【感染症】感染症分布の世界地図で 感染症の少ない国が一目瞭然

海外移住とコクシジオイデス症

コクシジオイデス症とは ( coccidioidomycosis )
コクシジオイデス症は、強い病原性を示す、真菌による感染症です。

【流行地】

カリフォルニア州やアリゾナ州を中心とした米国の南西部からメキシコにかけての半砂漠地帯での発生が主ですが、中南米でも発生例があります。


【感染経路】

大気中に浮遊する真菌の吸入により感染します。


【潜伏期間】

約2~4週間。それ以上の場合もあります。


【症状】

発熱、咳、胸痛、頭痛など感冒様症状や紅斑、髄膜炎。



      ★ 更新情報|海外移住の地図帳 ★


このページに「ふりがな」(ruby)を付ける

ひらがな めがね 」サイトより


【コクシジオイデス症・関連情報サイト】


コクシジオイデス症とは
同記事に「コクシジオイデス症は米国西南部(カリフォルニア、アリゾナ、テキサス、ネバダ、ユタの諸州)、メキシコ西部、アルゼンチンのパンパ地域、ベネズエラのファルコン州の半乾燥地域の風土病で、渓谷熱(valley fever)、砂漠リューマチ(desert rheumatism)あるいは砂漠熱(desert fever)とも呼ばれている。

これら半乾燥地帯の限られた地域の土壌中に原因真菌であるCoccidioides immitis Rixford et Glichrist 1896(コクシジオイデス・イミチス)が生息し、その分節型分生子は強風や土木工事などで空中に舞い上がり、これら分生子を吸入することにより肺に感染を起こす。

毎年 多数発生する患者の約0.5%は全身感染に波及し、その半数が致死的となる。C. immitis の病原性はペスト菌に相当する。

本菌は菌糸状発育しているシャーレの蓋を不用意に開けただけで、分生子が空中に舞い上がり室内を汚染する。

患者と直接接触する医師や看護師より、患者の検体から培養された真菌を取り扱う検査技師や研究者に二次感染の危険がある。

米国では過去に200名近い研究者および臨床検査技師が感染を経験しており、死亡例も少なくない」などの記述があります。

感染症疫学センター - 国立感染症研究所 」サイトより


コクシジオイデス症報告の増加 - アメリカ,1998~2011年

一般財団法人 国際医学情報センター 」サイトより


コクシジオイデス症 とは

コトバンク 」サイトより


コクシジオイデス症 ( Coccidioidomycosis )

コクシジオイデス症

FORTH|厚生労働省検疫所 」サイトより


Coccidioidomycosis ( Valley Fever ) (英語)

CDC ( Centers for Disease Control and Prevention ) 」サイトより (英語)


災害と感染症
同記事に「1994年1月17日のノースリッジ地震が、コクシジオイデス症の流行をもたらした。CDC(米国・疾病対策予防センター)のアイリーン・シュナイダーらは、サンフォアキン谷からほど遠くないコクシジオイデス症の非流行地・ヴェンチュラ郡で疫学調査を行い、その結果を1997年3月19日のThe Journal of the American Medical Associationに報告している。

ノースリッジ地震と その余震で、この病原体の住むサンタスサナ山の傾斜地が地すべりを起し、もうもうたる土ぼこりが、折からの東風に乗って風下の地域を汚染した。地震後1週間ほどして流行が始まり、2週間後 流行はピークに達している」

「住む家を失い、狭い場所でストレスの多い避難生活を送る人々の間では、救援者が外部から持ち込んだインフルエンザが大流行する危険もあるし、ライフラインが破壊され、衛生状態が悪化している場合には、大腸菌O157のように食物や飲料水を介しての感染症が流行する恐れもある」

「災害では生きのびたが、感染症で死んでしまったというのでは、せっかくの努力が水泡に帰してしまうことになる」などの記述があります。

日本自然災害学会 」サイトより


2010年の地震後に流行、今もハイチを苦しめ続けるコレラ
同記事に「ハイチは2010年に発生した地震の数か月後、今度はコレラのまん延という惨事に見舞われた」「現在でも人々の命が奪われ続けており、同国にコレラを持ち込んだ者に対する非難の声が上がっている」などの記述があります。

AFPBB News 」サイトより


【関連記事】

地震分布の世界地図

西南日本の超巨大地震

超巨大地震の世界地図

感染症対策・世界分布

コレラ発生国の世界地図

衛生状態の世界地図



海外移住の地図帳 」Home
興味深く多彩な世界地図、役立つ緻密な情報、厳選リンクも満載