【環境・自然】環境や気候の良い国、自然災害の少ない安全な国とは

海外移住と大気汚染の世界地図

大気汚染の世界地図により、空気のきれいなところや大気汚染物質の影響度や種類も一目瞭然。

震災後のアスベストや有害粉塵汚染、地震発生前後のラドンガス、大気汚染ランキング、大気汚染と病気の関係、女性ホルモンと肺がんの関係、大気汚染による健康への悪影響の予防と回避、大気汚染対策に役立つ興味深い情報を紹介。


大気汚染の世界地図 ( 空気の きれいなところは...)対流圏中の一酸化炭素 汚染度測定の分布地図
大気汚染(一酸化炭素)の分布地図

( 中国の周辺が最も汚染が深刻であることがわかります。)
※ 日本付近の汚染の原因は、主に中国などの周辺諸国からの越境汚染の影響が大きいとされています。

[ 出典 ] Seasonal Carbon Monoxide Measurements (英語)

NASA 」サイトより (英語)



世界一きれいな空気を測定、オーストラリア グリム岬の観測所

AFPBB News 」サイトより


★【 重要情報 】 日本の命運尽きて万人窮す or 万死に一生を得る


日本壊滅地震で世界危機

専門家によれば、「防災や災害で死なないことは心配するのに、大多数が死なずに生き残るのにもかかわらず、生き残った後の状況や生活を考えない人の割合が多い。

激甚震災後に壊滅した日本を襲う経済津波で破綻する深刻な経済状況下で破滅せずに、どう生きてゆくのか?

「 災害 」も「 結婚 」も「 海外移住 」も、その後の生活について真剣に考えることが重要。

震災後の経済津波と無関係な日本人は、ほぼ皆無である」との指摘があり、真剣に向き合うことが大切です。


ご意見・ご要望・リンク切れなどの ご連絡
ご連絡/Contact|海外移住の地図帳


健康に重要な空気の質
村上周三・東京大学名誉教授は「住まいと人体、工学的視点から( 臨床環境医学 第9巻第2号、pp.49-62 )」、のなかで、次のように述べています。
【引用開始】

"「人間は環境化学物質の83%を空気(肺)から取り込み、食品からは7%、飲料からは8%に過ぎない」

「我々は空気環境に もっと神経質になるべきである。

我々は濁った水を飲むことには強い拒否反応を示すが、濁った空気を吸引することには それほど強い拒否反応を示さない。

清浄な水を確保することが人間生活にとって不可欠であるように、清浄な空気を確保することも人間としての基本的な要求である」"

【引用終了】



「食品からは7%、飲料からは8%に過ぎない......」

食べ物や飲み物に気をつけていても、体内に入る化学物質の15%に過ぎないのです。

安全な食品探しに、日々奔走していても......です。

( 安全な農産物は土壌の成分を知ることも大切です。)


【関連記事】


日本人街・経済特区
( 清浄な空気を確保できる街とは? )

黄砂汚染の地図
( 堆積する黄砂:農作物や水質への影響の項目を参照 )

火山分布の世界地図
( 火山土壌と有害物質 )

食糧自給率の世界地図


呼吸と空気
人は毎日どれくらいの量の空気を吸っているのだろう?
同記事に「汚れた空気を吸っていると、人間の肺そのものがフィルタの役割を果たして汚れてゆきます。

空気清浄機のフィルタは交換できますが、人間の肺は交換できません」などの記述があります。

人体に影響を及ぼす空気の汚染「大気汚染」
同記事に「光化学スモッグは、窒素酸化物(NOx)や炭化水素(HC)類が太陽の強い紫外線を浴びて高濃度の「光化学オキシダント(Ox)」に変質した結果発生するもので、風が弱く、紫外線の強い夏の日中に発生します」

「SPMはディーゼル排ガスなどに含まれる直径10ミクロン以下の粒子で、長期間吸い続けると、ぜん息などの引き金になると言われています。

また、最近の研究では、ディーゼル排ガスや道路の粉塵以外に、硫黄酸化物や炭化水素など大気汚染ガスが太陽光を浴びて化学反応を起こしてもSPMが発生することが分かりました。

さらに、粒子が小さいため、風が少しでもあれば数年間も空気中を漂い、いったん排出されると なかなか除去できません。

単に車の「排ガス規制」を行っただけでは削減できない厄介な微粒子として、環境庁等が詳しい調査を進めています」などの記述があります。

エアロサービス株式会社 」サイトより


人間は1日に どれくらいの空気を吸うの?
同記事に「私たちが1日に呼吸する空気は約20kg。

これは食品・飲料水などの1日の摂取量の約10倍」

■ 成人の安静呼吸時に毎回 肺に出入りする空気の量:0.5リットル/回 (10ミリリットル/kg 体重50kgとして)

■ 1分間の呼吸数:20回

■ 1mol=22.4リットル=28.8gとして1日の呼吸キロ数〉0.5リットル×20回×60分×24時間÷22.4×0.0288kg=18.5kg≒20kg

※ 一般的な食品摂取量、ならびに肺活量、呼吸数の最大値から概算した数値を表現したものであり、活動状況や温度によって多分に変化します」などの記述があります。

ダイキン工業 」サイトより



( 1日に約20Kg=1年で約7.3トン、10年で約73トン!)



食品や水などに含まれる有害物質の種類によっては、解毒する機能が一部の臓器などに備わっていますが、気管や肺には解毒機能はなく、有害物質は直接、肺から血液に入ることになります。

健康に生活してゆくには、食べ物や水だけではなく、居住地域の「空気の質」にも注目する必要がありそうです。

清浄な空気を確保でき、人間としての基本的な要求を満たせる国とは?


【関連記事】


日本人街・経済特区
( 大気汚染国で風向きを気にしながら「マスク」「空気清浄機」が手放せない生活から、風向きを気にせず「マスク」も「空気清浄機」も不要。空気のきれいな地域に暮らすという発想。)


北半球と南半球の大気を隔てる化学赤道 ( Chemical Equator )
'Chemical Equator' Discovery Will Aid Pollution Mapping(英語)

ScienceDaily 」サイトより(英語)



※ 北半球の汚染された空気が、「 化学赤道 」の北側の境界で、特に吹き溜まりのように汚染物質が集まっている地図上で赤く示された「 化学赤道の北半球 」地域に存在するインドネシア地域と、地図上で青く示された空気の きれいな「 化学赤道の南半球 」との明瞭な境界が 地図で視覚化され「 一目瞭然 」です。


地震と空気・大気汚染
中皮腫や肺がんの原因にもなるアスベストが使用されている建造物が大量倒壊することで、アスベストが大量に飛散することが懸念されています。
( 新築の建物でも地震地域係数によって、建物の耐震性が1割から3割低い地域があります。)

また、地震発生の前後に地殻から肺がんの原因にもなるラドンが大量に放出されていることが観測の結果、判明しています。
( ラドンは、通常のマスクでは防げないとされています。)


熊本復興の裏で進む「静かな時限爆弾」アスベストの飛散 - 2
同記事に「震災から15年後の2010年10月ごろに体調不良を感じて検査を受け、2011年1月中皮腫と診断。

なんと その約9ヵ月後の10月に亡くなった」

「居住歴などからもアスベストに曝露した可能性があるのは阪神・淡路大震災後わずか40日間のがれき撤去作業だけだった」などの記述があります。

熊本復興の裏で進む「静かな時限爆弾」アスベストの飛散 - 4
「無い無い尽くしの日本 繰り返される20年前の悲劇」などの記述があります。

熊本復興の裏で進む「静かな時限爆弾」アスベストの飛散 - 5
同記事に「阪神・淡路大震災以降、震災のたびに大規模災害時のアスベスト対策の問題は指摘されてきた。

東日本大震災の際には「被災地のアスベスト対策は完全に失敗しました」と県職員が明かすほど、ひどい状態だった」

「結局、抜本的な制度改正はないまま放置されてきた」

「阪神・淡路大震災から15年後に発症しました。

震災後やっと生活が軌道に乗って これからというときにアスベスト被害は発生する」

「またもアスベストの問題は見過ごされ」「悲劇が繰り返されようとしている」などの記述があります。

ダイヤモンド・オンライン 」サイトより


アスベストとバイオ
同記事に「アスベストは、ミクロのケイ酸塩繊維状鉱物で肺がんなどを引き起こすことが知られています。

2006年 全面禁止になりましたが、1970-90年代に膨大な量を輸入したため、アスベスト含有建材として、4000万トンも日本に残されています」などの記述があります。

黒田章夫 研究室 - 広島大学 」サイトより


ホットスポット肺内放射線被曝と悪性中皮腫・がんの成因

SlideShare 」サイトより(英語)


含鉄蛋白質が肺内でラジウム濃縮:強力α線被曝で発がん?( PDF : 146.616 KB )
同記事に「悪性中皮腫を発症した患者から切除した肺からアスベスト小体(アスベスト繊維と、それに付着している含鉄タンパク質-フェリチン-からなる)と、アスベストを含まない不溶性の含鉄タンパク質小体を取り出し、電子顕微鏡による鉱物学的記載と、誘導結合プラズマ質量分析計による 44 元素に及ぶ主成分・微量成分(鉄やラジウム等)の定量化学分析とをおこなった。

患者の喫煙歴や職歴といった情報と、定量分析の結果を組み合わせると、吸い込んだ鉄を含むアスベスト(茶石綿、青石綿)や鉄を含む粉塵、及び習慣的な喫煙(喫煙は鉄も吸入している)が、フェリチンの集合を促し、不溶性の含鉄タンパク質小体を肺中に作り出すことが明らかとなった。

定量化学分析の結果から、この含鉄タンパク質小体は、さまざまな元素を吸着して肺中に固定してしまう。

特に、問題となるのは、海水の数百万倍の濃度に達するラジウム濃度を持つことである。

その結果、ラジウムと その娘核種による局所的だが強力なα線被ばく(ホットスポット被曝)が長期に渡って引き起こされ、このことが複雑な発がんメカニズムの中で最も重要な役割をしていることが示された」などの記述があります。

国立大学法人 岡山大学 」サイトより


粉じんの吸入ばく露による健康障害を評価する

労働安全衛生総合研究所 」サイトより


津波堆積物に由来する飛散粉塵の測定および健康影響評価
同記事に「被災地域の避難所などの居住区では、津波堆積物の乾燥に伴い飛散した粉塵や、瓦礫撤去時に巻き上げられた粉塵を原因とする呼吸器疾患などの健康被害が懸念されている。

循環Cの行った化学性状調査により、飛散粉塵の源となる堆積物中に有害化学物質が含まれていることが分かった。

また、堆積物の腐敗によるカビ等微生物への曝露も予想される」などの記述があります。

国立環境研究所 」サイトより


被災地の粉じん被害広がる 乾燥した泥で目の痛みなど

日本経済新聞 」サイトより


これが一番「痛い死に方、苦しい死に方」 - 2
同記事に「肺がんが進行して胸膜炎が起こると、その苦しみは尋常ではない」

「水に溺れて もがき苦しむ状態を想像してほしい。

肺がんの末期では、この状態が死ぬまで毎日続くのである。

痛みはないが、この上なく「苦しい死」を迎えることになる。

「末期になると、苦しくて寝返りも打てず しゃべることも難しくなります。

ただ静かに歯を食いしばって、苦しみに耐えるのですが、体もクタクタになってしまうので、モノに当たったりすることもできない。

精神的に参ってしまう患者さんも多いのです」などの記述があります。

医師たちは見た!「あんな死に方だけは嫌だな」 - 1
同記事に「もう命が助からないなら、せめて安らかな最期を迎えたい--

誰しもが そう思うだろう。

しかし、「死」というものほど、理想と現実が大きくかけ離れるものはないという。

数々の死に立ち会ってきた医師たちでさえ、こう口を揃える。

「大きな声では言えないが、自分の患者さんの最期を見て、死ぬのが心底怖くなることは少なくない」

「日本人の死因1位、がん。

毎年およそ36万人が がんを患って亡くなっているが、その中でも「肺がんでは死にたくない」という医師は多い。

「がんの場合、緩和ケアの技術が進んで ほとんどの痛みを取ることができるようになっているのですが、いまだに『息苦しさ』を取ることだけはできない」

「末期になると肺に水が溜まり、いくら息を吸っても呼吸ができず、おぼれているような感覚に襲われる」などの記述があります。

現代ビジネス [講談社] 」サイトより


肺がん
同記事に「肺がんになる人は世界的に増加傾向にあります。

わが国の肺癌の死亡は、1998年に胃癌を抜いて臓器別 癌死亡原因の第1位となり、今後ますます増加することが予想されています。

しかしながら、肺癌の治療成績は不良であり、全体の5年生存率(治療開始から5年間生存している割合)は20%未満です。

手術ができれば40%近くは5年間生存することが出来ますが、手術の対象になる症例は全体の40%に満たず、残りの60%以上は切除不能の進行癌で見つかることが多いです」などの記述があります。

大阪医科大学 」サイトより


アスベストとラドンの結合が中皮腫発症を促進する

けい肺(シリコーシス:silicosis)が怖いグラスファイバー建材

乃木 生薬研究所 - ノギ ボタニカル 」サイトより


末期の肺がん 水中で溺れているような感覚が続き会話できず
同記事に「息をいくら吸っても酸素が足りず、水中で溺れているような感覚で呼吸が苦しくなります。

末期の肺がんは毎日この状態が続き、苦しさのあまり会話はもちろん寝返りさえできなくなる」

いくら緩和ケアが発達しても、この「息苦しさ」を取り除くのは難しい」などの記述があります。

震災がれき 「有害物質で呼吸器系への影響リスクも」と医師

日本人の死因3位「肺炎」 その基本的な特徴と症状

NEWSポストセブン 」サイトより


★【 重要情報 】


西南日本の超巨大地震
( 超広域震災で、有害なアスベスト建材を含む有害粉塵が大量飛散する「アスベスト震災」に関する情報や、西日本大震災 / 九州・沖縄大震災などの予測情報も )

超巨大地震の世界地図
( 北海道大震災 / 東北アウターライズ地震などの予測情報も )

ラドンの世界地図
( ラドンと地震 ラドンと肺がんなどに関する興味深い話題も )

地震分布の世界地図


硫酸塩エアロゾル ( 大気汚染物質 ) の予想分布

硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の分布地図(2011年2月4日)

[ 出典 ] 硫酸塩エアロゾル (大気汚染物質)最新の予測分布

国立環境研究所 」サイトより



経済協力開発機構 ( OECD ) が、2008年3月に発表した予測によれば、2030年には、日本での呼吸器系の病気などで死期を早める人数が100万人当り88人と、世界で最も高い数値になると予測しています。

ちなみに中国での予測は100万人当り49人となっています。

最も汚染されているとされる中国よりも日本での健康への悪影響を受ける人数が最多の理由は、汚染された空気が化学反応などにより、日本付近で最も有害な物質に変化するためであるとのことです。


大気汚染で早死にする率がわかる世界地図
The Global Toll of Fine Particulate Matter (英語)
( この地図は、1850年1月1日から2000年1月1日までのデータを比較。

PM2.5などの微小粒子状物質による大気汚染が原因で死亡した人の、1年ごと / 1000平方キロメートルあたりの平均人数を表しています。

茶色が濃い地域は、茶色が薄い地域と比べて、早死にする数が多い。

青色は、1850年と比較して大気の質が改善され、早死にする数が減少している地域です。)

NASA Earth Observatory 」サイトより (英語)



屋内の空気汚染は時に屋外より深刻,料理や掃除が汚染の原因に

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより



大気汚染により3日でDNAが変質 (英語)
Pollution Can Change Your DNA in 3 Days,

同記事に「汚染された空気を吸い込むと、人間のDNAが損傷を受ける恐れがある。

わずか3日で遺伝子が組み換えられたり、癌(がん)などの病気の発生率が上昇したりするというのだ」

「研究チームによると、普通の空気を吸っている都市生活者でも同じような損傷を受ける危険性があるという。

大気中に漂う細かな"ちり"や、金属粉、"すす"といった粒子状物質は肺に滞留する場合があるが、これらの物質は呼吸器系疾患、肺がん、心臓病などを引き起こす可能性が指摘されている」

「粒子状物質を吸っていた作業員のDNAが、メチル化率の減少で損傷を受けていたことは確認された。

メチル化とは、遺伝子が異なる化学基に結合される生体内作用を指す。

化学基が減少するということは、体の定期的な修復にとって重要なプロセスである遺伝子の発現(タンパク質の生成)が減少するということである。

今回の研究で観察されたような遺伝子グループの縮小は、肺がん患者の血液から抽出したDNAでも見つかっている」

「2つのサンプルを比較したところ、腫瘍を抑制すると考えられている4つの遺伝子のメチル化に大きな変化が確認された」

「研究チームは、都市生活者にも同じ損傷が発生する可能性があると推測している」

「以前に行った調査では、アメリカのボストンに住む高齢者が、粒子状物質を吸い込んだことによりDNAの損傷を起こしていた」

「新しい研究により、粒子状物質の吸入と肺がんの間に強い関係があることが確認された。

粒子状物質の吸入がメチル化のプロセスを通じてDNAに影響を与えることは、ほかの研究者も証明している。

彼らの研究では、影響を受ける遺伝子が、肺がんの発達と関連している遺伝子であることが確認されている」などの記述があります。

National Geographic 」サイトより (英語)


環境と遺伝子の間:エピジェネティクスは常に変化している 2
同記事に「最近の研究では、ライフスタイル、食生活、社会的変化、環境汚染、また心理的な変化によっても、エピゲノムが変化することが明らかになっている。

遺伝子と環境の間。氏と育ちの隙間。そこにエピジェネティックスが作用する。

そして環境からの情報を取り込むことで生じた一部のエピジェネティクスは、なんと次世代へと遺伝することが明らかになってきたのだ」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


遺伝子組み換え植物が空気中の有害物質を除去

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


【関連記事】


 遺伝子



衛星画像ギャラリー - 大気中に放出される化合物
同記事に「CO、NO、NOy、C2H6、C2H4の濃度は、インドネシア上空で高く、太平洋上で低いことがわかります。

大気中での寿命が短い、C2H4の 高濃度域がインドネシア付近に集中していることと、気象データの解析から、これらの化合物はインドネシア付近で放出されたものであることがわかりました。

また、その放出源はインドネシア周辺域における森林火災、都市工業活動、雷活動であることが、各活動に特有な放出を指標として同定されました」などの記述があります。

EORC | 地球観測研究センター 」サイトより


船が雷を引き起こす...排気量と落雷の意外な関係
同記事に「科学者たちは航路上と付近で発生した雷と、排気量の関連性に注目しました。

World Wide Lightning Location Networkから10億以上の落雷とEmissions Database for Global Atmospheric Researchなどから排出量を調べてデータを掛け合わせたところ「ボートからの排気ガスが雷を引き起こす可能性がある」という彼らの仮説に沿った研究結果が得られた」

「世界の主要な2つの航路を中心に、雷の発生頻度が年率 約2倍増加していることがわかった」として「こうした雷の増加は気象要因としては説明できず、我々は船舶の排気ガスによって生じるエアロゾル粒子が雲の微物理や気流、氷晶過程を混乱させて雷の発生を促進していると結論づける」などの記述があります。

Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン) 」サイトより


【関連記事】


雷 分布の世界地図
( 雷と窒素の関係など、雷に関する興味深い情報も紹介 )

海洋汚染の世界地図



ホッキョクグマの保護活動
同記事に「<北極圏の環境汚染> 有害化学物質の吹き溜まり

世界各地で発生するダイオキシン類や農薬などの「残留性有機汚染物質(POPs)」と呼ばれる有害な化学物質は、はるか遠くの発生源から北極圏へと集まってきます。

遠い熱帯地域で散布された農薬の大部分は土壌に留まることなく大気中に拡散し、気流に乗って北極圏に運ばれてきます」

「結果として、北極や南極といった極地は、汚染濃度が発生地域よりも高くなる場合が少なくありません」

「ノルウェー領のスバールバル諸島には、毎年 春になると、北アメリカ大陸やヨーロッパ大陸の上空を通過する風に乗って多くの有害化学物質が運ばれてきます。

この地域のホッキョクグマの血液中から、高濃度のPCB(ポリ塩化ビフェニール)などが検出されました」

「北極圏ではアザラシやホッキョクグマから高レベルの水銀やカドミウムなどが検出されている」などの記述があります。

WWFジャパン 」サイトより


環境ホルモン、野生動物への影響
同記事に「高温な地域で気化して大気中に入ったPCBやDDTは、気流に乗って運ばれ、北極圏や南極圏に辿り着き、雪や雨と共に地表に降り注ぎます。

北極の空から降ってくるPCBの量は米国の五大湖に降る量に匹敵し、有機塩素系化学物質に関しては五大湖の100倍も量が多いと いわれています」などの記述があります。

山形大学環境保全センター - 山形大学医学部 」サイトより


北極に運ばれるブラック カーボンは どこからくる?

国立環境研究所 」サイトより


北極圏の永久凍土に水銀、推定5700万リットル - 1
同記事に「大気と海の複雑な働きによって、水銀が世界の どこよりも多く集まるのが北の高緯度地方だ」などの記述があります。

北極圏の永久凍土に水銀、推定5700万リットル - 2
同記事に「北極圏の永久凍土は およそ5700万リットルもの水銀を ため込んでいるというものだった。

海、大気、北極圏以外の全ての陸地に含まれる水銀を合わせた量の少なくとも2倍だ。

「極めて高い濃度でした。我々の予想を大きく超えていて、大変驚かされました」などの記述があります。

「汗をかいてデトックス」はウソだった、研究報告 - 1

「汗をかいてデトックス」はウソだった、研究報告 - 2

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


ホッキョクグマに迫る汚染物質の脅威 - 1

ホッキョクグマに迫る汚染物質の脅威 - 2

AFPBB News 」サイトより



※ きれいな空気を求めて移住する場合、「汚染物質の発生源と、その周辺から離れていること」「化学赤道の北半球側の境界や北極・南極と、その周辺の高緯度地域など、化学物質が集まりやすい吹き溜まりから離れていること」などが特に重要であるという専門家の意見があります。



大気汚染で「知能レベル」も低下、中国2万5000名調査で判明

人工芝の発がん性、英大学が「潜在的リスク」を確認

Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) 」サイトより


中国にスモッグをもたらす新たな元凶はホルムアルデヒド
同記事に「科学者らは、スモッグ中の『かなりの部分』である硫化物が、石炭を燃焼する時に排出されるホルムアルデヒドと二酸化硫黄との間で発生する化学反応の結果だと考えている」

「これまで長年にわたって人々は、中国の空気汚染の主な粒子状物質は硫酸塩だと考えてきたが、清華大学とハルピン工業大学の研究者が今回の研究で、ホルムアルデヒドと二酸化硫黄と反応で発生するヒドロシキメタンスルホン酸塩(hydroxymethane sulfonate)が空気汚染物の重要な原因であることを発見した。

これで なぜ二酸化硫黄の削減を努力しても、『極端な空気汚染事件』が いまだに存在するかの説明になる」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


あなたは既に大量のプラスチック片を食べている - 1

あなたは既に大量のプラスチック片を食べている - 2
同記事に「2018年に学術誌「Environmental Pollution」に発表された論文では、貝を食べることで一緒に摂取するマイクロ プラスチックの量よりも、空気中に含まれる ほこりから体内に吸い込むもののほうが量が多いとしている」

「プラスチックの種類が違うだけで毒性も異なるはずだ。

塩素など有害な化学物質で作られているもの、空気中に含まれる鉛などの微量の化学物質を吸着するマイクロ プラスチックもある」

「大気汚染がひどい地域や、有害物質を含んだ建築資材を使った住宅に暮らすような人は、影響が大きいかもしれない」

「マイクロ プラスチックは、破片、ペレット、ビーズ、繊維、フィルムなど、様々な形態をしていることに着目すべきだ」

「マイクロ プラスチックは ひとくくりにできる代物ではなく、何百もの異なる化学添加剤を含んだ材料でできているからだ。

生成過程が違えば、当然「さまざまな特性」を持つマイクロ プラスチックがあって当然だ」

「有毒な化学物質を含むもの、あるいは細菌や寄生虫が活動するのに適した環境となるマイクロ プラスチックもあるだろう」などの記述があります。

人体にマイクロ プラスチック、初の報告 - 1

人体にマイクロ プラスチック、初の報告 - 2
同記事に「プラスチック片は深い海溝の中にも、われわれが呼吸する空気の中にも存在する」などの記述があります。

人体にマイクロ プラスチック、初の報告 - 3
同記事に「食品に落ちる空気中のプラスチック繊維と、スコットランド産の食用イガイに含まれるマイクロ プラスチックとでは、どちらが人間の体内に取り込まれるリスクが高いかを比べた研究結果を発表した。

論文によると、イガイよりも空気中の繊維のほうが摂取するリスクが高かった」などの記述があります。

大気汚染で認知能力が低下、年齢が高いほど顕著 - 1

大気汚染で認知能力が低下、年齢が高いほど顕著 - 2

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


PM2.5に備え、高い発がんリスク 冬飛来しやすく

NIKKEI STYLE 」サイトより


日本国内での最近のPM2.5高濃度現象について
同記事に「全国の測定局における環境基準値 超過日数の地点分布を見ると、環境基準値を超過した測定局が多かったのは九州、中四国、近畿等の地域でした」などの記述があります。

国立環境研究所 」サイトより


世界人口の95%は汚れた空気を吸って生きている

宇宙から見た地球を時間・気象・環境で選んで表示、Worldview

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


EOSDIS Worldview - NASA 」サイト (英語)


世界人口の9割超,高レベルの汚染物質を体内に 毎年700万人死亡

体内へのプラスチック摂取、1週間にクレジットカード1枚分

人類の自然収奪で100万種が危機に 国連報告で科学者が警鐘
同記事に「国連の科学者組織「生物多様性および生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム」(IPBES)は2019年5月6日公表した報告で、人類は社会の繁栄を可能としてきた自然資本を浪費し、その過程で数百万種の生物を絶滅の瀬戸際に追いやっていると警鐘を鳴らした」

「IPBESのロバート・ワトソン(Robert Watson)議長は、水、野生生物、大気、土壌、森林といった地球の恵みを絶え間なく収奪し、汚すことは、「少なくとも気候変動と同等」の脅威を社会に及ぼすと指摘した。

同議長は「われわれは、自らの経済、生計、食料安全保障、保健・医療、生活の質を支える真の基盤を世界中でむしばんでいる」とし、「政府に国内総生産(GDP)の先のことを考えさせなければならない」と訴えた」

「報告は、事態の悪化を止めて状況を好転させるには、「根本的な変革」を実行し、食料をはじめとする ほぼすべての物の生産・消費のあり方を全面的に刷新する必要があると結論付けている。

今回公表された要約は、人類が環境負荷や欲求を増大させることにより、淡水や、汚染されていない空気、耕作可能な土壌をはじめ、文明を持続させる自然資源の再生が阻害されてきた様子を詳細に説明している」などの記述があります。

大気汚染で子どもの寿命1年8か月縮む、南アジアで最も深刻
同記事に「2017年に全世界で大気汚染により縮んだ健康寿命を合計すると、1億4700万年分に上るとしている。

屋内外の空気汚染により、子どもの寿命は南アジアで2年6か月、東アジアで1年11か月縮むとされ、これに対しアジア太平洋地域の先進国や北米では約20週間縮むと推算されている。

中国は国を挙げて対策に取り組んでいるにもかかわらず、大気汚染による死亡率が世界最高で、2017年には関連要因により約85万2000人が死亡した。

大気汚染による死亡率が最も高い5か国は、中国、インド、パキスタン、インドネシア、バングラデシュと、いずれもアジアに位置する」などの記述があります。

早死に・疾病の4分の1、人為的汚染と環境被害が原因 国連報告

辺境の山地にもマイクロプラスチック、大気中を浮遊 - 1
同記事に「プラスチックによる汚染とは無縁と考えられている辺境の山岳地帯が、実際には大気中に浮遊するマイクロプラスチック(プラスチック微粒子)で覆われていると指摘する研究論文が2019年4月15日、発表された。

大気中濃度は仏パリ(Paris)などの大都市に匹敵するほどだとして、研究チームは懸念を示している」などの記述があります。

辺境の山地にもマイクロプラスチック、大気中を浮遊 - 2
同記事に「論文の共同執筆者で、フランスの機能生態学・環境研究所(EcoLab)のデオニー・アラン(Deonie Allen)氏は、AFPの取材に「今回の最も重要な発見は、マイクロプラスチックが大気によって運ばれ、大都市からは遠く離れた辺境の高高度山岳地帯に堆積するということだ」と語った。

「これは、マイクロプラスチックが大気汚染物質であることを意味する」

「分析の結果、マイクロプラスチック汚染物質の濃度がパリや中国南部の工業都市・東莞(Dongguan)などの大都市で検出される濃度と同水準であることが明らかになり、研究チームは衝撃を受けた」

「今回の測定結果は、パリ首都圏に関して報告されている測定値の範囲内にあり、パリに匹敵するとみなすことができる」と説明し、「微粒子の数が これほど多いとは予想外だった」などの記述があります。

地球への脅威はるかに悪化、科学者による人類への警告 - 1

地球への脅威はるかに悪化、科学者による人類への警告 - 2

タイ・バンコク、有害スモッグで公立学校437校に休校措置

モンゴルの深刻な大気汚染、家族もバラバラに - 1
同記事に「世界一寒い首都、モンゴルのウランバートルでは、多くの人々がマイナス40度にまで気温が下がる厳しい寒さをしのぐために石炭やプラスチックを燃やしている。

だが、こうして得られる暖かさには大きな代償が伴う──危険な汚染だ。

ウランバートルの大気は子どもが呼吸するには毒性が高すぎるレベルに達しており、親たちは子どもを地方に避難させる以外に選択の余地がほとんどない状況に陥っている。

この集団脱出は、アジアの大半の都市地域にとって未来への厳しい警告となっている。

褐色の空をバックに汚染防止マスクをした市民たちの光景は人類終末の世界ではなく日常となりつつある。

ウランバートルは、インドのニューデリー、バングラデシュのダッカ、アフガニスタンのカブール、中国の北京などとともに世界で最も大気汚染が深刻な都市の一つとされる。発育不良や慢性疾患、場合によっては死亡などの悲惨な結果が、特に子どもに対してもたらされると専門家らが警告しているにもかかわらず、世界保健機関(WHO)が勧告する大気の質に関する汚染の基準値を常態的に上回っている」などの記述があります。

モンゴルの深刻な大気汚染、家族もバラバラに - 2
同記事に「ウランバートルでは1月、有害な微小粒子状物質「PM2.5」の大気中濃度が1立方メートル当たり3320マイクログラムに達した。これはWHOが安全とみなす値の133倍に相当する。

PM2.5は大人にとっても恐ろしい影響をもたらすが、子どもは さらに大きな危険にさらされる。

その理由の一つに、子どもは呼吸のペースが速く、より多くの空気と汚染物質を取り込むことが挙げられる。

また、子どもは大人より体が小さく、一部の汚染物質が集まる地面により近い上、肺、脳や他の主要な臓器がまだ発達段階にあるため、大人より損傷を受けやすい。

PM2.5への長期暴露の影響は、持続感染症やぜんそくから、肺や脳の発達の遅れにまで及ぶ。

これらの危険は子宮にも及ぶ。ガスや微粒子が母親の血流や胎盤に入り込み、流産や出生異常、低出生体重などを引き起こす可能性があるからだ。

これらの問題が子どもの その後の人生に影響を与えることも考えられる。

研究者らは現在、たばこの煙への暴露といった汚染が、次の世代の健康にも影響を与え得るのかどうかについて調査を進めている」などの記述があります。

モンゴルの深刻な大気汚染、家族もバラバラに - 3
同記事に「大気汚染の最も明白な影響は呼吸器系疾患である一方、汚れた空気によって子どもが その後の人生で糖尿病や循環器疾患を発症する危険性が高くなることが、研究で示唆されている。

また、WHOは大気汚染と白血病や行動障害との関連性を指摘している」

「私は今、もう一度出産することに大きな不安を感じている。

妊娠は危険を伴う上、これだけの汚染の中で生まれてくる子どもがどうなるかも不安だ」などの記述があります。

インド、煙霧でホームレスにマスク1万枚 専門家は効果疑問視
同記事に「専門家らは、配布予定のマスクでは、最も有害な物質である微小粒子状物質PM2.5を防ぐのに ほとんど役に立たないと指摘している」などの記述があります。

大気汚染が糖尿病の発症リスクに、米研究
同記事に「論文執筆者の一人、ジヤド・アルアリー(Ziyad Al-Aly)氏は「われわれの研究は、世界的に大気汚染と糖尿病の間には重大な関係性があることを示している」と語った。

論文は、(大気)汚染によって体内のインスリン産生が低下するため、健康維持に必要な血糖のエネルギーへの変換が妨げられるとしている。

専門誌「ランセット・プラネタリー・ヘルス(Lancet Planetary Health)」に掲載された研究の結果についてアルアリー氏は、世界保健機関(WHO)や米環境保護局(EPA)が現在、安全とみなしている大気汚染レベルでも糖尿病リスクは高まると警告。

「これは重要なことだ。産業界の多くのロビー団体が現在の大気汚染規制は厳しすぎると主張して緩和を求めているが、現状の規制でも安全ではなく、むしろ強化が必要なことを示している」 などの記述があります。

2大 慢性肺疾患で360万人死亡、2015年 研究

公害による死者、世界で900万人 2015年 推定

ディーゼル車の二酸化窒素で6000人死亡、ドイツ政府報告書
同記事に「調査によると、心疾患で死亡した約6000人について、元をたどれば大気中に排出されたNO2が原因だった可能性がある。

また、NO2は糖尿病、高血圧、ぜんそくなど、さまざまな疾患の患者が増加している要因ともなっており、糖尿病では約43万7000人、ぜんそくで約43万9000人が影響を受けている」などの記述があります。

大気汚染、世界で年間60万人の子どもが死亡 WHO

AFPBB News 」サイトより


女性と肺がん
先進国女性の がん死因、肺がん1位に

米,若い女性の肺がん罹患率,男性上回る 喫煙者少ないのに なぜ

AFPBB News 」サイトより


レントゲンに写らない謎の肺がんに注意!女性に急増中
同記事に「空気で肺がんが発症する!?
肺胞のなかには、肺胞マクロファージという物質がいます。

この物質には、細菌などの異物が肺胞に侵入すると、活性酸素を出して分解する働きがあります。

肺を守ってくれる大切な存在ですが、常に肺の味方となるわけではありません。

あることが原因で突然暴走し、肺を傷付けてしまうことがあります。

その原因とは意外にも、私たちが いつも何気なく吸っている空気です。

空気は一見無害に思えますが、実は人体に有害な化学物質が数多く含まれているのです。

肺胞マクロファージは、これら有害物質を浴びると、活性酸素を過剰に出すようになります。

すると、攻撃を受けるのは細菌だけではありません。自分自身や周囲の健康な細胞も攻撃の対象とみなして傷付けてしまいます。

肺がんが発症するのは、この傷つけられた肺の細胞が がん化してしまうことが原因です」などの記述があります。

STOP!肺がん 」サイトより


肺腺がんは非喫煙者にも多く発生 女性ホルモンとの関係研究も

NEWSポストセブン 」サイトより


生殖関連要因やホルモン剤使用と女性の肺がんとの関係について

国立研究開発法人 国立がん研究センター 」サイトより


肺がんに関連する肺組織中に高濃度のエストロゲンが存在

EurekAlert! Science News 」サイトより(英語)



肺がんの末期では溺れたのと同じ状態になり、非常に苦しむといわれています。

肺がんの早期発見は困難である上に有効性が否定されている放射線検査は被曝のリスクがあり、医療被曝が原因となって肺がんが発生したり、肺がんが悪化する可能性も指摘されています。

肺がんは治療も困難で、予後も悪いため、肺がんに罹患した場合には精神的にも肉体的にも非常に苦しむことが明白です。

肺がんの原因が大気汚染であり、日本周辺は、大気汚染の深刻な地域であることが世界地図で明白になった今、もっとも有効な肺がんの予防法は空気のきれいな国へ海外移住することであるという意見があります。


【関連記事】


日本人街・経済特区
( 大気汚染国で風向きを気にしながら「マスク」「空気清浄機」が手放せない生活から、風向きを気にせず「マスク」も「空気清浄機」も不要。空気のきれいな地域に暮らすという発想。)



航空機による放射線被曝の安全性とリスク
同記事に「実は私たちは、日常的に自然界の放射線を浴びています。

人体に入ってくる経路で分けると、空気と食べ物からと直接浴びているものがあります。

直接浴びている分は、土壌からのものと宇宙からのものがあります。

空気、食べ物、土壌からの分は放射線を出している放射性同位体によるものです。

空気からの分はラドンによるものです」

「通常、1年間に浴びている放射線の量、自然放射線を細かく見てみましょう。

自然放射線の1年分を日割で概算すると空気から約180日分、食べ物から約60日分、土壌から約60日分、宇宙線から約60日分という日数になります」などの記述があります。

All About (オールアバウト) 」サイトより


【関連記事】


ラドンの世界地図

宇宙放射線・地磁気

雷 分布の世界地図
雷から放射される放射線( X線やガンマ線など )からの被曝、一生涯の被曝線量をもたらすダーク・ライトニングなど、雷に関する興味深い情報も紹介。

食糧自給率の世界地図


川崎病と空気
川崎病は中国から風に乗って日本へ?

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


中国から飛来する病原菌 「川崎病」原因説のカンジダ菌も - 1
同記事に「2014年5月、米国やスペイン、日本の研究機関が参加する国際チームが『米国科学アカデミー紀要』に発表した論文に、乳幼児に血管の炎症を引き起こす「川崎病」の原因が、中国北東部から気流に乗って運ばれてくるカンジダ菌である可能性が指摘されている。

川崎病は、主に4歳以下の乳幼児がかかる病気で5日以上続く熱や両目の充血、発疹などの症状がある。国内では年間約1万人が発症し、患者数は増加傾向にある。

日本で川崎病が大流行した1979年以降、発症者が多かった日の気流を調べたところ、いずれも中国北東部の穀倉地帯付近から流れてきたと推計されたという。

風の到達から6時間から2・5日以内に発症者が出ていたことも判明した」などの記述があります。

中国から飛来する病原菌 「川崎病」原因説のカンジダ菌も - 2
同記事に「発症の多い3月に日本の上空2000~3000メートルの大気中の塵(ちり)を集め、微生物を調べたところ、カンジダ菌が54%を占めていた。

この菌から抽出した物質をマウスに投与すると、川崎病に似た症状を発症することが分かっている」

「清華大学が北京市上空のPM2・5およびPM10を調査したところ、多数のカビや1300種類以上の微生物が含まれており、肺炎レンサ球菌や食中毒の原因菌も含まれていることも明らかになっている」などの記述があります。

zakzak 」サイトより


日本の川崎病、中国からの風が原因か

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


黄砂汚染の地図


水のきれいな国とは
私たちは、水無しでは生きて ゆけません。

私たちが必要な水は、大気中の水分に由来するため、大気の質が雨の質に反映します。

大気汚染地域の雨水は汚染物質を多量に含んでいることもあり、酸性雨や汚染雨となり、ダムや河川、農地、海を汚染し、農地 ( 土壌 )、ダム、河川、海が汚染されれば、飲料水、農作物、魚介類や海草などの海産物も汚染され、汚染された空気、水、農作物を摂取すれば、健康に悪影響が及ぶ危険性も指摘されています。

健康と快適な生活を考えれば、空気の質と同時に水の質を考えていくことも重要です。

健康に良い環境という点においては、大気の質=雨(水)の質=生活の質とも いえそうです。


【関連情報サイト】


中国大陸からの重金属の越境汚染に関する研究
同記事に「全国の10地点で雨水中の鉛、ヒ素、カドミウム等の重金属濃度を調査した結果、日本海側地点は それらの年間沈着量(1年間に1 m2当たりに降った量)が著しく大きく、中国大陸からの越境汚染の影響を強く受けていることがわかりました。

また、降水中のホウ素同位体比(質量数10と11のホウ素の存在比率)が、中国大陸から輸送される石炭燃焼由来の化学物質のトレーサー(追跡するための目印)となる可能性を明らかにしました」などの記述があります。

静岡県立大学 水質・土壌環境研究室 」サイトより


中国大陸から飛来するPM2.5に含まれる重金属成分の挙動
同記事に「中国大陸工業地域からの大気汚染物質が越境輸送されている。

黄砂の飛来時においては、土壌起源を持つ金属元素のみならず、鉛やカドミウムなどが高濃度になる。

中国大陸起源の気塊における粒子状汚染物質は主に粒子状硫酸塩や有機物からなり、発がん性物質である多環芳香族類(PAH)も含まれている。エアロゾルの健康への影響に関して、米国EPA報告書によると、PM2.5(大気中を浮遊する粒子径2.5μm以下の微粒子)の暴露が、呼吸器系疾患、心肺の疾患、早死の増加と関連がある。わが国でも、環境省有識者検討会は「総体として健康に一定の影響を与えている」と報告している」などの記述があります。

名古屋大学 太陽地球環境研究所 」サイトより


大気から土壌への放射性物質の移行(PDF:936.143KB)
同記事に「日本では2000年代になっても137Csの降下が観測されていて、春季に降下量が多いという傾向が表れていました。

この現象は当初、中国西部の核実験場から飛来する汚染された砂塵(黄砂)によるものと考えられました。

(独)農業環境技術研究所では この現象を解明するため、広域気象データを使用して黄砂の発生頻度分布を推定しました。

その結果、近年の砂塵発生域は中国北部からモンゴルにかけての草原や畑地でした。

また発生域の中心部である中国北部の草原地帯で土壌を採取し分析したところ、表土の137Cs濃度は5.5~86Bq/kgで、中国の核実験場に近いタクラマカン砂漠の土壌(5.01~31.5Bq/kg)や日本の畑地土壌より高い水準でした。

これらのことから、137Csを含む黄砂の おもな供給源は大陸の草原地帯であると推定されました」などの記述があります。

農業環境技術研究所 」サイトより


PM2.5より恐い?中国から飛来する水銀 - 1

PM2.5より恐い?中国から飛来する水銀 - 2

PM2.5より恐い?中国から飛来する水銀 - 3

PM2.5より恐い?中国から飛来する水銀 - 4

東洋経済オンライン 」サイトより


【関連記事】


黄砂汚染の地図

水の世界地図

海洋汚染の世界地図

食糧自給率の世界地図

火山分布の世界地図


大気汚染対策と海外移住 ( 環境移住とは )
より快適な環境を求めて移住することや環境に起因する病気や環境汚染から自衛する目的で移住することを環境移住といいます。

近年の疫学調査や研究により、大気汚染物質と喘息(ぜんそく)や気管支炎、慢性閉塞性肺疾患( COPD )、肺がん、白血病、心臓病、乳幼児突然死症候群、妊娠中の大気汚染物質の暴露と乳幼児の喘息発症などとの関連をはじめ、健康への悪影響が明らかになってきました。

環境移住をすることで環境汚染による病気の悪化、環境汚染が原因となる病気の発症を予防し、病気を未然に防ぐことにも つながります。また、環境移住は転地療法にも通じます。

ぜんそくの発症や悪化など大気汚染による健康被害に対する関心の高まりから健康の面を考え、家族や子供を大気汚染のない家族が健康に暮らせる国へ海外移住(環境移住や転地療養)を真剣に検討する家族もいて、実際に海外移住する家族も増加傾向にあります。

また、大気汚染を避けるために空気のきれいな国へ長期滞在(ロングステイ)する人々や空気のきれいな国に転地療養を兼ねて海外へ渡航するという人々も増加傾向にあります。

大気汚染のない国に住むことが、最善かつ最良の大気汚染対策という意見もあります。


【関連情報サイト】


もはや人の住む所ではない!大気汚染で中国人の移民が加速

環境汚染に耐えかねて移民する中国人 富裕層
同記事に「環境汚染の悪化が中国のエリート層、富裕層の海外移民の主要な要因になっている。

これは先日出版された「国際人材青書:中国国際移民報告2014」の指摘だ。

同報告書は雑誌「新財富」が13年に実施した調査を引用し、環境汚染が医療レベルと並ぶ海外移民の主要因になっていると報じた。移民を対象としたアンケート調査では、70%弱が重要な動機になったと回答している。

近年では投資移民の急増が目立つことが特徴だ。それに伴い海外での不動産の購入も増え、米国、英国、オーストラリアでは"中国人不動産購入団"が新たな顧客として存在感を示している」などの記述があります。

外で遊べない!大気汚染が変えた子ども達の生活!移民希望者多数
同記事に「大気汚染の子どもへの影響を恐れ、中国では多くの市民が海外移民を望んでいる」

「医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンが掲載した論文によると、深刻な空気汚染の下で育った子どもたちは肺に一生涯残るダメージを負うという」などの記述があります。

中国が排出する大気汚染物質の量は世界一

中国で国内移住がブームに、大気汚染で増える「環境移民」

息子がスモッグに殺されそうになった=元イングランド代表GK
同記事に「当初、中国で一緒に生活していた息子は、スモッグの影響で体調を崩し、上海を離れざるを得なくなった。

病院での検査の結果、息子の血液の金属含有量が基準値を超えていたため、米国に移住させることを決めたという」などの記述があります。

「大気汚染物資は中国から飛来」説を完全論破

欧州と北米のスモッグ、中国に比べ27倍も致命的である可能性

レコード チャイナ 」サイトより


大気汚染の悪化で移住を検討する現地富裕層や日本人居住者も 1

大気汚染の悪化で移住を検討する現地富裕層や日本人居住者も 2

大気汚染の悪化で移住を検討する現地富裕層や日本人居住者も 3

ダイヤモンド・オンライン 」サイトより


汚染された大地に住む中国人の「チャイニーズ・ドリーム」

深刻化するバンコクの大気汚染 人工降雨も開始 - 1

深刻化するバンコクの大気汚染 人工降雨も開始 - 2

大気汚染は若者に精神病的症状を引き起こす?
同記事に「論文の筆頭執筆者で、ロンドン大学キングズ・カレッジ精神医学・心理学・神経科学研究所のヘレン・フィッシャーが本誌に語ったところでは、チームは精神障害の発症に関連があると考えられる他の要因、たとえば喫煙、大麻の使用、アルコール依存、貧困、その他の精神疾患、貧困地域や犯罪多発地域に暮らしていること、社会的孤立などを考慮に入れ、統計学でいわゆる「交絡因子の調整」を行った上で、大気汚染と精神障害の関連性を確認したという」などの記述があります。

【写真特集】世界が抱える環境移民という時限爆弾 - 1

【写真特集】世界が抱える環境移民という時限爆弾 - 2

【写真特集】世界が抱える環境移民という時限爆弾 - 3

ニューズ ウィーク日本版 オフィシャルサイト 」より


深刻な大気汚染で 香港住民、5人に1人が移住検討

モンゴル首都の強烈な大気汚染 - 1

モンゴル首都の強烈な大気汚染 - 2
同記事に「WHOのマリア・ネイラ(Maria Neira)公衆衛生・環境局長は、肺や循環器系を守るための「真の解決法」は大気汚染を減らし、汚染された空気を吸わないことだと指摘する」などの記述があります。

恐怖の種 - 中国に満ちあふれる有害物質 (1)

恐怖の種 - 中国に満ちあふれる有害物質 (2)

恐怖の種 - 中国に満ちあふれる有害物質 (3)

中国の石炭配給政策、25億年分の寿命奪う

今後10年以内に石炭消費量が石油越える

中国企業、世界各地で石炭火力発電事業推進 独環境団体が警鐘

中国、アジア・アフリカ・中東へ石炭火電を積極輸出

中国のスモッグ、日本の一部地域でも確認
同記事に「中国を覆っていた息の詰まるようなスモッグが日本の一部地域でも確認されたことを受け、関係当局や専門家らは4日、子どもや呼吸器が弱い人の健康への影響について警鐘を鳴らした」

「中国から飛来する汚染大気の問題については、科学的に10年以上前から指摘されていた。

特に九州では、数年前から日常生活の中で大気汚染を確認できるほどになっている」などの記述があります。

環境汚染が原因の「がん村」、中国当局が存在認める
同記事に「先進国では使用が禁止されている「有毒・有害な化学製品」が中国では一般的に使用されている」

「2010年には米国の地理学者が、中国当局のウェブサイトやテレビ局などから集めた情報を基に、中国国内に241か所の「がん村」があると発表。一方、米セントラル・ミズーリ大学に籍を置くリー・リウ(Lee Liu)氏は、非公式な情報も含めると「がん村」は259か所あると指摘している」などの記述があります。

大気汚染で黒い雪、石炭処理工場を一時閉鎖 ロシア・シベリア

AFPBB News 」サイトより


石炭燃焼に伴う放射能の影 (PDF:308.38KB)

佐賀県:佐賀県庁 」サイトより


マレーシアの石炭火力発電所による水産物の放射線核種汚染
同記事に「石炭には、ウランやトリウムなどの微量の放射性物質が含まれています。

石炭火力発電所で燃焼させることで、石炭の濃度の10倍のウラン、トリウムを含む副産物(灰)ができます。このフライアッシュ(灰)は、石炭火力発電所のまわりの環境の土や水を汚染します。

ポロニウム210はウラン238の放射性崩壊で生じる半減期138.4日のアルファ線を出す天然に存在する放射性物質で海に存在する放射性物質の中で最も被曝量が高い物質です。

ポロニウム210は 様々な水産生物で蓄積されます。又、水産品の摂取をしている人々にも、とくに貝の摂取によって多くの被曝をもたらしています」

「 海水中のポロニウム210濃度は、0.62ミリベクレル/リットルで、この値はマレーシアの他の海水濃度よりも高い。この高い濃度は石炭火力発電所の影響と考えられる。

水産物中のポロニウム210濃度は、魚、ハマギギ(Arius maculatus)4.4~6.4Bq/kg、バナナエビ(Panaeus merguiensis)45.7~54.4Bq/kg、ザルガイ(Anadara granosa)104.3~293.8Bq/kg、いずれも乾重量当たりです。

マレーシア人の1日当たりの摂取量で これらの水産物の摂取から生じる被曝量は1日1人当たり2083.85ミリベクレル/日・人となり、1年間の被曝量は249.3マイクロシーベルト(0.2493ミリシーベルト)となる。

これらの数値は、他の国より比較的に高い。

さらに、ポロニウム210は ヒト体内で かなりの量のポロニウム210が体内に吸収される。

一生涯(70年として)の蓄積発ガン死亡リスクは、1万人当たり24.8人となり、国際放射線防護委員会(ICRP)が出している制限量を越えている」などの記述があります。

名古屋生活クラブ 」サイトより


WHOが発表した「世界で いちばん呼吸したい国」
同記事に「ベスト10のうち、オセアニアから6か国(ソロモン、ニュージーランド、オーストラリア、フィジー、ミクロネシア連邦、バヌアツ)がランクイン」

「最近、日本ではPM2.5対策用の化粧品(毛穴に入り込んだ汚染物質を洗い流す洗顔料など)が注目を集めているようです。

美容や健康のために、キレイな空気かどうかで住む環境を選ぶ「空気移住」が流行るようになるかもしれません。

いろいろと世の中が便利になった分、空気や水のような「当たり前のインフラ」が脅かされています。

その結果、それらの価値が大きくなってきています」などの記述があります。

ライフ ハッカー[日本版] 」サイトより


【関連記事】


日本人街・経済特区
( 隣国では移住を検討するほど深刻な大気汚染。
困難な海外移住が容易になる画期的な方法とは )

黄砂汚染の地図
( 黄砂に含まれる放射性物質・有害汚染物質 )

海洋汚染の世界地図

資源分布の世界地図

幸福度の世界地図


大気汚染リスクと血液型
特定の血液型の人々は,大気汚染の時期に心臓発作リスクが増加 (英語)

Intermountain Healthcare 」サイトより (英語)


大気汚染の生涯にわたる影響 (英語)

RCP London 」サイトより (英語)


大気汚染は、血液型がA、B、AB型の人にとって大きなリスク (英語)

The Telegraph 」サイトより (英語)


【関連記事】


血液型分布の世界地図



中国の大気汚染による死者は1日4000人

ブルームバーグ - Bloomberg.co.jp 」サイトより


がん発症率 国際比較(国別比較統計・推移)

環境パフォーマンス指数(EPI) 国別ランキング・推移
環境パフォーマンス指数 ( Environmental Performance Index - EPI )

EPI - 大気環境

EPI - 健康への影響

GLOBAL NOTE グローバルノート 」サイトより


がんの主要な原因は大気汚染、WHO
同記事に「われわれが呼吸している空気自体が、発がん物質で汚染され続けている」

「IARCの報告によると、一流専門家チームは、大気汚染に さらされることが肺がんの原因となり、膀胱がんリスクも高まるという十分な証拠を得た」

「大気汚染が呼吸器や心臓疾患リスクを高めることは、既に知られている。

IARCによると、近年、急速な産業発展を遂げる『多人口国家を中心に』大気汚染への露出が著しく増加している地域がみられるという」などの記述があります。

環境汚染の進む中国で、先天的に障害がある新生児が増加
同記事に「中国全土で生まれた先天的な異常がある新生児は、2001年は1万人あたり104.9人だったが、2006年には145.5人に上ったとしている。

また、先天異常は、毎年中国で出産される2000万人のうち100万人に見られるとされ、そのうち30万人が目に見える肢体の異常に苦しんでいる」

「中国では30秒ごとに1人の先天異常の子どもが生まれている。この割合は年々悪化している」

「先天異常の子どもの約30%-40%が出産直後に死亡している」などの記述があります。

アルツハイマー病リスク、排ガスの微細粒子と関連か

世界の都市居住者の8割、劣悪な空気で呼吸 WHO

大気汚染による年間の死者550万人以上、中印で世界の55%
同記事に「積極的な大気汚染対策を取らなければ、今後、早期死亡者は増加の一途をたどると研究者らは警告している」

「カナダ・バンクーバー(Vancouver)にあるブリティッシュ コロンビア大学( University of British Columbia)人口・公衆衛生学部のマイケル・ブラウアー(Michael Brauer)教授は、大気汚染は死亡については世界で4番目、環境汚染に伴う疾病については最大のリスク因子だと述べた」

「大気汚染を減らすのは、人々の健康を改善する上で信じられないほど効果的な方法だ」などの記述があります。

中国の がん死者、1日7500人と推計 最新調査
同記事に「世界最悪レベルと考えられている屋外大気汚染、石炭や他のバイオマス燃料を使用した暖房や調理による屋内大気汚染、土壌や飲料水の汚染などは、中国の住民が多くの環境発がん物質にさらされていることを意味する」と報告書は指摘している」などの記述があります。

2012年の世界の死因、約4分の1が環境関連 WHO
同記事に「世界保健機関(WHO)は、世界の人々の死因の約4分の1は、大気や水、土壌などの汚染といった環境因子によるとする報告書を発表した。

2012年に全世界で報告された死者数の23%に当たる1260万人が、不健康な環境下での生活や労働により死亡したと推定されるという。

報告では、大気汚染や化学物質汚染、気候変動、紫外線など、環境によるリスク要因の定義を幅広く取っている。

うち820万人については、心疾患や がん、慢性呼吸器疾患の原因である大気汚染が死因の可能性として指摘されており、これには たばこの副流煙も含まれている。

また170万人は交通事故など「不慮のけが」によるとしている。

さらに、84万6000人は環境問題に関連する下痢が死因とされ、その多くは汚染や有害な飲料水によるものだという」

「地域別では、環境要因に関連する死者数が2012年に最も多かったのは東南アジアで380万人、次いで西太平洋地域の350万人だった」

「WHOのマーガレット・チャン(Margaret Chan)事務局長は「人々が暮らし働く環境を健全化する行動を各国が取らなければ、これからも数百万人が病気になったり、早死にしたりするだろう」と声明で警告した」などの記述があります。

5歳未満の子ども、環境リスクで毎年170万人死亡 WHO
同記事に「屋内外の汚染、受動喫煙、安全でない水、衛生不良などの環境リスクが原因で、生後1か月から5歳未満の子ども約170万人が毎年 死亡している」

「子どもへの有害な影響は、母親の胎内で すでに始まっていると考えられる。

これにより未熟児出産のリスクが増え、生涯にわたる健康問題が引き起こされる恐れがある。

また、子どもが大気汚染物質にさらされると、ぜんそくなどの慢性呼吸器疾患の他、心臓病、脳卒中、がんなどの発症リスクが生涯にわたって高くなる」

「臓器や免疫系が発達途中にある子どもたちは、体と気道が小さいため、汚れた空気や水に対して著しく脆弱である」

「不要になった携帯電話などの電気電子廃棄物の堆積量の急増といった新たな環境危険要因も次々と出てきている。

電気電子廃棄物の蓄積量は、2018年までに全世界で5000万トンに達すると予想されている。

こうした廃棄物に適切な再生処理を施さなければ、肺に負担をかけ、がんを引き起こす有害物質に子どもたちが さらされる恐れがあるとWHOは警告する。

これらの有害物質をめぐっては、子どもの知能にも影響がある」などの記述があります。

深刻な大気汚染地域で暮らす子ども、世界に3億人 ユニセフ
同記事に「深刻な大気汚染により、脳の発育が阻害されるなど身体への影響が懸念される子どもの数は、世界で約3億人に上ることが2016年10月30日 明らかになった」

「ユニセフが発表した報告書によると、全世界の子どもの約7人に1人は、国際基準の6倍以上の汚染された空気の中で日々生活しているという。

ユニセフは、子どもの死に関係する主な要因として大気汚染を挙げている」

「ユニセフのアンソニー・レイク(Anthony Lake)事務局長は、「大気汚染は、年間60万人に上る5歳未満の子どもの死の最大要因となっているだけでなく、数百万人の命と その将来を日々脅かし続けている」と述べた。

世界の大気汚染が深刻な地域で暮らす子どもの数は、南アジアで約6億2000万人と最も多く、アフリカの約5億2000万人、東アジアと太平洋地域の約4億5000万人が これに続いた」

「大気汚染は、5歳未満で死亡する子どもの約10人に1人の死因である肺炎や その他の呼吸器疾患の直接的原因となっており、子どもの健康を害する最大のリスクとなっている」

「また、子どもの肺や脳、免疫システムは まだ発育段階にあり、気道の浸透性も高いため、大人よりも大気汚染の影響を受けやすい」などの記述があります。

東アジアの船舶排出ガス、数万人の死亡原因に
同記事に「英科学誌ネイチャー・クライメート・チェンジ(Nature Climate Change)に掲載された論文によると、製造業と輸出の中心地である同地域では、船舶から排出される微粒子や二酸化炭素(CO2)による汚染が、世界で最も早いペースで進んでいるという。

中国と米国の科学者からなる研究チームは、2013年に同地域で確認された船舶1万8000隻以上の記録を基に、排出ガス量を計算し、それによる影響を推定した。

その結果、東アジアでの船舶の往来は、2005年に比べて2倍以上に増加しており、2013年には世界全体で船舶が排出した二酸化炭素のうち16%を東アジアが占めたという。

2002~2005年に比べると、約4~7%上昇したことになる。

論文によると、世界のコンテナ港上位10港のうち、8港を有する この地域は世界全体の海運活動と排出ガス量の6分の1以上を占め、しかも規制されていないという」などの記述があります。

船が作る雲、ポルトガル・スペイン沖で撮影 NASA

ディーゼル排気に発がん性を確認

大気汚染による早死に、世界で年間330万人 国際研究 - 1
同記事に「インドの調理火、米国の道路交通、ロシアの化学肥料などの さまざまな発生源に由来する屋外の大気汚染は、世界で毎年 約330万人の命を奪っているとの研究結果が発表された。

屋外大気汚染による死者の75%近くは、大気中を浮遊している塵(ちり)状粒子の長期間の吸入が主な誘因となって発生する脳卒中や心臓発作が原因で死亡しており、残り25%の死因は、呼吸器系疾患や肺がんであると、英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された研究論文は指摘している。

インドや中国で使われている調理・暖房用の火は、なかでも最大の危険因子で、屋外大気汚染に起因する死亡の3分の1は これが原因であると、論文共同執筆者の独マックス・プランク化学研究所(Max Planck Institute for Chemistry)のジョス・レリーベルド(Jos Lelieveld)氏は指摘した」などの記述があります。

大気汚染による早死に、世界で年間330万人 国際研究 - 2
同記事に「<死を招く砂漠の砂塵>

レリーベルド氏は また、農業用化学肥料の「興味深い」関与についても強調している。

ロシア、米国東部、東アジアなどにおける2.5ミクロン以下の微小粒子状物質(PM2.5)の大気汚染は、その大半が農業物資に起因している。

1ミクロンは、100万分の1メートルだ。このPM2.5は、化学肥料から放出されるアンモニアと、自動車の排気ガス中の危険な硫酸塩や硝酸塩が結合して つくられる。

研究チームによると、欧米諸国では この結合反応が致命的な問題になっている。

大気汚染関連の死亡のうち、排気ガスを原因とするものの割合は、世界平均が約5%であるのに対し、英国、ドイツ、米国では約20%に達していることが、研究チームによる試算で示唆された」

「地球上の致命的な大気汚染の発生源となっているのは、人間の活動によるものばかりではない。

大気汚染による死者の少なくとも10人に1人は、砂漠の砂塵に関連していると研究チームは補足している」などの記述があります。

大気汚染で世界で年間880万人が早死に 従来推定値の2倍 - 1

大気汚染で世界で年間880万人が早死に 従来推定値の2倍 - 2

VWの排ガス規制逃れ、欧州で1200人の早死にもたらす可能性

欧州、大気汚染で年間50万人以上が早死に EU報告書
同記事に「欧州では依然として、大気汚染が早死にの主要な環境的要因となっている。

EEAが最新の報告書で明らかにしたところによると、化石燃料の燃焼によって発生する大気汚染が欧州の41か国で引き起こした早死にの全死者数は、2013年は55万人、2014年は52万400人だったという。

このうち、全死者の5人中4人(42万8000人)は、人体の肺や血管にまで入り込める直径2.5ミクロン未満の微粒子物質(PM2.5)と直接的に関連していた」

「早死にと関連する大気汚染の発生源としては、PM2.5の他に自動車の排気ガスに起因する大気中の二酸化窒素と地表付近のオゾンが挙げられている」などの記述があります。

中国女性、調理器具と高速道路で高血圧リスク上昇
同記事に「料理用コンロや高速道路から発生する汚染物質に さらされている中国の女性たちは、高血圧になるリスクが高くなるという調査結果が、米国科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences)に発表された」などの記述があります。

中国政府、広範囲にわたる土壌汚染の実態を初公表

中国最高裁、汚染に特化した特別法廷を設置
同記事に「最近の調査によると、中国の土壌汚染は国土の約3分2に広がっており、地下水の60%が直接飲用できないレベルに汚染されていた」などの記述があります。

中国の大気汚染、医療コストは「年間で最大30兆円」

節電には「金額」より「健康問題」が効果的、米研究

大気汚染、胎児の肺機能に問題生じるリスク

胎内での化学物質への暴露、尿道下裂のリスク3倍に 仏研究
同記事に「母親だけでなく父親の職業も影響し得るとの結果が出ており、研究ではリスクの高い職業として清掃員や家政婦、美容師、メーキャップ アーティスト、実験室 研究者、農業、メカニック、塗装業者などが挙げられている」

「焼却炉や ごみの埋め立て地、化学工場などから3キロ圏内に住んでいるとリスクが高まると指摘しており、居住地もリスク増加に関係している可能性がある」などの記述があります。

妊婦のプラスチック化学物質暴露,子どもの知能低下と関連か
同記事に「プラスチック製品や化粧品、芳香剤などに含まれる ごく一般的な化学物質に、妊娠期間中に高レベルで さらされた女性の子どもは、そうでない子どもよりも知能指数(IQ)が低くなる傾向がみられたとの研究論文が、2014年12月10日の米オンライン科学誌「プロスワン(PLOS ONE)」に掲載された。

研究によるとフタル酸ジブチル(DnBP)とフタル酸ジイソブチル(DiBP)の痕跡が高かった母親の子どもは、同物質に低レベルさらされた母親の子どもと比べて、IQが平均で6ポイント低かったという。

この結果を受け、研究チームは妊娠中の女性に対し、芳香剤や洗濯乾燥機用の柔軟剤シートなどの香料入り製品への暴露を制限し、プラスチック容器に入れて電子レンジで食品を温めたり、リサイクルマークの3(ポリ塩化ビニール)、6(ポリスチレン)、7(その他)のラベルがついたリサイクル製品の使用を避けるよう呼び掛けた。

論文主著者で米コロンビア大学(Columbia University)メールマン公衆衛生学部(Mailman School of Public Health)のパム・ファクターリトバック(Pam Factor-Litvak)准教授(疫学)は、「米国の妊娠中の女性たち はほぼ毎日、フタル酸エステル類にさらされている。

そして女性らの多くは、われわれが子どものIQ低下を確認したレベルと同等のレベルでさらされている」と述べた。

「子どもの玩具へのフタル酸エステル類の使用を禁止する規制は一部存在するものの、脳の発達に最も影響を及ぼしやすい時期と考えられる妊娠中の暴露を抑制する規制はない」

「フタル酸ジブチルとフタル酸ジイソブチルは、乾燥機用の柔軟剤シートやビニール素材を使った生地、口紅、ヘアスプレー、マニキュア液、一部石けんなどに含まれている。

米国で、フタル酸エステル類を含んでいるかどうかを記載している製品は、ほとんどない」などの記述があります。

プラスチック、劣化で温室効果ガス放出
同記事に「80億トン以上に及ぶプラスチックが地球を汚染しており、その大半がリサイクル可能なものではなく、さらにはプラスチックの生産量が今後20年で倍増することが予想される」

「プラスチックは有害な化学物質を水中や土壌中に放出することが すでに知られている」などの記述があります。

大気汚染と新生児の低体重に関連性

カナダ森林火災の灰と塵、スイスで確認

アフリカのケニア山、森林火災で800平方キロ焼失

4億年前の酸素急増、「コケ」が供給源か

AFPBB News 」サイトより


がん発症,中国が突出 肺がんは世界の36%、肝臓・食道は5割
同記事に「がん患者が世界的に増え続ける中、喫煙率が高く、大気汚染も悪化する中国で新規患者と死者の数が特に多いことが分かった。

世界保健機関(WHO)が まとめた最新の「世界がん報告」によると、全体の死者数が最多の肺がんでは、2012年の新規患者の36%が中国人。

肝臓がん、食道がんでは5割だった。世界人口に占める中国の比率(19%)を大きく上回る」

「中国では成人男性の喫煙率が53%に達し、喫煙者数は3億5千万人という世界最大のタバコ消費国。報告書によると、日常的に副流煙に さらされている国民の割合は70%を超えている」

「がんの拡大は国にとって経済的な負担となる。治療費など がんにかかるコストは全世界で年1兆1600億ドルに上る。

WHOによると12年の新たな がん患者数は世界で1400万人。20年後には年2200万人に拡大するという。

報告書は「がんは驚くべきスピードで拡大している。治療では対応しきれず、予防と早期発見を強化しなければならない」と警鐘を鳴らしている」などの記述があります。

日本経済新聞 」サイトより


地球規模の環境汚染で年間900万人が死んでいるという事実

大気汚染がアルツハイマー病などの認知症に つながる可能性

空気の汚染が睡眠の質を下げている可能性

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


豪州の新鮮な空気を輸出 1本1500円のスプレー缶が中国へ

Techinsight 」サイトより


大気汚染が「がん」引き起こす、WHOが初めて認定
同記事に「世界保健機関(WHO)に属する国際がん研究機関(IARC)は、初めて大気汚染が がんの原因になると認定する報告書を発表した。

IARCは過去数十年にわたって100万人以上を対象に調査し、「因果関係を説明するのに十分なデータが得られた」としている。

報告書によると、大気汚染は肺がんを引き起こし、さらには膀胱がんの発症リスクも高めるという。

大気汚染のリスクは年々高まっており、特に人口が密集し、急速に工業発展を遂げた地域で顕著だという。

今回の研究で、大気汚染は発がんリスクの面で たばこ、紫外線、アスベストと同レベルと評価されている」などの記述があります。

汚染によって消失した中国の村
同記事に「北京市から約200キロメートルに位置する河北省唐山市松汀村を紹介。2003年から鉄鋼工場、コークス炉が次々と建設され、汚染が深刻化したという」

「工場は検査が入る昼間に操業を止めるが、夜になると再開する。多くの村民は引っ越してしまった」

村民によれば、地方政府は松汀村には もう人が住んでいないと報告しており、まさに「地図上から消失」したようなものだが、実際には引っ越すことのできない お年寄りや貧しい人などが まだ この村で生活している」

「それでも生産を止めるわけにはいかない。止めたら失業率が増加して現地の住民の不満が噴出する」などの記述があります。

PM2.5より汚染対策が困難!オゾンが北京の主要汚染物質に

中国各地でオゾンが主要汚染物に

中国の ごみ焼却場、無理なコスト抑制で大量の有害物質を拡散

中国、大気汚染が原因の肺がん、10年で大幅増

朝鮮半島各地で化学物質の流出事故が頻発、住民に不安広がる

朝鮮半島、大気汚染物質の排出量が増加

中国で深刻な大気汚染、国土の大半がスモッグに覆われる

世界の8割の都市でPM2.5の基準値超える,中国とインドが深刻

PM2.5、中国で1800を観測。気象台「常軌を逸した数字」

中国の空、大気汚染でバラ色に!

朝鮮半島、2060年に大気汚染被害が世界最悪の国に

朝鮮半島を覆った大気汚染物質、「中国発」では無かった

朝鮮半島のPM2.5の6割が自国で発生していた!

中国の がん患者増加数は世界一に - WHO

中国人科学者、煙霧による病気発症のメカニズムを解明
同記事に「粒子状物質(PM)は、喘息、慢性閉塞性肺疾患、肺がんなどの呼吸器系疾患の発症率と死亡率を高めるとされているが、その発症のメカニズムについては明らかにされていなかった。

中国の科学者は長期的な研究を経て、極小粒子状物質が気管支炎や粘液の活発な分泌を引き起こす新たなメカニズムを初めて解明した」

「浙江大学医学院付属第二病院・浙江大学呼吸疾患研究所、呼吸疾患国家重点実験室の研究チームは このほど、電子顕微鏡による観察により、頭髪の500分の1から100分の1サイズの極小微粒子状物質のみが人体の気道の上皮細胞内に入り、蓄積により黒い粒子を形成し、炎症の反応や粘液の活発な分泌を誘発することを明らかにした。

「自食作用」という細胞の保護行為により、細胞は この黒い粒子を自食し、進入した極小粒子状物質や不要なタンパク質などを減らす。

しかしこの極小微粒子状物質は大量の無機炭素や重金属といった有毒物質を含み、細胞の自食では減らしがたい。

一連の複雑な過程を経て、最終的に気管支炎や粘液の活発な分泌が生じ、慢性呼吸器系疾患などが引き起こされる」などの記述があります。

アジア各地を覆う深刻な大気汚染

世界795都市の大気汚染、PM10が中国の2倍と指摘された都市
同記事に「2016年6月3日、環球時報によると、世界保健機関(WHO)が発表した世界の大気汚染状況に関する最新レポートで、近年注目を浴びている中国、インドより深刻な状況を抱えている国があることが分かった。

WHOが調査したのは世界67カ国、795都市のPM10の状況。

アフリカ西部に位置するナイジェリアのオニチャが「最も深刻」で、同市について米CNNは「PM2.5は正常な範囲内だが、PM10はWHO基準の30倍。北京の2倍近く、ロンドンの30倍 近くに当たる」と報じた。

オニチャは農業、石油など環境資源を大量に消費する産業を経済の柱としており、港湾都市であるため貨物船も頻繁に往来、自動車は質の悪いガソリンを使っているという。

このほか、電力供給が不安定という事情から多くの家庭が低品質の燃料による自家発電を行っていることなども汚染原因の1つとなっている」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


ANAの787、エンジン不具合 離陸直後にブレード破断
同記事に「ANAがRRから受けた報告によると、同じエンジンを採用したロイヤルブルネイ航空(RBA/BI)の787でも2件発生しており、ANAの3件と合わせて計5件起きている。

ロイヤルブルネイは、2013年10月3日に初号機を受領している。

また、空気中に汚染物質が浮遊している可能性が高い、東南アジアやインドなどの空域を飛行した場合、想定よりも早期に硫化腐食が起きる可能性があると、RRから説明を受けたとしている」

「最初に起きたトラブルは2月22日のクアラルンプール発成田行きNH816便で、2件目は3月3日のハノイ発羽田行NH858便で発生。その後、8月20日に国内線の羽田発宮崎行きNH609便でも起きた」などの記述があります。

ANAの787 相次ぐトラブル、利用者から不安の声
同記事に「最初に起きたトラブルは2016年2月22日のクアラルンプール発成田行きNH816便で、2件目は3月3日のハノイ発羽田行NH858便で発生。その後、8月20日に国内線の羽田発宮崎行きNH609便でも起きた」などの記述があります。

Aviation Wire 」サイトより


米ユナイテッド航空、ニューアーク ─ ニューデリー便を停止
同記事に「米航空大手ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングス(UAL.N)の広報担当者は2017年11月12日、ニューデリーにおける大気汚染を理由にニュージャージー州ニューアーク発インド・ニューデリー行きの航空便を一時的に停止すると発表した」などの記述があります。

ロイター.co.jp 」サイトより


大気で作るガソリンを開発、実用化へ道筋 - 1

大気で作るガソリンを開発、実用化へ道筋 - 2

環境汚染で170万人の子どもが死亡、WHOが報告
同記事に「大気汚染に加え、タバコの煙や調理で使う火による室内汚染に さらされている子どもは57万人ほどいて、成長してから慢性的な呼吸器系疾患を発症する可能性が高いとされている。

大気汚染の被害を最も受けやすいのは発展途上国だ。

WHOの2014年の調査によると、こうした国の人口10万人以上の都市の98%で、空気の状態が安全レベルにはない」などの記述があります。

中国のスモッグ、衛星写真

すすけた鳥の標本で昔の大気汚染を測定、135年分 - 1

すすけた鳥の標本で昔の大気汚染を測定、135年分 - 2

マダガスカルに見る、環境と健康の関係
同記事に「私たちの地球の健康状態は、人の健康状態に強い影響を及ぼしている可能性がある」などの記述があります。

まつ毛の役割と最適な長さが最新の研究で明らかに

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより



人工衛星、大気汚染ガス過小評価 PM2・5が邪魔に

防災情報【ハザードラボ】」サイトより


大気エアロゾルの分布

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


世界の全人口の92%が大気汚染下に、WHO
同記事に「全世界の10人に9人が汚染された空気を吸っているとする報告を世界保健機関(WHO)が2016年9月27日、発表した。

今回の報告は世界の3000か所以上で採取されたデータに基づいており、有害な微小粒子状物質「PM2.5」に焦点を当てている。

これによると大気汚染がWHOの制限値を超えた場所に、世界人口の92%以上が暮らしている。

大気汚染問題は特に都市部で顕著だが、地方部でも多くの人々が考えているより状況が悪いという」

「また先進国よりも貧困国の方が大気汚染が かなり深刻とはいえ、WHOのマリア・ネイラ(Maria Neira)公衆衛生・環境局長は声明で「世界の ほぼ すべての国、社会のすべての層に影響している」と述べた」

「WHOの推計によると毎年世界で600万人以上が、屋外の大気汚染および屋内の空気汚染に関連する原因により死亡している」

屋外大気汚染に関するデータの方が確かで年間300万人の死因とされるが、室内空気汚染も同様に危険で、特に調理用に木炭を使っている貧困国では深刻だ」

「WHO公衆衛生・環境局のカルロス・ドーラ(Carlos Dora)調整官によると、大気汚染に対する予防手段として採用された戦略の中には、効果が限定的なものもある」

「大気汚染が特に ひどい際に屋内に とどまることも あまり意味がなく、さらにフェイス マスクが汚染された空気を濾過するという確証は、WHOでは得られていない」などの記述があります。

【特集】スモッグで霞む世界の大都市

AFPBB News 」サイトより


92% of us are breathing unsafe air.(英語)
This map shows just how bad the problem is.

The World Economic Forum 」サイトより(英語)


世界の9割以上の人々は、汚染された空気を吸って生活している

大気汚染は認知症やアルツハイマー病を誘発する恐れがある

網戸のように使える透明な空気清浄フィルター

Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン) 」サイトより


きれいな空気を吸っている人は世界の1割未満―WHO報告

レコード チャイナ 」サイトより


【参考記事】


日本人街・経済特区
( 世界で最も安全で環境汚染が少なく、大地震リスクも低く、安全性も居住に適した気候も兼備した貴重な理想的地域に世界最高水準の食文化・産業技術・高度先端医療が凝縮された世界でも類例のない高機能、高品質な計画都市 )


【光化学スモッグ・大気汚染関連情報サイト】


バイオ ウェザー サービス|いであ株式会社 」サイト
天気に基づく健康予報をお届けする「バイオ ウェザー サービス」。日々の お天気と季節病・気象病のリスクをチェックして日常生活の健康管理に役立てください。


大気汚染予測システム(VENUS)
東アジアにおける光化学オキシダント ( 光化学スモッグ ) 及び二酸化窒素の大気汚染濃度の予測。

東アジアの広域大気汚染マップ

黄砂と大気汚染物質の濃度予測分布図(地上付近)
( 黄砂・硫酸塩エアロゾル・人為起源の微小粒子 ・オゾン )

環境展望台:国立環境研究所 環境情報メディア 」サイトより


PM2.5予測・黄砂予測

SPRINTARSホームページ 」より


化学天気予報 」サイト


東南アジアの大気汚染の原因であるヘイズ (haze)

大規模な森林火災などの ばい煙 (ヘイズ:haze)に移動します。



インドネシアの水銀汚染

インドネシアの水銀汚染 に移動します。



アジアの農薬・殺虫剤 汚染問題

アジアの農薬・殺虫剤 汚染問題 に移動します。



浮遊粒子状物質 ( PM 2.5 )の世界地図( Particulate Matter 2.5 )
※ 健康への悪影響がある浮遊粒子状物質(PM 2.5)の汚染状況が一目瞭然。

Global View of Health-Sapping Air Pollution (英語)
「Global satellite-derived map of PM2.5 averaged over 2001-2006. Credit: Dalhousie University, Aaron van Donkelaar 」

NASA 」サイトより (英語)



Global Burden of Disease Country Profiles (英語)
( 世界疾病負荷研究:健康に影響している主要リスクファクターや、死因のグラフ )

Institute for Health Metrics and Evaluation 」サイトより (英語)


大気汚染微粒子の毒性
粒子の粒径が小さい程、毒性が増すという調査報告があります。


【関連情報サイト】


微小粒子の健康影響 アレルギーと循環機能
同記事に「粒子の表面積と毒性-同じ重さの粒子群は、粒径が小さいほど個数は多くなり、また全体の表面積は極めて大きくなります。

たとえば粒径が1μm(1000nm)の粒子と、10nmの粒子の集合体を比較すると、10nmの粒子の方が個数が多い分、表面積で約100倍も大きくなります。

粒子表面そのものに毒性がある場合や、表面に毒性を持つ化学物質が吸着している場合などは、表面積が大きくなると毒性が強くなる可能性があります」などの記述があります。

ディーゼルナノ粒子曝露実験のための吸入装置の検討

国立環境研究所 」サイトより


大気汚染の元凶 PM2.5、粒径が小さいほど健康被害も深刻に
同記事に「粒径が0.5マイクロミリメートル以下の粒子状物質は人体により深刻な被害をもたらし、粒径が小さいほど被害が深刻になる」

「粒径0.25-0.50マイクロミリメートルの粒子状物質濃度の住民の健康被害、特に心血管疾患リスクとの関係が最も顕著」

「粒子状物質の粒径が小さいほど、その数的濃度が上昇し表面積が拡大。より多くの有害物質を引きつけ人体に入りやすい」

「粒径によっては粒子状物質が気道の運動との間に関連性を持ち、0.50マイクロミリメートル以下は主に拡散により沈積し、0.50マイクロミリメートル以上は衝突により沈積する可能性がある」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


ナノ素材の毒性を示す新たな実験結果 - ナノテクへの懸念が増大

「ナノ粒子の毒性」を検査する新手法

大気汚染で金属ナノ粒子が脳に蓄積。アルツハイマー病の原因に
同記事に「人間の脳は、汚染大気から磁性のある有毒なナノ粒子を取り込んで蓄積しているとする研究結果が、2016年9月の『米国科学アカデミー紀要』で発表されている。

強磁性の酸化鉄化合物である磁鉄鉱(マグネタイト)からなる このナノ粒子は、以前から人間の脳に存在していることがわかっていたが、これまでは、生物体内で生成される無害な副産物だと考えられていた。

しかし、37個の人間の脳検体で発見されたナノ粒子を詳細に調べた今回の研究によると、これらはガソリンの燃焼やクルマがブレーキを踏むときに生じるスモッグから取り込まれたものであることがわかったという。

英国ランカスター大学のバーバラ・マーハーが率いる研究チームは、高分解能イメージング技術を使用して、死後に提供された脳検体37個の前頭葉に存在するナノ構造磁性体を分析した」

「検査の結果、脳内のナノ構造磁性体の一部は、角のある幾何学的な形状をしていることがわかった。これは生物体内で形成されたという明確な印だ。

だが、大部分は、角のない滑らかな形状をしていた。工場の煙突やクルマのマフラーから放出されるナノ構造磁性体は こういう形だ。

また これらの極小金属球には、プラチナやニッケル、コバルトといったほかの遷移金属ナノ粒子も付着していた。こうした粒子は通常は脳内には存在しない。

「今回の研究で特定された球形のマグネタイト、そして同時に発生している遷移金属ナノ粒子の存在は、生物起源でないマグネタイトが脳内にあることを示している」と研究チームは述べている。

研究チームは、こうしたマグネタイト粒子は呼吸によって脳内に取り込まれたものだと推測している。粒子の直径は約150ナノメートル以下と非常に小さいため、嗅球の隙間から脳内に入り込めるという」

「以前の研究で、脳内に存在するナノ構造磁性体は、アルツハイマー病と相関性があることがわかっている。

このナノ構造磁性体は、アルツハイマー病と関連のある異常な折り畳み構造のタンパク質と相互作用して活性酸素を生成し、これが細胞に重度の損傷を与える可能性があると考えられている」などの記述があります。

デトックスは幻想だった? 5つの手法を科学的に分析した結果

「青空」が霞んできている:大気汚染物質の影響
同記事に「タージ・マハルはインド北部のアーグラ(人口131万人)にあり、大気汚染による損傷が問題化している。

排ガスによる直接的な汚れの他、酸性雨によって大理石が溶解する現象などが報告されている」

「太陽からの光が、大気中の酸素や窒素、水蒸気などの分子や、光の波長よりも小さい微粒子にぶつかり散乱(レイリー散乱)する時は、青のように波長の短い光が強く散乱されるので、空の色は青く見える。

また、光の波長より大きい微粒子と散乱を起こす(ミー散乱)時は、光の色(波長)に関係なく散乱するので、白みがかった色になる」などの記述があります。

たった半日で公園全体を綺麗にできる「空気清浄タワー」- 1
同記事に「直径10マイクロメートル(綿の繊維の太さと同じくらい)以下のスモッグ粒子は、吸入されることで心肺に深刻な健康被害をもたらす」

「2000年代の初めからイオン化に関する研究を行なっているウルセムの説明によると、まずタワーの てっぺんにある風力稼働の放射状通風システムが、汚れた空気を吸い込む。

つぎに空気はチェンバーに入り、そこで15マイクロメートル以下の粒子が正電荷を帯びる。すると、砂鉄が磁石に くっつくように、正電荷を帯びた粒子はチェンバー内の接地対電極に付着する。

そして浄化された空気がタワーの下部にあるベントから排出され、タワーのまわりは きれいな空気に包まれるのだ。

ウルセムいわく、このプロセスは普通のイオン化空気清浄機と異なり、オゾンを生成しない。粒子が負電荷ではなく正電荷を帯びるためだ」などの記述があります。

たった半日で公園全体を綺麗にできる「空気清浄タワー」- 2

屋外での運動メリットは,大気汚染に晒されるデメリット上回る

スモッグを回収する「世界最大の空気洗浄機」、北京に到着

WIRED.jp 」サイトより


ナノ粒子の摂取は健康に影響か、米研究
同記事に「研究で50ナノメートル(1ナノメートル=1メートルの10億分の1)のポリスチレン粒子を大量に経口投与されたニワトリは、食品中の鉄分を吸収する量が減少していた。また、長期投与が行われたニワトリでは、栄養吸収で重要な役割を果たす、腸絨毛(ちょうじゅうもう)と呼ばれる指の形をした小さな突起部が"改造"されていた。この変化により、腸絨毛の鉄分を吸収する表面積が増えていた」

「大量のナノ粒子が体内に入ることにより、カルシウムや銅、亜鉛、ビタミンA、D、E、Kの吸収も影響を受ける可能性があるが、この点についても さらなる研究が必要だという」などの記述があります。

タトゥー顔料、体内深く浸透する恐れ
同記事に「タトゥーに使われるインクの微粒子は人体内部へと染み込み、人の免疫系の重要な中枢を担うリンパ節にまで到達する恐れがあるとの研究結果が2017年9月12日、発表された。

英科学誌ネイチャー(Nature)系オンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」に掲載された論文によると、大きさが1センチの100万分の1から数十億分の1ほどの これら微粒子には、ニッケル、クロム、マンガン、コバルトなどの汚染物質や防腐剤などに由来する分子が含まれているという。

タトゥーの着色剤は、さまざまな種類の有機および無機顔料でできており、有毒な不純物で汚染されている恐れもある。

タトゥーのインクで、カーボンブラックに次いで2番目に多く用いられている原料は二酸化チタンだ。

この白色顔料は食品添加物、日焼け止め、ペンキなどにも使われている。

二酸化チタンは、皮膚の かゆみや かぶれなどの回復の遅れと関連づけられている。

論文の共同執筆者で、フランス・グルノーブル(Grenoble)にある欧州シンクロトロン放射光施設(ESRF)の研究者イラム・カスティーリョ(Hiram Castillo)氏は、「タトゥーを入れたいと思う人は、消毒針を使う店を選ぶのに細心の注意を払うことが多い」としながら、その一方で「着色剤の化学成分までチェックする人は誰もいない。

今回の研究は、それもチェックするべきであることを示している」と指摘した。

ESRFと独連邦リスク評価研究所(Federal Institute for Risk Assessment)の共同研究チームは今回、蛍光X線測定法を用いて、皮膚とリンパ節に存在する粒子を調べた。

リンパ節は首、脇の下、太ももと腹部の間の しわに沿った部分などに位置している。

リンパ節まで達したのは、粒子の中で最も小さいナノスケール微粒子だけだった。

研究チームは また、タトゥー粒子の近くの組織にみられる変化を分子レベルで調べるために、フーリエ変換赤外分光法と呼ばれる技術も使用した。

研究チームは、有毒物質の体内移行と体内蓄積の両方に関する「有力な証拠」を結果として報告している。

また、研究の次段階では、炎症などの悪影響の証拠を探すことになるとしている」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


一度彫ったタトゥーが消えない理由が細胞レベルで明らかに

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


タトゥーは人体に長期的な害をもたらす?新研究で警鐘か

Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン) 」サイトより


日焼け止めクリームはアスベストと同じ炎症を引き起こす
同記事に「ナノ酸化チタンが、横隔膜や肺に炎症を引き起こすという事実を確認した。

その炎症を起こすメカニズムも炎症を引き起こす威力においても、アスベストと ほぼ同じ」

「この炎症は長期的に繰り返されるとガンになる可能性もある。炎症は その治癒課程においてガン細胞にとって都合の良い環境を作り出す。

従って長期的に繰り返しナノ酸化チタンを体内に取り込んだ場合、ガンになる可能性は高まる」などの記述があります。

swissinfo:スイスのニュースと情報 」サイトより


【関連記事】


紫外線の世界地図



大気中浮遊粒子の粒径別個数濃度と金属濃度調査 (PDF:499.19 KB)
同記事に「大気中浮遊粒子の動態調査を目的として、粒径7 nm~10 µmの粒子を粒径により12区分し、1年間の個数濃度測定及び粒子採取を行った。採取した粒子は、18種の金属成分について粒径別の濃度を測定した。

粒子個数濃度の測定結果では、全粒径合計の年間平均値は14000 個/cm3であり、その75%は粒径が100 nm以下のナノ粒子であった。

季節別では、粒子個数濃度は夏期に低く、冬期に高い傾向がみられた。

しかし、夏期には日中13時半頃にナノ粒子が増加する日内変動がみられ、その変化が気温やオキシダント濃度と有意な正の相関を示したことから、夏期のナノ粒子増加は光化学スモッグの発生に関連するものと考えられた。

粒子中の金属測定は、マイクロウェーブ加熱分解/ICP-MS分析により行った。

測定の結果、年間を通して毎月共通の粒径分布を示す金属が多いことが判明し、これらの粒径分布及び毎月の濃度変動より金属相互の関連を解析し、発生源を推定した。

その結果、1 µm以上の粒径に分布する金属の多くは主に土壌、1 µm未満の粒子に分布する金属の多くは主に ごみ焼却飛灰の寄与が大きいと推察された。

検出された金属の年間平均値を粒径に基づいて比較すると、検出される主な金属が粒径により異なっており、粒径1 µm以上の粒子ではFe、Ca、Mg、粒径0.3 µm~0.8 µmの粒子ではK、Ca、Zn、粒径0.2 µm以下の粒子ではCaが主に検出された」などの記述があります。

東京都 健康安全研究センター」サイトより


【マスクについて】


専門家によれば、粒径の小さなナノ粒子ほど健康への悪影響や有害性が指摘されているが、一般に市販されている ほとんどのマスクでは、顔とマスクの隙間からの空気の漏れなどの問題などにより、有害物質に対する防御が疑問視されています。

また、有毒なガス(気体)に関しても高価な専用の防毒マスクでなければ防げないとされています。

防毒マスクは高価なため、経済性の問題や着用時の外観上の問題に加え、個人差があるものの呼吸が辛い点や特に夏場においては暑くて長時間の着用は現実的ではないなどの問題があるため、マスクで有害汚染物質対策は難しいという意見もあります。


【PM2.5・浮遊粒子状物質・関連情報サイト】


PM2.5分布予測

日本気象協会 tenki.jp 」サイトより


PM2.5 情報

防災情報【ハザードラボ】 」サイトより


微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報

環境省 」サイトより


SPM,PM2.5,PM10,...,さまざまな粒子状物質

日本国内での最近のPM2.5高濃度現象について

ナノマテリアルの安全性を評価する
同記事に「粒子の大きさによって、粒子の挙動が違います。ナノ粒子よりかなり大きいサイズの粒子(2.5~10μm)は、気管や気管支に沈着し、その後、痰とともに排出されますが、それより小さい2.5μm以下のものは肺胞に沈着します。肺胞に入った粒子は、異物として捉えられ、白血球の一種であるマクロファージに食べられて肺胞表面から除去されます。このマクロファージの粒子除去作用を「貪食」とよんでいます。

ところが、それらの粒子より さらに小さいナノ粒子は、組織を比較的簡単に透過することができるので、肺胞壁を透過して血管内へ直接移行する可能性があるといわれています」

「必ずしも吸い込んで体内に入るナノマテリアルばかりとは限りません。たとえば、日焼け止めクリームや消臭スプレーなどは、皮膚から体内への侵入が考えられます。

そして、粒子のサイズが小さいということは、従来の材料に比べて、重さあたりの粒子の個数が多くなるので、生体成分や細胞と接する表面積も大きくなり、強い生体反応を起こす可能性があります」

「電子顕微鏡で、肺胞の様子を観察したのです。すると、カーボンナノチューブに、マクロファージの細胞膜が強く反応しているのが はっきりと見えました。

また、カーボンナノチューブはマクロファージに対して強い細胞毒性を示すことがわかりました」

「気管支の上皮細胞への影響も調べました。アスベストの影響と比べたのですが、細胞に対する毒性は、マクロファージと同様にアスベストより強いものでした」

「細胞毒性はアスベストより強そうです」などの記述があります。

国立環境研究所 」サイトより


ナノ粒子は第4の病原物質か? 母マウス介して仔の脳に蓄積.影響 ( PDF:2.849152 MB )
同記事に「ディーゼル排ガス中の超微小粒子である「ナノ粒子(ナノマテリアル)」が、母マウスから胎仔脳に移行し、出生後も仔の脳の特定な細胞の特定なオルガネラ(細胞小器官)に蓄積されて、周辺細胞に影響を及ぼすこと、また安全だとして化粧品や光触媒に汎用される酸化チタンナノ粒子が、同様に母マウスから仔の脳や精巣に移行して粒子が取り込まれていることを世界で初めて見出した」

「大気中に浮かぶ小さな粒子(浮遊粒子状物質:Suspend Particle Matter=SPM)が、肺胞への沈着と血流を介して、肺がんや喘息、花粉症などのアレルギー性疾患、不整脈の出現、血圧へ影響するという実験や調査の結果報告、またSPM濃度が、循環器疾患の死亡数増加に正の相関を示すという疫学調査が報告されるなど、SPMの人体への影響が危惧されている」

「ナノ粒子が、胎仔期曝露により引き起こす脳の組織と機能変化を解析し、近年急増しつつある脳疾患の発症との関連性を明らかにするため研究を進めている。

都市圏では、SPMの半分近くがディーゼル車由来とされるが、そのディーゼル車が排出するガス(DE)を妊娠中の母マウスに吸わせ、生まれてきた仔の生殖系、脳神経系などへの影響を検討してきた。

その結果、排ガス由来と思われるナノサイズ(100ナノ㍍以下)の黒い粒子状物質が、仔の脳血管周囲顆粒細胞内の消化顆粒に蓄積すること、脳内に様々な異変が認められることを発見した

排ガス中の このナノ粒子は、母体の胎盤を通過して胎仔に移行し、さらに血流に乗り未発達のBBB(血液脳関門) を通過して脳内に移行した。

「脳の光学および電子顕微鏡所見においても、DE曝露群では、血管周囲に浮腫および小血管の閉塞が認められた。これらは、病理学的にび慢性・多発性微小梗塞と判定されるものである。

また、神経伝達物質として働くモノアミンの代謝に変化が見られ、行動試験にも異常が認められた。脳神経系以外では、雄の生殖系に組織学的、機能的に様々な影響が現れることを観察した」

「酸化チタンを妊娠マウス皮下に投与すると、酸化チタンナノ粒子が産仔の脳に移行し、脳末梢血管周囲に異常が認められ、脳の特定の部位に集中的にアポトーシス像が認められた。

モノアミン系の代謝異常も確認。網羅的遺伝子発現解析、選択的遺伝子発現解析の結果からも様々な異常が明らかになってきている」

「ナノ粒子はバクテリア、ウイルス、プリオンに続いて第4の病原物質と表現したくなるほど様々な病態を引き起こす」などの記述があります。

東京理科大学 」サイトより


都市大気中ナノ粒子の健康影響
同記事に「一般に、吸入された粒子は鼻腔から肺胞にかけての各部位に慣性、沈降、拡散によって沈着するが、ヒトにおける吸入粒子の沈着モデルでは、肺胞領域での沈着効率は0.1μm以上の粒子で20%以下、5~10nmの粒子で約20~30%であるのに対して、20nm付近の粒子では50%に達するとされており、それより大きい粒子または小さい粒子に比べて肺胞での沈着効率が高いと予測されている」

「ラットに炭素同位体(13C)ナノ粒子を吸入させて その体内移行を調べた研究では、これらのナノ粒子は吸入後、短時間で肝臓でも検出され、ナノ粒子が肺や消化管を通過し血流に乗って肺以外の臓器にも移行する可能性を示唆した。同様の最新の研究では、このナノ粒子が大脳や小脳、嗅球にも移行することを報告し、特に嗅球のナノ粒子については鼻咽頭領域の嗅粘膜に沈着したナノ粒子が嗅神経を通って嗅球に移行したのではないかと推察している」

「ナノ粒子は その毒性・影響・性状・環境動態の いずれも未解明の部分が多く、また、肺のみならず全身への影響を持つ可能性が その体内動態から示唆されている」などの記述があります。

日本免疫毒性学会 」サイトより


小さな悪魔を追え!PM2.5
同記事に「米国でPM2.5が規制化された きっかけは、大気中の微粒子濃度と死亡者数との相関が調査されたとき、PM2.5濃度がPM10濃度よりも死亡者数と高い相関をしめすと報告されたことです。これは、より小さな微粒子のほうが健康におよぼす影響が大きい」

「PM2.5が健康を害する危険が大きい理由は、より小さな粒子のほうが大きな粒子よりも気管を通過しやすく、肺の奥深いところまで届くためだといわれています」などの記述があります。

HORIBA 」サイトより


世界初。カーボン ナノ チューブ、人の肺で見つかる
同記事に「パリ大学サクレー校がパリ市内の ぜんそく児童64人の肺を調べてみたら全員、肺の中にカーボン ナノ チューブを持っていることがわかりました。

人の体内からカーボン ナノ チューブが発見されたのは これが世界で初めてです」

「パリ大学では ぜんそく児童64人の気管から採取した液体を調べてみたのですが、そこには全員ひとり残らずカーボン ナノ チューブがあった」

「うち5人は、肺の免疫細胞「マクロファージ(大食細胞)」からもカーボン ナノ チューブが発見されました」

「過去のマウスの実験では、カーボン ナノ チューブによってアスベストに よく似た免疫反応が引き起こされることもわかっている」などの記述があります。

世界を脅かせる大気汚染の主要原因とは?
同記事に「研究によると農業で必要とされている窒素から心臓疾患や呼吸障害の主要原因となる微粒子物質が排出されることが分りました。

汚染は肥料がアンモニアを空気中にリリースするところから始まります。

アンモニアは農場の風下へ吹き流され、車と工場によって生産された酸化窒素や硫酸塩を含む汚染物質と遭遇すると一連の化学反応を通じて、分子が結合し、直径2.5ミクロン以下の粒子になります。

あのPM2.5も そうやって出来あがります」

「最近の研究によると、この粒子による大気汚染が原因で早死にする人が世界中で550万人以上になると科学者が試算しています。

最近、世界保健機構が分析により、発展途上国の80がPM2.5などの体に害を及ぼす粒子で汚染されていると発表しました。

もちろん、米国、ヨーロッパ、ロシア、アジア、特に中国などでも農場の近くに住んでいる人々には大きなリスクがある可能性が高い」などの記述があります。

米国のトウモロコシ栽培による大気汚染で毎年 数千人の死者
同記事に「トウモロコシ栽培は粒子状物質の排出につながります。

粒子状物質はアンモニア、硫黄酸化物、窒素酸化物、そして揮発性の有機化合物で組成されており、肥料と堆肥を撒いたり、トラクターといった農機や耕作したり植えたりする際のホコリから放たれます。

これらは とても細かく、肺に入り込んで心臓にも影響を与えうる危険な汚染物質です」などの記述があります。

ギズモード・ジャパン 」サイトより


世界初、子どもの肺からカーボン ナノ チューブが見つかる
同記事に「2008年に公開された研究結果によれば、ネズミの体内にカーボン ナノ チューブを注入すると「アスベストにより引き起こされる免疫反応」に似た反応が確認されており、人体に何かしらの影響がみられる可能性も示唆されています」

「新たに公開されたのが、パリ・サクレー大学のファティ・ムーサ氏による「航空路から流れた流体」に関する調査結果。

この調査では航空機の大気環境に与える影響を、高解像度の電子顕微鏡とエネルギー分散型X線分光による検査で調べています。

この調査の中で、喘息にかかった64人の子どもの中の一人の肺の中からカーボン ナノ チューブが見つかりました」

「もしもカーボン ナノ チューブが直接的に有害では なかったとしても、カーボン ナノ チューブには他の分子と くっつくことのできる広い表面積があるので、体に何かしらの害を与える汚染物質などを肺や体内の奥深くに とどめる役割を担う可能性はある」などの記述があります。

旅客機の中の「空気の質」は どれぐらい安全なのか?
同記事に「ヨーロッパでは「上空を飛行中の旅客機のキャビン内では空気が汚染されており、乗客や機内スタッフの健康に影響を及ぼしている」として対策を求める訴えが起こされようとしています」

「これまでに多くのクルーを看てきた「Biolab Medical Unit」のジェニー・グッドマン医師は、特に古い機体でエンジン始動時に煙が機内に入り込むことが多いという逸話を聞いており、仮に乗客が搭乗する際に煙が機外に排出されていたとしても、残留した成分によって乗客やクルーが影響を受ける可能性が存在していると指摘しています」

「グッドマン医師は、「頻繁に飛行機を利用する場合やクルー業務で飛行機に頻繁に搭乗する場合は、継続的な低汚染度の空気に長時間露出されることになります」として、健康への影響を受けるリスクが高いと指摘しています。

また、航空専門の弁護士であるフランク・キャノン氏はパイロットやキャビンクルーは健康被害のリスクが高い状態にあり、汚染空気に長時間露出されることで業務に適さない健康状態に おちいることがあること、さらにパイロットが その状態に気づくことがないために、知らずのうちにフライトの危険性を高めることに つながるという危険性を指摘しています。

ブービス教授は、発煙インシデントに繰り返し遭遇することによる長期的な健康被害への影響は、さらなる調査が必要な分野であるとしています」

「グッドマン医師によると、汚染空気シンドロームは中枢神経系、特に脳に対して影響を与えるとのこと。

遺伝要因による違いは存在するものの、汚染空気に含まれる化学物質が体内の細胞膜に溶けこんで細胞内に侵入し、ひいては体内の あらゆる場所に広がると指摘。

その結果、偏頭痛や疲労感、思考困難、関節や筋肉の痛み、呼吸困難や消化不良、そして女性に対しては乳ガンの発生リスクを高めることになるとしています」

「ブービス教授はグッドマン医師の主張についてノセボ効果である」としています。

ノセボ効果とはプラシーボ効果の反対を意味するもので、ある人の思い込みや想像力、潜在意識が実際の肉体にマイナスの影響を与える効果のことを指しています」

「グッドマン医師とキヤノン弁護士は、航空各メーカーはフィルターの取り付けを確実にする対策をとるべきであると主張。

キヤノン弁護士は「世界には2~3社 の主要なフィルターメーカーが存在している」と指摘しています。

両者は、航空会社がフィルターの対策について乗り気でないのは、空気汚染が存在していることを認めている「暗黙の了解」によるものであると考えているとのこと」などの記述があります。

世界中の航空路線とフライトを可視化する「Flight Stream」

航空機用ジェットエンジンの新潮流,ギヤード ターボファン

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


墜落事故より怖い航空機の排気ガス
同記事に「空の旅で一番心配なのは墜落事故だろう。しかし最新の研究によって、墜落事故に遭うよりも、排気ガスに含まれる有害な汚染物質で命を落とす可能性の方が高いと明らかになった。

近年では、毎年1000人前後が航空機事故で死亡している。一方、ジェット機の排気ガスは年間 約1万人の命を奪っているという。

これまでの研究は、離着陸時に発生する排気ガスだけが人体に害を及ぼすという前提に立っていた。今回の研究では初めて、巡航時も含めて早死にした人の数を総合的に試算している。

アメリカ、マサチューセッツ州ケンブリッジにあるマサチューセッツ工科大学(MIT)の航空工学者で、研究チームを率いたスティーブン・バレット氏は、「高度約900メートル以上で発生する排気ガスは未規制で害が多い。人の死に繋がるような汚染を もたらす」と警告する。

航空機の排ガスは車と同様、二酸化硫黄や窒素酸化物といった大気汚染物質を何種類も含んでいる。

汚染物質の中でも特に小さい「粒子状物質」が人体に悪影響を及ぼす主因だと言われている。微粒子が肺の奥深くに入り込み、血流まで到達する場合があるためだ」

「バレット氏らの試算では全世界で毎年8000人前後が、約1万メートルの巡航高度で航空機から排出される汚染物質によって命を落としている」

「国際連合の世界保健機関(WHO)によると、大気汚染による最も一般的な死因は、肺がんなど呼吸器や心臓血管の疾患だ」

「雲よりも高く飛ぶ巡航高度では、気流が汚染物質を遠くまで押し流し、偏西風に代表されるような卓越風に乗せてしまうことがある。

その結果、例えば汚染物質が飛行経路の1万キロほど東まで運ばれ、そこで地上に降り注ぐ事態になる」

「Environmental Science & Technology」誌の10月号で発表された今回の研究によると、大部分の原因はインド上空を通過する飛行機ではなく、ヨーロッパや北米の高高度で発生し、風に吹かれてアジアまで流されて来た排気ガスだという」

「同じく「Environmental Science & Technology」誌で発表された2007年の研究によると、例えば船舶からの排気ガスは年間6万人ほどの命を奪っているという。

さらに、国連環境計画によれば、大気汚染による死者を すべて合わせると毎年100万人前後に達する」

「MITのバレット氏は、「航空産業は急速に拡大しており、今すぐ手を打たなければ死亡率を抑制できない。巡航時の排気ガスが人体に及ぼす影響について、規制当局は しっかり考えるべきだ」と指摘する。

その上で、同氏は こうも提言している。「主な有害物質はジェット燃料に含まれる硫黄だ。しかし、1ガロン(3.8リットル)あたり5セント(約4円)ほど余分にコストを掛けるだけで、大部分の硫黄は取り除くことができる」などの記述があります。

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


墜落事故より怖い航空機の排気ガス (英語)
Toxic pollutants kill at least ten thousand annually, study says.

National Geographic 」サイトより (英語)


ボーイング787が革新的な12の理由(後編)
同記事に「787の機内に入って まず驚くのが機内のクリーンな空気だ。

その理由は、前述したように空気を常に入れかえて機内を乾燥させる必要がないので、エンジン臭などが入り込みにくいという点が挙げられる。

そして、従来機では2か所だった客室内の給気口を4か所にし、よりクリーンで快適な空調システムを持つようになったことも挙げられる」などの記述があります。

マイナビ ニュース 」サイトより


777X、ボーイングが機内インテリアを発表
同記事に「機内の客室内気圧は787型機と同等の6000フィートに設定し、客室内湿度も787型機と同等。最新の空気清浄テクノロジーを駆使して客室内の空気を清潔に保ちます」などの記述があります。

Flight Liner ( フライトライナー ) 」サイトより


衛星から見た15000機分のフライトマップ

ギズモード・ジャパン 」サイトより


Flight Stream 」サイト(英語)


【関連記事】


雷 分布の世界地図

宇宙放射線・地磁気



浮遊する黒色酸化鉄粒子が大気を加熱

マイナビ ニュース 」サイトより


【関連記事】


気候分布の世界地図



脳にもダメージの可能性!米学術誌が「PM2.5の影響」掲載

PM2.5にホルムアルデヒドが付着 日本の大学が確認

PM2.5、毒性が最も強い物質を確認=中国研究チーム

中国 - 室内にいても死亡...大気汚染で毎年100万人

北京の夏は,大気中のオゾン濃度に警戒・危険性はPM2.5に匹敵

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


大気汚染物質がアトピー性皮膚炎の症状を引き起こす

中国から死を招くPM2.5、黄砂に乗って上陸

マイナビ ニュース 」サイトより


【動画】地面から火が!中国で59年続く珍光景

50年 燃え続ける米の炭鉱火災
同記事に「米内務省の地表鉱山局(OSM)によると、14の州の200か所以上で地下や地表の石炭鉱山で火が くすぶっているという。

また、世界的にみても、インドや中国などの途上国を中心に石炭需要が急増しており、坑内火災は重大な地球環境問題、健康問題となり始めている。

南極大陸を除く すべての大陸で膨大な数の石炭鉱山火災が猛威を振るっており、付近の住民が危険に さらされている。

鉱山で火災が発生すると、ベンゼン、硫化水素、水銀、ヒ素といった有毒物質や、メタン、二酸化炭素が排出される」などの記述があります。

インドの火災、50年 燃え続ける炭鉱

パウダー川 盆地、50年 燃え続ける炭鉱

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


中国 殺人大気の正体は「放射性石炭」だった
同記事に「ウラン混合石炭」とは、数年前に内モンゴルなど北方地域で、火力発電所の周辺で異常に高い放射線が検出されたことに始まる。

線量は規制値の数百倍にもあたり、専門家が石炭から放射線が出ていることを突き止めた」

「ちなみに、放射性石炭の産地とされる内モンゴルからは、昨年1年間で約1・8億トンの石炭が産出された(中国全土では約37億トン=一般財団法人「石炭エネルギーセンター」調べ)。

「一部調査では、内モンゴル産放射性石炭のウランの含有量は、最大で1%程度。これまでに50万トン以上が石炭と一緒に消費され、大気中にバラまかれた計算です」

「恐ろしいのは、その元凶である可能性が高い放射性石炭が、季節風に乗って日本を"越境汚染"していることです。

毎年、黄砂の季節には福岡県など、中国に近い地域で放射線量が大きく上昇するのは、そのせいです」

「放射性黄砂が内部被曝(ひばく)の原因となり、免疫力の低下や心臓、肺、腎臓を傷つけて、がん化させるんです。

また、喘息やアトピー患者、それに、子どもや老人など社会的弱者たちが、ジワジワとダメージを受けている現実も見過ごせません」

「ちなみに、黄砂が含むPM2・5は、市販されている一般的な花粉用マスクや、医療用マスクでも効果はない。

もちろん、放射線に対しても無力である。

日本の不幸は、"風上"に人類が いまだ経験したことのない汚染大国を抱えてしまっていることか...」などの記述があります。

ライブドア ニュース (livedoorニュース) 」サイトより


石炭灰廃棄物に放射性汚染物質、米研究
同記事に「米国の主要石炭生産地域にある石炭灰に、高レベルの放射性汚染物質が含まれているとの研究報告が発表された。この未規制廃棄物の危険性に関する懸念を浮上させる結果だという」

現在は規制対象外の石炭灰は、石炭火力発電所の近くの溜め池や埋め立て地に蓄えられている」

「これらの溜め池からの漏出によって地下水が汚染される可能性がある。また、石炭にセレンやヒ素などの有害物質が含まれることは、専門家らの間で長年 知られている」

「論文共同執筆者の米デューク大学(Duke University)ニコラス環境スクール(Nicholas School of the Environment)のアブネル・ベンゴシュ(Avner Vengosh)教授(地球化学・水質学)は「今回の研究は、ラジウム同位体や鉛210などの放射性元素を今後の調査対象とするべきで、現在の監視活動に それらの放射性元素を含めるべきとする可能性を提起するものだ」と指摘した。

ラジウム同位体や鉛210は石炭内で自然発生するが、石炭を燃焼すると「ラジウム同位体は石炭灰残渣(ざんさ)中で濃縮され、鉛210は化学的に揮発性となり、飛灰(ひばい、フライアッシュ)の微粒子に付着する」と論文は説明している。

論文主執筆者で、ベンゴシュ教授の研究室の博士課程学生のナンシー・ラウアー(Nancy Lauer)氏によると、このようなフライアッシュ微粒子は「溜め池や埋め立て地に投棄される石炭灰廃棄物の大部分を構成している」

「ベンゴシュ教授は「石炭灰の溜め池や埋め立て地で漏出が起きている地域で、これらの汚染物質が環境に放出される量は どのくらいか、人間の健康に どのように影響している可能性があるかについては、不明だ」と話している」などの記述があります。

石炭火力の粉塵による死者、EUで年間2万3000人

「PM2.5」で心臓発作死も増加、英研究

中国で深刻な大気汚染、PM2.5がWHO基準の約50倍
同記事に「PM2.5は、心臓疾患や脳卒中、さらには肺気腫や がんなどの肺疾患などの一因とされている」などの記述があります。

欧州のPM2.5、基準値以下でも寿命縮まるリスク

欧州都市部、大気汚染関連で年間46万7000人が早死に

仏パリ、公共交通機関を3日間無料に 大気汚染の深刻化受け
同記事に「(2014年3月)13日 深夜のパリ中部全体の大気質指標(AQI)は、世界で最も大気汚染が深刻化している都市の1つである中国・北京(Beijing)と ほぼ同じだったという」などの記述があります。

仏パリ、大気汚染悪化でナンバー規制導入

【写真特集】かすむ花の都、仏パリの大気汚染 深刻

大気汚染対策で暖炉が使用禁止に、仏パリ首都圏

スモッグで霞むエッフェル塔、仏北部で大気汚染レベル上昇

パリ大気汚染、過去10年の冬季で最悪に

仏ノートルダム周辺の子どもと妊婦に血中鉛濃度 検査勧告

大気汚染で当局が警告、英国

仏パリの大気汚染で「死にかけた」、女性が国に賠償請求

宇宙からでも くっきり、イタリア北部の大気汚染

欧州全域で大気汚染が深刻化、寒さで暖房使用増え
同記事に「英国ではロンドン(London)のヒースロー空港(Heathrow Airport)で、2017年1月23日から2日連続でスモッグの影響により100便 前後が欠航となった。

英気象庁(Met Office)はイングランド(England)地方全土が「深刻」な状態にあるとして注意を呼び掛けた。

ハンガリーでは、当局が首都ブダペスト(Budapest)を含む約20都市で大気汚染警報を発令。ブダペスト市内では触媒コンバーターを搭載していない自動車の走行を、23~25日まで禁止する措置が取られた。

欧州で最悪レベルの環境にある首都とされるブルガリアのソフィア(Sofia)も大気汚染に見舞われたが、これまでのところ当局による規制などは行われていない」などの記述があります。

濃いスモッグ、大気汚染が非常に有害レベルに ブルガリア

大気汚染、米カリフォルニア州の複数都市で最悪レベル

人への排ガス実験、オランダで長年実施 国立研究所員が証言

サル排ガス実験の「壊滅的」な結果、VWが隠蔽か

動画:深刻な大気汚染のチリ

チリ首都で大気汚染悪化、16年ぶり環境緊急事態宣言へ

メキシコ市で大気汚染警報、14年ぶりの発令

メキシコ市、大気汚染悪化で「電動通勤」増

AFPBB News 」サイトより


大気汚染対策 進まず,中国で続く石炭火力発電所の建設ラッシュ

中国、PM2.5の濃度、冬の夜が最も深刻に

PM2.5の中で最も人体に害があるものは?

PM2.5で脳萎縮や認知症,脳中風=スモッグの健康被害
同記事に「石炭や自動車の排出ガスなどから大気中に放出される大量の粒子状物質(PM2.5)を原因とする大気汚染が長期にわたって継続すると、そこで生活している人の脳が萎縮したり、認知症や脳中風になったりする可能性があることが明らかになった」

「スモッグと認知症に関する研究報告書によると、大気汚染が深刻な地域で生活している人の大脳は総質量が小さく、脳中風の発病率が高いことが明らかになった。

また、大気汚染のレベルが さほど深刻でない地域であっても、長期間にわたって汚染された大気に さらされ続けた場合は大脳に悪影響が生じ、高齢者のみならず、相対的に健康な人も例外なく悪影響が生じることになると指摘されている」

「長期的に大気汚染にさらされた人の大脳構造を分析。その結果、大脳の質量が0.32%減少(大脳が1年老化するのに匹敵する量)し、PM2.5と関連性があることが明らかになった。

さらに、心臓血管の異常が発生する確率も46%高くなり、認知機能を低下させ、認知症を発症させることになるという」などの記述があります。

PM2.5に肥満促進効果と米国・カナダの研究で判明
同記事に「米オハイオ州立大学のQinghua Sun氏はマウスを使って大気汚染と肥満に関する実験を行った。

10週間が経過した後、汚染された空気の中で生活していたマウスの体脂肪が明らかに上昇した。

PM2.5がインシュリンの分泌機能を混乱させたり、環境ホルモンが食欲を更新させたりするなどして、新陳代謝の不全や糖尿病、肥満などの症状を引き起こす可能性があるという。

カナダ・オンタリオ州の公共健康調査員Hong Chen氏によると、大気1立方メートル当たりの汚染物質が10マイクログラム増えるごとに糖尿病の罹患率は11%増加する。

北京市では500マイクログラム以上もの深刻な大気汚染を計測することも しばしばあるだけに どれほどの影響が出ているのか計り知れない。

また、米コロンビア大学の研究によると、妊娠期に汚染が深刻な地域で暮らしていた場合、子どもの肥満率は通常の2.3倍に高まる」などの記述があります。

PM2.5からホルムアルデヒド初検出=発がん性,健康リスク高い

知られていない巨大汚染源,中国の船舶業界.その驚きの実態

汚染,喫煙,交通事故,肥満...中国で年間470万人も死亡

科学誌ネイチャー、PM2.5が妊婦に与える影響を掲載
同記事に「カーボンナノ粒子の胎児に対する影響を調べた。その結果、カーボンナノ粒子は胎盤を通過し胎児の体内に入り、胎盤の損傷を引き起こすことが明らかになった。

具体的には、プロゲステロンの分泌量が減少し、エストラジオールの分泌量が増加する。

また胎盤内の血管の数が減少し、血管の幅が狭くなることで、胎盤の胎児に対する栄養補給能力が低下する。

これにより胎児の心臓と脳組織に変化をもたらし、胎児の成長・発育の遅れ、さらには流産を引き起こすことがある」などの記述があります。

中国 - 調理で5分間炒めると,PM2.5は20倍に!発がんリスク急増
同記事に「中国人の習慣的な調理が、PM2.5の濃度上昇に一定の影響を与えている」

「実験では、ドアや窓を閉め換気扇を回さない状態で「蒸す・煮る・揚げる・炒める」の4つの調理方法を実施。

結果、「揚げる・炒める」で大量のPM2.5が発生した。中でも、「炒める」の調理では、5分間でPM2.5の数値が20倍以上に激増した」

「調理時に油の温度が高いとPM2.5や発がん性物質の発生量が増加する。

「揚げる・炒める」の調理では大量の発がん性物質が発生し、PM2.5に付着する。これが人体に入り込むと、肺がんや胃がんの発症リスクが増加するという」などの記述があります。

地球最大の汚染源・中国は地獄に似ている

中国の大気汚染物質、米西海岸にも飛来

大気汚染が これほど深刻なのに、なぜ花火や爆竹を使うのか?

中国の旧正月の風物詩「花火・爆竹」で,PM2.5の濃度が最悪に

春節の花火と爆竹、中国116都市で重度以上の大気汚染

室内でタバコ1本吸うだけでPM2.5が基準超過

中国発 大気汚染は すでに米西海岸に到達、世界的脅威に

大気汚染に都が技術支援申し出も7割が拒否すべき-アンケート

大気汚染源PM2.5、スギ花粉と結びつく危険
同記事に「埼玉大学の研究チームによると、PM2.5は春季のスギ花粉と結びつくことでPM1.0というさらに微小な物質に変化する可能性があり、より注意が必要になる危険がある」などの記述があります。

北京のPM2.5、国際基準値の約4倍の ヒ素濃度を検出
同記事に「北京市のPM2.5中のヒ素濃度は一貫して高いレベルで推移しており、他の国際都市を大きく上回っている。世界保健機関(WHO)は81年、ヒ素を発がん性物質 重金属に指定した」などの記述があります。

中国、桃源郷のモデル地で深刻な環境汚染

中国9大漢方薬ブランドをサンプル検査、70%超で農薬残留

海外で販売の中国産漢方薬材、97%に残留農薬

農水省、漢方薬原料の「中国依存」脱却へ

中国 PM2.5の正式名称統一へ準備中
同記事に「PM2.5は肺に入るほどに微小。さらにPM2.5は大気中の有害な重金属や酸性酸化物、有機汚染物質など化学物質や細菌、ウィルスを吸着することもあり、これを吸い込むと呼吸器系を はじめとした様々な疾患の原因になる。これらの主な発生源は自動車の排気ガス、工場から排出される汚染物質、そして春節中の花火・爆竹などであり、これらは大気中の粒子状物質濃度を上昇させ、濃霧の原因になる」などの記述があります。

中国の大気・土壌汚染=子どもの先天的障害や脳の発育に影響も

深刻な大気汚染、北京市上空の浮遊粒子状物質は4000トン

中国の生活改善、「食の安全」と「大気汚染の改善」が不可欠

毎年増加する がん患者数、中国が全世界の20%占める

中国は環境汚染で滅ぶ?「PM2.5」「がん村」の恐怖

中国の「がん村」、奇形魚と がん患者の激増

毎年90万人の障害児が誕生する中国、環境汚染が大きく影響
同記事に「世界保健機関(WHO)は、障害を持った新生児が高確率で生まれる国に中国を認定している。中国では このような新生児が毎年90万人も生まれる。実に恐ろしい数字だ。新生児が生まれながらにして障害を持つ原因として、遺伝と環境が大きくかかわっている」などの記述があります。

中国の肺がん死亡率は30年で465%上昇,がん患者が毎分6人増加

中国 約120万人が大気汚染が原因で寿命を縮める

中国 - がんによる死者数は年250万人=がん患者数、死亡率急増

中国の汚染物質が米国へ、大気汚染対策の効果を4割打ち消す

中国の汚染物質がカリフォルニアに到達!大気汚染 主因に
同記事に「中国から米国に渡 来する有害物質は水銀、オゾン、硫黄酸化物、すす、砂塵など。

これによって、海産物の汚染や呼吸器系疾患の増加、酸性雨問題などがもたらされた。

米環境保護庁は この現状について把握しているが、多くの国民には知られていない事実だ」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


数十年以上も燃え続ける坑内火災で大量の温室効果ガスが排出

フランス・パリで古い自動車を締め出す措置

史上最悪規模の犠牲者を出した公害「ロンドンスモッグ」とは?

料理の際に出る油が寒さをもたらす雲の形成を手助けしている

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


60年前のイギリスの霧の原因、現代の研究で ようやく明らかに

ギズモード・ジャパン 」サイトより


健康を脅かす大気汚染物質-多環芳香族炭化水素類の発生と動態

日本薬学会環境・衛生部会 」サイトより


受動喫煙がもたらす微小粒子状物質「PM2.5」の危険性

すぐ禁煙.jp 」サイトより


100μgの大気汚染で3年短命に:30年間の中国統計を分析

深刻化する水銀汚染、その大きな要因は「金の採掘」だった
同記事に「高濃度の水銀を摂取したり吸い込んだりすると、脳の損傷や腎機能障害につながる可能性がある。

とりわけ、妊娠中の女性は危険だ。

水銀は胎児の神経系発達を阻害し、子どもの記憶力や言語能力、運動能力に悪影響を与えうる」

「水銀の危険性は拡大していると見られている。

実際に2010年から15年にかけて、水銀の汚染レヴェルは20パーセント上昇している。

米国では毎年30万人の新生児が、危険な量の水銀を体内に含んだ状態で生まれている」

「研究者らの推定によれば、こうした金採掘を原因とする水銀汚染の量は、毎年最大1400トンにのぼるという。

これは水銀の年間総排出量の40パーセント近くにあたる」

「水銀は、金採掘労働者の健康を直接的に脅かしている。

アマルガムを蒸発させる際、彼らは その煙を吸い込んでしまうからだ。

しかし、被害はそれよりもはるかに広範囲にわたると指摘するのは、マサチューセッツ工科大学(MIT)の化学者ノエル・セリンだ。

水銀蒸気は大気に混ざって世界中を移動し、雨とともに各地の湖などに降り注ぐ。

そうした水銀は水中にいる微生物のはたらきで、おそらく水銀の最も危険な形態といえる「メチル水銀」に変化する。

その水銀を小魚が摂取し、小魚をさらに大きな魚が食べる。

その大きな魚を人間が食べると、水銀は人体に蓄積される。

こうして人体に入った水銀は、形態によっては腎臓や神経系の機能を破壊する」

「ひとたび水中や地下に到達した水銀は、簡単に気体状態に戻って別の場所へと移動する。

このサイクルは数十年から数世紀にわたって続くことがある」

「産業革命時代の石炭燃焼で放出された水銀は、現在も大気を循環しているのだ。

水銀を捕捉して蓄える技術は存在するが、水銀は元素なので分解することはできない。

「人間の活動により岩石に閉じ込められていた水銀が解放され、環境中を循環しているのです」などの記述があります。

マグロ中の水銀濃度、アジアの海では減少せず
同記事に「米国の研究者が2004〜12年の間に捕獲されたマグロに含まれる水銀濃度を調べたところ、火力発電などに使われる石炭利用量が北米で減っていることから、大西洋では水銀濃度は減少傾向にあることがわかった。

一方、アジア地域の水銀汚染は いまでも拡大している」

「石炭の燃焼によって大気中に排出された水銀は、海水にも降り注ぐ。水銀は魚介類の体内に入り込んで蓄積される。

体の大きいマグロは食物連鎖の頂点に立っているため、大量の水銀が体内に蓄積されてしまう。

米国では、魚介類から人が取り込む水銀のおよそ40パーセントはマグロが原因となっている。ツナ缶としてのマグロの消費量が多いためだ。

ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校のチェンシュアン・リーらは、2004〜12年の間に捕獲されたタイセイヨウ クロマグロの組織標本を調査して、水銀濃度の変化を確認する研究を行った。

『Environmental Science & Technology』に掲載された論文によると、研究チームは、およそ1300頭のマグロの標本を分析した。

年齢は9〜14歳で、捕獲されたときに全長と体重が測定され、検査が行われた。

これらのマグロは、メイン湾や、カナダ南東部にあるセントローレンス湾の海域で活動する商用船によって捕獲されたものだが、はるかに広い海域を回遊している。

年齢が高く体の大きい魚ほど多くの水銀が体内に蓄積されるため、研究チームは それぞれの検査年で、年齢の同じ魚同士を比較した」

「その結果、食物連鎖の頂点に立つマグロの体内に どれほど多くの水銀が蓄積されるのかが明らかになった。

調査した組織標本に含まれていた水銀の濃度は、海水に含まれる水銀の1億倍もあったのだ。

ただし、水銀濃度は減少していることもわかった。2004〜12年までの間に、およそ19パーセント減少していた。

研究で明らかになった この傾向は、北米地域で放出される水銀の量と、大西洋に蓄積される水銀の量が減少している事実と よく符号している。

北米では、規制による石炭利用の減少により、大西洋を漂う水銀の量は減少しているのだ。

ただし、アジア地域の水銀汚染は いまでも拡大中だ。

また米国政府は かなり前から、妊婦に対してマグロの摂取量に注意するようガイドラインで呼びかけている」などの記述があります。

「大気汚染を なくすセメント」、イタリアで発売

巨大ハリケーンが、「環境問題」という災害の連鎖を引き起こす
同記事に「米国における石炭の使用量は減少している。

だが、つい最近の2011年まで、毎年1億3000万トンの石炭燃焼残留物(CCR)が排出されていた。

そこでまた皮肉な事態が生じた。

大気環境を管理する技術が進歩したおかげで、煙突から外に抜けていく前のフライアッシュ(燃やした石炭から生じる飛灰)をより多く捕集できるようになり、CCRの量が増えてしまったのだ。

石炭灰は乾いているとあらゆる場所に飛散し、吸入されると有毒になりうる」

「石炭に含まれる炭素は酸化すると、宝石に含まれていてほしくない数々の金属、すなわち鉛、水銀、セレン、ヒ素、カドミウム、クロムなど多くの有毒物質に変わる」

「石炭灰の ため池のそばにある湖や小川で生息する魚類や両生類に、生殖機能の不全や臓器障害が生じ、ある種の生理的ストレスの発生を示す代謝物の代謝率が高くなっていたのだ。

動物が金属を摂取し、その金属が動物の体内に蓄積したためだった。

特に憂慮すべき結果は、脊柱が曲がったり、口腔奇形が生じたりしているオタマジャクシを研究者が発見したことだ。

数本ではなく、すべての歯がないオタマジャクシがいたのである。

< 被害が出るまで規制されず >

噴飯ものな事実といえば、米国内に1000か所以上ある石炭灰のため池のうち、何らかの規制を受けているところは1か所もなかったことだ。

そのせいで、2008年にはあるため池が決壊し、テネシー州東部全体に10億ガロン(約37億8541万リットル)の石炭灰が流出した。

メイバーグが当時を思い出して語ったところによると、ため池の所有者が負担すべき補修費用としてテネシー川流域開発公社が概算した金額は、5000万ドル(約57億1720万円)だった。

ところが、川底から石炭灰の泥を かき出すために実際にかかった金額は、10億ドル(約1,143億4,750万円)に上ったという。

14年になると、再び石炭灰が流出した。

ノースカロライナ州でデューク・エナジーの石炭灰のため池の地下に敷設されていた雨水排水管2本が破裂し、石炭灰39000トンと汚泥2700万ガロン(約1億221万リットル)がダン川に流出した」

「LVサットン発電所で貯留しているセノスフェアが、「ケープ・フィアー川に流れ込んでいます」とシーハンは言う。

セノスフェアとは石炭灰と同様に、石炭を燃焼する際に生じる副産物である。

シリカとアルミナを成分とする中空、球形の微粒子で、コンクリートなど複合材料にリサイクルされる場合もある」

「有毒な重金属は水底に沈んでもなお、危険をもたらす可能性がある。

デューク大学で水質と地球化学を研究するアヴナー・ヴェンゴッシュは「川の水が透明になっても、汚染物質の痕跡は目に見えてわかるわけではありません」と話す。

「水底に埋まった石炭灰はゆっくりと、しかし確実に周囲の環境に汚染物質を放出します」

汚染物質を放出する源は「間隙水」だ。

この水は川底の堆積物のうち、上から5インチ(約12.7cm)分ほどの層を占める石炭灰の粒子の間に満ちている。

その層には酸素がなく、石炭灰の汚泥は電子を失う酸化反応とは反対の電子を得る反応、すなわち化学者が言うところの還元反応を起こす。

その際、重金属は非常に特異な反応を示し、水底のあらゆる生物の体内に、より吸収されやすい状態となる。

「重金属は電子を得て還元されると堆積物に吸収されやすくなり、電子を失って酸化されると水に溶けやすくなります」とヴェンゴッシュは説明する。

そこで、石炭灰の汚泥を除去しなければならないのだが、除去作業そのものが危険である。

08年のテネシー州における石炭灰流出の際、汚泥の除去に携わった人々のうち少なくとも30人が死亡し、報道によれば200人以上が病気になり、いまも裁判が続いている」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより


混ざらないはずの金属を混ぜる
同記事に「バルクではパラジウムと白金は絶対混ざりません。

でも、あるとき、極小のナノ粒子の状態で実験をしていて、なぜかパラジウムと白金が混ざったんです。

その現象を見て、もしかして「ナノ粒子にすると混ざらないものが混ざるのではないか」と考えました」

「さらに元素の原子番号の近いものは性質が近いので、例えば連続するABCの3つの元素であれば、AとCを混ぜればBができるかもしれないと考えました」

「ルテニウム(原子番号44)とパラジウム(同46)からロジウム(同45)の性質を持った『人工ロジウム』をつくりました。

しかも、ロジウムは、自動車の排気ガスに含まれる有毒ガスをきれいにする触媒として使われるんですが、触媒の機能としては『人工ロジウム』の方が上なんです。価格的にも約10分の1になります」などの記述があります。

アットホーム『こだわりアカデミー』 」サイトより


【関連記事】


平均寿命の世界地図

世界の健康寿命

食糧自給率の世界地図

黄砂汚染の地図
( 黄砂に含まれる有害汚染物質、放射性物質など )

気候分布の世界地図

台風の世界地図



中国人の血液中の重金属含有量が高いのは なぜか?
同記事に「米ニューヨークで行われた健康調査の結果、中国大陸からの移民は他のアジア諸国からの移民に比べて体内に高い濃度の重金属を含有していると伝えた。

「ニューヨーク健康と栄養測定調査」によると、中国大陸からの移民の血液中に含まれる鉛、カドミウム、水銀などの重金属の含有量は、他のアジア諸国からの移民よりも高く、なかでも鉛の含有量は44%も高いことが明らかになった。

この結果について、同調査報告は中国人の飲食習慣に原因があると指摘。カドミウムや鉛は人体に数十年間も残留するため、これらの重金属は中国大陸で摂取されたと考えられる」などの記述があります。

米国の中国本土移民、血中の重金属濃度はアジア移民でトップ

中国 - 釉色陶食器、色鮮やかなものほど重金属リスク大

朝鮮半島、市販の陶磁器から鉛を検出=海外80か国以上で販売

レコード チャイナ 」サイトより


【関連記事】


血液型分布の世界地図



北京市 - 肺がん発病者数が年10%ペースで増加

レコード チャイナ 」サイトより


受動喫煙がもたらす微小粒子状物質「PM2.5」の危険性

すぐ禁煙.jp 」サイトより


PM2・5 たばこの煙にも 高濃度で がん、脳卒中リスク -1

PM2・5 たばこの煙にも 高濃度で がん、脳卒中リスク -2

産経ニュース 」サイトより


【関連記事】


ラドンの世界地図
( タバコの煙に含まれるPM2.5と放射性物質 )



PM2.5より恐ろしい 地震危険地域に建設される中国の原発 1
同記事に「原発の立地する渤海湾には中国でも最も地震を引き起こしやすいとされる2つの地震帯があり、その地震帯の ほぼ真上に建設中である」

「中国工程院は2050年時点で原発の総出力4億キロワットと想定している。

出力100万キロワットの原発400基分で、単純計算すれば これから40年足らずで原発を25倍に増やすことになる。

ところが紅沿河原発をはじめ 中国の原発について情報開示は ほとんど行われておらず、震災・津波対策の実態も定かでない」などの記述があります。

ZAKZAK 」サイトより



抗生物質アジスロマイシンが死亡リスク高める可能性

AFPBB News 」サイトより


深刻な越境汚染
越境汚染とは汚染物質が国境を越えて発生源から遠く離れた地域を汚染することを言います。

愛媛大沿岸環境科学研究センターの田辺信介教授の研究室と住化分析センターの共同調査により、トキサフェンという国内で製造・輸入実績のない有機塩素系農薬が日本人の母乳に含まれているとの調査結果が公表されました。

このほか、大気中から水銀や砒素が観測されるなど、越境汚染の深刻化による母親を含めた日本人全体の健康への影響や新生児への影響が懸念されます。


【越境汚染・関連情報サイト】


大気汚染と発がん 危険な中国からの越境汚染

がんサポート 」サイトより


中国から発がん性物質飛来 輪島で濃度10倍超に

薬学類・創薬科学類,大学院自然科学研究科薬学系(金沢大学) 」サイトより


「子宮内環境は今...」環境ホルモンと妊婦,胎児の関係

妊娠・出産・育児 babycom(ベビーコム) 」サイトより


アジア大陸からの越境大気汚染を捉える
同記事に「大気汚染物質の一つである鉛は種々の燃焼過程、あるいは有鉛ガソリンを使用する自動車のマフラーから排出される」などの記述があります。

光化学オキシダント増加の謎

越境大気汚染の日本への影響

越境大気汚染に関する研究動向

国立環境研究所 」サイトより


九州北部で観測 微小粒子状物質(PM2.5)の高濃度イベント

AIST: 産業技術総合研究所 」サイトより


Beijing's Air of Anti-Smog Measures (英語)
( 北京の大気汚染:「軽微な汚染」とされる日の写真 )

Pic: Beijing's Air After 4 Days of Anti-Smog Measures (英語)

Wired.com 」サイトより (英語)


POPsとは(Persistent Organic Pollutants:残留性有機汚染物質)

難分解性、高蓄積性、長距離移動性、生態系や人体に有害性のある物質のこと。


POPs

「平成18年度POPsモニタリング調査結果」について

環境省 」サイトより


Japan POPs Network 」サイト


POPs汚染でタバコの害が数倍に!
同記事に「16種類のPCBと3種類のOC農薬を合わせたPOPsの血清中濃度について、参加者全体を低濃度、中濃度、高濃度と3分の1ずつの人数に分けたとき、高濃度グループでは、非喫煙者に比べて、喫煙者では3.7倍、元喫煙者では6.4倍もの死亡リスクを認めました」などの記述があります。

ハフポスト 」サイトより


【関連記事】


ラドンの世界地図

血液型分布の世界地図


最善・最良の大気汚染物質対策とは
汚染物質対策としてのデトックスやマスク、有機無農薬食品の摂取などの限界点...

有機・無農薬食品や無添加食品など極力、有害な汚染物質を摂取しないように注意することや、いったん体内に入ってしまった有害な汚染物質をデトックス(排毒)で排出することも可能ですが、排毒する量よりも体内に入る有害な汚染物質のほうが圧倒的に多いためにデトックス(排毒)では限界があるようです。

また、有害な汚染物質の ほとんどは空気から体内に侵入することを考えれば、有機・無農薬食品や無添加食品など、食品や飲み物だけの対策では限界があることがわかります。

最善・最良の大気汚染物質対策とは、空気のきれいな所に暮らすことにより、非核三原則と同じように、有害な汚染物質は体内に「持ち込ませず」というのが健康に生活するための基本であるという専門家の意見もあります。

大気汚染の世界地図により、日本国内に空気のきれいな所は もはや存在しないことが明白になった現在、最善・最良の大気汚染対策とは、必然的に海外移住を意味します。


【関連情報サイト】


中国の高齢者、2025年に3億人突破=急がれる高齢化対策

高齢化のピークを迎える中国、20年後に雪崩式の年金赤字が発生

中国の高齢者、すでに日本の人口を上回る

2030年,中国労働者10億人割る,現在 生産性は先進国の半分以下

中国の高齢化ピークは2055年、65歳以上が4億人に
同記事に「このほど発表された「2016年 中国高齢者金融発展報告」によると、中国の高齢化は「高齢化スピードが速い」、「農村部の高齢者が多い」、「女性の高齢者が多い」という3つの特徴がある。

中国の高齢化は2055年にピークに達すると予想され、高齢者人口は4億人に上る見通し」

「中国は計画出産政策の主導によって、新生児出生率が低下し、高齢者人口の割合が上昇した。

中国の高齢化が他国と最も違うのは、「富むよりも先に老いる」点だ。

経済が それに見合う程度に発展しないうちに、中国は高齢化段階に突入した」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


中国、70年ぶりに人口減少 「人口動態上の危機」 専門家

中国の年齢別人口の不均衡、労働人口 数十年ぶりの減少

中国1300万人の無戸籍児、一人っ子政策の「負の遺産」- 1

中国1300万人の無戸籍児、一人っ子政策の「負の遺産」- 2

AFPBB News 」サイトより



専門家によれば、「1人っ子政策を緩和するよりも、世界で成功している華僑、華人を中国のために華僑、華人を本国に還流させる「真の愛国政策」を導入することが、中国の財政、年金問題の改善に即効性があり、海外で成功している華僑、華人が暮らしやすい環境を中国の国内に整備することで、環境問題の改善にもつながる」という専門家の指摘には、非常に強い説得力があります。


【関連記事】


移民政策

移住の方法
( 海外移住するための方法が満載 )

日本人街・経済特区


大気汚染と健康への悪影響
微小粒子状物質(PM2.5)の健康影響評価に関する検討結果

EICネット 」サイトより
( 財団法人 環境情報普及センターが運営 )


大気汚染は心臓疾患による死亡率を高める 研究報告

大気汚染で精子に異常、マウスで実証

ガソリンの臭いで攻撃性アップ:ラットで確認

WIRED.jp 」サイトより


車の排気ガスは花粉アレルギーを増加させる?

エコノミークラス症候群の原因は空気の汚れ?

スラド 」サイトより


【関連記事】


交通事情の世界地図



中国の船舶,汚染物質の排出は1隻でトラック50万台分

レコード チャイナ 」サイトより


【関連記事】


海洋汚染の世界地図



中国の尋常ではないセメント使用量
同記事に「中国は過去3年間で、アメリカが20世紀全体を通して使った量よりも多いセメントを使っている。アメリカ、100年間で45億トン。中国、3年間で66億トン」

「アメリカが1901~2000年の間に完成させたコンクリート製の建築物には、いくつか挙げるだけでも、各都市を結ぶ州間幹線道路網、ゴールデン ゲート ブリッジ、フーバー ダム、そして現在ある ほとんどの超高層ビルがある。中国は これら すべてに加えて、さらに その約半分を上乗せした量に相当するセメントを、わずか3年で消費した」などの記述があります。

ハフポスト 」サイトより


34億人分の新築マンションを建設!暴走する中国の都市開発

ゴーストタウン、空港、工場...中国で量産される無用の長物

中国高速鉄道沿線の新興都市、ゴーストタウン化70か所

中国が2万か所の航空機飛行基地を建設へ

インドの大気汚染、中国より深刻=「中国と運命共同体」

大気汚染による早死、中国とインドで被害深刻
同記事に「大気汚染は世界的に水不足や衛生状況の悪化を上回る速さで深刻化。空気中の有害物質が原因で亡くなる人は、50年まで全世界で年間360万人に達し、特に中国とインドが最も大きな被害を受けると予測した」との記述があります。

世界で最も空気の悪い都市ワースト,インドが最多の10都市

レコード チャイナ 」サイトより


巨大,異様,空虚。中国,2.5億人が住む予定の高層マンション群

WIRED.jp 」サイトより


中国重工業の過剰生産、世界経済に打撃 EUCC報告
同記事に「中国のセメント生産は わずか2年の間に、米国が20世紀全体で生産した量に並んだ」などの記述があります。

12年の世界がん発症率、5年前比11%増 WHO発表
同記事に「2012年に新たに がんを患った人の約57%、また、がんで死亡した人の約65%が発展途上国の居住者だった。この傾向は今後も強まっていくと みられている」などの記述があります。

黒煙上げるマニラのミニバス「ジープニー」、段階的廃止へ

「まるでガス室」インド・デリー首都圏の大気汚染

印首都、大気汚染が人体に危険なレベルに 祭りの花火で悪化
同記事に「ヒンズー教の光の祝祭「ディワリ(Diwali)」で、最高裁判所が使用を制限したにもかかわらず大量の花火が使用され、悪化を招いた」

「大気汚染レベルを独自に計測している在印米大使館は、大気汚染指数が595に達したと発表。

この指数が100を超えると極めて有害で、健康な人にとっても危険なレベルとみなされる」などの記述があります。

インド首都、大気汚染で小学校1800校が休校
同記事に「ニューデリー南部のある地区では、大気中の汚染物質の測定値が初めて、世界保健機関(WHO)の推奨値の10倍となる1000マイクログラムを突破した」

「大気環境は、ディーゼルエンジンや石炭火力発電所、産業排出物などが大気汚染をもたらす急激な都市化の結果、年々、着実に悪化している。

他にも同市の大気汚染の原因として、大気粉じん、郊外の農場での刈り株の焼却、都市貧困層が冬に暖を取ったり料理をしたりするときの焚き火などが挙げられている」などの記述があります。

インドの大気汚染による死者数、中国に急迫 2015年報告書

印ニューデリー,厚いスモッグで全学校休校 公衆衛生緊急事態

インド大気汚染、マスク着用でクリケット国際試合 嘔吐する選手も

インド,太陽光発電に影落とす大気汚染 スモッグなどで25%減少

インド、ナンバープレートで走行規制、大気汚染の影響で

大気汚染深刻化のインド首都、車両規制を断念 例外認められず

環境汚染によるインドの損失、年間8兆円

環境悪化に懸念が高まるインド
同記事に「インドでは いずれの都市でも公害問題の増加など、高度経済成長が環境に及ぼす悪影響への懸念が高まっている」などの記述があります。

【図解】世界の深刻な産業汚染地域

大気汚染による死者、2012年は700万人 WHO

失明や車椅子生活が「運命」、汚染されたインドの村 - 1

失明や車椅子生活が「運命」、汚染されたインドの村 - 2

失明や車椅子生活が「運命」、汚染されたインドの村 - 3

AFPBB News 」サイトより


インドの深刻な大気汚染
インド:バンガロールの大気汚染、世界最悪の水準

NNA.ASIA 」サイトより


インドの大気汚染は世界随一、都市部の半分の子供が肺を患う

中国の大気汚染よりもインドのほうが深刻度を増している

ムンバイのゴミが燃えている大規模な煙が宇宙からも観測される

ギズモード・ジャパン 」サイトより


最も汚染された街、デリーの衝撃。大気に微粒子が舞い、ごみがあふれ、川は汚れ...

インドで最悪級の大気汚染、PM2.5基準の16倍

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


桁外れに有害なインドの大気汚染

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


黄砂に核実験由来の放射性物質
黄砂汚染の地図
( 黄砂に含まれる有害汚染物質・核実験に由来する放射性物質に関する話題 )



空気力学トラックは環境と命を救う、欧州委が提言

排ガス削減で「数百万人の命 救える」、米研究

AFPBB News 」サイトより


空気を動力にして走る自動車「Airpod」

自転車専用の道路「SkyCycle」がロンドンで構想される
同記事に「交通渋滞を緩和させ、より豊かな生活を実現するSkyCycleが実現すれば、ロンドンは間違いなく世界トップレベルの自転車大国になり、世界中の多くの都市に大きな影響を与えそうです」などの記述があります。

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


空気で走るバイク 2分で満タン 時速140km 走行距離100km

都市における商品輸送の51%は自転車で行うことができる

ロンドン自転車用高速道路「SkyCycle」計画

WIRED.jp 」サイトより


自転車に乗ってオレンジ色の道を走ろう

roomie (ルーミー) 」サイトより


大規模な森林火災などの ばい煙 (ヘイズ:haze)


旅行などで海外の都市に訪れると、工場の排煙、車やバイクの排気ガス、黄砂や大規模な森林火災などの ばい煙 (ヘイズ:haze) などに驚くことがあります。

短期間の滞在では問題が無くても、ヘイズなど大気汚染の ひどい国に長期間滞在した場合、喘息などの呼吸器系や循環器系をはじめとした疾患の発症や悪化など健康への悪影響を懸念する専門家の意見があります。

※ シンガポールにおけるインドネシアの泥炭・森林火災が原因のヘイズ(煙霧)による大気汚染指数(PSI)は、2013年6月21日11時に、1997年に記録された過去最悪の数値(226)を大幅に上回る400を超え、最悪記録を更新。

★ マレーシア、インドネシア、シンガポールなどではヘイズの季節の大気汚染が深刻です。

ヘイズに有効なマスクは高価なうえに、「高温多湿の環境での使用は暑くて長時間 使えない」というのは現地在住者の意見。

実際に現地に行ってみて ヘイズの あまりの酷さに愕然とするも、時 既に遅し、移住してから後悔ということも....。

後悔や失敗のない海外移住には事前の情報収集が非常に重要です。



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ綿密な情報、厳選リンクも満載


【ヘイズ・関連情報サイト】


1997 Southeast Asian haze (英語)
同記事内の地図をみると南半球のインドネシアを中心に、マレーシア、シンガポールなどの周辺国の大気汚染の状況が一目瞭然。

Wikipedia 」サイトより (英語)


ヘイズ (Haze)
PSI大気汚染指数の数値と健康への影響の関係を示した図表も。

ジャパン グリーン クリニック 」サイトより


シンガポールの大気汚染:リアルタイム ビジュアル マップ

アジアの大気汚染:リアルタイム ビジュアル マップ

日本の大気汚染:リアルタイム ビジュアル マップ

Beijing Air Pollution: Real-time PM2.5 Air Quality Index 」サイトより (英語)


2015年の東南アジア煙霧、10万人が早死にか 米大学研究
同記事に「2015年に焼き畑を原因とするインドネシアの山火事から生じた煙霧が東南アジアに広がり深刻な被害をもたらした問題で、この煙霧が10万人を超える人々の早死につながった可能性を指摘する研究結果が2016年9月19日、発表された。

英学術誌「エンバイロメンタル・リサーチ・レターズ(Environmental Research Letters)」に掲載予定の米ハーバード大(Harvard University)、コロンビア大(Columbia University)などのチームによる研究は、2015年の煙霧によってインドネシアおよび隣国マレーシア、シンガポールの3か国で、計10万300人が早死に至ったと推計している。

内訳はインドネシアが9万1600人、マレーシアが6500人、シンガポールが2200人」

「何も変わらないならば、この殺人煙霧によって これからも毎年多数の死者が出るだろう。人命の損失を阻止する迅速な行動を怠ることは犯罪行為だ」と警告した。

だがインドネシア環境省は沈黙を守ったままだ。

インドネシアではヤシ油やパルプ材のプランテーション用の土地を素早く安価に開墾する方法として森林や、炭素を多く含む泥炭地などに火を放つ。

これによって生じる煙霧が毎年問題となっている。

煙霧が生じるのは主にスマトラ(Sumatra)島とカリマンタン(Kalimantan)島(ボルネオ、Borneo島)で、これが季節風(モンスーン)によってシンガポールやマレーシアに広がる。

史上最悪といわれた昨年の煙霧は数週間にわたって東南アジア一帯の広い地域を覆い、多数の人々が呼吸器疾患などの症状を訴え、煙霧被害国とインドネシアとの間に外交的緊張も高まった」などの記述があります。

インドネシアの煙霧被害、死者19人に増加
同記事に「ここ2か月近くの間、焼き畑によって引き起こされた山火事が、カリマンタン島やスマトラ(Sumatra)島など数千か所で発生し、東南アジアの広い範囲が煙霧に覆われる事態となった。

また、学校では休校措置が取られた他、航空便が欠航し、複数の国際イベントが中止となるなどの影響が出ている」

「一連の山火事が発生して以来、同国では推定50万人が呼吸器系の異常を起こしたとみられる。

一連の山火事は、素早く安価に土地を開墾しようとした農民が故意に火を着けたことが原因とされている」などの記述があります。

シンガポールの煙害、指数400突破 高齢者らに「命の危険」

【図解】シンガポールの煙害

シンガポール、野焼きの煙害で全校休校に インドネシアを非難
同記事に「シンガポールでは2015年9月25日、隣国インドネシアのスマトラ(Sumatra)島の野焼きによる煙害で大気汚染指数が「危険」な水準に達し、緊急対策として全ての学校が休校となったほか、市民にマスクが配布された。政府はインドネシアの対応を批判している。

シンガポールは ほぼ毎年、スマトラ島で野焼きが行われる季節に煙害に悩まされているが、今年は約3週間にわたって街が茶色い煙に覆われ、2013年以来最悪の被害が出ている。

25日に休校となったのは小学校と中等学校(中学・高校)、国営幼稚園の全てで、日刊紙ストレーツ・タイムズ(The Straits Times)は これまでにない規模だと伝えた。

大気汚染指数は「危険」とされる数値300を超えた状態が続いている」

「インドネシアのユスフ・カラ(Jusuf Kalla)副大統領は最近、今年3月に自らが口にした「11か月間も素晴らしい空気を満喫しておきながら、彼らは一度も我が国に感謝したことはない」との発言を繰り返し、1年の大半は きれいな空気の恩恵を得ていることに周辺国は感謝するべきだと述べて物議を醸している」などの記述があります。

インドネシアの山火事、煙がマレーシア各地を覆う
同記事に「マレーシアでは毎年、5~9月にかけてのモンスーンの季節に、風に乗ってマラッカ海峡(Malacca Strait)を越えてマレーシアに到来する煙霧が問題となる」などの記述があります。

伝統の焼畑農法と山火事、はざまで苦しむスマトラ

AFPBB News 」サイトより


山火事の煙害が広域化、発がん性物質を含む煙が各地を覆う - 1
同記事に「インドネシアや米国カリフォルニア州で大規模な山火事が続いている。呼吸困難を引き起こす粒子や有毒な化学物質を含む煙が山や海を越えて広がり、問題となっている」

「山火事が人体に深刻な脅威をもたらすと わかっていた。特に、喘息や心臓病を抱えた人々にとっては致命的にも なり得る」

「山火事の煙に含まれる物質は、人々の健康に甚大な影響をもたらします」

「東南アジアの広い範囲が濃い煙で覆われている。

原因はインドネシアの泥炭火災で、終息に数か月は かかるとみられる」

「NASAによると、泥炭が燃えると「他の炎よりも はるかに多くの煙と空気汚染」を まき散らすという。

NASAはインドネシアの山火事について、今後さらに悪化し、より広範囲に及ぶだろうと警鐘を鳴らす」などの記述があります。

山火事の煙害が広域化、発がん性物質を含む煙が各地を覆う - 2
同記事に「煙の最も恐ろしい点は、空気に乗った非常に細かい粒子が、体の防御システムを通り抜けて呼吸器系の最も奥深くにある肺胞まで届いてしまうことにある。

こうした粒子が血中に入り込むと、血液に粘りが生じる。また、煙には心臓に長期にわたってダメージを与える一酸化炭素や、発がん性があることで知られるベンゼン、ホルムアルデヒドなどの化学物質も含まれている。

南カリフォルニア大学の研究者で呼吸器科医のジョナサン・サメット氏は、「大気汚染物質、特に粒子には たいてい発がん性があります」と話す。「植生が燃える山火事の場合でも、それは変わりません」などの記述があります。

インドネシアの野焼きの環境被害を算出
同記事に「2015年、火災により立ち上った煙が赤道沿いに地球を約半周し、東アフリカから太平洋の日付変更線までを2か月にわたって覆った。

押し寄せた煙の発生源はインドネシア。この年、同国は少なくとも過去15年で最悪の火災に見舞われた。

この煙害に関する新たな研究結果が、このほど科学誌「米国科学アカデミー紀要」に掲載された。

それによると、NASAの衛星から確認された この煙の帯は、気候や健康に広く及ぼす現象だという」

「インドネシアでは、乾期の野焼きが広く行われている。農業や木材の伐採で出る廃棄物を処理するのに、最も安価かつ効率的な方法だからだ」

「泥炭層には大量の炭素が貯蔵されているため、燃えると排出される二酸化炭素も膨大になる。

フィールド氏らは、2015年の火災で大気中に排出された二酸化炭素をおよそ15億トンと推定」

「火災の影響は炭素の排出にとどまらない。大気汚染によりインドネシアの内外で健康被害をもたらしている。

インドネシアでは何百万という人々が有害なレベルの大気にさらされているほか、煙は さらに風に乗り、隣国のシンガポールやマレーシアにも届いた」

「土地利用の研究者ミリアム・マーリア氏によると、泥炭火災によって微小な粒子状物質が空気中に放出されるという。

この粒子状物質が人の肺に入り込むと、深刻な健康被害が起こり得る」などの記述があります。

アフリカの小国ガボンで探る新しいパーム油生産

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


インドネシア「森林火災の深刻さ」を示す衛星写真
同記事に「この地域の泥炭層が乾燥しているうえ、木々を伐採し、本来は湿度の高い土地から水分を失わせているヤシ油農園によって、問題は さらに悪化している。

2015年の森林火災によって排出された二酸化炭素やメタン、窒素酸化物などの量は15億トンを超えている」などの記述があります。

カリフォルニアの大火災、汚染された灰という二次災害
同記事に「灰の一部には、発がん性のある多環芳香族炭化水素(PAH)やダイオキシンなどの燃焼副産物が存在する恐れがある。

何十年も焼けていない、森林に覆われた古くからの土地では、大気汚染によって植物の表面が銅や鉛、アルミニウム、ヒ素、さらには水銀などの重金属に覆われているかもしれない。

植物が燃えると、これらの金属は あとに残るか、水路に流れ込む。

2009年にロサンゼルス北東部で起きたステーション火災では、近くの河川で鉄やマンガン、水銀の数値が上昇した。そして、その直後の嵐によって、銅や鉛、ニッケル、セレンの数値も上昇した」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより



シベリアの山火事、2016年は、夏の間ずっと燃えたままだった

Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン) 」サイトより


アブラヤシと環境破壊
東南アジアの熱帯林の炭素収支と森林伐採の影響を評価

国立環境研究所 」サイトより


世界的なアブラヤシ消費の拡大とボルネオの森林の消失

BBEC 」サイトより



森林火災の拡大の予測で被害を大幅削減

Mugendai(無限大) 」サイトより


インドネシアの水銀汚染


インドネシア水銀汚染調査
同記事に「精錬所の周辺では多くの住民が生活し、学校があるにもかかわらず、1000ng/m3を超える濃度のガス状水銀が観測されます(非汚染地域では2-3 ng/m3)」などの記述があります。

水銀

富山県立大学 」サイトより


輸入品に潜む野生絶滅リスク、数値化し地図に

「インドネシア」現代のゴールド ラッシュの影に水銀の脅威
同記事に「インドネシア・カリマンタン島(ボルネオ島、Borneo)のケレンパンギ地区は今、違法な金採掘労働者であふれる現代のゴールド ラッシュの最前線になっている。

露天の採掘場では数千人の男たちが毎日、高圧ホースで大量の砂利に水を吹き付けて光る金を探している。

インドネシア各地に数多く存在する このような違法採掘場は環境を破壊するだけでなく、金精錬を目的に違法に使用されている水銀で労働者や地域住民の健康を危険にさらしている。

水銀は深刻な神経障害を もたらす恐れがあり、長年精錬に従事している労働者の間では震えや咳が止まらないなどの症状が出ている。

こうした状況を"健康の時限爆弾だ"と指摘するのは、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学のマルセロ・ベイガ教授だ。

小規模金鉱における水銀使用の実態に詳しい同教授は"数千人単位で死者が出るだろう"と警告する」

「国連は、いわゆる小規模の職人的な金採掘労働者が世界70か国に最大1500万人いると推定している。インドネシアでは2006年の推定5万人から現在は約50万人に急増したとみられる」

「国連によれば、水銀を使用する金精錬が広く行われているため、鉱業は環境への人為的な水銀放出源としては最大のものとなっている。水銀を使用する金精錬の拡大が顕著なのがインドネシアだ」

「合金を加熱して水銀を蒸発させ金を抽出する際に神経毒が発生し、神経や臓器に取り返しのつかない深刻な損傷を及ぼす恐れがある。

インドネシア中部、ロンボク島の金鉱で働くある労働者は匿名を条件に、"(健康被害への)不安は当然あるが、食べていける収入を得られない方が不安だ"と語った」

「採掘現場の周辺地域は さらに大きな脅威にさらされている。水銀が食物連鎖に入り込むためだ。

特に河川に流入した場合、バクテリアの働きで、通常の水銀より毒性が強いメチル水銀が生成される。

食物連鎖によってメチル水銀が蓄積した魚介類を人間が食べれば、重大な神経障害や出生異常の原因になる」

「金鉱の下流の住民が魚を食べる地域では、長期間のうちに水銀中毒のリスクが高まっている。

金採掘労働者より周辺地域の一般住民の方が深刻な打撃を受ける恐れが大きい」などの記述があります。
※ ロンボク島はバリ島の隣の島。

コーンスターチで金抽出、失敗から新手法を偶然発見
同記事に「有毒のシアン化物を使用し、鉱石中の金を溶解させて抽出する従来の方法については、環境を汚染するため、賛否も分かれている。

この方法を禁止している国も数か国あるが、全世界の金の80%以上が いまだに この方法で抽出されている」

「近年、シアン化物による抽出を行っている採掘現場からの流出事故が数件報告されており、人命と環境が危険にさらされてきた。

ドイツ、チェコ、ハンガリーなど一部の国を除き、欧州諸国は採鉱でのシアン化物の使用を認めている。

2010年には欧州議会が、これらの国家による禁止措置を大陸全体に拡大するよう呼び掛けた」

「金業界からシアン化物をなくすことが、環境保護の面で最も重要だ」

「環境保護の面で計り知れないほどの恩恵が われわれと未来の世代に もたらされる」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


インドネシアの水銀ホットスポット ASGM

化学物質問題 市民研究会 」サイトより


中国 - インドネシアの水産物を輸入禁止!基準超す水銀検出で

大気中の水銀排出、3分の1は中国=石炭などが主因

レコード チャイナ 」サイトより


世界の水銀汚染問題
同記事に「ブラジル、アマゾン川流域では、1970年代 終わり頃から川底やジャングルの堆積土中の砂金採掘が盛んに行われ、 金の精練に使用されている金属水銀による汚染が深刻化しています。 タンザニア、フィリピン、インドネシア、中国等の国々でも同様な汚染が起きており世界の関心を集めています。 これまでの研究で、放出された水銀が河川系に入り、メチル水銀に変化して、魚類などに蓄積していることが明らかになっています。 現在、金の採掘に携わる労働者の無機水銀中毒ばかりでなく、下流の住民へのメチル水銀による健康被害も危惧されています」などの記述があります。

水銀と健康

国立 水俣病 総合研究センター 」サイトより


地球化学 日本の水銀 分布図

海と陸の地球化学図 - 地質調査総合センター 」サイトより


水銀の毒性が明らかになった19世紀の海難事故

霧の中の異常な水銀濃度に警鐘
同記事に「アメリカ地球物理学連合(American Geophysical Union)の総会において、カリフォルニア大学サンタクルーズ校(UCSC)の研究者チームは、カリフォルニア沿岸にたちこめる霧に、高濃度の水銀が含まれることを発表。

たとえ霧を吸い込んだとしても、ただちに人体に悪影響が出るレベルではないものの心配されています。

主に夏の時期に、カリフォルニア沿岸は、海水面と水上の気温差から、深い霧に覆われることで知られてきました。

ところが、1960年代と現代では、霧の発生日数が格段に増加。

おまけに霧中のモノメチル水銀の濃度が、自然界で普通に雨滴に含まれる濃度の19倍にも達することが判明したとされています」

「海上から陸地へと流れた霧は、生態系に影響を与えるモノメチル水銀を降らせることになります。

早くも霧に包まれる地域に生息するクモから、高濃度の水銀が検出済み。

人間がクモを食べることはありませんが、水銀を体中に蓄えたクモを鳥や動物が食べ、食物連鎖の過程で濃縮されていく可能性は否定できません。

同地域で育つ植物にも、同じ危険があり、いずれは人間に影響が及ぶことになるかもしれない」などの記述があります。

ギズモード・ジャパン 」サイトより



国連環境計画(UNEP)の、「水銀排出に関する報告書」によれば、環境への排出量のうち南アジア、東南アジアが世界全体の40%を占め、最大の汚染地域であるとのことです。


【関連記事】


海洋汚染の世界地図

資源分布の世界地図



火山が噴火したあとで
同記事に「ハワイの火山を研究している研究者には、厳しい雇用契約が待っている。それは、火山観測所勤めは2年に限る、という契約だ。

2年を越えて研究を続けようと思ったら、研究者は別の契約、つまり健康を損ねても雇用者である政府は責任を負わない、という契約にサインしなければならない。

これは火山から出て来ている水銀の蒸気のせいだ。研究者は、自分の研究と自分や家族の健康とを天秤にかけて、ハムレットのように悩むのである。

噴火に見とれている観光客も、もちろん この水銀蒸気を吸い込んでいることになる。

日本でも、鹿児島湾の底からは、火山起源の水銀が出て来ている。

火山から出て来る有毒なものは水銀だけではない。硫化水素も、亜硫酸ガスも、ヒ素も、二酸化炭素もメタンも大量に出て来ているのである。

気候変動の元凶である火山灰も、火山から出て来る有毒物質も、もし ある国や企業が出したとしたら、世界中から糾弾されるほどの量である。しかも、一回きりではない」などの記述があります。

島村英紀の ホームページ 」より


【関連記事】


火山分布の世界地図


アジアの農薬・殺虫剤 汚染問題


マレーシアで市販の野菜は農薬漬け
同記事に「マレーシア紙ニュー・ストレーツ・タイムズは紙面で、同国の青果市場やスーパーマーケット市販されている野菜の半分に農薬が過度に使用されているとの告発記事を掲載し、消費者に不安を広げている。

報道によると、問題の野菜は大多数が不法農園から出荷されており、野菜を見栄えよく見せるため大量の農薬を使用したり、本来パームやしに使用する農薬を使用しているケースが多いという」などの記述があります。

news clip.be タイ発ニュース速報 」サイトより


農薬曝露の影響は3世代後まで続く、米大学がラットで実験
同記事に「化学品への暴露が精子や卵子の遺伝子構造に変化を及ぼし、青年期になった子孫のストレス反応に影響を与える可能性があると指摘している」などの記述があります。

殺虫剤と小児白血病に関連か

妊娠時の殺虫剤暴露量と子どものIQに関連性

殺虫剤DDTの胎内暴露、乳がんリスク4倍に

脳炎で死亡したバングラデシュの子ども13人、原因は殺虫剤

殺虫剤2種、脳発達を阻害する可能性 EU報告

除草剤ラウンドアップ、フランスで即日販売禁止に

農薬は認知症リスクを増大させる、フランス研究

殺虫剤DDT、アルツハイマー病のリスク高める危険性

アルツハイマー病、女性の方が速く進行 米研究
同記事に「アルツハイマー病の女性は、同じ病の男性よりも精神的機能の低下の進行が速いとの研究結果を、米デューク大学(Duke University)の研究チームが発表した」

「研究チームは、アルツハイマー病を患う70代半ばの女性141人、男性257人を、8年間にわたって調査した。

記憶力などを調べるテストを毎年行ったところ、女性の認知能力は男性に比べて倍の速さで、衰えていくことが分かった。

アルツハイマー病協会(Alzheimer's Association)によると、米国ではアルツハイマー病を患う高齢者のうち、およそ3分の2が女性で、女性の発病率は、男性の約2倍に上るという」

「アルツハイマー病患者は、全世界で約4400万人。世界的に高齢化が進むことに伴い、今後は爆発的に増加するとみられている」などの記述があります。

アルツハイマー病は脳内で「伝染」する、米研究

アルツハイマー病、免疫系が進行に関与か 米研究

パーキンソン病、虫垂切除で発症リスク19~25%減
同記事に「盲腸の下部にある虫垂は、不要な臓器と言われることも多いが、腸内細菌の貯蔵場所で、免疫反応と関連があるとされる。

さらに、パーキンソン病に関連する主要たんぱく質「αシヌクレイン」が蓄積する場所ともみられている。

研究チームは今回、スウェーデンと米国の患者データベースを調査。

その結果、成人早期に虫垂を切除した人のパーキンソン病発症リスクが、切除していない人よりも19%低いことを突き止めた。

スウェーデンの農村部では その効果が特に顕著で、リスクは25%も低かった。

農村部では、パーキンソン病の一因とされる農薬への暴露量が多いとされる」などの記述があります。

摂取する残留農薬多いと精液の質低下、米研究

小児がん克服者の大半、成長後に慢性病を発症

「より安全な農薬」の化合物、有毒水銀 生成の恐れ

乳がんと環境的要因の関連、複数の意外な発見
同記事に「乳がんにかかっていない米国の健康な少女1200人を対象に調査」

「今回初めて、フタル酸類やビスフェノールA(BPA)、農薬が少女全員から検出された」

「また調査対象となった少女たちのうち、隣接するオハイオ(Ohio)州とケンタッキー(Kentucky)州の2グループは、どちらも産業廃棄物で汚染されたとみられる水を飲用していたが、血液中の化学物質について重要な発見があった。フライパンの表面加工に使われるテフロンに含まれるペルフルオロオクタン酸(PFOA)の血中値が、ケンタッキー州北部の少女たちでは、最先端技術で浄水されたシンシナティ(Cincinnati)近郊のオハイオ川の水を飲用していたグループの3倍も高かった」

「さらに研究室では実験用マウスを用いた研究が行われた。ある実験では高脂肪食を与えたマウスを、発がん性があるとされる物質に暴露させ、その相互作用を観察した。すると、高脂肪食を与えられたグループでは、乳腺腫瘍がより速く発達したという。太ったマウスでは乳腺腫瘍内への血液供給がより多く、炎症度もより高く、免疫系の変化が示されていた。補足研究で、性成熟期に高脂肪食を与えたマウスの食事を、成体になってから低脂肪食に変えても、がんリスクは高いままであることも明らかになった」などの記述があります。

糖尿病による血液がんリスク増加、DNA異常に関連性

麻薬戦争で使用の除草剤に発がん性、コロンビアで使用停止に
同記事に「コカインの原料となるコカの栽培農地への除草剤散布で使われている除草剤の使用を禁じる意向であることを明らかにした」

「散布されている除草剤は「ラウンドアップ(Roundup)」の商品名で一般に流通しているものだ。

しかし、世界保健機関(World Health Organization、WHO)は最近、除草剤に含まれるグリホサートが「発がん性」である可能性を指摘。

そのため、サントス政権内では麻薬戦争継続の是非で意見が割れていた」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


鳥の減少は殺虫剤が原因か?

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


小児がん生存者の新たな難題、早期老化

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 」サイトより


白血病細胞が無害な免疫細胞に変化することが偶然発見される

人間の60倍 効率的に農薬を散布するドローン「Agras MG-1」

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


食品アレルギーの増加、農薬や水道水の殺菌剤が関係か

CNN.co.jp 」サイトより


有機リン農薬による免疫毒性のメカニズム
同記事に「有機リン農薬による生体への慢性的な影響、特に腫瘍監視機構の機能低下による発がん、化学物質過敏症、アレルギー等の免疫関連疾患のリスクの増大が懸念されている」などの記述があります。
日本免疫毒性学会 」サイトより


殺虫剤が子宮内膜症を誘発する

家庭用殺虫剤が「胎児のIQ」に影響:研究結果
( Pesticide Use Tied to Lower IQ in Children )

どの虫にも強力な効果:万能防虫剤は「死の匂い」

白血病患者を救う「カスタマイズされた免疫療法」

ビタミンCが白血病の進行を遅らせる可能性

WIRED.jp 」サイトより


ビタミンCに白血病治療効果がある可能性

マイナビ ニュース 」サイトより


心を蝕む有機リン農薬
同記事に「狭心症や心筋梗塞の原因になったり、記憶障害や子どもの多動障害の原因になる」.「記憶を失ったり、食欲がなくなったり、うつに陥ったり、睡眠障害になることが、最近の研究で明らかになってきています」などの記述もあります。

食品と暮らしの安全 」サイトより


「保健衛生2009年」(殺虫剤浸けのインドネシア人)
同記事に「二年前には市場で流通している農業用殺虫剤が450種あったが、いまやそれが1702種に膨れ上がっている。

これは行政認可を得たものだけだから、得ていないものを含めれば どれだけの数に上っているのか、想像しただけでも気が遠くなりそうだ。

殺虫剤国家コミッションは363種の殺虫成分に農薬として使用許可を与えている。

農民が生産した食材に残留して それらの殺虫成分は消費者の体内に入る。

加えて消費者は日常生活の中で蚊・ハエ・ゴキブリなどに向ける殺虫剤を使っている。住居の中で使われたら、それが体内に吸引されないはずがない。

中部ジャワ州ソロ市でのサーベイによれば、一家庭で二種類の殺虫剤が使われており、需要のトップは蚊取り線香で第二位が蚊取り噴霧剤だった。

加えて最近は町内でデング熱患者が出ると殺虫剤噴霧を行なう方針が徹底してきており、それが行なわれると町内の大気は激しく殺虫剤に汚染される」

「インドネシアの食用植物で殺虫剤の残留がないものは まずない、とバンドン工大環境技術学教授は語っている。

インドネシア人の体内には食物連鎖・呼吸・皮膚から殺虫剤が多量に侵入している。

体内に入った薬物は他の要素と反応してガンの発生を促がす。

また殺虫成分の中には人間のホルモン・生殖・胎児に障害をもたらすものがある。カリマンタンで1960年代にマラリア撲滅プログラムが進められ、DDTが使われた」

「農民の間では咳・疲れやすい・体液不足・めまいなどの症状が一般的になっており、農作業での殺虫剤多用が原因と考えられる」

「政府はDDT、アルドリン、ディルドリン、マイレックス、エンドリンなど残留性有機汚染物質の使用を禁止しているが、現場での法確立は例によって国民生活の すべての相と同様に弱い。

一般家庭もそうだが、殺虫剤が人体に及ぼす影響に関して農民が持っている知識も意識も まったく低いレベルでしかない」などの記述があります。

インドネシア情報ライン 」サイトより


インドネシアの農薬事情 雑感 2 (レンバン)
同記事に「これらの途上国といわれる国々に先進国で使用禁止となった農薬が持ち込まれ販売されています」との記述があります。

インドネシアの農薬事情 雑感 1(チルボン)
同記事に「インドネシアの農場や農家を訪問して感じるのは農薬管理のずさんさ。というより知識のない人が知識のない人に売っている現実がある。だから怖さを十分に認識していない」

「量り売りするときに見ていたら、素手で扱っている。バサー、バサーって感じで。飛散する粉末や液体・・・。まず量っている売り手の健康が心配です。そしてお隣には働く人向けのミー(ヌードル)やナシゴレン(炒飯)の店が・・・」などの記述があります。

アグリ ナガタ野菜研究室 」ブログより


インドネシアにおける環境汚染の現状と対策
同記事に「2006年度の無機肥料及び農薬の使用量は2004年度の5倍と報告」

「大気汚染:環境大気については、自動車やオートバイなどの移動発生源による都市沿道汚染が著しい状況です。

鉄道などの大量輸送システムが未整備のため、過度の道路輸送依存や慢性的な渋滞が発生し、都市の大気環境が悪化しています。

現在、ジャカルタ市や一部の都市を除いて、常時連続モニタリングデータはありません。

都市域以外のカリマンタンなど一部の地域では野焼きのシーズンに、煙霧(ヘイズ)による高濃度の浮遊粒子状物質が観測されています」などの記述があります。

環境省 」サイトより


インドネシアでコーヒー生豆の残留農薬問題
同記事に「2009年以降コーヒー生豆から厚生労働省の基準値を超えるカルバリル(殺虫剤の有効成分)が検出され輸入の障壁となっています。

インドネシアの農業省やコーヒー輸出業者協会(AEKI)はカルバリルの使用を禁じていますが、こうした規制は生産現場では徹底されておらず、今後 短期間の内にカルバリルの残留問題が解決されるかは やや疑問です」

「インドネシアの農業省は、全ての州政府に対して、コーヒーに対するカルバリルの使用を禁止する旨の通達を送っていますが、政府間の意思伝達が十分ではなく、生産地域の農業指導員や小規模農家は こうした規制を認識していません」

「カルバリルを使用しないよう勧告していますが、有効な代替手法は見出せていません」

「日本の業界団体は、インドネシア政府へ問題解決の要請を行っていますが、現在も生産現場ではカルバリルの販売及び使用が続いており、今後も引き続き注意を払う必要がありそうです」などの記述があります。

Promar Consulting 」サイトより


POPs関連ニュース
同記事に「遡遡上のサケからDDT 大気に乗って飛来し海を汚染か 禁止農薬、生態系に影響も 東大海洋研究所が調査:東京大海洋研究所国際沿岸海洋研究センター(岩手県大槌町)の調査で、産卵のため日本の川に遡上するサケに、DDTなどが残留していることが分かった。東南アジアの一部で使われているDDTなどが飛来したとみている。2004年から岩手県の大槌川や大槌湾のシロサケやサクラマス30匹を調査。サケでDDTは0.1-6ng/g、DDEは1-5ng/g」などの記述があります。

※日本にも飛来する農薬、東南アジアの農薬の健康への悪影響を懸念する声もあります。

Japan POPs Network 」サイトより


Court orders Delhi to check 'toxic' vegetables (英語)

BBC 」サイトより (英語)


Indian veggies, fruits remain highly toxic (英語)

※ 棒グラフの青色がインド、赤色がEUの残留農薬。

e-paper 」サイトより (英語)


インド ボパール化学工場事故

Wikipedia 」サイトより


【関連記事】


食糧自給率の世界地図



東南アジアや南アジアなど病害虫の発生の多い地域では、害虫駆除(ペスト コントロール)が日常的にされており、大気中の殺虫剤や農薬の濃度が高いとされています。

さらに殺虫剤や農薬の使用量が多いうえに先進国では毒性が強く、使用が禁止されている危険性の高い農薬が途上国では規制が無いか、規制があっても守られず大量に使用されているため、健康への悪影響を懸念する専門家の声があります。



有機リン系 ( organophosphorous compound ) の殺虫剤は鉄道、バス、タクシー、航空機など交通機関をはじめ、多くの店舗、学校・病院などの公共の建物においても殺虫・消毒の目的で散布されています。(JRの一部の車両には車端部に殺虫剤消毒を実施した日にちが明記されている。)

最近、駅のホームの照明が自殺予防効果を期待して青い照明を採用する駅が増加していますが、自殺や鬱との関連性など危険性が指摘されている農薬・殺虫剤を妊産婦や乳幼児も利用する公共交通機関に安易に散布するべきではないという意見や鉄道の人身事故(自殺)が ほぼ毎日発生している現状を考えれば、自殺と農薬の曝露との関係が指摘されている鉄道車両に対する農薬(殺虫剤)散布は中止すべきであるという意見もあります。


途上国と大気汚染
鉄道や道路などの交通インフラが十分に発達していない途上国においては、バイクや車の排気ガスによる大気汚染が深刻な国が多数あります。

専門家によれば、途上国の燃料は質が悪く、有害化学物質が多いという問題があり、特に発がん性が指摘されているベンゼンの含有量が多いうえ、多くの先進国で使用が禁止されている有鉛ガソリンが使用されているため、鉛やベンゼン、水銀など有害物質の暴露による健康面の悪影響から、途上国への移住は慎重にすべきであるという専門家による指摘があります。



犯罪は なぜ起きるのか - 神経犯罪学がもたらす「革命」
同記事に「劣悪な環境も幼少期の脳を変え、のちの反社会的行動を生み出す要因となり得る」

「幼少期の脳に影響を与える環境的要因としては、神経毒である鉛が行動をつかさどる前頭葉前部に特に害を及ぼしている。

われわれの体内の鉛濃度は、よちよち歩きの幼児が指を口に入れがちになる生後21か月でピークに達する傾向がある。

一般的に子供たちは、大気汚染や有害物の投棄で汚されてきた土から鉛を体内に取り入れてしまう」

「青年期の高い攻撃性や暴力性と関連付けられている他の要因としては、出産前の母親による喫煙や飲酒、出産中に起きる合併症、幼少期の栄養不足などがある」などの記述があります。

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 」サイトより


口紅に含まれる「鉛」が知能と行動に影響を与える

ロケットニュース24 」サイトより


チェルノブイリ事故後の母乳中 放射性物質と鉛の濃度

京都大学 原子炉実験所 」サイトより


地球化学 日本の鉛 分布図

海と陸の地球化学図 - 地質調査総合センター 」サイトより


大気汚染、暴力的な犯罪発生率の上昇に関係=米研究者

中国産などの輸入米に鉛汚染、基準値の30~60倍に
同記事に「サンプル調査の結果、輸入された米及び米製品の多くが基準値を超過していた。最も濃度が高かったのは中国産。イタリア、チェコ、ブータン、インド、タイのサンプルでも基準値を超過していた。

米食品医薬品局(FDA)の定める基準値の30~60倍に達するケースもある。米食が多いアジア系の場合、リスクは他の民族の2倍となる。さらに、鉛だけではなく、ヒ素が検出されたケースもあった」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


2サイクルスクーターは「重大な大気汚染源」
同記事に「発展途上国の至る所で見られる2サイクルのスクーターは、局所的な大気汚染の大きな原因の1つになっている」

「欧州での使用が認可されている2サイクルスクーターの排気物質を分析。その結果、アイドリング状態の2サイクルスクーターが排出する、スモッグの前駆物質である炭素ガスの混合物「揮発性有機化合物(VOC)」の量が別クラスの車両の平均124倍も多かったことが判明した。

中でも発がん性のあるVOCの1つ、ベンゼンの濃度が驚異的に高いことをプレボ氏の研究チームは突き止めた。アイドリング中のスクーターの排ガスには、1立方メートルあたり最大で30万マイクログラム(146ppmに相当)のベンゼンが含まれていた」などの記述があります。

オートバイの洪水、朝のラッシュアワーの台北橋

ベトナム首都,市街地へのバイク乗り入れ禁止へ 2030年までに

AFPBB News 」サイトより


自分や家族が鉛に さらされていないか知る方法
同記事に「現在ガソリンスタンドで給油するガソリンには鉛が含まれていませんが、もうないと思ってはいけません。

昔の鉛がどこかに残留しているはずです。どこかとは、車やトラックが多く通る場所で、交通量の多い道路近くの土壌に

そこの交通量が、有鉛ガソリンが廃止になった1986年以前から多かったなら、たくさんたまっているはずです。

そして その近くに、民家や庭、公園が作られているのです。

かつて工場用地だった場所にも鉛が残留しています。工場自体は とうの昔に解体されていても、鉛は残っており、そこに あなたの家が建っているかもしれないのです。

また、塗料に含まれていた鉛ダストも土壌に入り込んでいる可能性があります」

「鉛の影響を もっとも受けやすいのは子どもです。脳の発達に影響が及ぶからです」

「大人の鉛中毒の症状には、疲労感、吐き気などがありますが、神経障害疾患につながる場合もあります。

しかし、妊娠していたり、子どもがいたりする人は、十分な注意が必要です。高濃度の鉛は、流産や死産の原因となり、胎児の脳の発達に影響を及ぼすことがあります。

また、脳が急成長する5歳以下の子どもは、鉛中毒にかかるリスクが もっとも高いのです」

「鉛の血中濃度が45μg/dL を越えている場合は深刻で、血中から鉛を排出させるキレーション療法が必要となるでしょう」

「キレーション療法は、医療専門家によって行われる複雑な治療で、有害金属中毒にかかった証拠もなく、個人が自らの手やサプリメントの服用で行えるものではありません」などの記述があります。

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


【関連記事】


世界の治安・安全情報


ベンゼンと白血病
大気汚染物質の一種であるベンゼンは白血病の原因になることが知られています。ベンゼンは車の排気ガスやタバコの煙、一部の清涼飲料水などに含まれています。


【関連情報サイト】


個人暴露量とベンゼン

国立環境研究所 」サイトより


ベンゼン benzene

国立医薬品食品衛生研究所 」サイトより


低ベンゼン ガソリンの発売

出光興産 - IDEMITSU 」サイトより


清涼飲料水中のベンゼンに関するQ&A

財団法人 日本食品化学研究振興財団 」サイトより


Benzene in Soft Drinks(英語)

FDA ( U S Food and Drug Administration ) 」サイトより(英語)



喫煙率が非常に高い国があります。途上国においては、タバコの値段が安いこともあり、一般庶民が手軽にタバコと買えるという環境が、タバコ依存症を生む要因の一つとされ、高い喫煙率に繋がっているという指摘があります。

喫煙率の高い国に移住することで、受動喫煙による健康への悪影響やタバコに含まれる放射性物質による受動被曝を懸念する専門家の意見があります。


【関連記事】


ラドンの世界地図
( ラドンによる放射線被曝、タバコに含まれる放射性物質に関する興味深い話題も )



World's Worst Polluted Places 2007 (英語)
最も汚染された地域10か所の地図。

Blacksmith Institute 」サイトより (英語)



大気汚染は酸性雨など水・大地・海洋汚染とも関連しています。


【関連記事】


黄砂汚染の地図

海洋汚染の世界地図
( 世界の海洋汚染の状況が一目瞭然 )

水の世界地図


アジア褐色雲とは
( Asian Brown Cloud )

大気中に浮遊するエアロゾル(大気浮遊粒子)、汚染物質、黄砂、野焼きや森林火災、自動車の排気ガスなどによって生じる煤煙などを含んだ褐色の汚染物質が主成分の雲のことです。

呼吸器系疾患や心疾患、肺がんなどの健康被害や、太陽光低減による農業への影響も懸念されています。


'Asian Brown Cloud' Threatens U.S. (英語)
中国やインドの大気汚染、米国の気候に影響を与える

Science/AAAS 」サイトより (英語)


太平洋北西部の冬季低気圧、大気汚染で強度増大か 1
同記事に「太平洋での暴風雨の強度における著しい変化は、1990年代中期に始まったと推定される」

「(この時期)中国などの多くのアジア諸国で経済が急成長するのに伴い、工場、発電所、自動車などから大量の大気汚染物質が排出された」

「エアロゾル(大気浮遊粒子状物質)は、水蒸気が凝結する際の「核」になるため、水滴の形成を加速する」

「エアロゾルの影響を受けた雲では、通常より最大で4倍の量の水滴が運ばれる。結果、地域全体の降水量は約7%増加すると同研究は指摘している」などの記述があります。

太平洋北西部の冬季低気圧、大気汚染で強度増大か 2

AFPBB News 」サイトより


アジアの大気汚染が台風を強大化させている

中国の大気汚染で米国に異常気象、米研究チームが発表

米国で深刻化する暴風雪、中国からの汚染大気流出が原因か

中国の汚染物質がカリフォルニアに到達!大気汚染の主因に

レコード チャイナ 」サイトより


アジアの汚染、太平洋と北米の嵐を激化

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


【関連記事】


気候分布の世界地図

台風の世界地図



花粉情報・紫外線情報・光化学オキシダント(光化学スモッグ)情報など、健康に関連する情報の提供と同じように、大気汚染の情報提供があれば、外出予定をずらすことや児童や生徒、学生などの運動を控えたり、呼吸器系疾患などの患者に外出を控えたりする、などにより健康被害の予防と軽減が可能になります。

※ 日本気象協会あるいは各放送局の視聴者センターなどの要望が多く寄せられれば、黄砂情報が放送で提供される可能性もあります。

また、成長期の子どもの健康を考慮すれば、学校に対してはPTAや保護者などから大気汚染の度合いに応じて体育の時間を他の授業に振り替え、別の日に行うようにしたりするなどの提案や要望をしてゆくことも検討が必要だとする意見もあります。


肺がん - がんの中で死亡者数が一位で最多
がんの部位別死亡者数・死亡率

社会実情データ図録 Honkawa Data Tribune 」サイトより


部位別がんのリスク要因・予防要因
同記事に「不純物の混ざった植物油の高温調理により生じる煙(中国の一部地域)は、肺がんのリスク要因とする根拠は十分とされています」などの記述があります。

がん情報サービス 」サイトより


「肺がん」が悪性腫瘍で最大の死因。中国で多いのは なぜ?
同記事に「屋内でのタバコによる汚染。屋内の空気は注意しなければ屋外より汚くなり、とくに喫煙による空気汚染が屋内汚染における最大の要因になっているとした。

また、タバコの煙に含まれる発がん性物質の顆粒がPM2.5より さらに危険性の高いPM0.5より小さいこと、毎日タバコを1-14本吸う人の肺がん発病率 が10万人に対し75人で、25本以上吸うと さらに227人にまで跳ね上がる」

「厨房の油煙による汚染。油煙がタバコに次ぐ屋内空気汚染の要因であるとし、食用油の温度が170度になると煙が発生し、260度以上になると人体に危険を及ぼす物質が発生する」

「インテリア材料による空気汚染。大理石には発がん性物質であるラドン元素が含まれる」「ペンキや接着剤には大量のベンゼンやホルムアルデヒドが含まれる」などの記述があります。

肺がん患者が増加。全国で10秒に1人の割合で見つかる

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


大気汚染の国・中国で肺がん発病率・死亡率が悪化

肺がんが年に3万人以上増加、空気の汚染度に比例

肺がんの発病率が中国トップに、大気汚染が原因か

中国の肺がん死亡率は30年で465%上昇,がん患者が毎分6人増加

肺がんによる死亡、30年間で1800万人に達する見通し - 中国

レコード チャイナ 」サイトより


【関連記事】


西南日本の超巨大地震
( 震災で、アスベスト建材の粉塵が飛散するアスベスト震災に関する情報も )

地震分布の世界地図

超巨大地震の世界地図

ラドンの世界地図
( タバコに含まれる放射性物質、ラドンと肺がんなどに関する興味深い話題も )

黄砂汚染の地図
( 黄砂に含まれる有害汚染物質・核実験に由来する放射性物質 )



日本人の死亡原因の1位は「がん」であり、がんの中でも肺がんによる死亡が最も多いという事実があります。

肺がんの原因は喫煙や受動喫煙によるものを除けば、大気汚染によるものが最大であるという専門家の指摘があります。

早期の肺がんは自覚症状が無い場合が多いうえに、レントゲン(X線)検査では、病巣が写りにくいために見落としが多いなど、早期発見が困難であることが専門家により指摘されています。

肺は放射線の感受性が高い臓器であり、放射線被曝に関連した発ガン率が他の臓器と比較して高いため、被曝線量が多いCT( Computed Tomography )検査においては、検査自体による被曝による発がんリスクの上昇や がんの悪化の危険性も指摘されています。

X線検査、CT検査とも、定期検査による非検査群と検査群との間に、寿命に及ぼす影響は皆無であるか、場合によっては寿命短縮効果が認められたという医学論文もあり、X線検査やCT検査検査が医学的根拠 ( evidence )から、推奨できないという医師もいます。


【関連情報サイト】


CTの被曝量、想定より多かった 数十年後に がん発症リスク

幼少時のCTで発がんリスク上昇、英国で18万人を追跡調査

歯科X線検査、脳腫瘍と関連性 米研究

遺伝子変異による乳がん、両乳房切除で生存確率上昇 - 1

遺伝子変異による乳がん、両乳房切除で生存確率上昇 - 2
同記事に「マンモグラフィ検査に効果なし」「BMJで発表された別の研究では、40~59歳の女性が毎年1回マンモグラフィ検査(乳房のX線撮影検査)を受けることの効果に疑問が投げかけられた」

「9万人を対象とした25年間に及ぶカナダの調査結果を分析したところ、マンモグラフィ検査は、がんによる死亡を予防する上で、より一般的な視触診と同程度の効果しかなかった」

「(毎年のマンモグラフィ検査は)40~59歳の女性の乳がんによる死亡率の減少を もたらさなかった」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


「ガン検診で死亡率が低下しているデータはない」研究者

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


がん検診、受けても受けなくても生存率に変化なしか?

ギズモード・ジャパン 」サイトより



「息の温度」から肺ガンを診断できるテスト方法、実験進む

脈打つ心臓をリアルタイムで見られる4D超音波装置
同記事に「心臓血管系向け超音波スキャナー「cSound」は、心臓を実物大でリアルタイムに描画できる装置だ。従来の超音波エコーよりも ずっと詳細な情報を提供してくれる。

X線のような放射線ではなく、「超音波」を使うcSoundの基本的な構造は、超音波の発信機と それを受ける受信機、それに画像データを処理するスーパー コンピューターだ」

「cSoundは、患者の心臓の状態を より正確に把握した上で診断することができるため、高価な追加検査を減らすと期待されている。

また、現在の画像スキャニング技術では難しいとされる肺に疾患を抱える患者にも適用できる」などの記述があります。

WIRED.jp 」サイトより



では、肺がんになってしまった場合は どうでしょうか?

肺がんは最も治療成績の悪いがんの一つであることは、がんによる死亡率の中でも肺がんによる死亡率が最多であることなど、生存率の低さにも現れています。

抗がん剤は、医学的根拠 ( evidence )から、有効性が否定されているものが多く、患者の苦痛を増加させたり、寿命を短縮するだけであるという観点から、肺がんの治療には抗がん剤を使用しないという医師も存在します。



酸素を注射で体内に取り入れる技術!30分間無呼吸でも生存可能

音波でガン細胞を血中から安全に分離する新技術が登場

「ガンを治療する腸内バクテリア」が、ガン研究に衝撃を与えた

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより



宇宙ステーションの技術で肺がん検査
同記事に「Vantage Health社(カリフォルニア州Redwood City)は、NASAと独占契約を結び、国際宇宙ステーション用に開発された化学物質センサー技術を応用して、モバイルヘルスケア製品を開発している。

危険なガスが宇宙ステーションのクルーキャビン内にないか検査するためのセンサーを使って人の呼気(吐く息)を調べると、肺がんの有無が分かるという」

「揮発性有機化合物(VOC)をガスクロマトグラフィーと質量分析法により検出する。

「Vantageヘルスセンサー」と呼ばれる このデバイスは、肺がん患者の呼気に特有なVOCを検出することができるそうだ。今後、別の病気診断への応用も模索していく」などの記述があります。

Time&Space - KDDI 」サイトより


ビタミンDの多彩な効用 がんや感染症にも

日経サイエンス 」サイトより


ビタミンD3は がん患者の死亡率を低下させる

銀座東京クリニック 」サイトより


【関連記事】


結核分布の世界地図

紫外線の世界地図

鳥・豚インフルエンザ

感染症対策・世界分布



ヒジキなどの食品ヒ素に肺がんリスク:国立がん研究センター
同記事に「無機砒素は肺がん、皮膚がんなどの発がん物質(carcinogen)として危険視され、特に がんの進行を早める物質(promoter)として認識されています」などの記述があります。

乃木 生薬研究所 - ノギ ボタニカル 」サイトより


【関連記事】


海洋汚染の世界地図


【 筆者自身や筆者の大切な人が肺がんになってしまったら...】

試してみたいと考える治療法も掲載。

世界の医療事情



肺がんになってしまった時のことまでも配慮された「海外移住の地図帳」。
サイトの概念には、筆者の想いやサイト開設の経緯・真相も...。



肺がんになってしまった人を救うことは、現代の医学でも困難な場合があります。

しかし、大気汚染のひどい国を知り、空気のきれいなところへ海外移住する。

そのために必要な情報を提供することが、人々の肺がんを未然に防ぎ、結果的に多くの人々を救うことに つながるのでは....。

人々の命を救う方法として、能力や才能では医師に遠く及ばない普通の凡人でもできることは無いのだろうか...と精一杯 考えた一つの回答が、サイトに集約されています。
( 普通の人ができる人々の命を救う方法として、医学とは別のアプローチができる可能性をサイトという形で実践。)

このような水準で物事を考えながら、人々の健康や幸せを切に願い、渾身 ( 魂心 ) の思いで作成されているWEB SITEは、どのくらい世に存在するのであろうか?

生活習慣病や環境問題も わかっていながら そのような状態になるまで、やめられない、すなわち危機が起こるまで わからないということからも見えてくる人間の特性です。

こうした人の特性を考慮し、重大な事が起こる前に緻密な情報サイトを作成し、実際に動いてきた一人の人間が、ここに存在したという事実の証しが、「海外移住の地図帳」でもあります。



2009年6月に群馬県立 前橋商業高校の地理教師( ※ 現在は 群馬県立 桐生女子高等学校 )田中 隆志 氏のブログで当サイトが紹介。

当時、多くの専門家に「日本での発生の可能性は無い」と考えられていたM9クラスの「 超巨大地震 」のほか、「 津波 」、「 大気汚染 」、「 宇宙放射線・地磁気 」、「 重力 」 など、災害多発期・深刻化する環境汚染・世界情勢の急激な変化に備え、未来を見据えて震災前より緻密な記事を作成・情報提供。

※ サイト名は 2012年9月1日より「海外移住の地図帳」に変更。


二酸化炭素の分布地図
今まで健康な人の尿からは検出されないはずの重炭酸イオンが検出されており、特に近年、その値が急上昇しているという臨床データが報告されています。

急増する二酸化炭素(CO2)との因果関係や二酸化炭素(CO2)による血液や尿の酸性化にともなう健康への悪影響は不明ですが、気になる情報です。


【関連情報サイト】


二酸化炭素濃度の全球平均経年変化グラフ
(二酸化炭素濃度が年々増加していることがわかります。)

二酸化炭素分布情報 (年平均濃度分布図の最新情報)
(日本は二酸化炭素の年平均濃度が特に高い地域であることが わかります。年平均濃度が特に高い地域の住民の健康への影響が気になります。)

二酸化炭素濃度分布図(12月の月平均濃度分布図の最新情報)
(北半球の冬季は特に 二酸化炭素の平均濃度が高くなります。二酸化炭素の平均濃度が特に高い地域の住民の健康への影響が気になります。)

二酸化炭素濃度の経年変化

海洋の二酸化炭素の吸収能力に関する資料

表面海水中のpHの長期変化傾向 ( 全球 )

気象庁 Japan Meteorological Agency 」サイトより


全地球の二酸化炭素の流れを3D映像化、NASA

CO2濃度の上昇で作物の栄養価が低下

思わぬ副作用?干ばつでCO2排出が大幅増、米国 - 1

思わぬ副作用?干ばつでCO2排出が大幅増、米国 - 2

謎のゼリー玉が大量漂着、その意外な正体とは
同記事に「近年、世界中の海で、藻類ブルームと呼ばれる植物プランクトンの大発生が問題になっているが、サルパにとって藻は ごちそうだ。サルパは藻を さかんに食べて 赤ちゃんサルパの連鎖を産み出す」

「サルパの糞は密度が高くペレット状で、1日1000mのペースで海中を沈む」

「サルパが食べる藻は、大気中の二酸化炭素を取り込んで育つ。そして、サルパは その炭素を含む藻を食べる。

したがって、排泄する糞に含まれる炭素は、大気中に戻ることなく海底に沈んでしまうので、事実上、地球の炭素循環から除去される」などの記述があります。

世界最古の微小隕石を発見、原始大気の手がかりも

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


可視化された地球上の「二酸化炭素の動き」

動物たちに蔓延する「肥満」のナゾを解く:研究結果
同記事に「研究室のマウスやラットは どうだろう? なぜ彼らが太らなければならないのだろうか?

霊長類研究所に暮らす様々な種類のサルたちについては?ジャンクフードや炭酸飲料や生活習慣のせいだとは考えられない。

さらに、研究者たちは論文のなかで、同様の傾向が、ウマのように環境も類型も異なる他の動物においても測定されたことを報告している。

これでは、まるで何かが空気中に存在しているかのようだ」

「2012年、デンマークの3人組の研究者たちが、大気中の二酸化炭素の増加と、肥満の蔓延の間に つながりがあるという仮説を立てた。

大気中の二酸化炭素が増加すれば、血液中に溶けている二酸化炭素も増えて、血液を わずかに酸性にする(これは、実験によって観察された)。

血液の酸性が わずかながら増加すると、飢えと渇きを制御する視床下部のニューロンは より活発になる。

導かれる結論は「二酸化炭素の増加は、食べる量の増加を導く」 ということだ。人間であろうと、人間でなかろうと」

「植物の組成の変化によるものだ。植物は より糖分が豊富に、タンパク質が少なくなる。

疑惑はほかにもある。2015年5月、パルマで行われたカンファレンスでは、いわゆる「オビーソゲン」を指弾する合意声明が発表された。

ホルモンバランスを変化させて体のバランスを崩し、脂肪を蓄積するよう働きかける可能性が指摘されている物質のことだ。

オビソーゲンはホルモンバランスを変化させ、肥満以外にも深刻な健康被害を もたらす可能性がある。例えば、男性の生殖能力がそうだ。

こうした、いわゆる「環境ホルモン」は、バルト海のアザラシや英国の魚、フロリダ州のワニのように、さまざまな動物たちに影響を及ぼしている」などの記述があります。

肉食は自動車よりも二酸化炭素を排出する:研究結果

排泄物が付加価値を生む? 下水処理の工夫

大気中の二酸化炭素を売るスタートアップを,スイスに訪ねる

「CO2をエタノールに変える方法」が偶然発見される:米大学

エアコンがCO2を燃料に変える工場に? 新技術 クラウドオイル

アリは地球を救う!?:CO2を減らす働きが確認される
同記事に「世界中で1万種以上が確認されているアリのうち、いくつかの種類は、空気から二酸化炭素を取り出して、石灰を分泌する」

「アリの存在が、妨害要素がない場合に比べて300倍も鉱物の風化を速めることに気付いた。それだけではない。

鉱物の風化にともなって、アリは自分たちの巣に炭酸カルシウム(石灰)を分泌していた。このプロセスにおいて、二酸化炭素が空気中から取り出され、物質的に閉じ込められていた」

「アリの二酸化炭素の接収量が どれくらいになるかも まだわからない。しかし、一定の量を満たす可能性は十分にある」などの記述があります。

都会のアリは優秀な掃除屋:研究結果
同記事に「アリより大きなスカヴェンジャーたちは、公園でも、中央分離帯と同程度の食品ゴミを消費していたとみられるのに対し、昆虫の消費量は中央分離帯の1/2~1/3だった」

「今回の研究が示しているのは、この種のアリが それ以外の、より人間にとって望ましくない(ネズミなど、伝染病を伝播させる可能性のある)スカヴェンジャーの競争相手となり得るかもしれないことだという。

今後さらに研究を重ねれば、都市に生息する各種の野生動物を管理し、人間にとって望ましい種類のスカヴェンジャーを増やすことも可能かもしれない」などの記述があります。

発電所から排出されるCO2が養殖を変える:ノルウェー

海洋のプラスティックが、酸素産生バクテリアを「殺す」?

WIRED.jp 」サイトより


二酸化炭素をクリーンなバイオメタノールに変換する技術を考案

地球は大丈夫か? 大気中の二酸化炭素濃度が危険レベルへ...
同記事に「世界気象機関(WMO)が明らかにした最新情報によれば、2012年から2013年にかけて大気中の二酸化炭素濃度の上昇率が、過去30年間で最高を記録」

「なお、多くの専門家は、大気中の二酸化炭素濃度の安全圏は350ppm以下と定義しているのですが、このまま上昇率が下がらない場合、今後2年以内に400ppmという危険レベルに達するとの警告まで出されています」

「ちなみにWMOは、近年の大幅な大気中の二酸化炭素濃度の上昇原因に海洋の酸性化を挙げており、過去3億年で最悪レベルとされる酸性化問題が早期に解消されない以上は、これからも状況の改善は見られないとの暗い見通しまで示されています」などの記述があります。

二酸化炭素濃度。過去最大の上昇幅を記録

CO2排出量 増加。パワーアップした植物の光合成

エアコンの室外機がCO2を回収する未来

ギズモード・ジャパン 」サイトより


ゴミが燃料に「バイオコークス」がCO2を大幅削減する

WAOサイエンス パーク 」サイトより


二酸化炭素濃度が上昇することがハチの大量死を引き起こす原因

二酸化炭素と海水からメタノール生産する人工島建造構想

糖と二酸化炭素から生体適合性のある安全なプラスチックを生成

光合成を行ないアルコールを生成するバイオニック・リーフ

アリが大気中の二酸化炭素を減少させていると判明

二酸化炭素の流れを地球規模で可視化した圧巻のムービー

空気中の二酸化炭素を吸い上げるコストは意外と安い

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


CO2の排出量増、魚の中枢神経系を侵す恐れ

CO2で魚が「酔っ払う」可能性、海で迷子に 豪研究

大気中のCO2量が歴史的水準を突破

大気中のCO2濃度、記録的な高さに 国連機関が警鐘

コメに二酸化炭素の「壊滅的」影響、栄養価低下の恐れ - 1

コメに二酸化炭素の「壊滅的」影響、栄養価低下の恐れ - 2

世界初の「アリ地図」公開、香港と沖縄の大学

世界の大気中CO2、2015年は飛躍的に上昇

AFPBB News 」サイトより


カルボン酸をアルコールに変換 CO2資源化の期待も

CO2からエタノールを製造する技術、特許を取得

低濃度 二酸化炭素だけを還元して資源化する新触媒を発見

気象庁、太平洋の海中で酸性化が進行していることを確認
同記事に「海水は一般に弱アルカリ性を示すが、海水が大気中の二酸化炭素を吸収して酸性側に変化する「海洋酸性化」が近年、世界規模で進行しており、サンゴやプランクトンなどの海洋生態系に影響が及ぶことが懸念されている」

「このまま海洋酸性化が進むと、海洋生態系や水産業などに長期的に大きな影響が及ぶことが懸念される」などの記述があります。

CO2から燃料生成できるグラフェン - レニウム複合体を開発

光触媒でCO2を高効率に再資源化

二酸化炭素分離の処理量や精度、コスト面に優れたフィルターを開発

「珪藻」が地球環境に大きな影響を与えている?

マイナビ ニュース 」サイトより


空気から、炭素繊維を紡ぎ出す

Telescope Magazine テレスコープ マガジン 」サイトより


Calera
同記事に「カリフォルニア州ロスガトス市に本拠を構えるCaleraでは、燃焼排気中の二酸化炭素を直接、炭酸塩へと石化させ、建築用資材を精製するための工程を開発している。

現在は、同州モスランディング市にある小規模な試験施設において、燃焼排気中の二酸化炭素の集約・石化作業が進められている。

産業燃料からの放出物を集約し、道路の舗装や建築用資材に再生させる同社の技術は、米エネルギー省が主体となって取り組む連邦政府の炭素捕獲計画の2次段階をクリア」

「石炭を燃料とする発電所から排出された二酸化炭素を収集する炭素隔離技術に詳しいBrent Constantz氏が設立。

同氏は、カリブ海、インド太平洋地域の海洋を対象とした、珊瑚の成長機構に関する研究活動を通じて、この機構そのものが、建設や医療の領域で有効活用できる可能性(空気中の二酸化炭素量を軽減させると同時に、建築用資材の製造にも利用できる)を見出した。

二酸化炭素と海水を混合させることにより、CaCO3(炭酸カルシウム)が精製される。

同社では、石炭やガスから排出された二酸化炭素に海水を噴き付る「バイオミネラル化」と呼ばれる工程で精製された炭酸カルシウムを微小の球状に形成し、建物の外壁や舗装道路の建設・補修資材として利用されるセメントの実用化を目指している」などの記述があります。

※ この工程の副産物として、海水から真水ができるため、農業用水などに利用可能。

Kanabo Consulting Inc. 」サイトより (英語)


Calera 」サイト (英語)


【関連記事】


海洋汚染の世界地図
※ 海洋酸性化に関するリンクと海水酸性度(pH)の分布地図 ( ocean pH world map ) を掲載。

食糧自給率の世界地図

ハンタウイルスの分布

ペストの世界地図


【関連情報サイト】


二酸化炭素貯留に地震を引き起こすリスク

CO2を貯留する新たな方法に成功、岩石に注入して固形化

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


地震分布の世界地図

資源分布の世界地図


宇宙線と気候
無黒点太陽の磁場が気候を変えた

東京大学 大気海洋研究所 」サイトより


Incoming Cosmic Rays Hit Record High (英語)
( 地球に到来する宇宙線が増大:太陽活動と関連 )

Wired.com 」サイトより (英語)


研究者が「ミニ氷河期に突入する可能性がある」と警告

ロケットニュース24 」サイトより


マウンダー極小期
( Maunder Minimum )

小氷期
( Little Ice Age, LIA )

飢饉の一覧 17世紀

17世紀の危機
( the Crisis of the 17th century )

Wikipedia 」サイトより


【関連記事】


気候分布の世界地図

食糧自給率の世界地図

ペストの世界地図

海洋汚染の世界地図


中国から飛来する害虫
イネ縞葉枯病病の一因はヒメトビウンカの海外からの飛来
( ウンカはイネの病気を媒介します。)

NARO 九州沖縄 農業研究センター 」サイトより


享保の飢饉とは

コトバンク - kotobank 」サイトより



余談ですが、江戸時代の三大飢饉のひとつである享保17年(1732年)に発生した享保の飢饉ですが、原因は長雨と害虫の大発生により稲作が大損害を受けたことにより、大飢饉になったとされ、当時の餓死者は96万9千人と伝えられています。

この原因となった害虫はウンカであるとの説が有力です。



有害な大気汚染物質、黄砂、細菌、ヴィールス、放射性物質なども中国から飛来しています。


【関連記事】


黄砂汚染の地図
( 黄砂に含まれる放射性物質、細菌に関する情報も )


大気汚染とハリケーン・サイクロン
大気汚染でハリケーン発生率低下、英 気象庁研究

AFPBB News 」サイトより


サイクロンがアラビア半島に!大気汚染が気象を変えた?
同記事に「米航空宇宙局(NASA)の地球観測所によると、2018年に入ってから中東に発生したサイクロンは3つ目。

2010年以降、アラビア海では12個のサイクロンが発生しているが、通常は乾燥した砂漠の空気や風の影響で勢力がそがれ、弱体化するため、アラビア半島に上陸することはほとんどない。

しかし最近の研究で、インド洋北部の大気汚染が悪化した影響で、モンスーン(季節風)による気候パターンが変わり、熱帯サイクロンが発生しやすいと指摘する気象学者もいるという」などの記述があります。

防災情報【ハザードラボ】」サイトより

【関連記事】


台風の世界地図



まつ毛の役割と最適な長さが最新の研究で明らかに

ナショナル ジオグラフィック 日本版 公式サイト 」より


なぜ「まつげ」は あるのか?謎の解明に迫る 米研究

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】


湿度の世界地図

感染症対策・世界分布



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ緻密な情報、厳選リンクも満載