【環境・自然】環境や気候の良い国、自然災害の少ない安全な国とは

海外移住と宇宙放射線・地磁気

宇宙放射線の強い地域が一目瞭然の世界地図をはじめ、宇宙放射線の種類、宇宙放射線(宇宙線)の被曝による影響、航空路線別の被曝線量計算、宇宙線と気候の関係、地磁気の分布地図のほか、磁気嵐、オーロラ、宇宙ごみ関連情報など、宇宙に関する興味深い情報も紹介しています。



      海外移住の地図帳|更新情報


このページに「ふりがな」(ruby)を付ける

ひらがな めがね 」サイトより


宇宙線の被ばく線量の世界分布地図

宇宙線 被ばく線量の分布地図

[ 出典 ] 宇宙線被ばく線量率の分布

EXPACS 」サイトより


宇宙線の線量分布(日本)

宇宙放射線の分布地図(日本)

赤=宇宙放射線が強い。 青=宇宙放射線が弱い。
(緯度や標高が高いほど宇宙放射線が強くなることがわかります。
日本では北海道などの高緯度地域や標高の高い地域が宇宙放射線の被ばく量が多い地域です。)

[ 出典 ] わが国の屋内ラドン濃度と宇宙線線量

放射線医学総合研究所 」サイトより


宇宙放射線の種類
宇宙放射線の種類

環境における中性子線量測定の現状
(図3」に中性子線量率のレベルを都道府県別に色分けした地図があります。)

原子力百科事典 ATOMICA 」サイトより


環境の中性子線量

日本の環境放射能と放射線 」サイトより


飛行機の搭乗による放射線被曝
専門家によれば、航空機の乗務員( Air Crew )に白血病、乳がん、皮膚がんをはじめ 流産や胎児の先天性疾患などの発症率が高いことが、医学・疫学調査の結果から示されているとの指摘があります。

国の検討会(放射線安全規制検討会)によれば、飛行200時間で1ミリシーベルト、900時間で6ミリシーベルトの被曝というデータが示されています。

一般に職業別の平均被曝量の多い職業のひとつとされる原子力発電所の労働者における年間平均被曝量は約1ミリシーベルトであることを考えれば、路線や乗務時間にもよりますが、航空機の乗務員の被曝量は原発労働者を上回る場合があるという専門家による指摘があります。


【航空機搭乗と被曝・関連情報サイト】


太陽フレアの影響について
同記事に「航空機高度での被ばくという観点から過去最大級の太陽フレアである1956年2月のGLE(5番目に観測された事象ということで"GLE5"と呼びます。)に、高緯度飛行中に遭遇した場合の線量は どの程度になるでしょうか。

これについては様々な推定値がありますが、最近のフランスの研究グループによる、過去のGLE事象に伴う航空機搭乗者の被ばくを網羅的に計算した報告(Lantos and Fuller, 2003)によりますと、GLE5の再発生を想定した最大の線量をもたらす条件下において、北磁極(グリーンランド西)の近傍上空を通るパリ-サンフランシスコ間の飛行(巡航高度11km、飛行時間11.5h)で4.5mSvの被ばくを受け得ると推定されています。

パリ-東京間については、シベリア南部を通る航路(飛行時間11.6h)で0.9mSv、アラスカを経由して北極地方上空を通る航路(飛行時間15h)では3.8mSvという推定値が記されています。

ICRPが一般公衆の人たちの年間の線量限度を1mSvとしていることを考えると、1回の飛行で これだけの線量を浴びると分かっているならば、何らかの対策を講じなければなりません」などの記述があります。

航空機乗務員の健康に係る疫学研究
同記事に「フィンランドの客室乗務員 約1700人における乳がん罹患率は一般集団と比べ1.9倍と統計学的に有意に高いことなどが報告されています」

「航空機乗務員における皮膚がんは、いずれの種類についても死亡率や罹患率が一般集団と比べて高いことが報告されています」

「航空機乗務員に対する疫学研究でも、白血病の死亡率や罹患率の増加を指摘している報告があります」などの記述があります。

航空機高度の宇宙放射線環境

放射線医学総合研究所 」サイトより


特集 : 宇宙線を考えるシリーズ
同記事に「確率的影響」は、しきい値が存在しないと考えられ、どんなに低い被ばく量でも それなりの発生確率で障害が現れ、被ばく量が増えるにつれて障害の発生確率が大きくなるタイプの障害です。

この確率的影響には癌と遺伝的影響があります。

確率的影響を説明するのに「宝くじ」が よく使われます。

宝くじは たくさん購入するほど当選の確率が高くなります。

これと同じように、放射線を たくさん被ばくするほど障害の発生する確率が高くなるのが確率的影響です。

しかし、「宝くじ」と「被ばくの確率的影響」には決定的な違いがあります。

宝くじの場合、抽選が終わり落選すると、その「くじ」は その後 絶対に当選することはありません。

ところが、確率的影響の場合、購入した「くじ」(放射線の被ばく)は、その人にとって永遠に当選の可能性のある「くじ」であり、また、やっかいなことに、生涯のあいだ何回も抽選が行なわれるのです。

つまり、ひとたび放射線被ばくすると、将来 癌になったり、子孫に遺伝的影響が発生したりしないとは絶対に言い切れないのです。

そして、その確率は被ばくの量に比例して確実に高くなるのです」

「現在の放射線障害防止法など放射線に関する各国の規制や防護は、「LNT仮説」が その前提になっています。

LNT仮説とは、「低線量放射線による生体影響の線量効果関係は直線的であり、しきい値はない」というものです」

「太陽の活動は、極大期から極小期を経てまた極大期へと、おおよそ11年周期で変化しています。

活動が盛んな時期は黒点の数が増え、その周りで「太陽フレア」と呼ばれる一種の巨大爆発現象が発生し、多量の放射線が放出され、それによって地球周辺にある太陽由来の宇宙線量も増加します。

しかし、一方で、活動の活発化によって生じる太陽磁場の増強は、太陽系に対する銀河(太陽系外)由来の宇宙線の遮蔽効果を高め、太陽系外から降り注ぐ銀河由来の宇宙線量を減少させます。

この相反する二つの影響の結果、一般的には、太陽活動が盛んになると、太陽の磁場の増強による遮蔽効果の影響が大きく現れ、地球大気に降り注ぐ宇宙線の量は減少すると言われています。

逆に、太陽の活動が減衰すると、地球に降り注ぐ宇宙線量は増加します」

「問題は「巨大太陽フレア」です。

これは活動が活発な時期などに稀に発生する巨大な太陽フレアのことで、このとき太陽は極めて多量の宇宙線を放出し、地球大気中の宇宙線量も飛躍的に増加します。

このような現象は「宇宙線嵐」と呼ばれ、時には人工衛星に大きなダメージを与えるとも言われています。

宇宙線嵐の持続時間は数十分から数時間程度と言われています。

米国のNOAA(海洋大気局)は宇宙線嵐の観測と予報を行なっており、強度別にS1からS5の5段階に分類して公表しています。

最強度である「S5」についてNOAAは、「高緯度を飛行する旅客機の乗員乗客は胸部レントゲン100回分の宇宙線を浴びる可能性がある」と指摘しています。

また、一段階下の「S4」でもレントゲン10回分の宇宙線を浴びると指摘しています。

NOAAは、S5およびS4の発生頻度をそれぞれ、11年に1回、11年に3回程度と予測しています。

胸部レントゲン1回の被ばく量は装置や撮影方法などによって大きく異なるそうですが、放射線医学総合研究所の資料によれば0.06mSv(集団検診)、日本医学放射線学会によれば0.4mSv(胸部一般X線)となっています。

この値を基にすれば、100回分は それぞれ「6mSv」「40mSv」となり、原発労働者の平均 被ばく量の6年分または40年分に相当します」

「一回のフライトでレントゲン100回や10回分の放射線を浴びてしまうような事態は、例え発生頻度が低いとしても、当然、避けるべきだと考えられます。

欧州で実施されつつある宇宙線に関する規制の中には、宇宙線嵐の対策を盛り込む動きが進んでいます。

既に、アリタリア航空のOMには「S5の宇宙線嵐が予想される場合は運航を中止する」と規定されています」

「乗務員の多くが、原発労働者の平均より遥かに多くの放射線を浴びている可能性がある。

生涯の総被ばく量が百数十mSvとなる可能性もある。(原発労働者年平均の百年分) 一回のフライトでレントゲン百回分の放射線(30mSv?)を浴びる「太陽宇宙線嵐」がある」などの記述があります。

J4 - JAL Flight Crew Unions 」サイトより


航空機による放射線被曝の安全性とリスク
同記事に「安全性に絶対はないので、妊娠したことがわかっている場合は長時間の航空機に乗るのは避けるべきかもしれません」

「医学的な理由ではなく、予測できない宇宙物理学的な観点から、リスクがある場合があるからです 」

「太陽からの宇宙線が非常に多い時期があります。その場合は一回の飛行で大量の放射線を浴びてしまう可能性があります。大量といっても通常の成人には問題がないレベルですが、妊婦の場合は無用の心配を増やさないためにも、やむを得ない場合は除いて航空機を避けることを お薦めします」などの記述があります。

All About (オールアバウト) 」サイトより


機内での健康のヒント:宇宙線被曝
同記事に「商用航空機が一般的に飛行する高度では大気による電離放射線からの保護が少なくなるため、フライトを利用する人は電離放射線を被曝する割合が高くなります。

また、被曝量は航路が赤道から離れるほど多くなります。したがって、放射線の照射量はフライトの出発都市、到着都市、路線、飛行高度パターンや その時間帯の太陽活動などにより大きく異なります」

「フライトを頻繁に ご利用になる方は飛行高度で過ごす時間が長いため、多くの放射線を浴びています」

「低用量のイオン化放射線による健康への影響は、がんです。航空旅行でイオン化放射線の被曝量は増えるため、結論としては がんを発症する危険性が高くなると考えなければなりません」などの記述があります。

キャセイ パシフィック航空 」サイトより


国際宇宙ステーションに搭載したCALETで電子の集中豪雨を観測
同記事に「国際宇宙ステーション(ISS)に設置された「高エネルギー電子・ガンマ線観測装置(CALorimetric Electron Telescope: CALET)」(研究代表:鳥居祥二教授・早稲田大学理工学術院)の観測データによって、ISSが夕方から夜にかけて磁気緯度(※1)の高い地域を通過する際に、数分間にわたって大量の放射線電子が降り注ぐ「電子の集中豪雨」がISSでも起こっていることが はじめて明らかになりました。

その準周期的な強弱の現れ方などから、電磁イオンサイクロトロン波と呼ばれる「オーロラの さざ波」を感じて大気に落とされたバンアレン帯の電子だと考えられます。

電子の集中豪雨は人工衛星の帯電による障害や、中層大気のオゾン破壊の原因となるため、今後、宇宙天気予報の研究や大気化学の研究に役立つことが期待されます」

「オーロラ活動が活発だった2015年11月10日、数分間という短い時間ですが、放射線電子のカウント数について、想定されていたカウント数の数10倍から数100倍にまで急上昇し、準周期的に強弱の変化を示す、という状況がCALETの観測で検出されました」

「このバンアレン帯電子の一部が一気に地球大気に降り注ぐ仕組みは、非常に複雑なものだと考えられます。

まず、集中豪雨の雨雲に対応するのが宇宙空間のバンアレン帯です。

つまり、バンアレン帯は、地球大気に落ちなかった電子が宇宙空間で滞留している場所なので、常に地球大気に向かって電子が降り注いでくるわけではありません。

しかし、以下のように、オーロラ活動に間接的に刺激されることによって非常に多くの電子が降り注ぐことがあります」

「この電子の集中豪雨現象自体は新発見ではなく、これまで主に極軌道衛星によって高緯度地域で観測されてきたREP(Relativistic Electron Precipitation、相対論的電子降下)と呼ばれる、バンアレン帯電子の大量落下現象と同じものだと考えられます」などの記述があります。

国立極地研究所 」サイトより


長時間フライトの健康への影響を検証

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


航路線量計算システム ( JISCARD ) 」サイト
(国際線の航空機に乗った際の宇宙線による被曝量を計算)


FAA Civil Aeromedical Institute - CARI 」サイト (英語)
Galactic Radiation Received In Flight


年間限度線量の被ばくでも発がん

よくわかる原子力 原子力教育を考える会 」サイトより


細胞に放射線を あてる
同記事に「微量の放射線:隣の細胞にも影響があらわれる:1990年代に入ってから興味深い現象が発見されました。

細胞に低線量のアルファ線を照射して、染色体に現れる効果を調べていたときに、全体の1%の細胞しか放射線を受けないような ごく微量の放射線を照射したのに、30%の細胞に染色体の変化が起こっていたのです。

これは明らかに、「放射線を直接 受けていない細胞にも影響が現れる」ことを示しています。

この現象は「バイスタンダー効果(bystander=傍観者)」と名付けられ、低線量の放射線の生物影響にとって非常に重要な現象であると考えられています。

特に、微量の放射線のリスクを推定する際には重要で、バイスタンダー効果があると、高線量のデータから推定した値より大きな生物影響が実際に起こりうる可能性があるのです。

この現象は、細胞間のコミュニケ-ションによって起こりうるものであり、細胞生物学的にも興味深く、多くの研究者の関心を集めています」などの記述があります。

KEK|高エネルギー加速器研究機構 」サイトより


航空機搭乗者の被ばく線量

放射線による外部被ばく

放射線のDNAへの影響
同記事に「放射線は、DNA分子に障害を与え、その結果、生体に急性あるいは晩発障害(発ガン、寿命短縮など)を引き起こす。

また、その障害が生殖細胞中のDNAに起これば遺伝的影響として次世代に伝えられる可能性がある。

事実、X線をマウスのオスに照射して すぐに交配して得た仔や その仔同士を交配して得た3世では肺腫瘍の発症率が上昇する。

つまり一度のX線照射によって生じたDNA損傷が、生殖細胞を通じて子孫に伝わりうることを示している」などの記述があります。

原子力百科事典 ATOMICA 」サイトより


長期低線量被曝でも がんリスク高まる

アポロ飛行士に高い循環器系疾患死亡率、放射線が原因か - 1
同記事に「米航空宇宙局(NASA)の有人月探査ミッション「アポロ(Apollo)計画」で、地球の磁気圏の保護領域を越えて宇宙を旅した宇宙飛行士らは、心臓および血管の病気での死亡率が過度に高いとの研究結果が2016年7月28日、発表された。放射線が その原因と考えられるという」

「研究チームは、「宇宙空間への有人飛行が、循環器系の健康にとって、これまで推測されていた以上に有害である恐れがあることを、これらのデータは示唆している」と論文に記している」などの記述があります。

アポロ飛行士に高い循環器系疾患死亡率、放射線が原因か - 2
同記事に「NASAによると、銀河放射線(宇宙線)の高エネルギー粒子は、皮膚を貫通して細胞やDNAを損傷する可能性があるため、人間に危険を及ぼす恐れがあるという」

「宇宙飛行士と一般人とを比較することは、混乱を招く結果となり得る。

全般的に高い教育水準と健康志向、さらには生涯にわたって利用できる医療ケアが、宇宙飛行士らにとって健康向上のための要因となるためだ。

今回の研究では、「地球を出ていない」「低周回軌道」「磁気圏外の宇宙」の異なる3タイプの飛行士を比較することで、無重力が循環器疾患に及ぼす可能性のある あらゆる影響を排除できた。

これら3グループでは すべて、無重力状態を経験していたからだ」

「アポロ飛行士らの循環器疾患による死亡率が他と比べて高かったことを受け、その原因の検証を目的に、研究チームは同程度のレベルの放射線をマウスに浴びせる実験を行った。

実験結果についてフロリダ州立大は声明を発表し、「人の20年に相当する6か月が経過した後、マウスは動脈の機能障害を示した。

これは、人ではアテローム性動脈硬化症の発症につながることが知られている」と説明。

デルプ氏は、「宇宙空間の放射線は、血管の健康に有害であることを、マウスの実験データは示している」と付け加えた」などの記述があります。

ヒトDNAをX線から守るクマムシ由来のタンパク質を発見 - 1

ヒトDNAをX線から守るクマムシ由来のタンパク質を発見 - 2

クマムシに大量の外来DNA、驚異の耐久性獲得の一助に?

AFPBB News 」サイトより


クマムシ固有のタンパク質がヒト培養細胞の放射線耐性を向上

老化防止のカギ解明、DNA修復力向上をマウスで確認
同記事に「マウスに放射線をあててDNA損傷を起こす実験でも、事前にNMNを与えておいたマウスではDNA損傷レベルが低くなることが確認された。

NMN処理したマウスでは、放射線によって引き起こされる血球数異常(白血球、リンパ球、ヘモグロビンなどの数の変化)も みられなかった。

このような放射線防護効果は、放射線の照射後にNMNを投与したマウスの場合にも認められたという。

NMN投与によってNADの量を回復できるという今回の結果は、環境放射線の影響や がんの放射線治療にともなう副作用などを抑える医療技術に応用できる可能性がある。

なお、NMNについては、今回と同じチームの以前の研究において、マウスの筋肉を若返らせたとする報告もある」などの記述があります。

細胞がDNAをコピーする際の失敗に対処する新たな仕組みを発見

マイナビ ニュース 」サイトより


地球最強の生物「クマムシ」、その強靭さの秘密が明らかに

WIRED.jp 」サイトより


【関連記事】


遺伝子

雷 分布の世界地図



潜水艦の無線通信が、宇宙に地球シールドを作り出していた

ギズモード・ジャパン 」サイトより


【関連記事】


地政学の世界地図



アポロ飛行士たちの死因から明らかになった「宇宙の健康問題」

ヒトの認知能力を低下させる! 宇宙の放射線についての研究結果

宇宙に長期滞在で,脳は長期寝たきり状態と似た変化を起こす

宇宙の放射線障害:人は宇宙で長期間活動できるのか 1

宇宙の放射線障害:人は宇宙で長期間活動できるのか 2

宇宙の放射線障害:人は宇宙で長期間活動できるのか 3

火星旅行は脳に深刻なダメージを与える:研究結果
同記事に「カリフォルニア大学アーヴァイン校の腫瘍学者たちが行った、「Science Advances」で発表されたばかりの研究によると、長期間の宇宙ミッションの間に宇宙飛行士が受ける宇宙線の粒子は、中枢神経系に対して深刻で永続的な損傷を引き起こし、彼らの認知能力に悪影響をあたえる可能性があるという」

「研究者たちは、放射線被曝が動物に脳の炎症を引き起こし、その結果、ニューロン間の信号伝達のメカニズムに損傷を与えたことを発見した。脳イメージングの分析により、放射線照射が、ニューロンを伝達する樹状突起の構造を変化させ、シナプス、つまり神経細胞間の接続を変質させることで、脳のコミュニケーション システムを破壊したことが明らかになった」

「これは、脳の がんにかかり、放射線治療を大量に処置されすぎた患者が被るのと似た機能障害だ」などの記述があります。

宇宙飛行士が患う「謎の視覚障害」、原因に新説

ロケットに付着したDNAが宇宙飛行から「生還」した - 1

ロケットに付着したDNAが宇宙飛行から「生還」した - 2

史上初「隕石の落下による死亡」発生か:インド南部

民間による「宇宙ホテル」、2020年運営開始へ

ビッグバンの前には もうひとつの「古い宇宙」があった

ヒッグス粒子に次ぐ新たなボソン「マダラ」の存在予測

「惑星が生まれるプロセス」、リアルタイムでの観測に成功

宇宙から見た雷:珍しい「ブルージェット」撮影に成功

WIRED.jp 」サイトより


太陽から奇妙な放射線、原因は裏側にあった

200万年ほど前に、地球の近くで超新星爆発
海底堆積物の中に痕跡を発見

宇宙飛行士の視覚障害の謎解明か、障害は不可避?

爆発寸前、謎の連星で数百万度の「風」を観測

宝くじより高い? 隕石に当たって死亡する確率

【解説】発見!3つの太陽をもつ奇妙な新惑星

火星から見た地球と月の写真をNASAが公開

【解説】月周回旅行、スペースXの実現力は?

定説覆す木星の研究成果を一挙発表

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


月周回旅行 ─ 考えられる人体への影響 - 1

月周回旅行 ─ 考えられる人体への影響 - 2

銀河宇宙線が脳にダメージ与える恐れ - 1

銀河宇宙線が脳にダメージ与える恐れ - 2

宇宙線でアルツハイマー病が加速する恐れ

アルツハイマー病、女性の方が速く進行 米研究
同記事に「アルツハイマー病の女性は、同じ病の男性よりも精神的機能の低下の進行が速いとの研究結果を、米デューク大学(Duke University)の研究チームが発表した」

「研究チームは、アルツハイマー病を患う70代半ばの女性141人、男性257人を、8年間にわたって調査した。

記憶力などを調べるテストを毎年行ったところ、女性の認知能力は男性に比べて倍の速さで、衰えていくことが分かった。

アルツハイマー病協会(Alzheimer's Association)によると、米国ではアルツハイマー病を患う高齢者のうち、およそ3分の2が女性で、女性の発病率は、男性の約2倍に上るという」

「アルツハイマー病患者は、全世界で約4400万人。世界的に高齢化が進むことに伴い、今後は爆発的に増加するとみられている」などの記述があります。

アルツハイマー病は脳内で「伝染」する、米研究

アルツハイマー病、免疫系が進行に関与か 米研究

アルツハイマー病を予測する血液検査、米チームが開発

早すぎる開花に奇妙な花...「宇宙桜」の謎に科学者ら当惑 - 1

早すぎる開花に奇妙な花...「宇宙桜」の謎に科学者ら当惑 - 2

宇宙飛行士の視覚障害、髄液の変化が原因か 論文

謎の電波バースト、発生源は遠方の銀河 - 1

謎の電波バースト、発生源は遠方の銀河 - 2

DNA、無傷で宇宙往復可能か 惑星間汚染の懸念も

火星の大気流出、太陽活動が原因か NASA探査機観測 - 1

火星の大気流出、太陽活動が原因か NASA探査機観測 - 2

飛行機の座席、景色を楽しむには左右どちらがベスト?

NASA、SLSブースターの初稼働試験に成功 史上最大出力

宇宙は「ゆっくり死に向かっている」、国際研究

隕石落下で史上初の死者?インド南部で4人死傷

AFPBB News 」サイトより


黄金律こそが万物を統合する統一理論となる可能性(英語)
同記事に「1.618が哺乳類だけでなく、鳥類、爬虫類、昆虫に至る全ての生物一般に共通した基本数列であるかどうかを、絶滅種を含めて調査することで、生物の場合、1.618を平均とする基本数列が生物学的成長や構造を構成する上で、支配していることを発見した」

「1.618という数値は化学、物理学、時空、相対理論および量子理論においても一般的に見つけることができることを発見した。

例えば、気象学者は既に、ハリケーンの渦の構造の中には1.618の数列を見つけることができることを指摘している。

同じ1.618の数列は渦巻銀河の渦の構造の中にも見つけることができることが既に天文学者によっても指摘されている」

「時空、相対理論および量子理論の これまで異なる概念として考えれてきた理論は、1.618という数列によって大統合して解釈を行うことができるようになる」などの記述があります。

火星の地表の放射線量は1日0.67ミリシーベルト,計測結果(英語)

Newsline 」サイトより


貴金属比 [黄金比・白銀比などを計算]

KISHIN 貴真 」サイトより


Webデザイン黄金比 計算ツール

ZAPAnet 総合情報局 」サイトより


Get Ratio 」サイト(英語)


アルツハイマー病関連の新たなタンパク発見

火星の大気は太陽風が吹き飛ばした NASAチームが解明

ヒトの細胞と中性子星のあいだに よく似た構造が見つかる

マイナビ ニュース 」サイトより


宇宙線がコンピューターやスマートフォンの不調に影響

宇宙最大の爆発現象「ガンマ線バースト」をムービーで解説

NASAが宇宙から不可解なほどに強力な謎のX線放射を検出

宇宙からの謎の電波「高速電波バースト」の発生源が判明

アルツハイマー病の原因物質が若者の脳で初めて発見

超音波がアルツハイマー病で失われた記憶を回復させる

アルツハイマー病の徴候を「目」から知ることができる新技術

成人後も脳細胞を育てることができる、神経新生のメカニズム
同記事に「実際には大人の脳内でも新たな神経細胞が誕生しています。これは、「Neurogenesis(神経新生)」と呼ばれる現象です」

「カロリンスカ研究所で働くヨナス・フライセン氏は、「人間は1日当たり700個の新しい神経細胞を海馬で生成している」と推測しています」

「50歳になれば、脳の神経細胞は生まれたときに持っていたものから成人してから生み出されたものに全て取り替えられる、とのこと」

「ロバート氏が神経新生と うつ病に関する研究を行った際、うつ病の実験動物は通常よりも神経細胞を生成する量が少ないことが判明しました。

さらに、この実験動物に抑うつ薬を投与すると、神経新生が活発になったことも確認され、その後うつ病の兆候が減少した」

つまり、神経新生と うつ病の間には明確に何かしらのつながりがあることがわかった」

「従って、ロバート氏は自身の患者がガンから治癒したにもかかわらず うつ病に苦しんでいたのは、抗ガン剤が神経新生を遮断していたから、ということに気付いたそうです」などの記述があります。

「反物質(アンチマター)」を雷雲の中で発見
同記事に「ニューハンプシャー大学で大気物理学者として働くジョセフ・ドワイヤー博士が、雷雲の中で予期せず反物質を検知していたことを明かしています。

これまでの長い期間、電子の反粒子である「陽電子」は放射性原子の崩壊により生み出されるもので、この崩壊現象は大気圏外から降り注ぐ宇宙線により引き起 こされるものと考えられていました。

しかし、過去10数年の研究により、ドワイヤー博士は激しい嵐が強い光とガンマ線を放出する際に陽電子を生成することを証明しました」

「2009年の8月21日、ガルフストリーム Vがジョージア州の沿岸地域に向けて飛行していた際、激しい雷雨の中を飛行することになった」

「その時に検知器が偶然にも3つの波を検知します。検知したのは511キロ電子ボルトのガンマ線であったそうで、これは電子と陽電子が対消滅した際に発生したものと考えられました」などの記述があります。

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


日本の自然放射線量

海と陸の地球化学図 - 地質調査総合センター 」サイトより


【関連情報サイト】


火星旅行に大量被曝のリスク (英語)
(The Perils of Going to Mars Include Radiation)

同記事に「NASAの火星探査車キュリオシティ(マーズ・サイエンス・ラボラトリ)に搭載した「レディエーション・アセスメント・ディテクター」(RAD:放射線評価検出器)という機器を使って測定したところ、宇宙飛行士は非常に高エネルギーの銀河宇宙線と太陽エネルギー粒子線を大量に浴びると予想されることが明らかになった」

「国際宇宙ステーション(ISS)と同等の防護がなされた宇宙船内にいても、宇宙飛行士は安全とされる生涯被曝量に近い、あるいは それ以上の放射線を浴びることになる」

「RADの測定結果に基づくと、火星まで片道253日(キュリオシティが火星到達に要した日数)の旅で、宇宙飛行士は466ミリシーベルトの銀河宇宙線と太陽エネルギー粒子線を浴びる計算になる。往復だと その倍だ」

「多くの宇宙機関は、宇宙飛行士が健康リスク上昇の許容範囲を超えることなく生涯に浴びられる放射線量の限界を1000ミリシーベルト、すなわち1シーベルトと定めている」

「宇宙線による被曝も、中枢神経系の細胞、さらには脳の細胞を損傷すると考えられている」

「RADの測定において圧倒的に大きな放射線源となっていたのが銀河宇宙線だ。銀河宇宙線は恒星の"超新星"爆発に由来すると考えられている。

この高エネルギー宇宙粒子線に含まれる重イオンは、通常の電子をもたない原子核であり、とりわけ人体に大きなリスクを もたらすことが知られている」などの記述があります。

磁気の泡、太陽圏の構造に新説 (英語)
(Frothy Magnetic-Bubble Sea Found at Solar System's Edge)

同記事に「宇宙線は人体の免疫系に対する危険性が特に高い」との記述があります。

太陽の移動速度、想定より遅かった (英語)
("Alien" Particles Found Invading Our Solar System--A First)

同記事に「太陽圏に入り込んだ宇宙線は地球の気候に影響を与えている可能性があると考える研究者もいるという。宇宙線に含まれる高エネルギーの粒子は大気中の物質をイオン化させる(電荷を持たせる)可能性があり、その結果、雲の形成や稲妻の発生頻度が高まるというのだ」

「宇宙線の粒子は地球の歴史上に見られる急激な進化や絶滅にも関係している可能性があると考えている。宇宙線は高エネルギーの放射線であり、DNA配列に影響を及ぼしうるためだ」などの記述があります。

National Geographic 」サイトより (英語)


宇宙旅行1泊の放射線量は

プレジデント オンライン 」サイトより


人は火星で68日間の命、米研究

火星片道旅行に疑問の声、最終候補の科学者

火星の激変、超巨大火山噴火が原因か - 1
同記事に「35億年前の火星で、フランス国土の半分ほどの大きさの火山が膨大な量の溶岩を噴出したため、その重さで火星の地殻とマントルの位置に ずれが生じたとの研究結果が発表された」

「もし同様の位置変動が地球上で起きたら、パリ(Paris)は極圏内に移動することになるだろう」と話す。「フランスではオーロラが観測され、スーダンではワイン用ブドウが栽培されるだろう」

「論文によると、数億年間続いた火山性の隆起によって、火星表面が20~25度傾いたという。

火山から噴出した溶岩流は、広さ5000平方キロ、高さ12キロ以上に及ぶ「タルシス(Tharsis)ドーム」と呼ばれる溶岩台地を、直径が地球の約半分の火星上に形成した。

「タルシスドームは、火星の大きさと比べると特に、途方もなく大きい」

「重量が10の18乗トンに及ぶこの巨大な露頭が地表上部に形成された結果、火星表層部の2つの層、地殻とマントルが、まるでモモの皮と果肉が種を軸に移動するように、旋回移動した。

2010年に発表された理論的研究で、タルシスドームを火星から取り除くと、火星の自転軸を中心とする位置変動が起きることが すでに示されていた」などの記述があります。

火星の激変、超巨大火山噴火が原因か - 2

昼が140年、「太陽」3個ある特異な惑星を発見

NASAの木星探査機,極域で巨大嵐を観測 驚きの詳細次々と - 1

NASAの木星探査機、極域で巨大嵐を観測 - 2

AFPBB News 」サイトより


地球を離れた宇宙飛行士、心疾患での死亡率が5倍と判明

ガンマ線バーストの脅威

そもそも人は火星で生活できるのか...?を徹底考察してみた

火星へより効率的に行ける方法を数学者が発見

火星の1日は40分長い! 地球人を苦しめる宇宙時差とは?

宇宙で1年過ごすと人間の体は どうなる?NASAが実験

宇宙では人間の目も心臓も変化してしまう

宇宙放射線はマウスの脳に どういう影響を与えるのか?

プラナリアが宇宙に行くと...こうなります

天の川をバックに宇宙から見る美しすぎる稲妻

宇宙に向かって青々と光る謎の現象「ブルー ジェット」

われわれ人間は、宇宙の どこまで旅できるだろうか

銀河系を押し動かす巨大超空洞「ダイポール・リペラー」とは?

なぜ土星の写真には他の星がないの?

ギズモード・ジャパン 」サイトより


マーズワン、火星移住の「片道切符」候補者100人を発表

太古の火星で「高さ120mの巨大津波」が発生か

微生物は「火星環境」でも(3週間なら)生存可能

成層圏や宇宙空間に観光旅行:各社のサーヴィスまとめ

気球による格安宇宙旅行、米企業が初テスト飛行に成功 1

気球による格安宇宙旅行,米企業が初テスト飛行に成功 2

最新論文から明らかになった、木星探査の「限界」と「期待」

WIRED.jp 」サイトより


火星への旅が危険に溢れていることを示す7つの理由とは?

人間は宇宙の どこまで到達できるのか?アニメーションで解説

高さ120メートルの巨大津波が火星で かつて発生していた可能性

木星は地球を作り、今も守り続けてくれている

太陽よりも高い温度の地球の内核は なぜ溶けないのか?

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


【関連記事】


雷 分布の世界地図

地球の夜景・世界地図

気候分布の世界地図

火山分布の世界地図

世界の時間・時差

津波の世界地図



隕石衝突でDNA構成分子が生成

マイナビ ニュース 」サイトより


若い星を取り巻く「生命の原料」 400光年先に発見 - 1

若い星を取り巻く「生命の原料」 400光年先に発見 - 2

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


遺伝子



航空機の搭乗の際の被曝量は高度が高いほど、緯度が高いほど多くなります。

ちなみに最も被曝量の多いとされている路線のなかにニューヨークと東京( JFK-NRT )を結ぶ路線があります。この路線を1往復すると約0.145ミリシーベルトの被曝を受けるとされています。

(※同じ条件で比較した場合では、巡航速度が速いほど高度の高い(高宇宙線領域)の滞空時間が短くなるため被曝量も少なくなります。

巡航速度は飛行機の機種によってもに異なり、最も速い飛行機の機種はB747-8i、2位はB747-400とA380、3位はB777と続きます。)
※B787とA350XWBはプラスティック製の航空機であり、プラスティック製の航空機に関する歴史が浅く、安全性の実績もないため、この項目では除外しました。

アメリカの健康ガイドラインでは、一般人の被曝線量の上限は年間1.0ミリシーベルトまでと定められていることを考えれば、頻繁に搭乗した場合、健康への悪影響が懸念される航空路線もありそうです。

日本からアメリカ東海岸やカナダの東海岸に渡航する場合はハワイ経由の方が、日本から南米に渡航する場合はオーストラリア東海岸、ニュージーランド経由便の方が被曝量が少ないとの指摘もあります。

日本からヨーロッパに渡航する場合は高緯度を飛行する直行便よりも中東やトルコ経由の方が被曝量が少ないとされています。( MS:エジプト航空、AI:エアインディア、EK:エミレーツ航空、QR:カタール航空、EY:エティハド航空、TK:トルコ航空などが日本に就航しています。)

※ トルコと韓国の緯度は ほぼ同一ですが、航路が異なるため被曝量に差があるといわれています。

両経路は 共に北京付近の上空を通過するまでは ほぼ同一の航路ですが、トルコへは ほぼ同じ緯度のままで飛行するルートに対し、韓国からヨーロッパへのルートは北京からロシア領の方向へ進路をとるため、途中からは日本からの直行便と同一の航路、すなわち被曝量の多い高緯度地域を飛行するルートのため、直行便と比べても被曝量に大差がないなど、トルコ経由と韓国経由とでは被曝量には差がでてきます。
(運行当日の気象条件や路線ルートの混雑度により、ルートが変更される場合もあるため、必ずしも直行便に比べ、宇宙線による被曝量が少なくなるとは限りません。)


【関連情報サイト】


FlightAware - 航空便リアルタイム追跡/飛行状況 」サイト


Flights database (英語)

Flightradar24.com 」サイトより (英語)


国内線を活用した航空機移動による被曝量の低減法
国際線に比べて国内線は、飛行高度が低いことが多く、被曝線量が低減できる可能性があるとの専門家による指摘があります。

例えば、アメリカの東海岸へ渡航する場合、日本からハワイ経由でアメリカの西海岸に渡り、アメリカの西海岸から国内線でアメリカの東海岸へ向かうことで、被曝線量を軽減できる可能性があるようです。



余談ですが、韓国入国の際、人体への全身スキャナーの導入が2010年の夏から導入されています。

妊婦をはじめ妊娠の可能性のある女性や妊娠にかかわる男性、細胞分裂が活発な乳幼児は全身スキャナーの導入国の経由や入国を避けるほうが好ましいとする意見もあるようです。



【関連記事】


パスポート

結核分布の世界地図
(VISA取得時のレントゲン検査についての話題も)


【太陽活動・関連情報サイト】


宇宙天気ニュース
(太陽フレア・磁気嵐・オーロラ活動など、宇宙天気の最新情報)
(航空機の搭乗の前には必見。太陽フレアが地球に到達することが事前にわかれば、太陽活動に伴い発生する強い放射線による被曝を低減できる可能性があります。)


NICT 宇宙天気情報センター
(太陽風や黒点、フレア、地磁気じょう乱やプロトン現象、地磁気嵐の観測情報)

独立行政法人 情報通信研究機構 (NICT) 」サイトより


Solar Wind Prediction (英語)

NOAA / NWS Space Weather Prediction Center 」サイトより (英語)



牛乳などに含まれるラクトフェリンに放射線防護効果を確認
(ラクトフェリン:Lactoferrin, lactotransferrin )

天然の無機化合物から極めて強力な放射線防護剤を発見

ミネラル含有熱処理酵母に放射線防護効果を確認

放射線医学総合研究所 」サイトより


あの食品成分が放射線の影響抑える?

日経ビジネス オンライン 」サイトより


ラクトフェリン
同記事に「ラクトフェリンは消化管細胞の表面に結合することで、ノロウィルスやロタウィルスの細胞への感染を防ぎ、発症した場合でも症状を緩和する報告がある」などの記述があります。

バナジウム

Wikipedia 」サイトより


ノロ感染,体の中から予防 ラクトフェリン摂取で免疫力が向上
同記事に「ノロウイルス感染性胃腸炎。母乳に多く含まれるタンパク質「ラクトフェリン」の摂取によって体の中からの予防法も効果がある」などの記述があります。

産経ニュース 」サイトより


ラクトフェリン - 「健康食品」の安全性・有効性情報

「健康食品」の安全性・有効性情報 」サイトより


子の性別により違う母乳の成分、その理由は?

AFPBB News 」サイトより


腸溶性ラクトフェリン研究会 」サイト


放射線を遮蔽する素材「バイオラバーRSM」

γ線遮蔽とβ線遮蔽の二機能を持った放射線遮蔽服を世界初開発

山本化学工業 株式会社 」サイトより


Can Miracle Material Stop Radiation? (英語)
(ガンマ線にも対抗できると謳う、ナノテク利用の放射線防護素材『Demron』)
Wired.com 」サイトより (英語)


放射線を遮蔽するアラミド製品の開発について

帝人 株式会社 TEIJIN 」サイトより



航空機の乗務員( Air Crew )の制服や、放射線を遮蔽するアラミド製の毛布(blanket)などが装備されるようになれば、乗務員と乗客の被曝線量が低減できる可能性は?。

航空会社に対する要望が多ければ、実現する可能性も!?。


ANA ご意見・ご要望、お問い合わせ窓口
ANA ご意見・ご要望デスク
(受付時間 : 9:00から17:00まで 年中無休)

一般電話から:0120-029-787
携帯電話から:0570-029-787(有料)
PHSや海外から電話:+81-3-5756-7109(有料)

ANA 全日空 」サイトより


JAL ご意見・ご要望
JAL お客さまサポートデスク
(受付時間 : 9:00から17:00まで 年中無休)

一般電話から:0120-25-8600
携帯電話から:0570-025-519(有料)

JAL 日本航空


安全な航空会社ランキング
安全な航空会社、時間を守る航空会社

All About (オールアバウト) 」サイトより


J.A.C.D.E.C. - Jet Airliner Crash Data Evaluation Centre 」サイト (英語)
世界の航空会社の安全度ランキング(Airline Safety Ranking)など。


Skytrax|Airline Rating and Reviews 」サイト (英語)


<アシアナ機 事故>元教官がパイロット養成の内幕を明かした
同記事に「元パイロット教官で、韓国のパイロット養成の内幕を暴いている」

「養成の方法を大幅に変えない限り、今後も同様の事故が発生する」

「ブラウン氏は、韓国のパイロット養成は きわめてお粗末だとして、"正常な合格基準を堅持しようとして、多くの教官が解雇された"と語っている。ブラウン氏は、韓国のパイロットが報告する飛行距離についても疑問を呈しており、"彼らの飛行経験とは、一般的に自分が客席に座り、飛行機が自動操縦状態にある状態を指す"と述べた」などの記述がありま す。

サングラスをかけない韓国独特の文化、航空機事故原因の1つに

レコード チャイナ 」サイトより



これまでに消えた飛行機の全失踪場所MAP

衛星から見た15000機分のフライトマップ

ギズモード・ジャパン 」サイトより


爆弾で墜落させられた民間航空機(1983年以降)

AFPBB News 」サイトより


民間機が危険に さらされる5大エリアとは

レコード チャイナ 」サイトより


【関連記事】


地政学の世界地図



エア・インディア、飛行中にネズミ目撃情報で引き返す
同記事に「ネズミはケーブル類を かじって操縦系統に異常をきたし、飛行中の航空機の安全を著しく脅かす存在だ。

ケータリング会社のトラックに積み込まれた機内食用カートに紛れて機内に入り込むパターンが多い。

エア・インディアのネズミをめぐるトラブルは今回が初めてではない。2015年5月には国内便の機内で走り回るネズミ数匹が目撃され同便は離陸を中止。2014年8月にも同じ事態が発生している」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより



墜落事故より怖い航空機の排気ガス

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


墜落事故より怖い航空機の排気ガス (英語)
Toxic pollutants kill at least ten thousand annually, study says.

National Geographic 」サイトより (英語)


Rolls-Royce: Trent用 減速ギアの量産化にメド

Newsline 」サイトより


旅客機の中の「空気の質」は どれぐらい安全なのか?

世界初、子どもの肺からカーボン ナノ チューブが見つかる

航空機用ジェットエンジンの新潮流,ギヤード ターボファン

世界中の航空路線とフライトを可視化する「Flight Stream」

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


Flight Stream 」サイト(英語)


【関連記事】


大気汚染の世界地図



エボラ出血熱の感染は、飛行機で広まるのか - 1

エボラ出血熱の感染は、飛行機で広まるのか - 2

WIRED.jp 」サイトより


エボラ流行中心の3か国、航空便停止で孤立化

6万年前の微生物、メキシコ鉱山で発見 NASA科学者
同記事に「米航空宇宙局(NASA)の科学者が、最長6万年にわたりセレナイトの結晶内部に閉じ込められていた、生きた微生物をメキシコの鉱山で発見した。

NASAの宇宙生物学研究所(Astrobiology Institute)のペネロープ・ボストン(Penelope Boston)氏が先週末、米ボストン(Boston)で開催の米国科学振興協会(AAAS)の会合で行った研究発表によると、この奇妙な古代微生物は、亜硫酸塩、マンガン、酸化銅などを摂取して生きられるように進化したと考えられるという。

微生物は、メキシコ北部チワワ(Chihuahua)州にあるナイカ(Naica)鉱山で発見された」

「ナイカ鉱山は、巨大な結晶の産地としても知られ、中には全長15メートルのものも見つかっている。

研究内容は、査読学術誌にはまだ未発表だが、今回の発見でボストン氏は、太陽系内の地球以外の惑星や衛星の超過酷な環境でも微生物が生存していた可能性があると考えるに至った。

ボストン氏によると、ナイカ鉱山の結晶内に1万年~6万年の間、閉じ込められていた微生物(大半が細菌)が、これまでに約100種類発見されており、そのうちの9割は、これまでに一度も観察されたことがないものだという。

今回の超耐性微生物の発見は、研究者らにとっては思いがけない収穫となったが、太陽系内の宇宙探査ミッションで収集したサンプルを地球に持ち帰ることを検討している宇宙生物学者らにとっては、悩みの種となるものだ。

極めて過酷な条件下で、これらの微生物が生き延びてきたという事実は、帰還する宇宙船に危険な地球外生命体が偶然付着して地球に到達することが起こり得る可能性を浮き彫りにしている。

こうした懸念は新しいものではない。1960年代から70年代にかけて行われたNASAの有人月探査ミッション「アポロ(Apollo)計画」では、月から帰還する宇宙飛行士らに対して検疫が実施された」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


機内での健康のヒント:伝染病

キャセイ パシフィック航空 」サイトより


高校生が旅客機での空気感染防止システムを発明

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


【関連記事】


感染症対策・世界分布



宇宙線について

東京大学 宇宙線研究所 」サイトより


航空機乗務員の宇宙放射線被曝の現状

宇宙飛行士の放射線防護

放射線利用技術・原子力基盤技術データベース(RADA) 」サイトより


爆発から数百年経っても超新星残骸が輝き続けるメカニズム

宇宙の膨張は想定以上に速い?未知の力が存在する可能性も

ギズモード・ジャパン 」サイトより


太陽活動(黒点の数)と宇宙放射線の関係のグラフ

太陽活動(黒点の数)と宇宙放射線の関係のグラフ

黄色=太陽活動。 青色=宇宙放射線の量

This plot shows data from the Climax, Colorado neutron monitor operated by the University of Chicago. The cosmic rays show an inverse relationship to the
sunspot cycle because Sun's magnetic field is stronger during sunspot maximum and shields the Earth from cosmic rays.

[ 出典 ] 「 USDOC/NOAA/NESDIS/NGDC 」サイトより (英語)



誕生時の太陽活動で寿命が決まる? ノルウェー研究
同記事に「太陽は11年周期で「活動期」と「静穏期」を繰り返すが、その静穏期に生まれた人たちは活動期に生まれた人たちよりも平均して5年ほど寿命が長いとする研究結果が、英学術専門誌「英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)に発表された。

研究を行ったノルウェー科学・技術大学(Norwegian University of Science and Technology) のチームが、教会の記録による1676~1878年生まれのノルウェー人8600人の人口統計データを、太陽の活動周期に関する観測データと重ね合わせて分析したところ、強力な太陽フレアと磁気嵐が発生する「太陽極大期」に生まれた人たちの寿命は、「太陽極小期」に生まれた人たちよりも平均して5.2歳 短かった。また、この傾向は男性よりも、女性で顕著だった」

「さらに太陽活動は、おそらく生物の細胞やDNAに損傷を与えることで繁殖活動に影響を及ぼすことが知られている環境ストレスの紫外線 放射量とも関連している。

また太陽活動期に生まれた人のうち、貧困層の家庭に生まれた女性の出産率は「大幅に減少」していたが、こうした生殖活動に関する違いは富裕層に生まれた女性や男性全般では みられなかった。

研究チームは「乳児の生存率、ひいては寿命だけではなく、生殖能力にも太陽の活動周期が関連していることを初めて示した」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


長生きするのは何月生まれ?

あなたは何月生まれ?米大学の生まれ月で病気が決まる?研究

レコード チャイナ 」サイトより


宇宙飛行士が宇宙に行くと皮膚が薄くなることが明らかに

ギズモード・ジャパン 」サイトより


人間の皮膚にあるニューロンにも脳のような計算処理能力が存在

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


【関連記事】


平均寿命の世界地図

紫外線の世界地図

世界の健康寿命


太陽活動と気候との関係
太陽活動の極小期など、太陽活動の静穏期では、太陽から噴き出す太陽風が弱まるため、太陽風によって弱められていた遠方の銀河から宇宙線(宇宙放射線)が地球に多く降り注ぐようになります。

太陽活動が活発な時期(極大期)と活動が低下する時期(極小期、静穏期)では太陽から放射されるエネルギーが可視光で約0.1%、紫外線の量では数%、宇宙線においては約30%もの違いがあるとされているなど、宇宙線による世界の気象や気候への影響も指摘されています。


宇宙線と気候
無黒点太陽の磁場が気候を変えた (PDF:0.7288MB)

東京大学 」サイトより


Incoming Cosmic Rays Hit Record High (英語)
(地球に到来する宇宙線が増大:太陽活動と関連)
Wired.com 」サイトより (英語)


北半球が2015年以降に寒冷化

マイナビ ニュース 」サイトより


あと5〜10年で地球は極寒に!最新の太陽研究が予測 - 1
同記事に「太陽の活動周期に関する新しい数学モデルによると、17世紀に起きたマウンダー極小期と「小氷期(ミニ氷河期)」が、あと15年ほどで再び訪れる可能性があるという」

「地球は2030年代に 「小氷期」(ミニ氷河期、Little Ice Age, LIA)に入る可能性があるらしい。

この予測は、英国のノーザンブリア大学が開発した、太陽の活動周期の新しい数学モデルが示したものだ。この計算によると、2030年代には太陽活動が60パーセント低下し、地球の温度が急激に低下するという。

小氷期とは14世紀ころから19世紀半ばにかけて続いた寒冷な期間のことだ」

「最も厳しい寒さが続いた期間は、太陽の黒点の数が著しく減少した、1645〜1715年の「マウンダー極小期」と一致している」

「マウンダー極小期は、太陽内部の深い場所にある流体の対流によって起きると考えられていたが、新しい研究では、第2の力が はたらいている可能性が示唆されている。

太陽内部にある異なる層を伝わる2つの波が、太陽活動を支配するというのだ。この2つの波の同期がずれたときに、地球の気温が低下する。

これらの波は いずれも11年周期で動いており、太陽の北半球と南半球の間で変動する。2つの波が同期している間は、黒点のような太陽活動が活発になり、同期がずれると活動が低調になる。

研究のリーダーを務めたノーザンブリア大学のヴァレンティーナ・ジャルコヴァ教授(数学)によると、現在の太陽活動についての予測を実際のデータと比較したところ、精度は97パーセントに上ることが わかったという」

「ジャルコヴァ教授のチームでは、1976年から2008年までの太陽活動のデータを使って自分たちの理論を試してみた。

理論が一致することが明らかになると、次は そのモデルを使って、今後の太陽の活動周期中に2つの波の動きが それぞれ どのようになるかを予測した」などの記述があります。

あと5〜10年で地球は極寒に!最新の太陽研究が予測 - 2
同記事に「それによると、2022年にピークを迎える第25周期までは、2つの波が お互いを相殺する傾向が次第に強まるという。

2030年から2040年にかけての第26周期に入ると、2つの波の同期が完全にずれ、太陽活動が「大幅に低下」するという。

「第26周期では、2つの波が完全に鏡のような動きになります。ピークの時期は同じですが、それぞれ太陽の反対側の半球内で発生します。

この相互作用は阻害的、つまり お互いを ほとんど打ち消してしまいます。

これによって、『マウンダー極小期』の特性が生じることになると予想しています」と、ジャルコヴァ教授は述べている」

「ジャルコヴァ教授の予想が正しければ、370年間にわたって人類が経験することのなかったような、凍りつくような気温に戻ることになる。

この期間中はテムズ川が凍結し、冬には「フロストフェア」(氷上縁日)が定期的に開催され、川の上で露店やアイススケートをする人々の姿が普通に見られた。

記録によると、1683年から1684年にかけての冬には、テムズ川が2か月間、28cmの厚さの氷で凍結したという。

氷は英国、フランス、ベルギー、オランダなどの沿岸沖 数kmまで広がり、交易や漁業に打撃を与えたと伝えられている」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


寒冷化予兆 太陽11年周期の磁場転換起きず,黒点も最少 1

寒冷化予兆 太陽11年周期の磁場転換起きず,黒点も最少 2
同記事に「2006年9月に打ち上げられた日本の太陽観測衛星「ひので」が集めたデータによると、太陽の北極は すでに昨年から磁場がS極(マイナス磁場)からN極(プラス磁場)に替わっているが、南極は依然としてN極のままの状態が続いている。その一方で低緯度地帯(赤道近辺)にS極が現れ、観測史上例がない"太陽の磁極の4極化"という異常現象さえ起きている」

「17世紀に類似現象:かつて、今年と似た現象は17世紀にも起きている。その時は約70年間にわたって黒点が ほとんど出現せず、地球は寒冷化した。

「地球は間違いなく寒冷化に転じると断言する専門家も決して少なくない」などの記述があります。

産経ニュース 」サイトより


南極でマイナス93度を観測、最低気温を更新

ロイター.co.jp 」サイトより


太陽活動の低下、地球への影響は?
同記事に「最近の太陽表面は、驚くほど穏やかな状態が続いており、黒点の数が20世紀の どの時期よりも少なくなっている。この現象に興味を そそられた科学者たちは、それが この地球上で何を意味するのかに思いを巡らせている」

「黒点から放射される強烈な電磁エネルギーは、太陽の紫外線放射やX線放射、太陽嵐などに重大な影響を及ぼす。

太陽嵐は、地球上の通信網や電子ネットワークを遮断する恐れがある。また、黒点活動は、地球の気候にも影響を及ぼす可能性がある」

「サイクル24は、もう1つ驚くべき点で、標準から外れている。

太陽磁場は通常、各11年周期の最後のあたりで北極と南極の磁場の性質が同時に反転し、極性が変化する。

磁場の強度は、極性反転が起きている間はゼロ近くまで低下し、極性が逆になったら再び高くなると科学者らは説明する。

だが今回は、これとは異なることが起きているようだ。北極では すでに数か月前に極性が反転しており、現在は南極と同じ極性になっている」

「長期にわたる太陽活動低下期の始まりかもしれないと推測する研究者もいる。

前回同様の現象が発生した、17世紀半ば頃から18世紀前半頃の間の いわゆる「マウンダー極小期(Maunder Minimum)」には、黒点が ほとんど観測されなかった。

この時期、地球上では気温が急激に低下し、欧州と北米で いわゆる小氷期(Little Ice Age)が起きた。

黒点の数が少ない状況が さらに続くと、地球の気候が再び影響を受ける可能性が出てくる」などの記述があります。

太陽活動低下で大気圏上層の「熱圏」が縮小

南極でマイナス93.2度、史上最低気温を更新

北極圏の海氷の量、前年比50%回復

太陽の黒点、なぜ消えた?コンピューターモデルで解明

AFPBB News 」サイトより


南極の氷床は増加している、NASAが定説には反する新調査報告

Newsline 」サイトより


始まるか、北半球の寒冷化 世界の平均気温上昇が停止状態 - 1

始まるか、北半球の寒冷化 世界の平均気温上昇が停止状態 - 2

始まるか、北半球の寒冷化 世界の平均気温上昇が停止状態 - 3

始まるか、北半球の寒冷化 世界の平均気温上昇が停止状態 - 4

SankeiBiz (サンケイビズ) 」サイトより


マウンダー極小期
(Maunder Minimum)

小氷期
(Little Ice Age, LIA)

飢饉の一覧 17世紀

17世紀の危機
(the Crisis of the 17th century)

Wikipedia 」サイトより


And now it's global COOLING (英語)

Daily Mail 」サイトより (英語)


太陽活動の低下がもたらす地球の異変 大災害時代 - 2
同記事に「太陽活動が弱い時期には、透過力の大きなイオン化された宇宙線が地球に降り注ぐ量が増大する。

宇宙線は地球内部を加熱することにより、外核から放射される熱エネルギー量が多くなるため、地球内部の火山・地震活動が活発になる」

「太陽活動と地震活動の関連を示唆する研究結果が、2011年11月の地球電磁気・地球惑星圏学会で発表されている。

九州大学の湯元清文 宙空環境研究センター長のチームによれば、1963年から2000年までの太陽の黒点数と同時期に発生したマグニチュード4以上の地震との関係を調べたところ、「太陽の黒点数が少ない時期ほど巨大地震の発生頻度が高い」ことが判明した」などの記述があります。

太陽活動の低下がもたらす地球の異変 大災害時代 - 3
同記事に「太陽活動の低下で寒冷化が起きるメカニズムについては様々な説がある(太陽が放射するエネルギーが減るから、という簡単なものではない)。

それらの中で、1997年にデンマークの宇宙物理学者ヘンリク・スベンスマルクが提唱した説が有力だ。

その説とは、「地球上の雲は、銀河系の彼方から飛んでくる強力な宇宙線のせいでできる」というものだ。

飽和水蒸気に何らかの刺激が加わると一気に 水蒸気が液化し、大気中を浮遊する小さな塵を核にして水の微粒子となる。これが雲である。

太陽活動が低下すると宇宙線の量が増え、より たくさんの雲が発生するようになる。雲は太陽光線を宇宙に反射するから、その分、地球は寒冷化することになる」

「横山祐典 東京大学 海洋研究所准教授の研究チームが、国宝五重塔で知られる奈良県の室生寺の樹齢392年のスギ老木などの年輪を分析し、太陽磁場の活動が弱まると、地球に降り注ぐ宇宙線の量が増大し、北半球は広範囲にわたり寒冷化していた」などの記述があります。

太陽活動の低下がもたらす地球の異変 大災害時代 - 4
同記事に「樹木年輪に含まれる酸素同位体から当時の気候(主に湿度や降水量)を「復元」してみた。すると、マウンダー極小期に当たる江戸時代初期の日本は、周期的に雨が多い湿潤な気候になっていたことが分かったという(日本は最近異常降雨による災害が増加しているが、今後ますます この傾向は高まるのだろうか)」などの記述があります。

JBpress (日本ビジネス プレス) 」サイトより


研究者が、ミニ氷河期に突入する可能性があると警告

2011年3月,スーパームーンが地震や火山活動を引き起こす?
同記事に「最大規模の接近は19年ぶりだが、一般的なスーパームーン現象は1955年、1974年、1992年、そして2005年に起きた」

「2004年12月に発生したスマトラ島沖地震(マグニチュード9.3)は、2005年1月に観測されたスーパームーンの2週間前に発生。

1974年12月に発生し、オーストラリアのダーウィンを襲った「トレーシー台風」も、スーパームーンの時期と重なっている」などの記述があります。

ロケットニュース24 」サイトより


地磁気は火山活動と どのような関係があるのですか?

地磁気は地震活動と どのような関係があるのですか?

地磁気が もしなくなったら どうなりますか?
同記事に「気候変動への影響も一考の必要があります。エネルギー的には大きくなくても、気候変動に太陽活動がそれなりに影響しているというのは確からしいとされています。

人工衛星による観測の積み上げにより、太陽活動の変化に ともなって太陽定数が変化することは わかってきています。

でも、その他に、地球のまわりに存在する電離層での電流の影響も無視できません。地球の磁気圏と電離層とは密接なつながりがあり、ことあるたびに電流が行き来していますが、この電流のために電離層では熱が発生しています。この熱が地球の大気の運動に影響を与えているという説もあるのです。地磁気がなくなったり大きさが変わったりすると電離層の性質が変わり、これが気候変動の原因の一つであると考える人もいます」などの記述があります。

気象庁 地磁気観測所 」サイトより


太陽表面の模様が無くなる現象「ブランク」が1か月で2度も出現

恐竜を絶滅させたのはダークマター(暗黒物質)?
同記事に「Rampino博士が2015年2月にMNRASにて公開した最新の論文では、大量絶滅の原因は「隕石の衝突」ではなく「暗黒物質」によるものだと推測しています。

そして、これは太古の大規模な火山活動の原因にもなっている、との見解を示しています」

「銀河の写真などを見ると、中心から渦を巻くように円盤上に光のようなものが広がっていたりします。

この円盤を「銀河円盤」と呼ぶのですが、この銀河円盤は暗黒物質の重力が存在しなければ成り立たないものです。

ランピーノ博士は最新の論文にて、地球が存在する太陽系は3000万年周期で銀河円盤を通過しており、通過する度に円盤部分の重力と地球の重力が作用し合い、天体の軌道を乱しているとのことで、これが「恐竜絶滅を引き起こす原因となった隕石」を地球に招く原因となったのかもしれません」

「ランピーノ博士は暗黒物質を構成する粒子は、その「反粒子」により構成されている、とも示唆しています。

地球のコア部分に暗黒物質が集まれば、粒子と反粒子が対消滅して大きなエネルギーを生み出します。

暗黒物質が多く集まれば集まるほど、粒子と反粒子が対消滅を起こす割合も高くなります。

対消滅が起きれば、大きなエネルギーが生まれ、このエネルギーは大規模な火山活動を引き起こすのに十分なエネルギーである、とランピーノ博士は推測しています。

つまり、「地球のコア部分に長年かけて蓄積された暗黒物質が対消滅を起こし、それにより大規模な火山活動が起きて恐竜は絶滅した」という可能性と「地球が銀河円盤を通り抜ける際に暗黒物質と作用して天体の軌道が乱れ、隕石が落下した」という両方の可能性をランピーノ博士は示唆しているようです」などの記述があります。

地球の内側に強いジェット噴流が存在していることが判明
同記事に「欧州宇宙機関(ESA)によって、地球の内側にはジェット噴流が存在していて、プレート移動の何十万倍もの速度で動いていることが分かりました。

SAは2013年11月に「SWARM」という地磁気観測衛星3機を打ち上げて、地球の磁場を高精度に観測・分析してきました」

「地球の磁場の多くは、地球内部で過熱状態で渦巻いている液状の「鉄の海」によって生み出されていると考えられています。

この「鉄の海」が「コア」と呼ばれる部分で、コアは内側が「内核」、外側が「外核」と呼ばれます。

核の外側には固い岩石で構成される「マントル(上部マントル・下部マントル)」と「地殻」があります。

プレート テクトニクスで用いられる「プレート」は上部マントルの固い部分と地殻を合わせたもので、厚さは199kmほど。

論文の第一著者であるリーズ大学のフィル・リバモア氏によると、SWARMが観測したジェット噴流は年40km以上というペースで移動しているとのこと。

これは一般的な外核の動きの3倍、プレートの動きの数十万倍に相当します。

ケベック・ア・リムースキ大学のGuillaume St-Onge氏らによる論文の中で用いられた図で示された、青い円筒形の領域は「タンジェントシリンダー」と呼ばれています。

コア内の流体が両側からタンジェントシリンダーに向かって移動することで流体が収束し、ジェット噴流が生まれているとのこと。

なお、何が流体を動かしているのかは不明ですが、浮力かコア内の磁場の変化ではないかと予想されています」

「驚くべきことに磁場は常に変化していて、それによってジェット噴流の方向も変化している」などの記述があります。

宇宙を形成する謎の超物質「暗黒物質(ダークマター)」とは?

太陽核からダークマターが放出されている可能性が高まる

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


暗黒物質 存在せず? - エントロピック重力理論と観測データ一致

暗黒物質の証拠は発見できず - 宇宙ガンマ線背景放射の精密解析

マイナビ ニュース 」サイトより


ダークマターの「雲」にずれ、実在の証拠か

銀河系の質量は太陽7000億個分、暗黒物質が約9割

地球を脅かす太陽の巨大黒点

地球磁気圏の影響で満月が帯電

【解説】高速電波バースト、謎解明に一歩前進

海底火山の噴火、きっかけは潮の干満
同記事に「コロンビア大学ラモント・ドハティ地球観測所の海洋地球物理学者、マヤ・トルストイは、海底火山の噴火10回分の地震記録を調査、それらの噴火が2週間おきに訪れる「小潮」(こしお)近くに発生している傾向を見出した。小潮時には、火山の上の海面が、他の時期よりも わずかに低くなる。

海水の重みが減って小さな地震が誘発され、それが噴火の きっかけになっている可能性がある。

さらに、10回の噴火すべてが、1月から6月までに発生していた。

地球の公転軌道は ごくわずかに楕円形をしており、その時期の地球は太陽から遠ざかる方向に移動している。そのため太陽による地殻への引力が減少し、やはり噴火が起こりやすくなると考えられる。

これらの観測結果を見たトルストイは、潮汐より ずっと ゆっくりながら、もっと大きく海水位が変化した事象として、氷期と海底火山の関係に目を付けた。

過去200万~300万年の間、大陸の氷河や氷床は、約10万年周期で増減を繰り返してきた。地球の公転軌道が、10万年周期で伸び縮みしているためである。

トルストイは、太平洋の海底地図にも、同じ10万年周期の証拠を発見した。海水位が低い時期に、東太平洋海膨に、溶岩による大きな丘が形成されていたことがわかったのだ。

これは、海嶺にかかる水圧が減少した際に、噴火が増えたためであるとトルストイは説明する」

「地球の気候に影響を及ぼしている楕円軌道のサイクル(木星と土星の重力によるもの)が、深海底火山の噴火頻度に影響を及ぼしている」などの記述があります。

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


地球の生命誕生、若年期太陽の爆発現象が引き金か

海洋生物の多様化、主流の「隕石説」に異論

恐竜絶滅の原因、小惑星衝突と火山噴火の両方 米研究
同記事に「約6600万年前に起きた大規模な小惑星衝突が激しい火山噴火を連続的に誘発し恐竜の絶滅に つながったとする研究結果を米大学の研究チームが発表した。

恐竜絶滅の原因をめぐっては、科学者らの間で多くの議論が交わされてきたが、米科学誌サイエンス(Science)に発表された米カリフォルニア大学バークレー校(University of California, Berkeley)の最新研究結果は、小惑星衝突か火山噴火の一方ではなく、両方の事象が原因だとしている。
同大の研究チームは、インドにある火成活動の痕跡「デカントラップ(Deccan Traps)」の溶岩流を調査し、これまでで最も精度の高い年代測定を行った。

その結果、地球上で起きた最後の生物大量絶滅の引き金となった小惑星もしくは彗星(すいせい)の衝突と非常に近い時期に、溶岩の噴出量が倍増していたことが分かった」

「研究を率いたカリフォルニア大のポール・レニー(Paul Renne) 教授(地球惑星科学)は「今回の溶岩の年代測定結果に基づくと、噴火と衝突が大量絶滅の5万年間のうちに起きたことは、まず間違いないと考えられる。

そのため、どちらか一方だけが生物の死滅に作用したと考えるのは やや不自然。両方の現象は明らかに同時期に作用したわけだ」と説明する。

「大気に及ぼした影響の原因を どちらかに限定するのは、基本的に不可能だ。両方の現象は同時期に発生したものだ」

加大バークレー校のウェブサイトに掲載された研究結果は、小惑星衝突と火山噴火は同時期に地球を塵(ちり)と有毒ガスで覆い尽くし、劇的な気候変動を引き起こして多くの生物種を早期に死滅させた可能性を示唆した。

小惑星衝突の衝撃によって火山の地下構造が変化。マグマだまりが増大し、噴火では通常よりも大量の溶岩が噴出したとみられるという。

この壊滅的状況から地球と陸や海の生物が再生するまで、約50万年を要した」などの記述があります。

「高速電波バースト」、数十億光年先の銀河で発生 - 1
同記事に「オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)などの研究チームが、宇宙の遥か彼方で瞬間的に強力な電波が爆発的に放射される謎の現象「高速電波バースト(FRB)」の一つが、地球から約60億光年の距離にある銀河から発せられたことを世界で初めて突き止めたと発表した。

高速電波バーストについては、天文学者らは9年間にわたって、その発生源の特定に取り組んできた。

研究論文は、英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された。

人間の目には見えないフラッシュ現象である高速電波バースト。

ほんの一瞬の現象だが、1000分の1秒間に放射するエネルギー量は、太陽放射の約1万年分に匹敵する。ただ その発生原因は、まだ科学的に解明されていない」などの記述があります。

「高速電波バースト」、数十億光年先の銀河で発生 - 2
同記事に「研究チームによると、今回の発見によって、もう一つの長年の科学的疑問である「ミッシング バリオン」の問題に解決の糸口がもたらされるという。

宇宙は、約70%を占めるダークエネルギーと25%の検出不可能なダークマター、そして約5%にすぎない通常物質(バリオン)で構成されると考えられている。

惑星や恒星、人間などは、この通常物質でつくられている。

しかし問題は、天文学者らがこれまでに、通常物質の約半分の存在しか説明できておらず、残りは「行方不明(ミッシング)」とみなされていることだ。

今回の最新研究で、研究チームは高速電波バーストの伝搬距離と、真空中を伝搬した場合に要すると考えられる時間を算定することができた。

電波の到達時間が真空の場合より遅くなることは、発生源の銀河と地球との間にある、物質粒子が存在する空間を電波が通過してこなければならなかったことを示していると考えられる。

このことについてキーン氏は、「宇宙空間は、完全な真空というわけではなく、密度が非常に低いだけ」と説明。

そして、「そこには物質が存在するけれども、これまでは それを確認できなかったと考えられる。高速電波バースト信号に遅れが生じることで、それが分かる」などの記述があります。

「群発」の高速電波バーストを観測

ダークマター、従来説より「むらが少ない」

わい小銀河群を初観測、ダークマター解明の手がかりに - 1

わい小銀河群を初観測、ダークマター解明の手がかりに - 2

AFPBB News 」サイトより


6500万年前に恐竜を滅ぼした小惑星衝突のタイムライン

地球を小惑星の衝突から守る地球唯一の天文台に存続の危機

カナダの大学が「ダークマター」の可視化に成功

地球の地下3000mでは「超高温のジェット噴流」が起きている

WIRED.jp 」サイトより


宇宙で暮らすと背が伸び、腰痛は深刻になって戻らない

丸ごと無くなってしまう銀河がある...原因は暗黒物質?

ギズモード・ジャパン 」サイトより


【関連記事】


気候分布の世界地図

火山分布の世界地図

地震分布の世界地図

日本壊滅地震で世界危機

食糧自給率の世界地図

ペストの世界地図

大気汚染の世界地図

海洋汚染の世界地図

重力分布の世界地図



最近の研究によれば、雷は宇宙線によって誘発されるという研究報告があります。


【関連記事】


雷 分布の世界地図
(雷の少ない地域、多い地域とは・雷と放射線の関係など興味深い情報を満載)


太陽活動による影響
太陽活動の極大期など、太陽活動が活発な時期に問題となるのは太陽フレア( Solar flare )による影響です。

最初に問題となるのは電磁波による電波障害にともなう通信障害( GPS・携帯電話・航空管制の麻痺による航空便の停止)、次に放射線による航空機の乗員・乗客や宇宙飛行士などの被曝、そして、磁気嵐による停電や電力網の破壊にともなう社会活動の麻痺、夜間の防犯システムの停止や停電による暗闇のため治安維持が困難になるなど深刻な影響が懸念されています。
(実際に1989年、磁気嵐により送電線に発生した誘導電流の影響で、カナダのケベック州全域が停電した実例があります。)


【関連情報サイト】


太陽のスーパーフレアで地球滅亡

「8世紀に超巨大太陽フレア」:新しい分析
同記事に「名古屋大学のチームは今年6月、屋久杉の年輪を測定した結果から、西暦774年に宇宙線が急増したと発表した。そして このほど、もし原因が太陽フレアだとするなら、規模は記録上最大だった1859年の太陽嵐の20倍だという計算が発表された」などの記述があります。

あらゆる電子技術の脅威「強力な太陽嵐」が また来る

極大期でも低調な太陽活動:長期的活動低下も?

ニュートリノ天文学の幕開け - 1

ニュートリノ天文学の幕開け - 2

5次元ブラックホールにより、一般相対性理論は破綻するだろう

WIRED.jp 」サイトより


太陽フレアの1万倍、赤色矮星で起こった最強のスーパーフレア

地球磁気圏にプラズマが作るチューブ状構造を初検出
同記事に「西オーストラリアのマーチソン広視野電波干渉計(MWA:Murchison Widefield Array)を用いた観測で、高度約600kmの電離層上部から さらに その上のプラズマ圏に向かって伸びるチューブ状のプラズマ構造が検出された。

こうした構造の存在については60年以上前から予測されていたが、実際に とらえられたのは これが初めて」

「地球磁気圏中の このような構造が起こす信号ひずみは衛星ナビゲーション システムなどに影響を及すため、重要な観測成果となる。

観測を行った豪・シドニー大学のCleo Loiさんは、「高密度プラズマと低密度プラズマとが交互に縞模様を作り、地球の磁力線に沿ってオーロラのように ゆらゆらと流れていました」と語っている。

MWAは3km2の砂漠の土地に設置された128個のタイル状アンテナで構成されており、信号を東西に分けることによって立体視が可能となる。

広い空域にわたるプラズマの動きをMWAで連続的に記録することで、今回の発見につながった」などの記述があります。

アストロアーツ:AstroArts 」サイトより


スーパーフレアは やはり太陽で起こる可能性がある
同記事に「研究チームはケプラーのデータから約150個のG型主系列星を解析し、キャリントン・フレアのさらに100~1000倍にも及ぶスーパーフレアが起こっていることを2012年に発見。その後、さらに研究は進み、スーパーフレアの頻度は800~5000年に1度の頻度で起きていることがわかってきた」などの記述があります。

磁気圏観測衛星「あけぼの」- 1
同記事に「あけぼの」は、オーロラは冬半球ほど強い、ということを発見した。

冬半球というのは南北半球のうち季節が冬の部分で、当然その反対は夏半球となる。

たとえば日本は12月ごろが冬半球にあたるが、オーストラリアなどは12月は夏だから、夏半球となる。

「あけぼの」の観測は、冬半球の上空にオーロラ電子が多く存在していることを示した。

また、オーロラ電子が生み出される電場は、夏半球ほど地球から遠く、冬半球ほど地球に近付くということも発見した。

さらに、オーロラ電子の出現する頻度も、夏半球では高度による差異が少なく、一方の冬半球では、低高度ほど頻度が増大することも発見している。

これらは電場から出ている電波の強弱を観測し続けることで突き止められたという」などの記述があります。

マイナビ ニュース 」サイトより


「宇宙」が将来の経済危機の原因となる

NASAが太陽風を可視化。コロナが太陽風に変わる理由を解明へ

恒星最期の大爆発「超新星(スーパーノヴァ)」直後の観測に成功

超音速のプラズマ ジェットの存在を欧州宇宙機関が観測に成功

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


太陽が地球に与える影響~巨大フレアと地球寒冷化を考える
同記事に「過去の記録から判明しているフレアの規模ごとの発生頻度を見てみましょう。Cの10倍がM、Mの10倍がXです。

・Cクラス=1年に1000回
・Mクラス=1年に100回
・Xクラス=1年に10回
・X10クラス=1年に1回

実は、X10クラスにとどまらず、X100、X1000といったクラスのフレアが起こる可能性もあるのです。これらを「スーパーフレア」と呼びます。

従来、スーパーフレアは原始星で起こるもので、すでに壮年期に達した太陽とは関係ない、と考えられていました。

しかし、私たち京都大学のグループが、 X100、X1000クラスのフレアが148個の太陽に よく似た星で365回起きていることを発見したんです。

それにより、これまで「スーパーフレアは太陽とは無縁」という常識が覆った」

「私たちの観測でも、スーパーフレアの発生頻度は800~5000年に1回なので、すぐに起きるというわけではありません。

しかし、1000年に1回程度といわれる大地震が私たちの身近で起きたのですから、決して「遠い未来の話」で片付けはいけないでしょう。

たとえば、X1000クラスのスーパーフレアが発生したら、どんなことが起きるのかシミュレートしてみると、こうなります。

地上の各地で電波通信障害が発生、運行中の旅客機は目的地の空港と連絡がとれず立ち往生する。

国際宇宙ステーションの中の宇宙飛行士は、大量の宇宙放射線を浴びたので、非常に危険な状態だろう。

放射線の影響は人工衛星にも及び、ほぼ すべてが使用不可能に。カーナビも携帯電話も使えない。

さらに、大規模な停電が発生。夜は真っ暗になった。文明の利器に頼った都市は大混乱に陥る。

最も心配されるのは原子力発電所。電源が喪失してしまった状態で、どれだけの時間、持ちこたえることができるのか......」などの記述があります。

WAOサイエンス パーク 」サイトより


8世紀の強烈な宇宙線、ブラックホールの衝突が原因か

ブラックホールの星破壊、銀河衝突で頻度100倍か

【図解】太陽フレアとは

2012年の強力な太陽風、地球をニアミス NASA
同記事に「2012年に地球のそばをかすめた強力な太陽風は、地球を直撃していれば「現代文明を18世紀に後退させる」ほどの威力があるものだったと、米航空宇宙局(NASA)が発表した」

「太陽風は「そのような事象を測定するためにほぼ理想的な装置を搭載した」NASAの太陽観測衛星「ステレオA(STEREO-A)」を直撃した。ステレオAが収集したデータを科学者らが分析した結果、その太陽風は、これまで知られている中で最大規模だった1859年の「キャリントン・イベント(Carrington Event)」と呼ばれる宇宙嵐に匹敵するものだったことが分かった」などの記述があります。

「ねじれた縄状」の磁場出現、太陽嵐予測の手掛かりに
同記事に「米航空宇宙局(NASA)の7月の発表によると、2012年7月23日に地球のそばを かすめた太陽嵐は過去150年間で最も強力なもので、直撃していれば「現代文明を18世紀の それに後退させる」ほどの威力を持っていたとされる。だが この危機的状況に気付いていた人は ほとんどいなかった」などの記述があります。

欧州初「宇宙天気」センター発足、太陽嵐への警戒強化へ

宇宙天気とは何か

猛烈な太陽嵐発生、電力網や衛星に障害の恐れ

超新星爆発を早期に観測、発生後3時間

AFPBB News 」サイトより


宇宙線のホット スポットを発見

歴史上最も明るい超新星爆発の記録を新たに発見

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


巨大太陽嵐が地球を襲うと どうなる?

太陽嵐による損失は1日5兆円近くなるという研究

地球の磁気圏に巨大な穴、見つかる

NASA、地球の磁気再結合の謎に迫るロケット打ち上げ

ものすごく美しい太陽の1年間

2012年に世界は一度終わりかけていた!太陽嵐で

1883年地球は一度滅亡しかけた
同記事に「1883年8月12日、彗星群が地球に あわや ぶつかる寸前だった」

「それを偶然目撃したと思しいメキシコの天文学者José Bonilla(ホセ・ボニージャ)氏の観測報告を再検証したメキシコ国立自治大学(UNAM、Universidad Nacional Autónoma de México)が、そう書いてる」

「ボニージャ氏が観測した物体は おそらく巨大な重量10億トンもの彗星が粉々になった破片で、ほかに誰も これを観測できなかったのは地球に あまりにも近いところを通過したため地表の極狭いエリアの人にしか見えなかった」

「UNAMが彗星の通過地点を計算したら、なんと地球から たったの300~5000マイル(483~8047km)だった」

「2日に447個の謎の物体を目撃した」というボニージャ氏ですが、実際に氏が数えていたのは延べ3.5時間だけ」

「そこでUNAMでは実際の破片の延べ数を計算するため、ボニージャ博士が精根尽き果てるまで観測した破片の1時間あたりの平均数をとって2日に積算してみたら」「総勢3275個」

「ツングースカ(Tunguska)の衝撃は控え目に見積もって約15メガトン、広島の原爆の1000倍のパワー。それが2日に計3275個も地球に降ってきた」などの記述があります。

ギズモード・ジャパン 」サイトより



太陽エネルギーの85%を蒸気に変換する新構造をMITが開発

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


【関連記事】


日本人街・経済特区


キャリントンの嵐(Carrington Storm):1859年の地磁気嵐
1859 Magnetic Storm (英語)
(巨大磁気嵐と人間の文明:1859年の太陽嵐が示すもの)
Wired.com 」サイトより (英語)


Taking the Surprise out of Surprise Solar Storms (英語)

National Science Foundation 」サイトより (英語)


太陽活動と紫外線
極大期のピーク到来、2日間に4回の大型太陽フレアを確認
同記事に「太陽フレアに伴い、強い紫外線やX線、電波等が放射される」などの記述があります。

NICT-独立行政法人 情報通信研究機構 」サイトより


太陽太陽風50のなぜ - 太陽地球環境研究所
同記事に「太陽フレアが発生すると、1000万度を超す高温のガスが作られます。そこからは強力なX線、紫外線、電波が放射され、フレア発生前の静かなときと比べると、放射量は ときには1000倍にもなります」

「太陽フレアが発生すると、宇宙通信が乱れたり、人工衛星の計器が壊れたり、軌道が狂ったり、発電所がダメージを受けたり、人間の生活に影響を及ぼします」などの記述があります。

名古屋大学 - 太陽地球環境研究所 」サイトより


【関連記事】


紫外線の世界地図


人工衛星の落下と放射能汚染
原子炉が空から降る恐怖
同記事に「1978年1月24日、ソ連の打ち上げた海洋偵察衛星「コスモス954」が、大気圏に再突入、カナダ領空上に侵入し、燃えきらずに同国北西部にバラバラになって墜落した。

この「コスモス954」は発電用の原子炉(原発に使うのとは異なる『原子力電池』と呼ばれるものだが)を搭載していた」

「この原子炉には、50キログラムのウラン235が詰められており、北西準州からアルバータ州・サスカチュワン州にわたる600キロの範囲が汚染された」

「米カナダ合同チームが、それから10か月間かけて12万4000平方キロメートル(日本列島の約3分の1の面積)の除染活動を行なったが、回収できた核燃料は50キログラムのうち、たった5グラム。

「空間線量は1時間あたり最大で1.1シーベルト(急性放射線障害が発生するぐらいの放射線量)もあった」などの記述があります。

防災情報【ハザードラボ】」サイトより



スペース デブリを可視化「The story of space debris」

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


今度は中国の ごみが宇宙を汚す - 1

今度は中国の ごみが宇宙を汚す - 2

ニューズ ウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より


宇宙の凶器「残骸ゴミ」,国際宇宙ステーションに あわや衝突

レコード チャイナ 」サイトより


地球の軌道上はゴミだらけ。死んだ衛星の処理、法整備へ

2017年、宇宙ゴミの大掃除が始まる

ギズモード・ジャパン 」サイトより


スペイン、宇宙ごみが相次ぎ落下、住民騒然

悪化する宇宙ごみ問題、「飛んでいる弾丸」75万個

宇宙ごみの位置情報公開を、「危機的状況」にESAが訴え - 1

宇宙ごみの位置情報公開を、「危機的状況」にESAが訴え - 2

インド、人工衛星103基を同時打ち上げへ 史上最多

AFPBB News 」サイトより


宇宙ゴミ、スペース デブリ60年の歴史が わかる動画

宇宙ゴミを丸飲みする宇宙船、2018年 打ち上げ

ロケット打ち上げにかける「宇宙保険」の難しさ

2016年から2017年まで、注目すべき10の宇宙ヴェンチャー

WIRED.jp 」サイトより


Stuff in Space 」サイト(英語)



中国の宇宙開発力が着実に増強、米軍事通信を脅かす存在に

レコード チャイナ 」サイトより


成層圏をレンズ化し対空レーザーを反射「Atmospheric Lens」

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


核戦争を間一髪で回避。磁気嵐による軍事システム ダウン

冷戦時代の核実験、宇宙気象に影響を及ぼしていたことが判明

イギリスの人工衛星を うっかり核攻撃、アメリカの宇宙黒歴史

ギズモード・ジャパン 」サイトより


【関連記事】


地政学の世界地図


宇宙線の被曝による健康への影響
私たちはレントゲン( X-ray )やCTなどの医療放射線や原子力発電所などの放射線による被曝には比較的敏感ですが、宇宙放射線や、雷、ラジウム(ラドン)など自然由来の放射線による被曝やタバコに含まれる放射性物質に関しては鈍感な傾向があるといえそうです。


【関連記事】


ラドンの世界地図
(ラドンによる放射線被曝、タバコに含まれる放射性物質に関する興味深い話題も)

雷 分布の世界地図
(雷と放射線)


電離層と地震の関係
東日本大震災直前に震源上の大気と電離層に異常が?

スラッシュドット・ジャパン 」サイトより


Atmosphere Above Japan Heated Rapidly Before M9 EQ (英語)

Technology Review 」サイトより (英語)


arXiv:1105.2841 (英語)
(Atmosphere-Ionosphere Response to the M9 Tohoku Earthquake Revealed by Joined Satellite and Ground Observations. Preliminary results)
arXiv.org 」サイトより (英語)


銀雲 ( silvery clouds )
(宇宙飛行士が目撃した"銀色の雲"は地震災害の前兆か)
SEMS 研究会 」サイトより


地震に先立つ電離圏全電子数の正異常

北海道大学.理学研究院.地球惑星科学部門 宇宙測地学研究室 」サイトより


東日本太平洋沖地震に伴う電離圏擾乱

情報通信研究機構 」サイトより


電離層

Wikipedia 」 サイトより


大震災の地震の「音」、宇宙にも響く 衛星が観測

AFPBB News 」サイトより


Real-Time Global Ionospheric Total Electron Content (英語)

NASA Jet Propulsion Laboratory 」サイトより (英語)


電波伝搬障害研究プロジェクト 」サイト


IPS - Total Electron Content - TEC Global Map (英語)

IPS - Radio and Space Services 」サイトより(英語)


【関連記事】


津波の世界地図

西南日本の超巨大地震
(日本で発生が懸念される超巨大地震の地域情報や予想震源域の地図も掲載。「超東海地震が未曾有の世界危機を招く理由とは」
「個人の海外移住と企業の海外進出が世界を救う!その理由とは」など興味深い情報満載)

超巨大地震の世界地図

地震分布の世界地図


オーロラ
オーロラ観測マップ

旅×インフォグラフィックス=tripgraphics 」サイトより


巨大太陽嵐で「赤いオーロラ」が世界各地に出現

日本の研究チーム、オーロラの「謎」を解明する

WIRED.jp 」サイトより


宇宙から撮影したオーロラの動画は息を のむほど美しい

18光年先に輝くオーロラを発見

イングランドで まさかのオーロラ観測

JAXAらが挑む。美しくダイナミックな木星オーロラの謎

青白く輝く、木星で観測された巨大オーロラ

「スティーヴ」と名付けられた謎の巨大な光

ギズモード・ジャパン 」サイトより


5人に1人は光を「聞く」ことができる

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


オーロラから聞こえる謎の音の正体を解明

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


【関連記事】


地球の夜景・世界地図


地磁気分布の世界地図

地磁気の分布地図(京都大学)

[ 出典 ]  過去400年間の地磁気全磁力のアニメーション
(個別の図の西暦2000年の地磁気全磁力より)

京都大学大学院 地磁気世界資料解析センター 」サイトより


地表の磁場強度分布図

地磁気の分布図(気象庁)

[ 出典 ] 地表の磁場強度分布図(全磁力 2000年)

気象庁 地磁気観測所 」サイトより



※地図で青や紫色の地域はブラジル磁気異常領域(Brazilian anomaly)、南大西洋磁気異常帯(SAA:South Atlantic Anomaly)、地磁気ホール(Geomagnetism hole)などと呼ばれています。


【関連情報サイト】


South Atlantic Anomaly (英語)

NASA 」サイトより (英語)


南大西洋異常帯

Wikipedia 」サイトより



ブラジルの周辺地域では、地上に降りそそぐ宇宙線が強く、人口密度の高い地域もあるため、宇宙線による住民の健康や生態系への悪影響を懸念する専門家の意見があります。(南米の上空を周回する人工衛星では、強い放射線により、電子回路の動作不良を起こしたという事例も報告されています。)
宇宙線(ガンマ線)分布地図

宇宙放射線(ガンマ線)の強度分布地図

赤色=放射線が強い。 紫色=放射線が弱い。

Map of gamma ray 3.0-8.3 MeV count rate by SONG instrument (IEP SAS in collaboration with Moscow University) on CORONAS I at altitude 500 km .

[ 出典 ] 「 SAV - Slovenská Akadémia Vied 」サイトより (英語)

地磁気の弱い南米付近のガンマ線が強いことがわかります。



人間には先天的に第六感が備わっていることが証明される
同記事に「人には先天的に この第六感が備わっていることが、米・マサチューセッツ州医科大の神経生物学者、スティーブンレパート氏によって証明された」

「ちなみに ここで言う第六感とは、太陽放射やオーロラなどの要因で絶え間なく変化する地球の地磁気を感知する能力を指している。

ある種の動物に こういった第六感があることは すでに立証済みだ。

例えば、目的地に向かって迷わず空を飛ぶ渡り鳥や、地震の直前に騒ぎ立てる動物たちは、地磁気の異常や電磁波を体の特殊な受容体で感知すると言われている。

「鳥類は網膜で捉える磁気感覚に頼って移動する」という説は、1970年代後半、すでに物理学者のクラウス・シュルテン氏により報告されていた。

この磁気感覚は、人間の網膜にもある、「クリプトクロム」という特殊なタンパク質の働きを利用して得られるそうだ。

光感受タンパク質であるクリプトクロムが何らかの形で磁場に応答し、そのために鳥類は磁場を視覚として とらえているとも指摘されている。

そこで今回、同研究チームは人間のクリプトクロムを採取してショウジョウバエの網膜に注入。

さらに羽に巻いたコイルに電気を流して地球と同じような磁気を発生させた。すると、ハエは人間のタンパク質を持ってしても、通常通りに地磁気を感知。

たとえば危険な磁場を避けたり、餌がある磁場に近づくなどのように飛行経路を調整しながら飛ぶことができたそうだ。

つまり人間のクリプトクロムも地磁気を感知することができる――すなわち第六感がある――ということになる」などの記述があります。

ロケットニュース24 」サイトより


イルカは磁石に引き寄せられる(英語)

Newsline 」サイトより


人間も「地球の磁場」を感じることができる

渡り鳥は磁場が見える:青色光受容体と磁気の感知 - 1

渡り鳥は磁場が見える:青色光受容体と磁気の感知 - 2

「渡り鳥」の磁場感覚、哺乳類にも存在すると判明
同記事に「渡り鳥など一部の鳥は かなり正確な方向感覚を持っているが、これは彼らが磁場を知覚できるからだと考えられている。

その網膜に「クリプトクロム」という青色光受容体が含まれており、その生化学的反応で弱い磁場変異を感知するようだ)。

なお、こうした磁気感覚は、鳥だけでなく、ゴキブリなどの昆虫やカメなどにも見られ、ショウジョウバエがクリプトクロムで磁場を感知するという研究も行われている。

このほど、新たな研究により、犬やオオカミ、キツネ、熊、アナグマ、オランウータン、マカクザルなどの哺乳類も、網膜にクリプトクロム1aが存在することが明らかになった。

つまり、これらの動物も磁場を知覚する能力を備えている可能性があるということだ」

「一部の動物では、捕食行動などで、磁場の影響を受けていると見られる徴候もある、と研究チームは述べている。

ウシやシカの群れは通常、体を南北方向に向ける傾向があるが、送電線の近くの、低周波磁場が発生している場所では、動物の体の向きが ばらばらになるという研究も発表されている」などの記述があります。

牛は磁場を感じる:南北に整列するが、送電線で撹乱も

ゴキブリは磁場が見える:渡り鳥と同様のシステム

「死」は青い光を放つことが判明 1

「死」は青い光を放つことが判明 2

WIRED.jp 」サイトより


地球には誕生直後から磁場があって大気や海も守る

マイナビ ニュース 」サイトより


中心核の磁性変動で磁北が東へ移動

ウミガメが生まれ故郷に戻れる理由

渡りをするチョウが迷わない理由は?

渡り鳥、微弱な電磁波でも方向失う

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


生物の体内コンパスとなるタンパク質が発見される

Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン) 」サイトより


オオカバマダラ、太陽と地磁気で大移動の進路決定か

メキシコ、旅をするチョウ、4500キロの大移動

年3兆匹以上の昆虫、空を季節移動か 英研究

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


大気汚染の世界地図


地磁気と宇宙線の関係
高緯度地域や標高の高い地域、地磁気が弱い地域では宇宙線(宇宙からの放射線)が増加します。

アメリカでの疫学調査の結果によれば、宇宙線の強度と発ガン率の関係が指摘されています。


地磁気フラックス(水平磁力)の等高線(アメリカ)

地磁気フラックス(水平磁力)の等高線(アメリカ)


高度と白血病リスクとの関係(アメリカ)

高度と白血病リスクとの関係(アメリカ)



白血病の徴候は診断の数年前に現れる

Healthday Japan 」サイトより


白血病細胞が無害な免疫細胞に変化することが偶然発見される

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


白血病患者を救う「カスタマイズされた免疫療法」:研究結果

WIRED.jp 」サイトより


糖尿病による血液がんリスク増加、DNA異常に関連性

小児がん克服者の大半、成長後に慢性病を発症

AFPBB News 」サイトより


小児がん生存者の新たな難題、早期老化

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 」サイトより


【関連記事】


大気汚染の世界地図


地磁気と腎臓がん死亡率との関係(アメリカ)

地磁気と腎臓がん死亡率の地理的変動(アメリカ)

[ 出典 ] 米国自然放射線の疫学調査(アーチャーら)
(図2に米国における地磁気フラックス(水平磁力)の等高線の図が、図1にアメリカにおける高度と白血病リスクとの関係の図が、図3に米国における腎臓がん死亡率の地理的変動の図があります。)

原子力百科事典 ATOMICA 」サイトより


※米国自然放射線の疫学調査(アーチャーら)の記事によれば、腎臓がんの他に乳がん、多発性骨髄腫、卵巣がん、リンパ腫、胃がん、精巣がん、前立腺がん、白血病、ホジキン氏病、大腸・直腸がん、甲状腺がん、脳神経系腫瘍などの死亡率も宇宙線フラックス等高線に良く似た分布を示し、北部で多く、南に下がるに従い減少している。先天性異常による胎児死亡も同様である。そして、「自然放射線には その線量に比例した発がん効果があることは否定出来ない」と結論している。

【注釈】 地域差はありますが、日本においても宇宙線の強さは北海道などの高緯度地域で強く、沖縄など低緯度地域では弱い傾向にあるため、前述の病気の罹患率や死亡率も沖縄など南部ほど低く、北海道など北部に行くほど上昇すると推測されます。

また、宇宙線の強さは北半球では北部(高緯度)で強く、南に下がる(低緯度)に従い弱くなりますが、南半球では北部(低緯度)で弱く、南部(高緯度)ほど強くなるため、前述の病気の罹患率や死亡率も
北部ほど低く、南部に行くほど上昇すると推測されます。



操縦士と客室乗務員、皮膚がんの発症リスク2倍
同記事に「航空機の操縦士や客室乗務員は、有害な紫外線に上空で定期的に さらされているため皮膚がんになる可能性が2倍になるとの研究論文が、米国医師会(American Medical Association、AMA)の雑誌「JAMA皮膚科学(JAMA Dermatology)」に掲載された。

計26万6000人以上のデータが含まれる19件の研究を分析した結果、皮膚がんの一種であるメラノーマ(黒色腫)の発症率は、操縦士で2.21から2.22倍、客室乗務員で2.09倍と、一般における発症率に比べて2倍以上だった。

論文の著者によると、発症率の高さの原因は、高度を飛行する機体の操縦室のフロントガラスや客室の窓から入り込む紫外線だという」

「研究チームによると、多くの民間航空機の巡航高度である高度9000メートルでは、がんを誘発する紫外線の強さは2倍になるという」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより



宇宙線とは反対に紫外線は高緯度では弱く、低緯度では強くなります。


【関連記事】


紫外線の世界地図
(紫外線量の世界地図により、海外の紫外線量の強い地域、弱い地域が一目瞭然。このほか紫外線に関する興味深い話題や情報も満載)



南米進出後の人類、急速に高地に適応

チベット人の高地適応はデニソワ人由来

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


低酸素への耐性、関与遺伝子を特定 関連疾患の治療へ期待

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


 遺伝子


【放射線・ガン・関連情報サイト】


歯科X線検査、脳腫瘍と関連性 米研究

台湾で人気の植物薬、高い がん発症率との関連

AFPBB News 」サイトより


鉄の摂り過ぎは、寿命を縮める!

SAFETY JAPAN 」サイトより


地磁気と健康との関係
地磁気逆転とバイオイベント
同記事に「血圧や脈拍数、白血球の増減などは、地磁気の日変化と密接な関連があること、また地磁気変化は人間の精神・神経活動にも さまざまな影響となって現れることなどが、しだいに明らかにされてきたのである。

磁気あらしのときには、ほとんどの人に交感神経の緊張がみられ、航空機のパイロットの操縦ミスと無関係ではないとも指摘されている。

とりわけ血液に対する影響は無視しがたく、地磁気変化に対応して白血球数が増減するばかりでなく、血液凝固系の機能にも異常をきたして、血栓病などを起こす確率が高くなるともいわれる。

また、皮膚の電位分布にも乱れを生じさせることが判明しているが、これは体液やホルモンバランスが崩れることにより、内部器官に変化が起きたためと説明されている」

「地磁気の増減は天然痘やポリオなどの伝染病の流行とも明らかな相関関係にある」

「地磁気がゼロになるという2000年後に、人類の終末を重ね合わせるのは短絡的だ」などの記述があります。

バイオリズムと磁気
同記事に「地球の自転と公転による昼夜と季節の周期が、生物時計のひとつの基準となっているのは明らかだが、地磁気もバイオリズムに関係しているらしい。たとえば、女性の月経周期は通常25~35日の範囲内にあるが、月経開始が地磁気活動度に依存することも統計的に明らかにされている。月経は地磁気活動のレベルが低い日に開始することが多く、レベルが高い日には逆に少なくなるというのである。また、地磁気活動のレベルが低いときほど、月経周期は短くなる傾向があるという。

出産も地磁気活動の高い時間帯に なぜか顕著である。さらには、受胎時の地磁気活動のレベルと、神経活動のタイプとには明らかな関係がみられるという報告もある。星占いのように生年月日で人間の性格や運命が決まるわけではないが、受胎時の地磁気の状態は人体の機能や成長に微妙な影響を与えていることは確かなようである」などの記述があります。

TDK 株式会社 」サイトより


【ポリオ・関連記事】


ポリオの分布地図


地球磁場の磁束密度の変動 ( 過去1万年 )

地球磁場の磁束密度の変動 ( 過去1万年 )

[ 出典 ] 現代人の磁気欠乏症候群

TDK 株式会社 」サイトより



地球の磁場は、予想を超えるスピードで弱まり続けている
同記事に「欧州宇宙機関(ESA)の報告によると、地球の磁場は この6か月間、当初の予測の10倍のスピードで弱まり続けているという」

「ただ、心配しなくていい。それでも磁極の反転には数百年、あるいは1000年は かかると見られている。また、過去の磁極の反転が、当時の生物に大量絶滅や放射線による損傷をもたらしたという証拠もない。電力網と通信ネットワークは大変なことになるかもしれないが、人類は無傷で切り抜けるはず」などの記述があります。

地球磁場の高速逆転、証拠発見か

「準惑星」に降格させられた冥王星、「惑星」に返り咲く

冥王星を見ているとき、私達が本当に目にしているもの - 1
同記事に「暗闇に浮かぶ球体の写真を見て、心を揺さぶられる。「冥王星は かくも美しい姿をしているのか」と。しかし、少し立ち止まって考えてほしい。

実物を見たことがないのに、なぜ それが冥王星の姿だと言えるのか。「それは本物か?」というこの根本的な疑問は、何世紀にも わたって科学者のみならず哲学者や芸術家を悩ませてきた」

「わたしが言いたいのは こういうことだ。わたしたちと冥王星を隔てているのは、広大な宇宙空間だけではない。ニューホライズンズにはLORRIと Ralphという ふたつのセンサーが装備されており、このセンサーは実際に冥王星を"見ている"。

一方、わたしたちが見ているのは写真だ。こういうとき、わたしたちは哲学的に、「いま目にしているものは、果たして自分たちが付しているのと同じ意味を もつものなのか」ということを疑ってかからなければならない。

ある画像を見て、それを"本物だ"と信じる。しかし、それは必ずしも真理ではない。

写真が もつ意味というのは、撮影技術、写真を拡散する技術、そして見る人の"自分が何をみているのかを理解する技術"によって限定される。

「それは本物か?」という疑問は、科学だけでなく、哲学やアートの分野でも人々を悩ませる。わたしたちは、自分の目や脳を完全に信用することは できないのだ」

「誰も冥王星を肉眼で見たことがないという事実は、それを"見る"という考えに哲学的苦痛をもたらす。

わたしたちは、実際に冥王星に行くことはできない。だから探査機を送った。ほかに手段がないので送られた情報を信じるが、テクノロジーが すべてを見せてくれるわけではない。

科学者だって、そこに何があるのか ほかの人よりも確信を もっているわけではない」などの記述があります。

冥王星を見ているとき、私達が本当に目にしているもの - 2
同記事に「カメラはシンプルな機械だ。レンズとシャッターがあり、光が通ってフィルムの化学感光剤やデジタルセンサーの画素に ぶち当たる。

物体に当たって跳ね 返る光子をとらえてデータに変換するのは、別のテクノロジーだ。また別のテクノロジーが そのデータを画像に変え、さらに別のテクノロジーがその写真を人々の間に拡散させる。

「対象と自分との間に何かが入った瞬間、自分が目にしているものが対象の ありのままの姿だと考えては いけなくなります」とSlateの「Bad Astronomy blog」のなかでフィル・プレイトは言う。

「人間の目は認識や錯覚に いとも簡単に だまされます。人間の脳は、目が行っていることを解釈しなければなりません。

どんな状況でも、人が世界の ありのままの姿を見ているなんてことは ありえないのです」

自撮り棒に取り付けられたiPhoneから、宇宙の彼方をのぞく望遠鏡まで、写真を撮るとは一連の決定(焦点、距離、露出、コントラストをシャッターを切る、など)を人間、あるいは探査機が下すということだ。

それゆえ写真は、疑いようのない証拠にはならない。誰かが、どこにカメラを向け、どのように撮影し、どう処理して画像を仕上げるかを選択している。あなたが目にするのは、カメラが目にしたものではない」

「人は現実を所有することはできない」とソンタグは書いた。「人にできるのは、画像を所有する、または画像によって所有されることだ」

ルネ・マグリットの描いたパイプがパイプであるという以上に、冥王星の写真が冥王星だということはない。写真は表現であり、実体の情報伝達である。誤ることも変化することもある。

これらは最近になって出てきた問題ではない。1600年代にガリレオが望遠鏡を使って初めて木星の4つの衛星を見たとき、学者たちは彼が「何かを見た」という考えそのものを あざ笑った。

アントーニ・ファン・レーウェンフックも、顕微鏡で何を見たか話したときに同じ経験をした。肉眼で見えないものを機械が どうやって見られるのか?

新しいテクノロジーを使って捉えたものが真実だと なぜ言えるのか? そもそも、おまえは自分が何を見ているのか わかっているのか?」などの記述があります。

冥王星を見ているとき、私達が本当に目にしているもの - 3
同記事に「歴史家で科学哲学者のダグラス・アルチンは こうした疑問について熟考することに人生を費やしてきた。

「冥王星からの画像は、"見る"ということが いかに間接的かを思い出させてくれ、さわやかな気分にさせてくれます」と、彼は言う。

「わたしたちはオリジナルに類似したものを つくっている、ということに かなりの自信を抱いていますが、すべては とても間接的なものであり、テクノロジーの介在を受けたものなのです」

哲学者イアン・ハッキングは科学者たちが この問題を理解するのを、1981年の「顕微鏡を通して見るか?」を通じて手助けしようとした。

彼はテクノロジーを通して何かを見ているとき、それについて知ることは難しいと論じている。

最初の顕微鏡を通してであれ、冥王星の写真について考えるときであれ、 人々は哲学者が呼ぶところの"代理選択肢"に頼る。

それはアルチンが"間接的、あるいは副次的──しかし必ずしも信頼できないわけではない──他の方法では、観察が困難な事象を証明する手段"と表現したものである。

顕微鏡の例では、ハッキングが提案した解決策は「干渉」である。

研究対象に物理的な方法で影響を与えてみて、それが画像で見られるような仕方で反応するかどうかを見るのだ。

「わたしたちは自分が見ていると思っているものに対する確信を得ることができます。

なぜなら それに まったく別の物理的な方法、例えばマイクロインジェクションといった方法で触れることができるからです。

まったく異なる物理法則を使った装置で、同じサンプルのなかに同じ構造を観察できるので、確信を もてるのです」と彼は書いた」などの記述があります。

常識破りの推進システム「EMドライヴ」は実現可能:NASA発表

WIRED.jp 」サイトより


燃料不要の夢の宇宙エンジンは可能、NASAが発表

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


地球の「外核」は2層構造 東工大など定説翻す発見

日本経済新聞 」サイトより


地球磁場が予想より早く弱まっていることが判明
同記事に「欧州宇宙機関は2013年11月に地磁気観測衛星SWARMの 打ち上げに成功。

3基の衛星が連携して観測を行うSWARMが高度460km~530kmの高度を周回して地磁気の観測を約6か月にわたって実施してきたところ、従来予想されていたものよりも10倍も速い「10年間で5%」というペースで地磁気の強さが減少していることが明らかになってきました」

「SWARMによる観測結果を示した地図」「赤く描かれたインド洋周辺が最も地磁気が強く、北米大陸周辺が最も弱いという事実が明らかになっています」などの記述があります。

地球の磁場が反転する地磁気逆転は いつ・どこから起こる?

地球を覆う「リソスフェア」の地磁気マップ - ESAが公開

原理未解明の常識破りの推進装置「EMドライブ」

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


地磁気逆転は百年もあれば完了することが判明
同記事に「地球の磁場は絶えず変動しており、大体20万年から30万年に1回 南北が完全に入れ替わるわけですが、次の地磁気逆転は いつきても おかしくないとのこと。

これまで地球磁場の逆転は7000年もの長い年月をかけて完了するものと思われていました(アメリカ国立科学財団(NSF)が行った2004年の調査より)。

しかし、ここ数年の科学者たちの研究によって、これまで考えも及ばなかったようなスピードで南北の地磁気が入れ替わっていたことが わかってきました」

「前回の地球磁場逆転は約100年で完了した」

「電流の流れの変化が人間生活に影響を及ぼすことも薄々わかっていたことです。

例えば、滑走路に方位磁針の向きに合わせた番号を表示している空港では、地磁気変動に合わせて名称を変更したり、番号表記を塗り替えたりしているのです。(去年の秋にもオークランド国際空港で27番滑走路が28番に変更された)」

「磁場が弱まるイコール、宇宙からの発がん性のある放射線から人体が守れなくなるってことなので、がん罹患率の増加も考えられそうだし。

磁場が入れ替わったら電力供給網や磁場に敏感なシステムは ひとたまりもない。インフラが受ける影響も相当のものでしょう」などの記述があります。

ギズモード・ジャパン 」サイトより


地磁気が もしなくなったら どうなりますか?
同記事に「過去におきた地磁気逆転の時期には、ある種の放散虫が突然、絶滅することが確かめられています。このような例は他にもあり、このことから地磁気逆転と生物の進化・生存に関係があるという説があります」

「超高層大気の組成が変わったりする可能性の方は かなり信憑性がありそうです。高層大気の微量成分が損失を受けたりすると、オゾン層破壊のようなことには ならないまでも、地上の生命に悪影響を及ぼす可能性は大いにあり得ます」などの記述があります。

気象庁 地磁気観測所 」サイトより



過去1万年間の地磁気の変化を見ると、紀元前3500年頃を最小として増加に転じ、その後、西暦500年頃をピークとして減少し続けています。このままのペースでは計算上は2000年後にはゼロになってしまいます。

しかし、紀元前6500年から紀元前3500年の間も地磁気は少なくなっていましたが、その後、急速に増加に転じ、過去3000年間で減少した地磁気は僅か1000年間で以前の水準を回復し、その後も西暦500年ごろまで増加していました。地磁気は地球の歴史の中では増減を繰り返しているものであり、いずれは増加に転じるという専門家の見方もあります。



科学と似非科学を混同し、巨大な錯誤の迷宮を彷徨う人々が好みそうな話題であるが、科学者によれば、「所詮は科学と似非科学との区別がつかない人々を相手に自分や人々の心を騙して、信じさせ、あるものはビジネスに利用する。こうした巨大な錯誤の世界に入り込んでしまうと、貴重な人生の時間や財産を失うことにもつながるため、非常に危険である。科学的な素養のない一般人は似非科学信奉者からみれば、赤子の手をひねるが如く簡単に錯誤の世界に引き込むことができるのです。

なぜ、こうなるの?という疑問を解決するための科学を放棄してしまうことは似非科学という巨大な錯誤の世界に直結しており、似非科学という錯誤の世界に陥らないためには、まず、正しい科学的知識を知るということである。似非科学は時には中途半端な科学情報を織り交ぜながら、巧妙な話術などを用いて忍び寄ってくるので、十分な注意が必要である」という科学者の意見があります。



トンデモ「研究」の見分け方・古代研究編

トンデモ「研究」の見分け方・中間目次

朴斎主頁 - 富山大学 人文学部 」サイトより


疑似科学と されるものの科学性評定サイト


エセ科学記事に騙されないために重要な12のポイント

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


カール・セーガンに学ぶ、物事を正確に見抜くテクニック

満月の夜は何かが起きる?錯誤相関に陥らないために

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


疑似科学

Wikipedia 」サイトより


宇宙線・地磁気と火山
素粒子で探る火山
同記事に「火山も透過する宇宙線ミュオン(ミュー粒子):ミュオンで火山を調べるには宇宙線中のミュオンのエネルギー分布が天空から入射してくる角度のみによって変化し、場所によって変化しないことを利用します。この結果を使うと火山中を通過した宇宙線中のミュオンの強さが通過経路でどのように変わるかを測ることができます。こうしてX線写真のように火山の透過像をつくることが出来ます。」などの記述があります。

大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構 」サイトより


素粒子による透視で火山噴火のメカニズムを発見

アットホーム『こだわりアカデミー』 」サイトより


噴火推移の予測,初めての実績-浅間山での素粒子ミュオン観測
( PDF:4.899MB )

東京大学 」サイトより


地磁気は火山活動と どのような関係があるのですか?

気象庁 地磁気観測所 」サイトより


金星で複数の火山が噴火、探査機が間近で初観測

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


地球以外にも溶岩が流れる惑星があるようだ

ギズモード・ジャパン 」サイトより


【関連記事】


火山分布の世界地図



南海トラフの巨大断層は手ごわい

物言わぬ石の地磁気で津波史ひもとく

サイエンス ポータル 」サイトより


【関連記事】


西南日本の超巨大地震

超巨大地震の世界地図

津波の世界地図



土地の高さが発音に影響?

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


【関連記事】


世界の言語地図



節水シャワー「Nebia」

宇宙開発技術は、山積する地球上の問題を解決する - 1

宇宙開発技術は、山積する地球上の問題を解決する - 2

WIRED.jp 」サイトより


【関連記事】


世界の降雨量・降水量

水の世界地図



2015年 宇宙法が米上院 通過,小惑星 資源採掘ビジネス認める

ルクセンブルクが国を挙げて目指す「宇宙資源産業」

WIRED.jp 」サイトより


「宇宙条約」に落とし穴あり。月の土地をめぐる競争激化

ギズモード・ジャパン 」サイトより


【関連記事】


資源分布の世界地図



ついに重力波の観測に成功

重力波がわかる動画「Gravitational Waves Explained」

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


13億年前のブラックホールの合体で生じた重力波、検出される

重力波を最初に「目撃」したイタリア人

重力波観測の裏に、イタリアの貢献があった

WIRED.jp 」サイトより


重力波の直接観測に成功

2度目の重力波観測に成功!遂に重力波天文学の新時代へ

自然界の第5の力、発見か

重力レンズ天体「ホルスの目」

金星に重力波が作る弓状の模様、あかつきが発見

ギズモード・ジャパン 」サイトより


重力波、世紀の発見をもたらした壮大な物語

2度目の重力波観測、天文学は いよいよ新時代へ

重力波を生んだ太古のブラックホール衝突を解明

ブラックホールは食べ残しを投げ捨てるとの新説

重力波検出に成功、30億年前のブラックホール衝突 - 1

重力波検出に成功、30億年前のブラックホール衝突 - 2

重力レンズ使った星の重さ測定に成功、ハッブル

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


ブラックホールが銀河の外に飛び出した NASAが観測

マイナビ ニュース 」サイトより


重力波、国際チームが直接観測に初成功 - 1

重力波、国際チームが直接観測に初成功 - 2

重力波、国際チームが直接観測に初成功 - 3

ブラックホール合体の重力波検出、2例目 LIGO観測

米LIGO、3例目の重力波検出 - 1

米LIGO、3例目の重力波検出 - 2

光が曲がる「重力マイクロレンズ」 太陽以外の星で初観測 - 1

光が曲がる「重力マイクロレンズ」 太陽以外の星で初観測 - 2

AFPBB News 」サイトより


アニメーションで見る重力波の動き

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


【関連記事】


重力分布の世界地図

地球の夜景・世界地図



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ緻密な情報、厳選リンクも満載