グレイルで作成

火星の重力マップ公開、驚きの新事実が明るみに

【解説】月に隠された大量の水の証拠、米研究

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


NASA's GRAIL Creates Most Accurate Moon Gravity Map (英語)
(GRAIL:Gravity Recovery and Interior Laboratory.)
NASA 」サイトより (英語)


Moon Phase (英語)

die.net 」サイトより (英語)


【関連記事】


水の世界地図

宇宙放射線・地磁気



満月は不眠を誘う、実験で確認 スイス研究

重力の影響を受けないジャイロ トゥールビヨンの凄さに迫る

AFPBB News 」サイトより


グリニッジ子午線が「100m移動」したのは なぜか
同記事に「子午線は鉛直線の方向によって決まり、鉛直線もまた「重力」と「測定方法」によって決まる。

経度を測定する伝統的な方法は、その土地の地域的条件、すなわち「重力の変化」の影響を少なからず受ける。

これに対して、GPSを用いる方法では、 重力の影響を受けることはない。

宇宙のGPS衛星から放射される電波を地球で受け、その電波の到着時間と衛星の位置から割り出すためだ。

科学者たちの意見では、グリニッジでの重力による「わずかな屈曲」が基準子午線の移動の原因だろうと考えられている。

この重力の方向の変化はグリニッジで観察された現象であり、地球規模で確認されるものではないだろうという」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


【関連記事】


世界の時間・時差



サンフランシスコに大浸水をもたらす「キング・タイド」

WIRED.jp 」サイトより


クラゲの大発生、月と関連か イスラエル研究

月の表面、8万1000年ごとに「模様替え」

AFPBB News 」サイトより


海底火山の噴火、きっかけは潮の干満
同記事に「コロンビア大学ラモント・ドハティ地球観測所の海洋地球物理学者、マヤ・トルストイは、海底火山の噴火10回分の地震記録を調査、それらの噴火が2週間おきに訪れる「小潮」(こしお)近くに発生している傾向を見出した。小潮時には、火山の上の海面が、他の時期よりも わずかに低くなる。

海水の重みが減って小さな地震が誘発され、それが噴火の きっかけになっている可能性がある。

さらに、10回の噴火すべてが、1月から6月までに発生していた。

地球の公転軌道は ごくわずかに楕円形をしており、その時期の地球は太陽から遠ざかる方向に移動している。

そのため太陽による地殻への引力が減少し、やはり噴火が起こりやすくなると考えられる。

これらの観測結果を見たトルストイは、潮汐より ずっと ゆっくりながら、もっと大きく海水位が変化した事象として、氷期と海底火山の関係に目を付けた。

過去200万~300万年の間、大陸の氷河や氷床は、約10万年周期で増減を繰り返してきた。地球の公転軌道が、10万年周期で伸び縮みしているためである。

トルストイは、太平洋の海底地図にも、同じ10万年周期の証拠を発見した。海水位が低い時期に、東太平洋海膨に、溶岩による大きな丘が形成されていたことがわかったのだ。

これは、海嶺にかかる水圧が減少した際に、噴火が増えたためであるとトルストイは説明する」

「地球の気候に影響を及ぼしている楕円軌道のサイクル(木星と土星の重力によるもの)が、深海底火山の噴火頻度に影響を及ぼしている」などの記述があります。

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


【関連記事】


火山分布の世界地図

海洋汚染の世界地図

地震分布の世界地図

気候分布の世界地図



恐竜を絶滅させたのはダークマター(暗黒物質)?
同記事に「Rampino博士が2015年2月にMNRASにて公開した最新の論文では、大量絶滅の原因は「隕石の衝突」ではなく「暗黒物質」によるものだと推測しています。

そして、これは太古の大規模な火山活動の原因にもなっている、との見解を示しています」

「銀河の写真などを見ると、中心から渦を巻くように円盤上に光のようなものが広がっていたりします。

この円盤を「銀河円盤」と呼ぶのですが、この銀河円盤は暗黒物質の重力が存在しなければ成り立たないものです。

ランピーノ博士は最新の論文にて、地球が存在する太陽系は3000万年周期で銀河円盤を通過しており、通過する度に円盤部分の重力と地球の重力が作用し合い、天体の軌道を乱しているとのことで、これが「恐竜絶滅を引き起こす原因となった隕石」を地球に招く原因となったのかもしれません」

「ランピーノ博士は暗黒物質を構成する粒子は、その「反粒子」により構成されている、とも示唆しています。

地球のコア部分に暗黒物質が集まれば、粒子と反粒子が対消滅して大きなエネルギーを生み出します。

暗黒物質が多く集まれば集まるほど、粒子と反粒子が対消滅を起こす割合も高くなります。

対消滅が起きれば、大きなエネルギーが生まれ、このエネルギーは大規模な火山活動を引き起こすのに十分なエネルギーである、とランピーノ博士は推測しています。

つまり、「地球のコア部分に長年かけて蓄積された暗黒物質が対消滅を起こし、それにより大規模な火山活動が起きて恐竜は絶滅した」という可能性と「地球が銀河円盤を通り抜ける際に暗黒物質と作用して天体の軌道が乱れ、隕石が落下した」という両方の可能性をランピーノ博士は示唆しているようです」などの記述があります。

太陽核からダークマターが放出されている可能性が高まる

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


ダークマターの「雲」にずれ、実在の証拠か

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


ダークマター、従来説より「むらが少ない」

AFPBB News 」サイトより


カナダの大学が「ダークマター」の可視化に成功

WIRED.jp 」サイトより


超高精度の「光格子時計」で標高差の測定に成功

国立研究開発法人 科学技術振興機構 」サイトより


【関連記事】


宇宙放射線・地磁気

火山分布の世界地図



ついに重力波の観測に成功

重力波がわかる動画「Gravitational Waves Explained」

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


13億年前のブラックホールの合体で生じた重力波、検出される

重力波を最初に「目撃」したイタリア人

重力波観測の裏に、イタリアの貢献があった

3度目の「重力波」の検出に米観測所が成功

WIRED.jp 」サイトより


重力波の直接観測に成功

2度目の重力波観測に成功!遂に重力波天文学の新時代へ

重力レンズ天体「ホルスの目」

金星に重力波が作る弓状の模様、あかつきが発見

ギズモード・ジャパン 」サイトより


重力波、世紀の発見をもたらした壮大な物語

2度目の重力波観測、天文学は いよいよ新時代へ

重力波を生んだ太古のブラックホール衝突を解明

ブラックホールは食べ残しを投げ捨てるとの新説

重力波検出に成功、30億年前のブラックホール衝突 - 1

重力波検出に成功、30億年前のブラックホール衝突 - 2

重力レンズ使った星の重さ測定に成功、ハッブル

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


重力波、国際チームが直接観測に初成功 - 1

重力波、国際チームが直接観測に初成功 - 2

重力波、国際チームが直接観測に初成功 - 3

ブラックホール合体の重力波検出、2例目 LIGO観測

米LIGO、3例目の重力波検出 - 1

米LIGO、3例目の重力波検出 - 2

光が曲がる「重力マイクロレンズ」 太陽以外の星で初観測 - 1

光が曲がる「重力マイクロレンズ」 太陽以外の星で初観測 - 2

AFPBB News 」サイトより


暗黒物質 存在せず? - エントロピック重力理論と観測データ一致

ブラックホールが銀河の外に飛び出した NASAが観測

マイナビ ニュース 」サイトより


アニメーションで見る重力波の動き

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


【関連記事】


宇宙放射線・地磁気

地球の夜景・世界地図



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ緻密な情報、厳選リンクも満載