【感染症】感染症分布の世界地図で 感染症の少ない国が一目瞭然

海外移住と黄熱分布の世界地図

黄熱とは

熱帯シマ蚊が媒介。
(野口英世がアフリカのガーナで研究中に感染し、死亡した病気)

【潜伏期間】 3から6日。

【症状】 発熱、悪寒、頭痛、背部痛の後、嘔吐、黄疸、皮膚粘膜の出血など。

【死亡率】 20%以上。

【治療法】 ありません。

【予防法】 ワクチンを接種すれば100%予防可能。(卵アレルギー体質の人は接種不可)



      ★ 更新情報|海外移住の地図帳 ★


このページに「ふりがな」(ruby)を付ける

ひらがな めがね 」サイトより


黄熱分布の世界地図( Yellow fever Risk Maps / Yellow fever endemic countries )

黄熱の分布地図 (南米)
------------------------------------------
黄熱の分布地図 (アフリカ)

[ 出典 ]
Yellow Fever|Travelers' Health - Yellow Book (英語)

CDC ( Centers for Disease Control and Prevention ) 」サイトより (英語)


【黄熱・関連情報サイト】


黄熱の侵入予防のために、一部の国への入国の際には黄熱予防接種証明(イエローカード)が必要な国があります。


黄熱について
(黄熱のリスク地域や黄熱予防接種要求国などの情報も...)

厚生労働省検疫所 海外感染症情報 FORTH 」サイトより


イエローカード (黄熱病予防接種証明書)とは

旅行情報サイト|トラベルコちゃん 」サイトより


黄熱

感染症疫学センター - 国立感染症研究所 」サイトより


Yellow Fever (英語)

世界保健機関 WHO 」サイトより (英語)



北京で黄熱病患者、海外旅行増加で感染症輸入リスク高まる

中国で黄熱病患者が立て続け確認 北京に続いて上海でも

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


蚊が媒介する黄熱ウイルス、中国で初の感染者を確認

レコード チャイナ 」サイトより



ブラジルの黄熱、死者65人に 同国史上最悪の規模

ブラジルのリオデジャネイロ州、州内全住民に黄熱ワクチン接種へ

黄熱、アンゴラで30年ぶりに流行 51人 死亡

AFPBB News 」サイトより



虫よけスプレーの効かない蚊が出現

写真で見る100年前の蚊対策

ナショナル ジオグラフィック日本版 」サイトより


殺虫剤10倍、害虫被害2倍増の皮肉

SAFETY JAPAN 」サイトより


殺虫剤や農薬の悪影響
農薬曝露の影響は3世代後まで続く、米大学がラットで実験
同記事に「化学品への暴露が精子や卵子の遺伝子構造に変化を及ぼし、青年期になった子孫のストレス反応に影響を与える可能性があると指摘している」などの記述があります。

妊娠時の殺虫剤暴露量と子どものIQに関連性

殺虫剤DDTの胎内暴露、乳がんリスク4倍に

AFPBB News 」サイトより


有機リン農薬による免疫毒性のメカニズム
同記事に「有機リン農薬による生体への慢性的な影響、特に腫瘍監視機構の機能低下による発癌、化学物質過敏症、アレルギー等の免疫関連疾患のリスクの増大が懸念されている」などの記述があります。
日本免疫毒性学会 」サイトより


心を蝕む有機リン農薬
同記事に「狭心症や心筋梗塞の原因になったり、記憶障害や子どもの多動障害の原因になる」.「記憶を失ったり、食欲がなくなったり、うつに陥ったり、睡眠障害になることが、最近の研究で明らかになってきています」などの記述もあります。

食品と暮らしの安全 」サイトより


Pesticide Use Tied to Lower IQ in Children(英語)
(家庭用殺虫剤が「胎児のIQ」に影響:研究結果)

Wired.com 」サイトより(英語)


「保健衛生2009年」(殺虫剤浸けのインドネシア人)
同記事に「二年前には市場で流通している農業用殺虫剤が450種あったが、いまやそれが1702種に膨れ上がっている。これは行政認可を得たものだけだから、得ていないものを含めれば どれだけの数に上っているのか、想像しただけでも気が遠くなりそうだ。

殺虫剤国家コミッションは363種の殺虫成分に農薬として使用許可を与えている。農民が生産した食材に残留してそれらの殺虫成分は消費者の体内に入る。加えて消費者は日常生活の中で蚊・ハエ・ゴキブリなどに向ける殺虫剤を使っている。住居の中で使われたら、それが体内に吸引されないはずがない。

中部ジャワ州ソロ市でのサーベイによれば、一家庭で二種類の殺虫剤が使われており、需要のトップは蚊取り線香で第二位が蚊取り噴霧剤だった。加えて最近は町内でデング熱患者が出ると殺虫剤噴霧を行なう方針が徹底してきており、それが行なわれると町内の大気は激しく殺虫剤に汚染される」

「インドネシアの食用植物で殺虫剤の残留がないものは まずない、とバンドン工大環境技術学教授は語っている。インドネシア人の体内には食物連鎖・呼吸・皮膚から殺虫剤が多量に侵入している。体内に入った薬物は他の要素と反応してガンの発生を促がす。また殺虫成分の中には人間のホルモン・生殖・胎児に障害をもたらすものがある。カリマンタンで1960年代にマラリア撲滅プログラムが進められ、DDTが使われた」

「農民の間では咳・疲れやすい・体液不足・めまいなどの症状が一般的になっており、農作業での殺虫剤多用が原因と考えられる」

「政府はDDT、アルドリン、ディルドリン、マイレックス、エンドリンなど残留性有機汚染物質の使用を禁止しているが、現場での法確立は例によって国民生活の すべての相と同様に弱い。一般家庭もそうだが、殺虫剤が人体に及ぼす影響に関して農民が持っている知識も意識も まったく低いレベルでしかない」などの記述があります。

インドネシア情報ライン 」サイトより


【関連記事】


大気汚染の世界地図



日焼け止めと虫除けローションの併用は危険
同記事に「2つのローションに含まれる成分間に化学反応が起こり、塗った人は、およそ10分後に睡眠・混迷状態に陥り、神経系中毒症状を呈する恐れがある」

「虫除けローションと日焼け止めローションに含まれる成分が混ざり合って化学反応が起きると、いくつかの新たな有毒化学物質が生じ、人体の健康に危険を及ぼし得る」などの記述があります。

レコード チャイナ 」サイトより


【関連記事】


紫外線の世界地図



人間を最も多く殺している生き物は何か?

殺虫剤に耐性を持つ蚊が登場

レーザー網で蚊を撃ち落とすシステム「Photonic Fence」

水面に浮かんで蚊の幼虫を退治する「Solar Scare Mosquito」

一晩で1200匹の蚊を捕まえる「モスキート・メガキャッチ」

10円玉を水たまりに入れると蚊を撃退できる

青色光を当てるとハエ・蚊などの昆虫が死ぬことを発見
同記事に「将来的には青色のLED光などを害虫の発生している場所に当てることで、簡単に殺虫できる害虫防除装置の開発が期待できる、としており、波長を工夫することで、衛生害虫・農業害虫・貯穀害虫・畜産害虫など様々な害虫に適用できるクリーンな殺虫技術になる可能性がある」などの記述があります。

人の血を吸うメスの蚊を無害なオスの蚊に変える方法を発見

蚊は なぜ雨に打たれても死なないのか?

蚊は血を吸うときに6本の針を差し込んでいる

遺伝子操作蚊の放出実験がアメリカ本土で実施の可能性

「蚊」を根絶する「遺伝子組み換え蚊」問題まとめムービー

人を好んで刺す蚊と牛を好んで刺す蚊には遺伝子に違いがある

GIGAZINE (ギガジン) 」サイトより


ドローンで蚊を採取? 医療ドローンの最新利用方法

蚊を撃退すると謳う虫除け剤、すべてに効果があるわけではない
同記事に「ニューメキシコ州立大学のStacy Rodriguez氏が率いる研究チームは電子ジャーナルの「Journal of Insect Science」に北米のAmazonで代表的に販売されている、やぶ蚊を駆除すると謳う11製品をテストした論文を掲載。

100匹以上のネッタイシマカを汗をかいた被験者に向かって放ちつつも、各虫除け剤の香りを被験者の側から風に乗せて流し、どこまで蚊をよけるのに役立つか実験をしました」

「蚊の撃退に役立つとして販売されている製品の使用成分は「ディート」という化合物から、より人体に安全ながらも効果性が高いと謳われるシトロネラオイル、ゲラニオール、レモンユーカリ油の香りまで、実に多種多様です」

「今回の実験では、やはり虫除けスプレーに よく使われるディートの効果が抜群に高いことが判明しました。

ほかにメトフルトリンを発生させるブレスレットにも撃退効果が認められています。

しかしながら、人体に悪影響をもたらす危険性もあるといわれるディートに比べてナチュラルかつ蚊の撃退効果もあると もてはやされてきたシトロネラオイルは、ネッタイシマカに対しては ほとんど効かないことがわかった」

「商品説明では、やぶ蚊から身を守る効果が250時間も持続するとアピールされていても、今回の実験では、まったく撃退効果は認められなかったと発表されています...。

ネッタイシマカは、非常に攻撃的な蚊である。その撃退は容易なものではない。

シトロネラは、まったくネッタイシマカの撃退には役立たない。

多くの消費者は、こうした虫除け剤を購入してさえいれば、なんらかの効果を発揮して保護されていると考えがちだが、それは真実ではないことが明らかになった」などの記述があります。

蚊の根絶にむけて、遺伝子操作された蚊の放出が目前

痒いと なぜ掻いてしまうのか?

ギズモード・ジャパン 」サイトより


ドローンの落下を検知してパラシュートが開く安全装置「SafeAir」

蚊除け製品の効果を科学的に検証した結果

蚊から身を守るために知っておくべき8つのこと - 1

蚊から身を守るために知っておくべき8つのこと - 2

蚊には天然のエッセンシャルオイルが効く? - 1

蚊には天然のエッセンシャルオイルが効く? - 2

「遺伝子組み換え蚊」は人類の敵か、味方か
同記事に「遺伝子を組み換えられたネッタイシマカ「OX513A」の実地試験がブラジル、ケイマン諸島、パナマ、マレーシアで行われている。

米国の食品医薬品局(FDA)の予備的調査を通過したため、フロリダキーズでも実現するかもしれない」

「OX513Aのオスは、当該地域の野生のネッタイシマカの数を激減させる目的で、致死遺伝子を組み込まれている」

「米国では南東部に多いネッタイシマカは、ジカ熱(日本語版記事)、デング熱、黄熱、チクングンヤ熱などのウイルスを媒介する可能性がある。

OX513Aはすでに、ケイマン諸島、パナマ、マレーシア、ブラジルで実地試験が行われている。

ケイマン諸島での実地試験は、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の支援を受けて2009年から行われ、330万匹のOX513Aが放たれた」

「フロリダ州キー・ヘヴンは、キー・ウエストから東に数kmに位置する500世帯足らずのコミュニティーだ。

2009年から2010年にかけてデング熱大流行の被害があり、試験地に選ばれた。

ただし、キー・ヘヴンの住民全員が今回のFDAの判断を喜んでいるわけではない。

キー・ヘヴンに住むミラ・デ・ミラーはCNNに対して、 「人々はモルモットになることを望んではいません」と語っている。

「コミュニティーのメンバーは容認していません。地方政府と連邦政府が、私たちと私たちの願いを保障しないのであれば、最終の手段として司法制度を頼り、裁判所に訴えることになります。

現在のところ法廷闘争は ひとつの選択肢となっています」 と同氏は言う(遺伝子を組み替えても一定の割合の蚊は何らかの形で生き残るため、生き残った蚊が生態系に どのような影響を及ぼすかが不明だという懸念の声がある)」

「Oxitec社は2014年7月、ブラジルにOX513Aを商業生産する世界初の新工場を開設したと報道されている。1週間当たり50万匹の「OX513A」を生産する能力があり、将来的には最高200万匹まで増産できるという」などの記述があります。

4600万年前の蚊も血を吸っていた:化石の発見で明らかに

痒いところを掻くと もっと痒くなるのは、なぜか?

WIRED.jp 」サイトより


蚊帳は ここまで進化した!次世代の着る蚊帳『NETSMEN』

ロケットニュース24 」サイトより


吸血昆虫が引き起こす致命的な病気、世界で まん延し始める

サーチナ ( Searchina ) 」サイトより


蚊に細菌を感染させて伝染病の拡大を抑制、豪研究
同記事に「人間にとって致命的な病気を媒介する蚊にある細菌を感染させると、病気の感染拡大を抑制できる可能性があるという研究結果が、米国科学雑誌「セル(Cell)」に掲載された。

研究を行ったのは豪クイーンズランド大学(University of Queensland)のスコット・オニール(Scott O'Neill)氏が率いる研究チーム」

「細菌の一種「ボルバキア(Wolbachia)」を、病気を媒介するある種の蚊に感染させると寿命が半減することは過去の研究で知られていた。

今回の研究では、ボルバキアに感染した蚊は寿命が短くなるだけでなく、デング熱やチクングンヤ熱、鳥マラリアなどの病原体に感染しにくくなることが分かったという。
 
研究チームは人工的にボルバキアに感染させた蚊を自然界に放てば野生の蚊に感染を広められるとみている」

「ボルバキアは自然界に広く存在する細菌で全昆虫の約60%に感染していると見積もられている」などの記述があります。

ニワトリの臭いでマラリア蚊を撃退、安全な防虫剤の開発目指す

遺伝子組み換え蚊、野生への放出は「時期尚早」 米研究

蚊の駆除、廃タイヤで産卵器を製作 従来型の7倍の効果 - 1

蚊の駆除、廃タイヤで産卵器を製作 従来型の7倍の効果 - 2

「人の におい」で誘引、マラリア対策で蚊取り器開発
同記事に「マラリア媒介蚊をおびき寄せるために「人のにおい」を使うユニークな蚊取り器を、オランダとケニアの研究チームが開発した。

マラリアの患者数を劇的に減らす一助となると考えられる。研究チームが2016年8月10日、発表した。

合成香料を用いる この特殊な蚊取り器を使った研究では、同機器がマラリア蚊の地域個体群の7割を捕獲する助けになり、さらには機器を使用した家庭で患者数が3割減った。研究は、ケニアで3年間にわたって行われた」

「研究を主導したオランダ・ワーヘニンゲン大学(Wageningen University)は声明を発表し、「においで蚊を おびき寄せる この罠は、デング熱やジカ ウイルスなどの感染症に対しても、解決策を提供する可能性がある」と述べた。

デング熱やジカ熱の原因となる寄生原虫を運ぶ蚊は、マラリア媒介蚊とは種類が異なるが、同様に人のにおいに おびき寄せられる。

また、この機器の使用により、殺虫剤への依存率も減少する。

殺虫剤の使用は、化学物質に対する蚊の耐性を ますます増大させる上、農業へのリスクも懸念される。

研究を率いたワーヘニンゲン大のウィレム・タッケン(Willem Takken)氏は「殺虫剤を使わずにマラリアを撃退するのが、私の究極の夢だ」と語った」

「ワーヘニンゲン大の声明では、「1分に1人の子どもが、マラリアで死んでいる」ことが指摘され、それに伴う医療コストと生産損失は「アフリカで年間120億ドル(約1兆2000億円)」とされた」などの記述があります。

「顧みられない熱帯病」対策で資金拠出訴え WHO

侵略的外来種の昆虫、世界で約7.9兆円の被害
同記事に「侵略的外来種の昆虫がもたらす被害は、毎年少なくとも770億ドル(約7兆9000億円)に上ることが、2016年10月4日に発表された研究論文で明らかになった。

論文は、この数字が氷山の一角であり「かなりの過小評価」されていることも指摘している」

「論文の執筆者らは、研究の大半は北米と欧州を対象としており、その他 地域での食害や病気の媒介といった大きな損害については十分に考慮されていないとしている。

最も破壊的のはイエ シロアリで、巨大コロニーに住み、木造構造物や生きた木を食い荒らす。米国の幅広い地域に蔓延しており、駆逐するのは不可能とされている。

外来昆虫に起因する保健コストは、世界で60億ドル(約6200億円)を上回る。その大部分は蚊が媒介する熱帯病のデング熱に起因するものだ」

「新たなテリトリーに移動し大惨事をもたらしているのは、世界 約250万の昆虫種のうち、たった2200種。そして、他所に移る昆虫種の10%のみが定着し、さらに その10%だけが侵略的な存在となる。

研究を率いたフランス国立科学研究センター(CNRS)のフランク・コーチャンプ(Franck Courchamp)氏は、解決策を「バイオ セキュリティー」と指摘。

「これには特定の地域からの船舶・航空貨物の検査、高リスク輸入物資の処理義務付けを確保する法制度、新たな侵入種の迅速な根絶が含まれる」と説明した。

コーチャンプ氏は、さらなる農薬の使用や遺伝子操作などの技術には否定的な見方を示している。

在来種を含む すべての昆虫は、農業に大きな損害をもたらし、世界の収穫30~40%に影響を与える。これは、10億人の食べ物に相当するという。

国際自然保護連合(IUCN)は、侵略的外来種のデータベースを整備しており、現在では植物と動物、細菌、菌類を含む ほぼ900種がリストに含まれている」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


ボルバキア

ウィキペディア (Wikipedia) 」 サイトより


ウンカの共生細菌スピロプラズマは性比をメスに偏らせる

農業・食品産業技術総合研究機構|農研機構 」サイトより


物理学で、世界を形づくる「大きな原理」を探る
同記事に「多くの微生物は「べん毛」を使って動きます。しかし、べん毛を持たずに素早く動きまわる微生物もいます。ねじったヒモのような形をした「スピロプラズマ」と呼ばれる細菌が その一例です。

スピロプラズマの運動メカニズムは長い間謎に包まれたままでしたが、2005年、そのからだには右巻きの らせんと左巻きの らせんが共存し、切り替えポイントを移動させながら進んでいくという奇妙な動き方が顕微鏡で観察されました。

「生物の動きや形も,物理法則の上に成り立っています」

「この微生物が どのように推進力を生み出すのか、連続体力学という物理学の視点から解明に取り組みました。そして、時には数週間にもわたる計算と試行錯誤を繰り返しながら、微生物のからだを「弾性体(伸び縮みできる棒のようなもの)」として数式で表現し、シミュレーションで その動きを再現することに成功しました」

「スピロプラズマの移動速度をシミュレーションしたところ、らせん角度が35°のときに最速になるという結果が得られました。これは、実際に顕微鏡で観察された結果と一致していました。さらに、切り替えポイントを中心に、逆向きの らせんが共存するにもかかわらず、目的の方向に移動できる秘密も みえてきました」などの記述があります。

芽が出る理系マガジン 」サイトより


蚊に刺されない「KITE PATCH」
同記事に「服に貼り付けるだけで、48時間、蚊に刺されないという夢のような蚊よけパッチ。 蚊が二酸化炭素を判別して、生物に近づく習性を逆手に取り、「Kite Patch」に含まれる毒性のない化合物によって、蚊が二酸化炭素を追跡することができないようにする」などの記述があります。

roomie(ルーミー) 」サイトより


アルコール摂取で蚊が寄って来やすくなる:研究結果

ライフハッカー[日本版] 」サイトより


【蚊などの吸血昆虫が媒介する感染症・関連記事】


マラリア分布の世界地図

西ナイル熱の分布地図

ペストの世界地図

リーシュマニア症の分布

クリミア・コンゴ出血熱

シャーガス病の世界地図



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ緻密な情報、厳選リンクも満載